5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

商法学者といえば…。

1 :法の下の名無し:04/11/06 09:07:42 ID:1WW/oVMw
日本の商法学者について語るスレです。

関連スレ
鈴 木 竹 雄
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1098800252/

2 :法の下の名無し:04/11/06 09:10:28 ID:1WW/oVMw
関連スレ その2

【いつまで】商法改正スレッド【やるの?】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093683554/

民法学者といえば…。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093680466/

3 :法の下の名無し:04/11/06 12:35:58 ID:CbYR4lv7
終了

4 :法の下の名無し:04/11/06 19:36:25 ID:qLBVSHjW
スレタイ違うじゃんw

102 :法の下の名無し :04/11/06 09:08:57 ID:1WW/oVMw
立てました

【ウザイ】筑波のOってどうよ?【キモイ】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1099699662/

「法学者の名言・珍言・妄言を取り上げるスレッド」っていうくくりのほうがよかったかも


5 :法の下の名無し:04/11/07 05:55:29 ID:fZfIz2mO
東京帝國大學法科大学での岡野・松浪の関係が
我が国での商法学者の確執の事始めw

6 :法の下の名無し:04/11/08 23:53:58 ID:nCEO9xUL
竹内昭夫の夫人は前田庸の夫人の実姉。
福田歓一の夫人は竹内昭夫の夫人の実姉。

7 :法の下の名無し:04/11/15 21:21:43 ID:8OK8i1cQ
代表的な学者あげてみましょ

東大・・
京大・・
その他旧帝大・・
早大・・
慶大・・
その他私大・・
その他・・



8 :法の下の名無し:04/11/15 22:10:29 ID:FCWjB/5a
東大・・江頭
京大・・森本
その他旧帝大・・近藤(神戸)・森(九州)・吉原(東北)
早大・・上村
慶大・・宮島
その他私大・・永井(中央)
その他・・

あとよろしく。

9 :法の下の名無し:04/11/21 00:12:29 ID:pUGRtZbh
東大・・藤田
京大・・なし
その他旧帝大・・森田(東北)榊(神戸)
早大・・なし
慶大・・なし
その他私大・・大杉(中央)伊藤(同志社)中村(立命館)

10 :法の下の名無し:04/11/23 12:32:24 ID:ZKJZpH3x
東大
落合誠一 江頭憲治郎 岩原紳作 山下友信 神作裕之 藤田友敬 神田秀樹

京大
森本滋 前田雅弘 洲崎博史

11 :法の下の名無し:04/11/23 22:25:50 ID:Unw5BpUu
>>8
森先生は福岡に移りました。

12 :法の下の名無し:04/11/26 20:20:44 ID:YNCMLVJb
神戸は旧帝大じゃないぞ。一橋もないし。
その他扱いもあんまりだから、
一橋と神戸で旧商大でくくってしまえ。
マイナーな括りだが、商法スレだから構わないだろ。

東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 上村(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・ 弥永(筑波)、永井(中央)、大杉(同志社)、中村(立命館)


13 :法の下の名無し:04/11/26 20:51:56 ID:/Ve+dVpc
やすえたん人気あるんだね。

14 :法の下の名無し:04/11/26 21:59:00 ID:o8IJYdaW
>>12

  かつては、大阪市大学も含めて「旧三商大」と言っていたけど・・・。


15 :法の下の名無し:04/11/27 00:33:22 ID:Y+sV+hjW
>>12
同志社に大杉って先生居たっけ?

16 :法の下の名無し:04/11/27 08:38:37 ID:YowFjknZ
>12
中央には丸山もいるぞ。
名古屋の濱田道代オバサンを忘れてはいけない。江頭・森本と並んで、
団塊の世代のホープだからね。
筑波の弥永は、受験生向けの本で儲けてるだけでしょう。学界で発言力
はあるのか?



17 :法の下の名無し:04/11/27 14:44:49 ID:FZRU4PQp
法政の田中亘と北大の高橋美加を少し読んだけど
明晰な感じがした。法解釈論の範囲だけどね。

18 :法の下の名無し:04/11/28 00:11:49 ID:a9MErBlu
田中亘先生は成蹊でしょ

19 :法の下の名無し:04/11/28 12:19:11 ID:dGt6oIZ8
15年くらい前だけど、森本先生の講義で、日本の商法の基礎は、鈴木竹雄と大隅健一郎と
河本一郎が作ったと言っていた。
また、一流の学者と二流の学者を一緒にするのは失礼だといって、一流の学者として、鈴木、
大隅、河本のほか、竹内昭夫、上柳克郎、龍田節、北沢正啓、神崎克郎の名をあげていた。
森本先生は、浜田先生に「学会の暴れん坊」と呼ばれたという話をしていた。ちなみに、江頭
先生は、「学会のプリンス」。

おれ、弁護士で、商法に関する論文を昔書いたことあるんだけど(雑誌にも載った)、商法の
分野で引用する論文って、東大、京大、神戸大、東北大の先生の割合が圧倒的に多い気がする。

20 :法の下の名無し:04/11/28 15:53:27 ID:Ht1JirP9
河本先生の名前を見て、大昔に抱いて未解決のまま忘れてた疑問を思い出しました。

手形法17条但書の悪意の抗弁で「河本フォーミュラ」ってあるじゃない?
あれって誰が名付け親なの?まさか自分で言ったりはしないだろうし・・・。



21 :法の下の名無し:04/11/28 16:03:45 ID:kewz8sdp
>商法の
>分野で引用する論文って、東大、京大、神戸大、東北大の先生の割合が圧倒的に多い気がする。
これは結構面白いところだね
商法に限らず、多くの分野で東大、京大、神戸大、東北大の先生の割合が圧倒的に多い、とすれば、
これらの大学にはいい先生があつまっているからだということになるが、
もし商法は特にそういう傾向が見られると言うことであれば、商法改正利権をどれくらい握っているかが重要だということになろうw
利権なしで、味の素の竹ちゃんって一流だったんだろうか?

22 :法の下の名無し:04/11/28 16:09:23 ID:ly3oQUqm
田中、松本は、どうなの?

23 :プライム:04/11/28 16:31:54 ID:x2+wr6C2
関俊彦先生はどうでしょうか。会社法の本とか名著だと思うんだけど。

24 :法の下の名無し:04/11/28 17:25:52 ID:dGt6oIZ8
>>20
名付けたのは、鴻常夫だと聞いたことがある。
どこで初めて言ったのかは不明。

>>22
会社法は、第二次大戦後に、英米法流の考え方が入ってきて性質が思いっきり変わってるから、
田中耕太郎、松本蒸冶の影響って少ないんじゃないでしょうか。

改正会社法について、改正に関与した当時若手の鈴木竹雄や石井照久が、松本蒸冶と
対談した法律時報を読んだことがあるが、松本さんドイツ法に英米法の考え方をいれるのは
整合性がないってかなり不満げだった(授権資本制度とか)。

一橋の商法って田中誠二の一門で占められていて、東大、京大、神戸大、東北大のお歴々と
比べて、ちょっと独特の世界ですよね。

25 :法の下の名無し:04/11/28 18:26:57 ID:tRk6ScoB
>>21
法学系は古くなればなるほど東大・京大・東北大が有利かと、
戦前内地の旧帝大で法学系学部があったのはその3つしかない(あとは京城帝大)
から学者供給源もそこしかなかった。

26 :法の下の名無し:04/11/28 21:15:04 ID:hTZdKDEA
>>25
> 戦前内地の旧帝大で法学系学部があったのはその3つしかない
ヲイヲイ、九州帝大を忘れるなよ(w

27 :法の下の名無し:04/11/28 21:35:17 ID:tRk6ScoB
おう、すまん。すっかり忘れてた。

28 :法の下の名無し:04/11/29 00:23:22 ID:l6JLa6S5
東北大の法学部民事系は東大の支店みたいなもんだからな。

29 :法の下の名無し:04/11/29 21:48:44 ID:gZkD0wY0
>>28
支店ではなく、出店でしょう。
刑法は木村亀二⇒阿部純二(生え抜き)⇒岡本勝(生え抜き)、ですね。

30 :法の下の名無し:04/11/29 22:23:49 ID:AFaaKu0h
一時、民法は東北>東大って頃もありましたしね

31 :法の下の名無し:04/11/29 22:35:46 ID:gZkD0wY0
>>30
広中・幾代・鈴木、ですね!

32 :法の下の名無し:04/11/30 00:00:29 ID:O5b8pT3D
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 上村(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・ 弥永(筑波)、大杉(同志社)、中村(立命館)


33 :法の下の名無し:04/11/30 00:28:35 ID:5Hu+hu7h
平出

34 :法の下の名無し:04/11/30 00:56:36 ID:vXoNTrpX
だから大杉謙一は中央じゃねーの

35 :法の下の名無し:04/11/30 00:59:59 ID:BakypP0t
なんで中央3人もあがっているのに早慶は1人ずつなん?

36 :法の下の名無し:04/11/30 01:05:46 ID:vXoNTrpX
>>35さん、前から気になってたんだけど、「なん」というのは、
どのへんで使われるの?大阪?京都?兵庫?滋賀?奈良?


37 :法の下の名無し:04/11/30 01:27:52 ID:tvW7vYdB
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・ 弥永(筑波)、大杉(同志社)、中村(立命館)



38 :法の下の名無し:04/11/30 02:22:40 ID:oU73ggd+
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・ 弥永(筑波)、龍田・大杉(同志社)、中村(立命館)

39 :法の下の名無し:04/11/30 03:49:44 ID:ESIPCkij
中央は昔から伝統的に商法強いから。
ただそれだけ>>35

40 :法の下の名無し:04/11/30 04:13:49 ID:4ipPvPM/
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・大野(筑波)、龍田・大杉(同志社)、中村(立命館)



41 :法の下の名無し:04/11/30 06:53:12 ID:woNSxIdS
慶應に山手いれてやれ


42 :法の下の名無し:04/11/30 09:42:15 ID:SJGBg69Q
>>36
非常に広い範囲で使われる

43 :法の下の名無し:04/11/30 09:59:22 ID:H8Qkp5ZB
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼、岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社)、中村(立命館)

早稲田と中央と同志社を修正

44 :法の下の名無し:04/11/30 13:07:48 ID:Q5vMd/WN
早稲田の黒沼と岸田って去年まで神戸だったよね。

45 :法の下の名無し:04/11/30 13:42:19 ID:527xu2XB
上で、田中、松本両先生に関連して、
戦後商法にもアメリカ法の影響が、という話があったけど、
商法って民法の特別法ですよね。
民法がドイツ法系列(実際は、フランスの影響が強いそうだが)
なのに、それにアメリカ法の影響っていうのは、
どういうことなんでしょうか?
整合性ってあるのでしょうか?

46 :法の下の名無し:04/11/30 19:09:07 ID:BakypP0t
>>45
簡単にレスするけど。

民法典論争ってのは知ってるよね。
そのあおりで現行商法もドイツ法を継受しますた。
だけど、第二次大戦に負けた後の昭和25年に大幅な改正をして
アメリカ法を取り入れたわけです。
さらに平成14年の改正ではアメリカ型のガバナンスモデルである
(といわれる)委員会等設置会社制度を導入してまつ。
一時期グローバル・スタンダード=アメリカン・スタンダードみたいな
感じだったからね。

整合性?
あるわけないじゃん。
つぎはぎだらけでもう滅茶苦茶よ。
来年の改正で条文の並びとかは整理されるだろうがこんがらがった
体系は直らない。困ったもんだ。

47 :法の下の名無し:04/11/30 19:15:34 ID:527xu2XB
>>46
ありがとうございました。

整合性はないですか。
でも、私法って一般の社会生活に取って必要不可欠な法ですよね。
その私法で、基本法典である民法と
特別法である商法とで整合性がない、というのは困ったものですね。

ところで、大改正があるのですか?
民法も口語化に向けての改正があるそうですが、
その段階で民法と商法の整合性って、取るわけには行かないんですか?
(できないだろうけど)。

ところで、こんがらかった原因は誰にあるのですか?
昭和25年というと、独立した年ですから、
GHQの強制ではないと思うのですが。

48 :法の下の名無し:04/11/30 20:28:24 ID:R7vaXz4Y
江頭と森本ってグルなの?

49 :法の下の名無し:04/11/30 22:24:54 ID:XM3aogKK
あの二人昔から仲いいね。
年齢も学会デビューもテーマも同じで、若い頃から商法学会はあの二人が牛耳るだろうと
言われてて、そのとおり実際牛耳るようになったわけだ。

50 :法の下の名無し:04/11/30 22:33:13 ID:BakypP0t
>>47
またまた簡単で申し訳ないが。

そもそも日本法ってのは大陸法系と英米法系がごっちゃになってるっつーのがある。
まあ外国法の継受に失敗したんだか成功したんだかわからんが。

戦後すぐの商法改正はやはりGHQの影響が大きい。
改正作業は昭和25年の前からやってたはずだ。
戦後の財閥解体で放出された株式の受け皿として一般大衆を市場に取り込もうとした
という経緯がある。だから戦前と戦後とで株式会社の性質はかなり変わった。

民法と商法が交錯するような分野は結構あるけれど、どっちかっていうと民法の人の方が
熱心に研究しているね。商法だと商取引法をどうするかっていう問題になるかな。

勘違いとかあるかもしれないのが勘弁してね。

51 :んじゃ久しぶりに貼るか:04/11/30 22:34:03 ID:XM3aogKK
鈴木竹雄─┬竹内昭夫─┬神田秀樹
        │       ├岩原紳作
        │       └弥永真生
        ├前田庸
        ├田村諄之輔
        ├松岡誠之助
        ├平出慶道
        └北沢正啓──浜田道代

石井照久──鴻常夫 ─┬江頭憲治郎
                ├近藤光男
                └藤田友敬

大隅健一郎─┬河本一郎─┬神崎克郎
         │       └岸田雅雄
         ├上柳克郎──森本滋
         ├川又良也?(大森忠男の弟子?)
         └龍田節───前田雅弘

52 :法の下の名無し:04/11/30 23:52:53 ID:gRM10atB
藤田先生って鴻先生の弟子?江頭先生の弟子?

53 :法の下の名無し:04/12/01 07:26:21 ID:FZY1ePIy
29
生え抜きにしたせいで見事に没落したいい例だよな。だれも相手にしてないし。

54 :法の下の名無し:04/12/01 09:22:43 ID:QRGLHJ16
藤田先生はシカゴ大学のなんとかって教授が実質的な師匠

55 :法の下の名無し:04/12/01 22:25:28 ID:YUVHkFL8
>>51
神崎先生は、八木弘先生の弟子で、河本先生とは同僚の関係だ。



56 :法の下の名無し:04/12/01 22:34:48 ID:ihIylim9
北村雅史は川又の弟子。
同志社の森田章は河本、川口は神崎、伊藤靖史は森本の弟子。

(故)岩崎稜は大森の弟子でいいのかな?

57 :法の下の名無し:04/12/02 04:08:08 ID:O3TJn+Kl
>>47
> でも、私法って一般の社会生活に取って必要不可欠な法ですよね。
> その私法で、基本法典である民法と
> 特別法である商法とで整合性がない、というのは困ったものですね。

別に困りはしない。民法の特別法といえる商行為法はほとんど改正されていない。

また、「会社法」(商法典の1部)のほとんどは会社組織法で構成されている。
会社組織を創ったり変更する部分はそれほど理論的でないから(社団論とかは問題アリだが)、アメリカ法を採り入れてもあまり問題はない。
授権資本制度創設で資金調達の際に株主総会を通さなくても良くなったが、その代わりに株主代表訴訟制度が創設された。
これはこれでバランスが取れている。一部の人間が騒ぐほどメチャメチャな法体系になったわけではない。

> ところで、こんがらかった原因は誰にあるのですか?
> 昭和25年というと、独立した年ですから、
> GHQの強制ではないと思うのですが。

もちろんGHQの強制。あと、日本が「独立」したなんてたわ言を信じてはいけない。
最近の株主代表訴訟の手数料引き下げもアメリカの圧力。
日本会社法の急速なアメリカナイズと弁護士市場の門戸開放とは軌を一つにしている。

参考:衆議院会議録情報 第104回国会 法務委員会 第6号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/104/0080/10404150080006a.html
弁護士の国際化・将来像についての提言
http://www.hoyukai.jp/seisaku/kokusai_syourai_teigen.html

58 :法の下の名無し:04/12/02 09:07:27 ID:XSnZmtsm
>>57
> 別に困りはしない。

一国の法体系として現状でいいのかというのは議論のあるところだと思うよ。
民商法の交錯する部分もかなりあるんで今後問題が生じる可能性も無いとはいえない。

> 最近の株主代表訴訟の手数料引き下げもアメリカの圧力。

これは違うだろ。改正の時期は構造協議のころとかぶるけど、
もともと議論のあったところを、ドサクサに紛れて入れちゃったというのが
本当のところ。

たしかに最近言われているキャッシュ・アウト・マージャーなんか
アメリカが強く要求しているけどね。

59 :法の下の名無し:04/12/03 13:39:59 ID:cZVxph0B
この分野では西の横綱だった神戸大がちょっとスタッフ的に寂しくなったんだね
ぇ。
現時点では関西(西日本)のトップは京大。次点が神戸。それに同志社が競り掛け
るといった所かな(あくまで商法の陣容とか教育レベルの話)。
大阪市立大も、北村さんが母校に帰ったとはいえ、小柿さんとか釜田@御令嬢とか
若手の良い人がいてなかなかだと思う。いずれも、その内、各自の出身校に戻るの
かも知れないけど。


60 :法の下の名無し:04/12/04 02:22:01 ID:cBFX91oj
いつだって西の横綱は京大だったけどね
>>58
日米構造協議の項目の中に市場の閉鎖性の指摘があって、その中で会社法も
検討されている。情報開示規制の強化の方向らしいからそれについて影響はあったかもしれない。
千葉大の遠藤美光が論文を書いてる。「日米構造協議と企業組織法の課題」


61 :法の下の名無し:04/12/04 03:28:07 ID:7vln/j7X
>日米構造協議
相も変らぬ視点だことw

62 :法の下の名無し:04/12/04 09:07:44 ID:cBFX91oj
>>61
そこを笑われても意味不明

63 :法の下の名無し:04/12/04 09:41:01 ID:A/jrEaCO
問題の立て方が馬鹿っぽい、ってこと

64 :法の下の名無し:04/12/04 17:40:17 ID:3egk2tgV
全然わからん。
教えてくれんか。

65 :法の下の名無し:04/12/05 03:24:02 ID:5nqLeGJi
>>64
「拒否できない日本」でないか?

66 :法の下の名無し:04/12/05 09:15:30 ID:KWhMiRCd
商法を政策法とするのは如何なものか。
時限立法を含めた特別法で行くのが筋ではないか。

67 :法の下の名無し:04/12/05 12:13:28 ID:7Bf+C1uj
>>66
なんで特別法で行くのが筋なのかわからん。
そういう例はあるのか

68 :法の下の名無し:04/12/05 14:35:37 ID:LjHJmLY0
1円会社は特別立法。

69 :法の下の名無し:04/12/05 20:55:16 ID:m5ZOr76c
>>67
たとえば不況対策なら不況時だけでいいよね?そーいうこと。

つーか商法改正についてならこっちがいいんじゃないかな。

【いつまで】商法改正スレッド【やるの?】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093683554/

70 :法の下の名無し:04/12/06 04:02:16 ID:ORml4TWp
>>68
「制定法がこうなってるから・・・」
って、典型的な○○法律家だなww

71 :69:04/12/06 08:12:22 ID:XHGh++VM
>>70はキチガイか?
>>68>>67が「例はあるのか」と聞いたから答えただけなのに。

72 :法の下の名無し:04/12/07 10:53:30 ID:asHP9Wo9
>商法を政策法とするのは如何なものか。
どういう意味で政策法って使ってるかわからないけど、
しょせん法律なんて政策だろう、って思うがな
政策と異なる後生大事な基本法/一般法があると思ってるの?

73 :法の下の名無し:04/12/07 11:15:17 ID:A5CMz2K6
>>72
66は理論にもとづかない場当たり的な立法を言ってるんでしょ。
昔から商法の分野ってそうだけどね。
「266の3は法定責任だから10年の時効だ」とか。
松本蒸冶が、「法定責任だから」なんて法律でそうなってるからこうだと言ってるのと同じで
なんら中身がないって怒ってたな。

74 :法の下の名無し:04/12/07 11:25:30 ID:+O2CQMxQ
でも「ドイツの誰々の唱えるなになに理論によると」なら
中身があるというんだろうな

75 :法の下の名無し:04/12/07 12:03:18 ID:R6EtDsvA
「法理論」と称して、法律論それ自体から「理論」を語る余地なんてあるのかな?
結局そこは、他の学問から何か借りてこないと議論できないように思える

76 :法の下の名無し:04/12/07 14:25:01 ID:vILtYTYZ
体系的に首尾一貫しているかどうか、っていう判断基準の
ことだと思うんですけどね<「理論」 それはまさに
法律論それ自体で語られていたものなんでしょう。ただし、
もっぱら輸入に励んでいた頃にはそれもまた大事な論件だ
ったと思いますが、今はどうなんでしょうね。特に商法は、
暴走しがちな金融の論理にちょうど具合の良い鞍と手綱は
どんなかたちで、それをつけてやるにはどうしたらいいか、
っていう話題の方がよっぽど大事なような。

77 :法の下の名無し:04/12/07 15:31:00 ID:B8wYDFBW
>ちょうど具合の良い鞍と手綱は
>どんなかたちで、それをつけてやるにはどうしたらいいか
ここにどんな基準を持ってくるかが問題でしょうね
「法理論」って強調する人に限って、ろくな基準持ってこないからw

78 :法の下の名無し:04/12/07 22:59:20 ID:AUUWShvM
たとえばどんな基準?

79 :法の下の名無し:04/12/08 02:42:26 ID:mDWbLFs1
>ちょうど具合の良い鞍と手綱
ってのが明らかになれば、きっと・・・

80 :法の下の名無し:04/12/08 08:06:45 ID:nj39XQPp
細かい調整を商法でやろうとするからクソみたいな枝番号が
死ぬほど出るんだ。商法は最低の守らなければいけないラインを
骨太に定めておいてくれればいい。後は特別法か規則でいいだろ。

81 :法の下の名無し:04/12/08 22:43:19 ID:L7K4WIk3
田辺光政の師匠の伊沢孝平(東北⇒関西)は、どう位置つける?

82 :法の下の名無し:04/12/09 01:03:41 ID:nYrZEVvr
>>80
>商法は最低の守らなければいけないラインを
>骨太に定めておいてくれればいい。
最低の守らなければいけないラインとは何なのかが聞きたい罠

83 :法の下の名無し:04/12/10 15:40:43 ID:LMwXKS72
宮島司さんって会社、手形、どっちが専門?

84 :ぐぐれよ:04/12/10 16:37:26 ID:NNPsd8XC
http://www.zenjuku.net/souran.law.miyajima.htm
<研究領域・研究対象>
 現在、私は、研究会においては会社法を、法学部法律学科の一般的講義としては、商法T(会社法)と商法W(保険法)を、他大学においては手形法・小切手法を担当している。
そして、現在の私の研究上の興味も、これら商法上の重要な三領域に及んでいる。商法担当者の授業担当の関係からこのように三分野を引き受けたということよりは、意識的に
は商法学の中での研究対象を広げたものである。
   それは、10年ほど前までは、自分の能力の問題もあって、もっぱら会社法の研究に打ち込まざるを得ない状況であったが…以下、略

85 :法の下の名無し:04/12/11 18:51:07 ID:sBGcTE1y
慶應の宮島教授は、よく2CHで云々されるが、並木和夫教授のことが
話題にならないね。
彼の知親の並木俊守(弁護士で元日大教授)のことも話題にならない。
親子学者は、話題になることが多いのにネ。



86 :法の下の名無し:04/12/11 19:01:13 ID:he5NpmdV

何か問題のあった人でしたっけ?

87 :法の下の名無し:04/12/11 19:37:34 ID:nlgAhqNz
並木俊守の恩師の田中誠一はいい学者だ。「法学概論」は秀逸。
多摩の並木家は頭がいいので有名。

88 :法の下の名無し:04/12/11 20:04:28 ID:sBGcTE1y
>>86
弁護士法違反で起訴sれ、執行猶予付の有罪判決を受けた。逮捕された
ときは、警視庁刑事部顧問でもあった。
>>87
府立立川中学1年終了⇒中央幼年学校(首席卒)⇒陸軍士官学校
(首席卒)。
中央経済社から多数の著書が出ているが、その内の一冊の奥付の
経歴では恩賜賞2回拝受とある。首席卒のとき、天子様から短剣
を賜ったのでしょう。
和夫教授の上に、男の子がいたが、中学受験の最中に過労死した
らしい。

89 :法の下の名無し:04/12/11 22:31:19 ID:yqOeHtvL
なんで弁護士法違反に問われたの?

90 :法の下の名無し:04/12/11 22:54:47 ID:o9qO/SZA
>>89
ttp://www.nmt.ne.jp/~sengoku/121910821.html

91 :法の下の名無し:04/12/11 23:07:21 ID:Ip37GxN0
高鳥正夫ってもっと評価されていいように思う

92 :法の下の名無し:04/12/12 21:42:15 ID:MIpzJug8
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野・弥永(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社)
       中村(立命館)

93 :法の下の名無し:04/12/13 00:43:54 ID:OufqjN6X
邪道ははずせ、頼むから。

94 :法の下の名無し:04/12/13 09:19:11 ID:Leix0O7z
中央にIが入っていないのが(・∀・)イイ!!

95 :法の下の名無し:04/12/13 11:23:25 ID:V3faPokE
大塚先生は?

96 :法の下の名無し:04/12/13 13:19:33 ID:D2u1JFsh
一橋の商法はどうなの?

97 :法の下の名無し:04/12/13 17:57:17 ID:vmwITjAM
>>88
司法試験一番で合格。新憲法が初めて試験に出された年で、憲法は満点。
前日に出場したインターハイのハンマー投げで優勝。夜行電車に東京に帰ってきて、
その足で司法試験を受験。出身学部は商学部。

98 :法の下の名無し:04/12/13 18:49:18 ID:kOfrzOIf
>>94
>Iが入っていないのが(・∀・)イイ!!

ワロタ

99 :法の下の名無し:04/12/14 00:19:10 ID:RNmNhAkh
>>97
やけに詳しいですね。日大OBの方? >>92に日大教授を追加してやって下さい。

100 :幸五郎:04/12/14 01:22:08 ID:rbJ8tFeS
京都以外の関西圏、特に大阪はどうなのでしょうか?

101 :法の下の名無し:04/12/15 18:02:19 ID:GMQc00R1
神作先生、って誰のお弟子さん?


102 :法の下の名無し:04/12/15 18:26:34 ID:/HCkG2n0
>>101
竹ちゃん

103 :法の下の名無し:04/12/15 19:53:00 ID:yhYznmpY
>>92
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・尾ア・大塚・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野・弥永(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社) 、中村(立命館)

河本(元神戸)・龍田(元京都)・前田(元学習院)・酒巻(元早稲田)・倉沢(元慶應)
なんてのも入れとく?

104 :法の下の名無し:04/12/15 20:35:41 ID:0C6U0PE0
倉澤さんって今所属何処なの?

105 :法の下の名無し:04/12/15 21:56:50 ID:TsQhL73V
武蔵工業大学の環境情報学部にいたはずだけど、いまHP見たら
兼任教員になっちゃってるから、こっちも定年かと思われ。
1932年生まれってことは72歳か。どっかのローで(ry

106 :法の下の名無し:04/12/15 23:36:54 ID:sDllA72H
それぞれの大学に所属している学者を調べるのは簡単だが、ここに載せるに値する学者かどうかは判断に迷う。
上表にも、載るべきなのに書かれていない人、載せなくてもいい人、それぞれいるしな。

107 :法の下の名無し:04/12/16 01:39:16 ID:uZDdh3DC
千葉

108 :%8dK%8c?Y:04/12/16 02:03:29 ID:5QuGbLys
>103
京大には、北村・斉藤もいれなきゃ

109 :法の下の名無し:04/12/16 02:14:09 ID:a1WoKo1O
>>106

うん、そうだね。数の多寡は問うつもりはないけれど、レベルの低いものしか
発表できていないのに上表に載っている人もいるしね。

110 :法の下の名無し:04/12/16 16:44:55 ID:tiAn9vQX
たとえば誰よ?

111 :法の下の名無し:04/12/16 20:13:59 ID:3dNHt0EX
>>100
山口幸五郎先生にあやかったHNですか?


112 :法の下の名無し:04/12/16 21:06:25 ID:3dNHt0EX
商法学者で上場企業の社外監査役をされる方が増えています。
社外監査役が責任を問われることが、商法上、まず考えられな
いようですから、殆どなにもせずに、年間数千万の収入で、
笑いが止らないでしょうね。
日大の某教授が辰巳の講義で、「総会屋とのコンタクトを上
司から指示されたら、悩まず監査役に相談せよ」と仰せでした
が、監査役が何もしなかった場合の法的効果はおっしゃいま
せんでした。ノン・サヨで、哀れなリーマンの味方をしてくれ
う商法学者はいないのでしょうか?

113 :法の下の名無し:04/12/16 23:49:24 ID:UfLED55i
けいおうの えーすは だれですか?

114 :法の下の名無し:04/12/17 22:03:25 ID:qgQSCX6C
>ノン・サヨで、哀れなリーマンの味方をしてくれ
>う商法学者はいないのでしょうか?
商法学者のほとんどはノン・サヨだと思うが、
普通は会社の味方だなw

115 :法の下の名無し:04/12/18 00:02:28 ID:tnpKM6QF
>社外監査役が責任を問われることが、商法上、まず考えられな
>いようですから、

そうだったっけ?


116 :法の下の名無し:04/12/18 10:00:45 ID:Ew9LjdoY
>>115
「商法上」ではなく、「事実上」でした。スマン。

117 :法の下の名無し:04/12/19 05:05:32 ID:luVzFq1B
>>112
>社外監査役が責任を問われることが、商法上、まず考えられないようですから、

商法特例法18条の4第1項、商法277条、280条1項をご覧下さい。

>監査役に相談せよ

監査役は会計監査と取締役の業務の適法性監査が主な仕事ですから、使用人の違法行為については原則としてタッチしません。
日大のI山教授?は何を考えているのでしょうか?

>監査役が何もしなかった場合の法的効果はおっしゃいませんでした。

一般法である民法の不法行為責任を負う場合があるかも知れません。
善管注意義務違反は契約責任ですので、株主でない使用人が追及することはできません。

118 :法の下の名無し:04/12/19 09:40:13 ID:JNtHDrTq
>>117
私の勤務先には、著名な商法学者が社外監査役に就任されています。
その御大に直訴する場合は、部課長の違法違法行為を放置する取締役
の不作為を是正して欲しいと言えばよいのですね?



119 :法の下の名無し:04/12/19 22:01:18 ID:YtaqUIPR
>>117
総会屋とのコンタクトってことは利益供与ってことでしょ?
上司ってのが誰だかわからんけどそいつが取締役だったり、取締役の指示
に基づいている場合だってあるわけだ。
違法行為の抑止も監査役の重要な職責だから、そういう場合に監査役に相談
するのは別におかしくないよ。

何もしなかった場合の「法的効果」ってのが良くわからんけど、
監査役に報告した時点でそいつの責任は果たしたわけで、あとは監査役自身の
責任問題だな。

120 :法の下の名無し:04/12/27 02:28:40 ID:6IsQcsAO
商法、会社法あたりでこれから有望な学者あげていただけませんか?院への進学を考えています。
助教授でもいいので。

121 :法の下の名無し:04/12/27 02:56:11 ID:dE4lD/WQ
>>120
そんな質問してるんだったら、院なんか行かないで働け。
自分で本読めば分かるだろ。


122 :法の下の名無し:04/12/27 03:14:28 ID:CWtneVAB
>>121

禿同。
有望かどうかの判断はまだ難しいとしても、それを他人に聞いて
どうするんだ?とは思う。

123 :法の下の名無し:04/12/27 04:09:53 ID:ehm3oAFw
>>120
どこでもそうだけど、あんまり他に院生がいないとこがいいな
その他大勢扱いになったらまずおしまい

それに商法だと有望な学者はひっぱりだこでかなり多忙だから
下手すると容赦なく放置されるよ
まあ最終的には自分でがんばるのは当然なんだけどね


124 :法の下の名無し:04/12/28 00:34:46 ID:wdT+JgPA
>>123
研究者目指すのであれば名の知れた大学院に進むべきなんじゃない?
まあ指導教授が忙しいと放置プレイの危険があるのは確かorz

125 :法の下の名無し:04/12/30 12:12:14 ID:cAnMtmVU
>>123
マジレスになるが,124の言ってるのが正解.
もう一つ付け加えると,他にレベルの先輩・同輩の院生がいるかというのも重要.
その分野が自分だけとなるとレベルがつかめない.

126 :法の下の名無し:05/01/01 22:03:38 ID:LZmKCNr0
混同先生の株式会社法の本はどうなのだろうか

127 :法の下の名無し:05/01/06 23:17:41 ID:DjHT5YhT
森本先生、京大の学部長になっちゃった。

128 :法の下の名無し:05/01/07 02:59:41 ID:YHOCDGa8
どうせ異動する可能性はあるんだから、一人の有望な人を頼るべきじゃない。
特に今の時代は。
行けるならどうみても東大に行くのがベスト。
東大OBは20代・30代前半の層が厚いから、研究会つながりなんかで得るものは大きいだろう。
それ以上の世代になると東大京大とも互角だと思うが(どっちも優秀な人はいるが層が薄い=研究者の数が少ない時代)。
50代になるとローで死んでるだろうから、あまり指導は期待できない。

東大に行けないならば、関西圏の大学(ベストは京大、次は神戸。今だと同志社もいいか。市大の現状はわからん)にいっとけ。
他のエリアだと、東京に学者が引き抜かれて層が薄くなってる。
名古屋は研究会は維持できているようだが、浜田先生の定年後が読めないからかなり不確実だ。
東京圏の東大系でない大学は、内々で固まっているような印象があるから、漏れはパス。


129 :法の下の名無し:05/01/08 08:26:00 ID:WeFIzUzo
邪道先生は今年もご健在でしょうか?

130 :法の下の名無し:05/01/08 12:18:47 ID:Gu2Up3+l
会社百選の改訂はいつごろになりそうですか?

131 :法の下の名無し:05/01/08 16:02:41 ID:GeZXbDyv
まだオファーは来ていない模様。
でも今年中にはあるでしょうな。

132 :私信:05/01/09 16:40:58 ID:ERj2HjtW
T先生へ
寒さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申しあげております。

133 :法の下の名無し:05/01/10 10:24:14 ID:Mfa3ALEk
金判の判例評釈の参考文献にシケタイが挙がっていたのにワロタ。

134 :法の下の名無し:05/01/11 22:39:55 ID:ePIhlDLu
>>113
慶應ならY手が随一だと思うんだが…。
国際取引法での活動が多い&体系書がないから司法試験受験生の間では知名度が0だけど。
はっきり言って慶應の商法は層が薄い。

>>131
会社法関係で重要な判例ってでてたっけか?そんなに多くない気がするが。

135 :法の下の名無し:05/01/11 22:51:21 ID:5alA0jJ4
>>134
大和銀事件とか野村証券事件とかポーラ事件あたりですよね。

136 :法の下の名無し:05/01/12 00:12:42 ID:/mNDHZSk
商法なら私大だと早稲田、中央、同志社だと思う。
(上智、立教、学習院は植民地だから対象からはずそう)

しかし慶応はともかく、明治、立命館あたりは…。

137 :法の下の名無し:05/01/12 00:36:35 ID:C/Hsy91F
>>135
それもあるけど、横組みにするんでしょうね。

138 :法の下の名無し:05/01/12 23:08:47 ID:KWtI+tWM
>>104-105
日大のローで教鞭をとっているという噂を聞いた。もちろん専任じゃないけど。


139 :法の下の名無し:05/01/14 06:30:11 ID:8qn3M2L7
こんな下で低迷していてはいけません
ageておきまつ

140 :法の下の名無し:05/01/14 15:45:41 ID:lqWvRuvr
砂田TAIJI

141 :法の下の名無し:05/01/14 22:57:27 ID:EYK7KlJE
>>128
濱田先生は、最高裁判事という可能性はあるでしょう。


142 :法の下の名無し:05/01/15 06:23:05 ID:upKpjBeM
学者枠の藤田宙靖判事(昭和15年4月6日生)が退官するのが、5年後、2010年4月。
浜田先生は1947年生まれ。藤田裁判官退官時は、63歳。ちょうどいい年回りだな。

143 :法の下の名無し:05/01/15 13:36:16 ID:cEsv9HWB
浜田先生は、トヨタ系の大手自動車部品メーカーの社外監査役に就任されて
おられますが、本務校での講義・ゼミ・教授会のある日に会社へ行かねばな
らない場合(監査役会出席・株主総会出席)もあると思います。この場合、
浜田先生は、どちらを優先されるのでしょうか。大学の方を優先される方で
あれば問題ないですが、会社を優先されるのであれば、最高裁判事になって
欲しいとは思いませんが。


144 :法の下の名無し:05/01/15 14:00:02 ID:grogdYS1
悪意擬制説支持者がごちゃごちゃ屁理屈並べて弁解しとるけど結局は
浜田に頭の悪さを指摘されて悔しがってるだけだよねー。

145 :法の下の名無し:05/01/15 17:47:32 ID:WbE0Dkmm
大塚説を採れば話が済むことだろ。

146 :法の下の名無し:05/01/19 01:42:11 ID:UKf6rqMe
俗物のE頭、M本に比べれば浜田教授は聖人だ。

147 :法の下の名無し:05/01/19 01:55:15 ID:VMsRX1Tb
浜田先生が頭の良い人であったことは確かだと思うけれど、
ここ数年に出された百選の解説とかみているとどうもいまいちな印象。
最高裁判事は荷が思いのではなかろうか。


148 :法の下の名無し:05/01/19 06:57:03 ID:jZa2QEAV
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・尾ア・大塚・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野・弥永(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社) 、中村(立命館)

149 :法の下の名無し:05/01/19 07:32:55 ID:8nGb35Gv
>>148
おつ

できれば業績や得意ジャンルみたいのもあげてくれるといいかも
憲法みたく番付方式ってのもありかな

150 :法の下の名無し:05/01/19 07:45:43 ID:A+OE0kcG
横綱 江頭 森本

は確定だな。

151 :法の下の名無し:05/01/19 08:10:12 ID:lYkOxCr6
>>143
その会社の社外監査役の報酬って、どの位ですか?
名古屋大学教授の年俸の2倍はあると思うが。

152 :法の下の名無し:05/01/19 12:47:46 ID:cserItr2
>>148
筑波は一人でいいだろ。

153 :法の下の名無し:05/01/19 18:07:02 ID:Rq3dfU3x
>>158 わかったノシ

東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・尾ア・大塚・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社)、中村(立命館)


154 :法の下の名無し:05/01/19 20:44:56 ID:h1Bnklrz
>>153
そっちを残しちゃうんでしゅかw

155 :法の下の名無し:05/01/19 21:11:56 ID:mD4Bf1Iy
京大生だけど森本ってそんなにすごいんだ。
何か講義は前田の方が評判良かったりする。
まあ俺は隣の経済学部生なんで門外漢だけど。

156 :法の下の名無し:05/01/20 22:13:25 ID:7icJUUzg
前田雅弘教授ね。

157 :法の下の名無し:05/01/24 09:44:34 ID:oE4iTTW8
私大バブル期神戸学院だが
俺がいたとき法学部には

河本一郎、森田章、田辺光政が同時に在籍してた。
刑訴法には渡辺修もいた。

当時はなんとも思ってなかったが・・・・
そういやかつて大隅健一郎もここにいたんだよな。

国立定年後の天下りと、これからの教授なんで神戸学院なんて通過点に過ぎないんだろうけど。

158 :法の下の名無し:05/01/27 21:46:47 ID:cvgjr7Fe
本日の読売朝刊に小塚先生が出てますね。

159 :法の下の名無し:05/01/29 02:27:08 ID:HpwLq/q7
>>143
大学優先という条件で社外監査役引き受けたらしいよ。

160 :法の下の名無し:05/01/29 11:03:47 ID:Gz/0CVq8
神戸学院は龍田節、川口恭弘も一時期いましたね。龍田先生なんか、そのため
わざわざ神戸に家買って引っ越したのに結局、京都に戻っちゃった。
民訴だけど関学LSに行った堤さんもここじゃなかった?

今いる商法スタッフも悪くないですよ。今川、岡田両Prof.や若手の森、小松氏らは、
ランキング表に載ってしかるべき力量はあると思う。純粋にスタッフだけで順位付け
すれば京大、神戸、同志社、大阪市大に次ぐ顔ぶれじゃないかな。


161 :法の下の名無し:05/01/29 12:09:04 ID:rq0cvI/y
>>159
相手にとったら最高じゃん

162 :法の下の名無し:05/01/29 15:10:51 ID:wkEF4YfO
>>159
社外監査役は、会社の顧問弁護士を呼びつけて、報告を求めることが
出来るのですか?

社外監査役に直訴(サービス残業・社内イジメ)して、効果はありま
すか?

163 :法の下の名無し:05/01/29 15:40:49 ID:9rFVaeX5
金さえ払っておけば、商法の有名どころが名前だけ貸してくれる。
そういう会社で、問題が起きて、社外監査役として何もしてませんでした、って話し早く出て来るといいね。
まともな制度になるのはそれからだよねw

164 :法の下の名無し:05/01/29 16:56:33 ID:CEWKUfox
風の中の羽のように、いつも変わる日本の商法。


っておまえかおまえの手下が変えとんやろがボケエエエ
死ね。

165 :法の下の名無し:05/01/29 17:42:38 ID:HpwLq/q7
>>162
社外監査役でも法律的には常勤監査役と変わらない権限を持つ。
実務のことは良く知らないので、条文を読む限り、商法274条2項では
「監査役はいつでも取締役および支配人その他の使用人に対し営業の報告を求める
ことができる」としている。だから前者の点はできるのではないか。

後者の点はあまり効果ないかも。社外監査役が意見を言えるのは基本的に月一回の取締役会だけだし、
監査役の監査対象になっている取締役が作成する営業報告書の記載事項の中に、
「従業員の状況」ってのがあって(商施規103条)、それが法令に違反していれば監査役が
口出すこともできる。ただ第一「従業員の状況」って人数と平均年齢と平均賃金くらいしか
書いてないのが普通なのでそもそもこの条文は使えないか。
それに営業報告書は決算期にしか作らないからねぇ…

素人なのでよく分からん。労働基準監督庁に行くのが一番いいんじゃない?

166 :法の下の名無し:05/01/29 17:45:56 ID:HpwLq/q7
あ、監督署か orz

167 :法の下の名無し:05/01/29 20:41:06 ID:k3RYXv1R
黒沼も岸田もつい最近まで神戸大だったのに。。

168 :法の下の名無し:05/01/29 22:22:29 ID:YJe06Qb+
これからは、藤田友敬が商法学会を担うよ。

169 :法の下の名無し:05/01/30 01:22:13 ID:Eij2f2e1
商法学者といえば・・・・・
政治家に怒鳴られる

170 :法の下の名無し:05/01/30 02:11:49 ID:TZntT3Km
>>167
神戸大学から見れば、
要らないのが消えただけじゃないの?
特に、○者は。
(なお、○には前or後の文字が入る)

171 :法の下の名無し:05/01/30 17:04:05 ID:ZMdwdE3o
浜田道代先生って、どこの会社の社外監査役をしているの?

172 :法の下の名無し:05/01/30 22:57:17 ID:VfdohWCM
>>171
アイシン精機

173 :法の下の名無し:05/01/31 02:51:57 ID:qvIjaxjf
違う違う。アイカ工業だ。
こ〜〜れ〜も〜アイカ、あれもアイカ

174 :法の下の名無し:05/01/31 15:37:21 ID:qjU0Kd+e
龍田節先生は住友生命保険の取締役として
稼動しておられるのであらうか?

175 :法の下の名無し:05/01/31 21:15:21 ID:71D0vORz
商法学者って品のない人間ばかりだな。

176 :法の下の名無し:05/01/31 23:23:06 ID:3DbXA2GL
前田庸なんてLEC大学所属だぞ。
幾ら貰ってるんだか。

177 :法の下の名無し:05/01/31 23:45:53 ID:BZpNVerX
>>173
適当なことを…アイシン精機だ。だいたいそんなの役員名簿見りゃわかるでしょ?
>>174
彼はもう任期満了で退任してる。

178 :法の下の名無し:05/02/01 15:03:37 ID:tONLe3IV
民法学者みたいに穴蔵に閉じこもって浮世離れした法理を考えている方が
尊敬できる。

179 :法の下の名無し:05/02/01 22:36:43 ID:zJJP3vdE
いつの時代の民法学者だよw

180 :法の下の名無し:05/02/02 10:26:07 ID:wXJ46/Cv
何かと話題のO先生が信山社から新しい本を昨年暮れに出されたそうですけど。
私はまだ未見なんですけど、売っているのですか?

181 :法の下の名無し:05/02/13 10:15:43 ID:Sd2rXxHf
筑波ローって、O野先生の教えを受けることになるの?

182 :法の下の名無し:05/02/14 17:48:33 ID:Ellwz8Ot
>>181
>>180指摘の本の前書きには、筑波のローで教えている
みたいな事を書いていますよ。

183 :法の下の名無し:05/02/19 23:09:31 ID:RojAJ/IY
「商取引法」(江頭憲治郎著)を使っていらっしゃる方、どんな感じの本か教えて下さい。

184 :法の下の名無し:05/02/19 23:14:26 ID:hLxq2PzH
>>183
まあ、現代において商法学会の第一人者wの本ではある

185 :法の下の名無し:05/02/20 00:51:07 ID:nl9QK/UR
>>183
実は保険法も載っているw

186 :法の下の名無し:05/02/24 23:12:45 ID:2snFIac6
>>183
商法典の中の形式的な商行為法の体系にとらわれずに、商取引の実態に即した叙述をしている非常にいい本

187 :法の下の名無し:05/02/27 15:48:57 ID:7h0zrUZU
伝統的に複雑な議論がなされた論点でも、
現在の商取引法を祖述するために適宜端折っているとこがいい。

188 :法の下の名無し:05/03/14 18:20:35 ID:BpCaVBoO
>>179きっと石器時代

そんな馬鹿な

189 :法の下の名無し:05/03/16 17:55:35 ID:wT+G1iBV
法典では保険も商行為法だ
どうして試験範囲外?

190 :法の下の名無し:2005/03/21(月) 08:23:52 ID:r0iITnFr
学者の研究が進んでないからじゃないの。
保険会社の法務のほうが詳しい。

191 :法の下の名無し:2005/04/07(木) 16:31:02 ID:FSVIgHnI
さ〜て、新年度が始まったわけですが、




192 :法の下の名無し:2005/04/07(木) 22:05:47 ID:qJ/ppjFb
U村先生がローの最初の講義で何を言うか見もの

193 :法の下の名無し:2005/04/09(土) 01:23:41 ID:i/73a1yJ
日経新聞に「守るに値しない株主」という趣旨のことを言ってたあの人ですか?>U村

194 :法の下の名無し:2005/04/09(土) 02:15:46 ID:Uii8U6tP
損失保証の脱法手段としての損失補填が問題になったときは
U先生の問題意識は正しかったと思う。

今回は・・・

195 :法の下の名無し:2005/04/13(水) 00:10:34 ID:KSf7cdZc
神田先生の意見は無視されたの?結局?

196 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 22:27:34 ID:DqP5qwC+
整理

東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 森田・(東北)・浜田(名古屋)
早慶 ・・・ 奥島・上村(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田(同志社)

197 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 22:28:52 ID:DqP5qwC+
ちがった

東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 浜田(名古屋)
早慶 ・・・ 奥島・上村(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田・森田(同志社)

198 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 22:12:47 ID:KdBDVwqH
東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 浜田(名古屋) 、吉原(東北)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田・森田(同志社)


199 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 13:46:09 ID:GQn5Bx04
吉原とか黒沼とかしらねーし

200 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 15:40:00 ID:XoOa1ApT
>>199
あんたバカ?無知の恥って怖いね…

201 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 20:31:02 ID:BSuUdjbs
学問的に言ったら奥島先生の方が・・・

202 :CONTROVERSY:2005/05/05(木) 23:13:53 ID:4VUDYQT8
 多分いまマスコミにでている学者は、新株発行における既存株主の保護は、
講義でも、あるいは、試験でもよくやるところだが、一応自益権と、共益権
に分けて分析し、ソシテ、現在における経済の逼塞している状況などを書き
結論は、認めざるを得ないと書いとけばB位呉れたが、これからは、企業防衛
についても書かなければならなくなる。私は、そんなこと習ってないが、それ
も、想定外のことですか?

203 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 23:57:45 ID:G5JnnQYn
内容以前にそんな文章書いてくるような学生には単位やりたくないな。

204 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 02:27:10 ID:CmbQaGjs
東大法学部の来学期の商法第二部の講義では企業防衛も扱うんだってさ。

205 :法の下の名無し:2005/05/14(土) 00:14:31 ID:f4zs6yza
岩原ってあんなDQNだったのかね?
預金者と銀行は同じ土俵ですか?

206 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 19:44:05 ID:OM6Ctmem
西原寛一

207 :法の下の名無し:2005/05/29(日) 00:58:10 ID:NurdvSw6
K○は●。としないねー

208 :法の下の名無し:2005/06/05(日) 12:03:29 ID:gtuoWpPj
東北の森田氏は自分のblogでいろんな論文を勝手レフェリーしとるな。

209 :法の下の名無し:2005/06/06(月) 10:02:05 ID:Gh06hYoA
この人直接本人に向かってこんなこと言えるのかね?
何様のつもりなんだろ。

210 :法の下の名無し:2005/06/08(水) 21:38:06 ID:J4N9SqRy
学士助手出身のエリート助教授様だろw
自分のblogで著者晒しageはイクナイなぁ。

211 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 04:08:27 ID:9zOvju/v
>>209
> 何様のつもりなんだろ。

神様のつもりなんだろうな。

212 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 09:50:47 ID:27Jx3S95
森田果晒しアゲ

213 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 10:18:52 ID:ElaPRVc/
森田先生は司法試験に受かっているので
何を言ってもいいのです。

214 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 12:29:50 ID:uJl3YBed
>>213
って本人が思っているとしたら、アレだな.

215 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 13:49:47 ID:gBMvMK7s
さいきん邪道先生の話題が少ないですな

216 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 14:30:16 ID:nhVx26Dx
性格の悪さと見た目の醜態さは比例しますからね。別に若き助教授のこととは関連して発言はしていないよ。

217 :法の下の名無し:2005/06/26(日) 14:53:23 ID:64N/lEfy
>>215
最近燃料を投入してくれないしね。
信託法学会に期待していたのだけど。

218 :法の下の名無し:2005/07/01(金) 02:44:01 ID:5S+Qcb4A
東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 浜田(名古屋) 、吉原(東北)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田・森田(同志社) 、関(法政)



219 :法の下の名無し:2005/07/03(日) 22:16:07 ID:gPh4kXv4
加美先生;;

220 :姉妹スレのお知らせ(商法会計につき参照されたし):2005/07/06(水) 20:04:41 ID:OXuSwGpb
姉妹スレです。
さすがにこの板の全ての各法律分野の学者スレに
姉妹スレのお知らせを出すと大変多いので、
商法会計として会計学に関係のある商法学者スレにのみ
姉妹スレのお知らせを出しておきます。


  日本の会計学者 及び 世界の会計学者 part1
  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/tax/1083465705

  日本の会計学者 及び 世界の会計学者 part2 (現役)
  http://money4.2ch.net/test/read.cgi/tax/1110614525


日本の各大学の会計学研究者のひととなりについては、これらを参照されるとよいでしょう。

221 :法の下の名無し:2005/07/06(水) 20:30:49 ID:OXuSwGpb
>>220
商法会計でも公正さは必要なんですが、
なんかとっても公正極まりないことを陰でやらかしている会計学者さんとそのお弟子さんが
いらっしゃるようですね。

222 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:09:25 ID:CJh26e/r
>>221

223 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:09:56 ID:CJh26e/r
>>221
(´・ω・`)kawaisosu

224 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:10:17 ID:CJh26e/r
>>222
nn

225 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:10:43 ID:CJh26e/r
なぜみんな同じIDなんだよ

226 :法の下の名無し:2005/07/09(土) 19:42:24 ID:Wpmd/xP0
DTP・印刷板を観ろ!DTP・印刷板を観ろ!DTP・印刷板を観ろ!

227 :法の下の名無し:2005/07/18(月) 17:48:23 ID:wpvkGRBF
地帝 ・・・ 浜田(名古屋) 、吉原(東北)
北海道・大阪・九州はどうなんでしょう?

228 :K:2005/07/19(火) 02:39:33 ID:Wm3FgZqq
九州と大阪は・・・いるのでしょうか?まともなのが。
東北はぜんぶランクインだとおもう。北大は大塚。

229 :K:2005/07/19(火) 02:41:29 ID:Wm3FgZqq
あと、名古屋は小林量もはいるでしょう。

230 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 17:50:12 ID:QsntVw7q
九州には徳本先生いなかったかな?

231 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 21:07:30 ID:YsFcr2s4
徳本は休題出身なだけ。
琉球⇒先週

232 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 21:08:26 ID:YsFcr2s4
名大といえば中東はどうなの?

233 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 22:47:20 ID:QsntVw7q
>>231
dクス

>>232
中東先生も若手として有望な人じゃないかな?
商事法務とかでも論文をいくつか書いてらっしゃるし

234 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 23:59:05 ID:U0FII7V3
神作(東大),藤田(東大),中東(名大),高田(慶大),野村(中大)
あたりがだいたい同世代だけど,この辺はまだ若手なのかな・・・

235 :K:2005/07/20(水) 00:10:31 ID:LN9tKGmS
>>232
中東先生は、ちょっと前までの論文はかなり良いとおもったけれど、最近のはちょっと。
>>234
神作先生、藤田先生は教科書を書いていないから受験生にはあまり知られていないけれど、とても優秀ですね。


236 :法の下の名無し:2005/07/20(水) 00:14:07 ID:TrI1Q7YE
>>235
俺も神作先生と藤田先生は非常に優秀だと思う

237 :K:2005/07/20(水) 00:27:20 ID:LN9tKGmS
>>236
研究も教育も、高度かつ分かりやすい。

238 :法の下の名無し:2005/07/20(水) 00:57:35 ID:TrI1Q7YE
>>236
そうか、東大の人か
藤田先生はローアンドエコノミクスの観点からの論文が多いよね
今はちょっと前の論文だけれど「自己株式の法的性質」を読んでる
まさかこんなにも法律の論文を読み漁る生活なんてゼミ入るまで
考えてなかったから先生のことなんて分からなかった。
ゼミ入ってしばらくは東大にいけなかった自分の頭の悪さを悔やんでた

中東先生も片面的だけど論文でかなりお世話になったな

239 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 01:12:31 ID:/NvOPCNv
>>218
早稲田が三人ってことは商法は早稲田トップですね。

240 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 03:45:23 ID:27eg+ko/
そういや近藤(神戸)とかいるんじゃないの?

241 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 12:12:04 ID:iTes3d7g
>>239
>>219
うーむ,早稲田の3人の方が,東大の岩原,山下あたりより上という評価なのですか。
まあマスコミ露出度だけで判断すればそうなりそうだが。

242 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 19:59:11 ID:zfe0o2av
>>239は単に人数で言ってるんだとおもうよ

243 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 22:16:21 ID:oWr3Ap0s
東北の森田が東大の藤田先生と北大の大塚先生を絶賛してるよね

244 :法の下の名無し:2005/07/22(金) 00:09:59 ID:ID7nBnrK
あと京大の上柳先生のことも。古い話スマソ。

245 :法の下の名無し:2005/07/22(金) 02:28:00 ID:ODY0IPoj
なんで「森田」だけ呼び捨て?他「先生」ってつけてるのに。

246 :K:2005/07/22(金) 05:39:25 ID:a9YZ85/c
>>240
神戸なら、今はむしろ榊先生かと。近藤先生はもう過去の人の感が・・・。
>>241
私は上村・奥島先生よりは、岩原・山下(友)先生の方が断然上だと思いますが。
黒沼先生は同格かもしれませんが。所属は早稲田だけど、東大系だし。


247 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 00:09:11 ID:PmTtLYIK
商法学者で全分野やってる人って、もうおらんやろ。
少なくとも△■先生以降は。
分野別で見た方がいいと思う。
会社、手形(いるのか?)、総則・商行為、保険・海商、証券取引法、中小企業承継法ぐらいで。

248 ::2005/07/23(土) 00:12:05 ID:PmTtLYIK
「会社」とひとくくりにするのはあかんか。
どう分けるといいか思いつかないが。

249 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 09:45:30 ID:9ISPigna
>中小企業承継法

これを単独カテゴリーに掲げると、アノ人を挙げなきゃならなくなるw

250 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 18:17:31 ID:DT+newNB
アノ人ねぇw。

251 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 23:33:41 ID:novfOXDZ
まあ論文とかは読むとけっこうおもしろいんだけどね
U村先生といっしょで

252 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 02:54:39 ID:dQH9kRSP
江頭(東大)
落合(東大)
神田(東大)
岩原(東大)
藤田(東大)
新作(東大)

253 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 09:23:12 ID:Lyca4wXx
>新作(東大)

(゚Д゚)ハァ?

254 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 17:50:05 ID:3OFgcONR
新会社法公布されたね。

255 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 18:30:57 ID:GzUPWiAi
新会社法と、会社法の抜けた商法と、どっちが六法じゃなくなるの?

256 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 18:53:07 ID:HY+OJvmA
シンサク先生って岩原先生のこと?神作先生のこと?

257 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 01:49:54 ID:uvt27sE1
>>256
岩原先生は別にあがっているし、神作先生ジャマイカ?
てか、読みは「かんさく」だよな?

258 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 09:07:24 ID:DM7o3lPJ
当たり前のことを聞くな

259 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 09:20:44 ID:Qe7pQ11T
とりあえず、252は神作を「しんさく」と読むんだと
勘違いしていたヤツが書いたということでFA。

260 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 22:14:32 ID:fbtwAV2Q
岩原先生は弘文堂の手形本をちゃんと書いてるのだろうか

261 :K:2005/07/28(木) 23:26:23 ID:xmD7Pev1
>>260
たぶん、出ないだろーという噂がありますが

262 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 04:30:36 ID:t9O7jyG2
全国の商法学者の中には会社法の改正についていけてない方も多数お見受けする。
なげかわしいことだ。

263 :K:2005/08/02(火) 19:01:38 ID:fECP51za
「現代化」に対応しているかどうかは、教科書だけではなく、教員についても問題となるのです。
「会社法学者の現代化」はどれだけ進んでいるのか・・・

264 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 20:09:45 ID:7VfGzNfz
未だに、鈴木=竹内会社法レベルの教員てのも結構多いんだろうな

265 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 23:45:16 ID:Cji8iyKE
でも新会社法わけ分かんないよ。
省令委任大杉。

266 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 08:58:07 ID:s3+g7jGZ
いまたまたま古い法学教室(2004年4月号)を開いたら、
落合誠一が、商法重点講義(第1回)の中で、商法と経済学との違いについて、
「対象は同じ人間行動ではあるが、商法学は、利益を獲得しようとして行動する人間間の利害を妥当に調整しようとする
法的ルールの定立あるいは解釈によって、人間行動にアプローチするのであるが、経済学にあっては、いわゆる効率性の基準をもって人間行動へアプローチするから、商法学と経済学とは相違するのである。」って文章が目に入った。

勉強もろくにせずに大層なこと書いちゃってるの丸分かり、落合って東大教授なのに恥知らずの馬鹿?

267 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 11:33:33 ID:Bk6NTcAZ
>>266
じゃあ、おまいが「商法学と経済学の違い」について説明してみて

268 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 13:05:29 ID:QQagwlcn
オレも聞きたい。

269 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 13:45:27 ID:7nqzMevG
経済学は、通常、経済主体の合理的行動を仮定するから、「利益を獲得しようとして行動する人間」が区別の基準にはならない。
また、経済学が資源配分について規範的判断を下す場合、効率性基準を重要視するが、(商)法にとっても、効率性基準はやっぱり重要だろ。

そうすると、落合は、商法で効率性基準が重要でないと考えているか、単に、「法的ルールの定立あるいは解釈」というところが言いたいだけということになる。
前者だとすれば、商法学者としての落合の資質に疑問符がつくだろうし、後者だとすれば、『商法の意義』なんていうタイトルの下でわざわざ書く必要のあることか?


270 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 17:40:19 ID:bAfXmTOk
↑ちょっと読み落としてたかも。
落合の場合、商法は、
「利益を獲得しようとして行動する人間間の利害を『妥当に』調整しようとする」もので、それに対して、経済学は効率性の基準一辺倒だという理解っぽいね。
そうすると、自分と妥当性の判断基準が違うやつの議論は、商法学じゃないという理解なんだろうか?

271 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 18:12:32 ID:lC2cSoGE
「妥当」の落し所かどこかを検討するのも商法学ってことでは?

272 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 22:55:07 ID:cdlL7drU
>>269>>270は同一人物のレスなのか?
とりあえず

>>270
妥当性の判断基準についてはもちろん、学者によって変わるだろうし
商法における「公正性」と「効率性」の概念対立はどちらを重要視するかで
妥当性判断にも差が生じうる。
それが「妥当に」という、価値判断の基準を敢えて具体化しない記述に結びついていると思えるが。


というか落合先生の記述からは
>自分の妥当性の判断基準が違うやつの議論は、商法学じゃない
と言っているとどこをどう読んでも理解できないのだが。

経済学においては、「妥当性」の判断に「公正性」という判断基準は 出てこないのではないか?

落合先生の記述は
商法学は、経済的合理人の利害を妥当に調整することを目的に、法的ルールの定率あるいは解釈によって
       人間行動にアプローチする

と読めるのだがな。これは明らかに経済学と違うだろう。

273 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 06:31:29 ID:cQjWcKlV
>経済的合理人の利害を
念頭に置くのは経済学も同じこと
>法的ルールの定率あるいは解釈によって
ここは違うが、これだけ言いたいのならわざわざ比較の必要はないだろう
>人間行動にアプローチする
これも経済学その他も同じこと
だから
>(経済的合理人の利害を)妥当に調整することを目的に、
しているところに意味があるんだろう。

>というか落合先生の記述からは
>>自分の妥当性の判断基準が違うやつの議論は、商法学じゃない
>と言っているとどこをどう読んでも理解できないのだが。
素直に読めば出てこないと思うから、
>それが「妥当に」という、価値判断の基準を敢えて具体化しない記述に結びついていると思えるが
という理解が素直だと思う。
ただ「法的ルールの定立あるいは解釈」に大した意味があるとは思えないんで、「妥当性」を強調せざるを得ないように思う。

>経済学においては、「妥当性」の判断に「公正性」という判断基準は 出てこないのではないか?
経済学が効率性基準に重きを置いているのは事実だろうが、「効率性」vs.「公正性」といった対立軸自体が、経済学的な整理だよね。
平井だったら、ローエコって言われたくないせいだと思うが、「効率性」vs.「正義性」って、わざわざ言葉変えるくらいだから。

274 :272 :2005/08/07(日) 10:51:50 ID:IpD9TVSI
>>273
これは>>269->>270と同一人物なのか?
少なくとも名前にレス番入れてくれ

おまい自身、商法学と経済学が類似しているという考えを持っているじゃないか。
それは共通認識だと思う。

だから落合先生は
共に「経済的合理人」の行動を対象にしているが、目的とアプローチが違う、
商法学では、「法的ルールの定立あるいは解釈」という手段(これは絶対的な差異)で
経済的合理人の「利害の妥当性」の確保を図る、これが経済学との差異である
と言ってるだけ。
それを分かっているなら
>ただ「法的ルールの定立あるいは解釈」に大した意味があるとは思えないんで、「妥当性」を強調せざるを得ないように思う。
大した意味があると読めるはず。

ちなみにローエコはそんな悪いものでもないと思うが。
特に商法学では、経済学と同じく「経済的合理人」を想定して、立法解釈がされるから
どのような立法を行えば、どのような行動をするのか、ということを考える上で
経済学的な分析(特にゲーム理論)は有意であると思う。

そろそろスレ違い

275 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 12:10:35 ID:Nwkkriyd
269=270=273だが、
>>274
>おまい自身、商法学と経済学が類似しているという考えを持っているじゃないか。
>それは共通認識だと思う。
そうだね。商法=企業法説という理解はその昔からだが、藤田がミクロ経済学における企業理論の展開を紹介した論文なんかを経由して、商法学と経済学の類似性は進んだと思う。

>経済学的な分析(特にゲーム理論)は有意であると思う。
と思ってる人が落合を読めば、「法的ルールの定立あるいは解釈」が決定的な違いで、あとはほぼ同じで了解なんだと思うし、漏れもそれには賛成。
ただ、落合の場合は、経済学者とジョイントでやったときに(どこで読んだか、かなり記憶は曖昧だが)効率性基準に乗ることにかなり躊躇を見せていたように記憶している。
それと、「経済学にあっては、いわゆる効率性の基準をもって人間行動へアプローチするから、商法学と経済学とは相違するのである。」というくだりは、効率性重視の経済学と妥当性重視の商法という区分のところに重きを置いた方が、落合の理解としては正しいように思う。

それはともかく、「経済的合理人」というのと「妥当性」というのがうまく接合できるのだろうか?
>商法における「公正性」と「効率性」の概念対立はどちらを重要視するかで
>妥当性判断にも差が生じうる。
というのはその通りだと思うが、経済学が「効率性」だけでなく「公正性」(あるいは、公平・衡平)も重要ですといいつつ、実際のところほとんど顧慮していないのは、
実は、「経済的合理人」の行動を前提にしたとき、「公正性」をうまく入れ込むことが困難だからではないのか?
「経済的合理人」を前提にした場合の制度設計では、インセンティブ・コンパティビリティが重要視されようが、どうもそれと「公正性」ってのはうまくくっつかないような気がするんだが・・・

276 :272 :2005/08/07(日) 13:07:14 ID:IpD9TVSI
>>275
確かに、従来の商法学者は効率性の基準よりも公正性の基準を重視しがちなのは否めない。
それが、おまいが指摘する、
>「経済学にあっては、いわゆる効率性の基準をもって人間行動へアプローチするから、
>商法学と経済学とは相違するのである。」というくだりは
>効率性重視の経済学と妥当性重視の商法という区分のところに重きを置いた
ということになるのかもしれない。



>「経済的合理人」を前提にした場合の制度設計では、インセンティブ・コンパティビリティが重要視されようが、どうもそれと「公正性」ってのはうまく>くっつかないような気がするんだが・・・
たしかに、効率性と公正性は相反する性質がある。
しかし、商法は「法」という性質上、効率性を犠牲にして公正性を重視する(しなければならない)場合があるのも事実で
それもまさに効率性を重視しがちな経済学との相違だろう
ただ、効率性と公正性が対立するというが(自分でもそうレスしたが)、自分では決して矛盾する概念ではないように思う。
たとえば、ある程度公正性を重視した制度設計を組み立てておくことは、事後的な紛争の発生を抑えることが可能で
それは究極的には、効率性へとつながるものだと思うが。
紛争自体が、当事者だけではなく社会的な費用の増加を伴うものだし。

ちなみに、自分で「経済的合理人」と使ったが、「合理的経済人」の間違いだ、と思う。

あぁぁ、学部4回生の頭ではこれ以上は無理だ。。。
何が言いたいのか分からなくなってきたし
かなりスレ違いだし
東大でもないから落合先生の肩持つ必要もないし。
ただ前々からローエコは興味があった。
実務家としても必要な観点だと思うし。

とりあえず、俺の自己満で稚拙な議論に付き合ってくれた>>273に感謝。

277 :K:2005/08/08(月) 01:30:30 ID:rQKWh9C3
少しだけ横やりをいれますが、「効率性 v. 公正性」という対立軸を設定しがちなのは、
むしろ法学者のように思います。
276で書かれているように必ずしも対立するわけではないのですが、
経済学でいう「効率性」の意味をロクに知らない法学者が安易に設定して、「ローエコ批判」をしています。
(もちろ、落合先生はそんなことはよくご存じなので、安易に両者を対立させてということはないでしょうが)
「効率性」をパレート効率性とする場合は、定義上それほど公正が問題になることはないでしょう。
というのも、状態S1からS2への移行がパレート最適といえる場合には、
S2においてS1より悪い状態におかれる(wore off)人おらず、少なくとも誰か一人がより良い状態におかれる(better off)はずだからです。
もっとも、worse offにはならなくてもbetter offにならなかった人からすると「何でオレがbetter offにならずにあいつがなるのか?」と感じるかもしれず、
その限りでは公正性の問題はありえます(とはいえ、これも「公正」の捉え方によりますが)。

もし、「効率性」をカルドア=ヒックスの効率性とする場合には、パレート基準の場合よりも多く「対立」が生じるでしょう。
ただ、その場合でも、当たり前のことですが必ず効率性と公正性が対立するというわけではありません。
それに、この場合でもそこでいう「公正」とは何かを明らかにして、どのように対立するのかを明らかにする必要があるでしょう。

経済学者は「効率性」の定義を知っている(はず)ので、抽象的に「公正性」との対立軸を設定してどうこう言うことはないように思います。


278 :法の下の名無し:2005/08/08(月) 16:42:52 ID:QZU9LczW
↑何を言いたいの?
K=川濱だったら面白いけど。

279 :法の下の名無し:2005/08/08(月) 17:15:45 ID:FdF8xRwi
>もっとも、worse offにはならなくてもbetter offにならなかった人からすると「何でオレがbetter offにならずにあいつがなるのか?」と感じるかもしれず、
>その限りでは公正性の問題はありえます(とはいえ、これも「公正」の捉え方によりますが)。
ここは、むしろ「パレート効率性」を弱基準として定義するか、強基準として定義するかの問題なので、これで公正云々いう必要はないよ。

280 :K:2005/08/08(月) 19:31:09 ID:rQKWh9C3
>279
ご指摘どうも。後でみてみるとあまりよくない書き方でした。
要はパレートでも公正の問題は残りうるということなのですが、次のようにいったほうがよいかもしれない。

状態S1からS2に移行することで全ての者の効用が増加するとしても、
富める者の効用が大きく増加し、貧しい者の効用は少ししか増加しない場合は公正の問題がありえます。



281 :K:2005/08/08(月) 19:33:13 ID:rQKWh9C3
277の訂正
「というのも、状態S1からS2への移行がパレート最適といえる場合には、」

「というのも、状態S1からS2への移行がパレート改善といえる場合には、」


282 :法の下の名無し:2005/08/09(火) 07:00:56 ID:ptY7NZ1P
>>280
>要はパレートでも公正の問題は残りうるということなのですが、
>状態S1からS2に移行することで全ての者の効用が増加するとしても、
>富める者の効用が大きく増加し、貧しい者の効用は少ししか増加しない場合は公正の問題がありえます。
指摘自体間違っているわけではないが、効率性基準だけキチンと定義して、公正性基準を定義せずにグチャグチャ言っても無意味じゃないか。
実際、パレート改善になっている場合に、所得再分配は比較的容易だから、『妥当なw』結果を出すのはそれほど難しくはない。
しかし、パレート改善にならない場合に、所得再分配を行うのは利害がもろに対立するためかなり困難。


283 :法の下の名無し:2005/08/12(金) 04:17:58 ID:Vs1xCStZ
手形法・田辺光政教授の評価はいかがなものですか?

284 :法の下の名無し:2005/08/12(金) 08:17:57 ID:5YWGmC0z
昔ながらの先生でつね

285 :法の下の名無し:2005/08/12(金) 11:50:59 ID:FCnMtq/U
>>283
関大出身

286 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 00:47:41 ID:en9qfaZo
>>285
違います。大阪学院出身です。

287 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 07:49:21 ID:o2STnKbU
名古屋大学出身だろう

288 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 13:28:22 ID:5QLzUuYw
慶應の商法の先生はどうですか?

289 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 04:06:58 ID:LhMRAMxa
>>288
学生さんですか?

290 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 07:17:50 ID:mg6RvF5M
近藤光男教授の評価如何?

291 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 13:03:27 ID:pPddbVf9
>>288
さぁ?

>>290
もう神戸にはこの人しかいない。

292 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 17:44:13 ID:6QUDetVa
倉沢先生はすごかった

293 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 00:31:31 ID:kkEnI8uP
遠藤美光はどう

294 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 01:06:37 ID:VKc/gskz
近藤光男、愛想悪いで。

295 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 01:17:29 ID:70DBGWV9
>>288
ていひょうがあります。

296 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 03:44:39 ID:FvCsao0j
手形はもう研究するところがないな。

297 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 06:51:37 ID:MNNVEEwm
ていひょう=「定評」or「低評」?

298 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 08:12:00 ID:oI3GVclx
神戸は神崎・黒沼・岸田と商法が看板といっていいくらいだったのにな。
今は近藤だけか。榊もまだ若いし。
行澤・志谷ってどうなんだろ?

299 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 10:28:45 ID:KnXwLyPH
>>293
dare?

300 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 21:23:06 ID:8952sIkT
>>296
あるよ。
現に年に数本論文出てるしw

301 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 00:27:26 ID:Fe2CUAjh
>>300
筑波のS先生がほとんどだったりしてw

302 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 00:45:56 ID:M4VHwPRd
手形法の今の権威は?

303 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 01:31:27 ID:30x+qJR/
手形法かあ。
学生時代、木内先生や高窪先生にお世話になったな。
既にお二方とも亡くなられてしまったが。
久しぶりに読んでみようかな。

304 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 09:32:26 ID:FQcHGZL0
>>301
S先生筑波辞めたんじゃないの?

305 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 09:40:27 ID:7ORsvAbo
>>304
あと一年。

306 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 12:16:03 ID:v/ZmZGPP
手形法みたいに、もはや過去の遺物を研究し続けるのも、確かにいいね。
多分新規参入はないだろうから、第一人者で居続けられる

307 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 18:48:40 ID:wfY3gr4x
そのうち法解釈学じゃなくて、法制史学者と言われることになりそうだな。

308 :法の下の名無し:2005/08/17(水) 17:11:20 ID:O8xXb/T8
手形取引激減してるってホント?

309 :法の下の名無し:2005/08/17(水) 18:16:36 ID:ityE4s0P
>>308
ホントだよ。

310 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 01:00:23 ID:I3AZ0B7K
スタンドバイ信用状などではまだ少々議論の余地が在るのかも

311 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 18:11:32 ID:6JaR++Lf
S25改正法はアメリカの強制とはいっても、日本の商習慣をいちいち調べる
暇がなかったので、当時できたばかりのイリノイ州の州法典をそのまま移植
したと聞いたが。てことで、当時最新最先端の法典だから、そんなに不満を
言うべきじゃないかも。

312 :法の下の名無し:2005/08/26(金) 03:22:29 ID:h8YVUxMg
民法と商法がなんで同じ学会なんだ?分離しろ、これまで分離案がでなかったのは
なんでだ?

313 :法の下の名無し:2005/09/05(月) 21:56:48 ID:6uJj1Z45
age

314 :法の下の名無し:2005/09/05(月) 22:31:21 ID:WjS5POkg
説明義務違反みたいなジャンルはどっちに分類されるんだろうな

315 :法の下の名無し:2005/09/05(月) 22:55:22 ID:uoXyEib1
>>308
ホントだよ。全銀協の統計を見ればすぐわかる。

316 :法の下の名無し:2005/09/08(木) 02:04:58 ID:n1GtCGrf
学会まであと一ヶ月余。
今年の個別報告の注目は誰だろう?

317 :法の下の名無し:2005/09/08(木) 08:16:08 ID:XzF0Z1xo
やっぱりKさんじゃないですか?
あとDのMさん。

318 :法の下の名無し:2005/09/10(土) 12:42:15 ID:xvTogPH1
そういや、学会の案内まだ送ってこないな。
今年はやたら遅くないか?

319 :法の下の名無し:2005/10/11(火) 00:30:51 ID:kh10UgQX
学会どうだった?

320 :法の下の名無し:2005/10/11(火) 07:37:34 ID:qW0c5TpF
なにあのおばさん

321 :法の下の名無し:2005/10/12(水) 22:52:56 ID:75fFboT3
やっぱりさすがKさんですね。
早口すぎるのがなんだけど。

322 :法の下の名無し:2005/10/30(日) 00:36:13 ID:scTHJF54
永井先生学長就任おめでとうございます

323 :法の下の名無し:2005/11/02(水) 19:21:25 ID:ekmDz16U
江頭先生の退任後の行き先って、もう既知?

324 :法の下の名無し:2005/11/02(水) 21:38:58 ID:rae9B5pC
どこ?(知ってはいるが・・・)

325 :法の下の名無し:2005/11/02(水) 22:04:20 ID:IUUscDrv
落合先生はどこ行くの?

326 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 00:44:06 ID:EK2+fyXG
時代遅れのご老体どもには隠居してもらうが一番だ罠

327 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 08:59:27 ID:wv4xmE2+
>>324
いや漏れも知ってるんだが、皆が既知じゃないんなら言っちゃいけないのかと思って。

328 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 09:32:08 ID:mG6CR4bM
全然知らないのですが、江頭先生の退任はいつなの?
まだ数年後だと思ってました。

329 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 10:16:21 ID:IWg2HFO1
商法学者は学問よりお金が好きな金の亡者。
頭は悪い癖に偉そうだ。
民法学者の聖人のような姿に比べ卑しさが目立つ。
だいたい顔が下卑ている。

330 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 14:30:58 ID:gqSXeJtR
>民法学者の聖人のような姿に比べ卑しさが目立つ。
聖人のように振舞う香具師ほど、金目のものに転びやすいんだけどな

正義を振りかざしてて、最後化けの皮がはがれた、日弁連の元会長(中○公○)ってのがいたよねw

331 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 18:43:24 ID:nRJ5/w5d
>>328
今年退官だす。しかしまあかき集めますなぁあそこは・・・。

>>325
落合先生と言えば、商事法務に書かれていますが、あの資金調達の意義は
どーなんでしょうかね。個人的には違和感ありまくりなんですが。

332 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 19:16:00 ID:uB7pvvgu
>今年退官だす。
うそこけ。
まだ50代だぞ。

333 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 19:20:46 ID:nRJ5/w5d
1946年生まれじゃなかったっけ。
あれ?来年度もまだいるのかな。

334 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 00:12:04 ID:J8V/j8Tk
末永は?話題にもならないの?

335 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 00:43:49 ID:n5FJQIqr
>>329
数学や経済学を理解しえない
私大の馬鹿学者より遥かに頭上だぞ。
ただし、一線級ならな。
藤田とか、神だ。

336 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 02:04:13 ID:hnvxKWh8
>>335
プププ
商法学者でブラックショールズ式がちゃんと説明できる奴がいるのか?wwwww

337 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 02:45:47 ID:p//PyvhS
↑Black=Scholes公式くらいでガタガタ言うな
あんなもんの説明大したことないじゃん
そんな偉そうなこというんなら、ここで(式展開はしてもしなくてもどっちでもいいから)直感的な説明だけでもしてみ。
法律家として重要なのは、Black=Scholes公式ようにきつい仮定の下で定量的に処理できるようにすることよりは、定性的に把握できるようにしておくことだろう。

オプション・プライシングについては、ライブドアvs.フジテレビの鑑定意見書で大杉だって(「専門家ではないが」と断りつつ)書くくらいのネタでしかないことも知っておいてね


338 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 20:33:03 ID:FAeOrvxj
>>331
あそこは非常勤で行くって聞いてたけど、まさか専任なの?
それにしてもあそこはかき集めますねw

339 :327:2005/11/06(日) 10:09:59 ID:sweRoY3r
>>331、338
あなた方は知ってるみたいですね。私は内部の人間から聞いたので、多分確実なんだろう
と思うんですけど、まだどこにも正式発表されていないし、みんなが既知ではないんなら
いっちゃいけないんでしょうねえ。

340 :法の下の名無し:2005/11/06(日) 13:33:00 ID:5mogjKiK
ん?
ホムペかローのパンフに出てなかったっけか?

341 :法の下の名無し:2005/11/06(日) 13:47:00 ID:d/ad2kP6
東大法って、まだ定年延長してないの?

342 :法の下の名無し:2005/11/07(月) 13:49:09 ID:RTLz3TCa
あそこの脂ぎった前総長とは仲良しなんでそ。
デヴュー作を絶賛してもらったし(プレップ⇒法人格)、
拙速商法改正問題で共同の反対声明だしたこともあるし。

全然頓珍漢だったりして…

343 :法の下の名無し:2005/11/07(月) 17:47:57 ID:kxoSxWuK
>>342
あのおっさんは、「江頭・神田の2人には、是非とも将来来てほしい」って、確か前世紀から言ってたもんな

344 :法の下の名無し:2005/11/07(月) 19:23:08 ID:Ip1l4GMO
関先生って今法政なのか…。
もう引退したのかと思ってたですよ

345 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 10:09:35 ID:mqCRmrew
>拙速商法改正問題で共同の反対声明だしたこともあるし。
あれは恥ずかしい事件だったね。
鈴木=竹内で会社法をろくでもないものにしてきた歪みをまともに批判もできず、
ただ、「法制審議会利権を守ってほしい。」ってだけの話だったモンね。
江頭にとっては、一生モンの恥だよね。

346 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 10:56:29 ID:YyvYXnoF
これで論文対策は完璧だ!!会社法立案担当者による待望の実務的回答集!
司法試験、公認会計士試験、司法書士試験受験者、法律実務者必読の一冊!!
司法試験(昭和24年〜プレテスト)・公認会計士試験(昭和56年〜)
主要問題の解答例を完全収録。判例・実務に則した新会社法の適用関係を提示。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0160154



347 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 17:20:46 ID:oM7/1Ky5
>>345
まああれを最後に商法=会社法改正の迷走が始まって
>>346のようなビジネスが成立するにいたったわけだよね
しみじみ

348 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 19:13:08 ID:hvDwwtS1
>>347
甘ちゃんだなぁ
竹内なんかもよく出してたジャン

それに迷走はその前からだよ。

349 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 19:45:16 ID:vPXCiR7d
改正作業が歪んだのは日米構造協議からだが、しかし議員立法は最悪だった。
あれに味を占めたヤツらが好き勝手にいじるようになったからな。

350 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 22:17:45 ID:dP0MH9+u
票乞食にもいじられるほど酷くしといて、今さら何をかいわんや

351 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 22:24:11 ID:vPXCiR7d
昭和49年に全面改正作業が始まったんだが、法制審がチンタラやっている間に、
不祥事続発して、細切れでもいいからまとまったヤツから改正していこうってこと
になったのがそもそもの発端。

でもまだ法制審が一元的にやっていたから体系が崩れることは無かった。今のはヒドすぎる。

・・・てかこんな基本的な話も知らんの?

352 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 22:58:05 ID:wVMgB5mI
すいません、江頭先生はいろいろ講演なさってますが、
いわゆる「実質的立法者」なのではないのですか?
族議員・つぎはぎ・けしからん改正は、今度の大改正で、
江頭先生の指揮のもと「体系」的なものになってないのですか?
すいません、しろーとなもので。

353 :法の下の名無し:2005/11/09(水) 00:02:34 ID:nIsAO5uE
なるわけねぇじゃん

354 :法の下の名無し:2005/11/09(水) 09:54:46 ID:TLifTN86
議員立法というのは本来あるべき姿だとは思うけど。

355 :法の下の名無し:2005/11/09(水) 20:16:09 ID:M5qVPzKu
>体系が崩れることは無かった。今のはヒドすぎる。
当時の会社法学者にあった体系ってどんなの?

>昭和49年に全面改正作業が始まった
とすると、どうしようもないアドホックな利益衡量前面に押し出す鈴木=竹内の会社法が体系なのかな?

356 :法の下の名無し:2005/11/09(水) 23:37:24 ID:i9BCt1s+
>>354
憲法では本来的な立法権の所在から議員立法をふやすべきだという議論があって
私法では議員立法はまずいものという認識があるね。

議員に立法するだけの知識があればいいんだけどね。

357 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 01:01:43 ID:yV8V+7C7
議員立法は実際厳しいと思うな…。
官僚ならノウハウの積み重ねもあるだろうけど、
政治家にはそういうのが(たぶん)無いだろうし。

せいぜい、「こんな法律作っておくれ」と官僚に働きかける程度か。
ただコレはいかにも不正の温床になりそうな…

358 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 03:52:53 ID:MreMuRDI
議員に信頼を置かないまではいいけど、
完了への信頼の厚いことには恐れいるな

359 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 05:08:37 ID:3SV6XB8e
いいから巣に帰んなさいw

360 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 11:01:56 ID:c9krWqc6
巣ってどこよ?

361 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 13:32:22 ID:IIntL/R8
>>358
どこをどう読むとそういう解釈になるんだ?

362 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 15:41:38 ID:PVMLic/T
ゴルフ場の営業譲渡の件を担当してて、いろいろ調べてる弁護士ですが、
ジュリスト最新号(1299)の商事判例研究(山崎悠基)の内容がひどいんで
すけど。

判旨に対して、私はそう考えないから反対だって言ってるだけで、理論も
へったくれもないんです。東大商法研究会の名前で、こんな低レベルの
文章載せていいんですか。

363 :法の下の名無し:2005/11/11(金) 09:21:39 ID:Q899fgmh
東大だからって、低レベルもいる罠
気にすな

364 :法の下の名無し:2005/11/11(金) 11:35:27 ID:apNUYhrp
だからといって、この場合に、評釈者が低レベルなのか、362が低レベルなのかは不明

365 :法の下の名無し:2005/11/11(金) 12:21:33 ID:OfKpYgLF
>>364
おまえがジュリスト読めば解決することだろ。
実際、あの評釈はないと思うぞ。

366 :法の下の名無し:2005/11/11(金) 23:39:25 ID:/JFH/OdR
ジュリストの評釈はダイジェスト版だってのは常識だろ。
あそこに載ったもんは法学協会雑誌等に本編が載るんだから、
調査するならそっちを見るのが常識だろうに。
アホか。
いっとくが俺は本人じゃねえぞ。ただのロー生だしな。

367 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 00:32:57 ID:kuJr7dON
ダイジェスト版ならレベルが低くてもいいのか?

368 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 00:38:15 ID:kuJr7dON
もう一つ。おまいは裁判所に、法学協会雑誌が出るまで
準備書面の提出期限を伸ばしてくださいと言うのか。

一人前の口を利くのは司法研修所に入ってからにしな。

369 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 00:48:37 ID:U/d7e5Bu
>>366
法協に載るのは民事法判例研究会の評釈(対象は民集登載最判)。
ジュリストのは商法研究会の評釈(対象は主に下級審判例)。
ジュリストの本編が法協に載る、なんてことはありません。

まあ、山崎悠基先生はもう定年後の長老だからねえ。。。

370 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 02:59:06 ID:ZF/yjCJN
>>369


あなたは実は教授でしょ

371 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 08:55:17 ID:YYttee/I
すまんがオレはこの人シランカッタ。論文読んだこともない。
評釈読んだけど・・・・ヒドイナコレ

372 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 13:04:11 ID:7mLsnZhi
てか、東大商法研究会は、東大系以外の人間も属している罠。
玉石混淆で当然。
民事法判例研究会は、原則として東大と関わりのある人間に限定
されてるが。


373 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 13:36:04 ID:Bv2E4adW
>てか、東大商法研究会は、東大系以外の人間も属している罠。
>玉石混淆で当然。

そうなんだ?それは知らんかった。看板に偽りあり、だな。
ところで東大の商法を牛耳ってるのはいまは江頭>神田>岩原
ってところか?

374 :法の下の名無し:2005/11/12(土) 23:26:40 ID:I6RccPak
よくわからんのだが…
ジュリストの評釈とかは、編集さんが依頼して書いてもらうもんなの?

375 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 00:46:21 ID:h375QXYV
マジレスするけど、判例研究会ってのはそれぞれどこかの雑誌に掲載枠を持ってるもんなのよ。
ジュリスト、判タ、商事法務、金判・・・。

376 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 03:51:07 ID:TCZoHvXj
あーなるほど。
別に編集さんが直接先生に依頼するわけではなく、
判例研究会内部で割り振りをするんですね。
そうすっとやっぱり、長老さんにもたまに原稿が回ってくるのですね。

377 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 06:33:27 ID:c4ziIztc
てか、研究会でやった上で、公表したんじゃないの?

そうならそのとき、まともに議論しなかったの?そこに疑問を感じる

378 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 08:20:11 ID:jSM2qZ3W
江頭先生は、来年、そのかき集め大学で非常勤講師をやったあと、さ来年に正式に
そこの教授となるということです。

379 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 09:59:41 ID:h375QXYV
>>376-377

報告希望者がいればその人が基本的に優先されるからねぇ。
で、その人が名誉教授とか言ったらいくら出来がアレでも突っ込みにくいでしょ。

いや私はこの研究会入ってませんよ。


380 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 10:36:23 ID:iSqtFff1
>で、その人が名誉教授とか言ったらいくら出来がアレでも突っ込みにくいでしょ。
封建ってそんな甘ちゃんなの?

381 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 11:31:17 ID:8IsC0VOM
 ジュリストの「……判例研究会」では査読やっているって聞いたけど。

382 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 13:17:28 ID:i3EZ4PzJ
>377-380
研究会ではさんざん叩かれたが、「何を若い者が・・・」みたいな感じで
そのまま原稿を雑誌編集部に提出したというのが、いちばんありそうなシナリオ。

提出原稿の査読までやっとるかどうかは知らん。
しかし、院生とかの原稿なら指導もありそうだが、他大学の名誉教授の提出原稿に
「あんたの評釈はレベルが低いから雑誌に載せられません」とか言った例とかあるのかね。

383 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 16:13:51 ID:VAR3UHaN
そもそも預託金返還と利用権のどちらを強く保護すべきかというのが
対立すべき価値観で、それ以上の論点はない。

価値観を法的構成でもって正当化するのが法律学者だといわれれば
そうなんだろうけど、そんな理屈のための理屈こねて本当に意味あんのか?
私は預託金の方を重視するからこっちで行くで十分じゃないか。

384 :法の下の名無し:2005/11/13(日) 20:40:11 ID:jSM2qZ3W
そのまえにジュリスト最新号が何で1299なんだよ。と小一時間w
探しちゃったじゃないか。

385 :法の下の名無し:2005/11/15(火) 19:09:28 ID:Sjx1qCKH
神田先生って皇族にまで・・・。

386 :法の下の名無し:2005/11/15(火) 22:34:28 ID:BAh3KmDk
黒田さんの恩師だから、たまたま皇族とつながっちゃったって感じだね。

387 :法の下の名無し:2005/11/15(火) 23:21:07 ID:iUbnxmrM
は?神田がどうしたって?くわしくキボン

388 :法の下の名無し:2005/11/15(火) 23:31:26 ID:613T1rTA
黒田さんの披露宴に出席して、
黒田さんの恩師としてテレビのインタビューに答えていたよ。

でも、黒田さんは40歳ぐらいってことは、
神田先生が30歳ぐらいのときの弟子ってことだよね。
洋行してローエコを吸収してくる前ぐらいかな。

389 :法の下の名無し:2005/11/15(火) 23:32:23 ID:613T1rTA
↑それこそ竹内先生からのバークレーへの誘いを断って、
バージニアに行かせてくださいって懇願した頃。

390 :法の下の名無し:2005/11/15(火) 23:33:26 ID:Q5A2aelY
>>366
なぜに恩師なのか、小一時間(ry
新聞には、民法ゼミに所属したと書いてあったぞ。

391 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 01:34:55 ID:r1mJ6LJY
紀宮さまのご学友としてスピーチしたのは
早稲田の民法の田山教授の娘だが

392 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 02:10:37 ID:9x+J7psh
>竹内先生からのバークレーへの誘いを断って、
>バージニアに行かせてくださいって懇願した頃
へぇ?
神田にもそういう気骨があったんだ?
一応そこが岩原との差になったわけか。

最近のライブドア事件なんか見てると、
>洋行してローエコを吸収
ってのは眉唾モンだが・・・

393 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 07:02:21 ID:aHHI+U/B
今から見れば、
竹内ってダメポなんだね。その正統派後継者=岩原

394 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 10:04:33 ID:n2TrbaLb
昨日、商事法務研究会の創立50周年式典に行って来た。
有名人がいっぱいいて、なんか幸せな気持ちになったよ。

(シンポジウムとパーティで確認できた人)
江頭憲治郎
落合誠一
鎌田薫
久保利英明
小林利治(東芝執行役常務法務部長)
高橋宏志
深山卓也(法務省大臣官房審議官)
星野英一
三ヶ月章
新堂幸治
龍田節
前田庸
才口千晴(最高裁判事)
藤井正雄(元最高裁判事)
千種秀夫(元最高裁判事)
南敏文(東京高裁部総括)

シンポジウムで、深山卓也さんが、立法の際、外国の研究は大事だが、
結論として「日本も同様の制度を設けるべきである」で終わらせずに、
「導入するときに障害となるのは何か、どこをどのように変更すべきか」
まで論じて欲しいと言ってたのは、ちょっと耳に痛かった。

395 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 11:34:33 ID:IrGC+MRv
あなたは研究者?実務家?
そんなパーティー出るというのはすごい人なんですな。

396 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 14:55:22 ID:cU/y3X/y
>>394
最近はどうもイコール=フッティングばっかりに目が行ってて
日本独自の社会的・文化的な背景があまり見られてないような気がする。
もちろん、立法担当者としても考慮してるんだろうけども。

397 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 16:29:26 ID:IrGC+MRv
最近じゃないでしょう。
はるか昔から今に至るまで、「外国ではこうだから日本もうこうすべし」
しかしてこなかった。

もっとも、最近になってようやく日本独自の文化的背景も考慮しようという
動き(刑法の前田雅英の実質的犯罪論、民法の内田貴の関係的契約理論)が出てきたが。

398 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 19:58:02 ID:I6njrnC3
今回の神田先生の行動について、
また来年の学会でアノ人が何か言うのかな。
反体制派だし。

399 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 20:10:31 ID:jPBqch+E
まあ比較法的視点もなしに自国の法を語れないのもまた真理だが

400 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 04:28:51 ID:b/KSs5Tf
比較法的視点w

「私は他国の言語が読めます。研究者として最低限の能力は有してます。」ってやつね。
ある制度の選択の結果を表面的には記述できても、理論/論理的なつながりのないアドホックな議論を展開してるだけじゃないの?

だからこそ、自国の法を語れないのもまた真理
与件の違いがどう影響するかもまともに議論できないんだから。

401 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 11:58:32 ID:80TredYM
まぁそれは言い過ぎだと思うよ。
ただ、専門馬鹿というか、
日本の法律家のやってることは、外国の猿真似に終始していることに異論は少ないだろうよ。
やっぱり舶来崇拝から脱却できないというか、
自虐史観的なものの見方がインテリ、という風潮がいまだに幅をきかせているせいだろう。

402 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 12:26:13 ID:urBmTj+F
×日本の法律家のやってることは、
○日本の法学者のやってることは、

学説と実務の乖離の話は大昔から言われていたことで、今さらあれですが、
今回、解釈論のみならず立法の分野でも、担当者(深山氏)から研究者に
対する不満の声が出ているわけで。

403 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 13:42:08 ID:80TredYM
確かにそうだね。
ただ、猿真似で始めたロースクールのせいで、今後は実務家による影響力がさらに大幅に強まること必至。
机上の妄想に終始してた研究者は淘汰されることになるのは皮肉だね。

404 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 19:21:43 ID:BldrhMyw
現在の日本の法制度そのものが外国のパクリなんだけど。
そのヘン分かってて言ってるのか?

405 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 00:21:59 ID:uiLgi62j
分かってない人いないよ
んな当たり前のことを、鬼の首でもとったかのように言うなwwwww


406 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 06:20:34 ID:Y6tHYiSq
そのわりには「自国の法」とか平気で言っちゃってるお馬鹿さんがいるよね

407 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 09:57:29 ID:r+ZBvtti
>そのわりには「自国の法」とか平気で言っちゃってるお馬鹿さんがいるよね
「自国の法」という程度の言葉をニュートラルに捉えきれない比較法馬鹿がいるw

408 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 10:18:02 ID:x6tX5DjC
現行法が、外国の法律を参考にして(模倣でも、ぱくってでも、インスパイアでもいいが)
作られたことは間違いないが、どこかの一つの国の制度をそのまま持ってきたわけでは
なく、複数の国の法の接ぎ木で作られていること(商法自体、ドイツ法を参考に作られた
ところに、戦後会社法だけ英米法で作り直されたし、フランス法ドイツ法の民法との関係
という問題もある)や、日本裁判所による判決によって独自の解釈がなされてきた点もある
ことを無視することはできない。

もとが外国法だから、研究者は外国法の研究だけやっていればよく、その研究結果が日本
の社会や既存の法制度とどういう影響を及ぼすのかについて無関心でよいという意見で
あれば、世間知らずと言われても仕方ないでしょう。

409 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 13:09:48 ID:xuxOWjLC
「概念」や「理論」は、生み出すより輸入したほうが簡単だから、
そういう意味で外国法の研究もそれなりに意味はあるんでしょう。

それを日本に合わせるためにどうするのか ってのはまた別の問題で。

410 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 13:22:11 ID:1PQ9u5ul
>>409
その別の問題は、誰がするの?
研究者はしなくていいの?

411 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 14:51:06 ID:uvfkj7r9
>>409
そりゃあ研究者がするんだろうね。

俺が言ったのはあくまで、
外国法の研究に意味があるかどうか ってだけのことであって…

412 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 15:19:55 ID:YasO6kra
比較法的視点があるから、法学はかろうじて社会科学たりうる
そうでなきゃ法学は屁理屈と妄想と独善と五十歩百歩の代物にすぎない
まあ外国法の知識を箔付け程度にしか思ってないような奴は猛省すべきだろうが

413 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 15:38:44 ID:1PQ9u5ul
>>412
スレの流れ的には、外国法の研究が役に立たないなんて言ってないと思うが。

外国法の研究の必要性を認めたうえで、そこから「それを日本に合わせるために
どうするのか」まで踏み込んだ議論がなされるべきだっていうだけでしょ。

外国法の研究が役に立たないと言ってない者に対して、
「比較法的視点がなきゃ法学は屁理屈と妄想と独善と五十歩百歩の代物にすぎない」
なんて下品で的はずれなことをいう人に猛省しろと言われても…

414 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 17:35:28 ID:YasO6kra
>>413
箔付け程度に思ってる人以外は猛省する必要はないって文意なんだが

415 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 17:39:36 ID:i9wklQ7s
よくわからんのだが…
法学が社会科学である必要なんてあるのか?

416 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 19:18:02 ID:Tt+zxh1f
必要なかったら、ただの事務処理だがね

417 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 20:52:55 ID:Y6tHYiSq
>>407
>>401とか見ると中立的とはとても思えんな。ウヨもサヨも他所へ行ってくれ。ウザイから。

418 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 21:22:54 ID:oeYRnCMb
401と407は別人だろ
おまえがとっとと失せろよ馬鹿野郎w

419 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 22:19:18 ID:Y6tHYiSq
同じヤツだとは一言も言ってないんだが。
低脳クンは巣に帰ってね。

420 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 22:26:17 ID:YasO6kra
O先生どうしてる?

421 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 09:44:02 ID:GpfNLO8b
今年のO先生の学会での発言。
例年とは異なり、内容的にはかなりマトモなことを言ってた気ガス。
発言の長さ、脱線の仕方は例年並みだがw

422 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 23:00:03 ID:2b0tNsAP
漏れは行かなかったんだが、弁護士バッジ付けてなかった?w

423 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 10:27:40 ID:wM4GFgAF
検索してみた。
おお、なるほど登録してるな。
しかし、同僚が安冨潔、宮澤浩一って、どういう事務所だよ。

424 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 19:13:39 ID:FxHnb3cu
判例集にはまだのってない?

425 :法の下の名無し:2005/12/30(金) 08:31:15 ID:fB6DeUqb
hage

426 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 23:30:36 ID:T8OiceBU
前田庸はいまいずこ?

427 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 09:41:06 ID:6gYAK3XW
あそこの大学院じゃないの?

428 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 10:22:45 ID:BvrjN1zy
晩節を汚してしまったつД`)・゚・。

429 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 12:13:05 ID:Eatldz9o
どこ?

もしかして・・・

430 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 02:33:09 ID:xW+m3/uC
ピタゴラスイッチ出演sage

431 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 15:41:38 ID:rKklJcQr
比較的若手ですが、法政大学の柴田和史教授

432 :法の下の名無し:2006/01/20(金) 00:01:41 ID:GSUX4aWs
旧聞に属しますが・・・

アンチ・ライブドア(勝ち組?)
 河本一郎(元神戸大)
 江頭憲治郎(東大)
 森本滋(京大)
 上村達男(早大)
 森田章(同志社)
 神田秀樹(東大)

プロ・ライブドア(負け組?)
 近藤光男(神戸大)
 州崎博史(京大)
 黒沼悦郎(早大)
 大杉謙一(中央)
 田中亘(成蹊大)

433 :法の下の名無し:2006/01/20(金) 06:16:53 ID:3VZjpCnd
別にライブドアが潰れようが何だろうが商法学者にとっては無関係

434 :法の下の名無し:2006/01/20(金) 06:30:32 ID:kqjOvVwe
そもそもそれって一事件での鑑定意見だけの話じゃん。
アフォですか?

435 :法の下の名無し:2006/01/20(金) 11:34:28 ID:nZprdRkJ
禿げ々。
あの事件で、ライブドアが勝ったのは当たり前だと思う。
今、同じ裁判やってもライブドアが勝つよ。

436 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 20:16:57 ID:KFsncGUH
法学板でホームラン級のバカを見るとは思わなかった。

437 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 02:57:04 ID:n3HbnMjl
商法学者といえば、細緻たる解釈論を展開する大塚龍児先生も欠かせないのでは?


438 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 02:58:31 ID:oMoTbnB+
受験生的には別の大塚先生の方が人気あるみたいだけどね。

439 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 09:39:45 ID:P8qIS6f0
悪意擬制説に関する大塚先生の論文は
目から鱗だった。

440 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 22:48:13 ID:TaZX83c0
受験生に人気の大塚先生ってWセミナーだっけ?

441 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 00:00:58 ID:YYO6Fw6a
刑法の大塚仁もよろしく

442 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 01:23:17 ID:sjyzInt1
大塚先生はいい人だよ
実績不足だけどw

443 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 01:39:03 ID:pHekCMVN
今日から商法学者、授業サボってワイドショーでまくり
特に野村修也、ちょっとマスコミに出すぎ、・・・商法学者のゲッペルス

444 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 10:19:39 ID:4kS5x0UJ
>>443
アノ人、証取もやってたっけ?
会社法ってイメージが強くて。
金融審には入っているけど。

445 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 12:23:15 ID:MC8yCJr0
確かに大塚(龍児)先生の書かれた論文は多くないが、一つ一つが考え抜かれしっかりしている。
おすすめです。

446 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 16:10:28 ID:1edQuS5n
商法なんて東大以外は…

447 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 17:44:19 ID:EcybBLLZ
>>445
シカゴの人もHPで書かれていたけど、
上柳先生も大塚先生も、論文はどれをとってもいいよね。
TVに出る暇あったら、そんな論文書けばいいのに、⇒>>443の人。

448 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 23:33:18 ID:8s6thIPa
>アノ人、証取もやってたっけ?
そういうこと気にしちゃダメポ
マスゴミからすれば、かすりそうな分野でもコメンテータやってくれればそれでOKなんだから

449 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 02:54:32 ID:51WQuw+b
商法学者なら証取法も軽くこなすだろう

450 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 02:58:42 ID:iqkyM7VM
>>445
多い少ないの話は不毛だけど龍ちゃんのは判批も論文的だから
それもカウントすれば少ないとはいえないと思うが。

あやふやで些末なケーザイ論もどきが流行る中で龍ちゃん再評価は
ちょっとふしぎ

451 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 09:39:25 ID:2foDzGrh
>商法学者なら証取法も軽くこなすだろう

アンタ、証取勉強したことあるの?

452 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 11:53:40 ID:IQvW6m//
すみませんが、「シカゴの人」って何ですか?

453 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 23:25:45 ID:1JTVuTLC
>>443の人の業績って、会社法分野だと西ドイツ閉鎖的資本会社くらいしか思い浮かばん…。
でも、保険、海商もやってるしねぇ。

454 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 23:56:39 ID:sMDe+2Z/
>>453
ジャスミン号事件もやってたね。
あと、法セミの連載が長かったとか。

455 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 23:59:32 ID:sOxWP2Zp
>>451
まあでも最近が証取法もやるのが主流だ。少なくとも会社法の人は。

456 :法の下の名無し:2006/01/26(木) 04:50:54 ID:awqSYyIV
野村先生はイケメンだったからテレビが好むんでしょうな。


457 :法の下の名無し:2006/01/26(木) 08:59:52 ID:X0TNV5Ln
それはU先生の事を言っているのかぁぁぁぁ

458 :法の下の名無し:2006/01/26(木) 09:13:17 ID:PF+J463C
U先生の業績って何があったっけ?
岩波の本以外に。

459 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 01:46:45 ID:pgEE9i8r
>>453
MHM法律事務所の弁護士紹介より
 ↓
http://www.mhmjapan.com/home/lawyers/guest/mhm00001192.html



460 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 08:08:23 ID:/5XHXvxu
>>457
同じW大のk沼先生も証取法かつ商法学者でしょ。商法(会社法)自体が最近は
学者のコメントよりも実務家(弁護士その他)の考えを重視し始めているから、
せめて証取法などマーケットに関わるところを研究しないとお呼びがかからなく
なってきているんじゃなかろうか。

461 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 11:36:32 ID:zaqT6ZR3
>>432-435
意見書が出版されてるから読んでみろよ。

さすが権威が揃ってるだけあって、けっこうアンチ・ライブドアの
意見書はよくできてる。早稲田の上村は相変わらずとばしているが、
まさにライブドア摘発後の論調を先取りしてるし、江頭とかすげえ
切れてるぞ。
反ライブドアの学者の意見の大半は、ライブドアの時間外取引の
脱法性などを問題視して、だからその対抗手段として、無茶な増資も
やむをえないという意見。
よって今回の摘発やその後の論調とかなり近いといえる。

それに比べ、プロ・ライブドアの論拠はかなり暴論が多いぞ。
成蹊の田中亘の意見書に対しては河本一郎が激怒してるし、
中央の大杉謙一も事実認定もしないで突っ走ってる。

うちの教授は、ああやって出版されてみんなの目にさらされると、
プロ・ライブドアの教授たち(本流からはずれた人が多いけど)の
研究者生命は危ういんじゃないかとまで言ってた。
プロ・ライブドアの中で圧倒的にまともなのは京大の州崎博史。
これは一見の価値がある。

たまには試験勉強から離れてこういう生の法律論争を読むと刺激になる。



462 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 12:07:03 ID:32vY7Ue1
>>461
でもライブドアが勝ったじゃん。

463 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 13:38:16 ID:0qT57J42
>>「ライブドアの時間外取引の脱法性などを問題視して、だからその対抗手段として、
無茶な増資もやむをえない」

こんな意見がよくできてるのかねえ。それと自分の過去に書いた論文等と一貫性がない
と言われている人もいるし・・・
あと人格を否定する人身攻撃みたいな物言い(誰が書いたかは確認してくれ)も
どうかと思うし。
フジテレビ側の意見書も、書いた人の評価を下げたというのが一般的な見方だと思うよ。


464 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:31:35 ID:8CHZFD/U
時間外取引と新株予約権発行は全く別問題でしょ。
その辺切り分けられないようでは話にならん。

465 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:49:48 ID:GSfOY3Zj
>>464
時間外取引による脱法的な敵対的買収に対して
有事における防衛策としての新株予約権発行。
新株予約権発行の正当性を吟味する上で先の時間外取引は関連すると思うがね。

466 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:53:08 ID:XCdfMIJ0
>>465
防衛策を打つことで時間外取引で被った損害が解消されるの?
その辺を説明してくれ。

467 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:54:41 ID:GSfOY3Zj
>>466
時間外取引で被った損害ってなんだ?

468 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:54:49 ID:XCdfMIJ0
>>461
>成蹊の田中亘の意見書に対しては河本一郎が激怒してるし、

あなたの理屈の前提には、
河本一郎=正しい
田中亘=間違っている
とのロジックがあると思われるが、その根拠は?

469 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:55:29 ID:XCdfMIJ0
>>467
そもそも時間外取引規制って何のために存在するの?

470 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:57:44 ID:XCdfMIJ0
連続カキコスマソ。
このスレ、遡ってみてみると、大塚龍児先生を再評価しているカキコもいるね。
何だかいい感じ。

471 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 16:03:25 ID:GSfOY3Zj
>>469
時間外取引規制ってなんだ?

472 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 16:09:11 ID:PnooSgBF
>>469
>そもそも時間外取引規制って何のために存在するの?
古い馬鹿商法学者の持つクダラナイ公平感のため

時間外取引認めると、それを利用できない一般投資家が多大な被害を受けるんだってw
それはいいとしても、それを既存企業がいぱ〜いやってたときは、ろくに文句も言えないろくでなしが鑑定意見書で騒いでいたんだよね


473 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 16:13:07 ID:GSfOY3Zj
時間外取引は大口投資家(機関投資家など)が大量取引を行う場合に
市場価格の形成に影響を与えかねないために作られたもの。
そして、従来取得量などに規制がなかったのだが、ライブドアの一件で
時間外取引による大量取得に対しても公開買付けの規制を及ぼすべきだというのが今の立法過程だと思うが。

つまり、時間外取引による大量取得には規制がなく、ライブドアは公開買付け規制を潜脱するために
時間外取引を行った。その点が「脱法的」といわれるもの。

そのような脱法的な手段によって買収を行う買収者は被買収企業にとって危険ではないのか。
これがニッポン放送側の主張でもあったはず。

474 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 16:41:47 ID:6agEb00n
>公開買付け規制を潜脱するため
どういう意味で言ってるかが、まさに問題。
もともとおかしなTOB制度作って、それを市場外だの市場内だので論ずることが馬鹿げてた

475 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 16:41:53 ID:EGgiN0Dm
ヲイヲイちょっと論点ずれてないか?

あの事件で問題となったのは,強制公開買付の脱法として使われたことの問題点だろう?
つまり、支配権の移転を伴うような大量の株式の移転がなされる場合に、
少数派にも売却の機会を与えるのが強制公開買付制度だが、時間外取引=市場取引→強制公開買付適用の例外
という前提でライブドアが行った株式取得が問題となった。


ところでニッポン放送事件についてのまともな解説ってある? なんかここでの書き込みと
変わらんレベルの「解説」が多いような気がする。 

476 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 18:23:13 ID:8CHZFD/U
>>475
その通りだけど、強制公開買付制度にも廃止論はあるんだよね。
そもそもなんで支配プレミアムを配分せにゃならんのだとか。

藤田先生が商事法務に書いているね。あれは悪くないと思う。

477 :sage:2006/01/29(日) 23:49:11 ID:0qT57J42
>>476
サンクスです。さっそく図書館で読んでみました。これはこれで結構激烈ですね。
「敵対的買収をめぐ大上段なあるべき論と一緒に大雑把な印象論ばかりが語られ、
判示の抽象的な表現が一人歩きを始めている感がある。」
っていったい誰のこと念頭に置いてるのだろう。
マスコミとかに露出度の多い学者とかのコメントかな。

478 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 00:21:38 ID:HFD6tr6W
さあ

479 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 00:30:57 ID:WHf0iC/a
もし>>476がプロだったら、藤田がどう言ったではなく、Grossman=Hart引用して議論した方がいいんでね?
その程度も、他の連中が持って来れないから、藤田ですごく新鮮ってこともあるけど

でも、>>478がきっとそうであるように、効率性なんて理解できない商法学者がいぱ〜いいそうだよねw

480 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 00:32:00 ID:p3zX2NLF
藤田のローエコは、まだまだ受け入れられてないからな。

481 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 06:34:14 ID:Gqh9/+Fx
>>476
それが主流になるとは到底思えないなあ。まあ、TOBも中途半端だと、結局、売り
への圧力となる可能性があって公平とは言えない面もあるけどね。


482 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 07:17:28 ID:hr3kxrmX
>TOBも中途半端だと、結局、売りへの圧力となる可能性
こういうのは、そのメカニズム説明しないとね。
株式分割で株価が高くなる、とかスゴイ議論好きな人多過ぎだよね。

>公平とは言えない
どういう意味での公平?

483 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 09:37:10 ID:2BURA+hE
>>479
藤田先生のはあくまでライブドアvs.ニッポン放送事件の検討として挙げただけ。
ま、強制公開買付廃止論についても黒沼先生が商事法務に書いている。だいぶ前だけど。

484 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 10:56:11 ID:WT2opeNS
>>461
その出版された意見書のタイトルを教えていただけませんか?

485 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 12:22:37 ID:tAgJJFrj
商亊法務別冊

486 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 12:26:20 ID:p3zX2NLF
>>484
http://www.shojihomu.co.jp/newbooks/5123.html

487 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 22:28:49 ID:o6C5JmAG
461は、自分の大学名を出すなよ。



488 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 04:06:35 ID:2E9t5unL
O先生、必死ですね。

489 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 06:53:26 ID:QRVABMR8
>時間外取引による脱法的な敵対的買収に対して
>有事における防衛策としての新株予約権発行。
仮に脱法的だとしても明確に違法とはいえない時間外取引による敵対的買収に対して、違法な新株予約権発行で対抗しようとした馬鹿な事例だったよね。
ついた弁護士が、総会屋対策専門だったのを思い出した

490 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 08:30:45 ID:fpbpQQEw
問題の根本は、違法な相手に対する防御の可否ではなく、一般株主を巻き込んでいいか。

>>461の要旨が正しい(論文を正確にまとめている)なら、プロ側がものすごい暴論だ。
たぶん間違っているのだろうと思う(信じたい)ので、一次資料を読んで判断した方がいいね。
依頼されて書いていれば、無茶な議論するのも仕方ないということもできるけれども。

>>489のほうがむしろ自然な(当然の)受け止め方。
いくら変なのが出てきたからといって、一般株主に明らかに損害を与える方法で防衛できる
なんて理屈が成り立つはずはない。

491 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 11:52:37 ID:2E9t5unL
>>489-490

O先生、必死ですね。

492 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 16:55:55 ID:UN64qVhf
O先生って誰よ?
少なくとも489は違うよ

493 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 18:14:44 ID:u0RDkGt1
O野

494 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 21:06:34 ID:kV4F+hPp
あ、その人は中小企業しか興味ないから

495 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 23:24:42 ID:wEuI1lbZ
>>461はネタだよな
Coffeeをなぜ出さないのかね?
これ見ると、江頭は馬鹿なのか、それとも意図的にやったのか、疑惑が生ずる。
江頭が馬鹿なわけはないだろうから、意図的にやったのだとすると、曲学阿世の徒ということになるし・・・
そうでないとすると、第一人者とか言われてたけど、それは実体のないものだったということになってしまうしな

あと田中に対する河本の再反論は、中味はともかく、河本の怒る気持ちはわからんでもないけどね。河本からみたら小便小僧みたいな香具師に「ためにする議論」をしたといわれた日にはぶち切れたくもなる罠


496 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 23:33:18 ID:U8QH9qOL
業界の様子はわからないけど、
亘くん、河本に楯突いて、将来危ういなんてこと、ないよね?
知り合いだから、ちょっと心配。

497 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 23:59:53 ID:D+syEUJl
意見書の執筆陣おもしろいね。師匠と弟子,同僚同士が敵味方に分かれて戦ってる。

498 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 00:05:11 ID:RFcxsX15
将来危ういよ

河本を批判するのはいいけど「ためにする議論」とまで言ってはいけない

499 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 02:09:23 ID:72hSpbh0
商事法務賞とってるし、十分認知されてるよ。
次の東大復帰筆頭候補の一人だろう。

そういえば、O野先生が朝日に載っていたのは既出?

500 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 02:09:26 ID:+FQ617gF
こういう事案で鑑定意見頼まれたら、これまでの知識とか見解とは無関係に議論捻じ曲げてでも協力するのか?○頭見てふとオモタ

501 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 02:49:34 ID:bejapurC
>>499
成蹊って、そういうルートだね。落合、藤田。
復帰しなかったけど、谷川久から成蹊の商法って評価高かった。

502 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 03:25:54 ID:eIjNKvLR
その伝統(ルール)がくずれたということか

503 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 06:00:47 ID:jbXU9yrd
みんなすごいなぁ。
商事法務だけで同じくらいの知識得られる?他にいい本ある?

504 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 06:32:45 ID:OtthjSTm
>商事法務だけで同じくらいの知識得られる?
何についての知識?

505 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 10:08:08 ID:G4gMO9sc
脱線ですが、田中論文は完結しそうですか?

506 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 10:25:23 ID:Koa6F54W
谷川久っていつの時代の人よ?

507 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 11:20:04 ID:bejapurC
現役だが
http://64.233.179.104/search?q=cache:LW9OR0cMuZoJ:www.jseinc.org/tomac/commission/chusainin.
asp+%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E4%B9%85+%E6%88%90%E8%B9%8A&hl=ja&ct=clnk&cd=4&client=opera

平成16・17年度海事仲裁委員会仲裁人名簿

150 小島  孝 (神戸大学) 阪神
151 青山 善充 明治大学法科大学院 京浜
152 倉澤康一郎 武蔵工業大学 京浜
153 岩崎 一生 名古屋経済大学 阪神
154 國領 英雄 大阪学院大学 阪神
155 窪田  宏 大阪経済法科大学 阪神
156 川又 良也 大阪国際大学 阪神
157 小林  登 成蹊大学 京浜
158 谷川  久 (成蹊大学) 京浜
159 高桑  昭 成蹊大学大学院法務研究科 京浜
160 落合 誠一 東京大学 京浜
161 江頭憲治郎 東京大学 京浜
162 鴻  常夫 (東京大学)



508 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 11:24:04 ID:bejapurC
http://opac.rikkyo.ac.jp/cgi-bin/exec_cgi/natydet.cgi?CGILANG=japanese&U_CHARSET=euc-jp&ID=DA00492357&BRNUM=11

1929年生まれで今年77歳らしい。


509 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 11:33:02 ID:uDLmfM0v
スゴイな

510 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 11:39:39 ID:cSc+mAJ7
谷川久を知らないとは・・・・・
海商法・商行為法では非常に有名な人。まあこの分野司法試験受験生なんかは
全く知らないから、知名度は低いかもしれないが。
世代としては竹内先生とほぼ同じではなかったかな。

511 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 11:55:42 ID:Ip4dYR69
恥かきついでに、
谷川久って石井系の人or鈴木系の人?
前者ならエロイ人の予感、この年齢の後者ならイラネ予感

512 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 12:15:47 ID:p69iOKjL
石井系だろ。鴻先生の弟弟子か・・・

513 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 14:05:48 ID:LMD3A/PZ
鴻さんももう80過ぎたのか?どうしてるんだろう?

514 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 14:12:13 ID:bejapurC
前に、2chのなんかのスレで年齢調べたら、存命者のうち、いちばん高齢なのが
服部栄三センセで、2番目が鴻だった。

515 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 14:13:14 ID:nwqD96a4
年齢ランキングでもやるかね?

516 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 14:56:42 ID:vWcYBkI9
黒沼が株式分割についてこんなこと書いてますが、
http://www.asahi.com/ad/clients/waseda/opinion/opinion174.html
ってどうよ?

517 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 14:59:19 ID:vWcYBkI9
消えた
http://www.asahi.com/ad/clients/waseda/opinion/opinion174.html

518 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 15:01:05 ID:vWcYBkI9
なぜかわかんないけどまた消えた。スマソ
ttp://www.asahi.com/ad/clients/waseda/opinion/opinion174.html

519 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 16:07:30 ID:FZKoA49g
>>513
お元気ですよ。

520 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 16:26:59 ID:nwqD96a4
>>516
書いていることは至極真っ当ですな。

521 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 19:00:44 ID:jbXU9yrd
>>504
証取法制や会社法制・・・かな。
実際自分がみんなの域にないから、これら法律の概説書よんだり商事法務よむだけで、金融法制が理解できるのか自体わかってないんだけど。
とりあえず、一線で金融法制に携わっている弁護士とか教授とかって商事法務以外によく読まれる本があるのかなぁって。
いずれは企業法を扱う弁護士になりたいんですけど、みんなどの辺で(本のこと)勉強されてるんだろうかと。

522 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 19:23:44 ID:jbXU9yrd
>>516
読んでみた。
で、すんごく基本的な質問で申し訳ないくらいなんだけど、おしえてほすぃ。
@株式分割で株価上昇ってのはうんざりするほどTVで聞いてきたのだけど、なんで実際の株式数が増えて株券が足りないと株価が上昇するのか、その心理がどうしてもわかんない。
この投資家心理を教えてほすぃ。
Aそれと、この現象って電子証券化したらおこらないように見えるのだけど、「株式分割の例だけを見ても、法律制度の構築がいかに難しいかが分かります。」って書いてある。
電子証券化って進めてますよね?いつ完全達成できるかわからないけど、会社法で設立すれば特に発行としないと電子化ですよね(うろ覚えだけど)?
分割による株価上昇はそんな必死になる問題なんですか?




523 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 21:02:39 ID:TBQhy0zw
>分割による株価上昇はそんな必死になる問題なんですか?
黒沼も書いていると思うけど、必死になる問題ではないよ。
分割によってのみ株価上昇なんて起こるわけないから。

>この投資家心理を教えてほすぃ。
分割のタイミングにぶつけて、good newsを意図的に流す、ということがあったとすれば、起こりうる。
つまり、株価にプラスである可能性のある情報がリリースされて、それに反応する投資家が出る。
このタイミングで、急激に株式の供給を絞ることによって、株価上昇の可能性と株式の供給がどの程度絞られたかが正確に理解できていない投資家が殺到して急騰という可能性はある。
でも仮にそうだとすると、あまり永続きする話ではないが、その辺の説明がまだついていないように思う。

524 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 21:30:28 ID:nwqD96a4
導入(あるいは改正)した制度が立法(改正)目的と全く違う使われ方をされる可能性について指摘しているんだよ。

525 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 02:35:07 ID:YH5ZkGXu
>>523
なるほど!じゃあ、分割して需給関係が変動するだけで上がると言うより、むしろ供給量を絞るとグッドニュースの影響力が大きいという方が正しいんですね。
確かに、ささいなニュースで分割前基準1%程度上昇するニュースでも、譲渡制限がかかっていればその影響力が増幅することも理解できなくはないです。
バッドニュースの下落影響力よりグッドニュースの上昇影響力の方が大きいと聞いたことがありますし。
まぁ、でも、後数年もして株券なんてなくなったら、意味不明な現象になるんでしょうね。
教えてくれてどうもありがとうです☆


526 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 04:40:01 ID:CyR6aUtL
>供給量を絞るとグッドニュースの影響力が大きいという方が正しい
ちょっとこれでは足りない。
供給量を絞ったこととグッドニュースの影響力を投資家が適切に把握できていれば、価格形成がおかしくなったりはしないはず。

>バッドニュースの下落影響力よりグッドニュースの上昇影響力の方が大きいと聞いたことがありますし
ホント?あまり合理性のない話だけど、下落は急で、上昇の方が遅いのが普通だと思うけど。

527 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 07:59:37 ID:DkH2rjgf
>>521
金融なんたら、みたいなタイトルついてる法律雑誌読めばいいじゃん

528 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 08:22:50 ID:YH5ZkGXu
>>527
521です
院生(ロー除く)とか一線の弁護士はどんな本読むのかなぁと思って。
あと、これは読むべしみたいなのはあるかなぁと思って。

529 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 14:49:03 ID:B5U8mXfW
商法だったら、
商事法務
国際商事法務
金融・商事判例
金融法務事情
企業会計
ぐらいじゃないかなぁ。


530 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 14:54:19 ID:iWcWQGgb
>>529
銀行法務21
金融財政事情
NBL

漏れ多すぎ。院生(ロー除く)とか一線の弁護士でも学者でもないだろ。
それと、企業会計は会計雑誌で法律雑誌じゃないぞ。

531 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 16:41:08 ID:B5U8mXfW
そんなのよりは企業会計の方がずっと重要ですな。

532 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 19:59:19 ID:YH5ZkGXu
521=527です。
ほんとありがとうございますm(__)m保存しておきました。
感謝です☆

533 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 21:19:29 ID:pLewV9A/
O先生、必死ですねwwww



534 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 07:11:33 ID:92lpeVln
O先生の理論は今度の会社法に反映されたのでしょうか

535 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 08:20:54 ID:T1iKuwxo
理論と呼べるようなものはありません。

536 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 13:20:33 ID:fT6FruOs
ネット好きのO先生といえば・・・

最近、やたらこのスレが伸びてるのもそのせいか?

537 :481:2006/02/03(金) 15:24:30 ID:QMFXVM7L
>>482
遅レスすまん。
つまり、TOBにより、応じなかった者がどうなるかという問題を考えた場合に、
結局、応じないとその株の流動性がなくなることから不利になる状況があれば、
結局、TOBの条件いかんに関わらず、TOB応じる以外にあまり選択肢がなくなる
可能性がある。これをどうするか、ということで英国=欧州型のように、TOBに
よる買収成立後は、残りの株を全て買取る義務を課すという考えがあり得る。
その買取価格を当初TOBと同じとすれば、少なくとも買取られる者にとって
不平等とは言えない。
一方、どうしてもその株を保持していたいという者にとっては、強制買取は
財産権の侵害とう話もある。

538 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 07:06:57 ID:/eiMjEAM
>>500のレスってまさかO先生?

539 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 22:57:56 ID:3W8AEGMs
スレが止まったのは,やはりO先生という指摘が正しかったからか・・・

540 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 23:35:20 ID:AjUH7FbE
O先生も少しお時間ができたようですし、もう少しお付き合いいただけると
嬉しいのですが・・・。

541 :法の下の名無し:2006/02/06(月) 11:35:18 ID:/i7LMAUD
ネット好きだったら2chがIP取ってることくらい知ってそうなものだが。

このスレが唐突に伸び出したのは>>432 や >>461 あたりから。

気に障った誰かが頑張ったのだろうか?

542 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 10:53:59 ID:dE0VjVfF
超一流の釣り師だったんだろう。

543 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 18:08:15 ID:OCmzSE3n
神崎克郎先生追悼あげ

544 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 20:37:35 ID:A2o+VTGW
>>543
本当?ソースきぼんぬ。

545 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 21:01:23 ID:5LFUt3hO
証券取引法の本出たところだよね。

546 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 21:06:06 ID:JilDknDk
★ 日本終了のお知らせ ★

   悪法電気用品安全法

4月からPSEマークの無い電気製品(新品・中古)の販売が禁止されます!!
2001年以前の製品の大半にはPSEマークはありません。それ以降の製品でも
マークの無いものがあります。
電気製品の買い替えでPSEマークの無い古い製品の下取りが出来なくなり ますし、
中古店でも買取してもらえなくなります。

これは個人だけでなく、中小・零細企業や個人経営にも適用されます。
PSEマークのない電気製品が2006年4月から販売禁止=価値0円になってしまいます。

今後オークションの売買も制限されてしまうかもしれません。
また、今後販売される電化製品には車検制度のように一定の期間で点検を行わなくては
いけなくなり、点検をしない場合は製品が使えなくなるようにタイマー機能が付けられるという
案も出ています。

この法律は検査機関の財団や法人を作り、新たな天下り先を確保するための悪法といわざるを得ません。

国民のほとんどはこの法律をまだ知らずにいるのです。
この法律について、少しでも議論の場を!!

まとめサイト
http://www8.atwiki.jp/denkianzen/


547 :法の下の名無し:2006/03/01(水) 11:44:41 ID:Rb+KKNzB
東北の森田先生、vipper確定wwwwww
2/19のエントリwwwwwwちょwwwwwwwwwwwwwおまwwwwwっうえwwwwwwww

548 :法の下の名無し:2006/03/05(日) 10:25:01 ID:FaNAhhR8
もうだめぽ

549 :法の下の名無し:2006/03/06(月) 23:30:54 ID:O6cQxRB+
22日のエントリもなかなかw

550 :法の下の名無し:2006/03/07(火) 19:57:17 ID:PJjIgVGC
明治の弥永真生かな

551 :法の下の名無し:2006/03/12(日) 09:10:33 ID:kprirLwe
>>547
この人の民商に載ってた論文って何の意味があるの?

552 :法の下の名無し:2006/03/12(日) 10:01:53 ID:X8IWI6G6
>>551
( ',_ゝ`)プッ

553 :法の下の名無し:2006/03/13(月) 08:17:18 ID:6VVqibp6
いやほんとにわかんないんだけど

554 :法の下の名無し:2006/03/13(月) 20:06:02 ID:4iC/N76A
森田のどの論文?
security designのだったら、そりゃ法学部卒の大部分にはわからんでも仕方ないわ
商法学者の大部分は「こいつ気が狂ったんじゃないか」って思ってるだけだから。
ホントは、そいつらが勉強不足かアタマ足らん時代遅れな香具師なんだけど・・・

ちなみに、
「株式は、ロング・コール」
「社債は、ショート・プットを含むポジション」
と聞いて、抵抗が無ければその先頑張ってみてもいいんじゃないかな
(とはいっても、かなり長い道のりになるけどね)

555 :法の下の名無し:2006/03/13(月) 20:52:34 ID:6VVqibp6
一番最近のだと思うんだけど、パブリック・コメントに関するヤツ。
データセット組んでって手法は思いっきり経済学のそれなんだけど、
法務省の担当者なんて範囲も狭いしごく少数なんだから
あんなやり方で行動パターンなんて割り出すよりも直接聞いた方が
早いんじゃないかしらんとか思った。
機関投資家の株主権行使とかでああいう手法を用いるならまだ理解できるんだけど。

勘違いしているのは自分の方ですか?

556 :法の下の名無し:2006/03/13(月) 21:56:18 ID:ZZ3jX4j+
>>555
security designの関係なくてスマソ
パブリック・コメントのやつはまったくあたりがないので勝手なこと書くけど、
政策当局が情報がないのでそれをパブリック・コメントを通じてrevealさせる、って話?

などと勝手なこと言っても仕方ないので、ちょっと暇ができたら読んでみます。そのとき、また、教えてください。

557 :法の下の名無し:2006/03/14(火) 00:58:05 ID:QwViOA1x
岩原紳作教授(商法)が日本学士院賞を受賞されました

http://www.japan-acad.go.jp/japanese/news.htm

558 :法の下の名無し:2006/03/14(火) 12:35:07 ID:lExa6ZHO
岩紳は、鈴村さんと同時受賞して恥ずかしくないような仕事をしてきたんだろうか?

559 :法の下の名無し:2006/03/15(水) 18:57:25 ID:8JJEeAXJ
東北大学助教授 松井智予
http://www.law.tohoku.ac.jp/faculty/lecture/img/5.jpg

560 :憲法不学者:2006/03/15(水) 22:28:57 ID:1kDLLTA4
メスだったのか…

561 :法の下の名無し:2006/03/15(水) 23:10:39 ID:n6TN+B5g
>>559
ついに画像キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!
噂どおりの(;´Д`)ハァハァ…

562 :法の下の名無し:2006/03/16(木) 07:23:27 ID:u2dOJcW0
去年私法学会で報告してたじゃん
それにそんな対して可愛(ry

563 :法の下の名無し:2006/03/16(木) 09:16:56 ID:XjsnKu6b
>>561-2
私法学会のときの方が可愛かったとオモタが。

564 :法の下の名無し:2006/03/16(木) 12:31:33 ID:XNWVjDpo
美醜なんて好みの問題
研究者なら論文で評価汁

565 :法の下の名無し:2006/03/16(木) 20:04:08 ID:w3ZDrvUo
やっぱり松井先生と齊藤先生とは対立関係にあるのかな。
研究テーマも年齢も近いし。

566 ::2006/03/16(木) 20:28:07 ID:nhTB2+xl
111

567 :法の下の名無し:2006/03/22(水) 21:27:56 ID:8dvBWXbG
【三冠王】弥永真生【商法学者】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1142592249/

568 :法の下の名無し:2006/03/26(日) 04:52:17 ID:FXYadt0q
>>555
パラパラッと読んだ感想ですが、
>一番最近のだと思うんだけど、パブリック・コメントに関するヤツ。
>データセット組んでって手法は思いっきり経済学のそれなんだけど、
最近のローエコって、やっぱ相当実証(emprical test)に流れてるんですかね?経済学の伝統に従っているという印象は受けなかった(仮説のところをもう少し理論的につっこんでほしい。逆に、実証結果の解釈がダラダラし過ぎ)。

>法務省の担当者なんて範囲も狭いしごく少数なんだから
>あんなやり方で行動パターンなんて割り出すよりも直接聞いた方が
>早いんじゃないかしらんとか思った。
規制当局の人間に聞いたところで、それがホントとはいえないので、直接聞いたところで無意味。
規制当局の目的関数を明らかにしようとする意味では、いい方法だと思う。ただ、だからこそ、なんで論文タイトルをあんな風にしたのかが???

あと内容関係ないけど、参考文献の引用スタイルは法学もこれにした方がいいよね

569 :法の下の名無し:2006/03/31(金) 08:00:51 ID:UOjEJPSS
新法施行前夜ともいうべきこの時期に元気ねぇな、皆の衆

570 :法の下の名無し:2006/03/31(金) 08:28:01 ID:9gRA+iuz
講義の準備うぜぇぇぇぇ

571 :法の下の名無し:2006/03/31(金) 08:57:01 ID:LQkqKUCL
↑まじめに講義汁!
かわいい学生wが待ってるだろ

572 :法の下の名無し:2006/03/32(土) 09:21:47 ID:Wm59W26x
会社法の講義は毎年準備しなきゃならんだろうから大変だろうな
給料のうちとはいえ

573 :法の下の名無し:2006/04/02(日) 18:23:14 ID:9ZVsKU4i
森田果の留学先ってどこ?
藤田に主流派の匂いがするのに比べ、森田には非主流派の匂いがする。

574 :法の下の名無し:2006/04/02(日) 23:13:34 ID:3vunECLj
>>573
blog嫁。

575 :法の下の名無し:2006/04/03(月) 08:13:43 ID:QNNFhpR9
>>572
じゃ、おまいは毎年毎年講義案を改訂しないのかよ。

576 :法の下の名無し:2006/04/03(月) 11:34:13 ID:sHwyd9H6
他の科目なら会社法ほどめんどくはないかと

577 :法の下の名無し:2006/04/16(日) 11:49:26 ID:6S2hx351
清瀬信次郎氏死去/亜細亜大名誉教授
 清瀬信次郎氏(きよせ・しんじろう=亜細亜大名誉教授、商法)10日午前8時46分、
肝硬変のため東京都港区の病院で死去、78歳。兵庫県出身。自宅は東京都千代田区平河町2の4の7。
葬儀・告別式は16日午前10時から東京都渋谷区西原2の42の1、代々幡斎場で。
喪主は弟義三郎(ぎさぶろう)氏。
http://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20060411000345
http://www.asia-u.ac.jp/koho/news/2006-04/2006-04-12fuho.html

578 :法の下の名無し:2006/04/16(日) 15:11:02 ID:Mq5GPyfT
この先生の論文読んだこと無い・・・

579 :法の下の名無し:2006/04/16(日) 23:37:12 ID:FnKIiEKk
>>577
この先生って、東京裁判で東条英機の弁護人をやった
清瀬一郎の息子だよね。合掌。

580 :法の下の名無し:2006/04/19(水) 07:56:48 ID:xXZjKJxr
クソウヨかよ

581 :法の下の名無し:2006/05/27(土) 00:14:16 ID:jyBIc4g/
郵政民営化懇談会に野村が入ったらしいけど、
そんなことやるのは商法学者の仕事かね?

582 :法の下の名無し:2006/05/27(土) 00:47:06 ID:NK/lgpnC
刑事政策の藤本も野村も小泉の子飼いの便利屋だな。
あまり切れ物だと手におえないから、適当な奴を選んでるんだな。
まあの学者には名誉な仕事だろうが、あいつらが設計した法制度だと
日本の将来は真っ暗だな。

583 :法の下の名無し:2006/05/27(土) 09:53:24 ID:aEEgyj1N
>>582
コンプ乙。

584 :名無し:2006/06/01(木) 17:33:54 ID:z2+emiUT
>582
郵政民営化って、株式会社を設立(公社を株式会社化)した後に、
その会社を新設分割して持株会社化するんじゃなかったっけ?
しかも、その新設会社が銀行法と保険業法の適用対象に加わるって
話なんだから、商法学者が関与しない方が、かえって不自然なん
じゃないの?

>582
郵政民営化委員会って、法律を作る会議じゃないだろ。郵政民営化法は、
昨年の解散総選挙の直後に成立してるよ。


585 :法の下の名無し:2006/06/05(月) 21:12:42 ID:A2zJQPOy
今日は野村イケメン修也がテレビに出まくっています

586 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 00:53:28 ID:sABRCwJw
>>584
忘れてたorz
で、組織再編に詳しい+銀行法に詳しい+保険業法に詳しいって
ことで、入ったわけか。
で、それぞれの分野に詳しい学者は他にもいるだろ、
って突っ込みは無しってことですね。

587 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 00:55:16 ID:sABRCwJw
例えば、組織再編法を作る際に東大から民事局へ出向経過あり、
さらに、法学で金融規制についての論文を書き終えた
>>559の方とか。

588 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 01:19:49 ID:LIRKuMvJ
野村氏は学生時代、ウェーバーだかマルクスだか、そういった方面に
入れ込んでいたという話をどこかで読んだが、今は純ちゃんの
子分なんでつかね。僕は深読みして、戦略的に権力に取り入ってると
穿ってるんでつよ。

589 :名無し:2006/06/07(水) 01:45:01 ID:kTvBJ5B8
森・濱田松本のHPを見て分かったこと
 ↓
野村は、1998年の金融監督庁発足日から現在に至るまでの8年間、
非常勤職員(当初は参事、今は顧問)として金融行政(検査?)
に関わっている。

りそな銀行や足利銀行の破綻処理の時は、金融問題タスクフォースの
メンバーとして、経営監視にも参加している。

郵政民営化委員会って制度を設計する審議会じゃなくて、民営化の
プロセスを監視する実務家集団でしょ。結構ふさわしい気もするが。



590 :名無し:2006/06/11(日) 01:43:41 ID:ovKyjXQb
>589
知力より体力とかって言ってやれば、
>581、>582、>586、>587のような
コンプの塊みたいな香具師は満足するんじゃねーの。

客観的に見れば、どっちの言い分が正しいかは、
誰の目からも明らかなんだから。


591 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 20:18:54 ID:Vvnkou/6
必死杉

592 :法の下の名無し:2006/06/19(月) 21:54:50 ID:ofDyzMCk
灯台の神田の本に寄稿してた尾崎ってのはなかなかいい考えしてた。
流れぶった切りスマソ

593 :法の下の名無し:2006/06/21(水) 07:04:42 ID:kY6AlB6w
>>592
早稲田の?
それはどこで読めますか?

594 :法の下の名無し:2006/06/21(水) 21:48:45 ID:RyzJ5oG6
前田庸先生はレック辞めてどちらへ?

595 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 00:35:37 ID:t2UF9SkR
WのO崎はなかなか切れ者だけど同門の兄弟子にU村がいるから目立たないな

596 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 10:05:24 ID:21ubYd8a
U村は実力よりも営業が上手いからね。

597 :法の下の名無し:2006/06/25(日) 04:43:42 ID:tLLLqbJd
今の言動からすると、デビュー論文からして営業力だけだったとしか思えんからな

598 :法の下の名無し:2006/06/25(日) 09:49:48 ID:E8a02fl/
論文と言っても同じことを何回も書いているだけだしね。
数年前の学会で司会の神田先生も言ってたしね
「公開会社法といえばU村先生」って。

599 :法の下の名無し:2006/06/25(日) 17:13:31 ID:4/uJWO2X
そしてまたO野先生の話題になるわけだ

600 :法の下の名無し:2006/06/25(日) 18:03:57 ID:YTj8RSeD
死んだって本当?

601 :法の下の名無し:2006/06/25(日) 22:13:22 ID:qtoZRQ5o
>>600
誰が?

602 :法の下の名無し:2006/06/26(月) 01:08:37 ID:F6gPsD0M
>論文と言っても同じことを何回も書いているだけだしね。
論文といえる代物ならよしとするが、・・・

603 :法の下の名無し:2006/06/28(水) 04:11:35 ID:RB1N2FCA
それでもO島よりかはマシ

604 :法の下の名無し:2006/07/13(木) 16:42:30 ID:syhUHxsI

【社会】早大・松本教授、バイオ企業と2484万架空取引疑い [07/12/2006]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152771082/l50

□早大・松本教授、バイオ企業と2484万架空取引疑い [07/12/2006]

 早稲田大学の松本和子教授による研究費不正受給問題を調べてきた早大の調査委員会
(委員長=田山輝明・副総長)は12日、不正受給についての最終報告を発表した。
その中で、調査委は、松本教授が非常勤取締役を務めていたバイオ関連企業との間で、
2484万円に及ぶ架空の取引があった疑いが高いと結論づけた。

 これを受けて早大は、すでに不正受給が確認されている架空のアルバイト料1472万円を含め、
計約4000万円を国に返還する考えを明らかにした。
 調査委の調べによると、2001〜03年度の間、このバイオ関連企業と早大との間で交わされた取引の総額は、
実験に使う試薬などの購入を中心に7391万円。その大半が文部科学省の科学技術振興調整費などの国費で
賄われた。

 このうち、約5000万円分についての取引は問題がなかったものの、疑惑がもたれてきた2484万円については、
早大に処理伝票が残されていただけで、バイオ関連企業の発注に基づいて納品の実務を担当した業者の手元に
納入伝票さえ存在しなかったという。
 また、このバイオ関連企業が01年度から2年間、寄付講座を開設するために行った同大への寄付金の総額は
2250万円で、架空請求の疑いありと今回認定された2484万円と極めて近い金額であることから、調査委は、
不正受給した資金の大半が寄付講座として還流された可能性があると指摘した。松本教授は02年6月から04年2月まで
この企業の取締役を務めていた。(後略)
(引用元配信記事)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060712i513.htm 
関連記事(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060713-00000003-mai-soci



605 :法の下の名無し:2006/07/13(木) 20:28:28 ID:aaOw5gY6
http://www.seibundoh.co.jp/book_s/book.cgi?Isbn=ISBN4-7923-2483-1
m9(^Д^)プギャー!!

606 :法の下の名無し:2006/07/21(金) 22:44:03 ID:2b9a4IhM
エガちゃん

607 :法の下の名無し:2006/08/24(木) 20:06:40 ID:q2LGQl+a
明日は私法学会シンポジウム資料が出るからage

608 :法の下の名無し:2006/08/27(日) 10:42:08 ID:99J9mWiS
今年も私法学会ではIとOが吠えるんだろうなw

609 :にーちぇい:2006/08/27(日) 12:07:01 ID:OSFfDi/a
いりもしない不要なダムを血税で作って、その土建業界に
天下りする農水官僚を背任罪、横領罪で訴えよう。

この行為は国民に対する著しい背任行為である。



610 :法の下の名無し:2006/08/28(月) 09:15:59 ID:d7OVZWZu
あげ

611 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 18:46:04 ID:4ADUxgGF
えがしらwwww

612 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 18:48:07 ID:df6I6tLz
株式会社法を読みましたが
江頭センセは会社法研究の第一線から身を引かれたようですね

613 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 01:46:18 ID:spwaY+wi
中身よりもあの以前よりツルツルになった表紙が気になった

614 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 22:26:07 ID:ahAQEtt7
今度の私法学会のシンポジウムは期待できそうな感じ。

615 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 09:36:59 ID:0BJ0tDXm
神田先生、FM出演age

616 :法の下の名無し:2006/09/11(月) 23:30:36 ID:q/wDJCpN
>>614
関西系が一人もいないんだけど。
会場が関西のクセに。

617 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 14:59:32 ID:kIlkcVaV
>>615
最近マスコミに出たがっている雰囲気があるね。K先生。
自分の喋りがつまらないって事に、いつ気が付くんだろう

618 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 21:31:55 ID:sky2rA/1
江頭、期待を裏切りすぎ

619 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 10:19:25 ID:4sC9SSiF
私法学会どうでした?

620 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 17:29:45 ID:+YMsDt9e
今年はかなりお腹一杯

621 :法の下の名無し:2006/10/12(木) 23:39:47 ID:cN06OOhQ
>>608
今年はどうでしたか?

622 :法の下の名無し:2006/10/13(金) 09:44:28 ID:uTIRocW3
>>621
質問者はIとOとM(D大)の3人でほぼ固定
IはY先生に、OはI先生とS先生(T門下であることを強調)に噛み付いていたよ。

623 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 13:01:39 ID:+101oGY1
>>622
2時から5時までその3人でやっとったの?(呆)
午前中の口頭報告がかなり面白かったのに、午後、はずせない用事があった
もんで、そのまま泣く泣く帰ったんだけど、泣く必要はなかったですか…。

624 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 13:22:19 ID:1wkmnvxc
スカンジナビアではよくあること

625 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 16:57:46 ID:FN3Kl+Ug
複数回はこれに加えてA(O大=H大)かな。

Y(O大=H大)とM(F大)、あと実務家?の3氏の質問があった。
法制審議会メンバー(と思う人。上記の人はメンバーではないよね?)からの質問は一個もなかった。
だからああなったんかな。

いつになく悲惨だった。どんな目的のシンポジウムだったんだろう。

626 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 17:26:27 ID:LQddjqIB
U先生は来てなかったの?

627 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 20:54:25 ID:Pdi2OROS
報告者がいないから個別報告もスカスカで
学会の形骸化が進行中

628 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 23:39:21 ID:Wv8svCeQ
>>625
A先生は個別報告・シンポジウムどっちでも質問が多いよね。
個別報告の司会の時の発言はワロタが。

>>625
N先生に質問していた実務家さんって、前の日弁連の会長さんだよね?

629 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 23:44:22 ID:Wv8svCeQ
>>623
噛み付きやすい報告内容に噛み付く、って動向だったと思う。
報告内容について質問するのではなく、報告内容に関連することを聞く人が多かった。
特にF先生プロパーの質問はゼロ。
なので、I先生への質問をF先生も答える、って感じだった。

630 :623:2006/10/15(日) 00:15:43 ID:KeS+RtpJ
おお、いろいろ情報が。皆さん、ありがとうございます。
結論としては、午後のセッションから得るものは少なかったという
ことでしょうか。個人的には安心しましたが、会員としては(って
そういえば会費滞納してるな)今後が心配ですね。昔はもうちょっと
ちゃんとディスカッションできていたと思うんですが。
O先生は、まあ、なんと言いますか、ずっとあの調子ですけど。


631 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 00:27:10 ID:p9Sw0QlQ
言うまでもなく質問をする側には問題があるが
報告者も揚げ足をとられまいと政治家のような
答弁を繰り返しているような気がするけどな

632 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 11:04:47 ID:buejRbEx
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160395561/

633 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 20:04:21 ID:Og88c4np
質問者も本気で議論する積りはなく、
自分の意見に対して同意を求めるだけなんだから。

634 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 14:17:34 ID:pfgJelCM
大事なのは論文だから

635 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 20:12:34 ID:z5+L2rb3
商法に学閥はあっても学会はない
あることにはなっているが

636 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 21:40:16 ID:vgTp3G3h
質問というより自己顕示だろう。弁論といったほうがいいかもしれない。

637 :初心者:2006/10/20(金) 19:53:35 ID:samATZ0/
商法学者といえば、稲葉先生、上村先生、大野先生を思い浮かべる私は
異常だと言われたのですが・・・

638 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 22:19:53 ID:o8e1vi2j
つーか他の先生が目立たなすぎ

639 :法の下の名無し:2006/10/21(土) 10:22:18 ID:xs38CLPz
何となく酒巻古稀を読んでいたら
O野が今年の学会での発言と同じことを書いていた。

何となく大小区分立法のときの意見書を読んでいたら
I葉が弥永先生に噛み付いていたときと同じことを書いていた。

640 :法の下の名無し:2006/10/21(土) 10:22:59 ID:xs38CLPz
H玉VSI葉の直接対決を見たかった。

641 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 07:46:57 ID:mc3j9ATQ
D大の○田先生もかなりアレですねー。

642 :法の下の名無し:2006/10/25(水) 22:39:24 ID:IHBLPLir
江頭の講義は分かりにくい

643 :法の下の名無し:2006/10/25(水) 23:36:29 ID:cmylOGNA
>>641
去年の学会の段取りに比べれば、今年は何とも無いよ

644 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 07:27:18 ID:KAfR0Y0/
でも去年は質問者の発言を制限しておきながら、自分は好き勝手に質問するんだもんなー

645 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 09:29:37 ID:vKRh5UKj
>>644
Y下先生へのコメントへの解答も解答になってなかったし。

646 :法の下の名無し:2006/11/04(土) 05:17:39 ID:ljNoZ7Mo
シカゴのシトが叱られてた

647 :法の下の名無し:2006/11/06(月) 15:02:36 ID:Iw4+dqjH
証券取引法のスレは何処へいった?

648 :法の下の名無し:2006/11/07(火) 00:42:58 ID:QbhzvqVm
まだあるよ

証券取引法スレッド
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093011247/

649 :法の下の名無し:2006/11/08(水) 16:40:39 ID:PWtkpRzm
ごめん見逃してた

650 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 00:07:21 ID:5p1V4D3O
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
駅帝 ・・・ 森田・吉原(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 上村(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・ 弥永(筑波)、永井(中央)、大杉(同志社)、中村(立命館)


651 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 00:50:43 ID:YZffHZoF
つ浜田

652 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 09:42:11 ID:kYjYSZGI
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
駅帝 ・・・ 吉原・森田・松井(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊・加藤(神戸)
早慶 ・・・ 黒沼・岸田(早稲田)
その他 ・・・ 大野(筑波)、永井、大杉(中央)、中村(立命館)

修正

653 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 09:42:51 ID:kYjYSZGI
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
駅帝 ・・・ 吉原・森田・松井(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊・加藤(神戸)
早慶 ・・・ 稲葉・黒沼・岸田(早稲田)
その他 ・・・ 大野(筑波)、永井、大杉(中央)、中村(立命館)

再修正

654 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 10:38:34 ID:Zpzuelmb
東大 ・・・ 江頭・神田・藤田・落合・岩原・山下・神作
京大 ・・・ 森本・前田・洲崎・北村
駅帝 ・・・ 吉原・森田・松井(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊・加藤(神戸) 、川村(一橋)
早慶 ・・・ 上村・稲葉・黒沼・岸田(早稲田)
その他 ・・・ 弥永(筑波)、永井・大杉・野村(中央)

江頭・落合は今年限り

655 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 15:34:06 ID:6Te+VQsA
>江頭・落合は今年限り
お二人は来年何処へ?

656 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 19:54:29 ID:s8fw982H
>>655
江頭はネットで調べればすぐに分かる。蝶ネクタイの民訴の先生も。

657 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 22:12:55 ID:Zpzuelmb
忘れてた。稲葉先生も今年で終わりのはず。

658 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 23:21:38 ID:kuhjJsPP
東大 ・・・ 江頭・神田・藤田・落合・岩原・山下・神作
京大 ・・・ 森本・前田・洲崎・北村・斉藤
駅帝 ・・・ 吉原・森田・松井(東北)、林・大塚(北大)、浜田(名大)
旧商 ・・・ 近藤・榊・加藤(神戸) 、川村・野田(一橋)
早慶 ・・・ 上村・稲葉・黒沼・岸田(早稲田)
その他 ・・・ 弥永(筑波)、永井・大杉・野村(中央)、森田(同志社)


659 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 14:42:09 ID:5sR3eGwk
マイナーな成蹊だけど、宍戸(成蹊)、田中(成蹊)も有力。

660 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 18:20:46 ID:NGaoFZR/
成蹊はマイナーではないような・・・・
落合(東大)、藤田(東大)も成蹊にいたよね。

661 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 20:23:37 ID:AgM+7kwS
あそこは東大の植民地1番手だから。学習院もそう。

662 :法の下の名無し:2006/11/18(土) 10:05:42 ID:VITfgtgg
東大 ・・・ 江頭・神田・藤田・落合・岩原・山下・神作
京大 ・・・ 森本・前田・洲崎・北村・斉藤
駅帝 ・・・ 吉原・森田・松井(東北)、林・大塚(北大)、浜田(名大)
旧商 ・・・ 近藤・榊・加藤(神戸) 、川村・野田(一橋)
早慶 ・・・ 上村・稲葉・黒沼・岸田(早稲田)
その他 ・・・ 弥永(筑波)、永井・大杉・野村(中央)、森田(同志社)
        宍戸、田中(成蹊)

663 :法の下の名無し:2006/11/18(土) 11:19:19 ID:JmXwWEMT
志谷、川口の神崎・証取ファミリーやM&Aの中東も当然、ここいらに入れるべきでは?

664 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 00:15:33 ID:jzXHVHAX
おいおい、出口正義を忘れてるだろ

665 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 12:36:45 ID:5uC0DcAZ
イラネ

666 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 22:55:38 ID:YMlCWgxn
>>664
出口先生を入れるぐらいなら同じ大学の大ry

667 :法の下の名無し:2006/11/24(金) 03:01:06 ID:bq6R2B9/
名前の系統似てるねぇ。偶然だろうけど。

668 :法の下の名無し:2006/11/28(火) 19:06:04 ID:r+vZykVt
江頭さんは早稲田だよ
来年からゼミも始まる

669 :資本多数決:2006/12/27(水) 22:31:57 ID:6kuvuBq6
河本一郎さんのその後の流れを訓えて下さい。

670 :法の下の名無し:2006/12/30(土) 22:26:36 ID:a6ivOa5j
江頭ほど講義がダメなヤツも珍しい

671 :法の下の名無し:2006/12/31(日) 15:31:13 ID:WBe9tO5H
分からん奴には何やっても分からんからな
それでOK

672 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 07:32:49 ID:e+L6Hdly
もりたさんのblogを見たんですが、この人、面白い人ですね。ニュータイプ?

673 :法の下の名無し:2007/01/21(日) 13:05:00 ID:lqckqnZ4
精神的に未熟なだけ

674 :法の下の名無し:2007/01/21(日) 16:59:32 ID:dnL4+zAH
思わずふき出してしまった

675 :法の下の名無し:2007/01/30(火) 02:16:28 ID:diTQvQ+V
江頭2時50分

153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)