5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【法制度】憲法学者・石川健治【制度体】

1 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 00:40:28 ID:RQ8iLbo8
憲法界の若き鬼才・石川健治東大教授について語ろう。



2 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 01:25:20 ID:zwGFkpin
おお で、何について?

3 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 07:23:15 ID:5CsWUkJ1
>>1
論じたいのなら自分から論題設定しろよ。

4 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 13:24:11 ID:w5Y7g9p/
まずプレイボーイらしいという話題から行こうか

5 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 17:42:14 ID:Ps0dPI+T
久子

6 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 18:32:04 ID:CTM0WBw3
この人、何歳?

7 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 19:02:36 ID:RWkh3uBa
怪しげな金利でやりとりしてる金貸しスレがあるんですけど法律に詳しく方々違法スレなのか合法なのか教えていただけませんか?
http://c-au.2ch.net/test/-/debt/1147012523/i#u
http://c-au.2ch.net/test/-/debt/1147783132/i

8 :法の下の名無し:2006/05/23(火) 14:42:10 ID:SUVboQRn
>>7
禿しくスレ違い

9 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 15:26:37 ID:9SnqvpjK
今日の朝日の論壇時評に石川先生の顔写真載ってるね。髪型が変

10 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 21:18:08 ID:JyEA5iJV
>>9
毛髪がかなり痛んでるね。

11 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:43:55 ID:gMlLvyyF
世間に発言する憲法学者か…
宮沢俊義以来だな。
大衆でも理解できる言葉とロジックを
用いていただきたいね。



12 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 09:20:07 ID:FssovJXl
石川先生、ダイシーなんか読むんだね、ちょっと意外。
ドイツばっかりかと思ってたら。


13 :法の下の名無し:2006/06/15(木) 19:40:17 ID:fVHQTRbZ
体系書執筆の進行状況はどうですか?

14 :法の下の名無し:2006/06/15(木) 21:35:03 ID:k4snsokD
もし体系書がでてもペーペーの学生は敬して遠ざけることになりそう

15 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 02:56:28 ID:1QpVBAR6
体系書出るのか?

樋口センセのように結構美的になりそうだなw

16 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 03:41:33 ID:kKtMQ89X
渡辺重範先生は比較憲法学・国法学の権威として海外でも知られている。


17 :法の下の名無し:2006/06/24(土) 23:44:31 ID:MjaF9jZH
今世田谷市民大学でこの人がやってる講義が面白いよ。
次回は天皇の話をやるみたい。
じいさんばあさんに混じって潜るのも可能。

18 :法の下の名無し:2006/06/25(日) 00:29:04 ID:tBitcJYW
分かりにくい言説で煙に巻くのは
師匠の悪癖です。乗り越えてください!


19 : :2006/07/08(土) 18:35:13 ID:pmf6DUkQ
『世界』最新号より

対談 法・文化・境界線――国家をどうとらえるか
石川健治 (東京大学)、杉田 敦 (法政大学)



20 :法の下の名無し:2006/07/11(火) 01:19:13 ID:0cERxedm
世界の写真がやたらカッコイイ

21 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 01:58:52 ID:z3UFnptd
体系書マダー?チンチン(AA略

22 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 18:25:03 ID:eyLLzWGS
ただ対談相手がカスじゃんか・・

23 :現代政治理論:2006/07/15(土) 23:27:34 ID:a1bSl8bi
ほんと2ちゃんは幸せなやつがお気軽にレスできてよーござんすね。

24 :法の下の名無し:2006/07/20(木) 02:20:18 ID:nBqmIDGi
ところで、今年度は石川先生は学部の授業をお持ちなのですか?

25 :法の下の名無し:2006/07/20(木) 03:09:14 ID:UaJr91Ne
幸いなことに・・・

26 :法の下の名無し:2006/07/20(木) 03:20:04 ID:nBqmIDGi
>>25
幸いなことに、あるの?ないの?

正直、学部レベルでは、ないのが幸いかもねw

27 :法の下の名無し:2006/07/22(土) 00:18:47 ID:H94ZMIzX
石川先生は民主制についてどのような御見解?

28 :法の下の名無し:2006/07/29(土) 14:00:40 ID:U+RKpq6F
体系書期待上げ

29 :法の下の名無し:2006/07/29(土) 14:12:38 ID:E9WaXPdD
ってか、論点研究の制度保障の章のところ、何でこいつが担当してないんだ?
わけわからんなこの本は

30 :法の下の名無し:2006/07/29(土) 15:10:48 ID:U+RKpq6F
>>29
石川先生が書いたところで、紙幅の都合で「詳細は『自由と特権の距離』参照」
となるからでないの??

31 :法の下の名無し:2006/07/29(土) 22:25:28 ID:z1bAr5eC
論点探求で財産権担当してたんだっけ?
またこの領域で彼が不気味に動き出すのか…。

32 :法の下の名無し:2006/07/30(日) 00:52:45 ID:A70VoICI
次は執政権についてまた花火を打ち上げそうな予感

33 :法の下の名無し:2006/07/30(日) 20:35:10 ID:w5uHfbOX
あの執政権論ってついていって大丈夫?
そのうち「ボクもう知ーらない」って言い出さない?

34 :法の下の名無し:2006/07/30(日) 22:09:08 ID:E6ePeap6
ていうか、『憲法問題』最新号を、嫁。
彼の議論は、手が込んでいて、一筋縄ではいかんことがわかる。
よって、漏れには、こわくて、説明できぬ。


35 :法の下の名無し:2006/07/30(日) 23:39:12 ID:JkT2eiGp
執政権自体を主張してる人は増えてる。佐藤幸治系は
東大ではこの人だけかも

36 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 08:35:54 ID:LHf6/WSQ
統治のゼマンティク

37 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 19:16:44 ID:NpxPoLMi
>>31
財産権については昔ジュリストで論攷だしてたよ
さぱーり理解できぬが

38 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 20:25:18 ID:BB24ZL2z
>>37
国家学会雑誌で(1)だけ出たやつはどうなった?
あれにはけっこう感動したが。

39 :法の下の名無し:2006/08/01(火) 21:04:25 ID:bQ96sbEp
石川さんと仲のいい憲法学者ってだれ?

40 :法の下の名無し:2006/08/02(水) 00:03:06 ID:k3dTTPxo
安念。

41 :法の下の名無し:2006/08/03(木) 01:55:10 ID:h2pln9Ee
蟻川

42 :法の下の名無し:2006/08/03(木) 19:37:36 ID:jvfWe3PK
ホーンブックの執筆者てことね

43 :法の下の名無し:2006/08/04(金) 22:25:30 ID:jOkICyYm
自由と特権の距離を読了しました
さっぱりわかりませんでした。

碩学健ちゃんとしては、かつてのドイツ民法から公法が派生したように
日本も客観法のジャンルを憲法で作れということですか?
憲法における客観法の不存在に日本憲法學の危うさを感じているとか。。。

44 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 22:17:58 ID:dZCjUXYF
客観法・主観法の話ってドイツで今そういう議論の仕方をしてるのか?
彼の論文を読むと本場ドイツでそういう議論があるかのような言い方だが・・・。

45 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 18:19:05 ID:iPWsejcN
ホーンブックの石川論文は面白かった。

説明しろといわれても出来ないけどw

46 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 19:44:57 ID:Cl79IaVk
>>44
それはわかりませんが、日本憲法学の解釈上の混乱は、概念法学の受容に失敗したことに起因するという
主張が彼のモノグラフの通奏低音ではないでしょうか?
クールな氏が尾高を熱っぽく騙ったりするのもそういう問題意識の共鳴なのかなと。

あと行政法の山本隆司氏も客観法がどうたらというモノグラフを書いてますよ。


47 :法の下の名無し:2006/08/23(水) 20:37:30 ID:eB0Gq5FT
>>46
ブリッジブッグとかを読むと確かに。
山本の主観法論文は読んだことある。
疲れた覚えだけが残っている。

48 :法の下の名無し:2006/08/29(火) 22:08:29 ID:IkLs1xUe
私は学部生なんだが、「自由と特権の距離」、難しいなぁ。
私が勉強不足だからですかね??

49 :法の下の名無し:2006/08/31(木) 12:17:04 ID:3gduqP6w
>>48
そんなことありません。あれを真に理解している人は数少ないと思います。

50 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 20:47:53 ID:soQ8QEGY
財産権については、プロセス演習憲法第二版の石川先生の
ところがすばらしいです。
あれと論点探求憲法を合わせてどうぞ。

51 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 07:21:43 ID:gp+rBld/
プレイボーイってw

52 :法の下の名無し:2006/09/11(月) 21:55:32 ID:FmFho7gO
石川教授の経済的自由権の違憲審査基準に関する考え方(比例原則類似のもの)
って学会レベルではどの程度の地位にあるのだろうか?


53 :法の下の名無し:2006/09/15(金) 00:40:12 ID:8tyBS8/s
徐々に受け容れられつつあります

54 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:17:08 ID:sUTS5d5Q
色眼鏡をはずして判例を素直に読めば、判例は基本的に
比例原則に立っている気がする。

二重の基準はもう誰も信じていないらしい。

55 :法の下の名無し:2006/09/30(土) 12:09:44 ID:Zl7Iqg3O
基本書待望Age

56 :法の下の名無し:2006/10/01(日) 00:53:44 ID:0H8AZOkW
最近、憲法関連スレに
学者本人若しくはその関連者がレスしている件に関し。


名前さらしやがれ!馬鹿。
業績残せボケ。

57 :法の下の名無し:2006/10/01(日) 22:15:43 ID:pzYRqIqy
イン・エゴイストスは面白かったです

58 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 14:50:32 ID:sxPGCjgD
法教巻頭言期待揚げ

59 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 21:24:07 ID:PZ0tWjQ4
公法学会age

60 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 21:54:30 ID:xe73vezi
>>56

美矢紀タソか道子タソの関係者の方若しくは本人でつか(プゲラ


61 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 21:55:44 ID:xe73vezi
ああ、石川健治スレに書き込んでいるところからすると
道子タソの方なんだろうな、きっと。


62 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 01:05:27 ID:Aly3hwvx
>>59
石川先生の報告か何かはあったの?
>>60-61
なんのこっちゃ?

63 :法の下の名無し:2006/10/12(木) 09:15:28 ID:viyqJ2iF
石川さんの本、アマゾンで買いましたよ

実家に送ってもらったので今は手元に無いけど
近々じっくり読まさせてもらいます。

どの程度の理論水準なのか、セカンド・オーダーから観察させてもらいます。

64 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 08:54:11 ID:DGpuoqC8
この人、自意識過剰?w
モテるとか思ってたりする?

65 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 10:15:36 ID:wH0EzX8u
モテるのは、事実。

しかし、ご本人は、いたって自然体。


66 :法の下の名無し:2006/10/21(土) 21:13:52 ID:PAGmpykL
age

67 :法の下の名無し:2006/10/24(火) 08:43:27 ID:NcxTG+Tg
巻頭言カッコヨス

68 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 00:20:08 ID:Ay//8Zqg
かっこよくねーよ。
鵜飼先生だよ。カッコイイのは。
俺も鵜飼全書は高校時代読んだ。

こいつは前回の言い訳?みたいなのしたんじゃね?
ちっちぇー奴だよ。

69 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 02:56:35 ID:INjHEznq
けんちゃん可愛い。
日本で一番優秀な学者は私ですだって。

70 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 08:53:42 ID:mbBWitHP
>>68>>69 荒らし登場?前回の言い訳って、何よww

前回のは、芦部亜流の受験憲法学批判だろ。

今回のは、Festschrift つながりだが、名作「コスモス」で
スペース上論及できなかった鵜飼論。
「コスモス」でも『自由と特権の距離』でも登場する重要な
鵜飼証言が、はじめてまとまった形で明かされている。

凝りに凝った構成といい、重厚な内容といい、
別にヨイショするわけじゃないけど、さすがだよ、石川先生は。

読書の秋に、「読む」という行為の難しさを教えてくれた鵜飼
先生の学恩を想う、巻頭言。

やはり「カッコヨス」。

71 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 14:57:17 ID:Ay//8Zqg
>>70
ちゃんと前回読んだ?

少なくともこのスレにはご本人にきわめて近い方がいるようですね。

72 :67:2006/10/26(木) 15:00:12 ID:ywmjtVgy
喧嘩は止めて〜w

原因を作って申し訳ない。


73 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 20:53:56 ID:xMRaWfDd
そういえば、比較法史研究10巻で毛利透教授が「自由と〜」を絶賛しつつ、
注文を付けてた。

74 :法の下の名無し:2006/11/18(土) 23:19:02 ID:csunyJyp
ジュリスト期待揚げ

75 :法の下の名無し:2006/12/02(土) 18:04:19 ID:78UA5O6e
ジュリスト延期上げ

76 :法の下の名無し:2006/12/14(木) 23:00:13 ID:rJbKTZFB
ジュリスト上げ

77 :法の下の名無し:2006/12/20(水) 01:26:25 ID:Fq9T8C80
ジュリスト石川論文凄いね。

78 :法の下の名無し:2006/12/20(水) 02:19:05 ID:DlG/bE2a
今日読んだけど、正直ちょっと嫌らしい感じだった。言いたいことは分かるし、
凄いのも認めるけど、最近変なブレイクの仕方してる感じね。

79 :法の下の名無し:2006/12/20(水) 20:01:31 ID:lnSkKH/j
注(3)
いいね〜

80 :法の下の名無し:2006/12/21(木) 03:58:08 ID:OoclEEGH
>>78
いやらしいって、どんなの? 下ネタでも書いたの?

>>79
うpキボーン

81 :法の下の名無し:2006/12/28(木) 20:10:15 ID:4aErATbK
いいよな、石川先生。
それに比べて、兄弟のDなんか、鈍いよね。
石川先生から見れば、「誰それ?そんな憲法学者いた?」なんだろうな。

82 :法の下の名無し:2006/12/30(土) 16:08:30 ID:i3LbE8VL
Dて誰?

83 :法の下の名無し:2007/01/01(月) 11:39:46 ID:emg9W/HQ
どい

84 :法の下の名無し:2007/01/02(火) 21:57:48 ID:44vTPMuk
自由と特権の距離が手に入りません。
再版の予定はないんですか?

85 :法の下の名無し:2007/01/02(火) 22:40:51 ID:DUw6H+03
東大の図書館にある。アマゾンの中古もある。

86 :法の下の名無し:2007/01/04(木) 16:55:45 ID:kbq91IaC
このスレおかしい。
太鼓持ちばかりか。

87 :法の下の名無し:2007/01/04(木) 20:49:15 ID:yUKpSZzE
太鼓持ちではないけれど、石川先生が凄いのは否定できまい。

88 :法の下の名無し:2007/01/06(土) 01:26:56 ID:agc1q0wp
これって村岡某が喧嘩ふっかけたんだよな?
まあ、石川の書き方の問題もあるんだろうが。

89 :法の下の名無し:2007/01/06(土) 01:34:59 ID:agc1q0wp
あ、>>79についてね。

90 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 01:03:12 ID:xa38f/84

 ttp://d.hatena.ne.jp/dr_y/20061031

 ここを読めば、概略は分かるんだけど、要するに石川氏もこのような小物にわざ
わざ触れるのは如何なものか、と。引用というのは一つの権力の繊細なあり方であ
って、敢えて言及しないことこそ対手を本質的に貶めることになり得るとか、そう
いう基本的なことをもっと自覚すべきなんではないかね。今回は脊髄反射的に反応
してレスした時点で石川の負け。


91 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 18:44:12 ID:0QEmMsUs
>>90
まぁ、石川ヲタにとってみれば、「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!」的な註だったんだけど、
もう少し時間を置いて、さらっと往なす、というのがよかったのかもしれないな。

92 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 21:57:16 ID:+O7qjqLi
喧嘩はやめて〜。

漏れがちゃんと調べないで、「植田壽蔵」を「上田十蔵」なんて書いて、
しかも、あろうことか、人名索引にまで挙げてしまったのが、原因なんだ。

そんな十蔵なんて奴、この世にいなかったんだ。

架空の人物を、漏れがデッチ上げてしまったんだ。

学者として噴飯物だ。Juzo が、「じゅうぞう」じゃなく、「じゅぞう」だったなんて
今日まで知らなかった。

そんな漏れを、彼は、単なる「誤記」だなんていって、まもってくれたんだ。
傷がつかないようにしてくれたんだ。

それなのに、それなのに。

その優しさが、村岡みたいなヤクザな奴にからまれる原因をつくってしまった
なんて。

石川君、ほんとに、ゴメンなさい。 by 森元孝(早稲田大学)



93 :法の下の名無し:2007/01/15(月) 11:58:59 ID:TrOiTitK
村岡到という方は、かなり香ばしい方のようですねぇ
http://www.nn.iij4u.or.jp/~logos/witiran.html

94 :法の下の名無し:2007/01/16(火) 01:18:23 ID:34C1tmJ8
>>90
健治は2chの煽りにもムキになるタイプなんじゃねw

要するに、その批判は2chの煽りぐらいの意味しかry

95 :法の下の名無し:2007/01/19(金) 09:56:01 ID:W8MMjT2T
読んでみたけど、煽りに脊髄反応的に反応したとかではないんじゃないか?

10年以上前から再読を推奨してきた尾高の『自由論』を、
今回もまた論文に引用して読者に推薦しようとしたら、
なんだかわけのわからん奴が復刊していて、
そこで自分に対する「見当違いの詮索」が書かれていたというわけだからね。

そりゃ、一言だけでもレスせんわけにはいかんだろ。

石川論文の注に導かれた読者は、尾高の『自由論』と同時に、
村岡の迷解説と、そこにかかれた石川「批判」を読むことになるんだから。

それにしても、尾高を「社会主義者」「9条信奉者」としてかいかぶって、
出版事情の悪いなか、独力でようやく復刊にこぎつけたのに、出版直前に、
石川論文によって「認知的不協和」に陥り、途方に暮れてしまった村岡には、
ちょっと憐憫の情を催すなあ。

もちろん、恋した尾高に対する「認知的不協和」を、石川が「コスモス」で行った
ような尾高の生産的な再解釈ではなく、尾高の悪行を暴いた石川に対する「見当違いの
詮索」で逓減しようとするのは、プロの著作者としては、恥ずべき行為だと
いわなくてはならないが。


96 :法の下の名無し:2007/01/19(金) 10:44:41 ID:W8MMjT2T
それは、脊髄反射、などと突っ込まないように。

97 :法の下の名無し:2007/01/19(金) 18:41:34 ID:B+omb1Ju
石川先生の新作はまだぁ〜

98 :法の下の名無し:2007/02/07(水) 01:22:09 ID:huYdoFwD
件の「憲法改正というディスクール」だが,生圏中心主義に基づき国家目的として環境保全義務規定
を定めるくらいのものでないと,改憲は認められるべきではない,ということだが・・・。
どこまで先を見据えているんだろうか先生は。。。

99 :法の下の名無し:2007/02/12(月) 12:57:58 ID:hGwecWBl
この人何歳??

100 :法の下の名無し:2007/02/12(月) 14:45:04 ID:w7SnqNJC
270歳

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)