5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【週刊新潮】基地外右翼 高山正之【変見自在】

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 08:38:56 ID:imHueK8Q0
諸君!2003年8月号の特集「日本の核武装是か非か」に載ってた高山の文章(P65-67)。
高山の悪い部分が全部にじみ出てる感じ。

千載一隅の好機なり

『マトリックス』という映画がある。今その続編『リローデッド』が封切られ、結構ヒットしている。
人類は邪悪なコンピュータのバッテリーとしてカプセルに閉じ込められ仮想現実の世界を生きている……。

そんなコンセプトだが、その邪悪なコンピュータの「言語」は人類(白人)が使うウィンドウズではなく、
異様な縦書きになっている。おまけによく目を凝らすとあれま、裏返しだけど間違いなく片仮名なのだ。
人類の敵は日本人ということになる。

それは深読みだという人もいる。それなら『猿の惑星』はどうだろう。シナリオはピエール・ブールが書いた。
彼は大戦中、日本軍の捕虜になり黄色い猿どもに酷使された。

日本人にはぴんとこないその屈辱を晴らしたくて彼が書いたのが『戦場にかける橋』だった。
そこに描かれた日本人は橋一本設計できない愚かで野蛮な猿だった。

日本人の名誉のために言えばあれは嘘だ。日本軍の鉄道部隊が設計しチーク材を使って建設した。
その一部は今だって立派に機能している。

この「黄色い猿・日本人が世界を征服し白人を奴隷にする」というモチーフで次に書いたのが『猿の惑星』だ。
あの作品でチンパンジー・日本人に付き従う茶色い猿人がアジア人で、ゴリラは黒人のつもりだった。

白人だったら誰でもわかる寓意だから日本人もわかるだろう。
「日本では上映禁止になるのではと当時、ずいぶん心配された」とある映画関係者が話していた。

ハリウッド映画はヒットさせるために実によく計算されている。日本が現実世界で脅威となりうる
ポテンシャルをもってなければ、日本を悪役にしたってミスキャストでしかない。ヒットなど望めない。

しかし『戦場にかける橋』も『猿の惑星』も『マトリックス』もヒットした。なぜなら日本は彼らにとって
この一世紀の間、ずっと脅威であり続けたからだ。

資源もない小さな有色人国家が「バスコ・ダ・ガマ以来五百年続いた白人の世界支配を
ひっくり返した(クリストファー・ソーン)」し、「米国を除いてロシアも英国もオランダも負けて
植民地を失い、その悔しさと畏れは未だに抜け切っていない(ジャン・ピエール・レーマン)」のだ。

前置きが長くなったが、そういうわけで唯一国、日本に勝った米国が白人国家を代表して
日本を封印した。フランクリン・ルーズベルトの言う「四つの島に閉じ込め、そして滅ぼせ」を実行した。

世界各国から日本人をすべて引き揚げさせ、農業国家に引き戻したのもそのためだ。
同じ趣旨で戦争も軍隊も放棄させる憲法を押し付けた。


96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)