5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハルノート

68 :えICBM:2006/03/29(水) 21:57:57 ID:UY7XBuTo0
ハルノートは日本側乙案に対する回答という形で提出されていますが、考えなければいけないことが2点あります。
一つは、アメリカが日本の外交暗号の解読に成功している点。
もう一つは、提出された日にちです。

甲案、乙案を電信する際、外務省から野村大使に交渉の期限は11月25日を厳守するよう強く支持されています。
これは、アメリカ側も無線傍受、暗号解読し、日本側の外交交渉期限が11月25日と知ります。
つまり、11月25日まで外交交渉がまとまらないと、日本は開戦を決定するとアメリカ側は判断したわけです。

ハルノートの提出は11月26日です。
それまで、アメリカ側も開戦を避ける為に日本側と妥結できる期限付き暫定案等を考えていました。
しかし、結局それらは中国での駐兵問題を妥協する必要があり、蒋介石の強力な反対のため立ち消えになりました。
結局、アメリカは日本の外交交渉リミットを一日過ぎ、ハルノートを提出します。
日時的にもこれはアメリカ側の最後通牒となります。
また、内容的にもそれまでのアメリカの主張を一切妥協することなく原則論を貫いています。
アメリカ側は当然日本がこれを呑むとは考えおらず、対日交渉を終わり、戦争準備に取り掛かるわけです。

簡単にまとめると、ハルノートとは日本の最後通牒の乙案に対する、アメリカ側の日時的、内容的最後通牒です。
ハルノートを前提にした交渉は、アメリカ側も日本側も全く考えていません。

269 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)