5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

過去への反省を忘れたかのような世相

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 11:36:40 ID:d+SB1Xxk0
ウヨ太
でもこれだったら、謝罪なんて無意味だよね? いっそ、謝罪なんてしない方が良かったとは思わない?


あずさ
あなた、頭は大丈夫なの? けっして、許されない質問してる。
謝罪って、被害者に苦痛を強いたのを反省することで自分の道義的な成長を示し、周囲からふたたび受け容れてもらうためにするのよ。
戦争に負けたから仕方なく謝罪したと思ってる? だとしたら、精神構造に欠陥ありね。
それと、謝罪が十分かは被害者側の決めることで、口先ばかりで後悔する様子がなく、また悪さするかもしれないと感じれば、怒られて当然だわ。
謝罪は意味がなかったとか、謝罪しないほうがよかったとか、謝罪する側が口にできることじゃないでしょ。
まったく、たいへんな勘違い野郎なのね。

ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 12:40:27 ID:AIBniK9M0
管理人がキャラを一応変えながら書き込んでいるけどw
おそらく全部同じやつが書いてるw
なぜか管理人と連絡のとれる事情痛が書き込みとかしてるけど
要するに本人のなりすましだろw
他人が書き込むと論破されちゃうから全部徹底的に削除してるしw
顔真っ赤ですねwww
論調の傾向からみて在日北朝鮮人じゃないのかwww

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 12:50:49 ID:MM5QAVGq0
管理人yahoo掲示板でも工作失敗w
涙目で自分の掲示板に敗走wwwww

ネット右翼というのは - すぐき

2006/06/04(Sun) 00:06

自分に不都合な発言は読まないようにして、言いたいことだけ言いまくる。
奴らって、ヤフー板で管理人さんに失礼の限りを尽くした、
あのyamamotoisoko(仮名)の頃からまるで大人になっていませんね。

ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/?act=reply&tid=3161164

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 16:53:00 ID:dE3YT8mz0
ヤクザの6割が同和、3割が在日朝鮮人
日本外国特派員協会での菅沼元公安調査庁調査第二部長の講演
2006年10月19日
http://www.youtube.com/watch?v=oBkjwmK6F6E
http://www.youtube.com/watch?v=1vV-f3kGRjg
http://www.youtube.com/watch?v=BzUz4J2x61A
http://www.youtube.com/watch?v=-bXAlN5Fwts
http://www.youtube.com/watch?v=rguKQJcphHE
http://www.youtube.com/watch?v=p4i9PBE-ESs


【関連ニュース】
元公安部長「日本はスパイ天国」 ヤクザと企業の“深い”関係も指摘
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2598950/detail


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 09:29:15 ID:ybIGpVxI0
在日工作員ですか?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 03:29:41 ID:y2JezVHy0
>>3
工作員ですね

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 03:40:40 ID:sPmEP0A30
9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50 9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50 9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50 9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50 9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50



8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 08:21:57 ID:2c5AkX6+0
ウヨ太
中国も韓国も、総理の靖国参拝を日本を叩くカードとして使ってるだけ。

あずさ
ウヨ厨も嫌韓厨も、参拝への抗議を、中・韓の悪口いう口実にしてるだけ。

ウヨ太
日本に占領された国家はすでに存在しない。中国、韓国、北朝鮮はすべて、戦後生まれた国だよ。
国家でなく民族に対して謝罪するなんて、不可能だ。
だいたい、当時は日本人だったんだから、半島の連中は。

あずさ
これほどの屁理屈がとおると思ってる人って、はじめて。
「すでに存在しない国」とか「戦後生まれた国」なんて逃げ道は通用しないわ。
西ドイツも「戦後生まれた国」だけど、その首相が「大戦当時は存在しない」イスラエル共和国を訪れ、
戦時中のユダヤ人虐殺を謝罪した有名な事実をご存知? 
殺された中にはドイツ人として扱われるべきユダヤ系の自国民も大勢いたけど、すべてのユダヤ民族を大虐殺の被害者に含めてるのよ。

ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 23:18:13 ID:I90kShGz0
皇族はなぜ、尊敬できないのか? - ヘンなの〜

2006/07/24(Mon) 01:18

あの人達、何?
何で、この国にいるの?

Re: 皇族はなぜ、尊敬できないのか? - ジェリコ

2006/07/24(Mon) 12:16

誰かが的を射る発言してたな。
「いるだけで邪魔になる」

いくら邪魔でも‥‥ - 正丸

ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 07:09:14 ID:aITxTBSK0
俺様
 負けたことを反省し次回は絶対勝ちます。負けたから、シナやチョンに色々言われるのです。
 深く反省し装備を整え絶対に勝ちます。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 09:34:01 ID:DX7Sx9rC0
消されたトピックス

韓国の軍艦が宣戦布告! - 平和にNO? Home

2006/10/17(Tue) 00:32

今年横須賀港に韓国の軍艦が入港しました。
これも軍事活動の一環ですよね。
しかも韓国国旗を揚げたままの入港。
これって戦闘中を意味するんだそうで、挑発だったんだそうです。
最低の国ですね。
まあそれはともかく、こういう軍事行動もうちょっとなんとかならないんですかね?
何の理由があって軍艦を横須賀に入港させたのでしょうか?
北朝鮮情勢もあるし不安でなりません。
皆さんは如何お考えですか?

ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/?act=reply&tid=4171741

ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 17:52:39 ID:Ng5OOv2D0
硫黄島からの手紙観ると、こういう掲示板ってつくずく人でなしだと思える

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 21:43:07 ID:b0Y7Q9sX0
スレタイ見て
「日本は謝罪も賠償もしてますが何か」
と書き込もうとしたのだがこれは心外w

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 18:58:15 ID:ilt0odFT0
うふふ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 19:53:14 ID:JXU9JLhn0
日本って謝罪も賠償もしてないよ。
中国は対日賠償請求を放棄したし、謝罪もしてねーし。
最も、日本人は謝罪すれば許すようなお人好し民族ではないから
謝罪すれば許さなくてはならないと言うのは理解不能だけどね。

僕は基本的に反韓国と言う立場の人間だが、
日本って謝罪と賠償はしてないよ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 19:56:26 ID:JXU9JLhn0
韓国の主張に誤りがある事は認めるし、
韓国人の九割五分は誤った主張しかしていないと考える俺だが、
日本が謝罪と賠償を行ったと言うのは誤りだろうな。
共同声明を読む限りでは謝罪も何もしてないし賠償請求を放棄している。
謝罪と賠償をしたという奴は何を根拠に主張しているんだ?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 20:14:36 ID:JXU9JLhn0
>>15-16は中国の事についてだな。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 21:58:41 ID:J1WjAud50
>>15
え?歴代首相もいってるし昭和天皇殿下も訪れていらっしゃったけれども?
日中平和条約で一応両国の請求権はお互い放棄してるけど角栄が勝手に賠償代わりにODAを約束してきちゃったから
毎年大量に払ってるよ・・・?
>>16
こっちも歴代首相はいってるし、なんでかわかんないけど謝罪しやがったし
日韓基本条約でお互いの請求権は放棄してるけど経済協力金の名目で5億ドル払ったし
60億ドルに達するインフラも持ってかれたぞ?
これで賠償してないだなんて御前何を根拠に主張してるんだ?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 05:36:32 ID:reUtSNVYO
>>18をもって終了

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 05:42:52 ID:v7KYNIzb0
アレだ、自分でしでかしたヘマを反省しなくなったらいよいよ終わりだ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 08:22:41 ID:i+3bvAvd0
>>20
反省はしてるが、謝罪は必要ないだろ
反省:シナチョンとは親しい間柄になっても必ず裏切られる、国交断絶が正しい「
これにて終了v

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 12:58:06 ID:vfHAFKGY0
それにしても>>1は突っ込み所だらけだな。
自国の悪行に思考停止して他国の悪行を告発する事はいけないってか。
他国の悪行に思考停止する奴が何をほざくのやらw


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 00:37:22 ID:IZGO9d+A0
そうだな。産経とかな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 11:09:24 ID:IelJOUaW0
中国に反省すべき点が多々ある件w

25 :fuんwaか ◆X4bJkcf622 :2007/01/22(月) 12:16:29 ID:q7GwsjiW0
引用:酒たまねぎ.やURAホームページ
 http://www.tamanegiや.com/nonnbee.html  (や → yaに変換 )

「戦争裁判は野蛮人のすることだと思う。食人種の部落の喧嘩で勝っ
た方が首祭りをするようなものだ」大達茂雄文部大臣(昭和29年)
「我が国の防衛ができないという場合は、その基地を侵略してもよい」鳩山一郎首相(昭和31年)
「太平洋戦争は東南アジアの諸国の独立に貢献した」重光葵外務大臣(昭和31年)
「現行憲法は他力本願。やはり軍艦や大砲がなければだめだ」倉石忠雄農林大臣(昭和43年)
「国旗、国歌を法制化するときがきた」田中角栄首相(昭和49年)
「戦後の平等教育には誤りがあった。教育勅語を全て否定したのは誤り」砂田重民文部大臣(昭和53年)
「国への忠節、礼信、武勇、信義、そして質素。畏くもかつての明治
天皇の軍人へのお諭しは、時代が変わっても、断じて忘却してはなら
ない金言であります」石田和外元最高裁長官(昭和54年)
「先守防衛は戦いにくい」竹田五郎統幕議長(昭和56年)
「日韓併合は韓国にも責任がある」藤尾正行文部大臣(昭和61年)
「南京大虐殺はでっちあげ」石原慎太郎議員(平成2年)
「当時、公娼制度があった」(慰安婦問題について)梶山静六官房長官(平成9年)
「当時、望んでそういう道を選んだ人がいる」(慰安婦問題について)島村宣伸広報本部長(平成9年)
「歴史的事実として教科書に載せることに疑問を感じている」(慰安婦問題について)中川昭一農水大臣(平成11年)
「軍隊も持てないような憲法を作られて、もがいている」中村正三郎法務大臣(平成11年)
「日本も核武装したほうがいい」西村慎吾防衛庁政務次官(平成11年)
「日本は天皇を中心とした神の国」森喜朗首相(平成12年)
「東京では不法入国した多くの三国人、外国人が凶悪な犯罪を繰り返している」石原慎太郎東京都知事(平成12年)

 などなど、どこが失言になるのだろうか。私等はよくぞ言ってくれたと
思うものばかりなのです。こんな当たり前の事を言っているのに、支那
、朝鮮のアホな戯言に対して、バカマスコミが騒いで辞めさせられた方
も多いのは嘆かわしいことです。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:14:38 ID:c9/XMbLB0
上記の発言は肯定されるべきだな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:43:30 ID:X9WnG3Pg0
南京攻略戦の大隊指揮官真相を語る

― 謹(つつし)んで英霊に捧(ささ)ぐ―

「南京大虐殺」はなかった

http://www.history.gr.jp/~nanking/moriou.html

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:45:53 ID:X9WnG3Pg0
「他国を侵略したことが無い」という朝鮮の嘘

日本が外国勢から侵略を受けるのは、「元寇」が初めてではない。
日本側の記録によれば(『太宰管内志(大宰府管内誌)』『類聚三代格』『日本三代実録』『百練抄』
『日本紀略』『扶桑略記』等)、それまでたびたび侵略を受け、
九州北部はもとより薩摩大隅にまで及んでいたことが記録されている。
詳細(海賊・倭寇の起源を探る)
その大半は、朝鮮半島からのものであった。数隻の賊船によるものがほとんどであったが、中には、
45隻2500人の新羅の者が来襲し、捕らえた捕虜が「王の命令を受けて略奪に来た」と述べたこともあった。(『扶桑略記』)
また、どこの国のものかは定かではないが、最大規模のもので、
承徳元年(1097年)、異賊船100隻が松浦・筑前に攻め寄せ、
大宰府官兵・九州軍士が賊船を撃破し賊徒数万を海没させた、という記録がある。
九州大宰府は古代から日本外交の窓口の役割を果たしてきたが、同時にそこは外冦防衛の拠点でもあった。




29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:56:55 ID:3QBsaU+X0
■■■■■■数分で本当の韓国と韓国人の姿が分かる映像■■■■■■

@対馬で乱暴狼藉を繰り返す韓国人たち
 日光の猿の群れよりタチが悪い
 http://www.youtube.com/watch?v=t6oPJDW3ECs

A日本の小中学校が「隣国と仲良くしましょう」と国際理解教育を進めるのとは
 逆に、異常な反日洗脳教育を行って子供たちに日本に対する憎悪を受け付ける
 韓国の狂った教育の実態。
 地下鉄の駅に子供たちの反日絵が張り出され、市民たちもそれを肯定
 http://www.youtube.com/watch?v=Qzi967BQxI4

B病身舞(ピョンシンチム)
 身体障害者や病人の動きを真似て笑いをとる韓国の伝統芸能
 日帝が禁止したが、戦後また朝鮮人が復活させましたw


朝鮮人の「強制連行」の大嘘

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=58332 




30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 18:07:43 ID:Rz5yXQ1z0
993 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2007/01/23(火) 17:55:23 ID:mh7rc0av
今、朝日系列の関西ローカル番組「ムーブ」って情報番組で、どっかの雑誌か新聞に
掲載されたコラムを読み上げて紹介してたんだが、そのコラムによると、
韓国と中国は高句麗問題でモメてて、ノムたんがこの前のアセアン会議でも
中国に対してその問題を口に出したんだが(ここまでは東亜+住人なら知ってること)、
中国側は年明けから「南京大虐殺をやったのは、日本軍と一緒に戦った韓国軍だ、
韓国軍は、ベトナム戦争でも住民虐殺をやっている」というようなことを
中国国内の多数のブログで書き出しているらしい。
そのことに韓国側はまだ気付いてないけど、気付いたら(韓国の)新聞で
記事になるでしょうね、とスタジオ内のゲスとがコメントしてた。

途中から見たのでこのコラムがどこに掲載された誰のものかはわからなかったんだが、
中国側がそんなことを言い出しているのを知らなくてびっくりしたので一応報告。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:00:15 ID:gxuu1tRW0
>>30
マジか
事実だったらいいなあ。勝手に自滅してくれ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:23:08 ID:frpmngSD0
サンデー毎日のコラムだよ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 03:13:04 ID:jjYAQzQr0
チョンには関わるな。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 16:50:36 ID:HKYOj1uv0
いしわらのちくしょおめ - おなまえまなお

2007/01/23(Tue) 08:20

あんな都知事は、
マイナス百二十点!

ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/?act=reply&tid=4229646


いしわら?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 23:54:06 ID:7f9IjrLk0
137 :名無し三等兵 :2007/01/30(火) 00:29:38 ID:???
ttp://www.altpenis.com/penis_news/global_penis_size_survey.shtml
6.2in(16.7p)  フランス
5.9in(15.0p)  イタリア
5.6in(14.2p)  ドイツ
5.3in(13.4p)  スペイン
5.1in(13.0p)  日本
4.8in(12.1cm)  ブラジル
4.8in(12.1cm)  ギリシャ
4.0in(10.2cm)  インド
3.7in(08.6p)  韓国

コンドーム会社によるとこうらしい。韓国人・・・ぷぷっw


138 :名無し三等兵 :2007/01/30(火) 00:31:08 ID:???
もはや奇形だな


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 01:51:10 ID:+9akXrpq0
帰国してください

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 05:20:12 ID:1Zixm1f20
フィリピンに「人身売買の国」のレッテルを張られたコリア
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/10/18/20021018000049.html
露ダンサーら「韓国は地獄だった」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/02/11/20030211000042.html
ベトナム人「韓国人は、女性を商品のように扱う」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=75229&servcode=400§code=400
「空港デモ」国際的な醜態多い
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/08/01/20010801000010.html
メキシコ紙「韓国人は共存できない民族」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/02/12/20010212000005.html
メキシコの政治家「韓国人はマフィア」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/11/12/20031112000071.html
米紙「ロスのコリアタウンは無法地帯」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/08/09/20040809000064.html
米私立校「韓国留学生に問題児多い」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=3982&servcode=400§code=400
親韓オランダ人の韓国評 「冷静な論理的思考ができない」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/09/22/20050922000013.html
中央アジアの韓国のイメージ・・・「浅薄な商業国家」、「人権が守られない国」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=26625&servcode=100§code=100
ネパールのホテル従業員「韓国では反抗すれば手足を切られる」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/10/17/20011017000037.html
ブラジルに不法滞在する韓国人がボリビア人を虐待
http://www.brazil.ne.jp/sociedade/news/076.html
キリバス「性が乱れた人たちを『コレコレア』と呼びます」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/07/05/20050705000039.html
うつ病のNZ人講師自殺 「韓国に来たのが私の最後の愚かな行動だった」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/01/19/20070119000049.html

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 02:20:02 ID:Z2C63Ghd0
      ,,.,、-‐''"´~ `ー-‐'
      /.|   /.|   ./.|         キムチ虫.    朝鮮  .  |  /:::+:+:::\....||
    /金/  ./正/   /日/  <`∀´>、_,,,,,,,_,,,,,_   玉入れ→ |√:*::::###::::*:::.||
 _ / / _ ./ / _../ /    ヽ;;;;;___;;;;....、;;;;;;.-'''~~          || | :::U:777:U:::::..||
. \/ /ヘ \/ /ヘ\/ /ヘ  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ↓捏造      ||||.::::*:::: u :::*::::.||
  ◎ 丶i   ◎丶i  ◎丶i.  || 独島は  。   ∧_∧   <`$´>.||| :U∧_∧U:::||
               ↑     || 歴史問題\<`∀´ >  <`Κ´>.|||___(    ) ...||
.      ヽ(`Д´)ノ 核開発 ||_____ ⊂   ⊂)   ↑偽札 | = (|   |つ◎
  ∧_∧j ̄ ̄ ̄i            ∧∧  | ̄ ̄ ̄ ̄|  .__________
 (´∀` )=> ⊂二 ̄⌒\      <   ,>  |        |  |@愛國@| 韓日[●]友好
  (つ とく__,;;ノ)\   ヽ    〜(__ノ.   ̄ ̄ ̄ ̄   --------------------
   /⌒__) /__   )         洗脳     ノ) /  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ |
   レ' ゝ( ////  /|  ∧__∧       / \    ∧//.∧ ∧ || ∧ ∧  |
        / / / //\ \< `∀´ >   _/ /^\)___<(゚//[(゚Д゚ )=>(゚Д゚ )=>|
 ↑拉致  / / / (/   ヽ、        ⌒ ̄_/ ||_.   ___|_| ̄ ̄ ∪.|.|  ̄ ∪ |
      ( ( (/      ノ 火 病 / ̄      lO|--- |O゜.|_____|.|愛[●]國.|
 ↓性犯罪    バ(ry↓  /     /   右翼→ |_∈口∋ ̄_l______l⌒ l.|_____.|
  ∧_∧∧_∧ ∧_∧ ┏       |\        ̄ ̄`--' ̄ ̄ `ー' ̄ ̄`--'
 < *`∀´>*`∀´>:( ´∀`)┃ / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ↓麻薬
 (____)____)____ つ .| 日本人には加害者意識が致命的に.|.ノノハヽヾ
  |⌒ヽっ'|⌒ヽっ'|⌒ヽっ'| . | 足りないのではないか         | (@д@)
 〈__フ_フ_フ_フ_フ_フ  \_______________/ ∩   つ━・


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 01:29:43 ID:fQZJMny80
-Country-    Erect Length
United States  12.7
Germany     14.2
Spain       13.5
France      15.7
Japan       13.0
Brazil       12.2
Italy        15.0
Venezuela    12.7
Mexico      15.0
Greece      12.2
India       10.2
Saudi Arabia  12.4
Chile       14.0
Colombia    13.7
Korea       . 9.4

冬季オリンピック準備会より大切なお知らせ
 大変恐縮ですが、約一カ国に関しましては規定の10センチに満たない国がございます。
当該国及びその国籍、DNAを有する方を一律失格とさせて頂きます。
かむさはむにだ。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 23:54:39 ID:aktoRP400
改憲は損だ!
http://www.geocities.co.jp/kujomamoru/


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 00:19:47 ID:VgYU/Icp0
過去の反省ってナンだよ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 00:22:23 ID:VgYU/Icp0
日本は真剣に大東亜共栄圏をつくろうとして、アングロサクソンから、
実際に開放したじゃあないか。
植民地にした国にも白人と違ってライフラインをつくったり、もっと
歴史を勉強してからスレをたてろ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 04:51:45 ID:1X9LJiui0
台湾・朝鮮を支配して中国を侵略している時点で
アジアの解放にはならないし、
大東亜共栄圏といっても日本の主導によるものだからな。

日本人を贔屓する時点でアジアの解放にはならんし、
ヨーロッパ人の支配から日本人の支配にとって変わっただけ。
だから満州国も独立国らしいが、外国人である日本人が支配していたり矛盾が存在したりする。

本気でアジアの解放や共存共栄を志していたと考えるのならヤバイと思うね。
満州国ですら共存共栄なんて全くできてはいないのに、
そのような連中がアジアの解放などできる訳がないじゃん。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 05:25:13 ID:GYvOZJTL0
外政は置いておくとしても、内政自体が駄目だろ。
少なくともノスタルジーを除けば、正直戦後の方が
庶民は生きやすそうだな。資本家・地主・官僚・将校だったら、
断然、戦前の方が良いだろうが。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 12:01:21 ID:g/sL1yjo0
憲法改悪は許さない!!国旗も国歌も要らない!!

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 13:58:26 ID:h0lVYeTL0
>>45それどこの国のお話?少なくとも日本じゃない事は確かみたいだけどさw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:32:38 ID:oyny9I1a0
>>43
内政もままならず中国やロシアに侵略されそうな危機的状況だった朝鮮側に求められてのもの
一進会が国民100万の意見と表して日本に併合を頼んだのが始まりだよ
当時の朝鮮は貧乏で、学校も警察署もなく、平均寿命も二十代後半で、
入浴の習慣も、上下水道もない悪臭漂う不衛生な未開の蛮国だった。
一方日本はその頃からモンゴルや清より強く、当時は戦争が国際法で
合法的に認められていたので、日本がもしも朝鮮を「侵略」する気なら、
普通に考えればいちいち朝鮮半島の原住民の承認を得る必要などない。
ただ単純に武力で制圧すれば済む。それが合法的でスタンダードな方法だ。
そもそも朝鮮半島には資源などなかったのだから富の搾取など初めから
期待できないし、その程度の小さな富など望んでもいない。
日本側にとって併合の目的は「ロシア・中国の侵攻から日本を守ること」である。
だから朝鮮という国には「増長する共産圏勢力が日本に攻め入らないように
するための防波堤」へと早く成長・自立してもらわなければ意味がない。
つまり朝鮮から搾取するなど、日本にとって逆効果なのである。
それゆえ日本は朝鮮に莫大な資金と技術と人的支援を行ってまで育てた。
韓国人の言う「悪逆非道な日帝の搾取・略奪・虐殺する植民地支配」などという
妄想は筋が通らないのである。
“百歩譲って”悪逆非道だったとして、結果はどうだ。
朝鮮は糞にまみれた土人の国から先進国になったではないか。
国際的にも日本の併合は、「最も良い統治の一例」として評価されている。
もちろんここまで原住民の繁栄を考えた併合が、韓国と北朝鮮以外の外国から
非難されたことなど一度も無いのは言うまでもない。
朝鮮戦争でも韓国は日本(とアメリカ)に助けられている。
当時から韓国は、戦前から決まっていたアメリカの統治を一方的に拒否したり、
日本を挑発したりと、ウリナラマンセーを発揮していて、その韓国人の態度に、
GHQ最高司令官マッカーサーが激怒して『半島からアメリカ軍を引き上げて
日本だけを防衛圏とする』と宣言した。(これをアチソン声明という)
要するに韓国が信用できなくなったので捨てた、ということである。
するとアメリカがいなくなったと確認した北朝鮮軍はそのチャンスを逃さず、
ソ連から買った最新戦車で猛攻撃をしてきたので韓国政府はボロボロに
やられて追い詰められてしまった。
韓国が絶体絶命のピンチに陥った時、ソ連の勢力拡大を良しとしない
日本とアメリカが助けに来て、韓国政府はギリギリで命拾いしたのだ。
要するに日本とアメリカが助けなければ北朝鮮が正当政府として
朝鮮半島を統一し、今の韓国などなかったわけである。




48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:43:50 ID:oyny9I1a0
台湾 李登輝 前台湾総統
【台北=河崎真澄】60回目の終戦記念日を前に台湾前総統である李登輝
氏(82)は産経新聞と会見し、「他国が靖国神社をうんぬんする資格はなく、
小泉純一郎首相はきちっと時間通りにやればよい」と述べ、小泉首相による
8月15日の靖国神社参拝を支持した。 
李氏は靖国問題をめぐり「中韓の反日運動の高まりは、その目的がどこにあるかを
考えるべきだ。中韓が靖国神社への批判を始めたのは中曽根康弘元首相の時代
から。日本を追い抜きたいがための政治的な要求(圧力)だろう」と指摘。
「小泉首相が参拝を取りやめても何の解決にもならず、中韓は別の問題を
持ち出す。小泉首相はきちっと時間通りに(参拝を)やればよい。靖国神社を
他国がうんぬんする資格などない。私の実兄も祭られており、東京に行く機会が
あれば参拝したいと思っている」と語った。
李氏は日本統治時代の台湾で生まれ育ったが、日本の台湾統治について
「日本統治は台湾にとって大きな転換期。日本が残した教育と人材は、戦後の
台湾工業化の基礎になった」と高く評価した。
その一方で、日本の後で台湾を統治した中国国民党政権の蒋介石元総統に言及、
「日本人は蒋元総統の『以徳報怨(徳をもって怨みに報いる)』との言葉と戦後
賠償の放棄に感謝するが、(国民党政権が戦後)台湾で接収した日本時代の
資産は工業インフラや不動産など、賠償以上の価値があった」と冷静に評価
すべきだとの考えを示した。
米中関係や今後の日本の国際的な役割に関しては「米国は戦略的に中国包囲
網を作っている。中国はいくら軍拡しても米国に勝てないことを知っており、米中
戦争は起きない。米国は世界の石油を握っている。日本は世界戦略の中で態度を
はっきりさせねばならず、日米同盟を基軸に民主主義と自由主義の陣営にあって
政治的な役割を果たすべきだ」と指摘。日本が国連安全保障理事会の常任
理事国になろうとしていることについても「当たり前のこと」と支持する姿勢を
示した。
ttp://www.sankei.co.jp/news/050806/sei037.htm
パラオ共和国も台湾などと同様に親日傾向が強く、
今も「日本人と一緒に戦った」ではなく「日本人として戦った」と言う。
こうして見てわかる通り『日本が統治した国々』から嫌われることなどないのだ。
唯一、中華思想とウリナラマンセーに毒された韓国を除いて。
(この点に不自然を感じないのも韓国人だけである)
1881年、ハワイのカラカウア王は当時から正式に国交のあった日本に自ら訪れ、
日本はアジアの盟主となって欧米の侵略からハワイを含む弱い立場の国を
守ってくれるよう明治天皇に申し入れた。しかし天皇陛下は当時のアメリカとの
国力差を考え、摩擦を慮ってそれを丁重にお断りした経緯がある。
韓国のように「希望通りの強国(日本)に併合されること」などどんなに願っても簡単には
叶わないことだというのに、希望通りに併合してもらった韓国だけが今になって
喚き散らしているのはおかしなことだ。
伊藤博文も朝鮮の併合には反対していたように、日本にとってのメリットも少ない。
当時の経済学者が朝鮮半島を調査したところ、借金だらけな上に
10世紀レベル(約1000年遅れ)の後進国だったので、
政府首脳部は腰を抜かしたという。
「そんな国家を併合して、どうするのだ?」と。
しかし日本はその怠慢で不潔で金にルーズな朝鮮を
「内戦でボロボロのアフガニスタンですら先進国にできるくらいの莫大な資金」
を投じて清潔で豊かな近代国家に作り直した。
韓国はその幸運により飛躍的な発展を遂げることができたのだが、それに対し
全く恩義や感謝を感じていない。それどころか何とか恩を歴史から消して
飛躍的な成長という「奇跡」を自分の手柄にしようと躍起になっている。
これは宗主国が日本でなく欧米の国だったら怒り狂うような不遜な態度である。
欧米の圧政に苦しんだ植民地ですら「宗主国の統治が近代化に寄与したこと」は
当然の『事実』として認めているのだから。
 
 



49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:48:45 ID:oyny9I1a0
パラオは恩義を忘れていなかった。
パラオは1994年にアメリカから独立した時、日本の国旗である日章旗を
モデルにした月章旗を作り、自国の国旗にした。日本の日の丸が太陽を
模しているのに対し、パラオはほぼ同じデザインの色違い(青地に黄丸)で
太平洋に浮かぶ月を象った。ただ、パラオの国旗の月は日本の太陽と違い、
中心から微妙にズレている。これは謙虚にも「同じでは日本に失礼だから」と、
わざと中心をはずしたのだという。
※「旗がなびいた際に満月が中央に見えるようにデザインした」との説もある。
パラオは日本の国旗を元に自国の国旗を作り、しかも日本の心も忘れない。
現地民に愛された日本統治と、受け継がれる礼儀正しい民族性が現われている。
ちなみにパラオの国定教科書では全462ページのうち36ページが
日本統治時代にあてられ、章には「日の丸の旗のもとに」というタイトルが
つけられている。どの統治国にも日本は教育に厳しかったが、それらの教えも
ルールも単純な賛美や糾弾ではなく客観的に事実が教えられている。
日本は各国への技術提供や経済援助などの国際貢献を続けているため
民間レベルでは嫌われる理由はほとんどない。
インドネシア モハメッド・ナチール元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
 大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」
「大東亜戦争というものは本来なら私達インドネシア人が、
 独立のために戦うべき戦争だったと思います。もしあの時、
 私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。
 大東亜戦争はそういう戦いだったんです。」
マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。
 敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
 しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで
 将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の
 国語を普及させ青少年の教育をおこなってくれたのです。」
タイ ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは
 難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。
 今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは
 一体誰のお陰であるのか。それは『身を殺して仁をなした』日本という
 お母さんがあった為である。
   12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を
 賭して重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが
 病の床に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」
 (12月8日 「サイアム・ラット新聞」)


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:50:50 ID:oyny9I1a0
ビルマ(ミャンマー) バーモウ初代首相
「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに
 貢献した国はない。真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日
 ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、
 真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、
 東条大将と大日本帝国政府であった」
            (バー・モウ博士著『ビルマの夜明け』より)
同ビルマ バーモウ首相
「約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、
 英国側はアジアに対する掠奪的野望を以って此等の戦争を遂行せり。
 愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば
 死そのものを甘受して突進して来たれり、これらの英雄はビルマの
 生存のため苦難を受け遂には斃れたり。
 ビルマ人はアジアを統合せしめアジアを救う指導者を
 待望しつつありしが、ついにこれを大日本帝国に発見せり。
 ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を
 永久に記録せんことを希望するものなり。(独立宣言より)」
中国や韓国はどうだろう 昔から反日だったのだろうか?
実はそうではない
“言論の封殺がなかった時代には”正しく理解する者もあったのである。
韓国 韓日文化研究所 朴鉄柱
「現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は
 決して日本から仕掛けたものではなかった。平和的外交交渉によって事態を
 打開しようと最後まで取り組んだ。それまで日本はアジアのホープであり、
 誇り高き民族であった。最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑む
 ことは屈辱を意味した。“事態ここに至る。座して死を待つよりは、戦って
 死すべし”というのが、開戦時の心境であった。それは日本の武士道の発露
 であった。日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
 それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。日露戦争と大東亜
 戦争──この二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の
 独立をもたらした。この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。」
「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスを
 はじめとする植民地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって
 植民地をすべて失ったではないか。戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を
 達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。
 日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり
 日本の戦争こそ「聖なる戦争」であった。二百数十万人の戦死者は
 確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に
 永遠に生きて国民尊崇対象となるのである。」
中国 孫文(中国革命の指導者)
「ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の一員として席に着いた。
 日本はアジア問題代弁者だった。他のアジア諸国は、日本をアジアの
 『先頭馬』として認め、その提案に耳を傾けた。白人人種にできることは
 日本人にもできる。人間は肌の色で異なるが知能に違いはない。
 アジアには強い日本があるから、白人人種はアジアのいかなる人種も
 見下すことはできない。日本の台頭は大和民族に権威をもたらした
 だけではなく、アジア全民族の地位を高めた。」(孫文『三民主義』より)
  日本は、中国や韓国まで評価する戦争をしたのだ。
“現代の”中国人や韓国人、日教組や左翼がどんなことを言おうとも、
日本人が自らを恥じる必要など無いのである。
(ちなみに中国では孫文の著書は捏造歴史教育に都合が悪いので全て燃やされた)


 

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:54:11 ID:oyny9I1a0
台湾やパラオの人たちが「日本人と一緒に戦った」とは言わずに
「日本人(の一員)として戦った」と今でも言うのは、
植民地や信託統治などの領土や国籍のせいばかりではない。
では“なぜ”「日本人として」、と言うのだろうか。
それは「私はあの偉大な戦争を遂行した日本人だった」ということ自体が
誇らしいことであり、白人以外の者にとって「日本」とはアジアを開放させた
尊敬されるべき国の名だから胸を張って言うのである。
今でも台湾の飲み屋などに行けば日本の軍歌が日本語で歌われているし、
日本人であることを告げると「兄弟!」と握手を求められることすらある。
本来なら韓国人も、同じだったはずなのである。
彼らも昔は日本国籍を持つ、れっきとした日本人だったのだから、
世界にその名を誇ることができる経歴だったのである。
それを『敗戦の責任を取らされるかもしれないから』といって反日に転換し、
まともな歴史を教えずに、一つの国家を丸ごとを洗脳してしまったのだから
韓国政府の醜い私欲や保身というのは罪深いものである。
一方05年9月15日から3日間にわたって台北で開催された「アジア民主化のための
世界フォーラム」(WFDA)の第1回ビエンナーレでは、
WFDAは非政府組織(NGO)であり、同会議には、東南アジア諸国
連合(ASEAN)の代表をはじめインド、中国、韓国、米国、カナダ、
ドイツ、フランスなど、計39カ国の代表が集った。
各国の代表は、政府系研究機関からNGOまでさまざまな人々だった。
彼らが一様に指摘したのは、“アジアの民主化を潰し”、幾千万の人々を
“不幸に陥れている”元凶は中国政府だということだった。
また、日本を擁護するのは植民地支配から解放されたアジア人だけではない。
フランス アンドレ・マルロー元文化相
「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわりに何ものにも
 替え難いものを得た。それは、世界のどんな国も真似のできない
 特別攻撃隊である。スターリン主義者たちにせよ、ナチ党員にせよ、
 結局は権力を手に入れるための行動だった。日本の特別攻撃隊たちは、
 ファナチックだっただろうか。断じて違う。彼らには、権勢欲とか
 名誉欲など、かけらもなかった。祖国を憂える尊い情熱があるだけだった。
 代償を求めない純粋な行為、そこには真の偉大さがあり、逆上と紙一重の
 ファナチズムとは根本的に異質である。人間は、いつでも、偉大さへの
 志向を失ってはならないのだ」
ちなみにフランスの教科書には「日本がアジアを開放した」と書かれてる。
また、立場上、日本に同調しづらいはずのオランダ政府高官でさえもこう言っている。
オランダ サンティン・アムステルダム市長(現内務大臣)
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。
 日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の
 全てを東亜から追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々
 独立を達成した。日本の功績は偉大であり、血を流して闘った
 あなた方こそ最高の功労者です。
 自分を蔑むことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

 






52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:55:49 ID:oyny9I1a0
イギリス 歴史学者 アーノルド・J・トインビー
「1941年、日本は全ての非西洋国民に対し、西洋は無敵ではないことを
 決定的に示した。この啓示がアジア人の志気に及ぼした恒久的な影響は、
 1967年のベトナムに明らかである。」(昭和43年3月22日「毎日新聞」)
「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、むしろ戦争によって
 利益を得た国々の為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。その国々とは
 日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
 日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において
 アジアとアフリカを支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような
 不敗の半神でないことを明らかに示した点にある」
                  (1956年10月28日/英紙「オブザーバー」) イギリス 歴史学者 H・G・ウェルズ
「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、
 白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」
イギリス マウントバッテン大将(イギリス軍・東南アジア総司令部司令官)
「かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘に衣服や靴もボロボロとなり、
 ささえるものは不屈の精神力だけであった。日本軍はインパールにおいて、
 ついに敗れたが、そこには何かが残った。それは歴史学の権威トインビーが
 いみじくも喝破したとおりである。すなわち『もし、日本について、
 神が使命を与えたものだったら、それは強権をわがもの顔の西欧人を、
 アジアのその地位から追い落とすことにあったのだ』」
             (ルイス・マウントバッテン『ビルマ戦線の大逆襲』)
当然これらのことは東京裁判の関係諸国もちゃんと認識している。
1.マッカーサー元帥
 昭和25年10月トルーマン大統領に対して「東京裁判は誤りであった」と
 告白。さらに昭和26年に米国上院において「日本がおこなった戦争は
 正当防衛であり侵略戦争ではなかった」と公式に証言。
2.インドのパール判事
 日本が戦争にふみきったのは「侵略のためではなく」独断的な政策をとった
 西洋諸国によって挑発された為であり、「東京裁判は正義の実現ではなく
 勝利者による復讐」であるとし、「日本は国際法に照らして無罪である」と
 主張したが、その主張を法廷で述べることを許されなかった。
3.米国のブレークニー弁護士
 「日本は原爆に対して報復する権利を持つ」とウエッブ裁判長に抗議。
4.豪州のウエップ裁判長
 帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明。
5.オランダのレーリング判事
 裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
 事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」
 と発言。また、「私たちは国際法を擁護するために裁判をしていたはずなのに、
 連合国が国際法を徹底的に踏み躙ったことを、毎日見せ付けられていたから
 それは酷いものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。
 まさに復讐劇だった」と述べた。
6.フランスのベルナール判事
 レーリング判事と同様な発言を裁判終了後に公にした。
7.アメリカのキーナン首席検事
 日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に
 「東京裁判は公正なものではなかった」と発言。
8.イギリスの国際法の権威ハンキー卿
 『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は
 絶対に正しい」と明言。
9.イギリス法曹界の権威ビール氏
 『野蛮への接近』という著書のなかで「東京裁判は勝者が敗者に加えた
 野蛮きわまりない復讐行為である」と断言。
 



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:59:44 ID:oyny9I1a0
裁判中は嘘をついていた人たちも裁判が終わった後に自分の行為を恥じ、
法の概念そのものを冒涜した自分たちの判決の正反対の発言したのだ。
ちなみに戦後のアメリカの議事録によれば、アイゼンハワー共和党政権下の
副大統領だったニクソンは占領時に憲法制定し日本に押しつけたことを
日本の国会で公式に謝罪している。
また、アメリカ共和党の大物下院議員だったハミルトン・フィッシュは
著書の中で当時の共和党下院議員の90%が日本との戦争に反対していた事実を
明らかにしており、ハルノートを指して「これによって日本には、自殺するか、
降服するか、さもなくば戦うかの選択しか残されて無く日本を戦争へと追い込んだ」と
強く批判している。
そして中国と韓国だけがそれを忘れたフリをして因縁をつけているのである。
マッカーサー、聖書に誓って「日本の戦争は自衛のためだった」
ttp://toron.pepper.jp/jp/epi/tokyo/jiei.html
アメリカ議会証言録の原文
ttp://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2004/maca/01/MacArthur41.html
パール判事はこうも言った。
インド ラダ・ビノード・パール 法学者、極東国際軍事裁判判事
 欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、
 自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
 日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、
 私は平然と見過ごす訳にはゆかない。誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。
 誤られた歴史は書き換えられなければならない。
卑怯な裁判で日本が有罪にされる直前にパール判事が危惧していたのは
まさにその「日本人が子々孫々間違った過去を黙認してしまうこと」である。
そして日本人自身が認識を改めない以上、
いくら外国人が日本を援護しても全く意味をなさないのである。
では“なぜ”日本人はそのように誤解しているのだろうか?
それは「知らないから・知る機会が少ないから」である。
ならば“なぜ”知らないのだろう? きっと不思議に思うだろう。
それは「日本人がそれを知らないと得をする奴が先手を打っているから」である。
(民主党・朝鮮総連・創価学会・公明党・大手メディア・朝日新聞など後はご存知の通り)





54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 18:46:18 ID:oyny9I1a0
一方中国はチベットに侵攻し120万殺しておいて謝罪なし
数十年前ベトナムにも侵攻し数万人を虐殺し、ベトナム外相から謝罪を求められたのに対し
江沢民はベトナムはもっと未来志向でなくてはならないと逆に説教した
加害者がこれを言う国である、さすが韓国の親分だ
南京大虐殺とやらも理屈的にも物理的にも死体もなし、そもそも日中共同声明をだした後にまだ言う
ここに面白い事実、本多勝一本名「崔 泰英」が1971年朝日新聞で報道した後
事件から『42年もの間、中国自身の教科書にも載ってなかった』のに
中国の教科書にも日本の後追いで1979年から掲載したが、
『大虐殺』などという仰々しい名称をつけ、今になって大騒ぎしてる。
満州における日本の権益はロシアが合法的に持っていた権益を日露戦争の結果日本が合法的に得たものです。
合法的と言っても実は強者の論理であることは事実ですが少なくとも当時の世界の常識・国際法はそれを許したのです。
日本が手を拱いていればいずれは自分がやられる。やられる前にやろうということで闘った日露戦争に知力と体力の限りを尽くして勝って得られた権益です。
そして内閣(第2次若槻内閣)の不拡大方針を無視して日本の権益のない北満州まで侵攻し全満州を占領した。
背景は中国の民族運動が高まり紛争が頻発し外交交渉では埒が明かなかったからである。
リットン調査団報告も柳条湖事件は正当化できないが日本の権益は守られるべきと報告。
満州国の独立は認めがたいが中国の中の自治領として日本人を中心とする外国人顧問団を置けと言ってるくらい。
石原らの謀略も背景に過激な排日活動があったからこそ成立したのだ。
従って満州事変は正当に得た日本の権益をナショナリズムに目覚めた中国側に侵害されたことに対する自衛行為から起きたものである。
関東軍の独走という非もあるのは事実だが日本の一方的侵略と非難される謂れは無い。
これから数年間は曲がりなりにもある程度の平和は保たれた。
国際連盟脱退2ヵ月後の8年5月に塘活協定が締結されると、日中関係は逐次改善され、中国から駐日大使が着任し、
翌9年12月になると北支と満州間の交通、通信、郵便も復活した程である。
ところが再び日中関係が悪化したのは、昭和11年頃からである。
背景には、昭和8年12月の米ソ国交回復と、世界中の共産党の当面の敵をドイツと日本とし、それ以外の勢力と提携して、
日独打倒に専念する方針を確立した昭和10年7月の第7回コミンテルン大会がある。
この方針により毛沢東軍は国共合作と日本軍との全面戦争を画策するよう指示をされた。
狙いは日本軍の力を借りて国民政府軍を弱体化し、共産党による中国統一を行うことである。
中国共産党は、大会直後の8月1日に「八・一救国宣言」を発表し、中国全国民に対して、
国共合作して「抗日救国国民戦線」を結成し、対日戦争を遂行しようと呼びかけた。
この宣言以来、日本人に対するテロ事件が再発し、一旦改善された日中間の信頼関係が崩れて、
日中関係が再び緊迫した。これを決定的にしたのが、「西安事件」である。
昭和11年中国共産党軍は、蒋介石軍に敗れて、大西遷のすえ延安へたどり着いた。
中国共産党撃滅の好機と判断した蒋介石は延安攻撃を計画し、11月に張学良等を督戦するため自ら西安に飛んだが、
逆に12月12日張学良等に逮捕換金され掃共戦の中止と国共提携を強要された。
蒋介石が殺されなかったのは駆けつけた周恩来や葉剣英らの天下に号令できる実力者は彼をおいて居ないという判断による。
スターリンも「蒋を殺すな」と共産党に打電している。
米国とソ連がこの「第二次国共合作」を後援した。そして、翌12年になると一層対日テロが頻発し、日中関係は極度に緊迫した。
蒋介石も対日方針を変えざるを得なくなった。
一触即発の情勢の中で、起きたのが昭和12年の「盧溝橋事件」。









55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 18:54:17 ID:oyny9I1a0
昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が
何者かの不法発砲を受けたが3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。
この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)
後に他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。 
圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして
日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。
現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたがその必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが
7月25日郎坊事件、26日広安門事件、29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、
不拡大方針が困難になって行った。
現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い
現地軍を刺激し北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、
且つ蒋介石に追い詰められ風前の灯だった共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。
ここまでは華北での紛争だったが第2次上海事変で事態は急変した。
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、
昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と斎藤与蔵一等水兵が
上海で支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、
真相判明を待って対処したいが、さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、
既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、
盧溝橋事件後、上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。
8月に入ると閘北(ざほく)方では保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、今や最良の好機である。
日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、まさに火薬庫の観があった。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 18:56:40 ID:oyny9I1a0
昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が
何者かの不法発砲を受けたが3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。
この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)
後に他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。 
圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして
日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。
現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたがその必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが
7月25日郎坊事件、26日広安門事件、29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、
不拡大方針が困難になって行った。
現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い
現地軍を刺激し北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、
且つ蒋介石に追い詰められ風前の灯だった共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。
ここまでは華北での紛争だったが第2次上海事変で事態は急変した。
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、
昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と斎藤与蔵一等水兵が
上海で支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、
真相判明を待って対処したいが、さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、
既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、
盧溝橋事件後、上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。
8月に入ると閘北(ざほく)方では保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、今や最良の好機である。
日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、まさに火薬庫の観があった。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 18:57:47 ID:oyny9I1a0
昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が
何者かの不法発砲を受けたが3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。
この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)
後に他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。 
圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。
現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたがその必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが
7月25日郎坊事件、26日広安門事件、29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、
不拡大方針が困難になって行った。
現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い
現地軍を刺激し北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、
且つ蒋介石に追い詰められ風前の灯だった共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。
ここまでは華北での紛争だったが第2次上海事変で事態は急変した。
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、
昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と斎藤与蔵一等水兵が
上海で支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、
真相判明を待って対処したいが、さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、
既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、
盧溝橋事件後、上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。
8月に入ると閘北(ざほく)方では保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、今や最良の好機である。
日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、まさに火薬庫の観があった。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 18:59:39 ID:oyny9I1a0
昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が
何者かの不法発砲を受けたが3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。
この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)
後に他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。 
圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして
日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。
現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたがその必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが
7月25日郎坊事件、26日広安門事件、29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、
不拡大方針が困難になって行った。
現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い
現地軍を刺激し北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、
且つ蒋介石に追い詰められ風前の灯だった共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。
ここまでは華北での紛争だったが第2次上海事変で事態は急変した。
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、
昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と斎藤与蔵一等水兵が
上海で支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、
真相判明を待って対処したいが、さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、
既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、
盧溝橋事件後、上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。
8月に入ると閘北(ざほく)方では保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、今や最良の好機である。
日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、まさに火薬庫の観があった。


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 19:00:34 ID:oyny9I1a0
昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が
何者かの不法発砲を受けたが3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。
この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)
後に他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。 
圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして
日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。
現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたがその必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが
7月25日郎坊事件、26日広安門事件、29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、
不拡大方針が困難になって行った。
現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い
現地軍を刺激し北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、
且つ蒋介石に追い詰められ風前の灯だった共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。
ここまでは華北での紛争だったが第2次上海事変で事態は急変した。
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、
昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と斎藤与蔵一等水兵が
上海で支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、
真相判明を待って対処したいが、さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、
既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、
盧溝橋事件後、上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。
8月に入ると閘北(ざほく)方では保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、今や最良の好機である。
日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、まさに火薬庫の観があった。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 19:05:05 ID:oyny9I1a0
なんか書き込めないと思ってたら連続投稿してたすまん、続き
8月11日以降 事態は急速に悪化した。支那側は大山事件に対する第3艦隊長官の要求を拒否するどころか、公然と軍隊を上海に増強させ、租界地周辺に陣地を構築するなど挑発的態度を強化、兵力は計5万にも及んだ。
対する日本海軍陸戦隊は4千に過ぎず、この夜応急警備についた。 
第1次上海事変(昭和7年3月)でも日本軍と激戦を交わした張治中指揮の支那軍は、8月13日 総攻撃を開始。
日本軍陸戦隊は断固応戦するも14日には優勢な支那軍の包囲攻撃を受けるに至った。 
日本政府は居留民保護のため、海軍の要請をいれて陸軍部隊の上海派遣を決定、陸軍は8月14日上海派遣軍を編成した。
8月15日 帝国政府は声明を発表、支那軍の暴挙を膺懲して南京政府の反省を促すのが、今次出兵の目的とされた。
政府は依然不拡大方針で、事変の早期解決に努力すべきであるとした。
同日、蒋介石総統は全国総動員令を下し大本営を設置、自ら陸海軍総司令に就任し全国を4つの戦区に分けて純然たる全面戦争体制をとった。
毛沢東の紅軍も国民革命軍第八路軍(八路軍と呼称)と改称、公表された。
中共はこの日呼応して抗日救国十大綱領を掲げ、いよいよ国共合作の実をあげ中国人民総決起の態勢を整えたのである。
8月23日 第3、第11師団を主力とする第1軍が上海北方に強行上陸、戦闘に加入した。
当時の支那軍は中央軍の精鋭で頑強に抵抗し、かつ兵力を増大し、第3、第11師団は戦闘1ヶ月にもならない段階で非常な損害を被った。
止むを得ず第9、13、101師団などを増加したが、9月中旬には計60万もの支那軍があって日本軍苦戦の状況は変わらなかった。
さらに各部隊にコレラ患者が多発し、砲兵弾薬の不足もあり、死傷者続出して攻撃は停滞した。
しかし日本軍の奮闘により、支那軍は10月23日ころから退却を始め、
また10月20日新たに編成された第10軍(司令官 柳川平助中将 第6、第18、第114師団、野戦重砲兵第6旅団基幹)が、
第4艦隊(豊田副武中将)の護衛の下に11月4日杭州湾に上陸、上海付近の支那軍の防御は全面的に崩壊した。
11月11日夜、当面の支那軍は退却を開始、上海周辺の残敵掃討の段階に移行するに従って「南京攻略」という意見があがった。
当初中央は南京攻略など考えに入っていなかったが、これを契機に南京攻略派と慎重・不拡大派との主導権争いが始まり結局攻略派が主導権を握った。
ここに至って政府の不拡大方針は有名無実となり全面戦争に突入したと言わざるを得ない。
西安事件以来約1年経過して国共合作も現実になり中国側の反撃も本格化した。
しかしながら毛沢東軍は実に狡猾で色々の仕掛けは実施するが日本軍との直接戦闘はほとんど国民政府軍に任せ将に蒋介石軍を弱体化する目的を果たした。
11月7日中支那方面軍(司令官 松井石根中将)が編成された時点では、その任務は「海軍と協力して敵の戦争意志を挫折せしめ戦局終結の動機を獲得する目的をもって上海付近の敵を掃滅」とされていた。
11月20日軍令によって設置された大本営は、11月24日前進統制線を解除し、無錫−湖州の線を新たな攻勢限界線と指示した。参謀次長多田中将は、
戦面の拡大、南京攻略を強く反対したが、参謀本部内の強い実行論と、現地の第10軍の強い具申により遂に12月1日「海軍と協力し敵国首都南京を攻略すべし」と命令するに至った。
なお直前の11月16日に国民政府は重慶に遷都を宣言していた。
現地第10軍はこの大本営命令に先だって独断にて制限線を突破、南京攻略を準備しており、上海派遣軍と第10軍との進撃競争となった。
12月4日 支那軍約10万による南京防衛外郭陣地を突破、8日から最後の防衛線での支那軍の抵抗を排除しつつ南京城に迫った。
12月13日 支那軍は退却を始め、日本軍は1個聯隊を入城させ、南京の完全占領を発表した。当初の作戦計画では、昭和13年1月中旬から攻略戦が開始される予定であり、予期した4週間も前に南京は陥落したのであった。
首都南京を攻略するにあたっては並行して講和工作を進めるべきであったが、作戦が予想外に進展したため間に合わなかった。
戦略と政略との強調を最も必要とした時機であったのにここで停戦に持ち込めなかった事は、後のトラウトマン工作不成立と併せて一大痛恨事であった



61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 19:10:28 ID:oyny9I1a0
以降は将に泥沼への径を一瀉千里と驀進せざるを得なかった。
また共産軍はソ連、国民政府軍は当初ドイツ、三国同盟後はアメリカからの援助を受け、
更に言うなら同じ国民政府軍から分裂した汪兆銘軍は日本軍の支援を受け言わば「王・蒋・毛」内戦に夫々荷担する
「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。
従って支那事変(日中戦争)は明らかに中国の内戦に絡んだテロからの自衛に始まり、
共産軍の謀略が功を奏し日本が意に反して深みにはまり抜けられなくなってしまったのだ。
このことを証明する当事者の明快な発言があります。
昭和39年社会党の佐々木更三委員長が毛沢東主席に「中国国民に多大の損害をもたらして申し訳ない」と挨拶したところ
毛沢東は「何も申し訳なく思うことはありませんよ、日本軍国主義はは中国に大きな利益をもたらしました。
中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか。皆さん皇軍の力なしには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう」と発言。
『毛沢東思想万歳(下)』、田中正明著「パール判事の日本無罪論」より。 
中国や自虐史観の左翼学者たちは満州事変、
支那事変を一貫した侵略行為と断じ通称15年戦争と称しているが上述の如く両者は塘沽協定で分断された別な戦争である。

あと参考サイト 韓国はなぜ反日か http://3.csx.jp/peachy/data/korea/
↑のサイトは日本が今おかれている現状がよくわかります
結構長いのですが読んでいただけるとうれしいです
かなりの長文失礼しました。



65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1 /test/read.cgi/history2/1167100600/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)