5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なんで靖国って寺じゃないの?

1 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 22:37:02

/ ノ \
|  ( ・)(・)      神社で葬式やるやつなんていないだろ
|  (_人)    
ヽ   ノ\  \  常識的に考えて…
/   \  \  \
|   |ヽニつ \  \

2 :九州出身:2007/01/15(月) 22:41:31
簡単に言う!

《理由》
 寺=仏教 神社=神道

靖国神社は神道だからだよ。



3 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 22:41:33
葬式は仏式、神式、教会式いろいろあるよ
おまえが常識しらんだけじゃ、ヴぉけ!

4 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 22:58:42
ほとんどの家は仏教式の葬式をやるわけだし、
無宗派の寺を立ててやったほうがみんな喜んだのでは?

5 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 23:06:49
あと、儒式ってのもあって、江戸時代の一部の儒者がやってた。

まぁ、一般庶民でも死んだら仏になれるって考え方が江戸時代には定着しちまったおかげで、仏や成仏の価値がインフレ起こしちゃってるの。

だけど、神様のほうは家康だとか一部の偉人しかなれないもんだから、仏様より価値が高く思われてるよね。

お国としてもそれなりの格式で戦没者を祀んないと体裁が悪いし、一応神道式が国家祭祀の建前だからその点でも当然かな。

別に、遺族がその家の宗旨で仏様として祀ったって構わんわけだし、わざわざ被ることする必要もないわけだしね。

6 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 23:13:58
新潟県にな、殉職した自衛官がいたんだよ。
その奥さんっていうのが、日本人だか帰化人だか知らないが、
篤実なクリスチャンだったんだな。
で、殉職した夫は護国寺に祀られた。
妻にとっては不本意だった。
これは信教の自由を侵害してるのではないか?
そう考えて、妻は違憲判断を問う裁判を起こした。
で、紆余曲折経て出た答えを>>6が示す。
>>1にも関連あるからよく読んどけ。

7 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 23:19:58
護国寺ではなくて護国神社だった…。
アンカもミス。
正しい答えは>>8がしてくれます。

8 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 23:21:58
死んで仏になるのは没個性な存在で、個人の名が仏に冠せられることはない
神様になるときは、菅原道真とか東郷平八郎とか個人名で神格化される


9 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 00:13:09
>>8
神道が故人を神格化するのは、ひどい仕打ちを受けて死んだ人が、
悪霊化してたたりをなすのを防ぐため。
菅原道真とか平将門とか。
戦死者を靖国に祀るというのもそういう意味です。
インパールとかレイテとか、みんな恨み骨髄で死んでいったからな。

10 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 09:40:09
崇徳天皇なんか没後七百年もたってなお、怨霊がたたるのを恐れて神社にまつられたもんな。

11 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 09:49:06
寺だと、宗派が問題になるので。死んだ人間そのものを祭る神社ならどの宗派にも帰属しないと考えられた。キリスト教にも配慮してローマまで使節を送り法王から承認してもらっている。…と記憶しています。

12 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 11:57:02
徳川家康も怨霊になったので、東照宮に祭られたの?

13 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/01/16(火) 16:19:52
>>8
>菅原道真とか東郷平八郎とか個人名で神格化される
国家神道の形式で祀られた後者と、北野寺や吉祥院や安楽寺境内の「聖廟」
に祀られた前者とでは、宗教的背景が全く異なるでしょう。
それに、かつては真言宗系の神号であった「日本太政威徳天」や天台宗系の
「天満大自在天神」、或いは両者を混合したものが使われていました。
単に「菅原道真大神」などと言うようになったのは、明治以降です。
神仏分離令が出され、本地仏十一面観音と仏教系の神号から引き離された。

>>9
>神道が故人を神格化するのは、ひどい仕打ちを受けて死んだ人が、
>菅原道真とか平将門とか。
国家神道成立以降の「神道」と、社僧が関与していた神仏分離以前の神祇信
仰は分けて考えるべきでしょう。
靖国の場合、幕末から見えてきた「顕彰としての祭祀」の意味合いが強い。
道真はともかく、将門の場合は『将門記』や『ヨミガへリタル記』の時代に
は、「地獄に堕ちたが、『金剛般若経』の功徳で救済された存在」ないしは
「修羅道に堕ちた存在」とされていたようですから、神として祭祀されたの
は、ずいぶん後の話だろうと思います。
どなたか、何時ごろのことか、ご存知ありませんか。
なお、道真は梵天(ブラフマー)と帝釈天(インドラ)の許しを得て活動し、
将門も六道の内、地獄と修羅で活動していたというように、死後しばらくし
て書かれた記録では、仏教的世界観の範囲内で行動しています。
今考えられているような「神道」の中では捉えきれないでしょう。

>>10
霊廟自体は、鎌倉時代に既に建立されています。

14 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/01/16(火) 16:23:39
>>12
単に祖先を神として祀った例が鎌倉時代に存在したことが、『神道集』など
に見えていますが、その後怨霊のみとされていたところ、秀吉や家康の頃か
ら、怨霊でなくても祭祀されるようになったようですね。
秀吉は吉田神道で(管理は社僧)、家康は当初の予定では吉田神道で祀られ
る予定でしたが、後に山王神道で祭られました。本地仏は薬師如来。

>>1に簡潔にお答えすれば、幕末の志士たちの中には、排仏系の思想下に顕
彰の意味で神として祀られた人々がおり、明治に仏教色を排除した国家神道
の下に国民の統合が図られた中で、幕末に原型が成立していた招魂社が国家
的祭祀施設として再編されたのが靖国神社だ、といったところでしょう。
そもそも、国家神道を振りかざしていた連中の指導下に神仏分離令が出され
て、当時の仏教家に「坊主をいじめていた」時代と回想されていた明治時代
の慰霊施設として、寺院が選択される訳がないでしょうに。
泉涌寺も皇室の葬儀から外されてしまい、宮中での仏教行事も消えた。

明治の前半期には、新宗教「神道」が国家に支持され、中ごろになると神道
は宗教ではなく、仏教徒やキリスト教徒も含めた「日本国民の慣習であり、
共通した祖霊崇拝である」という論理が展開されます。
実際には、「神道」の教義は古代から続いていたものというよりは国学者た
ちが古代を志向して生み出したもので、古くは「祖霊崇拝」であったのかと
いうことも、疑えそうな話ですが。

15 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/01/16(火) 16:27:36
なお、現在歴史上の人物を祀った神社が各地にありますが、大抵は寺院か、
社僧が関与していたところか、かつての霊廟(非神社)です。
もしくは、明治以降の建設。これが一番多いでしょうね。
例を挙げると、後鳥羽院の水無瀬神宮はかつての水無瀬霊廟、多田一族を
祀った多田神社は多田院という寺院でした(明治以降の改変)。
所謂「天満宮」も、後宇多院の時代までは「廟」扱いで、神社とは区別さ
れています。八幡宮も、祭神が応神天皇とされるのは時代が下ってから。

16 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 18:49:18

葬式を神社でやった人、俺の人生で一人も見た事ない!

だれか神社に祭られた人知ってる人いる?

靖国にいる一般兵はみんな成仏できてないんじゃないの?

仏にはすくなくてなれないよな。神道では、死んだ人はどこへ行くんですか?


17 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 19:27:35
>>16
神道って地獄(黄泉の国)があるだけで天国がないよね。
死後の救済をまったく考えてないという感じだ。

18 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 19:34:18

>>17

じゃあ靖国に祀られてる日本兵は全員地獄行きですか?



19 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 19:41:34
死ねばみんな仏になると言いつつ靖国参拝していた前首相は神仏習合論者なのですかw

20 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 19:45:43

仏(ほとけ)に成れない日本兵の魂はいったい何処へいったんでしょうね?

成仏は出来ないわけですよね神道では??



21 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 20:11:45
東郷神社は条約派に足を引っ張られた元帥閣下の無念を鎮める目的で建立されますた。

…というのはガセ

22 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 20:14:36
神道形式の葬式では、柏手を打つときに寸止めして音をならさない

23 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 20:29:11
>>18
>>20
地元では仏教の葬式を出してるだろうから、一応成仏はしてるんじゃね?>日本兵

>>19
いやだなあ、そんな変な首相がいるわけないじゃないですか。
いくら2chでも、あんまりおかしなことを書くと笑われますよ。

24 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 20:34:03
亡くなった人は、寺に行く時は仏様になって、
神社に行く時は神様になるだけだろ。



25 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 20:47:13
今思うとあいつは本当に変人首相だったな。
なんであんな頓珍漢なパフォーマンスに騙されてたんだろ。

26 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 21:36:36
>>18
「死んで護国の鬼となれ」

27 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 23:07:40
>>9
恨みだけとは限らないです。
靖国にいる英霊の多くは、国を護るために死んでいって
実際、今の日本を護っています。
中国や韓国が首相の靖国参拝を阻止するのは、英霊たちの
霊的な助けを受けさせないため、というのが真相。
肝心な日本人は戦後骨抜きにされたので「霊的プププ・・」
になってしまったけど、中国人の方がその力をよく理解
しているようです。
なので小泉総理は日本にとって本当に最高の総理だった。



28 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 00:07:52
>14
>実際には、「神道」の教義は古代から続いていたものというよりは国学者た
>ちが古代を志向して生み出したもので、古くは「祖霊崇拝」であったのかと
>いうことも、疑えそうな話ですが。

それは本当に疑わしいですね。
祖霊崇拝というものが神道の根本にあるならば、葬式が出たとたんに神棚を白紙で封鎖して、
四十九日が終わるまでそのままという、あまりにも死者に対して冷たい風習はありえないという
気がします。
神道の根本は山河や巨石・巨木に対する自然崇拝であって、祖先を敬うという概念は、
後に仏教や儒教が渡来することによって付け加わったのではないかと、単なる思い付きなのですが
考えています。

29 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 20:30:59

日本人は騙され易いんだよ。

昭和天皇だって神様じゃなくてただの爺だったし。

小泉の馬鹿パーフォーマンスで日本国民がA級戦犯

崇拝してると世界中から誤解されて日本人が世界の嫌われ者になって。。。

アイツは本当に馬鹿な総理大臣だった!!



30 :日本@名無史さん :2007/01/17(水) 20:35:29
>日本人が世界の嫌われ者になって
同志29、北京の方角へ向けて敬礼!!

31 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 21:18:12
>>靖国にいる英霊の多くは、国を護るために死んでいって

嘘ばっかしい。大本営発表?

どこの国も攻めてきてないのに、アジア侵略して2000万人ものアジア人を

虐殺してたんだよ日本兵は、その上アジア各地で強盗、強姦、拷問、人体実験

してたのが現実!!目覚めろよいいかげんに!!!




32 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 21:28:59
A級戦犯の裁判を受けたメンツを見れば
今でも政財界に影響があるのがわかる
つまりは選挙への影響
それだけの話


33 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/01/17(水) 22:10:58
>>28
>神道の根本は山河や巨石・巨木に対する自然崇拝であって、祖先を敬うという概念は、
「自然崇拝」も、疑わしいといえば疑わしい。
いえ、古代の神祇信仰にはそうした面がありましたし、中世や近世にも死者や自然を崇
拝することはありましたが、大社の神主(そもそも社僧管理が大半でしたが)には、そ
れらは俗信の類と片付けられていましたからね。
祖霊や自然を信仰しようという主張が目立つのは、江戸中期以降の国学者(明治以降の
「神道」成立の立役者たちの先蹤)たちの著書からじゃありませんか。
江戸後期になっても、由緒ある天津神や国津神と、卑しい自然物は異なるという論が存
在していましたし。
ただ、明治以降に主導権を握ることになった連中の思想は、「日本には神道という思想
的伝統があり、それらは仏教などに犯されても、芯は存在して古代から現在まで連綿と
続いてきた」という、事実とは異なる内容であり、未だに国学院関係者や神社関係者の
間ではそれが信じられているため、「神道は古代から祖先や自然を敬って続いてきた」
という説明がまかり通っている訳ですが。
そもそも、日本史上には雑多な信仰が存在していたのを、明治以降に神仏分離や諸社統
合で無理矢理管理しやすいようにされ、教理面でも統合されて「神道」が成立させられ
てしまった訳で、近世以前に「神道」と総称出来るような信仰体系は無かった。
近世以前なら、雑多な信仰を総称して「神祇信仰」と呼ぶのが普通です。

>神棚に白い紙
そもそも、神棚自体が戦国期の産ですから、そう古いものではありませんが、死穢に対
する規定は、平安中期からありますね。
死穢と死者への対応は、また別だと思いますが(とはいえ、祖霊崇拝云々が胡散臭いこ
とには変わりありませんが)。

34 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 22:28:11
◎台湾世論調査結果
「移民したい国」「立派だと思う国」「旅行したい国」で日本が1位
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1151672315/l50

◎台湾行政院が五ヶ国(米・英・仏・独・日)での世論調査を実施した
時の調査結果で日本が国際好感度1位
http://67.15.149.71/i6/5/11/24/511240726591665.jpg

確かに日本国・日本人は世界から嫌われてるな。
世界から孤立してるよ。
この結果を見ればw

35 :28:2007/01/17(水) 22:53:21
>>33
丁寧なお答えありがとうございます。
本当に勉強になります。

36 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 22:56:23
こんな糞スレを良スレにしようとするおまいらの努力に感服

37 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 00:04:55
>>32
基本的に同意。
靖国というのは所詮は政治上の産物に過ぎない。
あんなものが日本人の死生観を代表しているとか言う奴らは信じられないよ。
死者にはとにかく成仏してほしいというのが大多数の日本人の考えだろう。
そこに靖国なんかの介在する余地は全然ないよ。
まあ、松岡洋右の親戚が総理大臣をやっているこんな国ではな・・・

38 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 07:24:10
>>33
>神棚自体が戦国期の産ですから、そう古いものではありません
神道成立以前に神棚が成立していたというのは皮肉だな

39 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 11:20:27
一般の葬式でも神道式の地域はあるよ。
うちの親父の田舎はそうだった。

40 :39:2007/01/19(金) 11:22:22
遺影を前に、玉ぐし振ってる姿みてちょっと唖然とした。

41 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 19:48:10
江戸時代は日本人全員がどこかの寺の檀家だったんだから、
神道で葬式をやる地域というのは、明治初期の廃仏毀釈が
よっぽど徹底的にやられたということなのかね。
神道葬って全体的にわざとらしい感じがして嫌だ。
寸止めの拍手とか・・・

42 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 22:36:38
>>41
そらそうだ
将軍家も家康と慶喜以外は
増上寺(浄土宗)か
寛永寺(天台宗)に墓がある

43 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 01:05:33
>>41
侍の階級の人の中には、
檀家にならなくてもよいという特権を持った人がいたそうです。


44 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 12:58:14
神社がけっこうんしきや葬式に手を出したのは明治以降だろ?
一部の地域を除いて

45 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/01/20(土) 16:03:50
>>35
おそまつな説明でしたが、とりあえず言いたいことを言わせて頂きました。

>>36
当時から江戸時代にかけての「神」観念と明治以降のそれとはかなり違いま
すけれどね。しかし、今は「創られた伝統」が大手を振っている。
「神道は古代からの伝統」というのは、今後も続くでしょうね。

>>41
確か、飛騨の某市町村には、廃仏毀釈以降寺が全く存在しないそうです。
平成の大合併後、どうなったか知りませんが。
宮城あたりの寺院に関する伝承で、その土地では、寺に各檀家用の仏壇が設
けられており、夜になるとたまに死者がやってきて仏を拝んで帰っていくが
神式でやるようになった家には仏壇がなく、さみしそうな顔をしてご本尊を
拝んで帰っていく・・・というのがありましたね。

>>44
会津、水戸、岡山、土佐などでは、17世紀末から儒家神道の神式で葬儀が
行われていました。現在の神式も、『文公(朱子)家礼』に基づいたもの。
上記の地域では、藩によって半強制的に推奨されていました。
神仏習合系の神道も高天原の神々を信仰するような神道も否定して、「自然
の神道」を主張していた安藤昌益も、仏式で葬られた後、新たに神として祀
られていますね(それまでにない方式であったかと。いわば安藤流)。
その事を後日地元一帯の神社を管掌していた法印(山伏)に「切支丹邪宗門」
の行動と糾弾され、一族や弟子が処分を受けていますが。
近世の村落では、神社を管理していたのは、山伏や社僧、一年交代で神主を
務める百姓がほとんどだったように思います。統計はとっておらず、地域差
もあるでしょうが(特に岡山などの上記の地域)。
結婚式は、完全に明治以降の産物でしょうね。

46 :39:2007/01/20(土) 17:13:46
へぇ。
うちの親父の田舎は、会津じゃないけど福島県内だから、
会津藩の影響があるのかもなぁ。

47 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 19:25:23

神道の説だと死んだら人はみんな神になるそうだけど、神になって具体的

何処で何してるわけ?

極悪非道のA級戦犯も、ヒットラーも、スターリンも死んだら神になる訳ね神道だと。。。

死に神も神様の一種???





48 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 19:48:34
お山の上に帰るんだよ

49 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 19:54:58
魂になるか神になるかは別じゃネェ?

50 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 20:09:26
国家神道なんてどうせでっちあげなんだから
ヴァルキリーも導入すればよかったのに。
戦場で倒れた日本兵の魂は、戦乙女に伴われて
高天原へ昇ってゆく・・・

51 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 22:23:48
臭いなw

52 :日本@名無史さん:2007/01/21(日) 18:58:18
>>戦場で倒れた日本兵の魂は、戦乙女に伴われて

イスラム教だと、戦士したら天国で7人の処女が待ってる。

神道とイスラム同じだな。神道はイスラム教のパクリなのか?

自爆テロ=特攻隊&人間魚雷


19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)