5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一橋大06年入試:「アジア太平洋戦争の性格は何?」

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 06:46:32 ID:c1/PZz2o0
 歴史観の踏み絵か?
大問3 問4
「Dの文章は日本の民族について述べたものである。
アジア太平洋戦争の性格と内容を、この「日本民族観」と
関連させて述べなさい。」
http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/sokuho/sokuho06/hitotsubashi/zenki/nihonshi/mon3.html

三大予備校の回答例
・代ゼミ
http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/sokuho/sokuho06/hitotsubashi/zenki/nihonshi/kai3.html
・河合塾
http://hiw.oo.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/06/ht1-51a/2.html
・駿台
http://www.sundai.ac.jp/yobi/sokuhou/hitotubashi/nihon/index.htm

2 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/05/02(火) 09:00:58 ID:inqlVlus0
三国の文明化に寄与>スレタイ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 13:04:50 ID:74E/47xFO
アジア帝国になると言う軍部の呆れた考え

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 22:45:25 ID:SOK8a6fL0

Peaceful scenes of Nanjing after Japanese Occupation

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM

What really happened in Nanjing after Japan's
occupation in December 1937? "Massacre of 300 thousand
Chinese" as the Chinese Government claims?

You can watch some scenes in the following web page;
lives of Chinese people, including children having food,
as well as Japanese soldiers restoring the city.

Can these scenes possible if the "massacre of 300
thousand" actually took place?

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 23:31:53 ID:0eSVdyo50
さすが南京大虐殺大好き野郎、吉田某がくたばる前まで教授をやってた一橋大学。
たった一人の人物の著書の記述を使って戦争の性格を断定させるとは。
アカの執念だな。

河合塾が一番マシだな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 00:40:06 ID:k80Us5GM0
>>5
まだ現役で教授やってるよ、オバカなクソウヨちゃん( ´,_ゝ`)

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 01:03:54 ID:XNhbNI/wO
性格ですか。
内気な割にやんちゃです。
人見知りが激しくて…まぁ今風に云えばツンデレ、ですか。
家が貧乏なので自分にも他人にも厳しいですね。
本当は心優しい性格なんですよ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 01:16:50 ID:SssFy2Tj0
>>6
悪りぃ、くたばったのは奴の師匠で陸士出身の藤原の方か。
つまりバリバリ大虐殺派を形成している大学なわけね。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 18:38:11 ID:4RQF+S0j0
>>7
笑った


短絡的でそこそこ親切、だけど人より優位に立ちたいタイプ。
負けるといきなり何のプライドも反省しだす。
けれども、もし勝てたらおそらく天より高く増長するタイプ

まあ、2クラスに1人はいて一部の子には好かれ一部の子には嫌われ、
普通の子たちには腫れ物に触るように扱われてる
憎めないネクラ君ですよ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 01:15:17 ID:GPxEmdi00
このような雰囲気の中、ビックスの「昭和天皇」は書かれた。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 15:39:57 ID:eqOhxfKR0
え、本当にこんなのが出題されるの?
百歩譲って日本史ではなく現国ならば、
まだ答えようがあるのだが。
中卒でニートの俺が言うのもあれだが、
一ツ橋は頭がおかしい

12 :民族間憎悪を煽り、愛国心軍需利権教育を進めよ !>1:2006/05/12(金) 20:03:04 ID:1Ad+GL0c0
2006年の今こそ如何に困難で厄介であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士と
その共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
個別侵略強盗殺人兵士の放置を時代の所為にする卑劣と怠惰に終止符を打つ時が来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を
繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。
侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある。現在、続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が
免罪されると本当に思っているのか。靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!


13 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/05/14(日) 01:37:44 ID:SR8fM/WW0
昭和十年代当時、太平洋戦争に至る少し前、黄色い猿と蔑視していたアジアの黄色人種が、第一次世界
戦でロシアを打ち負かし欧米列強と互角に渡り合う力を付けたイエローモンキー日本を封じ込る為に、
当時からの世界最大の超大国アメリカが次々にアジアを侵略し、日本への石油や鉱物資源の80%を奪
取し、日本への輸出を禁止してしまったのだ。

鉱物資源が20%しか無いという事は、病院での薬は20%しかないという事なのだ。80%の人達は
死ぬか病気の悪化を座して待つしか無い。 病気に罹る以前に、食料が無い、農薬も肥料も、たった2
0%しか無いのだ。 ガソリンが無いのだから動かせる農機具も20%しか無い。 食料を運ぶトラッ
クも20%しか動かせない。 農家から都会まで残りの全てはリヤカーで運ぶしか無い。そんな事が可
能だろうか? 食料だけではない、リヤカーで都会へ工場や会社、店舗などへの物資の輸送など、0.
00001%も出来はしない。

こうして日本は、ただ、ただ、猿!汚し、気持ち悪し、憎しとしいう、アメリカやイギリスロシアなど
の白人人種の人種差別だけの意識により息の根を止められたのだった。

もちろんアメリカはそれを画策し、そのように仕掛けてきたのである。「日本よ!どうだ!俺達白人の
奴隷にしかおまえ達、猿には、方法は無いんだぞ!さっさと手を上げて降参し、他の猿共、同様俺達の
植民地に成れ!!」 そうした態度で、、陰に陽に迫って来たのだ。

このような立場に追い込まれたら何もせず、座して死を待つのだろうか??それとも世界中に物乞いを
して歩くのだろうか? それとも他のアジアの国々のように日本民族が白人の奴隷として扱われても良
いと思うのだろうか??当時のアメリカの政策は、ナチスヒットラーのユダヤ人根絶、アウシュビッツ
以上の人類史上まれにみる、一民族消滅を図る為の行為、愚劣な日本民族挑発行為だったのです。 こ
れに対抗し、生きるための行為、まさしく日本にとっての生きるための戦争、聖戦だったのです。


詳細は↓を参照のこと。
http://hw001.gate01.com/funわか/ronhou.htm



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 01:10:02 ID:9F02bSaD0
なんだ代ゼミと駿台の模範解答は。
侵略戦争だと?
ほんと日本の教育はおわってるな。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 01:34:11 ID:Mq81zaviO
侵略戦争の面だって確実にあるがね

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 02:09:01 ID:9F02bSaD0
自存自衛の戦争だろ?
歴史の事実を紐解いたら
どこが侵略なのか?
大東亜共栄圏構想もすべては日本が生き残るための
自存自衛のための行動だ



17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 02:24:34 ID:Mq81zaviO
そうだな。確かに、英仏等はブロックを行い、アメリカに輸出を停止されれば
市場を拡大するという選択は生き残るための選択だろう。
でも、それ以前。満州事変の後、独伊の動向等の都合も含めて満州国は
国際的に容認される気配があった。日露戦争以後、中国市場を巡って、ずっと険悪だったアメリカでさえね。
タンクーで停戦協定を結び、昭和恐慌を脱し、リットンの報告も日本にとって悪いものではなかった。
にも関わらず、タンクー停戦協定を日本が一方的に破り、華北分離工作に着手している。
これは明らかに侵略と見なせると思うよ。
それから、日本にとって生き残るための手段であっても、日本の軍事侵攻を受けた
地域からすれば、日本の事情がどうであろうと、侵略だと考えるだろうね。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 05:14:02 ID:ISPUz68Q0
>>16
>どこが侵略なのか?

自存の為の戦争
石油目当ての侵略
欧米列強からの解放
それまでの行動を見れば自衛に徹してたと言えない


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 21:20:01 ID:DOAVNYNi0
「正論」8月号で、戦争に至る時代の背景に、
コミンテルンの謀略がどのようにうごめいていたか、
特集されており、詳細に論じられています。
参考に読まれることをお奨めします。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 06:16:14 ID:1cqmqdDQ0
これは酷い

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 08:00:30 ID:g5BxAMcxO
侵略を悪とするのは当時のルールを無視して現代の価値観で過去をレイプする行為である。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 08:25:50 ID:GJRKQra+0
まじ酷い

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 02:32:22 ID:tgLDxhTdO
>>21
パリ不戦条約から、すでに侵略戦争は否定されているが

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 02:46:46 ID:GZeDrygF0
>>23
ところがどっこい、パリ不戦条約は
戦争をしないようにしようね。
でとどまり、罰則規定がないので法律とはい言い切れないのです。

パリ不戦条約で、防衛だろうがなんだろうが、戦争やらないようにしようね。やったらその当時の指導者は縛り首。

ってなっていれば東京裁判のことで今も揉めないですんだのだが。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:06:40 ID:GCEqb/5q0
俺的には>>1は正論だな。
自衛とか言う奴が居るが、少しは冷静になった方がいいのではないの?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:08:46 ID:GCEqb/5q0
当時のルール、当時の価値観と言う奴が居るけど、
じゃあみんながみんな、当時の人たちは日本の戦争を支持したんですか?
満州事変すら理解を示せて貰えなかったのに、
よく当時のルールでは許されたと意味不明な事がいえる。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:16:02 ID:GCEqb/5q0
昭和の戦争は日本人自らは自衛だと訴えるが、
それは客観性の伴うものだとは思えない。

他国の領土に軍隊を侵攻させている時点で、
自衛的性質は存在しないと思うけどね。
自国の独立を守る為に戦っていると言うより、
敵を叩く為に戦っているに過ぎないのだから。
例えばフィンランドの冬戦争のように自国に迫り来る敵を迎え撃つ為に戦っていたのなら、
それこそ自衛的意味合いのある自衛戦争だろう。
しかしながら中国に侵攻したり東南アジアに軍隊を侵攻させる事が
果たして防衛的意味合いを持つのか?
他国に軍隊を侵攻させる余裕があると言う事は、
それこそ防衛的意味合いは薄いし、
また自国の独立が脅かされているのとは異なるから自衛とも思えない。

自衛,自衛,自衛と述べる奴は、
中国に侵攻しておきながら、
当時の日本は国家の独立が脅かされていたとでも言いたいんですかね?
寧ろ日本より中国の方が国家の独立を脅かされていたんだが。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:20:23 ID:GCEqb/5q0
それに昭和の戦争の本質、言わば太平洋戦争を簡潔にまとめると、
アジア解放と言う口実を利用して欧米から資源が豊富な植民地を奪い取り、
そこを自分たちの領土にしましょうと言うものだ。

別に自国の独立が脅かされている訳でもないのに
他国に軍隊を侵攻させ、しかも領土を奪う余裕のあった国が、
果たして自衛的意味合いを持つ戦争を働いていたのか真に疑問である。

元寇や冬戦争のような国家の独立が本当に危ぶまれていて、
戦い抜かねば国家そのものが消滅するという場合ならまだしも。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:34:11 ID:GZeDrygF0
殴られる前に、殴られそうだから殴るのは立派な自衛だと思うが。
ケガをしてから防衛をするだけが正当防衛ではないし、無論自衛というわけでもないよ。
無論、殴られた方はたまらんだろうがな。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:42:23 ID:GCEqb/5q0
>>29

>殴られる前に、殴られそうだから殴るのは立派な自衛だと思うが。

中国に関してはよく解らんが、
米英蘭の場合は日本を殴ろうともしてないよ?

それに。仮に殴られそうな状況にあったとしても、
それで日本の独立が脅かされていたとはとてもじゃないが思えん。
中国の方が先に手を出したと訴える奴は多いが、
仮に中国本土で戦争状態になっても日本の独立が脅かされる訳ではないし、
先に日本が殴っている訳だから(満州事変)、
中国軍の先制攻撃(あったとすれば)も自衛と解釈もできる。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:44:55 ID:njqLVPx7O
日本ちゃんねる戦艦「陸奥」


ドキュメンタリー昭和45制作

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 03:45:09 ID:GCEqb/5q0
米英蘭が日本の独立を脅かすなり、
又は日本の領土を奪う為に軍備を強化していたと言うのならば
“殴られそうだから殴った”と言うのも一理あるだろう。
しかしながらとてもじゃないが日本の独立を脅かしたり
日本の領土を奪う為に軍備を強化していたとは思えないし、
それは中国の場合でも同じだ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 04:05:13 ID:GCEqb/5q0
日本が戦争をするまでは、別に独立が脅かされていた訳ではなかったんだよな。
米英蘭も日本を侵略して滅ぼそうと企んでいた訳でもないし。
寧ろ日本が戦争をしてしまったが故に一時的に占領され主権を失ったのは、本末転倒と言うか。

昭和の戦争を自衛と訴えている人は頭が可笑しいんじゃない?
自衛の為に始めた戦争が結果的に帝國を滅ぼす事になったのはどうやって説明するのでしょうか。
自衛にすらならなかったのが昭和の戦争な訳で。
寧ろ満州事変も何もせずに大人しくしていた方が、
帝國も存続していたと思います。
自衛の為の戦争をして帝國が滅び自衛にすらなっていなかったのは本末転倒、
皮肉と言うものです。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 11:29:07 ID:GZeDrygF0
石油輸出に規制をかけ、
宗主国と植民地のあいだにブロック経済を造ることが常識だった世界で日本にはそれを放棄せよと言う(門戸開放を迫る)ことが、
日本の経済をどれだけ干上がらせるのは明確だと思うがなぁ?
昨今有名な、経済制裁って奴。
今の日本でも、同じことをやられたら。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 13:30:29 ID:GCEqb/5q0
馬鹿じゃないか。
そんな事をされた程度ではね、日本の独立が脅かされているとは言えないんだよ。
米英蘭が日本を滅ぼす為に軍備を強化し、
米英蘭が日本の領土を奪う為に軍備を強化していたのであれば、
それこそ正当防衛。日本は殴られそうだから殴ったと言えるもの。
しかしね、別に日本を滅ぼそうとも日本の領土を奪おうとも
日本を倒す為に現在の中国のように明らかに軍拡とわかる行為すらしてないのに、
石油を売らなくなった事を根拠に自衛だとか述べるのは明らかに主張が脆弱だと思うがね。
別に日本相手にうる義務などない訳だし、
売らなくなったから強奪してもよいと言う事には繋がらないよな。
それにね、日本には放棄せよと言っても満州国なんて作っている時点で、
文句を言える立場ではないでしょ。明らかに不当とも言える手段で作り出された衛星国を
ブロック経済に利用していただけなんだから。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 13:33:08 ID:GCEqb/5q0
放棄せよと言うのは、それ自体変な事ではない。
それは満州国の事を述べているのだろうが、
満州国の場合は放棄を訴えられても仕方あるまい。
明らかに不当とも言える手段で作り出した衛星国で、
ブロック経済云々の前に不正建国国家をブロック経済に組み込んだ方が悪いとしか思えない。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 13:37:36 ID:GCEqb/5q0
共和政ドイツに置いて、ハイパーインフレーションが起り、
ドイツ経済が完全に破壊されたのは有名だよね。
共和政ドイツに置いて経済は完全に破壊された訳だが、
別に独立が脅かされたり領土が脅かされるようになった訳ではないんだ。
ナチスが暴走できた事を考慮すると、
とてもじゃないが経済破壊を根拠に独立が脅かされていたとは言えないよね。
ナチスが暴走できたのは、独立が脅かされていなかったからでもある。

思い出して欲しい。
共和政ドイツに置いてドイツ経済は完全に破壊されはしたが、
ドイツの独立が他国に脅かされていたとでも言うのかな?
別にドイツ経済が完全に破壊された後でもドイツは独立を失ってないし、
ドイツが他国の植民地になるような事はなかった筈だ。

故に経済制裁を根拠に自衛を訴えるのも意味不明だ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 13:44:18 ID:GCEqb/5q0
それと。君は日本経済が脅かされている事を根拠にしているんでしょ?
日本の独立や日本領が脅かされている事を根拠にしている訳ではない。

是でいかに自衛だと述べている人たちの主張に根拠が乏しい事かわかるね。
日本経済が脅かされていた事は訴えるが、
国家の独立、日本領が脅かされていた事はどうしても訴えられない。

太平洋戦争の本質はアジア解放を口実に欧米から資源地帯を略奪する事だ。
こんなの、とてもじゃないが自衛の定義に当てはまるとは思わん。
寧ろ侵略と言う言葉の方が見事あてはまる。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 16:56:49 ID:lsiB2Z2p0
帝国主義国家同士の植民地の争奪っしょ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 17:25:39 ID:gNmIO2FR0
>35
貴様、ニートか引きこもりだろ?生活実感無ひな?
現在に於ひて石油の輸入が無くなつた場合、どのやうになるだらうか?想像してみやう。
例えばドライブが出来ない等と言ふ甘つちよろい事態ではなく、製造業は麻痺し、流通は止まりスーパー、コンビニ等に商品が並ばず、火力発電が止まるため電力は六割程度しか使へなくなる。
産業が破壊された場合多数の失業者が発生し、食い詰めるものが多発する。
すなはち日本の経済及び日本人の生活が破壊されるのである。
当時に於ひても、現在程ではないにせよ日本経済及び日本人の生活を脅かすことに変はりは無い。
石油だけですらこのやうな事態に陥る上、その他の資源まで押さへられたのが、大東亜戦争直前に於ける米国の仕打ちなのである。
我々は霞を喰つて生きている訳ではない。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 17:47:41 ID:QpKr76/p0
これが負の極値であることを願うよ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 18:01:21 ID:lsiB2Z2p0
>>40
そこまで追い詰められる方が悪い。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 18:02:20 ID:na/jP1O/0
>>1
八紘一宇の意味がわかってないんじゃないのか?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 22:53:29 ID:TVVkrzSd0
>>40
蘭印会商って知らないのか。頭悪すぎ。
クソウヨのアフォよりはニートの方が幾分マシだな

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 03:52:24 ID:KIpdHaJW0
>>40

つまり貴方は米国が不当な仕打ちをした、
米国が不当な仕打ちをしたので、日本は仕方なく武力に訴えたのだと?

でも貴方は完全に見落としている点がある。

1.米国が日本に石油を売り続ける義務はない
2.国際法に置いて石油販売が絶対とされている訳がない
3.日本の政策が原因で米国が石油を売らなくなったという観点を見落としている。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 10:24:26 ID:paPCCste0
↑↑1〜3まで同じこと言ってね?
それを言うなら、「禁輸措置は国家の専権事項、外交の常套手段」
でしょ?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 15:58:05 ID:vH+lEvzC0
>>44
日蘭会商や商社の交渉で認められた分を全て合わせても、
日本の需要の二割しかないんだけど。
>>45
なら貿易問題を戦争に訴えて解決しては駄目という法律もないよ。
戦争は国家の外交手段の一つ、不戦条約も国家の自衛権は認めているし。
またその日本の政策は、別にアメリカに直接的な被害をあたえるものではないばかりか、
むしろ利益を与えるもので、文句を言う権利はない。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:29:27 ID:KIpdHaJW0
>>47

>不戦条約も国家の自衛権は認めているし。
そもそもあの戦争は自衛ではないだろう。
自衛ではない以上、自衛権を認めていたとしても正当化できないだろうよ。

>むしろ利益を与えるもので、文句を言う権利はない。
真珠湾で米兵が死亡し、フィリピンを失う事が何処がアメリカの利益なのか。
貴方の理論では韓国軍が竹島を奪って自衛隊の日本の若者を殺した所で、
日本本土には直接的な被害がないから、利益になるのですか?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:36:49 ID:KIpdHaJW0
最近、自分勝手な奴が増えたな。

昭和の戦争がアジア人を解放する為の戦争だと正当化できるのなら、
ABCDラインは日本軍の侵攻に苦しむ中国人を助ける為だとも正当化できる。

ABCDラインは不当、不当だと言うが、
日本人が昭和の戦争をアジアの解放だと訴えるのなら、
ABCDラインは日本軍の侵攻に苦しむ中国人を助ける為の鉄の制裁とも主張できるしな。

なんて言うか、もっと客観的な史観を持てる人は居ないのだろうか?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:41:33 ID:KIpdHaJW0
それにね、米国が無関係と言う事はできないんだよ。
直接的に被害がもたらされなくても。

今の中国は台湾の領有権を主張しているが、
日本本土に直接的な被害は与えないと言うのならば、
別に中国が台湾を領有しても問題はないと言うことになる。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:45:23 ID:KIpdHaJW0
>>47

>日本の需要の二割しかないんだけど。
それだけで十分だろ。

用は中国との戦争を止めればよいのだから。
石油を失う原因となっている戦争さえ止めてしまえば、
石油を失う原因がなくなるのだから、
別に少なかろうが問題はなくなる。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:56:19 ID:Tnj51mOv0
これっで思想信条で学生を差別しているのと同じ事だよな
しかも国立大学が

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 00:38:30 ID:0X677xT60
アジア太平洋戦争とう言い方は定着してるの

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 01:11:03 ID:A3F9W3N4O
>>52
何を言ってんの?一橋大学がそんな馬鹿な問題出すわけないだろ。
個人の思想信条に基づいた、それにより差別が可能な答案を求めてるなら
資料なんか最初から与えずに「アジア太平洋戦争の性格・内容を述べよ」で十分。
そもそも高等学校の日本史Bで、戦争の性格なんてものには触れない。
この問題が要求してるのは、一橋の受験生なら当然持ってる戦争の知識から、
資料に示されるであろうものを選別し、そこから受験生が定まった解釈を持たない
「戦争の性格」の解釈の1つを推察し組み立てる力。
まぁ、資料の選択に関して作問者の恣意があることは否定できないが・・・

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 06:59:07 ID:45L7FCwS0
自存自衛ならば、戦後ほぼ達成したのだから、勝ちと見て好いのでは。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 07:58:32 ID:SamF0jWF0
35あたりからの流れはまったく見事です。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 08:01:12 ID:SamF0jWF0
それに引き換え>>40のレスはなんとも稚拙なんだろう。いきなりレッテル張りをするなどと。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 13:39:35 ID:uNXabpkn0
>>48
>そもそもあの戦争は自衛ではないだろう。

アメリカが禁輸して、これではいきていけないという意味だから、自衛だよ。
それに日中戦争にしても、第二次上海事変をみても、攻撃してきたのは中国。
自衛と主張するだけの要因は充分にある。
欧米もブリッセル会議の結論をみても、日本にたいして同情的ですらあった。

>真珠湾で米兵が死亡し、フィリピンを失う事が何処がアメリカの利益なのか。

はい?貿易の停止、禁輸、日本の資産の凍結のほうだぞ。
これがアメリカの利益になったというのか?
紛争おこして、そこに武器や材料を売ってウマーってのは、
戦後もアメリカの基本姿勢だろうが。なに偽善的なことを言っている。
>>50
北朝鮮やロシアなら可だな。
台湾はシーレーン上問題があるし、日米安保にふれるおそれがあるので問題。
で、アメリカは中国と安保を結んでいたり、防衛上必須な地域なのかな?
>>51
だから国内の需要分もたりないんだってば、大陸での戦争での消費分なんて、
国内の需要分に比べれば微々たるもの。
大艦隊を移動させているわけじゃないんだよ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 15:25:27 ID:OuiMxJY40
>>58
>アメリカが禁輸して、これではいきていけないという意味だから、自衛だよ。

ヨーロッパの混乱に乗じてナチスと組んだり、南部仏印進駐で前線基地を作ろうとしたり。
敵対行動を取る日本に、石油を売り続ける義務があるのか?

>第二次上海事変をみても、攻撃してきたのは中国。

蒋介石の上海租界攻撃の前に、
日本から開戦通告を出して北京を占領してる。
廬溝橋の前から華北に分離工作を掛けてる。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 20:45:43 ID:CxKvY9zs0
>>58

米国が武力をもって日本を攻撃しようとして、
それで武力で仕方なく応戦したと言うのならば自衛だと言えましょう。
あなた自身も、

>それに日中戦争にしても、第二次上海事変をみても、攻撃してきたのは中国。
>自衛と主張するだけの要因は充分にある。

武力で迫ってきた相手に武力で応戦するのは自衛だと述べている。
しかしながら貴方の↑の定義を用いれば、
ABCDライン、資産凍結、石油禁輸、貿易の停止は武力で迫っていると言えませんので、
武力で応戦するのは自衛とは言えないのであります。
何故ならあなた自身が
武力で迫ってきた相手を武力で応戦する事が「自衛」だと定義ずけているのですから。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 21:05:37 ID:CxKvY9zs0
太平洋戦争は自衛と言うより報復だな。

ABCDラインの報復に南方に侵攻したと考えるべきで、
自衛の為に南方に侵攻したと考えるのは妥当ではない。
よく言われる自衛とはいわゆる「正当防衛」的な事を言いたいのかは知りかねるが、
真珠湾攻撃は自衛より報復的意味合いが強いのも確かだからだ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 21:38:18 ID:RQQdVChG0
真珠湾は山本五十六のたっての進言でそうなったのでは?
とりあえず攻撃するなら連合艦隊をやっておきたいと。
なぜ報復で真珠湾なんだろう。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 21:57:29 ID:UZJKHYlNO
自衛・自衛じゃないというのは今までもよく繰り返された。
例えばいくら北朝鮮が軍備を増強し日本にミサイルを向けていても日本が攻撃すれば『先制攻撃』は日本となる。
そうすれば北朝鮮は当然、先制攻撃に対する自衛を主張するだろう。
だから国連では『戦争の禁止』ではなく『武力行使』そのものを禁止している。
つまり自衛であるか、そうでないかは政治的な議論であってそのラインは非常に曖昧であることを認識しなければならない。
もちろん自衛については現在でも国にその権利はあるが自衛の定義というのは難しい。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 22:14:45 ID:4H7Z4NHd0
一橋の問題については>>54の言う通りだろう。
>個人の思想信条に基づいた、それにより差別が可能な答案を求めてるなら
>資料なんか最初から与えずに「アジア太平洋戦争の性格・内容を述べよ」で十分。
であるのは言うまでもない。
高校歴史で学んだことを基礎にして、入試問題で与えられた資料から
読み取って解答を作り上げるという論理力理解力を試されているに過ぎない。
――――

自衛云々の話だけど、国際秩序を破る日本に対してアメリカが経済制裁をして
日本が「逆ギレ」しただけの話。アメリカとの手打ちの機会はあったにも
関わらず、外交で失敗してその言い訳が「自衛」ということにすぎない。

中国を侵略しながら「大東亜共栄圏」なんてお笑い草。
東南アジアは戦争資源確保の為に占領しただけ。現地の人から見れば
欧米も日本も同じ穴の狢。当初、歓迎した人もいたのは事実だが
所詮同じだから化けの皮が剥れて反日運動が起こっている。
強盗(欧米)を追い出したのが強盗(日本)だったにすぎない。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 22:25:52 ID:b8fusWa00
むずいかしいね|

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 08:53:33 ID:v7rjyJYj0
国際秩序?
日本はすでに国際連盟から脱退しているし、
アメリカなんかハナから加入してなかったじゃないか。

67 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/08/23(水) 21:56:17 ID:hr+yuCBr0
 1937年の南京虐殺事件について、日本で出版された本で「ニセ証人」と
名指しされたとして、中国人女性(77)が、本の著者と出版社「展転社」に
160万元の損害賠償などを求めた訴訟の判決が23日、南京市玄武区法院で
あった。同法院は著者らに160万元の支払いと、日中両国の主要紙での謝罪
掲載などを命じた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    国から資金提供受け、南京虐殺を否定しようとする連中の
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 背景には、これからの国家軍事化に、国民には騒がれ
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ たくないからだといえよう。国民の意思が基本だからな。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 同時に中国人はウソツキと反中国感情も煽ろうとする。(・A・#)

06.8.23 Yahoo「<南京虐殺事件>『ニセ証人』扱いの中国人被害女性が勝訴」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060823-00000098-mai-soci

* 当時、日本は米英の特需戦争に協力するため、侵略のための侵略を繰り返し、
  今で言う「悪の枢軸」のテロ国家を演じたといえます。日本が戦後
  米財界の巨額融資で経済大国になったのは誰もが知る所です。今なら丁度
  イランや北朝鮮がその役目を引き受けている様子が報道でわかります。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 20:00:37 ID:B0xSnfCg0
>>1
駿台が一番適切でしょうな。「侵略」の語をうまく回避し事実を述べている。
つーか全部で400字とかいうわけわからん問題形式とか「アジア太平洋戦争」とか一橋は腐ってるな('A`)

>>67
日本語でおk

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:42:28 ID:Ky06VNJ0O
駿台の解答はともかく、
侵略の語を使わないことを基準に考える馬鹿を
一橋は求めてないから

70 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/09/06(水) 16:14:51 ID:mzZS7uYA0
世界平和研究所(会長、中曽根康弘元首相)は5日、憲法改正で日本が
目指すべき21世紀の国家像をまとめた。歴史や伝統に関する教育・啓発の
強化や主体的な防衛戦略の確立などが柱。中曽根氏は記者会見で「今後、
米国の態度がどう変化するか予断を許さない。核兵器問題も検討しておいた
ほうがいい」と述べ、核武装研究の必要性を指摘した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    これは聞き捨てならんな。米の代理人が
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 対米戦争の可能性を示唆するというのはな。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| つまり対米協力だった太平洋戦争をもう一度で日米
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 同盟をさらに60年不動のものにしようという訳ですか。(・A・#)

06.9.6 日経「中曽根元首相、核武装研究の必要性を指摘」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060905AT3S0502A05092006.html

* 日本を核武装化し対米戦争に突入すれば、アメリカの核使用を正当化させる事になるでしょう。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 18:10:44 ID:AYO1iD/e0
「アジア太平洋戦争」って用語は定着したんだね。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 00:03:12 ID:UrQALIVZ0
答えは現代が出してくれてるだろ。
アメリカなんて、ガソリン30円だぞ。
しかも、高速道路はタダ。
猫ちゃんがドブにはさまっただけで、レスキュー隊が出動。
ガキがころべば、ヘリが出動。
アジア人殺して、武器売って、大もうけ。
日本は140円しかも二重課税。
年金、自殺、労働時間、狭い道路、家。
なぜだ?
バカだから?

アジア人団結の思想を持った指導者は、消されてるんじゃないかな。
武器が売れなくなるもんな。
おれも白人に生まれて、アジア人働かせて、喧嘩させて贅沢したかったなあ。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 01:10:02 ID:RxUSjUKE0
アジア太平洋戦争って日中戦争も含むんだろ?
アジア解放の大義名分は日中の大分後。
この問題は日中の含まれてない駄目問題。

74 :グリーン中山:2006/09/07(木) 14:37:20 ID:g1pawM2v0
『最近の台湾の教科書について』

慰安婦の記述

近隣諸国(主に韓国・中国など)と日本で、歴史認識の違いで議論になる事柄のひとつに、
慰安婦などに関する事柄があると思われますが、

日本では、慰安婦について、職業婦人だとか業者が行なったことだとか
いろいろに論じられていますが、
最近の、台湾の教科書でも、2社3種類の教科書に慰安婦についての
記載がされています。

   「いわゆるA級戦犯」小林よしのり 2006年6月30日 幻冬舎 
   のp70〜71にも NHK番組改変問題で同じみになった、
   女性国際戦犯法廷に関連して、慰安婦についての記述があるようですが
   ( 各国検事団は、中国、台湾、韓国、北朝鮮など9カ国から参加、
     主催者には、台湾から 台北市婦女救援社会福利事業基金会
     http://www.twrf.org.tw/chinese/directors.asp  
     なども参加 )

以下に國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の
内容を紹介しています。

( 翻訳は大体ですので、原文の画像もご参考ください。
  http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FREKISHI_B031
   Bar HISTORIA(フリートーク)
     2005年10月26日  
 )

75 :グリーン中山:2006/09/07(木) 14:38:00 ID:g1pawM2v0
以下もご参考に
 http://www2.ezbbs.net/36/underbranch/
  歴史問題掲示板 4月9日 17時56分 「百人斬り」
             4月9日 18時16分  清代勢力図
             2月18日        南京の記述

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 00:23:28 ID:gd+7Rjzs0
日本国民は当時の国家指導者に騙されて戦争に突入したのでもなければ、
日本人が集団ヒステリーに陥って世界制覇という夢想に取り憑かれたのではない。
日本は当時の国際社会のルールを守って行動しながら、
じりじりと破滅に向けておいこまれていったのである。

佐藤優


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 17:43:41 ID:rBAjpy/U0
>>72
けどアメリカは都市の至る所にスラムが蔓延してるし
カトリーナの爪痕は未だにあちこちに残ってるし、日本と比べ物にならないほど
貧富の差が激しいぞ。
軍需産業なんてたかが知れてるし、恩恵を享受してる連中なんぞ一握り。

78 :名無し:2006/09/08(金) 23:57:01 ID:w9sADKHb0
太平洋戦争は大東亜戦争を構成する戦争の一つだ。単独で論じても意味はない。
もともとこの大戦乱の始まりはヒトラーの台頭にあった。これをみて
スターリンは単独では対抗できないと見て米日支那に謀略工作の手を伸ばし、
各国の政府中枢にスパイを浸透させた。ソ連スパイの特徴は機密を盗む
だけでなく政策を動かしたことが特徴だ。

スターリンのアジア戦略は、ドイツとの東西挟撃を避けることだった。そこで
当時反共の蒋介石と日本を戦わせて無力化することにした。それが
1936.12の西安事件だ。蒋介石を降伏させて対日攻撃を約束させた。
そして三億ドルの援助を与えて支那事変を始めさせたのだ。
しかし予想に反して日本が勝った。そこで独ソ戦が始まったので、日米戦を
計画した。米国は満洲が欲しかったので反日だった。そこでソ連スパイが
ハルノートの厳しい条件をルーズベルトに届け、ハルノートに盛りこまれた。
(続く)



79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 00:26:03 ID:mI0KTObR0
>74
台湾だろうがどこだろうが、朝日新聞等(河野談話含む)の
宣伝に乗ってんだろ。

ウザ。
あたかも官許を得て人を讒謗する者のごとし。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 00:40:38 ID:/6p/seqC0
今日、(厳密には昨日の夜)、調べ物ついでに参考書コーナーで
日本史の本をパラパラ見てた。

旺文社の論述対策用問題集に、>>1の問題が載ってた。

巻末の読書案内には、Y教授の著作を主に、学会の通説を
知るのは必須とあったよ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 00:51:20 ID:Jj+JBMQg0
>>77
貧しいのは有色人種か、スペイン、イタリアなどの移民系白人など。

とにかく、留学した奴はみんな、時間がゆっくり流れると言う。
若者が来るような、店が17時に閉まるんだよ。土日が休みだし。
豊かなんだ。

それに比べアジアは、殺伐と大忙しだろ。
英米の奴隷だからな。
貧しいんだ。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 01:38:19 ID:kKbIKFj2O
>>80
旺文社の解答は、東大・一橋大受験生にとって最も信用してはいけない模範解答ですよ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 03:49:26 ID:2K5hH9s50
売国史観は
思慮分別のない
18歳の高校生のガキでないと騙せなくなった
っていうわけだね。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 11:43:04 ID:Rz4aRu9T0
おおまかに、
日米戦争とか白黄戦争とかでいいじゃん。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 11:50:36 ID:kKbIKFj2O
ここで、日本の教育が間違ってるとか売国史観とか言ってる連中はなんなんだ?
他の問題も見れば解るが、一橋が論述させる戦争に関する評価は決して侵略や自衛に偏りはしていない。
また、仮にこの問題が侵略だという評価のみを植え付けることが目的だとしても、
一橋の論述に耐えうる勉強をしてきた一橋受験生が、安易に一面的な評価を受け入れることは有り得ない。
侵略という言葉を使っていることを根拠に批判しているような連中が、
どれだけ歴史を勉強したのか(もしくはしたつもりになってるのか)は知らないが、
一橋大学と一橋受験生をあまり舐めない方がいい。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 16:22:48 ID:U8UJxoQH0
確かに、一橋は一筋縄ではいかない。

一橋 2002年入試 世界史 大問3

 日本の朝鮮植民地支配政策は、「韓国併合」以来、どのように
変化してきたのかを簡潔に述べたうえで、日中全面戦争の開始以降には、
どのような支配政策が展開されたのか、それはどのような特徴をもつもの
であったのかを説明しなさい。

その際、下記の語句を必ず使用し、その語句に下線を引きなさい。
(200字以内)

  三・一独立運動  創氏改名  【強制連行】

ttp://www.ne.jp/asahi/wh/class/hitotubashi2002.html

>朝鮮史を学んでおくことは一橋対策として必須です。

87 :名無し:2006/09/10(日) 16:47:42 ID:pZrDvt8I0
簡単だよ。人種戦争だ。最後に残った有色人種の独立国を白人が襲った。
当時の米国は世界最大の人種差別国家であり、人種により
三つの思想を使い分けていた。白人には民主主義、黒人には人種差別、
(千三百万国民無権利)アジアにはそれに植民地主義である。
日本には人種差別植民地主義で向かってきた。戦前の日本は民主
主義国家であったが有色人種なので米国には価値はなかった。
ソ連と手を組んで襲ったのだ。これが本質だった。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 17:20:22 ID:s/FvS1cW0
大陸での戦争と太平洋戦争を同列に語ることはできません。
設問の仕方をよく考えてください。    

以上

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 21:36:13 ID:2ghkalxu0
>>87
そうなんだ。白VS有色になれば、勝てるかもしれないんだ。
けど、黒VS黒、黄VS黄になるよう誘導されて、白が漁夫の利なのよ。
いつも、白が一枚上手。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 03:51:24 ID:K5AWccJ40
日本正当化のためか、人種間闘争に話を縮める輩が居るが
大抵は白VS白、黄VS黄の構図

そもそも大東亜戦争は白VS白に頼った戦争
ナチスの活躍が勝利の前提だった

日英同盟も白VS白の状況に日本が組み込まれた形
日本はロシアを牽制する要素と見なされた

>戦前の日本は民主主義国家であったが
>有色人種なので米国には価値はなかった。

議会政治であっても、構造的に軍部を押さえられず危機に繋がった
(統帥権干犯・軍部大臣現役武官制等)


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:44:25 ID:hYNWWZ+J0
>>72
>アジア人団結の思想を持った指導者は、消されてるんじゃないかな。

大日本帝国よろしくマヌケな行動を起こして自滅してるだけ。そもそも現実的な思考ができる香具師なら
アジア人団結なんて安易に唱えないだろうよ。大日本帝国もまずまず順調に近代化の道を歩んでたのに
アジアへの進出を進めるにつれ自らの思考回路がアジア化していき、最後には自滅。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 11:02:22 ID:iMa0Muqy0

「ヘイ!ジャップ、オセロやろうぜ!」とヤンキー野郎に言われて
盤を見たら、既にほとんど白で埋まってた。

「これはあんまりです。黄色が1個しかありません」と言うと隣の紳士が答えた。
「あそこの酔っ払いのコサック野郎と喧嘩して勝ったら3個をひっくり返して
黄色にしてやろう」ヤンキーと紳士はニヤニヤ笑った。

死ぬ気で喧嘩してようやく勝った。黄色は3個増えたが、ヤンキーとコサックは
滅茶苦茶こっちを睨んでた。ヤンキー野郎のニヤニヤ笑いは既に消えていた。
しかしゲルマン野郎が馬鹿みたいに暴れてくれたおかげでまた黄色が増えた。

調子にのって周りもひっくり返して黄色を増やそうとしたらヤンキー野郎に見つかった。
「ヘイ!ジャップ!てめー、それ戻せ。黄色1個に戻せ。戻さねえとこうだぞ。」
4人がかりで鼻と口を塞がれた。苦しかった。

もうさすがにヤバイと思ってヤンキーの顔面に痛烈な不意打ちパンチを喰らわした。
「ジャップめ!卑怯だぞ!」隙だらけだったくせにヤンキーが馬鹿みたいに叫んだ。
結局ボコボコにされたが、ヤンキーは妙に優しくなった。別人みたいだった。

ボロボロだったが、ヤンキーと酔っ払いが喧嘩してる隙に頑張って金を稼いだ。
気が付いたらヤンキーの次に金持ちになってた。
紳士は皮肉を言い、酔っ払いが愚痴をこぼしたがどうということはなかった。
ヤンキーは優しかったが他所では相変わらず威張り散らして喧嘩ばかりしていた。
ターバン野郎がヤンキーを強盗よばわりして滅茶苦茶怒ってた。

みんな大変だけど僕は金持ちだし喧嘩しなくていいから幸せだなあと思った。


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 19:27:07 ID:vWboYXdq0
おまえら一橋日本史の過去問に目を通してからものを言えよな。
特に内外で大きな事件とかが起こった翌年の問題を見るべし。
まあ、受験生には過酷な問題形式だけど

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 00:15:18 ID:YOlCPJQKO
しょうがないだろ。始めの方とかみればわかるが、ただのバカウヨだし

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 13:54:49 ID:YPCxVmyj0
>>94のID

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 21:25:04 ID:rxaRyBuw0
まあ出題者の意図を考えると侵略戦争って言葉は絶対に入れとかなきゃダメ。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 22:00:27 ID:tXX1daor0
米国が人種差別国家?

日本からの日本人移民を受け入れていたのにそれはないだろう。
法的には同じ日本人なのに外地出身者の本土への渡航を認めなかった日本の方が、
米国より差別的とも言えるぞ。
米国は外国人である日本人の移民を受け入れていたんだからな。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 22:02:09 ID:tXX1daor0
日本にアジア主義なんてないだろ。
日清戦争・日中戦争が勃発して日英同盟・三国同盟締結している時点で、
アジア主義なんてハッタリとしか思えない。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 22:20:50 ID:hSqC2aht0
一橋の日本史の問題は、
左翼活動家か、朝日の編集委員になったつもりで解答すれば正解。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 22:59:48 ID:RbEkQ2ddO
解いてから言うんだな

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 23:08:57 ID:9XCUt5r40
>>98
一橋大学合格おめでとう

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 02:50:41 ID:tE+39zBc0
『諸君!』 2007年2月号

白熱の激論六時間 「冷戦」は終わっていない!
伊藤 隆(東京大学名誉教授)/櫻井よしこ(ジャーナリスト)/
中西輝政(京都大学教授)/古田博司(筑波大学教授)
外に共産主義独裁国家群の反日包囲網。内にメディア、大学、政界トップに浸透する
「見えない左翼」たち。この内憂外患に打ち克たなければ、日本はまた「敗戦の日」を
迎えることになる

5 大学を牛耳る左翼シンパ
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/


この座談会によると、大学の歴史・社会学系の教授では、左翼が圧倒的優勢で、
彼らは教授会を牛耳り、衰退するどころか、その勢力をますます拡大しているらしい。
学生もそうで、古田氏のゼミでも学生のほとんどが左翼で、「先生、『諸君!』に
掲載するのだけはやめて下さい」と学生に言われたりするほどだって。
大学人事はこうした左翼に牛耳られ、共産系の学長もあちこちにいるそうだ。
東大はまだましな方で、京大は左翼だらけだって。
左翼に敵視されると教授になれないようだ。
これじゃあ、入試問題も>>1みたいな話になるのも当然。
やたらと朝日新聞記事から出題して、若者に朝日新聞を読ませようとするのも
そのため。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 13:42:11 ID:RU6WsBvX0
>>98
ハッタリだろ。帝国主義の大義名分なんてどれもハッタリだよ。
神の名の下に他民族を虐殺しまくった国・民族もいるしな。

国のやることには善も悪もなく、ただ国益があるだけだ。
善意で帝国主義を掲げる馬鹿国家があるわけないし
国家のやることは欺瞞だらけだよ。
当時の日独も欧米列強も中国朝鮮も土人もどこも同じ。みんな同じ。
ただ自分達が属する社会の利益を追求してるだけ。

所詮はヤクザ同士の抗争でハッタリのかまし合いなんだよ。

殺し合いに正義なんかあるわけないのに、
この世に絶対的な善悪なんてあるわけないのに、
みんながそれぞれ正義を主張してるんだからな。

ハッタリばかりの茶番劇だよ。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:36:38 ID:fYx0d1WK0
>>102
法学会なんて、東大を筆頭に憲法改正を口にすることさえできない風潮が
続いてきていて、国公立の経済学部はいまだにマルキストが過半を占め、
全国の教育学部は共産党に支配されている。
「東大教育学部長=日本共産党東大教育学部支部長」であるように。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:31:35 ID:FXnXQlH40
アジア太平洋戦争
という呼称自体に異を唱える論を展開したらどんな採点?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:35:40 ID:FXnXQlH40
>>105
昭和の戦役
だって
十五年戦争
だって
大東亜戦争
だって
それなりに呼称としての根拠はあるし。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:39:48 ID:mav1i6k50
昔の戦争は元号をつけて〜の役と呼ぶのが普通だった。
大東亜戦争と呼ぶのも違和感があるし太平洋戦争というのも変だから、
昭和の戦争と言う方が正しいだろうね。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:43:36 ID:kTyx/LTpO
>>105
小論文と歴史の論述問題は別物

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 12:24:55 ID:m6HmJlb30
市来 龍夫、熊本縣の人、明治三十九年生
吉住留五郎、山形縣の人、明治四十四年生


市来氏は1906年(明治39年)熊本県生まれ、1936年からジャカルタの
日蘭商業新聞に勤務。吉住氏は1911年(明治44年)山形県井岡出身、
昭和5年に旧鶴岡中学校を卒業後インドネシアに渡り、日蘭商業新聞で市来
と知り合う。戦前より現地で新聞記者として活躍していたお二人を、蘭領東
インド政府(オランダの植民地政府)は目障りなために、逮捕、投獄後に日
本に追放されました。大東亜戦争が始まり市来氏は陸軍の宣伝班員としてジ
ャワ派遣軍に加わった。吉住氏は、1944年から海軍武官府で民族主義運動工
作に従事。我が国の敗戦のちもインドネシアに留まり、独立軍の軍事参謀指
揮官として活躍しました。吉住氏は一個師団の軍隊を率いてオランダ軍に対
して結核で血を吐きながら山中を転戦して戦いましたが、昭和23年7月ゲ
デリ州セゴンの山中にて力つきて病没。

市来氏は昭和24年1月マランのサトウキビ畑でオランダ軍と攻防をくり返
した時に、頭部を打ち抜かれて戦死。インドネシアの独立を夢見て、独立軍
にとして戦った我が国の将兵は約2000名といわれています。そのうちの
数多くの方々は、インドネシアの独立を見る事なくオランダ軍との戦闘で戦
死されました。市来、吉住のお二人の御霊も、多くの元日本軍将兵とともに、
独立の英雄として、インドネシアの英雄墓地に眠っています。

http://www.tamanegiや.com/indonesiadokuritu.html


49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)