5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★張作霖爆殺事件について

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/28(月) 20:42:47 ID:bYl3gJwB0
これは、衝撃的な内容である。最近出版された、ユン・チアン&ジョン・ハリディ=著、
『マオ 誰も知らなかった毛沢東(上)』、土屋京子=訳、
講談社、2005年の301pから引用しよう。

「★張作霖爆殺は一般的には日本軍が実行したとされているが、
ソ連情報機関の資料から最近明らかになったところによると、
実際にはスターリンの命令にもとづいてナウム・エイティンゴン
(のちにトロツキー暗殺に関与した人物)が計画し、日本軍の
仕業に見せかけたものだという」。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 22:45:31 ID:jIzWpOlu0
やっぱりな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 23:43:04 ID:Ni044FPMO
満州某重大事件

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 23:55:52 ID:FlvTIa5Q0
マン臭某重大事件

・・・・・・何だか匂うなw

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 05:34:26 ID:HzmHOmv3O
>>1
違うよ!
だって俺が…

6 :日本@名無史さん:2005/12/02(金) 17:58:28 ID:icqK20Qp0
河本は無罪!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 18:53:28 ID:jPgYpr9Q0
>>1

之でこの本の信憑性が一気に薄れたな、マジで。
こんな事本気で主張したら電波扱いされるぞ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/03(土) 22:51:46 ID:IpCeDHHB0
test

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 10:52:50 ID:65UsRHnc0

アホ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 20:54:26 ID:xWJrTdsw0
結局はロシアの仕業だって

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 19:29:50 ID:8NpBWhwd0
そうらしいね

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 20:51:07 ID:OkQLxJ9pO
俺は右シンパだけど、この説はないだろ? 河本さんだって爆殺を実行したの誇りに思ってたろうし。いくらなんでもこれはな…

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 19:03:26 ID:pEhDDz8D0
河本さん…(´・ω・`)オレガンバッタノニナ…

14 :憂国の士:2005/12/16(金) 21:25:10 ID:fxEDMDJp0
グーグルで検索すると、張作霖爆殺事件は、全てどれも関東軍の仕業であり、計画:関東軍参謀河本大作大佐、実行:独立守備隊東宮鉄男大尉他となっている。彼等はソ連の影響下にあったということか?
当時の日本軍は、資本主義体制に反発し、共産主義に心酔する者たちが、多数いたとされており、日本の軍国主義を推進したのは、彼ら半分左翼的傾向を持った軍人と言われており、そのことを裏付けるものなのだろう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 22:03:40 ID:GFerbFPD0
知らない奴も多いようだが、板垣も石原も生前一度も柳条湖の鉄道爆破を
認めていない。むろん証拠も残していない。
石原の部下だったという奴が「石原がやった」と言ってるだけ。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 02:36:16 ID:P0lkwzaC0
そういや高校で習ったとき

ギイイイイバタン

張作霖爆殺 前編

とかいってコナンのまねして遊んでたな響きがそれっぽいとか言って。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 17:00:22 ID:t49/TQND0
東京裁判でこれが明らかになったとき、国民は開いた口がふさがらなかったんだよね。
田中隆吉が暴露したんだけど、反論できなかったんだからしょうがない。

南京事件では後々人数の件であれこれ「あったなかった」論争が騒がしいけど、
この件に関してなかったってのはちょっとなあ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 19:32:20 ID:JZEaW6MP0
田中隆吉も満州事変を推進したのは板垣らであるとは証言したが
細部の実行者、計画者までは明らかにしていない。真相を暴露したのは
当時、奉天特務機関の花谷正少佐(後、中将)。彼は昭和31年、雑誌に
「満州事変はこうして計画された」という回想を発表したので全貌が明らかになった
もちろん、石原は酒田の特別法廷でもばっくれたまま通した

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 23:39:28 ID:U795l1a+O
花谷が嘘ついてたら?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 23:39:56 ID:t49/TQND0
田中もそうなのかw

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 04:42:14 ID:a2Z2+YOL0
今の中共見りゃわかるじゃん。
毒ガス弾が爆発しただの、南京で数十万殺しただの、捏造し放題じゃねーか。
この事件だって中共コミンテルンの自演に決まってんだろ?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 05:09:21 ID:lGyJJXM90
>>21
もちつけw>>1に「スターリンの命令にもとづいて」と書いてあるだろw

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 08:15:30 ID:R9yVGVZn0
鼻谷が何の必要あってウソつかなあかんのか?
日本独立後の発表だから誰にはばかることもない。責任者と思われる
人間も死んでおり迷惑かけることもない。あとは自分の恥部(加担したという)だけだが

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 08:32:34 ID:frdsHgDLO
張作霖爆殺事件と満州事変の区別もつかない馬鹿がいるのか。
ゆとり教育とは素晴らしいな。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 13:09:56 ID:rYDEnwImO
ついてないのは24だけ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 13:15:55 ID:hwqxXI8R0
良いニダ。もっともっと奇っ怪な説を提示して、ウヨクの名を貶めるがいいニダ。
やれーやれー

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 20:15:14 ID:Lq7m2wSb0
>>24
「ゆとり教育」は日教組が押し付けた反日工作だから「日本人痴呆化計画」って本国では呼ばれてそう。
「援助」は「侵略」と呼びかえるし、「売春婦」は「従軍慰安婦」だもの、日本人は騙されやすすぎ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 21:50:20 ID:hwqxXI8R0
昨日のTV番組で、小学生が「ゆとり教育は官僚達が階級社会を目指して行った陰謀」なんて
言っていたな。少なくとも >>27 よりは世間が分かっている。小学生に負けて居るぞ>>27

今更、日教組が何の力あるんだ?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 21:54:28 ID:ZdeIcOyj0
ゆとり教育の源流は中曽根臨教審

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 22:25:07 ID:VzsyV2f50
張作霖爆殺事件については、日大の秦郁彦教授の『昭和史の謎を追う』上(文春文庫に
比較的コンパクトにまとめられている。その他に、大江志乃夫教授の『張作霖爆殺』(中公新書)がある。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 08:14:42 ID:hw9C212m0
また、柳条湖(満州事変の発端)に戻るが、花谷証言については秦郁彦の
関係者からの聞き取り調査でほぼ正確だったと証明されている。多くの関係者も
自らは進んで話すことは拒んだが、花谷証言については事実であると答えたという
証言者の主な人物は三谷清憲兵少佐(奉天分遣隊長)、川島正大尉など
爆薬は今田新太郎大尉が調達、川島大尉の指揮下に河本末守中尉が爆破を実行
このように全貌が知られていることが今ごろになって捏造などとは不可解な話

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 09:20:32 ID:kEvRfVF70
>>31
しかし、「証言」は事件後25年も経ってからだし石原自身が認めてない。
ホロコーストや南京虐殺が疑わしいというなら、こっちのほうがよほど
疑わしい。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 09:39:35 ID:hw9C212m0
石原が認めたら自身に訴追の危険が迫る。検事に真相いうわけがない

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 09:41:25 ID:kEvRfVF70
>>33
じゃあ、「昭和天皇独白録」も全部捏造決定だな。
天皇が世界征服の野望で太平洋戦争を起こしたなんて真相を言ったらw


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 09:48:12 ID:hw9C212m0
参考までに、花谷が手記を発表したのが1956(昭和31年)、秦教授が
三谷憲兵少佐から証言を得たのが1958(昭和33年)、川島大尉からは
1962(昭和37年)。そんなに経っていない。証言した人間が存命中に
でたらめな発表したら当人にも迷惑がかかるし、下手すりゃ裁判沙汰
秦自身がこの学会で生きていくのならのそんな無謀なことはできない

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 09:53:54 ID:hw9C212m0
昭和天皇が独白録の原案を例の外交官と共同でまとめたのは
まだ終戦間もないころ。天皇自身に訴追の危険があった。そのための
対策という意味が強い独白録は全てが真実とは言いがたい
一方、花谷、三谷、川島らの証言は、連合国からの訴追の心配もない
独立から4〜10年も経っている。今更わざわざウソを発表する意味は?

37 :36:2005/12/29(木) 10:02:52 ID:hw9C212m0
今更わざわざウソを発表する意味は?→意味はない

自由な立場で証言できるこの時期だからこそ真相が語られたとみるのが妥当

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 10:17:29 ID:kEvRfVF70
>>35
じゃあ、「昭和天皇独白録」も全部捏造決定だな。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 11:11:37 ID:sq57dKQs0
満州事変時の花谷のキチガイぶりは、既に1950年の岩波新書、森島守人「陰謀・暗殺・軍刀」で明らかにされているんだけどな

ちなみに、森島は当時奉天総領事館書記官

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 12:05:21 ID:kEvRfVF70
キチガイの証言に何ら信憑性はないな。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 12:42:16 ID:hw9C212m0
キチガイだからこそ自作自演の爆破なんぞ平気でできる、ともいえる
すでに出版されていた森島の著書で花谷は生存している中では首謀者の
一味と目されており、自分ひとりが世間の冷たい目に晒されるのに
耐えかねて真相ばらしたとも考えられる。彼一人なら作り話とも考えられるが
当時、現場あるいは近くにおった当事者が真実だと証言しているのに
当時満州に在籍どころか生まれてもいない人間がウソと決め付けるのも妙なハナシ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 12:53:36 ID:hw9C212m0
ビルマ戦線における55D花谷師団長の粗暴な振舞いは何かで読んだことあるが
秦教授によると、伝説の漢羽将軍とはこのような人物ではなかろうかと
思わせる豪快な将軍(花谷のこと)という評価。まことに見方は人様々

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 13:14:18 ID:kEvRfVF70
>>41
そんなのホロコーストだって南京大虐殺だって同じ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 13:33:46 ID:ys0Be22F0
>>36
独白独自の事実は少ないはずだが、ナニをもって「真実」とは「言い難い」のか?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 13:41:13 ID:gDvDraxA0
独白録は天皇免罪のための印象操作
史料価値は低い

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 13:46:43 ID:kEvRfVF70
天皇陛下自ら語った独白録でさえウソだらけなんだから、
花谷ごときの証言なんてw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 03:34:48 ID:N+kl+Vrx0
>>1は正しいのじゃないのかな?戦前河本の謀略なんぞ否定されたし
共産党オ得意の謀略戦術! 野坂をみろや。7月7日の謀略みろや。
奴ら平気で嘘つくの得意。リンチはするし、まぁ信じたいやつは
しんじろ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 08:43:48 ID:ZZKwzXAh0
日本人が謀略など行うわけがない。
張作霖爆殺が実はソ連の仕業なら、柳条湖だって日本の仕業である
わけがない。花谷とかいうのが法螺を吹いたんだろ。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 11:40:59 ID:x7GAIPYX0
張作霖爆殺と柳条湖がソ連・シナの仕業である事実が濃厚となった以上、
日本の教科書を至急書き換えさせる必要がある。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 13:52:52 ID:lU/Q8VRy0
>張作霖爆殺事件
中華民国陸海軍大元帥張作霖が関東軍高級参謀河本大作大佐の謀略により
爆殺された事件。1928年5月国民革命軍の北伐が北京に迫り,奉天軍の敗
色が濃厚となると,関東軍ではこの際武力を行使して張を下野させ,新
政権を樹立し,中国の東北(東三省,満州)を中国から独立させようと図り,
錦州方面へ出動する態勢をとった。しかし田中義一首相はなお張を利用する
方針をとり,張にたいし戦わずに満州に引き揚げるよう勧告する一方,
関東軍の武力行使に承認をあたえなかった。張は国民革命軍との抗戦を断
念し,6月3日京奉線の特別列車で北京を退去,奉天に向かった。関東軍の
河本は満州制圧の好機が去ることに焦慮し,張を謀殺して武力発動のきっ
かけを作ろうと画策した。河本の指示で,独立守備隊の東宮鉄男大尉が
指揮をとり,瀋陽駅のすこし手前で京奉線と交差する満鉄線の陸橋付近に
工兵隊の手で爆薬をしかけ,6月4日午前5時23分そこへさしかかった張の
特別列車を爆破した。東宮は雇い入れてあった中国人苦力2名を殺し,国
民革命軍の密書をもたせ,彼らの犯行であるように装った。張は重傷を負
って間もなく死亡,同乗の呉俊陞(黒竜江省督軍)も爆死した。河本は爆
破の混乱に乗じて武力衝突をひきおこすつもりであったが,斎藤恒関東軍参謀長
らは河本の計画を知らなかったため関東軍を出動させず,奉天軍側も挑発
にのらなかったので,河本の計画は不発に終わった。しかも父作霖のあと
をついだ張学良は,北伐を完了した待介石と和解し,同年末の東三省の
易幟により国民政府に合流した。日本国内では事件の真相は秘密とされた
が,翌29年1月,第56議会で野党の民政党が政府を追及し,〈満州某重大事件〉
として問題になった。田中首相ははじめ元老西園寺公望らの要求で真相を
公表するつもりであったが,陸軍の強い反対で関係者の行政処分にとどめ,
天皇から食言を叱責(しつせき)され,29年7月内閣総辞職した。事件の責任
がうやむやにされたことは,関東軍幕僚に満州事変の謀略を促す一因となった。         
江口 圭一
(C) 1998-2002 Hitachi Systems & Services, Ltd. All rights reserved.


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 17:40:24 ID:r07snQy40
狂人にマジレスW

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 17:41:07 ID:x7GAIPYX0
>>50
って信じられてたのがウソっぱちって今ごろになって判明したんだから、
歴史って面白いよな。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 18:39:26 ID:U3AIc7Av0
それで>>1の本の信憑性ってのはいかほどのものなの?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 21:48:56 ID:041pyK3o0
しっかし、単なる一冊の本にそう書いてあったからといって、すぐに信用する輩が
いるのは、いつの時代も同じか。。。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 22:52:27 ID:x7GAIPYX0
しっかし、単なる一人の下っ端がそう言ったからといって、すぐに信用する輩が
いるのは、いつの時代も同じか。。。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 23:10:17 ID:dVJhegjf0
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1136033052/
なんか楽しそうなスレ(年越しまでに1000超えるスレ)
レスするだけで結構です。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 23:57:21 ID:041pyK3o0
>>55
何か確かなソースあんの?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 00:05:22 ID:2fLshweh0
>>57
だから花谷が柳条湖事件は日本軍がやったと言ってるだけで、
石原も板垣も一度も認めてないって。


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 00:34:22 ID:SY345Dpo0
それって、「やってません」って明言したってこと?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 09:46:40 ID:qiXUPfjo0
>>58
あのさあ、張作霖爆殺の話をしてるんじゃないのか?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 10:02:09 ID:qiXUPfjo0
それはそうと、柳条湖事件は、何も花谷中将の証言だけではなく、
現代史家の秦郁彦博士が実際に爆破工作に携わった軍人からヒアリングも
実施している。花谷証言の正確性は確かめられているわけだが、
事件当時から日本軍の仕業という説があったのは言うまでもない。
中国軍が実施したとするには、まったくと言っていいほど証拠がない。
あっというまに現地が日本軍に攻略されてしまうなど、中国軍が計画したと
するにはお粗末すぎる。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 10:36:13 ID:2fLshweh0
>>61
というような確固たる認識が張作霖暗殺において覆されようとしているわけだが。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 12:01:53 ID:o+8Tr7ko0
張作霖爆殺事件は河本大作大佐が元凶であるが、河本が張作霖を殺害しようとして
いたのは昭和2年末頃からといわれ、これは河本の書簡で明らかとなっている。
張作霖爆殺事件は満州某重大事件として知られ、これも関東軍の仕業であろう
との風評が当時からあったのは周知。この事件の結果、日中関係は険悪化し、田中義一
首相は辞任するということとなる。
 この事件の後始末のため、情報ルートでいち早く事件の概要を知った小川平吉鉄道相
は大金を使って関係者の口封じに動く。しかしながら、外務省の調査委員会で事件の概要が
出そろい、また現地に派遣された峯憲兵司令官の調査により河本の謀略であることが判明した。
直接の爆弾点火者である桐原中尉を尋問し、証拠を固めた上で河本を調べたところ、河本が
全容を自供したものである。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 12:07:44 ID:2fLshweh0
>>63
じゃあ>>1ってどういうことよ。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 12:13:00 ID:o+8Tr7ko0
別にどうもこうもないだろう。単なる誤った情報ということに過ぎない。
ただそれだけの話。人の噂もなんとやらで、こんなデマはすぐに立ち消えになるだろう。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 12:46:19 ID:BkXc6n//0
アマゾンから今日マオ本が届いたが、
そんなデムパなことが書いてあるんだ。ショックじゃのう。

張爆殺は、河本自身が終戦直後から証言していて、
近代史専門の伊藤隆さん(いま政策大学院だっけ?)も
直接山西省太原で河本から聞いてるはずだから、
軍事史学会とかで会ったら聞いてみるといいよん。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 12:55:06 ID:SY345Dpo0
当時の日本人はこの謀略の噂すら知らずに、東京裁判で大ショックを受けたんだよね。
軍隊経験者以外は、日本の軍隊は清廉潔白とそれ以前は思っていたのだから…そのショックたるや。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 13:03:23 ID:R9wtZymI0
>人の噂もなんとやらで、こんなデマはすぐに立ち消えになるだろう。
絶対ない。
少なくとも隠蔽された真実として語り伝えられていくはず。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 13:11:28 ID:o+8Tr7ko0
はは(w
「真実」ならねえ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 13:27:43 ID:2fLshweh0
南京虐殺がまぼろしなら日本軍の謀略も当然まぼろしだろう。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 13:28:26 ID:2fLshweh0
火のないところに煙は立たず。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 13:43:05 ID:o+8Tr7ko0
まあ、少なくとも具体的な根拠が示されてからだろうなあ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 14:23:59 ID:BkXc6n//0
とりあえず、講談社HPから件の記述の参考文献のソースね。

Kolpakidi & Prokhorov 2000, vol. 1,pp.182-3(from GRU sources);
key role also played by Sorge's predecessor, Salnin. indirect confimation of this is a photograph of the Old Marshal's bombed train in vinarov's book (opposite p.337)captioned:'photograph by the author'.

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 14:54:30 ID:2fLshweh0
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/mao/Mao%20Notes%201.pdf
これだな。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 14:56:06 ID:BkXc6n//0
ゾルゲの後任のSalninって?
vinarov's bookってなんじゃらほいほい。

だれかロシア公文書館までいって、
GRUの文書コピーしてきてちょんまげ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 14:57:29 ID:BkXc6n//0
「後任」じゃなくて「前任」です。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 20:49:29 ID:2fLshweh0
http://yasai.2ch.net/army/kako/961/961083429.html
ちなみに,当方が現在読んでいる,「KGB衝撃の秘密工作」という本の中に,エイチンゴン
(リヒャルト・ゾルゲの上司)その他の,極東におけるソ連情報機関の活動について
書かれた部分があります

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 23:06:38 ID:2fLshweh0
エイティンゴンって Leonid Naum Eitingon?


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 23:30:36 ID:R9wtZymI0
何?知り合い?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 10:34:22 ID:EzqMM4ci0
トロツキーの暗殺を仕組んだ男だろ。張作霖暗殺にからんでいても不思議はない。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 13:50:19 ID:seeUpZMc0
自分のカキコに質問するのてどういう意味があるのだろう???

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 14:34:25 ID:h4hmxfdUO
↑勘違い

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 16:21:05 ID:IMhi0ofE0
張作霖爆殺で、最も利益を受けるはずだった日本。
逆になってしてしまったw

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 16:44:35 ID:EzqMM4ci0
で、問題はなぜソ連が張作霖を暗殺したかだ。
日本に責任をなすりつけたのはソ連の意図だったのか?
それともたまたまそうなってしまったのか?

トロツキー暗殺についても当初いろいろな説があったな。



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 18:03:13 ID:Og6/Jks70
天皇は
「張作霖がいかような者であろうとも(馬賊の出身)、現在は東三省
(満州)の支配者ではないか。それを陸軍が手を下して暗殺するのは、
はなはだよろしくない」

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 18:17:27 ID:h4hmxfdUO
どうやって天皇にそう信じ込ませたのか?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 18:33:41 ID:dfVkyQ6x0
牧野からあがった情報だろうから、外務省情報になるのか。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 19:25:59 ID:EzqMM4ci0
俺は以前から張作霖の列車に日本人武官が乗っていたことに疑問を持っていた。
いくらなんでも、あの時点では張作霖を暗殺したいならほかにやりようがあるだろう。

http://homepage3.nifty.com/hongo/newpage4.htm
張作霖の軍事顧問として有名なのは張爆殺事件のときに張と同じ列車に乗り合わせて
負傷した町野武馬大佐(陸士10期)だが、このときは既に予備役でいわば張の私設顧問
のような形である。また、町野大佐は塘沽で同列車を下車しており、爆殺現場まで同列車
に同乗し、実際に負傷した日本軍顧問は現役の儀我少佐だったという説もある。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 22:01:16 ID:EzqMM4ci0
http://66.102.7.104/search?q=cache:ahoiPr5TQLIJ:www2.025.ne.jp/~sosi/cgi/bbs/light.cgi%3Fpage%3D320+%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%80%80%E6%9A%97%E6%AE%BA%E3%80%80%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E7%8A%AF&hl=ja

奉天軍閥とソ連赤軍の軍事衝突は、今では知る人も少ない歴史の裏面になっている。
 昭和四(一九二九)年のことだ。ちなみに張作霖爆殺事件は昭和三(一九二八)年六月三日早朝。

 張作霖の死後、倅の張学良が東支鉄道回収を試み、ハルビンのソ連領事館をガサ入れしたことに
端を発する軍事紛争は、ソ連側が戦車や重爆撃機まで持ち込むほどの大規模なものとなった。
 後年の張鼓峰、ノモンハン事件を思わせる大規模紛争。
もし張作霖爆殺にソ連がかんでいたのが事実なら、後年の奉ソ紛争の端緒も経緯も、十分納得出来
ると感じた次第だ。
ロシアの公文書館を精査したら、何が出てくるか分からないな。今後の外交史・政治史・軍事史研
究には、ロシア語の勉強が必須かもしれない。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 22:27:31 ID:EzqMM4ci0
>>88
補足すると、張作霖暗殺が日本側の「陰謀」なら、暗殺で日本人を巻き添え
にすると非常にややこしいことになる。「日本人も犠牲になったから日本が
やったのではない」となる以前に、犠牲になった側が黙っていない。
だから日本人を巻き込むような暗殺はするはずがないと考えるのが自然だ。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 00:11:14 ID:9wHo3+0r0
>>1
毛沢東と共産党を憎むあまりか
ほんとかよって箇所が結構あるね
胡宗南のスパイ疑惑なんか特に怪しいけどな。
当時ああいう行動に出た国民党の将軍はたくさんいた。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 00:24:22 ID:KAFCJ7EP0
『張作霖爆殺事件(満州某重大事件:1928年)』の真相について、

張作霖の軍事顧問だった「町野武馬大佐」は、1961年に国立国会図書館が
録音した述懐のなかで、次のように話しています。

この録音は『30年間は非公開』の条件のもとで行なわれたもので、1991年6月1日に
ようやく公開されました。町野自身は、1968年に92歳で亡くなっています。町野曰く、

「張作霖が欧米に接近し、日本に冷たくなったので殺したという関東軍首脳の説はウソだ。
 
 張作霖は欧米だけでなく、日本も嫌いだ。けれども、わが国を本当に攻め得るものは
 日本だけだ。だから日本とは手を握らにゃならないのだ、とよく言っていた。

 関東軍首脳は、張を殺さないと満州は天下泰平になり、日本では軍縮が激しくなる。
 軍人が階級を昇りぬくためには、満州を動乱の地とするのが第一の要件と考えた。
 そして張作霖を殺した。それは『斉藤恒(関東軍参謀長)の案』なんだ」と答えています。



93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 00:32:49 ID:Tg/AC0Mf0
>>92
無論町野は殺されかかったくらいだから真相は知らされていなかった。
町野は真相を知る立場にない。

そもそも、ユン・チアンが張作霖暗殺をソ連の仕業にしなければならない
動機があるのか?俺には全然思いつかない。
単純に事実と思われる資料を紹介しただけじゃないのか?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 01:35:59 ID:TFcncEn10
次々に証拠が出てくるなw

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 09:12:32 ID:Tg/AC0Mf0
1930年前後の満州は複雑怪奇だから確かなことは何も言えないが、
日本は南満州利権確保したとはいえ、北満州はまだソビエトの利権
が強い。ソビエトが張作霖を排除しようとしてもそれほど不思議ではない。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 09:45:18 ID:w6GOFyxy0
>張を殺さないと満州は天下泰平になり、日本では軍縮が激しくなる。
>軍人が階級を昇りぬくためには、満州を動乱の地とするのが第一の要件と考えた。

軍隊の役所としての論理から言えば当然。
現在の官庁の天下り確保の論理と何ら変わらない。
ただ軍隊は、その方法が過激なだけ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 11:17:02 ID:ZjLDoa6K0
張作霖爆殺はやはり日本だね

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 11:23:20 ID:Tg/AC0Mf0
KGBがやってもいない張作霖暗殺をやったとする資料など作るはずがないだろう。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 11:46:30 ID:ogXh8lWs0
自分の理屈に役立つならゾッキ本(1の出典)でも信用できるとなれば
アイリス・チャンの著書も信頼に足るということになるWWW

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 13:14:10 ID:e+uyw4vDO
南京虐殺はあったから1も事実だろう

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 15:58:06 ID:jQ286d+cO
史料が正しいとしてKGBとGRUどっちがやったの?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 02:28:56 ID:WbICtgCf0
【スクープ「張作霖爆殺」の全容 河本大作大佐の供述書を入手】
        (「This is 読売」1997年11月号)

〈首謀者であった関東軍高級参謀河本大作大佐が戦後、中国側の取調べに
対して事件の全容を証言した供述調書全文が明らかになった。
読売新聞が入手した全供述調書によると、河本大佐は、事件が関東軍の
総意に基づくものだったことを認めたほか、隠匿工作、背景などについて
生々しく供述している。〉

(長いので一部を抜粋)一九五三年四月六日口頭供述

河本「(省略)[村岡長太郎]関東軍司令官は竹下義晴中佐を派遣し、北京公使館付武官の
建川美次少将と駐天津軍司令官の鈴木一馬少将に張作霖暗殺を依頼した。
事前にあいさつに来た竹下とこの件を話し、私は反対だと伝えた。
(略)司令官が本気なら、私など参謀がやるべきだと思ったのだ。
そこで私を中心に役山中佐、尾崎少佐、菅野少佐、川越大尉らと一緒に
問題解決の方法を検討した。結局、列車を転覆するという方法しかなく、
具体的な場所は奉天の西三十キロの巨流河付近がよいということになり、
工兵中隊長一人を現場にやって調査させた。
(略)この地域の守備は、独立守備隊第四中隊長の東宮鉄男大尉の担当だった。
事情をのみ込ませるため、彼を参謀部に呼んで説明した。
東宮は(張爆殺を実行する)任務を引き受け、東宮と配下の部隊のほか、神田泰三中尉と
桐野工兵中尉が協力することになった。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 02:29:46 ID:WbICtgCf0
(略)
問「事件当時参謀長はだれだったか。」
河本「斉藤恒少将だ。」
問「巨流河に工兵隊中隊長が派遣されたのはだれの命令か。」
河本「参謀部の命令で、便衣(私服)で行った。」
問「東宮鉄男を参謀部にだれが呼び、彼にどんな具体的指示が与えられたか。」
河本「東宮と同窓同期の尾崎に私が命じて東宮のところにやり、
『用事があるから参謀部に来てくれ』と伝えた。
参謀部に来た東宮に私はこう言った。
『錦州で張作霖軍を武装解除する計画はもはや実行できなくなった。
軍司令官は北京、天津と連絡をとって張を暗殺しようとしているが、
成功の可能性は高くない。われわれ参謀部は司令官の意図をおもんばかり、
この任務をやり遂げる決意だ。』 
(略)東宮は非常に喜び、『この仕事はぜひ私にやらせていただきたい、
神田中尉、桐野工兵中尉と協力してやり遂げます』と言った。
(略)『では君に任せた。張作霖が奉天の皇姑屯を通過する時間は、私の方から
君に知らせる。爆薬などの機材は菅野少佐に担当させてそろえてから渡す』と
伝えた。(略)
問「民政党が皇姑屯事件(張作霖爆殺事件)について内閣を攻撃し、責任を追求した時、
どうしてあなたが停職処分を受けたのか。」
河本「だれを首謀者に仕立てるかで関東軍司令官がひどく悩んでいたので、
私が責任をかぶると自分から申し出た。」
(略)
河本「はっきりさせておきたいのは、私の意思でなく、関東軍司令官の意図を汲んで
やったということだ。」

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 02:31:00 ID:WbICtgCf0
河本大作氏三女河本清子さんインタビュー

「まだ全体をパラパラめくって読んだだけですから、きちんとしたことは
申し上げられませんが、大変いい資料だと思います。
父が言っていることも、大体これまでに直接、間接的に聞いてきたことや
断片的に残されたものと違っていないように思われます。(略)
これは聞いた話ですが、父が奉天で盲腸の手術を受けた時、絶対に
麻酔をかけさせなかったそうです。手足を人に押さえさせて手術を
受けたと言うのですが、これも、意識がなくなって何かをしゃべって
しまっては、ということだったのかもしれません。
東宮鉄男さんの奥さんに、戦後、いろいろ資料を見せていただいたことがあります。
東宮さんは、中学生の時から日記を付けていて、膨大な日記帳が
残されているのです。それで、(事件が起きた)昭和三年のものを
見せていただこうとお願いしましたが、そこだけ抜けてありませんでした。」

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 07:14:52 ID:Hy1Mkc/P0
>中国側の取調べに対して
>中国側の取調べに対して
>中国側の取調べに対して
ぷっ


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 07:29:12 ID:Hy1Mkc/P0
これは重要な発見ですね。但し実際に計画・実行したのは間違いなく関東軍です。この謎を解くには、当時の背景を考える必要があります。
当時の日本は経済的に極めて悲惨な状況にあり、農村出身者の多い青年将校は、日本の社会体制即ち資本主義が悪いと考えて、共産主義に共鳴する者が多い状況でした。
このことは日本の軍国主義なるものが、共産主義の影響を強く受けて、初心(うぶ)な軍人は、スターリンの謀略に嵌っていたことが判ります。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 10:54:10 ID:IjB00Ty30
>>105
これが「アメリカ側の取り調べに対して」だったら、「ぷっ」じゃないわけ?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 11:01:18 ID:whdzCuoQO
中国側のシナリオ以外なら死刑

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 17:45:47 ID:1qotsAVK0
>>106
転載乙

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 18:43:56 ID:t+3LYML0O
入試ではどう答えればいいのでしょうか?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 19:24:50 ID:a700aV3j0
ばかばかしいのう
実行者東宮鉄男大尉(独立守備隊第四中隊長)の日記
「張作霖ノ列車爆発ヲ余ニ任セラル・・・大佐ハ余ノ書(張作霖を殺害計画)
ヲ前ニ置キ、卓ヲ叩キテ喜バレ、万事責任ヲ負フニツキ実施セヨ、ト云ハル」
余の書とは、官舎を訪れた神田泰之助中尉に託したものを中尉が河本に見せた
内容は河本が考えていたこととほぼ同じだったので東宮が河本に呼ばれた


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 19:51:45 ID:8cH0+wA30
>>111
確かに私もばかばかしいとは思いつつも、
GRUの文書を見てみたいなあ。
だって通説が完全に覆されるかもしれないわけだから。
ユンチアンのマオ本なんて、、、とバカにしていたが、
上巻の3分の1くらい読んだだけでも
これぐらいインパクトのある本は珍しいと感じています。
書いてあるのが全部事実なら、
中国史どころか国際政治史の書き換えが必要なくらいです。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 22:02:52 ID:Hy1Mkc/P0
・東宮、河本らがスターリンの下命を受けていた
・東宮、河本らがウソをついた
どっちなんだ?


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 23:23:05 ID:1qotsAVK0
実は全部イルミナティの陰謀

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 23:27:51 ID:Hy1Mkc/P0
歴史の真実が何十年も経って明らかになるなんてよくあることなのに、
頭から否定してかかる奴は何様なんだ?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 00:26:33 ID:gs+sKqHUO
もう日本軍の謀略なんて自虐的な説は無視しようぜ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 04:09:23 ID:aalr6domO
今19歳だが、高校時の歴史の教科書見たらこれは載ってなかった。


確か中学では田中上奏文も張作霖暗殺も載ってた。覚えている。

なんか何が正しいやら分からなくなってきたなあ・・・・


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 07:29:28 ID:GwcPj2CY0
117、ここ2CHだよ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 23:20:06 ID:qK+86RK+0
そういえば藤村さんが日本史を作るという素晴らしい出来事があったなw

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 02:12:25 ID:CJBB+7RW0
>>112
オレも見てみたいのう。
機密文書公開といえば、長らく冤罪説が根強かった平和活動家ローゼンバーク夫妻死刑事件も
公開により本当にスパイだとわかったし、太平戦争中のソ連の「スノー工作」とかあるからね。
ただ、今は否定されている、劉少奇自らがが吹聴していた「盧溝橋事件は俺がやった」説
みたいなのもあるからな。(中国共産党の機密文書が出てきたらどうなるかわからんが)

ちなみにユンチアンは昨年末の週刊文春の著者インタビューでこの件をたずねられ
「確かに旧ソ連の情報文書に書かれていました。後は日本の研究者におまかせします」と
答えている。
「日中の研究者」と言わないところが、さすが発禁本作者クォリテイw

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 10:04:26 ID:R+EJ1j410
日本のまともな研究者なんか研究するわけがないw
そんなもんに手をつけたら学会から物笑いのタネにされるだけ
亡命者なんて相手国の気にいられるようなガセ情報平気で流す

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 11:38:41 ID:4A0pz7k50
だからチャンが張作霖暗殺を日本でなくソ連の仕業に仕立て上げたとして
何のメリットがあるわけ?
何もないだろ?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 11:48:39 ID:igE2jQxo0
メリットあるよ
お金・・・

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 11:50:20 ID:4A0pz7k50
チャンは毛沢東が嫌いだからといって日本が好きというわけでもなかろう。
ウソついてまで日本の中国に対する悪行をなかったことにして何の得になる?


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 12:04:47 ID:R+EJ1j410
どうでもええが、いえることは東宮鉄男は昭和12年に華中で戦死してるてこと
なんの必要があって日記にウソ書かななあかんのかわからん
得体の知れない中国亡命者と日本軍人の日記のどちらを信じるかということ

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 12:21:54 ID:4A0pz7k50
東宮がソ連のスパイでなかったと誰が証明できるんだ?
ゾルゲだって平然と大日本帝国の首相と会ってたんだぞ。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 12:25:10 ID:D4JW08790
中国亡命者(ユン)の妄想とかって言ってる奴、笑える。
GRUの文書があるというのは本当だろうし、
一方で河本らがやったのも事実だろう。
ようするに、ソ連など共産特有の自分たちの手柄にするための
嘘と考えるのが妥当だろう。

スレ違いだが、上海戦についての張治中への考察もおもしろいよね。
よく調べればドイツ軍事顧問団にもソ連スパイがいて、
上海戦を仕掛けたということもありうる。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 12:29:01 ID:R+EJ1j410
日本の軍人の多くが共産主義者(自覚のないまま)という説が本当に思えてきた

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 12:42:22 ID:D4JW08790
自覚がない共産主義というのは、まあ当時は世界中で流行だったから珍しくないが、
政治家や旧軍人、官僚の中で、金をもらったり弱みを握られたりした奴は必ずいたはず。
おそらくロシアの公文書館でしっかり精査すれば、
明治から昭和にかけて誰が買弁だったのか分かるだろうが、まあ、難しいところだよね。
まともな研究者や左翼はおのおの反対の意味で興味示さないし、
唯一情熱あげそうなのはネットウヨぐらいだが、リアルな能力ないし。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 20:04:54 ID:4A0pz7k50
素朴な話、河本が「張作霖は満州の人民を苦しめる悪い独裁者だ」と
考えていたとしても、当時の世相では暗殺の十分な動機なんだよな。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 21:30:40 ID:lHVZSem30
>明治から昭和にかけて誰が買弁だったのか分かる

満州事変でやぶ蛇的に発覚したのは、張学良に金を無心していた床次竹次郎w

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 22:27:24 ID:ObKAxs+n0
最低やなw

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 00:48:07 ID:3CdaB6KY0
明治維新から百数十年経ってから明治天皇の正体が判明する国だからなw


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 18:59:10 ID:YKNS0YIIO
謀略はソ連に決まってる。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 20:35:47 ID:EqF0iy4y0
ようもまぁここまでゴミみたいな主張できるな。
そのうち伊藤隆もサヨ扱いされる日がくるかもね。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 23:55:34 ID:3CdaB6KY0
つーか、「まともな学者」だって「張作霖暗殺」や「柳条湖爆破」が日本政府や
軍部の方針でもなんでもなく、ごく僅かな人間による仕業であることを認めて
いる。この「ごく僅かな人間」がソ連と関わってなかったと証明するのはほとんど
不可能。実際ソ連側の利害と「ごく僅かな人間」の利害が一致していたかもしれ
ないしな。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 08:20:25 ID:O5SmrpPL0
>>135
ここは2ちゃんねる、ゴミでもクズでも何でもあり、まじレスする方がバカ

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 10:31:10 ID:Bnte1LA60
はいはい、藤村新一先生のおっしゃる通り日本には偉大な石器時代がありましたとも。
検定済み教科書にもそう書いてありますよ。
まともな学者なら藤村先生の業績を疑ったりしませんですともw


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 15:44:24 ID:o68sFSs70
缶等軍は共産主義者の巣窟だったのか

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 16:06:56 ID:RWHPrKU50
大本営も共産主義者のすくつなようですw
皇○も共産主義者の…

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 19:02:17 ID:Bnte1LA60
石原莞爾自らトロツキーを満州に招こうとしていたという話があるくらいだから、
張作霖暗殺関係者がソ連に騙されて実行に及んだとしても何の不思議もないわけだが


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 19:59:13 ID:RWHPrKU50
>>141
それってマンガの話だろw

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 20:19:36 ID:RaY1T2Cl0
橋本欣五郎はトルコ駐在武官時代
亡命してきたトロツキーと親しくなったな

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 21:39:04 ID:Bnte1LA60
石原莞爾の「満州建国大学設立提案」には、トロツキー、ガンジー、周作人、
胡適などを招くとしていますが何か?


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 23:23:46 ID:sG7s5t2P0
>>140
そこで「赤い宮様」三笠宮崇仁ですよ。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 01:37:03 ID:4Lhdiedp0
>>145
共産主義と日本の天皇家は矛盾しないぞ。
マルクスやレーニンを超越した天皇制共産主義。
白鳳まではまさに理想的日本であった。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 03:40:49 ID:2YuD10Z00
昭和天皇独白録(文庫版)
張作霖爆死の件
この事件の首謀者は河本大作大佐である
田中総理は最初私に対し、この事件は甚だ遺憾なことで
たとへ、自称にせよ一地方の主権者を爆死せしめたのであるから、河本を処罰し、
シナに対しては遺憾の意を表するのが責である、ということであった

然るに田中がこの処罰問題を、閣議に付したところ、主として鉄道大臣の小川平吉の主張だったそうだが
日本の立場上、処罰は不得策だという議論が強く、為に閣議の結果はうやむやになって終わった
そこで田中は再び私の処にやってきて、この問題はうやむやの中に葬りたいという事であった

聞くところによれば、もし軍法会議を開いて訊問すれば、河本は日本の謀略を全部暴露するといったので
軍法会議は取りやめということになったというのである
(26、27p)

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 07:07:22 ID:i9G7yWuQ0
陸軍(特に統制派)は隠れ共産主義者。これ定説
ソ連の意図のままに動いても不思議ではない。親欧米の宮中派や一部海軍の
条約派(欧米協調主義者)を排撃しようと策したのもうべなるかな


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 07:54:36 ID:EYuZAq/10
>>147
独白録ウソが多いわけだが、以下は確かに興味深いな。

>もし軍法会議を開いて訊問すれば、河本は日本の謀略を全部暴露するといったので
>軍法会議は取りやめということになったというのである

実はソ連の謀略であることを全部暴露するつもりだったのかもしれない。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 12:54:48 ID:i9G7yWuQ0
ヒューザーの小嶋社長がワイを追い詰めたら高級官僚に困るヤシが数人でてくる
と恫喝してるのと同じ構図だなw(実は困るのは某政党だったりしてw)

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 12:58:28 ID:EYuZAq/10
ソ連の話を抜きにしても、変な話だよな。
・張作霖暗殺が日本の謀略であるなら、無論軍法会議など開かない
・つまり、河本は張作霖暗殺以外の「日本の謀略」をばらすと言ってる
 のではないか?その場合の「日本の謀略」とは何か?

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 13:26:50 ID:dCpSe4fD0
>その場合の「日本の謀略」とは何か?

君、奉天特務機関のこととか何も知らないんだね

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 13:42:47 ID:SAXRv7QX0
シベリア撤兵後,対ソ国境沿いの中国領内に東は綏芬河,北は黒河,
西は満州里に特務機関が開設され,対ソ・対中国情報機関として活動
した。
ハルピン特務機関は対ソ情報の中心とされ,1940年に関東軍情報部と
して編制化された。
1920年に設置された奉天特務機関は中国東北における対中情報・謀略の
中心であり,とくに満州事変から日中戦争初期に活動したが,37年12月
に廃止された。
満州事変当時に溥儀の脱出工作を行った天津の土肥原(賢二)機関などは
臨時派遣の工作班で,臨時特務機関と呼ばれた。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 13:57:46 ID:EYuZAq/10
>>152
特務機関程度のことを「軍法会議」でバラされても痛くも痒くもないだろう。
軍内部でさえバラされると困る事実を握ってたということだろ。


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 00:30:15 ID:iT/x+9n90
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;   
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  男なら誰だって
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  張作霖の一人や二人爆殺してる
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f   そんなふうに考えていた時期が
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!   俺にもありました

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 02:33:29 ID:0Y2uSIOh0
1の引用文っておかしくないか?
要約すると「実行したのは日本軍とされているが、実はスターリンの命令でエイティンゴンが計画し、日本軍の仕業に見せかけた」
結局誰が実行したのか書いてない。
ソ連が計画して日本軍にやらせたというなら、「日本軍の仕業と見せかけた」という書き方はおかしい。実行したのは日本軍なんだから、「仕業に見せかける」必要はない。
ソ連が実行したというなら電波もいいとこ。

まあ俺この本読んでないし、翻訳がおかしいのかも知れないから、あとは読んだ奴で議論してくれ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 07:16:09 ID:2bsnh0f30
日中戦争(支那事変) 被害担当艦@サドンデス!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1132842768/

いま丁度張作霖爆殺事件前夜の話題をあつかっているところだ。
興味あるならみておいて損はない。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 19:17:03 ID:0mao0MEE0
だいたい張作霖は生きていたんだから爆死とかおかしいだろ

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 23:18:11 ID:gF6ouaeh0
息子の張学良じゃなくて?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 01:35:09 ID:OCYnEeuk0
>>158
(・∀・)

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 07:30:34 ID:c+yi94Np0
>>158
それどころか実在すら疑われてる伝説上の人物だよな。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 09:05:37 ID:KUTJlWjZ0
>>161
(・∀・)

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 18:41:56 ID:bBROAou70
浜の真砂は尽きるとも
あに馬鹿ウヨの種は尽きまじ。

戦争に敗北したおかげで、日本では激減したけど、2chには増殖中。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 10:24:39 ID:+ywTCvLc0
什麼

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 01:17:33 ID:GvN2G/0S0
>>165

お前アタマだいじょうぶか??

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 01:49:45 ID:Wfp8uy+5O
>>166          おまえ自爆かWW

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 02:54:10 ID:jr1RW3nC0
>>167
半年ROMってろ

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 04:47:55 ID:UkPJvEp2O
>>169
オマエみたいな馬鹿は市ねw

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 05:59:18 ID:TzUO6vmY0
>>168
オマエみたいな馬鹿は市ねw

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 20:49:09 ID:OHoODQly0
この流れワラタ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 23:56:36 ID:bh/wLKN90
|l  |l l |l | |i
   |i  l |i l| li  |
          /⌒;
        ∩    ノ
    _,,..,,n,r'゙ <⌒つ    メロウスペシャル!!
 ▼ ゚ 3  ヽ  )´/
ノ▲ ゚ ll ∩  ノ /
Σ `'ー---‐''  (
  ⌒ヽ/V⌒v、/⌒ ビダァァァン!!
         _,,..,,,,_    /⌒;   。〇○(ヤバッ!失敗しちゃった〜
        ▼ ,' 3 :`ヽーっ /          怪我した事にしよ〜っと♪
   ((((  ▲ * ⊃  ⌒_つ/
         `'ー--‐'''''" _/


     ズルズル    _,,..,,,,_    /⌒;   秘技メロウスライダー!!
            ▼ ,' 3 :`ヽーっ /
         .(((( ▲ * ⊃  ⌒_つ/
            `'ー--‐'''''" _/


                         フィニッシュラインを越えました!
       .|    _,,..,,,,_    /⌒;
       |   ▼ ,' 3 :`ヽーっ / 。〇○(ウフフ、これでメダル取れなくても
     ((((((  ▲ * ⊃  ⌒_つ/        皆私に同情するわねwww
       |   `'ー--‐'''''" _/         よ〜し日本に帰ったらCDデビューよん♪

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 02:21:10 ID:IxVI2+Nn0
373 :日本@名無史さん :2006/02/16(木) 22:38:14
『諸君!』2006年3月号
国家情報論 21世紀日本生存の条件【連載再開】
暴かれた現代史――『マオ』と『ミトローヒン文書』の衝撃
中西輝政(京都大学教授)
隠蔽されてきた数々の対日謀略工作が明るみに出た以上、「歴史」は書き直されるべきだ
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/

この中西論文によると、
英国で出版された本とかで、旧ソ連資料を基に、
張作霖爆殺事件はソ連がやったとか、衝撃的な事実が書いてある。
また、確実な史実として、盧溝橋事件が日中全面戦争に発展した原因といえる、
大山中尉事件や第二次上海事件を仕掛けた中国国民党軍の上海・南京防衛総司令官は
実は共産党員だったんだと。

375 :日本@名無史さん :2006/02/18(土) 21:13:06
>373
『正論』2006年3月号
中国の対日工作と上海総領事館員自殺事件
「形なき侵略戦」が見えないこの国に未来はあるのか 京都大学教授 中西 輝政
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/seiron.html
中西教授はここでも書いている。
孫文の妻も共産党員だったとか、国共合作で国民党軍上層部に共産党のスパイが
多数潜伏することとなり、その後の国共内戦では、それらスパイが決定的場面で
ことごとく意図的ミスをして国民党軍を敗北させ、共産党に天下をもたらしたとか。

太平洋戦争は共産主義者の陰謀
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1121091165/l50

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 11:02:16 ID:7DgSTxkU0
中西輝政w
なんであんなのが京大教授でいられるんだろうね


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/20(月) 00:15:43 ID:LakSM/Hm0
爆殺事件で息子の張学良が反日になって、満州事変につながり、
張学良が蒋介石を監禁した西安事件で国共合作が実現したわけだけど、
西安事件はソ連が関与しているみたいなんだよな。
あの頃、中国共産党は国民党軍の攻勢で危機的だった。
蒋介石はモスクワ留学中の息子をソ連に人質に取られていた。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/20(月) 01:00:31 ID:/idJqupJ0
南京大虐殺を肯定する中国人の言う事は証拠の有無を指摘して信じないくせに、
こう言う日本にとって都合のいい事実は証言だけで証拠の有無も検討せずに信じる気か?
大体、>>1は証言だけで証拠と言うものがないだろ。
中国人の嘘吐き体質から考えると、必ずしも真実だと思い込むのは危険だし

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 02:09:09 ID:rtQ/2Nee0
史実かどうかはおいといて、この話おもしれー

1930年代ってこういうの宝庫だよな。
戦記の時代は好きになれないがこの時代は好きだ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 00:32:06 ID:maSDMSl00
なんでぐだぐだ言うんだろ?
うっとしいなら行かなきゃいいだけじゃないのか?
みんな行かなきゃ、そんな寺つぶれるんじゃない。
つぶしたらいいじゃん。そしたら、外国の美術館とか博物館が
仏像とか喜んで買ってくれるんじゃない。
まあ、指定物件は国に優先権があるらしいけど。
どうせなら不買運動ならぬ、拝観拒否運動でもやろうよ。
そう言えば、滋賀の寺でどこか重文が競売にかかってたよな?
あれって売れたのだろうか?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 01:57:09 ID:W8bT2ONn0
だいたいだな、当時、

馬賊の親玉であった張作霖を、国家元首として認めていた国ってあるのか?


179 :真神龍 (全宇宙全生命永久永遠の大天国):2006/02/25(土) 01:34:55 ID:6/OfEFC/0

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

★マスコミ特にテレビは中国共産党の邪悪さを報道してくれい。
 このままでは日本=悪 中国=善になってしまう。
 そんなことあってはならない。絶対あってはならない。★
 ↑
そんなこと許されていいと思うか?
悔しいとお前らは思わないのか?そう思う方は少しでいいから
コピペしてくれ。頼む。このままでは日本は一方的に悪者にされてしまう。
悔しいよ とても悔しいよ みんなコピペ協力してくれ 頼む。
 

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 06:45:37 ID:/rSvpOh20
日本とソ連が同時に暗殺計画を立てました。という事で

____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー─

そして・・・
結末は映画でお願いします

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 18:07:13 ID:EtFXVJu+0
128 :世界@名無史さん :2006/02/24(金) 23:00:32 0
矢吹先生の評価では、この本は「俗悪」、そしてデタラメですw

日本の嫌中・反中感情が劇的に高まっていることは、総理府の外交に対する世論調査等に明らかだ。
その原因分析はさておき、嫌中・反中ムードに便乗した悪書が良書を駆逐するかに見えるのは、憂慮
すべき事態に思われる。

たとえばベストセラーの上位に並ぶユン・チアン夫婦著『マオ−誰も知らなかった毛沢東』も、敢えて
率直に書けば俗悪の部類だ。

『マオ−誰も知らなかった毛沢東』を評す
http://www.21ccs.jp/china_watching/DirectorsWatching_YABUKI/Directors_watching_19.html

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1134847122/

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 19:40:27 ID:zfb0iHTe0
この事件って転機だよな
っつーかあの時代の〜事件なんてのは考えようによっては
転機ばっかか

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 22:28:32 ID:EtFXVJu+0
>>1
>これは、衝撃的な内容である。最近出版された、ユン・チアン&ジョン・ハリディ=著、
>『マオ 誰も知らなかった毛沢東(上)』、土屋京子=訳、

>>181
つまり、読むのは時間のムダ!

これがFAw


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/26(日) 21:17:41 ID:qJyeqPP20
>>181
日本によくいる中国大好きおじさんだろ。


矢吹 晋
(やぶき・すすむ)
 一九三八年福島県生れ。東京大学経済学部卒。東洋経済新報社、アジア経済研究所を
経て横浜市立大学教授(商学部教授)。
 中国脅威論や混乱説を批判する。「中国の脅威といっても、二十年、三十年を経た
のちの可能性の話」と喝破(『THISIS読売』96年5月号)、「分裂という脅迫も連邦という
美辞麗句も、中国が受け入れる余地はほとんどない」「鬼面人を驚かす『三国志』物語は
空想の域を出ない」と断じた(『諸君!』95年4月号)。さらに最近は、中台関係の緊張に
ついて、「あたかも夫婦喧嘩。世界中は夫婦喧嘩スタイルに騙された」とし、「両岸問題に
対する日本の介入は極力避けるべきだ」と主張する。ミサイルによる威嚇を一笑に付す、
恐るべき胆力の持ち主。

 著書『巨大国家中国のゆくえ』(東方書店、96年)、『図説・中国の経済』(蒼蒼社、92年)、
『毛沢東と周恩来』(講談社、91年)。
http://www.php.co.jp/fun/people/people.php?name=%CC%F0%BF%E1%A1%A1%BF%B8

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/26(日) 23:48:02 ID:qjhPTVG60
>>184
>日本によくいる中国大好きおじさんだろ。

ははは!
PHPのサイトの批評を信じるお方でつねw

まともに、上レスの矢吹のサイトを読んでごらん!
日本語を読めるのならw


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 00:23:53 ID:m62bJHF50
>>185
読んだけど矢吹は中西が紹介していた、マオの英文版や
ユンの脚注史料詳解サイト見てないみたいだね。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 01:56:17 ID:kA/mFlxX0
>>186
>読んだけど矢吹は中西が紹介していた、マオの英文版や・・・・

くわしく!といいたいがやめた!
「中西」?「輝政」のこと?
電波じゃんwwww

同じ京大の「中西」でも、「寛」なら、まともだがね。

188 :ユン・チアンの「マオ」スレ住人:2006/02/27(月) 02:37:29 ID:m62bJHF50
>>185
じゃあ教えないwww

ただ張治中に関しては昔から上海事変や国共内戦のときの振る舞いから
スパイ説が根強いのは確か。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 02:38:56 ID:m62bJHF50
アンカー間違えた
>>185>>187ね。


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 23:32:04 ID:kA/mFlxX0
>>188
>じゃあ教えないwww
中西輝政は電波!の証明だなw

>ただ張治中に関しては昔から上海事変や国共内戦のときの振る舞いから
上レスの矢吹のサイトを読めw

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/28(火) 05:36:27 ID:EVn0UDsR0
矢吹はともかく>>190が張治中を知らないのはよくわかった。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/28(火) 19:31:07 ID:vQGIwZ7B0
>>191
↑が馬鹿ウヨであることの証明w↓

『マオ−誰も知らなかった毛沢東』を評す
http://www.21ccs.jp/china_watching/DirectorsWatching_YABUKI/Directors_watching_19.html

このほかにも、例↓

多余的話 大沢武彦
http://d.hatena.ne.jp/takeosa75/20060223

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 00:08:38 ID:C657U6sB0
この件に関しては
『満洲事変の裏面史』(森克己)を読めば一発よ。
これは著者が昭和17年〜19年にかけて
満洲問題にかかわった内外30人以上の要人に対する聞き取り調査を元にまとめたもので
要人の発言内容も載っている。
主な顔ぶれとしては
橋本欣五郎、河本大作、板垣征四郎、石原莞爾、建川美次、本庄繁、甘粕正彦、土肥原賢二などなど。

まあこれ読んだら、このソ連文書は単なる手柄の横取り以外の何物でもないわ。
ただスターリン時代のソ連の官僚制・恐怖政治を考えると
こんなトンデモ文書が存在するのも無理はないなあ。


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 12:09:21 ID:R8x9MgD+0
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成18年(2006年)1月28日(土曜日)
         通巻1371号  

(読者の声1)ユン・チアンの大ベストセラー『マオ』(講談社)に何気なく次の話が挿入されています。ご存じの方は
多いと思いますが、張作霖爆破は日本軍ではなく、ソ連の陰謀であったこと!
 これはかなり大きな意味を持つ情報と思います。
『遼源日報』という(たぶん旧満州地区で出ている)新聞の2005年1月30日−2月6日号に、<天も驚く重要ニュース>
「ソ連の特務機関が張作霖を爆殺した」という記事が1面の半分ほどを使って載っているのです。
年初にある人からそのコピーをもらったのですが、読めないのでそのままにしていましたが、今回のことでその内容を
確かめようと、中国語ができる知人に訳してもらいました。まだ仮訳の段階ですが、かなり詳しく具体的な根拠が載って
います。「プロハオロフ」というソ連の歴史学者の書いた「張作霖元帥の死に関する文献」の紹介記事です。
2回にわたってソ連特務機関が暗殺を計画し、1回目は失敗したが、2回目に成功したことが、実行犯の名前入りで
かかれています。これはほとんど疑うことのできない文献かと思います。
 どなたか、原典を訳して早く紹介してほしいものです。
 まさに近代史の悪役はソ連、コミンテルン、共産主義者であり、その犯罪を日本のせいにしてきたことがこれから
どんどん暴かれていくものと思います。盧溝橋事件もそのひとつですが、もっとたくさん出てくるでしょう。
    (HM生、新橋)


(宮崎正弘のコメント)伊藤博文暗殺だって、真犯人は安重根ではなかった。ソ連か、もしくはソ連から資金を得た
朝鮮族の独立運動闘士の分派、あるいは日本のアンチ伊藤派から資金をえたテロリストらの仕業でしょう。
http://www.melma.com/backnumber_45206_2450758/


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 22:50:13 ID:aWLBct4S0
>>193

手柄の横取りかどうかは、ソ連側の文書の検証が済んでからですね。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 01:11:02 ID:eOZrPAgeO
>>193あんた鋭いね!
疑問氷解しました!
(ちなみに俺は193本人ではない。)

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 01:20:20 ID:Ra3rqJ4iO
40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

意外とおもしれーぞ

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 01:25:41 ID:SPifzFxJ0
>>195
「正論」のプロホロフのインタビュー読んだが、全く問題にならない。
張作霖爆殺の具体的手法に全然言及してないし、
関東軍による爆殺説の根據として、東京裁判での田中隆吉証言を挙げているあたりで
プロホロフが日本側の文献に全然当ってないと判断せざるを得ない。

確かにソ連側の文書の内容も興味深くはあるが、このインタビューの内容から考えると
張作霖爆殺については、『満洲事変の裏面史』以上の価値のある資料にはならないだろうな。
ま、ソ連側が張作霖排除の意志を持っていた事を裏付ける意味では、
価値あるものにはなるだろうが。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 02:54:19 ID:C/UM1asN0
166 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2006/03/02(木) 22:21:46 0
>>165
ヲイヲイ、中西輝政w
まだ、こんなの読む人いるの?電波じゃんw

よく京大にいられるな!税金の無駄遣い!!!
167 名前: 世界@名無史さん [sage] 投稿日: 2006/03/02(木) 22:29:07 0
電波電波いってるやつが一番電波
俺も電波
168 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2006/03/04(土) 02:58:54 0
>>166
は元○系学者系かい?それとも○系院生(民生に友人の多い)かい?
今は身を潜めていられるだろうが、そろそろ職or学籍なくすよ、きっと…
無茶しすぎたね、素人(十代の学部生やお茶の間)相手に

それにしても醜いよ。
露か中への亡命は考えておいた方がいい
169 名前: 世界@名無史さん [sage] 投稿日: 2006/03/04(土) 03:10:24 0
>>166
中西輝政が電波だという君の意見はなかなか鋭いと思うよ。
で、ものは相談だが君、ロシアのためにちょっと働いてみないか?
なに簡単だ。陸上自衛隊に入隊して金正日の列車を爆破し(ry

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 09:31:13 ID:tMjWJyXV0
コミンテルンが支那全土にわたりこんだけ動いてたという事実。そりゃ日本が
危険に晒されるわけ無理ないわな。中国における共産化関連地図↓
http://www.history.gr.jp/~showa/223.pdf

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 23:25:33 ID:mYEr8HNJ0
正論4月号
「張作霖爆殺はソ連の謀略」と断言するこれだけの根拠

歴史家 デミトリー・プロホロフ
取材・構成/産経新聞モスクワ支局長 内藤泰朗
〔解説〕張作霖爆殺事件の不可解性 拓殖大学教授 藤岡信勝
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2006/0604/mokuji.html

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 00:51:17 ID:RFnIh6QB0

張作霖爆殺事件の本当の黒幕は、朝鮮総連だよ。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 20:43:31 ID:enshpN970
第二のカチンの森事件か?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 22:00:15 ID:KoS+jG5J0
>宮崎正弘のコメント)伊藤博文暗殺だって、
>真犯人は安重根ではなかった。
>ソ連か、もしくはソ連から資金を得た
>朝鮮族の独立運動闘士の分派、
>あるいは・・・・・

ちょwwww1910年にはソ連は成立してないwww

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 18:20:36 ID:/Z76Qv5Y0
【日中】小泉首相に申す…無知な外相発言「中国は、真実、恥知らずな国」〜歴史の全体像を見よ/櫻井よしこ[3/9]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1141980248/

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 21:29:26 ID:jL3ax2vZ0
櫻井よしこは電波だろw

『真珠湾の真実』で面白いこと言ってるよwww


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 21:30:54 ID:jL3ax2vZ0
あ、宮崎正弘も電波w

日本は電波が売れるヘンな国www

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 22:57:26 ID:n9TpVdx2O
まぁポル・ポトを『アジア的な優しさ』とかほざいた
糞左翼の電波ぶり、狂いっぷりよりは全然ましだね

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 23:10:02 ID:a6WLsrb30
でもCIA調査だとポルポトの犠牲者は約5万人ほどなんだよね。


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 23:32:55 ID:n9TpVdx2O
五万ですむのかな〜?


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 23:37:07 ID:a6WLsrb30
>>210
反ポルポト派があることないこと宣伝するんで、実態がよくわからない
らしい。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 23:41:17 ID:n9TpVdx2O
まだ日が浅いもんね。
やはり50年くらい経たないと真相に近づけないのかね〜

213 :全宇宙全生命永久永遠の大天国:2006/03/12(日) 21:23:16 ID:Y87JG4060

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ●●●●●

★関東では放送されてない★←(注)
たかじんのそこまで言って委員会52
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1141728377/l50

約100M
★★★中国は日本を併合する★★★
http://221.250.18.59/838861/taka/2006/0312.wmv
http://221.250.18.59/838861/taka/2006/0312.wmv
http://221.250.18.59/838861/taka/2006/0312.wmv
最大接続数MAX50
午前0時辺りで閉めます
以上

多くの 有名人が論争してます 是非みてください お願い致します

時間がない人は 保存しときましょう。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


関東では放映されてないから コピペして広めてくれ
俺もやるから 頼む http://kamomiya.ddo.jp/ ←他のいろいろな動画

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 21:27:18 ID:VxWzuMAs0
皆さんこんにちは。
私は資本主義がはびこるこの世界に嫌気がさしています。
完全なる共産主義のもとにこそ本物の平和と調和があるのではないでしょうか?
このような問題提起をするとどこに行っても相手にされなかったり馬鹿にされたりします
私は純粋にこの世の平和を望み 皆さんとそれを達成するための議論を重ね
それに向かって共に走りたいだけなのです。
どうか僕に賛同してくれる人 もしくは反論があるぞという人は私のHPに来て書きこみをしてください
ここなら真剣に話し合える相手がいると思ってやってきました
ここでとやかく論じても仕方がないので
とりあえず私のHPへ足を運んでください。 1度見てもらえるだけでも良いのでお願いします

「快楽より絶望を
知性と革命を追いかけよ」

http://www.freepe.com/ii.cgi?dazai

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 21:43:41 ID:ccxUTpW4O
>>214スターリンや毛沢東や金正日やポル・ポト好きなお前はただの糞!ゴミ!
ゴミ以下!
さっさと死ね!


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 00:03:42 ID:ipqDB6p+0
    \     多分、毛?   /
  ?  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ  わからん
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ にきび?
       / / ゚ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
保護肉?/ //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 尿道 ) ── 枠?
      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──肛門
  \_____/\_____/

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 23:33:02 ID:njPJu5Ny0
どれだけの信憑性あるの?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 00:29:07 ID:FGFtQu5l0
張作霖爆殺は日本軍の方針でも日本政府の方針でもなんでもない、
ごく一部の人間がやったことだからな。
その本当の背景なんて分からないよ。


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 10:05:16 ID:Z6q9CBMb0
謀略文書・田中上奏文
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-44-4.html

 この疑惑の文書「田中上奏文(田中メモリアル)」について、
産経新聞(平成11年9月7日号)は、ソ連による偽造の可能性が強いと報じた。
日本の世界制覇の野望の証拠とされ、東京裁判での「共同謀議説」や「南京事件の存在」
にも深く関わっている「田中上奏文(田中メモリアル)」を偽造したのはKGBの前身GPUで、
米国共産党によってその英語版が大量に配付された。「田中上奏文」は 1930年代に
米国や中国で出回り、日本に対する強い反発を呼んだ。(産経新聞:平成11.9.7)

【田中上奏文がソ連の謀略であることを伝える産経新聞の記事】
【ワシントン6日=前田徹】1930年代の米国や中国で日本の世界制覇野望の証拠として
使われてきた 「田中メモリアル(上奏文)」は偽造文書と指摘されているが、
ソ連国家政治保安部(GPU)がその偽造 に深く関与していた可能性が強いことが、米国に
ソ連指導者の一人、トロツキーが上奏文作成時の 2年も前にモスクワでその原文を目にして
いたことを根拠にしており、日米対立を操作する目的で工作 したと推測されている。
 米下院情報特別委員会の専門職員として、ソ連の謀略活動研究してきたハーバート・
ロマーシュ タイン氏が、元ソ連国家保安委員会(KGB)工作員で米国に亡命した
レフチェンコ氏と共同で米国内 のKGB活動の実態を明らかにする目的で調査した際に、
偽造文書が関与していたのではという 疑惑が浮かんだ。
     (中略)
 ロマーシュタイン氏はこうした経験を検討した結果、GPUが25年に日本外務省のスパイを
通じて何らかの部内文書を入手した可能性は強いが、田中上奏文は、盗み出した文書を
土台に27年に就任した田中義一首相署名の上奏文として仕立て上げたと断定している。
 同氏によると、トロッキーが提案した「米国内の友人」をとおしての公表計画は米国共産党が
中心になってすすめており、30年代に大量に配布された。しかも日本共産党の米国内での
活動家を通じて日本語訳を出す準備をしていることを示す米共産党内部文書も見つかっており、
実は田中上奏文の日本語版が存在しないことをも裏付けているという。
(平成11年9月7日産経新聞朝刊より)

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 22:32:07 ID:8EpUXSlo0

起來!不願做奴隸的人們,
把我們的血肉,築成我們新的長城!

http://dannykahei.tripod.com/china.htm


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 03:57:43 ID:AzY9epag0
【米】旧日本軍へ激しい怒り 柳条湖事件受け蒋介石 [04/02]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1143946469/

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 18:43:04 ID:AGawvEDD0
正論5月号
昭和史の定説を覆す「ソ連謀略説」の大検証
張作霖を「殺った」ロシア工作員たち
国際問題評論家 瀧澤一郎
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/seiron.html

これを読むと、河本大佐犯行説は、意外と根拠が薄弱だったんだな。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 21:21:43 ID:x/OAix+n0
満州事変の原因となった鉄道爆破だって実に根拠は薄弱。
当事者と言われた石原も板垣も生前・死後とも一切認めていない。


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 23:13:29 ID:U5lMMaP70
松本千津夫も地下鉄サリン事件・松本サリン事件・弁護士殺人事件を一切認めていないから無実なんだろう。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 23:24:57 ID:x/OAix+n0
>>224
そりゃそうだろう。
目がほとんど見えない身体障害者の松本の言うことを信じる大の大人の
ほうが悪いに決まってる。


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 12:39:48 ID:BqHzkZAG0
病室で最後を見取るために家族全員がそろいました。
僕が「なにか最後に言いたいことない?」って聞いたら、
じいちゃんが虫の息のように小さい声でこういいました。
「そそが観たい」と…(そそ)というのは女性のアソコの別名です。
僕は「じいちゃんスケベだったからな〜」っと思いましたが、
さすがに「えらいもん聞いてもうた」と思いました。
早速家族会議がその場ではじまり、皆口々に
「どないしよ、どないしよ、看護婦さん?そら無理やわ」
ってかんじで会議をしていたら、兄の妻が、「私でよければ…」
と言ってくれたので、皆悩んだ末「お願いします」と頼んだ。
後で聞いたところ、昔兄の借金をじいちゃんが立て替えて
くれたその恩返しだったらしい。
兄嫁は「失礼します」とベットの爺の顔の上にオシッコ座りを
しました。

もちろんマンコは爺の目の数センチ先に。

2〜3秒過ぎて、俺が「じいちゃん満足か?」って聞いたら、
「そそやない、外や」って…

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 23:49:53 ID:APjx2wHr0

225 :世界@名無史さん :2006/04/16(日) 23:47:48 0
ユン・チアンの「マオ」は「誤りに満ちた俗悪書」で、FAでつねw

矢吹晋
http://www25.big.or.jp/~yabuki/2006/mao060207.jpg


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 23:50:47 ID:wCEM6xEH0
謀略史の奇々怪々と『マオ』の読み解き方
評論家 宮崎正弘

『正論』  2006年5月号
ttp://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/seiron.html

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 23:54:37 ID:P9rfsth40

■日中韓の正しい歴史 基礎知識入門サイト

 韓国は“ な ぜ ”反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

東亜板では最も有名なサイトのうちの一つ。

韓国の話を中心に、中国や日本に関する問題を
過去・現在ともに、わかりやすい言葉で大雑把に把握できる。


まだ読んでない人はぜひ一読を。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 01:39:42 ID:qRUKOgyM0
>>228
>評論家 宮崎正弘
↑馬鹿ウヨ評論家の見本www

>>229
↑馬鹿ウヨの見本www

これにて終了!!!


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 22:05:12 ID:m25UyZYp0
今やウヨは襃め言葉になってるぜ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 04:03:42 ID:prRUAFH+0
関東軍が、張作霖を暗殺したメリットと言うのがわからないな。
むしろ、満鉄利権のソ連や中華民国の方に多大なメリットが
あるのも事実。

ここら辺で、こういう憶測が出てきてもおかしくは無いか?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 04:11:06 ID:/4jHX26C0
ウヨって言われることは国を愛してる人物ってことなだ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 18:03:28 ID:IsKyq5Sx0
>>232
張作霖が死ぬと満州が再び下克上になる
それを望む輩がいたってことだな


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 20:05:12 ID:32Q9eF3a0
龍井榮侍のおっさんがこんなところで暴れてるよ

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:31:13 ID:pK4/FYqg0
255 :世界@名無史さん :2006/05/10(水) 20:15:25 0
台湾の出版社からも見捨てられました。
これでトンデモ決定でつねw

『マオ―誰も知らなかった毛沢東』続報
― 『マオ』中国語版を葬った台湾の見識に見習うべし ―
http://www.21ccs.jp/china_watching/DirectorsWatching_YABUKI/Directors_watching_22.html


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:31:54 ID:pK4/FYqg0
256 :世界@名無史さん :2006/05/10(水) 20:29:42 0
上のオマケ

台北から届いたこのニュースに接して、さもありなんと大いにナットクした次第である。

ところが、このニュースに続いたのは、わが日本の「新史料発掘、白熱の激論7時間、
あの戦争の仕掛人は誰だったのか」(『諸君』2006年6月号24-68ページ)である。これは、
痴呆老人と痴呆老人予備軍たちの「総力特集」とでも評するほかない世迷い言である。
中西輝政(京都大学教授)、滝沢一郎(国際問題評論家)、桜井よしこ(ジャーナリスト)、
北村稔(立命館大学教授)、伊藤隆(東京大学名誉教授)の5人が放談している。興味をも
たれた読者にお勧めしたい。台湾のまじめな研究者たちと、日本の一知半解、売れっ子
論客たちの妄言と、どちらが歴史の検証に堪えうるか、比較対照されるよう希望したい。
断っておくが、許倬雲や陳永発は、むろん毛沢東主義者ではないし、マオイスト崩れでも
ありませんよ。


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:32:28 ID:pK4/FYqg0
257 :世界@名無史さん :2006/05/10(水) 21:07:34 0
まあ、矢吹大先生の結論↓がFAですねwww

ユン・チアンの「マオ」=トンデモ

伊藤隆(東京大学名誉教授)=痴呆老人(しかし晩節を汚したなw)
中西輝政、桜井よしこ、その他モロモロ=痴呆老人予備軍


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:35:54 ID:rlY2Kq1K0
伊藤隆は晩節を汚したですむが、中西輝政・・・・・・w

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 15:10:50 ID:voAwfnIT0
>>236

そのサイトこそ電波

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 19:16:42 ID:pK4/FYqg0
>>240

反論できないオマエこそ電波w



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:23:41 ID:SgbPLDaQ0
>>236
政治的に出版できないだけの話だろ。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 21:47:53 ID:pK4/FYqg0
>>242
でたらめだから出版できないのだよw

出版したら即名誉毀損で出版取りとめ・全部回収wそして莫大な損害賠償w
また有罪で牢獄入りかwww

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:16:32 ID:voAwfnIT0
>>241

いや、電波じゃん。
日本を非武装にしようとか
靖国を潰せといってるし

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:25:41 ID:ZnbxY28b0
そのサイト痛いな。
ガス田にしても、全面的にむこうの肩もっているし、
中凶の犬と言っていいほどだ。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:13:38 ID:xoh+XAkR0
>>244-245

反論できないオマエこそ電波w

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:45:06 ID:UDshIBRj0

無責任な非武装中立論者を叩き潰せ!


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 22:02:33 ID:b43Ho+Td0
>>247
激しくスレチガイ!
反論できないアンタは電波w

無責任な電波を叩き潰せ!

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 00:53:29 ID:Z+CEozQU0
>>248
お前昨日からいる
基地外だなw



250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:07:38 ID:M916sXT40
>>243
何の名誉毀損だよ?毛沢東を咎めたら、名誉毀損か?
名誉毀損になるんだったら、英語版も出版できないだろうが。

でたらめな書籍だったら、山のように一杯出版されているわけだが。

ユア・チアンの英語版見れば、すべてがデタラメだとは思わないが。
すでに旧ソ連の資料がふんだんに使われているけどね。
著名人のインタビューのやり方やその日時を記載していないこと、
ソ連の一次資料だからといって、中国、米国、日本などの一次資料と
照らし合わせずに鵜呑みにして、書いていること。
日中戦争の死者2000万人や南京事件の死者30万人は中共の宣伝そのままだし、
問題のある著作であり、書いてあることをすべて鵜呑みにしてはいけないことは確かだ。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:13:30 ID:CjMOT3r00
>>250
台湾のことだよw
生存者や関係者が多数いるのだよwww

アンタ日本語読めるの?
味噌汁で顔を洗って、出直しておいでwww

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:18:13 ID:M916sXT40
>>251
どう名誉毀損になるんだよ。台湾の関係者の名誉毀損になることでも
書いてあるのか?そうは読めんが。
イギリスや米国、日本、ロシアにだって生存者や関係者はいるわけだが?

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:36:21 ID:CjMOT3r00
>>252

236のリンク先を読めw
読んで解らなければレスするな!

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 04:29:04 ID:TZ7olJ7K0
張作霖爆殺事件をソ連の陰謀だよ。日本には動機がないからね。
あれだけの事件を短期間で正確に行う能力も関東軍には無かった。
ユンチアンが認めてるなら、益々真実味が出てきたね。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 04:32:48 ID:tKA3Udsi0
都合の良い陰謀論は、すぐに信じるんだなw

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 04:34:11 ID:TZ7olJ7K0
矢吹晋より櫻井よし子を信用するのが、ちゃんとしたネットウヨさ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 23:48:56 ID:/FpNOjlM0
(全部の投稿は読んでいないので同じ事をいってる人も多いと思いますが、・・)

ソ連崩壊で資料が出てきたので「それだけで筋書きを組み立てるとこうだ。」
というのがソ連陰謀説で、これはソ連=ロシアの情報機関の自慢話です。
KGB出身のプーチン大統領お気に入りのロシアの作家の言っていることです。
諸君や正論に出てくる論客でも根拠が乏しいことは認めています。
これでは関東軍実行の定説が覆ることにはなりません。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 23:10:55 ID:r5dChWxy0
>これでは関東軍実行の定説が覆ることにはなりません。

まぁ近代日本史の常識だよね。
ユンチアンと旦那が、近代日本史を知らないだけのことでしたねw

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 23:15:11 ID:Q8H1bnch0
昭和29年12月の週刊文春に河本大作が「私が張作霖を殺した」と
記事を寄せているのですが

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:05:11 ID:WvBAxXpH0
>>259
その手記を書いた河本大作は昭和28年8月に
中国で獄死しているのですが

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 09:52:27 ID:wozKUDoi0
獄死云々だから捏造文書を中国共産党がコミンテルンの指示で
文春に寄せたわけではあるまい。

戦前に田中義一内閣が総辞職し、
満州某重大事件を引責して河本が予備役に入ったのは史実だ。
それとも、この「史実」も戦後のソ連による捏造かな?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 00:56:58 ID:P7dkKSbH0
死んじまってたら寄せられない罠。

ソ連が張の暗殺を計画・未遂していたことは
史実と認めてよいのかね。今まで日本の歴史家で
指摘していたやつはおらんだろうから、 それはそれで画期的かと。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 05:11:06 ID:Cz0VfAqf0
なんで起こしてもいない爆死事件の責任とって河本がクビ、田中首相まで
後始末の不手際を天皇に叱責されて辞任せにゃならんのかね?

264 :魔法の言葉「ソ連崩壊後の情報公開」:2006/06/30(金) 17:21:56 ID:+C7zkoBl0
>262は要するに、こんな事もあったけど、日本に先に実行されたので
おらがロシアの計画は未遂だよとかいう駄法螺本を楽しく信じちゃったってことだな。

「じつはおれもJFK暗殺を予定していたんだ」
「独ソ戦/ソ連による先制開戦計画」なんて、ころっと信じちゃう口だな。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 00:38:45 ID:kJ5ylo140
正論が入れ込んでた張作霖爆殺ソ連犯行説は
諸君の座談会で伊藤隆に一笑にふされました。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 04:34:56 ID:VC/i8glT0
あたり前だの○○○○○!
まともに歴史も勉強してないくせして、自虐史観とやらの修正話には
検証もせず直ぐ飛びつくサンケイ系記者の馬脚を現しただけ

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 16:59:35 ID:nYerZHey0
これ↓が結論

張作霖爆殺事件−河本大佐犯行説、これだけの根拠−
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/chousakurin.html

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 10:06:50 ID:tz8k+IfI0
>>266
一次大戦で沈んでもいない日本駆逐艦を、味方の英国船を狙った魚雷の
盾となって沈んだと言うおとぎ話を持ち上げたあげく、教科書にまで載せて
しまった事がありましたな。
自慰史観論者はあのころから何も変わっていない。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 12:57:43 ID:lR6sqQ+70
NHKスペシャル「満蒙開拓団はこうして送られた」
http://www.nhk-jn.co.jp/002bangumi/topics/2006/034/034.htm

この番組によると、満蒙開拓団を計画し、、「満蒙開拓の父」といわれた関東軍将校
東宮鉄男が張作霖事件の実行犯だと断定してたぞ。
本人の当時の日誌の内容も公開されていた。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 17:37:19 ID:okVvFqOn0
東宮大尉(当時、第四中隊長)の犯行の詳細(実行前後の行動)については
児島襄著「日中戦争(1)」に詳しい


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 14:20:55 ID:b14LbH/j0
>>259-260
http://www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/koumotodaisaku.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E4%BD%9C%E9%9C%96%E7%88%86%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
事件当初から、犯行は「日本軍の仕業」であるとの説が広く流布していた。現
場調査を行った民政党代議士松本謙三氏なども、爆破に使用した電線が
橋台から日本軍の監視所まで引き込まれていることを中国側に指摘されて、
「これで完全に参った」との記述を残している(『三代回顧録』。その後、事件
に関わった大陸浪人工藤鉄三郎が、小川鉄相に対し、犯人を河本大佐らに
特定する「爆破事件の真相」なる書簡を持ち込み、日本側「特別調査委員
会」でも独自に調査を行った結果、現場で発見された「中国人2人」の死体
は実は日本側の工作であったことが判明した(「松本記録」)。峯憲兵司令官
も朝鮮にて桐原中尉を尋問、事件の主犯は河本大佐ら日本側軍人である
との確証を得、その旨を田中首相に報告した。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 15:01:16 ID:4tuQvf/T0
>>271
惜しむらくは↓誰かwikiの訂正を願う!

>民政党代議士松本謙三
は、松「村」謙三の誤り。>>267

なお、「松本記録」は、これが正→戦前期「外務省記録」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/shozo/senzen_1.html

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 17:45:02 ID:9zcGHsG60
ソ連陰謀説が成立するとすれば、
河本大佐がエージェントだったのでは?

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:57:11 ID:DLu4LdrL0
179 :名無しさん@6周年:2006/08/18(金) 20:57:08 ID:hQs1XFiQ0
 【 2chで真実を知ったとかなんとか、ヒキコモリ右翼が感涙したコピペの実態 】

・爆問太田のラジオ左翼発言→(捏造。抗議受けて身辺警護までつけるハメに)
・アインシュタインの天皇制賛美発言→(捏造。元々博士は共産主義的思想。中澤英雄氏が捏造を暴く)
・福島瑞穂の警官は丸腰で犯人逮捕しろ発言→(捏造。一次ソースが2chコピペ)
・岡田代表の「(中国の)許可を得たんですか?」発言→(捏造。そう解釈できそうな発言はあるが、だから変えていいわけもない)
・フィンランドで日露戦争日本勝利を祝って東郷ビールが発売→(捏造。日露とは関係なしでフィンランド人も知らない)
・トルコには東郷通り、乃木通りがある。→(捏造。そんな通りは無い。ちなみにTOGOという靴屋はあった)
・アムステルダムのサンティン市長「日本はアジア諸民族の独立の立役者」→(捏造。サンティン実在せず)
・ハン板で韓国人ストーカーに悩まされるOL→(携帯・自宅・会社・親戚宅でIDが同じ。なぜか捏造と認めない住人w)
・本田総一郎の韓国とは関わるな発言→(金文学の本に記載なし)
・街宣右翼の90%は在日→(ソースとされるBBCの番組の放送日時、番組タイトルなどは一切不明)
・朝鮮学校への脅迫電話は自作自演→(脅迫電話の容疑で03年1月に広島東署に逮捕された宮原久男容疑者は日本人)
・元宮内庁長官の昭和天皇発言メモは捏造→(何も証拠なし)
・国立市の小学校で小学生が校長に土下座要求→(産経の捏造。産経は弁護士会から訂正勧告を受けるハメに)
・国会で昔、戦犯の名誉回復が共産党も含めた全会一致で決議→共産党の議員は反対(1議席しかなかった)

275 :名無し:2006/08/19(土) 09:25:48 ID:8gk1nCyg0
マオは毛沢東の秘密という点で集客し、反日宣伝を売り込むという手の込んだ
謀略本だ。作者はワイルドスワンで大金持ちになり、共産主義とは手を
きったが、反日だけは残っていることだろう。中共宣伝部の協力を得て
作成したのだから双方は意図を了解している。中共も毛沢東がいやで
困っている。もし毛が戻ってくれば現執行部は腐敗した資本主義の塊として
全員強制収容所送りだからだ。共産党の恐怖政治はすべてソ連方式と支那
歴代の独裁政治の産物である。日本は戦前すでに普通選挙法のある民主国家
である。嘘の多いマオ情報の使い方に日本人は注意しなければならない。


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 10:42:06 ID:xTwmeBCg0
>>273
おまいらって、放っておくとそのうち昭和天皇はソ連の回し者とかアカとか言い出すよねw

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 15:34:56 ID:J8i8h0Lb0
「満州国」見聞記―リットン調査団同行記 講談社学術文庫

カスタマーレビュー

まず、満州地方の人々が軍閥の圧制、匪賊の跳梁跋扈にずっと前から悩まされていた
ことは英米国人ら外国人や中国人自身の証言として言及されている。
馬賊の首領から身を起こした張作霖と息子学良の貴族のような暮らしぶり、またシュネー氏
の言うように’24年には「満州で張作霖反対運動」が始まっていたことからしても、彼等が
地元民を重税によって搾取していたという証言が裏づけされているように思われる。
日本人も含めた満州地域の住民は、本当に匪賊等の略奪、器物損壊、誘拐、強盗、殺人と
いった犯罪に苦しめられていた。
著者は、満州事変後の満州国内では中国本国に比べて匪賊の被害が圧倒的に少なく
なっているというし、またソ連から逃れてきたロシア人ドイツ人難民が満州では貧しくとも
溌剌とした暮らしをしていることなどをとっても、日本の行動が満州に秩序をもたらし、
地元住民の生活を向上させたのは間違いない。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061595679/249-8485062-3989909?v=glance&n=465392

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 15:57:02 ID:fNy5PgON0
ソ連崩壊後の、昔の情報とれた混乱期に
日本関連の資料をあさってくるような、
気の利いた学者やジャーナリストは、

日本にはいなかったのかな。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 01:57:58 ID:DkOrfbmg0
>>277
勝手な切り貼り引用の、見本だなw

重要なポイントは↓

国際連盟の満州問題に関する見解は、1)紛争中の日本の軍事行動は自衛とは認められない。
2)満州国建国は自発的な真正の独立運動によるものではない、ということに尽きる。

この部分↑は、正しいが、このレビュアーの残りの評価はマユツバw

ちなみに、このレビュアーは、もっともらしいことを言うが、本質は馬鹿ウヨw
このレビュー以外では、捏造で悪名高い、トンデモの東中野修道の本をほめているw

笑わせるよwまったく!

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:52:19 ID:kuTxFNIs0
>>277
どう見てもただのコヴァです。 本当に(ry


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 21:18:01 ID:0uwrdEAN0
コヴァなんて、まだ生きてたんだwww

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 00:20:22 ID:tDMdXwgI0
>>259
その記事は昭和3年の文藝春秋じゃない?
「文藝春秋」にみる昭和史って本に載ってる。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:06:49 ID:4kP1hdV50
『マオ 誰も知らなかった毛沢東(上)』、土屋京子=訳は、電波で決着!

こんな本を出すなんて、土屋京子も電波w

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 04:13:02 ID:WXR8Y0g/0
息子は長生きしたよな〜。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 12:01:58 ID:1OWpnllc0
>>274
> ・街宣右翼の90%は在日

こんなの初めて聞いたぞ。

「部落と在日あわせて9割」と言うのはあったけど。 Wikiにもそう書いてあるし。

街宣右翼 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%97%E5%AE%A3%E5%8F%B3%E7%BF%BC

286 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/21(日) 23:39:59 ID:agAOfVAs0
張学良が遊びに来たよ(・∀・)
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1164355875/1-100

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)