5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【偉大】偉大なる東條英機【愛国】

1 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/21(月) 21:02:47 ID:QaLuW3W2O
彼は偉大である。
讃えなくてはならないのだ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 21:13:52 ID:aAi7kIJrO
理由を述べろ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 21:15:09 ID:7O5cFtXt0
初2げと

4 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/21(月) 21:24:42 ID:QaLuW3W2O
>>2
うるせえな、偉大ったら偉大なんだよ

5 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/21(月) 23:02:34 ID:QaLuW3W2O
東條英機万歳

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 11:35:25 ID:94AFfLsBO
希代の愚将

非人
狭量
卑劣漢


最後だけは立派だが再三説得されての事だからなあ


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 11:58:00 ID:LYWZGxCu0
まあまずい事したけど絞首刑にされるのはおかしい

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 12:18:44 ID:Dv+T+s2b0
        _._._._              __
        | | | | |.             |.||
       ) .  vヽ.          丿 ソ
        ヽ   ノ__.       _/___/
       ノ____ノ∵∴∵ヽ     /:∴/
      /∴∵/:(・)∴.(・)ヽ   /∵:/
      /∵∴/∵/ ○\:l  ./:∴/
     /∴/:/:./三 | 三|:| /∵:/   
     /∵/:/∴| __|__ |:| /:∴/
    /∴/:/ヽ.:|  === .|ノ:∵:/
    /∵/:く∴:ヽ\__/∵∴/
           ━(〒)━
東條の写真みてチンチンしゅっしゅっしゅ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 12:46:14 ID:/dB9Fdt2O
武蔵国もあいかわらずだな

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 15:42:05 ID:Hp6fQdWVO
東條閣下は偉大である。


11 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/22(火) 16:19:18 ID:Hp6fQdWVO
名前付け忘れてた

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:01:24 ID:GvTMtIyv0
東條英機が偉大である理由↓
ttp://homepage.mac.com/bunmei/log/parts/2006/image008.jpg

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:02:14 ID:px4Kpcbc0
日本史上稀有のチキン野郎

14 :東條英機:2006/08/22(火) 19:22:44 ID:EwCOSp/IO
戦争全責任ノ前ニ立ツコト殊ニ聖上陛下ニ責任ノ帰セルコトニ就イテハ全能ヲ儘シ又他ノ閣僚其他ノ者ノ責任ヲ極力軽減スルコトニ努力スルコト。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:25:16 ID:B5PIFcGx0
由布子刀自の治作?

16 :東條英機:2006/08/22(火) 19:28:43 ID:EwCOSp/IO
裁判ヲ通シ東亜国民ニ対スル欧米人ノ専横、東亜国民ノ窮状帝国ノ之ニ対スル義心ヲ世界ニ明ニスル好機ナルコトヲ忘ルルナ

17 :東條英機:2006/08/22(火) 19:40:26 ID:EwCOSp/IO
死生ヲ超越シ事ニ当ルコト、平素ノ言行斯キ始メテ世人ニ信ヲ受ク、死ハ生ノ完成タルコトヲ忘ルルナ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 22:50:23 ID:px4Kpcbc0
戦争の責任を意識していたなら進駐軍が日本に来る前に自決していたはず。
戦犯指名は確実だったのにおめおめと生き延びてMPが逮捕に来て慌てて自決を図るなどただ単に逮捕されるのが嫌で衝動的に図っただけ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 23:00:02 ID:zhOv6FUc0
平和憲法9条改正には軍靴の匂いがします!!

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1156254363/l50

20 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/22(火) 23:30:34 ID:Hp6fQdWVO
アンチがいかに喚こうと、東條英機が偉大である事実は揺るぐ事は無い。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 23:55:14 ID:px4Kpcbc0
武蔵国サンの愛車って罪人號?

22 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/23(水) 01:43:11 ID:Uox9LKg+O
東條英機は偉大

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 01:47:00 ID:u3ENllX7O
、「生きて虜囚の辱めを受けず死して罪過の汚名を残すこと勿れ」という戦陣訓を作り多くの兵隊や民間人を自決に追いやり死なせ、ておきながらその張本人である東條自身は虜囚の辱めを受けて処刑されている、こんな男のどこをどう見て偉大と言えるのか理解できない

24 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/23(水) 02:12:58 ID:Uox9LKg+O
>>23
「生きて虜囚の辱め〜」の部分を、
仮に東條閣下が書き込んだ物としても、大部分の作成に東條閣下は関わってないので問題は無い。

まして、「戦陣訓」は現場の人間には不評だった
(祖父に確認済み)ため、それが根本的原因で戦地の人間が自決したとするのは早計で、浅はかな考え方である。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 02:24:03 ID:L+CeSz0P0
戦陣訓なんだが、敵前逃亡を戒めるものだったんじゃないでしょうか。
「恥を知る者は強し。常に郷党家門の面目を思ひ、愈々奮励して其の期待に答ふべし。
『生きて虜囚の辱を受けず』、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ。」

あと戦陣訓はこういった一文もあります。

「敵産、敵資の保護に留意するを要す。徴発、押収、物資の燼滅等は
規定に従ひ、必ず指揮官の命に依るべし。」
「皇軍の本義に鑑み、仁恕の心能く無辜の住民を愛護すべし。」

これらの戦陣訓が守られていたのかは不明ですが


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 02:35:20 ID:u3ENllX7O
日本を敗戦に追いやった責任はあると思うのですが、本人自身も責任は認めている

27 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/23(水) 03:07:44 ID:Uox9LKg+O
>>25
なるほど、参考になった。

>>26
開戦時の首相だからある程度の責任は避けられないが、だからと言って絞首刑はやりすぎである。
殺される理由は無い。

また、
東條閣下を悪というならば

ルーズベルト
トルーマン
スターリン

は人外鬼畜である。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 03:29:57 ID:tC6g4H8b0
確かに死刑はいかん。まして自殺などもってのほか。
JR西の社長みたいに、戦争で死んだ家族のいる家を
1件、1件、訪問して回らせるのが正解。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 03:49:55 ID:BmeglZK50
753 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2006/08/22(火) 15:51:24 ID:f+3d/e1Z
1.東條は人気政治家中野正剛が朝日に書いた「戦時宰相論」を自分に対するあてつけだと怒り、中野を検事局ついで憲兵隊に取り調べさせ、釈放直後に憲兵の監視下で自決させた。陸軍に入隊していた子息の「安全」と引き替えに自決を迫ったのだ

2.中野正剛の反東條運動を調べた検事局は容疑不十分で釈放した。
その報復として四十三歳の中村登音夫担当検事に召集令状が届く。
3.反東條運動に加わったという理由で、逓信省工務局長松前重義(東海大創立者)は43歳で二等兵で召集され爆薬船に乗せられ南方に送られた。
松前は奇跡的に生還したが、松前を目立たせぬためにお相伴の召集を食った同年輩の老年兵数百人は船もろとも海没してしまった。

4.陸軍省戦備課の塚本清彦少佐は当直将校の時、東條夫人から私用の車をようきゅうされ
断わったのが伏線となりサイパンに送られ戦死した。

5.毎日新聞海軍省詰だった新名記者が、海軍の意を受けて「竹槍では勝てぬ。いまこそ海洋航空機を」と書いた記事が東條を刺激し陸軍へ一兵卒で召集された。

6.早期終戦を説いた谷田少将は憲兵に調査されたあと、最前線ラバウルに転任させられた。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 04:01:31 ID:78BQ4SeQ0
先陣訓でも唱えてろ!

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 07:05:00 ID:SJgjKs6e0
戦陣訓は長期戦で士気が乱れた兵士たちに渇をいれるために制定されたもの
東條が陸軍大臣の時に示達されたんだから、例え前任者がほぼ決めていたにしても東條に責任があるに決まっているだろ
お前さん、役所で不祥事が起きた時大臣や役人が「これは全員社が決めたことなので知らない」なんて開き直ったら「そのとおり」で済むか?

32 :税理士東野:2006/08/23(水) 07:43:38 ID:k1NLELW60
史上最低の書物「ゴーセンの戦争論」見ているようだ。
くだらねえやつら。
お前達のようなやつらを右翼とよぶ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 11:10:23 ID:pQBM96jdO
戦陣訓は、捕虜となって情報を漏洩するのを防ぐ目的もあったんじゃないの。
規律が乱れてたのが作成の主な理由か。
戦陣訓批判は、東條を叩きたい思いが先にありき、っちゅう感じがするね。
軍人勅諭批判なんてあまりないもんな。批判しても靖国A級問題には、あまり関係ないからかな。

34 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/23(水) 14:38:50 ID:Uox9LKg+O
>>32
甘いな。
俺はゴー宣は一冊しか読んでない。
ごちゃごちゃした印象があったからな。

まあ、今は認識も大分変わった。

んで「右翼」でどーぞ。
現状の日本では、「愛国心=右翼」
「戦前否定=進歩的文化人」
だから。

35 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/23(水) 15:00:52 ID:Uox9LKg+O
おっと、コピペ野郎に引っかかってしまったなw

36 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/23(水) 21:17:38 ID:Uox9LKg+O
東條英機万歳

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:35:01 ID:Q2lDiLIW0
>>33
逆に捕虜になって、どんどん情報を漏洩しましたが何か?
きちんと、「捕虜になっても秘密をしゃべる必要はない」って教育していたほうが、秘密漏洩は
少なかったに違いない。アメリカ攻撃以前に、防衛体制が丸わかりで、ピンポイントで攻撃し
簡単に攻略できた例は沢山ある。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:53:21 ID:hH7touJr0
戦陣訓は乱れた風紀と増えすぎた新兵の引き締めのためだよ
結局、たいした効果なかったみたいだけどね
戦陣訓もちあげすぎだろw捕虜になるかならないかが戦陣訓で決った
とか思い込んでる馬鹿が多すぎるね

39 :33:2006/08/23(水) 22:44:01 ID:pQBM96jdO
>>33
の訂正。
戦陣訓作成の理由は規律の乱れが主な原因だろうが、捕虜の情報漏洩を防ぐ目的もあったんじゃないの?
と言いたかったのであった。分かりにくい書き方だったので訂正。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 23:06:01 ID:E3j5QydH0
>>37
敵国に協力する捕虜なんて、どちらの側でもいるものさ。

アメリカの捕虜で日本に協力したやつもいる。
イギリスの捕虜で日本に協力した連中はものすごく大勢いる。

戦陣訓のひとつやふたつで、阻止できるわけもなし。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 23:08:48 ID:E3j5QydH0
>>29
コピペがだんだんと改悪されている気がしてきたな。
もとは、もっとまともだった。
知識のないやつが書き換えているうちに、どんどんゆがんだ記述になっている。

もっとも、元ネタでも過去の東條スレでさんざんいわれたように、
問題がありすぎなんだけどねえ。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:27:48 ID:cIBGv7u00
東條英機は偉大な軍人であり忠実なる天皇の配下であったと思うが、いかんせん、首相になった
時期が悪かった。

東南アジア諸国諸国を白人支配から解放して独立国家たらしめたのは彼の功績が大。
嘘をつかず、忠実に大東亜共栄圏の理想を実現していったところが憎い。嘘つきの白人共とは
大違い。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 03:43:42 ID:i6l5mWbn0
日本が敗色濃厚になり追いつめられてから慌てて(渋々)独立承諾したのが実態


44 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/24(木) 14:33:49 ID:iV0rbMGkO
大東亜共栄圏を樹立するのだ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 14:49:59 ID:Ss6Pic6L0
何処が?

戦略無き戦争を始めて亡国に導いたくせに、何処が偉いんだよ。
このように言うと米国に追い詰められて仕方なく戦争をしたから、
東條は可愛そうな人とでも言いたいんだろう。
米国に追い詰められて戦争を始めていたとしても、
マトモな戦い位はできるもの。
ムチャクチャかついい加減な戦争指導で善戦すらできないのであれば、
東條は擁護すべき存在でもない。
無様な戦しかできないのであれば、批判を受けても仕方ないし
責任を取らされても仕方ない。
仕方なく戦争をしても、善戦位はできる。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 15:37:47 ID:aBFGonK2O
初期は善戦した

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 15:43:33 ID:QaerOu2S0
>戦略無き戦争を始めて亡国に導いたくせに、何処が偉いんだよ

近衛内閣に言えやハゲw

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 16:00:02 ID:6rcUBeuHO
>>45
当時の組織のぐだぐだっぷりを知っていてのお言葉か?
内閣、陸、海、意思の疎通がまったく出来ていない。
東條がなぜ独裁的とも言われる権力集中をしたのか?批判でのみ物事をとらえるな。

49 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/24(木) 16:10:49 ID:iV0rbMGkO

>戦略無き戦争を始めて亡国に導いたくせに、何処が偉いんだよ。
開戦決定したのは東條内閣だが、対米開戦に至るにはそれまでの歴史の積み重ねがある。
それに戦略無きと言うが、
当初は電撃戦で一気に優位に立ち、米国民の戦意を削ぎ落とした上で
なるべく有利な条件で講和する、というのがあったと思うが。(成否は突っ込むな)

>このように言うと米国に追い詰められて仕方なく戦争をしたから、
東條は可愛そうな人とでも言いたいんだろう。
ふざけるな馬鹿が。俺がいつ「かわいそう」等と発言したか?
東條英機は偉大なのだ。

>米国に追い詰められて戦争を始めていたとしても、
マトモな戦い位はできるもの。
慨出だが、開戦当初は善戦していた。
戦局が悪化したのは資源の欠乏や
無線の傍受によって作戦が敵に筒抜けになったりした事に加え諸々。

>ムチャクチャかついい加減な戦争指導で善戦すらできないのであれば、
東條は擁護すべき存在でもない。
では、「いい加減」な「戦争指導」とはなんだね?

>無様な戦しかできないのであれば、批判を受けても仕方ないし
責任を取らされても仕方ない。
仕方なく戦争をしても、善戦位はできる。
大東亜戦争が無様な戦いかね?
君の目は節穴より小さいな。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 16:25:23 ID:aBFGonK2O
初期は善戦したが・・・・緒戦の戦果に酔ってしまい、自存自衛での戦いなのに東亜解放の盟主気取りが戦略を間違った。 帝国が優位の内に講和に持って行くというのが初期の戦略であった。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 16:47:36 ID:6rcUBeuHO
そもそも軍人を宰相にするからいかんのだ。
皇族は責任を取りたくないし、責任回避策としては見事だ。
東條ほど上からの命令に従順なヤツも珍しい。東條って馬鹿だな。
あ、睨むなよ、武蔵国。

52 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/24(木) 17:03:15 ID:iV0rbMGkO
>>51
特に恨む要素はないな。

東條閣下は軍人である。
近代国家軍人が上からの命令に逆らうようでは、戦国時代に逆戻りだ。
(例が無いとは言えないが)


まあ、>>51の脳味噌は東條閣下には遠く及ばないだろうがな。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:36:18 ID:GykO77oE0
何で武蔵国は「睨む」と「恨む」の区別すら出来ないんだ?なぜか辻ーん
と大川周明の区別も出来なかったし・・・。
あんまり不勉強だとあの世の東條閣下が嘆くぞ




54 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/24(木) 17:39:16 ID:iV0rbMGkO
>>53
Σ('A`)
読み違えてたw

とりあえず
辻ーんと大川の区別はつくようになったのだよ


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:46:04 ID:6rcUBeuHO
武蔵国はやたら真面目っぽいところが、東條ヲタクに相応しい。

56 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/25(金) 01:50:09 ID:xtMvQYYkO
今日も東條閣下は偉大だ

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 02:24:48 ID:Z0nbRf5G0
東條内閣が総辞職した日の阿南惟幾の日記
 「東條大将は、今日一朝失脚するや天下の怒声罵倒に会う。同情禁じ能わざれど、この非常時突破
 の間、常に野心的行動を疑われ、純真至誠の見るべきものなく、驕慢にして人事を私しせるは世人
 の不満を来し、悲惨なる結末を以て終幕せり」

  (吉松安弘『東條英機 暗殺の夏』(新潮文庫)所載)


「昨日、東條は米兵に抑留せられんとして、拳銃自殺を図り未遂、そのまま米司令部へ連行さる。傷
つきたる後の談話といひ、今日に至りたる態度といひ、人間の出来損なひなること明瞭なり」

 (細川護貞『細川日記』(中公文庫)昭和二十年九月十二日)

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 16:05:42 ID:tODs1wGyO
29はほぼ事実だが…

まあ東條は最悪の愚将なのには間違い無い



59 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/25(金) 16:40:49 ID:xtMvQYYkO
東條閣下は偉大であり、名将だ。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 17:34:07 ID:h7oVJbBe0
>>58

釣りでしょうが、その「ほぼ」というところが問題でしょうに。
反東條論もいいけれど、情報操作ではなく、堅実な典拠に基づいた議論が必要かと。

1/中野事件 自決の原因は云々は大谷さんの推測。根拠なし。
  これについては、反東條派の中野の友人もよくわからないとしている
2/この事件はよく知らないですね。
3/松前事件 松前さんの招集は東条内閣崩壊と同時。
  彼の南方出征は反東條派(松前さんの仲間のはず)が政府・陸軍の権力を握ったあとのこと。
  だから、東條派の陰謀とすると説明がつかない。
4/塚本事件 東條夫人云々は典拠不明。
5/新名事件 新名記者がしたのは天皇大権への反逆なので、
  気楽な兵営生活(新名氏自身が書いている)ですんだのは軽いほうかと。
6/谷田事件 この事件もよく知らないですね。本を買ってみるかな。

61 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/26(土) 14:43:49 ID:tWWYAi8iO
今日の昼下がりも東條閣下は偉大だ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 19:59:07 ID:t3R6/TZi0
>>1
俺は、こんなネタスレにもマジレスするほど、東條に肩入れしている方だが、
その俺から見ても、このスレは痛すぎる。もっと工夫せよ。


63 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/26(土) 22:53:50 ID:tWWYAi8iO
>>62
厨房な俺に、
工夫とやらの伝授キボンヌ

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:22:38 ID:ZjVymoom0
>>63
自宅の便所で首くくれ

65 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/26(土) 23:52:35 ID:tWWYAi8iO
だ が 断 る

66 :62:2006/08/27(日) 00:12:21 ID:/PUgD64O0
>>63
とりあえず、「東條英機宣誓供述書」を読め。

67 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/27(日) 01:47:54 ID:LmNFhOoPO
>>66
大分前に買って読んだのだが…

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 02:07:41 ID:A9It51UoO
だろうな

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 11:36:32 ID:ulwirgRs0
やはりサイパンだのなんだのが失落した時点で無条件降伏しないと。挽回不可能なんだから。
東條英機の「罪」はそこにあるだろう。石原の忠告もあったのに。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 15:48:18 ID:BTece7NT0
>>23
今の日本人でさえ、人に迷惑をかけたり
不祥事を起こすと自殺する人が多いです。
日本に長年住んでいるフランス人記者が
日本で納得できないのは、不祥事が起きると
自殺によって責任を取る人が多いことだと言っていました。
戦陣訓がなくても日本軍人は自決という道を
自然に選んだと思います。
そういう考えが日本人には染み付いているんです。
ましてや軍人なら尚更だと思います。

8月15日の終戦後に自決した日本人は
少なくとも599人もいるそうです。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 16:12:45 ID:iFYDaUf70
いや、武家以外で死んで責任を取るという風習はなかったんだけどね。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 16:45:46 ID:W+cZdOGe0
>>69
そういう東條を失脚させた連中はサイパンに特攻しようとしていたんだが。
東條を辞めさせて何かいいことあったのか?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 16:46:26 ID:A+FPj5sA0
>>71
大戦を通して一般市民にも武家社会の風習が浸透したと?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:35:57 ID:eBQS6TW30
>>70
東條はそれができなかった訳だが

>>72
東條は重臣として相変わらず御前会議では根拠のない強硬論を吐き、陸軍全体を押さえる和平派重鎮が存在しなかったのでアボ〜ン

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:46:46 ID:e4tGML8i0
1936年12月西安事件

対日戦争共同謀議
日華軍事協定違反行為計画
満州国侵略
日本人居留民排斥の人道に対する罪

1937年
第二次上海事件 平和に対する罪

1937年
日本は自衛のための反撃
蒋介石は無謀な勝算無き泥沼の戦いを指揮
日本の14回にわたる和平勧告を拒否し、戦線拡大!
中国は人民を戦争に巻き込む愚かな戦争をして滅びた。
日本は中国を、ファシストから解放して差し上げた。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 23:24:03 ID:A9It51UoO
東條の強硬姿勢は海軍の意向がネック

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 00:20:22 ID:UZNgMWGH0
>>74
東條が重臣として強硬論を吐いた御前会議というのはどれだ?
そもそも重臣なんぞが御前会議に出席することがあるのか?

そういえば重臣会議で、和平論を正式に検討するようにはじめて提議したのは東條だったな。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 03:38:27 ID:ag7uGh9+0
当時の日本政府で、サイパンが陥落したから無条件降伏しましょうなんて誰も言ってないだろ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 07:48:52 ID:eydIA6Di0
陸軍では根拠が無くても強硬論を唱えないと無能のレッテルを貼られて予備役に回されるからな
陸軍では 強硬派=有能 身長派=無能 ということだから。
東條も陸相時代から全く根拠がない強硬論ばかり唱えていたからな

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 10:17:08 ID:UZNgMWGH0
>>78
小磯内閣崩壊後の首班指名の重臣会議で、
なぜか東條だけが和平論を採るかどうか検討しようと主張して、
同席者を当惑させている。
岡田も近衛も賛成しなかったわけだが。

>>79
そもそも東條とその一派より慎重論なやつなんて、日本にほとんどいない。
戦争直前に上層部で東條より慎重だったのは、東郷、賀屋、陛下くらいのものだ。
海軍なんて、神・石川に引きずられて大半が超強硬派だった。

なお、陸軍内部で和平論を説いても予備役編入はない。
松谷参謀、谷田少将なども中央ははずれたが外地の要職についている。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 10:29:14 ID:YorOlPWC0
小役人根性の東條にはそんな立派な考えなんかないでしょ。
後先考えずに派閥抗争をいけいけゴーゴーでやってたら、自分が
責任者にされることになって初めてヤバさに気付いて多少の運動も
したけど、今まで自分で煽っていたやつらに命を狙われるのも
怖いから結局はズルズルとやっちゃったってだけのことで。

基本的に他人の粗には人一倍目が行くが、自己については
省みて反省することがない、まさに役人根性の見本みたいな
もんだ。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 10:46:46 ID:qRcuiY2wO
>>81
ハハハ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 14:50:22 ID:BguvPMRj0
内くんが居ない∞なんてありえないよ〜!だから安心して帰ってきて^∀^v

84 :東條は宇宙からきたスパイ:2006/08/28(月) 16:30:59 ID:XD1ah3Vq0
歴史じゃなくて想像で話す奴が多いな
学問板で妄想語られてもなぁw


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 17:08:17 ID:UZNgMWGH0
東條批判派の内部で、東條をどう批判するかをまずまとめたらいいさ。
どうも矛盾する批判が多すぎる。

1/東條は独裁者で反対するやつを弾圧して自分の意見を押し通した。
2/東條は小役人で所信を断行する勇気と実力を欠いた。

まず、どちらかに統一してから批判するといい。
それから反論することにする。

それにしても口だけ番長の石原は要領がいいなあ。
東條よりも指導力がなく、東條よりも協調性がない、
組織人失格で実行力皆無のくせに。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 17:10:31 ID:/T+7E1MJ0
小役人が独裁的権力を持ち、自己の保身のために行使することほど
怖いことはないよな。
中途半端に頭が回るとなお悲惨だ。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 17:21:28 ID:UZNgMWGH0
>>86
そりゃおかしいぞ。

81の意見だと、東條は、暗殺をおそれてずるずるいった、
とても独裁者とはいえない小役人なんだから。
そもそも権力を振りまわして恐怖政治を展開するような胆力がないから、「小」役人なんだろ。

矛盾する意見を無理にまとめ上げないで、どちらかに統一しろよ。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 17:33:20 ID:/T+7E1MJ0
古来、小役人は自分に危害を加えるおそれのあるものに対しては媚び、
それ以外について横暴君主となる傾向がありますな。そのまんまや。

歴史上で独裁者と呼ばれた人物で、誰に対しても憚ることなく独裁を
行使できた奴は殆ど居ないんだから、>87の弁に従うならこの世に独裁者なんて
存在しないって言うようなもんだ。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 17:56:57 ID:UZNgMWGH0
>>88
要するに、東條が批判されている主要原因となった日米開戦についても、
指導力を発揮できなかった、その場の趨勢に流される、
いわゆる「弱い独裁者」、権力のない独裁者だったといいたいわけだな。

それはドイツでもあった、歴史学ではありがちな議論だが、
反東條派としては、この主張でいくつもりなのかな。
しかし、そんな弱くて権力のない奴に、責任を問うことなんてできないだろうに。
ドイツでも、この点で問題になって否定されたはずだったけどな。

むしろ、反東條派内部から批判がありそうだな。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 19:47:06 ID:6apYXDot0
相反するかなぁ。
要は弱そうな奴にはとことん強いが
ちょっと怖そうな奴には強く出られないってことだろ?
小役人そのものじゃん。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 23:34:46 ID:Mk9WKdKI0
東條は強硬な対米開戦論者だったが、昭和天皇の開戦反対の御心を真っ先に察知して
「聖慮は平和なり!」と従来の対米開戦路線を転換した。

昭和天皇にとって、東條は自分を最も良く理解してくれる忠実な軍人であり、誰よりも
自分の考えを真っ先に実行に移してくれた。

聞き上手でしりの重かった近衛とは対極的だった。
いかんせん、東條は仕事が多すぎ忙しすぎた。昭和天皇の意思を末端まで行き渡らせる
ことができなかったのだ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 23:42:37 ID:Mk9WKdKI0
昭和天皇の靖国御親拝を違憲扱いしようともくろむ反日糞左翼勢力(いわゆる、公人私人論議)
の攻勢を前にして、やむなく断腸の思いで靖国神社御親拝をお取りやめになったと思われる。

 昭和天皇御製   このとしの この日にもまた 靖国の みやしろのこと うれひはふかし

御親拝をおやめになってからも、東條家に毎年お使いを派遣し「御心配の御伝言」を託し続けた。


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 23:49:54 ID:YorOlPWC0
>92
> 昭和天皇の靖国御親拝を違憲扱いしようともくろむ反日糞左翼勢力(いわゆる、公人私人論議)
> の攻勢を前にして、やむなく断腸の思いで靖国神社御親拝をお取りやめになったと思われる。

富田メモほどの根拠の無い話ですな。
岡崎なんかが歴史は一切の廃して客観的に観察しなければならないとか
言うくせに明確な根拠もなく持ち出すんだよな。
お前は分裂症かってよく思うわ。


94 :東条と新名丈夫:2006/08/29(火) 00:03:04 ID:CgfnUJKd0
2006年の今こそ如何に困難で厄介であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士と
その共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
個別侵略強盗殺人兵士の放置を時代の所為にする卑劣と怠惰に終止符を打つ時が来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を
繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。
侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある!
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が免罪されると本当に思っているのか。
靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。


95 :名無し:2006/08/29(火) 00:07:43 ID:k5BowZKJ0
東條英機は立派な愛国者である。だから敵は遺骨を海に捨て英雄に
させないように図った。

いまどき東京裁判を信じている人間は大間抜けである。
あれは完全な民族差別の人種差別魔女裁判だった。
日本人が数千名も告発され一千名も殺されたのに、白人側にはたった
一人の告発もなかった。論理や史実の前に人種差別であることが
明白である。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 00:53:55 ID:RcnzocGS0
鬼畜東條により多くの若人が南洋で餓死し、その遺骨も殆ど帰ってこなかった
チキン売国奴東條の穢れた骨を東京湾のヘドロに投げ捨てるなどまだまだ生ぬるい
この日本史上最低のチキン野郎は家族もろとも宇宙に捨てるべきだった

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 01:58:50 ID:MAa7ojPy0
いえいえ滅相も無い。由布子様に置かれましてはご活躍に見合うよう、
遺族年金をたんまりと……おっと、これは口が過ぎました。


98 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/29(火) 03:13:23 ID:T0sd/1f6O
東條閣下を如何に罵倒しようと、
偉大である事実は揺るがない。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 06:31:21 ID:RcnzocGS0
靖国にとっては飯の種を200万以上生産したんだから偉大だろう

100 :東條英機:2006/08/29(火) 08:05:49 ID:B1vgFSa+O
昭和23年1月6日、日記の一文           肩軽しこれで通すか閻魔大王

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 09:00:04 ID:dBpLIu+V0
>東條閣下を如何に罵倒しようと、
>偉大である事実は揺るがない。

日本を破局に導き、国土を焦土と化した閣下は偉大だよ。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 12:01:17 ID:V7HTUAia0
>>90
とりあえず、東條という男は、弱そうな奴にはなぜか無茶苦茶にやさしい。
おかげで、直接に指揮した下級兵士やタイピストやら運転手やらは、
世間が何を言おうと、東條には終生の忠誠を誓った。
東條の現場指揮官としての統帥は、
怨敵真崎をして、日本一の連隊長といわしめたほどだったりする。

それから東條は、誰であっても強そうな奴と喧嘩する癖がある。
重臣やら高級将校に反東條派が多いのは、連中のような威張っていた権力者と喧嘩したから。
おかげで皇道派全盛期のときには予備役寸前までいき、
最後には足を引っ張られて首相を退陣させられた。
そのほかにも、同僚・上司とことごとく衝突して、
極端に空気を読めないとか、うざいとか言って嫌われることになる。

なんというか、小役人と言うよりも、
部下にも庶民にも優しいけど、上司とも権力者ともみんなと喧嘩する、
うるさい空気の読めない頑固じじいのタイプなんだよ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 13:44:19 ID:MAa7ojPy0
別に弱そうな奴に優しかったわけじゃない。なにしろ東條に理不尽な
仕打ちを受けた相手は大抵立場が弱い人間なんだからね。

東條の場合は極端な身内、あるいは敵・味方主義があったってだけの話だ。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 14:26:42 ID:V7HTUAia0
>>103
それは違うぞ。
上のコピペの例で言えば、例えば東條の敵は次のようになる。

中野→右翼・政界に絶大な支持を持つ扇動政治家。
新名記者→陸軍に匹敵する強力武装集団である海軍の最重要エージェント。
谷田少将→皇道派の将官。
松前→重臣ともパイプを持つ政治的黒幕。

そのほかに、東條の敵として、次の連中がいるな。

石原→言わずとしれた満州派の重鎮。
田中新一→陸軍最強の地位である参謀本部作戦部長。
近衛・岡田・米内→影響力絶大で海軍も動かす重臣。
石川・神・高木→海軍の実権を握る下克上の雄。

強敵ばかりだろう。
逆に弱者で東條に理不尽な扱いを受けた人間というのは、身内に少しいるだけだ。
塚本少佐とかね。
まっとうな東條批判はいいが、印象操作はよくない。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 18:25:18 ID:MAa7ojPy0
それこそ思いっきり印象操作のような。
事大主義的に書いているが、ぶっちゃけていえば皇道派と統制派の
チャンバラ+αだわな。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 19:26:38 ID:i+fJ6bi+O
永田鉄山が死んで以降の統制派、皇道派のくくりは有効なのかなあ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 20:43:21 ID:/k5BuKuo0
あえていうなら皇道派と反皇道派かな

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 20:50:42 ID:WVYQDO7B0
>>106
同意。
永田鉄山=統制派だし、奴が死んだらもう終わりだ。

109 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/30(水) 05:23:51 ID:jcxcG3a+O
今朝も東條閣下は偉大だな

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 07:26:17 ID:bjWabtzM0
お前さん、本当はアンチ東條だろう。
お前さんの言動を聞いていると東條を馬鹿にしているとしか思えないよ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 12:16:13 ID:tacNPfFxO
優秀な人物だけど
頭張れるタイプじゃなかったのが悲劇の発端。
しかも生真面目な融通きかない人物らしいからやることが
極端になってしまう。
個人的に永田が横死したのが残念でならない。あんまり陸軍はわからないが皇道派は主張の割には
政治的策謀が多い印象がある

112 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/30(水) 14:01:32 ID:jcxcG3a+O
>>110
そうか、偉大な方を偉大と称えるとアンチになるのか。

素晴らしい思考回路だな君は。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 15:11:23 ID:tSpSRUZv0
ま、アンチつーよりも、小人を持ち上げて偉大な人物に見せかけようと
する場合は、往々にしてその幻影を利用しようとする邪な意図によるもの
だったってのは歴史にいくらでもあることだわな。


114 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/30(水) 15:43:53 ID:jcxcG3a+O
>>113
そのような意図はまるで無いがな。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 16:03:55 ID:eoZUMjmb0
はい、その通り。利用しているだけだぴょ〜ん。

なんて言う奴はいないから、意図はありませんと言っても
なんの意味もないですね。


116 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/30(水) 16:41:04 ID:jcxcG3a+O
釣りだろうから相手にしても無駄か。

本当、釣り野郎と左翼は目障りだな。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 17:04:32 ID:tSpSRUZv0
釣りねぇ。あまりに定番の煽りで情けないな。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 22:58:51 ID:S52dM1A10
>>>111
永田が生きてるときは東條が過激なことを言い出しても自重させられたからね。
皇道派も一括りに扱うのはどうかと思うけど、軍内の影響力拡大の為に少壮将校調子に乗らせた荒木・真崎とかの方が東條より遙かに問題だと俺は思うなあ。
アレのせいで将校たちが上官より階級の高い彼らの支持があると称して公務を平気で抜け出したりして公然と政治活動始めてしまった訳だから。
もっとも、荒木は陸相晩期に同士だった筈の彼らに夜中に叩き起こされてから失敗に気がついたかもしれんがw

119 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/09/01(金) 18:20:21 ID:wdSO952SO
東條閣下は偉大である

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 18:48:10 ID:WUWaPRnt0
自殺失敗は頂けないな

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:13:18 ID:Mpbsr0t+0
後で取って付けた言い訳がいかにも東条閣下らしくて感涙を誘う

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:37:48 ID:zMQJuo8m0
東條英機が「人間のクズ」であることを示すこれだけの証拠

(1)
戦時中、批判的な記事を書いた毎日新聞記者を二等兵として招集し、
37歳という高齢にも関わらず、硫黄島へ送ろうとした。

(2)
逓信省工務局長の松前重義が、東条反対派の東久邇宮に接近したために、
報復措置として彼を召集し、43歳という高齢にもかかわらず、南方戦線に送った。

(3)
陸軍内の反東条派だった前田利為を、報復措置として南方戦線に送った。
彼は、搭乗機を撃墜されて死亡したが、東條はわざわざこれを戦死ではなく戦傷病死扱いにして遺族の年金を減額した。

(4)
東條政府打倒のために重臣グループなどと接触を続けた衆議院議員・中野正剛に対して、いちゃもんを付けて強引に検挙。
中野は釈放後、陸軍に入隊していた子息の「安全」と引きかえに、憲兵隊の監視下で自殺に追い込まれた。

(5)
また中野を容疑不十分で釈放した43歳の中村登音担当検事には、その報復として召集令状が届いた。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 09:20:34 ID:QeJFv4P50
>>122
>37歳という高齢にも関わらず、硫黄島へ送ろうとした。
>43歳という高齢にもかかわらず、南方戦線に送った。
>陸軍内の反東条派だった前田利為を、報復措置として南方戦線に送った。
>中野正剛に対して、いちゃもんを付けて強引に検挙。
>43歳の中村登音担当検事には、その報復として召集令状が届いた。

前線でも役に立ちそうもない連中ばかりだなw

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 09:58:55 ID:i5lB3e2TO
タコ壺ぐらいは掘れるだろう

125 :名無し:2006/09/14(木) 11:02:28 ID:ufu1UDzp0
東條英機は満州国でソ連側に滞留したユダヤ人二万を救出するなど立派な人
だった。敗戦で敵の宣伝により誹謗中傷されたがそれを真に受けた日本人は
マッカーサーに「精神年齢十二歳」と評されたのである。
敵は東條が民族の英雄として復活することを恐れて太平洋に遺灰を投下した。
日本人の目が将来覚めることを予想していたのだ。
しかし愛国者がひそかに遺灰を手にいれ、今各所で祀られている。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 12:52:51 ID:dYXbmAxH0
>122
> 陸軍内の反東条派だった前田利為を、報復措置として南方戦線に送った。
> 彼は、搭乗機を撃墜されて死亡したが、東條はわざわざこれを戦死ではなく戦傷病死扱いにして遺族の年金を減額した。

そのくせ、しっかりと自分の遺族は遺族年金を貰っているという。
確か、年額750万円だったっけか。


127 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/09/14(木) 19:04:53 ID:hyBQhCaVO
>>126
戦後どれだけ東條閣下のご子孫が叩かれたかを無視した発言だな。
精神的苦痛が我々の想像至らぬところであった事は違い無い。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:34:50 ID:dYXbmAxH0
いつから遺族年金が精神的苦痛に対する慰謝料になったんだ?

>精神的苦痛が我々の想像至らぬところであった事は違い無い。

孫がTVに出てきてズレたことを言ってるのを目にすることの負担に
比べればカスみたいなもんだな。



129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:46:59 ID:i5lB3e2TO
>>128
は自分は悪くないのに石投げ付けられても平気。
過去についてガミガミいってる国のかっこうの餌。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:01:23 ID:whSYjoN20
日本を四等国家に転落させた国賊の遺族が叩かれてどこが悪い!

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:15:41 ID:wRAAiYtp0
四等国家ワロス 一等から順に説明してくれよwww

132 :名無し:2006/09/14(木) 21:07:27 ID:ufu1UDzp0
大東亜戦争の仕掛け人はスターリンだ。第二次大戦の勝者は
スターリン。日本は被害者である。

133 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/09/15(金) 05:57:23 ID:Zcb7nP4QO
東條閣下に全ての責任を背負わせたい椰子だらけだな。
本当に…



134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 11:51:20 ID:GDSfmlle0
>>126
もう、コピペに反応するなよ。
しかも、だんだん改変されて劣化しているんだから。

前田大将はボルネオ方面司令官という要職に補任されたわけ(最前線ではない)。
予備役の将軍の人事ということを考えれば、報復措置のわけがない。
陣没云々も相続税の問題(前田は超大金持ちなので恩給はたいした問題でない)。
しかも、実は戦死説に確たる証拠はない。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 11:01:17 ID:ccl3Bt3k0
東條さんは南次郎(陸相・関東軍司令官)によって、憲兵司令官に抜擢されたのが
そもそもの栄達のきっかけであった、と何かで読んだ希ガス。
それが無ければ、一陸軍省官僚で終わってたとか何とか。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 11:24:09 ID:Ep0wCXcG0
東条さんの父親も軍人で、陸大一期生で秋山好古と同期と

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 17:41:07 ID:cMcgRbsDO
東條親父は首席卒業 秋山兄貴は下から2番目。
う〜む。ちなみにビリっけつは長岡ひげ。
なんともはや。。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 19:14:38 ID:q5Gr8vLT0
学校の成績と社会に出てからの活動は直結しないからな

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 15:18:35 ID:Mhz9K7+D0
>>122
おいおい37歳で高齢か?そんなこといってたら、37で年金よこせって言いかねないな
まだまだ2等兵として十分働けます。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 17:14:37 ID:W/NHlmwq0
>>139
人生70〜80年時代の37歳と、人生50年〜60年時代の37歳を同列に見てはいけないよ。
前者はまだ折り返し前だが、後者は既に折り返している。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 19:57:00 ID:XaucRHLO0
兵隊で37歳といったらかなり高齢。
重い装備を背負って行軍するのはかなりしんどい。
ドイツ軍でも35歳以上は国民擲弾兵師団といった部隊に配備されるよ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 01:31:21 ID:VMAyIpJF0
>>122
松前重義が招集されたのは東条内閣崩壊と同時期。
南方に出征する前に権力を握っていたのは反東条派で松前さんの仲間のはず。
どう考えても東条派の陰謀ではありえない。
かわいそうに見捨てられたのか。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 19:40:29 ID:tsJ897lU0
戦争を始めたい奴は他人を戦場へ送り込む前に、まず自分が最前線へ行って手本を見せろ。

144 :yuki:2006/09/20(水) 20:27:41 ID:YF4aPvbU0
トロイ事言うな!

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 20:38:52 ID:xTfMBJLdO
>>143
んなことしたら、愚行として叩かれるだろうよ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 22:34:32 ID:XIcossb50
>>125
トケイヤーさんが言ってたね。この話はびつくりした。
ユダヤ人救出は杉原千畝の6000人が有名だが、その2年前陸軍の樋口季一中将と安江仙弘(のりひろ)大佐
が昭和13年2月の満州で20000人のユダヤ人難民を受け入れようと決断、関東軍参謀長に入境許可を求め
了承された。その参謀長がヒデキ・トウジョウ。ユダヤ人はヒグチ、ヤスエに感謝している。ヒグチのことは
漫画になったので子供でも知っているらしい。東條は満州のユダヤ人社会と交流がなかったので知られていない。
驚いたのは当時ユダヤ人難民を大量に受け入れたのは日本だけだったこと。アメリカは有名科学者などは受け入れた
が難民は門前払い。昭和14年930人のユダヤ人を乗せハンブルクを出港した豪華客船セントルイス号がアメリカに
着いたとき米国政府は難民受け入れを拒否。数ヶ月粘ったがヨーロッパに逆戻りして大半がナチスの犠牲になった。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 23:00:44 ID:Grrqkt8lO
自分の部下は200万人以上餓死させた虐殺者だが

148 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/09/20(水) 23:15:48 ID:46/+Sark0
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

149 :名無し:2006/09/21(木) 00:08:11 ID:H8vs1V3V0
近代戦は総力戦だ。東條英機に責任を負わせるのは無理だ。敵は
日本人全員をねらっていた。広島長崎が良い例だ。だから
国民全員の責任である。その責任の取り方は二度と敗戦しない体制を
とることだ。すなわち核自衛だ。
土下座などして済むものではない。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 00:29:24 ID:Ez75rQIk0
総力戦の割には無意味にジャングル探検させたりして、ずいぶんと
余裕ぶっこいたことをさせてたよねぇ。
他にも余ったからって、爆弾に人乗せて戦果も出ないのに自爆ばかり
させてみたり。
本当に総力戦だったのかね。


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 08:15:35 ID:zE89nV1NO
>>150
それを総力戦といふ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 09:38:02 ID:6+Xyx26L0
>>150
>爆弾に人乗せて戦果も出ないのに自爆ばかりさせてみたり。
どう見ても総力戦の末期状態です。本当にありがとうございました。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:09:47 ID:osHl4h+k0
1.東條英機の孫
2.岸信介の孫

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:14:22 ID:0PSD5IcV0
ハルノートの案を受け入れて逆襲の機会を待つべきだったね
ペリーが来たとき日本がやったように

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 17:49:46 ID:uCZQCTggO
>>146
ユダヤ人に便宜を図った点では、松岡洋右もそうなんだけどあまり知られてない。
むしろ杉原千畝への電文ばかり有名になって、ユダヤ人の敵みたいに思われてたり。
A級戦犯は根っから悪人でなければならないのであろうか。
同じく板垣征四郎のユダヤ人対策要綱も知られてないのはA級だからか?
ちょっと、ひねくれた見方すぎるかな。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:28:33 ID:xQlZVujT0
>>146,155
河豚計画だろ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E8%B1%9A%E8%A8%88%E7%94%BB

構想者は海軍の犬塚と陸軍の安江両大佐だよ。猶太人対策要綱だって、資金的に
八方ふさがりだった満州国経営を何とか軌道にのせようとユダヤ人の資金を満州に
よびこもうとする、まあ、打算的なモノだった。結果的に何人ものユダヤ人が助かる
のは事実だけどね。
Wikiには書いていないけど河豚計画が頓挫しかけても、また金や力のない可哀想
なユダヤ人の面倒を見続けようとしたのは、犬塚や安江・樋口らだった。だからこそ、
彼らはユダヤ人に感謝されている。

ま、安江や樋口の上司だった東条も間接的にユダヤ人を助けたのは否定しないけどね。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 22:25:57 ID:GxdPcXIW0
>>154
夜郎自大洗脳教育で輩には「臥薪嘗胆」という言葉は理解できなかったんだよ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 23:16:40 ID:7XndXyRR0
>>156ドイツ外務省からの抗議が関東軍司令部に伝えられたとき、東條参謀長は無視したらしい。

その30年ほど前、日露戦争のとき、高橋是清が戦時国債を売りに行った英国の晩餐会で
高橋の隣に座ったヘンリー・ヤコブ・シフというユダヤ人の金持ちに日本は助けられた。
シフは全世界のユダヤ人に国債を買うよう呼びかけた。結局国債のの半分以上をシフを
はじめとしたユダヤ人が出してくれた。高橋は不思議に思ったが、シフと付き合ううちに
ロシアのユダヤ人が虐待・虐殺されていたことが理由だと分かった。
昭和41年イスラエルのバルトゥール駐日大使が信任状を持って皇居に参内。
そのとき昭和天皇は言った。
「日本民族はユダヤ民族に対して感謝の念を忘れません。かつて我が国はヤコブ・シフ氏
に大変お世話になりました。日本はこの恩を決して忘れることはありません。」
大使はヤコブ・シフを知らなかったので帰って勉強したそうな。皇室から毎年ニューヨーク
のシフ家に新年のカードが届くのだが、シフ一族は最近までその理由が分からなかった。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 23:28:26 ID:FegNhErf0
アメリカの陰謀で日本は戦争に追い込まれた。
シナの権益の少しをアメリカにくれてやれば戦争は避けられたかもしれないね。

少なくとも、東條大将を無能な指導者だと決め付けるのは東京裁判史観であって、
中立ではない。むしろ、昭和天皇に極めて忠実な有能な軍人であった。


160 :glory16:2006/09/23(土) 03:00:04 ID:ufza+7b80
東條英機の血族・家系が分かる人いらっしゃいますか?
一覧の図とかあるとかなり嬉しです。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 03:42:43 ID:ZqC/8aUh0
>>159
>アメリカの陰謀で日本は戦争に追い込まれた。

南部仏印進駐による禁輸措置の可能性は
軍令部の調査で事前に分かってたが
陰謀にうすうす気づきつつ引っかかったと?w

>東條大将を無能な指導者だと決め付けるのは東京裁判史観

東條は司令官としては有能で天皇に忠実だったが
中国戦線拡大派で南進も支持
首相時には憲兵を国民抑圧に使い批判者を懲罰招集
とかの側面もあるが

>東京裁判史観であって

君も陰謀史観だけに陥らないようになw


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 08:41:57 ID:xvxA5unj0
東條をはじめとする軍部要人、近衛なんかはみんなコミンテルンの工作員
日本型破滅したのは全てコミンテルンの陰謀

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 09:20:58 ID:o1Sj8pcq0
ウゼ。何か日本にとって都合の悪い事があると全部、
他国の陰謀に全部の責任を着せる。
たまには他国の陰謀で戦争が巻き込まれたと言わず、
日本の陰謀で中国は戦争に巻き込まれたとか、
日本の陰謀でアメリカは戦争に巻き込まれたと考えてみてはどうか?

そうでないと公平でないし、
他国ばかりが陰謀を考えていたと考えれるのは公平ではないよな。
明石元二郎のような人間が日本に居る位なのだから。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 09:23:08 ID:o1Sj8pcq0
大体、ねぇ。
陰謀史観主義者は
他国ばかりが陰謀を企んでいるとばかり思っている。
日本も満州事変とか実際に働いた位なのだから、
陰謀ならば日本もするんだよ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 09:26:58 ID:o1Sj8pcq0
アメリカが戦争に巻き込まれたのは中国の陰謀です。
中国が戦争に巻き込まれたのはソ連の陰謀です。
日本が戦争を始めたのはアメリカの陰謀です。
ドイツが戦争に巻き込まれたのはアメリカの陰謀です。
ソ連が戦争に巻き込まれたのはフランスの陰謀です。

陰謀のせいにすると楽でいいな(笑)

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 09:29:05 ID:o1Sj8pcq0
イタリアが戦争に巻き込まれたのはイギリスの陰謀です。
イギリスが戦争に巻き込まれたのはフランスの陰謀です。
ポーランドが戦争に巻き込まれたのはアメリカの陰謀です。
ポーランドが戦争に巻き込まれたのはフランスの陰謀です。

何でも陰謀のせいにすれば、この世の戦争の原因はすべて他国が原因さw

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 10:44:42 ID:M8jSYfX+O
ブサヨ乙

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 11:23:58 ID:O2HrxJI70
こんなんが陸軍大将で総理じゃ、戦争にも負けるよなwwwww

ttp://homepage.mac.com/bunmei/log/parts/2006/image008.jpg

169 :近代史理解度の法則:2006/09/23(土) 14:01:36 ID:Wtva0dLSO
保守・右翼・愛国側>>>>>>>>J>>ャ>>゚>>ホ>>左翼・土井たか子・その他・反日売国側。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 03:51:01 ID:tWsgjfXUO
南進しなきゃ資源の確保ができなくなる。米の要求をのんで満州の利権をなくせば、国内不況・資源に乏しい日本は列強に対抗できなくなる。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 03:53:45 ID:tWsgjfXUO
日本が撤退するとおそらく満州はロシア領になって日露戦争以来の脅威になるだろ。だから南進して自ら資源確保してでも撤退はしたくなかったんだろ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 03:58:46 ID:tWsgjfXUO
弱い中国を列強に獲られる前にとって資源は輸入にたよらず自給自足。これで禁輸措置とられても何とかなるって判断だろ。ロシアやアメが日本狙ってるのわかってんだから資源確保くらいかんがえるだろ。バカか

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 05:22:05 ID:HPa6799e0
当時の日本を正当化しすぎるのもバカだ
蒋介石も和平に応じる動きを見せた事があった
日本が南京あたりで調子に乗り
和平条件を厳しくした為フイになった

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:34:46 ID:tWsgjfXUO
蒋介石が和平に応じる動きはあったが米国と中国共産党にはばまれてましたが?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:36:24 ID:tWsgjfXUO
日本を正当化する気はないけど世界全体が侵略正当化する雰囲気だったろ。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:37:41 ID:C5Gjib3/0
満州抑えても資源不足にはなんの役にも立たないけどね。
それで南仏侵攻して石油禁輸だABCD包囲網だと騒ぐってのは誉められる
ところはないなぁ。


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:56:41 ID:tWsgjfXUO
満州の土地の広さと未開発地区の多さは無限の可能性を秘めてましたが?まったく資源をもたない日本に鉄鋼石や天然ガスは価値がなかったんですか?ソ連の南下の防波堤の役目でしたが?アメリカもソ連も満州ねらってましたが?

178 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/09/24(日) 13:13:27 ID:nSE8aO6WO
満州は日本にとって不可欠な地だった

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 22:00:22 ID:C5Gjib3/0
日本が確保したかったのは天然ガスや鉄鉱石じゃなくて、石油とレアメタルだよ。
これらがないと民生だけじゃなく軍も立ち枯れするから。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:04:43 ID:jMK6+kFgO
日本は慢性的な鉄不足でしたが?鉄を満州に石油を南方にもとめたんだアホ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 02:57:01 ID:6NBSgC/uO
鞍山

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 07:47:13 ID:4LOxonKx0
>180

南方諸島からの戦略物資には鉄鉱石も当然入っていますよ。
主な物資としてはマンガン・クロム・ポーキサイト・タングステン・鉛・亜鉛・
ニッケル・錫等の鉱山資源の他、石油・石炭の燃料資源、必須のゴム等ですね。
しかしいずれも提供リストに入っていたわけですから、結局なんだったんだか。


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 10:20:58 ID:6NBSgC/uO
一本の道筋なんか求めていても歴史は見えない。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 20:59:02 ID:X2oUytQj0
  |__, ===─i=r === 、_, -‐'{.トl|
  /f'il -=ユヾj  {.l にニ=‐}}    レ'´゙!  
  ヽ_}ヽ '´ ̄  /  ヽ  ̄` .ノ     rj/  
   l `=='/     ヽ= '      /   まじめにやっとるか!
    l     /{,. -、_, -、j\        !    
     l   /  /lllllllllll\  ヽ    l   


185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 21:40:29 ID:jMK6+kFgO
↑満州に資源がない論じたい間違えだバカ

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:50:42 ID:qCbzxLfn0
屑だろこいつは

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:55:43 ID:jMK6+kFgO
おまえだろ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 00:07:12 ID:5apOS8KD0
中国の製鉄所は鉄鉱石をオーストラリアに頼っとります。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 07:33:20 ID:ATJdRCvF0
ソースキボンヌ

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 13:20:02 ID:NyPrjl/RO
大地の子

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 15:54:13 ID:KKsDwoRy0
|__, ===─i=r === 、_, -‐'{.トl|
  /f'il -=ユヾj  {.l にニ=‐}}    レ'´゙!  
  ヽ_}ヽ '´ ̄  /  ヽ  ̄` .ノ     rj/  
   l `=='/     ヽ= '      /  彩帆・天寧は死守すべし!
    l     /{,. -、_, -、j\        !    
     l   /  /lllllllllll\  ヽ    l   


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 16:42:43 ID:zzQIy89b0
オーストラリアの資源輸出相手は日本が1位
中国が2位、10年以内に逆転は確実とのこと
(今朝の朝日新聞)
中国は、しばらく前から、資源輸入国だよ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 21:45:06 ID:9yX8ZlkX0
オレの頃の地理の教科書には何とか鉄山とかいう露天掘りしている鉱山が載っていたような気がする

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:08:58 ID:su1WUH/P0
>>193
> 鉄山

永田鉄山?w

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 16:36:26 ID:QBtVMDdE0
んじゃあ東条さんのお話を1つ。
東条さんが自決に失敗した理由。

左利きだったので自分の心臓を狙いづらかったことと、
自決の際に使い慣れたブローニング型拳銃でなく
親族への思い入れか敗戦まぎわ反乱に参加して自決した娘婿の
遺品であるコルト型拳銃をもちいたこと
そしてわずかに心臓を逸れた。ただただ運が悪かっただけである。
自決の意志は確かなものであったのではないか。
あらかじめ向かいの鈴木という医師に自分の心臓の位置を
確かめてもらい、墨で心臓の位置に印をつけていた。
印が夫人に薄くなるとまた墨で書き足したそうだ。
自決の際に向かいの鈴木医師は手当てのためにGHQに呼ばれたが
東条さんの自殺願望を知ってか手当をしなかったそうである。

長くなりましたが・・・
東条さんの生真面目さとかには共感する部分が多いのでは

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 17:07:41 ID:jkp+Rljx0
まあ自殺の意思はあったのだろうけど
御粗末だったね
切腹して果てた人達もいたというのにそのトップがこれでは

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 17:56:13 ID:yLQg7HsW0
>>196
東条はもう爺さんだよ
現役と一緒にして考えるとは東条の能力を過信してるのかな

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 20:50:10 ID:fKJsPvOG0
>>196
どこがお粗末だ?いうてみぃ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 20:59:38 ID:SpXZ+tMG0
タイーホされる直前の自決ってのもな・・・

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 21:35:29 ID:Z1Z81WDM0
本気で自決しようとして実行した人は、まぁ、大抵が頭をブチ抜くよな。
銃を撃った経験がある人ならなおさらだ。


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 21:57:55 ID:jkp+Rljx0
>>197>>198
拳銃自殺で失敗して敵に捕まって裁判かけられて
死刑にされたんだ
御粗末以外の何物でもない
爺さんっつったって自殺もろくに出来ん程に衰えてはなかったろ

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 22:41:40 ID:lZYzLt5N0
しかし、割腹自殺した人も介錯が無かったせいか、仲々死に切れなくて
七転八倒もがき苦しみ抜いていたため、発見した人も正視に耐えないく
らいの酷いありさまだったとか・・・。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 22:42:38 ID:O9vqlyVO0
部下には自殺を強要したくせになw
世界史上希有のチキン野郎だよ

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 23:11:31 ID:OfOAnpFFO
>>203
チキンとは違うな。君は当時の軍人というものを解っていない。
現在の価値観、視点でモノを言っている。
見当違いも甚だしい。軍人だからって、死ななきゃならん訳じゃない。
軍人というものは、命令に従うことが至上最大の使命だと思っている。
東京裁判での東條の証言を見ると、それがよく解る。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:01:09 ID:75tZAONA0
|__, ===─i=r === 、_, -‐'{.トl|
  /f'il -=ユヾj  {.l にニ=‐}}    レ'´゙!  
  ヽ_}ヽ '´ ̄  /  ヽ  ̄` .ノ     rj/  
   l `=='/     ヽ= '      /  ヒ総統ハ伍長
    l     /{,. -、_, -、j\        !   私ハ大将デアリマス!
     l   /  /lllllllllll\  ヽ    l  

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:59:54 ID:dbTvvOqq0
そりゃまぁ、大陸侵攻では先頭に立ってさんざん突き上げてたくせに、
念願かなってトップに据えられ自分が突き上げくらう立場になって
初めてヤベェと気づいたが、わが身かわいさで突っ走ったチキンだから。

似たような立場の人といえば、今をときめく安陪首相もどう思っているのやら。


207 :↑↑↑↑↑↑↑:2006/09/29(金) 06:48:30 ID:UBO+gv9G0
朝日新聞社の方ですか?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 07:22:50 ID:3Fs1MHa80
チキンじゃななかったらビルマの死ぬ死ぬおじさんと同じだ
ただの無責任男

209 :↑↑↑↑↑↑↑:2006/09/29(金) 10:12:41 ID:Ba41Mx/t0
東京新聞の方ですか?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 21:01:17 ID:LdE5LCnV0
東條をそれなりに信頼していた昭和天皇も奴の部下がDQNぞろいだった
ことを指摘してるんだよな

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 21:06:03 ID:IgHPVFfK0
>>204
東京裁判での東條の戯言を持ってこられもなあ

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 23:31:03 ID:X1e8stbKO
戯言ねぇ…。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 02:27:26 ID:YW/lmuSO0
このスレ自体戯言だよねぇ・・・。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 10:35:46 ID:AGrJbl3EO
↑死ね

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 10:45:56 ID:YreNjW+S0
>>211
バカ過ぎw


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 11:08:23 ID:7vo4fkRO0
なぜ東條は富永みたいな香具師を偏愛してたの?

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 13:23:51 ID:8kFnsF9Y0
人を見る目がないから。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 14:38:59 ID:fhU1SnPT0
部下思いって富永思いのこと

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 14:39:37 ID:fhU1SnPT0
>>217
それは孫娘に遺伝してるね

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 14:45:21 ID:8kFnsF9Y0
>218
東條のは部下思いとは言わないなぁ。偏愛でそ。


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 20:53:35 ID:YW/lmuSO0
前線があまりの暑さで酷かったので
クーラー入れた話もあるもんな

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 17:42:52 ID:Kkf+R/TM0
>>203
>>部下には自殺を強要した
まーた戦陣訓かよwww

でも中帰連なんて日本軍の捕虜が中共で洗脳されて、
未だに日本を貶める活動してるからな
こういう奴等見てると、戦陣訓が正しかったと思うなwww



223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 18:07:06 ID:/RGruQVh0
>>222
きちんとした反論が出来ない限り、言及されるのは仕方ないだろ。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 18:18:19 ID:T2vUME2zO
東條叩きの虎の子戦陣訓

225 :えICBM:2006/10/01(日) 18:54:23 ID:itfziu+L0
指導者は変な事を言わないこった。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 19:10:19 ID:T2vUME2zO
規律乱れてたんだも〜ん

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 19:36:31 ID:yKNs3ksN0
テンコロ大元帥が支配していた大日本帝国がいかにDQNかここに来れば、よく分かるよ。
「アジア解放の戦い」「日本独自の兵器だったゼロ戦は最強」
そんなウヨ基地の妄想を、これでもかと潰していますよ。
http://www.luzinde.com/

ウヨ基地の皆さん、勉強のために見てはいかが?

今の憲法になって天皇を権力から引きづりおろして平和で豊かな国になりました。




228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:11:31 ID:UsEjWRkr0
東條自身が権力闘争で突き上げ散々やってたからなぁ。
そりゃ、規律も乱れようて。



229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:34:19 ID:x/leIaTa0
>>227
>今の憲法になって天皇を権力から引きづりおろして平和で豊かな国になりました。
いや、それは違うだろう。
天皇が専制君主じゃなかったから、各省庁や陸海軍が角突き合う度に閣内不一致で内閣総辞職してたんだから。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:20:12 ID:H1sczqfzO
天皇陛下はあくまでも立憲君主。
実権は下々の者が掌握している。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 15:49:31 ID:oAwwkR0MO
上げ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 00:51:19 ID:AKaPEtL60
生きて屍拾う者なし。
もとい
生きて虜囚の辱めを受けず。
なんという皮肉だ。
東條は戦死ではないので
そもそも靖国に祭られる資格などなし。
また,東條の孫のババアもうざい。
国民に対し土下座しろ。
てめえの祖父のせいで大元帥陛下が
捕虜になった。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 10:15:57 ID:eqGEvNidO
えーと・・・

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 11:08:32 ID:20PGpITmO
講話条約結ぶまでは交戦状態です。
だから戦犯処刑は捕虜虐待です。
東條も戦没者です。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 14:05:57 ID:d3nSlvUR0
そうすると進駐軍の兵隊に犯されて殺されたスカの女も数奇屋橋から
GIに川に投げ込まれて死んだ男性も戦死者、靖国にまつる必要があるな

236 :名無し:2006/10/06(金) 15:06:00 ID:anUe6g5L0
共同体の自由と独立のために戦い命をささげた方を戦死者という。
戦争の犠牲者とは別である。
その区別は国家の命令の有無にある。これは万国共通である。


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 17:55:47 ID:FTyH+teR0
>>232
中学生はもちっと勉強してから来た方がいいよ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 09:05:10 ID:EHWrfBsa0
民主党の岡田が東条に似てる

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 09:56:20 ID:Xe5cd8ULO
岡田はフランケンシュタインに似ている。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 10:05:15 ID:C0JpQK8a0
>>236
闘ってない東條は唯の犬死にだな

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 12:20:11 ID:nNEW5SCH0
極東軍事裁判で国体維持のため必死で戦ってたが?

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 12:38:31 ID:c4H/iZy90
戦前は天皇が全ての権利持ってたってうっかり東京裁判で発言して、天皇に責任を
追わせて占領政策を台無しにしたくないキーナン検事や、仲間は裏切っても天皇だ
けは助けたい田中隆吉を無茶苦茶あわてさせたのは  東 条 英 機 。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 14:53:44 ID:W07QTbTnP
偉大かねえ?
結局コイツが戦争回避の道を潰し、
ろくでもない戦争をおっぱじめた張本人じゃん。

244 :えICBM:2006/10/07(土) 15:45:25 ID:X/cYR/0S0
>>241
国体と言うか天皇戦犯回避はGHQ側が主導。
東条は手先。

東条は天皇の意思なくして我々が国の大事を勝手に決めれるわけが無い。
私を天皇の意思に反する国賊者にするのか等と述べている。
それをマッカーサーが自分で責任を被れと指示して、考えを改めさせた。

東条が東京裁判で戦ったのは、国体維持ではなく国家擁護論で日本は自衛の戦争だと争った。
これは、他の容疑者の容疑者、主に軍人が同じ主張をしている。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 18:30:56 ID:BDSYDhnz0
東條が闘ったのは自分の命乞いのため
責任を陛下に擦り付けようとした国賊

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 19:42:45 ID:IGhixuliO
>>238
真面目ならそれでいいっちゅう訳でもないと言うことだな。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 00:15:49 ID:/V7Q6/K40
>>245
具体的にどうぞw

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:13:43 ID:zU6IvVUVO
そういえば映画「プライド 運命の瞬間」のスレないな

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:03:02 ID:8P45+rKtO
上げ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:46:15 ID:47Pn0QJz0
拳銃の撃ち方もろくに知らないバカが陸軍大将という、20世紀最大のジョーク。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 23:20:12 ID:mLECSkQk0
太平洋戦争って日本が始めたんだよね?
欧米の植民地を侵略して始めたんだよね?
欧米の資源を奪う為に始めたんだよね?

それで返り討ちに遭う。
それで帝国を解体される。

東条は評価できない。不名誉だけだ。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:22:17 ID:9VtQ5zKr0
管理人キエロw

253 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/10/23(月) 00:44:02 ID:NzT3fFvmO
>>251
"欧米の植民地"
先に欧米が侵略していた。
対戦国の欧米領土である。
"アジア植民地"に攻め込むのは構わない。

資源を輸出しなかったのは欧米だ。
わざわざ戦争を起こすようにしたのも欧米。

そもそも、
日米開戦の前にフライングタイガースという米の航空機隊("志願兵"らしいが)と交戦。

根本的に開戦に至る様々な要因は東條閣下の責任では無い。
よって>>251の主張は崩壊した。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:56:04 ID:yG2Tkxu/0
>>253

だからなに。
日本だってアジアの一部地域の植民地化を勧めていただろ。
沖縄と台湾なんて典型的な植民地じゃん。

>"アジア植民地"に攻め込むのは構わない。
じゃあ沖縄に攻め込んでも問題ないと?

>資源を輸出しなかったのは欧米だ。
反米国家に何で売ってやらねばならないんだよ。
三国同盟を締結、帝国主義丸出しの権益を如何にも侵害しそうな危険国家。
こんな連中に売れという奴が間違いだな。
お前の主張は核実験をしてもなお北朝鮮と取引を続けろと言うのと似ている。

>わざわざ戦争を起こすようにしたのも欧米。
お前、北朝鮮が核実験を仕向けたのは日米であると開き直ったらどうする?
お前の主張は北朝鮮と大差が無い

>米の航空機隊("志願兵"らしいが)と交戦。
合衆国空軍の一部隊では無いしな。あくまで志願部隊。
合衆国空軍との関わりは無いし。

>東條閣下の責任では無い。
首相に就任した以上、責任が降りかかるのは当然だろ。
特に自らで開戦したのなら当然だ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:57:54 ID:yG2Tkxu/0
東条に名誉など無い。
あるのは不名誉だけ。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 02:49:12 ID:NzT3fFvmO
>>254

>だからなに。
日本だってアジアの一部地域の植民地化を勧めていただろ。
沖縄と台湾なんて典型的な植民地じゃん。

違う。
沖縄は日本の一部であり、ただ1つになっただけだ。
条約によって得た領土が植民地なら、近代国家の大半が植民地だな。

>じゃあ沖縄に攻め込んでも問題ないと?

何を主張しているのか?

>反米国家に何で売ってやらねばならないんだよ。
三国同盟を締結、帝国主義丸出しの権益を如何にも侵害しそうな危険国家。
こんな連中に売れという奴が間違いだな。
お前の主張は核実験をしてもなお北朝鮮と取引を続けろと言うのと似ている。
お前は通商無差別主義を知らんのか?
まして日本がアメリカ権益を侵害する事は出来ないぞ?
帝国主義剥き出しで領土を拡大した国がアメリカだろ。

>お前、北朝鮮が核実験を仕向けたのは日米であると開き直ったらどうする?
お前の主張は北朝鮮と大差が無い

日本の場合、追い詰められてやむなく開戦した。
ソ連からの援助で核開発をした北朝鮮と同列に論ずる事は無い。

>米の航空機隊("志願兵"らしいが)と交戦。
合衆国空軍の一部隊では無いしな。あくまで志願部隊。
合衆国空軍との関わりは無いし。

米国退役軍人だそうだな。
ましてルーズベルトが戦闘機の使用を許可していたはずだ。
定義的にフライングタイガースは米国人のテロ組織だろう。

>東條閣下の責任では無い。
首相に就任した以上、責任が降りかかるのは当然だろ。
特に自らで開戦したのなら当然だ。

無論敗戦責任は免れない。
だが開戦責任やらその他全ての責任を閣下に押しつけるお前の意見には賛同しない。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 02:50:33 ID:eh9vqqYr0
最後がカッコよすぎたな
カリオストロのルパンみたいなもんだ

でも近衛の時にさんざんアメリカとの交渉を反対したのはいただけない

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 02:53:45 ID:eh9vqqYr0
あの当時を考えれば別に中国侵略って言われるほど悪だったとは思えない
しかも満州は法律上、租借と言うことになっていたし
ヨーロッパの植民地支配を考えれば日本だけが浮いてたわけではない
だからと言って良いこととは思わないけど
もし日本が手を出さなかったら確実にソ連が占領してたし
ある一時だけを抜き出して良いの悪いのを論じても無駄

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 06:39:04 ID:RJh2Rico0
ウヨのダブルスタンダードなのか
日本が欧米の植民地を攻撃したら正義の解放と言い
中国が日本等の租界地(半植民地)を攻撃したらヒステリックに責め立てる

歴史を悪VS正義と考える低脳だとダブルスタンダードにならざるを得ない


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 06:45:27 ID:RJh2Rico0
>>256
>日本の場合、追い詰められてやむなく開戦した。

満州事変に続く北支介入
南京占領で調子に乗って「国民政府を相手とせず」
援蒋ルート遮断の北部仏印進駐に続く、蘭印狙いの南部仏印進駐

適当なところで止められずドツボ(ABCD)に


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:40:16 ID:goNkir370
>257

人のアラ探しに長けているばかりで、気がついたら追い込まれて最後には
針に挟まれた伯爵と言ってあげた方が正鵠を射ていると思われ。


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:39:57 ID:yG2Tkxu/0
右翼の皆さんはヨーロッパの全ての国が
帝国主義で世界分割に参加していたように錯覚されているが、
北欧諸国や東欧諸国の一部は帝国主義的ですらなかった。
ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、
ポーランド、ギリシャ、オーストリア、ハンガリー、スイス、
ルクセンブルク、ブルガリアはヨーロッパ外に領土を保有した事がないし、
アイルランドやポーランドなんて寧ろヨーロッパ諸国の被害国なんだから、
ヨーロッパの植民地支配を訴えるのは間違いだと思うけど。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:48:52 ID:yG2Tkxu/0
>>256

>沖縄は日本の一部であり
明治政府が琉球国を滅亡させるまでは
名目的には日本と琉球は別の国であり、
日本の一部ではなかった。
その証拠に琉球国は独自に条約を締結している。
沖縄県と言うのは日本の他の県とは異なって
日本近代史に置いて統合された外国。

>条約によって得た領土が植民地なら
沖縄は条約によって得たものではない。

>何を主張しているのか?
沖縄戦の事だよ。

>お前は通商無差別主義を知らんのか?
当時の日本がどう言う国か考慮しろよ。
君の主張は北朝鮮と取引を続けろと言うのと同じなんだよ。

>日本の場合、追い詰められてやむなく開戦した。
帝国主義的野望をむき出しにして暴走した挙句、
返り討ちにあっただけ。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:51:45 ID:eh9vqqYr0
日本が暴走した?野望?

???

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:51:53 ID:yG2Tkxu/0
>>258

>あの当時を考えれば別に中国侵略って言われるほど悪だったとは思えない
当時の世界で露骨な帝国主義政策なんて行っているのは枢軸国とソ連だけ。
他の諸国は帝国主義でもないし、特に南米諸国や北欧諸国なんてそんなアホな事はしていない。
当時の世界で帝国主義政策が主流だと認識するのは間違いで、
スイスみたいな国もあったんだから的確な表現とは言えない。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:53:47 ID:yG2Tkxu/0
>>264

満州事変と太平洋戦争は日本が引き起こしたんだろ?
他にも仏印進駐や満州国建国があるな。

当時の米国でさえ日本のような事はしてなかった。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:54:28 ID:eh9vqqYr0
露骨な帝国主義?日本が?

え?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:57:19 ID:eh9vqqYr0
確かに満州事変は日本が起こしたことだが

南仏進駐や太平洋戦争を日本が一方的に起こしたと?
甲・乙案を断ったら戦争に突入すると分かってて断った米国は?

え?ええ?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:57:37 ID:yG2Tkxu/0
>>267

そうだろ。満州事変を引き起こした挙句、太平洋戦争を引き起こす。
第三国の立場から考えればどう考えても帝国主義だろ。

大体、何で三国同盟を締結したんだ?何で独伊と組んだんだ?
当時の独伊と組んだのは世界再分割の為だろ。
でなければ、独伊と組む事はないよな。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:58:53 ID:yG2Tkxu/0
>>268

>日本が一方的に起こしたと?
太平洋戦争は米海軍の攻撃によって始まったんでしょうか?

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:00:52 ID:yG2Tkxu/0
太平洋戦争は日本が米海軍を攻撃して
欧米の権益を侵害したが為に発生した戦争でしょ。

どう考えても日本が引き起こしたとしか思えないが。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:02:47 ID:eh9vqqYr0
>>270
暗号解読して譲歩案を受け入れなければ
戦争になると分かっていて受け入れなかった米国無関係と?

え?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:05:03 ID:yG2Tkxu/0
>>272

どうあれ日本軍が軍事行動を起こさねば戦争は起こらんよ。
自らで起こして置きながら米国のせいにするのは無責任。
自らで始めた以上、何で他国の責任にするんだよ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:07:13 ID:eh9vqqYr0
>>271
は?

>>273
少なくとも当時の国際法には戦争起こした方が悪なんて概念無いはずだが?
責任?無責任?

は?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:08:01 ID:yG2Tkxu/0
当時の日本政府を裏からアメリカ政府が操っていたと?
どうあれ日本人が始めたんだろ?アメリカ人か?
裕仁や東条はアメリカ政府のエージェントに操られていたとでも言うの?
日本国民は、軍部は、アメリカ政府の謀略によって操られていたのか?

朝鮮半島分断の責任は日本のせいと主張する韓国人と大差ないよ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:09:54 ID:eh9vqqYr0
>>275
突然、何いってんの?
大丈夫?

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:11:32 ID:yG2Tkxu/0
>>274

善悪の話をした覚えは無いが。
日本が戦争を引き起こしたと述べているだけ。
大体、アメリカに責任があると言うのであれば
アメリカ政府が日本人をロボットのように操作していた事を証明せねばならん。
どうあれそのような証明はできないし、
日本人がアメリカ人の作ったロボットではなかった以上、
日本人が引き起こしたものだと考えるのが妥当。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:13:54 ID:yG2Tkxu/0
>>276

お前が米国にも責任があるかのように言い始めたから、
反論しているんだろう。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:14:09 ID:eh9vqqYr0
>>277
ちょっとちょっと
なんで勝手に飛躍してるの?
責任って何のこと?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:16:02 ID:eh9vqqYr0
>>278
だから何なの責任って?

日本が一方的に仕掛けたって根拠に疑問があるだけなんだが?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:17:35 ID:yG2Tkxu/0
>>279

お前が↓で米国に何らかの責任があるかのように述べたから、
それは違うと言っているだけ。

>>268
>南仏進駐や太平洋戦争を日本が一方的に起こしたと?
>甲・乙案を断ったら戦争に突入すると分かってて断った米国は?

>>272
>戦争になると分かっていて受け入れなかった米国無関係と?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:18:51 ID:eh9vqqYr0
>>281
だから責任って何?
大丈夫?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:18:59 ID:yG2Tkxu/0
>>280

>日本が一方的に仕掛けたって根拠に疑問があるだけなんだが?
太平洋戦争は誰が引き起こしたか?
太平洋戦争は誰が始めたか?
太平洋戦争は何処の国が始めたか。

それはアメリカでしたっけ?

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:20:14 ID:yG2Tkxu/0
>>282

お前が米国にも何らかの原因があねように述べたから、
それは違うと言っているだけだ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:25:05 ID:eh9vqqYr0
そりゃ原因あるでしょ
戦争になるって認識しててそうなるように仕向けたんだから

で、責任って何?ちゃんと説明して何の責任なの?
何に対する責任?

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:27:56 ID:yG2Tkxu/0
>>285

>何に対する責任?

自らで戦争を引き起こして真珠湾を攻撃して
欧米が巻き込まれる戦争を引き起こした責任だ。
日本が引き起こした戦争のせいで欧米人や多くの諸民族は戦災を被る事となった。
日本人は他人のせいにすればいいかも知れないが、
戦争被害者からすればそうはならない。
日本人の引き起こした戦争のせいで多くの人々が傷つく事になったのだから。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:29:09 ID:yG2Tkxu/0
自らの行動には責任を持つべきでしょ。
自らで戦争を引き起こした以上、何の責任もないとは言えませんからな。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:32:15 ID:eh9vqqYr0
>>286-287
は?
戦争を起こした責任?

え?
頭大丈夫?

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:38:46 ID:eh9vqqYr0
意味ワカラン
戦争起こした事に対して責任をとれ?

んーやっぱり意味ワカラン

290 :武蔵国 ◆xvTedAfyD. :2006/10/23(月) 23:39:24 ID:NzT3fFvmO
NGID:yG2Tkxu/0

お前みたいな携帯厨な消えろ。
俺のスレを汚すな。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:39:27 ID:yG2Tkxu/0
>>288

頭が可笑しいのはお前だろ。
お前の頭の方がいかれている。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:40:50 ID:yG2Tkxu/0
>>290

お前が消えろ。この世から消えろ。
武蔵国 ◆xvTedAfyDは死ね。
武蔵国 ◆xvTedAfyDは自殺するべし。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:42:01 ID:yG2Tkxu/0
>>289

他者に対して迷惑かけて置きながら何を言っているの?
人が死んでいるんだよ?

294 :武蔵国 ◆xvTedAfyD. :2006/10/23(月) 23:42:27 ID:NzT3fFvmO
さて、東條閣下を称えるスレ再開


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:43:30 ID:yG2Tkxu/0
武蔵国 ◆xvTedAfyDはいいから早く自殺しろよ。
目障りだし貴様は生きてても価値が無い。

武蔵国 ◆xvTedAfyDは死ね。

296 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/10/23(月) 23:44:39 ID:NzT3fFvmO
トピ間違えた

>>293
人に死ねという奴が言っても説得力無いなw

297 :武蔵国 ◆3qPUM3f0HI :2006/10/23(月) 23:46:07 ID:NzT3fFvmO
やはり東條閣下は偉大だな。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:51:06 ID:eh9vqqYr0
偉大とは思わないが
最後がカッコ良かったな確かに
「責任は全部自分にある、天皇はじめ他の者に一切の責任はない」

ちょっとカッコよすぎますぜダンナ

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:09:38 ID:r582dh1X0
しかしそりに至る前のgdgdな自殺未遂が東条の評価を落としている
ことも否定できんな・・・

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:58:40 ID:FxZnRdqq0
戦争を始めて部下には捕まる前に死ねと言っておきながら
いざ自分が捕まりそうになった時はびびって死にきれず
結局敵に処刑された人

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:14:57 ID:HnimxuNw0
公に引き出されてやってたことが明るみに出て処刑されるのが嫌で
自殺しようとしたけどビビって失敗。頼みの綱の銃もとりあげられて
自殺も出来ないからって最後の悪あがきで大向こうを張ってみたけど
やっぱり処刑からにげられませんですた、ってそんなに格好いいことかね。
俺にはサパーリわからん。


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:44:10 ID:WwNIXQQs0
責任厨はかなわんね。

ヒトラーは伍長である、私は陸軍大将。
ただ机にしがみついた役人だ、あなたの隣にもいるでしょ



303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:58:54 ID:llwZhby50
>>301
少なくともお前のクサレた人生よりはカコイイ人生な事は間違いないぞ?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:04:19 ID:jREn1f3JP
>303
少なくとも、>301が数百万人の日本人を死なせ
国中を焼け野原にし
海外資産をことごとく喪うようなヘマをしてない限り
東條「狂言自殺」英機よりは断然かっこいいと思うぞ

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:24:35 ID:HnimxuNw0
つまり、>303のように単純逆上バカみたいな人にとっての
『カッコよさ』ってことなんですな。

珍走族ヘッドがカッコいいみたいな感性でないとわからんよ、そんなの。



306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:29:20 ID:v8XZzx8WO
>>304
^^妄言ほざいてんなよカス

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:38:48 ID:PpOg/Qy80
>>298
バカな東條は天皇の命令に自分たちが背く訳がないと天皇に責任を擦り付ける発言をして、天皇を不起訴にしたかった米軍を慌てさせる。
バカな東條は米軍から色々レクチャーを受けてようやく自分の発言の意味を理解?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 09:09:12 ID:jpIT14PR0
生真面目な人だったからな。バカの評価は見当違い。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:37:37 ID:j7+4vZf4P
生真面目であろうと馬鹿である事には違いない

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 13:19:52 ID:SVcTzuCM0
無能な怠け者より、生真面目で勤勉な馬鹿の引き起こす被害が
一層大きいというしな。


311 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 01:49:40 ID:5m9JyGAw0
東条を持ち上げている奴って真正のマゾヒストではないか?
庶民が特攻を行い、兵卒として戦場に出向いて死に、戦災で苦しんでいる時、
自らは処刑されるのが嫌で自殺して逃げようとしたんだぞ。
自らで無謀な対米開戦を推し進めたのにな。

裕仁と言い、上の人間と言うのはこんなのばっか。

A級戦犯を神として崇めて崇拝する奴って理解できない。
庶民からすれば無責任な迷惑者でしかないのに。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 01:52:53 ID:5m9JyGAw0
日本人って中国叩きと言い、自分より下の立場の弱い奴に対しては容赦ないな。

あの戦争で最も苦しんだのは庶民で、最も不利益を被ったのは庶民。
軍部連中や天皇など庶民からすれば無責任な迷惑者でしかないよ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:45:30 ID:cPwOaheL0
>>313
まあ外人にはワカランだろうね。
日本人はね、死んだ者を悪くは言わないんですよ
ずっと恨みばかりを引きずる国の方には理解できないでしょうが。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 07:16:03 ID:pxiKQ9Bh0
「東條口供書」が市谷法廷に提出されたのが前年、昭和二十二年(一九四七)十二月十九日、
東條大将自身が証言台に上がったのが十二月二十六日、
キーナン主席検事の反対尋問とウエッブ裁判長の尋問が終了したのが昭和二十三年(一九四八)一月七日のこと。

 全文二百二十ページ、ブルウエット弁護人による英訳の朗読に三日間を擁したこの
「口供書」の末尾で、東條元首相は次のように断じていた。

<終わりに臨み−−おそらくこれが当法廷の規則の上において許さるる最後の機会であろうが−−私はここに重ねて申し上げる。
日本帝国の国策ないしは当年合法にその地位に在った官吏の採った方針は、侵略でもなく、搾取でもなかった。
一歩は一歩より進み、また適法に選ばれた各内閣はそれぞれ相承けて、憲法及び法律に定められた手続きに従い、
事を処理して行ったが、遂に我が国は彼の冷厳なる現実に逢着したのである。
当年国家の運命を商量較計するの責任を負荷した我々としては、
国家自衛のために起つということがただ一つ残された途であった。我々は国家の運命を賭した。
しかして敗れた。しかして眼前に見るが如き事態を惹起したのである。
戦争が国際法上より見て正しき戦争であったか否かの問題と、
敗戦の責任如何との問題とは、明白に分別の出来る二つの異なった問題である。
第一の問題は外国との問題でありかつ法律的性質の問題である。
私は最後までこの戦争は自衛戦であり、現時承認せられたる国際法には違反せぬ戦争なりと主張する。
私は未だかつてわが国が本戦争をなしたことを以て国際犯罪なりとして勝者より訴追せられ、
又敗戦国の適法なる官吏たりし者が個人的の国際法上の犯人なり、
又条約の違反者なりとして糾弾せられるとは考えた事とてはない。
 第二の問題、即ち敗戦の責任については当時の総理大臣たりし私の責任である。
この意味における責任は私はこれを受諾するのみならず、
衷心より進んでこれを負荷せんことを希望するものである>

閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 江藤 淳 (著) p284
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167366088/

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 07:44:39 ID:xTQWgNQQP
>314
死ねばなんでも許してもらえると思ったら大間違い

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 14:00:56 ID:eWwWJEmi0
>>250
> 拳銃の撃ち方もろくに知らない

百歩譲っても、「自分を撃つ撃ち方を練習する」機会と言うのはあまりなさそうだが。
いま現役の軍人(日本以外も含めて)は、そういう訓練をしているんだろうか。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 14:36:34 ID:eE+wh8Dy0
普通の射撃では、当たるかどうかが問題なのでボディ狙いもあるが、
当たらない心配の無いのなら、失敗しない頭を撃つのが常識。

こんなの、リアル軍人でない田宮二郎だって知ってたぞ。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:21:04 ID:5m9JyGAw0
>>314
俺は外人ではないけど?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:29:26 ID:5m9JyGAw0
裕仁や東条は無責任だと思うよ。
庶民が戦災で傷つき、庶民が兵隊としてとられて戦場で死に、
庶民が特攻隊員として自殺攻撃をしていた時、
裕仁や東条は自らで清く責任を取るマネはしなかったからな。
裕仁や東条は何より上の人間なんだから、
下の人間より責任を感じて諸国に謝罪するなり
自らが全責任を被って処刑される位、できた筈だ。
しかし東条なんて自殺して逃げようとしたり
裕仁は大元帥の癖して諸国に謝罪して回ったり、
自らが全責任をとって東条や軍人たちの代りに処刑されると言う事はなかったもん。

庶民が庶民として課せられた義務は守っていた時、
結局、東条や裕仁なんて上の立場の人間に課せられた義務を守らなかったんだ。
庶民にはひもじく苦しい思いをさせるくせに自らは何の責任もとらない。

是って、金正日に似ているな。
庶民は飢餓で傷付けるくせに、自らは責任をとらない。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:34:18 ID:5m9JyGAw0
裕仁や東条に好感を抱けないのは庶民には苦しく苦い思いをさせるくせに、
自らは楽している所だ。

どうあれ庶民が庶民として課せられた義務をちゃんと守っていた時、
裕仁や東条なんて庶民より楽な思いをしていたからね。
多くの日本の青年が特攻隊員として自殺攻撃をしていた時、
敗戦した責任や周辺諸国に迷惑をかけた責任などとらなかったもん。

裕仁が中国に対して謝罪した事がある?
謝罪したのは明仁であった、裕仁なんて謝罪も何もしていないんだから。
実際、明仁が詫びた事はあるけど裕仁が詫びた事はないよ。
子供に迷惑をかけている裕仁に好感なんて持てる?
戦中の大元帥は裕仁なんだから、裕仁こそが謝るべきなのに、
戦中の首相でもない人間が謝っているのだからな。

どうあれ裕仁なんて評価には値しない天皇だな。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:38:01 ID:5m9JyGAw0
戦中の首相でもない小泉とかが謝罪しているけど、
東条や裕仁は子孫に迷惑をかける前に自らが全世界に向かって清く謝罪すべきだったな。

明仁にまで謝罪させているからな。
裕仁は戦中の大元帥でもあるくせに無責任だと思う。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:47:03 ID:5m9JyGAw0
日本人って本当に解らない。
日本の無名の青年は歴史に名を残して後世の人間から称えられる訳では無いのに、
特攻隊員として死んで言った。
特攻隊員として死んだ青年は、日本人としての義務を果たしたんだ。

対する裕仁や東条って?
地位だけは高いくせに自らで責任を取った訳でも、
自らで全責任を引き受けたり、諸国に謝罪した事はないよね。
それに自らが特攻隊員として死んだ訳ではない。

俺は東条は靖国に祭られなくてもどうでもいいし、
特攻隊員なら未だしもA級戦犯は靖国に要らないと思う。
彼らなんて無責任な迷惑者でしかないだろ。

324 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/10/26(木) 20:23:04 ID:sKFYbUpkO
また、責任がどうとか謝れとかほざいてる厨房が湧いたか

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 20:36:54 ID:5m9JyGAw0
特攻隊員に志願して、
自らで戦争を始めた訳でも自らで日本を危機的状態に貶めた訳でも無いのに
日本人としての義務を果たした特攻隊員は尊敬する。

だが裕仁と東条は嫌いだ。日本人の鏡でもなければ、人間としても評価できない。
自らで戦争を始めて日本を敗北させ、
しかも周辺諸国民に多大な迷惑をかけながら自殺して逃げようとした。

特攻隊員は偉大だよ。尊敬に値する。
歴史に名を残して後世の人間から永遠に称えられる訳でも無いのに、
地位も名誉もお金も異性も何も関心を持たずに
ただ守りたいと言うだけで自らの命を消滅させたのだから。

東条など評価にも値しない。日本人の恥だ。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 20:47:47 ID:xTQWgNQQP
>325
志願じゃないよ。
日本お得意の「志願と言う名の強制」(w

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 21:26:30 ID:SG1PREjI0
昭和天皇も指摘してたけど東條って部下を見る目なくね?
富永とか田中とか牟田口とか・・・


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 21:30:49 ID:lBwqMs0a0
>>326
はいはい広義の強制広義の強制

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 21:47:55 ID:T6TA/R3B0
>>325
俺は敬意は払うけど尊敬はしないな。
当時の社会情勢とかから言えば彼らが志願せざろえなかったのは解るし同情もする。
しかし、戦後殆ど口をつぐんで無能な元上官に唯々諾々としたが居続けたのは怠慢だと思う。
本当に自分たちでこんなのは最後にして欲しいと思っているならもっと語るべきだろ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 22:33:34 ID:ZOs8k2ao0
全員目をつぶれ、予科練を志望するもの一歩前へ

全員目をつぶれ、特攻隊を志望するもの一歩前へ


331 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/10/26(木) 23:33:58 ID:sKFYbUpkO
>>ID:5m9JyGAw0
必死で陛下や閣下を貶してるのはわかった。
だが特攻隊云々はスレ違いだ。

あと、短い文章でわかりやすく書け。
思いつき連投厨なのはわかったから。

雑談系2の厨房!へ帰れ。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:38:27 ID:5m9JyGAw0
>武蔵国 ◆ga0MwilsDE

貴様は目障りだから死ね。
今すぐに自殺してください。お願いです

武蔵国 ◆ga0MwilsDEは死んで!!!!!
武蔵国 ◆ga0MwilsDEは死んでよ!!!!!!

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:16:36 ID:9lCkNydE0
>>331
同じ奴が粘着してるみたいね、このスレ
つーかここ最近、太平洋戦争関連のスレッドにこいつ沸きまくってる
主張が浅はかで同じことしか言わないからすぐわかる

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 02:14:40 ID:ZPvC/Q/T0
特攻志願者は丸印を付けなさい

熱望
希望
辞退



酷すぎ・・・・・・・



335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 19:26:39 ID:QzkR07Mt0
嫌なら辞退に○付けろ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 22:15:37 ID:fJyqgrs60
貴様!死ぬのが怖いのか?!
貴様のような根性腐った非国民はビルマで根性をたたき直してこい!



といわれるのがオチだよ。実際特攻隊員の多くが「臆病者」といわれるのが嫌だから志願したというしな

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 22:33:41 ID:k0GlPMXeO
>>333
その粘着、知識が圧倒的に足りない。まー、知識量で優劣は決まらんと思うが、態度も姿勢も宜しくないw
そいつ嫌いだ。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 23:17:47 ID:77rDNYJN0
>>337

俺は暴言を吐かれねば暴言を使用する事は無い。
>>337は死ね

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 23:18:34 ID:77rDNYJN0
>>333

お前も死ね。自殺しろ。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 23:56:07 ID:77rDNYJN0
殺虫剤ならぬ殺jap剤でもあれば>>337に吹きかけてやりたいわ。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:05:29 ID:I4uO5beM0
そのままてめぇに掛けて死ねや厨房w

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:13:24 ID:xhZSsHHp0
>>341

死ね。お前は自殺しろ。
貴様は生きている価値がない。
お前は死んで欲しい。
お願いだから死んでください。

>>341は死ね

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:27:28 ID:IdbLRWXR0
>>334
選挙名簿に「金正日」しか名前がない投票用紙みたいなモンだなw

344 :武蔵国 ◆xvTedAfyD. :2006/10/28(土) 01:21:58 ID:PFle0cHoO
変なウジ虫が湧いてますが、
無視して偉大なる東條閣下を称えましょう。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 01:40:30 ID:I+tp5nKC0
昭和天皇が東條英機に全幅の信頼を寄せていたのは、独白録からも窺える。
靖国御親拝が途絶えた後でも、東條家に勅使を送っていたことからも、東條への
思い入れの深さが伝わってくる。

東條がもっと早く昭和天皇の聖慮=平和=不戦に気づいていたら、あるいは
陸軍の暴走を防げたかもしれない。東條は「昭和天皇が平和を望んでいる」こと
を知った途端、戦争回避の道を命がけで探ったのはよく知られるところ。

東條はもっともっと評価されて良い。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 01:55:06 ID:h5+R8Lbo0
命がけと口では言ってたかもしれんが、例によって口だけ。
本当に命を狙われるようなことは避けてるよな。


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 01:57:54 ID:I+tp5nKC0
お前もな

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 02:03:24 ID:k1FmDN870
>345
バカか?

近衛内閣の陸軍大臣として戦争回避の道を全てぶっこわしといてよく言うぜ

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 04:24:27 ID:2zJyIxTI0
自殺に二回も失敗したんだね
これは頂けない

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:46:40 ID:X5WtgoY70
最後の不公正裁判で頑張った以外に
偉大な点が出てこないスレだな

351 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/10/28(土) 08:16:34 ID:PFle0cHoO
東條閣下を称えましょう。
ここはそのためのスレです。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 14:47:46 ID:12EKzLtf0
>>349
する気がなかったのは明白
ただのポーズです
本気だったら、MPが家を包囲する前にやってます
本気だったら看守にきがつかれないようにやります

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 20:52:18 ID:rKeanBc/0
>>351
東条閣下の偉大さはいかに国家指導者がいい加減で国民のことをこっれぽちも考えていないかということを身をもって証明したことです

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 21:59:44 ID:uwWr8Prf0
      ..,,,,,ll,,,,,,,|||Illllla,,_
      : .,,,illlllll゙゙¬゙|ll|l》゙|ト砲,、
     、,llllll゙゙`″  : : `:   ``ミi、
    .:ll感l″          ..゙lL
    ..,,,l巛゙l,!:      、 i、    法
    .i'フ,,l,゙l": .:igl絲!llト:″|: .,,,,iig,,,,永
    .`;ll,lト  : ]″_,,,,,┐._ .,i´  .゙て″
    : ;,lレ-・''゙‐'ゼ゙゙”`,ア~`゚゙|,゙゙゙゙lト,レ⊥
   广'i、ァ   ゙゙‐'‐'" : :::  ゚"ー'″ .|i、
   .;ヒ'::;,il|      _.:::::::  .=@  ||  
   .'fi,;゙l;ヒ  : : ;:  :":・lll゙l,.'l・!°   |′
     ゙'!,,,い:    ,‐ .,!.gl,,|i,,j,,\  .,l゙   <東條こそが、真の愛国者である。
      .”゙l   /゜,,,,,lwew-ii,, ゝ ,l′
       ll,  ゜,,l゙`:;,,,,l,ll,,、.゚ト.,,i´   
      ,,,i'llr゚''ri,,,,,_ : :   : : _,r°
    ,,,iilllli,゙h,、`゚゙゙゙lllllllllilllllll"】


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 22:02:38 ID:uwWr8Prf0
|__, ===─i=r === 、_, -‐'{.トl|
  /f'il -=ユヾj  {.l にニ=‐}}    レ'´゙! 大日本帝国万歳!
  ヽ_}ヽ '´ ̄  /  ヽ  ̄` .ノ     rj/   帝国陸海軍万歳!
   l `=='/     ヽ= '      /   天皇陛下万歳!
    l     /{,. -、_, -、j\        !  
     l   /  /lllllllllll\  ヽ    l

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 22:36:56 ID:xhZSsHHp0
裕仁といい東条といい日本と言う国は上を見れば無能な役立たずで、
下を見れば有能な愛国者ばかりとは日本もまた変な国ですね。
上が無能すぎるのなら特攻隊や兵卒がどれだけ頑張っても日本は滅びるだけです。
兵卒が米軍の攻撃を食い止めていた時、
裕仁と東条は何をしていたのでしょうか?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 22:54:03 ID:w6U3bgnM0
【英雄】桂歌丸【軍神】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1162041744/l50


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 14:34:03 ID:JrbG1WHd0
         ,  -─-
       , -'´       `丶、
      /            \
     /                  ヽ
    /            _     ',
   l   -‐  --──-- _     |
   |  /`ヽ、    , -- 、     __,|  
   |__, ===─i=r === 、_, -‐'{.トl|
  /f'il -=ユヾj  {.l にニ=‐}}    レ'´゙!   
  ヽ_}ヽ '´ ̄  /  ヽ  ̄` .ノ     rj/   
   l `=='/     ヽ= '      /   ゴミ箱をのぞいておった。 
    l     /{,. -、_, -、j\        !
     l   /  /lllllllllll\  ヽ      l      
     ! { llllllllllllllllllllllllllヽ }     /      
      ',  '´  ̄二 ̄ ̄ `   /jヽ      
      \           //  l
        | \____/ '´     !     以上だ!!
     .__| |\ \_,. -‐'_, ‐i       }─-
_,. -‐'"´ | |  l | r‐'´  。 |    /
      

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 22:09:05 ID:8N0Vom230
アメリカの非道な反日政策を見れば、日本としてアメリカに迎合できなくもなる。
ここまで馬鹿にされて黙っていられるかと。

でも、対米開戦が決定するまで日本政府は忍従に忍従を重ねて対米戦争回避のための
外交努力を続けていたんだよね。

当時は世界中の先進国が帝国主義国家であり、世界中で領土の奪い合いをしていた。
日本にとっての脅威は最初はソ連だけであったが、後にシナの利権に目をつけたアメリカ
も日本の脅威に変わって行ったのが不幸の始まりだったのだろう。

シナにアメリカの権益を認めていれば、対米戦争が回避されたのは間違いの無いところ。
アメリカが当時の日本をいじめ過ぎたのが最大の不幸だったと思う。



360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:02:30 ID:Mp3DJ0Qc0
>でも、対米開戦が決定するまで日本政府は忍従に忍従を重ねて対米戦争回避のための
>外交努力を続けていたんだよね。

東條が全部ぶっ潰したけどなーwww


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:12:51 ID:7Bko8hf+O
>>360
彼は開戦を決断しただけだろう。
あの時は誰がなろうが対米開戦は不可避だった。


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:13:13 ID:n3Zw0bFB0
m9(^Д^)プギャー

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:17:07 ID:Mp3DJ0Qc0
>>361
近衛内閣の陸軍大臣は誰だったかな
対米和平の道を閉ざしたのは誰だったかな?

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:17:30 ID:7Bko8hf+O
煽るしか能が無い


この板は完全にチョンの巣窟と化したか…

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:20:09 ID:+rGfnrG/0
>でも、対米開戦が決定するまで日本政府は忍従に忍従を重ねて対米戦争回避のための
外交努力を続けていたんだよね。

あなた本当に当時の日本のこと知ってるの?疑問です。
日米交渉のこと言ってるみたいだけど、背景と経緯きっちり
勉強しましょう。



366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:20:37 ID:DmxWlVQB0
当時の世界で露骨な帝国主義を示していたのは枢軸とソ連だけ。
米英仏は新たに領土を獲得したり権益を得る為に武力で訴えるマネなどしてない。

だから当時の世界で帝国主義の嵐が吹き荒れていたなんていうのは基本的に間違いだな。
米英仏は十九世紀に獲得した権益を守っていたに過ぎないんだし。

大体、第一次大戦後、英国は同盟国から没収した領土を併合したり
新たに獲得するマネなんてしなかった。
オスマン帝国から取り上げたイラクも1922年に独立しているし。
カナダやオーストラリアも19世紀後半、二十世紀初頭に独立しているし、
枢軸は時代情勢を読み間違ったと言えるな。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:26:26 ID:TGhjFgz20
>当時の世界で露骨な帝国主義を示していたのは枢軸とソ連だけ。
>米英仏は新たに領土を獲得したり権益を得る為に武力で訴えるマネなどしてない。

ごめん。大笑いしてしまったwwwww




368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:28:01 ID:DmxWlVQB0
第一次大戦後に同盟国から没収された領土が
委任統治領という形で戦勝国側に併合される事も無く領土にされなかったのはその為。
第一次大戦後には新たに領土を拡大して国土を広げようなんて空気は世界全体ではなかったんだ。
だからイラクの場合は1932年に独立しているし、英国の領土にはならなかったんだな。

枢軸国は基本的に遅れた思想を頑迷に崇拝していただけに過ぎない。
二十世紀初頭なら未だしも第一次大戦後には新たに領土を獲得しようだなんて
思想は戦勝国にはもうなかったのです。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:29:51 ID:+rGfnrG/0
>当時の世界で露骨な帝国主義を示していたのは枢軸とソ連だけ。
>米英仏は新たに領土を獲得したり権益を得る為に武力で訴えるマネなどしてない。

これで大笑い?なぜ?
たぶん根拠ないんだろなァ。。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:32:36 ID:DmxWlVQB0
>>367
>>369

米国がメキシコやフィリピンから領土をとったのは第一次大戦後ではないし、
英国やフランスも第一次大戦後に国土を拡大させようとか武力で権益を得ようとしているマネなどしていない。
第一次大戦後も旧来の帝国主義を信奉し続けたのは枢軸とソ連だけ。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:39:15 ID:DmxWlVQB0
二十世紀初頭なら未だしも
第一次大戦後には旧来の帝国主義など通じなくなってしまったんだよ。
米英仏だって全世界を侵略しているだろうが、と言う奴がたまに居るが、
米英仏が全世界を侵略していたのは19世紀とそれ以前のお話。
日本や欧米が全世界を侵略していたからと言って、
今の時代に帝国主義が通用するかと言うとそうではないだろう?
現に中国なんて帝国主義後進国だから非難されまくっているしな。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:43:21 ID:7Bko8hf+O
>>363
対米和平の道を閉ざしたのが東條1人の責任か?

笑止。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:46:26 ID:+rGfnrG/0
かなりの中心人物だったのは確かだね。
だって陸軍大臣だもん。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:48:09 ID:mlNEfBXU0
>>371
侵略はダメで植民地支配がいいというのは無茶苦茶かと思われるが。
その点は、イギリスの美辞麗句偽善政治家セシル卿とかの限界だよね。

ちなみに、第一次世界大戦後に侵略をした国は、
フランス(ルール占領・ザール)とか(分離派を裏で扇動)、
ギリシャとか、いろいろあったように思うよ。


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:52:28 ID:mlNEfBXU0
>>372
>>373
まず、統帥部の責任でしょうな。
海軍軍令部、陸軍参謀本部に問題あり。
それから、意識的に日米戦争を希求した海軍省部少壮幕僚に責任あり。

さらに、甘い見通しで南部仏印進駐をやった松岡以外の近衛内閣重要閣僚に責任あり。
その一環として東條にも責任があるということでしょう。

もとより、近衛首相の指導力不足に最も大きな問題があったことは事実としてね。

防共駐兵うんうんはほとんど日米交渉の進展に関係がなかったかと。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:53:37 ID:DmxWlVQB0
>>374

植民地支配なら日本もしているだろう?
台湾や琉球なんて典型的な日本の植民地ではないか。
昔、通用していたルールが今も通用する訳ではないだろう?
日本人が台湾を領土にしていいなら中国人も台湾を領土にしていいと中国人に
言われた場合、中国嫌いは今はそんな事は許されないとか言い出しそうだが。

一つ指摘して置くが米英仏と言った国々は既存の権益を守っているだけだ。
新たに奪った権益を守ろうとしたのとは違う。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:55:29 ID:DmxWlVQB0
>>347

フランスのルール占領はルール併合ではないのでそこら辺を宜しく。
占領=侵略なら、アジア解放を訴える右翼の主張は脆くも崩れ去る。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:00:26 ID:mlNEfBXU0
>>376
日本を美化する必要などないわけで、その植民地支配も侵略も美化はできない。
ただ、英米仏も美化できないというだけさ。

権益を守るとは、圧政を維持するということ。
さらに、ザールやらラインラントやらに食指をのばすフランス、
委任統治領という名目で権益を拡大するイギリス、
どこにも美化できる点なんてない罠。
口当たりのいい名目をつけて、植民地支配を拡大したって悪は悪だな。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:02:18 ID:XoqEQ2kj0
>>377
ザール、ラインラントに対するフランスの工作を研究したほうがいいと思われ。

それから、俺は別に日本を美化するつもりなんて毛頭ない。
ただ、米英仏(ギリシャもかな)など到底美化などできない、ということをいっているだけさ。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:29:21 ID:z1Ss4XH70
当時の日本を美化する必要は無いが、対米戦争に追い込まれた教訓は現代に生かさなければ。

現代社会に生きていても感じることは、
1.アメリカ人は基本的に日本人を馬鹿にしている。ビジネスの場で話をするとはっきり分かる。
2.中国人は日本人に遅れをとったことを非常に焦っている。敵意は見せないが競争心むき出しの人もいる。

現代においても、アメリカ人の人種差別意識は強い。明治〜大正〜昭和初期には、日本人は下等な有色人種
のくせに、ロシアを破り、正論を吐いて領土を増やす不気味で生意気な猿野郎だと思われていただろうなぁ。

東條に会って直接話しをしたことがないから分からないが、昭和天皇の評価が悪くないことをみると、決して
馬鹿でもないし、慇懃無礼な政治家でもなかったと思われる。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:34:25 ID:6V9+ZpQ20
>375

松岡は松岡で南仏進駐に繋がる蘭印協商ぶっ壊した立役者の一人だし、
御前会議でも進駐しても「絶対とはいえませんが、まず大丈夫でっしゃろなー」ってな
こと言ってるし。なんでそこで松岡が除外されるのかわからんな。


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:38:26 ID:XoqEQ2kj0
>>381
南部仏印進駐に、松岡はそれまで一人で反対しているよ。
逆に言えば、政府・軍部で南部仏印進駐に反対した主要人物が松岡だけ。

細かい発言を持ち出して松岡を非難するなら、
自称穏健派の連中には、何十倍もの責任を負わせなくちゃならない。

三国同盟となると松岡は推進派だが、そこまでさかのぼるのか?




383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:41:37 ID:V7dxdcadO
松岡的には。
南に手を付ければ大事になると我輩は予言す。
でもみんながしろしろ言ってるから、うーん…大丈夫かもしれないし。

ちなみに外相松岡には南部仏印進駐の責任は無い。豊田にあるとおもう。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 06:00:31 ID:bI2neAe5O
上げ

385 : ◆SxYNdMfFFs :2006/11/02(木) 06:49:52 ID:b00GUzJB0
結局、自らで戦争を始めながら
戦争に追い込まれたと述べている時点で
何も進歩などしてないんじゃないか。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 09:59:14 ID:+uVaRDi00
>382

松岡の場合、米と戦争になるから反対とかってよりも、ただただ北に進みたかった
ってー感じだな。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 10:18:39 ID:4OxdzMRPO
松岡はとにかくアメリカとの戦争だけは回避したかった感じだが

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 16:56:19 ID:jb1fyjsb0
>>386
どうせ日米戦はドイツ頼みなんだから、
ちょっとでもドイツを救援しようとした松岡のほうが戦略的にはマシ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 17:56:52 ID:1SLFrY/E0
日本版民間防衛
ttp://whss.biz/~bouei/

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 22:13:46 ID:8cvKevRa0
>>388
正解

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:08:45 ID:ABwGUZkV0
>>388

元々アメリカ頼みだったのを、トチ狂ってドイツに擦り寄っただけ。


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 05:28:13 ID:Yf9y5yz90
そのアメリカと揉めてるんだからしょうがないでしょ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 09:48:09 ID:apU2XRZIO
上げ

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 14:17:19 ID:sGG8YITe0
http://mil.homeip.net/kako/image/1055.jpg

夢だったというオチで…。


395 :公爵近衛文麿:2006/11/05(日) 21:50:44 ID:e2ZJ0e0mO
東条英機のオールナイトニッポン

396 :松岡洋右:2006/11/07(火) 23:11:32 ID:fAjZzL0zO
東条英機のオールナイトニッポン!

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 23:49:50 ID:j1S5Qe3X0
たまたま同じ苗字で子供の頃いじめられたことがある
全然東條英機とは関係ないのに

398 :陸軍大将東条英機:2006/11/08(水) 00:24:49 ID:nHqgxVzvO
東条英機のオールナイトニッポン!おっほん!天皇陛下万歳!\(^O^)/

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:51:20 ID:Grrvot6lO
なんだかなあ

400 :陸軍中将石原莞爾:2006/11/08(水) 23:47:44 ID:nHqgxVzvO
東条英機のオールナイトニッポン! ふん!( ̄^ ̄)

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 17:25:48 ID:vBEMF7GlO
上げ

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 23:35:08 ID:SJ1Dw3090
姜尚中さんの本を読めば
愛国心を持つことは間違いだということに気がつくよ。
だから姜尚中さんの本は生きてるうちに1冊は買っておいたほうがいいよ。
じゃないと世間の笑いものだよ。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:21:29 ID:UeJCrwpI0
東條の最大の問題点は、自らが外交・政治音痴であるのに優秀であると勘違いして政治家になったことだな。
外交をまともに理解していれば、米国との戦争がどんなに無謀であったか理解できたはず。ま、それができないところが、外交音痴の所以だが。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 18:05:33 ID:ddoDmtMA0
>>402
マルチは氏ね

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 18:54:49 ID:r26BrsHpO
東条は上から命令されたから陸軍大臣になったし首相になったんだろ?
自ら政治に進出したわけじゃないと思うのだが。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 21:20:53 ID:q3QvBsuLO
東条はやりたくて総理になったんじゃないよ。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 21:58:08 ID:XZ1UGUU+0
永田鉄山が生きていれば…

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:38:26 ID:FQbkQzdYO
>>403
東條閣下が元々政治家を毛嫌いしてたってわかってる?


409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:49:22 ID:QouUYoh30



日本のサヨクは日本を思ってくれている。 http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1163425340/l50

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:58:01 ID:/EmI9ouu0
日本のことを思って日本に共産主義導入かえ?

411 :家政婦は見ていた:2006/11/15(水) 08:12:44 ID:ndZ3rMTw0
東條英機自殺では、下記21の矛盾点を一切払拭出来ない。下記の矛盾点はすべて一点を指し示している。「沈黙、弁解せず。一切語るなかれ」が鍵となり、米国、東條英機を撃ち、自殺捏造の一点を導き出した。この一点で、下記の矛盾点すべて一瞬に氷解し、画竜点睛となる。
http://www.tofu-ryohin.co.jp/siten.htm
中国韓国北朝鮮愚民政策隠蔽用日本極悪捏造教育
http://www.tofu-ryohin.co.jp/hanniti.htm


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 18:09:26 ID:3Ad5L1aN0
>>408
軍の行動に制限を加えようとする、天皇以外のすべての政治家、学者、言論人を嫌っていただけでしょ。
政府を軍の御用機関扱いすることで省部の人気を得たのだろ。

首相になってから戦争回避しようとしたって駄目。
どの集団の利益を代弁していたから総理になったのかは明白。





413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 00:48:14 ID:d596EzoX0
http://www.youtube.com/watch?v=lOTwzsI0e1Y
http://www.youtube.com/watch?v=zLhqTejiClk
http://www.youtube.com/watch?v=F9mhCKtyYRo
http://www.youtube.com/watch?v=7IvNcnCVxDk
http://www.youtube.com/watch?v=f2jAfZng4k0
http://www.youtube.com/watch?v=ItDLN2I9Js8
津川雅彦 プライド/運命の瞬間 を語る 1〜6
http://www.youtube.com/watch?v=v1m20n-xiHE
マッカーサー証言 / 昭和26.5.3 米国上院
http://www.youtube.com/watch?v=NvOzvGKCbQw
A級戦犯はいない!佐藤和男・渡部昇一(6-1)

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 01:10:06 ID:1y57aght0
>>405
>>406
>>408
ちょっと表現が適切ではなかった。政治家になったというより、政治に口を出したことが間違い。
別の言い方をするなら、自分の考えで国を動かそうとしたことが間違い。

政治にうるさく口を挟み、結果として「じゃあ、あなたやりなさいよ。」となって政治家になる。確かに、表面上は本人の希望ではないように見えるが、自分の意に沿わない内閣を全て潰して結果的にお鉢が回ってくるようにしただけのこと。
それは望んで政治家になったのと同意だと思うが。

ま、三国同盟=対米戦争と結び付けられないお馬鹿だから、自分のやったことが自らを政治家にするだろうことも予測できなかったのだろうな。
そういう意味では本人は首相になることまでは望んでいなかったのかもね。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 01:12:05 ID:RiZ+CvF90
東條を首相にしたかったのは、ほかならぬ昭和天皇。


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 01:54:34 ID:yldJlbvP0
>>414
>自分の意に沿わない内閣を全て潰して結果的にお鉢が回ってくるようにしただけのこと。
m9(^Д^)プギャー 具体的に誰が候補に上がってどのように潰したの?


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 03:01:56 ID:hsKh9XKEO
414は何か違うな

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 06:26:55 ID:XHfa7rB50
辻正信を可愛がり、牟田口廉也を面倒見て、富永恭二を寵愛した
部下思い!!偉い!

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:46:17 ID:8y5cVYfy0
http://www.youtube.com/watch?v=lOTwzsI0e1Y
http://www.youtube.com/watch?v=zLhqTejiClk
http://www.youtube.com/watch?v=F9mhCKtyYRo
http://www.youtube.com/watch?v=7IvNcnCVxDk
http://www.youtube.com/watch?v=f2jAfZng4k0
http://www.youtube.com/watch?v=ItDLN2I9Js8
津川雅彦 プライド/運命の瞬間 を語る 1〜6
http://www.youtube.com/watch?v=v1m20n-xiHE
マッカーサー証言 / 昭和26.5.3 米国上院
http://www.youtube.com/watch?v=NvOzvGKCbQw
A級戦犯はいない!佐藤和男・渡部昇一(6-1)

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 21:35:35 ID:C0fXyoBK0
>>418
牟田口は東條派ではない。
辻はどちらかというと反東條派。

421 :連合艦隊:2006/11/19(日) 20:36:36 ID:KmQXddEO0
418様 牟田口中将は皇道派で、相沢中佐の同期生であり仲間です。東條さん
と対極にあります。辻参謀は石原莞爾の子分です。東條さんと二股かけていま
すが基本は石原。富永中将は東條さんの子分。但しこの人の比島敵前逃亡説は
為にする中傷です。重病の富永中将よりさっさと比島から逃げ出した福留大西
を庇うための海軍側の宣伝でしょう。


422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 21:48:52 ID:izGvbjhl0
こいつはただの小役人だ。
軍人の中では比較的、昭和天皇に対して従順だったから
選ばれて首相になれた男だ。
それ以下でもそれ以上でもない。少しも偉大じゃないね。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 08:27:26 ID:czTZJywqP
つまりは、この程度のタマが首相をやってしまっていた、
ということ自体が当時の日本のアレさ加減を示しているわけで。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 11:00:57 ID:Qo4YKOmE0
まぁね、何と言われようとどこぞの半島の王妃の如く国を売り渡そうとしなかったからヨシ。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 15:55:18 ID:C+J8/ra40
死ぬはめになるよりは売られた方が遥かにましだな

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 20:37:10 ID:qeiF4wDP0
>>425
さすが奴隷根性が染み付いた半島ミンジョクは言うことがにくいぜw

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 22:01:47 ID:unCJcpb7O
やはり、東條閣下に勝る総理はいないな

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 16:32:59 ID:9hPOlfrG0
>>426
しかしその民族に舐められてる日本w

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 18:06:34 ID:YPKFE7Fn0
>>428
その内ひねり潰されるけどな糞チョンw

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 05:36:38 ID:9cPiWpzX0
>>429
そうか
まあ頑張ってくれたまえ
世界のスネオ君

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:39:31 ID:4ZvQ+oN30
世界のスネオ?そりゃあどう考えても糞半島の事です。本当にカムサハムニダ

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:04:17 ID:vlj5l5bH0
東条はレイテ戦以前に予備役になっとるがな。
特攻には関係ない。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 01:37:29 ID:6tk9v7a+0
近衛公を追い詰めたことに自己嫌悪はなかったのか?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 20:42:41 ID:2DnNBK1X0
歴史上著名な人物やイベントを占うスレ
ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1164185110/

東條英機を占った結果のまとめ

・明らかに「わがまま坊ちゃん」「お山の大将」なカリスマ闘士。
・頑固で意固地、曲がったことは嫌い
・太陽のサビアンのキーワード「共産主義の活動家が、自分の革命的な理想を広める」 
・集中力が取り得の人なので、神経が散漫になるとヤバイ
・その割に視野は広く目配り気配りが効く。肉体壮健、数字に強い
・結構ええ格好するのが好き。ファッショナブルで、女性心理を掴むのが上手い
・家庭的でもありそうなので、恋愛や家庭生活は幸福だろう
・出世したのはラッキーボーイだったから
・心情的にはともかく、昭和天皇と言葉と言葉では繋がっていた。 
・意志や体力、実務や指導力は一級。でも企画力や調整力、信望はどうも…
・柔軟性や発展性にも欠けるから政治にはちょっと…
・東條が最も力を発揮するのは軍政
・ジムや相撲部屋や厩舎の親方のような仕事に向く 


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 10:02:41 ID:2ejSo0R20
http://www.youtube.com/profile_videos?user=hinomaruojisan
吉野家の牛丼は絶対食べちゃいけません
純粋な日本人は立ち上がらないと本当に在日にのっとられるぞ!
在日は氏ね

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 12:54:13 ID:yi2SYA6F0
東条英機は戦争中、戦死者を靖国神社に奉る際の制限を厳しくするように命令していたそうだ。
英霊の数が増えすぎての処置。純粋な戦死でなければ奉納(?)が許可されないという。
戦後の裁判で死刑になった人々が奉られる事になって、一番驚いているのは当人達かもな…。


437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:13:39 ID:h86heUA90
それなりの力量はあったと思う。が一国の総理をつとめるには
見識がせまかったといわれても仕方が無い。
でも東條しかいなかったのもまた事実。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:18:19 ID:1WSeB2PB0


朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50
朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50
朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50

朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50
朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50

朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50

朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50

朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50
朝日新聞を馬鹿にする人達の愚かな奴らの共通点とは負け組み!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164773189/l50


439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 15:18:37 ID:YJqCbCOL0
孫娘がセイコーをくいものにしてたらしい(あの孫とはまた別人)

440 :_:2006/11/29(水) 18:45:45 ID:J2z5PFZp0
>371 二十世紀初頭なら未だしも
第一次大戦後には旧来の帝国主義など通じなくなってしまったんだよ。
米英仏だって全世界を侵略しているだろうが、と言う奴がたまに居るが、
米英仏が全世界を侵略していたのは19世紀とそれ以前のお話。
日本や欧米が全世界を侵略していたからと言って、
今の時代に帝国主義が通用するかと言うとそうではないだろう?
現に中国なんて帝国主義後進国だから非難されまくっているしな。

んな単純なもんじゃないな。欧米諸国が日本の台頭に相当警戒心を
持って外交貿易面でいやがらせをしていたのは事実だから、開戦は
避けられなかったろうな。


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:47:42 ID:QBlGQQgv0
息子は人殺し欠陥商品を平気で売りつけていた犯罪企業身潰自動車の会長だったな
親子そろって犯罪者

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:13:44 ID:mlVdM6Or0
東条輝雄はゼロ戦の設計に携わってて、戦後はC-1輸送機の設計も
やってる。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:28:24 ID:eaMu53by0
戦後、東條家の人間で一番出世したの誰?

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 00:07:30 ID:oekGBm/ZO
次男じやないかな?三菱自動車会長

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 02:27:35 ID:dMUYqPce0
東条英機はただの戦争屋。
スターリンも東条のことを「東条は戦争することしか考えてないバカ」と言った
気に入らない連中を退役させるやり方はまさしく東条軍閥と言っていい

オレ式極東国際軍事裁判死刑判決
特A、東条、寺内、杉山、永野、松井(南京)、柳川、板垣、石原、武藤、富永、松岡(外務)
A、近衛、牟田口、かわべ(兄)、木村、土肥原、石井(731)、辻(参謀)、賀屋、鈴木(企画)、正力 



446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 02:59:57 ID:w6RrKGGw0
粛清やりまくってるスターリンには流石に言われたくないのでは

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 05:33:35 ID:N7uIhMWq0
>>445
東条は根っからの帝國軍人だからなー
予備役編入は陸軍の常套手段、別にめずらしいことでもない
戦争屋が戦争を止めようとした、これだけでも評価に値すると思うが


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 06:59:38 ID:eL2d0xBw0
リチャードコシミズ氏のYOUTUBEの動画や書籍購入のサイトがリジェクトされて掲示板に
書き込めなくなっている。在日工作員が焦っている証拠だw
そこでより分かりやすいビデオを作成した。
日本の事を思う日本人は見ろ!これが日本の現状だ!
http://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095&q=Loose+Change+2nd+Edition
日本の事を思う方は色んな板にコピペで宣伝ヨロw
その内、このビデオも宣伝できなくなると思うがwww
在日、創価、統一、ユダヤ、安倍、池田犬作必死www
在日氏ねw日本の癌www

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:35:42 ID:LYc5hkFr0
>>447
>戦争屋が戦争を止めようとした、これだけでも評価に値すると思うが 

…とんでもなくヘンな話だよな、これって。
日本ってヘンな国だ。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:52:06 ID:HisyBq/80
東条は戦争屋じゃないでしょ。
単なる軍事官僚。事務屋。
どうみても戦争のプロではない。

しかし息子が三菱のエリートとは・・
乃木とは比較にならんな。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:12:08 ID:KNwVeaoX0
開戦は国民の総意。昭和17年、初めて米軍機が飛来した時、デパートの屋上にいた人は、宣伝の飛行船を眺めるが如くであった由。有史来国土を侵された事なく敗戦の状況は誰も想像出来なかった。
問題は敗戦濃厚にも、拘らず精神論を振り翳した点では。三国同盟が障害で単独講和出来なかった背景もあるのか?

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:15:56 ID:hXX8vBag0
>>451
正確な情報を伝えられていなく、経済格差などもキチンと報道されていない段階で、国民の総意なる
モノを提示されてもw

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:31:13 ID:7LqZFKY70
政府の情報操作で操られた無知蒙昧な人民の総意なんぞ北と同類
心ある人は内心、日米開戦の噂を憂えていた。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:33:16 ID:fn+WV9L6O
東条だって、その節は落涙してたぞ。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:23:09 ID:dMUYqPce0
>>454
それは俗説では?東条は真珠湾攻撃に際しても、
「宣戦布告してから攻撃するなんぞ、奇襲攻撃にならんじゃないか。奇襲攻撃は
宣戦布告前にするものである。絶対にソウすべきである」
と言っていた。だいたい、陛下が長らく「アメリアとの戦争は避けたい」と仰っていた時でさえ、
「アメリカと戦争するのだ」と言っていた奴だぞ。
>>447 戦争屋が戦争を止めようとした
これもよく言われているが、どうだろう。実際何をした?ほんとにそんなことしたか?
南方軍の編制、部隊配置にいそしんでたろ。アメリカと会談やる予定もない。完全にマレー奇襲上陸できるまで時間稼ぎに使っただけ。
中堅を抑えてたのは武藤章である。
東条は正直びびったであろう。自分の一の子分が対米英戦反対なのだから。
対米英戦勃発に際して参謀本部にて。
田中隆吉「これで東条さんは英雄になった」(嫌みで言ってる)
武藤章「だが、失敗すれば国賊だ」(本音)

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:50:44 ID:hXX8vBag0
東京裁判で東条英機を指さして非難する田中隆吉…萌え〜

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:54:29 ID:fn+WV9L6O
>>455
俗説ってなにをもって俗説なんだろう…。場合によっちゃ俗説かもしれんがな。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 12:45:42 ID:VOTdqObM0
東条が首相に就任した時には当時の人の中には戦時体制が完全に本格化した
と感じた人がいるらしいね。その理由としては完全な軍人宰相だったってこと。
それまでにも軍人宰相はいたが首相に就任するとともに軍籍を一時降りたり、
少なくとも首相として公務をするときは背広を着用したりしていたし、翼賛体制
確立の昭和15年以前は最低限少しは政党に配慮したりと軍人色を薄めた行いも
首相になると見られた。しかし東条は首相就任後も現役陸軍大将、そして軍服で公務、
更に憲兵政治と軍人色をしっかりと出した首相だった。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 15:30:36 ID:GzPoNb4k0
外国は東条が首相になったことでああ日本、戦争やるきだなと確信したらしいね

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 15:36:49 ID:braSvEMF0
>>459
誰がそんな事言ってたの?

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 10:47:25 ID:ncZJP6fN0
まあ軍人が首相になれば普通そう思うわな

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 12:25:39 ID:YCZAUPg/0
おまけに東條は日米開戦強硬派として有名だったし

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 01:02:08 ID:q3RSDU1J0
東条を総理に推薦した馬鹿
その一木戸幸一。毒をもって毒を制するというやつだねby陛下
その2阿部信行 東条の側近である憲兵司令官と同郷。説得された
そのV誰だったっけ? 確か武藤章と同郷だったはず

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 19:48:49 ID:dQ83tpHE0
>>462
>東條は日米開戦強硬派として有名だったし

ハァ?w

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 20:01:54 ID:4wvNAHpZP
開戦派じゃんか。
近衛内閣の対米和平案を潰したのは東條だろ

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 00:49:36 ID:bkspzKuo0
>>465
具体的にいってみろ 対米和平案ってなんだ?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 03:42:23 ID:Pr7o16040
逆に考えると最初から戦争するつもりなら東条英機を首相に選ばないと思う。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 05:40:00 ID:tOfS1ZsJO
陛下は敢えて対米強硬派の東條を首相にする事によって
陸軍内対米開戦派を押さえようとしたんだろ。

対米強硬派の頭目の東條が陛下に
『日米交渉を始めからやり直して開戦を回避せよ』
って直々に命ぜられたんだぜ。

陸軍大臣兼首相とか、陸軍は飴を貰ったよーに喜ぶじゃん。
陸軍主導で政治が出来る訳だから。
ところが、陛下が陸軍に飴を与えつつ、東條に対米開戦回避を命じた。

東條は当然陛下の御意志に当然従う。
陸軍の頭で陸軍対米強硬派の頭の東條が、対米開戦回避に動けば
陸軍強硬派も従うだろうって読んだんだろ。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 07:35:47 ID:wZ8Xacza0
汚職議員に政治改革法案造らせるようなものだ
外から見ればやる気がない馴れ合いとしか見えない

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:51:02 ID:tE5vuO1k0
>>469
(昭和16年も平成18年も同じだけど)では、誰がその任に耐え得た、耐え得るのか。
昭和16年なら非戦派に組閣させようとしても陸相を出さずに流産内閣になる。
平成18年ならそもそも汚職していない議員が与党にいるのかとw

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 16:13:55 ID:sahEYFfZ0
汚職していない議員はそれなりにいると思うよ。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:17:51 ID:jO/27/82O
日米開戦を声高に叫び、自縄自縛した東条に対米和平を期待するのはお花畑政治なんだよ。
ブッシュが今更イラク戦争の失敗を認めるのと同じ。自己否定に繋がるならな。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:57:11 ID:sahEYFfZ0
毒をもって毒を征すといこうと思ったんだろうけど

無理だわな

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 00:30:01 ID:y+bTpEQg0
天皇大権でもって陸軍大臣は絶対に出させる、と。
それでいて総理は宇垣一成で海軍大臣は米内光政。陸軍大臣は東条?出来れば阿南で。
外務大臣は東郷か重光。駐米大使は吉田茂。
ついでにもう一つ天皇大権で。三国同盟は破棄。仏印撤退。支那事変の解決も行わせる(陛下は結構支那事変ノリノリだったが)。





                         所詮夢




                              陛下は「暴動が起きるかも知れない」とかいって逃げるだろうなあ。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 01:27:33 ID:V06tAcFgO
この時期、阿南は無いだろ。
でも他はやろうとすれば有り得た話ではないかな。
その方向にすこし風がふけば。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 01:35:20 ID:V06tAcFgO
あーでも外相は松岡がいいな。

無理だろうが。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 07:21:17 ID:Bx/qRxES0
三国同盟張本の松岡は絶対にだめだよ

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 09:16:58 ID:V06tAcFgO
>>477
まーそうなんだけど、松岡は日米避戦のためなら三国同盟破棄ぐらいやりそうな気がするよ。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 09:32:49 ID:p4TGXB9T0
松岡ならむしろ、「日米避戦のためには三国同盟強化!」を主張して排除されるような
気がするよ。


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 09:43:32 ID:V06tAcFgO
四国同盟案がついえた三国同盟に、そこまで松岡が固執するだろうか。
意見を翻すのが好きな松岡だから…。ってif言っててもしゃあないか。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 11:00:58 ID:Ncg3MGGNO
松岡は陛下が嫌っておられたからな……。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 12:17:32 ID:shogXiFp0
>>474
つ[クーデター]

陛下は乙彼のご様子なのでご退位いただき、秩父宮にご即位いただく前段階として摂政にお立ちいただくことにしようw

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 16:00:47 ID:Yds4ML6R0
東条も腹切って死んでりゃ人気でたのになぁ〜
所詮チキンw

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 16:18:29 ID:ePU+Q3+U0
終戦即自決ならまだかっこついた。

485 :東亜の新秩序:2006/12/18(月) 16:35:22 ID:zSr89svpO
自決したら、逃げたとか言うよ、日本人は・・自決せず、結果的に国家弁護してくれてよかった。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 16:40:33 ID:ePU+Q3+U0
日本人なら即効自決でしょ。
近衛もそれで助かってる。本当ならもっとひどいバッシングされてるはず。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 16:41:18 ID:YAocBr5yP
じゃあ自決したから逃げた弱虫だな>東條
挙げ句怖くて失敗してるからヘタレでもある。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 16:47:59 ID:zSr89svpO
自決した、近衛文麿は評価は低いと思うが?違うの?

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 16:55:19 ID:1VimJQMNO
近衛の評価は低いけど、民衆レベルで目立って嫌われてるのは明らかに東条。
近衛の名は知らない人も多い。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:03:10 ID:1VimJQMNO
これが所謂、「東条のヒトラー化現象」である。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:03:36 ID:zSr89svpO
それは、戦後生まれの人間や、終戦時に幼かった人じゃないの?ウォーギルトインフォメーションプログラムという洗脳で東條英機=悪の権化、年配者の人に話を聞いたら、東條は責任を全部背負ってくれたと教えてくれた。違うの?

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:12:12 ID:ePU+Q3+U0
年配者でも旧軍でも東条をよく言う人は少ないよ。
やっぱり人間性に問題がある。
東条の息子、三菱の社長だよ。発展途上国かよ。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:12:16 ID:psAPx8ac0
自分の尻は自分で拭くのは当たり前だろ

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:13:23 ID:zSr89svpO
じゃ、日米開戦を支持した当時のマスコミ、世論は総て嘘?世論と反対の事をしていたのも?(日米交渉)脅迫状が山のように首相官邸に送られて来た聞いたが?真実は東條は戦争をしたくて、国民は反対だったの?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:17:37 ID:zSr89svpO
世論の批判をかわすため、総ての責任を擦り付ける売国奴的な軍人、政治家が戦後増えたと聞いたが?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:23:02 ID:1VimJQMNO
>>491
その悪名たかきWGIPの成果を東条のヒトラー化現象と言っている。
それとは別に東条には責任があると思うし、東京裁判で国家弁護してくれて良かった。とも思う。


497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:34:02 ID:zSr89svpO
東條の戦争責任はあると親族は言ってるし、本人が宣誓供述書に赤字で書いてる、外国の記者の取材に自宅でも答えてる。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 10:34:59 ID:hVKaAjPU0
>491
戦争行った近所の爺ちゃん達からは東條の評価はボロボロです。
海軍出身の人は陸軍のやつらが勝手にやらかした。東條ふざけんな!
陸軍出身の人は阿南大将のように腹切もできず、死にぞこなって醜態をさらした。
しかも陛下が東條に開戦派を抑えるために首相にしたにもかかわらず、部下のクーデターにビビって開戦。

東京裁判ではGHQに尻尾を振って東條家は戦後良いおもいをしてるのも嫌われる原因。
挙句の果て東條家は名誉回復とかいってるしなー

人としてまるでダメポw

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 10:50:14 ID:1pIv50Hy0
東条個人は汚職とかしない清廉潔白な人物だったみたいなことたまに聞く
けど、子孫達や住宅なんか見ると軍需産業とずぶずぶだったみたいだな。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 14:12:01 ID:JGkvMjVqO
そうか、陸軍は悪くて、海軍は善なんだ。じゃあ、海軍の責任は無いんだね。無責任の売国奴の集まりなんだ海軍は!知らなかった。じゃあ!石油危機を訴えて、もはや開戦やむなしと言ったのは嘘?

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 15:53:06 ID:s2/lKvZi0
500は誰に対するレス?

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 16:42:00 ID:wv8IVbRP0
清廉潔白な人物だったことと国民を地獄に引きずり込んだ事とは全く話が別。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 16:54:36 ID:KwQfoe+WO
>>500
そりゃ開戦時の首相が陸軍だから。海は上手く逃げたもの。
ほんらい太平洋戦争は海軍の戦なんだから、どうせなら海軍から首相出せばよかったのに。w
東条が大命受けて責任者になったんだからしゃーないやね。
それでも島田繁太郎海軍大臣には責任あるがな。


504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 17:46:31 ID:JGkvMjVqO
海軍は海軍大臣だけに責任があるの?嶋ハンだけに?

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 18:22:05 ID:Kupg9JrU0
太平洋戦争は日中戦争の延長だから陸軍で始末つけろとなったのは当然。
>>504
軍令部総長(永野 修身)にも同じ程度の責任あるだろうな

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 18:48:27 ID:KwQfoe+WO
海から出す案もあったけどね…。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:43:34 ID:IiP928wh0
ある意味石原莞爾は東条内閣のおかげで生き延びれたよね

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:41:10 ID:/BzFB0h/0
逆に石原莞爾が首脳部にいれば対米戦まで行かなかった可能性もあるんじゃないか?

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:53:12 ID:oijwXnmHO
対米戦の可能性は東條よりあったと思います。石原莞爾将軍自身、日米開戦の時期を東條は早まったと言ってます。西洋の覇道VS東洋の王道

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:05:19 ID:/BzFB0h/0
石原莞爾の対米戦戦略はもっとずーっと先の話では。



511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:49:10 ID:oijwXnmHO
ずーと先の話ですよ、東條が時期を早めた!と石原莞爾将軍は言ってるんです

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 10:44:51 ID:xwCZuoox0
満州あるかぎり中国と日本はどうせ衝突。
アメは中国支持。
結局日本はアメに古典パンにやられる

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:23:56 ID:wuXuJnffO
満州国があったとしても、日本の北支介入がなければ、中国(国民党)は「vs日本」に走らず、「vs中共」に走ったかもしれない。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:47:03 ID:xwCZuoox0
>>513
vs共産党が終わって一段落すれば満州奪回をめざしてくるよ。
結果は一緒。
共産党が勝っても満州奪回めざしてくるだろうけど、その時はアメが味方
したかどうかはわからんね。ソ連赤軍をも援助したんだから援助しそうだけども。

515 :連合艦隊:2006/12/20(水) 21:09:40 ID:1b9qq3f80
戦後の後知恵で何をいってもむだだよ。一番の問題は侵略国家ソ連が隣に
いて、そのパシタの支那も隣にいたというだけのこと。スターリンにヒッ
トラー程度の常識があったら、世界は揉め事なし。序でにいっとくがヒッ
トラーのユダヤ絶滅政索は彼の独創ではなく古くから欧州にくすぶってい
た意識を顕在化しただけのこと。

516 :公爵近衛文麿:2006/12/20(水) 21:11:07 ID:oijwXnmHO
じゃあどうすれば良かったんだ!

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 21:30:26 ID:uR2Kdu5x0
イシハラは対米戦をずーーーっと先と考えていたが、アメリカに核があるとわかったら
対米戦は選択肢から捨て去るだろう。直ぐに。

それだけの分別はあるんじゃないのか?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 21:32:07 ID:uR2Kdu5x0
>>515
ユダヤ人絶滅の意識は、トンデモ本の「シオン賢者のプロトコル」に煽られた結果だよ。
そんなに昔からの思想じゃない。

wikiの「反ユダヤ主義」とか参考にしてくれ。

519 :東条英機 ◆/mR6zOub6o :2006/12/20(水) 21:36:35 ID:rQSJCNSh0
まったく・・・ワシがいなければ今の日本の繁栄はなかったと言えよう。

ここで一曲、YMOで「君に、胸キュン」をどうぞ。

520 :公爵近衛文麿:2006/12/20(水) 22:03:12 ID:oijwXnmHO
東條陸軍大臣・・・・

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:43:27 ID:NEXCLOKa0
「生きて虜囚の辱めを受けず死して罪過の汚名を残すこと勿れ」
死に損なったうえ、死してなお汚名を残してしまいましたな 閣下。

522 :東条英機 ◆/mR6zOub6o :2006/12/20(水) 22:46:07 ID:rQSJCNSh0
>>521
ふうむ、確かにそのとおりじゃな。ワシも往生際が悪かったわい。
ふぉふぉふぉ・・・・

(・・・って、ワシは墓穴を掘ってしまったのかのう?)

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:02:41 ID:NEXCLOKa0
しかし今更それを言っても詮無きこと・・・
今はただ万感の思いをこめて・・・・!

讃えよ!東條閣下!讃えよ!大日本帝国!

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:29:46 ID:JHkvXu+u0
太平洋戦争の宣戦布告には(日清・日露とは違って)国際法
という言葉は一言も書かれとらんでつね。


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 18:59:16 ID:+Ih/r4er0
今日、命日

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 22:39:14 ID:/3FLUyiq0
合掌

527 :名無し:2006/12/26(火) 23:02:08 ID:fX5koQpp0
満州国参謀長としてユダヤ人二万人を救出者した責任者である。
ソ連の満洲国境に滞留したユダヤ難民を受け入れた。ナチスの抗議を
教絶した。米国が隠蔽したが史実である。


528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:22:42 ID:WVQ6+DTA0
責任者である樋口を不問に処しただけだよ。隠蔽も糞も無く単なる的外れ。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:29:22 ID:BsO/AQX30
主に陸軍の安江とか海軍の犬塚とかが満州にユダヤ資本を入れようと画策してやったことだよ。
最初は人道主義的じゃなくてきわめて利益追求のための計画だった。だが、実際には貧乏ユダ
ヤ人ばかり集まって肝心の支援も心許ないって状態になっても安江や犬塚は人道主義から支援
を続けた。これが河豚計画。

東条は…三国同盟を締結する際に、この安江をばっさり切って予備役に編入し、実質河豚計画は
失敗におわっている。要するに、河豚計画を見切り失敗させたのが東条なんだよ。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:47:51 ID:aR2REm0gO
たんなるフグ計画じゃん!人道処置じゃねーよ!

て言う奴、絶対いると思ったw。早っ。
国家の方針に国益考えてなかったら、それはそれで問題じゃね?w

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:54:15 ID:GVg0QlWL0
こまめに上奏して天皇に気に入られる一方、
何でもかんでも細かいことに口を挟み、いうこと
聞かないやつはいじめて辞めさせる。
会社によういまっせ、こういうタイプ。

だけど一たび敗戦になると、気がつくと「全部俺のせい?」
そういう意味ではちょっと同情します。

親父譲りの薩長コンプレックスがいろいろな面でマイナスに出たのでは。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:58:45 ID:BsO/AQX30
>>530
安江や犬塚は国益を考えながらも、ユダヤ人に人道主義的な扱いをしていた。
戦後はものすごく感謝されているぞ。

ダメだとわかったら直ぐ切ったのが東条。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 00:57:45 ID:pVjQBzKqO
お役所っぽいな。東条らしいっちゃあ、らしいが…。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 17:36:31 ID:nVYtcdg60
>>532
しかしね、あれは変な話なんだよ。

怒った安江が東條に直接文句をいいに行ったら、
上層部が安江の言い分に賛成してしまって、
阿南次官が安江を現役復帰させて少将にするといったのを、
頭にきていた安江が断ってしまったわけで。

安江について、
東條たち上層部に連絡がいっていなかっただけだと思うよ。

全体に、東條を叩くのに使われる逸話は調べていくと、
微妙に事実とずれている場合が多いんだよ。


535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 18:24:08 ID:kAWZ0jlPO
そう!微妙に違うんだよ!

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 19:52:55 ID:HQ7YiCJYO
結局、大日本帝国軍の中の情報伝達・連絡系統の不備や欠陥が原因だろ。
伝達ミスから誤解に誤解を重ね、結局其れが原因で敗戦したんだよ。
東條云々の話では無いと思うが。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 23:24:35 ID:7dZlzkp70
>>534
だからって東条が変だってのは変化しないと思うがw

でも、エピソード的にはおもしろいので、何に記述されているか教えてほしいです。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 00:35:49 ID:qsgELf8A0
確かになんでも東條のせいにされてる感じはするな。

でもやっぱりそういうやつだったんだと思うw

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 00:51:24 ID:FRkP64tk0
でも、逆に言うと東条でさえ何だかんだ言えないってのは、日本の無責任体質
ここに極まれれりって感があるんですけど…。

東条って結構民衆に色々呼びかけたり、戦陣訓つくったり、戦時体制を強化した
り…。言われるだけのコトをしているきがするんですけど…。死ぬ覚悟があったら
戦争止めれたんじゃないのか?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 01:40:26 ID:Jm5T32tNO
あんだけ兼任したのに、首相の権限が他大臣に及ばない状況で、海軍の情報これっぽっちも入ってこない状況で。なにを。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 01:49:07 ID:FRkP64tk0
海軍の「長期戦はダメ」ってのすら入ってこないのw?

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:02:31 ID:XOHjfs1+0
やっぱ、東條でさえ強硬派を押さえられ無い程
陸軍などの強硬派の影響力拡大が問題なんじゃねぇ。

あと、日本の縦割り行政と縄張り意識。
陸海軍の連帯不足と統括指導力の不備。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:09:00 ID:HDIPK2snO
外交で権益を失っても、戦争だけでも回避できる迄譲歩した、それでもハルノートが送って来た。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:12:08 ID:Jm5T32tNO
>>541
海軍に勝算があるのかどうかいまいち伝達できとらんかったから、東条陸相辞任→近衛内閣総辞職になったんでは。


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:50:51 ID:FRkP64tk0
>>542
強行派…右翼をさんざん利用してのさばらせて来た付けだよなあ。
当時の右翼の首魁を一人ずつ集めて、酒でも飲みながらとことん「現実問題」を話し合って
いくしかないんじゃないのか?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 03:01:52 ID:XOHjfs1+0
>>545
当時の右翼は暗殺も平気で犯す輩だからな。
仮に日米開戦回避したとしても、その政治家は暗殺されただろーし
漫画の「ジパング」みたいに早期講和を目指して、仮に実現したとしても
右翼の暗殺や妨害で駄目に成ったんだろーな。

泥沼化で人・物・金の面で明らかに不利益な支那戦線の縮小を
主張したとしたら右翼や陸軍強硬派に確実に殺されてしまう世の中。
そりゃー東條やら戦争指導者は強硬姿勢を取らざるを得ないわな。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 04:33:17 ID:MNhgv83h0
ハルノートを受け入れても国賊などと言って右翼団体に襲われる
のがわかりきってる。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 04:57:44 ID:XOHjfs1+0
日米開戦は米帝の意志で不可避だったとして
日米早期講和は「腰抜けだ!」と右翼や陸軍強硬派に襲われる。

てか、日米開戦時の問題は、日本の戦略不足だろ。

ハルノートを突付けられて最早開戦不可避だと認識した時点で
「我々は、アジアの自主独立の為に米英のアジア撤退を要求する。」
「回答期限は日本時間12月7日24時までとする。」
って逆に米英に日本版ハルノートを突き返してやれば良かった。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 05:42:07 ID:vWboYXdq0
ただのメモ魔であり事務屋と呼ばれた政治力のない無能。
陸軍のロボット。対米開戦不可避になって近衛のあとを
毒を以って毒を制する形で木戸幸一内大臣は東條を後継首相に
推薦せざるをえなくなった

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 07:31:43 ID:zKIYt4ko0
要するに
右翼=何も知らないくせに威勢の良いことだけ言う国賊
てことでok?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 07:53:48 ID:XOHjfs1+0
>>550
当時の右翼は正にそれ。
あの連中の妨害活動が、日本の国益を損なわせた元凶。
だから当時、誰もが純粋且つ合理的な判断が出来無く成った。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 09:06:28 ID:pElrciah0
>542
> やっぱ、東條でさえ強硬派を押さえられ無い程
> 陸軍などの強硬派の影響力拡大が問題なんじゃねぇ。

抑えられないのはまるで自然の摂理として最初からそうなってた訳じゃなくて、
まさに東條自身らがそうなるように突き上げまくった結果だからなぁ。

イケイケごーごーでやってて、気がついたら自分が突き上げ喰らう責任者に
上り詰めてしまって初めて「えっ? 俺がなんとかしにゃきゃならんの?」と
理解して慌てても後のマツーリだったってのが流れだろう。


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 11:34:44 ID:EuYdn0MK0
東条は首相になって初めて近衛のつらさがよくわかったそうだからねえ。

いっそのこと陛下の意向により絶対開戦反対という立場を貫き、天皇も
東条も暗殺されて超右翼政権作って破滅するまで好きなだけ戦争やりゃあ
よかったんだよ。そうすれば責任も明確でもっとすっきりした。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 11:54:42 ID:h09wXd1F0
だってさー。なんで三国干渉の時は我慢できたんだ?
右翼の活動が、三国干渉の時と違いがあるのか?で、その原因は?

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:49:21 ID:EuYdn0MK0
>>554
2.26が一つの分岐点

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:10:52 ID:eZ1dAdAb0
>>554
三国干渉の時は帝国陸海軍とも、仏独露三国には勝てないと判断。
太平洋戦争の時は、担当の帝国海軍が、確信を持って対米戦勝算ありと判断。


557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:12:33 ID:EuYdn0MK0
また嫌海軍厨か
最近はやっているねえ

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:26:08 ID:eZ1dAdAb0
>>557
だって、あんときの永野はおかしいぞ。
調べたことある?

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:47:00 ID:EuYdn0MK0
陸軍は上から下まで(もちろんキャリアの話)戦争やりたい
海軍は上の一部トップが反対でその他がやりたいってとこだろ。

俺は軍人じゃないから本当のところはよくわからんけど参謀とか実際最前線
にはいかない高級軍人ってやっぱ本音は戦争やっていろいろ部隊を指揮して
みたいんじゃないかな。アメリカなんかみてると特にそう思う。


560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:57:17 ID:eZ1dAdAb0
>>559
調べてから書き込むといいよ。

最近の反海軍厨は異常だけど、太平洋戦争開戦史にかぎれば、
陸軍省上層部(要するに東條一派)はやる気がなく、
海軍軍令部は組織として対米開戦を希望して、勝算ありと叫んだわけで。

しかも、海軍は戦後にその点をばっくれたわけで。

もちろん、それまでの陸軍の政治責任はあるけど、
だから陸軍善玉論は誤りだけど、
海軍が叩かれるにはそれなりの理由はあるんだよ。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 16:31:12 ID:EuYdn0MK0
>>560
アメリカと戦わない=中国から手を引くだろ。
海軍にしてみれば中国の戦争は陸軍の戦争という意識だった。
ぶっちゃけ海軍にしてみれば日中戦争なんて本音ではどうでもよかった。
もちろん軍はお役所だから予算獲得のために断固撤兵なんて言わないけどね。
陸軍は中国から手を引くというのは絶対反対。=アメリカと戦うだろ。

日米戦は日中戦の延長。ということでやはり陸軍主戦派の責任は免れない。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 16:35:05 ID:eZ1dAdAb0
>>561
陸軍主戦派の責任はまぬがれない、というのは事実だな。

ただ、変な話だが海軍も中国南部進出には積極的なんだよ。
南進論との関係でね。

それから、陸軍としてみれば、もう日中戦争などやめたいので、
海軍がアメリカと戦えない、というなら、考えなおしてもよかったんだ。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 17:58:57 ID:EuYdn0MK0
やめたいなんて言っても25年かけて撤兵とかだったろ

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 18:14:04 ID:vmvlRtof0
勝手な独断専行で盧構橋事件はおこせるくせに、施設爆撃はできない雑魚の集まり。
それがサムライの正体。猿なんて低能だよね。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:46:27 ID:v1Bzi8470
ルーコウチャオは真相がわからん以上なんも言えやんでしょ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 22:21:26 ID:Jm5T32tNO
盧溝橋を独断専行と言い切ってしまうのはどうか。
満州事変なら陸軍は確信的だけど…。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:34:24 ID:HcOI8o1D0
>>558
若い嫁さん貰って、いいところ見せたかったんだったりして。
「太平洋戦争開戦の影に女あり」ってのどう?w

568 :清沢洌 『暗黒日記』:2007/01/06(土) 17:24:41 ID:mK1WSW290

昭和十九年九月十七日(日)
  サイパンが陥落する前、閣議で青木大東亜相が、「シビリアンは死なせないで、生命を全うさすべ
 きだ。この旨、司令官に政府から訓電するように」と強硬に主張した。東条も殺しても仕方がないとい
 うことで、打電することになった。ところで、さて打電するとなると、いかなる言葉でもってすべきやが
 問題になった。説明すればわかるが、あまり説明できぬ、誤解される恐れもある。そこで結局は軍司
 令官の常識に任せることになった。軍人の常識に任せれば、つまりあのような結果になろう。
  この話は石渡荘太郎が、「困ったものです」と石橋(湛山)君の説に同じての内輪話である。


569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 18:00:03 ID:1cyCtb/R0
★★★★★東条英機を一位にしたい!!!★★★★★★

日テレで『日本人が好きな100人の偉人〜英雄編〜』というテレビ番組を放送予定です。
これに、ネット投票で参加することが出来ます。・・・・・・もうお解りですね?
ttp://www1.ntv.co.jp/ijin/form/hero/index.html

ゴールデンタイムの特番でサヨク史観を大否定しましょう!!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
保守派の中でも解釈が分かれる東条英機だとおもいますが
@同盟国ドイツの反発を恐れず
「俺が腹を切る覚悟で参謀本部を説得する」として
松岡洋右と共に、杉原千畝のサポートをし、
人種差別をしない八紘一宇の精神を貫て、多くのユダヤ人の命をを救った
Aインチキだらけの東京裁判において
戦争回避のために首相に就任したにもかかわらず
国民世論の高まりを抑えきれずに開戦した責任として
あえて逆賊の汚名をかぶることで
天皇を守りきった
などの功績は確かにあり、
サヨクマスコミが絶対に隠しておきたい嫌な事実でもあるわけです
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

1位、2位の人物は必ずVTRが作られます。
ゴールデンで東條が英雄第一位になる光景を是非見たい方

単にヲチしたい方も是非おねがいします!!!
(票の分散を言い訳にさせないために、いちおう、新字体の東「条」で統一してもらえると助かります)

★★★★★東条英機を一位にしたい!!!★★★★★★

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 18:26:19 ID:OA7uVAok0
(同情する点)
近衛の後始末をやらされてる感もある

(評価できない点)
中国戦線拡大派
南進論を支持
対米強硬派で、近衛(対米消極派)を退陣に追い込む
憲兵を国民抑圧の道具にした
批判記事に対し懲罰召集
兵卒に捕虜になる事を禁じ、自分は捕虜に
中国における軍部独走等を無視して、戦争を正当化
牟田口や富永などのクズな部下をかばう

(評価できる点)
ナチスのユダヤ人迫害には同調せず
不公正な東京裁判を戦い抜いた

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 01:26:23 ID:Q5vUpghY0
>570
近衛の不始末もなにも、その近衛内閣の陸軍大臣として開戦へと思いっきり舵を切らせたのは
東條自身でしょうが

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 20:25:41 ID:trO2stbp0
age

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 09:45:13 ID:ydv3udtc0
age

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 14:00:28 ID:PPERHXD60
東京裁判が不公平とは思わないけどな。
連合国側の人間が裁かれなかったのには不満と言うのには理解できるけど、
枢軸国側の人間が裁かれたのは不満と言うのは理解できない。
どうあれ自らで招いた結果としての東京裁判だ。
本来なら皇軍大元帥である昭和天皇を裁かなくてはならない所を
天皇は裁かずにしておいてくださったのだからな。
日本人は寧ろ連合国側の温情に感謝すべきだろう。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 17:16:23 ID:GPe1YlW80
シンガポールなどの文化遺産は現地の人々ために保存しておくべしとか、東条直々の命令があった
らしいが本当かね?

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 11:02:57 ID:+oU31AnWO
>>574
運がよかった、という事を認識するべきだとは思うけど感謝までするいわれはない。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 15:51:40 ID:mgocbrmD0
>>574
所詮は敵のやったこと。許すというならそれまでよ。
気を利かせ尽力してくれたマッカーサーへはともかく、
連合国の温情など感謝するのはお人よしというもの。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:40:07 ID:gYdJjq3j0
なんで東條は高松宮に殺されかけたの?


579 :Vinci Cohen:2007/02/06(火) 13:01:49 ID:ojQqiYeT0
2007年2月19日月曜日午後7時半、乃木會館BIライブハウス[凛]で、
1946年の進駐軍クラブの録音が公開される。

If we made up a story that all Japanese were Christians,
日本人がみんなキリシタンだったという物語を作ったならば、
we can control the citizens esily.
我々は、国民を容易に扱うことができる。
The occupation will be successful, if we do that.
そうすれば、植民地政策は成功するだろう。
We have to learn from Mormonism.
我々はモルモン教から学ばなければならない。
Dr. Morgan devised Mormonism as a form of propaganda.
モルガン博士は、プロパガンダの書式としてモルモン教を考案した。
He was following the order of President Monroe
彼は、モンロー大統領の命令に従った、
to convert American Indians to Christianity.
アメリカンインディアンをクリスチャンに改宗するために。
Cas you see?It’s Morgan- Monroe; Mor-mon.
解るか?モルガン・モンロー;モル・モンだ。
They had to obey the bishop in order to serve the Lord God.
インディアンは、主人に仕える監督に従い、
And they had to obey the laws based on the Bible.
聖書を基盤にした法律に従わなければならない。
That was the propaganda.
それが、プロパガンダだ。
So do we make up the propaganda that ancient Japanese were Jews, too?
日本人の先祖もユダヤ人だったというプロパガンダを作るのか?
That’s no good.
それはよくない。
The Nestorians stole the throne,
日本人の先祖はユダヤ人だから、    
because the The Japanese ancestors were Jews.
景教徒が玉座を盗んだ。    
They have no idea whether it is a Jew or a Nestorian controling the government.            
日本人は、ユダヤ人が政権を握っていようと景教徒が握っていようと、思想がない。
But “Imagine”by Lu Xun presented a threat to us,      
しかし、魯迅の「イマジン」は我々に脅威を与えた。
but that problem was solved when the atom bomb brought peace to the world.              
ところが、原爆が世界に平和を運んでくると、
The emperor agreed to make the Christian Toda      
その問題は解決した。天皇は、契約した。クリスチャン戸田を


580 :Vinci Cohen:2007/02/06(火) 13:03:13 ID:ojQqiYeT0
The Nestorians stole the throne,
日本人の先祖はユダヤ人だから、    
because the The Japanese ancestors were Jews.
景教徒が玉座を盗んだ。    
They have no idea whether it is a Jew or a Nestorian controling the government.            
日本人は、ユダヤ人が政権を握っていようと景教徒が握っていようと、思想がない。
But “Imagine”by Lu Xun presented a threat to us,      
しかし、魯迅の「イマジン」は我々に脅威を与えた。
but that problem was solved when the atom bomb brought peace to the world.              
ところが、原爆が世界に平和を運んでくると、
The emperor agreed to make the Christian Toda      
その問題は解決した。天皇は、契約した。クリスチャン戸田を


581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 19:07:15 ID:kF1BPtcc0

※東条英機と犬猿の仲だった石原莞爾は、関東軍当時、上官であった彼を「東条一等兵」と呼んでい
 ました。戦後、「関東軍時代、あなたと東条には意見の対立があったようだが」と訊ねられると、石原
 莞爾は「自分にはいささかの意見がある。しかし、東条には意見が無い。意見の無い者と対立のしよ
 うがないではないか」と答えたそうです。

※首相兼陸相・軍需相・参謀総長の東条英機に対して、側近がヒトラーと同じではと言うと、東条は「ヒ
 トラーは一兵卒、私は大将です。同じにしないでもらいたい」と答えました。また、東条英機は、夜な
 夜な民家のゴミ箱を漁っては「贅沢品を食べてはいないか」とチェックした、という話が残っています。

※竹槍事件で批判された東条英機は、その記事を書いた新名丈夫記者を37歳で、二等兵として召集
 し、一番危険な硫黄島へ送ろうとしました。新名記者が海軍省記者クラブの主任記者だった関係で、
 海軍は「大正の兵隊をたった1人取るのはどういうわけか」と陸軍に抗議しました。陸軍は、大正の兵
 隊を250人召集して硫黄島に送りました。新名記者は、3ケ月で除隊になりましたが、硫黄島に送り
 込まれた老兵250人は、全員戦死しました。

※逓信省工務局長だった松前重義は、東条反対派の東久邇宮に接近したため、42歳で召集され、
 南方で電柱かつぎに使役されました。冨永恭次陸軍次官は「これは東條閣下の直接の命令で、絶
 対に解除できぬ」と述べています。高松宮宣仁親王は「『松前運通省工務局長は、熊本の西部22
 部隊に二等兵として召集された由、実に憤慨にたえぬ」と日記に書いています。

※衆議院議員中野正剛は、東条政府打倒のために重臣グループなどと接触を続けたとして検挙され
 ました。中村登音担当検事は、中野正剛を容疑不十分で釈放しました。釈放後、中野正剛は、陸軍
 に入隊していた息子の安全と引き換えに自殺させられたといわれています。中野正剛を釈放した中村
 登音担当検事は、43歳にも拘らず召集されました。


582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 19:09:34 ID:kF1BPtcc0

※東条英機は、インパール作戦を直訴し白骨街道を築いた牟田口廉也の罪を問わず、また、フィリピ
 ンで特攻指令をだし、自分も特攻すると訓示したが、「胃潰瘍」の診断書をもって護衛戦闘機付きで
 台湾に逃亡した富永恭次も罰しませんでした。

※姫路藩主である酒井家の血を引く酒井美意子は、「生来、父の前田利為と東条はソリが合わず、父
 は東条を『頭が悪くて先が見えない男』と批評し、東条は父に『世間知らずの殿様に何がわかるか』と
 反発した」と書いています。その結果、前田利為は、東条英機によって南方の激戦地に転任させられ、
 戦死しました。しかし東条は、これを戦死ではなく戦傷病死扱いにして遺族の年金を減額したといいます。

※東条英機を批判した衆議院議員浜田尚友は、現職のまま召集されました。

※塚本少佐は、東条夫人から私用の車を要求されて断ったり、東条英機へ直言して、サイパンの守
 備参謀に左遷されて、戦死したという話が残っています。

※東条英機に早期終戦を説いた谷田勇少将は、最前線のラバウルに転任させられました。


583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:41:46 ID:Cc7yUKuBO
戦勝国が裁く裁判なんか裁判じゃねー!! byパル

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:03:57 ID:BfsfyOMN0
戦勝国が裁こうが裁くまいが裁判だからこそ東京裁判と言われるのでは?
裁判でなければ東京裁判と言われることもない

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:50:32 ID:OXoZDzB90
これが日本の誇る女王、ロイヤルビッチですw


                  /:::::::::::ヽ <弱点はクリトリスなんすけど
                 |;;;;ハ;;;;;;;;;;|     , r−、
        ,r‐-、      トイ ^ o^ t;|    /    `、
       /  、 \     >‐-ュr'ニヽ、  /  i   l、
       |   '|  \ _.r'´ノニーイニヽ,\/    |   l
       |    |   `</ lo )  ⌒q! /    .|   |
       .|    |    \/'    _,  |/     ト、  !
       |   |      \ ⌒,,,⌒ /       ハ   ヽ
       .|   .|ヘ       \ 巛《 /       l )   \
        |   .| ヽ       彡゚д゚ミ       ,' ノ     \
       ノ   ヽ ヽ       ミ《》彡     .ノ ゝ、__
     /     ヽヘ、       ミ*ミ    /      `⌒
          _ノ  `ー 、. _   ,X、._,.-‐'´

英霊が命を捨てて守ったのはこんなのでしたw
今夜も税金で乱交パーティーですww
相手は鬼畜米英ですwww

586 :七十七の寿:2007/02/07(水) 12:09:26 ID:CqArdEpe0
第二次世界大戦は、パレスチナ人としてのダビデやソロモンを継承する天皇の、ルネサンス的防衛戦だった。
大正・昭和天皇は、ユダヤ人でもなければ、クリスチャンでもない、
カトリックから破門されたネストリウスを実証する生き証人である。
天皇は、皇后が、源氏系(羊飼い・騎馬民)か平家系(鏡王族・農耕民)いずれの出身かで、
皇道派(源氏系・白旗)にもなれば、統制派(平家系・赤旗)にもなる。
当時、クリスチャンとユダヤ人は、カナン(河南)の殖民支配を神との契約と信じ、侵略を進めていた。
それに対して、神からの脱却と人文主義を説くネストリアン(景教徒)が、
国境を越えて防衛戦に打った出た。
現に、大正・昭和天皇の肩章には、景教を伝えた天台山と同じ「菊に三ツ星の紋」が刺繍されていた*。
*[陸海軍服装総集図典]H8年轄聡相ァ行会発行

2007年2月19日月曜日夜7時半、赤坂の乃木會館B1[凛]で、
「マッカーサーと昭和天皇の密約」を語るGHQ職員の会話録音が公開される。


587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 01:03:06 ID:fGjlZKMvO

私への反逆は

お上への

反逆であーるッ!
(東條閣下)

588 :♯a:2007/02/23(金) 13:42:00 ID:5c9OZeBa0
手巣

171 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)