5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

悲惨な戦前の日本

1 :日本@名無史さん:2007/02/15(木) 21:24:02
真相は下のリンクにどうぞ。
戦前の日本は360℃どっから見ても三流国家。
今の日本が成功したのは、過去の日本を否定することが
出来たから。

http://www.warspite.jp/chapter1/01.html

http://www.luzinde.com/

2 :日本@名無史さん:2007/02/15(木) 23:37:47
つうか、戦前までの日本のほうが、日本の本来の実力というか姿。
特殊なのは、冷戦の棚ボタでアメリカにブクブクに肥え太らされた戦後のほう。
まあアメリカが梯子はずし&日本への散財分に利子付き回収モードに入ってる以上
日本はそのうち本来の姿に回帰していくとは思うけど。

3 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 01:10:09
三流国家もなにも、国自体が貧乏だったしな。
朝鮮に金使ってる場合ではなかったんだよな。

4 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 08:23:55
その三流国でも列強に名を連ねた東洋の大国だったという事実。
戦前も戦後も日本は違いこそあれ特殊な国だったようだね

5 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 09:14:11
デイヴィッド・ブリンの「スタータイド・ライジング」を読んでみろ。
作者が明治維新の日本をモデルにして人類の未来を描いたSFだが、
史実の大日本帝国が超一流の歴史を歩んでいた事を思い知るぞ。

もしも戦前の日本が三流国家に見えるとするなら、歴史から何も学び取れない三流の外国人だからだ。

6 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 09:53:44
ああ野麦峠とかの殖産興業で絹を造って金を稼いで軍備を整えていったので
平民日本人は苦労したが貴族の百済系の地主は楽に生活してた

7 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 10:15:53
しかし>>1の上の方サイトの数字オナニー好きには見てて苦笑する他ない。
これ作った奴、数学はきちんと勉強してても
歴史に関しては基礎からやりなおさないとだめだな。

まあ、数字だけで見るって意味では、面白かったが。
しかしそれも統計の基準にダブルスタンダードを平気で用いてたり
どうも胡散臭い部分が多い。

8 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 10:22:13
「まず結論ありき」で数字こねくり回してる馬鹿の典型例じゃね?

まず数字を出して、その数字から導かれる結論を出すというのが
まともな論文の書き方だろ。

9 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 10:29:08
こういう妙なポンチ絵で解説するのってはやってんのか
あきらかに子ども向けではなく、その、あれな人向けに見える

10 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 11:01:14
またアニヲタのサイトか。

11 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 14:29:41
で、この匿名のアニメおたくの作ったサイトを見て感想を寄こしてくれと?

12 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 15:34:59
日本の幕末、維新を元ネタにしたデイヴィッド・ブリンの知性化シリーズなどの著作でも分かるように、
大日本帝国の歴史は世界史の中でも特筆すべき一大トピックを形成している。
言わば不可能を可能とし、奇跡を現実化してみせた神の国の歩みなのだ。

デイヴィッド・ブリンが博士号を持つ本物の学者であるように、歴史から学ぶまともな教養人なら誰でも分かる事だ。

13 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 15:38:16
日本って背伸びして無理しすぎなんだよな。
戦前は資源も金もないくせに軍事力で米英やロシアに張り合おうとするし、
戦後も石油も食料も自給できないくせに経済でアメリカに張り合おうとするし・・・

なんで身の丈にあった、西欧の中程度の国の路線をめざさないの?
常に何かで一番にならないと気がすまないって異常すぎる。
アメリカやロシアみたいなガリバーと張り合うなよ。

14 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 15:39:43
1番になるのではない。
もともと1番なのだよ。

15 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 15:43:01
馬鹿さ加減が一番なのか・・・

16 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 15:47:31
それはお前のように歴史に無知な朝鮮人の事だ。

17 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 15:56:13
高句麗が高天原らしいな。

18 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:00:15
高句麗に鳥居の遺跡でも残っていれば耳を貸してやるよ。

19 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:05:44
戦後GHQは帝国の少数民族である沖縄人やアイヌなどに対して日本から独立したいか打診したそうだね。
その時、沖縄やアイヌの人達はあくまでも帝国臣民として生きる道を選択した。
だから彼らは世界の一流国家であり続けた日本の国民として全世界から一目置かれている。

朝鮮人はその時、日本が再起不能だと見限って独立を選択した。
日本から受けた大恩を仇で返した朝鮮人の悲惨な末路はご覧の通り。

20 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:18:26
>>19
沖縄?
占領統治され続けるんだけど…
沖縄のこと知らないで嘘言ってるんだね。

21 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:26:29
沖縄はとっくの昔に日本領だよ。
無知な奴だな。
数年前に米軍兵士が沖縄の女子小学生を強姦した事件があったが、
犯人は日本の司法機関に引き渡され日本の裁判で断罪された。

アメリカは占領統治下の相手国に自国民の犯罪者を引き渡したりする国ではない。

22 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:31:27
韓国で米軍車輌に轢かれて女子中学生2人がペチャンコになった事件の犯人は韓国側に引き渡されたか?

韓国は国の南半分がアメリカの占領統治下にある。
北半分は頭の狂った山賊が占領統治しているが。

23 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:50:44
とりあえず、独立国なのに首都の近くに外国軍隊が駐留しているような国は
義和団事件後の清朝なみであると言っておこう。

24 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:57:58
>>19
ネットで調べてもソースは見当たりません。
貴方の書き込みの正しさを証明する為にソースを示してくださいませんでしょうか?

25 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 16:58:26

戦前の日本や朝鮮の動画
http://www.youtube.com/profile?user=reina1991

併合時代の朝鮮では、笑顔も多くてとても平和そうですね
http://www.youtube.com/watch?v=jLyr2oCX4iU

26 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 17:13:06
日本人も占領されて、ニコニコしてGIにチョコやタバコをねだってたな。

27 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 17:18:12
>>19
沖縄やアイヌの代表者は誰なの?
匿名が代表ってことはないから名前を教えて。

28 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 17:20:57
>>24
アメリカ統治時代の琉球政庁の事だね
ネットで調べるよりも学校の図書館の方がいいんじゃないかな
沖縄の日本復帰までのいきさつや沖縄共産党の活動、琉球独立運動の頓挫とか
興味深い内容の書籍が色々あるはず

あなたは沖縄の歴史に興味があるみたいだから、書籍を漁ってみるのを勧めます

29 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 17:24:25
5年前くらいの「正論」かなんかで読んだ話だな。
興味があれば国会図書館で調べたらいいよ。

30 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 17:53:07
日本史板にネットウヨが来ても馴染めないだろう。
いいかげんなことを書き散らして罵りあうのがあたり前の彼らに、
二言目には「ソースは?」と聞かれる日本史板は合わない。

ついでに、このスレは板違い

31 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 18:04:00
沖縄復帰の歴史は立派な日本近代史だと思うけどねぇ・・・
まぁスレ違いなんでしょうがw

しかし私が学生の頃はアメリカ統治下だった沖縄が、今では日本の一部として当たり前の存在になってる
すでに歴史として語られるとは、なにやら感慨深いね

32 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 18:10:10
つーか歴史に無知な反日デンパが常識に一々ソースを要求しても鼻で笑われるだけ。

33 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 18:35:23
いやいや、むやみに鵜呑みにせずに論拠を求める事は大切だと思いますよ
ただ「ネットで調べたけど云々」では、ちょっとね・・・いずれは殆どの資料が電子化されるんでしょうが、現段階ではまだまだです
やはり若い人達には、自ら書籍に知識を求めて欲しいですね

34 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 19:07:06
当時の強国と比較してみると日本はとてお一流なんて言えない。
どうして結論を先に持ってくるんだ?今はトップクラスの一流国家
なんだからいいジャマイカ。日本は凄く頑張ったとオモ。

35 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 19:12:34
結局、1のサイトのアニオタは何がいいたいわけ?

36 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 19:17:28
戦前の日本は狂っていたと、誰もが知ってる常識的な事を一々過激に
説明してあるだけだろ。ウヨ釣りでは?w

37 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 19:46:14
野麦峠のような女工が結核になってまで絹を造って輸出して
兵器をそろえましたが貧乏人は大量に死にましたが、金持ちは楽な生活で
わらって暮らしました。

38 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 19:48:44
そんなん今も昔も世界中どこでも同じだし・・

39 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 20:18:48
とはいえ、そんな社会には逆戻りしたくないし、賛美するつもりもない。

40 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 20:29:37
>>37
当時は女工 憧れの職場だったそうですが
今の尺度で 物事をみちゃいかんやろ

41 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 20:32:29
戦前なら貧乏なロリを強姦しても無罪だし
金さえ払えば10歳を妊娠させても問題なす




つか、パラダイスだろ

42 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 20:34:54
戦前っても 明治 大正 昭和初期
各々時代背景が違うし 経済状態も違うやろ

43 :( ^(ェ)^)つ東亜+からきますた。:2007/02/16(金) 20:59:14
ふうん


俺は全く違う考えだな。


過去の日本があって今の日本があることを否定はしない。

富国強兵政策を前提に帝国主義経済体制を採り、欧米列強の後を追って
近代化を図ろうとした人々の賢明な時代を乗り越えて今の時代があるわけだしね。

善悪二分論でしか物事を語れないのなら、正義のヒーローごっこでもしてればいいさぁ
昔は悪だけど今は善ってか?w

売春防止法も無い時代に、売春してたんだぜって?w



国会議員もボアソナードの自由なフランス法を選択したのは、
愛人を囲えなくなる議員が多かったって話もあるぐらいなのにw




44 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 22:59:35
土地があっても貧しかったな。病気で死ぬ者も多かった。

45 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 23:01:42
>>1のサイトは有名な反日サイトだもん。

数値に関しては文句言わないけど、
日本人を平気でサルとか言ってるし。言い回しが日本の完全否定だし。

普通に証明できない態度がおかしい。余程、日本人に嫌なことがあったんでしょう。
自国に帰ればいいのに。。

46 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 00:23:02
>>45
何でもかんでも朝鮮人と結びつけるのもおかしいし>>1のサイトの
管理人と同類だよ。冷静に処理できないのは右も左も同じ。

47 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 00:35:05
1のサイトは朝鮮人ではなく反日日本人が作ったんだろうけど
何で彼らはそんなに日本が嫌いなんだろう?
日本人のことを猿と平気で侮蔑してるけど
自分自身が日本人だということを忘れてるのだろうか?
おそらく自身が日本人であることを相当呪ってるんだろうな
だから日本人を馬鹿にするんだろうね
人間て不思議なものでさえ他人を馬鹿にしてるときは
自分のこと忘れられるんだよね
日本人や日本のことを貶してるときは
自分が日本人だということを忘れられるんだよな


48 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 01:31:26
戦前の日本を崇拝するウヨを馬鹿にしてるのであって、
日本や日本人を馬鹿にしてるんじゃないだろう。
ウヨも現代日本を平気で馬鹿にするので両者自虐的だろw

49 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 01:45:34
戦前の日本を崇拝というより、現在の日本の繁栄が戦前日本の延長線上にあるという事に気付き始めたと言えるだろ
戦前も戦後も、日本は大して変わってはいないんだよ
戦前日本の躍進が戦後の高度成長まで続いてきてるんだ

「戦前とは変わったんだ」と教育されて、そう思い込んでるに過ぎない

50 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 02:21:44
そうだね日本が狂ったのはほんの一時だし

51 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 02:27:43
他者を見下して優越感を味わいたいのですよ。

52 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 05:42:24
日本が狂ったのは昭和20年8月16日以降の事だよ。

53 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 05:51:21
冷静に考えて日本が狂ってるのはプラザ合意以降だろ。

54 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 06:22:45
戦前の日本が軍備はともかく格差の激しい、
全体的に言えば貧しい国家だったということくらい常識だと思うんだけどな・・・
戦前の日本が豊かな一等国だったと主張してるアホな奴は
右翼云々の前に単なる勉強不足、そんな奴いねーよと言いたい


55 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 06:26:40
>>54
概ね同意。

56 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 06:50:39
1のサイトみたけど
日本人のこと醜いだとか平気でいえるのって
どういう神経なんだろうとおもった
そんなに白人になりたいのなら
マイケルジャクソンみたいに白人化手術受けて
憧れのヨーロッパに移住すればいいのに
国内でグダグタ愚痴られてもウザイだけなんだから

57 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 06:59:27
>>1のサイトみたいに自説に反対する連中の主張を歪めて、
それをわざと馬鹿なキャラに言わせて論破するってのは卑怯だとも思う
やりくちが小林よしのりちっく

58 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 08:43:19
>>56
むしろそういう考え方がすごく日本人的というジレンマ
そこで外国を見習って自国を発展させようするか
1のサイトの人間のようにただ嫌悪するか
後者みたいな人間はその憧れの西洋へいっても尊敬はされませんが。

59 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 09:05:19
日本人は貧しい
しかし高貴だ

by駐日フランス大使ポール・クローデル

60 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 09:52:01
野麦峠に代表されるように貧乏人はヒエやアワを炊いて食ってましたが
地主は米を食ってました、女工哀史にあるように結核になっても薬なしで大量に死んで
いきましたが、軍備はしぼりとった税金で買いました

61 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 09:53:51
>>54
貧しいって その当時ドコの国と比較してんだ? アメリカか? それともフィリピンか? 欧州か?今現在の日本か?
しかも当時の格差なんて ドコの国も激しかったって思うけど?共産主義とか社会主義がどうして生まれたか…考えてみた事ある?(サヨじゃないけど)
江戸時代の人間は旅に出るとき 新幹線に乗れない貧しい環境だった って言ってるのと変わらないよ


62 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 10:35:12
列強諸国でも貧乏人は餓死に瀕する半面、金持ちは豪遊する格差社会だしな。

列強の中で貧富の格差が最も僅少だったのは日本だ。

63 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 10:43:41
比較だったら>>1のサイトでされてるからそれ見れば?
具体的には当時の西欧列強だろ

64 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 10:48:19
日本以外の列強は植民地の先住民を家畜扱いして搾り盗った繁栄だから、
支配圏全般の文明化を施した日本が貧しく見えるのは当たり前。

65 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 11:17:05
>>62
>列強の中で貧富の格差が最も僅少だったのは日本だ

当時の日本は今の北朝鮮並みに狂ってただけで列強の一つじゃないしw
列強に比べると富裕層が極めて少なく、殆どの国民は平等に極貧生活を
強いられてたって事でしょう。

66 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 11:52:42
戦前、というと、おおまかに、明治維新(1868)〜太平洋戦争終結(1945)
ぐらいの時期を指すと思うのだが、
77年もあって、しかも相当激動の時代で、一口にくくれないと思う。

取り合えず、自称であれ多少であれ、「列強」という呼称が使われ始めたのは、
日清(1894〜1895)、日露戦争(1904〜1905)後で、
それまでの40年近い期間は、列強という認識は無かったと思う。


67 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 11:54:46
>>65
列強だと認められていたよ、国連常任理事国だし軍縮会議にも参加している。
先進国かどうかは疑わしい、ロシア中国も常任理事国で列強だからな
当時の日本も少なくても地域覇権国家だとは思われていた
あくまで極東限定だけどな

大正時代はかなり生活レベルも高いよ、アジアでは1番じゃないかな
ソ連よりまし、イタリアに少し負ける。独仏英米とは比較にならない
中国インドは論外

68 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 12:26:33
国連常任理事国=列強では無いでしょ。

>大正時代はかなり生活レベルも高いよ

はぁ?何処が?w 当時のイタリアは他所と比べて著しく劣ってるんですが。

69 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 12:29:28
まあ待て、じゃあ何を持って列強だ。


70 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 12:53:30
戦前の日本が軍事力で他国から一目置かれてたのは間違いないだろ・・・

71 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:03:49
>>69
>>70
>>1のリンク先を参照

72 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:13:42
>>71
あんまりいい加減なことを言わないように。
それらのページには「何を持って列強」かなんて書いてないぞ。


73 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:13:57
先軍政治で軍備の為に鉄や銅製品は各家庭から徴収され銅像までも撤去、
軍需に応える為学生達は工場へ、国が経済を統制。
食糧不足で飢えた人々に前線の兵士はもっと辛いんだと我慢させる、
前線の兵士は兵站が無く徴発とは強奪のこと。
戦時中の大日本帝国はまさに共産主義国、先軍政治の北朝鮮と同一。
大日本帝国と言う場合戦前か戦中かでは異なる。
大日本帝国を賛美する人達でも、戦中の大日本帝国を賛美する人はいないだろう。
戦中の大日本帝国賛美は北朝鮮を賛美すると同じ。共産主義を賛美すると同じ。
戦中の大日本帝国は狂っていた、狂った大日本帝国が狂った行動をするのは当然。
あの時代は仕方が無いって考えは心神喪失だから免罪と訴える弁護人と同じ。

74 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:29:37
賛美とかではなく
当時の生活レベルや社会の話をしているんだけど
賛美できないから…世界の中で最も貧しくて最悪な社会情勢だった って言いたいのか?

75 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:31:35
列強とは一流の国家として自他共に認め合う国力レベルに到達した大国を意味する俗称だ。
だから特定の国家を列強として指し示す合理的な定義は無い。
具体的に列強扱いを受ける国家は時代ごとに交替する場合もある。

歴史上では最後の交替が第一次世界大戦後に発生し、
それまで列強とされていたイギリス、ロシア、フランス、オーストリア=ハンガリー、ドイツ、イタリアの中からオーストリア=ハンガリーが脱落した。
その代わりに日本とアメリカが列強扱いを受けるようになって現在に到る。

カナダを除けばG7およびロシア諸国と同じという訳だ。

76 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:36:31
>>74
狂った状態(異常)であるものを肯定できない。

賛美できない=世界の中で最も〜 ←これは私の提示ではなく貴方の内なる意見。
私が何ら触れていない文言を貴方が創造する。それは貴方にその意見が眠っているから。

77 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:36:47
明治 大正 昭和初期って一括りにするからおかしくなる


78 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:47:35
日本は列強の中では最も貧しかったが、別に狂ったりはしていない。

国際平和に責任ある大国として第一次世界大戦後に誕生した国際連盟の常任理事国4カ国の一つに就任している事からも明白だ。
19世紀にはイギリスと世界を二分していた超大国ロシアとの戦争に勝った事で1905年以降は日本の発言力が絶大な影響力を発揮していたが、
第一次世界大戦後にはヨーロッパの列強が弱体化したのと対照的に躍進した日本とアメリカを大国として扱わない国は存在しなくなった。

79 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:53:11
>>72
弱小である事の説明は客観的にされている。
よって列強の一つである訳が無い。

80 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:56:12
>>72
オメーのがよっぽどいい加減。バカウヨww

81 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:56:47
日本はロシアとの戦争に勝って強国認定されていたよ。
1905年以降の日本が弱小国という扱いを受けていた事実は無い。

82 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 13:58:37
戦前と戦中を分けて考える。
「戦中は狂っている」
これが戦前も狂っていると解釈される。
私の記述が悪いんだろう。文意を理解されない。
くどく説明する気は無い。
私一個人の考えなんだから他人の考えを変えようとする気もないし
他人の意見で私の考えを変えることも無い。


83 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:04:45
何だ 一人あたりのGDPは結構高いじゃん
ソ連より上だし


84 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:05:09
戦中の日本が狂っていたと考える根拠は何だね?
経済力で日本の何倍も強大なアメリカから侵略を受けたにしては非常に理知的な抵抗を展開して国力の格差を埋める善戦ができていたよ。

他の国ならあれだけ強力な侵略を受けて日本ほどの戦果を上げる事もできまい。

85 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:10:18
木と紙で出来た家って
言い方かえれば 欧州なんか土こねて作った家じゃん


86 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:13:57
>>84
国民を騙して命を奪っといて「はい負けました!」じゃ狂ってると
言われても仕方ないだろw

87 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:16:24
>>81
何処で認定されたんですか?w


88 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:17:56
真珠湾奇襲でコテンパンにされてから日本を非常に憎悪するようになったアメリカ海軍のアーレイ・バーク提督は
常日頃「ジャップを殺す事は善行である」と発言していた。
彼は戦後、帝国海軍部隊に掃海任務などを命じる内に日本に対する認識が激変して親日派と化した。

アーレイ・バークの埋葬には本人の遺言に従い、
日本から授与された勲一等旭日大綬章だけが死装束に飾られた。

89 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:18:15
>>82
同意。その辺の区別は面倒だけど大事だね。

90 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:20:10
やはり戦後の日本は素晴らしい。

91 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:20:15
当時の新聞や出版物でロシアに勝った日本を弱小国扱いした物は皆無だよ。

92 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:21:40
日本はいつも素晴らしい。
1918年以来は堂々たる列強だし。

93 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:22:42
それ以前にどこで 列強認定されるんだ?
当時のアメリカとかに
あんた明日から列強ね って認定する国とか機関があったのかな


94 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:25:22
アメリカに侵略されたら抵抗するしかない。
日本人を騙して命を奪ったのは主に侵略者であるアメリカの罪だよ。

日本は不十分な軍備で必死に抵抗しただけだから狂っていたとは言えない。

95 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:26:28
>>91
弱小国って扱いされてたから、大国ロシアに勝って
世界超ビックリニュースになったんだけどね。
別に強国認定された訳じゃないよ。ロシアに勝って
有頂天になってアメリカと喧嘩したらコテンパンにやられて、
偶然が証明された訳だがw

96 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:28:41
国際連盟の常任理事として選ばれたなら列強扱いされていたと考えられる。
国際連合の常任理事国は単に戦勝国ってだけだから弱小国も含まれてるが、
第一次世界大戦にほとんど関与していない日本を国際連盟の重要ポストにつける意味は日本が無視できない強国だからに他ならない。

97 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:31:22
>>95
日本は昔から大国を相手にしか戦争してないし


98 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:46:48
当時のロシアに偶然で勝てる訳ないだろ。
今のアメリカに偶然勝つよりも有り得ない。

99 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:49:19
偶然では当時の超大国ロシア相手にタイマンで勝つ事は出来ない。
眠れる獅子と呼ばれたにも関わらず実は弱小国だった清との戦争に勝った時には日本が強国認定される事が無かったが、
偶然では絶対に勝てないロシアに勝って日本は正真正銘の強国と認められた。

100 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 14:53:30
>>87
何処が認定するんですか?

101 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 15:05:23
世界の人々

102 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 15:18:08
当時はYellow Perilといって白人社会を脅かす日本人に対して警戒する論調があった
その風潮をわかりやすく反映してるのがチートという映画に日本人美術商が悪い金持ち役で出てきます。

103 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 15:23:10
後の黄禍論である

104 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 15:43:53
美術商ですら日本人ならば恐るべき存在だったんだな

105 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 15:44:15
どちらかと言えば
近代史だろ
近代史板ってのが別にあるから 戦前でかつ近代史以外の議論をするのけ?

106 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 19:50:31
日本人は名誉白人と言われているが、喜んでいいのか怒るべきかといえば、
中国でオリンピックができるのか心配するほどなので、

107 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 19:52:15
だいたい名誉白人なんて誰が言ってんだよ

どうせ名誉白人として扱われたいの間違いだろ

ダッセェー

108 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 20:10:49
>>79
ハァ??????????
まるで話がかみ合ってないな。
誤爆か?

そのことが、
>>69
と、何か関係するの?

109 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 20:52:35
名誉白人は南アでの呼称じゃなかったっけ。

110 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 21:26:22
アパルトヘイトが残ってた頃の南アだね
在南ア邦人のための外交上の配慮で「名誉白人」なんて扱いになってた
この時代の南アでは有色人種(民間人限定)は結婚に居住地域、はては公共交通機関まで制限あったからね

111 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 21:35:45
そんな事 日本の学校出てれば 授業で習うだろ
日本の学校ならね


112 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 22:16:51
このスレのアンチって何か哀れだな。
結局、井沢の影響力の強さに嫉妬してるだけだろ。

113 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 22:21:13
アンチとか擁護とかいう枠組みでしか物を考えられない病気の人って、
しばらく2ちゃん止めて、カウンセリングとか受けたほうがいいんじゃね?

114 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 00:12:49
どう見ても列強日本に嫉妬したチョソが立てたスレです(>_<)

115 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 01:15:36
まぁ事実といえば事実だけどな。

116 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 01:23:00
上の下か下の上か

117 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 01:39:27
アジア地域では超一級国家だったが、西洋列強と比較すれば今一歩だったと

これでいいんじゃね?

118 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 02:31:48
19世紀の国際情勢を形容する表現として代表的なものには作家キプリングの「The Great Game」が知られている。
大航海時代以来、数百年繰り広げられた西洋列強による植民地獲得競争が最終局面に入った19世紀には、
イギリスとロシアの2強の力が群を抜いて突出していた。

あたかも英露2強が他の国々をチェスの駒の様に動かして地球規模のゲームを楽しむかの状況をThe Great Gameと呼んだのだ。
ロシアを叩きのめして英露のゲームを強制終了に追い込んだ日本は超大国のパワーバランスを激変させただけではなく、
大航海時代以来の西洋列強による植民地獲得競争という大きな流れまでも変える偉大な功績を達成した。

日本は正真正銘の超一級国家なのだよ。

119 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 02:38:43
ロシアを叩きのめしちゃったもんだから多くの日本人が勘違いしちゃった。

120 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 02:40:50
勘違いしているのはお前だ。
別に日本人は勘違いなんてしてないからな。

121 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 02:44:09
そうかい?一時的にロシアに勝ててもそれ以降も連戦連勝出来るほど国力がないのは自明だが。

122 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 02:54:48
日本が連戦を強いられたのは、日本を的にかけた侵略が相次いだからだよ。
日本が西洋列強による植民地化を潔しとしない限り避けては通れぬ戦いが続いたに過ぎない。

123 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 03:00:47
日本は一時的に負けたが、最終的には日本の目的通り西洋列強の植民地帝国はほぼ完全に壊滅し、
西洋列強諸国のほとんど全てが今や日本よりも貧しい弱小勢力に転落した。

124 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 03:06:19
欧米の植民地主義に憤りを感じてアジア解放への使命感をもって戦ったのは立派だと思うが、
それは心意気の問題であって、超一級国家であるかとは別次元。

俺が思うに、超一級国家であるなら現在のアメリカの様に軍事力・経済力・国際的影響力の全てが
突出していなければならない。

125 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 03:10:07
現在のアメリカみたいな国が超一級だ?
お前さんは収入を上回る莫大な借金を重ねて毎日豪遊している馬鹿を見て大富豪だと勘違いしているだけだな。

126 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 03:12:53
そう言われればそうだな。「現在のアメリカの様に」は削除。

127 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 03:21:44
再起不能の負債を抱えたアメリカは既に死んでいる。
日本はアメリカの死体にジャパンマネーという魔法をかけ、
最強のゾンビ兵士として使役するネクロマンサーだ。

128 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 05:50:49
ここはネタスレですか。

129 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 06:54:51
ネタスレ以外何に見える?


130 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 09:05:04
イラクの石油をねらってむだに動いて金を回収できなかったらオオバカになるよね

131 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 19:39:37
強姦された16歳の少女を死刑にするのがイスラム社会だ。
わざわざ死刑が適用される21歳だと裁判所ぐるみで偽ってまで死刑を執行する狂気の文化圏だ。

アメリカにはイスラム圏近代化の為に力尽きるまで戦い続けて貰う。

アメリカがイスラムと刺し違えて滅亡したら後始末は神聖なる大日本帝国が引き受ける。
世界を覆いかぶさる邪悪を一掃して最後に勝ち残るのは神州日本だ。

132 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 20:06:14
太陽系全域を文明化する大日本帝国のグレートゲームはまだ始まったばかりだ。

133 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 20:16:12
世界の中で生き残って欲しい民族を一つ挙げるなら、それは日本だ。

ポール・クローデル

134 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 22:50:02
>>117
超はいらんかもしれんが同意

135 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 23:43:48
有色人種を片っ端から家畜化しようとしていた西洋列強の侵略を次々に撃退し、
とうとう数百年に及ぶ植民地獲得競争の時代を終わらせた日本の燦然たる激闘の歴史と比べたら他の国はどう見ても三流以下

136 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 23:49:57
>有色人種を片っ端から家畜化しようとしていた
その段階で事実と違うな。

刺激的な比喩は、プロパガンダに使うには都合がいいかもしれないが、
史実を述べるにはいささか適切を欠くな。


137 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:15:04
反論したければ、具体的にヨロシク。

138 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:22:48
オーストラリアに移住した白人はキツネ狩りと称して先住民を殺戮するゲームを楽しんでいた。
家畜扱いというのは正確ではなく、有色人種を野獣扱いしていたと見做すのが正しい。

139 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:27:56
まあ、人を人とも思わぬ邪悪な侵略者を大日本帝国が退治してくれた事実には変わりない。

140 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:35:04
なんか、いろいろいいながら結局は最初の主張を引っ込めてるな。


141 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:37:11
歴史を調べれば調べるほど大日本帝国の偉大さを痛感するわな

142 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:47:36
どうも論点がよく見えないな。
偉大と悲惨は必ずしも並存しないとは思えないのだが。

143 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:51:56
対外的には偉大で国内経済は悲惨って事じゃない?

144 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:12:05
>>143

う〜む・・・
経済的に日本が悲惨だったなら、ドイツもイタリアもロシアも
悲惨だったということになるし・・
国民の生活{都市部}は向上してたし・・
GDPじゃね?

145 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:26:59
貧富の差は西洋列強の方が深刻だったけどな。

146 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:36:15
>>144
>経済的に日本が悲惨だったなら、ドイツもイタリアもロシアも
>悲惨だったということになるし・・
だから戦争になったんだと思う。

>国民の生活{都市部}は向上してたし・・
国内の大半を占める農村は不作とか貧困とかで相当うっぷんがたまってたらしいから
都市部が生活向上してても全体として見れば経済状態は良くなかったんじゃない?
農村出身者の軍人が強硬派だったのもうなずける。

>GDPじゃね?
意味が良く分からない。

偉大っていうのも主観的で相対的なものだからね。
人によって見解が分かれるのは仕方が無い。

147 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:40:57
搾取というのは言い換えると貧困を弱者にアウトソーシングしてるという訳だ。
大日本帝国では臣民を家畜化も野獣扱いもしてないので、
社会全体を見渡せば貧困が弱者に掃き寄せられてはいない。

西洋列強が裕福に見えているのは西洋列強の植民地支配体制下で家畜化されてる有色人種の悲惨さを別勘定にしてるからだな。

148 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:41:53
たぶん日本は自分の「貧しさ」を感じなかったのかもしれない。
西洋文化が流入して「文明開化」が起きたとはいえ、農村など
は江戸時代からの続きだったのではないか。
もちろん飢饉時をはじめ苦しい生活を実感することは多々あっただろうが。

ただ、数値的な話になるとどうしても西洋とは大きな差がある。
これは数字が示す事実。

それと日本が偉大っていうけどよく分からない。
がんばったとは思うし、白人に追いつけ追い越せで成長してきた。
でも太平洋戦争がなぜ起こったか考えれば、それは亜細亜の解放じゃないことは自明。
結果的に帝国主義、植民地主義は終焉をむかえたし、太平洋戦争での日本が一役買っていることは確か。

でもそれで「偉大」なんていえるだろうか。
自国が生き残るために活動した結果が太平洋戦争である以上、偉大なんて言葉は使えないと思う。
「後進国なのによくがんばった。」
こんなものだろう。

149 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:47:59
いや、日本の目的はあくまでもアジアの解放だよ。

有色人種をケダモノ扱いする西洋の鬼畜どもをわざわざ日本単独で撃退する必要は無い。
むしろ利害を同じくする有色人種を糾合して白人を駆逐する方が遥かに勝算がある。

大東亜戦争は虐げられた有色人種の為でなくては日本が参加する理由が無い。

150 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:52:11
>>149
「アジアの開放という理念」と「資源の獲得という経済的理由」

151 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 01:55:51
人を人とも思わぬ侵略者の乗る戦闘機を撃ち落とす為には、
日本軍が所有する戦闘機にもガソリンを入れなくてはならないからな。

152 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:04:21
だから在日韓国・朝鮮人は嫌われる

153 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:06:56
>>149
コヴァばっか読まないで普通の本も読めw
日米交渉から開戦までの流れを勉強しろ。

154 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:07:53
反日宣伝が決定的に説得力不足なのはその辺なんだよな。
日本は燃料タンクが空の兵器で侵略に抵抗しない限り悪者なのかよっつー話。

155 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:08:31
アジアの解放は建前だろ…結局のところ帝国主義だし。
そもそもそんな地域ナショナリズムのコンセンサスが当時の
東アジアにあったのかさえ疑わしい。
それにそういう大儀が本当ならなんで中国韓国と仲が悪いのよ?
またなんで今アメリカとべったりなのよ?
大東亜戦争はそもそも大陸で始まってるし。アジアの開放いうなら
敵が違うでしょ。太平洋戦争は明らかに南方資源目当てだし。


156 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:09:18
>>153
お前が読んだのは明らかに普通の本ではない。

157 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:12:24
>>153
ちなみに何を読んだんだ?

158 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:12:32
西洋列強の侵略を撃退する為には、日本とその味方が西洋列強の力を凌駕しなくてはならない。

帝国主義は経済モデルであり、帝国主義政策が日本の強化に必要である限りは日本の目的がアジア解放ではない事を意味しない。

159 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:17:14
中国韓国は馬鹿だから西洋の策にひっかかって日本の足を引っ張る役目を引き受けた。

つまりアジアの裏切り者、有色人種の裏切り者という事だ。

その証拠に他の有色人種は日本の偉業を好意的に評価しているし、
中国や韓国は嫌われている。

160 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:18:13
>アジアの解放は建前だろ…結局のところ帝国主義だし。
アジアの解放の建前(八紘一宇)が大陸進出を後押ししたのも事実だよ。

「八紘一宇」の考えに共感して大陸進出を考えたたマジメな人たち。
低迷する国内経済を打開する為に大陸進出を考えた経済界や政府。
両者の思惑が一致した結果の大東亜戦争なんじゃないかな?

161 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:19:53
建前ではなく、主目的な

162 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:23:01
少なくとも政府は主目的じゃないな。

163 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:25:03
兵器にガソリン入れたら主目的ではないのか?
相変わらず反日宣伝には説得力が無いな

164 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:30:30
日本に都合がいいように歪曲
日本に都合が悪いように歪曲

どっちも同じ行為だよ。

本当に日本を愛しているなら当時の日本を本当の意味で理解することをお勧めする。
オレは日本が好きだから中国韓国みたいのは氏ねばいいと思う。ウソツキだからな。
おなじ理由でおまえらみたいのも氏ねばいいと思う。

165 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:34:56
他の有色人種みたいに弓矢と槍で抵抗しなければアジア解放が主目的とは言えない。
というのが反日勢力の主張なんですよ。
石油が必要な兵器を使ったりすると、石油を使う事が日本政府の主目的という事になるらしいんで

166 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:36:12
歪曲してるのは反日勢力の方だけだがな

167 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:50:47
親日にも反日にも右翼にも左翼にも歪曲する奴はいる。

とマジレスしてみる。

168 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 02:56:36
理詰めで考えれば戦車や戦闘機に乗って侵略してくる敵を撃退するのが主目的なら、
戦車や戦闘機に搭載する燃料の確保は侵略を撃退する為に必要な手段ではあっても決してそれが主目的なんかではないのは明白。
資源が主目的だなんて意味不明で支離滅裂な嘘に騙される方がおかしい。

169 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:02:55
当時の日本政府は石油を燃やすのが好きなマニア達だったから石油の確保と燃焼を実行する口実に意味は無い説

170 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:13:18
他の有色人種が次々と家畜化されてる様子を知った日本が、
西洋列強を撃退しうる力を持とうとしなかったと考える理由が無い。

日本政府の主目的はあくまでも有色人種を解放して侵略を撃退する事であり、
資源の獲得はその為に必要な手段としか解釈しようがない。

171 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:13:25
経済界にとっては主目的じゃないの?
例えば、石油の場合はアメリカからの輸入にかなりの割合を依存していたけど
経済制裁で輸入出来なくなったから自前で調達しなければならなくなったから
南方の石油を抑える必要があった。

国内の産業振興の為に原料や燃料を確保する事が一次目的で、
戦車とか戦闘機の燃料は二次的なもの。

172 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:17:42
それもまた大局的には西洋列強の力に対抗する為の手段に他ならないよ。

173 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:22:45
>>171
それでは何百年間も石油無しで生活していた日本が、ある時いきなり石油が欲しくなって戦車や戦闘機を作り始めたと言ってるのと同じ寝言だよ。

174 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:27:59
なんか論点が見えなくなった。

明治から続く「富国強兵」と昭和になって提唱される様になった「八紘一宇」の
両者が大東亜戦争へと突き進む原動力になったと俺は思っている。

175 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:38:21
富国強兵も八紘一宇も西洋の侵略に抵抗する為のスローガンじゃん。

176 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:42:11
そうだな。ようやく結論が出た。

177 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 03:51:53
富国強兵と八紘一宇をうまく完遂させる方法はあったのだろうか?

178 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 04:16:48
戦前は豊かだった・・・
テレビ以外はなんでもあった。

179 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 04:22:28
戦前は豊かだった・・・
パソコン以外はなんでもあった。テレビさえも。

180 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 04:33:23
日本は今もなお太陽系を文明社会と化す為に富国強兵と八紘一宇を静かに遂行中だ。

181 :( ^(ェ)^)つ東亜+からきますた。:2007/02/19(月) 05:24:02
はぁ テレビもねぇ

電車もねぇ

おらの村にはなんにもねぇ


おらこんな村嫌だぁ〜

おらこんな村嫌だ〜



182 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 07:47:35
赤蝦夷が朝鮮に攻め込むのを防ぐ為に軍艦が足りないのぢゃ。
辛抱しなせぇ。

183 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 10:27:32
誰かも言ってたけど、日本は後進国のにしては頑張ったってのが本当のところだろうな。

日本が"偶然"一回っぽきりロシア相手に勝ったのを機に、欧米から一目置かれるようになった
なんてのはオナニー的妄想でしょう。欧米諸国は決して日本を自分達より優秀だとは思って無
かったんですからw

184 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 10:52:50
@ロシアに勝ったのはマグレで、日露戦争以前も以後も一貫して三流国家であった
A日露戦争以前は一流国家であったが、その後三流国家に下落した
B日露戦争以前も以後も一貫して一流国家であった

真実はどれでしょう?

185 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 11:12:28
アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本、ソ連

やはり世界の五大強国には入るんじゃないか?
だからと言ってアメリカとは互角だった訳ではなく、国力に十倍以上の開きがあったのは事実だが。

186 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 11:32:11
その「五大強国」って言葉も、日本が一方的に使ってる言葉なら
かなり胡散臭い。例えば英語ではなんて表現になるんだろ?

187 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 11:39:19
five great powers

188 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 11:42:41
今も3流国なのが次から次にバレてきててはずかしい、耐震基準偽装があるし
手抜き工事のしゃぶコンの建物とかが崩れる日がくる。

189 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 12:25:29
>>184
露や中:日に負けたので日を三流とはいえない
英  :日は重要な同盟国であり、日を三流とはいえない
独  :日に負けたり(青島など)、重要な同盟国であり、日を三流とはいえない
米  :1945年に、1983年のペリーの軍艦旗の下で降伏させたように、日は100年来の太平洋の覇権を競うライバル
    日を三流とはいえない

190 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 14:06:39
当時のロシアは偶然で勝てるような相手ではない。
そんなのは日本を後進国だと思い込みたい朝鮮人の妄想。
最近問題の耐震偽装も主犯は在日朝鮮人だし。

191 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 14:23:05
日露戦争当時、日本海軍が初の国産近代型戦艦「薩摩級」を開発している事を知った英国海軍は設計図を見て驚愕した。

当時イギリスで建造中だった最新型の戦艦を大幅に上回る性能を「薩摩」が間もなく実現しようとしていたからだ。

イギリスは大慌てで進行中の建艦計画を全て中断し、まだ完成すらしていない「薩摩」を性能面で凌駕する新型戦艦を急造した。

これが軍艦史に名高い「ドレッドノート級」である。
日本は世界最強の海軍国であるイギリスと既にトップ争いを開始していたのだ。

192 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 14:45:08
世界最強のロシア陸軍を横綱相撲でネジ伏せ、
世界最強のイギリス海軍の軍備計画に激震を加える戦艦を国産。

どこからどう見ても超一流の列強そのもの

193 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 14:49:49
地方では身売りも珍しくなかった三流国だわな


194 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 14:51:17
それはイギリスやロシアも同じ

195 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 14:53:18
貧富の差は日本が最も小さい。
欧米は貧困層が日本とは比べものにならない悲惨さだから。

196 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 14:57:57
ま、日本はどう見ても超一流だよ。

197 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 15:37:59
>>195
まぁ共産主義やら社会主義って思想が生まれるには 理由があるって事だよ


198 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 16:13:05
>>190
せめて軍事面だけでもロシアに肩を並べてたような状況なら、
その強気な態度も自然だろうけど、実際ロシアの情勢不安があり
タイミング的にも地理的にも、運が日本に見方したんだろうね。

日本が勝ったと言う結果と事実があるんだし、偶然的要素なんて
どの戦争にも付きもの。そこまで必死に否定すると返って胡散臭くなり、
サヨを喜ばせるよね。

199 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 16:16:07
ageウヨさん、連投は見苦しいよ

200 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 16:17:58
>>199
sageサヨさん、妄想は見苦しいよ。

201 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 16:37:12
だだっ広い奉天で野戦をするって時にどんな偶然が勝てない筈の状況を逆転勝ちに導くんだか。

反日宣伝の嘘では説明がつかなくなるから偶然の勝ちだという事にしたいだけじゃん。

202 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 16:40:50
敵に勝つ為の準備と努力が世界最強のロシアを上回った。
そうでなくてはロシアとの戦いに決して勝てない。
それは偶然とは全く違う要素だ。

203 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 18:12:16
国際情勢も日露の国内事情も日本に有利に働いた

偶然ではなく日本の準備と英米の協力、ロシア政府の無能無策

偶然ではなく必然、何度やっても日本が有利に戦えるはず

204 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 19:24:37
ロシアも国内事情が不安だった。
日本はイギリスにおんぶにだっこ。

マグレとは言わないがタイマンで勝てる相手ではなかった罠

205 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:04:01
国内事情だのなんだのはロシアの問題。
日本が様々な国内事情を抱えながらロシアとの戦争に踏み切ったのと同様に、
ロシアも様々な事情を抱えながら日本との戦争を選択して、
得意分野の野戦でも要塞防衛戦でも艦隊規模で優勢な海戦でもガチンコで負けた。

イギリスは一個小隊たりとも援軍を派遣していない。
つまり日本の完全勝利であって、
戦場で銃弾1発たりともロシアに撃ち放ってないイギリスの勝ちなんかではない。

206 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:06:52
バカウヨの妄想はもういいよ…

207 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:08:51
バカはお前だし、
妄想してるのもお前なんだよボケが。

208 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:11:45
日本軍は野戦でも要塞攻略でも海戦でもロシア軍に真っ向勝負で勝ってるよ。
そこに英軍ユニットはゼロ。

209 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:13:34
軍事面は強かったが、貧しかった。よく言われるように「貧国強兵」だわな。

210 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:17:42
有色人種を搾取してる西洋列強の経済ブロックでは、貧しくないのは一握りの資本家や貴族だけ。
日本人の貧困層よりも貧しい連中は欧米にも山ほど居た。

211 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:22:03
必死すぎるw

212 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:23:21
日本が特に貧しいという事実は無い。
日本は貧富の差が西洋列強ほどは隔たってないだけ。イギリス本土の数百万人は日本人よりも裕福だとしても、南アフリカやインドでは数億人の先住民が日本人以下の境遇で貧困生活。

それで日本よりもイギリスは豊かと言い張るのはキチガイじみてる。

213 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:24:05
反日勢力はいつも詭弁に必死なんだよ。

214 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:31:54
反日宣伝はいつ見ても説得力が徹底的に欠ける支離滅裂な屁理屈しか持ち出せないからな。

215 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:33:22 ?2BP(1030)
具体的に数値を出してから主張して欲しいんだが

216 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:34:30
お前がな。

217 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:37:53
なんだ口だけかw

218 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:41:15
インドには生まれてすぐ実の親に手足を切断されてコジキをさせられる子どもが沢山居るらしいけど、
大日本帝国の領内で同様の生活を強いられてる貧困層は何億人いたの?

219 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:42:14
>>217
オマエガナー

220 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:43:34
>>218
生まれてすぐ実の親に手足を切断されてコジキをさせられる子どもが具体的に何人いるの?

221 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:44:25
反日勢力は常に嘘だけ
持ち出す数字も改ざんだらけ。

222 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:44:30
戦争に兵隊出してないからイギリスは関係ないってか。
暴論もいいとこだなw
湾岸戦争で多額の資金援助した日本が叩かれたのと同じか?

いろんな物資を調達したのは実質イギリスだろうよ。
日本は兵隊出しただけだ。
だから日本はうんぬんは言うつもりないし、イギリスを味方にした日本が上手だった。
戦闘でも日本兵は勇敢だった罠。戦績あげてんだから。

こういうヤツが末期に軍部にいたんだろうなぁ・・・。

223 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:48:46
イギリスは金くれたわけでなく債権買っただけで
大日本帝国に債務を履行できる能力があっただけの話だな

224 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:48:49
インドに旅行した時にはそんな子どもはどこにでも居たな。

どう見積もっても10万や20万なんてもんじゃないだろ。
大日本帝国にそんな子どもが一人でもいたら大騒ぎだ

225 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:50:14
>>224
具体的に何人いるの?

226 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:50:36
ガチで戦ってないとかそういう言い方は単なる軍事オタなのかしらんけど
重要なのは外交やら戦略だろ

日本が凄かったなんて思わないが、西洋に100年遅れてたとしても、産業革命初期のイギリスだって狭い部屋に10人以上寿司詰めで糞まみれで暮らしてた訳だし
その割には良くやってたんじゃないかしら

227 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:52:27
イギリスは物資を無償で日本に供給したってのかね。
日本が戦時外債で物資を買い付けたとする従来の常識を覆す珍説だな。
口から出まかせの歴史歪曲も程々にしろよな。

日本は血反吐を吐くようにあくまで自腹で戦ってたんだよ。

228 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:54:03
数字を出すべきなのは、日本が貧しいという説を主張した反日君の方なんだが。

229 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:56:29
>>228
僕はそんな主張してないから関係ないよ^^
具体的に何人いるんだよ?

230 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:00:53
関係ないなら、インドや南アフリカ他の植民地でイギリスが数億人の先住民から搾取していた史実の常識を覆して日本が貧しいと言い張るキチガイに根拠を尋ねるべきだね。

231 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:02:25
>>223
金をくれるお人よし国家は地球上に存在しねぇよw
戦後の国債額やばいぞ?
WW1がなかったらどうなってたか分からんぞ。

232 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:03:08
>>230
だから何人いるの?

233 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:03:59
そして戦ってマグレで勝っちゃった。

234 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:04:37
ちゃんと債務は完済したから、日本が自腹で物資の代金を支払ったという事にしかならない。

235 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:04:45
>>227
外債を買ってくれるイギリスがいてよかったね。
どちらにしろイギリスがいないと_

236 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:06:06
マグレではロシアには勝てないよ

日本国債には当時からそれだけの信用があったというだけ。

237 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:07:09
誰も勝つとは思ってなかった時点でマグレ。
二回目は負けた。

238 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:07:18
一日中妄想レスばかりのニートウヨキモスw

239 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:08:20
対ロシア戦で言えばイギリスにとって日本は利用価値があったから外債を買ったわけで。

それで信用があったといえる脳内花畑さんを尊敬します^^

240 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:08:51
発展途上国のわりには頑張ったんだね。すごいよ日本。

241 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:08:54
イギリスだって危険な投資をする必要は無い。
日本が勝つと予測したから日本国債を引き受けた。
イギリスが行ったのはあくまでも利潤追求のビジネス。

242 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:10:19
イギリスが日本に近づいたのは対ロシア対策。

243 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:10:40
洞察力の無いマヌケがロシアの勝ちに張ったのはマヌケの勝手。
日本は勝つべくして勝った。
イギリスは日本の勝ちに張っただけ。

244 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:12:48
インドのコジキ数のソースまだですか?
答えられないからって逃げないでね^^

245 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:14:39
イギリスにどんな事情があったとしても、英軍が戦場に来てないならイギリスが戦争に勝った事にはならない。

ロシアとの戦争に勝ったのは、イギリスをうまく味方につけた日本。

ロシアはドイツやフランスなどを味方につけていたが、それでも日本に出し抜かれて負けた。

246 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:16:08
>>245
そうだね。
誰もイギリスが戦争に勝ったなんて言ってませんよ^^

247 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:16:33
インドのコジキの数に興味があるなら自分で調べてみればいいよ。
日本よりも確実に多い事を確認できる筈だからな。

248 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:19:11
日本は敵に勝つ為の準備と努力でロシアを出し抜いて戦争に勝った。

偶然でもマグレでもない。

ロシアを首尾よく出し抜いた日本が勝つべくして勝っただけの話だ。

249 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:25:23
反日バカの詭弁はいつ見ても瞬時にかに粉砕されるから爽快だな。

250 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:27:24
英米とも日本に好意的だったのは対ロシア政策の一環であって、日本を利用したという面もある。
英米自身、まさか日本が勝つとは思っていなかったのかもしれない。

251 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:28:41
次はインドや南アの先住民よりも貧しかったらしい大日本帝国の貧困層とやらのソース待ちだな。

252 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:33:47
英米の予測なんか関係ない。
日本はロシアの足を引っ張りたがる英米の事情を活用してロシアに勝った。

ロシアは日本の足を引っ張りたがる独仏などの協力を受けながら日本に出し抜かれた。

戦争に勝つとはそういう風にやるという模範例だ。

253 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:34:18
>>251
必要ないだろ。日本は超一流国だったんだから比較対照にすらならん。

254 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:35:20
>251
うちの爺ちゃんはウジの湧いた食い物でも平気で食ってましたが何か?

255 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:36:04
敗戦国日本 戦略すら立てれないから大敗戦した。

256 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:38:36
日本がイギリスから物資の支援を受けていただのイギリスより貧しいだのと耳を疑う新説ばかり連発する反日デンパくんの事だから、
もしかしたらインドの先住民が日本人よりも裕福だったソースがあるのかも知れないでしょ?

257 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:39:21
>>256
日本がイギリスより裕福だったってソースは?w

258 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:40:28
今度は日本がロシアに負けたと言い出したよこのバカ
日露戦争は戦略でロシアを出し抜いた日本の大勝利だよ。

259 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:41:06
これはあれだ。
極端に日本を美化することによって逆に日本を貶めるという新手の(ry

260 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:42:02
>259
同意w

261 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:42:57
日本が貧しいだなんて言い出したのは反日バカの方だよ。
普通はイギリスの経済ブロックだったインドや南アフリカでの先住民搾取を切り離してそんな事は言えない筈なんだが。

262 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:43:51
反日バカは負け惜しみが過ぎるな。

263 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:46:26
植民地で何億人もの先住民を家畜扱いして生き血をすすっていたイギリスの支配層だけを大日本帝国全体と並べて比較するのは変だよね。

264 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:50:01
>>247
結局わからないんだねw
自分が言い出したくせに情けないね^^

265 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:54:54
つかソースを出す必要があるのは、イギリスの植民地体制下の民衆よりも大日本帝国の民衆の方が貧しいという変な主張を口走った方だからね。

266 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:57:08
そう思いたければ思えばいいんじゃない?w

267 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:57:46
そういう時代にそれができてなかった日本は後進国だし貧しいだろ。

268 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:59:24
日本の方が貧しいと言い張ってる奴は、
イギリス支配下の植民地における惨状を明らかに勘定に含めていない。

269 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:01:32
イギリスはイギリスであってその植民地は植民地でしかない。
そういう時代。

270 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:02:46
日本は貧富の差が小さかっただけだよ。
列強支配下の植民地には日本人よりも悲惨な貧困層が何億人も居た。
一握りの富裕層を根拠にイギリス支配下の民衆が豊かだった事にはならない。

271 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:04:13
植民地はあくまでもイギリス領だよ。
先住民が人間扱いされていないだけの。

272 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:04:37
また馬鹿がでてきた

273 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:07:14
だからそういう時代なんだろ。
だから何?


274 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:07:37
>>269
日本の高校さえでてないのまるわかりだな

275 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:07:42
馬鹿なら毎日常駐して詭弁ばかり繰り返してるよ。

日本を罵倒しようとしては自爆してるのが笑えるけど

276 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:11:31
>>274
自分のこと言ってどうする。

277 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:15:33
欧米列強の経済力が植民地での搾取に立脚したものだということくらい高校どころか中学で教わる常識だよな。
そんな経済構造の支配層だけを切り離して大日本帝国の民衆と比べるのはナンセンスだろ。
獲得した植民地で先住民を搾取する事なく日本国民として扱っていた日本とは民衆の扱い方そのものが全く別物だという実情を隠蔽したいんだろうけど。

278 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:34:09
インドはイギリスによって近代化したんだけどな

279 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:38:54
搾取しやすく近代化された形跡は確かにあるな。
植民地を近代化した上に先住民に高度な教育を施してまっとうな国民として扱った日本とは異なり、
あくまでも搾取する為の家畜としてだが。

280 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:46:28
インドには義務教育あったんだが。

281 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:50:22
搾取もあったんだが。
インドに義務教育がある事を知りながらガンジーが塩を作る為に海までデモ行進したのを知らぬ筈もない。
何故いちいち反日宣伝に不都合な事実を無駄に隠蔽したがるんだね?

282 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:51:51
なら具体的な搾取を教えてね
数値つきでね

283 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:58:08
知りたい数値があるなら自分で調べろ。
塩を作る為に命懸けでデモ行進する理由は専売制に対する抗議以外に考えようが無い筈だろ。

必需品が専売制で流通を管理され、民衆はそれを不満に思うから軍隊の銃口の前で抗議のデモ行進を行うのだ。

搾取がある事を確かめる為にはこの事実以外にどんな数値を知る必要があるというんだね?

284 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:59:53
そうかそうか
なら三一独立運動なんかも搾取の証拠ってことになるのかな?

285 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:01:52
三一何とかはいつもの嘘だろ。
恩を仇で返す朝鮮人の反日宣伝をいちいち鵜呑みにするとは世間知らずな奴だ。

286 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:05:15
三一独立運動って実際はかなりショボい集会だったらしいじゃん。

287 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:06:36
はいはい
搾取の具体的な数値を早く出してね



どうせバカウヨくんには無理だろうけどw

288 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:07:56
搾取の具体的な数値って時点で意味不明。
やっぱ朝鮮人はバカだな。

289 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:10:42
えー
搾取の具体的な数値というのが良く分からんけど、
日本では搾取が無かったという事だから単位は不明ながらとにかく数値はゼロで問題ないです。

290 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:10:59
勝利宣言乙w
さっさと消え失せな

291 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:12:04
お前が消えれば問題なし。
どうせ詭弁しか書けないんだし。

292 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:13:40
なにこいつ、欧米は搾取した搾取したって言ってた割には何も具体例出せないの?
哀れすぎwww

293 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:17:57
欧米の経済ブロックで先住民に対する搾取があった事は常識なんで、
いちいちソースを求めるのは荒らし行為に等しい。

日本が貧しかっただとかの珍奇な持論を展開する時だけ具体的に説明すればよろしい。

294 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:19:29
日本が貧しかったことは常識なんで
いちいちソースを求めるのは荒らし行為に等しい。

欧米が搾取しまくったとかの珍奇な持論を展開する時だけ具体的に説明すればよろしい。

295 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:21:17
日本が欧米列強の民衆よりも貧しかったなんて常識は存在しないよ。
夢でも見たんじゃないのか?

296 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:21:55
馬鹿を相手にするのは大変だな

297 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:25:00
苦しまぎれにオウム返ししても説得力ないよね。

大日本帝国では沖縄人や朝鮮人の議院や将官が居たから先住民に対する搾取なんて無かったのは明白なんだし。

298 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:26:47
イギリスにもインド人の議員がいたから搾取なんて無かったのは明白なんだな

299 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:27:25
西洋列強による有色人種の家畜化についても知らないフリをしたら馬鹿と思われるだけだわな

300 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:28:46
詭弁ばかりのウヨ君、いい加減鬱陶しくなってきたからそろそろ消えたらどう?

301 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:29:04
イギリス議会にはいないよ。
植民地の地方議会だけ。
つまりイギリス人扱いではない。

302 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:29:56
詭弁ばかり繰り返してるのはどうみても反日デンパくんだけだ

303 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:32:01
>>301
残念でした

英国留学中、ジンナーはイギリスの法制度や社会を研究し、頻繁に下院議会を傍聴しました。
ここで彼はグラッドストーン首相の自由主義的な政策に影響され、
インドの政治状況にも目を向けるようになります。
また、ロンドンではインドの民族主義者でパルシー(インド国内のゾロアスター教徒)のリーダー
であるダダバハイ・ナオロージーと出会い、彼の選挙活動のスタッフとして働きました。
その甲斐あってか、ジンナーの留学中、ナオロージーはインド人として初めて
英国議会の下院議員に当選しました。、
http://matsumat.hp.infoseek.co.jp/hero6/hero6_001.htm

304 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:36:14
それは独立運動の沿革だろ。
独立する為の突破口としてあの手この手で議会進出した活動と、
日本での国民に普く与えられた参政権は別物。

305 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:38:37
朝鮮には参政権はないんだけどな

>沖縄人や朝鮮人の議院や将官が居たから先住民に対する搾取なんて無かったのは明白なんだし

あなたの論理ではインド人の議員がいる大英帝国は世界一の非搾取国家ということになりますね

306 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:42:57
朝鮮総督府管轄下には選挙区が存在しないから住民は朝鮮人だろうが日本人だろうが分け隔てなく選挙権を行使出来なかっただけ。
日本列島では朝鮮人でも選挙に参加できるんだから参政権が無い訳ではない。
イギリスにおけるインド人への権利剥奪とは全然異なる。

307 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:44:15
そんな状況でインド人が当選するなんてイギリスは素晴らしいですね。
搾取なんてあるわけがありませんね。

308 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:47:50
インド人が百年がかりで必死に権利を拡大しただけ。
だれもが日本に生まれただけで日本国民として公平に扱われていた日本とは全く違う。

309 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:49:12
家畜化されていたインド人がどうやって権利を拡大するのかな〜

310 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:49:49
>>146
「都市」対「農村」で、当時の経済を議論するのは粗雑過ぎる。
昭和初期の大日本帝国の場合、「都市・農村問題」というより
「地域間格差の問題」と言ったほうが正しい。
大正の関東大震災と、日本の当時の国策の大陸方面シフトにより、
当時の日本経済の重心が、首都は依然として東京だったにも関わらず
一気に西日本に偏ったということが重要な背景としてあった。
当時最も先進的な都市は、震災からなんとか復興中の帝都東京ではなく、
昭和モダニズムが花開く大阪と神戸だった。
もう阪神間では、中産階級の文明的都市生活が始まっている。
家電までも普及を始めていて、戦後高度成長時代風ライフスタイルと遜色なかった。
比較的安定した経済基盤を持つ西日本各地も、それなりに潤っていた。
反面、近畿を中心とする経済構造からは地理的にどうしても取り残される、
東北の太平洋側はとりわけ悲惨なことになった。
日本の繁栄の中心が関西にあると、東北の太平洋側が最後進地域になるという
弥生時代以来の構造的な問題が最後に噴出した時期にあたる。

311 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:51:21
人権運動とかでデモったりしたんだろ。
無論、大日本帝国ではそんな真似しなくても日本で生まれた誰もが日本国民扱いされたけど。

312 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:52:44
はい、ソースをお願いします。
家畜化されたインド人が人権運動のデモなんかどうやってやるのかな

313 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:55:48
ソースなど必要無いよ。
インドの独立運動では非武装のデモ隊に軍隊が発砲したりしてるから人間扱いされてなかったのは常識だし。

314 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:57:35
人間扱いされてないのになんで議員になれるのかと聞いてるんですよw

315 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:57:48
イギリス人が家畜化しようとしても家畜になりきっていないインド人が居ただけだな。

316 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:01:02
長年俺たちは人間なんだと訴えて、それに耳を貸す奇特なイギリス人を見つけて支援を仰いだってとこだな。
イギリスが家畜扱いしようがインド人が人間である事実は変わらないんだから別に不思議は無い。

317 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:01:10
どのように家畜化したのか具体例を挙げな

318 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:03:47
非武装の民衆に向けて軍隊が一方的に銃撃して射殺したりしていれば家畜扱いとしか見なしようが無い。

319 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:04:48
ソースは?

320 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:06:36
ソース?
常識にソースを求める馬鹿は映画「ガンジー」でも見てな

321 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:07:30
またソースなしかよw
妄想だらけだなお前はw
いい加減馬鹿の相手も疲れてきたw

322 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:11:39
インドにおける先住民家畜化について無知な人には中公新書の「インド大反乱」あたりがオススメ

323 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:13:05
馬鹿というのはいまどき支離滅裂な反日宣伝にしがみつくお前自身だよ。

324 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:13:54
まあインド人がイギリスの圧政下にあったのは誰でも知ってることなんだけどね
上の馬鹿ウヨがまるっきりソースを出さないのは滑稽だったよ
ウヨを貶めるためのコピペにも使えそうだからせいぜい利用させてもらうね
バイバ〜イ^^

325 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:17:45
いまどき反日宣伝が通用しない相手にウヨのラベリングだなんて典型的な馬鹿丸出しでしたな。

いくら反日デンパに都合の悪い史実をとぼけてもネット時代には通用しない小細工だよ。

326 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:21:17
こういうスレを見物する度に痛感するが、
朝鮮人ってつくづく下らない事ばかりにエネルギッシュだよな

327 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:24:03
長々とご苦労さん
邪魔臭いから今度から近代史板のほうでやってよね

328 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:49:21
最近日本史、世界史、軍事、などの板で
右派が多くなってないか?
数年前はでは日本批判(特に軍事板)の
レスの方が多かったきがする

329 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:54:26
2ちゃん人口自体増えてるからな

330 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 02:08:06
>>328
それは随分前の話だよ。
最も早いN速+あたりでの転換点が2001年頃。
2000年の総選挙は民主支持のほうが明らかに多かったのに、
2002年参院選では自民支持のほうが圧倒的だった。
2ちゃん全域での決定的なターニングポイントは
間違いなくサッカーの2002年WC。
韓国批判が梃子になって一気に2ちゃん世論が全面反特アになった。
右派と言うより反特アで、これはあちこちの板を通じてほぼ共通だろう。

331 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 04:23:12
別に右派が台頭した訳ではなく、見ての通り反日宣伝のデンパがネットの普及によって通用しなくなっただけ。
日本の悪口を言う為には西洋列強を無理矢理に美化する必要があるからいずれ必ずボロが出る。

332 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 06:27:34
そういう悪口とか宣伝とかいう陰謀史観も通用しなくなってることには
気がつかないのな。


333 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 11:29:56
まぁネットの普及で自虐史観に溺れる人間が減ったのは確かだね
隣の半島ですら僅かだが自国の歴史捏造に気付き始めた人もいるし
ネットのせいで反日フィルタを通さない情報が少しは入るようになったからね

いずれ反日歴史捏造を撒き散らすのは、在日と社民党だけになるかもな

334 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 11:46:33
弾丸の歴史を調べてみなぁ


335 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:12:29
>>332
通用してないのはお前の嘘だけだ

336 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:24:43
引篭もりに限っては、ネットウヨフィルタ通しての情報が
メインになりつつあるから、それもそれで危険だ罠。
もっとニュートラルな方がいい。

337 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:27:32

あなた口がキムチ臭いでつよ

338 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:28:30
>>337
ほらそーゆーの。

339 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:41:19
ニュ-トラルなほうが良いのは認めるけどね
事実として サヨフィルタが今まで やり過ぎたってのが ありますから


340 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:49:48
上のサイト軍事板でなんかたたかれてたな
そして管理人が好きらしいイギリスまで叩かれていた(笑)
一昔前の軍事板だったら叩かれなかったと思うんだよね
「旧軍の戦車などドイツやソ連では戦車として認識されない」
といったような旧軍批判の書込みが山ほどあったから
今もあるが旧軍援護の書込みはなかったように思う

341 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 13:27:02
反日勢力の言うニュートラルって、反日の同義語だし

342 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 13:45:22
このサイト…木と紙で出来た家って馬鹿にしてる時点で 悪意に満ちた偏見ダロ
それとも欧州みたいに土こねて作った家に憧れてるのか?



343 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 13:53:48
木と紙で出来た家
これはその通りだが
言い方が気に入らん

344 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 14:23:54
ちょっと話がそれるけど、近代化=欧米化になってしまったのが不味いと思う。

345 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 14:26:59
すまん 偏見では無いな 悪意に満ちた表現だな


346 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 14:27:18
日本では明治維新の頃に
イギリスでは地下鉄が走ってたと
考えると凄いな。

347 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 14:30:15
>>345
木造建築と言って欲しいよね

348 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 14:57:13
イギリスの植民地からの収益と費用は同じぐらいだった
て漫画版教科書が教えない歴史に書いてあった

349 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 16:24:11
日露戦争後の日本が朝鮮満州の領土は求めず
港湾の租借だけして貿易に徹していればもっと豊かだったかもしれない

350 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 16:28:40
大陸に領土を持ってしまったことが日本最大の間違い
朝鮮ではなく樺太全土を得た方がよかった

351 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 17:30:01
基本的な事柄だけど
主張に伴うソースの提示は大事。
ソースの伴わない主張は仮説として扱う事。
それは自分の世界観の押し付け合いを避ける為であり、
事実を基に自説を研磨する為でもある。
あと研究者の個人的見解はソースではない。
個人的見解が纏められた書籍もソースではない。
「あるある大辞典」も陥ったが無数の研究者や書籍の中から、
都合の良い物を選んでもそれは無数の中の一意見に過ぎない。
出版されている事や発表されていることを以って事実の提示に充てる事はできない。
ソースの無い個人的見解の提示を繰り返しても不毛であり何ら益を生み出さない。

352 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 17:40:21
民衆の貧しさを比べてみたければ識字率でも比べてみれば?
本当に食うや食わずの境遇だと学問どころではないから、
識字率の高さは民衆の生活水準が普遍的に豊かである事を示す。

貧富の格差が開いた国では所得額の平均値で日本を上回る事は出来ても、
識字率で日本を上回る事は不可能だ。

353 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 18:02:57
識字率の統計であるなら
・どのレベルの識字率かが重要
記名ができる、文字を認識できるレベルなのか
読書に事足りるレベルなのか
児童を労働力に用いる割合の高さと識字率は異なる。

354 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 18:11:24
読書できるレベルで良かろう。
江戸時代に来日した西洋人は誰もが日本人の読書好きに驚嘆している。
19世紀あたりでは労働者階級でさえ読書を嗜むのが普通の日常風景だったのは日本だけらしい。

355 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 18:20:46
日本名物 新聞を読む乞食

356 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 18:23:09
>>354
>江戸時代に来日した西洋人は誰もが日本人の読書好きに驚嘆している。

伺いたいのですが来日した西洋人はどの階級の人々を見たのでしょうか?
町民などの比較的裕福な層と大多数を占める農民は異なります。
「来日した西洋人誰もが」これを証明する文献は何でしょうか?

357 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 18:30:22
現代でなら幼稚園レベルの識字能力と小学校一年レベルの識字能力は違う。
小学校一年レベルなら教科書を音読出来るレベルだ。

358 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 19:10:04
反日勢力はつくづく読書してねーんだな

359 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 19:14:42
零戦はグロスターF.5/34のパクリか?

360 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 19:16:06
どこが?
素材からして日本オリジナルじゃん

361 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 19:21:43
ウヨにソース求めても無駄だということがよく分かった

362 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 19:28:52
日本史板でアーネスト・サトウやウィリアム・ウィリス程度も読んでないのがバレバレの素人じみたソース要求したって荒らし扱いされて相手にされないだけ。
1+1=の答に一々ソースのコピペを求めてるようなもんだからな

363 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 20:44:40
>>360
いや>>1のサイトにそう書いてあったから

364 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 20:46:06
どう見てもお前が荒らしだろ・・・

365 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 20:56:16
>>362
1+1の証明は数学板なら求められるな。で、ここは世界史板だ!

366 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 20:57:58
また、比較的、米軍に損害を与えたと言われる
航空機の分野では、零戦というのは
グロスターF.5/34という戦闘機の設計を真似たものだと
言われます。零戦の設計技師、堀越は最後まで認めませんでしたが
両者の設計を見る限り、設計図をどこからか入手してそれを
コピーしたとしか思えません。
イスラエルがフランスからミラージュの設計図盗み出して
クフィル戦闘機作ったみたいに。
あとP-51にも同じ疑惑がありますが。


367 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:05:42
>>365
いあここは日本近代史板だぞ!!

368 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:05:54
上のやつはコピペ

369 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:24:25
中国人技師を育てても後ろ足で砂をかけるようにやめて独立していくヤシが多いらしいけども
日本人は礼儀正しく尊敬して記録に残して言い伝えもしますよね。

370 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:29:36
ジャップ!街にゃすっかり核をくらった爆弾たち広島bomb!長崎bomb!東京bomb!
ジャパンbomb! ボン!ボン!ボン....
核刺してやるからな!核刺してやるからな!
使えなく小便教えてやる
コップ食え(ハイ) もうこの小便も食え(ハイ) 良いのか!
良いね。メチャ良いって障害者達は、癲癇(てんかん)やってろ!
野蛮なジャップ、癲癇みたいなjapanese
Fucking nation Japanese Fucking nation(繰り返し)

『韓国ヒットチャート1位』の曲です


371 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:42:28
日本のビル・トッテンみたいだな>>1のリンク先

372 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:49:59
そもそも明治時代に独立を守れただけでも立派だ

タイ・・英仏の緩衝地帯、巧みな外交で独立守った。でも領土をかなり失っている
中国・・列強の食い物になった上に内戦状態、アヘンも蔓延
日本・・兵器は英から買ったにせよロシアに勝っている


373 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:50:58
>>366
ソ-スは?
羽の位置とプロペラの位置が似てるからって言わないよな?
工学的かつ航空力学的にみてコピーって言う根拠が欲しい

こっちは飛行機なんか興味無いからあの時代の戦闘機は全部同じに見えるからな
きっちりと証明してくんなくちゃ

爆弾みたいにくっついてるタンク とか
バルバスバウとか結構 海外にもマネされてる技術は日本にはあるんだけどね


374 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 21:53:35
>>バルバスバウとか結構 海外にもマネされてる技術は日本にはあるんだけどね
>>1のサイトに教えてやれw

375 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:00:30
>>356
読み書きがセットになって時代だから、識字率のレベルなんて
今の小学生低学年レベルでいいんじゃない?
ずっと昔から瓦版があったり、日本の識字率は昔から高いと思うよ。
農村部にまで寺小屋(主に男子専用)が普及してたらしいからね。
一定の識字率がある上で社会のシステムが成り立ってたはずだから、
世代が変わっても識字率が急激に下がるような事はなかったと思う。
明治以降は女子の識字率も上がったんじゃないかな。

ただ書字率とは別物だからね。昭和に入っても筆記具が貴重だった日本で
どれだけの人たちが書くことまで出来たかと言うと、かなり微妙な話に
なってくる。

376 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:07:58
>>工学的かつ航空力学的にみてコピーって言う根拠が欲しい
>>1のサイトにw

377 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:12:48
>工学的かつ航空力学的にみてコピーって言う根拠が欲しい

全部コピーになってしまうのでは?w

378 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:16:38
江戸時代の日本では男子の40パーセントと女子の25パーセントが寺子屋や藩校などで読み書き算盤程度は身につけていたらしい。
同時期の超大国イギリスでは男子の25パーセントが同程度の初等教育を受けていたが、
女子はほぼ0パーセント。

379 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:19:42
単なるコピーで性能が向上するかよ。

380 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:21:51
紫電改や疾風や隼は防弾性も考えられていていい機体だと思う
連合軍からも評価されていたし
特に隼は改良されたりして案外しぶとい

381 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:25:46
ゼロ戦は当時の水準を遥かに超越していたから直に目撃したフライングタイガースからの報告もホラ話認定。
つまり実在すら疑問視されるほどの高性能だった

382 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:37:30
>>378
ソースは?

383 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:41:02
それくらい自分で捜せよ

384 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:44:24
コピーのソースは?

385 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:02:23
ゴメン バルバスバウは外人だった

386 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:19:18
>>384
このプラモデルが非常に似ているということらしい。
http://www.fortunecity.com/meltingpot/portland/971/Reviews/raf/f5-gloster.htm


387 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:29:03
>>384
設計図やら寸法やらがグロスターにそっくりなのだそうだ
それと説明書から試作機完成までの期間が不自然なほど速いんだという
詳しくは>>1のサイトの中編でw

388 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:44:21
ソースを求められると「常識」「自分で探せ」か…
救いようがないな

389 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:58:10
三八式、九九式小銃は日本オリジナルだよ

390 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 08:33:05
誘導必死だねぇ
こずかい稼ぎ

391 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 14:21:17
>>366
それだいぶ前に軍板で論破されてた希ガス
形が多少似てても翼面積やら機体全長、バランスなどが違えば空力的に別物だそうな
確かに機銃やプロペラ、引き込み脚、などコピーやライセンス物を使っているが、
独自の技術も導入して当時の一流機に仕上げた事は評価していいと思う

392 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 15:48:59
当時の戦闘機なんて全部同じにしか見えないし
単車に興味の無い奴が 単車は全部同じに見える のと同じだろ

393 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 17:58:27
イ、ハニ、ホソ「フアテマキミアト、テ、ニ
シツ、マ、ス、・ロ、ノフル、ォ、テ、ニ、、、ハ、ォ、テ、ソ、、タ、テ、ニ、ヘ

394 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:09:11
1+1=の答が2であるソースを自分で探そうとしない甘ったれにいちいち便宜を図るヒマ人は居ない

395 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:19:28
百歩譲って零戦がグロスターのコピーだとしても
それは三式戦がメッサーを元に開発されたのと似たようなもんだろ
それに一式戦、二式戦、四式戦、紫電改らは完全に日本オリジナルだし

396 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:31:04
>>394
なるほど証拠が出せないから負け惜しみか

397 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:32:31
単車乗りの目にはホンダのRVFとヤマハのTZRはエンジンの原理からフレーム設計に到るまで全くの別物なんだが、
素人が外見を見ただけならコピー商品に見えてしまうのかも知れん。

ゼロ戦をグロスターのコピーと考えるのは外見を見ただけで液晶テレビをプラズマテレビのコピーだと言ってるようなもんだ。

398 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:34:04
負けおしみは読書してない事がバレバレの反日電波の方だな。

399 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:36:16
ところで>>1のサイトはニュートラルか否か
右ではないだろうが共産主義者でもなさそうだし

400 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:38:50
日本を馬鹿にする為のトリックを駆使して思い切りバイアスかかってんじゃん

401 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:44:27
「ヴィクトリア」でインド人が反乱起こしまくりなのは笑える

402 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 19:24:53
>>358
お前みたいに高等教育受けてない奴の読書は体系的に物事を学ぶことを知らないから危険だよ。
右翼はコンプレックスの裏返し。矛盾しているようだが部落、朝鮮人をはじめ、
平均的な日本人では想像出来ないような貧困層によく見られる。
ネット上では収入の無いニート。
右よりの思想って事にしとけば社会性を欠いてても大丈夫だもんなw

403 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 19:50:21
インドの反乱なら
弾丸の歴史についてサラッとネットで見てみれば別の側面がみれるよ

サヨの偏見また始まったよ こりないねぇそのネタ

>>397
ネイキッドは夜になると区別がつかん CBとxjrは特に……
その機体設計の目的が一緒なら だいたい形が似て来るんちゃうの F1 なんか色違い以外の区別つかないし



404 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 20:01:33
>>392
君はこの二つが同じにしか見えないのか?

http://www.militaryairshows.net/franck/p51-2.jpg
http://library.thinkquest.org/03oct/00181/p-82.bmp

悪いことは言わないから早めに(眼)医者へ行け。

405 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 20:40:58
そんな極端な例を出されても

406 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 20:44:58
興味のない人にとっては戦闘機は戦闘機でしかないよな。
もっと言えば戦闘機も爆撃機も同じ。戦争で使う飛行機。

407 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 20:54:49
>>404
上のが見れない

408 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:10:02
http://www.gcbulletin.com.au/article/2007/02/15/3309_news.html

2月9日付けのオーストラリアのゴールドコーストブリテン紙に、
「パーティー好きな日本人女子大生18歳、バストは豊胸無しの92Dカップ、紳士求む」
と広告を出した、ジュ・ジン(25歳)、ホ・キムリエ(32歳)、朴・アンスン(31歳)の三名の韓国人売春婦が、
広告を見て尋ねてきた刑事に違法売春の容疑で逮捕された。
この三名は時給$240で売春をしており、一日$2,000程度の稼ぎがあった。
このように、オーストラリアや欧米諸国では、日本人を偽る韓国人売春婦が大勢存在する。
High-rise hookers
AT $240 an hour, these Korean sex workers could have worked off their fines before dinner yesterday,
after appearing in a Southport court for illegal prostitution.
The ad identified the sex workers as a 'uni party girl, just 18, Japanese, natural 36D, perfect backside'.
The detectives, part of the Prostitution Enforcement Taskforce, arranged to meet the women for sex
at apartments in the Artique and Q1 high-rise towers after responding to a classified advertisement in The Gold Coast Bulletin on February 9.




409 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:23:58
イギリスによる急激な近代化に混乱と迷信が反乱の理由
口で噛む薬きょうに牛や豚の油が用いられているいう根も葉もないデマ

へぇ、そうなんだ(棒読み)

410 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:35:17
>>400
どんなトリックだよ

411 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:38:19
そう言えば戦闘機は日本のは直線でやや不細工で、欧米のはそりがあってかっこいいよな

412 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:54:26
バカウヨが本当のことを言われてプチ切れwww

413 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 22:12:15
別に零戦がコピーでもいいよ
零戦より性能がいい戦闘機作ってたから

414 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 22:26:18
バカウヨ終わってる

415 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 23:19:26
>>414




何?反論できないの?www






416 :励まし:2007/02/21(水) 23:32:28
>>415
仕事しろよ。

417 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 23:43:19
つか この馬鹿は煽ってるだけじゃん
結局 コピーって証拠がないし
大きさが異なるって時点で航空機には 結構な差が出るんだよ 例えばジャンボジェットをトンボサイズにしたら 空も飛べないように
翼の面積に角度…全長 重量…素材 製造過程等の各々が 全く同じってソ-スは?
きっちり 各パーツから全体までの 各々を航空力学的かつ工学的に証明しないとただ アホが…ほざいてるだけ になりますから
こずかい稼ぎの君の恥ずかしいサイトへの誘導では無く ここで証明してくれよ


418 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 23:53:37
ボロ戦には変わりないんだしコピーでも何でもいんジャマイカ?

419 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 23:55:11
>>417
日本は後進国だったが植民地にはなりたくなかった。
もうワガママなんだからw

420 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 00:05:45
>>1のサイトは
「日本軍の小失敗の研究」の強い影響を受けていると思われる

421 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 00:16:43
>>419
意味分かんね…
コピーの確固たる証拠を示せ!!って言ってるの
アホは糞でも嘗めてろ!

422 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 00:20:17
自分で調べろよ、常識だろ?

423 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 00:41:25
ダムダム弾でいろいろ調べて見た
支那やロスケは信用出来ないって事が良く分かった


424 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 00:53:36
自分で調べろとか常識ってのが自分自身を貶めているのに。
信じてほしいなら自らがその証拠を提示すべきなのに。

知ったかしてウソがばれそうだから逃げてんだね。
かわいそうに。ちょっと言ってみたかっただけなんだよね。
半年といわず永久にロムってたほうがよかったと思ってるよね。

大丈夫。これからでも遅くない。
永久にロムっていいんだよ?

425 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 01:05:56
誰に対するレスなのかちょっとわかりづらい

426 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 02:05:09
>>423
どこの誤爆だよ

427 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 02:09:30
イギリス厨のタブー
パレスチナ問題
インドを収奪じゃなく近代化させたと言えても
これは言いつくろいできないだろ

428 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 02:50:21
>425

おまえにだよ生ゴミ

429 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 03:11:32
ゴミにゴミといわれても(^ω^;)

430 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 05:56:44
http://www.warspite.jp/chapter1/01.html
より
http://www.luzinde.com/
の方ができがよくて面白い

431 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 06:58:09
>>422
そもそも誰に言ってるんだ?


432 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 09:45:09
ダムダム弾にまつわる悲劇はイギリス植民地支配が生み出した暗黒面の典型だよな。

433 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 09:49:06
反日勢力はゼロ戦にずいぶん大きな劣等感を抱いているんだな

434 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 10:29:55
>>432
支那事変で支那が日本軍にも使った って言う噂もあるけどね


435 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 10:55:40
ポテト飢饉はなぜ起こったか

アイルランドの農民が芋をどこに植えたのかわ忘れたから

436 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 11:14:27
マジで悲惨だったから、大陸進出とか無茶なことをやったわけだからな。

437 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 11:21:33
イギリスご自慢のスピットファイア27機を1機で叩き落とすくらい高性能だったゼロ戦がグロスターのコピーなら、
イギリスは27機がかりでも1機のゼロに返り討ちされるスピットファイアなんかよりグロスターを主力にすべきだったのかもな。

438 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 11:28:03
何で飛燕はメッサーシュミットのコピーと言われているの?
あれだって面積やらエンジンやらメッサーと違うのに

439 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 11:35:29
別に零戦が欠陥機と言われてもいいよ
日本は零戦より性能がいい戦闘機を製造しているし
連合軍からも零戦以上に評価された戦闘機も事実ある

440 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 11:48:21
押しも押されぬ列強国の主力戦闘機が27機がかりでも勝てないくらいの高性能をひっさげてデビューしたゼロ戦は、
正真正銘の世界最強戦闘機だったんだよ。

441 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 12:06:55
墜落したゼロ戦の残骸を入手して研究した新型機F6Fを実戦に投入するまでは米軍でも

「1対1ではゼロ戦に勝てないから必ず2機ひと組でゼロ戦1機と戦え」だとか

「高空から急降下で速度を稼いでゼロ戦を不意打ちしたらすぐに逃げ出せ」

といった情けない命令が出ていた。
どう考えてもゼロ戦最強。

442 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 12:26:38
>>438
軍版行けば?
ここは日本史板
おかど違いの奴釣ってどうすんの?


443 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:28:06
>>441
いや疾風や紫電改が日本最強

444 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:35:57
>>438
メッサーを元に作られたからじゃないの?
あれも実は別設計なんだけど
零戦がグロスターのコピーだと言われるのも
似たようなものだろ

445 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:43:41
ゼロ戦が配備された当時はゼロ戦が太陽系最強だったよ

446 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:45:06
>>442
今さら板違いとか言うなw
上で延々とゼロやらグロスターやら議論されてるだろw

447 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:45:13
グロスターとスピットはどっちが強いの?

448 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:51:45
ワイルドキャットと互角ぐらい
コルセアには分が悪い
ヘルキャットにはやられまくり
それが零戦

449 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:57:38
ワイルドキャットとコルセアは、2対1での戦闘か一撃離脱を命じられていたから確実にゼロより格下

450 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 14:00:36
パイロットの腕次第ですよ。
たしか、零戦の熟練パイロットでヘルキャットやコルセアを撃ち落とした人も
いたらしいですから。

451 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 14:01:09
ビルマの隼は最後までアメリカ、イギリスの戦闘機と
互角に戦い続けた
詳細はビルマ航空戦で

452 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 14:09:34
2対1や不意打ちでも返り討ちにしたとは凄いな。
パイロットも、機体性能も。

453 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 14:18:34
戦前の日本の戦力
空母10隻。 空母以外の艦艇は約400隻。
航空機3000機以上。

日本の軍事力は世界史上最強クラスに入ってるといってよいでしょう。
唯一、日本に攻めてこれる力があるのはアメリカだけです。




454 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 14:59:32
北朝鮮が軍事力だけに力を入れているようなものですね。
バランスの悪い国であった日本。

455 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 15:18:29
世界最貧国の北朝鮮が軍事力に力を入れても世界最強クラスに入ることはないですね。




456 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 15:19:48
日本はバランスが一番良い国だったよ。
識字率の高さでも分かるように列強最高の教育水準が予算的制約を覆す高性能兵器の国産を可能とした。

457 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 16:16:45
気持ち悪い連中は日本史板に来るなよ。

軍事オタクは妄想しながらニタニタしてるデブばっかりだから臭い。

ガンダムとか作り話に人生を捧げ現実を見ない偏差値の低い連中は軍事板かアニメ板へ帰ったほうがいいんじゃない。

好きにすればいいけどさ。

458 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 16:23:48
グラマン二機が組めば四機の零戦と互角に戦える

459 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 16:35:29
軍事費に2〜3割の金をかけて
発展が遅れたのは残念なことだ
やはり大陸に領土(朝鮮)など持つべきではなかった

460 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 17:11:19
優れていたはずの日本が何故戦争に負けたのでしょう?
世界最高水準の教育がありながら、何故欧州より先に産業革命に
結びつくような発明が出来なかったのでしょう?
まあ発明できなかったとしても、産業革命に大きく出遅れたのは
何故でしょう?
バカウヨは日本人が優秀だから出遅れてたとでも言うのでしょうか?
そもそも、その時から日本は出遅れており後進国。

他所の国と足並みを揃えるどころか、大きく出遅れてしまい、
欧米相手に日本は後手へ後手へとまわるしか無かったのでしょう。
それも優秀だからと言うのでしょうか?
そもそも戦前に日本は既に出遅れた後進国であり、列強と呼ぶには
程遠い国力しか有していない弱小国だったと言うことでしょう。

懐古主義者のバカウヨが、日本がいかに優れていたかを説いたところで
日本は戦争には勝てませんでした。それが動かぬ事実です。何故負けたの?
劣っていたからに他なりません。日本が先進国になったのは戦後の事です。

以前は、カルト思想、教育勅語が相まって国レベルの集団パニックを
起こした危険な弱小国でしかありませんでした。まさに現代の北朝鮮のようです。

懐古主義者は潔く現代日本の方が断然優れている事を認めましょう。

461 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 17:25:33
産業革命というのは突然変異のような出来事だから、
それがたまたま日本よりも教育水準が低いイギリスで発生しても不思議はない。

それからグラマンと言ってもゼロ戦デビュー当時のワイルドキャットでは2対1じゃないととてもゼロ戦には勝てない。

ゼロ戦の残骸を調べて参考にした新型機ヘルキャットが完成して、
ようやくゼロ戦最強時代は終わった。

462 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 17:32:12
つーかまずね、戦前の日本がアメリカやイギリス並みに豊かだったと言ってる奴なんて一人も居ないのにそれを必死で否定してる奴は何なんだ?誰と戦ってるんだ?
それと購買力平価GDPだの自動車普及率だのをやたら強調してる奴がいるがそれもおかしいよな。
GDPが日本の1/3、一人当たりだと1/30の中国が日本と戦争したら虫けらのように踏み潰されるかと言えばそんなことはない。
GDPとかそんなんは国力を示す指標の一部でしかない。

463 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 17:37:11
俺はゼロ戦は好きだがヘルキャットがゼロ戦を参考にしたとは思えない
目指すものがぜんぜん違うだろう

464 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 18:20:05
ヘルキャットはワイルドキャットがゼロ戦に勝てないから必死にゼロ戦を研究した末に完成したゼロ戦キラーだよ。
参考にしてない訳ないだろ。

465 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 18:25:59
ヨーロッパでは100年かかる改革を日本は1日で成し遂げた。

駐日英国公使パークス

466 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 19:14:22
欧米の失敗成功の繰り返しから日本人が学んだことも多々あるはずだから、
もう少し、日本人らしく謙虚さを欠いてはいけないと思う。
褒め上手な欧米人の言うことはありがたく受け取っても、驕らないように。

467 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 19:33:31
ヘルキャットは、零戦が捕獲された時にすでに
完成していて空を飛んでいるのだが

468 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 20:50:54
パークスは別に日本人を誉めた訳ではなくて、
自分の手記に自分の見聞を記述した。
日本人をおだてるのが主目的ではないから、英語で。

469 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 21:11:25
ワイルドキャットは既に飛び回って撃ち落とされていたけど、
ヘルキャットはゼロ戦の後の機体だよ。

ヘルキャットの登場がそんなに早ければ「2対1で戦え」なんて貧乏くさい命令を下してまでワイルドキャットを使う筈が無い

470 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 21:21:00
ワイルドキャットは言われてるほど弱くない
零戦の急降下性能の弱点(最高速度+100キロ程度しか出せない)が判ると、十分互角に戦った
そうでなければ戦争終盤まで使われなかったろう
ヘルキャットになるとエンジンも2000馬力級になり(零戦は1000馬力級)、そもそも比べるのが間違い
キルレシオが19:1とかだし

471 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 21:21:25
ヘルキャットはベアキャット後継機として
大戦が始まる前から試作されている
零戦に対抗してというのは間違い

472 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 21:23:12
まあ安心しろ
紫電改はヘルキャットと互角に戦っている
疾風はムスタングと互角に戦っている
どちらもベテランの乗った整備が行き届いた部隊の話であるが

473 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 21:23:42
>>468
おだてる?

474 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 22:30:05
×ヘルキャットはベアキャット後継機として
○ヘルキャットはワイルドキャットの後継機として

475 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 22:34:36
軍ヲタの話はちんぷんかんぷん。

476 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 22:44:15
グロスターとゼロ戦の区別もつかない門外漢にはついてこれないよ

477 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 22:56:28
まあ飛行機もアジア人によって発明されたものじゃないって時点で
日本人が出遅れてる証拠だ罠w 飛行機においては今日でも欧米以上のものは
日本では作られていない。部品数3万点以上の工業品の安定生産は日本では未だに無理。

478 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:14:42
航空機のような最先端技術は、軍事部門からのフィードバックが不可欠だと思う
ボーイングやイリューシンなんかは、旅客機以外に爆撃機や輸送機なんかも作ってる
武器輸出もできない日本じゃ、コスト面でも太刀打ち出来る訳無い

479 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:14:46
>>461
突然変異?ふざけちゃいけない。基礎になる発明の数々がそこにあった。
全ての発明が偶然だとでも言いたいのか?発見と発明を混同してないか?
教育水準が日本より低い国なのに何故日本より優れた発明が出てきたんでしょうか?
全ての発明が偶然なら、学校の数も足りない後進国からは、なぜ優れた
発明がなかなか生まれないんでしょうか?

>>462
じゃ、何処と比較して日本が優れてたなんて言ってるの?
教育については、識字率だけで世界トップとかのたまうアフォもいるしw

480 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:15:57
三菱で戦闘機作ってなかったっけ?
あれは米軍機のコピーでしたか。
独自開発の飛行機はYS-11以降あったのでしょうか。

481 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:18:33
>>478
あなたのように正常な考えが出来る人はOK
問題はバカウヨだから。

482 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:25:26
松方デフレ時も昭和恐慌時も餓死者はでなかったから、実は裕福な社会

483 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:33:40
>>478
武器の輸出はしていたよ
三八式歩兵銃や迫撃砲といったやつだけどね
命中率がよくて使いやすいと好評だったそうな

484 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:36:56
>>479
おまえさんも重大な勘違いをしているようだね。
そもそも、産業革命にしても何にしても、近代の社会経済科学技術の全ては、
西ヨーロッパの文明の蓄積の「枠の中」で生まれたものなんだよ。
そもそも西欧人にとってこれは「ホームゲーム」なんだよ。
仮に、地中海文明と西ヨーロッパ文明を切り離す立場に立ったとしても、
西欧人は2000年も前から、キケロやらスキピオやらに親しみ
一旦途絶えたが、15世紀には再びアリストテレスやプラトンにも親しんでいた。
親しみに年季が入っており、自らの伝統文化に取り込んでいれば、
アフォでもかなりのことを理解することが出来る。
だが、
日本人は、科学技術に関する西方古典文献に、縄文時代以来初めて触れたのが
江戸時代中期、政治経済社会法律に関しては、1860年代以降なのだ。
明らかな「アウェイ」なんだ。それも救いようの無いハンディのついたアウェイだ。
これで、曲がりなりにも19世紀の間に包括的理解に達したのは、確かに驚異的であって、
実際、非西欧で20世紀前半までの間に
これに成功した人間集団は地球上の他のどこにもいない。

485 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:45:06
>>484
別に勘違いしてないよ。
何故、欧米は西欧州のホームゲームを続ける事ができたのか?
日本にも日本のやり方ってのがあったはずだろ?何故、西欧州からの
文明を受け入れなければならなかったのか?
それはやっぱり、日本は欧米より劣っていたって事だろ?
後進国のわりには頑張ったって事でいいんじゃない?


486 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:46:36
>>480
三菱F-1ですな
米軍機というよりジャギュアにクリソツな気が…
もちろんコピーではないけど

>>481
お恥ずかしい

>>483
一応航空機のような最先端技術(現代限定)ということで
戦前・戦中は、そもそもそこまで技術の蓄積ができていなかったので…
言葉足らずスマソ

487 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:47:37
後発組(日本)は先発組(欧米)が長年試行錯誤(科学とか政治制度)して作ってきたものを
短期間で学ぶ(パクる)ことができるという利点がある
マネすることが出来たというだけでも大したものだと思わんかね
他のアジア諸国は植民地だぞ

488 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:49:33
>>486
板違い
>>487
それには同意してる。
だから後進国のわりには頑張ったっていってるでしょw

489 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:52:20
絵に描いたようなヨーロッパ中心主義だな。
レヴィ=ストロースの構造主義が当のヨーロッパ思想界からヨーロッパ中心主義を批判されて陳腐化した事すらどこ吹く風という訳かい?

490 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:53:33
日本が以前から欧米列強と肩を並べてたような作り話にはうんざり。
韓国人の韓国起源説とおなじくらいうんざり。

491 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:55:32
>>489
そんなフランス蛙しらないよ。

492 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:56:21
作り話も何も、
宣教師の報告を受けた西洋列強は戦国時代の時点で日本の植民地化を断念しとるよ。

493 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:56:53

パクって身に付けるにも それなりの土壌が必要

494 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 23:57:47
反日勢力は日本の悪口を書いた書物以外を読まないもんな。

495 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 00:07:34
>>492
そこまで遡るかw

>>493
同意。でもそれを発明するのにもそれなりの土壌があっての事。
日本人が劣ってた時代があったのは事実。優れてた時代があるのも事実。
それだけの事。

>>494
日本にとって歴史の都合の良いところだけを異常に強調し、
多くの自国民を犠牲にした過去の日本をも美化しようとする
懐古主義の方がよっぽど日本にとっては好ましくない反社会派=反日。

496 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 00:09:26
反社会派=反日=在日

497 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 00:34:43
まぁ先物…手形… 簿記など江戸時代からあったらしいから
それなりに経済という面でみると悪くは無かったと思うが
経済状態が良いか悪いかは知らないが
技術の面は そんなに必要が無かったから 発展・発明が無かったんちゃうかな?




498 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 00:44:40
>>492
何しろ頭に鉄砲乗っけてたからな


499 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 01:56:07
>>489
知的枠組に関しては、欧州中心主義でかまわないと思うよ。
大体、西欧人が、西欧学問の100%枠組の中で、欧州学問の言葉と方法論を用いて
「西欧中心主義批判」なるものを批判しているだけだからね。
だれも西欧の知的伝統の枠から一歩も出られない。
中国人が朱子学の方法論で欧州中心主義を論難して成功したなどという話は、
ついぞ聞いたことが無いw
>>495
俺に言わせれば、文系の知的営みに関しては、
戦後のそれは、明治初年と比較しても絶望的に劣化しているがな。
酷いと言われた昭和初期と比べても明らかな劣化だ。
1945年〜1990年までの約半世紀、日本の文系学問は
まともなものを殆ど全く何も生み出していない。
90年代以降、少しずつ小さな芽が出始めているようだが。

500 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 02:50:02
>>498
わろすwwwww

501 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 03:59:21
>>90年代以降、少しずつ小さな芽が出始めているようだが。
気のせい

502 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 04:59:16
西洋のパラダイムを明らかに凌駕している学問や文化が東洋にも遍く存在する事を西洋人は20世紀に入って漸く気付いた。

故に西洋思想界では自己批判に他ならないヨーロッパ中心主義批判が確立したんだよ。

例えば塩分が多過ぎる点を除けば栄養学的に完璧な日本の伝統食文化だとか、
西洋医学の苦手な分野で少なからず役立つ事が分かったアーユルヴェーダや漢方などの東洋医学、

何より西洋思想が遠く及ばないレベルにとっくの昔から辿りついていたインド思想、

神技の領域に達する東洋武術などなど、

ヨーロッパが今日になって東洋の方が優れている事を知った分野はいくらでもある。

朱子学なんてのは東洋思想の中でも一番出来の悪い部類のガラクタだから朱子学を引き合いに出すのは公正な評価にならない。

ヨーロッパ人がヨーロッパ中心主義を反省する段階に到達した今になってヨーロッパ中心主義で良いなどとは寝言の極み。

503 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 05:20:13
>ヨーロッパ人がヨーロッパ中心主義を反省する段階に到達した
>今になってヨーロッパ中心主義で良いなどとは寝言の極み

そのタイムラグが明治以降、現在に至るまで日本の愚鈍なところだ。

504 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 09:59:05
今、100歳以上の老人が全国に1万人以上いるって知ってる?
きんさんぎんさんが流行したころは、まだ100歳ってのは珍しい時代だったけど、
あれからわずか10年ちょっとで激増し、いまや珍しくも何もない存在になってしまった。

年額250万弱の年金を40年以上もらい続けている人が1万人以上いるわけで・・・
それなのに35歳以下の若者は1/3が非正規雇用で、彼らと同じくらいの給料しかもらっていない・・・・

異常だ。これはあきらかに異常としか・・・・

505 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 10:36:06
>>499
>1945年〜1990年までの約半世紀、日本の文系学問は
>まともなものを殆ど全く何も生み出していない。

そりゃそうだね。既に1945年の数年前から腹の足しにならない文学には誰も
興味ないよ。でも経済復興と共に理系学問はかなり進歩したんじゃない?
なかなか両方一緒には難しいね。

余談だけど、物資は闇市に流れ、配給も駄目(酷いときは1週間分の
食料として1人ジャガイモ2個なんて時もあったらしい)。
農村部にいた母方の家族は、簡単な作物なら作れたので都市部のように
何日もろくに食べる事が出来ないって言う事はなかったようです。

何しろ、まだ覚醒剤に商品名まで付けて市販されてるご時世だからね。
(工場作業員や特攻隊出陣の前に飲ませてた覚醒剤と同じもの)

大日本帝国を信じて尽くした善良な日本人は屈辱の敗戦を味わい、
彼らに配給されるはずの物資は闇市に流れる。破綻しきった国民の生活に
大日本帝国が出来た事は「麻薬販売続行」ですよw。学ぶ精神なんて。。。

>90年代以降、少しずつ小さな芽が出始めているようだが。

もっと豊かな日本が続いてくれればきっと更に上手くいきますよ。

506 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 10:42:42
>>505
>農村部にいた母方の家族は、簡単な作物なら作れたので都市部のように
>何日もろくに食べる事が出来ないって言う事はなかったようです。
農家が全収穫物を供出しないことが闇市の根本原因だったのだが・・・・・・

>農村部にいた母方の家族は、簡単な作物なら作れたので都市部のように
>何日もろくに食べる事が出来ないって言う事はなかったようです。
ってところがミソだね。供出しないで手持ち保留して自家消費したり闇販売してたりしたんだよ

507 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 11:26:21
何も生み出してないとは無知な奴だ。

長年にわたりキリスト教に汚染された西洋文明がルネッサンス以降次第にキリスト教の孕む狂気からの脱却を模索しつつも未だ呪縛を噛み破れずにいた19世紀の西洋思想界では、
ようやく遅まきながらニーチェの超人思想という形で一つの理想像を形づくるのがやっとだった。

(詳しい解説は割愛するがヘーゲルやマルクスなどの思想は結局本質的なところでキリスト教ならではの狂気と同質の愚昧から脱却できていない。
つまり所詮はキリスト教の亜流程度の欠陥思想に過ぎない)。

しかしヨーロッパがニーチェの超人思想を生み出した事でようやく新たな知的段階を模索し始めた頃には既に、
新渡戸稲造が日本では単なる常識に過ぎない武士道を西洋に紹介して実践的超人思想の具現ともいうべき武家社会という歴然とした実績を見せつけていた。
ニーチェは人類の目指すべき目標を見定める事は出来たが目標への道のりは説明できなかった。

ヨーロッパ人が理想を見つけながらもそこまで到達する方法を知らずにさまよっていた時、
武士道が既に理想を具体的に実現していたのだ。

508 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 11:55:00
>>506
そんな責任転嫁したら農家の人たちが可愛そうw
都市部に比べればマシだったってだけで農村部も同様に
食料不足だったんだから。

まだ農業が機械化されてないしね。当時、日本の農業は何をするにしても
人手勝負だから何処の家庭も大家族。子供の世話もあるし、働き盛りの
男性を失った農家の生産力なんてしれてますよ。仮に農家が全収穫物を出荷
してたとしても当時の食糧不足が解消されてたなんて有り得ませんよ。
簡単な作物なんて庭先での家庭菜園程度で、実際は農家も破綻してたんですから。
空襲の被害が少なく家を失わずにすんだから出来た事ですよ。

闇市に流れたのは主に支援物資では?

509 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 12:09:39
田舎へと買い出しに行った そんな話を聞いたけど
列車に乗って田舎に買い付けに行ったけど 帰りにオマワリに見つかると没収 される

空襲の跡地には 化け物みたいな大きな薩摩芋が育ったらしいが


510 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 12:24:10
>>508

>闇市に流れたのは主に支援物資では?
( ゚д゚)ポカーン
占領下の食糧公団の報告とか、経済警察の報告とか、GHQの報告とか
まったく読んだこともないのに、そういう妄想唱えてるわけな
ゆとり教育って最強だな

511 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 12:25:07
>>510訂正
食糧公団の前身は食糧営団だった

512 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 13:13:08
>>510
( ゚д゚)ポカーン
読んでないし憶測だから疑問分な訳だが。

で、それらの資料には、農家の横流しが食糧不足の主な原因だと
書いてあるとでも?w

513 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 14:50:15

老齢基礎年金
65歳以上の国民で保険料納付期間と保険料免除期間が25年以上の者に支給
年額 満額792,100円(2006年度) 保険料納付期間等に応じて減額される
付加年金を納付していた者については年額納付していた月に200円を乗じて得た額を加算して支給


514 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 15:39:22
なんにせよ>>1のサイトは表現が気に入らない

113 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)