5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「日露戦争物語」(江川達也)を読め!

1 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 23:38:11
明治の世が、面白いほど
よく解かるから!!

2 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 00:01:40
此処をどこの板だと思っているのかな。
ところで作画のクオリティは最近どうなのかね。

3 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 07:58:05
司馬遼太郎なんかより、断然良いだろう!

4 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 16:45:18
「今度もまた、また負け戦だったな・・・・・いや、勝ったのはあの百姓たちだ・・・儂たちではない・・・・」






5 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 17:02:06
パンパンを語るスレですか

6 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 23:57:48
http://04.members.goo.ne.jp/www/goo/n/p/nipponnippon_2005/main.html

7 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 15:46:47
途中までは神だったな

8 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 22:59:15
age

9 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 19:57:42
単行本2巻までは読んだ。面白かった。

それ以降は読む価値無し。

「坂の上の雲」を読むほうがよし。

10 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 20:04:57
ええっ!
17巻ぐらいまでは良いよー。
坂は日清少ないから代わりにはならんし。

11 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 20:09:45
兵力の配置とか長州人のマヌケな顔つきとか見所いっぱいで楽しいよ。

12 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 20:51:07
17巻ってそこまで出てたのか
作者が大嫌いなんで読む気しない

13 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 20:56:12
漫画史に輝く名著だから読んでみ。

14 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 21:04:54
途中でアシスタントがいなくなってハンターハンターみたいになっている。

15 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 21:15:56
ハンターは単行本で加筆するでしょ。
日露は加筆しないもんなあ。

16 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 21:45:57
確かにこの作品に描かれる長州閥は馬鹿面ばっかりだよな
薩摩人は凛々しいイケメン揃いなのに

17 :後進国まわり:2006/05/02(火) 21:38:24

小泉さんは連休中かねてODAで買収?してあるエチオピアなどを回って
日本の常任理事国入り支持再確認をアピールしている様だが、
幾らで買った?w
ODAは悪いことではないが、民主主義が未定着で政治が腐り、国内で馬鹿なことばかりやっていては
金で歓心は買えても尊敬は買えないよ。


18 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 22:36:42
(ビートたけし、20世紀の偉人伝から)
東郷平八郎が一体何をやっていたかというとじつはなにもしてないんでさ。
ただ、船の甲板につったって双眼鏡で遠方を眺めてるだけ。実際は部下の秋山なんかが
偉いんじゃないのか?乃木にしても、いきなり突撃!突撃!だからね。
近代戦もしらずに広大な大陸で関が原の戦いでも展開しようとしたのかね。
向かってきたロシア兵には「日本軍はキモイ」という印象を与えただけかもね。
大体、東郷が長生きしたお陰で日本の海軍は大巨砲主義に取り付かれで太平洋戦争で空母からなにから
轟沈されたんじゃないのか。児玉や明石、小村寿太郎が過小評価されてるのは腑におちないね。

だとさw

19 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 22:38:36
>>18
てか、戦後の坂本龍馬や新撰組のように軍神として過大に評価されたんじゃね?

20 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 23:43:34
精神面はよく書かれている。

21 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 07:11:10
へえ。

22 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 12:38:59
指揮官の仕事は部下の力を活用して任務を全うする事。
それに当たって部下の死傷や装備の損失を最小限に抑えるのは大前提。
自分に下された命令にパーフェクトゲームという結果で応えた東郷が何もしていないとは心得違いも甚だしいね。

乃木に関しては毎月同じ日に突撃を繰り返して無駄な戦死者を出したりした愚将と批判されて当然だけど。

23 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 21:55:18
名将はだれ?

24 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 19:57:27
で、なんで江川達也のアシスタントはいなくなったのよ???

25 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 20:39:24
登場した薩摩人の将官はみんな名将ぽい。
顔も凛々しくて男前ばかり。

長州閥は今のところ坪井以外は愚将として顔つきまで気持ち悪く描かれてる。
この様子では今後も児玉以外は望み薄だ。

ちなみに今は桑名の立見を名将としてクローズアップしてる。
顔は3枚目だけど

26 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 22:12:35
長州人の特徴である下品さや不潔感が上手く描写されてる。

27 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 22:31:15
立見の黒溝台での失態をどう書くつもりだろ

28 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 22:51:35
>>22
それ、近史の乃木スレで言ってきてくれよ
>>27
参謀のせいにする

29 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 23:36:28
長州人じゃあるまいし、そんな歪曲をする訳が無い。
別に完全無欠な超人なんて居ないんだから、史実を忠実に再現すれば良い事。
長州人たちの醜悪な実態を正確に描き出した江川にならそれが出来る。

30 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 23:44:06
あの作者のことだから
いつ濡れ場が出てくるのかいつも胸を膨らましているのだが・・・・

31 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 00:16:13
誰の濡れ場だ。

32 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 01:44:37
どうして長州人はみんなあんなに不細工なんですか?

33 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 03:06:26
心掛けの悪さが人相に出たんだな

34 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 18:13:55
セリフの方言が読みにくい
無理せず標準語のセリフに
すればいいのに

35 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 18:17:05
どんどん白くなっていくな

36 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 04:04:05
しかし、週刊誌ということを考えればかなり無茶してるだろうな。

37 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 08:23:45
アシスタントに逃げられた上
テレビ出演も止めていないからな

38 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 08:43:24
坂の上の雲

39 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 10:26:37
長州で唯一マトモな指揮官として登場した坪井についても、
独断専行の弊害で軍の規律を乱したみたいな批判を書いてるね。

これは難しい問題なんだよね。
上からの命令が現場の実情にそぐわない場合にも機械的に従っていれば良いのかといえば違う。

議会の決定に逆らって戦艦三笠をイギリスから買う事を独断で決めた西郷従道は、
批判されたら山本権兵衛と2人で切腹すれば良いと言い放ち国家予算を無断で流用した。

西郷と山本なら本当に腹を切る覚悟でベストの選択をしたのだろうが、
勝てば不正行為であっても不問に伏すという習慣が横行すると社会の秩序が崩壊するのも確実。
議会が「これ以上の軍艦は無用」と決めてるのに現場では軍艦が増えちゃうんだから議会政治や司法制度はただの茶番となる。

だからといって規律違反を機械的に処罰していたら、公益の為に有志の誰かが危ない橋を渡ってくれる滅私奉公の美風は廃れて、
責任逃れと保身に汲々とする官僚主義に陥り、
結局は社会が腐敗する。

それを踏まえて坪井の独断は適切だったのか無用だっのかは正直判断に迷う。
敢えてどちらか決断するなら無用。作者もそこまで考慮して慎重な人物評価に徹して欲しい。

40 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 23:02:03
>たけしの東郷論について
東郷の存在自体が兵の士気を挙げたわけで‥。
巨砲主義についても、戦争に勝ったら勝つ為の試行錯誤をしなくなるからなぁ。
まぁ、たけしの映画は好きだけども。

41 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 02:37:56
東郷がヤバイのは日本海海戦のとき軍刀を持って指揮していたこと。
指揮所には羅針があるので、通常鉄製のものは近寄せないのだが、
あの有名な絵では東郷1人だけ軍刀を持っていた。


42 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 03:12:32
東郷の存在自体は将兵の士気向上にそれほど貢献していない。

予備役のロートルを病み上がりにも関わらず引っ張り出して司令長官にしたのは鹿児島の人だからだろうと思われて全く期待されていなかった。
東郷の功績とは、秋山などの部下の能力を適切に引き出して敵艦隊を撃滅した事なんだよ。

例えば秋山がどれだけ賢くても、秋山の献策を採用するかどうかを決めるのは東郷の権限であり東郷の仕事。
乃木は部下の伊地知の意見を採用して余計な損害を出した。
これは伊地知の責任ではなく、伊地知の意見を採用するかしないかを判断する役目である乃木の責任。

43 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 05:05:00
東郷さんは、戦闘中において適切な判断ができる
高陞号の撃沈作法や、日本海海戦で白旗を掲げながら停船せず、航行する
敵艦の攻撃を止めなかった事。将だからそれで良いんじゃない
のちの人事に介入はいかんけど、神様だから

44 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 15:34:37
いやいや、井口や長岡の案の方が伊地知案より無謀だろう。
ひいては旅順要塞早期陥落を命令した大山児玉にも責任がある。

45 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 03:58:56
長州でも高杉晋作なんかは馬面そのままに顔を描きつつも
演出的にはかっこよく描かれているぞ。井上馨も良い感じだし
伊藤博文も心配性の面を江川ギャグで誇張しながらも
演出的にはまー頑張った偉大な政治家として描かれている。
山縣が特別作者のお気に入り?で変な顔にされまくってるだけじゃない?

46 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 09:27:52
ただな〜一つだけ言いたい
日清なげ〜よ
日露までの逸話を考えればあと5年後くらいか?
そんでもって日本海海戦はあと15年後くらい?w

47 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 14:44:12
長州閥の顔には品格というものが無い。
薩摩人などの気高い面構えとの落差を見事な描写力で反映させている。

48 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 14:49:39
有栖川宮タル仁ってでてくる?

49 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 17:28:45
金玉均最高!

50 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 19:19:27
金玉バラバラ殺人事件

51 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 19:58:53
金玉も日本に亡命中なのに遊女を落籍したりしてるのがダメだね。
たまに女を買うくらいならともかく、
朝鮮政府に命を狙われて日本に匿われてる時に、
そういうカネの使い方をするようでは話にならない。

52 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 08:15:55
人物のアップと地図だけで何とかごまかしてる状態だな
もうすぐギブアップしそう

53 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 21:24:44
江川達也はただの妄想漫画家でないと思った。

54 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 21:32:48
題材、脚本は面白いのだが

漫画としては大変つまらない作品
なんか江川のオナニー作品って感じ

多分、映画にしたほうが正解

55 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 22:01:18
絵が下手糞、とても読む気になりません
日本史のことを書きたかったらせめてイノタケクラスにレベルアップを

56 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 01:30:47
漫画としては つまらないなぁ、たしかに

57 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 01:33:17
東京大学物語の方がくだらなくてまだ良かった。

58 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 02:00:38
確かに映画か小説にした方がいいかもー
もしくは別の奴に描いてほしいかな

江川漫画のダメな所は登場人物の個性が強すぎる所
一人一人に個性を出しすぎる結果、無個性になってる


59 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 02:02:52
なんか知らんが必死な自演だな。
長州人かな?

60 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 02:06:06
個性っつーかインパクトじゃね?
目立たせる必要ない奴も目立たせようって無理に頑張ってる完爾がする


61 :江川某:2006/06/09(金) 02:09:31
誰だ俺の漫画にケチつける奴は
でもまぁ読んでくれてありがとう

62 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 02:12:37
↑卓 乙

63 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 02:30:02
東郷の偉さが分からん人は、リーダーの辛さが分からない人だな。

不安と焦燥のなか、動揺を見せずにどんと構えていることの難しさ。


というより、>>18のたけしの東郷観、乃木観の知識は司馬遼太郎の小説から持ってきただけじゃないのか?



64 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 13:13:22
作者の創造部分が中途半端であとは史実なぞってるだけの歴史漫画ですね

駄作

65 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 14:08:43
戦闘シーンに迫力が無い
あれじゃ、読む気にならない

66 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 14:25:19
アシスタント募集中!

というかお願い!!

67 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 15:46:58
信者とアンチうぜえ

68 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 15:48:44
>>65
って読んでるじゃん



と釣られ益次郎

69 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 17:17:18
スレたてたの江川本人か?

70 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 17:20:18
金玉均の絵を見て「あー、こりゃあロクに調べてもいないな」と思った。


71 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 12:39:25
主人公出番少ないなあ。

72 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 13:13:51
長州閥特有の悪臭を上手く描写してるのは見事。

73 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 14:20:09
先週、やたら長州誉めてなかったか?

74 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 15:13:38
先週のは長州閥の一人よがりな自己弁護を井上の主観で語っていただけ。
長州のキモさを晒していた訳だ。

75 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 21:06:28
日露戦争に入るのはいつですか?

76 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 21:18:49
江川が長州閥の異常性を描くのに飽きたらロシアとの戦いが始まるんじゃないかな?

77 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 02:56:54
とりあえずなんでも語尾に「〜ちゃ」をつけたら長州弁だと思ってる節がある。
半分くらい使い方違うと思った長州人でした。

78 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 03:15:32
司馬遼太郎と江川達也が、
近代史の世界に大量に厨房を引き連れてきた。

あと、日本が負けたのに韓国が勝ったからって
ファビョってWC板で朝鮮人を罵倒してるのって、
このスレに書き込みしてるのと同じ層の人間だろ。

79 :名無し募集中。。。:2006/06/14(水) 06:31:56
最近名探偵コナン顔負けに文字数が激増してきたね
まるでさし絵みたいだ

80 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 07:04:12
長州人はあのマンガが気になって仕方ないようだな。

81 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 07:19:00
長州人は自分達が嫌われてるのは司馬のせいだと思い込んでるからな。
この板でもあれだけ荒らして顰蹙を買いながら本人は人気者気取り。

82 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 10:06:43
>>81
いいねいえねえ〜、もっと長州をいじってくれ〜。あへあへ。

83 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 10:17:00
石ノ森章太郎の
マンガ日本の歴史のほうがよっぽど面白いわい

84 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 16:56:04
てか主人公は誰?

85 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 18:53:04
トーゴー

86 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 18:54:55
原作司馬良太郎と書くべき

87 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 19:00:55
>>84
江川達也

88 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 19:59:06
秋山が晩年、大本教にハマッた件まで
描くかな。

89 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 19:49:45
日清戦争で終わりそう。

90 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 19:54:47
売れてるらしいから日本海海戦まではやるんじゃない?
歴史好きには普通に面白いよ。

91 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 08:19:19
どんな本?

92 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 12:12:17
しかし、凄まじい情報量の漫画だよな
そのうち小説みたいに文字だけになるのかな

93 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 17:18:17
すさまじい情報量って言うより
絵にするのがメンドイからそのまま字にしてるんだろうな
てか、あんな原稿受け取って担当者は何にも言わないのかな

94 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 17:24:12
>>93
でもイチイチ絵にしてたら最終巻でるの20年後ぐらいになってしまうようなw

95 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 21:54:12
江川達也の作画のクオリティが落ちたのはなぜ?
昔は良かった〜

96 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 11:41:31
江川が顔だけ描いて、あとは全部アシスタントに任せればいいじゃん

97 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 12:02:01
寧ろ 「風雲児たち」(みなもとたろう)を読め!
歴史漫画ではコレが最強

98 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 14:00:51
今はアシスタントが居なくて一人で描いてるからね。
作画とストーリーのクオリティを保ちつつ週刊連載を一人でやるのは本来不可能。

99 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 14:07:30
一応十六巻まで持ってる。

100 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 14:48:59
江川って在日?
なんかチョンの言い分ばっか
垂れ流してるんだが

101 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 20:49:41
李氏朝鮮を特に美化している形跡はなかったが
金玉均の事を妙にヨイショしていたが、これは朝鮮人よりも日本人によく生じる傾向。

102 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 21:40:50
100は街宣右翼


103 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:40:53
一巻から比べると、どんどん文字が多くなってきた。
あと絵が・・・

104 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 14:53:59
俺は人に迷惑をかけない右翼です。
すばらし!若者だけでなく戦後の腐りきった売国奴(左翼)の
教育を受けた俺の父親の世代にも読んでほしい。
(俺の父親なんて日本のやってきた戦争はすべてとんでもない
侵略戦争で、チョんやチャンに地獄のような苦しみを与えてきた
日本人は永遠に彼らに償うべきだ!と本気でおもっとる!)
特にいいのは、多くが倒幕の志士である登場人物の過去にふれているとこ!
江戸時代、松陰先生に始まり、命がけで徳川幕府を倒した彼らの生き残り
が日清、日露を乗り切り大和民族を黒人、黄色人種を奴隷としか思っていない
西洋列強から守った事をもっと知ってほしい。(日本は朝鮮を植民地にした
と言われるが、あの時併合しなければ、今頃豊かな韓国もロシアか、中共の
一部やろ!日本は莫大な資金を投じて朝鮮のインフラ整備を行い、近代化
させ、帝国大学まで作って教育してやった。こんな支配国が他にあろうか?)


105 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 15:52:32
日露で活躍しそうなのはカッコよく描かれてる。野津や東郷とか

もっとも海軍は、あんまり薩摩がよく描かれてないんだが。樺山軍令長・・・上村



106 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 04:08:01
チェストーの樺山軍令部長もキンタマーの上村も
愛が溢れまくってるやん。

107 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 21:36:52
はだしのゲンでドラクエ
http://bsm1.at.infoseek.co.jp/toppage1234.htm



108 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 00:12:35
巨人の江川と親戚か?

109 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 00:28:50
養子だそうです。

110 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 22:05:44
兄弟仲が悪いのだそうだ

111 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 23:59:52
age

112 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 01:56:19
■北朝鮮を民主化した体制に持っていくには中国との連携は欠かせない

  日本の安全保障における北朝鮮問題は北朝鮮を民主化した体制に持っていきたいと認識している
 民主党代表小沢一郎代表は、中国共産党一党独裁国家の中国が決して北朝鮮の金正日体制の
 崩壊を望まない現状維持、北朝鮮が民主化すれば共産党一党独裁国家の自国に波及するかも
 しれない事にを到底容認するはずがない問題に、小沢代表は“中国との連携は欠かせない”と述べ
 ました。
                                        以上、民主党代表公式見解です。
              ィ:::::::::::::ヽ The.Democratic.Party.of.Japan
             |:::::::::::::::::::::| ┌──┐  .\   .\|/ 
              、::::::::::::::ノ  ├─┬┘ .─┬─. |. ̄ ̄ ̄.|
               < > ......├─┼.   _|_ . | ̄ ̄ ̄|
             ./::::::::::::::::ヽ │   │   .│  .  ̄| ̄| ̄
             |:::::::::::::::::::::| └   └  .─┴─   ノ .└-┘               
             .ゝ:::::::::::::ノ              中国共産党日本支部 民主党代表 小沢一郎


113 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 22:25:06
小林よしのり曰く、
「江川達也は日本国を描くことに失敗した」そうだ!

114 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 13:20:21
いやサイゾーの連載のことだろう。
似たようなエッセイ構成で投げ出した。

肉親批判とか頭がおかしいとか言い始めて

アシスタントがいないのか背景とかが無くなってきてるのも
小林とは対照的。

115 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 21:39:19
SPAでやってるよ。もう漫画でやる気はなさそうだけど。

116 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 00:50:39
小泉批判は便乗っぽい

117 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 02:57:51
このマンガの文字の多さには集中力がなくなるほどだ

118 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 06:12:31
反日史観の立場から日本の近代史を斬ろうという「進歩的文化人」なりの誠実さで史料に接しているうちに、
反日史観の欺瞞に気付いてしまったという感じだな。

取ってつけたように軽薄な大東亜戦争批判を繰り返してるのは、
あれでも初志貫徹を気取ってるつもりなのかも知れない。
小林よしのりなら潔くそれまでの偏見を認めて転向を宣言してる所だが、
インテリ気取りの江川が自分の過ちを認めるのは苦労するんだろうね。

119 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 08:48:18
日本をだめにしたのは長州!
大東亜戦争、満州、台湾、朝鮮、竹島を失った責任はすべて長州の責任。
長州は日本の政治経済から排除されるべき。

120 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 09:51:20
山県や井上の汚職は弁解できんわな。
日本にとっては居なくて良いゴミカスだった。

121 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 13:04:49
そういうのはそれ専用の板があるからそこでやってくれ

122 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 15:55:05
日本史板は長州差別専用板みたいなもんだ

123 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 16:46:49
近代史はID出るからな

124 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 16:54:05
>>100
最初はその臭いがきつかったが、徐々に方向が修正されて行ったとは思う。
その分画力が減っていったのが不思議な相関関係だw

125 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 23:47:07
近代史板は日本史板に粘着した長州バカの荒らしが酷いから隔離しようとして新設された。
奴がこちらで自演を続けている限りは徒労だったな。

126 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 19:07:00
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14340.wmv
H180725報道ワイド日本・富田メモ公表の犯罪性 25.62MiB
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14340.wmv
H180725報道ワイド日本・富田メモ公表の犯罪性 25.62MiB
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14340.wmv
H180725報道ワイド日本・富田メモ公表の犯罪性 25.62MiB
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14340.wmv
H180725報道ワイド日本・富田メモ公表の犯罪性 25.62MiB
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14340.wmv
H180725報道ワイド日本・富田メモ公表の犯罪性 25.62MiB



127 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 21:06:01
いや違うだろ

128 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 21:24:05
確かに画力が落ちたってのは違う。
アシスタントが居た頃よりも雑になっただけで。

129 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 21:37:23
 【TBSのトラブル史】

 ▼オウム報道関連
〈1〉95年、オウム真理教関連番組の映像に、麻原彰晃こと松本智津夫被告の
 顔のカットなどをサブリミナル効果を狙って挿入。

 〈2〉89年の坂本弁護士一家殺害事件前、放送前の坂本弁護士インタビューの
  ビデオをオウム幹部に見せていたことが96年、発覚。社長(当時)が辞任。

 〈3〉04年、オウム関連番組で「林郁夫受刑者を知る元受刑者」としてインタビュー
  した男性が、実は林受刑者と面識がなかったことが発覚。

 ▼ねつ造? 03年11月、「サンデーモーニング」が石原慎太郎都知事の「日韓合併
  の歴史を100%正当化するつもりはない」との発言に、正反対の「100%正当化する
  つもりだ」との字幕を付けて放送。都知事から「ねつ造だ」と告訴される。

 ▼誤訳? 今年6月、「ニュース23」が、小泉首相の靖国参拝に関し、ヘンリー・ハイド
  米下院国際関係委員長(共和党)が「行くべきでないと強く感じているわけではない」
  と語った言葉を、「行くべきではないと強く思っている」との日本語字幕で放送。


130 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:38:36
>>119

新日本をだめにしたのは長州!
橋本、武藤、カシン、ライガーを失った責任はすべて長州の責任。
長州は新日本の経営から排除されるべき。

……って、とっくに排除されているんだが、また復帰するとか。

131 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 02:34:11
というか今も昔も中心ですね。小力ブームもそうだけど
いつのまにか猪木から長州に

132 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 09:52:11
たかじんのそこまで言って委員会 靖国合祀メモ

http://www.youtube.com/view_play_list?p=2AF06C2DD3A380DD

133 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:29:24
今週も諸悪の根源として長州が叩かれまくり
やっぱ誰の目にもそう見える罠

134 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:42:56
>>133
君みたいな人種の鬱憤の発散に寄与してるようでなにより。

135 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:44:43
欝憤晴らしに必死な長州人が来ますたよ

136 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 20:07:57
立ち読みして、あーこれ絶対来るだろうなーと思ってこのスレ見てみたらやっぱり来ててワロタ

137 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 20:10:10
ちなみに>>133ね。

138 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 00:20:41
長州人は来るというより、日本史板に常駐してる。

139 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 00:34:26
半藤や司馬を参考にしたらああなる。実際は石原は愚昧で辻は清廉潔白な英雄。

140 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 00:35:23
拡大する方が正しい

141 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 01:01:30
誰の目にも長州閥の害悪は明白というだけ。

142 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 01:06:38
秋山が
新興宗教にはまってまわりに薦めまくった話はちゃんと書くかな。

143 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 01:21:42
石原には戦略眼があるけど、
辻は出来の悪い亜流としか見えないよな。

144 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 02:09:22
小中学校が夏休みに入って盛り上がるかと思えば、そうでもなし。
読んでるのは意外とオヤジってことかな。

145 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 02:20:50
子どもはあんな読み難い作品は読まんよ。

資料として出てくる軍用地図から状況をイメージできるようになったら俄然面白くなるけど。

146 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 02:04:32
正直あれを漫画として掲載する意味がわからん
とんでもなくごちゃごちゃしてて読みにくいったらありゃしない
あれを読むくらいだったら歴史書を読んだ方がまだまし

147 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 05:29:11
最近は地図のコピーばかりでヒドいけど、戦場の地形や部隊の位置関係をビジュアルで分かりやすく再現していた頃は最高に良かった。

誰かアシやれよ。

148 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 06:10:00
物事を簡略化して描くのが下手なんだろうなあ…絵に説得力がない。
「地図とパンパン」なんて異名を漫画板で付けられるぐらいに手抜き
丸出しだし。

日清でコミックス何巻も使ってどうするつもりなんだろう?
その辺のペース配分は先駆者である司馬の方が圧倒的に上手かったな。
どこに筆を割くべきかをちゃんと考えていた。

149 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 06:24:08
あの絵は我慢の限界を越えてるよ。


150 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 10:11:47
長州人が全員奇面組として登場するから山口県人にとってはプライドをズタズタにされる絵だよな。

151 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 12:17:41
>>1
ことわる

152 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 12:23:22
日露戦争はいつくるんだ?

153 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 13:21:12
何を言うか。
ロシアとの戦はとっくに始まっておる。

ゴホ、ゴホ

154 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 13:41:35
>>148
パンパン パンパンパン!! 擬音と略図ばっかし。初期の子規との絡みは楽しかったが。
最近の独り善がりは富樫と双璧、編集もよく許してるな。

155 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 14:32:51
長州人の奇怪な顔立ちで単行本が売れてるからな

156 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 23:47:05
小林よりのりの言う”絵解き漫画”にはまってきたな・・・

157 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 23:13:26
あの殴り描きから江川の意図を読み取る事は不可。

158 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 11:33:18
スピリッツが第一部完になるらしいが
おわっちゃうのかなあ

159 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 13:39:20
秋山の戦いと長州閥の変な顔はまだまだこれからだ!

長い間ご声援ありがとうございました。

160 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 14:56:15
>>158
日清戦争物語で終了?真之出番無いのでわw

161 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 15:34:40
残念だ

162 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 12:40:52
日清戦争物語

163 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 22:08:46
日清、日露当時の将官、政治家の過去にもっと触れろ!
陸奥宗光なんて、いつも「ゴホ、ゴホ」言うとるが、侍時代は
竜馬の仇と、天満屋に同士と乗り込み新撰組と壮絶な斬り合いをやらかしとるし
、伊藤博文なんて幕府和学者、塙次郎、加藤甲次郎を待ち伏せし、斬殺しとる。

164 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 12:11:55
窪塚の詩(伴奏と踊りが入ります) マジですよ・・・

いつもは落ちないのに落ちてしまった。
その日はとても急いでいた。とてもとても。
マンションの向かいにあるコンビニの
ソフトクリームが食べたくて仕方がなかった。
ソフトクリームが売り切れでなくなって
しまうんじゃないか心配でならなかった。
エレベーターに乗る手順をすっとばしてしまた。
その日は自分にとって最高の日だったのか
わからない
最悪の日だったのかわからない

165 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 22:55:40
結局日露まで行かずに辞めたのか・・・・・・
まあ予想してたけどねw

166 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 23:23:02
最終巻22巻は10月発売とか書いてたみたい
体制整えてからどっかマイナー雑誌ででも続けてもらえんかな

167 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 01:30:02
え?え?マジで?マジで辞めるの?

168 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 04:23:09
圧力か・・・

169 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 08:30:03
ホワイトパージw

170 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 20:47:40
やっと打ち切りか・・・。

171 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 13:24:25
最終話もひどかったな。

172 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 13:25:35
このスレも終りだね・・・・

173 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 15:24:58
もったいないよなぁ前半イイ感じだったし

174 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 16:49:47
政治的な圧力が無かった訳は無いが、
途中からアシスタントを全員切って一人で作画していたらしいからな。
あれだけの史料と格闘しながら週刊連載でそんな芸当は本来不可能なんだよ。

どうして江川が一人で描くようになったのかという事情にメスを入れたら面白い事になるかもな。

175 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 19:00:00
旅順港閉塞の広瀬の話だけを楽しみにしてたんだが残念だ

176 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 21:21:04
江藤淳が生きてたら援護射撃したかな

177 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 21:39:13
秋山の宗教のこと最後にちらっとふれた

178 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 21:41:53
漫画の仕組みよくわからんのだけど連載してないと本だせないの?

179 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 22:51:38
今週は、最強伝説クロサワと日露戦争物語のラストがあんまりなのがショックだ・・・。
両方とももう描かなくても全然困らない大御所とはいえ

180 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 12:51:04
>>174
単に江川が糞なだけだろ

181 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 14:20:51
反日勢力は黙ってろよ

182 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 18:11:43
漫画板の方は、にわかアンチが大量発生でどうしょうもないな。
「最終回しか読んでない、もしくは地図とパンパンになってからしか読んでないけど
最初からそんなんだろ?全部おもしろくないよ。
江川そのものがTVに出ていて気に喰わないので叩いてやる」
みたいなのにが便乗して叩いていて、ウザイことこの上ない。


183 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 19:55:14
面白くない漫画は読まれない。
つまり、わざわざスレッドで粘着して叩いている連中は、この漫画がつまらないから叩いている訳ではないんだよ。

184 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 20:20:33
まだ読めてないんだが、日清戦争の最後は急ぎ足で無理に終わらせたかんじなのかな
しかし日露んとこから月刊誌でやってくれないかな

185 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 21:51:31
パラノイアがパラノイアの為に描いたポンチ絵。暫らく休んでまともな神経
になるように望む。最終話を読めば精神構造がネウヨそのもの。俺はのぼさん
が好きだった。

186 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 22:05:37
始めは反日勢力御用達の宣伝漫画という触れ込みでスタートしていたから、近年敗色濃厚な反日勢力にとっては期待のプロパガンダだったんだろうね。

ところが作者も史料に当たっている内に段々マトモな歴史観に目覚めて来たもんだからさぞ狼狽した事だろう。

187 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 00:16:58
>>184
日清は3ページぐらいで終わらせて
後は最近多い「戦後の国民はGHQとアカのプロパガンダに騙されている」みたいなアジが続く。
最後のコマは真之だが・・・見たら泣くよ。


188 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 00:17:51
戦争に被害者も加害者も無い。
勝者と敗者だけ。


189 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 00:53:06
くだらないアジマンガだったな。
最後は一面的な視点に終始していて客観性に欠けていた。
価値判断を読者に問うものでなければな。

190 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 01:58:01
歴史を歪曲するのが飯の種である反日陣営にとっては面白くない漫画だったんだろうね。
つまらない漫画を読む奴は居ないんだから

191 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 03:26:57
坂の上の雲のパクリとかアホなことは言わんが
坂の上の雲という小説が持っていた明治の熱い時代の空気感ってのを
この漫画も最初の頃は持っていた。
当時の国際状況やらもわかりやすく
歴史教科書の副読本に使って欲しいくらいだった。
後半の手抜きでそれら全ても「糞漫画」「地図とパンパン」「どうせ江川」で
片付けられてしまうのがとても惜しい。悲しい。江川氏ね。


192 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 03:27:40
◎平成15年度(2003年)の外国人犯罪検挙数(特別永住の在日韓国・朝鮮人犯罪を除く)
○総数 1位 中国  2位 韓朝  3位 ブラ 1.8%(11,692:2,978)
●殺人 1位 韓朝  2位 中国  3位 ブラ 1.8%(25:7)
●放火 1位 韓朝  2位 中国  3位 フィ. .0.7%(10:3)
●強姦 1位 韓朝  2位 中国  3位 ブラ 1.0%(15:4)
●暴行 1位 韓朝  2位 中国  3位 ブラ 2.4%(228:19)
●傷害 1位 韓朝  2位 中国  3位 ブラ 2.0%(479:42)
●脅迫 1位 韓朝  2位 中国  3位 イラ 2.0%(32:1)
●恐喝 1位 韓朝  2位 中国  3位 ブラ 2.3%(161:6)
●詐欺 1位 韓朝  2位 中国  3位 ブラ 1.4%(435:17)
●横領 1位 韓朝  2位 中国  3位 ブラ 1.0%(14:0
○偽造 1位 中国  2位 韓朝  3位 ブラ 1.4%(122:20)
○窃盗 1位 中国  2位 韓朝  3位 ブラ 1.4%(6,082:1,123)

9年で犯罪が2倍に増加(◇1994年:13321人 →→ ◇2003年:27258人)


193 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 06:00:12
詭弁で軍国主義時代の本音を隠してきたのが右翼。
軍国主義時代の日本の本音を暴いてきたのが左翼。

左翼の指摘が先に行きすぎていて、わかりやすい右翼の喧伝に
飛びついたのが今の浅薄な思考のネットウヨという図式。

194 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 06:39:19
日本の富に寄生する害虫が歴史を歪曲して、
嘘が通用しないインテリの事を右翼と呼んでるというのが実情だろうが。

195 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 06:43:55
いわゆる左翼は反日宣伝の嘘を垂れ流していただけじゃん。
強制連行とか南京だとかホントに色々騙されてたわw

196 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 08:42:34
>>191
>片付けられてしまうのがとても惜しい。悲しい。江川氏ね。
まったく同意。惜しい悲しい江川氏ねとしか言いようがないよ。

197 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 08:57:41
もったいないよな。貴重な良作が出来る可能性があったのに
前半呼んでたらそう期待させるものがあっただけに

198 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 12:43:32
秋山兄弟は、史実では、かなり変だからなぁ・・・。宗教関係は司馬もぼかしてる。

199 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 20:52:05
>どうして江川が一人で描くようになったのかという事情
江川が性格悪すぎて、アシが全部逃げたって聞いたが。

200 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 23:46:43
日清前後の日本のずるさに弁護しきれなくなってきたのかな。
日露だけに絞ってやればうまくごまかせたのに。

201 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 23:53:08
日本が欧米列強に摩り替るのを否定できなくなるからね。

202 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 00:23:00
大阪には、日露戦争時に捕虜となったロシア兵の収容所がありました。
収容所では、仮装大会とかやっていて、ものすごく自由だったそうです。


203 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 00:56:31
日清戦争で日本が狡いとは何の話かな?

むしろ日本軍の公明正大さが西洋諸国で絶賛されたのが日清戦争の特徴なんだが。

204 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 09:09:07
そうだろうな列強の亜細亜侵略が正当かできるからね。

205 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 09:49:44
意味が分からん。
清軍は白旗で日本軍の攻撃を止めて騙し討ちを試みたりして国際法を愚弄するような狡い戦い方で顰蹙を買っていたが、

日本軍は極めて紳士的に戦っていたから評判が良かったんだよ。

決定的なのは丁汝昌提督の投降を伊東祐亨提督が受け入れた時の一件。
丁は指揮下の艦船を全て伊東に引き渡した後自殺した。
丁の遺体がみすぼらしいジャンクで搬送されると聞いた伊東はもっと立派な船で遺体を運ぶようにという名目で接収した船一隻を返却し、弔慰を示した。

丁が一旦日本軍に引き渡した艦船は既に日本国の財産であり、
現場の司令官が独断で敵に与えたりすれば背任行為の罪となる。

しかし伊東は、丁に弔慰を示す事は天皇の意思を代行するだけだと言い放って独断で清軍に船を渡した。

この一件が海外に報道されると日本軍の慈悲深さ、礼儀正しさが西洋諸国の絶賛を受けたのだ。

206 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 10:24:45
薩摩人はそういう言動がカッコイイよな。
漫画では優柔不断ぶりを馬鹿にされてた伊東ですら。

207 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 13:01:59
明治の書生の生活は面白かった。
開戦からぐだぐだ、いつもこの人途中でだめになるね。

208 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 14:37:54
難癖つけてムリヤリ戦争に持ってった当時の政府に正義ヅラさせてもなぁ。

209 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 18:03:58
難癖つけて戦争を始めたのは清の方だよ。

日本は朝鮮を文明化しようとしただけ。
日本としてはわざわざ清と殺し合う必要は無かった。

210 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 19:30:51
>朝鮮を文明化
それが大きなお世話というのだ。いらんちょっかいを出したことに変わりない。

211 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 19:34:47
いらぬ世話ではない。
朝鮮や清が未開のままでは日本が迷惑だったんだよ。
朝鮮や清はその野蛮さ自体が有害だったのだ。

212 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 20:10:21
>日本が迷惑だったんだよ
語るに落ちたな。
そうそうなんでも日本に都合よく、ことが運ぶものか。
ていうか、清も朝鮮も日本のために存在しているわけではない。
世界は日本のためにあるわけではない。
当時の人間ならともかく、現代に日本本位の傲慢な視点は失笑ものだ。

213 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 20:46:23
語るに落ちたのはお前だ。
朝鮮や清が卑劣で野蛮である以上、日本による文明化を施す事は日本の活路そのものであり、
要らぬ世話なんかではない。

日本には朝鮮と清を力ずくでも文明化する必要があった。
それは日本の権利に他ならない。

世界は朝鮮や清国の為に存在する訳でもなく、
日本に対して朝鮮や清が野蛮さで迷惑をかける傲慢を許さない。

214 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 21:05:11
豊橋18連隊に、変な三河弁しゃべらさないで下さい。

「突撃するら〜!」 orz

215 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 21:13:49
豊橋は作者の地元だからそういう訛もあったんじゃないの?

216 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 23:24:24
日本が朝鮮近代化の為に大金を投じてテコ入れする直前、
李氏朝鮮末期の官軍は総勢2000名。
その武装は弓矢と槍が主体であり、火器と言えば秀吉の朝鮮征伐の直後に購入した火縄銃が武器庫に300年間放置されて殆ど全部が錆の塊と化していただけ。

世界最大の陸軍を擁するロシア帝国に侵略されたら勝ち目は無く、朝鮮は確実に征服される。

日本が何もせず傍観したままであれば朝鮮半島がロシア領になるのは時間の問題。

そして釜山にロシアの基地が出来たら日本も風前の灯。

いつまで経っても朝鮮が文明化しなかったせいで日本までが危なかったんだよ。

無能な朝鮮や清が滅亡するのは自業自得だが、
その辺りがロシア領と化したら日本が困るんだよ。

217 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 23:43:16
>管理人
せっかく近代史板っていう
この手の厨房スレを隔離するゴミ箱があるんだから、
このスレをそこに放り込んでくれよ。

218 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 00:51:12
>>216
別に日本が困るとも思えんが。ロシア化したらそれでいいだろ他国のことだ。

アメリカ化した国民の考えることとも思えんが。


219 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 01:01:16
日本が進出しなかったら、対外的には清領だからロシア領にはならないよ。

220 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 04:22:19
北清事変も知らない馬鹿が居るよ。
日本が力ずくで追い出すまで、











されていたんだぜ。

史実の朝鮮が独立を維持できたのは、清の属国だったからではないんだよ馬鹿。

221 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 04:32:09
そして清や朝鮮がロシアに侵略されてしまっても日本だけは無事だと考える理由はどこにも無い。

日本海海戦で日本海軍が勝った要因はいくつか指摘されているが、
バルチック艦隊が地球を半周する長い旅で将兵が疲弊していたり、
長い航海で艦艇の喫水下がフジツボだらけとなって、
日本艦隊よりも時速2ノットほど遅い艦隊機動を強いられた点を指摘する意見もある。

釜山にロシアの軍港が出来るまで指をくわえ傍観している程、
当時の日本はお前みたいに鈍くはなかったんだよ。

222 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 05:01:07
北清事変以後の満州はロシアに占領されていて鉄道工事までスタートしていた事や、

朝鮮の官軍が弓矢と槍しか持たない2000人程の兵力しかなかった事は教わらないんだよ。

反日狂育で馬鹿を育てる際には都合が悪い事実だからね。

223 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 05:36:43
ロシアは満州に進出して鉄道まで悠々と建設していたんだから、
ロシアが朝鮮に手を出さなかった理由と清は無関係。
言うまでもなく清軍を恐れる事なく満州族の聖地を不法占拠するロシアは、
朝鮮軍数千名(その頃には日本の支援でかなり増強されていたけど)なんか眼中にも無い。

ロシアが朝鮮進出を後回しにした理由は、
朝鮮半島の向こうにある強大な島国がガン飛ばしていたからだよ。

224 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 08:31:13
無知無学なボンクラ朝鮮人のせいで豊橋18連隊もつくづく迷惑するら〜!

225 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 14:03:50
    __ -──‐-、,.._
   i:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ
  /::::::::|  -─‐-   |::::::ヽ
  |:::::::/ ,-‐ Ll ‐-、ヾ::::::l
  ヽ;;/ ,━   ━、 ヽ;;/
  (((   . / \    )))
   ヽi ヽ ノ(、__,ノヽ / i_/
    \ < ー=‐ >ノ /
    /::|`─-─´.|::\
  _/i :::::|./□\, |::::::|\_
 /::| ::::>::::|  ハ   |::::<:::::|::ヽ


226 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 18:55:12
韓国人は当時のロシア帝国による脅威についてまったく何も知らないんだな。

227 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 19:16:58
当時の大日本帝國の脅威も知らなかったからね。

228 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 19:50:28
極貧に喘ぐ朝鮮の為にカネを出してやって2000人しかいなかった軍隊を何倍も増強したり、
武装や訓練を近代化してくれた日本に怯えるような馬鹿だから韓国人は独立を維持できなかったんだよ。

229 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 20:09:14
日本としては、日本がロシアに侵略されなければ朝鮮や清みたいな馬鹿どもがどうなろうが興味ないんだよ。

だが、満州や朝鮮がロシアに征服されて釜山にロシアの軍港が作られてから慌てても遅い訳だ。

清や朝鮮が自力でロシアの侵略を撃退出来る実力を持っていれば日本がわざわざ出張して文明化を施す必要は無かった。

だが、現実の清や朝鮮はあまりに無能過ぎて自力でロシアを撃退する力を持っていなかったんだよ。

日本にとってこんな迷惑な話があるか。

日露戦争やロシア革命で完成は半世紀も遅れたが、当時のロシアは自動小銃の開発に着手していた程の軍事超大国。

かたや朝鮮半島を守るのは弓矢と槍しか使えない2000人の古代式軍隊。
当時の韓国に独立する資格なんてねーよ。

230 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 20:26:20
ほとんど非武装の国が日本の安全のために犠牲になったのかそうかそうか。

231 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 20:35:26
ロシアの脅威、脅威と必死だが、それこそ妄想だということにいいかげん気づけよ。

232 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 20:58:48
ロシアの脅威は現実にあったんだよ。
15〜19世紀にかけてロシアの領土が爆発的な速度で拡張していたのが証拠

韓国人は馬鹿だから21世紀の今になってもまだ気付いてないだけ。

韓国みたいな馬鹿は独立を気取る能力も資格も無い。

233 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:04:15
韓国は独立していても併合されてもその無能さで日本に迷惑をかけただけ。

234 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:16:59
15〜19世紀のロシアのシベリア進出は過大評価されすぎてるね。
たいていはコサックの略奪部隊が森林地帯にまばらに住んでいた狩猟民族を
脅して回っただけ。

シベリア、ヴェルホレンスク要塞の官吏からミハイル帝へ宛てた嘆願書より:

「閣下、どうか閣下の僕(しもべ)をお許し下さい。要塞には守備兵が二百名必要です。
 さらに、彼らのためにカービン銃200挺、甲冑200領、そして歩兵用にマスケット銃300挺を
 モスクワの帝室武器庫から送ってください。
  と申しますのは、閣下、沢山のブリヤートたちが甲冑に身を固めて要塞を攻めてきます。
 対する閣下の僕である私どもは、装備に乏しく、鎧もありません。
 また、私どもの貧弱な銃では、彼らの鎧に弾がはじき返されます・・・」

しかし、19世紀後半からは満州のようなある程度人口密度もある地域を占領できてるから
本物の脅威だったかもしれない。

235 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:32:54
韓国人はロシアの脅威について全く無知だから話にならないな。

日本では戊辰戦争の最中から10代の若さで対ロシア外交の重要さを建白した薩摩藩士が維新直後に早速中央アジアに派遣されて、
ロシアにリアルタイムで侵略されて滅亡するコーカンド汗国やブハーラー藩王国の姿を視察していたというのにね。

韓国人は歴史に無知過ぎ。

236 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:36:30
朝鮮半島にも弓矢と槍を持った2000人の木偶の棒しか居なかった訳で

237 :234:2006/09/10(日) 21:53:05
「閣下」は陛下の間違いだな。

238 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 01:52:19
>>235
> 韓国人は歴史に無知過ぎ。

ここで「ロシアの脅威なんか存在しない」って青筋立てて反論しているのが日本人だと仮定したら、日本人も相当
歴史に無知だということになるねぇw
個人的には、彼らを本当に日本人だとは思いたくないんですけど。

239 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 06:36:49
せめて日清戦争は描ききってほしかったわ

240 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 13:20:57
日露はともかく日清はなぁ……
擁護派の気持もわかるが開戦過程を見ると正当化は難しいと思う。
伊藤や山県だって、やるつもりはなかったろうし。

241 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 13:27:05
わざわざ正当化するまでもなくもとより正当なんだが。

242 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 14:09:26
日清戦争が何故正当なのかは、明治維新頃のロシア軍と朝鮮軍の構成を見れば反論の余地が無いもんな。

当時の日本にとって朝鮮の文明化を妨げる言動は、
ロシアに加勢して日本を滅亡の危機に追い込むのと同義。

日本には朝鮮の自滅をもたらす反文明化勢力を力づくでも排除する以外に活路が無い。

日本は日本を守る為に最善を尽くしただけであり、

自分たちの無能さによって日本を巻き添えにしながら自滅の道を奔走していた清や朝鮮には微塵ほどの正当性も存在しない。

243 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 14:19:24
ロシアが朝鮮を併合しても、海があるから何とか国は守れたのでは
シナを無視して海を越えてまで侵略する価値は、日本にはないだろ
ロシアのシナ朝鮮統治が、そうそううまくいくとは思えない
そのうち革命がおこるだろうし、その他の国との利権衝突もある
戦前の日本のように、ほぼ全世界を味方に付けたシナと戦うはめにロシアがなるかもしれない
朝鮮に金使うより内需拡大して欲しかった

244 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 14:27:33
上陸作戦を阻止することだけが国防ではない。
周りが海だからこそ朝鮮半島にロシアの軍港ができたらやばいんだろうが。

245 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 14:51:54
その当時バルト海や黒海や沿海州にも既に軍港があったろ
その海域にある国が、まったく海上交通を活用することができなかったわけではあるまい
シナ朝鮮との利害が衝突しない限り、日本に喧嘩を売る必要がロシアにあるのか?
それともロシアは太平洋を支配して、全世界を統一するつもりだったのか

246 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 14:53:06
イラク戦争を始めたアメリカも正当なんだろうな、厨房にとっては。

247 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 14:56:10
自国の防衛のために他国を緩衝帯にする。満州もそうでしたな。

今現在日本の米軍基地は某国から見たら「やばい」でしょうな。

248 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 15:08:45
国防というのは最悪の状況を想定して対策を整えるのが鉄則なんだよ。
ロシアが日本だけは避けるかも知れなかっただみたいな寝言をほざく阿呆に国防や外交の話は10年早い。

249 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 15:21:58
15〜19世紀のロシアの領土拡張の経過を見て
「日本はロシアの侵略を受けないから朝鮮を文明化しなくても心配ない」
と思う奴は白痴。
つーか江戸時代の頃から日本とロシアが領土問題で激しく衝突し続けていた事実も知らない無知無学な韓国人。

250 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 15:26:32
厨房というのは日本の正当性をアメリカの侵略と同列に扱う馬鹿の事だよ。

朝鮮の文明化はロシアの侵略を撃退して日本が生き残る為の唯一の道。
アメリカによるイラク侵略とは全然違う話だ。

251 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 16:00:39
ご苦労さん。こんなPCの中で粋がってもショウガナイここは一つ朝鮮に渡って
正当性を主張しよう。

252 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 16:17:14
大陸で、長い国境戦を敵と対峙するほどこそ、
リスクと費用のかかるものはない。

イギリスのように海上防衛が一番メリットがある。

253 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:16:58
漫画が手抜きなのは事実。

254 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:01:00
今更わざわざ朝鮮人を文明化しても徒労だ。

当時は日本にとっても唯一の活路だったが、

ロシアの国力が日本の数分の1程度に没落した現在は朝鮮人が無知無学なままでも別に日本の存亡を左右する問題とはならない。

世界最大のネット掲示板である2ちゃんねるで反日宣伝を垂れ流す歴史音痴が湧いたら、
その都度叩きのめしていけば充分だ。

255 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:24:01
なんでネットの中だけなんだ?実名で堂々とすれば。

256 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:28:06
>>252
だな。当時の日本にもイギリスくらいの馬鹿でかい植民地と世界最強の海軍があればよかった。

257 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:30:06
世間には今更朝鮮に出掛けて文明化を施したりするほど暇な人間ばかりじゃないんだよ。
正論か謬説かはちゃんと教養のある人間ならネット上だけでも分かる事だ。

258 :234:2006/09/11(月) 20:30:50
>>249
それはまさか俺のことじゃないよな?

259 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:33:57
釜山にロシアの軍港が出来たら対馬海峡の封鎖さえも不可能となる。

海上防衛に徹する場合でも、朝鮮半島が誰の手にあるかは日本の防衛にとって重大な問題である事に代わりない。

260 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:37:34
日本とロシアが既に江戸時代から長年に渡って領土問題で火花を散らす関係だった事を知っているなら

「ロシアの脅威など妄想」なんて寝言を口走る筈も無いわな。

261 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:43:25
>>256
ついでに情報網と金融力もな。

262 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:50:41
>243
ロシアの朝鮮統治は長期的には微妙だが、短期的にはうまくいったはず。
それは何故か?当時ロシアに支配されてた国の惨状を見ればわかる。
しかも朝鮮は非白人。有無を言わせず徹底した弾圧でも何でもありだったと思う。
結果論だが、当時の日本の判断は間違ってはいない。

263 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 21:02:50
>>262
中央アジアの砂漠の真ん中に強制集団移住させられていた可能性があるが、その場合朝鮮民族は「21世紀のユ
ダヤ人」になっていたかもしれない。ま、それも自業自得ではあるわけだが。
そのせいで日本の国防が危うくなることを度外視すれば、後知恵ながら「いい気味だ」と思わざるを得ないw

264 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 21:18:51
あーロシアて人命がタダだから
WW2でも非白人兵の輸送に戦車の上にのせたりして致死率70%超えても平気だったし
だからコサックは何度も反乱してはつぶされていた。。。
 朝鮮人も支配されてたら弾圧ですまなかっただろうけれどすぐ寝返るからなあ。。。

265 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 08:09:58
なんだ日本軍と同じだ。

266 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 08:20:10
>>265
そうだよロシアと日本を入れ替えても意味が通じるこの不思議。

267 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 08:59:32
ロシアは日本でいうと戦国時代の頃から「玉砕の軍隊」だもの。

268 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 12:45:01
通じない通じない。

269 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 13:10:19
韓国人は無知無学なままロシアに搾取される事と日本によって近代化教育を施して貰う事の区別が出来ないくらい馬鹿だから仕方ないよ。

270 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 16:30:55
>>263
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%A5%B5%E6%9D%B1%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
さすがに1000万以上いる朝鮮人を、すべて集団移住さるのは難しいだろう

271 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 18:35:07
すべて集団移住なんてしなくても、
農業できそうな土地にロシア人が入植してモンゴルみたいにキリル文字強制とかやらかされたら
朝鮮の文化(があるとすれば)は死ぬだろうね。
クリミアみたいに先に住んでたタタール人が少数派になっちゃった例もあるし

272 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 20:36:45
その辺は加藤九祚「中央アジアの朝鮮族における文化変容」に詳しい。

273 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 21:39:49
朝鮮を併合した日本は奇跡的な連勝記録がストップして滅亡寸前の窮地に追い込まれ、
朝鮮を分離した途端に奇跡的な復興を果たして繁栄を謳歌している。

ロシアは朝鮮人を支配下に入れた途端に連勝記録がストップし、
驚異的な速度を誇った領土拡張も停止した。

274 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 08:41:15
>朝鮮人を支配下に入れた途端

いつ頃ですか。検索してもよく分からなかった。

275 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 11:03:16
日露戦争前じゃないの

276 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 11:23:06
帝政時代に半島からロシア沿海州に出稼ぎにいく朝鮮人がけっこういたらしいけど。

オッセンドフスキーという人のシベリア見聞録みたいな本では、沿海州のコサックが
「白鳥狩りで儲けている」という話を聞いたので、不審に思って尋ねてみると
国境で待ち伏せして、出稼ぎ帰りの朝鮮人(皆白衣を着ているのですぐ分かる)を
ライフルで射殺して有り金を巻き上げることだったという。

277 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 12:14:18
そんな目に遭わされていた朝鮮の未開人どもに大日本帝国臣民としての教育と福祉を与えてロシアから保護してやったのがいらぬチョッカイだったんだとよ。

日本はもう2度と朝鮮に情けを施してはならない。

278 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 12:25:32
朝鮮人は朝鮮半島にしか住んでいない訳ではない。

日露戦争でブレーキがかかるまでの間急速に膨脹し続けたロシア領内には、
朝鮮人の棲息地も含まれていた。

279 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 13:45:45
>>278
そのせいで、徐々に膨張スピードが落ちていってたんだよ。そして、第二次大戦後にその本拠地を衛星国にしてし
まったばっかりに・・・。
いったい今のロシアは最盛期に比べるとどれくらい国力を落としてしまったのやら。

280 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 13:50:40
立ち読みしてるが、長い。ひたすら戦場分析が詳細で長い。
日清戦争1日分が一月。
江川、アストロ球団の記録を狙ってるのか?
俺もお前もいい年なんだから、早く話を進めろ。
真珠湾批判で「ワシントンまで攻めるべきだった」という秋山爺の逸話は
よかった。いつか詳細たのむ。(そうか、こういう読者が多いのでとまるのか)

281 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 14:00:25
いまはブログもあるから、日露まで10年、203高地あたりで2030年。
この漫画で憲法改正、国軍認知をえた漫画日露世代が実権派になり
軍を統率してクーデターもしてるから、軍の支援もありさらに長くなる。
連載終了は、江川の孫のころで2050年。90歳代の江川がまだ現場で
うるさくしており、首都上海の自宅は巨乳100人のハーレム。
そのころには日本の領土はペルシャあたりまでいってるはずだ。

282 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 17:52:33
戦勝国のプロパガンタ映画だが、昔から変わらぬ戦勝国の歪んだ主張が分かる資料として見といて。
しかし、視聴者のレビューはお花畑な感想ばかりだったがな。
http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0001842/
http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0000055/


283 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 18:12:50
わかった、みときます。どなたか存じませんが、東京空襲13万人の死者。
いまだ半分以上身元不明の無縁仏天国の首都にすむ者にとって、
必見の映像じゃて。鬼畜米英は1000年は子孫に伝えるつもり。
ちなみに私の先祖一族は、聖徳太子顧問をしていた秦河勝と同族の吉備の
秦氏。日本書紀にでる一番古い記録は、始皇帝子孫15世のひ孫弓月王が
応神天皇軍団の支援で新羅の追撃をかわし列島に渡航した話。それ以来、兄姫を
応神にだし、天智のときには白村江の会戦に2万人の秦氏海軍を送って
見事に一夜で大敗している。1200年前の話だが、唐からの捕虜返還の話も伝承
されている、たかが60年前や100年前の話で歴史は終焉しない。

284 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 21:09:19
その意気だ。
鬼畜米英とその走狗は近い将来必ず攻め滅ぼす

285 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 21:40:09
>>278
>日露戦争でブレーキがかかるまでの間急速に膨脹し続けたロシア領内には、
>朝鮮人の棲息地も含まれていた。

どの辺? 豆満江あたり?

286 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 22:54:21
ナホトカ辺り

287 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 00:57:34
>>282
それ、1作目から
正義の米英の主張って感じでプロパガンダ臭が強くて
見るのをやめたんだが、やっぱりみんな思ってたか。

288 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 07:40:28
ジャングルブックの作者としても有名な作家キプリングは19世紀の国際情勢をザ・グレートゲームと呼んだ。

西洋諸国が非西洋諸国を植民地化する競争に明け暮れる中でもイギリスとロシアの2強の領土拡張が際立っており、
あたかも英露が地球を盤面とするチェスゲームに興じているかのようだと例えたのだ。

ロシアの脅威が無かっただ?

阿呆が。

100年に渡るグレートゲームの時代を力ずくで終わらせたのは、
大日本帝国なんだよ。

289 :日本@名無史さん :2006/09/15(金) 20:30:09
それでいけば
20世紀冷戦を終わらせたのも日本だという説があるな

日本が東側陣営に付いていれば
米国は広範な防衛線を自力維持するため軍事負担極大
逆に東諸国は日本の技術力と経済支援でしのぎ切る

290 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 21:14:59
日露戦争…1812年以来英露2強によって続いたザ・グレートゲームの時代を 日 本 が 終わらせた。

第2次世界大戦…ルネッサンス以降続いた切支丹どもによる植民地獲得競争時代を 日 本 が 終わらせた。

291 :日本@名無史さん :2006/09/15(金) 22:06:06
国粋右翼が自慰に浸っててキモい

292 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:08:03
世界で最も良い影響を与えた国としてBBCが日本の名を挙げるのも当然だな。

世界に災厄を蒔き散らした悪の根源であるイギリスの目にも大日本帝国の偉大な功績は否定できないのだ。

293 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:09:47
矛盾だらけの反日宣伝にしがみついてる馬鹿の方がキモいんですけど。

294 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:18:42
ロシアの脅威どころか西洋による東洋侵略の事実を完全に否定しない限り、
反日宣伝は必ず破綻する。

295 :日本@名無史さん :2006/09/15(金) 22:52:51
>>292
オランダは未だに日本に謝罪賠償求めてるがな。
無理に仲良くしてる意味じゃ
親中政治家と、親蘭皇室ってある意味似てるような…

296 :日本@名無史さん :2006/09/15(金) 22:54:35
オランダの右翼に
皇族車に生卵投げつけられても平気で訪蘭し続けるからな、皇室は>295

297 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 01:09:57
どこにでも馬鹿は居る。
特にオランダは「ヨーロッパの韓国」と呼ぶ奴が居るくらいキチガイの多い国としてヨーロッパでも嫌われ者。

298 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 01:16:37
オランダはインドネシアにおける植民地支配を日本によって叩き潰された事を逆恨みしてるだけ。

日本によって近代化され保護された事を恨む韓国みたいなキチガイとは違う。

299 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 01:22:52
同じだよ。
反日勢力には例外なく道理が無い。

300 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 22:28:01
世界に親日の国なんかあるのかよ。トルコにメキシコだ?アホか。

301 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 22:56:34
世界に親韓の国なんかあるのかよ。
あ、北韓があったか

302 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 22:56:36
メキシコが親日ってのははじめて聞いた・・・

303 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 23:37:40
元々親米・親露・親英・親仏・親中・・・など無い、幻想さ。

304 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 07:31:45
この漫画、金玉均が出てきた辺りで、清が親の国で、朝鮮が兄の国で、日本は弟の国とか言っていたよな?朝鮮人が言うだけでなく、秋山真之にも、そう言わせていた。
この考えって、支那の中華思想と朝鮮の小中華思想に屈服している訳だよね?小林よしのりも、朝鮮人が自分達は兄で日本が弟と序列をつけるのは小中華思想だと批判していたのを『戦争論2』辺りで読んだ記憶がある。
『論語』には、「四海の内、皆、兄弟なり」と言う言葉がある。
明治天皇の御製、「よもの海みなはらからと思ふ世になど波風の立ち騒ぐらん」はこの言葉を意識していると思うのだが、この御製の様に、単に漠然と「皆、兄弟だ」と言うだけなら良いけれど、兄だ、弟だと、序列を決めて言う辺りは中華思想の影響でしかない。
俺は、江川達也を詳しく知らんが、テレビでたまに見るイメージでは、割と保守的な思想を持っていると思っていた。少なくとも、日露戦争を描く辺りはそこそこのインテリなんだろうけど、こんな頭の悪い中華思想賛美を描いているのを見た時、凄く失望した。
それから、この漫画、最初の方は結構面白かったけど、何だか最近はやたらに理屈が多くなったからつまらなくなったな。
俺は、江川達也を買い被っていたらしい。

305 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 09:23:41
いつまでも西洋を跳ね除けて封建主義を貫いたのが朝鮮半島。
日本は積極的に文明を取り入れた。
★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

306 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 11:21:12
3馬鹿と呼ばれている南北朝鮮及び支那を除いた国々は大概親日的だよ。

307 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 13:25:29
日本オタ必死だなw

308 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 19:01:40
>>304
江川の思想は右だよ
ただし2ちゃんの主流とは違ってマキャベリズムに近い
拉致問題に関しては福田康夫と同じスタンス

309 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 19:43:16
石原莞爾持ち上げすぎだな
お前は法華経信者かと

310 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 23:12:58
マキャベリズムにしては人権思想の臭みが根強く残っているわな。

本性が好色だからフリーセックスみたいなユートピアを夢想したがるのかも。

ただ性にまつわる諸々の問題は人権という理念との相性が非常に悪い領域だから、
そのあたりを思索する間にマキャベリズムに接近したのかも知れない。

311 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 23:20:33
↑こいつほど好色ではないだろう

312 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 23:37:57
お前は俺よりも好色だよ江川。

313 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 01:25:10
>>300親日国でぐぐってみ

314 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 07:29:19
マキャベリズムと人権思想って相容れないのか?

315 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 14:22:06
>>304
あれはジュビルがそう言っていたから
真之も別れの挨拶にリップサービスをしたって感じだろう。

316 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 17:20:42
それにしても、みじめな最終回だった。
特に新しい説もなく、司馬の歴史観をなぞるがごとく・・・・

317 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 01:21:49
司馬史観をなぞっていたというのは皮相的な評価。

司馬史観の特徴的な誤りは「明治という国家」というタイトルが象徴するように、
日本史の流れの中であたかも別な国家が存在したかのように隔絶したものとして明治時代を認識していた点にある。

維新で従来の日本人が絶滅して別な異民族が日本に新王朝を樹立したのならともかく、
歴史は必然によって紡がれるという真理を見失った愚論だ。

しかし江川はあくまで明治時代をサムライの時代として描写していた。
軍人の名前を出す度に薩摩とか土佐などと付記していたのは、
洋服を来ていても中の人は武士なんだという事を想起させる為だろう。

318 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 01:31:50
>軍人の名前を出す度に薩摩とか土佐などと付記していたのは、

時代背景からして普通にそうすると思うが。

319 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 01:40:51
ただでさえ文字だらけの画面にあれだけ何回も付記する必要は無いよ。一週間に何回薩摩と書けば気が済むんだって感じ。

320 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 01:46:17
>一週間に何回薩摩と書けば気が済むんだって感じ。

たしかにw
「薩摩義士伝」でもあれほど薩摩って単語が出てこなかったような

321 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 01:59:52
あの漫画のおかげ変な顔の横には長州という単語が付記されているのが世間の常識と化したのも江川ならではのオリジナル。

322 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 02:08:36
薩摩…質実剛健で凛々しいサムライ
長州…軽佻浮薄でお調子者のブサイク

という図式は確立してしまったな。
司馬でもあれほど薩摩と長州の違いを際立たせる事はなかった。

323 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 23:08:42
>>315
 でも、秋山真之が、朝鮮人と知り合いになって、餅を贈ってやる
というのは、完全なフィクションだろ?
 それに、俺の記憶が正しければ、朝鮮人のジュビルは日本に来て、最初は
中華思想の影響から抜けきれずに日本人を軽蔑していたけど、その中華思想に
従属するのは間違いだと知った様な話だった気がするのだが。
だったら、江川は或る程度、中華思想の有害性を指摘しておきながら、
こんな場面を描くのはどこか矛盾してはいないか?

324 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 23:14:52
>>1が薦めたので読んでみた。
「坂の上の雲」のパクリでした。舐めているんですか>>1

325 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 23:17:49
>>308
 もう少し、詳細に頼む。マキャベリズムって、確か、
君主が国を治める為には狡猾でなければならないみたいな
思想だよね。
 それから、北朝鮮に対する福田康夫のスタンスって、
よく知らない。福田って、自民党だけど、純正保守って
程の気骨はないよね?推測するならば、妥協的なスタンスか?

326 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 23:25:44
>>309
 何故か、時々、石原莞爾が出てきて誉められてるよな。
確かに、石原は優秀だとは思うが、江川はそんなに石原
に思い入れがあるのか?
 余談になるが、『立正安国論』を読んだ事があるのだが、
日蓮って、そんなに説得力のある事、言ってない気がする。
端的に言えば、法華経信じれば全て巧く行くって、そんな
訳ないと思ってしまう。

327 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 00:48:13
>>242
ブッシュ大統領閣下もチョン族・チャンコロ・露助征伐に邪魔なジャップなんか根絶やしにして
日本列島を領土化して基地にしたほうが容易なのにな。わざわざグアムなんて行く事ねえよ。

328 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 01:25:41
>>325
マキャベリズムとは目的のためには手段を選ばないということ。
理念から来るああすべきだ、こうすべきだという「主義者」とは違う。
拉致被害者は金正日が10日間の祖国訪問を許して帰国した。
福田康夫は約束どおり10日で帰すよう主張、江川もこれに同意。
拉致被害者の人権より核問題など日朝間の懸案が優先するというのが
彼らの考え方だ。2ちゃんは理念派・人権派の方が主流だろう。

329 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 11:41:07
マキャベリズムに徹するなら被害者を北朝鮮に戻さない方が正解。

北朝鮮に非人道国家の烙印を焼き付けて国際世論を日本の追い風にする絶好の機会だからこそ、
北朝鮮との裏取引で交わした口約束を反古にした。

人道や人権を口実に北朝鮮を裏切ったからといって人道主義や人権主義に立脚した訳ではない。
本質的には人道や人権をルアーにして被害者と家族を活用しているだけだ。

330 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 12:10:54
メキャベツがどうしたって?

331 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 12:22:48
ついでに指摘すると、小泉首相が日本で捕われた金正男の罪を不問に付して即座に送還したのも、
北朝鮮のアキレス腱である拉致被害者の存在を公式の場で認めさせる為の策だったのだろう。

金正男をあっさり送還した時には日本内外から「拉致疑惑が解決していないのに送還するとは無能にも程がある」という論調で政府に非難が殺到した。
世間のしがらみに対決する姿勢が人気の源であった小泉もこの時かなり叩かれたが、
それ以上に日本で中国の手先を務めるチャイナスクールと田中真紀子の方が打撃を受けた。

日本政界への影響力低下を懸念した中国が、拉致を認めさせる圧力を北朝鮮に加えた可能性は大きい。

中国にしてみれば、拉致問題未解決の原因として日本中から白眼視されつつあるチャイナスクールや真紀子に何か手柄を持たせる必要が生じたからだ。

もしも小泉がそこまで読んでいたなら、権力闘争の天才と言っていい。

332 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 12:56:16
短絡思考の庶民の目には無能に見えても実は深謀遠慮の策士という辺りが薩摩系らしいよな。
総理になる前には8月15日に靖国参拝すると公約しておきながら直前で13日にしたり正月にしたりで毎年なかなか公約を実行しなかった事もしがらみに屈したヘタレ丸出しで支持率低下の一因だったが、
最後の靖国参拝の前に「いつ行っても文句を言うじゃないか」と言い放ったのには舌を巻いた。
反日勢力は日本にイチャモンつけるネタが欲しいだけなんだという現実を示す為には色んな日付で参拝しなきゃならなかったんだよね。
そうして反日勢力を釣り上げた末に最初の公約を果たして反日宣伝に屈しない姿勢を強烈にアピール。
これが全部計算ずくなら西郷や大久保クラスの名宰相かも知れない。

333 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 13:28:49
実際小泉の場合は妙に勝負強いからな。
折々に世間やマスコミが叩きまくった言動も後から振り返ると深い考えがあっての事に見えて来る。
これが計算抜きのいきあたりばったりだとしたらそれこそ天才。

だけど安倍にはそういう匂いがしないんだよなぁ…

334 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 17:51:13
【誇大妄想】日露戦争物語19【打ち切り】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1159125009/


335 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 00:53:21
>>304
>こんな頭の悪い中華思想賛美を描いているのを見た時、凄く失望した
>最初の方は結構面白かったけど、何だか最近はやたらに理屈が多くなった
むしろ序盤はアンチウヨ、終盤はアンチサヨだったわけだが。

336 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 00:25:11
304=323は深読みしすぎ。
あのシーンにそんな深い意味はないだろ。
あのシーンは315も言うようにただの演出。
別の理由(たとえば朝鮮人キャラの日本批判)でこの漫画が気に喰わないから
なにか噛み付ける場所を探していて最初に見つけたのがコレ
って感じにしか見えん。

337 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 07:53:02
>>326
・せいぜい戦略レベルでの秀才
・アジアは日本が中心となり、西洋はアメリカが中心となり最終戦争でアジア
 が勝つというキティ。
・敵が油断しまくり結束もなしで満州事変というジサクジエン成功させたが、
 どの程度のことよ?
・で、その後中国は警戒と結束を強める、当然だな。あんなデカくて広い国を
 どーやって掌握するつもりだ?たとえ一部分だろうが敵が人海でなだれ込む。
・上官、天皇にウソの報告をしてうまくだましたぜと笑ってる、日本軍の上層
 部を無茶苦茶な組織にした諸悪の根源。
・左遷されて、立場が強いから日本は米国に勝てないと言ったのが現実主義と
 評価されているが、んな事列強の物量知ってりゃ誰でも言える。
・戦後の軍事裁判で、自分が指揮系統に関わったりした責任を否定してバックレた。
・それで180度ハルマゲドン思想から反動して「日本は軍事力を持ってはいけない」

江川が持ち上げる法華狂の何処が「天才」か理解に苦しむ

338 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 14:29:31
734:名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/13 22:08:25 sBv7lL6g0
いんや、もっと間抜けなのはここの乃木信者だ。
ヘンな原理主義でテロでも起こしかねない。
そいで、人質とってるみたいな大勘違い!それが司馬だと。
「坂の上の雲」文庫本第一巻つかんでこれが見えないとずーとやってる。
んでさ、俺が有坂28マグナムでぶち抜いてやる。
全員貫通、後ろの神社までぶっ壊してやる。
朝鮮、中国、役人より、お前らが日本国家の恥骨じなんだよ。馬鹿


339 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 01:14:24
>>338
> お前らが日本国家の恥骨じなんだよ。馬鹿

「恥骨じ」って、何て読むんだろ?

340 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 14:44:35
>>339さぁ?分からん
┐(´ー`)┌

341 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 06:11:25
そんな漢字も読めないのかよ。「ちこつじ」だよ。意味はしらん

342 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 14:19:17
>>341
いや、普通に読めばそうだが、別の意味と読み方があって>>338が書いてるのかと思って聞いたんだ。

343 :日本@名無史さん:2006/11/05(日) 23:11:52
俺は聞いてないよ

344 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 15:26:31 ID:MMyknDY+0
江川は魔法にかかったように愚かで馬鹿だった。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 09:27:26 ID:w6Opv+xG0
ちょっとネタバレだけど、日本はロシアに勝っちゃうらしいよw
いかにも漫画ならではの御都合主義だね。(苦笑)

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 13:04:25 ID:W+uFhG3B0
このMAD、プロが編集したみたいで凄く格好良い(・∀・)イイ!!

【Gespenst Jager (仮面ライダーTHE FIRST MAD)】

ttp://www.youtube.com/watch?v=AJbREkEsKZs

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 19:10:42 ID:P3UPl66z0
【『仮面ライダー THE FIRST』を総括した感想】

バトルシーンで頑張ることを放棄してドラマ重視の構成へシフトした決断力と、迫力不足な画面をカバーする為にCGエフェクトを上手く使ってハッタリを効かせ、見栄えを良くしていたのもクレバーな選択だったかと思う。



348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 14:12:32 ID:90Izti8AO
あの金玉均を見たら大して調べてねえなーとは思ってた


74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)