5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

讃えよ!東條閣下!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:30:44 ID:IiP928wh0
敗戦の将として捨石となり散った彼はもっと讃えられるべきではないでしょうか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:32:21 ID:Gj6kbU7C0
2

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:32:30 ID:eywEvwhSO
初の2ゲット!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:39:52 ID:KwQfoe+WO
重複

【偉大】偉大なる東條英機【愛国】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1156161767/

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 05:43:50 ID:GEaohdbwO
東條さんて何したの?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 08:50:44 ID:yLvLnHUkO
>>5偉大なアジア解放と傲慢なアングロサクソンに正義の鉄槌を下した。
要約すると大和民族による『正義の平和大行進運動』ってとこ?

7 :|ω・`):2006/12/21(木) 11:49:24 ID:+R/focGv0
おう

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 09:16:12 ID:YAZ0uRoNO
そんな素晴らしい事した人を知らない俺、小学生の頃の教科書にのってなかったよ?なんで?偉いんでしょ?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 19:12:04 ID:vI8weDJj0
お前ら死ね死ねと部下に自決を強要して置きながら、自分はシャアシャアと捕虜になるところがすばらしい。
まさに日本人の鑑。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 19:53:00 ID:YAZ0uRoNO
この人の職業ば?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 20:01:39 ID:8yR17maz0
東条が悪なら、スターリンは極悪だな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 20:54:31 ID:YAZ0uRoNO
東条の職業はなんですか?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 21:24:32 ID:7KCGctveO
閣下とか言ってるんだから軍人じゃあ!
陸軍大将じゃ〜!

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 21:27:08 ID:YAZ0uRoNO
マッカッサーと戦った人か

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 08:49:07 ID:TOqPfngq0
>>13
自決出来ない陸軍大将って最低w
ヒトラー伍長だって自決したぞ
東条が軟弱とこき下ろした
近衛文麿も自決したぞ
五摂関家筆頭の近衛家の当主が
アメリカ風情のインチキ裁判に出廷する位なら
死を選ぶ、それが藤原鎌足以来、天皇家と共に
日本を守ってきた藤原氏の一分だよ
公家よりも死を恐れた軍人なんて東条だけだろう
しかもこいつは部下には降伏を許さずに自決を
強制したからお笑いだよ
こんな恥知らずが首相と陸軍大臣を兼任してたら
勝てる戦も勝てない罠!この屑が!!
お前みたいな屑が靖国神社に合祀されてる事自体が
不快極まりない!

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 08:56:52 ID:TOqPfngq0
>>11
スターリンは軍人じゃないぞ
文官だよ、首相兼共産党書記長で
軍人の経験は一度も無い上に
戦争にも勝った
そして祖国を守る為ならヒトラーと
独・ソ不可侵条約、近衛とと日・ソ
中立条約を結ぶというやり方でな
そして勝てば官軍、勝ったんだから
文句を言うな、ボケ!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 09:37:37 ID:DTjYKKqx0
>>1
国賊がっ!

18 :美濃部最強:2006/12/24(日) 10:13:54 ID:B5mWjbbL0
>>1
良かったなぁ>東条
お前は国内法でも責任が無い事を美濃部が論理的に
説明してくれたぞ!

お前はただの秀才軍事官僚の一人で武士ではなかった訳だ
政治家としては無能、武士としては自決も出来なかった臆病者
それでも美濃部のおかげでお前は無罪だ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 12:59:05 ID:eSunjB9D0
>>15
血は争えないんだよ
所詮河原乞食。卑しい血は卑しい行いしかできない

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:21:22 ID:UzocKbI50
>>15
たしかに。
イーストウッドの硫黄島の映画を見た後に
東条が自決しなかったことを知って怒りを覚えた。
多くの部下には自決を強要しておきながら卑怯者だな。
ま、同じ穴のムジナの権力者が今の日本を牛耳ってるけどな。
前政府税調会長だっけ?



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:23:44 ID:UgsZqwoyO
俺は、自決しなくて良かったと思う。

22 :美濃部最強:2006/12/24(日) 20:46:16 ID:B5mWjbbL0
西南戦争で国賊とされ城山で自決した西郷隆盛は武士

インチキ裁判の被告になって処刑されなければ死ぬ事が出来なかった
東条は軍事官僚

まあ軍事官僚に武士を求めるのは酷かw
五摂関家筆頭の近衛文麿は、インチキ裁判の被告にされて
処刑される事を恥じて自決した

西郷は武士、近衛は公卿、東条は軍事官僚

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:53:52 ID:omAXYOD6O
>>21
同意

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:18:14 ID:UgsZqwoyO
インチキ裁判でも国家弁護をし閣僚等の責任を軽減する事に努力した。近衛、東条二人とも死んでいたらもっと無責任の烙印を押されていたろうな。戦争責任者だよ、自決で済まされたらたまらんよ。

25 :美濃部最強:2006/12/24(日) 21:34:49 ID:B5mWjbbL0
>>24
国家には敗戦と言う責任があったのは事実
しかしA級戦犯と言う概念は国際法上違反
大日本帝國には敗戦の責任があったけど
東条個人の政治的な責任は内閣総辞職で果たしている
だから出家するなり、自決するなり、勝手にしてくれ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:13:17 ID:xbScu7g60
ムッチーとか富永とか東條と言ったエリートさん達は部下に責任を押しつけるだけで逃げ隠れするんですよ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 10:10:19 ID:J8yfUH8j0
戦争に行った爺さんたちに聞くと評価は2分するね。
ひとつは陛下の代わりに東京裁判で一人責任を全うし東條は日本のためにがんばった。
もうひとつは自決に失敗し無残な姿をさらした。

意見の差の根っこの部分はは満州を良しとするか、否とするかのようである。
あと終戦直後、国民の関心は東條はいつ腹を切るのかという軍人としての潔さを期待していたようだ。
マッカサーが自決に失敗した東條を蘇生させたのも、東條を殉国者にさせない為だったとも聞く。




28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 23:10:21 ID:l5uvRJ5N0
>1
捨石?
捨石とはサイパン、グアム、硫黄島、沖縄等で散った将兵のことを指すんだよ。
山下奉文は遺書の中で「我々は優勢なる米軍を食い止めるため百万金にても購い得ない
国民の肉体を、肉弾としてぶっつけることによって勝利を得ようとしたのであります。・・・
この一事をもっても、我々職業軍人は罪万死に値するものがあるのであります。」
と一切の弁明をせず処刑された山下大将、そして軍人としての最期汚した東條。
讃えるなら異国の地で散った名も無き人々を讃えよ。



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 07:19:50 ID:1Kuelwxi0
>>1
捨て石?
捨て石とは東條に見捨てられてニューギニアで餓死し下兵士達のことを言うんだよ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 08:30:52 ID:k0VgoAn0O
西南戦争の新政府軍最高('-^*)/

31 :毎度お馴染みw 清沢洌「暗黒日記」:2007/01/13(土) 09:29:22 ID:2LG+09r70
昭和十九年三月十六日(木)
  今日は興味深い話を聞いた。
 今年二月二十三日の毎日新聞は「勝利か滅亡か」と題し、特別活字の記事を一面に出した。その中に
 「太平洋の攻防の決戦は、日米の本土沿岸で行われるものではなくして、数千里を隔てた基地の争奪を
 めぐって戦われるのである。本土沿岸に敵が侵攻し来るに至っては、もはや万時休すである」との字句が
 あった。そして、この記事は、だから竹槍では間に合わぬ。飛行機だ。海洋航空機をつくれという論に
 続くものである。
  この記事を東條首相が、その日の午後三時頃読んで怒った。沿岸に敵が侵攻し来るに至っては万事休す、
 とは何事だ。東京が焦土と化しても、国民はあくまで敵を滅ぼすために戦うのだと。
  情報局はあわてて午後三時半ごろ毎日新聞の発売を禁止すると同時に、翌日都下の新聞社の編集長を招致
 して、今後こうしたことのないように訓示した。また、陸軍省は毎日新聞に鋭い警告を発し、かつその筆者が
 なに人であるかを問うてきた。毎日新聞では筆者を出すことを謝絶し、編集局長の吉岡文六君が辞職した。
  これで問題は解決したものと思われた。事実、筆者の目的としたのは飛行機増産の急務を説いたのだし、
 その書き方もいかにジンゴイストの毎日新聞でも酷すぎるくらいだった。ところが、二、三日して、その筆者に
 突然徴兵令の赤紙が来た。同人は海軍省の出入り記者で四十一、二の男、兵役関係のない国民兵である。この人
 が徴兵されたのである。彼は丸亀に入隊した。これを聞いた海軍は怒った。海軍報道部員無断で徴兵するとは
 怪しからんというので、丸亀に交渉して除隊させた。海軍の意思としては、彼を飛行機で南方につれていく
 手筈をしていた。しかるに、その男は除隊された翌日、また徴兵された。いま丸亀にいるということである。
  この話ほど、東條の性格、陸軍のやりかた、陸海軍の関係を、いみじくも画き出したエピソードはあるまい。

32 :こちらは阿南と細川の日記:2007/01/13(土) 09:35:20 ID:2LG+09r70

東條内閣が総辞職した日の阿南惟幾の日記

 「東條大将は、今日一朝失脚するや天下の怒声罵倒に会う。同情禁じ能わざれど、この非常時突破
 の間、常に野心的行動を疑われ、純真至誠の見るべきものなく、驕慢にして人事を私しせるは世人
 の不満を来し、悲惨なる結末を以て終幕せり」

  (吉松安弘『東條英機 暗殺の夏』(新潮文庫)所載)



「昨日、東條は米兵に抑留せられんとして、拳銃自殺を図り未遂、そのまま米司令部へ連行さる。傷
つきたる後の談話といひ、今日に至りたる態度といひ、人間の出来損なひなること明瞭なり」

 (細川護貞『細川日記』(中公文庫)昭和20年9月12日付より)


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 19:18:55 ID:d7r9M7kp0
極東軍事裁判に天皇に累を及ぶのを防ぐ必要があって、東條は人柱になった。
米国の知日派グループの提言により戦後の冷戦構造で日本をコントロールする
為に、天皇を生かしておく必要があり、また裁判の性質が「アメリカのアメリカによるアメリカのための」裁判だった為に、
他の英国やフランス、ソ連、オランダの天皇責任論を回避したいという
アメリカ本国の意向を受けたキーナンの目論見があったようで。
すべての責任を一身に受けたというかスケープゴートになったのが東條かと。
東條自身もそのことを知っていて、お上を守る為の芝居を続けた、と。
重光葵の日記では、裁判中に東條とキーナンが「天皇を免罪とする」方向で
行く事を「解顔」しニコニコしあったなんて書いてあるらしいが。


多分、日本国民に裁かせても東條は処刑されたと思うけど。
戦時中、そうとう、恨みをかったようで。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 20:59:54 ID:wRjI79pn0
>>33
>極東軍事裁判に天皇に累を及ぶのを防ぐ必要があって、東條は人柱になった

そもそも昭和天皇を絞首台一歩手前まで追い込んだのは、
満州事変以降、常に火を大きくすることしか考えてこなかった東條一派にも、
負うところ大の責任があるわけで、マッチポンプ男として以上の評価は必要ないな。



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 00:32:35 ID:v1tqPU8H0
>>34
戦火が拡大したのは蒋介石の陰謀だろ?
はめられたのは東條ではなく、現場の軍人達だが。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 00:37:32 ID:cM4LLQj70
まあ現場にいたのがあの牟田口閣下じゃはめられるのは仕方ないな

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 01:34:17 ID:UE7f+0RJ0
>>34
それは極東軍事裁判で云うところの「軍閥」なる存在の責任を
東條に一身に凝縮した結果によるところ大ではないのか。
東條は無能な指導者であるばかりか、米国民などの感情のみならず
日本国民の敗戦を齎した張本人として処刑されたのは当然に思うが。
しかし、「満州事変以降〜東條一派」というのはどうなのか。
東條一派のみならず、東條が首相になってからは対立するようになる統帥部や
統帥権問題、石原らへんや南進主義の兼ね合いからいうと、
東條が居なくても必然の敗戦という気もするしな。

マッチポンプなのはその通りなのでしょう。
陸軍大臣時代の統帥の独立を掲げて近衛内閣を苦しめた時代と、
日米衝突を懸念した天皇の意向を汲んで短期間では在るが
軍及び国民の強硬論に抗し対話を模索した時期との乖離たるや。

「なによりも天皇の為に」で生きてきたのだろうな。
如何様にも好き勝手に自己解釈して拠り所にできちゃう天皇教、恐ろしい。
彼の中では常に天皇の為に、で一貫してきたのだと思う。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 02:00:10 ID:mpqawwgV0
>>33
法廷では大半の軍人被告がそのキーナンの目論見を理解しこのレールの上を走った。
しかし走らしているうちにキーナンは東條が太平洋戦争の開戦決定あたり、天皇の命令だと
答えるのではないかと不安になり事前にひそかに日本人協力者を送り込んでスガモプリズンで
質疑応答をさせている。
東條は木戸の弁護人ローガンの尋問に答えている折に天皇の平和の意思と木戸の行動は
矛盾していたのかと問われて「日本国の臣民が陛下のご意思に反してあれこれすることはありえない」
と答えてしまいキーナンはこれでは天皇の責任を認めることになるのではないかと激怒し
法廷でそれを否定する方向にやんわりもっていった程。
この東條の答弁を聞いたソ連の検事団は控え室に戻ると「天皇を法廷にださないのはおかしい」
と申し出てキーナンを困惑させたらしい。



39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 10:31:12 ID:T/+phc7p0
ここで東条英機内閣総理大臣閣下の演説と学徒出陣の訓辞が聞ける
http://rasiel.web.infoseek.co.jp/index.html

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 11:34:05 ID:xv2I58Pr0
>>38
そのとき対策を練ったのは、キーナンと"裏切り者"田中だ。
田中は日本軍の謀略を暴き、裏切り者とやたら批判されるが、皮肉なことに天皇を救ったとも言えるw

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 15:28:48 ID:UW307gTh0
田中さんがやらなければ、他の誰かがやっただろ。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 08:41:37 ID:5cnmtm1i0
そうだ そうだ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 22:59:51 ID:kYKDll7l0

※東条英機と犬猿の仲だった石原莞爾は、関東軍当時、上官であった彼を「東条一等兵」と呼んでい
 ました。戦後、「関東軍時代、あなたと東条には意見の対立があったようだが」と訊ねられると、石原
 莞爾は「自分にはいささかの意見がある。しかし、東条には意見が無い。意見の無い者と対立のしよ
 うがないではないか」と答えたそうです。

※首相兼陸相・軍需相・参謀総長の東条英機に対して、側近がヒトラーと同じではと言うと、東条は「ヒ
 トラーは一兵卒、私は大将です。同じにしないでもらいたい」と答えました。また、東条英機は、夜な
 夜な民家のゴミ箱を漁っては「贅沢品を食べてはいないか」とチェックした、という話が残っています。

※竹槍事件で批判された東条英機は、その記事を書いた新名丈夫記者を37歳で、二等兵として召集
 し、一番危険な硫黄島へ送ろうとしました。新名記者が海軍省記者クラブの主任記者だった関係で、
 海軍は「大正の兵隊をたった1人取るのはどういうわけか」と陸軍に抗議しました。陸軍は、大正の兵
 隊を250人召集して硫黄島に送りました。新名記者は、3ケ月で除隊になりましたが、硫黄島に送り
 込まれた老兵250人は、全員戦死しました。

※逓信省工務局長だった松前重義は、東条反対派の東久邇宮に接近したため、42歳で召集され、
 南方で電柱かつぎに使役されました。冨永恭次陸軍次官は「これは東條閣下の直接の命令で、絶
 対に解除できぬ」と述べています。高松宮宣仁親王は「『松前運通省工務局長は、熊本の西部22
 部隊に二等兵として召集された由、実に憤慨にたえぬ」と日記に書いています。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 23:03:44 ID:kYKDll7l0

※衆議院議員中野正剛は、東条政府打倒のために重臣グループなどと接触を続けたとして検挙されま
 した。中村登音担当検事は、中野正剛を容疑不十分で釈放しました。釈放後、中野正剛は、陸軍に
 入隊していた息子の安全と引き換えに自殺させられたといわれています。中野正剛を釈放した中村
 登音担当検事は、43歳にも拘らず召集されました。

※東条英機は、インパール作戦を直訴し白骨街道を築いた牟田口廉也の罪を問わず、また、フィリピ
 ンで特攻指令をだし自分も特攻すると訓示したが、「胃潰瘍」の診断書をもって護衛戦闘機付きで
 台湾に逃亡した富永恭次も罰しませんでした。

※姫路藩主である酒井家の血を引く酒井美意子は、「生来、父の前田利為と東条はソリが合わず、父
 は東条を『頭が悪くて先が見えない男』と批評し、東条は父に『世間知らずの殿様に何がわかるか』
 と反発した」と書いています。その結果、前田利為は、東条英機によって南方の激戦地に転任させら
 れ、戦死しました。しかし東条は、これを戦死ではなく戦傷病死扱いにして遺族の年金を減額したと
 いいます。

※東条英機を批判した衆議院議員浜田尚友は、現職のまま召集されました。

※塚本少佐は、東条夫人から私用の車を要求されて断ったり、東条英機へ直言して、サイパンの守備参
 謀に左遷されて、戦死したという話が残っています。

※東条英機に早期終戦を説いた谷田勇少将は、最前線のラバウルに転任させられました。


17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)