5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

法学研究科総合スレ

1 :もう疲れた:04/08/16 17:47 ID:YqiWEu5P
司法試験やロースクールの陰に隠れた地味な存在。
奇人・変人率は司試受験生以上???
大学院生ということで一見エリートにも見えるが、実は進路とかもはっきりしない不安定な業界。
論文うぜーし、書いてもアピールできる場所なんてそんなにないぞ。
そんな感じの法学研究科全体について語りましょう。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/16 19:48 ID:R3lTzYAl
若手研究者、ポスドク、ODの溜まり場になる悪寒w

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/17 23:49 ID:jFR3lC1B
博士前期出てフツーの会社にいます。ようやく総務課へ異動です。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/17 23:55 ID:ctaaYXah
司法試験やロースクール → 事務処理の負け組み
法学研究科 → 学問

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/18 00:12 ID:ODan7/VK
少なくとも実定法学者は負け組だろう。
実務家の作った判例を研究してるわけだからね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 18:31 ID:IgpJm9u6
まあ、どちらにしろ負け組だな。





……当方M1。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 15:31 ID:JsMqcejm
少なくとも基礎法学者は負け組だろう。
海外学者の書いた論文を研究してるわけだからね。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 16:13 ID:RD4h5c2Z
海外とつながってるだけ基礎法の方がましとも言える。
国内実定法オンリーの研究者なんてエスキモーと同じ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 20:46 ID:JsMqcejm
国内実定法オンリーの研究者なんてエスキモー並にみたことがない。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 20:54 ID:uBjevTBU
少なくても、弁護士、裁判官は負け組みだろ。
他人のドーデもいい裁判の事務を一生やってる歯車だからw

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 21:17 ID:RD4h5c2Z
俺は人の不幸が大好きだからやっぱ実務だね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 21:24 ID:uBjevTBU
根性から歯車奴隷だなw

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 23:00 ID:4ugdYFl1
なあ…実定法学者が負け組だったら
もう、自然法に未来なんてないよな?



ホセ・ヨンパルトとかダントレーヴとか好きなんだよ…
_| ̄|○

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 23:53 ID:uBjevTBU
自然法なんてものはもともとないんだよ、幻想。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/21 00:20 ID:ORhdZdJx
         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  19 自    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )    自 え
  世 然    L_ /                /        ヽ    然 |
  紀 法    / '                '           i 信 法 マ
  ま が    /                 /              く 者   ジ
  で 許    l           ,ィ/!    /    /l/!,l   /厶, !?
  だ さ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ れ   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね る   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l の  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
     は  ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/21 01:09 ID:8Z3b3mEu
>>15
この板最初の定番AAになりそうだな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/21 12:22 ID:kFie0Uiy
盛り上がりそうだから、誰か「自然法論 vs 法実証主義」スレ立ててよ。
立てようと思ったらダメだた。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/21 13:19 ID:ORhdZdJx
AA貼っておいてなんだが、むしろ18世紀までだったな。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 01:55 ID:HAxBJQD5
アホかと言いたいね
基礎法学なんて存在自体が無用
文学部みたいなもん
実定法学者のほうが遥かに有用
基礎法学の研究者なんてうんこみたいな目で見られてるよ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 03:02 ID:7eGP3Hhf
間、奴隷なみにゆうこうだわなw

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 06:56 ID:7eGP3Hhf
分類すると

法哲学者−−神の代理人
...
実定法学者−−神官
...
...
...
裁判官−−奴隷管理人
...
検察官−−奴隷(まとめ役)
弁護士−−奴隷


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 11:51 ID:dh44UjP0
>21
イタタタタタ・・・・

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 15:26 ID:zpc4WrNz
神官なのは一握りだと思う>実定法学者


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/25 13:13 ID:aOLzPNbs
>>15
ワロタ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 12:52 ID:0getIN8b
あーあ、法学研究科はよかったな。
修士の学生には山ほど英独仏与えておけばそれで済んでたし、衆論なんてどうせクズだからあれも
嫁、これも嫁といっておけば立派な指導教官。
博士になれば小間使いに編集助手代わり。さすがにコピー採りはさせないが、判例評釈でも共著で
書かせりゃ泣いて喜んでた。
就職なんかもまあダメな奴はダメだしできる奴はほっといてもだいじょうび。
なんで法務研究科になっちゃったんかなー。あーあ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 22:19 ID:eEDkGqbE
大変申し訳ないですが、どなたか東大京大一橋早計等など直近2,3年の行政法の大学院入試問題知ってる方居たら内容を教えていただけないでしょうか?
別に上記以外の大學のものでもいいです。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 22:34 ID:R50Xqyb+
最低、自分に必要な資料ぐらい、自分で集められないと。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 00:06 ID:Ks9L/mEt
>>27
ふむ。
いかにも研究者の精子っぽい発言。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 04:57 ID:BAh9QDgh
明治あげ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/05 00:13 ID:EPSJ/EME
>>26
東大の2002年〜今年の分まで持ってるけどここにうpしたら著作権上まずいのでは?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/05 23:27 ID:ZyYe18yT
全然Ok!
貼って下さい。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/06 00:49 ID:a8k5hKqW
東大修士
2002年研究コース
@行政作用と人身の自由との関係について
A裁判所法3条1項にいう「法律上の争訟」について、行政機関と私人との間の紛争を念頭において論ぜよ
同専修コース
@届出の法的性質
A行政審判の特徴
2003年
@行政上の義務に違反したものに対する法的制裁について
A国賠法1条の適用における過失要件と違法性要件とのあいだの関係につき、具体例に即して論ぜよ。
今年(A選抜)
@申請権の意義と法的性質について
A取消訴訟の原告適確について、裁判例を用いながら論ぜよ。

以上

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 02:32 ID:vT5T/5XC
ありがとうでつ!

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 19:39 ID:Tu9asdQt
法律   神の意思
裁判官  神の口
警察官  神の手
犯罪   悪魔の所業
犯罪者  悪魔
死刑判決 神の裁き
判決執行 奇跡

かくて平和は護られ、世はこともなし。

自然法論者   篤信者
法実証主義者  涜神者
イスラム法学者 背教者
利益衡量論者  世俗者

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/09 14:47 ID:3xcFv2D4
>>33
どうでもいいけど、東大の実定法修士はロースクールに移行してなくなっちゃったから、
今年は入試自体ないよ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 05:30 ID:qYRQy1qc
結局ロー定着したら法学研究かはなくなるのか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 08:42 ID:aIO5QC4i
法曹養成>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>公共政策>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>総合法政

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 10:45 ID:O9KcERJi
>>37の判定は、学生に人気があるかどうかに関してのものかい

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 11:17 ID:aIO5QC4i
難易度、将来性、権威すべてにおいて。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 11:18 ID:aIO5QC4i
だいたい総合法政なんて内部なら落ちる奴まずいないじゃん。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 17:03:23 ID:4MV+ddMi
今後の日本や世界を背負う若者が優先的に身につけるべき知的素養という点じゃ、
公共政策は法曹養成よりもずーっと上や。公共事業の質を冷静にチェックする
だけのためにも必要やんけ。総合法政は知らんがな。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/11 18:31:50 ID:78cZD4eo
>>34
弁護士は「悪魔の下僕」ということでよろしいか?

43 :法の下の名無し:04/10/11 11:36:43 ID:cldUn2Pc
私法学会の部会報告聴いてるが、みんな時間内に早口で原稿読み上げるのに必死だな。
必死の若手と、空気読めない爺さんの質問者。
凄い世界だw


44 :法の下の名無し:04/11/08 01:10:11 ID:kLjAeb2x
法学研究科→法務研究科に組織替えする大学多数
法務研究科=失業者予備軍の巣窟

45 :法の下の名無し:04/11/08 01:14:07 ID:kLjAeb2x
法学部教授=学生の就職(公務員試験など)に奔走
法務研究科教授=三振学生のメンタルケアから再就職先の確保に奔走

法学部教授=新卒で若い学生が多いから、就職も景気次第
法務研究科教授=三振学生は年齢制限で就職先が余り無い
        しかも、7割も受かる(と一般に信じられている)新司法試験
        に三回も合格できなかった学生を相手にする企業なんているのか?

法学部教授=学生が司法試験に合格できなくても、別に批判されない
法務研究科教授=三振学生続出=普通に熱心に勉強していれば合格できる試験に不合格
                →卒業する能力があれば合格する試験に不合格の学生清算  
                  →教育能力を疑われる

46 :法の下の名無し:04/11/08 04:19:31 ID:vt2Fzbrt
どっちにしろ法学研究科がないと学者が絶滅しちゃうからな・・

47 :法の下の名無し:04/11/08 05:15:55 ID:Guw5NAI+
何かレベルが低そうなスレだね・・・

48 :法の下の名無し:04/11/08 10:17:36 ID:AutqQwmr
http://www.kubidai.com/modules/xfsection/article.php?articleid=19
コレワラタ


49 :法の下の名無し:04/11/08 13:56:40 ID:zksVYZta
これまで都立大学法学部に民法教員が2人しかいなかったことが明らかになる表だなw


50 :法の下の名無し:04/12/27 13:58:56 ID:D1GhV/7E
公共政策大学院情報ください

51 :法の下の名無し:04/12/29 11:41:52 ID:nE5PWHGI
精神病の真実 (政治板)
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1102516267/l50

世界大百科事典 精神分裂病と向精神薬 より抜粋

「分裂病の原因はなお不明だが〜発生頻度はあらゆる民族,あらゆ
る時代を通じ不変で, 0.7 〜 0.9 %程度とされ,日本でも同様だが,
1963 年の全国調査以後は信頼できる統計がなく,近年の頻度に増減が
あるか否かは明らかではない。」

「精神分裂病には抗精神病薬を数年にわたって長期与薬しなければなら
ぬが,あまり長くなると口や舌がもぞもぞと動いてしまう遅発性ジスキ
ネジアと呼ぶ副作用が出る。これを治すのは難しい。」

「向精神薬が脳のどこへどのように働くかについてはまだよくわからない」

「病気の機序が不明なところへ,作用のしくみがよくわかっていない
精神治療薬を与えて治そうというのには無理がある。」


52 :法学部生:05/01/01 23:00:03 ID:c6oZaEGm
僕は、現在某私立大学(march)の法学部法律学科2年生です。
将来は、刑法学者になりたいと考えています。
研究テーマとしては、医事刑法と環境刑法を研究したいと思っております。
今後、研究者を目指すには、法務研究科と法学研究科のどちらに進むのが良いで
しょうか?


53 :法の下の名無し:05/01/01 23:32:39 ID:vSHehcDL
>>50
行政系の方々も必死ってことよ。
公共院からキャリアが採用されるようなこと匂わせれば馬鹿な学生がたかってくるしね。
実際キャリアの採用がそんなに甘いわけないでしょ?コネやら家柄やらね。大学教授にも中央省庁に口利きできる奴なんていない。
別に公共院でやるようなことを履修した奴が特別人事にとって魅力的なわけでもない。
公共院を作った方々自身がもう飽きてたりしてね。まあ、振り回されないことだ。

54 :法の下の名無し:05/01/01 23:57:53 ID:vCq6XvXS
私も教授が院の宣伝をする度に「教授必死だなW」って思いながら聞いてますよ。

55 :法の下の名無し:05/01/02 00:22:09 ID:0VbxX3py
ふつうはキャリアになってから院にいくんでしょ?

56 :法の下の名無し:05/01/02 00:37:30 ID:hg7ShQrL
>>52
就職を考えると、これからならローだろね。
テーマも普通に犯罪論やった方が有利なのではないかな。



57 :法の下の名無し:05/01/02 01:39:21 ID:ESyWeVvQ
>>56
まあ、でも、専門にできる人はいない分野だけに、
その権威の先生について、体系の構築に協力するという手もある。
就職は微妙かもしれんがな。

58 :学者志望者:05/01/03 16:53:06 ID:VGjjxAIF
法務研究科だと興味があることに集中できず、
予備校的な勉強に終始してしまいそう。
本気で刑法学者になりたいなら、法学研究科に行って
信頼できる教授に師事したほうがいいんじゃないかな?俺は
憲法をしっかり研究したいから、某私立の法学研究科目指してるけど。


59 :法の下の名無し:05/01/03 17:17:32 ID:E0jCZ2wG
ロー設立後の数年間(これから数年〜十数年)は、研究者志望学生にとっていわば「不幸な時代」。

法学研究科と法務研究科、どちらを研究者養成の通常コースにしようか大学も模索中。
誰も確かなことは言えない。

個人的な予想では、まだしばらく(5〜10年くらい)は法学研究科、それからロー出身研究者が出始めて、ローから研究者養成の時代に突入。
しかしその後ローの安泰が続くかどうかはわからない。
専門を深めていく能力や第二外国語能力、基礎的教養、論文作成能力などが比較され、勝利した方が通常ルートになるのではないか。
ただし、ロー自体が、「研究者養成」とは無関係に、「新司法試験」の関係(合格率や教育内容や授業料などの問題)で
さらに再編されたり、統廃合があったりとの変動が予想されるので、そこも視野に入れなければいけない。
ちなみに、現在大学にいる教授陣は、「法学研究科派」と「ロー派」にわかれている。
ある教授は「研究者になりたければ、法学研究科に行け!」と学生にアドヴァイスするが、
別の教授は「研究者になるには、これからはロースクールだ!」と言う。
どちらの勢力が勝つかは不明。

結論としては、「誰にもわからない」
研究者志望学生にとっては「予見不可能な時代」で「不幸な時代」。

60 :法の下の名無し:05/01/03 17:37:21 ID:NAjoe/Z3
入院先が増えただけでも
大いなる不幸であることは
まちがいない

61 :名無し:05/01/03 23:28:04 ID:rgEU6HlF
慶応義塾の法学研究科目指してる方いませんか?


62 :法の下の名無し:05/01/04 00:03:49 ID:IbKNDD87
現行司法試験に合格した上で、法学研究科修士課程に行く。
(もしくは修士課程在学中に現行試験に合格。)

これがいちばん確実な実定法研究者への道だと思う。

こんな香具師はまずいないと思うけど。

63 :法の下の名無し:05/01/04 00:07:16 ID:lAgt5tt2
旧司法試験な。

64 :法の下の名無し:05/01/04 00:13:28 ID:gWYhQWw5
博士課程がこれからはロースクール出身者も受け入れていく
というのは百歩譲って理解できるが(ロースクール出身者に
基礎的研究能力があるのかという批判がある)、今ドクターに
いる香具師がこれからは研究者もロースクールに逝くことが
必要とか言われたら博士取得後ローに逝かなきゃいかんのか?

65 :法の下の名無し:05/01/04 05:06:18 ID:ykQ0uk8m
法学博士と違って、法学修士は前期課程修了すれば、法学士のように全員もらえるんですか。

66 :法の下の名無し:05/01/04 11:56:29 ID:82I5MpkL
>>64
いや、すでにドクターにいる人は行く必要ないよ。
さっさと就職するに限る。
でも、これからは少子化でドクターに行っても就職はないから、
ローに入り直して実務法曹になるのも悪くない。
旧帝大でもよくある話だね。

67 :法の下の名無し:05/01/04 17:43:38 ID:X9v12Pzj
>>52
私も某大法学部法律学科の2回生です。
今から学者目指してるなんてすごいね。
こっちは期末試験の勉強でいっぱいいっぱいです。
医事刑法がなんじゃ、横領と背任が区別できない…

68 :法の下の名無し:05/01/04 18:47:45 ID:1waZhcwb

http://kentriri.value-net.net/29/dsi/ 最近、この子に萌え。


     まじヤバイ・・

                リリカぁ、俺とも頼む・・・



69 :法の下の名無し:05/01/04 22:50:27 ID:wUXu/aX4
>>65
修士論文書いてそれが通ればね。

70 :52:05/01/05 00:18:56 ID:/+t5cyC7
レス下さった皆さん、ありがとうございました。

>>61

受ける予定です。

71 :65:05/01/05 04:31:57 ID:MSZbNU6M
関関同立では最近になって研究者養成コースではなく、実務家養成のコースができてます。
実務家養成のコースでも修士論文出せばまずとおり修士の学位はもらえるのでしょうか。
今秋の2006年入学のロースクール入試に失敗すれば、修士課程に行ってみようと思っているのですが、せっかく行くなら学位もらいたいと思うので教えてください。

http://www.kansai-u.ac.jp/Gr_sch/law/curriculum/h17/index.html
http://www.kwansei.ac.jp/kgps/pdf/kgps2005.pdf
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsla/kadai.html
同志社「なお、ロースクールの発足など新しい時代に対応するため、法学研究科では、企業法務と資格取得を重視した新たなカリキュラムを2005年度から導入します。」

72 :65:05/01/05 04:44:22 ID:MSZbNU6M
あ、そうそう関関同立の実務家養成コースを検討しているのは語学の試験がないからローと併願しやすいからです。

73 :法の下の名無し:05/01/05 04:56:43 ID:cekBrgUi
>>71
実務家養成コースっていうからローのことかと思った。
関関同立の中の法学研究科に在学中なんだけど、
実務家養成コースといっても法学研究科の中で
研究者コースとかビジネススキルを養成するコースとか
公務員養成のコースに分かれているってだけだよ。
だから修士論文出せばとかではなくて、修士論文は
必須。したがって審査に通れば学位は出る。今は修士
も博士みたく法学修士ではなくて修士(法学)になるのかな?



74 :学部3年:05/01/05 11:56:05 ID:0CFM7Ayy
70さんは慶応の学生さんですか?僕は慶応では
ないんですが、慶応の法学研究科受けようと思っています。
公法学専攻ですが。



75 :65:05/01/05 18:59:34 ID:MSZbNU6M
>>73
とても参考になりました。ありがとうございます。

76 :52=70:05/01/05 19:24:59 ID:E7V4znUz
>>74

外部生です。

77 :法の下の名無し :05/01/07 12:00:40 ID:AWlNIPeN
漏れは京都の有名な税法のM先生の所のM2だけど、
はっきり言って、税理士2教科免除希望者が多い。

78 :法の下の名無し:05/01/08 03:03:02 ID:uoa742Fw
法学研究科の入試の面接試験では、スーツ着用で受けるのは当たり前でしょうか。
これから一応就職活動もするので、それ用に買うスーツでいいでしょうか。

79 :法の下の名無し:05/01/08 03:23:49 ID:eX9GBD5o
スーツ着用でうけるのがよいです。
内部からの進学なら受験者についてのかってがわかっているからいいですけど、
外部からの受験ならば、就職活動と同様だと思いますよ。


80 :78:05/01/08 03:39:42 ID:uoa742Fw
なるほど。
では、筆記試験と面接が別の日ならば筆記試験の日は私服・面接の日はスーツでOK、筆記試験と面接が同一日なら全部スーツ着用で受験すべきということですか。

81 :法の下の名無し:05/01/08 06:33:39 ID:iUEGVa3Y
>>80
>>79さんも書いてるように筆記と面接日が同一日なら当然
スーツ。普段着にリュックのちゃねらーっぽい香具師もいたがw
違う日なら筆記の日は私服でもいいと思う。
経験上、同一日の場合は9割の人がスーツで、別の日の場合は
筆記の日は私服が9割、当然面接日は全員スーツかな。

筆記のときにスーツだと動きにくくてやなんだよね(´・ω・`)

82 :78:05/01/08 21:31:36 ID:uoa742Fw
>>81
>筆記のときにスーツだと動きにくくてやなんだよね

これを気にしてお聞きしました。
スーツ着て試験受けたことはもちろん事務作業すらしたことないので、筆記のみの日は私服で行きたかったので安心しました。
本当にご丁寧にありがとうございました。

83 :法の下の名無し:05/01/12 00:46:42 ID:yqFhgJbr
>>71
そのへんの修士課程は、無職の逃げ場。
お前さんがマヂなら、やめとけ。

84 :法の下の名無し:05/01/12 09:23:24 ID:pasq2DlN
ロースクールいけなかったらちょっと行ってみるということからして無職避けるために行くつもりだと思うが。

85 :法の下の名無し:05/01/12 14:14:41 ID:aAWsDeoD
筆記どころか面接のときも私服ですたが何か。
何も言われなかったし、後で口頭試問の教授連に聞いたら、服装が関係がある方がおかしいってさ。

刑法の既知外揃いな教授辺りになれば怒り出すかも知れないね(ププ とはいっていたが。

86 :法の下の名無し:05/01/17 07:42:05 ID:A2huoo0C
漏れが修士を受けたとき(違う研究科だが)は一人を除いて全員フォーマルだったぞ。
その一人は寝坊してTシャツだった。。
内部生だったから憂かったけど。

87 :法の下の名無し:05/01/17 18:20:44 ID:FUrR5R8j
刑法学者は服装にウルサイのか?
俺の知り合いの刑法研究者はめちゃめちゃラフだが。

88 :法の下の名無し:05/01/18 06:58:23 ID:Isud+guW
吉岡先生とか酷いかっこうしてたな

89 :法の下の名無し:05/02/04 04:49:14 ID:GgZZEywh
あげとく

90 :法の下の名無し:05/02/04 12:19:13 ID:SBU8IFa3
ロー定着で法学研究科は無くなるって言うことでいいですか?

91 :法の下の名無し:05/02/04 13:02:49 ID:Ve/oyLbE
一部ではローの方が先になくなりそうな勢いですが

92 :法の下の名無し:05/02/04 20:22:17 ID:HF7JeYkF
政治学や税理士免除で存続するんじゃない?

93 :法の下の名無し:05/02/04 21:15:48 ID:hCDAbk36
>>90
比較法やったり基礎法やったり中心で存続できるのでは
修士課程はなくなっちゃうかもしれないけどね


94 :法の下の名無し:05/02/05 00:00:10 ID:gXYYOuTc
すんませーん、ちょっとお聞きしたいのですが、「自庁調停」ってどう読むんですか?

95 :法の下の名無し:05/02/05 08:26:42 ID:FvLxDcn6
>>94
解決しました すまそ

96 :法の下の名無し:05/02/13 01:22:23 ID:X3BMXJDm
私は、刑法学者を志望している法学部(march)3年生です。
学者としての就職率が良い大学院って、どこでしょうか?
HPや紹介パンフレットを見てもあまり書いていないので、ここでお聞きする次第です。


97 :法の下の名無し:05/02/13 01:48:56 ID:NAaN2U31
吉岡一男@仲本工事

98 :マーライオン:05/02/13 02:00:48 ID:aUN3rQ9/
>>96 さん

 東大じゃないの?東大だと、やっぱ強いみたい。僕が教わった人は
助手だったみたいだけど、ストレートでうちの大学(国立)に引っ張
られて就職したよ。その後すぐにまた、学習院に連れていかれちゃっ
たみたい。やっぱ東大ネットワークはすごいね。

99 :法の下の名無し:05/02/13 04:14:17 ID:F1FbJ3Bg
>>98
鎮目氏のことかな?

100 :マーライオン:05/02/13 05:20:57 ID:aUN3rQ9/
>>98 さん
ここ怖いな(笑)

101 :法の下の名無し:05/02/13 16:34:55 ID:GCUUBBQ+
>>99
かれは院。

102 :法の下の名無し:05/02/13 17:25:04 ID:lPkZzcpr
>>101
しかし、国立→学習院という経歴を持つ刑法学者は、最近では鎮目氏しかいない。
昔は香川、鈴木と、金沢→学習院という経歴を持つ者がいたが。


103 :法の下の名無し:05/02/14 01:44:34 ID:MJVzhE3t
まあ、人定はほどほどにしようや

104 :法の下の名無し:05/02/18 12:05:26 ID:670t6uYf
スーツ着用で口述試験受けるのかぁ・・・。時代は変わったなあ。
漏れの同期で、今は都内の私大で教授をやってる香具師は、
スタジャン&ジーンズで受験してたぞ。

105 :法の下の名無し:05/02/20 16:21:32 ID:Lck1mpfZ
>>104
まるで堀江門だなw

106 :法の下の名無し:05/02/20 17:07:03 ID:11uUVd4c
大学院なんて普段着で受けるもんじゃないのか?
時代は変わったなw

107 :法の下の名無し:05/02/20 22:39:52 ID:2wLIDhiy
新3年です。
刑法専攻で法学研究科に進学したいと考えているのですが、
大学院入試のドイツ語、刑法、刑事訴訟法、法哲学の対策は、
何をやるのが良いでしょうか?アドバイスお願いいたします。

108 :法の下の名無し:05/02/20 22:45:22 ID:QZjY0hmW
学校次第で色々変わるから、まずは
志望校の過去問をなるべくたくさん
手に入れたほうがいい。

109 :法の下の名無し:05/03/08 15:57:53 ID:RiTh8K+u
社会人入試検討してますが、どういう人が入学してますか。
働きながら通えるでしょうか。

110 :法の下の名無し:05/03/08 18:09:03 ID:FfOZNoeE
>>109大丈夫です。
社会人の人は、一流企業の人が多いです。
院の人と違って、ヲタじゃない人が多いです。
そんなに理論的に優れてなくても入ってきてます。


111 :法の下の名無し:05/03/08 18:11:12 ID:7Y1hlsy8
各大学が法科大学院に力を入れるのはいいんですが
大学院・学部での教育が置き去りにされてしまっている観が否めません
多くの大学はそうではないと思うのですが、杞憂でしょうか

112 :法の下の名無し:05/03/08 19:52:08 ID:iI9VFx0J
でも既存の法学研究科の修士なんかはどうせ
なくなっていくんだろ。

113 :109:05/03/08 22:24:04 ID:RiTh8K+u
安心しました。ありがとう。

114 :法の下の名無し:05/03/09 00:44:52 ID:16uB4xk1
法学研究科に公法学選考で入学予定なんですが、やっぱりルソーとかホッブスの著作は読んでおいたほうがいいですか?

115 :法の下の名無し:05/03/09 01:14:34 ID:poH3i+bw
>>114
もちろん。
原書でね。

116 :法の下の名無し:05/03/09 22:52:26 ID:TFyyjf0y
やっぱりそうですよね。どうもありがとうございます。

117 :法の下の名無し:05/03/16 17:42:18 ID:9xTHzf+Q
っていうか、文系だとこんな感じだろ。
結論はっきりしてるじゃん。

法学(神戸・京都がCOE指定)
神戸>京都>>>>>>同志社>大阪市立=関大>>>阪大

経済学(神戸・京都・大阪がCOE)
神戸>京都>>>>大阪>>>>>>>>大阪市立>>関学>同志社

経営学(神戸のみCOE)
神戸>>>>>>>>>>京都>関学=同志社>>>大阪=立命館

118 :法の下の名無し:05/03/16 20:38:34 ID:VKe9KoU+
刑法学者への道
http://criminal-law.ameblo.jp/


119 :法の下の名無し:05/03/18 00:11:51 ID:wPWQPbTE
>>117
くだらん煽りだな、どこの者だ。

120 :法の下の名無し:2005/03/22(火) 18:18:39 ID:1PJws9B8
新3年です。
大学院で医事刑法と環境刑法を研究テーマとしたいのですが、この分野で良い先生がいらっしゃる大学院って、どこでしょうか?

121 :法の下の名無し:2005/03/22(火) 18:38:43 ID:GR9mUlL8
維持刑法なら和田台に甲斐さんがいる。

122 :法の下の名無し:2005/03/22(火) 18:39:17 ID:ycjH+hDT
甲斐先生がドンピシャ。

ちょっと前まで広島大学だったけど、今はたしか早稲田だと思う。
院を持ってるかどうかは不明。
自分で調べろ。

123 :120:2005/03/22(火) 22:46:05 ID:ZH8WN2Nb
>>121
>>122

どうもありがとうございました。

124 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 01:02:16 ID:ywzrGzaW
甲斐先生はミンカですか?

125 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 18:43:45 ID:k0wPm5V4
>>124
民科スレに行って聞いてみんか

126 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 00:46:41 ID:+9sC1pPd
研究者として職を得るには、最低どのへんのランクの院を修了している必要がありますか?
どなたかご意見をください。


127 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 07:21:21 ID:LAdtD846
>>126
灯台法学部

128 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 17:55:29 ID:/WwM4ntM
医事刑法は中谷僅子・斉藤誠二が第一人者だが,中谷先生は
先日なくなり,斉藤さんは中央定年退職だな。どこに行かれたのだ。
中谷弟子は井田だが,医事刑法を名乗ってはいないな。

環境刑法は伊東研祐が慶應に居る。

129 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 20:40:10 ID:QoBQF3YZ
てか、甲斐さんが医事刑法も環境刑法も両方やってる。
甲斐さんでいいじゃん。

130 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 00:15:22 ID:4dNvcn9y
科等久雄さんはまだKOだっけ?

131 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 03:12:29 ID:ModQSfsJ
>>130

医事刑法の第一人者ですね。

132 :120:2005/03/29(火) 19:45:15 ID:MT+q5Nnz
>>128
>>129
>>130

ありがとうございます。



133 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 21:46:51 ID:VYXJQRQj
>120
おまいさん前も来てたよね?人違いだったらスマソ。
おれも某私大法学部の新3回なんだけど、なれるものなら刑法学者になりたい。
頭わりぃから無理だろうけど。大学(関西圏だけど)無浪無留だったら、
もう2年ぐらいモラトリアムしてもいいかなと思ってる。
才能がないことを思い知ったらきっぱり諦められると思ってさ。
おまいさんどの程度本気なの?

134 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 21:56:32 ID:VsyyPw8L
これからの実定法はとりあえずロー行って新司法受かってきてからが勝負だでよ。
頑張れ。

135 : ◆AvaYhzKIDE :2005/03/29(火) 22:14:01 ID:VYXJQRQj
>>134
それ言われてますねー。ロー行って学者になるんじゃ、たとえなれたとしても
もとが取れないですよね。たくさん勉強しなくちゃいけない割りに損な商売…。
トリップに大学名入れました。院行くとしたらそのまま上行きたいな。
社会デビューする前に1度だけ刑法漬けの生活を体験してみたいって感じで。
独語の勉強は今からかなりやってます。

136 :法の下の名無し:2005/03/30(水) 00:45:44 ID:2IAjPdCM
>>135
京大いけ。


137 :法の下の名無し:2005/03/30(水) 00:58:47 ID:qcCbso+Y
あの、突然で申し訳ないんですが、従姉と結婚ってできるんでしょうか?
結婚考えてるのですが、そのことを友達(法学部出身)に言うと「いとことじゃ結婚できない」
と言われました。実際どうなんでしょうか・・・?よろしくお願いします。

138 :法の下の名無し:2005/03/30(水) 02:05:54 ID:1PmmGIrT
>>137
できる

139 : ◆0wn80nzvk6 :2005/03/30(水) 02:11:29 ID:2IAjPdCM
同志社

140 : ◆.4EOtdXrdQ :2005/03/30(水) 02:12:00 ID:2IAjPdCM
ritsumei

141 : ◆xPs22j07vg :2005/03/30(水) 02:12:31 ID:2IAjPdCM
DOSHISHA

142 : ◆8ZXFtsd.2I :2005/03/30(水) 06:15:38 ID:DCPX5WYw
doudai

143 : ◆AvaYhzKIDE :2005/03/30(水) 08:58:57 ID:XmBbjZlA
>>136
無理、と思うってことは本気じゃないのかなー。

同志社ではないです。これ以上は晒しません。
>>120のカキコ待ってます。

144 : ◆4yAFndoPTM :2005/03/30(水) 11:01:49 ID:4ooyp38p
KANGAKU

145 : ◆iiCepJ9SRU :2005/03/30(水) 20:25:28 ID:o4ErUIYs
a

146 :120:2005/03/31(木) 01:10:37 ID:GXd6lPxo
>>133

>おまいさん前も来てたよね?人違いだったらスマソ。
はい。以前にも書き込みましたが、何か?

>おまいさんどの程度本気なの?
どの程度と言われると難しいですね。迷っていないわけではありません。ただ、今は、以前にも増して学者になりたいという気持ちが強まってきております。
いずれにしろ、大学卒業後は、大学院に進むことは、自分の中で決定しています。


147 :法の下の名無し:2005/03/31(木) 01:21:10 ID:cBHb6jgC
うざいなお前。

148 : ◆AvaYhzKIDE :2005/03/31(木) 10:45:52 ID:y9IJwH34
>>146
そうか、しっかりしてるんだな。お互いがんがろうぜ。

149 :立花隆先生もご指摘のとおり:2005/04/02(土) 10:18:10 ID:SE26pGzQ
日本の文系、とりわけ法学部は教養がない。理系学生の書斎が安藤忠雄の建築
事務所(研究所)みたいな資料の山だとしたら、文系(特に法)学生の書斎は
立花隆のネコビルw

規模だけでなく質でも文系(特に法)は見劣りがするね。何度か連中の自宅に
招かれたから、ちょっと参与観察してみたんだ。冗談半分でさ。仔細に文系
(特に法)学生の本棚とか見てみると、これがもう滑稽なんだww

面白いから蔵書タイトルを全部メモしたんだけど、まずいきなり机の上に開いた
状態の宮台真司『権力の予期理論』!プゲラを抑えるのに必死だったぜ。続いて
何度も読んだ形跡のある伊藤&柴田の司法試験論文対策即席要点集。お前サル
かよ、それでも人間かよ、って問い詰めたくなったね(苦笑)。他にもオママゴト
みたいな社会学大辞典、カント・マルクスをはじめとする岩波文庫300冊程度
(といっても日本語であって原文ではない)、オクスフォード英英辞典とシソーラス、
小林康夫『光のオペラ』、我妻民法、佐藤憲法、前田刑法&商法、新堂民訴法、
山本国際法(←物凄い日本語w)、○○学がわかるシリーズ(プッ)、ソシュール
言語学講義、ダンス・マガジン(お前ホモかよww)、スティグリッツ経済学
(原文じゃなくて翻訳)、ウィトゲンシュタイン論理哲学、アリストテレス詩学
(ギリシャ語で読めよな)、フーコー『知の考古学』(「パンのように売れた」
ベストセラー)、三島由紀夫文庫、仏露独蘭伊中国語辞典、トクヴィル、大江
健三郎、コーポレート・ファイナンス、ドストエフスキー文庫、西尾行政学、
柄谷行人文庫、フロイトの技法、Yale Law Review、ハンナ・アーレント、浅田彰
『構造と力』、別冊ジュリスト判例百選、大前研一(ワラ)、シェイクスピア文庫、
田中行政法、中公『世界の歴史』(お前高校生かよw)、マンデル貨幣理論、
岩井克人『ヴェニスの商人の資本論』(プッ)。これだもんねぇ。他にも数百冊
持っていたようだがあとは推して知るべし。で、トドメはピーター・ドラッカー、
ピエール・ブルデュー、フォーリン・アフェアーズ、ハーバード・ビジネス・
レヴュー、知の論理!!もう俺その場で大爆笑。プゲラー止まらなかったぜwww

参考までに連中の持ってた理系テキスト挙げようか。ま、予想通りだけど、杉浦・
解析入門(高校4年生の一般教養にはいいかもね)、岩波講座・現代数学の展開
(なぜかモジュライ理論、Lie環、Weil予想、コホモロジーw)、リーマン・アティ
ヤー・岩澤・シュバレー・ヴェイユ・セール・ブルバキ・ウィーナーなど書店で
目につくもの(持ってるだけね、知的ファッション)、The Cell(教育ママに
買わされた赤い電話帳ね)、東京化学同人『分子細胞生物学』(ゲノム解析ブーム
の名残だろうな)、岩波数学辞典第3版(お前、万引きしたヤツだろ?これ)、
ノイマン『ゲーム理論&経済行動』、プリゴジーヌ『散逸構造』、ファインマン
物理学講義。これだもんねぇ。他にも何十冊か持っていたようだがあとは推して
知るべし。で、トドメは日経サイエンス、ニュートン、大学受験過去問(東大&
京大理系)、数学セミナー!!もう俺、こんな連中と面識あるなんて、恥ずかし
いね。あいつらよく平気で外を歩いてるもんだ。せめてNatureくらい読めよな、
文系(特に法)なんだからさwwww

学部時代で既に無教養な文系(特に法)だから、あとは推して知るべし。
法科大学院も法学研究科と好一対だ。テキストは学部で使ってたのと同じだしね。
(レベルも学部と大差ない罠w)。まあ、実務センスを身につけたり、他学部
の人を受け入れるにはちょうどいいかも。


150 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 00:17:24 ID:ZgVo7dzl
>>149
Yale Law Reviewってなんや?
あそこは、Law Journalのはず。
教養だけでなく、記憶力もないの?

151 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 01:09:24 ID:jIidnYOk
>>150

コピペにマジレスするなよ。恥ずかしいよ。

152 :150:2005/04/03(日) 02:00:48 ID:ZgVo7dzl
>>151
恥ずかしい。酔っぱらってたんだ。

153 :立花隆先生もご指摘のとおり:2005/04/04(月) 03:16:41 ID:yW9LhCLr
日本の文系、とりわけ法学部は教養がない。理系学生の書斎が安藤忠雄の建築
事務所(研究所)みたいな資料の山だとしたら、文系(特に法)学生の書斎は
立花隆のネコビルw

規模だけでなく質でも文系(特に法)は見劣りがするね。何度か連中の自宅に
招かれたから、ちょっと参与観察してみたんだ。冗談半分でさ。仔細に文系
(特に法)学生の本棚とか見てみると、これがもう滑稽なんだww

面白いから蔵書タイトルを全部メモしたんだけど、まずいきなり机の上に開いた
状態の宮台真司『権力の予期理論』!プゲラを抑えるのに必死だったぜ。続いて
何度も読んだ形跡のある伊藤&柴田の司法試験論文対策即席要点集。お前サル
かよ、それでも人間かよ、って問い詰めたくなったね(苦笑)。他にもオママゴト
みたいな社会学大辞典、カント・マルクスをはじめとする岩波文庫300冊程度
(といっても日本語であって原文ではない)、オクスフォード英英辞典とシソーラス、
小林康夫『光のオペラ』、我妻民法、佐藤憲法、前田刑法&商法、新堂民訴法、
山本国際法(←物凄い日本語w)、○○学がわかるシリーズ(プッ)、ソシュール
言語学講義、ダンス・マガジン(お前ホモかよww)、スティグリッツ経済学
(原文じゃなくて翻訳)、ウィトゲンシュタイン論理哲学、アリストテレス詩学
(ギリシャ語で読めよな)、フーコー『知の考古学』(「パンのように売れた」
ベストセラー)、三島由紀夫文庫、仏露独蘭伊中国語辞典、トクヴィル、大江
健三郎、コーポレート・ファイナンス、ドストエフスキー文庫、西尾行政学、
柄谷行人文庫、フロイトの技法、Yale Law Journal & Review、ハンナ・アーレント、
浅田彰『構造と力』、別冊ジュリスト判例百選、大前研一(ワラ)、シェイクスピア文庫、
田中行政法、中公『世界の歴史』(お前高校生かよw)、マンデル貨幣理論、
岩井克人『ヴェニスの商人の資本論』(プッ)。これだもんねぇ。他にも数百冊
持っていたようだがあとは推して知るべし。で、トドメはピーター・ドラッカー、
ピエール・ブルデュー、フォーリン・アフェアーズ、ハーバード・ビジネス・
レヴュー、知の論理!!もう俺その場で大爆笑。プゲラー止まらなかったぜwww

参考までに連中の持ってた理系テキスト挙げようか。ま、予想通りだけど、杉浦・
解析入門(高校4年生の一般教養にはいいかもね)、岩波講座・現代数学の展開
(なぜかモジュライ理論、Lie環、Weil予想、コホモロジーw)、リーマン・アティ
ヤー・岩澤・シュバレー・ヴェイユ・セール・ブルバキ・ウィーナーなど書店で
目につくもの(持ってるだけね、知的ファッション)、The Cell(教育ママに
買わされた赤い電話帳ね)、東京化学同人『分子細胞生物学』(ゲノム解析ブーム
の名残だろうな)、岩波数学辞典第3版(お前、万引きしたヤツだろ?これ)、
ノイマン『ゲーム理論&経済行動』、プリゴジーヌ『散逸構造』、ファインマン
物理学講義。これだもんねぇ。他にも何十冊か持っていたようだがあとは推して
知るべし。で、トドメは日経サイエンス、ニュートン、大学受験過去問(東大&
京大理系)、数学セミナー!!もう俺、こんな連中と面識あるなんて、恥ずかし
いね。あいつらよく平気で外を歩いてるもんだ。せめてNatureくらい読めよな、
文系(特に法)なんだからさwwww

学部時代で既に無教養な文系(特に法)だから、あとは推して知るべし。
法科大学院も法学研究科と好一対だ。テキストは学部で使ってたのと同じだしね。
(レベルも学部と大差ない罠w)。まあ、実務センスを身につけたり、他学部
の人を受け入れるにはちょうどいいかも。


154 :立花隆先生もご指摘のとおり:2005/04/04(月) 03:54:35 ID:yW9LhCLr
Yale Law Review か Yale Law & Policy Review のことと思われます。

155 :法の下の名無し:2005/05/03(火) 13:00:36 ID:J2idINwE
誘導先age

156 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 23:22:12 ID:JNDhQET/
現在、学部3年です。
研究者志望ではないのですが、法学研究科(刑法)を志しています。
将来のことを考えると無謀でしょうか?

157 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 23:47:04 ID:neRT29B2
>>156
これからはロースクールの時代ですよ。

といっても大学によって異なる事情もあるかもしれませんので、3年生なら所属ゼミの先生や先輩などとよく相談してみるといいかもしれません。

158 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 02:49:56 ID:/FysqqJA
>>156さん
研究者志望ではないのに、法学研究科を志すのは何故ですか?
実定法の研究者になるなら、司法試験を合格することは必須と思います。



159 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 02:50:39 ID:E4CSsX/h
>>156

研究者志望じゃないんなら、何の意味もない。やめて就職しろ

160 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 12:26:52 ID:YjMxw9Rt
>>158
学者に受験のテクニックは不要です。

161 :156:2005/05/18(水) 19:10:04 ID:RDgA25JR
アドバイスを下さった方々、ありがとうございます。
実は、今在籍しているのが法学部ではなく、
地方国立大学人文学部の刑法ゼミ所属で、法学を専門的に勉強できるカリキュラムではありません。
他大学の法学研究科を受験し、本格的に研究したいというのが志望の理由です。
所属ゼミの先生は可能だとおっしゃっていますが、就職状況などを考えると不安です。


162 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 01:18:02 ID:ftC43G/i
>>161
就職なんか考えてるんだったら、研究なんかやめろ。

163 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 20:01:09 ID:7RkSBQp0
>>161
指導(予定)教員の立場からすれば,少なくとも実定法の研究者を志すのであれば,ロースクールを出た後に博士課程後期に進めとアドバイスする人が多いのではなかろうか.

ロースクール自体に明るい未来があるからではない.将来的にロースクールの教壇に立つためには,法曹資格くらいは取っておかなければならないと考えられるからだ.

しかし,法律学の研究者として必要とされるのは,ロースクールが重視する法実務や法廷実務の知識ではなく,むしろ法理論の方.従って,ロースクールに通いながらも,法学研究科の授業に顔を出したりして,後期課程進学に備える必要がある.

164 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 00:17:23 ID:Tr6TaDf2
>>163
結局どっちつかずになるのが関の山。
研究者はやめておけ。

165 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 00:22:59 ID:xOAlA6zF
研究者になれるのは東大京大一橋くらいか

166 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 03:35:08 ID:QBFTwFJ1
では質問です。
修士課程→博士課程のイイ業績残す人より、
ロースク→博士課程の、並みの業績の人のほうが、
これからは研究者として有利ということですか?

167 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 10:07:30 ID:EVUcZ1Db
有利っていうか・・・ローで教えられないんじゃない。
就職先がいきなり半分になる。

168 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/05/20(金) 17:40:34 ID:1rIRY6Mf
>>167
それはないだろ。
じゃあ、今、ローで教えているのは誰よ、っつー話で。
当面、今、人事権を持っている連中はロー出ではないわけだし、
ローを出ているからとりたて有利、という話にはならんと思う。
ただ、ちゃんと判例読めますよ、と感じさせるような業績は必要だろうね。
実定法学者で法学だか哲学だか歴史学だかわからない研究をしている人は
より不利なような気がする。

そもそも、個人的には、ローを出て博士課程で「並みの業績(今で言う)」を残せる人間って
東大出身者の中でもごく限られるような気がする。

169 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 18:05:13 ID:xOAlA6zF
修士課程がローに置き換わる大学が多々あるというだけ

170 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 19:54:37 ID:2h+wKbdP
>>168
> じゃあ、今、ローで教えているのは誰よ、っつー話で。
> 当面、今、人事権を持っている連中はロー出ではないわけだし、
> ローを出ているからとりたて有利、という話にはならんと思う。

実際,ロースクール出身の研究者が出始めれば,新規採用はそちらからという感じになっていくのでは?かつて博士課程中退でアカデミックポストを得た人たちが,「今どき博士号くらい持ってないと(特に大学院重点化したところなどは)…」と言い出すのと同じ.

> そもそも、個人的には、ローを出て博士課程で「並みの業績(今で言う)」を残せる人間って

まー少ないかもねー.従って>>169が言うみたいに単純に前期課程がローに置き換わるわけでなくて,法学教員の性格自体が変わっていく可能性大.


171 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 21:33:04 ID:xOAlA6zF
しかし>>165は今後も変わらん

172 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 22:53:58 ID:0E7IdLP6
ローで教えられなくても一向構わん。
つか、ローに回されないで済むなら一生そうしていたい。

173 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 22:59:19 ID:i1qLW76O
ローのない大学がいいよな。
一番いいのは法学部のない大学の教養の教師。
東京工業大学とか東京医科歯科大学の教授で法学を教える。

174 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 00:21:47 ID:2/TrL1lf
>>173
まるで高校教師みたいだな

175 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 12:20:02 ID:uSvXPkuG
東大の修士って
入試科目は外国語1と専門科目1ですか?
過去問買ったけどどれを受ける必要があるのかいまいち分かりません。

あと、助手採用は違う試験ですか?

176 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 12:46:24 ID:GYASn+vL
>175
あんたその程度しか知らないなら法研志望はやめといた方がいいよ。
文献を読む能力がなさ杉だから。

177 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 13:38:01 ID:uSvXPkuG
単なる確認だよ
私大の奴にそんなこと言われたくないね

178 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 23:21:48 ID:3RQkjbIi
ロー行かずに憲法学者になれる確率は?


179 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 23:27:21 ID:3RQkjbIi
173に賛成

180 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 04:43:57 ID:F0rWM3+/
>>175
「いまいち分かりません」

>>176
「文献を読む能力がなさ杉」

>>177
「単なる確認だよ」

???

181 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 12:39:55 ID:G3oCUb9q
ロー行かずに憲法学者になれる確率は?



182 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 12:46:38 ID:jscfrGP6
>>181
1l。

183 :法の下の名無し:2005/06/23(木) 03:25:10 ID:b7QjohWc
何校くらい受けたんだ?内部が多いのか?

184 :法の下の名無し:2005/10/17(月) 21:19:22 ID:eBhBsjrB
今度の春に法学研究科の院試を受けるつもりなんですが、憲法論文を書くためにいい参考書は何でしょうか?(専門論文の書き方という感じのような)あと、専門論文でおすすめの科目を教えて下さい。

185 :法の下の名無し:2005/10/19(水) 22:49:23 ID:uZyCeJtY
あげまん

186 :法の下の名無し:2005/10/20(木) 23:58:52 ID:TsZcLus1
さげまん

187 :法の下の名無し:2005/10/20(木) 23:59:49 ID:TsZcLus1
>>184 カワイソス

188 :法の下の名無し:2005/10/23(日) 15:25:15 ID:ZP8lvqWx

法科大学院の真の逆説:学者たちの誤算

法科大学院(ロースクール)制度の真の問題点は、乱立して新司法試験の競争率が
激化したことではない。この制度を推進してきた教授たちの真の誤算は、
法学者・法学研究者の地位低下、さらにいえば「実務家による法学のっとり現象」が
起こっていることである。

法科大学院では、実務家(判・検・弁)による教育が必須とされ、多くの大学が
特に判事・検事OBを大量に教授として取り込んだ。当初はローに冷淡だった最高裁も
今では立派な利害関係者となっている。

ここで、従来、実務から距離をおいた学者による研究・教育が行われていた大学では、
これらの実務家、特に判・検OBが大量に送り込まれ、かなり発言権を握りつつある。
このため、相当の学者たちが危機感を抱いている。特に、権力や実務に批判的に距離を
置くことを自明としてきた刑事訴訟法分野の研究者たちは、かなり追い詰められた空気の
ようだ。たとえば、次のような声が聞かれる。

「検察OBに検察講義案のような実務テキストをはなから読まされた学生ばかりが育って、
これから日本の刑事訴訟法学はどうなってしまうのか、という想いがあります」
「新司法試験はあまりに実務優先すぎる。結局は判例や捜査実務を肯定する方向に流れてしまう」

「予備校から学生を奪い返す」ことを目標に始められた法科大学院制度だが、「実務家に大学を
奪い取られる」結果になりつつあるのは皮肉だ。

189 :法の下の名無し:2005/10/23(日) 17:20:18 ID:hPhA1Akx
確かにローと学部が断絶されていたり、非常に仲が悪かったりするところは非常に多い。

190 :法の下の名無し:2005/10/24(月) 00:11:25 ID:lzsa7nSs
そうなることを予測できなかったこと自体が信じられない。
予備校と大学は、平和共存していたわけだしね。
それに、法曹定員は法務省の管轄なのに、文部省とだけ
折衝していて、定員をとれると思っていたのも阿呆としか
いいようがない。
俺は政治学者だが、現状はほとんど予測した範囲のこと。
教授会でも、こうなることを警告したが、法律学者は
「政治のひがみ」とせせら笑っているだけだった。

191 :法の下の名無し:2005/10/24(月) 14:41:56 ID:nS8eYX9L
脳内政治学者が脳内教授会で脳内警告か。

192 :法の下の名無し:2005/10/29(土) 14:34:41 ID:EwagZWYe
まあ、実務と完全に無関係な念仏ばっかり唱えてたやつらには辛いだろうな。

193 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 17:42:21 ID:mxD4yp60


194 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 17:55:28 ID:DvaV9rIS
権利の濫用は許さない。
非常識は許さないという見解。

195 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 19:09:26 ID:cPWlKPd5
しかし、「常識」に基づく侵害であっても人権侵害は許されない

196 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 21:03:31 ID:kFRWp1j9
ちょっと提案。
今から法学でマスター行くんなら、専攻を2つか3つくらい
考えたほうがいいのではないか、と。
論文は、まあ無難にこなして、自分の2番目に好きな(または自信のあるor
流行ってる)分野の懸賞論文に手を出すとか。
でないと、生き残れないような希ガス。
ただ、デメリットとして、いざポストを手にした場合、「何でも屋」的に
見られて仕事が増える可能性あり。

197 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 11:33:15 ID:O+GNB4p6
もう司法試験通ってない学者はいらんよ。
相手にされんと思う。
ローで資格経由したあと研修とばして博士課程へ。
ダメなら研修所はいって就職、だな。

198 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 15:37:38 ID:7OWgDtt3
かもな。
ただ、そのせいで、ますます実務と乖離した脳内理論を唱える学者は
減少するだろうから、いいことだよ。
理想を唱えることも大事だけど、たとえば今の憲法とか刑訴みたく
やたら社会常識から乖離してるような学者を生み出すのは
マイナスでしかないからね。

199 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 19:02:20 ID:sSESRmIT
ブログ批判に始まり、個人晒しをやっている臭い香具師等ハケーン。
法も知らないのに、もはや裁判官きどりだぞ。
きな臭いスレ、
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1133495049/l50

200 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 20:15:55 ID:5mp6kZMK
>>198
実務と乖離した脳内理論とか、社会常識から乖離と言うが
学説というものはそもそも実務の動向を反映することが目的なのだろうか。
社会常識の観点から見て妥当であればそれでいいのか?

実務とある程度の距離を保っている学説(or学者)がなくなってしまったら、
一体何をもって実務一辺倒の誤りを正し、将来生じるかもしれない暴走に歯止めをかけるのか。
また、社会常識で判断することがふさわしくない問題、
社会常識では解決されえないような難しさのある問題に対して学説が貢献しうることを
なぜ考えられないのだろうか。

憲法・刑訴法が社会常識から乖離していると言う。
それはいいが、何をもって社会常識からの乖離と見なすのか。

201 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 21:01:18 ID:7OWgDtt3
>>200

198です。レスサンクス。

>学説というものはそもそも実務の動向を反映することが目的なのだろうか。
>社会常識の観点から見て妥当であればそれでいいのか?

「行き過ぎた実務の動向に歯止めをかける」という学説のスタンスは分かる。
ただ、そのためにも、現実と乖離した議論をしていても仕方がないということを
言いたい。実務に歯止めをかけるためには、「なぜ実務が行き過ぎてしまうのか」
にまで考慮したうえで、実務的にも受容可能な解釈論を提示していかなければ、
それはただの空論に終わってしまうと思う。

>実務とある程度の距離を保っている学説(or学者)がなくなってしまったら、
>一体何をもって実務一辺倒の誤りを正し、将来生じるかもしれない暴走に歯止めをかけるのか。

実務に配慮すべきだ、と主張すると、学説はすぐ「実務一辺倒は無意味だ」と反論する。
しかし、そう主張しているわけではない。
「実務一辺倒」になる必要性はまったくない。ただ、現在の法学研究の状況の概観は、
(あくまで概観だが)あまりに実務とかけ離れた理想論ばかりを追い求めている、
と言いたいだけだ。


>また、社会常識で判断することがふさわしくない問題、
>社会常識では解決されえないような難しさのある問題に対して学説が貢献しうることを
>なぜ考えられないのだろうか。

それは、確かに、耳の痛い批判ではあります。そういう問題もあることは否定しません。
学説が貢献できるのも、まさにそういう点にあることも認める。

ただ、バランスの問題だと思う。
そういった学説ならではのメリットの利点を考慮に入れたとしても、
現在のように、実務から無視されるような理想論を唱えることのマイナス面のほうが
より大きいのではないでしょうか?と申し上げたい。

>憲法・刑訴法が社会常識から乖離していると言う。
>それはいいが、何をもって社会常識からの乖離と見なすのか。

そこに明確な基準を提示できないことは、あなた自身おわかりのはずでしょう。
ここまでは常識、ここまでは常識ではない、などということを、すべてにわたって
断言できるわけはない。
ただ、ある程度のところで、「社会一般に共有されている常識」というものは
観念できるはずであり、また、それが観念できないような人間は、そもそも
法学を研究する資格はないんだと思う。


202 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 21:34:15 ID:HersmxCR
一つか二つで良いから例を挙げてみろよ。

203 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 22:55:30 ID:QeUETxj2
そもそも、ローに通ったぐらいで、
社会常識や実務に詳しくなれるのだろうか。

仮にローから試験通って、博士課程に行ったとしても、
資格があることと専門外の課目にちょっと詳しくなる以外、
研究者養成としては、今まで(修士〜博士コース)とそれほど大きな差は
生じないんでないかと思うのだけど。


204 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 02:44:41 ID:SgxetVZJ
201は刑訴研究者か?刑法のようにも思えるが。
いずれにせよ具体的に話してくれや

205 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 03:16:21 ID:IisZEkYD
法学部→ロー(司法資格取得)→院(博士課程)というのが、正しき若手研究志望者の道。

他の学部に比べて司法資格を取るチャンスがあるので、
将来路頭に迷う確立が減るでしょ。

206 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 17:01:27 ID:LOWxAUvC
脳内常識を社会常識と勘違いしてるよーな俗人たちが何言ってもねぇ


207 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 20:44:11 ID:2b0tNsAP
ローはお財布にやさしくないから

208 :法の下の名無し:2005/12/07(水) 22:23:08 ID:ySPBia2N
ローで借りると修士の旧育英会奨学金が
受けられなくなるから、よっぽどお金持ち
じゃないと修士再入学はありえないよな

209 :法の下の名無し:2006/01/06(金) 00:49:24 ID:TquC71FF
メジャーどころでない分野を専攻すると、研究者になれる確率は高まるでしょうか?
私は、社会保障法の研究をしたいのですが。

210 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 14:01:49 ID:PeOls8Bp
あげまん

211 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 20:14:22 ID:/kWIwaQJ
すみません、他の学部から法学研究にって行けますか?ちなみに自分は心理なんですけど法学で院に行きたいんで。なにを勉強したらいいか教えてください。

212 :DV冤罪事件資料:2006/01/14(土) 21:40:31 ID:+JjPefjJ
DV冤罪事件資料:医師を誤認逮捕し、無理やり起訴し、投獄した事件の顛末。
 「夫婦喧嘩」を傷害事件にしてしまうこと(刑事・民事事件の混同)、
 、逮捕直後に夫婦の接触を一切禁ずるため、事実が歪められること。
 (逮捕されると、被害者も被告人もそのショックで健忘を来たす。)

  調書の書き方:DV法の濫用の果てに
http://sun.ap.teacup.com/sukiyaki2006/
  冤罪事件:判決の検証
http://black.ap.teacup.com/judge2005/

   冤罪事件:論告の検証。
 http://navy.ap.teacup.com/ronkoku2006/

 DV法冤罪事件:判決の誤り
http://green.ap.teacup.com/judge2006/



213 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 21:42:58 ID:g0521KWD
>>211
ローじゃなくて?
最近は研究者目指す人もローに行けって大学が多いらしいね。
ウチは違うけど。

ウチの場合、別に他学部出身でもかまわないけど、原則として学部の専門科目を
履修することが義務づけられるよ。

214 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 22:05:28 ID:Bn1GAQzh
dokodayo>213

215 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 23:41:15 ID:5qv7pl8D
>>214
和田だろ。
ローと法学研究科が併設されてる。
法研は人数かなり少なくなってるけどな

216 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 00:48:36 ID:ylwichAe
>>213レスありがとうございます。試験内容は入試要項をとりよせてみたのですがどうやって勉強していいかわからないのでこの板で質問してみたのですが、具体的にどのような勉強をしたらいいか教えていただけないでしょうか?一年法学研究への院浪人も考えてます。

217 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 04:04:16 ID:dXRH/c/h
基本的にロー行かないともう研究者にはなれません。
法学研究科は既に司法試験受かってる人以外は
行っても誰にも相手にされなくなります。

218 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 12:41:44 ID:jdSb8XCT
>>216
そんなのどこ受けるかによっても違うでしょ。
とりあえず指導を受けたい教員の研究室でも訪ねてみれば?

219 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 17:12:07 ID:ylwichAe
>>218レスありがとうございます。みなさんは院に入るときどのような勉強をなされましたか?またお知りあいで院で転部した方とかいますか?質問ばかりで本当にすみません。自分は頑張って神奈川か専修あたりを狙おうかと思っています。

220 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 17:15:46 ID:M9uCIIdx
法学研究科進学の予定です。
研究者として職を得やすくするためには、どの大学を選んだらよいでしょう?
ちなみに専攻は憲法です。
あと、時代に逆らうようですがローに行くつもりはありません。
どなたが助言願います。

221 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 18:01:46 ID:s1xo/Zem
職を得やすいのは東大以外無いだろ。
ローに行かないという時点で研究者は厳しいかもしれないが。

222 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 18:23:04 ID:opPIgWIk
全体的に殺伐としてる法研若手の空気がスレにも出てるな

223 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 19:20:43 ID:tzBybg8I
>>220
憲法だけはやめとけ

224 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 19:22:17 ID:jdSb8XCT
>>219
だからね、院試がどうとかいうよりもまずどの先生につくかが大事なのよ。
もちろん将来研究者を目指すのであれば、それなりに名前のある大学院に進む必要もある。
そのへんよーく考えてからおいで。

225 :法の下の名無し:2006/01/19(木) 18:26:01 ID:aTEMw9I8
>>220
憲法学の中でどんな研究がしたいのか、がポイント。

1.憲法学の中で法哲学的なことをやりたければ法鉄に逝きなさい。
理由:その方が制約がないから。
例:ロールズやドゥオーキン、ラズなどの思想研究なら法鉄。
所詮憲法学者の中で法哲が詳しいと言っても法哲学では落ちこぼれ。
中には例外はいるが、大体は大したことがない。憲法で法哲やろうとして
論文かけなかった香具師が同期にいた。

2.憲法学の中で個々具体的なことをやりたければ行政法に逝きなさい。
理由:その方が具体的な解決策が導き出せるから
例:教育権やりたいなら、行政法の中の教育法。
社会権やりたいなら行政法の一部としてかつては認識されていた社会保障法。
憲法レベルで個別の人権を議論しても、それを専門にしている分野の人たち
には「なにあいつ足元を見ないで議論してんだよ」とバカにされて終わり。
だから、憲法にも詳しい行政法学者を目指すべき。

憲法プロパーの分野(例えば選挙制度など)をやりたければ憲法でもいいかも。
ただしポストは多いけどその分研究している人も多いから、行政法よりは
就職が難しいよ。法哲は憲法よりもっと難しいけど。

↑これはかつて指導教官に言われたことです。

226 :法の下の名無し:2006/01/22(日) 23:21:31 ID:iKPaLrIe
質問させてください。学士助手というのは職業なのでしょうか?
つまり、給料が出るのか?それとも学生の身分として学費を払うのか?
どういったものなのでしょうか?

227 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 02:18:40 ID:PbzhTF6g
>>226
職業です。給料が出ます。
国立なら、独法化前までは公務員(文部科学教官)でした。

228 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 16:14:43 ID:XnsmffeG
大学教授が書く教科書の、院生のゴーストライター
割合ってどのぐらいなんですか?
自分以外にもどれぐらいの人がやらされているのか、
知りたくて。

229 :226:2006/01/23(月) 17:38:14 ID:s1II6tvX
>>227
ありがとうございます。

230 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 17:59:03 ID:sl6arhIN
>>228
お前のところだけだよ。

231 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 18:38:20 ID:SyWkLpv/
>>230
いや、むしろ>>228の脳内だけかと・・・

232 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 19:07:02 ID:UfO4IhDF
市大にはメンヘル女がいっぱいいるのですがどうしたら良いですか?

233 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 04:27:14 ID:uAI9yXB3
日大の院でて研究職つけんの?
日大の教員はそれなりの影響力をもっているか?
ちなみに漏れは、日大ではなく他大の学部所属。憲法研究者志望。
どなたか日大院について語ってくだされ

234 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 11:11:40 ID:c4ipADRH
>>233
高橋和之の弟子になれよ。

235 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 23:20:08 ID:7BCiFTjx
今度院試の面接があるのですが、どのようなことを聞かれるのでしょうか?
専攻は憲法です。アドバイスお願いします

236 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 23:29:59 ID:R+LxDvTB
大学院入試の願書に書いた研究したい内容によりますので、>>235だけ
では答えようがありません。

237 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 23:38:51 ID:7BCiFTjx
>>236研究科ではあるのですが、学者をめざすコースではないんですよ。
公務員の法律職をめざすようなかんじです。自分は、憲法改正の裏方をめざしているのですが

238 :法の下の名無し:2006/02/06(月) 00:02:17 ID:w6boVPlT
>>237
よく分からないが、担当の教授の研究テーマを調べテ論文を読んでおく
事をお薦めしますが、あとは、憲法改正の裏方と言うのは、先生にもよ
るが、言わない方がよいのでは(憲法の教授は、自虐史観の先生が多い
ので)ないか。

239 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 03:41:42 ID:XkDNGd5u
「私大」の院で最も憲法研究者として職を得やすい院を、関東圏限定で挙げてくれ
(但し、早大を除く)。
根拠を付して。

240 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 05:25:45 ID:vciamkqy
慶応だと思うぞ。教授陣がいいし、私大では一応早稲田と双璧だし。

241 :法の下の名無し:2006/02/08(水) 02:02:17 ID:MaYc7RA4
>>240

教授陣って、嫌味?

242 :法の下の名無し:2006/02/08(水) 02:49:21 ID:6foy5LGb
慶応は 憲民刑はいいだろ教授陣

243 :法の下の名無し:2006/02/08(水) 15:19:35 ID:ieFEmmkP
有り難うございます。
慶応は他大生の受け入れに積極的でないとかっていう面はありますかね?

244 :法の下の名無し:2006/02/09(木) 23:45:36 ID:8kWp8A6C
今3年で、九月に憲法を専攻に院試を受けようと思うのですが、
最近、どのような研究がいま熱いですかね?

245 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 16:56:15 ID:jipbhWFm
>224
改憲のトピックは?

246 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 00:19:35 ID:laDYyOjC
関関同立の中の法学研究科の、
公務員養成のコースに専攻憲法でいこうとおもうのですが、
面接官にどうアピールすればいいでしょう?

247 :bono:2006/02/13(月) 18:04:58 ID:HX/6GFDM
来週に法学研究科の院試の面接があるのですが一体どのようなことが聞かれるのでしょうか?

内部推薦で受けるのですが不安で。。。ちなみに研究計画はM&Aです。
研究計画を添削していただいた先生が言うには研究計画の内容の理解と
用語の端的な説明が出来とけば大丈夫とのことなんやけど。。。                                                                  




248 :法の下の名無し:2006/02/15(水) 10:20:33 ID:mK2lxL0J
>>247
月並みだけど、M&A法制についてのあなたの問題意識を明確にしとけば。
M&Aがらみだと、法と経済学的にM&Aやるべき、かそれとも、ステークホルダー論
的に、会社を売り買いすべきではない、との考えで行くのか。
はたまた、M&Aだと証取法、会社法を専修するのだろうけど、アメリカ型か、
イギリス(ヨーロッパ型)か、どちらを追求していくのか、等々。

249 :法の下の名無し:2006/02/15(水) 17:01:40 ID:Bc1uJS1A
42 :クーベルタン男爵さん :2006/02/14(火) 16:33:16
予言

今後、2ちゃんで選手のいずれかに犯罪予告がでて、
書き込んだ奴が逮捕される。


43 :クーベルタン男爵さん :2006/02/14(火) 16:40:59
童夢とメロ空港で殺す
空港でめったぎりにしてやる


44 :クーベルタン男爵さん :2006/02/14(火) 16:43:52
さっそく予告か。


250 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 08:21:05 ID:vCINFnPl
簡潔な依頼を心がけましょう。あなたの心情は削除には関係ないです。


42 名前:tara  投稿日:06/02/15 23:39 HOST:p3016-ipbffx01tenjimi.fukuoka.ocn.ne.jp
対象区分:[個人・三種]優先削除あり
削除対象アドレス:
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1092646070/249
削除理由・詳細・その他:
削除依頼のレスは、私が行った書き込みです。
不適切な書き込みに対し、こんな書き込みがあった、という意味の文章を付け加え、
複数のスレッドに対する書き込みを行いました。
転載の場合には「自己責任として削除には応じません」
という注意書きは十分承知しています。
それでもやはり削除していただきたい、と思い依頼をいたします。
私は、公衆の集まる掲示板にて不適切な書き込みをすることで、
どれだけ多くの人間が不快感、恐怖感を感じるか、
また、万一の対策など多くのご迷惑を及ぼす事になるかの
思慮が足りず、浅慮のもと上記書き込みを行いました。
しかし、少しの時間が経ち、他の投稿者の反応などを見るにつけ、
自らの行為のうかつさ、愚かさを実感しました。
今ここで私が反省を述べたところで、もう既に遅い話だとは思います。
しかし、私の書き込みが不適切であり、残しておくべきものではない、とは理解しています。
そこで、私の書き込みを目にする方が少しでも少なくなるよう、
上記レス番号の削除をお願いしたいと思います。
この様な行為に対しお手数をお掛けいたした事とおもいます。
また、この行為によりログの提出や警察への報告もあるかと思います。
この事が起因して何らかのご迷惑をお掛けするかもしれません。
誠に申し訳ない、なんてことをしてしまったんだ、と反省しております。
本当に、すみませんでした。
注意書きにもかかわらずこの様な
一方的でぶしつけな依頼をすることのお許しください。
また、私は上記削除依頼レスの様な書き込みを計18回異なるスレッドに行いました。
なので、それぞれの板の削除依頼スレッドに同様の文章で依頼を行っています。
マルチポストのような印象を与えることもご容赦ください。

251 :法の下の名無し:2006/07/10(月) 16:29:08 ID:RvG8Wulq
( ^ω^)

252 :法の下の名無し:2006/07/11(火) 06:36:36 ID:JAOQXsGD
1度、以下のスレをご参照下さい。

売春淫乱女のロースクール進学日記
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1152403784/

あなたの知人、先輩・後輩、いえ、もしかしたら、親しいお友達かもしれませんね。
売春(むしろ、詐欺?)で贅沢三昧をしつつ、法曹資格を得ようとする野心家について
記されています。
あなた方も、都合のいい友人・知人として利用されているかもしれません。

Blogの主は、有名大学院の法学研究科修了と記されています。
今このスレをご覧のあなた方の同窓である可能性が高いのです。

法曹関係者や受験生を含む何人もの人が手玉に取られている模様です。
ご注意あれ。

253 :法の下の名無し:2006/07/12(水) 01:50:03 ID:4AJ1CJg7
どうでもいいよ。

254 :法の下の名無し:2006/07/13(木) 00:38:21 ID:JogMd5Vd
今から商法で修論書こう
9月には一段落させられるかな

255 :研究費不正受給問題:2006/07/13(木) 16:45:00 ID:syhUHxsI

【社会】早大・松本教授、バイオ企業と2484万架空取引疑い [07/12/2006]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152771082/l50

□早大・松本教授、バイオ企業と2484万架空取引疑い [07/12/2006]

 早稲田大学の松本和子教授による研究費不正受給問題を調べてきた早大の調査委員会
(委員長=田山輝明・副総長)は12日、不正受給についての最終報告を発表した。
その中で、調査委は、松本教授が非常勤取締役を務めていたバイオ関連企業との間で、
2484万円に及ぶ架空の取引があった疑いが高いと結論づけた。

 これを受けて早大は、すでに不正受給が確認されている架空のアルバイト料1472万円を含め、
計約4000万円を国に返還する考えを明らかにした。
 調査委の調べによると、2001〜03年度の間、このバイオ関連企業と早大との間で交わされた取引の総額は、
実験に使う試薬などの購入を中心に7391万円。その大半が文部科学省の科学技術振興調整費などの国費で
賄われた。

 このうち、約5000万円分についての取引は問題がなかったものの、疑惑がもたれてきた2484万円については、
早大に処理伝票が残されていただけで、バイオ関連企業の発注に基づいて納品の実務を担当した業者の手元に
納入伝票さえ存在しなかったという。
 また、このバイオ関連企業が01年度から2年間、寄付講座を開設するために行った同大への寄付金の総額は
2250万円で、架空請求の疑いありと今回認定された2484万円と極めて近い金額であることから、調査委は、
不正受給した資金の大半が寄付講座として還流された可能性があると指摘した。松本教授は02年6月から04年2月まで
この企業の取締役を務めていた。(後略)
(引用元配信記事)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060712i513.htm 
関連記事(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060713-00000003-mai-soci



256 :法の下の名無し:2006/07/13(木) 23:03:26 ID:1MyTBGfI
どなたか解いてみてください。

[問題]
日本で、甲は、甲の所有に属する動産である物品Aを乙に対し貸与していた。乙の過失により乙はこれを日本で、紛失してしまった。物品Aは甲がA国で購入したもので
あり、日本で同等品を購入すると、A国における定価の3倍の額にまでなる
と見込まれる。甲が日本で、乙に損害賠償を請求する場合における乙が負担すべ
き損害賠償額につき、判例・学説を踏まえた上で論ぜよ。



257 :法の下の名無し:2006/07/14(金) 01:12:37 ID:BK8L+e1n
宿題は自分でやれ。

258 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 09:47:29 ID:ofJopE7Y
質問スレいけ


関係ないけどせめて「教えてください」ぐらいは書こうな


259 :法の下の名無し:2006/07/15(土) 23:43:48 ID:mAzbzaAI
今年Dに行こうと思ってる香具師いたら志望校かいてみてよ

漏れ つ名古屋

260 :法の下の名無し:2006/07/16(日) 01:59:29 ID:kKaGMqEg
190 :氏名黙秘 :2006/07/13(木) 23:50:09 ID:???
今日1期の先輩に聞いたんだが、慶應ロー1期は、新試短答落ちが一人も出てない可能性が高いらしいぞ
マジか???予備校模試で上位者が多かった(らしい)とはいえ、全員短答通過というのは俄かには信じがたい驚愕の結果なんだが、、、

誰か他に情報持ってるやついる?


261 :法の下の名無し:2006/07/26(水) 14:23:26 ID:0YoG7iv2

司法板では有名な、慶応の工作活動。

司法板のあちこちのスレにコピペしまくられてる。

262 :法の下の名無し:2006/07/27(木) 04:54:01 ID:pNkGQzVS
ここは司法板の植民板なのにそんな分かりきったこといまさらかかれてもなw

263 :法の下の名無し:2006/07/27(木) 14:52:40 ID:F/nfV68o
てか、上位ローの既習者が短答式に落ちるようでは終わってると思うんだが。
2期以降は合格率も厳しくなるけど、1期は夢のような合格率になるだろうし。

264 :法の下の名無し:2006/07/28(金) 03:06:18 ID:y5dcD0eB
今年のロー卒で新司法試験に落ちた人は博士課程に行くのですか?
それとも浪人で頑張るのですか?

265 :法の下の名無し:2006/07/28(金) 09:06:38 ID:tzBwsWlQ
紳士に落ちたような人が行ける博士課程があればいいけどね
ちょっと考えられないだろ
浪人で頑張るしかないんじゃない

266 :法の下の名無し:2006/07/28(金) 10:20:50 ID:oG3r/W0p
だめだと思ったら新司受けるずに新卒就職するぐらい見切りが早くないとな

267 :法の下の名無し:2006/07/30(日) 22:35:36 ID:La3R4Ce7
>>264
てか、修士も持ってないのにいきなり博士(後期)課程には行けない罠。
それとも法務博士を修士(法学)と同等と見なすのだろうか?

268 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 00:00:04 ID:Xrt4xGBg
>>267
同等とみなすらしいよ
修論書いてないのに大丈夫かなって不安はあるけど

269 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 00:20:24 ID:oe7mNAKJ
そういや、東の横綱は実定法に関しては修士をなくして、ロー経由
にするって話を聞いたのを思い出した。

270 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 00:24:13 ID:Sx7EQy9b
無職を作りたくないんだろう。
それより就職先の開拓の方が重要ではなかろうか。

271 :法の下の名無し:2006/08/06(日) 00:50:27 ID:XHver9bH
偏見かもしれんが私法分野の受験生が最近激減してないか?
公法ばっかな気が・・・。

272 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 14:36:44 ID:GlooYKIv
こういう研究科出の人と、実務出の人で法律に対する考え方って違うんですか?

273 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 23:59:55 ID:woI/Ol9a
>>271
元々司法試験と掛け持ちってパターンが大多数じゃなかったっけ
だったら減るよね、ロー行くに決まってるから

>>272
大差ないだろうな
研究科出の奴がちょっと横文字に詳しいって程度で

274 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 20:51:55 ID:nlw/Vvv6
ローには「絶対に」行きません。現、学部の学生です。
憲法の研究者を目指しています。院は転院する(学部とは別ところへ)つもりですが、
職を得やすい院を(宮廷早慶上智都立以外で)教えて頂けないでしょうか
お願いします。

275 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 21:31:52 ID:5Gam9Y8V
ないよ。宮廷早慶上智都立に行け。

276 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 21:34:07 ID:T2F50+yO
都立は普通にありえないでしょw

277 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 22:46:44 ID:y0gsjLPp
職が欲しいなら今のうちから教授にゴマすっときな
あと2chなんか止めて外国語の勉強始めろ

278 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 00:25:15 ID:TWsrRsJ8
教授の娘と結婚すればOK?

279 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 00:49:13 ID:TemyQeba
>>278
今時無理
本人が教授の娘って話なら(以下略)

280 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 03:12:57 ID:/EpqQchk
日本公法学会についての情報はどこで得ることができるのでしょうか。

281 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 08:59:42 ID:pOydN/UY
>>279
あーいるねーたとえば新○の娘とか、鈴○の娘とかねー

>>274
あんた学部はどこなん?

282 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 13:34:06 ID:/EpqQchk
>>281

274です。法学部です。あまり名の通ったところではありません。
だれと結婚すればいいですか?

283 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 14:12:10 ID:SuxVNKS+
まちゃみ

284 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 22:09:13 ID:pOydN/UY
>>282
法学部なのは当たり前でしょw
そーいうとこならなおさら院はいいとこ行かないとまずいよ。

285 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 23:14:58 ID:0cXXXe4o
学者で生きていくつもりなら,人にあれこれ聞くような考えはやめた方が良いのではなかろうか。

なお,婚姻よりも養子縁組を勧める(笑

286 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 23:15:11 ID:TemyQeba
>>284
院でいいとこに行く気力も能力もないよ こいつは>>274
マジレスするのがアホらしくなるヤツ

287 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 23:33:51 ID:Huqzo5nY
おまえら>>274に釣られすぎ。放置放置。

288 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 04:32:38 ID:neFc4bVy
まあ勉強さえできれば一生フリーターでもかまいません、ってマゾがいくとこだよ

289 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 09:43:29 ID:+rwzoBG0
法学はパンのための学問のはずなのだが
哲学と混同している人がいるのかも知れない。

290 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 12:09:20 ID:UJLoLPbm
分野にもよるでしょ。

291 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 20:21:02 ID:pCbDnXm0
>>272
全然違うよ。大体研究一本で来た純粋な学者ほど原理主義的というか、法のそもそも
の理念を重視するのに対して、実務出身者は現状を追認するために理論を構築しよう
と考える。ジュリストとか読んでても学者の書いたものと弁護士の書いたものでは
全然違うよ。
商事法務とかは元々実務家が多く投稿していたが、ジュリストとかも実務家が
書くのが増えているように感じられる。日本も英米法の国に感覚が近づいて
行くように思う。

292 :法の下の名無し:2006/08/13(日) 20:13:31 ID:C2y8jv/6
>>291
学者のことを全く知らない人の典型だな

それに法律雑誌の実務家の寄稿ってのは
実務の現状報告をして、そこにある問題を
研究者に研究してもらうことが目的といえる
少なくとも編集者はそういう視点で寄稿
してもらっている

293 :法の下の名無し:2006/08/13(日) 20:33:00 ID:lESo+k4O
>>291
君こそ学者をどれほど知ってるのかな?
少なくとも、俺の知ってる範囲の学者は、みんな法律雑誌が実務家よりになっている
ことをはっきりと危惧する発言を行っているよ。
そりゃそうだろ、自分達の存在意義が脅かされるのだからな。

294 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 01:01:50 ID:8STDC0tU
>>292
たぶんアンカーミスだろから
俺が答えてやるけど
レスにも書いているけど
雑誌編集者レベルの学者(複数人)と
いつも一緒に行動してますけど

295 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 09:16:21 ID:NAGd30jp
「俺は○○だけど」と言われても
「はあ、そうですか」としか答えようがない。

名前を出せないなら黙っていたらどうだろう。


296 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 13:45:07 ID:8STDC0tU
>>295
ここに名前を書いたアフォをみたことがありませんが?

297 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 15:44:14 ID:NAGd30jp
ここにはいないね。
他ではいるが。堂々と実名(笑
今でも現職で活躍中。

298 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 21:41:41 ID:aIkcHA2/
あえて釣られてみるけど立命館は?

299 :法の下の名無し:2006/08/16(水) 23:09:59 ID:5nOMbOR9
274です
関西は視野に入れてませんでしたが、
立命館調べてみます。有り難うございます

300 :法の下の名無し:2006/08/16(水) 23:54:54 ID:vsYnHLdw
前にある、実務中心になるからアメリカ法的という見方はおかしいのでは?
分野にもよるけど、アメリカ法というのは実に学問的ですよ、
少なくとも、一流どころは。学問軽視・実務重視というのは、日本型では?


301 :法の下の名無し:2006/08/17(木) 01:26:43 ID:EME6rJBi
>>300
彼はなんにも知らない学部生じゃないかな
相手する必要ないよ

302 :法の下の名無し:2006/08/17(木) 10:39:36 ID:/sF1p6uv
学問の自由に対する姿勢の差だろう。
私大がリードする彼国と官立大がリードする我国では
おのずと違いが出てきても不思議ではない。

303 :法の下の名無し:2006/08/17(木) 19:16:11 ID:c3rGL6GA
>>299
いや、あんたどこへ行ってもやっていけないと思うよ。

304 :法の下の名無し:2006/08/17(木) 21:38:15 ID:/sF1p6uv
院生のうち、何%が学者になれるのだろうか?

305 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 05:53:27 ID:eAy7tm+9
大学に職を奉じたもののみを学者というのではありません。
在野の研究者はたくさんいます。
研究するもの、みな、学者。

306 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 08:13:24 ID:K/yoHLYy
>>299
法学部でポスト取りたいなら院が立命ってのはまずいんじゃないか?
院生は辛いよ〜
教授は怖いし、先輩たちはバタバタ精神を病むし・・・

307 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 13:12:32 ID:dZCTkIkr
>>305
あんたも無意識で使い分けているが
在野の人は研究者とはいっても学者とは言わないね
研究するもの、みな研究者だとは思うが
みな、学者ってのは明らかに違う

と、あえて釣られてみる

308 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 13:19:36 ID:IWtU6NyI
がくしゃ 0 【学者】

(1)学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2)学問のある人。知識の豊富な人。
「彼はなかなかの―だ」

大辞林 第二版



在野の学者
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%9C%A8%E9%87%8E%E3%81%AE%E5%AD%A6%E8%80%85&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja


■日本も外国も変わりない学問の縦割り状況
まず、経済学者といえども職能のひとつであり、キャリアを積み、名の通っている組織で認められて
地位が上がっていくプロセスの中にいる。在野の学者ということはなかなか成り立たない。学会で認
められないといけないからだ。数百年前のヨーロッパのように学会もなく手紙という形式で論文を発
表することは現在ではかなわない。従って学者として身を立てるためには学会に属し、学会誌に論
文を出さないといけない。
しかし、ここでの問題は、実は学会も縦割りであることだ。日本の縦割り行政をみんなが批判するが、
批判する側の多くは学者をはじめとして同じような縦割り機構に属して生活している。現在のような変
革の時代には学際が重要だとはすでに陳腐化した物言いであるが、表現は陳腐化しても実態はほと
んど旧態依然としている。
http://www.rieti.go.jp/jp/columns/a01_0123.html

309 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 13:39:36 ID:dZCTkIkr
>>308
ムキになってそんなことをしたい気持ちはわかる

しかし、実際に学者・研究者の世界では
明確に使い分けているよ
あと、実務家がいるような研究会やフォーラムでは
研究者(学者含)と実務家で分けるかな

310 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 13:49:46 ID:IWtU6NyI
>>309
思い込みは捨てよう。書いてあることだけ読もう。

311 :法の下の名無し:2006/08/19(土) 19:47:24 ID:e8CT0+6W
>>300
学問的であることと実務的であることが必ず矛盾するわけじゃない。
アメリカでは民間の弁護士出身者でロー・スクールなどの教鞭をとる人間も多いし、
人材の交流が日本よりはるかにあるからね。

でも日本ではどうかな、という話。民間企業の法務部出身者で大学教授に
なった人も知ってるけど、圧倒的少数。大半の学者が実務を全く知らず、ひたすら
理論の世界に安住しているのが日本の現状。

それがだんだんアメリカのようになっていくかもね、という話をしているんだよ。
英米法の文献読めばわかるが、昔はいざ知らず、プラクティカルでない議論には
とんとお目にかかれないよ。日本みたいに、実際に訴訟とかで争われるかどうか
わからない瑣末な法的論点について永遠と議論するようなことは絶対にない。



312 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 13:23:28 ID:2D23vXK0
保守

313 :法の下の名無し:2006/09/16(土) 02:21:48 ID:egUdTMTd
ニューズウィーク誌による、世界の大学最新トップ100!
http://www.msnbc.msn.com/id/14321230/site/newsweek/
日本の大学は、以下の5校がランクイン!
16位東大
29位京大
57位阪大
68位東北大
94位名大


314 :法の下の名無し:2006/09/16(土) 03:38:50 ID:G4f3/Qdo
これって理系の評価が中心でしょ
うちの研究科が入っているけど
世界で100以内だとは思えない
でもこうやってみるとやっぱり旧帝というのは
国内では今でも格が違うって感じだね

315 :法の下の名無し:2006/09/16(土) 09:36:00 ID:/PTeOQez
法学系には全く関係ないな。

316 :法の下の名無し:2006/09/16(土) 20:02:05 ID:qOgeCwD3
>>313
このランキングってどうしても英語圏、っていうかアメリカに偏ってるようなあ
とおもってみてたら、非英語圏で東大って1位なのな。こういうランクが出て
東大でも世界で見たら、って評価がされるけど、逆にすごくないか?
ヨーロッパにも良い大学いっぱいあるんだぜ。アメリカ以外、ってことでも、
ケンブリッジ、オックスフォードに次いで3位だ。

317 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 15:51:05 ID:oYk49abf
同志社の院ってどう?
筆記通ったんだけど。法学研究科。

経済学部生だけど。

318 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 04:22:47 ID:I86/slSI
私大のしかも経済学部って…
明らかにスレ違い
しらんよ

319 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 07:04:50 ID:FHEgXo8I
別にスレ違いということはないでしょ。
ただ、ここで聞いても有益な情報はまず得られないでしょうな。


320 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 14:46:03 ID:jQgqFOVl
どうってどう?

質問するなら要点を絞れ。

321 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 20:19:52 ID:/7SU67l/
てか、>>317はロンダに成功したのがうれしくてマルチしてるだけだろ。

法学専攻で院に行くとどうなるの?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1096711076/


322 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 23:17:40 ID:beVqzOO2
どうだい?という駄洒落だろう。

323 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 09:06:58 ID:9rrIOtCB
経済学をちゃんとやった人が政治学やったら
結構出世できたりしてね。

324 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 01:25:13 ID:SV0KbDtA
何を根拠に?

325 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 17:44:32 ID:9Zktyaoi
いまの政治学が経済学に強く影響を受けてるから。


326 :法の下の名無し:2006/10/31(火) 11:02:58 ID:cedzE6WS
経済学的な発想や手法をちらつかせるとそいつが頭がよさそうに見えてくるのは事実

327 :法の下の名無し:2006/11/04(土) 23:20:24 ID:Ime/4KV7

■「下位ロー」は滅びず?法科大学院の数が減らない本当の理由■

第一回新司法試験が終了し、法科大学院ごとの合格率・合格者数の差もあらわになった。
合格率が低い、いわゆる下位ローに対して撤退を求める声もちらほら聞かれ始めている。
いずれ法科大学院の数は大幅に減少するのだろうか。
しかし、大学関係者の間では、否定的な声も根強い。

「いわゆる下位ローは、一部をのぞいてそうそう無くならないと思われます」と語るのは、西日本の
有名なロー教授である。
「なんといっても下位ローは、有名大学の教授の重要な天下り先です。下位ローが潰れれば、
それらの大学の法学部自体が崩壊して、天下りポストが減ってしまいます。」

さらにきな臭い話も聞かれる。
「一部の有名な教授の中には、司法研修所廃止論、さらには新司法試験そのものを廃止して
ローの成績評価だけで法曹資格を付与すべきという意見もみられます。皮肉なことですが、
下位ローの存在は、これらの意見に対する有力な歯止めになっているのです。
『ダメなローがたくさんあるから、研修所をなくすわけにはいかない』『司法試験で質を確保せねば
ならない』というわけで、最高裁と法務省にとっては、下位ローは生かさず殺さず、存在し続けて
ほしい必要悪なのです。」(ある検察関係者)

さらに、いわゆる三振者の受け皿としても下位ローが必要なのだという声もある。ある大手予備校講師に
よれば、「これから大量に発生する三振者のうち相当数が、下位ローの門を叩く」という。
「三振した者は戦力として再活用できますから、下位ローにとっても重要なお客です。当初は、旧司法試験
経験者が下位ローの傭兵となっていましたが、いずれ三振者が新たな傭兵として加わることでしょう。」


328 :法の下の名無し:2006/11/05(日) 04:13:45 ID:8OBmZnDw
>>326
その手の人間はいるだろうな〜
研究に複雑な統計手法や数式入れれば
出世するってのが今の政治学界の現状な気もするし・・・

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)