5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

徳川政権が続行していれば、太平洋戦争は無かった。

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:56:12 ID:COdF7SCo0
徳川政権が続行していれば、太平洋戦争は無かった。

徳川政権が続行していれば、
太平洋戦争はおきず、北方領土の全喪失、日本への原爆投下もなかった。

徳川党をおとしいれて追放し、軍国主義日本をつくった薩長が悪い。


キャッチフレーズは、
「おのれ薩長め。」でいこう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 10:12:56 ID:WzqzCnYW0
それは無理あきらめろ。
そもそも歴史にもしはない。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 12:15:07 ID:QzHTj4QV0
>>1
アホですかw
徳川幕府が生き残っていたら、そもそも日本という国家自体が存在しない。
幕藩体制では、藩=国。統一国家としての日本は無い。
北海道や対馬はロシア、小笠原諸島はアメリカと徐々に大国に食われ、
最終的に植民地化されていたかもしれない。
植民地化されずとも、欧米では「統一国家があってこそ国家」という考えがあるから、
江戸幕府はいつまでも「無政府国」のレッテルを貼られ、搾取対象として経済的な植民地。
きっと大国の代理戦争かなにかに巻き込まれて中国や太平洋で戦争していただろう。
その戦争を回避したくとも、統一国家じゃない以上、大陸の要求を跳ね返すだけの国力を持てない。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 12:32:30 ID:COdF7SCo0
>>3
将軍家は進んで大政を奉還し、
自ら議長となって公議制の国をつくりあげる事を望んだ。
それによって、一滴の血も流さずに新しい国が生まれるはずであった。

しかるに薩長はあくまで武力による倒幕を画策し暗躍、妙な合戦をしかけ、
宮廷内の岩倉具視と組んで、親徳川派の孝明天皇を毒殺し、
新たに、睦仁親王をたてて、錦の御旗を手に入れたものである。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 13:01:44 ID:QzHTj4QV0
>>4
>将軍家は進んで大政を奉還し、
>自ら議長となって公議制の国をつくりあげる事を望んだ。
>それによって、一滴の血も流さずに新しい国が生まれるはずであった。

 その通りだ。
そして戦争回避の為に、慶喜は会津桑名の主戦派をつれて大阪に下がった。
土佐と福井の運動もあって、岩倉具視は「徳川家が平和的に対処するならば、
徳川家を明治政府に招く」と約束し、長州の桂小五郎も大村益次郎が
「徳川軍と真っ向で戦ったら負ける」との助言を受け、戦争回避派となっている。

 だが、会津と桑名は慶喜の意思を無視し、実情をまったく知らない無能な小栗ら、
江戸の幕府首脳と組み、ついに京都へ武力侵攻した。
 会津や慶喜の記録には、優柔不断な慶喜を殺してでも戦うという会津藩士がいたという。
慶喜も明治政府の長州トップ桂小五郎や岩倉具視も平和的な国家建設を目指していたのに、
すべてをぶち壊した会津藩。
鳥羽伏見で勝てばまだしも、大負けして敗走。
しかも責任はすべて徳川宗家の慶喜に押し付ける始末。
穏健派に転じていた岩倉も、徳川家が平和的な解決を放棄した
事から錦の御旗を立てる決意を固めてしまう。
つきあってられるかと慶喜は大阪を捨てて単身脱出。
不法な武力侵攻で戦争を仕掛けてきた旧幕会津藩は間違いなく無能だった。
自ら進んで朝敵となった。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 13:08:37 ID:FiAl/5ezO
全然関係無くてごめんなさいm(_ _)m今度京都行くんだけど西本願寺から壬生寺まで歩いてなん分かかりますか?知ってる人いたら教えて!!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 13:54:19 ID:xYh8/2bI0
まあ皆さん冷静に・・・たぶん植民地が慣れの果てです。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 19:29:38 ID:lwTeatxdO
徳川一門は、日本人奴隷売買の仲介業でウハウハだったかもしれん。

9 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 21:32:06 ID:X/FNUkIk0
必見です。一人でも多くの人に見ていただきたい感動的な名篇です。

http://kandoflash.com/flashhtml/flashK02.htm



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 22:40:02 ID:hhWNPOtS0
>>3
>北海道や対馬はロシア、小笠原諸島はアメリカと徐々に大国に食われ
小笠原をアメリカから守ったのも、
択捉までは日本領と確定したのも(だから今でも
北方領土返還交渉が行える)、幕府なのだが。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 01:35:20 ID:710N/Oq60
>>10
対馬に上陸したロシアを撃退したのはイギリスで幕府じゃない
蝦夷地も小栗がフランスに担保として渡そうとしていた
小笠原も択捉も武力で奪取に出られたら幕府は太刀打ちできない
そもそも、長州一藩にボロ負けした幕府軍が外国軍から国土を守れるわけがないw
幕府は交渉の窓口にはなるだろうがそれだけ
いいように言いくるめられて力ずくで奪い取られていくだろうねw

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 02:03:01 ID:eNae2uGC0
徳川幕府が日本に約300年の平和をもたらした功績は多大だよ。
それを一度は国が滅びる寸前までに陥れたのは、
薩長を母体とする明治新政府の系統なのは明らかだろ。
徳川の伝統をもってすれば太平洋戦争回避は十分可能だったはずだ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 02:10:50 ID:S1yz9WM3O
>>12
その基準で言えば北朝鮮も平和で素晴らしい国家ということになるが、
お前は北朝鮮なんかで生まれ育ちたいか?
金王朝が弱体化すれば当然革命を起こしたいと思うだろう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 02:25:49 ID:eNae2uGC0
>その基準で言えば北朝鮮も平和で素晴らしい国家ということになるが、
どの基準だよ。北朝鮮は同じ民族同士で戦争やらかしてるわけで徳川幕府と比較になるわけない。
北朝鮮とほぼ近似するのが明治新政府の系統の大東亜戦争中の日本だろ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 02:51:24 ID:Dh9mH/hE0
幕府予算の4分の1が大奥の維持だって
当時から呆れられてたんだろうな

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 04:49:37 ID:yzJfoNGC0
>>11
>対馬に上陸したロシアを撃退したのはイギリスで幕府じゃない
幕府がイギリスに依頼したのだが。

>蝦夷地も小栗がフランスに担保として渡そうとしていた
それは薩長の反乱に追い詰められていたから。薩長が暴れなければ
そんな事をする理由が無い。

>小笠原も択捉も武力で奪取に出られたら幕府は太刀打ちできない
あの時点では薩長とて同じ事。武力奪取に至られないよう領有権を
明確にし、条約を結んだのは幕府。

>いいように言いくるめられて力ずくで奪い取られていくだろうねw
そのような事例がないのが現実。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 08:29:15 ID:sZOS+Jov0
>>16
>幕府がイギリスに依頼したのだが。
イギリスは自分の利権のために動いた。幕府が自力で解決できないのは事実。

>薩長が暴れなければ
 そりゃ、誰も反乱を起こさなければ政権は永遠に安泰だろw
でもそんなことは歴史上ありえない。バカな屁理屈はやめとけwww
いざとなったとき、自国の領土を売り渡し他国に頼らなければならない幕府の力の無さを理解しろ

>そのような事例がないのが現実。
 ペリーが来航し威嚇されたとき、幕府は大慌てして不平等条約を結び早くも経済的には半植民地化してますが。なにか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 11:01:35 ID:S1yz9WM3O
>>14
大東亜戦争時の日本は、明治新政府のそれと同系統どころかむしろアンチテーゼだぞ。
権力の担い手が長州閥から政敵の東北人にシフトしているし、
イデオロギー的にも明治政府が徹底的に弾圧・排除したはずの
アジア諸国を腐敗衰退させた亡国に至るカルト思想・朱子学=武士道を
わざわざ掘り返して日本全体を思考停止に陥れた。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 13:33:38 ID:bbCb1G3H0
>>14
>朝鮮は同じ民族同士で戦争やらかしてるわけで徳川幕府と比較になるわけない。
こいつ幕末しか知らないみたいだw。戦国史ぐらい勉強して欲しいものだw。
無知なら仕方が無いから教えてやるが、
 徳川幕府は同じ日本民族同士で戦争やらかして勝者になったから幕府を作ることができたんだよwww

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 23:51:28 ID:nPEngXgz0
>>1
当然19世紀後半中には英仏どちらかの手に落ちて以降の世界史は現在に至る迄
根本から完全に変わっていたであろう事は先ず疑いの余地はないだろうな…。
そうなってれば白人に対抗し得る有色人種の国家は完全に地球上から消滅してたからな。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 23:55:27 ID:Ufwrxcsc0
>>20
>当然19世紀後半中には英仏どちらかの手に落ちて
それはないな。
列強は中国分割に忙しくて日本に手を出す余裕はない。
あの時点では日本が安定していてくれた方が都合が良い。
と言うわけで、薩長政府にも協力的だったわけで、それが
幕府であろうと変わりは無い。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 23:59:02 ID:iY3RS0lV0
徳川政権が続行していれば、日本は米国の植民地になり、太平洋戦争は
無くフィリピン並みの後進国になっていただろう。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 00:52:21 ID:UCoUZfoc0
天皇陛下万歳!!!!!

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 08:49:41 ID:6vNt3H7U0
帝国主義者のせいで結局日本の領土減ったね

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 10:09:10 ID:KUzI3GljO
結局アメリカの植民地になったわけだが

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 10:27:35 ID:b9D9a53O0
戦争に勝っていたとしても、どうせ日本の領土は減っていたよ。
米英仏蘭なんて戦勝国チームなのに領土を失っている。
中華民国なんて凄まじく惨めなもの。
戦勝国陣営についた筈なのに、日本以上に領土を減らしたからね。

それに戦後世界の事情を考えたら日本は何れ、領土を失っただろう。
未だに帝国主義時代の領土を保持している国なんてないからな。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 10:29:22 ID:b9D9a53O0
スペインやイギリスなんて第二次大戦以前から
植民地が独立する傾向にあった。
遅かれ早かれ植民地を失っただろうね。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 11:44:04 ID:zm96k/6a0
>>26 世界で唯一、植民地帝国を維持しているのがチベット、ウイグル、内
モンゴル、満州を領有しているシナだな。さらに台湾併合を唱えている
時代錯誤な国家だ。



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 12:27:13 ID:nKFl2R9z0
>>28
イギリス、フランス、ポルトガルなどは未だに植民地を何ヶ所も有しているよ。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 12:34:47 ID:jaSPbN+5O
>>1
欧米からしてみれば、徳川幕府も明治政府も日本でしかない。どちらも同じ。
仮に、もし徳川幕府が維持されてたとしても、いずれ幕府は、欧米に屈し開国。欧米に対抗しうる軍隊を持とうと画策し、、結局は軍国主義になる。
あるいは、幕府がそれでもなお、時代遅れの国体を維持しようとしたならば、、日本は植民地化。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 15:36:33 ID:tjNcqdy80
>>21
ロシアは?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 15:44:31 ID:frmFpO8l0
結局海外の資本やら技術とかいれて開国したんだら
徳川の方針そのままぢゃん

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 16:00:19 ID:dG31NznHO
>>32
明治維新のコアは、中央集権と武士のリストラだよ。
特に後者は、幕府にはできまい。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 17:26:53 ID:JPw6YJ5n0
>>29
ポルトガルが持ってる植民地ってどこだ?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:22:05 ID:6vNt3H7U0
>>33 アメリカ内部も藩政(州政)みたいなものだからね

果たして中央政権構造がいいのかどうか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 19:59:14 ID:z3o83Nak0
欧米の植民地っていってる人がいるけど、日本の植民地化は結構難しいと思うけど。
明治維新時点の日本の陸軍戦力は結構侮れない。
全戦力を統一指揮できれば欧米が日本に投入できる戦力とどちらが上か分らんよ。
幕府も第二次長州征伐に敗北したあとに総銃兵化を決定してるので
順調に推移してれば数年のうちに5万程度の戦力を整えることも可能だった。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 20:22:17 ID:ZAhcynQm0
>>31
ロシアも同様。アヘン戦争のどさまぎで沿海州などを手に入れたものの
そこの開発もこれから。日本周辺で活動する拠点がまだ無い。
アメリカも中国分割にも加われない有り様だし。このころの米露は、
ペリーもレザノフもプチャーチンも大西洋から大回りして日本にやって
きていた。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:19:02 ID:qfKzzhi60
>>37
然し現実にロシアは東へ南への際限ない膨張政策によって日本も最終ターゲットに
してたのは周知の通り。軍備の近代化なんかしない侭だったら北海道なんかは訳なく
ロシアに併合されてただろうし、そんな事態になりゃイギリスなんかもいよいよ日本を
力づくでも保護領にしなきゃやばいって思っただろうからな…。況やそうなりゃ満州や
朝鮮なんかはとっくにロシアの一部になってた筈。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:44:32 ID:aK1f5Ez30
>>1が吠えれば吠えるほど、薩長がいかに革新的だったかが分かる。
元男爵家の俺が言うんだ、間違いない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 00:45:20 ID:2/cGRyFL0
>>36
無理w

>明治維新時点の日本の陸軍戦力は結構侮れない。
明治維新の時点では、まだ藩単位で天皇直轄(国家所属)の兵は藩からの借り物。
したがって朝廷の命令と共に藩からの命令を聞かなければならず、
まず君のいう「全戦力を統一指揮」ができない。
長州征伐の真の敗因はこれ。
武器の差とも言われるが、長州4000VS幕府軍15万の兵力さがあれば武器性能の差など微々たるものだ。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 00:45:53 ID:P3tQhy+n0
>>38
>軍備の近代化なんかしない侭
幕府であっても軍備の近代化はやっただろうさ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 02:18:10 ID:z6MjqBBA0
幕府が大胆なリストラを実施し、軍隊の近代化に成功し、自ら率先して大政奉還、
版籍奉還、廃藩置県を実施して、日本に維新を起こすことは理論的には可能だった
かもしれない。
しかし、仮にそれに成功しても、当時の世界情勢から言って、日清、日露の戦争は
起きるしかなかったと思うし、最終的には太平洋戦争も起こるしかなかったと思うぞ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 14:24:42 ID:whRRAyoa0
大奥を廃止して、藩を30万石程度ごとにまとめられればね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 20:49:09 ID:uWDZI1jV0
>>39
男爵かよ・・・・

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:36:49 ID:zKfEKs3X0
>幕府が大胆なリストラを実施し
 無理じゃね?。そうでなくったって給料減らしまくってるよ。
海舟の若い頃無役の御家人生活を見ればわかる。ジリ貧でも幕臣。

>大奥を廃止して
 無理でしょうw。
 水戸の烈公さんがそれをやろうとして失脚。息子で将軍になった慶喜は大奥に近づきもしないほどビビってたw。
大奥は一種の政治勢力で、幕府のトップである大老や老中も大奥取り込みに必死になってたぐらいだし。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:47:21 ID:U2VPJ1mf0
徳川政権ではだめだ。徳川家康でなければただのかざりの将軍なので
負ける。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:47:59 ID:8nS6r+Wo0
>>38
だけど実際に極東で南下し始めるまでに20年以上かかっている。

>軍備の近代化なんかしない侭だったら
幕府も近代化には着手している。はっきり言って海軍力は薩長より上だった。
島国日本の国防には海軍整備が急務。陸軍を後回しにしていたら、内戦を
優先して陸軍を整備していた薩長に優位に立たれてしまっただけ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:16:50 ID:hMTSUFnx0
>>45
まさに今のフェミ勢力がそれに当たるからな…

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:20:21 ID:hMTSUFnx0
>>47
然し当然戦艦なんてなかったんだからな…徳川幕府の侭で果たして戦艦建造に
着手出来たかどうか…。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:28:38 ID:AVyGTmDJO
>>48
現在のフェミだってさすがに国家財政の1/3はくすねない。
当時の大奥は、フェミ・在日・B・道路族等現在の日本に存在する
ありとあらゆる利権団体をひっくるめたものよりも
はるかに強烈なものであったであろうことは容易に想像できる。
こんなものは、幕府本体を壊す以外に解体不可能。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 20:08:05 ID:hMTSUFnx0
>>50
男女共同参画の予算に税収のほぼ1/4がつぎ込まれてる現実は御存知でないのか?
借金を除いた税収だけから見れば当時の大奥の予算比率とほぼ同じ。
然し…歴史は繰り返す、だろうな。幕末も破滅的借金によって幕府は遂には百年返済なんかを
言い出した時点で町民の信用を一気になくし崩壊へ向かって行ったんだからな…。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 22:31:38 ID:L2iIEEfC0
>>47
なんか勘違いしているなw
薩摩長州は対外戦争を行った事で、軍隊というものがどういうものか知った。
そして藩政軍政改革に着手している。
幕府が軍隊の整備に遅れていたのは、これが幕府内の権力闘争の具になっていたからだ。
小栗ら譜代老中閣僚はフランスの支持を取り付けて陸軍の強化に力を入れている。
一方、松平春嶽や勝海舟は海軍派で海軍の整備を急務とした。
春嶽が将軍後見職や大老などになっていた時期や幕府内で発言力があった頃は、
長崎海軍伝習所や勝が神戸海軍塾などを開いて海軍増強。ただし、彼らの政治勢力は一橋派といわれる
外様大名も幕政に参加させ、幕政を大名合議で行おうとしていた政治勢力。
長崎伝習所も神戸海軍塾も外様大名の家臣をも入学させている。
一方、小栗らは徳川幕府本体だけを強化し、外様大名はこれまで通り政治に参加させないという派閥。
彼らが政権を取った時、長崎海軍伝習所は廃止され神戸海軍塾も廃止に追い込んだ。
陸軍国であるフランスから教官を呼び寄せて幕府歩兵の充実を図っている。
つまり、幕府内部の政治勢力で軍備計画そのものが消えたり復活したりしているわけで、
不安定極まりない。これでは到底統一国家の持つ近代軍隊など作れない。
いや作れないとまでは言わないが、何年かかるか知れたものではない。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 22:40:35 ID:sxnvL7sk0
>>9
すげー!泣けたよ・・・。
吉田松陰の辞世の句を彷彿させるものだった・・・。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 22:52:06 ID:hMTSUFnx0
>>52
当然そんな状態の侭ぐずぐずしてたりしたら…その後の歴史は日本どころか
世界にとっても現在に至る迄根本から違ったものになってただろうな…。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 00:03:59 ID:XwPe9AOI0
>>49
そりゃそうだ。明治維新時にまだ戦艦と言う艦種はない。w
揚げ足取りはさておき、戦艦を作るだけの工業化が幕府に不可能だったと
言う根拠は何か? 薩長は当初攘夷を口実に幕府を叩いていたくせに
政権を取ったらあっさりと幕府の対外方針を引き継いでいる。

>>52
>薩摩長州は対外戦争を行った事で、軍隊というものがどういうものか知った。
幕府は対外戦争などせずとも彼我の力をわきまえて、海軍力の
整備に取り掛かったが? 
その海軍優先の外様参画派が潰れたのは、国難に乗じて倒幕を
目指す薩長のせいとも言えるのだが。
薩長にしろ小栗にしろ、内戦のために陸軍を整えようとしていた。

>不安定極まりない。
だから、その不安定を作り出していたのが、国難のドサマギに
倒幕と政権奪取を狙った薩長なのだが。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 00:11:52 ID:XwPe9AOI0
>>51
>幕末も破滅的借金によって幕府は遂には百年返済なんかを
>言い出した時点で町民の信用を一気になくし崩壊へ向かって行った
刀づくで強要して250年払いを実行した薩摩はそれで立ち直ってるが?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 00:27:37 ID:563Y1xoW0
>>55
わかっとらんなぁw
>幕府は対外戦争などせずとも彼我の力をわきまえて
 そうだよw。それなのに後発組の薩摩長州に負けたのは、
幕府内での権力争いで方針を一本化できなかったからだ。
トップが迷走していれば強い軍隊など作れないと言っている。

>外様参画派が潰れたのは、国難に乗じて倒幕を目指す薩長のせいとも言えるのだが。
 全然関係ないってのw。薩長がまだ中が悪く、薩英戦争も馬関戦争も行われていない時期に小栗らは台頭してるんだぞ。

>不安定を作り出していたのが、国難のドサマギに倒幕と政権奪取を狙った薩長なのだが。
 お前は一度年表見て頭の中整理しろw。ペリー来航以前から水戸藩で尊皇攘夷運動は起こってるよw。
不安要素は最初っからなのw。薩長が倒幕なんて考えを起こしたのは、第二次長州征伐以後だ。
幕府が長州一藩にボロ負けして、幕府がどうしようもないぐらいに弱体化している事を天下に示した後だよ。
まず不安定要素を取り除く事ができないほど弱い幕府という事実を認識しないさい。
政情が安定している時期の政権なんて、どんなに内情がボロボロでも政権は揺らがないだろ。
不安定になった時に、それを自力でストップできない様な弱い政権じゃ強い軍隊なんて作れるわけねーだろw。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 02:25:07 ID:FXDlC3or0
世界で一番ブランド物に金使う日本人=大奥

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 03:12:33 ID:GsgpkX98O
東郷克顕

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 07:34:58 ID:V9a2Qd0P0
幕府海軍が日本最強ねぇ
海軍あったのは幕府だけだからあたりまえだねぇ

で?
第二次長州征伐で下関海峡を三回も渡って小倉城を落とした長州。
その最強の幕府海軍は何をしてたの?w
海軍を持たない長州の小船すら制することができない海軍っていったい何なのでしょうw

内戦のために陸軍を作った幕府ねぇ

で、
刀しかもっていない烏合の衆筑波挙兵の天狗党にボロ負けした洋銃装備の幕府歩兵ってw?

よわよわじゃんwww

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 13:03:46 ID:gYLDwf60O
英国に負けた長州
長州に負けた幕府
国が滅ぶと右往左往した幕府家老

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 14:01:32 ID:V9a2Qd0P0
無闇に京都へ進撃し鳥羽伏見でまけ、
自業自得で滅んだ会津

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 14:21:18 ID:gYLDwf60O
奥羽越連藩同盟
大東亜共協和圏

京都で惨敗
ガダルカナルで惨敗

百虎隊
学徒出陣

飯盛山で自刃
洞窟で手榴弾で爆死

鶴ヶ城砲撃
本土空腹

徹底的に抗戦する姿はどちらも変わらない

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 14:22:30 ID:gYLDwf60O
奥羽越列藩同盟の謝り

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 14:27:21 ID:MwQ3BROlO
>>63
右が左を真似たんだから似てて当然だわな。
長州と組んで幕府と奥羽勢を潰した薩摩が、数十年の時を経て
今度は逆に東北勢に付いて長州閥を駆逐した結果が、
昭和初期の軍閥政治なのだから。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 15:11:26 ID:V9a2Qd0P0
さりげなくすべての罪を薩摩に擦り付ける東北人
昭和軍閥の中心人物の多くが東北出身者なのにね

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 19:53:00 ID:xBG0E+J40
>>66
なんかお前必死だなwww

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 20:42:28 ID:9I5nLegM0
朝衆人はいつも必死

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 23:29:07 ID:V9a2Qd0P0
と、必死に自作自演する会津人

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 23:34:30 ID:xUW4REvG0
お前本当に必死だな・・・・
しかも自演じゃないし・・・( ´,_ゝ`)プッ


71 :67、70:2006/11/04(土) 23:37:20 ID:xUW4REvG0
・・・・・(´Д`lli)
ID変わってる・・・
これじゃ自演にされちまうよ・・・orz

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 11:03:24 ID:oiULgTs80
はいはい、言い訳はいいから帰れ会津人

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 12:26:17 ID:qH6FmI4R0
植民地の統治形態
(ア)本国は外交権や駐軍権のみを獲得し内政は先住民統治に任せ原則干渉しない
(イ)現地の王や族長を通じて支配する間接統治
(ウ)本国から総督や民政長官、軍政長官などを派遣して支配する直接統治
一般的に統治が続けば(ア)→(イ)→(ウ)と変換していく

往々にして征服植民地を植民地とする考え一般的な俗説ですが、
不平等条約等で縛る条約植民地という定義もある
(通商貿易を行う為の不平等通商条約など東インド会社等が例)

徳川幕府は外交権や駐軍権を取られていないだけで、
対馬のロシア撃退を英国に依頼する等、
既に幕府には対外的に主権を行使する力すら持ち合わせてなかった。

また当時の帝国主義国家の植民地支配の定義は
植民者が被植民者より優れており、
植民地支配はその近代化に必須の経済基盤・政治基盤を発展させることに繋がるので、
被植民者にとって利益になるのだという考え方である。

まあ幕府ではいずれ(ア)が関の山で
太平洋戦争時点では、日本は絹生産の一大プランテーション植民地
を形成されたかもしれない。

プランテーションの定義
プランター(支配・経営層)が指定した単一作物の生産を
安価な労働力を使って大量に生産する大規模農園
(この大規模農園では他の作物の生産は許されない)

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 14:01:41 ID:gyXknlCj0
>>72
結局コイツは>>68を自演だと思い込んで
しかも俺を会津人だと思い込んだままなんだよな・・・

>>67のレスだけでここまで妄想出来るなんて・・・
























病院行った方が良いんじゃない?www

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 14:44:14 ID:OlpJIV1I0
はいはい。言い訳はいいから精神病院に行ってきてね会津人w

76 ::日本@名無史さん :2006/11/05(日) 14:47:59 ID:B1gF1RBJ0
>>75
幕府方だった連中で薩長好きな奴いると思うw?
近畿や関東でもあんまりいないよw

77 ::日本@名無史さん :2006/11/05(日) 14:57:16 ID:B1gF1RBJ0
毛利って悪いイメージ強いのよ。忠義の大谷ぬっ殺した小早川とか、総大将であり
ながら寝返った天下の裏切り者ってイメージ。正直薩摩のが全然いいわい。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:01:06 ID:OlpJIV1I0
はいはい。会津人の寝言はいつも同じだねw
気がすんだならとっとと帰って精神病院で診察受けてきな

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:03:02 ID:gyXknlCj0
>>75
・・・・いや・・・
>>60
>>62
>>66
の後の>>67だぞ?

そこまで変な事も言ってないだろ・・・?
お前は俺が会津人だから>>67見たいな事言ったと本気で思ってるのか・・・?

軽い気持ちで突っ込んだらいきなり会津人・・・
俺じゃなくても誰かは突っ込んだだろ・・・

このスレでお前に何か言ったら誰でも会津人にされちまうな・・・






















・・・・ちょっと引いてマジレスしてしまった

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:04:58 ID:OlpJIV1I0
気がすんだならとっとと帰って精神病院で診察受けてきな会津人w

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:04:58 ID:gyXknlCj0
>>78
!!!
これで>>68が自演じゃない事が証明されたな!!

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:05:29 ID:OlpJIV1I0
気がすんだならとっとと帰って精神病院で診察受けてきな

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:06:52 ID:OlpJIV1I0
ちなみに「自作自演」と漏れが言ったのは「釣り」だよw
そんなに必死にならなくてもよかったのにwww

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:07:24 ID:gyXknlCj0
>>82
・・・・お前・・・
少なくともこのスレで3人は会津人認定してるんだぞ・・・
病院行くのはお前の方だろ・・・・('д` ;)

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:08:37 ID:OlpJIV1I0
はいはい。気がすんだら精神病院に行ってな会津人www

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:09:43 ID:gyXknlCj0
>>83
( ゚д゚)ポカーン
は・・・?何その言い訳・・・?
そんな釣りがある訳ないだろ・・・

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:10:17 ID:OlpJIV1I0
はいはい。よかったね会津人www


88 ::日本@名無史さん :2006/11/05(日) 15:12:26 ID:B1gF1RBJ0
>>85

おまえ、朝までテレビに出てくる濃ゆい中国人みたいだな。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:14:30 ID:gyXknlCj0

     こ の ス レ で ID:OlpJIV1I0 を 馬 鹿 に す る と

       会 津 人 認 定 さ れ て し ま い ま す 。

         み な さ ん 気 を つ け ま し ょ う 。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:15:01 ID:PuCVLBRl0
74-88
同レベルの厨房ばっかり....

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:16:36 ID:gyXknlCj0
>>90
お前も俺の立場になったら分かる・・・
俺としてはお前が一番厨房臭いが・・・

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 15:17:44 ID:ys4THUh50
         ___
      ,,,ell'll,,  l ゙゚̄lト .,l゙゙゙┷y
   ,ww゙li、  ゙゙wxタ  .lwil″ .,ll゙wwx,            _,,,         ,y,,,,,,,
   l                     』     'l━'''''゙"゙゚゚゙"~゙゙゙q     .l  ,l′
   ゙゚゚゚゚゚゚,,,,llll゙゙′.,,,、 .,,,、 '゙゙lllll,,,"゚゚゚゚"     .廴  _,,,,,,  .,,l!     .l  l  
  ,w*lll'゙゙"   illlll゙,,l  ll,゙lllli、  ゙゚゙゙'┷ra    .'゙゚'゙゚゚ ̄^.,l゙  .,,l゜     l  l
  'ly ._,,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,  .,,,,,,,,,,,,,  ,i,,,,,_ ,l゜           ,l゙  ,l°     .』  .l         ,,,
  '゙゙゙" 』  .'゙''''''''''° ゙''''''''''″ l `゚゙°       ,l゙  ,l°      l  』     .,l゙゙゙%,,
     .l  illlllllllllz  .illlllllllllョ  .』          ,,l゙`  .ll,,       .l  』     ,ll° .,l″
     .l,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,』         ,,ll° 、 .゙゙l,,      .l  l    .,,l゙゜ .,,l゙
    l━━'''┛  ━''┛  ━━━ョ         ,,l゙′ ,,l゙゙lq  .゙゙l,,     l  』  ,,ll゙゜ .,,ll°
  ,,,,,,,lgggggg,a  .iggg,a  .igggggggl,,,,,,    ,,ll゙゜ .,,l゙゜ .゙lq  .゙゙l,,    l  l|,,illl゙'  ,,,l゙'
  』                      l  .,,lヤ  .,,l゙'   .'゙l,,  ゙ll,   』  .″  ,,,ll゙°
  '゙,,,,,,,,,湖lllサ .'l,'''''''''''',ll" ゙l砲ll,,,,,,,,,,'″ .゙l,, ,,lヤ      .゙lq .,,lケ  .'゙l,,、 .,,,,illl゙°
  .゙l″   ._,,,,w*″  ゙゙'lle,,,_   `゙ll    ゙゙ll゙゜        '゙ll゙`    .゙゙l゙゙″
   .lw*━'゙゙″        ゙゙゙゙'━*rl″


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 21:23:41 ID:3rSfYQVO0
>>56
だからそれは藩によるデフォルト、詰まり徳政令だろうが。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 21:51:58 ID:3WHapyJN0
また会津か

95 ::2006/11/06(月) 22:52:10 ID:rZUW6bfK0
会津がまた調子にのって来たwww

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 00:19:06 ID:X1iVcCBz0
会津人の煽り方の上手さといったら・・・
本当に底意地が悪いんだろうな
これほど根性の曲がった会津人が多いのだから、会津武士も根性が曲がっていたんだろうな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 00:41:16 ID:AV5wf2HE0
はいはいチョソの分断工作

地理板で相手にされなくなって来たから、こんなところに来た

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:07:52 ID:yU3lkNJd0
無知なのかなんなのか。。。
徳川政権が、ハワイに求められた軍事支援を断ったときに全ては決まったんだよ。
案の定、ハワイの次は日本だったじゃないか。ハワイという拠点を得た米国は、すぐにアジア進出をしてきた。徳川政権が続行するためにはペリーは来てはいけなかったし、その為にはハワイを支援していなければいけなかった。
しかし、徳川政権は、自らの意志でハワイの支援を断ったじゃないか。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:30:01 ID:0Hb6Nhmd0
折れは日本人よりアメリカ人のほうが良かったなあ
日本語は世界で通用しないから


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 08:54:03 ID:7zOw3lAv0
100get.

米国ですが、
第2次大戦 勝利
朝鮮戦争 引き分け(まあ負け)
キューバ危機 負け
ベトナム戦争 負け
アフリカテロ 負け
湾岸戦争1 勝ち
米国テロ 負け
湾岸戦争2 勝ち?

欧米型の対戦では勝利も、アジア・アフリカ&テロでは
負け続けている皮肉な結果ですね。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 02:22:21 ID:oCLAb+z1O
>>1
東南アジアやアフリカとガン首並べて搾取対象になってるだろうから、
たしかに世界大戦を起こすことはなかっただろうな。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 02:34:42 ID:cFE3AtBN0
日清日露の政戦略を後世に伝えなかったのが問題
明治の人たちは偉かったというのは半分間違い

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 12:27:08 ID:JHdd8/jb0
日本海海戦であまりに鮮やかに勝ちすぎたせいで艦隊決戦主義に

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 12:49:10 ID:oCLAb+z1O
実際は日本海会戦だって冴えない鈍くさい戦闘だったのに、
ユダヤがロマノフを東洋のイロモノに負けたヘタレと貶めるために
メディア総動員で持ち上げたのが日本人の勘違いの原因。

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)