5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

首都大の前田雅英

1 :法の下の名無し:04/10/27 09:41:17 ID:SbSIfqS/
刑法学者といえば。

2 :法の下の名無し:04/10/27 12:34:41 ID:vlN4II1y
masahide,gohanyo-

3 :法の下の名無し:04/10/27 16:36:42 ID:cTk3xLoq
数年後には新大学の学長になるとか…

4 :法の下の名無し:04/10/27 16:55:52 ID:RuZ28flS
最高裁判事のポストを狙っているのか

5 :法の下の名無し:04/10/27 21:08:30 ID:qOVyUX5e
【刑法】前田雅英【防犯カメラ】
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1094522576/l50

6 :法の下の名無し:04/10/29 17:56:54 ID:gZxS5Cue
故意とは、一般人ならその罪の違法性を意識しうる程度の犯罪事実の認識。

7 :法の下の名無し:04/10/29 19:38:14 ID:yryO288m
林幹人に「教授の故意論の混乱の原因は・・・」と言われたほどの適当な体系。

8 :法の下の名無し:04/11/02 02:47:52 ID:/ZLLXGDr
判例や他人の学説の分析・評価は緻密にやるのに、
自説の論証は適当。なぜ?

9 :法の下の名無し:04/11/03 17:45:13 ID:27WvvlRY
法学部長なのに法学部生の公開質問書とか完全無視

10 :法の下の名無し:04/11/03 18:29:48 ID:8jonwlIV
>>4
人望ないから無理。

11 :法の下の名無し:04/11/06 07:55:34 ID:r1/EXdvK
http://campus.milkcafe.net/test/read.cgi/toritu/1086145840/
前田雅英なスレ

12 :法の下の名無し:04/11/08 10:16:15 ID:AutqQwmr
http://campus.milkcafe.net/test/read.cgi/toritu/1094141244/
首都大の法、評判悪いねぇ

13 :法の下の名無し:04/11/08 11:16:23 ID:RqNhrm6m
>>12
自作自演おつかれさま>kubidai.comのひと

すごく重大な虚偽があるね、kubidai.comの「崩壊」。

すでに着任してる人や、4月からの着任が既に決まっている人が書いていない。
ローのホームペーじみればすぐ分かる。

14 :法の下の名無し:04/11/10 02:43:47 ID:hQ5KPXsE
 学者としてはいろんなところから馬鹿にされているのに、
 受験生の間で広く流布しているのはどうしてなの?

15 :法の下の名無し:04/11/10 06:49:03 ID:9ZvvSSHI
馬鹿にされるのは相手にされている証拠で,相手にすらされていない紀要論文をせこせこ書いてる奴の方が圧倒的に多いのだよ。

16 :法の下の名無し:04/11/10 07:25:47 ID:Djcd7EJ5
13は都立大前田派院生

17 :法の下の名無し:04/11/10 07:59:39 ID:0MNUVmJx
で、学長どうよ。

18 :法の下の名無し:04/11/10 08:16:45 ID:dXb9G18z
>>14
結論が判例だから(判例理論ではない)。



19 :法の下の名無し:04/11/10 09:34:06 ID:Me43fSHJ
http://www.bcomp.metro-u.ac.jp/law/ls/staff.html

20 :法の下の名無し:05/01/07 11:44:48 ID:EHqFDXe0
>>14
辰已法律研究所兼任講師

21 :法の下の名無し:05/01/09 16:26:12 ID:yliqXCT5
刑事訴訟法でも辰已用のテキストを執筆

22 :法の下の名無し:05/01/21 16:59:25 ID:AVlUkniY
予備校講師か学者か微妙な人ですね

23 :法の下の名無し:05/01/24 10:25:44 ID:D9g2zEuz
でもダンディだぜ。

24 :法の下の名無し:05/01/24 13:41:56 ID:sicOIAig
都立大ちゃんねる
http://jbbs.livedoor.jp/school/5086/

25 :法の下の名無し:05/02/02 12:16:21 ID:4up8uSki
都立大なんて田舎大学ではなく慶應に来てもらいたい

26 :法の下の名無し:05/02/02 19:12:56 ID:4cPhgCwS
前田センセは外国人労働者の受け入れ賛成のようですな
失望した

27 :法の下の名無し:05/02/02 20:38:13 ID:B7NvMDYg
http://hidebbs.net/bbs/sososo?sw=7&m=10

28 :法の下の名無し:05/02/02 22:43:13 ID:naaU5MJD
厳密な要件での受け入れでは?

29 :法の下の名無し:05/02/03 01:32:26 ID:WalZHkdn
要件が厳しかろうと無かろうと入れてはいかん
ドイツやオランダのように必ずなるぞ

30 :法の下の名無し:05/02/03 12:31:38 ID:hUPQZbXu
それがどうしてだめなの?

31 :法の下の名無し:05/02/03 14:02:38 ID:WalZHkdn
価値相対主義かね
くだらん

32 :法の下の名無し:05/02/03 15:01:47 ID:LnTrvm3+
同志社の村田って、読売と提携してプロジェクトをやったりするのが
うまいようだし、そういう人事遊泳でのし上がってきたようだが、
「朝までなまテレビ」での村田の発言を聞いている限り、素人でも
言えるような単純なことばかり。あんな程度で、「国際政治学者」を
名乗れるのなら、誰でも、2,3の新聞の国際面だけ読んでいれば
なれると思う。とても、真摯に研究した成果での発言とは思えない。
まぁ、軽いんだよな。それに、村田の雰囲気って、ひょっとしたら
「Oモ」かな、と思わせるものがあり、気持ち悪い。これはあくまで
推測というか私の主観に過ぎないが。

33 :法の下の名無し:05/02/03 15:02:48 ID:LnTrvm3+
→書き込む場所、間違えた!

34 :法の下の名無し:05/02/03 17:01:43 ID:Og3W4wJ/
>>30
オランダではゴッホの一族の映画監督が殺され
ドイツではネオナチの台頭が問題になるほど
経済が混乱してるから。
その国の国民が再生産できるシステムを
構築するのが基本です。
他国の問題は他国で片づけるのが合理的。
援助するなどして。

35 :法の下の名無し:05/02/03 18:03:02 ID:IyhvbuTh
>>34
 「外国人労働者の受け入れ」と経済混乱、映画監督殺害・ネオナチの台頭
との間に、必然的なつながりはないと思われる。
 また、外国人労働者の受入に対して慈善活動程度の認識しかないと思われる
が、その認識は正確ではないと思う。

36 :法の下の名無し:05/02/03 18:43:48 ID:A37gXZN+
>>35
>「外国人労働者の受け入れ」と経済混乱、映画監督殺害・ネオナチの台頭
>との間に、必然的なつながりはないと思われる。
そうか?
「低賃金の外国人労働者流入」→「自国民の失業増加」→「経済混乱」→「外国人排撃思想」と繋がっている
と思われるんだが。
もちろん、ドイツの場合は統一後の経済格差の問題もあって、東ドイツでネオナチが台頭しているということもあるが、
それでも低賃金の外国人労働者の流入は、問題になってるぞ。

さらに、外国人労働者の二世・三世が宗教や文化の違いから、当該国民と摩擦を起こしてるのも事実。
オランダの映画監督テオ・ファン・ゴッホだってイスラム批判をして、イスラム青年に暗殺されたわけだし、
オランダでは現在もオランダ人vsムスリムの図式で放火事件や暴行事件などの対立が続いている。

外国人労働者が流入すると経済問題(自国民の失業増大)や(二世・三世との間での大規模な)文化的摩擦が
起こるのは必然的だと思われるけど。


37 :法の下の名無し:05/02/03 22:14:09 ID:ghDgn2xU
日本は外国人を入れなきゃもたない産業もある。
今後急速に少子高齢化するからね。
どの産業も中国に進出できるわけじゃない。
21世紀は異文化衝突の覚悟が必要。

38 :法の下の名無し:05/02/05 00:33:10 ID:Xaux9sZu
衝突の被害をモロ喰らうのは一般民衆で
こういう政策を推進してるブルジョワ層ではない
現にドイツやオランダではブルジョワ層は海外に逃げ出し
逃げる資金も無いような民衆が煽りを喰らい続けている
自分たちの地位を一時でも持続させるために民衆にだけ負担を強いるのは無責任且つ卑怯な行為だ

39 :法の下の名無し:05/02/05 03:08:15 ID:1WUODlIF
前田さんの話は・・・・・

40 :法の下の名無し:05/02/05 07:08:46 ID:O20VScGG
移民受け入れも結構だが
キリスト教徒に限っておくこと

41 :法の下の名無し:05/02/05 10:17:23 ID:rusZYbuo
アホか。
基督教原理主義者ほどたちの悪いものはないよ。


42 :法の下の名無し:05/02/05 10:23:07 ID:1l85v3Xh
前田先生の『日本の治安は再生できるか』(ちくま新書)
おもろいよ。

43 :法の下の名無し:05/02/10 10:14:33 ID:DAXlVEKt
前田本が最高の本。


44 :法の下の名無し:05/02/13 16:16:16 ID:OIf5rXm2
「誤解しやすいのは、よく言われる『結果無価値なら結果無価値、行為無価値なら
行為無価値を動かしてはいけない』という議論の意味なんです。結果無価値論者は
あらゆる問題で結果無価値を徹底しているわけではないですよね。・・・

・・・基本書を通して読むというのは重要なことだと思うのです。そのときに、
行為無価値論を採る以上、徹底して行為無価値を採らなきゃいけないという視点
だけで批判的に見ていくと、困るというだけなのです。結果無価値をどんどん
徹底したら刑法は成り立たなくなっちゃうんです。未遂だって結果がないんだから
全部不処罰でいいとか、行為無価値だったら既遂・未遂同じにしなきゃいけないと
いうところまでいってしまうわけでしょう。

現在の刑法学の課題は、誤解を恐れずに言えば、『今の状況で、国民の意識を
踏まえれば、どの程度行為無価値を加味しなければならないか』を判断するという
ことなのだと思っています。・・・」

45 :法の下の名無し:05/02/13 16:16:49 ID:OIf5rXm2

「私はこの頃、教科書や論文でも書いているんですが、行為無価値か結果無価値かを
対立軸に据える時代はもう終わっていると考えています。もっといえば、そのような
対立軸を設定して、結果無価値を重視すべきだとしてきたトレンドが、刑法の学界には
一定期間存在したのだと思います。その流れが変わろうとしている。

 結果無価値って何かっていろいろな捉え方ができると思いますが、やはり戦後日本
社会の中で言えば、『日本国憲法』なんだと思いますね。人権とか、個人の利益を重視
するとかいろいろな表現ができますがね。

 私が、そういう意味で結果無価値論かといえば、育ってきた時代状況の中でトレンドが
そうだったし、私の恩師である平野先生の理論も結果無価値論だったからということです。
先生の影響は絶対です。もちろん、私が学んだ時代の思潮もそうだった。

 ただ、個人の自由とか人権とか、『法益侵害が明確なもの以外処罰すべきでない』とか、
処罰は狭いほどいいとか、そういう議論がだんだん動いていくと思うんです。・・・」


46 :法の下の名無し:05/02/15 23:23:01 ID:GhIB2O94
>>42
それトンデモ本。
間違って読んでしまった人は河合幹雄『安全神話崩壊のパラドックス』で解毒すべし。
著者は隼雄の息子で棚瀬の弟子。

47 :法の下の名無し:05/02/16 00:35:38 ID:Ode1pHpD
>>46
河合幹雄の本は
いわゆる左翼的立場から
「日本の治安が悪いというのはウソで、問題はないのだから
警察権力は小さくすればするほど良い」
といっているのかと思ったら、全然そうではなかったな
賛否は別として、著者の姿勢には興味がもてた

48 :法の下の名無し:05/02/17 10:03:35 ID:JXkgDfS5
前田の本が別にトンデモ本だとは思わない。
いつだったか、前田の他に土本武司だとか、河合幹雄も出演して、
BS1かなんかで討論やってたと思うが、前田の主張がそんなに
説得力に欠けているとは思われない。
統計上の云々というが、犯罪が増えているのは事実だろうし、
刑務所が飽和状態なのも事実だと思う。昔じゃ考えられないような
外国人犯罪やサイバー犯罪、振り込め詐欺みたいなのはどう捉えればいいのか。

49 :法の下の名無し:05/02/17 22:01:15 ID:eu6Sifwf
河合主張の自転車盗の受理とか以前に、車上狙いやひったくりなんかは急増だろう。


50 :法の下の名無し:05/02/17 22:13:08 ID:eu6Sifwf
参考で
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200402_637/063701.pdf

51 :法の下の名無し:05/02/21 23:56:29 ID:72JLsUj4
age

52 :法の下の名無し:05/02/23 13:08:30 ID:XUkg5uyD
田村正博氏(元警察大学校警察政策研究センター所長)が暗数が多い犯罪だけが増加しているのではない
として、河合批判を行っている。

53 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 13:23:43 ID:OqissPOy
>>48
あれをトンデモ本と見抜けない君は算数を一から勉強しなおしたほうがよい。

54 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 17:27:46 ID:Ory0Oc8N
河合本の根本的な欠陥は、統計数字の変化とともに
国民意識の変化を考慮しなければ無意味なのに、
その点を怠っている(気付いていない?)こと。

今の国民は、昔の国民よりも治安への感度が高い。
今の日本で昭和30年代のGNPだったら相当貧乏だが、
「同じGNPだから日本は貧しくなっていない」
と主張しているようなものだ。

河合本こそ、一種のトンデモ本である。



55 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 18:59:13 ID:Oydt2j20
>>54
犯罪件数が同じでも、治安意識が高まったら、
「犯罪が激増」とか表現していいってこと?
それは無理だろ。
犯罪がふえてなければ、ふえてないと言っていいはず。

それに、いわゆる国民意識の変化なるものは、マスコミ
の煽りによる部分が大きい可能性がある。マスコミが
「激増した」と言いまくれば、「大変だ」となるのが
当たり前。

56 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 00:30:23 ID:RbohMQ3p
前田はなー
肝心なところで単純計算間違えるわ
引用すべきデータを他のものに摩り替えるわ

ちょっとすごいね。



57 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 14:18:36 ID:Nwv9gsq5
大谷・・・説に一貫性なし
大塚・・・ほぼ結果無価値無視
山口・・・説が特殊すぎ
前田・・・要件の理由付けが曖昧
川端・・・話にならん

前田が一番まともだよ。俺が読んだ中では。

58 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 15:54:04 ID:IscxCECs
>>57
ここは法学板だということを忘れずに・・・

59 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 20:41:03 ID:OL4zB8Er
いやあ〜どうかねえ。確かに、自転車盗だとか、暗数の問題もあるが、
認知件数が増えているのは事実だし、昔でも暗数が少ないと思われる事件の
認知件数も増えているのは事実でしょう。データでもって河合説を証明するのは
難しいとは思う。とはいえ、河合説がまったくのデタラメとはいわんがね。

60 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 21:16:33 ID:qbkwuWXZ
認知件数の解釈をめぐる争いはさておき、少なくとも犯罪学者としての前田はトンデモということでよろしいか。

61 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 21:38:04 ID:qbkwuWXZ
真剣に統計分析している「治安悪化している派」の学者も本心では迷惑なんじゃないの?

62 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 22:58:56 ID:A69ls24R
所詮学者になんかなる奴はバカだから

63 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 06:03:18 ID:Xp4RHUPy
犯罪の認知件数は警察の方針や国民の意識の変化しだいで大きく変わるからなあ。

64 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 06:40:12 ID:VAfAwGmR
「神話の崩壊」なんて仮説は検証可能だから
河合説は法社会学じゃなくて法哲学

65 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 06:41:49 ID:VAfAwGmR
検証「不可能」のマチガイでした
すんまそん

66 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 12:43:54 ID:VQf4zkYK
安全神話の崩壊は仮説じゃないわけだが。

67 :法の下の名無し:皇紀2665/04/01(金) 23:34:26 ID:A8vq5/UE
>>66
うむ

「安全神話の崩壊」は仮説じゃなくて、一応の共通了解事項というべきだろう

仮説なのは、「安全神話の崩壊の実態・要因は何か」についてだな。

68 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 18:51:43 ID:YYb6I+cK
>>44
>結果無価値をどんどん徹底したら刑法は成り立たなくなっちゃうんです。
>未遂だって結果がないんだから全部不処罰でいい・・・

結果無価値を徹底したからってそんな結論にはなるとは限らないよなあ。
未遂の場合に「結果」があると理解する立場だってありうる(というか、現にある)わけだし。
なんか単純な構図をつくって自己の立場に無理やりひきつけた議論をしてるような感じが。

69 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 21:17:33 ID:FBNdCui6
>>68
未遂の場合に結果があると理解することこそ、結果無価値を徹底しない立場。
ちゃんと勉強してから発言しましょう。

70 :法の下の名無し:2005/04/05(火) 09:07:36 ID:kGdspWjR
>>69
横槍すみませんが、結果無価値論の発展史に基づく理解と、結果無価値論そのものの理解とを混同されて
いませんか?
しかも、結果無価値論の「徹底」という言い方についても、若干>>68氏の理解をゆがめて捉えているように思われます。
結果無価値論を徹底するとしても、未遂犯を結果犯として構成することは可能である以上、全部不処罰でいいという
ことにはならない、というのが>>68氏の主張でしょう。
とすると、問題は、未遂犯を結果犯として理解できるかどうかであって、その点が可能であれば、結果無価値論の「徹底」
とは矛盾しないはずです。
他人の不勉強をあげつらう前に、もう少し他人の意見に即した発言をされてはいかがでしょうか。

71 :法の下の名無し:2005/04/06(水) 02:25:33 ID:v8cluGd4
>>70
もっとべんきょうしましょう。

72 :法の下の名無し:2005/04/08(金) 23:19:19 ID:Rqs8xSvQ
「観念的に図式化すれば」結果無価値論の徹底=未遂の不可罰
という言い方は可能かもしれない。なんかいかにも択一にでそうだ。
司法板じゃないのに悪いが、こういうときオレはときどき「図式
化すれば可能だから○」と「現実にそんなことをいう説はないのだ
から×」の選択に迷うことがある。

73 :法の下の名無し:2005/04/16(土) 08:10:21 ID:D4DEMlKE
「徹底」というのは結局「アホにも分かり易く」しただけ。
平野大先生のように分かり難いのが神!

74 :法の下の名無し:2005/04/16(土) 12:41:36 ID:3CfqUzvm
基本的には、平野先生が言っていたように
「相手の主張を黒く塗って、その黒い部分を批判する」
ってのをやってるから、無駄なすれ違い、言葉の意味の取り違えが多い。

75 :法の下の名無し:2005/04/21(木) 11:12:14 ID:vz4B2XQH
http://www.sankei.co.jp/news/050420/sha082.htm
 電車内での携帯電話など、公共の場所で多数の人を不快にさせる行為について
対策を考えるため、東京都は20日、学識経験者らでつくる検討会
(座長・前田雅英首都大学東京教授)
の初会合を開いた。

76 :法の下の名無し:2005/04/22(金) 22:50:37 ID:+3nBM4m8
実質出版規制な条例を作ろうとして、オタクには嫌われているよな。

77 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 23:49:36 ID:ofM6EcVR
たしか新書版の刑法入門書みたいなものを出していたはずだが、
余りに内容がテキトーなので立ち読みしていて腰抜かしそうになった。
前書き読むと実際に大学講義で使われたらしいが、
刑法学習のスタートがアレというのは余りに可哀相だ。

78 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 00:38:31 ID:bdsba7pE
>>77
具体的にどこがテキトーなのか。

79 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 01:03:57 ID:T2E41Sv8
全てが適当

80 :法の下の平等:2005/04/25(月) 11:50:04 ID:VtPMUE5o
首都大って法学部ないよね。何学部の先生になったの、前田先生は。可愛そうに。
でも法科大学院があるか。

81 :法の下の平等:2005/04/25(月) 11:53:11 ID:VtPMUE5o
すんまそん。都市教養学部に法律コーすってのがあった。

82 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 01:00:26 ID:PQ7S2rMw
78の言うとおり、どこを切り取ってもテキトー。
「国民が処罰を望んでいるんだから、その通りに立法・処罰しろ」
という悪夢のようなエスプリが充満している。
彼なりの正義感や視角は伝わってくるが、
刑法学者としての議論の緻密さは見られない。
ある種のエッセイ集としてなら読むに値するかもしれないが、
法学書としてあのクオリティはまずい。

83 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 01:05:49 ID:HC51eBho
というエッセイにもならない82でしたw

84 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 13:10:12 ID:rlhpojIE
のところでは、特にこの頃思うのですけれども、結果無価値か行為無価値は、
きっとこれは本当はどうでもいいことに近いのかも知れません。具体的事案を
前提として処罰範囲をどこまで持っていくかという結論ですね。それが、先ほ
ど申し上げた法律家としての知恵といいますか、国民の常識がどれだけ汲み上
げられるかの勝負だと思うのです。ただ、それを安定的に行うということと、
それを説明するという点から、理論的なことも重要になるわけです。スッキリ
と割り切れる大所高所からの議論、公式から演繹してくる議論はその意味では
魅力的です。
http://www.j-wba.com/topics/20010616.html


85 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 07:57:05 ID:94dM61M0
バカクサ
前田なんてわざわざ議論するに値しない。
判例をわかりやすく説明している予備校の先生に過ぎない。

86 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 14:18:07 ID:gF5P2dg9
俺基本的に前田説だけど、たまに処罰すべきだから処罰するって感じの価値観が垣間見えて疑問に思う。
刑法理論って、感情的には処罰したいときでもそれを抑制するための理論じゃないのか。
少なくとも結果無価値って感情論・倫理論を刑法解釈から排斥する考えじゃないのか。
逆に感情的には厳しいなぁと思っても理論的に処罰すべき場合があるんじゃないだろうか。

前田が結果無価値らしくないってのはこのへんもあるんだろうね。
やっぱ藤木流の必罰的思考方法が色濃く反映されてるよ。

87 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 14:41:23 ID:FTZ5R3GJ
そこでお得意の「国民の法感情」ですよw

88 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 17:33:28 ID:9wo5n4cd
>>86
>少なくとも結果無価値って感情論・倫理論を刑法解釈から排斥する考えじゃないのか。

結果無価値論というのは、主観的要素が違法に(原則として)関係しないという考え。
感情論や倫理論を刑法解釈から排斥するかどうかとは別次元の問題でしょう。
このへん、混同している議論が多いようですが。

感情論を排斥するのは、むしろ形式的犯罪論の話でしょう。

89 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 19:34:53 ID:4SeJ5Eh7
結果無価値・行為無価値というのがそれぞれの論者で意味してるところが違うんだよなw

90 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 19:45:31 ID:9wo5n4cd
前田ではない人の文章をひとつ引用。


 「犯罪を減らすには重罰による威嚇に期待せざるをえない」という「消極的予防」への信仰を、
「積極的一般予防」と混同する人がいる。しかし、これは、とんでもない誤解である。・・・・・・・
「消極的一般予防」は、人々をいわば潜在的犯罪者とみなし、刑罰という害悪による恐怖や功利的計算で
人々の行動をコントロールしようとする刑法観に立つものである。

これに対して、「積極的一般予防」は、人々を社会の担い手=「市民」とみなし、この「市民」に共有されている規範
(その社会のアイデンティテーを形成している規範)を維持することが、刑罰ないし刑法の機能であるとする。
人々を統制の対象としてみるのか、それとも、社会の担い手とみるのかによって、この二つの刑罰論ーより正確には
刑法観ーは鋭く対立するものとなる。

91 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 21:23:04 ID:AVF2M2CX
松宮でつか?

92 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 21:58:14 ID:9wo5n4cd
>>91
そうです

93 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 22:21:31 ID:jjsouiTR
ヤコブスの旧説だな。

94 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 21:34:57 ID:GLRvXG8m
>>91
松宮先生の論文て好き。
普通の人は、「〜の見解には賛成できない」「〜の説には疑問がある」
とか言うところを、「〜は誤解である」「〜は正しくない」
「〜は間違いである」ってはっきりいうからね。

前田先生は・・・エキサイティング刑法で顔見たけど、顔はいいね。
刑法って顔してる。

95 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 23:13:49 ID:Uk3uBodu
>>94
本質とは関係ない理由で好きなんだな。
ま、そんなもんか。

96 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 17:50:50 ID:BAKu0Fd8
>前田先生は・・・エキサイティング刑法で顔見たけど、顔はいいね。
>刑法って顔してる。

そ〜か〜?
痩せた小林薫って感じじゃない?

97 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 21:17:00 ID:6ZUN/0pd
>>96
いやいや、いいと思うよ。
刑罰や犯罪に関して研究する人が丸々太った恵比須顔
で幸せそうな顔ばっかりしてたら説得力ないじゃん。

98 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 21:50:52 ID:xi6/1Xvr
犯罪増加と矯正施設の過剰収容
法律のひろば平成17年1月号(前田雅英)

http://home.h07.itscom.net/maedam/ynews.htm

99 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 11:17:21 ID:YWltjwL9
>そこで、過剰収容と犯罪の増加とは結びつかないとするために、「本来刑務
>所に入らないでよい人間を法務・検察などが無理に公判請求している」とする
>説明も見られる。「1996年以降検察庁の新規受理人員に目立った変化はないの
>に、強盗、窃盗、恐喝、傷害、強姦等の公判請求人員が上昇傾向にある。その
>背景には、検察官の厳罰化志向」があるとし、検察が公判請求率を上げた等の
>問題を指摘するのである(『犯罪は本当に増えているのか』3頁)。

前田先生、この引用の仕方では何処の誰が書いたのか全然分からないし、読者は検証の使用がありません…

100 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 18:10:32 ID:wKdVe71J
>>99
脳内著作から引用しました。

101 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 18:42:57 ID:e73OKX5L
>>100
ぐぐれば?

102 :法の下の名無し:2005/05/11(水) 11:10:14 ID:tPy6XnnC
刑法学者という人種は読書がわざわざくぐらなければ引用文の著者が分からないような論文ばかり書いているのか。

103 :法の下の名無し:2005/05/13(金) 19:05:58 ID:koQaql7W
一部の学者は変にめんどくさがります。

104 :法の下の名無し:2005/05/14(土) 19:15:34 ID:0ArenIdn
一般市民を相手にして書いたもんではないでしょう。

105 :法の下の名無し:2005/05/14(土) 19:18:48 ID:BwjKytIQ
前田先生の場合、その言い訳は使えない。

106 :法の下の名無し:2005/05/15(日) 23:06:24 ID:R7h5SnjG
>>105
法律のひろばは一般市民向けだったのか!
わあびっくり。

107 :法の下の名無し:2005/05/15(日) 23:45:14 ID:LD9+FgN2
なお、前田は、一九七二年にシンナーが、毒物・劇物取締法に加えられたこと
により、シンナー遊びが虞犯少年ではなくなったために虞犯少年の数が激減し
たことを見落としている(鮎川潤『少年犯罪』平凡社新書。二三頁、参照)。
実は、これに限らず、そもそもこの書物は、犯罪統計の分析の初歩さえ踏まえ
ていない低レベルのものである。参考文献がひとつも掲載されていないこのよ
うな書物が、学問書を装って東京大学出版会から刊行されたことに驚きを禁じ
えない。荒木伸怡は、「統計学の名著をも多数刊行している東京大学出版会が
、その刊行書籍の品質を問われかねない本であると考える」と指摘しているが
同感である。

108 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 00:39:16 ID:mbw3JAwT
最近、わが国でも、「路上強盗」や侵入盗をはじめとして治安の悪化を憂う声が高まっていますよ。

109 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 00:39:56 ID:mbw3JAwT
1点だけを上げて「実はこれに限らず」というのも、学問を粧った駄言だな。

110 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 13:07:01 ID:9CPuNqC5
まあ確かに参考文献は一つも無い罠

111 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 23:23:46 ID:wrwp4+pO
荒木教授のその書評読んだとき、狭い学者村のこと、だいじょーぶ
なのかいなと、門外漢ながら冷や汗がでてきたヨ。

112 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 00:10:56 ID:PWwzPhmV
荒木伸怡だから大丈夫。もともとああいう人だということは業界全体が知っている。


113 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 01:45:03 ID:tFC+Swce
東大出版の基本書の法改正対応版(4版?)がいつ出るか知ってる人います?

114 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 04:03:19 ID:e/JWnL/b
荒木伸怡って変わった人なの?

115 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 07:22:49 ID:8/6g0gPC
なんかさあ、IDが変わる時間帯見計らって自作自演してるやついない?

116 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 07:52:06 ID:jOeapBeb
111と112は別人だよ。
なぜかって俺が寝たのは23;59頃だからね。
111の俺が保証する。

117 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 08:06:33 ID:8/6g0gPC
>>116
そいつは失礼。
で、荒木教授の書評は具体的にどこがどういうふうにまずいの?

118 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 14:59:49 ID:k3GaS1GN
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/araki/

119 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 15:19:55 ID:e/JWnL/b
>>118

同僚にはなりたくないな、、、

120 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 18:02:21 ID:8/6g0gPC
だから書評がどうまずいのよ

121 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 22:58:55 ID:jOeapBeb
まずいなんて誰も言ってないだろ。
いかに正しい指摘でも、こういう物の言い方は、
ふつうの書評マナーではありえないことだ(良いとか悪いとかではなく)。
なにを絡んでいるのだ、キミは。

122 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 01:17:31 ID:k02Y04Vd
批評の当否じゃなくてマナーの問題かよ!

123 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 02:17:00 ID:QiLocvdb
最初から誰も荒木伸怡の当否なんて論じてないわけだが。

124 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 09:25:06 ID:TsDQdzC9
バカ相手にするのは疲れるよ。何年か前の法セミ、自分で読んで、
他号の書評と比較してみぃ。ペンで他人を評価・攻撃するのだから、
それなりに配慮は必要だし、逆にそういうことに拘泥しすぎて
なあなあ体質になって面白みに欠けたりするのが、日本の書評文化。
そういう意味で荒木氏の書評は極めて異質でギョっとするものであった。
荒木は間違い、前田が正義(あるいはその逆)だとか言ってるわけでは
ないんだよ。

125 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 10:33:56 ID:k02Y04Vd
荒木を嫌っている人間がいるのは分かったけど、
漏れは業界関係者じゃないから荒木の人間性なんか興味ないもん。

で、荒木伸怡の書評はどうなのよ。
前田はやっぱダメなの?

126 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 22:46:21 ID:GR1M2O5+
前田は思想的には一貫しているが理論的には一貫していない。

127 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 23:00:11 ID:4Q4fxY06
荒木って、サカキバラの時に、「S君」の人権を守れ、彼の人格はまだ発達途中だと叫んで
新潮社を狂ったように攻撃してた。

128 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 23:38:59 ID:JsRprDmJ
結果無価値なら危惧感説で行けよ。一貫してねえんだよ。

129 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 14:27:10 ID:QFGce5Yi
>>128
(´,_ゝ`)プッ

130 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 15:44:56 ID:oirFkX67
けれども前田説信徒といたしましては前田説を信奉すればするほど、前田説の限界というか、その無頓着さというか、良いどこ取りの精神というか、無節操さというか、そうしたものをヒシヒシと感じてくるものなのですよ。

昨今の刑法学で提示される論文や、そこまでいかなくてもロースクールの勃興によって本屋に沢山並んだ屋上屋を架す無駄としか思えない刑法の書物を見ても、前田説というのはほとんど紹介されていないか、
たとえ紹介されていたとしても「おめー、こんなの刑法理論とかっていえると思ってるの?」くらいの批判しかされていないのが客観的な現状です。

これが誤解に基づくものなら「おめー、前田説の真髄が分かってねーなー」とかって反論もできようものなのですが、前田説に対する批判のほとんどは正当そのものなので、悲しいかな信徒といたしましては「へへー、すみませんね」とへらへら笑うしかない現状です。

131 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 21:58:04 ID:daBwk5f+
その「現状」は未来永劫変わることはない。

132 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 22:29:58 ID:LinLFk7r
>>126
一貫してる刑法学者なんて一人もいないんだけどな

133 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 13:48:38 ID:CDIWqPk/
>>132
(´,_ゝ`)プッ


134 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 13:18:46 ID:OF5j562a
前田の刑法理論はどうしようもないほど散らかっている。

135 :法の下の名無し:2005/05/23(月) 08:30:01 ID:chlZHHqj
忙すぎてじっくり練り上げる暇がないんでねえの。
研究に専念してりゃよかったのにね。

136 :法の下の名無し:2005/05/23(月) 22:27:12 ID:RCJ8swqX
元検事で元来捜査とか治安には理解があるはずの
落合弁護士のブログでも、批判されていたね
学説のことじゃなくて、会合での態度のことだが

137 :法の下の名無し:2005/05/24(火) 08:58:32 ID:nZcKmM5D
ヤメ検が「捜査とか治安に理解がある」と思ってる?
へえ。

138 :法の下の名無し:2005/05/24(火) 09:29:58 ID:/tJ9dErA
ヤメ検の話したいならよそ逝けよ

139 :法の下の名無し:2005/05/27(金) 21:22:22 ID:EMKap5Ax
緩やかな罪刑法定主義
俺は好きだけどねえ


140 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:36:37 ID:kwEIJJAe
103 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 11:21

>>102
『少年の「罪と罰」論』ではないですが(ちなみに私は>>101でもない)。
法学セミナー2001年1月号掲載の立教大学教授
荒木伸怡氏の『少年犯罪』書評を参照。
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/araki/naraki/gyouseki/mini/maeda.htm
全国の少年法研究者がこの書評で溜飲を下げたと思う。
「東京大学出版会が、その刊行書籍の品質を問われかねない」とまで言われた。
事実上「この本はウソだらけ」と言われたのと同じ。

104 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 12:42

荒木伸怡って…ドキュソでしょ。

106 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 13:16

>>104
こういうのは「レッテル貼り」という詭弁術の一種です。
荒木氏の書評に不満があるなら、具体的に指摘してください。

108 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 23:32

>>103
東大出版会までけなすのはやりすぎ。そんなことを言い出したら、
まともな出版社はないことになる。

112 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 09:51

>>103
っていうか荒木伸怡は電波だろ。
あの書評は、とうとう錯乱したかってかんじで業界では受け止められたよ。



141 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:37:36 ID:kwEIJJAe
113 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 09:52

>>106
そのまえに、あの書評がレトリックじゃん。
どこも実証的じゃなかった。

114 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 09:54

荒木伸怡がどれだけイっちゃってるかは、ここみると分かるYO!

http://www.rikkyo.ne.jp/univ/araki/

117 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 23:16

>>113
どこがレトリックなのか、
どこが実証的ではないのかが具体的に示されてません。
それこそ実証的とはいえません。

>>112
マスコミ業界?(w

118 名前: 名無しメンバーさん 投稿日: 01/09/10 23:23

ぜんぶだろ>>117

119 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 23:58

>>118
????????????



142 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:38:26 ID:kwEIJJAe
121 名前: しぇんぱい 投稿日: 01/09/11 01:02

>>103
どーもありー
前田鋭いという結論は変わらないが、多少政治性を帯びた問題に
なると論理をゆがめる面がある点で一般人と同病のようだ。
少々がっかり。

>>118
ちゃんと答えるとおもしろくなるのに。
くだらんレスするもんだから話が伸びなくなってるじゃないか。
それとも回答不能か?

122 名前: 名無しメンバーさん 投稿日: 01/09/11 10:16

>>121
悪い、いま手元にないんだ。荒木伸怡の書評。

123 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/11 10:22

>>122
>>103から行けますよ。



143 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:39:24 ID:kwEIJJAe
135 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 22:53

これを機会にまじで補正してくれ

136 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 22:56

補正は必要かもね。
しかし、東大出版会まで狙ったやり口はテロそのものだろ。

138 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 23:13

狙ったのか...

139 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 23:30

荒木伸怡イッテヨシ。

147 名前: 荒木 投稿日: 01/09/14 07:52

テロだと言うなら、きちんと反論せよ。

183 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/18 06:02

荒木の書評はどうなったんだ?東大出版会を攻撃するのがやりすぎなのは
わかるが、他のどこがレトリックだかわからんのだが。

185 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/18 10:36

>>183
おまえのアタマガワルイだけ

186 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/18 11:22

それは知ってるよ。頼むから説明してくれ。

224 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/10/09 19:33

俺の頭が悪いのはわかったから、
法セミの荒木の書評のレトリックとやらを説明してくれ。

225 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/10/09 22:14

頼む、誰か。



144 :法の下の名無し:2005/06/11(土) 17:46:14 ID:Vu65fYYS
頭が悪くて何が悪い! 俺にも主張させろ! という昨今の風潮を代表する学者。

145 :法の下の名無し:2005/06/16(木) 19:21:18 ID:AhB7SSUo
前田刑法は2冊とも改訂されないんでしょうか??
試験委員外れたから東大出版会も二の足踏んでるんのか?
それとも本人に出す気(または暇)がないのか・・・?
新試験委員は山口厚ってかいてあったからなぁ・・・

146 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 13:44:15 ID:3n5ML43H
刑訴の試験委員になったりしてね。

147 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 19:31:22 ID:ul9TSZMP
総論は改訂されるってHPに書いてんじゃん。
細かな補訂は刷かわりのたびにされてるし。

148 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 08:50:05 ID:67UG+d/c
前田先生は猫好きとは本当でしょうか?

149 :法の下の名無し:2005/06/27(月) 01:49:46 ID:QGF8Gt8g
【強制執行妨害罪】に関する近時の法改正の動向とその背景・効果について論ぜよ
という設題でレポートの課題が出されているのですが、
何を書いていいのかわかりません。どうすればいいのですか?
答案構成をみせてください。

150 :法の下の名無し:2005/06/27(月) 03:21:34 ID:G0fwpg8d
>>149
まず刑法各論の本で近時の改正に対応済みのものでしらべよう

151 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 13:37:44 ID:lHqD4lwt
>>149
それなんの講義?

152 :法の下の名無し:2005/08/05(金) 15:02:55 ID:hhQ5ch6d
前田先生の基本書はかなり読みやすいと思うけどなー。演習講座や判例250とあわせて読めばさらにわかりやすいと思う。
大谷とかなんて理論めちゃめちゃじゃん。読んでてキレそうになった。

153 :法の下の名無し:2005/08/24(水) 10:43:28 ID:c+9H3UgB
いずれにしても、実際の執行機関である警察などでは前田師の評価は極めて高いわな。

154 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 05:28:49 ID:r+oxTC0P
Xはその住居から数十メートルにわたってうんこ臭を広め
その汚臭により隣人に迷惑をおよぼしている。
 また、これが原因で近所の商店街で売り上げが下がった。
さらに、近所に住んでいた住人も引っ越す人が増えて、
家賃収入を見込めない家主もいる。

かかるXの罪責について前田説で述べた上、刑事手続き上の問題点
を前田説で指摘せよ。

155 :法の下の名無し:2005/09/03(土) 00:07:03 ID:PTzt3wYK
>>154
判例は結論として妥当だろう

156 :法の下の名無し:2005/09/19(月) 18:53:50 ID:egIwAObs
犯罪増加と矯正施設の過剰収容
法律のひろば平成17年1月号(前田雅英)

http://home.h07.itscom.net/maedam/ynews.htm

157 :法の下の名無し:2005/09/19(月) 23:48:34 ID:iMJDCI9W
>>153
> いずれにしても、実際の執行機関である警察などでは前田師の評価は極めて高いわな。

たしかに、「実質」って言って逮捕して、あとは自白調書とれば有罪に持って行ける学説はありがたいわな。

158 :法の下の名無し:2005/09/20(火) 12:54:16 ID:BWcN1IN+
>>157
妄想君は去りな。

159 :157:2005/09/22(木) 01:16:46 ID:TKOQjUxQ

> 158
> 妄想君は去りな。

刑事実務を経験した上での意見ですが、そちらは?


160 :法の下の名無し:2005/09/22(木) 01:44:33 ID:gxo412Ya
>>159
立場とか権威で議論するほど俺は馬鹿じゃない


161 :法の下の名無し:2005/09/22(木) 02:43:56 ID:qWUOTqGJ
「実務」振りかざすDQN

162 :法の下の名無し:2005/09/22(木) 06:13:49 ID:NRy85OUk
>>159
はいはい。民科弁護士はウンコして寝ろ。

163 :法の下の名無し:2005/09/23(金) 15:49:52 ID:WPbKuiIu
>>162
反体制・反権力を「民科」という言葉でしか表現できないところに、かたわ研究者の悲しさが...。


164 :法の下の名無し:2005/09/24(土) 00:32:20 ID:IFKaM5xe
>>163
はいはい。民科はウンコして寝ろ。

165 :法の下の名無し:2005/09/25(日) 00:34:38 ID:lMkk/slm
>>148
ネコ好きだが、それが何か?

ttp://www.comp.metro-u.ac.jp/~maedam/
ttp://home.h07.itscom.net/maedam/profile.htm


166 :法の下の名無し:2005/10/01(土) 20:23:28 ID:Y5WPsrtJ
4版はいつ発売なんだろう。楽しみにしてるのに。

167 :法の下の名無し:2005/10/09(日) 02:19:50 ID:NDRzoMwb
前田教授は神。

168 :法の下の名無し:2005/10/09(日) 11:03:27 ID:Ua2eU7UK
前田はDNAデータベース化を刑訴法218条2項で可能とする
こともできるんじゃないかと主張する御用学者。
平野先生に詫びろ。

169 :法の下の名無し:2005/10/09(日) 14:40:07 ID:NDRzoMwb
前田教授はすでに平野教授を越えていますが何か?

170 :法の下の名無し:2005/10/10(月) 23:40:09 ID:H3t7mdmw
普通に刑訴の本は名著だと思う。

171 :法の下の名無し:2005/10/12(水) 20:42:21 ID:YlP4lW5u
確かに。判例ベースなのは答案書くにあたって非常に便利。論点としてうすいとこはあるが、それは他書で補えばいいしね。

172 :法の下の名無し:2005/10/17(月) 06:07:40 ID:128sbVpH
TVに出まくる大学教授ってどうなんだろうな

173 :法の下の名無し:2005/10/17(月) 22:18:51 ID:TGaSy8mV
結果無価値論が人権派弁護士みたいな基地外を生み出したことを平野龍一はどう考えているのか。
結果無価値論はいわば現在の社会党、社民党と同じか。平野は法律学の世界の土井たか子みたいなもんか。
頭は土井とは比べようがないほどいいのはわかるが。

174 :法の下の名無し:2005/10/17(月) 23:37:02 ID:weBKSbMB
頭の悪い典型的な2ちゃん的カキコですね。

175 :法の下の名無し:2005/10/18(火) 00:56:14 ID:YcQJdrGy
藤木先生が死んでなかったらなぁ。

176 :法の下の名無し:2005/10/18(火) 01:53:20 ID:PngfKZ3W
それは言わない約束でしょ、お義父さん

177 :法の下の名無し:2005/10/18(火) 07:28:43 ID:A/YfR98I
ポストモダン刑法=「実務追認・実務に丸投げ」刑法。
「実質面で評価→判例に結論同旨」、前田の理論構造はこれしかない。
学者というよりは「太鼓持ち」だな。

178 :法の下の名無し:2005/10/18(火) 18:14:03 ID:cWOOezUe
とはいえ、判例は結論として妥当である

179 :法の下の名無し:2005/10/18(火) 22:40:07 ID:7WoVjgXH
藤田の後釜で最高裁判事になるかも…

180 :法の下の名無し:2005/10/21(金) 00:56:59 ID:EmIU7rl/
実務に影響を与えてこそ価値がある。実務を見ない机上の空論を振り回して喜んでいるのを見ると呆れて物が言えませんね。

181 :法の下の名無し:2005/10/23(日) 23:31:58 ID:pW6qt/ZL
前田先生の刑法の基礎どこにもないんだけど。

182 :法の下の名無し:2005/10/24(月) 20:57:58 ID:bSTrIh5q
実務に影響を与える、というよりは実務から影響を受けっぱなし(一方通行)。
実務を見ない机上の空論は駄目だが、実務を見すぎて、批判の精神を忘れ、理論構築
を放棄するのはもっと駄目だな。

183 :法の下の名無し:2005/10/25(火) 02:43:15 ID:7qIA0ndy
しかし、結局のところ、どの先生も結論が判例と反するものは少ない。
それは、判例は、結論の妥当性を相当程度考慮して判決を書いているので結論がおかしいということはまず無いからでしょう。
つまり、現在においては論証の面について議論、検討していくのが刑法学ではないでしょうか。
論証の面から言えば、前田先生の刑法理論はかなりの部分で違う。前田先生の刑法の考え方こそ刑法学の真の姿だと思います。

184 :法の下の名無し:2005/10/25(火) 04:46:26 ID:fgNXUa8w
>>183
四行目までは分からんでもないが五行目以降は全然意味不明だぞw
おまいが前駄信者だろうな、ていうとこしかわからん

185 :法の下の名無し:2005/10/28(金) 20:00:06 ID:AHzuwyD5
最後の一文があまりにも根拠不明だな…。真の姿て。

186 :法の下の名無し:2005/10/29(土) 13:35:21 ID:VOl6HVIV
刑法の基礎、ホントどこにも無いなーー。
初学者の俺としては、講義の方は難しすぎる。授業で講義と重判指定だったから買ったけどムズい。

187 :法の下の名無し:2005/10/29(土) 14:09:05 ID:u6A5o4e7
>>186
amazonのマケプレに8冊も出回ってるけど

188 :法の下の名無し:2005/10/30(日) 10:45:14 ID:oLDJcaVo
『日本の治安は再生できるか』 ちくま新書 前田 雅英 (著)

本書は官庁統計を基に外国人犯罪と少年犯罪を特にクローズアップして分析しています。もともと、
こういった統計が犯罪の発生状況を正確に反映しているかどうかについては意見が分かれています。
けれども、本書の統計データ分析には、それ以前の段階で二つの根本的な誤りがあります。

第一に、犯罪増加の主な要因が外国人や少年であるという主張を裏付けるデータが本書にはありませ
ん。本来ならば、決算報告等のように「犯罪全体の増加のうち外国人や少年の犯罪によるものはどの
程度か」を示すべきところ、実際には主張と直接関係の無い数値ばかりが挙げられています。特に顕
著な傾向は「部分と全体の混同」です。

第二の誤りは、検挙人員と検挙件数の混同です。著者は検挙人員の約半数が少年であることを理由に、
治安対策における少年犯罪の重要性を強調しています。しかし、犯罪行為と犯罪者の数は区別する
必要があります。著者も書いているように「成人が犯そうと少年が犯そうと、一件は一件」なのです
から、治安状況に対する少年の影響については検挙「件数」の統計を見なければなりません。

警察庁の『平成14年の犯罪(警察庁のHPで閲覧可)』によると、少年事件及び成人・少年共犯事件は検
挙件数全体の約4分の1です。従って、検挙人員による分析では少年による犯罪行為の割合をかなり多
めに見積もってしまう事になります。さらに、万引きや自転車盗等の軽微な犯罪を除いた部分に占め
る割合は15%弱です。

つまり、大前提となる統計データの分析が根本的に間違っているので、本書は論理的に破綻している
と言えます。そんな訳で、本書を『統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門』の副読本とし
てお勧めします。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480061169/qid%3D1130636391/250-4841182-2107457

189 :法の下の名無し:2005/10/30(日) 10:57:54 ID:oLDJcaVo
少年犯罪が近年急増したというのは、マスコミが捏造した世論です。
戦後最もキレやすかったのは、昭和35年の17歳です。
50代後半の人間の増加は、社会に重大な影響を及ぼします。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html

190 :法の下の名無し:2005/10/30(日) 15:05:14 ID:cAzck12B
>>188
おまえさ、ちゃんと読んだのかよ?日本がちゃんと読めるようになってから批判しようね。出来損ない君。

191 :法の下の名無し:2005/10/30(日) 15:24:49 ID:oLDJcaVo
>>190
おいおい、切れるなよ。
単に、おもしろい読者レビューがあったから貼っただけだよ。

192 :法の下の名無し:2005/10/30(日) 17:30:47 ID:wjc7fnox
>>189
1・2行目と3行目は全然意味が違うのね…。
リンク先読んだらどういう意味なのかわかったけど、
そこだけ抜き出すとは誤解生みやすいと思うよ。

193 :法の下の名無し:2005/10/31(月) 09:42:12 ID:DmkyPhKc
1行目2行目は事実を指摘していて、3行目はある種の
揶揄というか、皮肉だよね。

194 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 16:56:24 ID:dVBkudVt
                        (0)
        ピシャッ!!  ∧__  __∧  | |
                 ,ゝ、)`Y´(_ノ .(iξ
.   ノノノノノヽヽ //// ∠XリリリリリリX/ /))
ハァハァ( ・A ・*) | | |  川VoV从 / .(( <ageじゃ〜!!!
     (=====)   \\  (⌒二二つ    ))
   __ (⌒(⌒ ) .   ==-  〉】S【     ((
 /\ ̄ ̄し' ̄ ̄ ̄\  .l^~▼〕     ν
  ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄  / /|´ |
         | |       .イ / | l
       / \      .し!  ヾ_)

前田        平野

195 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 16:57:22 ID:dVBkudVt
                        (0)
        ピシャッ!!  ∧__  __∧  | |
                 ,ゝ、)`Y´(_ノ .(iξ
.   ノノノノノヽヽ //// ∠XリリリリリリX/ /))
ハァハァ( ・A ・*) | | |  川VoV从 / .(( <ageじゃ〜!!!
     (=====)   \\  (⌒二二つ    ))
   __ (⌒(⌒ ) .   ==-  〉】S【     ((
 /\ ̄ ̄し' ̄ ̄ ̄\  .l^~▼〕     ν
  ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄  / /|´ |
         | |       .イ / | l
       / \      .し!  ヾ_)

       前田       木村光江

196 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 18:48:49 ID:5ZZyG2DA
法律学者の場合、統計のとり方メチャいい加減なのは事実だよね。
最低限、一般教養でやるくらいの統計くらい勉強し解けばいいのにね。
恥ずかしい限りだよ。

197 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 19:49:38 ID:/V7p26fX
しっかし、単純に考えれば、犯罪の総数が増えてることと少子化を考えても、
検挙人員の約半数が少年というのは、やはり問題だと思うが。

198 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 19:50:40 ID:/V7p26fX
それに、昔とは比較にならんほど検挙率が下がってるし。

199 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 19:54:35 ID:/V7p26fX
>>180
前田の『レッスン刑法37』なんかは、元々警察官のために書かれたもんなんでしょう。

200 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 21:16:59 ID:jPVnq5Ra
昔は司法試験の試験委員で荒稼ぎ。
今は警察庁の御用学者。

201 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 21:35:26 ID:6BrIZHbl
>>197>>198
成人と少年の検挙率が同じくらいとは限らないのでは…?

202 :法の下の名無し:2005/11/03(木) 23:03:26 ID:ciQxTHHf
>>196
統計自体は役人が作ったもの使ってるだけだよ

203 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 02:25:41 ID:cPt7RYbX
とにかく、前田教授は正しい。

204 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 02:31:41 ID:xNHO4ac3
>>202
「仮説検定hypothesis testing」って知らないんだよねw

205 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 08:41:34 ID:SnFN3ftc
>>199
もともと法学セミナーの連載だよ。

206 :法の下の名無し:2005/11/04(金) 11:39:59 ID:eHmezYNy
>>205
『レッスン刑法37』は警察大学校編『警察學論集』(立花書房)の連載じゃなかったっけ?
セミナーの連載は『刑法演習講座』じゃないか?

207 :法の下の名無し:2005/11/06(日) 11:17:17 ID:M1o6AAr4
>>204
知ってますが?
お前みたいに少しかじっただけで知ったかぶるバカいるよなw

208 :法の下の名無し:2005/11/06(日) 12:04:51 ID:emcjN7FA
↑わからないのを隠すために、他人をバカ呼ばわりする香具師w
それとも3日かけてお勉強したのかな?
それでも「少しかじった」以上にできれば大したもんだなww

209 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 16:04:46 ID:VvZl27ZI
きのうNHKで解説委員が話していたけど、子供の犯罪は減ってるみたいよ。

210 :法の下の名無し:2005/11/08(火) 19:02:19 ID:zlsDNRys
時期の捉え方の違いじゃないのかね

211 :法の下の名無し:2005/11/09(水) 00:20:23 ID:/tYjCLOg
今年度は減少に転じた。

212 :法の下の名無し:2005/11/09(水) 00:55:46 ID:Da/KUKfY
基地外的な説が多い中、前田教授の理論は唯一支持できる。


213 :法の下の名無し:2005/11/09(水) 22:43:30 ID:uyep2hcA
確か、少年犯罪の検挙人員を見ると、そんなに変わっていないか、もしくは減っているので、
少年犯罪は増えていない、あるいは変わりないという一般論だが、
犯罪件数が激増して、かつ検挙率が大幅に落ちたことから、かつての検挙率の検挙人員と
今の検挙率での検挙人員では比較にならず、むしろ、犯罪総数の中での少年被疑者の数の
分布を鑑みると増えていると考えるのが妥当というのが、前田教授の本の内容だったような
気がする。

214 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 07:06:49 ID:OL9/+Pzm
平野に破門されたというのは本当ですか?
もし本当なら原因は何ですか?

215 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 08:02:12 ID:9cmpptMn
嘘だろう。

216 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 09:15:02 ID:n6FYxM8L
>>213
確かに、データ使って小汚いことというときの典型パターンだよね

217 :法の下の名無し:2005/11/10(木) 10:30:25 ID:9JyMgSkw
藤木とは関わり合いあったの?

218 :法の下の名無し:2005/11/14(月) 04:08:23 ID:SXTLv7B9
突然キレているのは堀田

219 :法の下の名無し:2005/11/14(月) 10:25:15 ID:sk7JZAvO
児玉清に似てソフトな風貌

220 :法の下の名無し:2005/11/14(月) 10:39:38 ID:wwwkXRx2
>>218
おまい弱いものいじめはヤメロよwww

221 :法の下の名無し:2005/11/14(月) 13:11:13 ID:kTgKMySr
「実務と離れ過ぎず、理論と実務のバランスが取れた、現実的な解釈論を
展開しよう」という姿勢は、俺はすごく共感できるし、尊敬できる。

山口厚などは理論的に厳しい学者だというのは分かるが、結局実務では
影響力を持ち得ない理論だと思うしね。第一、難解すぎる。
前田は「わかりやすさ」「使いやすさ」を追及するところも共感が持てる。

222 :法の下の名無し:2005/11/16(水) 18:15:31 ID:ga5jAzPg
前田説最高━━(゚∀゚)━━!!

223 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 09:48:11 ID:Ekp5Kreh
自画自賛うぜー。
オ尺 4 落 平 キレ

224 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 14:44:00 ID:Mf/GakuB
これからはローの時代で、ますます実務感覚が重視されていくだろ。
その意味で、判例・実務を重視して実質的犯罪論を提唱してきた
前田説の基盤はより強固になると思うよ。

理論的な面だけを追及した結果、具体的付合説に固執したり、あげく
の果てには実行行為概念を不要と言い切るような学説は淘汰されていく
と思うね。
まあ、そういう学説の信者は、>>223のような学説の当否とは無関係に
他人を攻撃するような姑息な手段をとるしかなくなるのかなw


225 :法の下の名無し:2005/11/17(木) 18:25:41 ID:1GDoZrwA
実務信者ってリアルじゃよっぽどムゴイめにあってるんだろうな
落ちこぼれロー生か司法ヴェテか院生中退組か負け組法曹関係者か・・・

226 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 12:49:17 ID:oeYRnCMb
刑訴を共著で書いてる池田氏は、切れ者の裁判官なのでしょうか。
香城氏や安廣氏のような・・・

いずれにせよ、前田刑訴は判例に沿った形で、読みやすくていいねぇ!

227 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 16:03:48 ID:BXqYhn4h
262 :法の下の名無し :2005/11/04(金) 11:19:23 ID:/ExWNGod
中野次男編『判例とその読み方〔改訂版〕』(有斐閣、2002年)10頁以下。

「今日では、大学の講義でも、教科書でも、判例に言及していないものはない。
しかし、そこでは、自分の学説を述べることが中心となるから、判例は、単に
参考として、あるいは批判の対象として、他の学説と並べて引用されることが
多い。そのため、これらによって法律学を勉強している学生や受験生は、とか
く判例というものを一般の学説なみに考える傾向があるように思われるが、そ
れにも無理からぬことがある。
 ところが、そういう人たちが法曹になろうと志して首尾よく司法試験に合格
し、司法修習生として司法研修所で実務家になるための修習を始めてまず驚く
のは、判例というものが学説とは比較にならない大きい権威をもっているとい
うことであろう。
 そこでは、どの法律問題についても、その点に関する判例はどうなっている
のかがまず問題とされる。そして、判例があれば、大抵はそれに従うべきだと
いわれるだろう。そのこから知られるのは、判例が好むと好まざるとにかかわ
らず実務の世界を支配しているという事実である。その人たちがそれまで学ん
できた○○教授の学説も、判例の前には光を失ってしまう。だから司法修習生
諸君は、初めのうちはその点でかなりの戸惑いを覚えるのである」


228 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 18:59:34 ID:BDcPr3kR
択一4回落ちというのは嘘だろ。
平野に破門されたというのも嘘だろ。

229 :法の下の名無し:2005/11/19(土) 02:23:58 ID:RDALsRkz
前田教授の考えが理解できない奴は法律学から手を引くべきだ。

230 :法の下の名無し:2005/11/19(土) 10:25:22 ID:k0l/uKxM
>>226
池田修単独で書いているものを読めば判断できるだろ。
超切れ者。

231 :法の下の名無し:2005/11/19(土) 18:24:21 ID:4kkm81dw
首都大の法学スタッフは些細なことですぐにキレるから、なかなか会話が成立しないって話らしいよ。特に若手。

232 :法の下の名無し:2005/11/19(土) 22:06:43 ID:fSEUOhQE
源太郎?

233 :法の下の名無し:2005/11/19(土) 22:09:44 ID:vaUamjFy
そうなの?

そういえば都立の今年の倍率は凄いことになってたけど。

234 :法の下の名無し:2005/11/20(日) 08:26:24 ID:EWzhAsTk
周五?

235 :法の下の名無し:2005/11/20(日) 16:44:24 ID:h5YDtAtc
前田刑訴最強!

ただ、これだけ判例ベッタリだと、前田先生、学者たちから
「それでも研究者か」とかの批判を受けないだろうか・・・
余計なお世話だが心配・・

236 :法の下の名無し:2005/11/20(日) 18:00:35 ID:1KCbqgaV
ロー時代に判例実務を批判している学者のほうが馬鹿だよ。
そのうち滅ぶでしょう。

237 :法の下の名無し:2005/11/20(日) 23:32:36 ID:QqHmT48i
訴訟法の学者さんは、ホント自分達のビジネスモデルを再考した方が
いいだろうねえ。

一部の人は立法論で食べてけるかもしれないけど。

238 :法の下の名無し:2005/11/21(月) 05:10:00 ID:FLe6McH7
判例実務批判しなけりゃそれこそメシのたねがない

239 :法の下の名無し:2005/11/21(月) 08:26:43 ID:OaBpoaJM
判例理論の整合性を分析するだけではツマラナイ

240 :法の下の名無し:2005/11/21(月) 11:45:05 ID:GeSzv7B+
時代遅れ乙

241 :法の下の名無し:2005/11/22(火) 15:49:07 ID:SHk6egfp
アメリカのロースクールなんかは、判例研究がもっとも重要視されてるんだっけ。

242 :法の下の名無し:2005/11/25(金) 23:52:03 ID:hGpODr7y
前田刑訴すげぇな・・・。まさに司法試験の答案書くための本だね。
田宮、白鳥、田口は売りますた。

243 :法の下の名無し:2005/11/28(月) 13:04:45 ID:1FUaMxtk
知的退廃者のすくつですか、このスレ。

お前だろが、というレスは省いてください。

244 :法の下の名無し:2005/11/28(月) 21:36:27 ID:BKPeOLTx
前田刑訴の良さは否定できないが、242のような短絡的な浅い人間は
そもそも法曹に向いてないと思った。

245 :法の下の名無し:2005/11/28(月) 22:02:34 ID:cY87OlmU
だって周吾だもん

246 :法の下の名無し:2005/12/02(金) 13:54:45 ID:E0PA8W+I
ほぅ、そうですか

247 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 06:09:11 ID:d7mCgSX1
そのようですね

248 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 17:00:41 ID:yDemtyMZ
司法試験委員を辞めた以上もはや用なし!

中途半端な結果無価値に立ち、少数異説を唱えるただの一学者。
本はカラーと図で分かりやすいように思えるが、中身は最悪。

買うなら大谷の方が100倍良い。
ちなみに予備校はほぼ行為無価値派。

249 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 17:35:01 ID:r8uQfl5d
ほう、そうですか。今年も落ちましたかw
あなたもう無理ですよ。
こんなところで憂さ晴らししてないで、コンビニで働きなさいw

250 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 21:30:07 ID:p5nvul+z
大谷の何処がいいんだ?版ごとに180度意見が変わるとんでも学者だぞ。。。行為無価値二元論のくせに全く結果無価値無視してるしね。
前田教授の足元にも及ばないから(笑)

251 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 21:35:29 ID:6Jh/aIFZ
予備校はほぼ行為無価値派っていうのも、事実に反するなあ。

252 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 21:54:50 ID:VW0cZ9yO
なんできゅうに前田信者が湧き出してきたんだかw

253 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 22:15:03 ID:r8uQfl5d
前田ファンしか書き込まないからだよ。
それくらい分かれよ低脳野郎w

254 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 22:35:19 ID:cZugwl3v
刑訴の本はすばらしい。
平野をもはや越えてしまった。

255 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 23:15:39 ID:Yl3LqJup
それは褒めすぎだろ

256 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 00:11:57 ID:O+GNB4p6
なんでお前のレベルで平野を超えたとか言えるわけw?

257 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 00:54:54 ID:fwA1wJeV
書研のパクリ・・・でもそれがE!!

258 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 15:27:15 ID:7OWgDtt3
Eって・・
おまえいくつだよw

259 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 18:31:21 ID:jEZxE+VH
教えないC

260 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 19:57:30 ID:Mt4KHOlF
4版まだかねぇ。楽しみにしてるのだが。

261 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 21:27:54 ID:1KwNvnAG
近々出る予定ある?何も告知なし?

それまで法教の演習で我慢するか。

262 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 00:25:59 ID:DiwXoVrD
もう入稿したらしいよ。 http://www.comp.metro-u.ac.jp/~maedam/
2月とかにはでるんじゃない?


263 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 01:38:44 ID:ZQEAsfgu
校正って意外と時間かかるなんだね。

264 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 02:40:26 ID:gHBHD++K
東大出版会は抜け目ない。
予備校の刑法の答練の時期の3月に狙いを定めて発売するだろうよ。
もし俺が担当者でもそうするしw

265 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 02:47:13 ID:maazUMuj
むしろ答練の時期じゃ遅いだろ

266 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 17:53:06 ID:czw2IeSR
素直に考えりゃ、4月の新学期に間に合わせるだけのことでしょ
世間が狭すぎるなw

267 :法の下の名無し:2005/12/08(木) 00:58:40 ID:Fk9z8Hu3
書研のパクリとか言ってる奴いるが、間違いなく前田刑訴読んだことない奴の発言だな。

268 :法の下の名無し:2005/12/08(木) 01:43:38 ID:/LPoKwxB
まあアンチ前田には、社会不適合者のベテが多いからな。

269 :法の下の名無し:2005/12/08(木) 22:44:39 ID:UwlGimra
アンチ前田=人権屋

270 :法の下の名無し:2005/12/09(金) 18:00:15 ID:+AuKyh2/
前田マンセー →検察官

271 :法の下の名無し:2005/12/09(金) 18:43:10 ID:2kb6Y5e5
1月6日
辰巳法律研究所、特別講演会
首都大学東京教授、前田雅英先生
「新しい時代の法曹と刑事法解釈」


272 :法の下の名無し:2005/12/09(金) 22:10:20 ID:jQsKu4Um
それ、少し前に中京大学でやったのと同じじゃん。。

273 :法の下の名無し:2005/12/10(土) 00:42:05 ID:Z2ZlgmlB
中京の馬鹿にはもったいない話だな。

274 :法の下の名無し:2005/12/10(土) 01:06:13 ID:hJM5JES8
むしろオネエ系の可愛い受験生が多くて良かった。

275 :法の下の名無し:2005/12/10(土) 01:36:38 ID:wYsXy27b
俺はちょっと人権屋的だが、前田先生の本はちゃんとしたことが書かれてる
と思いますよ。
まあ、前田=木村コンビに喧嘩を売ってるのは、上智の林先生じゃないの?

276 :法の下の名無し:2005/12/10(土) 19:31:41 ID:Z2ZlgmlB
林・・・本があるのは知ってるが読んだことはないな。所詮気にするレベルの奴じゃないだろ。

277 :法の下の名無し:2005/12/11(日) 00:07:26 ID:sw7C/G0Z
…受験生の方ですか?

278 :法の下の名無し:2005/12/11(日) 18:42:53 ID:EXd5LPRq
学者としても一流。
教育者としても一流。
社会への影響力も刑法学者では一番。

279 :法の下の名無し:2005/12/12(月) 18:21:10 ID:diRWIxuU
>>278
本人乙

280 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 01:18:24 ID:eiNOeiMN
>>279
人権屋乙

281 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 02:24:05 ID:/ZYiwf4m
>>279
なにが本人乙、だよヴァカwww
2ちゃんなんかに、日本を代表する学者が書き込むと
本気で思ってんのか?
なんでも自分と同じレベルとしか思えないんだなw
そういう低脳君は、巣に帰って少年ジャンプでも読んでろよw

282 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 13:59:58 ID:QMHsEAcE
>>281
助手乙

283 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 14:40:07 ID:9gYGzWDi
工作員乙。

284 :法の下の名無し:2005/12/18(日) 02:19:16 ID:uZPztbJh
木村光江先生、「刑法」第3版出してください、お願いします。
敢えて買うにはいささか古くなってしまっています。
微妙な改正を踏まえて改訂していただければ即買いです。


285 :法の下の名無し:2005/12/18(日) 06:25:55 ID:IguGSvP3
木村先生の本って、コンパクトな分だけ、実は密度が濃くて難解。
その点、前田先生の方が、グダグダややこしいようでいて、
丁寧で、勉強になる。といっても、時間がかかって大変だけど。

286 :法の下の名無し:2005/12/21(水) 17:08:16 ID:E65nPlFD
>>281
そりゃ冗談に決まってるじゃないですか。

287 :法の下の名無し:2005/12/21(水) 21:48:48 ID:F0ENvG0X
前田総論四版、三月みたいね。。

288 :法の下の名無し:2005/12/24(土) 01:06:53 ID:WMDR8Ua9
総論のみか。各論はどうするんだろ?

289 :法の下の名無し:2005/12/24(土) 01:37:04 ID:y0GRZyvn
今年の春に問い合わせた時は各論も改訂するようなこと言ってたけど。
この調子だと再来年になりかねんな。。

290 :288:2005/12/24(土) 04:02:20 ID:WMDR8Ua9
>289
そうですか。第2版でも、読み直そうかな。

291 :法の下の名無し:2005/12/24(土) 21:21:02 ID:ua2IMdkY
3版にしとけ。

292 :法の下の名無し:2005/12/25(日) 18:06:00 ID:eSYOZEHB
前田って天才だよな

293 :法の下の名無し:2005/12/25(日) 20:16:46 ID:Q5KZbq0P
本人でも嫌がるような賞賛はやめたら

294 :法の下の名無し:2005/12/26(月) 23:23:29 ID:xioRZPpy
刑法学者の中ではまともなほうだよ

295 :法の下の名無し:2005/12/27(火) 15:10:50 ID:GLUfbSQQ
前田先生の主張どおり、防犯カメラをどんどん設置すべきだ。

296 :法の下の名無し:2005/12/27(火) 16:50:31 ID:S43I+i73
いやよそんなの

297 :法の下の名無し:2005/12/29(木) 15:48:30 ID:L6v4JvAY
不作為犯論と過失犯論の類似性の根拠について説明されている書物は前田総論だけ。
以来前田総論が私のバイブルとなった。

298 :法の下の名無し:2005/12/29(木) 16:29:47 ID:G8dwWiZM
一人で褒めてるね。

299 :法の下の名無し:2005/12/29(木) 22:03:29 ID:/uSZ2E7I
>>297
類似していると考えてるのが前田だけなんじゃないか?

300 :法の下の名無し:2005/12/30(金) 09:19:06 ID:bh1AFKMq
300とったら国民感情

301 :法の下の名無し:2005/12/30(金) 20:20:23 ID:FdWMQKi0
刑法の三段階のふるいは不要。まずニ段階の形態に統一していくべきだと思う。

302 :法の下の名無し:2006/01/02(月) 16:08:15 ID:8ncnzM0g
刑罰効果の極大化を目指そうぜ!!

303 :297:2006/01/06(金) 18:55:27 ID:JzITNcIt
間違えた。
因果関係論と不能犯論の類似性ね。


304 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 23:52:48 ID:arlJ2FCX
斉藤貴男『安心のファシズム』(岩波新書)を読むと、
この人何のために、法律学勉強したのだろうかと考えさせられる。
みんな、読んだことある?

305 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 00:21:54 ID:mVmaUlDF
読んだこと無いけど、どんな事書いてるの?>>304

306 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 00:22:16 ID:pXVJ3fVF
>>304
くだらない本だよねそれ。

307 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 21:29:11 ID:B9jwWuVA
実際の運用を無視して、机上の空論を書いて喜んでる馬鹿な評論家の話はなしだろ。
分をわきまえろ。

308 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 01:33:11 ID:06uF0zbC
http://www2.gol.com/users/mct/GTmaeda/sankou.htm#sankou4

ここでも前田のトンデモ本批判されてた。

309 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 09:58:38 ID:4wimyxgz
トンデモサイトに批判されてもね。

310 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 12:36:01 ID:2LnsnFxH
前田の統計のインチキについては前にも出てきてたよね

311 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 18:10:01 ID:5BU4YDpG
ああ。いたな。
結論としてここに書き込んだ奴はただコピペしただけで、まったく読んでない馬鹿だったが。
おまえもその手の人間か?
まともに読んでれば統計が間違ってるなんて言う批判出てこないはずだが。
厨は引っ込んでろよ

312 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 16:34:04 ID:yla0sPVr
前田雅英先生のいう「国民の規範意識」というのは小野清一郎博士のいう「道義」ということでよろしいですね。

313 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 12:49:48 ID:9/9vZS2D
そんなわけないだろ。顔洗って出直してこい。

314 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 16:42:26 ID:PO78vYph
いやあ、簡単に言えばそんなもんじゃないのかね?
適当なこといってるけど、なんだかんだいって「国民の規範意識」も「道義」も
「社会通念」も同じようなものだと思われ・・・。

315 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 17:32:53 ID:opPIgWIk
道義と社会通念は同じである。
その根拠は、なんだかんだいっての法理による。

316 :法の下の名無し:2006/01/17(火) 13:41:36 ID:glGx5lvl
論点が少しずれますが、小野博士の「道義」はヘーゲル哲学に基礎をおいているものと考えられます。これは国家が設定するものとされて、戦前は国体に置き換えられ恣意的刑罰権の運用を可能としました。この反省から戦後に形式的犯罪論が主流になったわけです。
前田先生のいうところの「国民の規範意識」とは異なるものだと考えます。

317 :法の下の名無し:2006/01/17(火) 14:09:09 ID:E41FZ74D
>>316
日本法理の自覚的展開は読まれましたか?

318 :前田刑法を読んでみる:2006/01/17(火) 22:02:45 ID:glGx5lvl
体系の立場性についての質問です(刑法総論講義(第3版)の52頁)。前田説の体系論にも一定の価値的主張が内在されているはずですが、それはどのようなものなのでしょうか?ご教授ください。

319 :法の下の名無し:2006/01/17(火) 22:35:13 ID:JthIOj9Z
体系論に価値的主張があると思う幻想。

320 :法の下の名無し:2006/01/17(火) 23:03:21 ID:4LvlV/wq
>>318
裁判官を信頼し「裁判官が実質的に判断」することを許す(推奨する)立場を取っている

321 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 10:10:50 ID:GlUyfFF+
一般人に肯定されるような「道義的」非難を向け得る行為であるからこそ、
処罰を国民が納得するのである(前田総論264頁)。

322 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 10:16:47 ID:428oOa4+
俺なんかは、小野清一郎博士と前田雅英教授にすごく似たものを感じてしまうんだが・・・。
まあ、どうでもいいけどね。

323 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 10:19:23 ID:428oOa4+
国民の規範意識=国民の道義意識でもいいでしょう。
現に、教科書見る限りじゃ、前田師も同じ意味で使っているようだしね。
まあ、これもどうでもいいが。

324 :前田刑法を読んでみる:2006/01/18(水) 13:47:46 ID:s90SK1F3
>>317  ID:E41FZ74Dさまへ
ご指摘ありがとうございます。日本法理の自覚的展開は読んでいません。初学者なので現時点では手が回っていません。
そこで、総論の本を開いてみたところ、(以下54頁の引用)その国民の視点を「道義秩序」「社会的相当性」と呼ぶのであれば、両説に実質的な差異はないといえよう、との記述があることをみつけました。
すると、国民の規範意識とは社会的相当性とも同じなのでしょうか?
不勉強ゆえの的外れな質問かもしれませんが、是非ご教授ください。
実質的に差異はなくても形式的差異(アプローチの手法など)の差異があるのかなと素人的に感じてしまいます。


325 :前田刑法を読んでみる:2006/01/18(水) 13:52:15 ID:s90SK1F3
前田先生のいうとろの、その国民の視点と国民の規範意識が同じものなのかを検討してませんでした。
論理の飛躍が含まれているとおもいます。書き込み後に気づきましたごめんなさい。

326 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 16:53:25 ID:d+8XK6gQ
司法試験に1番で受かった藤木英雄や2番で受かった山口厚の基本書を読んでいると実に頭が良いと感じる。
それに比べて前田ときたら。。。

327 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 17:51:22 ID:d/KelkfN
頭良すぎて実務じゃ使えないけどな

328 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 19:24:54 ID:9aQNDihh
↑実務家を馬鹿にするでない


329 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 20:19:10 ID:0vBEzaTk
日本大学法科大学院・加藤康榮教授(元最高検察庁検事)曰く、

池田修、前田雅英氏の共著『刑事訴訟法講義』を実務的な基本書として勧めます。

330 :前田刑法を読んでみる:2006/01/18(水) 23:13:20 ID:ytAWyeG7
総論117頁の記述についての質問です。
17行目に、処罰に値しない場合も構成要件該当性が否定され(違法性が阻却され)るのである、と記されています。
私は、前田先生が括弧内の表現(違法性が阻却され)を入れた理由を十分に理解できません。どのような意図があるのでしょうか?


331 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 23:41:47 ID:jMIJMPdr
>>330
構成要件該当性が欠ける根拠を違法性の欠如に求めたという意味
(構成要件的責任要素の欠如ではない)

332 :前田刑法を読んでみる:2006/01/19(木) 01:58:51 ID:8ErgniOu
>>331

p114頁の5行目でいうところの、「刑法を使ってまで保護する利益」(違法性)がないということですね。

的確なご指摘ありがとうございました。

333 :前田刑法を読んでみる:2006/01/19(木) 02:13:31 ID:8ErgniOu
>>330 さま
書き込み後に思ったのですが…。

処罰に値する結果は発生しているのだけれども、本人が利益を放棄しているので、構成要件段階で違法性が欠けるということでしょうか?

とすると、同意とは絶対的軽微(構成要件該当性否定)・相対的軽微(違法性阻却)以外に違法性を検討(違法性が阻却される)する場合であるということなのでしょうか?

法律畑育ちではないものなので何かしっくりしません。教えていただけないでしょうか?

334 :前田刑法を読んでみる:2006/01/19(木) 02:17:54 ID:8ErgniOu
↑を訂正させてください。
処罰に値する結果→処罰に値する程度の


335 :331:2006/01/19(木) 02:24:58 ID:H0PiZo1b
>>333
前田先生は結果無価値論に立ち、
身体については自己決定を重視する立場をとっています。

すると、(錯誤や脅迫がなければ)同意の効力を広く認めることになるので、
被害者が本当に納得している場合は法益侵害がゼロになるわけです。

次に、法益侵害がない=違法性の欠如を構成要件で処理するか違法性阻却で処理するかがわかれます。

構成要件の形式性を重視する立場からは、形式的には構成要件に該当することが否定できないので
同意は違法性阻却の問題となります

しかし前田先生は構成要件を実質的に解釈して良いという立場なので、
法益侵害が無い場合はそもそも構成要件が予定してないと考えていいのではないかと考えるのです。

336 :前田刑法を読んでみる:2006/01/19(木) 02:43:51 ID:8ErgniOu
>>335さま
早速のご回答ありがとうございます。
今夜布団のなかで考えて見ます。
結論としては、客観的構成要件としての結果を欠くということなのでしょうか
おやすみなさい。


337 :前田刑法を読んでみる:2006/01/19(木) 11:13:58 ID:8ErgniOu
一晩寝たら解ったような気がします。
客観的構成要件の構成要素である結果を欠くから構成要件該当性が否定される。
これは、別の表現をすると客観的構成要件は違法行為類型だから、当該行為は違法性が無いと評価される、ということである。
このような感じでしょうか?

338 :法の下の名無し:2006/01/19(木) 11:33:05 ID:e8npxu/U
>客観的構成要件の構成要素である結果を欠くから構成要件該当性が否定される。

これは正しいと思います。しかし、

>客観的構成要件は違法行為類型だから、当該行為は違法性が無いと評価される、ということである。

は間違っていると思います。

先に「当該行為が違法性がないと評価された」ので、「違法行為類型である客観的構成要件に該当しない」とされるのです
前田先生の説は、違法性が無い(少ない)場合を構成要件の入り口で弾いてしまいます。
構成要件の所でかなり実質的な判断をしてしまうのが前田先生の本の特徴なのです

(普通は構成要件該当性は形式的に判断し、実質的判断は違法性阻却の所で行う)

339 :前田刑法を読んでみる:2006/01/19(木) 13:43:29 ID:EGpnYJOt
ご指摘ありがとうございます。

>前田先生の説は、違法性が無い(少ない)場合を構成要件の入り口で弾いてしまいます。

ということは、絶対的軽微の事例を処理する段階と、被害者の同意を処理する段階は、処罰に値する結果か否かを判断するという意味において、同じ段階にあるといえるのでしょうか?


340 :法の下の名無し:2006/01/19(木) 14:12:41 ID:e8npxu/U
>>339
そうですね。ともに「構成要件該当性」で判断しているということです。

被害者の同意の場合も、被害者の同意→法益侵害がないことになる、
という点で、絶対的軽微に含まれるのかもしれません

341 :前田刑法を読んでみる:2006/01/19(木) 17:37:29 ID:EGpnYJOt
理解が進みました、ありがとうございます。

342 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 20:53:10 ID:5sfAAlMC
第3版p190のAの事例の雇い人は処罰されたのですか?
また、理論上は何罪の成立を検討すればよいのですか?

343 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 21:00:27 ID:iOhelMZC
>>342
処罰されたかどうかはわからないが
頭蓋骨を骨折してる人間を川に投げ込み殺害したのだから
殺人罪になると考えられる

344 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 21:34:06 ID:5sfAAlMC
主犯として傷害致死も検討の余地ありですか?また、従犯(片面的も考慮にいれる)も検討するべきですか?


345 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 21:57:38 ID:iOhelMZC
>>344
共犯の可能性もあると思われるがそのような事情が書いてないので無いものとして書いた。
頭蓋骨骨折で恐らく意識がない人間を川に投げるのが殺人の実行行為にあたるかあたらないか。
私はあたると思うが342氏が当てはまらないと思えば傷害致死にすればよいと思う。

346 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 22:37:42 ID:5sfAAlMC
お風呂に入ってリラックスしていたら思いつきました(これは343さんが私に与えてくれた刺激によるものです)。これは、法学的には妥当な思考パターンではないかも知れないことは承知の上で書き込むことをお許しください。
1.この事案は前田先生の類型によると狭義の相当性が問題となる場合である(p187の分類参照)。
2.被告人の因果関係の存否は狭義の相当性判断基準はp191にある3要件によって判断される。
3.被告人に因果関係が認められている(p190のAの結論)
4.これは、介在事情の客観的異常性の程度(p191のロ)が小さい・介在事情の結果発生への寄与度が低いことを理由とする(私見)。
5.ここから、雇い人の行為を逆算することができるのではないか。
6.すなわち、雇い人の行為は客観的異常性の程度は小さいと評価された・雇い人の行為は結果発生への寄与度が低いと評価された。
このような思考パターンはおかしいのでしょうか?

347 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 22:45:46 ID:5sfAAlMC
上記2の記述は日本語になっていませんね。ごめんなさい。お風呂に入りながらビールを飲むのが私の習性でして…。既にアルコールが回っていたようです。

348 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 22:58:36 ID:iOhelMZC
私も同じように考えてゼミの先生(検察官)話した事があります
ところがこのようなケースでは両者とも相当因果関係ありとするのが筋がいいそうです
理由は不明です

349 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 23:18:54 ID:5sfAAlMC
う〜ん。
私が変人でないことがわかり少し安心しました。論理的可能性から条件を絞っていくという考えには何らかの齟齬が生じるからなのでしょうか…(妄想)。

この場合訴訟法的には、共同被告とならないのが通常でしょうか?(一緒に審理しないと訴訟経済には反する気が…訴訟法はまだ一見しただけなので)

その先生に、何故そのような分析的思考(?)が筋が良いのか質問をしてその理由を教えていただけないでしょうか。




350 :法の下の名無し:2006/01/22(日) 18:37:15 ID:GQlv2uMs
刑法スキだね

351 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 01:45:40 ID:rwMN6DDo
>>349
中央大学の動くデータベースの斎藤誠二先生の最終講義をご覧になることをお勧めします
サイトマップからたどると無料で試聴できます
私たちと同じ問題意識について簡単ですが取り上げられています



352 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 08:35:31 ID:gIFy3lYI
>>351
そんな便利なものがあるとは知りませんでした。ありがとうございます。

353 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 08:52:41 ID:gIFy3lYI
>>351
行ってみたけれどReal Playerないので見られませんでした。
当方のネット用のpcはHDの容量が小さいので…。
出先でチェックしてみます。

354 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 21:25:54 ID:YyRDBEaq
聞きたいことがあるのだが、刑訴の確定力の問題は前田先生も平野先生と同じく存在的効力(とは言ってないが)と内容的効力で考えているってコトでいいんだよね?

355 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 01:36:01 ID:wvNdv+9W
:氏名黙秘 :2006/01/12(木) 01:38:13 ID:NhS+KHvL
http://www2.gol.com/users/mct/

犯罪学者・河合幹雄氏もトンデモ教授、前田を批判してましたね

あと、保守系の小浜逸男も前田の統計解釈には難点を感じると非難。
斎藤美奈子は前田の捏造的統計本を「犯罪的」と痛烈に書評で批判
宮崎哲弥には新書をワーストに選ばれちゃうし。

真っ当な知性の持ち主ならこのトンデモ刑法学者には批判的になるのが普通だね

356 :法の下の名無し:2006/01/28(土) 01:14:07 ID:SCUKp0UE
http://www.kepco.co.jp/insight/content/column/library/library073.html
http://nova.scitec.kobe-u.ac.jp/~matsuda/syohyo/0109hanzai.html

http://asatteblog.exblog.jp/1292971/
鮎川潤「少年犯罪」と前田雅英「少年犯罪」ではどっちが真っ当な著書だかは
懸命なかたならわかりますよね。

357 :法の下の名無し:2006/01/28(土) 02:15:11 ID:bpl1kjoD
>>356
懸命なのはお前だろw

358 :法の下の名無し:2006/01/28(土) 23:06:19 ID:wRNCVaaQ
前田先生の書く、ヘンな図や表が理解できない俺は、
失格ですか?

359 :法の下の名無し:2006/01/28(土) 23:16:19 ID:7HHraB9b
>>358
前田先生は、図を描くのが下手だと思う。
とりあえず、図を無視して文章だけで内容を理解するようにつとめるのが吉。
内容が理解できてくると、図が「解読」できるようになるから。

360 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 07:56:36 ID:C+QfrQIX
宮崎哲弥が「真っ当な知性の持ち主」の例に上げている時点で「釣り」とわかる(激藁)

361 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 15:00:15 ID:dSb9iAQR
刑事法関して何も知らない馬鹿が書いた本と、刑事法を研究、司法試験委員を経験し、現在大学院で講義を行っている人が書いた本
信頼すべきはどちらかなんて一目瞭然。
歩をわきまえない馬鹿が多くて困るな。

362 :行列:2006/01/29(日) 19:55:32 ID:mb7xnYAZ
前田先生、361氏の書き込みは侮辱罪じゃないのですか?

363 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 01:15:05 ID:yq5/gQwF
>>360

宮崎は昔は前田のこと尊敬してたらしいけど

無茶苦茶な統計解釈本を上梓してしまった前田については批判的だね。

諸君!のコーナーでワースト新著に選んで非難してたからね。

364 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 11:50:13 ID:CJ0aVI+W
前田も宮崎もデタラメ。
前田は言うまでも無く、宮崎に至っては
所詮、上智の講師止まりの人材。

365 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 23:23:03 ID:UO7GHgWp
日本刑事法学のエース前田先生(・∀・)

366 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 10:47:34 ID:i84hf/bw
被害者の具体的名前は?

367 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 13:16:31 ID:WCkty/3e
>>365
本人乙

368 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 23:00:58 ID:sJ865ZvY
前田先生のヘンな図や表を理解しようと、必死に本を読む。
これを、前田惹起説と名付けていいですか?

369 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 10:03:43 ID:8gkZLt1u
前田は学説がクソなだけじゃなくて、日本語が読みにくい。

370 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 14:42:20 ID:PTjKIwDR
「私が興味を持った研究対象には常に藤木先生の名が刻み込まれていた。
丁度お釈迦様の掌の上を走り回っていた様なものであった。
今後は,少しでも先生の学恩に報いることができるよう努力していきたいと思う」

1979年,藤木英雄への追悼でこう書いた前田は,いったい何をできたんだろう

371 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 22:55:23 ID:MwREo4+c
御用、御用で岡引みたいだ。いまだに某予備校は講演会とかやってるけど、
いいかげん縁切りなちゃい。

372 :法の下の名無し:2006/02/08(水) 07:32:28 ID:b6brQXCR
チンポほいやさあ!!チンポほいやさあ!!

373 :法の下の名無し:2006/02/11(土) 14:47:17 ID:dKl4VXaq
前田先生、匿名掲示板接続罪創設は可能ですか?

374 :法の下の名無し:2006/02/11(土) 21:21:48 ID:mq05Pcnt
おまえら、名誉毀損・侮辱罪で捕まってしまえ。

375 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 00:27:10 ID:PZ5yNAqS
>>374
本人乙

376 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 01:35:17 ID:hhEFj++c
山口先生への批判には敬意を感じるが、前田先生への批判には侮蔑を感じる。

377 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 02:10:00 ID:pcAlUeyN
各論自己堕胎罪P.55の図(右のやつ)が理解できません。
もう、これはスルーしてしまえばよいのでしょうか?
他に聞けるところもないので誰か教えてください。

378 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 20:05:54 ID:FEsk2oEG
前田先生、刑法って何か暗くて怖いイメージがあって好きになれないんです。
こんな俺は、可罰的無価値な存在だと思うのですが・・・

379 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 23:05:50 ID:KAEFpYN8
スレにキチガイが住み着いたな。

380 :法の下の名無し:2006/02/14(火) 17:53:21 ID:W/Xo3jH7
あれ、総論第4版発売決定したのに話題にもなってないんだね。

381 :法の下の名無し:2006/02/15(水) 13:36:30 ID:2P7821Tc
読んでもないのに、なぜ話ができる?バカ?


382 :法の下の名無し:2006/02/15(水) 20:26:08 ID:TDMqOB8r
読んでないと話もできないのか池沼くんw

383 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 01:05:17 ID:VUMlmFAH
山口や井田等の最新の学説に対する評価が楽しみです。

384 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 03:40:13 ID:aZZNTiOw
前田先生は学説なんかに負けないよ!

385 :法の下の名無し:2006/02/24(金) 23:21:06 ID:lfDzE8dQ
第3版と、どう違いますか?
誰か、知ってます?

386 :法の下の名無し:2006/02/24(金) 23:29:49 ID:SzkiNjGs
>>385
前田先生が知っています

387 :法の下の名無し:2006/02/26(日) 20:23:37 ID:G/+hokn8
前田先生、本当に来月中に第4版出せるのですか?
いや、せかしてるんじゃないんです。
第3版の1%も理解できないアフォなんで、むしろ遅い方がいいんですが。

388 :法の下の名無し:2006/02/28(火) 23:08:13 ID:sI/TLbqp
前田先生なくして刑法学の発展なし。

389 :法の下の名無し:2006/03/01(水) 03:33:35 ID:AIlfaU3P
>>388
本人乙

390 :法の下の名無し:2006/03/04(土) 22:37:49 ID:e7xhFaV2
「法律学者は、やたらに難解な議論をする。一方、法律実務家は、判例がどうの、
学説がどうのと言って、なかなか素直に説明しようとしない。それに騙されて、
法律は難しいと考えてはいけない。「常識」がすべてと思っていい。常識上
どうしてもおかしいとしか思えないことを説く専門家がいるとすれば、
その専門家は、まがいものである。」(佐藤道夫『検事調書の余白』朝日新聞社より)

佐藤道夫 昭和7年、宮城県生まれ。東北大学法学部卒。札幌地検検事、東京地検特捜部検事、
内閣法制局参事官、法務省刑事局刑事課長、司法研修所教官、公安調査庁次長、横浜地検検事正、
最高検刑事部長、札幌高検検事長を歴任。参議院議員。

391 :法の下の名無し:2006/03/05(日) 09:56:26 ID:YlPaz1jI
>佐藤道夫

お前がまがい物だよ。

392 :法の下の名無し:2006/03/05(日) 11:07:26 ID:twzZoIkD
前田先生が、今月中に4版出される蓋然性は高い?低い?
いや、せかしてません。

393 :法の下の名無し:2006/03/05(日) 11:36:20 ID:+BR4m7W5
ていうか出てます。

394 :法の下の名無し:2006/03/05(日) 22:05:41 ID:wRb+eQKB
今月中旬発売なのではなかったのですか?

395 :法の下の名無し:2006/03/06(月) 21:58:38 ID:aslKr6q1
ていうか、四版出るとは思わず先月うっかり三版かってもーた

396 :匿名:2006/03/07(火) 10:51:59 ID:hlIXhfhj
河合先生の分析は信頼できるのでしょうか

397 :法の下の名無し:2006/03/07(火) 12:41:47 ID:QamY8wVC
できないんじゃない?

398 :法の下の名無し:2006/03/07(火) 17:10:28 ID:s5Iy8t78
>>391
まあまあ、そうかっかせずに、司法試験に合格でもしてからほざいたらどうかね?

399 :法の下の顔無し:2006/03/07(火) 17:29:57 ID:hlIXhfhj
>>397
どうしてですか

400 :法の下の名無し:2006/03/07(火) 19:33:45 ID:eCFVB649
どうして信頼できるんですか

401 :法の下の名無し:2006/03/14(火) 00:43:37 ID:/n3g0F86
すいません。 来年首都大 の 法学部うけたいんですけど

平成19年度の入試科目とか載ってるページあったらおしえてください

大学の公式さいとみてもなかったんで

402 :法の下の名無し:2006/03/14(火) 20:09:22 ID:Thja4Xy3
>>401
そんなこと人に聞いてるようじゃ合格するはずがありません><

403 :法の下の名無し:2006/03/14(火) 22:30:23 ID:2A0jtBRq
前田って4版で惹起説を捨てるのかな

404 :法の下の名無し:2006/03/15(水) 10:22:07 ID:YkAhlgWu
今、埃がたまった3版を1ページ1時間のペースで、読み返してます。
4版についていけそうにありません。
前田先生、俺は可罰的です。失格です。

405 :法の下の名無し:2006/03/20(月) 11:36:13 ID:37eqoOoU
企業法務のエキスパートとして知られる久保利英明弁護士は以下のように述べる。

「法曹人は、司法研修所に入所すれば学説から離れて判例の考え方をたたき込まれる。
巨額の利害がからむ事件、個人の人生をかけて闘う血なまぐさい事件・・・、それらを
弁護士は、事故の依頼者に少しでも有利に解決すべく裁判官を説得しなければならない。
したがって、壮大な体系の整合性にかかずらわったり、具体的事実と離れた空理空論を
もてあそんでいるわけにはいかない。」

久保利英明『法化社会へ日本が変わる』(東洋経済新報社)

406 :法の下の名無し:2006/03/20(月) 15:48:28 ID:yz0MJz0V
法学の学問的発展は必要ないとでも思うのか!

407 :法の下の名無し:2006/03/21(火) 09:15:37 ID:PexfvxKD
じゃあ、30年前の理論で弁護してみりゃいい。


408 :法の下の名無し:2006/03/23(木) 23:27:07 ID:EyR/8Mpf
因果関係は、相当因果関係説から客観的帰属にシフトしたみたいだね

409 :法の下の名無し:2006/03/24(金) 19:08:32 ID:NuG+oqJ1
中身は何も変わってないがな

410 :法の下の名無し:2006/03/24(金) 20:59:21 ID:yIbj7DMr
山中教授に批判されて、転向しました。

411 :法の下の名無し:2006/03/24(金) 21:04:43 ID:Z4pRRA1R
山中と中山ってどっちがどっちだったか分からなくなる時無い?

412 :法の下の名無し:2006/03/24(金) 23:48:12 ID:MoGxDC+7
前田先生のインタビューとか講演での発言の印象から
総論第四版はもっと行為無価値寄りに大幅変貌しているかと思ってたのに
客観的帰属を書いた以外はほとんど変わってなかったので
がっかりした。

413 :法の下の名無し:2006/03/25(土) 03:31:33 ID:jsgNVkYq
肝は判例の刷新だそうだ

414 :法の下の名無し:2006/03/25(土) 09:19:23 ID:wZED4UTv
>>412
大幅変貌したらしたで批判するくせに…

415 :法の下の名無し:2006/03/25(土) 10:45:51 ID:HMRNyN1A
俺の所田舎なので、1日遅れで今日発売のようです。
しかし、皆1日でよく理解できるね。
俺は、もう失格だな・・・・orz

416 :法の下の名無し:2006/03/25(土) 14:06:55 ID:qRC8FHY4
前田総論講義4版。皆さんはどうおもわれますか?西田総論とほぼ同時発売でした。
大学院修士課程で研究されている人たちのコメントをお願いしたいです。

417 :法の下の名無し:2006/03/25(土) 14:22:11 ID:qRC8FHY4
各論第4版が秋らしいですよ。刑事訴訟法のほうも改訂版が進行中とか?
刑事政策の本もお出しになるのでは?


418 :法の下の名無し:2006/03/25(土) 20:17:35 ID:wZED4UTv
各論今年中に出て欲しいけど、秋予定となると出るのは来春になる予感。
刑訴の出来はいまいちだったから改訂で改善されると良いな。
刑事政策は…ないと思うけどなぁ。最近の前田先生の話しぶりからするともしかするかも


419 :法の下の名無し:2006/03/26(日) 10:09:48 ID:gTHOMxor
刑事訴訟法はたしかに各試験用にはイマイチの印象はあるが、それでも既存のおよそ実務とはなれた教科書類よりは
バランスは取れていると思う。昔、藤木博士が土本さん(当時検察官)と共著で出した双書の刑事訴訟法。あのイメージに近い。
刑事政策も実務家や刑事政策の学者と対談本で出せば、それなりに面白い本が出来上がるのではないの?
あっさり書いてしまわれる感じがある。ロースクール時代なんだしニーズが高いようならやってくれるでしょう。

420 :法の下の名無し:2006/03/26(日) 16:12:15 ID:0vJly86U
うう。前田先生、やっぱり俺は可罰的です。
4版を1分読んで、頭がクラクラしました。




421 :法の下の名無し:2006/03/28(火) 20:25:40 ID:tn72WG3P
前田先生、共著の刑事訴訟法読ませてもらってますよ。

実務を強く意識した学者の本が欲しかったのですよ。

422 :法の下の名無し:2006/03/28(火) 21:45:10 ID:X8k5cNS/
四版になって分かり易くなってね。

423 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 05:25:36 ID:8lhpcbZQ
以下の前田教授の発言は、まさしくそのとおりに思われる。

「現実に認知件数が増加しているにもかかわらず、
実はそれが増えていないというのであれば、指摘した主体、
出典などを示す必要があるのようにも思われる。 」


424 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 10:27:14 ID:q/114jpx
河合幹雄さんの見解と対立しそうですが

425 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 11:14:12 ID:Xi/syaxN
判例・通説だけなら他のテキストにも書いてあるし
判例百選よりも詳しい解説が池田・前田に書いてあるわけでもないし。
基本的なことは光藤のほうが詳しくてわかりやすい気がするが。

なんで池田・前田って人気があるんだろう。

426 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 11:17:01 ID:EEOkELIt
前田先生の基本書(3版)を読み終えましたが、初学者なので一体どの部分を指してダメな学説
だと評されているのかがイマイチ理解できませんでした。
以外にしっかりした体系だと思ったんですけど。
どこがダメなのか具体的に指摘出来る人いますか。

427 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 11:25:16 ID:dfry0buS
もうだいぶたって忘れ気味だけど、警官から銃を奪って発砲したがそもそもその銃には弾が入ってなかった事案で賛成してたけど、うーん、って思った

428 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 11:33:40 ID:EEOkELIt
>427

確かに危険性を抽象化する基準が明確じゃなかったような気がします。

429 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 11:59:17 ID:dfry0buS
あとこれもほぼわすれたからあれなんだけど因果関係があるかないかの判断に6つぐらいの基準を持ち込んでたけど、もっともらしいことをずらずら並べ立てたらそりゃ結論の妥当性は担保されるだろうけど、理論としては美しくないよね、とかいってみる

430 :426:2006/03/29(水) 12:25:53 ID:EEOkELIt
因果関係の判断も実質的な枠組みを立てていたから一見分かりづらかったんですけど、読み込んでみると
数学のベクトルみたいな感じで意外と分かりやすかったです。

純理論化すると逆に妥当な因果関係の判断が出来なくなるんじゃないでしょうかね。

431 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 12:35:04 ID:dfry0buS
ほぉーなるほど!
なんか久しぶりに勉強する気になりました。↑のひとありがとう

432 :426:2006/03/29(水) 12:42:22 ID:EEOkELIt
いやいや、初学者ですからこちらこそ色々勉強させて下さい。
自分は、前田先生の基本書しかまだ読んでませんから、前田説が一体
どういう点でダメなのか第三者の意見をもっと聞いてみたいです。


433 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 12:47:40 ID:83RecvxM
前田先生は4版でかなり読みやすくなったから4版を読んだ方が良いよ
あとベクトルに例えるのは俺も思った。
広義の相当性=もとのベクトルの向きと長さ
介在事情の異常性=足すベクトルの向きのかわりかた
介在事情の危険性=足すベクトルの長さ

434 :426:2006/03/29(水) 13:03:17 ID:EEOkELIt
>>433

4版ですか。
下記のamazonに掲載されているレビューを読んでみたら、ちょっと二の足を踏んじゃいます。
自説の変更あるいは他説に対する新しい批判などありましたら購入してみたいと
思うんですけど。

前田先生の刑法総論講義最新版です。
以下の3点は、第3版より改善されておりよかったです。

 1・判例は平成13年以降のものが充実。択一答練頻出の判例も網羅
 2・わかりにくかった共犯の部分が改善されている
 3・図表がさらにわかりやすくなっており、初学者にもわかりやすい

ただ、既に刑法第3版をお持ちの方にお伝えしたいこともあります。
ブルーの表紙などは思わず「買い換えたくなる」受験生心をくすぐりますが
次の2点からあえて高額の第4版に買い換える必要はないと感じます。

 1・最新判例は、予備校の最新判例小冊子(辰巳など)と同じ
 2・学説自体に大きな変更が無い

以上、みなさんの参考になれば嬉しいです。


435 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 13:10:22 ID:83RecvxM
>>434
前田説で答案を書くつもりなら読んだ方が良いと思う
理由は新判例の結論を前田説で説明するやり方が書いてあるから。
自分への投資なんだから3600円ぐらいケチらなくていいとおもう

436 :426:2006/03/29(水) 13:20:26 ID:EEOkELIt
>>435

前田説で書く自信はまだ全然ないです。ここのスレッドみていたら、あまり
評価がよくないみたいなので正直迷っています。
他の基本書も読んでみたら、色々粗も見えてくるのかもしれないですけど
読み終えた現時点では答案に書くのが恥ずかしいほど穴の開いた説だ
とは思えなかったです。


437 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 13:59:48 ID:TRaXBgS7
>>436
そんなに心配ならば、
ベタに団藤・大塚をベースにして、
最近の論点だけ大谷・川端を足せば良いだろうて。

どうしても結果無価値論で行くならば、
現段階では前田説がベストだと思う。
(というのも、西田・山口説ベースの問題集なんて無いからねえ)。



438 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 14:15:31 ID:BkHdtPUl
他の刑法学者は法理論から結論を導こうとする
そこで無理な解釈があればレトリックを用いてこじつけようととする
前田は判例を基に実質的に解釈して妥当な結論を得ようとしているから
明確な基準を用いずに故意の所なんかは蓋然性や事実の認識の有無なんかで解決を図っている
最初に前田を読んだらもっともに感じると思うけど俺は大塚をはじめに読んでたから前田を理解するのに時間がかかった

あと4版は3版と殆ど変わってないから3版持ってるなら買う必要はない
新しい判例なら前田の250選買えばいいと思う

と初学者の学部生が言ってみる

439 :426:2006/03/29(水) 17:41:56 ID:EEOkELIt
一般の刑法学者は理論さきにありきということですか。
前田先生の場合は、刑事政策などの視点から逆算して解釈論を展開していますよね。
もしかして、その条文解釈の姿勢がダメな学説だと揶揄される要因なのでしょうか。
だとしたらお互いに立っている哲学が180度違うっぽいですから、
どこまでいっても平行線でかみ合わなさそうですね。

440 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 18:13:23 ID:83RecvxM
>>439
そのとおり。

一般の刑法学者は形式論理が大好きなので
1円盗むのも窃盗にあたるが処罰には値しないと言うために理論がどんどん複雑化していく

前田先生はそういう言葉遊びは無駄だと考えるので
法定刑から考えても窃盗罪は1円を盗むような程度のことは予定してないと考える

441 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 18:39:33 ID:yCyXJDVd
俺は勉強初めて結構経つけど前田理論は言われるほど悪くないというか俺はとても賛同できる。
ちなみに三版から四版は絶対買い換えた方が良いと思う。
やっぱり読んでみると四版のが断然分かりやすい印象を受けた。

442 :426:2006/03/29(水) 18:40:38 ID:EEOkELIt
>>440

刑法って難しそうですね。
形式論理でごりごりに押し通すのは人権保障という意味では、
有意義な感じもしますけどあまりに硬直的な解釈論は
かえって不公平な結果を生み出しそうですね。

その点、前田先生はいい意味で柔軟な気がしました。その柔軟性が形式論理を押し通す人に
とっては、一貫性がなくみえたり論理的じゃないと思わさせるんでしょうかね。
でも、前田先生は手続法との整合性も考慮されていて地盤は結構しっかりしているんじゃないかと
思いました。

443 :426:2006/03/29(水) 18:54:59 ID:EEOkELIt
>> 441

そういう意見を聞けて少しほっとしました。
読み終えたはいいが、全く使えない学説だったらどしようと思ってましたから。

4版も一度手にとってみたほうがよさそうですね。


444 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 19:31:09 ID:FMUNt4Ov
前田先生4版でも法益関係的錯誤はスルーですか

445 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 19:53:57 ID:yCyXJDVd
別に元々スルーしてませんが

446 :法の下の名無し:2006/03/31(金) 08:53:45 ID:ecMz9eoL
因果関係論は、前田説は客観的帰属(その実態は、相当因果関係説=客観説)、西田説は経験的相当説(その実態は、相当因果関係説=折衷説)という理解でOK?

447 :法の下の名無し:2006/03/31(金) 22:58:17 ID:3xJ686WM
前田はインタビューでは行為無価値寄りの発言をするようになってるのに
総論第四版ではあまり従来と変わってないよね。

448 :法の下の名無し:2006/03/31(金) 23:02:23 ID:M219/OVD
前田にとって結果無価値やら行為無価値やらなどはどうでもいい些細なこと。

449 :法の下の名無し:2006/03/31(金) 23:37:08 ID:tKer7evG
小林憲太郎先生もそう言ってたYO!

450 :法の下の名無し:2006/03/32(土) 02:08:29 ID:e1b9GSli

お前らが能書きたれてるから日付けがおかしくなったじゃないか。
何で今日が3月32日なんだ?

451 :法の下の名無し:2006/03/32(土) 21:11:15 ID:7q9+zu0Q
前田先生、共謀罪は今国会成立ですか?

452 :法の下の名無し:2006/04/02(日) 03:13:35 ID:jEPuvBb2
司法試験予備校にも、サヨクの影が感じられる今日この頃。

日教組を観察する
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html
(「これが日教組作成の教科書採点表だ」は是非一読願います。)

左翼がサヨクにさよく時
http://www9.big.or.jp/~cumy/sayoku/
(日教組に限らず、怪しげな市民団体全般に言えます)

日教組(左翼)先生の実態
http://homepage1.nifty.com/1010/newpagekakiko.htm
(教育現場を破壊した主犯は日教組のようですね)

ついでに男女共同参画推進も日教組がからんでます。年間予算9兆円!!

453 :法の下の名無し:2006/04/03(月) 17:38:25 ID:VHf+jfRI
どうする?第4版に買い換えるの?

454 :法の下の名無し:2006/04/03(月) 17:44:04 ID:KiBWS8fM
>>452-453
ここは法学板。

455 :法の下の名無し:2006/04/03(月) 19:52:12 ID:TUOJ157O
最新業績の引用がゼロ。前田には心底失望した。

456 :法の下の名無し:2006/04/03(月) 21:20:57 ID:KG5OHECC
失望とかいうおまえは、何様?

457 :法の下の名無し:2006/04/04(火) 14:32:17 ID:pmH2Rpwy
明日の朝洗濯して干してから、十時の講義に出ます。この講義はミドリさんと一緒なんです。
『刑法総論』で、今は前田雅英をやっています。前田雅英知ってますか?首都大の教授
で、山口厚、大谷實とならんで司法試験刑法のビッグ.スリーと言われてい
ます。最後は受験生にも見捨てられるということになっていますが、これには異説もあ
ります。これが前田雅英です。僕は山口厚の方が好きですけどね、まあこれは好みの
問題でしょうね。だからなんとも言えないです、
彼の学説の特徴はいろんな物事がぐしゃぐしゃに混乱して身動きがとれなくなってしまうこと
なんです。わかります?いろんな人が出てきて、そのそれぞれにそれぞれの事情と理由と言い
ぷんがあって、誰もがそれなりの正義と幸福を追求しているわけです。そしてそのおかげで全員
がにっちもさっちもいかなくなっちゃうんです。そりゃそうですよね。みんなの正義がとおっ
て、みんなの幸福が達成されるということは原理的にありえないですからね、だからどうしよう
もないカオスがやってくるわけです。それでどうなると思います?これがまた実に簡単な話
で、最初の構成要件が変容するんです。そして交通整理するんです。お前あっち行け、お前こっち来い、
お前あれと一緒になれ、お前そこでしばらくじっとしてろっていう風に。フィクサーみたい
なもんですね。そして全てはぴたっと解決します。これは構成要件の実質化と呼ばれてい
ます。前田雅英の学説にはしょっちゅうこの構成要件の実質化が出てきて、そのあた
りで前田雅英の評価がわかれるわけです。
しかしもし裁判の世界にこういう構成要件の実質化というのがあったとしたら、これは
楽でしょうね。困ったな、身動きとれないなと思ったら構成要件をするすると解釈して全部
処理できるわけですからね。こんな楽なことはない。でもまあとにかくこれが『刑法総論』
です。我々はまあだいたい大学でこういうことを勉強してます。
僕がしゃべっているあいだ緑の父親は何も言わずにぽんやりとした目で僕を見ていた。僕のし
ゃべっていることを彼がいささかなりとも理解しているのかどうかその目からは判断できなかっ
た。
「ピース」と僕は言った。

458 :法の下の名無し:2006/04/04(火) 18:35:25 ID:hm7gax5E
>>455
つーか、教科書に徹して従来から引いてあったものも消したよね。
教科書なら、アレが正解。

459 :法の下の名無し:2006/04/05(水) 11:19:02 ID:gp8GR8fA
ちょっと、第3版と第4版で大きく変わった点があるでしょうが。
わざとスルーしてるの?
これだから、チャネラーって・・・・・大嫌い。

460 :法の下の名無し:2006/04/06(木) 02:39:32 ID:BGAURBij
いや学習上引用大事だって。
その説がわかんないときに元をたどれないじゃん。

>>459
オマエが指摘しろ。

461 :法の下の名無し:2006/04/06(木) 02:40:27 ID:3UPwXLho
>>460
主要なものには書いてあるでしょ。欠落してるのって、例えば?

462 :法の下の名無し:2006/04/06(木) 13:50:04 ID:fyzdAkAV
>>457
前田師の世界は裁判(判例)の世界ではないのか?

463 :法の下の名無し:2006/04/06(木) 17:29:18 ID:3Vbf8ojH
★バーチャル社会の弊害から子供守れ 警察庁が研究会

・インターネットや雑誌、ゲームなどの仮想現実(バーチャル)社会を通じて、子供が
 性や暴力に関する情報に簡単に接し悪影響を受けている可能性があるとして、警察庁は
 六日、「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」を設置することを
 決めた。十日に初会合を開く。

 同庁生活安全局に事務局を置き、ジャーナリストの江川紹子さんや京都医療少年院の
 精神科医、岡田尊司氏、首都大学東京の前田雅英・都市教養学部長ら心理学、教育、
 法律の専門家ら十五人が委員を務める。

http://www.sankei.co.jp/news/evening/07iti003.htm

464 :法の下の名無し:2006/04/10(月) 18:50:52 ID:AK5GUSBO
ttp://blog.so-net.ne.jp/metro/2005-10-31-1

465 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 00:18:59 ID:qhDH7vs1
警察御用路線まっしぐらだな。
正直、学者として、人間として、軽蔑する。

466 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 03:32:55 ID:d5BxVJfj
なんで?

467 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 11:05:48 ID:96vCCMzE
頭の弱い奴ほど「権力とか警察=悪」という図式に
心を奪われやすいんだよ。気にするな。

468 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 15:24:11 ID:p0CstJhn
>>457
何というか・・・
ノルウェイの場面とねじまき鳥の牛の口調のMix?

469 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 17:34:15 ID:5C8AXafx
>>467
頭の弱い奴ほど、「批判=コミットしないこと」という図式にも心を奪われてるよな。
そのくせ、真の御用学者の存在には気付いていない。

470 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 21:27:59 ID:a8w/FXWC
警察なんて筋肉脳ばかりじゃん。
国士舘の奴に令状主義とかがわかるとは思えん。

471 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 22:05:15 ID:5C8AXafx
お前はノンキャリしかしらんのか。

472 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 22:51:24 ID:sjLcMVGA
昔「私は根っからの『自由主義者』です」と言っていた。
ウソだったのですね、と言いたくなる程度に>>465してるとおらもオモタ。

473 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 22:58:52 ID:5C8AXafx
個々人の自由を保護するために、逸脱した行為を処罰するんだよ。


474 :mafoid:2006/04/13(木) 23:00:06 ID:qmgAVsQn
実行されて3時間以内に3万円以上儲からなければ即返金致します

http://infostore.jp/dp.do?af=moneyclick&ip=takashi&pd=005

(*´▽`*)本当に儲かった!3万どころか6万2000円って。。。
儲からなかったら返金されるらしいけど、多分そんな必要ないっぽいよ♪


475 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 23:01:08 ID:5C8AXafx
マルチのマルチポストか。

476 :法の下の名無し:2006/04/13(木) 23:31:53 ID:sjLcMVGA
ID:5C8AXafx
悪いけど、少しは政治思想史なんかから勉強しなおしたほうが良い。

477 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 01:49:24 ID:RJ8OYoXs
>>476
お前がなw
国家はホッブス状態を解消するためにあるんだから、当然、秩序維持機能を持ってるんだよ。

478 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 08:42:01 ID:aExPA3d6
>>477
あのぉ、国家の秩序維持機能を否定しているわけでは全然ないんですけど。
ホッブズ以降の自由主義の展開をフォローしてくださいね。
消耗だからあと一言wをいただければそれで結構ですよ。

479 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 09:16:57 ID:3j0ouQFQ
ホッブズもいいんだけどさ。
結局のところ、東大の実権を西田・山口・佐伯という
平野門下が掌握しきってしまっていることが問題なわけよ。
結果無価値の有用性を否定するわけではないが、現実的でないことは
否めない。
行為無価値論の理論的深化をなしうる研究者が東大から誕生することが
刑法学の発展にとって喫緊の任務なんだわな。
井田教授でも引き抜くか。

480 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 11:48:14 ID:Z1g5FwNa
478はアホだな。
名誉棄損や暴力表現をする自由はないよ

481 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 12:34:33 ID:aExPA3d6
>>480
あのぉ、昼飯がてらまたみちゃったんですけど、もしかして
憲法とか学ばれたことない方なんですか。
そんなお子茶魔みたいな当たり前のことを堂々主張されるなんて…
前田先生だってWちゃうじゃないですか。

482 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 14:43:10 ID:vSGk4t3Y
うざいねこいつ。
2ちゃんごときでホッブズとか持ち出すなよ。
余計バカさ加減が際立ってるぜw

483 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 17:08:57 ID:RJ8OYoXs
なんだ478はただの思考停止の狂信者か。
自由主義と研究会参加がどうして矛盾するのかね。
結局>>469のいう「頭の弱い奴」だな。

484 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 17:39:48 ID:RJ8OYoXs
>>481
あと、「昼飯がてら」なんて言い訳しなくていいよん。
君は一日中にちゃんねるに張り付いてるんでしょ?

485 :韋駄天はふと考えた:2006/04/14(金) 17:44:33 ID:027JE+p2
■2ちゃんねる文化人
 「東京大学」という中身のないブランドにあこがれてくる学生ほどつまらない人間はいない。
 彼らにとって「東京大学」のステータスがほしいだけであり、「東京大学」で何を学べばいいのか
 さえ、わかっていない勘違い野郎が急増しています。
 また「東京大学」自身も中身のない学生ばかりを長きに渡って受け入れ続けたあまり、「東京大学」
 の組織そのものが発展性のない箱だけが大きな無駄だらけの老朽化組織となっている現実に、「東京大学」
 で教える側の当事者達も気づいていない。

486 :韋駄天はふと考えた:2006/04/14(金) 17:52:23 ID:027JE+p2
■2ちゃんねる文化人
 「京都大学」という中身のないブランドにあこがれてくる学生ほどつまらない人間はいない。
 彼らにとって「京都大学」のステータスがほしいだけであり、「京都大学」で何を学べばいいのか
 さえ、わかっていない勘違い野郎が急増しています。
 また「京都大学」自身も中身のない学生ばかりを長きに渡って受け入れ続けたあまり、「京都大学」
 の組織そのものが発展性のない箱だけが大きな無駄だらけの老朽化組織となっている現実に、「京都大学」
 で教える側の当事者達も気づいていない。

487 :481:2006/04/14(金) 17:53:13 ID:aExPA3d6
この間レスいただいたご立派なお一人へ。
おはよう。また会っちゃった。今日はほんと非番なんだけど、
さすがに2ちゃんは数時間に一度見るだけなんだ(時間の無駄)。
どうでもいいけど、刑法専門じゃないので、本気にアラシ
認定されてしまいそうなため、君の勝ちということでさらば。
負け犬どうのこーのいわずに前田氏スレに復帰してくれ。

488 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 20:55:21 ID:nPNrd3Qj
井田教授は慶應マンセーだから引き抜ける気がしない。
むしろ藤木説の一子相伝の正統継承者伊東教授を引き抜こう。

489 :法の下の名無し:2006/04/14(金) 22:13:16 ID:vSGk4t3Y
東大の結果無価値偏向は、東大刑法学の衰退の兆候でしょう。
平野の活躍した「戦後民主主義」華やかなりし時代はとうに過ぎ、
治安の悪化に苦しむ時代の到来だよ。
そんな時代に、リベラルな結果無価値なんぞ、絵に書いた餅。
他の法領域はいざ知らず、刑法は慶應がリードしてゆくのかもよ。

490 :法の下の名無し:2006/04/15(土) 00:36:08 ID:yd81+qaq
>>470
早稲田とか明治とかの就職先上位に必ず警察が入ってるだろう。
そういう時代。

491 :法の下の名無し:2006/04/15(土) 01:04:00 ID:MptcADnd
伊藤は優柔不断だしいらんだろ
船山じゃだめなの?板倉とか

492 :法の下の名無し:2006/04/15(土) 02:53:44 ID:0l4tag8T
>>487
逃げたか。

493 :法の下の名無し:2006/04/15(土) 03:29:33 ID:D47KpwzQ
487ワロス

494 :法の下の名無し:2006/04/15(土) 18:46:18 ID:zirfSAuD
>>489
しかし、京王は、灯台卒のイ等を連れてこなければやっていけないのか?と他領域の人間からは言われてるんだが・・・

495 :法の下の名無し:2006/04/15(土) 22:28:18 ID:MgRhbvQX
京王はロー出来たときに純血主義を放棄したんだろ。
様々な分野で色んな大学から引き抜きまくっているよ。
民法の平野を高ゥら引き抜いたのは有名

496 :法の下の名無し:2006/04/17(月) 19:46:08 ID:tiLFUTWT
高ゥらあれを引き抜いたことで、単に、人手不足だちうのが分かるわけだが・・・

497 :法の下の名無し:2006/04/19(水) 10:54:00 ID:yrrFe2So
警察御用というか某宗教の御用学者w

498 :法の下の名無し:2006/04/19(水) 11:26:33 ID:Q4pGUFdu
そもそも法律が秩序維持装置なのだから、法律学など体制内の学問に過ぎない
したがって、法律学者なんて、程度の差はあっても、みな「御用学者」なわけだが・・・・

499 :法の下の名無し:2006/04/19(水) 13:05:54 ID:Bcp47WFt
えっと、何かの釣りなのかな?
マジだかボケだかはっきりさせてくれ

500 :法の下の名無し:2006/04/19(水) 14:33:37 ID:50Rzzksd
>497
2ちゃんねるだからと言って事実無根の中傷をしてよいわけではない。猛省せよ。

501 :法の下の名無し:2006/04/19(水) 15:43:51 ID:MWqkWMAy
>>478
それで、自由主義がどう関係あるんだ?
お前はリバタリアンか?

502 :法の下の名無し:2006/04/20(木) 13:35:52 ID:CKSlpdbl
調子に乗りすぎでしょう, 2006/3/24
テレビドラマシリーズは本当に良かった。適度なギャグと、刑事ドラマ
的な緊迫感、全てのバランスが絶妙でした。「警察組織のある一面を
忠実に描写している」とは、知り合いの警察官僚の言葉です。

そして、映画の第一弾も及第点です。ただ、このあたりから、青島を
「究極のヒーロー」的な位置付けにし始めたようにも思います。

503 :法の下の名無し:2006/04/20(木) 22:57:06 ID:TTPeoLgm
>>501
覚えたての言葉を使いたいだけの、低脳野郎のことだ。許してやれww

504 :法の下の名無し:2006/04/21(金) 00:33:57 ID:FgadXmhr
>>503
低脳を許すのが良いことかね?
自由主義を展開すると一定の結論が出ると信じ込むのは、政治学を馬鹿にしすぎと思われ。
自由とか、権力とかを政治学は真面目に議論してるのにねえ。

505 :法の下の名無し:2006/04/21(金) 00:44:01 ID:1yksfRPj
『現代政治理論』(有斐閣)もやっと出たから、バカどもちっとは勉強してから、
前田を擁護しろ。

506 :法の下の名無し:2006/04/21(金) 01:00:34 ID:ckyc0hMm
>>502は何が言いたいの?

507 :法の下の名無し:2006/04/21(金) 01:24:46 ID:FgadXmhr
>>505
お前はもう少し政治学を勉強しろ。政治学を馬鹿にしてるのか。誌ね。

508 :法の下の名無し:2006/04/21(金) 02:13:22 ID:FWF0FTVQ
俺も507に同意

509 :法の下の名無し:2006/04/21(金) 02:27:29 ID:vWFb3nTT
>>500
言葉が過ぎました。陳謝します。
ただ、学者としての当然の職務たる諮問や寄稿ですら
公共的なものである以上、そのコミットの仕方によっては
ある種の勢力に意図せず利用されたり、それに付随して
風評が立つ可能性もあるということを憂慮しております。

510 :ネットのエロ規制だけじゃ終わらない。広範囲の表現規制が最終目的。:2006/04/29(土) 23:41:09 ID:0jZL7gvD
■■今、漫画、アニメ、ゲーム、ネットの影響で犯罪が起きるから、   ■■
■■過剰な表現を包括的に規制しようという具体的な動きがあります。■■
そのために先日、規制推進派が殆どを占める中、警察庁で
「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」が開かれました。
しかし、今までに漫画等の影響で犯罪が増えた、という統計データは無く、
このままでは一方的な主観と偏見、規制推進派による 【出来レースによって】
漫画、アニメ、ゲーム、ネットの 【表現自体が法規制】 されてしまいます。
また、 【ネットには2ch等も含まれる】 事は明らかです。

警察庁の『漫画・アニメ・ゲーム表現規制法』検討会問題まとめ @Wik
http://www11.atwiki.jp/stop_kisei/

■参考
>ホットライン運用ガイドライン
>・【18歳未満に「見える」エロ画像は児童ポルノとして対処】
ttp://yaplog.jp/moemoe-kensetu/archive/818
ttp://www.iajapan.org/hotline/center/20060404guide.pdf
>情報セキュリティ政策会議セキュアジャパン2006に関連して ─法的視点から
>2 【情報内容の規制の検討の開始】
> 問題のあるネット情報に関するホットラインなども動き出すが、最近話題と
>なったレイプサイト、女性を物扱いしたコンテンツなどの問題性等は、男女共
>同参画の視点からも問題としていくべきである。さらに一部の書き込みに見ら
>れる名誉毀損に対する感覚の鈍磨、人との接触力の弱体化などヴァーチャル世
>界がもたらす悪影響、特に青少年への悪影響等にも正面から取り組むべきであ
>る。                                        前田雅英※
ttp://www.bits.go.jp/conference/seisaku/dai5/pdf/5siryou08.pdf
※前田雅英: 首都大学東京都市教養学部長、内閣官房情報セキュリティ政策会議構成員、
警察庁バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会委員 、ホットラインセンター
(ネット上の違法・有害情報通報受け付け機関)設立準備会委員

511 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 04:49:02 ID:Z+4TEnxY
そうか。ポルノ法をクッションとして入れるという手法か。
ホモも問題になるのか…。一般人の性的羞恥心は害しないと思うのだが…。
この論法からすると、炉利もは省かねばならないのか…。
児童ポルノには結果無価値はあるけれど、アニメの児童ポルノにも結果無価値があるのだろうか?
報告書を検討してみる必要があるかもしれぬ。

512 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 05:04:17 ID:Z+4TEnxY
刑法は、専門外だから第三版までしかもっていない私だけれど、ついでに一言。
三版の86ページの図を見て感心していたのよ。
これって、胎児傷害の前振りにもなっているのだなーと。
510って特別法で網をかける必要がある分野なのか疑問に思います。
やはり、処罰は現行刑法と児童ポルノ法の範囲で留めるべきだとおもいます。
漫画の影響で変態の目が児童に向けられることがあるかもしれません。
しかし、それは刑罰を科すべき抽象的危険もないように感じられます。



513 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 06:31:12 ID:o5wP0ZF3
警察の御用学者

514 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 08:14:10 ID:6k1+bXGK
「裁判所の御用学者」や「検察の御用学者」ならまだしも
「警察の御用学者」というと、少々レベルが落ちる気がするな

515 :春休みでヒマだったから:2006/04/30(日) 10:12:17 ID:raYV1oMe
理想的な「刑事ドラマ」, 2006/3/12
レビュアー:midnight_express (東京都) - レビューをすべて見る
2時間ものの刑事ドラマのほとんどが、現実の警察実務を全く無視した
「ありえない設定」です。それなのに、妙にリアリティを持たせようと
しているところが、見ていて痛々しい。

その点、「時効警察」は、ハナからリアリティゼロです。これこそが
素晴らしい。時効管理課?ありえない。趣味で捜査?ありえない。
よくありがちな2時間ドラマでは、霧山修一郎のような独断専行型の
「捜査」をさも現実にあり得るかのように描写していますがね。

516 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 11:20:38 ID:xdN8Amog
とりわけ、警視庁の御用ね。

517 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 11:30:59 ID:PBDNnyAx
2ちゃんねるなんか規制して当然だろ。

518 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 16:18:20 ID:WoLW8KCP
>>514
実際問題、刑事事件、公安事件の大半は警察がやってるわけだから、
実質的にいえば、前田は本当に影響力があるということだろう。

519 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 20:00:18 ID:NVDcXMmv
いや、影響力ないよw
御用だから。単なる司会・宣伝役。

520 :通りすがり:2006/05/01(月) 02:49:58 ID:mS5AHITx
昔、河合塾だったと思うが、刑法学者のランキングなんかを刑法学者に対するアンケート
だとかから作ったやつがあったが、前田師は実務に影響を与えているようなこと書いてあったなあ。
ちなみに、ランキングの最上位は平野・団藤の両博士だった。

御用だのなんだの言う前に、択一の勉強でもしたら?

521 :法の下の名無し:2006/05/01(月) 04:35:47 ID:Uq9nmiwA
>>520
では前田説が実務に与えた影響を具体的に説明してみよう。

522 :法の下の名無し:2006/05/01(月) 12:09:58 ID:mfPxaRkc
>>520
刑事法に限らず、いろんな分野の学者のランキングが載ってた本だろ。俺も昔見たことあるよ。
まあ、学者のアンケートからそういう結果が出てるんだから、何らかの影響は与えてたんだろうね。
いずれにしても、受験生の半数近くが前田の教科書使っている時点で、影響力がないということはないだろう。
俺の知ってる限りでも、実務家で前田本を手元に置いてる人、結構いるぞ。それが良い意味での影響か否かは
ともかくな(w
>>521は、こんな糞スレで質問するよりも、身近の「実務家」殿に質問したらどうか?

523 :法の下の名無し:2006/05/02(火) 07:15:47 ID:wmw8y5tD
確かに、最高裁の規則制定委員だの警察庁の委員だのと、あれだけ
政府なんかの役職についてりゃあ、嫌でも影響力はあるだろうよ。

524 :法の下の名無し:2006/05/02(火) 20:51:52 ID:aiEj2nmS
俺は前田刑法に批判的な人間だが、刑訴を書いたときは本当にスゲェと思ったよ。

525 :法の下の名無し:2006/05/04(木) 17:30:29 ID:V+uAlG6O
>>523
理論で影響を与えているんじゃなくて
具体的な各種業務で影響を与えているのですね。

526 :法の下の名無し:2006/05/04(木) 21:10:40 ID:jgBVIw84
あの刑訴は学問的な面白さはやや欠けるが、判例に依拠したクセの無い出来だな。
昔の大家は結構そうだったが、実体法と手続法両方を論じる学者は大切だよな。

527 :法の下の名無し:2006/05/04(木) 21:17:01 ID:z5F3DtkI
あの刑訴,捜査以外は書研のパクリに思えるのだが。

528 :法の下の名無し:2006/05/04(木) 21:58:43 ID:migTTlrg
いいことじゃないか

529 :法の下の名無し:2006/05/04(木) 23:12:58 ID:yzsvLE33
日本大学法科大学院・加藤康榮教授(元最高検察庁検事)曰く、

池田修、前田雅英氏の共著『刑事訴訟法講義』を実務的な基本書として勧めます。


530 :法の下の名無し:2006/05/06(土) 05:00:56 ID:HLVtptah
前田先生は、最高裁裁判官になります。
今、何歳か知らないが・・・・・

531 :法の下の名無し:2006/05/06(土) 13:02:49 ID:G+zUFlHV
御用学者にとっては、職場が八王子の山中っていうのはつらいものがあるだろうなあ

532 :法の下の名無し:2006/05/07(日) 19:19:48 ID:w0NTiRO0
パトカーで送り迎えしてもらってるんじゃないの?

533 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 16:45:48 ID:yKfLm3VG
御用、御用って、そんなに反体制なのかおまえら?
だいたい歳が分かるな。その反体制っぷりで。
しょせん法律学なんて、どうあがいてもドメで体制内の学問だってのに
まるで鬼の首をとったように騒いでるなw

534 :法の下の名無し:2006/05/11(木) 00:38:09 ID:KEWhUdbI
御用にもランクがあるのさ。
法務省御用は上級御用。警察御用は下級誤用。

535 :法の下の名無し:2006/05/11(木) 01:32:43 ID:ncoZtSS0
権威主義者乙

536 :法の下の名無し:2006/05/11(木) 02:24:38 ID:2c5bikmX
>>534

禿藁wwwwwwww
えらそうに御用学者なんていう割には、おまえがメチャメチャ権威に弱いんじゃねぇかww


537 :法の下の名無し:2006/05/13(土) 23:21:44 ID:uXRzLldo
いつ誰が反権威主義者だと?

538 :法の下の名無し:2006/05/16(火) 13:03:52 ID:H3n3uQi8
最高裁の裁判官になったら平野越えだな。

539 :法の下の名無し:2006/05/16(火) 22:25:45 ID:vGH2UqGR
前田のスタンスは好きだけど
最高の裁判官は無いと思うよ
東大京大の教授しかないでしょ。権威の権化だからね

540 :法の下の名無し:2006/05/18(木) 14:19:17 ID:Eng3ukba
藤田って東北大の教授じゃなかった?

541 :法の下の名無し:2006/05/19(金) 00:46:41 ID:TmdH1100
>>534
君さあ、知ったかはみっともないからやめようよ。恥しか残らないよ。


542 :法の下の名無し:2006/05/19(金) 02:20:30 ID:N7mLFRhQ
>>541
ウン。俺もそう思うなw

543 :法の下の名無し:2006/05/21(日) 04:15:05 ID:DKWU6SC3
534はバカだから仕方ない。かわいそうだから苛めるなよw
知ったかという以前の無知、低脳。犯罪的ですらあるけどな。

一生懸命「御用」と「誤用」を使い分けた努力を、認めてやろうぜwwww

544 :& ◆g5xo38tPy6 :2006/05/24(水) 09:41:18 ID:A7s+KDTx
あげ

545 :法の下の名無し:2006/05/24(水) 22:54:47 ID:0Go3cLQh
>>542>>541のことなんだがw

546 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:06:10 ID:nvp47mkA
>>539
結構いろんな大学からなってるよ。
出身大学は恐らく東大か京大だけだろうけど。
前田氏はそれ満たしてるし。
検察官に聞いたところ、前田氏の本は自分のしている行為を理論的に正当と評価してくれるので読んでて安心できるそうだ。
まともな批判精神のある学者の本を読んでも、自分が何をしたらいいかわからなくなってしまうんだと。

547 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 12:14:27 ID:5D/IM/jJ
「まともな」w


548 :法の下の名無し:2006/06/01(木) 02:11:47 ID:wc9ngLtP
現実離れした空理空論をふりかざしても仕方ないよ。山口君。

549 :法の下の名無し:2006/06/03(土) 22:50:27 ID:rjUJRerX
>>545
知ったか君は君だったかな?
あなた、何期?
それとも、実務家かい?

550 :法の下の名無し:2006/06/04(日) 16:33:48 ID:RK7YuQdB
前田先生って、同じ結果無価値論者の山口厚先生からシカトされてるって本当?

551 :法の下の名無し:2006/06/04(日) 17:08:57 ID:rrGBW3yP
>>550
シカトというか,控えめに言ってもかなり嫌われているらしい。
ていうか,平野門下生達は,全般的に仲が悪いような…

最近の刑法学者は,学問上の争いを全人格的な争いにしてしまうから困る。
団堂先生を見習え。

552 :法の下の名無し:2006/06/04(日) 18:19:21 ID:QN+G9Gqf
>あなた、何期?
>それとも、実務家かい?

お前馬鹿だろw

553 :法の下の名無し:2006/06/04(日) 21:00:45 ID:UCXQEAq4
>>552
で、結局、あんたの主張の根拠は?

554 :法の下の名無し:2006/06/04(日) 21:02:17 ID:5Ph/8pC1
>>552
それは自分のことだろ(プ

555 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 23:33:19 ID:P4vVJQvz
前田師の刑訴本もいいけど、改訂予定はないんですか?

556 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 23:44:16 ID:NZjHsLGe
>>555
出来るだけ早く改定するといってたよ

557 :法の下の名無し:2006/06/08(木) 05:21:21 ID:Rc/MAQD9
>>555
6月中に出るって

558 :法の下の名無し:2006/06/08(木) 22:44:57 ID:RAoVx3qn
疑わしきは平野の利益に

559 :法の下の名無し:2006/06/08(木) 23:02:56 ID:mV5vs0Az
それは西田だろ。

560 :法の下の名無し:2006/06/08(木) 23:28:31 ID:XAt8ceqY
最高裁判事就任あげ。

561 :法の下の名無し:2006/06/09(金) 00:59:58 ID:eyxv036N
失礼ですが、とことん権力亡者になりはてますた。

562 :法の下の名無し:2006/06/09(金) 18:09:16 ID:///c90AA
中央大学やICU出身者も最高裁裁判官は存在する。
前田先生も最高裁裁判長になられる可能性は大。

563 :法の下の名無し:2006/06/09(金) 18:21:23 ID:XyoUtj0z
>>>>

564 :法の下の名無し:2006/06/09(金) 18:22:43 ID:XyoUtj0z
>>
>>

565 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 00:37:13 ID:VoV0ZYy/
ぁ堀


566 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 23:49:28 ID:QcgHW4IO
全然関係ないんですけど
商法の前田雅弘先生は前田雅英先生と親族なのですか?

567 :法の下の名無し:2006/06/17(土) 01:51:03 ID:jA1TLOax
>>566
本人にメールして聞いてみれば?

568 :法の下の名無し:2006/06/17(土) 01:51:28 ID:baraQggb
そうですよ

569 :法の下の名無し:2006/06/18(日) 17:14:31 ID:pXmCwPVb
>>560

570 :法の下の名無し:2006/06/18(日) 17:21:01 ID:eqlpLLOO
判例を追認しているだけで理論がないと聞いたが。

571 :法の下の名無し:2006/06/18(日) 18:40:36 ID:l/5WSxpB
だから?何か問題があるのかい?

572 :法の下の名無し:2006/06/19(月) 23:39:23 ID:8UNyhvwJ
前田

573 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 00:39:31 ID:FUYab1gt

◇最高裁「世論」を意識−−前田雅英・首都大学東京法科大学院教授(刑事法)

 非常に丁寧に説明され、整理されている判決だ。計画性の有無と年齢がポイントだったが、
非常に劣悪な犯情を否定するだけの「計画性のなさ」には当たらないという言い方は説得力がある。
18歳以上の死刑は認められており、少年の態度を見ていると反省もなく1、2審の判断はあまりにも
形式的だとする判断も分かりやすい。裁判員制度を控え、国民に近づこうという意識を最高裁は持っており、
その意識が判決に投影されたようにも思う。

毎日新聞 2006年6月21日 東京朝刊


574 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 01:25:36 ID:WwPVUo/r
最近の先生のご高説は読まなくてもまったくもって明晰判明、
予測可能性1000%であります。

575 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 11:57:42 ID:BR6M5W6r
国民意識にあわせた教授らしい論評だ。
分析としては適切なんだろうね。

576 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 21:16:34 ID:Ln77Le3Q
最高裁も実質的故意概念を指示したことになりますね。

私が20年指示してきた先生も最高裁判事になる時が刻々と近づいています。

577 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 21:17:10 ID:Ln77Le3Q
指示ではなく支持でしたw

578 :法の下の名無し:2006/06/23(金) 00:09:44 ID:CmFn9V37
>>576
アホ?

579 :法の下の名無し:2006/06/23(金) 23:33:31 ID:HwNZkFgX
前田無価値論

580 :法の下の名無し:2006/07/02(日) 23:17:20 ID:MxjWQVBw
www

581 :法の下の名無し:2006/07/03(月) 00:46:52 ID:F7vfy03K
まともな人が皆消えてしまった首都大学東京。
特に仏文初め天下の人文と法学部はすっからかん。
フェミ第一人者・江原女史みたいな人が残留のケースもあるが、稀。
法学部で残っている人は前田=石原マンセーか臆病者の小市民。
前田氏もずいぶんご出世されたものだ。

582 :法の下の名無し:2006/07/03(月) 00:50:48 ID:AwMpu9yb
法学部に「まともな」ひとがいたっけ?
民科? げらげら。

583 :法の下の名無し:2006/07/03(月) 02:18:04 ID:3NuVlBYl
小市民に一票!

584 :法の下の名無し:2006/07/03(月) 08:26:27 ID:Rk+ObeVw
民家必死だな

585 :法の下の名無し:2006/07/07(金) 10:01:06 ID:3zQQhJZC
ただ〜

586 :法の下の名無し:2006/07/19(水) 20:00:22 ID:CQkZp1WM
前田が法務大臣になる日はあるのか?

587 :法の下の名無し:2006/07/24(月) 15:16:52 ID:GxdSUOXs
確かにまともな人はいない。
上がそうなら下の連中はもっと酷い。

588 :法の下の名無し:2006/07/29(土) 17:32:23 ID:gC3ldA0e
前田が法務大臣になることはまずない

589 :法の下の名無し:2006/07/29(土) 20:46:16 ID:w4ikAOZC
ローの設立時期と重なっちゃったから、法学部の
まともな人間は、全員引き抜かれた罠。
教員リスト見ても、知ってる人が3人しかいない。

590 :H:2006/08/09(水) 20:59:05 ID:KiwJyoH7
まともじゃないけど、他に、行く所が、ないんです。
使えない奴で、ごめんなさい。でも、いじめないで。

591 :れヴぃなす:2006/08/09(水) 22:35:50 ID:5m5qJT9W
理論戦線張ってもっとも戦闘的に抵抗したのが、
近経教授陣だった、というところに、前田慎太郎大学の
悲哀を感ずる。

592 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 00:15:27 ID:qWoIcumi
>>590
民家ってほんとに汚らしいことするね。

593 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 18:48:52 ID:HwKTLZ+i
つーか、前田が汚らしいことをしたから、みんな出て行かざるを得なかったわけだろう。
前田が人徳ある男だったら、人材はどんどん集ってくるはず。

594 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 00:57:02 ID:eJZnWCbJ
だから集まってるじゃん(笑)。

595 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 08:57:06 ID:FHuYIPII
誰が?どこに?

596 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 09:14:53 ID:ZF6CaJ6i
類は友を呼ぶというが、見事に性格の悪い連中が集まってるところだよ。
夏休みで研究もしない、遊ぶところも無くて今ごろDVDとゲーム三昧かな。

597 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 10:26:44 ID:X0VFcCrh
>類は友を呼ぶというが、見事に性格の悪い連中が集まってるところだよ。
>夏休みで研究もしない、遊ぶところも無くて今ごろDVDとゲーム三昧かな。

それはお前だろ(w
Minkerの無能な小人どもを叩き出して本郷の若手で固めたんだし、
閉経済み研究者のお前とは格が違うっつうの(ニヤニヤ



598 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 12:42:45 ID:FHuYIPII
いつもいつも民科憎しだけですべての世界を説明してくださる、
とっくに閉経butいまだチェリーボーイのお爺さん。
わかりましたから、そろそろ自慰なさっておやすみなさい。

599 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 12:43:19 ID:eJZnWCbJ
民科や都立大残党の陰湿さが見て取れるスレですな。

600 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 12:49:39 ID:N+nxZ85F
>>598
ニートはそろそろ寝る時間か。よかったね。

601 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 13:01:03 ID:SuxVNKS+
>>595
http://www.bcomp.metro-u.ac.jp/law/faculty.html
ここに。


602 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 14:47:23 ID:ZtL0GSk8
ゲームとDVD三昧の日々を送れる身分になりたいね。

603 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 00:16:14 ID:m+STbcNs
>>602
その感想を雨損のレビューに書いたりしてね。

604 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 01:38:52 ID:79DvezK9
ほんとに2,3人しか知らない…
のに、威張ってるのがいる…

605 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 08:48:35 ID:q1+FDjSM
民家はキモいねえ。

606 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 10:19:32 ID:251PYj61
我妻学ってひとは,栄の関係者?

607 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 10:40:52 ID:ituoTmRH
>>606
孫です

608 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 17:38:16 ID:Yw9BWun0
>>604
もっと勉強しろよw

609 :法の下の名無し:2006/08/13(日) 10:26:38 ID:4bSKdyo2
民家きもいな

610 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 01:15:32 ID:FPJHPUr/
5人ぐらい知ってる。

611 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 01:41:47 ID:6QISV+Nc
おれは6人も知ってるぞ。

612 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 03:28:36 ID:+3WpZxNR
じゃ俺は7人知ってる。

613 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 12:02:41 ID:bPtcQnAo
最低8人は知らないとな。

614 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 13:43:06 ID:SMi5cTzw
9人も知っているとなると十分であろうて。

615 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 13:49:49 ID:cAiUGH/l
  _, ._
( ´_ゝ`) ?


616 :法の下の名無し:2006/08/16(水) 01:06:02 ID:nHJHB6dl
女の数のことか?

617 :法の下の名無し:2006/08/16(水) 15:42:55 ID:Vqactemv
若手に優秀な人が多いね。とくに基礎法は素晴らしい。

618 :法の下の名無し:2006/08/16(水) 20:46:48 ID:e8iQZ+Q2
基礎法…2人しかいないじゃん。

619 :法の下の名無し:2006/08/17(木) 01:31:59 ID:3MKCesFw
劣化したことを認めたうえで、若いもん、これからガンガレと
応援してやるのが筋やろ、民科コンプ君たち。

620 :法の下の名無し:2006/08/17(木) 02:03:48 ID:93fvUCoK
アホがおるな>619

621 :法の下の名無し:2006/08/17(木) 12:31:03 ID:lLLNP4S2
民科がいなくなっただけでも、従来よりはるかに良くなってるよ。
うちも民科がいなくなればいいのになあ。

622 :hokudai:2006/08/17(木) 21:37:11 ID:3MKCesFw
瀬川、吉田先生がいなくなっちゃ困ります。

623 :法の下の名無し:2006/08/24(木) 13:40:01 ID:issm5bCK
Dou.Tei.あげ

624 :法の下の名無し:2006/08/24(木) 17:17:35 ID:Y31SHiDo
>>623
あんまりいじめるなよ(ワラ

625 :法の下の名無し:2006/08/25(金) 09:39:36 ID:6hQUt0TI
ふふふ。

626 :法の下の名無し:2006/08/25(金) 13:44:03 ID:0FChHWCd
民家の大勝利。

627 :法の下の名無し:2006/08/30(水) 23:49:31 ID:Yk8GT94f
前家

628 :法の下の名無し:2006/08/31(木) 21:48:00 ID:8kQjZR9W
南家

629 :法の下の名無し:2006/09/03(日) 11:27:52 ID:8yLWZVZy
後家

630 :法の下の名無し:2006/09/04(月) 09:40:21 ID:3oQjAjQJ
こいつこの前の委員会で法律なんて気にしないで取り締まれば
あとから評価はついてくるとかうそぶいている人間だろ?

かわいそうに公的にこんな発言していることが残った以上
最高裁裁判官にはなれーねーな

631 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 15:42:21 ID:B1PtXioE
筆おろし

632 :法の下の名無し:2006/09/26(火) 17:27:23 ID:UVorbJZK
前田、人のことなめすぎだな。いい加減にしろよ。使えねえ。

633 :法の下の名無し:2006/09/26(火) 23:11:34 ID:FB5Cguou
sageでこっそり憂さ晴らしか。死ねよw

634 :法の下の名無し:2006/09/27(水) 09:28:53 ID:/cYKy4BC
ttp://newmoon1.bblog.jp/entry/327506/

635 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 11:57:15 ID:oaOtMj6s
>>633
sageてるsageてるw

636 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 01:57:05 ID:4Ht/UqDZ
どうしてあんなにジャケットが似合わないかねえ。うんこで煮染めたようなジャケットでさ、すごくおどおどして。空気が読めないから使い物にならねえし、お前みたいなぁほが人前に出て来るな、この恥さらし。

637 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 12:33:31 ID:rN7SXH8F
>>636
誰の話だ?

638 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 17:37:59 ID:pONx/u52
平成18年度旧司法試験第二次試験論文式試験

     合格者  受験者 合格率
首都大  10    264   3.79%
東京大  92    2431  3.78%
京都大  44    1216  3.62%
上智大  16    489   3.27%
北海道  13    428   3.04%
筑波大  4     137   2.92%
一橋大  14    568   2.46%
慶應大  55    2339  2.35%
大阪大  12    534   2.25%
学習院  6     271   2.21%
大市大  6     277   2.17%
早稲田  79    3995  1.98%
神戸大  9     488   1.84%
同志社  16    963   1.66%
関西大  10    728   1.37%
青山大  6     476   1.26%
名古屋  4     334   1.20%
立教大  5     441   1.13%
中央大  44    3885  1.13%
関学大  5     452   1.11%
九州大  4     415   0.96%
東北大  5     531   0.94%
明治大  15    1777  0.84%
立命館  5     883   0.57%
日本大  5     917   0.55%
法政大  4     884   0.45%


639 :法の下の名無し:2006/10/08(日) 08:53:14 ID:XrhNMxy4
みっちゃんの方が学者として優秀な気がするんだよな・・・。

640 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 00:53:51 ID:HLeTkeDA
最新重要判例ってまだ新しいの出ないんですか?

641 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 13:22:20 ID:mUHDGd1o
さぁ?

642 :他大学3年:2006/10/22(日) 14:42:46 ID:aVHko0Dm
首都大の友人(男)がいますが、カナリ自己中で変わってます。
プライドが高すぎる。。。お前そんな偉いのかよ!
って突っ込みたくなります。
みんなこんな人ばかりなのかと・・・どうですか?

643 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 18:36:54 ID:pKVYa9DD
>642
俺も研究員に知り合いがいるが、
自己中で性格最悪だよ。
あの人間が将来、人に教えたり
法曹資格を得たりするかも知れないと
考えるだけでぞっとするよ。

644 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 23:14:01 ID:JXQSa+rJ
>>643
お前が新司法試験受けたり法曹になったりするよりいいんじゃない?

645 :法の下の名無し:2006/10/24(火) 12:23:44 ID:ZJAhSkP9
>>643
何をやらかしてそこまで言われるんだ?

646 :法の下の名無し:2006/10/24(火) 12:24:32 ID:ZJAhSkP9
てか、研究員って誰?

647 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 19:27:55 ID:zievIZt7
12月の各論楽しみだなー

648 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 02:55:19 ID:IypiZiR+
>647
12月に出るの?各論。


649 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 06:19:05 ID:75MkcU+D
http://www.utp.or.jp/shoten/new-order/06.12.html

650 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 23:21:58 ID:8LJkjqRu
>>649
ほんとだ。情報さんくす。改版する毎に価格が上がってるな。

651 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 22:51:17 ID:sYXa4Nnc
刑事政策

652 :法の下の名無し:2006/11/22(水) 13:41:22 ID:7AgjYkNp
前田の著作が大麻自由化のロジックに使われているのに笑った。
>*5 前田雅英『刑法総論講義』58頁
>  国民の規範意識による「裏づけ」のない刑罰制度とは、わかりやすくいえば、「国民がまったく
悪いと思っていない行為に、国家が厳罰を加えるような法律」のことである。このような法律がまかり
通っては、国民は何が本当に守るべき道徳なのかわからなくなり、法律や司法制度そのものに対して、
信頼を失っていくだろう。

ttp://www.cannabist.org/database/cnews/cnews00702.html

これと、バーチャル研究会での発言

>従来は刑罰を科すには、保護法益として何か犯罪抑止につながるとか実効性のあるものしか犯罪に
しちゃいけないという議論があったんですけど、必ずしもそうじゃないんじゃないかと。みんながまずいと
思って、みんなでやめようよと。やめさせる手段として刑罰が有効なら刑罰を使うというのも1つあり得る
んだと思うんですけどね。」

いいかげんにもほどがあるな…よく刑法学者なんて名乗れるもんだw

653 :法の下の名無し:2006/11/22(水) 18:19:46 ID:8BCCwISs
もう学者やめてイロモノ路線で売ってくつもりだろうか

654 :法の下の名無し:2006/11/22(水) 20:34:59 ID:lR2wDKyh
>>652
どこがいいかげんなの?

655 :法の下の名無し:2006/11/22(水) 21:10:31 ID:nxSHgDBT
俺もいい加減ではないと思う。

むしろ、徹底した機能主義から社会防衛論へと移行していったと評価すべきだろう。
学部時代刑法の先生が「前田説は、結果無価値論の皮をかぶった新派刑法学です」と言っていたが、それが顕在化しただけだと思う。

平野刑法学の「機能的結果無価値論」を継承して、「機能的」を無視して理論に走れば山口説、「結果無価値論」を空洞化して「機能的」に走れば前田説になると思われる。
ただ山口説は関西の「社会的機能無視」あるいは「社会的機能をある程度に犠牲にしてまで原理原則に忠実」な結果無価値論(原因において自由な行為否定・共謀共同正犯否定・不能犯ほとんど不可罰)に比べれば、機能性を残してはいるけども。

656 :法の下の名無し:2006/11/25(土) 23:08:49 ID:5kgBO8Rb
ウィキペディアのノートで暴れてる儲はなんだw


657 :法の下の名無し:2006/11/27(月) 01:00:36 ID:DmbBqpij
各論の改訂版が来年1月に出るらしいが、ゲラ読んでいる人います?

658 :法の下の名無し:2006/11/27(月) 01:55:17 ID:E1erfU9v
ゲラは身内しか読まないだろ

659 :法の下の名無し:2006/11/27(月) 23:43:51 ID:uwtso01c
実務に影響与えてこそなんぼの世界

660 :法の下の名無し:2006/12/05(火) 20:30:31 ID:wWgSvGcS
こないだ現役検事(高裁)に聞いたら前田先生のこと知らなかった・・・
想像以上にマイナーだぜフウハハッハ!

新司法試験委員から前田シンパ排除されたぜ!フウハハh

661 :法の下の名無し:2006/12/05(火) 22:28:54 ID:k65t3GOJ
知らないわけがないだろ。馬鹿。

662 :法の下の名無し:2006/12/05(火) 22:50:05 ID:NT5sv2OD
前田教授が司法試験委員をしている時代にどれだけの合格者がでたと思ってるんだ。
実務家はちゃんと本読んでるよ。

663 :法の下の名無し:2006/12/05(火) 22:56:03 ID:5uGlsGeS
>>660
フエーハッハッハッハ!!!の間違いじゃない?

664 :法の下の名無し:2006/12/07(木) 13:13:42 ID:1bfScMng
結果無価値のくせに、
構成要件要素に故意・過失をいれる時点で中途半端なのだよ。

つまり平野・山口をとらなければね。

665 :法の下の名無し:2006/12/07(木) 18:34:20 ID:QvIruePL
>>664
それは結果無価値というより対立軸の違いの問題では?

666 :法の下の名無し:2006/12/07(木) 19:20:26 ID:1bfScMng
>>665
結果無価値の良いところは、責任以外を客観的に見ることではないかい?

まっ僕は行為無価値取るから、よくわからんし、どうでも良いけど。

667 :法の下の名無し:2006/12/07(木) 21:39:38 ID:UzwbaBGt
亀井源太郎に教科書書いてもらうしかないな

668 :法の下の名無し:2006/12/13(水) 15:59:37 ID:rkBQjLTP
捏造刑法学者かw

669 :法の下の名無し:2006/12/14(木) 18:13:49 ID:Lmdhl6Ka
はいはい

670 :法の下の名無し:2006/12/16(土) 14:25:34 ID:lBQxHEKo
この人は治安が悪化していないと困る事でもあるのだろうか?

671 :法の下の名無し:2006/12/16(土) 14:27:59 ID:bRKyNynZ
困らないよ。
治安が悪化してると困るひとはいるみたいだけどね。

672 :法の下の名無し:2006/12/16(土) 17:09:55 ID:lBQxHEKo
>>671
そのわりには捏造ばかりしてるけどねw

673 :法の下の名無し:2006/12/18(月) 20:06:08 ID:t3RuJJ9h
まあ刑法理論よりも刑事政策にご執心なのは確かだな
「刑事政策講義」の刊行も近いであろう

674 :法の下の名無し:2006/12/18(月) 22:26:25 ID:jgjBkGvP
妄想必死だな。

675 :法の下の名無し:2006/12/19(火) 09:52:35 ID:0wxmsitY
>現役検事(高裁)
判検交流もここまできたか(w

676 :法の下の名無し:2006/12/19(火) 10:01:12 ID:8CV9/kHI
660waros

677 :法の下の名無し:2006/12/27(水) 02:17:26 ID:ZMOUlCK+
今年現行に受かった者だが、前田先生の刑法の基礎総論という本には本当にお世話になった。この場を借りてお礼を言いたい
あれほど試験対策に必要かつ十分な本が絶版とはもったいない
総論講義よりよっぽど使える
とにかくありがとうございました。
共同正犯は単独正犯と加担犯の中間に位置する‥って記述にはかなり衝撃を受けたけど。


678 :法の下の名無し:2007/01/02(火) 09:29:18 ID:6TunIsjB
ほしゅ

679 :法の下の名無し:2007/01/02(火) 23:22:45 ID:UBiNKZyz
名著刑法各論講義の新版が出ましたね

680 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 22:50:01 ID:ZD8EU11/
もう出たの?

681 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 23:19:31 ID:yHXuf8Yz
前田刑法各論・絶賛レス (司法板基本書スレより)

前田総論4版は前版と比べて客観的構成要件、主観的構成要件、違法阻却、
責任阻却の順で論じられていて神がかってわかりやすくなったからな。 図表もかなり見やすくなったし。
各論はもともと定評あるからかなり期待。
前田先生の本は、他説の紹介その取捨選択がうまいから試験的にどこまで必要かの目安になる。
ここまで必要なものがしっかり網羅されてる本は珍しいよ。

682 :法の下の名無し:2007/01/16(火) 19:40:19 ID:l1bRiene
ちょっとー
各論の重要な改説部分を列挙してくれ。
支持者なんだから読んでんだろ

683 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 00:40:37 ID:crKFeomb
司法板池。
ココじゃ人少なくて乗り気になれん。

684 :法の下の名無し:2007/01/24(水) 22:22:55 ID:UckfRMXM
日本最高峰の刑法学者

685 :法の下の名無し:2007/01/26(金) 01:23:35 ID:9c7EeaT1
とりあえずぶつかった時だけ参照してるけどほとんど変わってないぞ
未だに文書偽造の保護法益=文書に対する公共の信頼 だし(古!

686 :法の下の名無し:2007/02/03(土) 01:02:18 ID:7eABfYxc
東京大学出版
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1169876189/l50

687 :法の下の名無し:2007/02/03(土) 19:16:48 ID:BNqz4O5p
大谷は責任の基礎は人格責任論としているが、
前田は責任の基礎は何と捉えているの?

688 :法の下の名無し:2007/02/17(土) 20:56:01 ID:Y9BglRXo
所詮平野を越えた前田の前には山口も西田も霞む。

689 :法の下の名無し:2007/02/18(日) 01:28:15 ID:Mha57CkD
所詮の位置がヘン。

690 :法の下の名無し:2007/02/20(火) 03:40:40 ID:fp4PT4/9
機能的犯罪論vs体系的犯罪論

691 :法の下の名無し:2007/02/20(火) 19:53:42 ID:Yfbo17/W
機能的犯罪論は体系的な犯罪論です。

692 :法の下の名無し:2007/02/21(水) 11:14:31 ID:v/CYAsIk
この人の主張には、根拠というものが無い。
主観論ばかり。

693 :法の下の名無し:2007/02/21(水) 18:51:36 ID:2HtwbUrG
各論第4版誤植情報

P288 注29

一文目に「〜根抵当権を設定した不動産を住宅金融債権管理機構が譲り受け、」
とあるが、住宅金融債権管理機構が譲り受けたのは、根抵当権及び被担保債権。

694 :法の下の名無し:2007/02/21(水) 18:59:36 ID:NE9WzqbI
【心の】旦那には絶対言えない過去4【奥に】既婚女性板
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/ms/1168957905/

48 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2007/02/04(日) 19:39:27 ID:b/0RSFnH0
結婚前に子供を2回オロシタことがあるのと、煙草をやめていないこと
お腹の赤が旦那の子かどうか微妙なこと

今の旦那と結婚して2年目、現在妊娠中(8ヶ月)
子供ができたってわかってからは何しても耐えるし、家事もしなくてよくなった。
一度、どこまで言ったら怒るのか試したけど、旦那・旦那の実家・仕事
生い立ち・SEX・趣味・お腹の赤、いろいろ文句言ってみたけど意地になって
耐えてた。でも目つきが悪かったから、その目つきで赤が死んだり障害が
あったりしたらお前のせいだ!って言ったら土下座してた。

旦那の財布を見たら心療内科の診察券があったから、どうやら薬で耐えてる
みたい。それもムカついたからやめさしたけど。
これで、私が子供をオロシタ経験者なんて知ったらどうなるんだろう?
ついでにお腹の赤の顔がまったく似てなかったらどうしよう。
殴っても耐えるし…ばれる前に離婚したいって言葉を引き出さないとマジでやばい。

59 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2007/02/04(日) 22:00:10 ID:3Z4niqV20
息子は旦那の父親(銀行家)の子供

83 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2007/02/06(火) 07:46:34 ID:rlNYiksj0
結婚してから、旦那以外で10人以上の男性と浮気したこと。

92 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2007/02/09(金) 23:46:04 ID:QRXcETQYO
セクキャバでバイト経験あり。援交しまくり時代もあり。ヤッた数は100人くらい。
私バツイチで今の旦那には元夫の浮気が原因で離婚したの。とか言ったけどほんとは逆。
好きな人できて夫捨ててのりかえた。浮気しまくりだった。

148 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)