5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新撰組

1 :セルフィ・プッシュ ◆AGPUSH9926 :2005/12/10(土) 04:01:46 ID:wxBZ28Rd0
幕末を駆け抜けた風雲児達を見つめ直してみよう中学生でも分かる位に

2 :セルフィ・プッシュ ◆AGPUSH9926 :2005/12/10(土) 04:06:31 ID:wxBZ28Rd0
はてなよりhttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%bf%b7%c1%aa%c1%c8
ウィキペディアよりhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%92%B0%E7%B5%84

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 15:36:57 ID:YyJl7eV+0
新撰組は、幕末に、時代が駆け抜けていこうとする中で
古きよき日本を守ろうとした勇敢な軍事組織だった。
彼らのおかげで、現代にも侍魂は残っている。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 16:10:50 ID:rEP2ZT5b0
新撰組は時代を見誤った単なるテロ組織。
将来の日本の為に働くだろう有用な人材を何人も殺している。
彼らの行ったことの悪影響は、現在まで残っている。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/12(月) 06:57:11 ID:LtVtOjrkO
同意。連中のせいで明治維新が二年ほど遅れたしね!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/12(月) 08:07:32 ID:eZVpHoS7O
早まったという説もある

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/12(月) 18:04:37 ID:88Sl0MqR0
六代目山口組継承式DVD発見!
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kiss5577?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/12(月) 18:05:54 ID:ocE583H70
テロ組織とはいいかねるけど確かに殺しまくったな…。
将来の日本の為に働くだろう有用な人材を何人も殺しているってのは
ちょっと同意しかねる。殺したのは単なる不逞浪士たちが主で
まあ>>4がいいたいのは吉田稔麿とかだろうけどあいつらだって
テロを起こしてたし、確か池田屋に踏み込まれたのも原因も奴ら
のテロ計画なわけで、どっちが善でどっちが悪もない。
そんな佐幕派が悪い!とか討幕派が悪い!とかを断定する事は出来ない
のでそういう新撰組は悪い!なんて断定するのは所詮後世を平和に生きる
俺らの戯言に過ぎない。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/12(月) 23:00:17 ID:sGCHPNf30
新選組[ シンセングミ / Special Weapon And Tactics ]
元祖和製特殊部隊。
国内テロ、凶悪犯罪取り締まりに特化した専門チーム
幕府利権復興後方支援部隊
常時武器携帯・通常武具装備
会津藩御預り特殊急襲部隊・諜報活動にも就く
内規の厳しさは最高レベル、AAAランク
忠誠心、任務追行能力、AAAランク
資金力、年間3億円、Bランク
主な戦歴、池田屋でのテロリスト壊滅作戦、朝敵長州殲滅戦(禁門の変)

・・・アメリカの100年前にSWATを組織した土方はすごすぎ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/13(火) 11:29:36 ID:pElKP83E0
禁門の変ってあいつら何かしたっけ?
してねーだろ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/13(火) 13:00:05 ID:gwlrc/NKO
>>9
なんかカコイイW
禁門の変はとりあえず出動はした。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 12:24:58 ID:Q2pBa6+t0
>>10
新選組は、反日テロリストの首謀者・真木和泉を、
天王山に追いつめ自刃に追い込んでる。
ほかにも、宮部鼎蔵、古高俊太郎、吉田稔麿、
といった社会の寄生虫を適法に駆除。
新撰組の功績は大きいね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 12:30:17 ID:7rtgWP+A0
別に追い込んではいねーだろ。実質何もしてないはず。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 13:49:58 ID:Ka6cNENJ0
>>8
吉田稔麿は新撰組に殺されたのではないよ。
沖田の斬られた!とか、小説を信じているアホも世の中には居るけどね。


15 :14:2005/12/14(水) 13:51:40 ID:Ka6cNENJ0
>>14の訂正

×→沖田の斬られた!
○→沖田に斬られた!

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 15:34:45 ID:7rtgWP+A0
>>14
沖田に切られた!は馬鹿だけど死んだ原因は新撰組
に関係なくはないはず。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/15(木) 02:09:29 ID:oc0eqd6K0
滅びの美学を世に知らしめた。
池田屋に突入、祇園祭の日に京を炎上させ、天皇陛下を長州に連れ去るなどと言う愚行を阻止せしめた。
彼らがいなかったら今頃、どうなっていたのか・・
山口県が都なんて嫌だよ(泣

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/15(木) 05:56:53 ID:AqaMmAUj0
>>17
 そうやってひとしきり感傷に浸ったあと
斉藤一の写真をみて愕然とするのが正しい新撰組ファンの姿

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/15(木) 12:56:31 ID:dFsPMHdDO
>>18
あの写真、最近信憑性あやしいらしいがな。
別人説あり。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/15(木) 14:52:34 ID:/oRU7EpX0
>>18
愕然とした後、何故か笑える。
この「笑える」というのが、新撰組ファンにとって重要な部分。
「泣き」と「笑い」、両方あってこそ愛される新撰組。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/15(木) 15:28:53 ID:q97UyizP0
そして貼る。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu/saitou.html

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/15(木) 20:26:54 ID:rGSo6zVU0
新撰組の服装の事についてお聞きしたいのですが、
実際の新撰組隊士はドラマでよくみる水色の山形模様の着物は着てなくて、
夜戦でも有利な黒い着物を着ていたと言うのは本当ですか?
何でも、水色の山形模様の着物だと汚れが目立つからだそうです。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/15(木) 22:38:19 ID:EbtDdnBy0

新撰組=官製暴力団、集団殺人鬼

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 00:30:26 ID:4YG8zBgw0
>>19
そうなのか。知らなかった。あれはゴリラ顔だからなあ。
でも、この前会津のサイトで斉藤一がお年を召してから大勢と写っている写真を見つけたよ。
普通のひげが長いおじいさんみたいな顔だった。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 01:25:11 ID:osaH+CsW0
>>24
うpきぼん

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 03:00:27 ID:X1R3Vohg0
【NHK】正月時代劇「土方歳三 最期の一日」…「新選組!」続編、函館で完成記者会見

いとしき友はいずこに♪
この身は露と消えても♪
忘れはせぬ 熱き想い♪
誠の名に集いし 遠い日を♪
あの旗に託した夢を♪

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134637455/l50

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 06:08:37 ID:GohWu1ck0
斎藤一って西南戦争で戦ってた可能性があるって本当?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 06:19:07 ID:fFTaJ6E0O
可能性どまりだったのか…。確実に行ってると思ってた。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 13:27:13 ID:O+7A1QOw0
>>27
豊後口から宮崎北部まで大分・宮崎士族と転戦。
その後は宮崎の延岡で負傷し、東京へ送還

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/18(日) 00:45:51 ID:Oxselx8O0
今日NHKでやってたな。
最後のシーンがあれってことは馬になって単騎突撃するんじゃないんだな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/22(木) 15:44:23 ID:LXyTEEeT0
馬になるのはさすがに無理だろう。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 23:20:47 ID:xXB3EOnO0
馬になるのか・・・
ゴリラになるならわかるが。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 09:46:08 ID:Vb1utrMF0
ワロタ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 13:27:10 ID:BXkOboHWO
で新選組で一番強い人は誰だったんだろ?読む本によってはまちまちだが、斎藤一はどの本でも強く描かれているからガチ?他は永倉とかかな

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 14:30:52 ID:tk1hbsHyO
一番強いのは伊東甲子太郎じゃないかな。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 15:20:37 ID:Ngqs7wg20
芹沢かも?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 15:28:33 ID:MLYgomuh0
話題に行き詰ると、誰が強いネタしか振れないのが新撰組ヲタクオリティ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 17:06:36 ID:dcuF7SI80
>>37
まあまあいいじゃないか・・・by源さん

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 20:29:59 ID:IEELxpZz0
凶悪犯罪取り締まりに特化した専門チームとはいいかねるけど確かに殺しまくったな…。
反日テロリストといった社会の寄生虫を適法に駆除してるってのは
ちょっと同意しかねる。殺したのは単なる勤王の志士たちが主で
まあ>>12がいいたいのは吉田稔麿とかだろうけどあいつらだって
国家のためとは思ってたし、倒幕を企んだの国家存亡の危機を救うことが目的なわけで、
どっちが善でどっちが悪もない。
そんな佐幕派が悪い!とか討幕派が悪い!とかを断定する事は出来ないので
そういう新撰組の功績は大きい!なんて断定するのは所詮後世を平和に生きる
俺らの戯言に過ぎない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 00:02:33 ID:kZlXhMYX0
孝明天皇・中川宮・一・会・桑連合にとっては大きな功績だろうな。
どちら側に立つかで見方が変わるという事には同意するが、
>>12が後世の中立的立場の人間としてカキコしたかどうかはわからない。
だから、「戯言に過ぎない。」とまで言うのは勇み足だと思われる。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 07:30:07 ID:q/5coz2E0
芹沢は、天狗党の前身の玉造組に在籍してたくらい
尊王だし、近藤も尊王攘夷に理解を示してたのに
なんで尊王攘夷派を殺しまくったの?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 07:49:04 ID:bn9bzgWD0
会津藩の命令だから

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 08:51:32 ID:K/qRK+8RO
コウメイ天皇が死ぬまではよかった

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 09:06:52 ID:q/5coz2E0
>>42
会津藩に命令される前の浪士組から分かれる前の時点
で、将軍上洛の環境整備に、なんで尊皇派の芹沢が
行動するのさ?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 09:37:59 ID:KcXaHdiK0
芹沢は水戸徳川家から出た尊皇党。
水戸は天皇の意志を徳川が実行させる事を理想とする。
将軍上洛は天皇も命令であり、それを実行する徳川家を水戸尊皇党の芹沢が護衛しても変じゃない。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 12:49:16 ID:+yIGQCTZO
新鮮組

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 16:13:19 ID:XehXBbhc0
土方の五稜郭戦って土方以外の榎本ら主要人物は全員生き残ったらしいね。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 19:06:22 ID:MGqJBET/0
新撰組が明確に尊攘派と敵対するのは芹沢粛清後。



49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 22:14:31 ID:VlERLIoN0
>>41
「殺しまくった」というほどでもないな。
池田屋にいた宮部等は、いわゆる「激派」。
孝明天皇は、尊皇攘夷を唱える志士達が赤心報国の志から活動するに際しても、
勅命が出ていない内に勝手な行動を起こすことは違勅である、との見解を
出している。
そして、「勝手な行動」をしているのは概ね激派と呼ばれる。

>>48
敵対したのは尊攘激派であって、尊攘派ではない。
尊攘という点では、新選組も松平容保も一橋慶喜も尊攘思想の持ち主。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 22:31:45 ID:yNheLqlD0
>>47
中島三郎助が死んでいる。

51 :名無し@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 13:56:45 ID:VW6QNyZv0
(三郎助=若林豪)+(土方=渡哲也)+(榎本+里見浩太郎)=年末時代劇「五稜郭」

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 21:21:13 ID:Wp5Pzzu60
頭の悪そうなガキばかりの!も萎えだが、ジジイだらけの五稜郭もウザそうだな

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 22:16:13 ID:010sOH2R0
>>39
当時の京都は尊攘基地外による無差別殺人が横行してた。
ざっと思いつくだけでもこれだけ殺しまくってる。
まさに社会の寄生虫。

文久2年 九条家諸太夫・島田左近  尊攘テロリストにより暗殺
文久2年 目明かし文吉  尊攘テロリストにより暗殺
文久2年 本間精一郎  尊攘テロリストにより暗殺(内ゲバ)
文久2年 九条家諸太夫・宇郷玄蕃  尊攘テロリストにより暗殺
文久2年 万里小路家家臣・小西直紀   尊攘テロリストにより暗殺
文久2年 金閣寺侍・多田帯刀  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 町役人・林助  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 千種家雑掌・賀川肇  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 唐橋村庄屋・宗助  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 妙法寺寺役・正淳  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 儒者・家里松壽   尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 右近衛権少将・姉小路公知  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 徳大寺家家人・滋賀右馬大充  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 仏照寺弥助  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 猪野田玄助  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 植村長兵衛  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 油屋卯兵衛  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 吉備津宮神官・大藤幽叟  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 生野銀山元締・安福大次郎  尊攘テロリストにより暗殺
文久3年 西本願寺用人・松井中務  尊攘テロリストにより暗殺
元治元年 佐久間象山  尊攘テロリストにより暗殺
慶応2年 孝明天皇  岩倉および尊攘テロリストにより暗殺
慶応3年 上田藩士・赤松小三郎  尊攘テロリストにより暗殺


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 22:28:02 ID:YNaJHKq20
現代社会が特殊治安部隊を必要としてるように、
幕末京都も新撰組を必要としてたんだよ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 00:12:54 ID:7oSsXr9S0
同じ尊皇でもセクトが異なれば敵だろ。
学生運動でもそうだったじゃん。
同じ共産主義を掲げてもセクトが違えば叩きあってたし。
それに当時反幕府というのはあっても反天皇というカテゴリーはなかったのではないか?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 15:19:11 ID:CPZ8OwGX0
確かに新選組も会津も時代を見誤ったかもしれない。
しかしあの激動の時代に、誰一人反対する者がなく、皆右に倣えで倒幕派だったなら、
私は日本人というものを信じることができなかったであろう。

といった内容をどこかで読んだ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 15:23:10 ID:1Ro0SoZY0
↑それは司馬遼太郎さんです。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 15:03:14 ID:J7aWwnD20
>>17
ttp://homepage2.nifty.com/NakamuraTakeo-HP/shin/minaoshi4.html
 焼き打ちは「でっち上げ」かも知れないらしいです。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 23:42:11 ID:SedRJ6670
>>56
いやに高飛車な物言いだな

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 15:57:05 ID:0NRorZTj0
>>58は中村先生が書かれたことが理解できない馬鹿ですか?

61 :58:2006/01/15(日) 23:34:53 ID:iAo4WXhX0
>>60
 えっ、あ、済みません。既に中村先生と言う方が反論をされていたのですね。失礼致しました。
 ただ、残念ながら私は寡聞にしてその方の反論を眼にした事が有りませんので、もし宜しかったら概要をお教え願えませんでしょうか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 00:05:51 ID:VNul6siC0
>>61>>58
貴殿が58で紹介している処が中村氏のページですが?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 10:42:22 ID:sBOV0V940
新選組で801
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1137162542/

近藤×土方はガチだそうでつ。
史実的見地からご参加ください。


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 20:57:57 ID:BqfGeJ3l0
前髪の

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 20:42:18 ID:3ive0LFS0
58は礼儀正しい人だな。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 22:14:48 ID:UP+EMNcF0
新撰組関連の小説でおススメ教えてください!!


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 22:56:53 ID:biMf2OWy0
>>66
↓で訊いて下さい。
http://book3.2ch.net/books/

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 05:48:25 ID:8gexe+rh0
新選組=ライブドア

近藤=堀江
土方=宮内
山南=野口
永倉=岡本
原田=熊谷
沖田=乙部

犯罪集団、トップがカリスマ、サブが陰湿なところがそっくり。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 23:54:58 ID:gwVuVCPH0
むちゃ言うな
まず近藤=堀江て

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 17:46:37 ID:pSp6Ed9f0
近藤はそんな頭良くないと思ふ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 23:36:01 ID:TN6htzd00
それでも土方、山南、永倉、原田、沖田よりは頭良いだろう。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/08(水) 21:36:50 ID:AF+fsQQ90
少なくとも教養は上だろうね。
田舎に引きこもってた頃から、付き合ってたメンツは地元の名士。
残ってる書簡からも漢学の素養があったことも見られるという。
永井尚志との関係も見逃せない。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/09(木) 00:31:22 ID:iLWft39z0
>>72
永井尚志との関係が近藤の資質や明晰さを語る上で何の証左になるのか
理解できないけど・・・。
それはともかく、少なくとも近藤は建白書を書いている。書けたということだ。
土方、山南、原田、沖田は書いていない。(永倉は書いている。)
幕末という時代に、この差は大きい。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/09(木) 14:28:57 ID:ERzDqavA0
山南はインテリだったと思うが。
沖田はいかにも頭悪そうで近藤の犬で殺人専門だろう。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 12:56:44 ID:2Y5Ii6YB0
>>74
山南がインテリというのは、小説やドラマでの話。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 21:39:37 ID:EzgWfnnW0
>>75
無教養だったというソースは?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 21:41:54 ID:7Cdn1JyQO
>>76
遊女の彼女は?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 22:17:39 ID:2Y5Ii6YB0
>>76
は?無教養だなんて一言も書いてないが?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 23:56:09 ID:SWxKGvFG0
>>73
新撰組になったあたりですでにあの永井と親密で意見を言える位になってるのは
バカじゃ無理だろ。

>>74
役職からして重用はされたてたと思うが、史料での裏づけは知らん。
山南の研究でしっかりしたところ(小説・妄想ソースじゃない所)、ある?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/11(土) 01:06:35 ID:Z/yRbR7e0
>>79
近藤がバカだなんて、このスレではとりあえず誰も言ってないよ。
>>70は堀江と近藤を比べての話で、>>70にとっては堀江は相当頭いいという認識なんだろ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/11(土) 12:30:35 ID:1XUcsBdRO
現代の新選組の姿は生き残りの両極端な評価や作家の造り上げた虚像。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 19:48:18 ID:HRYakZZu0
>>80
俺を堀江信者みたくするのはやめてくれ。
つーかぶっちゃけイメージだけで言ったスマソ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/15(水) 23:54:35 ID:+mEiVSIH0
【新撰組】京都御苑で職務質問【コスプレ】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1139724920/

84 :涼子 ◆pqzwr//Uc. :2006/02/16(木) 05:48:02 ID:HMeEg5OGO
吉村貫一郎が好き!
伊庭八郎、山南敬介も!

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/16(木) 09:12:16 ID:pQoAbamH0
久し振りに凄い釣りが来たなw

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/16(木) 21:48:20 ID:2tPEAzIa0
池田屋に集まった連中のテロが成功していたら、長州は袋叩きに合うか、
長州内で勤皇派が粛清されていただろう。

87 :鉄之助:2006/02/16(木) 22:02:46 ID:cRJPb9oK0
箱館新撰組が三度の飯よりも好き!!

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/16(木) 22:11:03 ID:8gxZChk60
京都放火に天皇拉致のことか?
しかし、奴らは本当にそんな非現実的なこと考えていたのかな?
帝をさらって長州に逃げるにしろ、道中は親藩譜代の領地を通らねばならんし。
古高を拷問死させたことを正当化するために新撰組側で無理矢理でっちあげたんだろう。
都を火の手から救ったとはいえ、いずれ会津側の手で都は火の海になってるし。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 01:00:09 ID:TjbRZYZCO
慶應元年九月頃の編成 総長=近藤:副長=土方: 組頭=沖田/永倉/斎藤/井上/伊東/武田/谷/藤堂/原田:目附=山崎/尾形/三木/蘆屋/大石/吉村/服部/篠原/新井/毛内:組長=約二十名:組士=約九十名 勝手に考えました〜どうすっか

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 01:04:07 ID:0wBxJQj/O
>>87

萌えよ拳

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 01:15:44 ID:TjbRZYZCO
>>89ちなみに慶應年間は十小隊ではなく九小隊編成が基本で同三年からは六小隊に移行したとかんがえられる。組頭が死亡や昇格した時、五番から四番というように組頭の組番号は上がっていったらしい。勘定掛は組長、平隊士から選抜か。取締には目附が携わった可能性も。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 09:29:59 ID:xjo22gky0
>>88
でっちあげ説を唱える香具師の根拠は常に自分の妄想な点が笑える。
でっちあげであって欲しいという願望が丸見え。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 11:32:58 ID:TjbRZYZCO
あげ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 12:48:10 ID:TjbRZYZCO
あげ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 18:17:18 ID:uKag9YD00
>>92
どっちもどっち。
真実であって欲しいと願う奴ともお互い様さ

96 :涼子:2006/02/18(土) 02:56:21 ID:d9jSUdToO
土方の恋人は井上丘隅の娘、ちか子?
会津藩主、松平侯の姪、蓉姫?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 10:07:17 ID:8+Fcp4iXO
妄想と史実を同レベルだとする95といい、フィクションだか
空想だかの話をしている96といい、学術板には来て欲しくない
人達ですな。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 10:58:21 ID:om0gNaT0O
まったくだ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 12:11:31 ID:RzctvK2F0
>>21
ワラタ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 13:47:55 ID:NJSkJjlK0
100age

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 17:27:08 ID:0s1k5YSd0
新撰組自体、学術板向きの話題じゃないがな

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 19:55:12 ID:om0gNaT0O
たしかに・・・。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 19:57:52 ID:NUE91JpLO
そんなケツの穴の小さいことばかり言ってるから
天ヲタに幕末板ともいうべき板が乗っ取られたんだ

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 20:55:23 ID:6NQgEfst0
ケツの穴が大きかったら2ちゃんがつまらなくなるだろ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 21:19:37 ID:enhUlkuf0
>>88
古高を拷問死させたことを正当化しなきゃならない理由は新撰組側にはない。
古高はどこかの藩の藩士ではないからな。
古高が拷問死しても、別にわざわざ何かに急かされるように市内探索を
始めなければならない理由は全くない。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 21:53:17 ID:om0gNaT0O
たしかに・・・。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 17:42:34 ID:IjsjQPrz0
でっちage

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/20(月) 21:38:53 ID:yaQ4fj7mO
なんだかな〜

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 12:21:54 ID:w85wb4fy0
土方も戦った地、宇都宮城復元へ

宇都宮城市民の会
ttp://www.utsunomiya-jo.jp/
宇都宮城の戦い ウィキペディア
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 01:58:04 ID:nKIQbB+9O
新選組って現代人からみりゃたんなるヤクザかもしれない。けど国、家族、将来のこと考えて命がけで活動していたことは、なんだかんだいってすげーと思う。しかも現代では考えられないほどの身分社会のなかでさ。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 13:48:05 ID:HiizjZMx0
治安警察

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 20:59:31 ID:hvoRyVRTO
司馬の燃え剣を史実だと信じ込んでる馬鹿が消えれば少しはマシになると思うよ。
近藤が使えない剛毅なだけの椰子だと思ってるのは大概司馬信者だしな。
実際は考え込んで胃痛起こしたり、養母にいじめられたり講武所ダメになって
引き篭ったり、写真のイメージからはかなり程遠い繊細系だし。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 13:06:28 ID:ZFn3xSRJ0
>>112
全くだ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 21:39:20 ID:cueR5URd0
>>112
そうだったのか。
今まで俺も司馬史観に洗脳されていたんだな。
近藤さんも繊細な有り触れた人間だったんだな。
養母にいじめられていたのは大河ドラマで見てわかった。
講武所だめになっていてしょげていたのは漫画「新撰組黙示録」で見てわかった。
百姓の出だからって断られたんだよね。
そういう繊細な部分があるから近藤さんは誰よりも強く、優しかった。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 01:58:26 ID:X5uK6PBU0
漫画や大河ドラマの話とか、「さん」づけとか、他の板でやれよ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 21:14:13 ID:bm40kjLx0
>>109
腐女子の大好物の名前が連名で・・・wwww
宇都宮の市民も気の毒に・・・

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/28(火) 01:09:35 ID:3Tn8dVV50
だがまあ漫画とか大河も一応史実を基にしているのだから良いではないか。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/28(火) 20:53:05 ID:FVYtRBE90
漫画を語りたければ、漫画板で語れ。
大河ドラマを語りたければ、大河板で語れ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/02(木) 02:58:22 ID:nQ/u+OP10
ホモを語りたい人は801板か同性愛板へ

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/02(木) 04:49:53 ID:/+U1xHKrO
でも、小説でああだったけど歴史的にはどーよな話はアリ。
創作と史実をわけることから始めないとお話にならない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:11:45 ID:uIRK1wVx0
>>119
腐女子を同性愛板へ流してもらっちゃ困る

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 00:39:24 ID:Ra3rqJ4iO
40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

意外とおもしれーぞ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 16:55:26 ID:ekTyhwe20
♪俺たちゃハウスの新鮮組〜♪

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 17:08:40 ID:Ggn+FSnoO
教えてください
「貫天院殿純忠誠義大居士」
なんて読むのですか?ひらがなでお願いできますか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 17:32:36 ID:JVaHB4670
近藤の戒名にも土方の戒名にも、誠って字が入ってるっていうのが泣けるよな。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 19:57:00 ID:Vc5w2LMmO
戒名

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 19:03:22 ID:LoWckRHPO
史実の新選組を考えるなら小説を脳から切り離せ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 19:08:17 ID:fk0cHz2qO



×新選組→〇新(撰)組

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 00:04:40 ID:s57R6ATz0
>>128みたいな馬鹿は近代史板には来ないで下さい。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 00:53:34 ID:fTRSge6VO
新選組か新撰組のどちらを使うべきかは基本的にどちらでもいいらしい。が、字の意味的には新選組の方が正しいと考えられる。《撰》は本来物を択ぶときに使用する字だからね。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 00:57:51 ID:QupVm7KTO


幕府見離された浪士組

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 01:06:50 ID:fTRSge6VO
なんだかんだいっても自分が生きた証しを遺してるんだから凄いと言えるだろ。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 21:12:24 ID:uNxBNOScO
新撰組は、神風特攻隊のはしりだね。
名を与えて実を取るという民衆支配のセオリーに忠実に、
百姓をたぶらかすためにでっちあげた武士道精神に踊らされた被害者。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 22:11:56 ID:+xFpMkO90
新撰組は、いつから評価されるようになったんだ?
明治も初めの頃だと、まだまだ薩長に目の敵にされていただろうし、
新撰組に居たことすら、黙秘していた元隊士もいただろうな。


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 22:29:47 ID:uNxBNOScO
>>134
昭和に入って薩長派閥がほぼ消滅した頃。
戦時教育の材料としてもってこいだったから、白羽の矢がたった。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 23:27:43 ID:w8sHhpy90
新撰組って、江戸時代のスマップだね。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 23:34:05 ID:s57R6ATz0
>>134
評価って、どういう評価?
江戸や多摩の庶民限定なら、明治時代にすでに生写真やら
講談やら新聞の読み物やらでかなり有名な存在だったけど?
その後は活動写真の登場人物となって更に全国的知名度に・・・。

でも、学術的な評価がどうにか固まったのは21世紀に入ってから。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 02:20:16 ID:/ksjPg/v0
学術的な評価ってやおい妄想の温床ミタニドラマのことか?
普通に考えて小説講談ドラマ以上には評価されてないと思うが。
誰が学術的に評価してるんだ?
やおい女とヲタと妄想小説家とドキュソだけじゃんw

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 02:26:19 ID:ueBq4p1RO
スマップ?


土方は治らない薬屋の息子

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 20:15:01 ID:QAYv56ma0
>>138は「学術」という言葉の意味を知らないようだ。
そんな人間がこの板に来てはいけない。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 22:38:09 ID:/P4ElobzO
やおいという言葉しか頭に浮かばない香具師は生温くスルーすべし

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:56:49 ID:3evuEm4a0
>>138
一昨年の史学雑誌の5号でも読んでみ

143 ::2006/04/06(木) 22:22:03 ID:C6/c0HrXO
姫路の亀山本徳寺いった方います?あんまり写真とか見たことないんで本堂の様子詳しく教えてくださいm(_ _)m

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 23:53:47 ID:aqLL0aTEO




http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iwaemon/

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 15:11:11 ID:PebzZoAxO
近藤勇と土方ってどちらのほうが背高いんだろ?漫画だと土方のほうが背が高いようにかかれているけど。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 08:58:54 ID:XwEkA1Ah0
>>145 近藤165・・土方170位だと!どっかのスレにあった。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 09:36:11 ID:ltesP5190
>>145
土方が162〜165cm
近藤が土方より髷一つ分低いと言われているな。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 13:55:57 ID:xNWg4n790
歴史読本で結構新撰組系の事やっとるよ。飽きずに!

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 14:34:32 ID:mlQNzwQv0
新選組は左翼の源流だよ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 15:10:54 ID:VLP/1Kx60
>>147
優しさは時に害毒です。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 23:13:53 ID:6fCUrhC10
>>146
こういうのがいるから新選組腐女子はキモイんだよな

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 00:14:27 ID:zzbB6OI30
それだけを書き込みに来る香具師も充分キモイ

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 21:02:22 ID:6yknI2/g0
土方歳三は168センチくらい(新撰組関連の本によれば)
斉藤一は175センチくらい(着用していた羽織から)
当時としては、2人とも大きい方だよね。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 23:07:14 ID:HAXUp0qmO
斎藤一 抜刀隊

土方の写真みるとかなり短足にみえる

155 :徳川宗家:2006/04/11(火) 23:53:56 ID:BtabsPJE0
なんか新撰組がテロ組織とか言ってる基地外がいるが
当時は長州がテロ組織だから。
山口県民の皆様方はテロ県民ですから。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 23:59:18 ID:pp299XBM0
>>153-155
よそでやれ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 02:13:05 ID:O62BXoK+0
>155
自分とは無関係の人間をよくここまで憎めるよなぁ・・・
多摩か会津かは知らんけど、一体どんな教育受けたんだ?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 10:33:47 ID:5tt2wqmN0
>>157
他スレへ移動して下さい。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 14:28:20 ID:uLf+4SRW0
新撰組は人間の屑の集まり。


160 :徳川宗家:2006/04/12(水) 16:52:19 ID:zNtwuVzL0
クズは長州だ!
久坂みろ!天皇をさらおうとしたんだぞ!
暴力で解決しようとしてるやつらほど

クズはいない。

吉田松陰は密航しようとしてるし沢山あるよな
長州がやってきた悪いこと!

新撰組はそれを抑えようとしていただけだ!
何が悪いんだ!
悪いやつらを取りしまる。どこがわるい


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 18:16:09 ID:UbahLxk30
今度は新撰組のスレを根城に基地外が活動中。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 19:24:54 ID:6VQ2q3dUO
>>159

壬生浪人の集まり

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 08:56:04 ID:jU4wlf1/0
>>159 伊東甲子太郎グループ除いてな!!

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 11:54:45 ID:TF8+MNSz0
伊東甲子太郎グループも似たようなもの。
伊東は単にヲタに持ち上げられてるだけ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:37:40 ID:peEvemn8O
幕府お抱え暴力団新選組

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:40:00 ID:SGesUNxZ0
小説とか映画とかを真に受けてる奴はそう言うね。
さすがに、新撰組に辛口の歴史家でも、そんな風には言わないね。
むしろ、そういうフィクションのイメージを信じて暴力団だとか
思い込んでる阿呆に対して、警鐘を鳴らしている。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 22:19:22 ID:heSHG9ra0
>>164 伊東は、新撰組から離れた。堂々と! 新撰組は後半、国(藩)から金貰って人殺し、女遊び・・・

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 00:02:19 ID:heSHG9ra0
もう、みなさん寝たかぁ・俺も寝よ・・

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 00:47:04 ID:FAroDifm0
>>167-168
おまい、日本史板の新撰組スレでも馬鹿さらしてただろ?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 05:30:38 ID:wIlYQhXD0
>>169 照れるなぁ〜

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 05:44:10 ID:ZFqDBhhyO
▼▼新選組総合スレッド3▲▲
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1110817138/

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 06:07:54 ID:ZFqDBhhyO
風光るって面白いし、萌えるよ!やっぱり、ベストカップルはかっしー×トシで決まりだよね。史実に忠実だし。
渡辺多恵子先生マンセー!

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 21:53:46 ID:WhuOfatTO
時期的に風光る今どの辺なん?しばらく読んでないからわかんない。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 18:35:36 ID:Z6122C7MO
新選組って結構生き残り多いのな。行方不明な人も結構いるから実は先祖が新選組だって人も多いかも。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 07:05:09 ID:tMGlR1Pw0
      ___________   __________                   ___________   _________
     /::::::::::::::::::::`´::::::::::::::::::`ヽ.               /::::::::::::::::::::`´::::::::::::::::::`::、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|             |::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::;;ノ-=;    =--`;:::::::::::::|             !::::::::::::::;;ノ-=;    =--`;:::::::::::::::!
   |::::::::::::::/   ,;::   ;,.   i:::::::::::::|             |::::::::::::/   ,;:    ;,:   !:::::::::::::|
   |:::::::::::::|`;  :,`_^_^_´,ヽ  |:::::::::::::|            |:::::::::::|`;  :,`_^_^_´,ヽ  |:::::::::::::|
   |:::::::::::::|::. -<ー===一>- |::::::::::::::|              !::::::::::|:. -<ー===一>- |:::::::::::::!
____,ノ:::::::::::::ゝ、 . `ー-一´  ノ::::::::::::::::|            !::::::::::ヽ  . `ー-一´  , '::::::::::::,'
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::ヽ;;,,,,.........,,,,,,´;;:::::;:;;:::::::::::|           ヽ:::::::::::丶____/:::::::::::::/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|\;""";/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ            \:::::::::|\;""";/|;;;;;;;;;;;/

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 07:15:19 ID:iiOJsx6jO
風光るまだ読んでない。帰りに花達買って帰ろう。
カッシーの出番はまだなの?トシとの絡みが見たいよ!

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 08:36:45 ID:wg/BCED30
風はかなり萌えるので新撰組ヲタにはオススメ。

近藤×トシ、伊東×トシ、伊東×藤堂、斉藤×総司、

近藤×総司、慶喜×家茂、慶喜×容保…

萌えカップリングを挙げるとキリが無いから困る

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 09:58:46 ID:an48GvY/O
大政奉還後に皆さん逃走したからなw

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 14:56:26 ID:X/qxCSRe0
GWに京都行ったついでに壬生寺行ったんだが
新撰組の格好した人が市中巡回よろしく歩いてたよ。
はじめ観光協会かなんかの人かと思ったけどたぶん違うと思う。
これまたヲタっぽい小太り女子に記念撮影を頼まれ柄に手を置きニッコリ笑ってポーズ。
連れと「あれはただのコスヲタだよねえ」と首を傾げつつ帰路に着きました。
ああいうのはやってるの?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:44:11 ID:u7mkxpV9O
近藤×土方ハードやおいが見たい
あのスレじゃ肘肩受けなんて言えないよ・・・

181 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 02:14:33 ID:M01QJqTg0
過疎だね

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 07:54:50 ID:Lm0aRbX+O
京都ではそういうのは珍しい光景じゃない。オフ会でもやってるんやろうね。
集団で歩いているのもたまに見かける。そういうのに出くわしても地元京都人は反応鈍い。見慣れてるからな。
高知のつれに聞いた話だが桂浜あたりいくとたまに坂本龍馬のかっこうしたおじさんとかが出現してるらしい。
今はしらないが。
何度か見かけたそうだ。W
日本って平和だね

183 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 15:02:04 ID:M01QJqTg0
観光関係のおっさんじゃないの?
模造刀までファンに認めてるとは思えんのだが。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 21:06:37 ID:UmZs9DLf0
ヲタだったらはずかしいね。
頼むから近寄らないでくれ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 22:14:40 ID:WCghhT3CO
近藤×土方が好きすぎて困る

186 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 00:30:00 ID:AMZeAE140
服部武雄ってそんなに強いの?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 09:52:59 ID:Za59fEkLO
伊東甲子太郎×服部武雄
   〃  ×斉藤一
   〃  ×藤堂平助
   〃  ×土方歳三
鬼畜攻めの伊東甲子太郎に
超萌え♂×♂萌え

188 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 22:03:27 ID:AMZeAE140
無茶な。
藤堂だけは認めよう。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 00:01:46 ID:Rs9zNSzu0
伊東×斎藤がいいよ

190 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 01:09:59 ID:8DHlLMoI0
お前の希望なんか知るか。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 01:24:20 ID:Rs9zNSzu0
伊東、篠原、服部、内海、鈴木、富山、阿倍×斎藤

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 08:23:54 ID:socRGG70O
やっぱり攻め攻めな伊東さ
んの相手は受け子斎藤がベ
ストだと思います

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 12:23:04 ID:dJwA/F1G0




194 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 01:13:29 ID:uuCquj0u0
ID出る板じゃ自演できないと厨は去りました

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 03:47:37 ID:kJ5h9yCN0 ?#
>>186
資料にもそういう書き方がされてるらしいね。
油小路の血闘の際も最後まで二刀流で奮戦したらしい。

新撰組は御所発砲せしめた逆賊長州を今日から追い出そうとしたんだ。
勤皇なのは幕府側である。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 23:22:17 ID:KHa1qCbTO
土方受けが最高だよ!

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 23:57:59 ID:8XUh02ZJ0
幕末物の人気

 歴史を検証する物語の中で、ひときわ人気が集めるのが幕末維新物。そのなかでも、広い層に支持されているのが坂本竜馬。
そして、個人的には好悪が分かれるものの、人気の高さでは竜馬をしのぐものが新撰組関連本だといえる。

出版物の点数から見れば、坂本竜馬及び海援隊関連本は、竜馬人気ひとりに支えられているので、近藤勇、土方歳三、沖田総司(人気の順では逆になる)など、
数多くのスターを抱える新撰組に圧倒されている(個人としては新撰組トップの総司より、竜馬のほうが上)。

これはウェブサイトの数でみても同様で、新撰組関連サイトは竜馬関連サイトの3倍以上(11対37)あり、包摂するサイトの比率もほぼおなじ。
ただし、出版点数では1対2の沖田総司関連物と土方歳三関連物が、サイトでは逆転していて、歳三関連サイトが総司関連サイトを大きく引き離して(6対3)いる。

ちなみに新撰組関連、竜馬関連に次ぐ幕末維新物サイトで最も数が多いのは高杉晋作関連の3なので、
幕末維新物のなかで、新撰組と竜馬の人気がずば抜けていることがわかる。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 23:58:40 ID:8XUh02ZJ0
新撰組の局長となる近藤勇は1834(天保5)年、武州多摩郡上石原(調布市)の豪農・宮川久次郎の三男として生まれた。
また、副長となる土方歳三も翌35年、武州多摩郡石田村(日野市)の豪農・土方隼人の四男として生まれている。
この限りで、二人は多摩の農民出身であることにまちがいはない。

 しかし、いずれも豪農(土方家は洪水で移築され、苦境にあったが、村では「お大尽」と呼ばれていた)であり、地域をまとめる重要な地位にあった。
宮川家は立地から考えて幕府のお鷹場となんらかの関係があったはずだし、土方家は三沢十旗衆の一旗を構成する武門の家。
剣をたしなむことになるのは運命のようなもの(宮川家には道場があった)だといえる。

 沖田総司は1842年、江戸白川藩屋敷で藩士の子として生まれたようだが、家を継いだ姉・ミツの婿は日野の井上林太郎(井上源三郎の縁者)で、多摩の人。
また、日野・井上家は八王子千人同心家なので、源三郎は「郷士」だといっていい。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 23:59:55 ID:8XUh02ZJ0
多摩の地域性

 多摩は全域が天領で、藩、すなわち藩士が存在しない。だれもが武士であり農民である郡(面積は日本最大)なのだ。
この地はもともと武ばった所で、その在地勢力が鎌倉幕府を押し立てる。家の子・郎党の「いざ鎌倉」精神は、甲斐・武田や後北条にもうけつがれ、
関東入りした徳川家康も、この在地勢力の上に幕府を築く。

幕府の天領支配は武田の家臣・大久保長安、北条の家臣・江川太郎左衛門に委ねられるが、
在地勢力を信頼する彼らは、多摩の兵農分離をやらなかった(秀吉の「刀狩り」も甲州では行われたが、多摩にはない。

秀吉の多摩支配は八王子城下で数ヶ月だけ。実績が挙がらぬまま家康に託された。つまり、秀吉の全国統一はまやかしなのだ)。


農家の刀

 刀狩りのなかった多摩では、豪農が武具を所持するのは当然のこと。
新撰組のスポンサーで知られる日野・佐藤家には常時手入れの行き届いた刀剣が長持に2棹(50〜60振り?)、
小野路(町田市)の小島家には約30振りが備えられていた。

 また、日野宿の御用と多摩川の渡船場を預かっていた佐藤家には十手・取り縄のほか、御用ちょうちん、さす股、袖がらみといった捕縛用具も揃っていた。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 00:01:33 ID:IlGeBc3D0
千人同心

 大久保長安が八王子(八王子市千人町)に設けた武田家遺臣による幕府防衛隊で、
唯一の公的な半農半士組織(同心身分でありながら、禄が低く、かわりに農業が許された)。
当初は500家で出発。関が原の合戦直前に二倍に増強され、千人同心(→八王子千人隊)となった。

 その際、農業に専念していた多くの北条家臣が参加したため、多摩の人々にとって、士→農、農→士の垣根は低く、上下意識も希薄だった。

北条家の滝山城(移転して八王子城に)大手防衛隊「三沢十騎衆」のひとつだった土方家からも千人同心家が生まれていて
(三沢の土方家・新井の土方家―ともに日野市)、歳三の生家を「百姓」とするのは、明らかに誤りなのだ。

 千人同心は日光東照宮の防衛、江戸の火の番などに当たり、幕末には北辺防備(ロシア南下への備え)のため、多くが屯田兵となって移住・開拓を行う。
そのため文武の備えを怠らず、幕末には唯一の実戦可能な武士団として第一次長州征伐などに活躍する。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 00:03:28 ID:IlGeBc3D0
家康三つの血脈

 関東を治めるに当たって、家康は関東三大勢力と擬制的な血縁関係を結ぶ。関東源氏の雄・新田から系図を買ってその親戚になり、

武田信玄の娘・松姫を側室として要求。遺臣たちが差し出す偽者を黙って引き取り、寵愛するとともに、八王子に潜伏する松姫を密かに庇護した。

さらには三島で見初めた娘を、後北条の要人である江川家(伊豆・韮山に拠点を置く地方豪族)の養女とし、この娘(お万の方)を側室としている。
その子が水戸と紀州・徳川の創始者になっている。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 00:04:36 ID:IlGeBc3D0
武家社会において、それぞれの武士は武士団を構成し、軍事行動においては、通常、一門・一家と呼ばれる一族全体としてこれに当たっていた。
したがって土地・財産を分割されても、庶子家はまたく独立したわけではなく、一門の嫡家(本宗家)の長である惣領を中心とした強い団結を保持していた。
いわゆる惣領制である。

 幕府は、御家人を掌握するためにこの惣領制を利用し、御家人役の納入・勤仕の際にも一族の分を惣領に一括して納めさせることが多かった。
 惣領は数いる兄弟のなかから嫡出の長子が指名された。これは、先祖の祭祀という責を負うことと、勢力を保持する意味でもより正統のものが選ばれたのであろう。

そして、惣領は代々の苗字を名乗り、分家した庶子らはそれぞれ分割してもらった土地の名を新たに名乗り、多くの苗字が生れた。
それは、家紋の場合も同様で、惣領家の紋に丸を付けたり、四角を付けたりして惣領家のものと区別していた。

 時代が下ると、庶子に分割する土地も少なくなり、「惣領制」は御家人らが窮迫する一因ともなった。
さらに、時代が変化していくと、強力な統率力と指導力をもった惣領が求められ、
たとえば、南北朝期における肥後の菊地氏にみられるような庶子家から惣領になる者もでてきた。

 鎌倉期から室町期をみた場合、多くはさきに出た「惣領制」にならっている例が多い。惣領制が崩れるのは、やはり戦国時代に至ってであろう。


 江戸時代にいたって、百姓らが苗字を名乗ることを禁止されたのは、惣領制と関係があった。つまり、分家して新たに苗字を名乗ることを禁止されたわけだ。
ここに、苗字がある意味で土地と不可分な関係であったことが分かるのである。

203 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 00:01:33 ID:ecPYy3Zj0
原田左之助の家紋なんか、切腹傷にちなんで丸に横一文字だって聞いたけどな。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 09:35:12 ID:wL5pEbhSO
その左之の傷跡をペロペロ舐めてあげる新八たん。
テラモエスv

205 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 08:56:27 ID:S2igBhbZO
ピースメーカーの最大の罪は、新八をショタにしちまったことだな。
あそこから柴田亜美や空知まで派生した。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 15:38:48 ID:BWpJIuLwO
風光るの伊東先生は土方さんにベタボレで夜這いまでした。
狙い過ぎだよ!^^
そしてとうとうディープキスを!
商業誌で伊東×土方!最高!このシーンがある単行本は家宝です!

207 :マロン名無しさん:2006/06/20(火) 18:37:15 ID:XNJSVOdwO
お前漫画サロン板にもいた奴じゃねえかw

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 23:19:36 ID:x5XnWZuFO
御法度に激しく萌え〜

209 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 23:03:11 ID:STFK4Dxh0
自分でも何言ってるか判らない厨かよ。

というか、腐になりきるのにもネタが尽きたのか。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:10:01 ID:cDSDHK/a0
質問です。

池田屋事件か何かだったと思うのですが。
ある館の中に長州(薩摩?)側の人間がいて、その館の中に新撰組が突入し切り込む
みたいな事件があったと思うんです。

その事件で、新撰組はあらかじめ長州(薩摩?)側の人間の中にスパイみたいなのを
入れておいて、スパイが長州側の人間達の武器(刀)を全部押入れの中に隠してしまった。
というエピソードがあったと思うのですが、
ご存知の方はいらっしゃらないでしょうか。
確か、司馬遼太郎の小説か何かで読んだと思ったのですが
よろしければ、このような事件について教えてください。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 01:12:20 ID:Y4ncdji20
>>210
ただの作り話のように思えますが。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 02:51:41 ID:mzJMqUNJO


幕末風雲伝 「小栗上野介」

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 07:24:38 ID:tqLyRxTx0
多分、で申し訳ないけれど、池田屋事変の時に、山崎が先に勤皇の志士
側に潜入していて、近藤局長が討ち入りの時に敵側の刀を隠したり、
近藤さんに新しい刀を投げ入れたり、というエピソードを読んだ事があります。
なんの小説だったか、まったく記憶にないですが。

随分前に読みました。多分、山崎の事では・・・

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 10:06:16 ID:wVTW6vK3O
加納惣三郎くんに萌え!

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 10:56:42 ID:Y4ncdji20
>>213
作り話だよ。

作り話を史実だと思い込んでいる人はメンヘル板へ逝って下さい。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 11:48:15 ID:QCm2rGfU0
山崎は池田屋に行っていません。それが真実w

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 12:14:05 ID:oA2wsEuZP
まぁ、歴史そのものが作り話といえば作り話なんだけどね。
現実ってものは本当はいまこの瞬間の自分自身でしかないわけじゃん。それ以外のことは、所詮、
伝聞だったり、記憶だったり、想像だったりするわけだよ。
そう考えると現実っていうのは本当に今この瞬間でしか有り得なくて、それ以外のものは所詮”作り話”。
そういうのひっくるめて「楽しめる」人が「賢い」んだと思うな。
上の方にもいるけど、作り話だとか史実とか一人でわめいて知ったかこいてる人って、周りから見たらちょっと馬鹿っぽくない?w
熱くなるなってwっていいたくなる

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 13:16:40 ID:hFNx6nckO
>>213 池田屋事変ってな〜に〜?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 13:20:29 ID:jlIM1UHf0
壬生狼のスレか・・・・・・。

220 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:29:23 ID:xPbiI7sRO
バカの振りした椰子が混じってますね。
さいとうプロの血闘!新選組では、山崎は先に潜入はしてたけど、潜り戸の木錠を内側から外しただけで脱出。
混乱の最中間違って斬られたら洒落にならんし、潜入しててもその程度じゃないかな。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 18:41:57 ID:wVTW6vK3O
>>215はぁ?惣三郎きゅんは実在したって史実本に載ってたし?
乙女な惣三郎きゅんに萌え萌えにょ〜
ハァハァ(*´Д`)ハァハァ

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 22:11:11 ID:sKLU0hCqO
>>210>>213>>217痛すぎ・・・w
史実に疎い様子ですな。もしかして同一人物?
恥ずかしいので、学術板には来ないほうがいいと思うぞ。
自分自身では判ってないのかもしれないけど、馬鹿丸出しだよw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 00:27:36 ID:ead73vEo0
どこの旅籠か分からなかったから近藤グループと土方グループ
の二手に分かれて捜査していた訳だが・・・

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 02:21:10 ID:idb9C0rO0
その近藤グループと土方グループに別れて探索していたって事も作り話だと言われている

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 02:22:29 ID:idb9C0rO0
そもそも永倉が書いているだけで裏確認が取れない
真実と証明できないんだなw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 02:28:18 ID:LXe3wSWxO


http://id20.fm-p.jp/18/bakumtugazou/

227 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 18:38:33 ID:oso7CaGXO
>>224
それはあんたの妄想だろう。
二手じゃなきゃ三手か?
それとも全員一丸で行動して、目立って逃げられたか?
幕府から恩賞も出ていて功や被害が一番はっきりしてる話だろ池田屋なんて。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:37:34 ID:YTsRjCtC0
>>227

>>224-225は史料読みが足りないのが露呈しているのでスルーすべし。

というか、このスレは馬鹿が多過ぎ。実に新撰組スレらしいなw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 15:16:25 ID:2qILFZMr0
確かに一部の奴らのせいで馬鹿に見えてしまう。
自分も含めてorz

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 18:53:27 ID:YuZ/RxfX0
斉藤一は池田屋事件に行きましたか?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 18:54:56 ID:PAvjJ2eE0
ああっ、基地外スレがここにも・・・

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 23:49:03 ID:NGgzWMDkO
近藤さんと土方さんが初めてお互いを意識して愛の交わりをしたのはいつなんですか?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 00:10:53 ID:mC94h06z0 ?#
ホモネタはやめろ
神聖なる・・ゴホン
猛き新撰組スレにそれを持ち込むな

234 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 12:25:59 ID:Qilv2jUAO
アンチの自演でしょう

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 21:22:40 ID:NyMe+F35O
近藤さんと土方さんのラヴラヴオーラのせいで今日も気温が高いよ、暑いよ熱いよーーーー!(^o^;

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 21:25:54 ID:1g2TJf1+0
つまり、馬鹿だと言われて心当たりがある人間が
ホモネタで荒らしているわけですな。
実にわかり易い。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 23:10:58 ID:+cPuNpA+0
>>228
>>228は史料読みが足りないのが露呈しているのでスルーすべし。
というか、このスレは馬鹿が多過ぎ。実に新撰組スレらしいな

>>228
じゃあお前の根拠となっている史料名を出してみなw
出していない所をみると負け犬の遠吠えにしか聞こえないなぁw

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:04:10 ID:55JPcDFH0
>>228は史料を出せずに遁走w
論破されましたw

239 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 19:58:06 ID:woWWtSQxO
言い出しっぺが史料出せよ
実に低脳でアンチらしいww

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 23:27:52 ID:0yzpsAGu0
>>237-238
こんなクソスレを毎日チェックするほど暇人ではないのでね。

「史料名を出してみろ!」だなんて、また随分と恥ずかしいことが言えたもんだ。
新撰組をかじった事があるなら、みんな知ってるだろ。
知らない貴様が単に無知なだけなんだよ。
図書館行って、同時代史料を片っぱしから読んで来いや。
そしたら見つけられるかもな。
別に新撰組に特化せず、この時代を調べている人間なら、一度は
御世話になったことがあるだろうってくらい、有名な同時代史料だから。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 17:05:53 ID:aI3pmcqLO
土方さんは総受け。これは宇宙の法則!

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 17:25:33 ID:+vxrUq9jO
まあまあ
池田屋の功績とやら自体が捏造なんだから熱くなるな


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 18:44:39 ID:h/x99w/s0
新撰組は白色テロ集団

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:28:02 ID:Wzq2W5Go0
>>240
で?。議論の仕方も知らないのかお前は。
最初に永倉の記録だけでは裏付けできないという人に対して、
お前は「裏付け史料はある」と断言。
こうした場合、議論の場では「ある」と言った者が根拠史料を提示するものだよ。
議論の仕方も知らないなら、史料読む前に一般常識を勉強すべきだね。

結局の所、史料は提示されず、>>240はお決まりの逃げ口上を述べて論破されたというオチだったな

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 09:18:54 ID:f2wqlzHuO
永倉の史料自体が信憑性ないがなw

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 12:58:58 ID:VYxSFG290
そう、だから
「永倉の言っている事を裏付ける史料がなければ、池田屋の時の新撰組の行動も怪しい」
と指摘されていたわけだ。
そこに>>240が出てきて、ソースも示さずに
「裏付ける史料はある」
と言い張り、それを出せ出さないという話しに発展している訳だなw。
結局その裏付け史料も出さすに新鮮ヲタの>>240が逃げ出したw

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 13:01:29 ID:VYxSFG290
永倉が本当の事を言っているという裏付け史料があるなら、
出せばいい。それで終わる話しなんだが・・・
>>240はウソをついていたんだろうね。出せないって事は

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 19:20:51 ID:4cQGyuBP0
九番隊組長の三樹三郎だけ
何で大河に出て婚の?


249 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 18:01:13 ID:1v4oyn0NO
かなり研究が進められてきた中で
信憑性がないと唐突に言い出した奴がソースを出すべきだろうが。
アンチが本性出してきたな

250 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 18:53:33 ID:6DMNBzSL0
永倉の話と相反する史料があるから、信憑性がないとか言ってるんだよな?
その史料を出すべきだろうってことだよ。

おそらくソースはアンチの脳内

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 21:02:34 ID:KQDbfEINO
>>250 相反する云々以前に、裏付け無き史料に信憑性が無いってのは一般常識

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 21:13:46 ID:RpHwGamOO
肘受けさいこう!

253 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 22:03:21 ID:1v4oyn0NO
研究家の間で否定されてるってならまだしも
単に『証言は史料じゃない、だから怪しい』の一点張りかよ。
様々な史料と照らし合わせて矛盾がないから通説として定着してんだろ。
アホか。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 22:42:24 ID:KQDbfEINO
>>253 様々な史料を出せよw

255 :240:2006/07/02(日) 23:42:00 ID:OAGj7HCg0
>>244
確かに、貴様と議論する方法は知らないし、知りたくない。
「永倉の記録だけでは裏付けできないという人」というのは、
単に顛末記しか読んでない人間のことだろ。そんな奴、どうでもいい。
「論破」とか「逃げ出した」とか変にこじつけて悦に入っていたいのなら
そうすればいい。別に貴様がどう思おうが、俺は痛くも痒くもないので。
>>240に書いた通りだ。単なる君の知識不足。
自分の知識不足を恥と思わず、教えてくれない方が悪い!だなんて
甘ったれたことを言ってる奴を相手にする気はない。

>>253
自分で調べる手間を惜しむぐうたらのくせに、
人にものを教えてもらう事は当然だと開き直ってるようなアンポンタンは
相手にするな。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 23:43:48 ID:905AR1/L0
>>253
誰も「証言は史料じゃない」なんて言ってないよw。
裏付けがとれているかいないか。
それだけ。裏付け史料があるなら出せばいい。
様々な史料があるなら、それが裏付け史料になるんだから史料名を書けばいいじゃない。

あ−それと「照らし合わせて矛盾がないから通説」にはなってないよ。
新撰組研究家と呼ばれる人はそう思っているかもしれないけど、
ちゃんとした歴史学者の世界では違うから。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 23:44:56 ID:905AR1/L0
>>255
だから根拠を示せってのw
根拠を何一つ示せないお前こそ消えろ

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 00:07:26 ID:4GSLbdQ+0
>>255
知ったかぶり君
知識がないのに知っているフリは良くない
ソースが示せないヤツの言う事なんてだれも信じないから

259 :240:2006/07/03(月) 00:08:36 ID:hj89/n/b0
>>256-257
>ちゃんとした歴史学者の世界では違うから。

「歴史学者の世界」については知っているのに、
史料は知らんなんて変やなw

260 :240:2006/07/03(月) 00:11:19 ID:hj89/n/b0
>>258
>だれも信じないから

「だれも」って、他の人は皆知ってるの。
貴様が知らないだけ。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 00:39:51 ID:js1nQ9LrO
>>260>>240
土曜日のID:VYxSFG290、昨日のID:905AR1/L0、今日になって
からのID:4GSLbdQ+0は恐らく通称"かまってくん"という粘着アンチです。
追い詰められると、腐女子になりきって801荒らしをしたり、
変なAAを貼りつけて荒らしたりするので、放置が一番かと…。

262 :240:2006/07/03(月) 01:37:16 ID:hj89/n/b0
>>261
了解
多分、そうだろうと薄々感付いていたんだw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 09:59:44 ID:r2aZhnqBO
>>261 腐女子やAAまで俺の責任にされたらかなわんw(>_<)
てか>>260は俺じゃないしww(-_-#)
てか俺はこのスレでは書き込み初だしww(=^▽^=)
どうやら君達の脳内てかアンチは俺一人だと思ってるらしいなw σ(^-^;)
もーね、哀れとしか言いようがないよ(-_-#)
たまには逃走せずに戦いたまえ!('-^*)/
やっぱり理論武装無き丸腰脳内では無理かな?(*´Д`)=з
では頑張ってくだちゃいな
(b^-゜)

264 :日本@名無しさん:2006/07/03(月) 20:38:13 ID:WTrZpl/vO
だーかーらー
永倉の言ってることが怪しいって根拠は何よ?
新説ぶちあげるならそれなりの根拠を示しなさい。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 23:19:28 ID:r2aZhnqBO
池田屋の敵を永倉の史料では全て長州人と記されてる
つまり永倉の史料通りなら、新選組は池田屋の敵を誰だか一切理解してなかった事になります
つまりは古高の自供も京都放火も捏造となります
いづれにしろ、拷問による自供に信憑性など皆無ですがw

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 01:04:59 ID:H/e94odR0
>>265
史学に不向きのかまってくん乙!


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 02:02:21 ID:a/hi2bAT0
>>265
永倉は大雑把だったって事でいいじゃん。細かい事を気にしないO型だったんだよ、きっと。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 02:51:47 ID:ZQjP+Z8W0
新選組スレって数字板に限らず低俗な争いばかりだな。
なんでヲタはアフォなんだ?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 09:17:29 ID:NM0j6zdIO
>>267 史料自体の信憑性が無いって事ね
了解

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 10:30:38 ID:bbY7RQ0dO
起きた総受けに萌え!

271 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 20:35:54 ID:pCy05/pbO
何故か腐女子が消えていた件について

272 :名無史さん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 21:43:32 ID:0+JHxBMR0
言うまでもなく腐のフリもしてたんだろうよ。
池田屋が捏造で拷問だけ史実って、悪口言いたいだけかよ。
アンチの脳はスポンジ状か。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 21:44:10 ID:H/e94odR0
誰もつっこまないので書いておこう。
>>265
>永倉の史料

には、>>224にある
>近藤グループと土方グループに別れて探索していたって事

は、記述されていない。
従って、>>225
>そもそも永倉が書いているだけ

というモノは、265の永倉の史料と別物ということだ。
なので、>>264
>永倉の言ってることが怪しいって根拠は何よ?

という質問の文中にある「怪しい」が、225が言う
>そもそも永倉が書いているだけ

を指しているのだとしたら、前述したように225のそれと265の史料は
別物なので、265は264の回答には成り得ない。
264の質問の回答に成り得るのは、225が言う
>そもそも永倉が書いているだけ

というモノについて説明した場合のみとなる。


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 21:57:27 ID:H/e94odR0
更に付け加えると、>>265は史料を誤読している。
「長州人居ル趣」の意味を正しく理解していない。

「意味を教えろ!」と265は騒ぐかもしれないが、
教える必要はない。

275 :名無史さん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 22:12:09 ID:0+JHxBMR0
答えが出たようだな。
>>273−274乙。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 23:08:32 ID:e6r5CZ+r0
腐にしろヲタにしろ新選組スレはどこも揉めてばっかりだね

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 02:39:12 ID:pW5gad+PO
>>273 頭悪いな
>>265では
>>いづれにしても
って書いてんじゃんw
永倉の史料の信憑性云々に関わらず、拷問による信憑性は皆無って事
まぁ〜解らんよなw

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 02:57:34 ID:9oV2hrMM0
お前ら、これだけは言っとく・・
大事なのは今だ。
今の俺たち日本人には何ができるかだ。
【在日や韓国人の日本強奪計画を阻止せよ!】外国人参政権に反対する主なる理由

以下この法案の主な問題点を挙げます。

・参政権とは国政や地方を問わず「国民固有の権利」であり、この法案は明らかに憲法十五条に違反している。
・日本国民は民主国家日本と運命を共にせざるを得ないが、外国籍の者は日本と運命を共にする義務は無い。彼らが本国に帰る事は自由である。
・参政権は人権問題ではない。外国人は本国の参政権を持っているはず。無いのなら、それは彼らの本国の怠慢でしかない。
・永住外国人とは、特別永住資格を与えられた韓国・朝鮮籍の方々が殆どを占める。彼らが本国からの干渉を全く受けない、とは言えない。これは内政干渉とも考えられる。
・この法案を提出しているのは公明党の議員である。公明党とは、ほぼ創価学会員で構成されており、支持母体は創価学会。公明党がこの法案に熱心なのは、創価学会が韓国での布教を有利にする為であるとも言われている。
 (金大中元韓国大統領と池田大作SGI名誉会長の間の取り決め)
・この法案に賛成してる政党は、票田を獲得する為に「国民固有の権利」を売ろうとしているのは明らか。民主党は韓国民潭との繋がりを強めている。創価学会の信者には在日朝鮮・韓国人も多い。
・この法案に賛成してる議員は、個人的な贖罪意識の為に「国民固有の権利」を売ろうとしているように見える。
・友好を言うのなら、相互主義でなければならない。
・日本は他国とEUのような強力な結び付きのある同盟関係が有るわけではない。外国人の参政権を認めているのは、EUのような一つの国を目指している国々や、経済的繋がりが強力な北米圏のような特殊な国々のみ。
・この法案が成立した場合の将来、永住外国人が人権を盾に、被選挙権と国政参政権を求めた場合はどう対処するのか説明が無い。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:02:54 ID:pW5gad+PO
>>272-273 何を訳の解らん事言ってんだw
二手云々は裏付けが皆無だから信憑性が無いって散々言われてたじゃんw
信憑性があるなら、とっとと裏付ける史料出せよw
>>265はそれとは別の話し。てか二手云々を言ってた奴とは別人だしw
>>274 いくら脳内解釈を垂れ流しても無意味w
そんな事で同意するの馬鹿は、このスレの低脳ヲタだけw
なにかってとソース出せと悪魔の証明を求めるくせに、逆に突っ込まれそうなアホ発言では教える必要は無いと逃げ口上一点張りw
言った者勝ちみたいだなw

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:26:53 ID:9oV2hrMM0
今、日本にいる在日朝鮮人のほとんどは「強制連行」された人やその子孫ではない。
 (在日本大韓民国青年会等の韓国人自身による調査により明らか)
 彼らのほとんどは、経済的理由などにより彼ら自身の意思でやってきた。
 従ってこれを理由に地方参政権ぐらいなら与えてあげてもいいということにはならない。
※ 朝鮮人が言う「強制連行」とは、戦争中に日本本土、台湾、朝鮮半島など、当時の日本国
 全土で実施された「徴兵」「徴用」のこと。
 特に朝鮮人に差別的に行われたわけでもなく、朝鮮人の徴用が行なわれた期間は昭和19年9月から関釜連絡船の閉鎖された昭和20年3月までの6ヶ月間に過ぎない。
 これを「強制連行」と呼ぶのは明らかに不当で歪曲も甚だしい。
 また徴兵・徴用で日本に来た朝鮮人たちには、帰国船が用意され、
 ほとんどが帰国済み。それで帰国しなかった人たちも、戦後60年の間ずっと
 帰国する機会はあったが、自分の意志で居残った。
 それが今の在日朝鮮人だ。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:42:07 ID:9oV2hrMM0
もちろん外国には認めている国もある。
それらの国は、特定の国に対して相互的に認めている。
また認めている国にも、国家統合を目指しているEU諸国など、それぞれの国内事情
があり、日本と比較することはできない。
なお、日本に対し参政権を求めている在日韓国人の母国である韓国では2005年7月に
在韓永住外国人の地方選挙権が認めらたが、
日本に永住する在日韓国人は50万人以上なのに対し、韓国でその対象に
なる在韓日本人はわずか10数人であり(H16年度)、相互主義が成立する条件にはない。
●韓国の永住資格を持つ在韓日本人は59人(H16年度)だが、その中で実際に
韓国の地方選挙権を付与される人数はさらに少なく、わずか10数人程度。


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:49:55 ID:9oV2hrMM0
国政参政権はともかく、地方参政権だけならいいのでは?
●国防などで大切な役割を占め、時としてその決定を左右する地方選挙権を与えると、
外国人の多い自治体では日本人より外国人を重視する政策を行う首長が誕生する可能性がある。
また教育や福祉、条例制定に関わり、日本人以外に都合のよい自治体となる可能性がある。
さらに、国会議員は選挙時の支援を地方議員に頼る部分が多く、地方議員1人1人
の考えが国会議員の考えや政策にも影響を及ぼすのは明らか。
もし地方議会だけであっても外国人に参政権が付与されてしまうと、地方議員は
外国人の票を気にするようになり、その地方議員の支援を受ける国会議員も、
立場上、外国人に対してはっきりものが言えなくなり国政にまで影響される。
よって『地方参政権だけだったら付与してもいいだろう』とは言えない。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 04:00:05 ID:9oV2hrMM0
【韓流捏造ブームの背景にある恐ろしい狙い】
 ・韓国を美化・賛美してノンポリお花畑日本人をまず洗脳
 ・中国の反日(これも問題だが)を大々的に報道して韓国賛美に利用
 ・日韓交流や友好を名目に韓国人観光客ビザ免除の推進
 ・在日参政権付与の推進(もちろん日本人にはひた隠し)

ここで深刻なのは在日参政権です。
 (特に対馬が危ない。人口4千人のこの島は常に韓国に狙われています。もう既に対馬は
 歴史的に韓国領土という捏造論文を発表したり、韓国領をアピールする為に「対馬の日」まで制定しています。
  ●最悪な例 :参政権獲得後→日本各地から在日が対馬に大量移住→媚韓派議員を大量選出
  →議会乗っ取り→対馬独立条例可決→対馬韓国領土化条例可決→日本政府と対立・・・)
要はこれらの下地つくりです。
外国人参政権が認められると、合法的に日本の過疎地域から一地域ごとに乗っ取る事が可能になってしまい、
そう遠くない将来、日本が旧ソ連やユーゴ、レバノンの様な内戦状態に陥る事だってあるかもしれません。
この法案は一度成立してしまったら二度と取り返しがつかなくなる可能性大です。

日本人はこれから、戦わないといけない相手がいっぱい出現して大変な時代になります。
今現在、これらを物凄い勢いで後押ししている日本国内の団体・・・
民潭、総連は言うに及ばず、公明党=創価学会、朝日やTBS・NHKなどの売国大マスコミなどなど・・・
 「推進派は地方参政権だけと主張していますが、日本の歴史で戦国時代に《大阪城の堀を埋めるだけ》という
  徳川方の言葉を信じたばかりに、結局最後に滅んだ豊臣家を忘れてはいけません。歴史の教訓に学べです」

スイスが永世中立国を保つ為に自国民に配布している、国家防衛マニュアルの「民間防衛」には、
『敵の宣伝工作・敵国との情報戦においては、どんな事があっても戦うべし』と説いています。
コピペ、メール、はがき、デモ、なんでもいい、私たちはできる限りのことをしましょう。
↓工作員の書き込み例
  ∧_∧ 
 <=( ´∀`) 自分は嫌韓だけど、在日の地方参政権なら別にOKだな。
 (    )  だって税金払ってるんだし、差別はやばいよ。
 | | |  あと、この話題板違いじゃないか?
 〈_フ__フ

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 04:07:02 ID:9oV2hrMM0
「外国人参政権に反対する会」
ttp://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 15:32:34 ID:qRKQwRZpO
鬼畜美人な伊東さんにめちゃくちゃに犯られる受け子のトシきぼんぬ

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 20:46:31 ID:zjmkZCdU0
追い込まれた粘着アンチの常套手段が始まったね

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 15:15:23 ID:dA4p01v8O
斎藤さんは受け寄りのリバ

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 19:34:32 ID:KYQJj+dIO
逆だろw
アンチのふりしてヲタが荒らしてんだろ

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 09:35:28 ID:NyEQ7e2l0
で、二手に分かれて池田屋探索って話しが永倉の記録にも無いとするなら、
この説の出所ってどこ?。司馬遼太郎の小説かな?
どっちにしても、二手に分かれたのはウソって事だよな。
どの史料にも出てこないって事は。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 09:39:33 ID:WHHwkP7nO
島田 魁

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 21:39:58 ID:BUcB1dMoO
永倉×島田はどう?よくね?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 22:40:39 ID:0Pg+B6Mt0
>>289
>二手に分かれて池田屋探索って話しが永倉の記録にも無いとするなら

>>225は「永倉が書いている」と>>224にレスしているぞ。
225にその「永倉が書いている」史料の名前を教えてもらえば?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 00:32:24 ID:7fwp/QBg0
>>292
その永倉が言っている事には信憑性がないわけだが。なにか?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 00:42:53 ID:HIP+Bxxl0
>>293
信憑性があるか無いかの話を>>289はしてるわけじゃないだろ。
永倉の記録に該当する記述があるのか?無いのか?もし無いなら…って話を
してるんだろ。
永倉の記録に信憑性があろうが無かろうが、永倉の記録に該当記述が
ある・無しが論点なんだよ。
>>225は「永倉が書いている」と>>224にレスしているのだから、
225は該当記述のある永倉の書いたものを知ってるってことだろ。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 05:56:41 ID:8klIjm9C0
何故永倉の記述に信憑性が無いと言えるんだろう…

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 09:50:42 ID:r20Ux/pk0
>>294
必死に争点を「永倉の記録に該当する記述があるのか?無いのか?」にズラして勝ち誇りたい気持ちはわかるけど、
本来の争点は「池田屋の時に新撰組が二手に分かれ、池田屋と四国屋に向かったのは本当かどうか」だよ。
それを示す史料の存在と信憑性の有無を話ししているんだが?。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 09:54:13 ID:r20Ux/pk0
でもあれだなw
ずっと見ていたのだけれど、誰も永倉の記録以外の史料を出さないのなw。
なんで?
新撰組が二手に別れていた事は、近藤勇が故郷に送った書簡にある事で事実ですが、誰もそういった史料の存在を知らないって事?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 19:54:27 ID:8uR41pchO
近藤×永倉に萌えるあたしはマイナー・・・・

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 21:50:19 ID:TQmQr29dO
>>296
「永倉の記録に該当する記述があるのか?無いのか?」が争点だと、
どうして>>294が勝ち誇ることになるのか?
それがわからない・・・

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 22:25:55 ID:dgWsLLfo0
>>299
一通り最初から読めばわかるよ
ネタの大元ってこいつらだろ>>223-224
史料があるとかないとかって話しは>>228からだし
勝ち誇るという部分は漏れの煽りだから気にするなw

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 22:42:46 ID:HIP+Bxxl0
>>296=>>300
争点をズラしているのは君だろう?
せっかく「永倉が書いている」と教えてくれている人(>>225)がいる
というのに、なんでその史料名を教えてもらおうとしない?

>ネタの大元ってこいつらだろ>>223-224

その大元の>>224を補足しているのが>>225なんだぞ。
224と225を切り離して考えようとする事自体が奇妙だ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 23:44:21 ID:ukXhB9SQ0
>>300
>>210に対して>>223のレスがあるわけで・・・

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 08:32:02 ID:dt7kCHff0
池田屋事件について
@山崎は池田屋には潜入していない。
西村兼文の壬生浪士始末記には山崎が潜入していたと記されているが、
事件後に隊士一同へ与えられた報酬金の一覧表には、肝心の山崎の名前がない。

A土方隊は鴨川東の縄手方面へ向かっていた。
近藤が事件直後に書いた手紙「右徒党の者、三条小橋、縄手、二箇所にたむろいたしおり候ところ・・・」
とある。



304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 08:39:39 ID:dt7kCHff0
ちなみにだ。
永倉が書いた文献と、島田が書いた文献では多少食い違うところはある。
日記のように毎日書いていたわけではなく、後々思い出しながら語った物だからな。
特に永倉の場合、何度も何度も同じ事を聞かれて、どんどん話がかわってきた
(記憶の間違いに気付いたのか、話が大きくなってしまったのかはしらんが)
という傾向はあるようだ。
所詮記憶なんてそんなもの。


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 17:45:59 ID:TTJxY3zyO
>>303 使い走り

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 22:28:10 ID:7BWKIRGI0
>>304
>特に永倉の場合、何度も何度も同じ事を聞かれて、どんどん話がかわってきた
>(記憶の間違いに気付いたのか、話が大きくなってしまったのかはしらんが)
>という傾向はあるようだ。

その「文献」は、>>265が言う「永倉の史料」とは別の史料だけれど、
西村兼文の壬生浪士始末記と酷似している部分が散見されるので
壬生浪士始末記を元ネタにしたのではないか?、という噂があるな。

一方で、西村兼文の壬生浪士始末記よりも>>304の言う「文献」の方が
史料として使える、と言っている研究者もいる。


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 12:37:51 ID://xAazA70
そもそも歴史というものは、いろんな文献やら史料やらからの推測に過ぎない。
もしかしたら、当時からメルヘンな香具師もいて、メルヘンなもん書いてたら、たまたまソレが現代では教科書に書かれてしまってるかもしれないわけだ。
沖田が美男子だったってのも、『はぐれ刑事純情派』で課長役の俳優(名前忘れた。)が沖田役を演じた時、あまりにもハマリ役で尚且つ華奢な美男子だったから
そんなイメージがついてしまっただけなわけだし。




308 :名無史さん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 23:23:55 ID:Dd1H2GFd0
少なくとも沖田に美形という評価がなかったのはみんな知ってるだろ……

西村は西本願寺関係者だが、実際に隊士とそんなに付き合いはなかったのか
事実誤認が多く、ソースの多くは風聞だろうと言われている。
明治になってホラ吹きになった知人の、ちょっとましな部類。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 22:57:08 ID:akD0RzBY0
小説が映画化ドラマ化されると、
原作のみではバラバラだった主人公像が、
放映後は演じた役者に固まるのと同じですね。
致し方ないのかもしれないけど……。
舞姫然り、三蔵然り、時をかける少女然り……。
特に時代劇はなまじっか、名前を教科書で知っているだけに、
いちど名前と映像の役者が繋がってしまうと抜け出しにくいかも。

310 :日本@名無史さん:2006/08/03(木) 21:06:49 ID:j10ZVHrjO
沖田は写真が残ってないことが大きい。
加えて夭折した天才剣士となれば、そういう役どころにもなりますわな。


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 18:53:18 ID:EwWhyW6+0
風聞では色黒のヒラメだって言われてるよね。>沖田
ヒラメって一体どういう顔だw

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 16:27:26 ID:u1xujfXd0
>>3がいいこと言った

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 17:52:00 ID:H+LHAaXi0
新撰組ヲタは気持ち悪すぎる

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 20:45:18 ID:4KKiinR80
山崎蒸どころか、山南敬助程の大物が池田屋で報償金をもらってないのが気になる。
彼は一体何をしてたのでしょう?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 01:01:49 ID:yJyGPvOr0
ラーメン喰ってた

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 13:41:04 ID:ym+Tks7t0
>>314
山南は病で床に伏せていたという説がある。
切腹はせず鬱病のようなものになって自害してしまったため総長をこんな形で失った無念さに
永倉たちが「立派な切腹をした」と書いたという話を本で読んだ。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 14:52:16 ID:8d681ZwhO
316は315と同じくらい根拠のない話だなw

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 03:32:35 ID:RdQV41mpO
>>317
新選組に関する本を読みあされ。
書いてあるわ!

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 03:38:10 ID:RdQV41mpO
ところで教えてほしいんだが大石鍬次郎の兄弟に造酒蔵って奴がいたよね?

今井と大石の話しでは造酒蔵は兄になってるけど記録上では実は弟らしいんだが、その記録ってどの記録か教えてほしい。
出来たら弟とのってる本があったらそれも

ん?日本語おかしい

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 13:27:06 ID:z4sn08uHO
>>318-319
319のことも知らないお前に「本を読みあされ」とは
言われたくないねw
その言葉をそっくりお返しするよ。
それに、そこまで言うのなら>>316の根拠を書けよ。
山南が池田屋事件の恩賞をもらえなかった理由が、病で
伏せていた為だという説の根拠をな!
山南は元治元年二月上旬、病に臥していたとの記録が
あるが、池田屋事件が起きた六月上旬まで臥していた
とする根拠を出せよ。
根拠も無く、研究家が憶測で言っているに過ぎないことは
「〜〜説」とは言わないからな。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:44:34 ID:4tJFIDem0
>>320
○池田屋事件時には体調が思わしくなく、出動しなかったという。

○池田屋事件の少し前頃から、健康を害し、病に伏せていた。
当然池田屋事件には参加せず、留守番だった。体調が思わしくないことや精神的な鬱々から、ややノイローゼ気味になっていたのかもしれない。

○山南は池田屋事件にも参加していない。屯所の留守を預かっていたのか。
しかし、その後恩賞にもあずかっていないし、近藤の手紙にもまったく出てこない。
当時折悪しく病人が多かったというが、そのうちの一人か。

との事だ。あと>>318に関しては少々言葉が荒すぎた。すまん。謝る

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:53:39 ID:4tJFIDem0
そして一つ気づいたことがある。
体調が悪いと>>321では書いたんだが実際、分からないとされている。
この病というのは池田屋事件の「病人多数」の中の病であるという説もあるが岩木升屋事件の時の負傷という説も・・・
当時は負傷も病とされていたらしい。だから負傷であったかもしれないというのも一つの説になる。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:04:57 ID:4tJFIDem0
●大内美予子「山南敬助」(『新選組隊士列伝』)、●菊地明「西本願寺と山南敬助の死」(『沖田総司の謎』)
●鈴木亨「山南敬助−謎につつまれた脱走幹部」(『新選組100話』)、●石田孝喜「山南敬助−脱走した新選組総長の切腹」(『新選組隊士秘話』)
●伊東成郎「山南敬助−憂鬱なる浪士狩りの戦士」(『血誠新撰組』)
●菊地明「山南敬助」、「山南敬助の脱走」、「山南敬助の切腹」(『新選組101の謎』)、●山村竜也「山南敬助−北斗の剣」(『新選組剣客伝』)、●新宮正春「山南敬助−脱盟」(『土方歳三−熱情の士道、冷徹の剣』)

とりあえず山南に関しての本をうP

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 00:56:38 ID:aRpuBcTM0
ID:4tJFIDem0、おまえは本質的に根拠の意味がわかってない。
俺が書いた
>山南は元治元年二月上旬、病に臥していたとの記録がある(>>320)
という一文の中にある記録というのは、『旅硯九重日記』のことで、
俺はこの同時代史料を根拠として上の一文を書いたわけだ。
この『旅硯九重日記』に書かれた内容に類する史料が他に存在しないので、
『旅硯九重日記』の史料批判は不可能だが、一応この『旅硯九重日記』
に書かれたことが本当ならば、元治元年二月上旬に山南が病だったのは
事実ということだ。これを「史実」という。ちゃんとした根拠があるからな!

しかし、おまえが>>320に書き連ねたことは、
>恩賞にもあずかっていないし、近藤の手紙にもまったく出てこない。
>当時折悪しく病人が多かった
という部分以外は、全て根拠が無い!
つまり、おまえは俺が書いた要求(>>320)に全く答えてないということだ。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 01:04:00 ID:aRpuBcTM0
ついでに言っておこう。

いくら本を読んだところで、史料に裏付けられた史実と、
世に広まっている通説と、研究家の推理・推測・憶測・妄想の
三種の区別がつかない人間は、却って誤解を流布する役目を担うってことを。

史料に裏付けされた史実には、史料批判されて史実認定されたものと、
史料批判ぬきで史実認定されたものがある。
世に広まっている通説には、口伝や聞き書きを根拠とするものと、
小説家や研究家による創作や情報攪乱がある。
研究家の推理・推測・憶測・妄想には、史料や通説から推察したものと、
単なる思い付きがある。
全部、区別して考えることだな。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:17:14 ID:K5oYJpeqO
それじゃあ何も言えなくなるよ。
根拠はない。

だが近藤が手紙(だっけな?)で病人多いと言ってるのは史実。
脱走者を偽ってると言われてるし、病人がマジでいたとも言われてる…

あ、言われてると言う時点で根拠はないか(汗)


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:19:24 ID:K5oYJpeqO
つまりが証拠がないわけ。
しかしこれじゃあ何も考えられなくなるんじゃないか?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 22:19:54 ID:aRpuBcTM0
だから、>>325を読めよ。
それともおまえは「区別がつかない人間」なのか?

考えるのは自由だ。書くのも自由だ。しかし、書き方が問題なんだよ。
根拠がない推察や憶測を「〜〜説」と書くのは間違っているということ。
そのことを理解出来ない人間が安易に色々書くと、結果的に無用な
誤解を世間にバラ撒くだけだということだ。
それは、一種の故人に対する冒涜なんだよ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 23:11:50 ID:zQ/PhUe70
阿部十郎の証言では、斎藤一は女の為に御陵衛士から五十両持ち逃げして
帰るに帰れず新選組に寝返ったとあるが・・・
維新後までそう信じて疑わせなかった斎藤のスパイ能力高杉。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 01:50:03 ID:Ac5X9j3K0
そんな証言ねーだろww

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:16:14 ID:/qxZXnZU0
99/10/12(火) 12:53:59
ついに、出たそうです。
土方歳三の、男色にまつわる動かぬ証拠が。
おそらく来春くらいに、それを見つけた先生がご自身で発表されると思うので、それまで、私が詳細を述べることは控えます。
もっとも、私も、関連人物名とおおざっぱな成り行きを伺っただけで、「詳細」までは知らないのですが(笑)
いずれにせよ、発見した先生の権利を尊重し、先生ご自身でこの話を公開されるまでは、私は沈黙を守りたいと思います。

しかし、出たかぁ。やっぱり……。
今だから言うけど、土方さんにそういう匂いはあったんですよ。マジで。
でも「物証」がなかった。だから、喉まで出かかっていたことも、ずっと飲み込んできた。
我慢してきたんです。
まぁ、これからは、堂々と言えるのはいいんですけど、しかし相手がなぁ……(^^;)。
今まで、出なかった人なだけに……。ふむぅ(笑)残念(笑)

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:54:37 ID:Dt7cfk7O0
新撰組の中で男色で名高い人は誰ですか?

333 :いばはちろ〜:2006/10/31(火) 20:50:52 ID:nzPy+/msO
(`∀´)いばはちろ〜があ・や・し・い・わ。
しんせんぐみのひとたちは春画とかいっぱいもってたかもね。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 10:12:07 ID:7A5ABSLF0
Shinsengumi Festival 2006
http://www.youtube.com/watch?v=euVJpHLjdq8

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 02:41:11 ID:wzn5dato0
>>8
お前の人生そのものが「戯れ言」にならないようにね。
今の世の中のどこが「平和」なんだか。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:55:24 ID:ijIJE6zpO
京都の土産屋で新撰組のマグカップ二個買いました!
一個目のマグカップには新撰組と書かれてます。

二個目のマグカップには新選組と書かれてます。

どちらも正しい名前で?
新撰組が正しいなら新選組は偽物で??


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 19:10:38 ID:1LNFhR2b0
>>336
気にするな。
両方とも正しい。
幕末当時は、感じを当て字にする事も多い。
山南敬介の「山南」は「やまなみ」と読むが、
古文書の中に「三南」と書かれたものもある。
一部の研究家は、これを根拠に「やまなみ」ではなく「さんなん」が正しいと叫ぶ者がいるが、
アフォらしい論議だ。山南を音読みだと「さんなん」。
これを当て字にしたのが「三南」だ。
あえて音読みで書くのは、相手に対して敬意を払っている証拠。
それだけ
「慶喜」を「よしのぶ」と書くと失礼なので、
あえて「けいき」と書くのと同じ。
当時の人たちは「発音」を重視している。
新撰組も新選組も同じ。発音では「しんせんぐみ」だから両方正しい。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 00:40:03 ID:NRlx2EKoO
取調日記見たけどやっぱり10個小隊編成ではなく小荷駄方含めて9個小隊編成だったとは。


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 01:32:38 ID:xCwvemqh0
歴史の上では無視していい程度の存在だろ。
京都の人間からすれば、このゴロツキどもは
むしろ京都の治安を乱しただけ。
ひたすら迷惑。
ついでにいうと、新選組ヲタも迷惑だから
京都に来るな。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 14:23:37 ID:bWTqTQ7n0
近藤×土方は永遠のスタンダード

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 17:26:33 ID:5PQxjL9b0
すっごく今更だけど、新撰組は近代でいいのかな?

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 17:33:22 ID:Q5wCrRonO
日本史板から追放されたからな

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 00:17:11 ID:lzl9oxsQ0
もともと、会津新撰組厨房が地域差別・人種差別を重ねたために、
薩長と一緒に日本史板から追放されて、この板が誕生したのだ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:04:56 ID:oEWtXy8v0
Wikipediaで土方歳三と検索したら、
【隊内の気を置ける仲間には、「自分は、信長の生まれ変わりだろう。」と言ったことがある。】て
書いてあったんだけどコレ本当?


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:15:22 ID:vBKllSdQO
>>344
鬼の土方 仏の近藤

土方キティ

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:18:09 ID:vBKllSdQO
>>343
戊辰戦争

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:01:01 ID:TvWeJuko0
沖田総司終焉の地
ttp://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F40%2F45.013&lon=139%2F43%2F5.873&layer=1&sc=2&mode=map&size=s&pointer=on&p=&CE.x=404&CE.y=172


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:48:11 ID:NogTZYUi0
近藤とウホッだったとウィキに書けばいいのにw

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 01:11:15 ID:goK5ZryVO
>>345土方とビリー・ザ・キッド思考が似てる。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 10:59:08 ID:MEQaWEnG0
>>338
それは伊藤哲也の妄想
彼は続新撰組史料集に「取調日記」を掲載せず、自分の論文を掲載したという過ちを犯した。
そして自分の結論を証明付ける為の参考として部隊編成部分のみ抜粋して掲載していた。
論文は論文で、事実と証明された事柄ではないので信じない方がいい。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 07:27:55 ID:Z7m0wY5TO
実際あの時代生きてたら新撰組入ってたな。負けたから悪者勝ったから良者じゃないんじゃない?みんながみんな日本の事考えていたいい時代だったと思うが

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 09:02:13 ID:dL6P2uNJ0
>>351
日本のことを真剣に考えていたら「よい人」ということなら、
日独伊三国同盟を推進した松岡洋右は、一番良質な日本人ということになります。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 09:35:35 ID:a+DAJDVg0
>>352
もともと東北人たち昭和軍閥がはじめた日中戦争がなけりゃ、日独伊三国同盟することはなかったのになw
東北人たちの大陸侵略政策こそが諸悪の根源であり、憎むべきは東条英樹ら東北人ということだなw

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 12:23:21 ID:ZCD2nBEY0
新撰組の連中は組長以下「日本」のことなんか全然考えてねーよ。
せいぜい「幕府」。
正確には「自分自身のちんけな忠義」
殺しまくった相手も「日本の敵」じゃなくて「幕府の敵」というか単なる「新撰組の敵」だけ。
お前みたいな新撰組みたいなのに踊らされる連中が一番の社会の敵だよ。


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 12:50:30 ID:Paj0mK0s0
>>351
新撰組に必要なのは組織の仕事に限定された範囲内で責務を全う出来る奴。
余計なことまで考えて下手して行動でもしたら即行粛正の対象だぞ。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 13:35:34 ID:1bBPFGwZ0
>>354
ほぼ同意だけど、まだ新選組をほめすぎだ。

新選組なんざゴロツキの集団にすぎないんだから
時代認識も国家認識もほぼ無いよ。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 14:56:37 ID:06J6FiFZ0
>>354
まさに戦前の軍部や外務官僚と同じだなw

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 16:54:49 ID:QuLgnVzDO
>>354 忠義なんかないよw
保身の為であり出世の為だよ
大政奉還で形勢逆転したら逃走者が沢山出たしw

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 20:02:10 ID:jhvtyZI1O
新撰組最高

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 22:34:11 ID:psMvH9B50
>>359
こら!このスレはアンチ専用だぞ!

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 09:27:15 ID:fDl82kMeO
そうだ!ヲタはヤオイ板に消えろ!

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:04:52 ID:IGqQnvPR0
>>356
江戸時代は、武士も、ゴロツキだろ。

江戸時代の武士は悪質。
自分の家が卑賤上がりだからって、系図捏造するときに、
その辺の名家の系図抹消を行ってから、その系図に自分の名前を
連ねるとかを強権でやってるし。

豊臣恩顧の武将の福島正則は、桶屋の息子。w

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:25:01 ID:jLyHeiZaO
新撰組万歳!

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 21:11:00 ID:GqVIMKmZ0
新選組やおいを馬鹿にしてはいけない。
漏れも初めは馬鹿じゃねえの?きんもーっ☆と思っていたが、
史実ベースの土方受けはかなり萌えるぞ。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:05:19 ID:zBk005CJ0
↑「萌える」を基準にした話をしている時点で板違いなんだよw


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 00:46:01 ID:gVo1knPFO
新撰組とやおいは切り離せません

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:26:47 ID:f+Ra/LsN0
質問してもよろしいでしょうか?
福地源一郎と新撰組・・・というか試衛館というのはどういった関係だったのでしょうか?
福地は幕府の通訳、そして外交官ですが、
どういった縁で、試衛館、近藤や土方の人柄、容姿についての証言を残すことになったのでしょう?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 02:15:44 ID:AjJ1dq610
福地はホラ吹き

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 10:35:04 ID:/02PnNP50
新撰組は問答無用で人を殺すただの殺人集団。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 03:27:16 ID:IHJre2PiO
新撰組は人を萌え殺させる殺人集団です

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:14:03 ID:BHSheBpMO
新撰組って時代の流れを読み取れないアホの集団でしょ?
だからこそ人気があるのかもしれんが

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 05:40:41 ID:zXptZr2D0
実録・新撰組

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 16:55:50 ID:ov08JrQIO
おすすめの同人本なんかある?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 17:02:54 ID:3BHgflTM0
>>371
時代の流れってなに?
同時代人は、圧倒的大多数が攘夷が本当に可能だと信じていたバカばっかりじゃん
だからみんな薩長にうまく丸め込まれてさぁ

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 02:32:02 ID:5Ty4tH5/0
本スレってここか??

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)