5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民法総合スレ

1 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 05:00:35 ID:XCflXrgv
学者スレはあるのに民法自体を語るスレがないので立てました。
ボワソナード民法から現行民法まで、とにかくなんでもどうぞ。

※学者の話題は、それぞれの学者スレで

2 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 05:01:35 ID:XCflXrgv
民法
ttp://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM

3 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 15:09:33 ID:uqQwCaxd
民法出でて忠孝滅ぶ

4 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 19:15:35 ID:/xb4jC0j
学部で一番最初に総則を学ぶのはどう考えてもおかしい。
いきなり制限能力者とか言う例外事項を学んでも仕方がない。
一通り基本的なガイダンスが済んだらすぐ契約各論へ進むべき。

5 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 19:21:52 ID:zwm+7nlv
忠孝出でて、経済滅ぶよりましだ罠w

6 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 05:03:31 ID:rns8hjA8
まずは物権だろ

7 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 19:49:27 ID:O0/3UnAw
>>6
しょっぱなから物権変動とか泣きそうになるよ

8 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 21:21:34 ID:SkS6T/v8
しょっぱなから善管注意義務とか不法行為とかでも・・・
やっぱり総則からやるべきなのかなぁ・・・


9 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 21:26:15 ID:YE5TviCM
アメリカのロースクールは不法行為からやるんじゃなかったけ?

10 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 22:28:39 ID:SkS6T/v8
ほう、興味深い

11 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 22:40:49 ID:wz1oqYBd
アメリカに倣ってまずは契約法と不法行為法を学ばせるべき。


12 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 23:11:13 ID:O0/3UnAw
>>11
されには同意せざるを得ない

13 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 00:02:55 ID:CBPWmG9Q
>>9
内田先生の本にも書いてあった。実際は知らないが・・・

14 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 00:05:16 ID:BzmXOK8I
プレップでは枕として契約法のハナシだったな(うろ覚え)。

15 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 21:05:08 ID:7f5FvGpR
民法大意

16 :CONTROVERSY:2005/05/10(火) 16:04:51 ID:gLO+qjbE
巨星墜つ、民法学者の遠藤浩氏
双書で大変お世話になりました。

17 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 22:07:53 ID:OIEeBYPy
双書、実は読んだことないんだが、読む価値あるかな?
ちなみに近江・内田(貴)・鈴木(禄)・平井あたりは一応読んだ

18 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 22:19:28 ID:qvWNHtcP
>>17
その辺読んだならいまさら無理に読むこともないんじゃね?

19 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 22:40:14 ID:4Bi6zV+O
>遠藤浩さん(学習院大名誉教授・民法)は5日、胃がんで死去、83歳。
>紀宮さまと婚約した黒田慶樹さんが大学時代に学んだゼミの担当教授。

黒田さん遠藤浩ゼミだったのか。

20 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 01:07:36 ID:gZOTPKgP
民法とはどんな法か。また民法の指導理念についてなんてこたえますか?

21 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 12:28:31 ID:gIvHIfV7
 民法とは、市民社会における紛争解決を目的とする規範。その指導理念は私
的自治。

22 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 19:37:27 ID:4HF/j6eH
紛争解決と言い切ってしまって良いものか

23 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 21:01:30 ID:a2F7j5fQ
>>22
終局的には紛争の解決が最大の目的なのは間違いないだろ。

24 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 22:12:45 ID:a1Gi616j
主要にして最大の目的であることに異存はないさ
ただ、「民法とは」とゆーともすれば漠然とした問いに、「紛争解決」と言い切ってしまうことに若干の躊躇いを感じる
まあ、一般論的で無難な答えに収束させようとしてるだけと言われればそれまでだが

25 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 01:02:58 ID:muA8Aoy1
親族、相続、その他で分けて考えないと

26 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 10:33:33 ID:AXl1F11r
>>24
民法にもいろいろな側面があると思うけど、やっぱり全部紛争解決に行き着くんじゃないかな。
まあ、強行規定のいくつかは社会秩序の維持のためにも働いてるかもしれないけど(例:90条)。
もっとも、紛争の解決=社会秩序の維持という考えもできそうだけども。

27 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 07:30:42 ID:sqQ4ZZM2
現代語化された法典はいつ施行されるのですか?

28 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 14:14:59 ID:TPOyPRH/
( ゚д゚)ポカーン

29 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 00:22:35 ID:ucdaV3jL
あげ

30 :法の下に田中無し:2005/06/25(土) 00:48:11 ID:cOTurYu5
未成年者Aは自己所有のPCを5万円で売却した<本契約>。
そしてAは5万円のうち3万円は生活費として
2万円は遊興費として費消した。次の問いに答えなさい
<1>Aが本契約を取り消すことができない場合について述べないさい
<2>Aが本契約を取り消すことができた場合、
  その取り消し効果について述べなさい」
という課題が出ました。
授業も出てましたが、文章自体が意味不明な上に、
一年目の最初のレポートでコレは難易度が高い気がします。
検索しようにも鍵となる言葉がみつかりません。
どなたか詳しい方がいましたら、教えてください。
争点や、根拠だけでもかまいませんのでお願いします。







31 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 01:00:11 ID:Cx1klFZc
>>30
こんなに簡単な課題は出たことがない。
少しは教科書読むなり自分で考えるなりしろよ。

32 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 01:00:57 ID:ucdaV3jL
>>30
宿題は自分でやりましょう
せめて総則の教科書ぐらいよんだら?

33 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 01:02:02 ID:Cx1klFZc
一応キーワードだけ…
制限能力者 未成年 詐術 追認 残存利益

34 :法の下に田中無し:2005/06/25(土) 01:12:38 ID:cOTurYu5
まじっすか。
どうもすいません。


35 :法の下の名無し:2005/06/27(月) 23:21:32 ID:L2qr1JE9
不法行為と債務不履行との競合につき具体例に即して述べよってレポート作るんだけど
いまいちどんな書き方したらいいかわかんない・・・
なんとなくはわかるんだけどできたらヒントをくだしいお願いします。

36 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 23:02:44 ID:qM2s69oL
>>35
とりあえず判例百選みてそれっぽい解説を読むことからはじめてみよう

37 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 23:25:52 ID:Fvd+Adcq
>>30とは別人ですが、同じレポートをやってる者です。
未成年が成年者だと誤信させるために詐術を用いた場合は取り消しできない
であってますか?

38 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 23:30:01 ID:XLn1vg1C
 条文をチェック汁。

39 :法の下の名無し:2005/06/29(水) 00:00:11 ID:4EietQtA
>>37
積極的に相手を欺くことはせず、単に未成年であることを黙秘してた場合はどうなると思う?
ヒント:判例

40 :雪永:2005/06/29(水) 00:03:23 ID:4EietQtA
てか、どっかで見た問題だと思ったら俺が某所で回答した問題じゃないか。
どうしてもわからんかかったら参考にしてくれ。丸写しはやめてね。

http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=61005&docid=23615

41 :雪永:2005/06/29(水) 00:10:13 ID:hDYXsarj
言うまでもないとは思うけど、↑そのまま写したってだめだからね。
レポートならちゃんと判例学説調べて詳しく。

42 :法の下の名無し:2005/06/29(水) 00:57:56 ID:K7ThytQv
>>39
最判昭和44年2月13日によると、黙秘しただけでも相手を誤信させたら詐術にあたる
であってますか?

キーワードにあった制限能力者だけがどうしてもわからない…orz

雪永さんdクスです!参考にさせていただきます



43 :雪永=33:2005/06/29(水) 01:04:08 ID:hDYXsarj
>>42
ああ、制限能力者は大して気にせんといてくれ。
未成年も制限能力者の一類型だから入れただけだから。

44 :法の下の名無し:2005/06/29(水) 01:28:43 ID:omeJWYE8
雪永さんの回答参考になりました。
漏れのレポートで、いくつか抜けてる部分があったのですごく助かりました。

制限能力者の謎がとけました。なんとかレポートが仕上がりそうです。

みなさんdクスでした!



45 :法の下の名無し:2005/06/29(水) 04:42:56 ID:QF2uH43c
たとえば18歳未満禁止のサイトなんかで契約して、
この条文に気づいて取り消すことは可能ですか?

46 :法の下の名無し:2005/06/30(木) 23:15:39 ID:8H2Gs+ng
加藤雅信本読んでるけど、何か記述の濃淡が激しいようにも思えて不安になってしまう

47 :法の下の名無し:2005/07/07(木) 01:01:35 ID:gG7+m3HW
>>30

授業きいて基本書(教科書)を読んでたら普通に解けるレベルでしょ。
むしろ1年生向けのすばらしい問題だと思うけど。
ネットで検索しようとか考えるのがアサハカなんだよ。
ちゃんと基本書読め。

最近の学生はレポートといえばネット検索して丸写ししようと考えるから困る。
香具師らが思っている以上に教員はネット世界を徘徊してるから、すぐにバレるのに。
そういう香具師に限って誤字だらけのサイトをそのまま移したりするんだよなーー。
ボォケが。

48 :ケィちゃん:2005/07/07(木) 01:54:06 ID:88SbL8V0
すみません、相談があるのですけど。
私は友達から車を借りて乗っていたのですが、ガードレールで傷をつけてしまったんです。
それで、私は工場に車の修理を依頼しました。
修理が完了し、所持者の友達がきて、『修理はこの人が払いますから』と言って、
そのまま車に乗って帰ろうとしたんですけど、この場合私が修理代を払うのが当たり前なのですか?
修理の人は黙認するしかないのですか?

49 :法の下の名無し:2005/07/07(木) 02:41:17 ID:3JtfmyHL
>>47
教員の方でつかw

>>48
法律相談は法律相談板へどうぞ
その事案じゃ普通あなたが修理代出すべきでしょうね、常識的にも

50 :法の下の名無し:2005/07/07(木) 14:49:22 ID:hYqfZVg0
>>47
S評定もらいました。


51 :法の下の名無し:2005/07/07(木) 21:55:21 ID:ceoua7nU
まあ10年法律やったあとで見るとバカバカしいほど簡単な問題だけど
総則習いたてのころに出されとムズイかもしれん

オレ総則で不可くらったしw

52 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 03:24:16 ID:VJqqyPtn
今年大学に入ったばかりで、今不法行為の勉強やってるんですけど壁にぶち当たったんで質問させてください。(レポートコピペとか浅
ましい考えじゃないです、ほんと悩んでるんで・・・)
 715条に関してなんですが、まず715条の使用者責任の要件としては@被用者と使用関係の存在A被用者の加害行為が使用者の事業
の執行につきなされたことB被用者が一般的不法行為の要件を具備することC使用者に免責事由の存在しないこと。ですよね?
 ここでBの要件に関してなのですが、一般的不法行為の要件とは(故意過失、権利侵害、責任能力、損害、因果関係)のはずです。
ですからもし被用者が被後見人等で責任無能力者であれば一般不法行為の要件は具備せず、したがってBの要件を欠くために715条を
適用することはできません。しかしこれは715条の趣旨たる報償責任の原理に照らして不都合を生じます。そこで結論としては使用者は
賠償責任を負うとするのが妥当であると思うのですが、その法律構成をどのようにすればよいか分かりません。
 使用者に監督義務ありとして714条によって責任を負わすのか、それか714条と715条を重畳適用、715条を類推適用など様
々な事を構成を思いつくのですがどれがよいか決めかねます。(今のところ715条類推適用が一番良いかとは思っています)双書と内田民
法を基本書として使っているんですが、どちらにも記述がありません。ですのでそれほど些細な点であるのかも知れませんが気になって夜
も眠れません。(本当に眠れなくて深夜三時にこの文打ってます。)どなたかこの点に関して分かる方おられましたら何卒助けてください。
駄文つらつらと申し訳ありませんでした。
 

53 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 03:27:22 ID:VJqqyPtn
すいません上記の者ですが改行を誤りました、申し訳ありません。なにせインターネットで書き込むのも殆どはじめてでしたので・・・どうかご容赦を願います。

54 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 03:53:00 ID:o29sIKdW
制限能力者って言ってる香具師がいるけど制限行為能力者だからな。
改正で「能力」は「行為能力」に置き換わったから。

55 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 04:03:05 ID:uGYP47Dz
>>54
承知の上だと思いますが、
ちょっと不親切ですね。
ちなみに成年擬制を受けていた場合はどうなるんでしょう?

56 :法の下の名無し:2005/07/09(土) 04:08:54 ID:loP4csVQ
>>52
判例・通説は被用者に責任能力が必要とした上で、使用者は監督義務者として714条の責任を負い、
あるいは、責任無能力者を使用したことにつき使用者自身の過失が認められ、使用者が709条の責任を負う。

『不法行為法』っていう本で調べたら、たいていのものには載っていると思う。


57 :法の下の名無し:2005/07/09(土) 04:15:32 ID:loP4csVQ
>>56の1行目補足。
判例・通説は被用者に責任能力が必要とした上で
 ↓
「715条の責任が使用者に成立するためには、」判例・通説は被用者に責任能力が必要とした上で、
「被用者が責任無能力の場合には、」

58 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 13:58:33 ID:AItmhJEk
>>57
ありがとうございました。早速調べてみます。しかし法律の勉強は本代だけでもかなりお金かかりますね・・・

59 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 17:32:26 ID:x3FUAJwi
>>58
大ヒント:図書館

60 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 19:33:24 ID:cltSozd7
土素人が一ヶ月で理解できる民法の良い参考書ありませんか?

61 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 19:36:45 ID:x3FUAJwi
>>60
長瀬なんとかって人のファーストステップ民法。
改訂されてないけど、あれ一通り読めば他の基本書も有る程度すらすら読めるよ。

62 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 22:59:32 ID:O0+ZFN2K
加藤雅信の民法大系の担物版はでないの?
道垣内に遠慮したのかな?


やっと物権法が読み終わりそうだ・・・
しかし細かい説明は脚注経由で参考文献まかせにしてるような不安も・・・。

63 :法の下の名無し:2005/07/11(月) 02:53:42 ID:fgBTWK3b
>>59
そこを勉強しようとするたびに図書館に行くわけにも行かないし・・・結局は借り物に書き込みとかできないわけで、図書館には限界がありますよ

64 :法の下の名無し:2005/07/11(月) 07:35:51 ID:McMedofk
大々ヒント:コピー

65 :法の下の名無し:2005/07/11(月) 08:52:49 ID:PvG4o4IL
担保権を信託会社に信託できるように信託法を改正するようですが、
どんな局面を想定して、そのような改正を考えているのでしょうか?

66 :法の下の名無し:2005/07/11(月) 10:39:04 ID:McMedofk
最近の日経新聞に書いてあった気がする

67 :法の下の名無し:2005/07/11(月) 17:20:56 ID:isIJYUJO
ちと質問なんですが
父母の再婚相手の連れ子と婚姻することは出来るのでしょうか?

68 :法の下の名無し:2005/07/11(月) 18:34:39 ID:tFUcxwkN
民法
 第4編 親族
  第2章 婚姻
   第1節 婚姻の成立
    第1款 婚姻の要件

69 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 00:30:47 ID:q4Y1WxHV
加藤雅信説、マニアックすぎないか?

70 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 02:15:21 ID:o6Y4Gpl+
大学二年生です
>所有権とは別になぜ占有権が必要か
>占有権とは別になぜ所有権が必要か
という問題がでてつまってしまいました
お助け下さい

71 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 02:21:25 ID:07F62ab+
まずは教科書の占有権の部分をよんで見よう

72 :バカな疑問:2005/07/12(火) 02:53:55 ID:1ywQuwPX
Aは海外旅行をしたいと考えている。そのための費用は自己所有の自家用を売ることでまかなおうと考えていた。
そこでAは友人のBに50万円で買わないかと持ちかけたところ是非ともとの即答を得た。
ところがその晩,祖母にそのことを話したところ「50万円はおばあちゃん貸してあげる」といわれAの気が変わってしまった。
Aは契約書に署名した訳でもないし,印を付いたわけでもない単なる口約束にすぎないからという理由で,この話はなかったものにしてくれるようBにいえるだろうか。




73 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 03:05:52 ID:07F62ab+
実体法的にはBの主張は認められない

74 :73:2005/07/12(火) 03:06:28 ID:07F62ab+
間違った
×Bの主張→○Aの主張

75 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 07:59:54 ID:zNIFdiWJ
555条は諾成契約だから口約束でも契約は成立。

76 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 09:45:30 ID:GPF1JoDc
「自己所有の自家用」という意味不明な目的物でも契約成立する?

77 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 14:48:10 ID:jj+PEOB7
自己所有・・・所有権の所在
自家用・・・使用収益権の所在

おかしな日本語だが意味はまあわからんでもない

78 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 20:51:36 ID:rV4VrRMe
どれが強行規定でどれが任意規定かってどう見分けたらいいんでしょうか?

79 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 21:21:34 ID:weBDlAyI
>>76-77
「自家用車」と書きたかったんだと思う

80 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 22:46:49 ID:7MEfh0i9
>>78
解釈学の教科書読もう
ちなみに物権法には前者が、債権法には後者が多い、という傾向はあるよ

>>79
にゃるほど


81 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 03:35:38 ID:lW3cVD2h
近代民法の三大原則とは!?

82 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 03:39:39 ID:UVElzfPZ
http://www.google.co.jp/search?q=%E8%BF%91%E4%BB%A3%E6%B0%91%E6%B3%95+%E4%B8%89%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E5%89%87

83 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 07:47:33 ID:EsFFRuyB
教えて エロい人

親族編
どうして、婚姻は「実質的意思」で、離婚は「形式的意思」でいいんですか?
趣旨は?

84 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 17:50:38 ID:S9LrbxUT
>>83
それなら本ぐらい読めよ

85 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 20:28:05 ID:aug+vK40
大学一回のものなのですが、民法の立法過程について簡単に説明していただけないでしょうか?
うまくまとめられなくて・・。本当に申し訳ないのですが教えてください。

86 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 20:59:02 ID:3yYuWkvu
パリ大学のぼあそなーど先生が一生懸命旧民法作ったのにみんなに拒否られたんだよ。

87 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 21:20:20 ID:br2mbH4K
そうそう。民法ができちゃうと親孝行しなくなったり先祖を敬うことをしなく
なってよくないって言い出す人や、フランス式の民法作られちゃうと、イギリス式
でヤマはってた俺たちはどうなるんだゴルアっていう人とか、もう大変だった
んだから。

ま、その騒動以前に、誤訳でもなんでもいいからそれらしいモノを作れって
いわれてがんばった人もいるんだけどね。


88 :85です:2005/07/13(水) 21:47:15 ID:aug+vK40
>>86・87さん、ありがとうございます。講義ノート見てたら難しい言葉でしか書いてなくて理解できなかったけど、
かなり分かりやすいです。

89 :法の下の名無し:2005/07/14(木) 15:40:03 ID:GRjni7Oe
大学の課題で「東欧の家族法と日本を比較して自分の意見を示せ」みたいなのが出たんですがどうも
出来ません。比較しやすいのってどの国ですかね?どなたか教えてください!

90 :法の下の名無し:2005/07/15(金) 01:02:09 ID:lO4iBUVF
>>89
奸国

91 :法の下の名無し:2005/07/15(金) 01:09:59 ID:2V8Oc49C
試験前になったら繁盛するな、このスレ。
もっと普段から勉強しろよ、藻前ら。

かく言う漏れはこんなところに偵察にきてないで
試験問題を作れ。
<まだ手付かずだ。

92 :法の下の名無し:2005/07/16(土) 01:17:11 ID:RGGOxpXG
まあ教授や友達に恵まれない連中もいるわけだし


93 :法の下の名無し:2005/07/20(水) 18:21:22 ID:Rr64kOlv
http://www.geocities.jp/sinapusu2002/index.html
人権及び基本的自由を 侵害するセクト的運動 の防止及び取り締まりを強化する
2001年6月12日の法律第2001-504号
の翻訳を掲載しております。

フランス法にご興味の方お越しください。
突然閉鎖の可能性もありますので必要な方はDLしておいてください。

94 :法の下の名無し:2005/07/20(水) 22:28:18 ID:6lzjzQ+Q
加藤雅信の債権総論本は買いなのだろうか

95 :法の下の名無し:2005/07/26(火) 22:43:17 ID:63ZxKhPs
初めまして。一つ質問させていただいてよろしいでしょうか。
当方の兄が23歳で、7月1日から飲料会社の下請け会社に就職したのですが、
毎日「死ね」等の罵倒等浴びせられ、殴られ、耐えきれず辞めてしまいました。
この場合、兄が訴えると勝てるのでしょうか?
母親からこの事を聞きました。一ヶ月に一回しゃべるかしゃべらないか程度の仲の兄ですが、
辞めて以来かなり精神的に疲れている姿が手にとるようにわかり、少々心配です。
この場合、兄が訴えない限り(被害届けをださない限り)相手を裁く事はできないのでしょうか?
よろしければご教授お願いいたします。

96 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 05:29:10 ID:251Brxiy
法律勉強相談
http://school5.2ch.net/shikaku/

97 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 15:40:16 ID:OWdcHKo7
アパートを経営しています。
老朽化も進みそろそろ立て直しを図ろうと考えています。
居住者の利用期間も長く、なかなか言い出しにくいのですが、
立ち退いてもらわなければ新たに建てられません。
それに立ち退いてもらうにも
なにか金銭面で保護をしなければならないと聞きました。
この場合どうすればいいのでしょう?


98 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 18:51:12 ID:uMQ47Lpd
法律勉強相談
http://school5.2ch.net/shikaku/

99 :法の下の名無し:2005/08/04(木) 01:34:33 ID:L47ZCFqo
質問させてください。

一般不法行為と特殊不法行為の両方の要件を満たす場合(例えば709と715)
あるいは一般不法行為と不法行為特別法の両者の要件を満たす場合(例えば民法709と自賠法3条)

損害賠償請求権はそれぞれに基づいて認められるのでしょうか?
つまり、請求原因として両者をたてることはできるのでしょうか?

新訴訟物理論だと単なる攻撃防御に過ぎないように思われ、旧説だと択一的な関係になるtって言う感じでしょうか?
なんかよくわからない質問ですが、よろしくお願いします。

100 :法の下の名無し:2005/08/04(木) 02:08:59 ID:OAly23uW
>>99
単に特別法と一般法の関係であって実体法内の問題。
手続法上の話ではない。

101 :99:2005/08/04(木) 02:23:29 ID:L47ZCFqo
>>100
即レスありがとうございます。

ただ、私勉強不足のためちょっとわかりづらいです。。。
もしよろしければ、もっと詳しく具体的にせつめいしていただけないでしょうか?
99の問い(三段落め)に答えるというような感じで。

えらそうな事いって申し訳ありません。

102 :法の下の名無し:2005/08/04(木) 15:30:08 ID:+Bo6X9Tq
すいません借金した女がさ、セックスで借金チャラにしてっていう契約は90条で無効ですよね?
なんか昔行列でそれもアリ!みたいなこと言ってたような気がするんですけどハテ?

103 :外車男(仮):2005/08/04(木) 16:17:14 ID:gk+/RJaG
>>1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

104 :& ◆o7Zx4TD.Q2 :2005/08/04(木) 16:18:25 ID:gk+/RJaG
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1115150435/11111111111111111111111111111111111111111

105 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 23:42:22 ID:alZCA3VB
>>102
が誰も答えられない件

106 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 23:45:52 ID:rj0TcELX
>>102
無効だけど、不法原因給付で無効主張できなくないか?

107 :法の下の名無し:2005/08/08(月) 00:58:17 ID:vjz1HEaC
>>105
というか>>102は人にモノをたずねる態度をまず勉強すべき

108 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 01:07:38 ID:caE0HZ+X
質問させてください。
婚姻と養子縁組以外で、一人で新戸籍を作ることって可能ですか?

109 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 21:22:32 ID:8Udsv6cG
>>106
給付に不法原因はないだろ。

>>108
可能。

110 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 21:37:55 ID:PN3V2SAq
質問させてください!
店から道路にテント〈看板〉がかなりでていました!仕事中、作業者であててしまいました!店から道路にでていいのですか?違法ではないのですか?

111 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 21:39:34 ID:8Udsv6cG
契約法の話かね?それとも不法行為法の話かね?

112 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 21:44:30 ID:PN3V2SAq
不法行為かどうかしりたいです!弁償しろと言うわれて!その言い方に腹がたちました!どうにかなりませんか?

113 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 22:04:55 ID:/jPALNsb
看板壊したのなら不法行為の4っの要件は具備するね
民法上は弁償しないとならないね 勿論、過失相殺は主張できる
腹立つなら道交法違反で告発したらどうだい

114 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 22:23:33 ID:NhgY65ZS
>>107
全く正しい。

>>106
公序良俗に反してるから無効な気もするがな…

115 :法の下の名無し:2005/08/19(金) 00:55:34 ID:h55rPsUP
損害の有無が明らかじゃないけどな。

116 :法の下の名無し:2005/08/20(土) 00:10:38 ID:iw6Ek3Z0
危険負担の債権者主義?というのが、なかなかしっくりこないのですが、
なぜしっくりこないかを教えてくださいm(_ _)m

117 :法の下の名無し:2005/08/22(月) 00:25:08 ID:a5KGJ14Y
むしろこっちが教えてくださいm(_ _)m

118 :法の下の名無し:2005/08/22(月) 00:50:38 ID:zYQxsF3Z
融資などの書類の偽造はどんな罪?

119 :CONTROVERSY:2005/08/22(月) 02:02:16 ID:RzBjLTPF
>>116
あなた自身がすっきりしないといってるんだから、自分の心に聞いて
みな。ただ、判例では、いろんな場面で修正しているのでそのことを
忘れないように。もっと知れたければ、ローマ法まで遡れ。所謂注
問したぶどうが腐った場合にだれがその危険を負担するか≠ニいう問
題である。

120 :法の下の名無し:2005/08/22(月) 02:58:35 ID:sVGGw3SH
ほかのとこに書き込んだのですが誰も答えてくれないのでお願いします。

民法507条「相殺は、双方の債務の履行地が異なるときであっても、することが
できる。この場合において、相殺をする当事者は、相手方に対し、これによって
生じた損害を賠償しなければならない。」

この「損害を賠償しなければならない」の具体例を教えてくれませんか?
バカなので市販の参考書の解釈例では理解できません。宜しくお願いします。

121 :法の下の名無し:2005/08/24(水) 01:07:07 ID:XVZ07bOA
>>116
お盆に梅先生にきいてくればよかったのにw

梅先生曰く、「買主は高騰の利益を得るんだから、
滅失毀損による不利益も受けなさい」だそうな。
余計わかんなくなった?w
たくさん悩んで成長してください。

122 :法の下の名無し:2005/08/29(月) 14:09:34 ID:TODeVChD
「X女は上司のYから、妻と別れて結婚するからと誘われ情交関係を
結んだ。」という文章における「X女」の読み方は?えっくすじょ?えっくすおんな?

123 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 14:39:06 ID:40ZybRr2
「民法上の能力について」説明する問題があるんですが誰か説明していただけますか?

124 :法の下の名無し:2005/09/12(月) 00:32:09 ID:8hZ3eejo
権利能力、意思能力、行為能力を順番に書けばいいだけでしょ
どんなテキストにも書いてるはずだけど・・・

125 :法の下の名無し:2005/09/12(月) 01:24:39 ID:UFQhI1Cc
責任能力と過失相殺能力も。

126 :法の下の名無し :2005/09/12(月) 01:30:18 ID:X7PjYG0F
>>122
 その話で思い出したんだが、名前をXYじゃなくて甲乙にした場合、
甲男はいいけど、乙女だと、「おつじょ」じゃなくて、「おとめ」
って思わず読んじゃうんだよね。
 「X女」は普通「えっくすじょ」だと思う。まー読み方なんて
キニスンナ。

127 :法の下の名無し:2005/09/12(月) 01:54:49 ID:8x1uTPM3
>>124
オレが持ってる法学の本に載ってなかったんやけど民法の本しか載ってないんですか?

128 :法の下の名無し:2005/09/12(月) 05:17:28 ID:UFQhI1Cc
>>126
きちんと法学教育を受けた人はみな「乙女」は「おつじょ」と読みます。
「乙女の祈り」は「おつじょのいのり」です。

>>127
法学の本って何…?つか民法の話なんだから民法の教科書見ろよ。あほか?

129 :法の下の名無し:2005/09/12(月) 12:46:08 ID:8x1uTPM3
アホですが何か?

130 :法の下の名無し:2005/09/12(月) 22:41:50 ID:uibmcJta
法学概論とかいう本には載ってないだろうね
民法の本読まなきゃ

それかググれ

131 :法の下の名無し:2005/09/13(火) 14:01:28 ID:fjM/iUI8
民法上の能力って読み方によっては行為能力のことだけとも読めるな。
現行法だと単なる能力は43条の見出しだけだけど。

132 :法の下の名無し:2005/09/27(火) 23:43:20 ID:VBoC8UeQ
学部2年生です。
民法の不法行為が今年の4月に「他人の権利を侵害したるものは、〜〜損害を賠償するせめに任ず」
から「他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は〜〜損害を賠償する」に改正しましたよね?

これによってどういう変化が今後起こるかについてレポートを書かなければいけないのですがどのような方向で書いた方がいいでしょうか?
アドバイスお願い致します。_(_>_)_

133 :法の下の名無し:2005/09/28(水) 05:27:27 ID:poGa06jI
>>132
とりあえず立法者の元々の見解を調べて、
それがその後の判例(大学湯事件とか)によって
どのように変更されるようになったかを書く
そうすれば改正による文言の変更の意図がだいたいわかる

キーワードは「判例による法創造」ってとこか
今後どういう変化が起こるかということはまあ思ったことを書いとけばいいんじゃない?

ていうか宿題は自分でやれ

134 :法の下の名無し:2005/09/28(水) 10:47:56 ID:XqJjhEZf
http://homepage2.nifty.com/discipline/menu.html
ここいいぞ

135 :法の下の名無し:2005/09/28(水) 11:56:58 ID:EECjRVSW
>>133 様
おおいに参考にさせていただきます。
有難うございました。
日本海峡よりも深くお礼を申し上げます。

136 :法の下の名無し:2005/09/29(木) 18:00:10 ID:MkOjtnSE
質問させてください(切実)。

「代理権濫用」について、判例と異なり「原則有効、権利濫用構成」の立場にたった場合の処理です。
代理行為の効果は本人・相手方間に有効に効果帰属し、例外的に悪意重過失の相手方からの効果帰属を前提にした権利主張を一般条項で封じるものということは、
(判例とは違い)相手方の権利の帰属自体は否定されないということですよね。
ここで二つ疑問があります。
@この法理はディフェンス面では功を奏することはあっても、本人からの請求原因としては使えないということでしょうか?
例えば、土地の売買契約の場合、本人(売主)から濫用につき悪意重過失の相手方(買主)への登記抹消請求や土地返還請求は、
契約の無効を基礎付けられない以上、この法理では不可能ということになりそうです。
代理人が無断で履行した場合等、履行の有無で結論が変わるのはおかしい気がします。
とはいえ公序良俗違反も難しそうですし、判例と同様の結論をとるのは無理なのでしょうか?
A濫用につき悪意重過失の相手方が、本人に対して有効に取得した債権を、本人に行使するのでなく第三者に譲渡し、その第三者が譲受債権を本人に行使した場合に、
本人としては権利濫用の抗弁をもはや主張できなくなるのでしょうか、それとも(無留保承諾をしなかった場合に)抗弁の承継により第三者にも対抗できるのでしょうか?
権利濫用のような、個人の主観や属性に左右されるような抗弁も、債権譲渡の際に承継されるのでしょうか。

長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。



137 :法の下の名無し:2005/09/30(金) 14:04:56 ID:TQ6SmqxJ
>>133
無事に終わりました。
ありがとうございました。


神に感謝したい。

138 :法の下の名無し:2005/10/01(土) 20:07:27 ID:a7vVg/Jp
書き換え可能なICチップ入りのRFIDが貼付された物品が、最終購入者へ到達した場合、
RFIDのもともとの購入主は、そのタグのICチップに記録されたタグ固有IDを根拠にタグの所有権を主張し、
データリセットでりユースするための、返却の請求を起こせるのでしょうか?

タグのIDは、1枚300円のカード型で、書換え可能タイプ。
商品梱包に差し込んで検品させ、用済み後は回収して検品用データ領域を消去して再使用。
ISO/IEC 15963に準拠し、世界で唯一を示す「タグ固有ID」の記録領域には、
書き換えられないようガードがかかっているものとします。

よろしくお願いします。

139 :初心者マン:2005/10/02(日) 03:59:38 ID:GVr/Z4z8
今年四月に施行された民709条って前と今後はどのように変化するの????明らかにちがうんすか? どなたかご教授下さい。

140 :法の下の名無し:2005/10/02(日) 04:13:39 ID:rZkgz0ad
>>139。ていうかマルチうざい。自分で考えろ。

141 :法の下の名無し:2005/10/02(日) 11:37:02 ID:ESgnLo66
ワロタwww

142 :法の下の名無し:2005/10/02(日) 23:17:30 ID:HL89xMFK
>>136
むずかしいねー。私見だけど,
@について
 請求原因で本人さん(原告)が「本人さんのもと所有」とかを主張して,
 抗弁で相手方さんが売買(代理契約)を主張して,
 再抗弁で本人さんが権利濫用を主張する
のではないかと思うよ。知らんけど。
Aは,もっと難しいね。
 漏れなどは,譲受人が,権利濫用の事実について悪意又は重過失であるか
どうかで結論を分けたいね。これを抗弁権の接続とみるか,新たな権利濫用
と構成するかはともかく。 



143 :法の下の名無し:2005/10/10(月) 16:05:35 ID:3ho84Ndq
>>142
真剣に考えてくださってありがとうございます。
じつはまだロー生じゃないんですけど、請求抗弁のほうが答案が書きやすいので、少し背伸びして考えてしまいました。
ボロが出るかもしれませんが。。。
少し糸口が見えた気がします!

144 :法の下の名無し:2005/10/10(月) 17:17:14 ID:NORGp22k
>>136
@について
ここでの権利濫用にいう権利とは債権であり、債権の濫用が許されないとは、債権の効力たる給付保持力を主張することも許されない。よって相手方は土地明渡を免れない、であろうが、ここで所有権が「単純に」本人にあるとしてよいかは問題と思われる。
あと個人的な疑問だが売買契約より生じた債権が消滅するには時効しかないのだろうか…免除はありうるが…

Aについて
漏れなら単純に§468Uをつかう。たしかに譲受人の主観的態様でわけることも考えれるが、§468の趣旨からして§468「事由」にあたる、といえる。

145 :法の下の名無し:2005/10/11(火) 13:19:38 ID:up3VHNS9
>>135
日本「海峡」ではなくて
日本「海溝」だろ。
法学語る前に、常識勉強しなはれ。

146 :法の下の名無し:2005/10/12(水) 22:29:36 ID:BkIhi5GZ
今頃になって卒業論文のテーマに困っています。
民法全般でなにかおもしろそうなテーマありませんか?

当方、3流私立大学の法学部です。
エミは民法を選考しています

147 :法の下の名無し:2005/10/13(木) 00:56:01 ID:vlPSh4Eq
>>146
原始的不能と契約の有効性について

148 :法の下の名無し:2005/10/13(木) 01:57:59 ID:34WLrNIB
契約をやぶる自由について

149 :法の下の名無し:2005/10/13(木) 06:37:17 ID:oxSQ2LOj
ファイナンスリースと瑕疵担保責任に関する経済的分析

150 :法の下の名無し:2005/10/13(木) 06:38:22 ID:oxSQ2LOj
公序良俗の現代的意義

151 :法の下の名無し:2005/10/13(木) 06:39:03 ID:oxSQ2LOj
使用者責任の帰責構造

152 :法の下の名無し:2005/10/22(土) 21:35:32 ID:Oodqy5CG
債務者が債権の一部を承認すると時効の中断や時効援用権の喪失はどの範囲で
及ぶんでしょうか。

153 :法の下の名無し:2005/10/22(土) 22:25:04 ID:ne6o3vF7
>>152
債務の商人による時効の中断の場合、一部の弁済は全額についての承認になるという
判例がある(大判大8.12.26 民録25-2429)。

時効利益の放棄の場合も原則として全額について時効を援用できなくなると
考えられている。

最判昭和41.4.20は、債務者が時効期間経過後に「元本だけに負けてくれ」と
申し入れた事案で、利息についても時効の利益を喪失するとした原審の判断を
維持している。

もっとも、この場合、元本については時効は援用できないが
利息については援用できるとする学説も有力なようだ。

判例は信義則を根拠にしているが、この事例だと、債務者は利息は払わない
意思を示しているから、時効の援用を認めても、債権者の期待を害し
信義則に反するとまではいえないように思える。

154 :法の下の名無し:2005/10/22(土) 22:41:07 ID:Oodqy5CG
>>153
一部弁済によるみなし承認の話は有名だから知ってる。
そうじゃなくて一部承認でつ。


155 :法の下の名無し:2005/10/22(土) 22:42:47 ID:Oodqy5CG
つまり,債権者は1000万円と主張するが,債務者は400万円しかないと主張したような場合。

156 :法の下の中田し:2005/11/22(火) 19:03:41 ID:DiFpm9Ff
民法の勉強方法について
内田先生の教科書読んでいますが
結論に至るまでのマエ振りが長すぎて
なにが、問題となっていたのかのかわからなくなることが
多々あります



157 :法の下の名無し:2005/12/02(金) 20:14:32 ID:l+ecv+sj
要件事実論はどうでしょう。

158 :法の下の名無し:2005/12/03(土) 19:33:42 ID:HGoUzMBD
>>156
それはたぶんお前のおつむのせいだ。あれ以上わかりやすい教科書はない。
あれでわからなければ法律学の道はあきらめたまえ。

159 :法の下の名無し:2005/12/03(土) 21:50:48 ID:T27jPKGz
>>156
法学の教科書は何度も読んで初めて分かってくるもんだから気にすんな

160 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 02:37:57 ID:7VOON9+7
民法の中で実務上重要になってくるのはどの部分でしょうか?
感覚的には担保物権法と契約法かなという感じがするのですが。

161 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 03:14:51 ID:F/ZtEGYO
家族法

162 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 03:17:00 ID:CyNp9nh8
不法行為法

163 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 04:14:56 ID:oR+fHsPY
用益物権法と事務管理法

164 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 10:45:05 ID:rKzSE1O8
総則

165 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 22:00:59 ID:VW0cZ9yO
結局どれなんだよw

166 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 09:29:08 ID:6Wh0u/s3


167 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 11:22:10 ID:Ljd+ND1J
和解

168 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 16:13:59 ID:GnhIpDdf
男女平等条項と入会権だろ。

169 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 16:35:54 ID:D1y1kzTh
入会権は確かに重要だな

170 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 23:12:51 ID:resHYIu+
昔,どっかの法律雑誌が裁判例から使用頻度の高い条文のランキングを
していた気がする。で,1位は709条だったと記憶している。

171 :法の下の名無し:2006/01/03(火) 16:35:42 ID:XVzouvEE
民法の基本的な精神は
個人の尊厳と
両性の本質的平等である。

172 :法の下の名無し:2006/01/04(水) 14:16:26 ID:AkC0Zr1w

「債権法」抜本改正へ、ITや国際化に対応・法務省

 法務省は民法の柱の1つである「債権法」の抜本的な見直しに着手する。
IT(情報技術)や国際化の進展で多様化する契約形態を法律で明確に位
置付ける。時効のあり方なども含めて見直す方針で、2009年の法案提出
を目指す。1896年の法律制定から100年以上が経過し、現代社会に対応
できていない面が多いと判断した。

 杉浦正健法相が省内に設置を指示した「民法改正委員会」(座長・内田
貴東大教授)が検討を進める。債権法は「融資した金を返せ」など相手に
一定の行為を要求できる権利を定めた民法条文の総称。

[1月4日/日本経済新聞 朝刊]


173 :法の下の名無し:2006/01/04(水) 17:27:24 ID:PIZ5bZBG
質問<胎児って権利能力について>
停止条件説だと生きて生まれたら遡って(127条の適用なし)権利能力があるので母親が代理でなした遺産分割請求や不法行為の損害賠償請求は有効になる(胎児を拘束する)のですか?それとも飽くまで胎児に権利能力はないとする判例が正しいのですか?

174 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 18:39:24 ID:9+NEpKy5
米倉のプレップ民法と道垣内のゼミナール民法入門って比較してそれぞれどうなんでしょう?

学部レベルの民法は一通り勉強したことあるんですが久しぶりに復習したいので。
各分野のテキストを読み返すのがいいのかもしれませんが時間もないので、この2冊のどちらかを読みながら思い出していこうかなあと。

175 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 20:30:51 ID:0iaOmxT0
>>174
プレップは基本的に売買契約のまわりだけ。
用益物権、担保物権、事務管理、,不当利得、不法行為、
売買と賃貸借以外の契約各論、保証などはほとんどスルー。

でも、公示の原則と公信の原則とか、対抗要件としての登記と
権利保護要件としての登記みたいな躓きやすいところの
説明は親切でGOOD。

ゼミナールは眺めただけだからいい加減なことは書けないけど
たしか二段組でページ数以上に読み応えがありそうだった。
プレップよりは範囲は広いと思う。

176 :174:2006/01/05(木) 20:40:10 ID:Y/TrdnRT
そうなると全体を復習するにはちょっと厚いけどゼミナールの方が良さそうですね。
読みやすいという評判も聞きますしそっちにしてみます。

177 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 22:34:28 ID:U+s4uEFm
民法709条の立証責任が被害者にあるのか加害者にあるのか、被告にあるのか原告にあるのかよくわかりません。
教えて下さい。
それと、立証責任の根拠法令は何なのか分かりません。民事訴訟法を見ても良く分かりません。
なにか判例でもあるのですか?

178 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 00:00:40 ID:ew7oim3z
>>177
基本的に被害者(原告)に立証責任がある。

立証責任については、民事訴訟法上の理論で「法律要件分類説」
というものがあり、これが学説・実務の通説となっている。
これによれば、実体法(民法・商法等)の条文の定め方に着目して、
各当事者が自己に有利な法律効果の発生を導く法律要件(の要件事実)
につき立証責任を負うものとされる。

179 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 09:16:38 ID:AmET/TKz
事案にもよる。
たとえば車で人をひいた時なんかは加害者が自己に過失がなかった
事を証明しなければならない。

180 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 18:14:42 ID:dn5RY6EW
>>179
太田勝造説?
司研説では被害者側が過失の評価根拠事実の主張・立証責任を負い,加害者側が過失の評価障害事実の主張立証責任を負う。

181 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 20:12:42 ID:6Qwu4SYv
>>179>>180
「事案による」を正確にいえば、法律によって中間責任とされている類型の不法行為があるということ。

182 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 21:33:46 ID:eoXXU9LT
>>173
難しい質問だね。多分、判例は、胎児が出生したといって、出生前の代理行為が
当然に遡及的に有効になる、という立場はとっていないと思う。
ただ、出生後に追認(無権代理の追認(の類推)か、無効行為の追認かはともかく)する余地
は残していると思う(下記判決でも、出生した胎児が契約の利益享受の意思表示
をしたか否かを問題にしていることに注目)。

大判昭7年10月6日(民集11−2023)
「民法ハ胎児ハ損害賠償請求権ニ付キ既ニ生レタルモノト看做シタルモ右ハ胎児カ不法行為ノアリタル後生キテ生レタル場合ニ不法行為ニ因ル損害賠償請求権ノ取得ニ付キテハ出
生ノ時ニ遡リテ権利能力アリタルモノト看做サルヘシト云フニ止マリ胎児ニ対シ此ノ請求権ヲ出生前ニ於テ処分シ得ヘキ能力ヲ与ヘントスルノ主旨ニアラサルノミナラス仮令此ノ如キ能力ヲ
有シタルモノトスルモ我民法上出生以前ニ其ノ処分行為ヲ代行スヘキ機関ニ関スル規定ナキヲ以テ前示鉄蔵ノ交渉ハ之ヲ以テ寿雄ヲ代理シテ為シタル有効ナル処分ト認ムルニ由ナク又
仮ニ原判決ノ趣旨ニシテ鉄蔵カ親族ノ重子等ヲ代理シ又ハ自ラ将来出生スヘキ寿雄ノ為ニ叙上ノ和解契約ヲ為シタルコトヲ認メタルニアリト解スルモ被上告人ハ寿雄ノ出生後同人ノ為ニ鉄
蔵ノ為シタル処置ニ付キ寿雄ニ於テ契約ノ利益ヲ享受スル意思ノ表示セラレタル事実ヲ主張セス原審モ亦此ノ如キ事実ヲ認定セサリシモノナルヲ以テ鉄蔵ノ為シタル前記和解契約ハ上告
人寿雄ニ対シテハ何等ノ効力ナキモノト云ハサルヘカラス



183 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 23:19:28 ID:hsTaXdwj
(問い)
抵当権設定後においても、
設定者は、その抵当権の目的物を売却し、または賃貸する事は出来るか?

それと、抵当権設定当時に土地と建物が異なる所有者に属している場合、
抵当権者が両者を別々に競売する時は、法定地上権は認められるか?

184 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 23:34:28 ID:6Qwu4SYv
>>183
前者は売却も賃貸も認められる。
後者は認められない。

185 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 23:49:07 ID:hsTaXdwj
ありがとうございます。
もう三つ。

抵当権によって担保される債権の範囲は、元本および利息のすべてに及ぶか?

抵当権の設定者は、目的の事実上の使用収益については何らの制限を受けないが、
抵当地の山林を伐採するような行為は、抵当権の侵害として許されないか?

土地と建物の両方を同時に抵当に入れた場合、抵当権者が両者を別個に競売する時は
、法定地上権は認められないか?


186 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 23:50:06 ID:6Qwu4SYv
>>182
親が胎児の出生前に胎児の損害賠償請求権を行使した。で胎児は無事生まれた。
胎児の「権利能力」は胎児に遡及的に付与される、としても「法定代理権」までもが親に遡及的に付与されるとはならない。
そこで胎児の追認が必要になると解する余地がでてくるのではないだろうか…


187 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 00:07:43 ID:ufS3GKkF
>>185
はじめのは、374、5条あたりをよめばわかる。

次のは場合によると考えられる。前提として木に抵当権の効力は及んでいると普通考えているのだろう。
しかし、その前提の下で、木の伐採が抵当権の侵害になるか否かは通常の使用収益としての伐採か否かにかかるが、それは設定者の職業にかかわると考えられ、属人的要素を極力排除しようとする物権法にそぐわない(物権法定主義)。
そこで、通常の使用収益か否かで侵害か否かを判断するのではなく、抵当権の効力が及んでいるか否かの一歩手前のレベルで問題を処理するのがよいと思われ。
この処理だと条文がばっちしあるので、条文の根拠なく属人的要素を考慮しようとする場合とは説得力がことなると思う。

最後のは法定地上権発生。法定地上権の条文、388条あたりの条文をよめばわかる。

188 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 17:29:25 ID:HYt2F5f4
独学で民法を勉強しています。
伊藤真『民法入門』(日本評論社)は読了できました。
その次に道垣内弘人『ゼミナール民法入門』を読んでみたのですが、少し難しいです。
間に挟むのにいい好著があったら教えてください。
過去ログを見ると、入門書として長瀬範彦『ファーストステップ民法』(東洋経済新報社)を薦めているレスがありましたが、ここ2年も改訂していませんが使い物になるでしょうか?

189 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 17:51:11 ID:tw9Aa7Y9
>>188
『民法入門』以上『ゼミナール民法入門』以下のレベルで読むなら
それほど気にしないでいいのでは。
現代語化で微妙に文言が変わっていたりするかもしれないけど。
平成15年の担保物権改正が反映されていないなら
担保物権だけは少し気をつけたほうがいいかも。

190 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 18:46:01 ID:KIVkeVzQ
>>188
内田貴「民法T〜W」を何度も繰り返すほうが時間の節約になる気が(ry

191 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 08:50:43 ID:CmQ7pMw6
借金して、東北地方に逃亡中の借金男に法的アドバイスをください。
俺は『死ねば楽になるのかなぁ』
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/loser/1136364046/
俺は『死ねば楽になるのかなぁ』2
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/loser/1136648564/

192 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 09:24:59 ID:NU4WbSSC
>>190
民法初心者はみなそーゆー

193 :法の下の名無し:2006/01/11(水) 23:00:06 ID:1LENLaGo
民法94条2項の趣旨と同項の類推適用について教えてください。

194 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 23:56:25 ID:9FrHjFcs
賃貸中の建物譲受人と賃借人の法律関係について詳しく述べたサイトご存知の方いらっしゃったら教えていただけないでしょうか?

195 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 00:57:46 ID:29TTXZDE
>>193
つ注釈民法

>>194
注釈民法の該当箇所をスキャン→うp→(゚Д゚ )ウマー

196 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 04:25:16 ID:lrV9klC+
民法を独学してるんですが、総則・物権・担物・債総を終え、
いよいよ債権各論を勉強しようと新世社の潮見の2冊を買ってきました。
で、どっちから読むのがいいですかね。
ただいま迷ってます・・・。

197 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 05:01:00 ID:TYho09Sy
>>196
普通にTから読めば?まあ、不法行為論から読んでも別に支障はないだろうけど。

198 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 19:01:42 ID:cmJ8Bzhf
>>196
不法行為法のほうが先に書かれたせいか、初学者に配慮した記述が多い気がする。
まあどっちから読んでもいいと思うけど。

199 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 19:49:22 ID:ndNmo2X+
AがBに100万の債権もっててBはCに200万の債権もってて、Aが債権者代位権でCに請求できるのはわかったのせすが、
ノートにAからCに強制執行もできるとかいてあったのですが、債権って当事者間でしか主張できないですよね?
AからBにできてもAからBをとんでCに強制執行ってできるんですか??
至急おねがいします!!解説を。。

200 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 10:46:34 ID:V5vtpuZN
>>199
余裕で出来るお

201 :法の下の名無し:2006/01/28(土) 23:59:01 ID:0RhdFyeG
交通事故の示談交渉の際相手が弁護士依頼して話することになったんですが話し合いの途中弁護士が怒って帰りました。そして法廷ではなしすると捨て台詞をはいてかえりました。どうゆうことでしょうか?

202 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 00:33:00 ID:BZWEax+C
訴えを提起される、ということだろ。

203 :民法初心者 ◆orz...1KtE :2006/02/28(火) 09:55:49 ID:/x2Qgw/m
問1

B子には友人の紹介で知り合った彼氏Aがいる。彼氏Aは性格はおとなしいが賭け事が大好きで((賭博で生活費を稼いでいる)、B子から100万円(賭博のための金銭)を借りている。B子は彼氏Aに貸した金銭を請求できるのだろうか。

問2

B子は、現在結婚願望はないが、いずれは誰かと結婚したいと考えている。もし結婚できた場合には、定年まで働きたいと考えている。ところが、ある日「第一子出産後は退職しなければならない」旨の 自社の就業規則を知り
困ってしまった。この場合、B子は会社辞めなけばならないだろうか。


解説よろしくお願いします

204 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 00:24:40 ID:Kk8mOvII
大学でのテストのことなんですが教えてください。
弁当屋でAさんが注文したあと、Aさんは一度店からでました。
その後Bさんが来店し、Aさんと同じ弁当を注文したところ、Aさんように作っていた弁当ができたので手渡そうとしたそのとき、
Aさんが帰ってきて自分のものだと主張しました。AさんとBさんどちらが弁当を買えるでしょう?
私は公務員用に勉強していて占有改定による取得は第三者に対抗できないから
Bのものだと書いたのですが、模範解答には占有改定によりAのものだとありました。
これはやはり模範解答が正しいのですか?

205 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 07:43:44 ID:ll3IgnkL
まったくおんなじ体験したことあるwww
オレはBさんか!

206 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 17:12:25 ID:tLI5Nh7N
>>204
占有改定による占有移転でも
第三者に対する動産物権変動の対抗要件たる「引渡し」(178条)にあたるという判例があります
(最判昭30.60.2民集9-7-855)


なぜなら代理占有をする者が本人に物権が移転したということを公示する機能を果たすことができるので
現実の引渡しと同様に、占有改定による引渡しについても
動産物権変動の対抗要件たる引渡しとなることを認めても差し支えない

といえるからです。

したがって代理占有機関である弁当屋が
本人であるAに弁当をAのために占有する意思を表示していた
場合には、弁当所有権取得の優先権はAにあるということになるでしょう


 なお同じ動産について即時取得を争う第三者との関係では、占有改定では192条における「占有の開始」に
あたらないとすることがありますが
その議論と混同されているのではないでしょうか

207 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 17:13:04 ID:W4TOFUrz
保証委託契約とは一体どういう実体関係なんですか?
できれば図とかを書いて教えてください。

208 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 18:11:44 ID:tLI5Nh7N
>>203
お前ここで解答聞いて
答案かレポートに内容を丸写ししようと思ってるだろ
まず自分で考えてから
わかんないとこだけ質問しろってのw

209 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 19:41:29 ID:hUZ8v2xk
>>206
ありがとうございます。この場合Bは第三者用件をみたさないのですね。
おっしゃるとおり、勘違いのようです。今回は公務員試験用の生半可な知識が
仇となりました。教授の所に行く前に聞けてよかったです。

210 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 21:19:55 ID:tLI5Nh7N
>>209
丁寧なレス痛み入ります
おっしゃる通りBの弁当の所有権取得はAとの関係で対抗要件を具備していません
Bは弁当の引渡しを受けていないですし
先にAが占有改定による弁当の引渡しを受けて自己の弁当所有権取得につき対抗要件を具備しているからです

 つまりAの弁当が完成したらAのために保管しておくよという事前の弁当屋の意思表示
ないしBが受け取る前に自分のものだと主張した時点での弁当屋の挙動による意思表示
により弁当屋の占有改定による引渡しが完成したということになるのではないでしょうか

211 :法の下の名無し:2006/03/21(火) 23:38:18 ID:z1J53Iak
質問です。

制限能力者が取引の際、詐術を用い、相手方が誤信した場合、取消権は消滅しますよね。

では、相手方が誤信しなかった場合(悪意)、取消権は消滅しないのですか?

私的には、信義即上、取消権を認めるべきではないと思うのですが。

212 :法の下の名無し:2006/03/21(火) 23:44:35 ID:EFrCycRf
>>211
なんで?誤信してなければ未成年者保護に優越する利益ってなんかあんの?


213 :法の下の名無し:2006/03/22(水) 00:33:42 ID:2sRvj9sv
>>211
21条の趣旨を、詐術を用いた制限能力者への制裁と考えるのならば
あなたのような考え方も出来るかもしれませんが、
判例、通説は同条の趣旨を相手方の保護にあると考えていますから、
誤信していない場合には相手方を保護する必要がないので、
制限能力者は取消権を失いません。

214 :法の下の名無し:2006/03/22(水) 12:38:06 ID:2cLUvbFf
結果無価値対行為無価値ですな。

215 :法の下の名無し:2006/03/28(火) 22:11:28 ID:JpbRvAC2
胎児も無保険車傷害条項の対象 最高裁が認定
2006年03月28日21時22分

 任意保険に入っていない「無保険車」と交通事故に遭った場合、被害者自身の任意保険か
ら保険金が支払われる「無保険車傷害条項」をめぐり、被害者の胎児が支払い対象に含まれ
るかが争われた訴訟の上告審判決が28日あった。最高裁第三小法廷(藤田宙靖(ときやす)
裁判長)は「胎児も家族に準じて対象に含まれる」と判断し、事故当時胎児だった子への支払
いを拒んだ保険会社側の上告を棄却。会社に約1億4000万円の支払いを命じた二審判決
が確定した。

 第三小法廷は「不法行為による損害に対しては胎児も賠償請求権を持つ」という通説を確認
したうえで、損害を補填する性格がある今回のような保険にも当てはまると判断。保険金請求
を認めた。

まあ改めて確認するまでもないか

216 :法の下の名無し:2006/04/12(水) 16:21:17 ID:h3F8l3pK
質問です。後見人になりたくない為、家族、親戚が納得する理由を探しています。
どなたか後見人になるデメリットを教えてくださいお願いします


217 :法の下の名無し:2006/04/12(水) 18:38:45 ID:lmiAHKtR
>>214
結果無価値も何も、詐術しただけで有効にする合理的理由がない。
>>216
キチ

218 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 00:06:17 ID:qg9Q2HsT
逆説「証明問題〜加害者が賠償しなくてもよいことを証明せよ!」
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_11.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

219 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 18:39:59 ID:op2elEQb
期間を「再起算」って打ったら「斉木さん」って変換されたんだけど、どう思う?

220 :法の下の名無し:2006/04/28(金) 10:27:31 ID:yWLJKYKN
>>218

交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ニュース速報〜激写!「損保&損保弁護士撲滅キャンペーン第3弾!」札幌
ニュース速報〜北海道警察本部で道庁関係部署、病院関係者、交通事故被害者らが初顔合わせ!

221 :法の下の名無し:2006/05/03(水) 12:04:34 ID:n0mlsNvH
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ニュース速報〜『指摘してきた地検の被害者コピー機使用の件、北海道新聞に!』
ニュース速報〜『指摘してきた地検の被害者コピー機使用の件、北海道新聞に!』(その2)

222 :法の下の名無し:2006/05/14(日) 11:29:21 ID:n2kyg/C3
公布:大正14年4月1日法律第42号
施行:大正15年11月10日

第一条 帝国臣民又ハ帝国法人ニ対シ土地ニ関スル権利ノ享有ニ付禁止ヲ為シ又ハ条件若ハ制限ヲ附スル国ニ属スル外国人又ハ外国法人ニ対シテハ勅令ヲ以テ帝国ニ於ケル土地ニ関スル権利ノ享有ニ付同一若ハ類似ノ禁止ヲ為シ又ハ同一若ハ類似ノ条件若ハ制限ヲ附スルコトヲ得

第二条 帝国法人又ハ外国法人ニシテ社員、株主若ハ業務ヲ執行スル役員ノ半数以上又ハ資本ノ半額以上若ハ議決権ノ過半数カ前条ノ外国人又ハ外国法人ニ属スルモノニ対シテハ勅令ノ定ムル所ニ依リ之ヲ其ノ外国人又ハ外国法人ト同一ノ国ニ属スルモノト看做シ前条ノ規定ヲ適用ス
2 前項ノ資本ノ額又ハ議決権ノ数ノ計算ハ勅令ノ定ムル所ニ依ル

第三条 外国ノ一部ニシテ土地ニ関シ特別ノ立法権ヲ有スルモノハ本法ノ適用ニ付テハ之ヲ国ト看做ス

第四条 国防上必要ナル地区ニ於テハ勅令ヲ以テ外国人又ハ外国法人ノ土地ニ関スル権利ノ取得ニ付禁止ヲ為シ又ハ条件若ハ制限ヲ附スルコトヲ得
2 前項ノ地区ハ勅令ヲ以テ之ヲ指定ス

第五条 帝国法人ニシテ社員、株主若ハ業務ヲ執行スル役員ノ半数以上又ハ資本ノ半額以上若ハ議決権ノ過半数カ外国人又ハ外国法人ニ属スルモノニ対シテハ前条ノ規定ヲ適用ス
2 前項ノ資本ノ額又ハ議決権ノ数ノ計算ニ付テハ第二条第二項ノ規定ヲ準用ス

第六条 土地ニ関スル権利ヲ有スル者カ本法ニ依リ其ノ権利ヲ享有スルコトヲ得サルニ至リタル場合ニ於テハ一年内ニ之ヲ譲渡スコトヲ要ス
2 前項ノ規定ニ依ル権利ノ譲渡ナカリシ場合ニ於テ其ノ権利ノ処分ニ関シ必要ナル事項ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム
3 前二項ノ規定ハ土地ニ関スル権利ヲ有スル者ノ相続人其ノ他ノ包括承継人カ本法ニ依リ其ノ権利ヲ取得スルコトヲ得サル場合ニ之ヲ準用ス但シ第一項ニ規定スル期間ハ之ヲ三年トス
4 第一項及前項ニ規定スル期間ハ通シテ三年ヲ超ユルコトヲ得ス

   附 則 [抄]

第七条 本法施行ノ期日ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム

第八条 本法ノ施行ニ伴フ不動産登記法ニ関スル特例ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム

第九条 明治六年第十八号布告及明治四十三年法律第五十一号ハ之ヲ廃止ス


 カタカナが目に刺さってよく解かりません。

この法律が廃止されるそうなのですが、その結果は外国人にとってラーッキーなのでしょうか?

優しく教えていただけませんでしょうか

223 :法の下の名無し:2006/05/14(日) 15:47:46 ID:Kq6+Xh7w
マルチ視ね。

224 :Trackback(774):2006/05/17(水) 07:50:59 ID:dqYtgk/H
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ニュース速報〜『トチ狂ったか損保&損保弁護士?賠償金を加入者に支払う!』
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200605/article_13.html
交通事故犯罪レポート〜『ギーマニズム論 ベスト10発表!』
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200605/article_14.html

225 :法の下の名無し:2006/05/20(土) 10:47:33 ID:ir5EAFTN
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄
ギーマニズム論〜『これが違法を強要する政府保障事業!パンフ入手』
ギーマニズム論〜『これが違法を強要する政府保事業!パンフ入手』(その2)

226 :法の下の名無し:2006/06/09(金) 18:37:44 ID:16wu8xsQ
遺産とか法律とかとにかく家族の問題に詳しい奴来てくれ
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1149840591/

救援求む。

227 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 01:20:29 ID:P8D7NWsR
駅前に放置して市に回収・保管された自転車を
保管料を払わずに、所有権に基づく返還請求権
によって返してもらうことはできるのか?
もしできないとしたらその法的根拠は?

228 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 01:28:23 ID:ftX5m+UE
>>227
できない。保管料が支払われるまでは相手に占有権原があるから。

229 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 12:13:26 ID:xuHtxtNL
この問題ってどう解釈すればいいかわかります?
債権総論の相殺と差押えについての問題なんですが・・・

AはBに対する金銭債権(甲債権)とBに対して負担する(乙債権)とが相殺適状にあるので、
これら金銭債権を対等額において消滅させる為、Bに対して相殺の意思表示を発信した。
他方、Cが乙債権に対する差押え申立てをして、裁判所による債権差押命令が発せられた。
このとき、Aによる相殺と、Cの申立による差押えはいずれが優先されるか?

自働債権が差押え前に取得したものなら差押えに対抗出来るんですよね?
この場合は「相殺の意思表示の発信」と「裁判所による差押え命令」のどちらが先に効力を発するのでしょうか?


230 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 13:38:48 ID:0f6NmFKh
アゲマソマソ

231 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 19:12:06 ID:MJ2EhgR7
>>229
この問題は京都産業大学の債権回収法の講義の期末試験問題です。
去年の問題ですが去年あまりにも学生が書けないので今年も同じ問題を出すようです。
京都産業大の馬鹿な法学部生どもはこういう問題も事前に出されていてもロクに解答できません。


232 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 19:28:40 ID:DmYkcCe8
>>231
じゃああんた解いてみてw
当然解けるんだよね?

233 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 19:32:04 ID:MJ2EhgR7
>>232
去年余裕で単位取れてましたので、残念ですがww

234 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 19:46:25 ID:FVwdrNf0
ここにも電波が来てたのかw

235 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 19:52:55 ID:DmYkcCe8
ふ〜ん。

236 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 20:23:50 ID:0f6NmFKh
と、去年総取得単位5の233が申しております。

237 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 21:19:44 ID:vAbhYa6X
確かにこのレベルが解けないとなると厳しいな

238 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 22:09:41 ID:0m3MyJec
まあ、ヒントをやるか。
用語の説明とか、どのような経緯でその説ができたのか、
なんていうの書かなくていい。
〜の場合はー。
〜の場合はー。
と簡潔に書くのがよい。

239 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 22:36:56 ID:0f6NmFKh
解けないと言うか答え方が分かんねーんだろ。

240 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 22:52:15 ID:HuOswSRg
答弁書で「争う」「不知」と主張した場合む、その立証責任は、原告被告どちらが
証拠提出しないといけないのですか。

241 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 23:40:27 ID:9XFWShk5
>>239
まぁ、授業に出てないお前が悪い。

242 :法の下の名無し:2006/07/16(日) 00:33:46 ID:zcB5mG0P
>>239 逆切れしてるよw 馬鹿じゃねーの。さっさと退学しろ。

>>240 マルチ視ね。

243 :239:2006/07/16(日) 00:37:01 ID:K16qkqzA
       ∩
     ⊂⌒(  _, ,_) <ごめんなさい・・・
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック..

244 :法の下の名無し:2006/07/16(日) 09:34:20 ID:7h6uywNQ
>>228 その占有権原は何に基づいて発生するんだ?


245 :法の下の名無し:2006/07/18(火) 18:12:06 ID:uVpfBxAH
5年間に法学部を卒業したものでして、今は某出先の行政機関の法規係で働いて
いるものです。

かなり忘れているのですが、誰か詳しい方教えてください。
民法と刑法で、故意・過失の定義は違っていましたか?
違っているとしたら、どう違っているのでしょうか?
確か,民法のほうが広かったような記憶があるのですが・・

どなたかお願いします。

246 :法の下の名無し:2006/07/19(水) 01:57:41 ID:L6t3I4UR
まずググってみたら
それかあんたが記憶して範囲で故意と過失の定義を書いてみてよ
話はそれから

247 :法の下の名無し:2006/07/19(水) 07:47:25 ID:x4UJ2Ek6
法律の勉強もググる時代かw

248 :法の下の名無し:2006/07/19(水) 13:30:52 ID:L6t3I4UR
定義程度ならどっかに落ちてるだろw

249 :法の下の名無し:2006/07/20(木) 17:31:40 ID:8pZTiVns
798 学籍番号:774 氏名:_____ sage New! 2006/07/20(木) 16:53:49 ID:???
いま民法やってたんだけど、第4・5回の設問4で吹いたw
踏んだり蹴ったりな彼はどこまで保障されるんだ?

Bの家がAに放火される→命に別状は無かったがホテル住まいになる
→ホテルでも出火→飛び降りたBは足骨折
→入院先で感染症にかかり片足切断→仕事クビ
→Bの妻がパート始める→夫婦仲ギクシャクして離婚
→離婚のショックを受けたBの子が鬱になり自殺 orz

親切な方誰か教えてくださいまし。。

250 :245:2006/07/20(木) 17:44:01 ID:i2NhK3wF
「定義」
刑法における故意とは、犯罪事実を認識してその内容を実現する意思をいう。
犯罪事実の内容や、故意の体系的位置づけについては争いがある。
民法における故意とは、結果の発生を認識しながらそれを容認して行為する
という心理状態をいう。

過失:結果予見義務違反、結果回避義務違反

「質問」
民法の方が故意・過失の認定が広くなるのは、刑法では判断基底の問題でいう
折衷説なのが判例・通説なのに対し、民法では客観説に近いからですか?

また、少し調べているうちに過失について疑問に思った点ですが、
刑法においては自分の特別な事情も具体的に考慮しなければならないが、
民法においてはそれは要求されず一般的な予見義務・結果回避義務が
要求されるという判断でよかったですか?

お願いします。





251 :法の下の名無し:2006/07/21(金) 22:36:06 ID:sejTVyUy
持戻しって何?
調べてもわかりません↓

252 :初心者:2006/07/22(土) 05:49:02 ID:f9Gx05QV

@AはBから土地を賃借したが、その土地をCが無権限で占拠している場合、AはどのようにしてCに土地の明渡しをせいきゅうすべきか

AAはBに1000円融資している。BがCに土地を贈与し、CはDにさらにその土地を贈与した。Aは誰に対して、どのような条件があれば、詐害行為取消権をこうしできるか

どなたかわかる方いらっしゃいましたら、解説おねがいします。

253 :法の下の名無し:2006/07/22(土) 17:57:11 ID:u7rQDs9E
住宅金融公庫からの借り入れで建物、住宅公団の分譲の土地を都市整備公団で土地代金を借り、13年前に住宅を建てました。
しかし、現在支払い不能となり4ヶ月経ちます。抵当権は公的機関の2社だけでほかにありません。
就職が決まれば支払いができるのですが、競売を阻止できる方法はありますか?
どなたかアドバイスをお願いします。

254 :法の下の名無し:2006/07/22(土) 19:10:29 ID:T3HY1L9f
>@
賃借権に基づき、Bの妨害排除請求権を代位行使できるんじゃなかったっけ。

>A
まずBの無資力(1000円の無資力ってのもすごいが)。
それからCD両者の悪意かな?ちゃんと確かめずに書いてスマソ

255 :245:2006/07/22(土) 19:32:12 ID:NudNx2Ee
判例の見解だけでもいいので(通説があれば、なおうれしいですが)、
簡単に説明お願いします。

民法の方が故意・過失の認定が広くなるのは、刑法では判断基底の問題でいう
折衷説なのが判例・通説なのに対し、民法では客観説に近いからですか?

また、少し調べているうちに過失について疑問に思った点ですが、
刑法においては自分の特別な事情も具体的に考慮しなければならないが、
民法においてはそれは要求されず一般的な予見義務・結果回避義務が
要求されるという判断でよかったですか?

お願いします。


256 :法学部1ねん:2006/07/22(土) 21:20:19 ID:OMgtEhZi
物権から。
所有権の内容、効力、取得原因、共同所有はどんなものか教えてください。
もしくは詳しく説明してくれてるサイトがあれば教えてください。

よろしくお願いします

257 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 17:18:33 ID:RsNDxrEC
民法580条第1項では買戻し期限は10年を超える特約は無効としていますがこれは580条@
が強行規定ということでしょうか。民法は原則任意規定と聞いていますが。

258 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 17:23:24 ID:lPH49ZKe
>>256 教科書

259 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 17:25:01 ID:8KJGAOHy
宿題を掲示する椰子がいますね

260 :この場合どうなるの?:2006/07/24(月) 23:04:10 ID:D2S3XaOh
高齢のAは、妻に先立たれ、息子Bと同居している。Aは、Bに委託して、自宅にて保管していた450万円を、C銀行にA名義で定期預金として預けてもらった。Aは、通帳と届出印を自宅にある引き出しに保管していた。
Bは、小さな町工場を経営していたが、経営状態はあまりよくなく、取引先のD社、E社、F社にはそれぞれ400万円の借金があった。Bは500万相当の土地と建物以外の財産は持っていなかった。
Bは、A名義の定期預金を解約して金銭を得よう企てた。BはAの通帳と届出印章を持ち出し、Aの代理人として、C銀行の窓口に赴いたところ、窓口の行員から、定期預金債権を担保にして、あらたに貸付を受けた方がいいと勧められた。
Bは、行員の勧めに応じて、定期預金債権を担保にして、A名義で400万円借り入れた。
日頃から、頻繁に取り立てに来ていたD社の社員dは、Bが金銭を騙取したことをたまたま知り、債務の弁済を迫った。そこで、Bはdと通謀して、他の債権者を害する意思を持って、騙取した金銭で債務を弁済した。
ある日、AがCに払い戻しを請求したところ、CはAの貸金債務の不履行を理由として、定期預金債務と貸付債権を対等額で相殺したと主張し、差額金額の50万円の返済にしか応じてくれなかった。
Aは、C銀行に対して、定期預金の全額の払い戻しを請求する訴えを提起した。この請求は認められるか?


261 :法の下の名無し:2006/07/24(月) 23:38:29 ID:XVW21la3
宿題は自分でやれって。

262 :法の下の名無し:2006/07/25(火) 00:05:02 ID:PswH3aVE
内田先生の本は、良くないのですか?

263 :法の下の名無し:2006/07/25(火) 01:06:59 ID:aR/Hpo1a
少しお聞きしたい事があります。
賃貸の契約をしようと手付け金を支払いました。しかし周辺の事情を聞いて考えが変わり一度検討しなおそうと思います。
その場合何日、何週間なら返金されるのかをお聞きしたい。
ちなみにその時は書類不備で抜けがあり後日記入となっています。

スレ違いなら申し訳ない。

264 :法の下の名無し:2006/07/25(火) 01:07:51 ID:aR/Hpo1a
少しお聞きしたい事があります。
賃貸の契約をしようと手付け金を支払いました。しかし周辺の事情を聞いて考えが変わり一度検討しなおそうと思います。
その場合何日、何週間なら返金されるでしょうか。
ちなみにその時は書類不備で抜けがあり後日記入となっています。

スレ違いなら申し訳ありません。

265 :法の下の名無し:2006/07/25(火) 09:58:26 ID:j7shfd9B
手付けって戻ってこないんじゃ?
売買の場合手付けは放棄することで自由に解約できる解約手付けが
一般的だよね?

266 :法の下の名無し:2006/07/25(火) 21:58:05 ID:BMCnP/Xv
手付けは戻ってこないよ。
解除するときに手付けを放棄すると、こちらの都合でいつでも解除できるっていうだけ。
解除は本来こちらの一方的な意思表示で解除できるんだけど、商慣習上、金払って解除することになっている。
それを解除する前にあらかじめしておくのが手付け。
別名「解除権留保」

267 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 13:56:45 ID:YRTK+OA3
民法上の手付(解約手付)って実はそんなに一般的な手付じゃなかったような
まあ法律相談なら法律相談板でどうぞ、ってやつだな

268 :法の下の名無し:2006/08/08(火) 00:53:05 ID:KqziTX4v
教えてください。
債権者がX、連帯債務者ABCとします。
XのAに対する債権を他の債務者(BC)に対する債権と分離して、
Yに譲渡することができるとする判例(大判昭13・12・22民集17−2522)があります。
このような債権譲渡が行われた場合、債権債務関係は一体どうなるのでしょうか?


269 :法の下の名無し:2006/08/09(水) 01:10:24 ID:TXtlT0O2
もうちょいっと事実関係を詳しく

270 :法の下の名無し:2006/08/13(日) 01:08:19 ID:xWvkS3IQ
迷惑行為を「法に触れていないから」と言って正当化し、
反論する相手を「お前がおかしい」などと決め付け得意気なこいつを、
どなた様か論破してくださいませm(__)m
↓↓↓
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1154334009/779

271 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 08:46:50 ID:0n5P9++s
自分自身の頭の悪さを武器にしてる奴は論破できない

272 :名無し:2006/08/27(日) 23:17:27 ID:8OJMGfYx
お聞きしたいのですが、私は家庭持ちで妻子のある男性と付き合っています。
彼の携帯から彼の奥さんに浮気がばれ、奥さんに会いました。
そこで彼女お手製の公正証書を書かされました。印鑑は押してないのですが有効なのでしょうか。それと彼自身いっぱいいっぱいの用で何もしてくれません…
本当に払わなければならないんでしょうか?

273 :法の下の名無し:2006/08/27(日) 23:34:31 ID:IHGrC76d
マルチすんなボケ!

274 :氏名:2006/08/28(月) 16:07:45 ID:dNf8StbF
民法改正されるのか!!
せめてあと4年はまってほしい。
いやまじで頼むよ内田先生。

275 :法の下の名無し:2006/09/11(月) 03:06:20 ID:TIKQwJ3k
>>272
公証人の旦那に手を出したのか?うへ。

276 :法の下の名無し:2006/09/12(火) 23:23:37 ID:aGaEHAi3
交通事故の法律相談はここですか?

277 :法の下の名無し:2006/09/12(火) 23:58:35 ID:q86tKD6u
いや全然違う
全くのスレ違いの板違い

278 :初心者:2006/09/13(水) 15:27:30 ID:nVPGuh8C
飲み屋のつけは、払わなくてもいいんですか?
また、飲み代はお店の自由価格なんですか?(ビール1本1万円とか・・・)


279 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 22:06:40 ID:+6Ae9onR
>>260
請求棄却。

280 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 15:44:06 ID:Fs1r5jy8
>>249
個別に法律関係を整理して処理される。

281 :マスヤン:2006/09/23(土) 19:27:47 ID:Dpr4P8Bd
携帯からすいません。
離婚前の夫婦(現在は内縁関係にある人から相談を受けたのですが)で、1、前妻が夫の実印を無断で持ち出して、夫を妻の友人の家の賃貸における連帯保証人にした(夫は善意です)
2、その後、前妻とは離婚(しかし、その後も前妻は夫の氏をなのる)
さらに、その後に死亡。3、相当期間後、前妻の友人が賃貸の代金が支払えなくなったので、夫に連帯保証人として肩代わりしろと、簡易裁判所から、少額請求訴訟の通知が来た。
この場合はどういう、事になるのでしょうか?
すいません、知識を貸して下さい。

282 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 20:06:26 ID:ykFqkutx
>>281
保証契約が無効なので支払う義務はない
裁判所に出頭してその旨述べること


283 :マスヤン:2006/09/23(土) 20:19:28 ID:Dpr4P8Bd
282さん。
マジで回答ありがとうっす。
あなたのおかげで一人の人間が救われました。
本当にありがとう

284 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 01:27:41 ID:hnBYE51c
質問です。
私はコンビニでバイトをしていました。
ある日商品がなくなっていて、その商品を盗ったのは私だと言われました。
かなり強く「お前が盗ったのは明白だ。だが認めてお金を払えば警察沙汰にはしない」
と言われました。
身に覚えがないので否定してその場はなんとか逃れられましたが、また電話がかかって来て
「明日またここまで出てこい」と言われました。
出てきて盗った事を認めなければ警察に突き出し前科者にするそうです。
明日、素直にお金を払った方がいいのでしょうか?

ちなみに防犯カメラでは最後にその商品にさわったのは私で、
レジに人が来たので防犯カメラにちょうど写らない机の上に置いてしまったらしく
その後それは消えてしまったらしいのです。
また事件後その店の本部が独自に指紋を取ったらしく
私と店長の指紋しか出てこなかったそうです。
立場上弱いのでどうしたらいいのでしょうか

285 :284:2006/09/24(日) 01:39:04 ID:hnBYE51c
板違いでした。ちょっとてんぱっていたもので
申し訳ありません。

286 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 19:24:21 ID:5c8qbdzE
255条の共有者の死亡や持分放棄の際の税金てかかってきますよね?


287 :法の下の名無し:2006/09/30(土) 00:04:06 ID:sYAlhAHd
問)AとBは、A所有の土地をBに売却する契約を締結し、それと同時に、期間8年
  とする買戻しの特約をつけた。

Aが買戻しの特約に基つき買戻権を実行した場合、Bは、Aに対して、そのとき
までに生じた必要費の全額を又有益費については、有益費の価格の増加が現存す
る場合に限り、Aの選択に従い、支出額又は増加額のいずれかを償還請求するこ
とができる。
○か×?

288 :法の下の名無し:2006/09/30(土) 00:15:49 ID:sYAlhAHd
>>287
民法583条第2項では196条の規定により償還することを要すとしてるけど、
580条では、買戻しをするには,買主の支払った代金及び契約費用のみを
返還すればよく特約がなければ代金の利息は支払う必要がない。
とある、どっちなんだ?


289 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 11:00:32 ID:z5xZge93
196条から、普通、占有者(買主)が支出した必要費は
不動産の果実と相殺されるから、
回復者(売主)は必要費を返還する必要はない。

有益費については支払わないと不当利得になるから、
買戻し代金とは別に返還すべき。

特約がなければ、売主が受け取った代金の利息は
不動産質権者同様に不動産の使用収益権と相殺されるから、
支払う必要はない。

だから、>>287でいえば、
償還請求できるのは有益費の増加額だけとなるので、
×だと思うよ。

290 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 23:40:57 ID:+TL4CdvR
くだらない質問すいません。占有権と所有権はどう違うんですか?

291 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 00:00:25 ID:v8q9fPMp
>>290
所有権者には特定の物の完全な使用・収益・処分が認められる。
占有とは、自分が利益を受ける意思で物を現実的に支配している事実状態のこと。
動産について、平穏・公然・善意無過失の者が占有を始めたときは、即時にその物の所有権を取得するとしている(民法192条)。
つまり、単なる占有権では、所有権のような完全な支配権はないということ。
詳しくは教科書を読んでくれ。

292 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 07:10:02 ID:0IWQavXF
わかりやすい ありがとう(^ε^)-☆Chu!!

293 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 13:09:15 ID:BmfH9FAl
あなたが病院で「殺される」しくみCT被ばく

294 :法の下の名無し:2006/11/13(月) 11:45:15 ID:U9ANk/hD
消費者契約の解除の要件「説明義務違反」の根拠条文は、
民法では709条の不法行為になるんですか??

295 :法の下の名無し:2006/11/13(月) 12:28:47 ID:l6vnR6sq
抵当権実行後の換価金の行方について質問です。

@X所有の甲土地(時価1000万円)に、Aが600万円の債権を担保する一番抵当権を、
Bが400万円の債権を担保する二番抵当権を受けていた。

A弁済期限が過ぎたので、Aが抵当権を実行し、換価金1000万円から600万円を
弁済に充当した。

Q:残りの400万円について、Bの債権の弁済期限が未だ到来していない場合でも、
直ちにBはその400万円を手に入れることができるのでしょうか?それとも、弁済期限
が到来していないので、400万円はXに渡るのでしょうか?

296 :法の下の名無し:2006/11/13(月) 22:55:45 ID:zw9JpWr1
>>294
709条が定める義務は損害賠償債務であって説明義務ではないよ。
説明義務については消費者契約法に規定があるはずだけど。

>>295
民事執行法88条1項,91条1項,92条を読むと吉。

297 :法の下の名無し:2006/11/13(月) 23:04:02 ID:zw9JpWr1
答えておいてなんだがこういう学習上の質問は司法試験板の民法スレでやればいいのに。

298 :法の下の名無し:2006/11/13(月) 23:06:59 ID:zw9JpWr1
>>295
追記。大前提として民執法97条1項4号も読んどいて損はない。

299 :法の下の名無し:2006/11/13(月) 23:56:55 ID:+Jv7N34h
>>294
すまん。訪問販売法とかと勘違いしてた。
もし民法の法定解除のことを言ってるんだとしたら根拠条文はない。

300 :法の下の名無し:2006/11/14(火) 01:31:17 ID:fNALHMRJ
今、大学四年で来年から司法書士になります
暇な時間を使って民法の基本書を通読してみようと思うのですが何がお薦めですか?
また、実務で使っていくとしたらどれがいいですか?

301 :法の下の名無し:2006/11/14(火) 09:05:51 ID:B7Z3Ay/t
>>300
潮見

302 :294:2006/11/14(火) 19:50:28 ID:CQiS0Lfy
ありがとうございました(′・ω・`)

303 :法の下の名無し:2006/11/16(木) 11:30:52 ID:jbEN2US0
>287>>288
民法 第196条(占有者による費用の償還請求)
占有者が占有物を返還する場合には、その物の保存のために支出した金額
その他の必要費を回復者から償還させることができる。ただし、占有者が
果実を取得したときは、通常の必要費は、占有者の負担に帰する。
2 占有者が占有物の改良のために支出した金額その他の有益費について
は、その価格の増加が現存する場合に限り、回復者の選択に従い、その支
出した金額又は増価額を償還させることができる。ただし、悪意の占有者
に対しては、裁判所は、回復者の請求により、その償還について相当の期
限を許与することができる。
民法 第580条(買戻しの期間)
買戻しの期間は、10年を超えることができない。特約でこれより長い期間
を定めたときは、その期間は、10年とする。
2 買戻しについて期間を定めたときは、その後にこれを伸長することがで
きない。
3 買戻しについて期間を定めなかったときは、5年以内に買戻しをしなけ
ればならない。



304 :法の下の名無し:2006/11/16(木) 11:33:20 ID:jbEN2US0
>>288
民法 第583条(買戻しの実行)
売主は、第580条に規定する期間内に代金及び契約の費用を提供しな
ければ、買戻しをすることができない。
2 買主又は転得者が不動産について費用を支出したときは、売主は、
第196条の規定に従い、その償還をしなければならない。ただし、
有益費については、裁判所は、売主の請求により、その償還について
相当の期限を許与することができる。
>>291
民法 第192条(即時取得)
取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意
であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利
を取得する。




305 :法の下の名無し:2006/11/16(木) 11:35:52 ID:jbEN2US0
>>294
民法 第709条(不法行為による損害賠償)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、
これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
>>286
民法 第255条(持分の放棄及び共有者の死亡)
共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないとき
は、その持分は、他の共有者に帰属する。


306 :法の下の名無し:2006/11/16(木) 20:47:51 ID:o8d51qiM
アドバイスをお願いします。
隣地に生えている木をこちらの費用で切ってくれと言われました。
民法の枝、根の話ではなく、完全に隣の敷地に生えています。
相手の主張は、
1.その木を植えた覚えはない。
2.周辺に同種の木はなく、こちらの種子が飛来して成長したと考えられる。
よって、その木を切る義務はこちらにあるというものです。
こちらの木が原因である可能性は否定できませんが、
すでに樹高が10m程度はあり、そこまでに成長する前に切っておけば、
何でもなかったことだと思います。
お尋ねしたいのは、原因がこちらにある場合に、切る義務が発生するのかどうか、
また、その根拠となる法令です。
よろしくお願いします。

307 :法の下の名無し:2006/11/16(木) 21:38:49 ID:vLXwXUCb
板違い市ね。

308 :法の下の名無し:2006/11/17(金) 08:51:24 ID:wIRM7GfS
アドバイスをお願いします。
隣地に生えている木をこちらの費用で切ってくれと言われました。
民法の枝、根の話ではなく、完全に隣の敷地に生えています。
相手の主張は、
1.その木を植えた覚えはない。
2.周辺に同種の木はなく、こちらの種子が飛来して成長したと考えられる。
よって、その木を切る義務はこちらにあるというものです。
こちらの木が原因である可能性は否定できませんが、
すでに樹高が10m程度はあり、そこまでに成長する前に切っておけば、
何でもなかったことだと思います。
お尋ねしたいのは、原因がこちらにある場合に、切る義務が発生するのかどうか、
また、その根拠となる法令です。
よろしくお願いします。


309 :法の下の名無し:2006/11/22(水) 18:17:46 ID:8BCCwISs
宿題は自分でやろう

310 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 17:13:59 ID:JUiyqyFe
CT被ばくで断面がんで殺された弁護士

311 :法の下の名無し:2006/12/02(土) 12:58:28 ID:tFTVkCov
法テラスhttp://www.houterasu.or.jp/
代々木塾最新情報http://www.yoyogijuku.jp/b/
[特許庁]「商標制度の在り方について」(案)に対する意見募集(2005年12月28日)
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/iken/iken_shouhyou_seido.htm
[特許庁]「特許制度の在り方について」(案)に対する意見募集(2005年12月28日)
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/iken/iken_tokkyo_seido.htm
[特許庁]「意匠制度の在り方について」(案)に対する意見募集(2005年12月28日)
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/iken/iken_ishou_seido.htm
平成18年度地域団体商標制度及び小売等役務商標制度説明会開催について
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/ibento2/h18_chiikidantai.htm
「商標審査基準の改正案」に対する意見募集
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/iken/iken_shouhyou_shinsakijyun.htm
「商標審査基準の改正案」 <PDF 632KB>
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/iken/iken_shouhyou_shinsakijyun.htm
「類似商品・役務審査基準【国際分類第9版対応】」作成について
http://www.jpo.go.jp/rireki/index.htm
(1) 類似商品・役務審査基準【国際分類第9版対応】 <PDF 848KB>
http://www.jpo.go.jp/rireki/index.htm
(2) 他類間類似商品・役務の一覧表 <PDF 535KB>
http://www.jpo.go.jp/rireki/index.htm
(3) 備考類似商品・役務一覧表 <PDF 30KB>
http://www.jpo.go.jp/rireki/index.htm
(参考)
類似商品・役務審査基準【国際分類第9版対応】(案)に寄せられた御意見について
http://www.jpo.go.jp/rireki/index.htm


312 :法の下の名無し:2006/12/02(土) 12:59:01 ID:tFTVkCov
知的財産法 (※著作権法を除く)総合スレ 10
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1134565139/l50
特許法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1092744809/l50
判例解説スレ Part 1.1
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1109464333/l50
【文化の】著作権総合スレッド・第6条【発展】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1161573189/l50
著作権法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1121619776/l50
【新司試】 知的財産法-その4 【選択科目】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1153374200/l50
【著作権】【特許】知的財産権【侵害】【濫用】
http://qa.2ch.net/test/read.cgi/argue/1107015939/l50
【知的財産】中小企業支援/アニメ/ブランド商標 銀行が知財ビジネス活発化
http://oo.2ch2.net/read/news18.2ch.net/bizplus/1159031835/l50


313 :法の下の名無し:2006/12/02(土) 12:59:57 ID:tFTVkCov
★★弁理士統一スレ Part60 年明けへ向けてスパート
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1163988660/l50
弁理士統一スレ その60 来年に向けて
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1164029732/l50
弁理士統一スレ ちょさっけんほう59条
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1163917026/l50
【甲さん】知的財産検定part4【試験乙】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1162718212/l50
【受験者による弁理士試験対策スレ】★第1条★
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1163918038/l50
【登録者】弁理士だけ来やがれ!7人目【限定】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1163456744/l50
弁理士合格後、司法試験狙う人いる?
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1026640968/l50
週30時間以上勉強して弁理士試験合格を目指すスレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1142002775/
特許事務所、知財部現役、OBが本音を語るスレ2
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1135082978/l50
弁理士は「法律なんて関係ねぇ」と思っている。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1147436864/l50
大学1年がマターリ弁理士試験突破を目指す
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1153647716/l50
【2007年受験】独学倶楽部【弁理士】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1148834152/l50
★税理士弁理士イラネ!司法書士こそ最強!★
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1150313315/l50
電験1種 vs 弁理士
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1147050164/l50
週30時間以上勉強して弁理士試験合格を目指すスレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1142002775/l50


314 :法の下の名無し:2006/12/02(土) 16:42:41 ID:4b/tGr2I
消費者契約で
アダルトサイト
確認事項で「OK」の蘭で、ワンクリックで契約は成立するんですか?
俺は間違って利用規約に同意するところで「OK」をクリックしてしまい登録認定を受けてしまったのですが。
ちなみに規約に氏名、住所、電話番号など個人情報は一切書き込んでいません。

また、仮に契約成立でも解除する権利はありますよね?なんか9万円くらいかかるそうで
本気で悩んでいます。法律に詳しい方、教えてください。

315 :314:2006/12/02(土) 17:17:00 ID:4b/tGr2I
↑のものです。規約は以下のようなのですが再確認表示にOK出した
俺は費用負担しないと駄目?
第3条
会員とは、トップページのコンテンツをクリックされた時点で
自動的に会員となり、
料金88,000円の発生となりますが、
間違い防止目的、年齢認証、当局による指導、また法令条例に基づき、
この先有料登録になる旨の再確認表示 ※(金額等再表示も含)を行い、
所定の方法にてご登録された方になります。
本サービスは情報提供によりますので、
クーリングオフは一切適用されず、如何なる理由による利用が無い場合にも、発生料金はお支払い頂きます。
※ご登録になるプログラムは再確認表示に組み込まれておりますので、
再確認表示が出ないままご登録になる事は事実上絶対ありません。
満18歳未満の方は、利用する事は出来ません。
本サービスがアダルトサイトである事は明確であり、
18歳未満禁止法令条例に基づき年齢認証を行っております。 インターネットでの契約になりますので、年齢を偽っての登録は犯罪です。 この場合、強制退会になりますが、発生料金88,000円は保護者の負担とし、全責任は保護者にあります。

上の規約は法律的も認められていますがクーリングオフ等、契約の締結を無かったものにはできないのでしょうか?
無知な俺ですが唐突な契約に納得がいきません。
俺にも再確認表示のOKをクリックした責があるのでやっぱり払わないと駄目ですか?

316 :法の下の名無し:2006/12/02(土) 20:29:48 ID:cW2QjWNk
板違い市ね。

317 :法の下の名無し:2006/12/03(日) 18:06:52 ID:WMWOQRHM
>>315
三日以内に全額支払わないと逮捕

318 :法の下の名無し:2006/12/04(月) 01:24:14 ID:kGWgVhp3
一物一権主義の現代的意義とは何でしょう?

319 :法の下の名無し:2006/12/04(月) 03:24:38 ID:bgZ4/oVC
宿題は自分でやれ。

320 :法の下の名無し:2006/12/08(金) 18:03:17 ID:ne2fs+MQ
弘文堂から出ている平井先生の不法行為の本に惚れました!
今は同じシリーズで出ている平井先生の債権総論を読んでいる所です。
その他の分野で平井先生の本のスタイルに近い本は何がありますか?
ご存じの方ご教示下さい。よろしくお願いいたします。

321 :法の下の名無し:2006/12/10(日) 00:33:49 ID:EtlVyfVJ
すもません、、今、宅建の勉強をしているのですが、抵当権のところが全然
わかりません、、、教えてください、、

322 :法の下の名無し:2006/12/10(日) 19:04:46 ID:mB9aT03x
>>314
そんなの契約とは言えないと思うが
>氏名、住所、電話番号など個人情報は一切書き込んでいません
つか請求できねーじゃん

323 :法の下の名無し:2006/12/12(火) 00:10:29 ID:Qs7gaAH4
>>321
抽象的すぎて答えようがない

324 :法の下の名無し:2006/12/13(水) 02:17:16 ID:OCroaj/o
抵当権の何がわかんないんだよぅ

325 :法の下の名無し:2006/12/14(木) 15:26:31 ID:bSdlwHkn
学部の卒論で、いま話題のあるテーマは何ですか?
民法の卒論を書く予定です。
財産法、家族法どちらでもいいです。

326 :法の下の名無し:2006/12/15(金) 15:53:30 ID:5ApjwG5u
供託法が新しくなりましたね
自己供託が興味深いです

327 :法の下の名無し:2006/12/15(金) 18:17:20 ID:A09UDBe8
何それ?wwwwwwwww

328 :法の下の名無し:2006/12/18(月) 03:47:18 ID:j53zx1HO
すいませんが、民事裁判って必ず弁護士を雇わなければならないのでしょうか?

329 :乱入のぶっちゃけ:2006/12/18(月) 05:37:15 ID:0fjnACYe
主な犠牲者は、資本主義者、知識人等であった・・・ この犠牲者の中には
飢餓により食べられたものがいるが、恐ろしいことに、他の理由でも
食べられていたものも居ると言われる。 その理由とは・・・
階級の敵を打倒したと言う事の誇りであり光栄という思想で人肉を食う
敵と思われないために人肉を食う 健康のため薬として人肉を食う <<

     ... ,             _,,,::r''^`ヽ、    
    ,i'             _,,ニ-ー'"s   ,べヽ.へ.   
   ,i'          ,、,r''"  _,,ィ   i ト、`.り ,人ヽ   
  ,i'           ,,r<ゝ`''ー''"  /,l ,!,!ss゙lリ,ィ'^ヾi゙  
  ,i'       _,,-'' s`sー-_,,,ンン,ノ/レ'   |  ゙lい   
  ,i' 、,,, ,,,,ニ-;フ' zニ彡 ,,ノ`ーラ-=フン'ノ     |   ゙リ   
   !〃,ィ,;ツ'' -ニZ彡ン 三三ミ`ー        ..|, 、、s/   
  彳〃;;  ,;ッ''「T7"~ ''"f'}}}l;i`'':    ,r;'ニミトゝヾsッ'   
  .|:::...;i' ィ'"  | l!'   'ー`='      i .i'}}}゙)ゞ,i'ss;"   
   |::::;! i':| ss!ヽ{             l `ー´‐' ,i's,リ
   l,:::|;;|;;i゙!、`ヽ`:、         _.゙    ,l〃ノ    
   ゙いs::|:|;l`:、_,r、         `ー '゙ .  |_リ'     
    `ヽ! ゙い,::!| `、      `く===ア  / ゲーテが自殺の流行を引き起こした
      siiい:゙|  ヽ、     `二´   / 本当の原因はこれですよ
      i ハsノ  .| `ー,,_        / 若きウェルテルの悩み「永遠に反芻する怪物」
           | 、  ゙''ー、_   ,,..'"
          /  ゙i.  ,- `''''"|
        /.へ\    `'i'´ ...|へ____
       /__,..‐-\\ハ    ''/-‐....,,..\_
     

330 :法の下の名無し:2006/12/18(月) 07:00:40 ID:/xgE9Tro
民法の知識があまりなくても書けて、字数稼げる卒論のテーマ考えてください

331 :法の下の名無し:2006/12/18(月) 14:11:14 ID:90HR4Kad
女の本性・・・男以上に自己中利己的・怠け者(向上心は無く、ライバルを罠にかけて蹴落とすのみ)・低能(そのため、劣等感の塊)
・ヒステリー・感情優先(大好きなら悪男でもOK、大好き>駄目男、主観で不快、不満、怒りを感じたら八つ当たり、逆切れ、逆恨み、冤罪、虚偽告訴OK)
・文系・意地悪・いじめ大好き・悪さ好き・言葉や態度を曲解裏読み・見栄っ張りで背伸びしたがり・被害妄想・陰湿・陰険
・集団だと強気・弱者に冷酷残忍(自分の身が安全な場合に顕著)・軽口多弁・陰口・嫉妬・モラル無し・二枚舌・仲間はずれ(偏見差別)
・嘘つき(嘘つきは泥棒のはじまり)・嘘演技・裏切り・逆恨み・都合の悪い事は必ず隠す・虎の威を駆る狐
・損得勘定の塊・自分の事は棚上げ・物事や人に細かく敏感(情緒不安定)・自意識過剰
・品性下劣なため、他人を信用できず、腹の中では男(同性も)を疑ってばかり、友達にも陰口・年齢とともに不満を溜め込み増幅し、性格も凶悪強烈になる
・余裕がないため、他人に愛情無し・情は皆無・女性同士は見かけ上仲間・女性の地位向上をいつもめざす(自分も助かるため)・男のうわべしか見れない
・女にとって男は(差別仲間はずれ対象、奴隷、私はいいけど、あなたは駄目、身を守る盾、金蔓、責任転嫁対象、
 、アクセサリー、己の欲求を満たす道具、(性)犯罪者予備軍、下等生物、女の安全や地位を脅かす敵、容姿や体が汚い不潔なゴキブリ)
・外面良しで自分を過剰に良く見せる(好きな男の前では化粧+いい女を装っている、
 魅力の無い弱い男や嫌いな男には冷酷)・・・最近は男に媚びる必要がなくなったため、本性を知る機会が増えた
・貞操観念無しで処女は期待薄

離婚、養育費、厚生年金、生命保険、夫の小遣い、給料財産、子供(全て男不利)
男女平等=女の「権利」を主張するときにだけ用いる言葉、平等な「義務」を課せられるときは、「女子供」になって拒否できるもの
DVモラハラセクハラ=女様にとって気に入らない男の言動は、一方的に悪と断罪できる伝家の宝刀(わが身が安全で集団時に顕著
男性差別or弱者利権=楽して男を騙し、たっぷり利用しつつ罵倒蔑み差別対象(女はいつも被害者であり、弱者)
母系社会=父系社会よりはるかに長く、女性の地位は高く、男は差別され家畜同然だった 他多数割愛

332 :法の下の名無し:2006/12/18(月) 17:09:04 ID:NyezPi1l
↓ヤフオク
http://rating4.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=rafsimons11920915
↓モバオク(携帯用)
http://mbok.jp/_u?u=1129616
↓モバオク(PC用)
http://www.mbok.jp/_u?u=1129616
注目すべきは評価。悪すぎる。その内容を見てみると、立派な詐欺師。
[ウソつきな方で大変迷惑でした。
取り置き中に値段は上げるは最悪でした。
悪い評価をみてみてください
こいつは詐欺師で犯罪に該当しますか?

333 :お願いいたします。:2006/12/19(火) 23:36:40 ID:jYZdgnUS
相談お願いいたします。
相続に関連する税法上の疑問です。
死亡退職金についてなのですが
相続法上は死亡退職金は相続物として扱われ相続税がかかる
(みなし財産として)らしいのですが
死亡退職金で検索をしますと
ほとんどは上記の記載が多いのですが幾つか下記のような記載が見つかります

これはどういうことなのでしょうか
℃のような法を根拠としたり判例、条件などはあるのでしょうか
ご存知の方は是非ご教授願いたいです。

「 相続財産ではありません。
 死亡退職金は会社の就業規則などで定められたり、
公務員の場合は法律や条令で定められております。
たとえば、国家公務員等退職手当法によりますと、
支給順位は配偶者(内縁も含む)、
子、父母、孫、祖父母の順になっていますが、これは、
遺族固有の財産であり、相続財産には含まれないのです。
死亡退職金を特別受益とみるかどうかについても、
肯定例と否定例があります。」
ttp://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/q-a/souzoku/souzoku28.htm



334 :法の下の名無し:2006/12/20(水) 21:04:11 ID:7nMZjTcw
板違い氏ね。

335 :法の下の名無し:2006/12/21(木) 09:32:27 ID:e2d1FDFP
簡易裁判にて甲が乙に対して料金4万円の支払い請求の訴訟の場合で
甲・請求する側(支払いを要求する側=原告)が青森在住
乙・請求される側(支払いを要求される側=被告)が福岡の場合
簡易裁判で督促状を受け取った乙は異議申し立てし徹底抗戦の意。
この場合、簡易裁判はどこでおかなわれるのでしょうか?
乙は異議申し立てをするために福岡まで行かなければならないのでしょうか?

簡易裁判(料金の支払いなどの)で争う立場の二人が北海道と沖縄など遠方に住まいがある場合は
簡易裁判の行われる場所はどのように調整されるのでしょうか?北海道の人が支払いを求めて
簡易裁判を起こした場合は請求された沖縄の人は異議申し立てのために北海道まで行かなければならないのでしょうか?
誰でもいいので法律に詳しいひと教えて

336 :法の下の名無し:2006/12/22(金) 09:04:06 ID:oCBVIQ3t
電子契約法なるものはネット上の売買や有料サイトなどの利用を巡る契約の終結について
ありますが、ネット上の金銭を巡る契約に金額の上限はあるんでしょうか?
例えばネット上で100万や1000万を超える金額の物品その他の売買の契約は出来るのでしょうか?




337 :法の下の名無し:2006/12/24(日) 10:03:22 ID:u2zwbmlp
商品購入の契約において発生する債権の消滅時効は10年ですよね。
でも10年経たなくても長く債権回収しようとしなければ、権利の失効や排斥期間に当たり
時効が早まることはあるのでしょうか?




338 :法の下の名無し:2006/12/26(火) 00:14:50 ID:uk0pom3D
>>337
あり得るんではないですかね?
まぁ、権利失効の原則を真っ向から認めた判例はないと思いますが、
それっぽいのはあります。(解除権に関するもの)

あと、排斥期間?除斥期間(じょせききかん)では?
167条1項の「10年」は、そのまま消滅時効と解せばよいと思いますよ。



339 :法の下の名無し:2006/12/29(金) 19:05:46 ID:FvQ/pPJn
前科がない人が働いてた店の売上金をとって逃げた場合、罪は窃盗ですか?その場合どのぐらいの期間捕まるんでしょうか?教えてください

340 :法の下の名無し:2006/12/31(日) 20:20:00 ID:jhKZ1osG
都道府県職員ですが仕事で民法の知識が必要にまりました
有斐閣双書あたりが無難でしょうか
広く浅くでいいんですが、何かお奨めの本ないですか

341 :法の下の名無し:2006/12/31(日) 22:32:33 ID:lE7UYsrz
大村敦志「基本民法」I〜III

342 :法の下の名無し:2006/12/31(日) 22:42:03 ID:lE7UYsrz
家族法忘れてたので↑+内田貴「民法IV」
もしくは内田民法I〜IV


343 :法の下の名無し:2007/01/01(月) 19:07:46 ID:5GPWeu8j
>>341,342
ありがとうございます
本屋行ってみます

344 :法の下の名無し:2007/01/02(火) 09:13:53 ID:YUciW8Z0
tesu

345 :法の下の名無し:2007/01/02(火) 09:22:23 ID:YUciW8Z0
まともな知識を持ってる人いないな

346 :法の下の名無し:2007/01/02(火) 09:59:17 ID:YUciW8Z0
反映きた

347 :法の下の名無し:2007/01/03(水) 12:25:28 ID:8rALWOe0
>>340
商業高校の教科書「経済活動と法」
教科書販売店でしか買えないが。

348 :法の下の名無し:2007/01/03(水) 13:02:07 ID:UHQpxCAU
>>78、>80
民法債権の規定は任意規定が多いのは正しい。ただ、債権規定にも民法580条第1項のような
強行規定もあるから債権の規定だから任意規定だと短絡的に決め付けることもできない。

349 :法の下の名無し:2007/01/05(金) 08:00:16 ID:KKOrQqsB
酔ってある人とサッカーの勝敗の賭けで負けたら買った方に欲しいものを買ってやるとメールで約束して、負けた場合買ってあげなきゃならないの?破ると違反?

350 :氏名黙秘:2007/01/06(土) 03:58:26 ID:AlmyKDGN
>>349
違反じゃないが、友達はなくすな

351 :法の下の名無し:2007/01/06(土) 23:09:03 ID:CNtDaChk


352 :法の下の名無し:2007/01/07(日) 11:27:41 ID:ReFSkkRQ
>>340>>347
結局のところ、最終的には、内田民法の4冊を揃えて
おいておけば、辞書的に使用することで足りるのでないのか?
安くて薄い本だと、後で判例を自分で調べないと
どういう事例で判断されたのかが理解できなくなりますね。

353 :法の下の名無し:2007/01/09(火) 04:18:54 ID:GOen+pn7
実務で使うなら我妻コンメンタールがいいんじゃね?

354 :法の下の名無し:2007/01/21(日) 23:45:31 ID:qKHZIiis
債権と物権が絶望的にわかんない…。
教授が手抜きしすぎてて何からどう手をつけたらいいかわからん

債権総論と物権(担保は除く)

テストなのにオワタ

355 :☆虐待冤罪量産か?☆DV法の補強?☆児童虐待防止法ヤバイ☆:2007/01/24(水) 04:44:38 ID:XukbXstH
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1168281126/29-33

>親から事情を聴く審尋を経たうえで判断するのが通例…緊急措置の保全処分は審尋なしで
>近隣住民からの聞き取り…により
>虐待の事実がなかった…責任を問われることはありません
▲数人近隣に引越せば緊急をタテに冤罪に?

>立ち入り調査をしやすく
>警察関与に…令状主義を侵す恐れがある」と難色
▲令状無し家宅捜索?警察は抜きで!

356 :法の下の名無し:2007/02/09(金) 22:35:49 ID:s62lVUe1
>>354
大学は自分で勉強するところだぞ。

357 :法の下の名無し:2007/02/15(木) 17:51:55 ID:EngIO/V7
離婚後300日以内出産規定、首相「見直し含め検討」

 安倍首相は15日、参院厚生労働委員会の少子化問題に関する集中審議で、
女性が離婚後300日以内に出産した場合、子供は戸籍上、離婚前の夫の子供になるという
民法の規定について「見直しの要否を含めて、慎重に検討する」と述べた。民主党の千葉景子氏の質問に答えた。
 この規定については、再婚した後に妊娠し、早産などの理由で離婚後300日以内に出産せざるを
えなかった女性らが「現在の夫の子供」とした出生届が受理されない事例が明らかになっている。
 こうした女性らを支援するNPO法人は法務省に対し、規定の見直しを求めていた。

最終更新:2月15日14時52分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070215-00000505-yom-pol

358 :法の下の名無し:2007/02/17(土) 06:44:49 ID:jm/3S0/Q
ttp://www.asahi.com/national/update/0216/OSK200702160115.html

これはひどいw

359 :法の下の名無し:2007/02/18(日) 22:21:52 ID:OVd3jQxM
>>358
担当検事は司法試験受験の時に家族法手抜きしたな。

360 :法の下の名無し:2007/02/18(日) 22:33:34 ID:lhtGSgPY
>>359
担当検事よりも、これを決裁官が決裁してしまったことの方が驚きだな

361 :法の下の名無し:2007/02/22(木) 01:06:01 ID:WLWs9gqA
<民法認知問題>誤起訴の大阪地検検察官ら処分へ 長勢法相

 「離婚後300日以内に誕生した子は前夫の子」との民法772条の認識不足で
大阪地検が中国人女性を誤って起訴した問題で、長勢甚遠法相は21日の衆院法務委員会で
担当検察官らを処分する方針を明らかにした。誤った起訴にかかわった検察官について、
長勢法相は「担当検事と刑事部副部長、刑事部長の3人」と明かした。

最終更新:2月21日20時39分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000115-mai-pol


105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)