5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♪邪馬台国、ドンと来い♪ 12

1 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 12:37:19
.   ∩____∩: :.+
ワク. | ノ      ヽ+.:
:.ワク/  ●   ● | クマ
  ミ  '' ( _●_)''ミ クマ
. /  ._  |_/__ノヽ 
 -(___.)─(__)─

九州も畿内も四国も朝鮮もエジプトもコテハンもドンと来い!
  出来るだけソースを出して後はお好きに!

前スレ
♪邪馬台国、ドンと来い♪ 11
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1166963197/

2 :九州ですが ◆cdEg7T5ias :2007/01/10(水) 13:07:17
あ、やっとクマクマのミコトだっ。ありがとうございます。
久しぶりにこの絵ですねっ。もう一匹は?ちなみに今日はおやすみです。

3 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 13:23:06
【ヤマト】纏向は王権の礎の地だったか【マキムク】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1166155276/

畿内王権の成立とその前後の過程
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1160892510/

【三輪山】「箸墓=卑弥呼の墓」は本当か?【巻向】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1044029517/

◆邪馬台国は大和朝廷になったのか?◆PART21
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1158393228/

【BC2】邪馬台国の根本【AD3】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1145365560/

【弥生畿内勢力から倭王権樹立へ】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1110162070/
【記紀?】畿内の寺社は移設ばかり【米田良三】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1167465329/

高天原ってどこにあったの?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1088849439/


4 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 13:25:12
※ 九州王朝はなかったのか? ※ 10
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1141320606/

古代九州は都!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1152019614/

「2倍念暦」の真実
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1166152776/

古事記・日本書紀研究
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/985528678/

■出雲神話■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/993006016/

出雲文化について考える
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/994171651/

5 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 13:25:48
『親魏倭王』の金印は福岡県?奈良県?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1122273667/

神武天皇陵を語ろう
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1106442060/

大豪族・葛城氏の「王宮」跡
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1109040546/

天皇陵の発掘調査を宮内庁に認めさせるスレ2墓目
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1104107337/

高床式建物はシベリアやアムールにもあるけど何か?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1164871625/


考古学者になるにはどうしたらよいか?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1053880775/

職業としての考古学者を語りあうスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1088995870/

考古学業界勢力図観察スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1096462181/

【捏造】藤村新一さんって、今、何してるの?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1066222528/

【ゴッドハンド】藤村新一氏はこの先生きのこれるか
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1066908622/

6 :橿原一派 ◆6Zok7FAjsY :2007/01/10(水) 13:45:26
>>1


7 :九州ですが ◆cdEg7T5ias :2007/01/10(水) 13:56:41
乙 さんってあり難いですよ。みんなで盛り上げて、立派なスレにしましょう。

8 :追加:2007/01/10(水) 14:47:25
謎の女王 卑弥呼は誰か?邪馬台国問題に終止符!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1167480597/

大和・纏向遺跡
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1126436869/

日本版ダヴィンチコード
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1148778771/

9 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2007/01/10(水) 17:12:11
>>878
>天皇を政治利用しないためにも、

ここでいう政治利用とは、戦争への道に日本を引っ張り込むような利用法のことをいう。

世界と仲良くする為の外交も、あなたは政治利用というのかな。
むしろそんな外交が天皇の存在理由じゃないかね。

昭和天皇がA級戦犯の合祀で、ド素人宮司にコケにされて靖国神社に行かれなくなられたのを
政治利用として非難するのは、日本を戦争が出来る「普通の国」にしたい連中の策略。

むしろ日本を戦争から遠ざけ、無用な国粋主義に引っ張られないためにも天皇のお考えを
表明するのが日本のためだ。
朝鮮人を馬鹿にして溜飲を下げる国粋主義者は、日本を危険にしてしまう。

ーーーーー(引用開始)−−−−−
我々は、西洋人が不倶戴天の敵であり、日本を破壊し、日本人を奴隷にすると信じていたのである。

我々は戦争に敗れ、敵は軍隊をもって我が国を占領した。しかし占領軍は、日本人を絶滅させるこ
とも奴隷にすることもなかった。逆に、彼らはこの国を再建し、国民を解放した。

彼らは、我々が今まで知らなかったほどの寛容さ、正義感、同情心を示した。かつての敵のこう
した高貴な態度は、見習うべき特質であると感じる。

私の国民とともに、この尊敬すべき精神的価値を学び取り、我が民族の道義心を高めて救いを得たいと願う。
http://www.yorozubp.com/0408/040818.htm

10 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 17:15:21
バカサヨ丸出しだなw

11 :プラム ◆TOfHBAKZgM :2007/01/10(水) 19:35:09
>>7


漢籍調べていけばこんなものも発見します。

『新校本宋史/志/卷一百四十九 志第一百二/輿服一/記里鼓車』

【足輪各徑六尺圍一丈八尺足輪一周而行地三歩以古法六尺為歩三百歩為里】

12 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 19:37:10
>>プラムさん
移転しましたになってはいれなかってけど、どうして。

13 :太国:2007/01/10(水) 19:46:46
恵也は津田病患者のようだ。治療が困難で、何とかせなばなるまい。

14 :九州ですが:2007/01/10(水) 19:58:44
12は私です。プラムさん暗号が消えちゃいました。どうするんでしたっけ?

15 :九州ですがcdEg7T5ias:2007/01/10(水) 20:24:29
>>524
邪馬台国への「水行十日陸行一月」を「帯方郡からの全行程」と読まないほうが、恣意的だと思う。
水行二十日も、水行十日陸行一月も、何十泊もする長旅で、船から下りずに食料を調達したり、
余所の国を何の挨拶も無く通過したりするのは考えられない。必ず下船して何らの記述がされるはず。
それが無いのが、水行十日陸行一月」を「帯方郡からの全行程」とみる理由。
水行二十日については、投馬国が帯方郡から船でこれる距離を独自に伊都国で地元の倭人から聞いたものを、そのまま載せたもの。
と考えている。まあ消去法ですね。

16 :プラム ◆TOfHBAKZgM :2007/01/10(水) 20:24:43
私も初めての経験ですし、
携帯からのアクセスに規制がかかったみたいです。

詳しい方事情ヨロシクデス。


運営板なら解るかな?

17 :九州ですがcdEg7T5ias:2007/01/10(水) 20:29:08
>>16プラムさん
へえー。プラムさんでも初体験なんですか。よかったぁー。
もうみんなに会えないのかとあせりましたよ。

18 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2007/01/10(水) 20:39:47
>>10
>バカサヨ丸出しだなw

あんた自身、右翼がわかってないだろう。

右翼にも革新派がいるし、保守派もいる。
いい加減な言葉を、いい加減に信じて使ってるのじゃないかな。

俺は右翼を天皇を大切にする思想とみる。
左翼は天皇を含めて、すべてを平等の地位にする思想。

日本は天皇だけは大切にして、国家のまとまりを子孫に伝えた方がいいと思う。
さもないと、バラバラになりやすい並みの国になってしまうよ。

それに>>9で紹介したのは、昭和天皇がアメリカ大統領に個人的に出された手紙文。
それがバカサヨなら、天皇陛下はサヨクとでもあなたは言いたいのかね?

19 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2007/01/10(水) 20:42:48
>>13太国
>治療が困難で、何とかせなばなるまい。

あなたに他人を治療する力があるわけでもあるまいに。
大言壮語も限度があるぜ。

あんた医師免許持ってるのかい?

20 :九州ですが333338:2007/01/10(水) 20:49:47
恵也さん、太国さん。仲良くお願いします。
コテ4人とも意見の食い違いはありますけど、それでいいと思いますよ。

21 :プラム ◆TOfHBAKZgM :2007/01/10(水) 20:51:49
取り敢えず携帯からのアクセスは

http://same.u.la/test/p.so/academy5.2ch.net/history/

ここからなら覗けるよ

22 :プラム ◆TOfHBAKZgM :2007/01/10(水) 20:54:01
と、思ったうちに

以前と同じように復旧していた。

23 :太国:2007/01/10(水) 20:54:06
倍暦の研究から、神功39年は365年と算定した。200年代ではないな。
そのころ女王国が九州にあったのだ。神武のころとかけ離れているぞ。

24 :九州ですがkittokatu:2007/01/10(水) 20:56:28
トリップがおかしくなっちゃった。これでよかったのかな。

25 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2007/01/10(水) 21:03:19
>>15
>余所の国を何の挨拶も無く通過したりするのは考えられない。必ず下船して何らの記述がされるはず。

あんたね!
魏志倭人伝は邪馬台国がどんな国かを書くための、魏の時代の外国情報誌。
旅行記は陳寿が参考にしたであろう書物に書いてあるもの。
混同しないように、

むしろ魏志倭人伝だけでも、子孫の為の外国情報誌としては文章の長さが長すぎるくらいだ。
陳寿自身、この文章を短くしようと悪戦苦闘したことだろう。
この上に、余所の国への魏使の挨拶文章なんて外国紹介をダラダラ長くするわけにはいかんよ。

何のために陳寿が魏志倭人伝を書いたのか、根源的思考力が不足してる。
中国人のために書いたもので、倭人の子孫であるあなたのために文章を残したものじゃない。

26 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 21:03:19
魏志倭人伝には、狗奴国の「狗古智卑狗」が出てきて
これを「クコチヒコ」と読んで、菊池彦と解釈しますが
これはは間違いです。

魏略では、「拘右智卑狗」になってて、
これは「コウチヒコ」と読んで、河内彦と解釈します。
これが正しいです。

崇神天皇やモモソ姫に謀反を起こした崇神の叔父の武植安彦が
河内彦(河内の長官)をやっていたので、
拘右智卑狗とは、武植安彦のことです。


27 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 21:04:07
>>22
移転しました、と出ませんでしたか?

28 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 21:12:06
>>25
僕が言いたいのは、水行十日陸行一月が、あんまり短い記述過ぎる事、
そして、吉備、出雲の名が倭人伝に見えないこと、です。

29 :プラム ◆TOfHBAKZgM :2007/01/10(水) 21:23:36
鯖の点検ですかなぁ〜?

30 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 21:35:10
>>26
違うだろ?それなら、「武植安彦」に似た名前になってるだろ?
狗奴国の「狗古智卑狗」は、あんたが言うように、「クコチヒコ」と読んで、菊池彦と解釈すべきだよ。
狗奴国の「狗古智卑狗」が居たのは、現在の熊本県菊池市あたりと考えるのが普通だろ?
ということは、邪馬台国はその北、筑後川流域でしょ。

とりあえず、ドンこい12 オメ!

31 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 21:37:14
>>26
それよりまず、クナ国が畿内に会った証明が何もなされていません。
一大率を置いたという伊都国の南に女王国があり、さらにその南にクナ国はあるんですよ。
畿内なわけがありません。

32 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 21:48:02
それからさあ、邪馬台国から、狗奴国までの間、かなりの数の国名(実際は集落名?)
が列記されてるけど、邪馬台国から、とうま国までは何故同様に多くの国名が列記されて
いないのか?
そして、邪馬台国が畿内だとすると、卑弥呼の宗女「トヨ」を思わせるものが何も無いのだが
畿内説者はこれをどう強弁するのか?

33 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 21:52:27
>>30
魏略では、「拘右智卑狗」になっている。
そのほうが重要だな。

というか、どう考えても、畿内説になるんだわな。
でも、タイミング的には今まで公に出来なかったんだわなw
でも、そろそろ、良いじゃんかということになって...

34 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 21:53:49
九州説なら狗奴国の南に考えられますね>>とうま国

35 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 21:54:03
>>32
崇神天皇の皇女が、モモソ姫の後をついで
巫女になっている。
崇神天皇の皇女の名前は、豊鍬入姫命

36 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 21:55:40
台与:豊鍬入姫
卑弥呼:倭迹々日百襲姫

37 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 22:00:04
>>33そんなことで証明になるなら熊本にも、河内という地名はあるが。

38 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 22:03:20
>>34僕は、「、投馬国が帯方郡から船でこれる距離を独自に伊都国で地元の倭人から聞いたものを、そのまま載せたもの」と考えているから
矛盾しません。

39 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 22:04:19
昨年の初期は、自分も九州説だったw
一緒になって、畿内説をたたいていた。

でも、昨年の中頃から、畿内説にシフト。

裏話を聞いたら、邪馬台国(やまとこく)は畿内だったんだって...
そろそろ宮内庁も古墳の発掘を認可した。という裏話。

実は、皇室や宮内庁は、ユダヤ人に、皇室=ユダヤという淡い期待を抱かせるために
あえて、発掘を阻止していましたとさw
三笠宮ご老人(中東歴史専門)も、皇室=ユダヤ説は、皇室・日本にとって利用価値あると
言ってなかったけ?

でも、その必要がなくなってきた。
イスラエルもなくなりそうだし(中東でイスラエルはもう存続不可能です)
で、もうOKなんじゃないかと...そういう流れ。

40 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 22:06:16
>>35
その人は崇神天皇の皇女でしょ。卑弥呼の親戚のトヨとは無関係じゃない。

41 :太国:2007/01/10(水) 22:09:30
女王国が畿内だったら、魏志倭人伝に「女王国」の記載を書くついでに、
「天皇国」に至るとかの、双方の記述が載る。
そんなこと、片方は書かれていない。つまり女王国は九州にあったのだ。

42 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 22:13:46
天孫降臨って、高千穂の峰に高天原からニニギが下った事になってるけど、
まさか、人が空から降ってきたと考えるお目出度い香具師はいないよな?
そう、高天原と称する地域から高千穂峰(九州山地と逝ってもいいと思う。)を
越える事に成功して、宮崎平野に降り立ったのだよ。(その結果、嫁取りに成功。)
もう一度、記紀神代で、高天原がどう描かれているか良く読もう。
「略 常夜の状態が続き、略、「天の安河原」に集まり 略」とある。
高天原には天の安川があったのである。
高天原は小石原川流域。(筑後川流域でも桶) そこから出発して九州山地(高千穂峰と書かれている)
を越え、宮崎平野と交流を持ち、嫁取りまでおこなう。
この此花さくや姫から生まれた子が宇佐のトヨ(比売大神)と結ばれ、子がうまれ、さらにその子
が東遷して「神武天皇」となるのである。

43 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 22:15:30
>>41
天皇なんて名前は当時はありません。
崇神天皇は、御間城イリヒコ。
天皇国という名前なんてあるはずない。
つまり、当時は、巫女が占って、それを大王が政治をするという体制があった。
巫女が宗教的権威、大王が実務権力者でしたとさ。

44 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 22:18:34
安帝永初元年(107年)、倭國王帥升等、獻生口百六十人願請見 (後漢書倭伝)

この「倭国王帥升等」は、「ヤマトクニオシヒト(第六代孝安天皇)」である。
「倭国王帥升等」は、種々の表記があるが、
「升等」は「ヒト」で全体を表音表意混合文とみる。

45 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 22:23:57
大和朝廷と、邪馬台国卑弥呼は同一ではない。戦時中、天皇を現人神と崇める八紘一宇の
思想を世界に広めようとした軍部が、壬申の乱と、邪馬台国は万世一系を否定するものとして、
絶対に学校で教えることを禁じていた。これは当然、卑弥呼が、天皇家とは血筋違いである事を示している。
故に、天皇の皇女である倭迹々日百襲姫 が、卑弥呼であるわけが無い。

46 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 22:45:30
>>45
自分も最初は九州説だったけど
もう畿内説は否定できないようになっている。
つーか、そういう決定的な証拠が存在する。

47 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 22:50:18
>>46
自分も最初は畿内説だったけど
もう九州説は否定できないようになっている。
つーか、そういう決定的な証拠が存在する。

48 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:04:18
阿蘇山が移動したという畿内説は、その証明をしてみろ!

49 :太国:2007/01/10(水) 23:18:07
>>43
神武以降畿内には天皇がいましたよ。それは確かの神功の摂政とかは
ありましたがねぇ。それを含めて言ってるんですよ。
神功は卑弥呼じゃぁないし、天皇国っていうのは厳格に言ってるんでは
ないですよ。そういうような似たような国名で倭人伝に書かれるはず
でしょうが〜。畿内に女王国があったんだから、天皇とか類似の名で
女王国のわきに天皇が住んでる記載があって然りです。
それがないんだから、女王国は天皇のいる朝廷から離れた九州にあ
ったわけですよ。

50 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 23:25:56
箸墓古墳をもし卑弥呼の墓に比定できるとしたら、卑弥呼の墓は前方後円墳という事になり、
仁徳天皇陵や応神天皇陵などへ続く、4〜5世紀の近畿を中心とした「大古墳時代」へと、その勢力は拡大して行っているはずである。
邪馬台国は発展し、子々孫々が強大な大和朝廷を形成していったはずではないか。
しかし、邪馬台国の中国への朝貢は、卑弥呼の次の女王「壱与」をもって消えてしまう。紀元266年、壱与が
数回朝貢船を送ったのを最後に、邪馬台国は歴史からかき消えてしまうのである。
これは、邪馬台国になんらかの異変があった事を示唆している。つまり、前方後円墳と邪馬台国は関係ないのである。
それはとりもなおさず、大和朝廷と邪馬台国が関係ないという事である。このふたつは別系統の王朝なのだ。


51 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:26:54
>>49
卑弥呼には弟がいて、政治をしていたと
魏志には書いてあるだろう?

>>48
阿蘇山が移動したなんて書いてないだろうが。
そもそも、あれらの文は、複数のネタ元が混乱しているから起こったこと。

52 :太国:2007/01/10(水) 23:31:11
>>51
モモソヒメは女王の地位にはないでしょう。当時は男王国ですよ。

53 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:40:40
>>51
記紀を読め。崇神天皇は、何か起こると
叔母の巫女だったモモソ姫の占いを受けて、それに従って政治をしている。
叔父の武植安彦の謀反も、叔母のモモソ姫の神託のおかげで察知し
北へ遠征していた四同将軍を呼び戻して、謀反を鎮圧している。
こういう政治体制だったのは、崇神の皇女の豊鍬入姫の途中までで
崇神は途中で巫女を宮中から遠ざけるようになった。
おそらく、その時に、この政治体制は終焉を迎えたのであろう。

54 :日本@名無史さん :2007/01/10(水) 23:43:28
やれやれ、こっちにも畿内厨が入り込んできたのか・・

畿内ではないと困るだけだろ、何故かはしらないが・・

55 :九州ですが19583298:2007/01/10(水) 23:51:34
>>54
いやここの畿内論者は真面目な人々。こんな人達なら大歓迎です。
議論するスレだから、勝ち負けはつきもの。でも、賑わったほうが楽しいですよ。

56 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:57:12
>>50
箸墓古墳の選定を間違えているんでしょう、その場合ね。
それか、後から舗装工事をしたとか。

57 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:58:18
それにしても、なぜ、九州説って
こういう場所で必死で
かんじんの学会とか権威のあるところとかマスコミでは
九州説は殆ど相手にされてないの?


58 :奴国 ◆BdeghU15Mk :2007/01/11(木) 00:01:07
>>53  崇神天皇を240年ころまで繰り下げるのは難しいと思う。
1、崇神天皇以降数代の天皇の在位が後の時代に比べて長くなりすぎる。
2、神功皇后の朝鮮征伐(370〜400頃)までの期間も長くなりすぎる。

のちの時代との比較で1代10〜12年で遡ると310〜350頃が崇神の即位になる。
起点を変えてもこの範囲に収まるので、崇神を23〜240頃即位とするのは、難しい。
故に、畿内説の主流派は初期の天皇の実在性や記紀の史実性を否定してる。

59 :日本@名無史さん :2007/01/11(木) 00:08:42
>>57
畿内厨の集まりにしか出席しないから、そんな偏った人間に
なってしまうのですよ。
もっと、常識的な人になりましょう。


60 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 00:11:06
>>58

まだ、こんな奇知外が居たの?

61 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 00:14:17
『のちの時代との比較で1代10〜12年で遡ると』

これがどんだけ馬鹿馬鹿しい事か早く気付けよ

62 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 00:16:37
>>59
でもな...俺は九州説なんだけど、
九州説の集まりって、専門家というよりは
専門外出身の愛好家が殆どなんだよなw
これじゃ、かんじんの学会では、全く影響力がない。

63 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 01:15:47
>>62
あと、九州説は、安本氏の
平均在位説みたいな暴論信者がいるからなw
あれが、そうとうマイナスだな。

64 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 01:50:00
平均在位説みたいなアホ説を信じるのは、
学会で馬鹿にされるから止めたほうが良い。

あれは、記紀とかの細かい年代解明を放棄し
天照=卑弥呼という自説のための思い込みからきた馬鹿説。
だから安本氏は、天文学の専門家に馬鹿にされるような
PCソフトの皆既日食みたいなもんに飛びついたんだわな。
天文学会では、247年、248年とともに、
日本では皆既日食は観測されませんでしたと断言している。

平均在位説よりも、それぞれの天皇の生存期間を全部解明して
この天皇や皇族は、父親である天皇の何歳の時に生まれた子供か?とか
何歳の時に皇太子になったのか?いちいち50人くらいの登場人物を
全部調べないと分からないよ。


65 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 01:51:07
安本氏の説を強行すると
もう、皇統譜の系図をたくさん操作しないと無理をきたす。
記紀の系図を100%信じろとは言わない。
ただ、だからといって、安本氏みたいに、系図上の人物の前後の親子・兄弟関係を
かったっぱしから否定して、捜査しまくったら
もう、これは完全に、安本説の妄想の領域に入ってしまう。

いずれにせよ、安本氏らは赤っ恥を書く。
そのことが気の毒でならない。
宮内庁が発掘を許可したのは、その線があるから。

66 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 02:07:38
506 :日本@名無史さん :2007/01/09(火) 19:58:01
>>503
はい、そうですね、トロイの遺跡は何層にもなっていて、
シュリーマンが発掘したものは時代的に、新しいとか。
確かに、神話的な、神代の時代の物語と思えるものに歴史的事実があることもありますよね。
中国の夏王朝も伝説と思われていたのが、甲骨文字やら遺跡やらで実在したかもってお話もあります。
しかし、神代のお話が全く関係なかったりもします。
例えば、トロイで言えば、ローマはトロイ人がトロイ滅亡後に難を逃れでやってきて、
建国したことになってますが、これは全く事実無根なんですね。
言語の面からも、人種の面からも、トロイ滅亡と推測されてる時代の遺跡なんかも、
ローマの近辺にはなんにもない。
文献だけで推測すると危険ですね。
その反対に、古代イタリア半島を統一したのはローマであることは紛れもない事実と文献でわかっていますが、
一切の文献がなく考古学だけに拠ったら、
おそらく、エルトリア人がローマを併呑したと理解するしかないでしょうね。
考古学的資料だけで推測するのも危険ですね。

67 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 06:25:40
>>65
宮内庁はついに「発掘」を許可したのですか?

68 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 09:39:45
>>67
ソースを探せ。昨年の暮れかな。
いよいよ、今年からだ。

69 :太国:2007/01/11(木) 10:13:30
>>58 (最上段)

拙者の倍暦計算ですと、実年代は

崇神即位 237年   同崩御 259年

で、ほぼ合ってますね。

2は、三韓征伐が皇紀860年で、実年代352年です。

70 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 10:18:41
天皇には権力が無いからどうにもならんけど、俺が天皇だったら、宮内庁に先祖の墓掘らす許可与えるように懇願するね。

71 :日本@名無史さん :2007/01/11(木) 10:20:23
そもそも、崇神の実在の有無から議論しようではないか

72 :太国:2007/01/11(木) 10:30:48
津田病患者の妄想だよ。もう今は、こういうのはトンデモだ。

記紀、旧事紀、大成経、他の古史古伝等は全部崇神を記述している。
これだけ文証が出揃ってれば問題ない。
古代天皇の超長寿も倍暦と判明して、現代人と大差ない寿命なわけだし、
無かったという文献は目立って見られない。見られるのは津田文献ww
とかその後代の文書くらいだからな。w

73 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 10:40:27
俺は中立なんだが、確かに九州説者はかなり感情的になるので(少なくともここでは)うんざりする。
もしかしたら本当に邪馬台国は九州なのかもしれないが、なんだか正しいことを
とって、「な、本当だろ?え?俺の言ってることが正しいだろ?」って
サディズムを満足させるように言ってくる奴ってたまにいるじゃん。あんな感じ。
九州の人は単身赴任や新入社員の赴任で大阪や東京に飛ばされることも多いから、
(大会社の本社は東京か大阪が普通だから)そういうのが恨みに思っている人もいるのかもしれない。


74 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 10:45:01
107年の倭王・帥升等(ししと)は
6代目・孝安天皇(おしひと)でしょう?
この人物は、前の57年の倭奴(本当は委奴か?)国王とは違って
単純に倭の国王となている。
そういうのを計算していくと、崇神は3世紀中葉の天皇ということになる。

75 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 10:53:17
倍年暦研究に関しては、2003年ころに
公式に学会で発表されて
今年から研究が本格化しだすらしい。
だから、サガミハラハラさんというコテハンが
あわてて本を出すんでしょう?

76 :サガミハラハラ:2007/01/11(木) 11:10:00
其の通りです。
本読んでくださいね。

77 :プラム ◆TOfHBAKZgM :2007/01/11(木) 12:24:49
倍年暦って、自然の循環を無視した、単なる数字合わせですよね!

78 :日本@名無史さん :2007/01/11(木) 12:46:45
倍歴厨は、専用スレで大いに語って下さい。
一般の常識人は無視してますから。



79 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 13:06:54
ローマとか中国も昔は、倍年暦だったんだよね。
三倍年暦だったら、自然の環境の上では説明しにくいけど
二倍年暦だと単純に説明できる。
記紀の天岩戸の話は
もろ倍年暦の話にかぶるだろう?

80 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 14:50:07
ここで素人意見を。

邪馬台国がヤマトの前身であれば、日本書紀に記述があるべきだ。
なぜなら魏により国王と認定されたんだから。

九州勢力であるなら、これまた日本書紀に記述があるべきだ。
なぜなら勝手に国王を自称し魏から叙任を受けたから。
征伐する正当な理由となる。

ならば、邪馬台国はどちらでもないのではなかろうか?
対馬、壱岐から松浦を経て、九州を横断しさらに海路を進み
南鳥島のあたりとか。

81 :太国:2007/01/11(木) 14:57:26
九州ですよ。神功39年、同66年の記述から、どうやら記載はあるのですが
猫の額ほどの書きこみです。そんなに少ないのは、女王国が畿内と離れた
遠い位置にあって畿内に情報流入が少なくならざるを得なかった為です。

上段の2行は秀逸です。次下の3行はそのとおりですが、畿内と女王国
の遠隔性から、紀の記事は倭人伝より大幅に少ない状態です。

82 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 15:11:58
>>80
あるわけないじゃんw
だって、魏志倭人伝のあれは、あくまでも中国皇帝への朝貢なんだからw
逆に、隋に対する「日の出る処の天子〜」のほうは
自信満々に記紀に記してあるだろうw
そういうことだわな。

83 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 15:23:14
そだね。武士は食わねど高楊枝って感じで、
中国にひざまずいた邪馬台国は、日本人のプライドにもとるって
判断されたんだろう。

84 :80:2007/01/11(木) 15:49:59
>>81
ありがとうございます。
素人の戯言ですので、気分転換にでもなれば幸いです。

>>82
ありがとうございます。
その側面も考えましたが、朝貢の記録が恥だとすれば
実際に朝貢の使者を派遣するのはもっと恥なのではないでしょうか?
それなのに、朝貢とはやや違いますが隋や唐には使者を派遣し
律令や仏教文化の輸入には精力的です。
つまり、朝貢の記録そのものが恥だとする認識は
著者にはなかったのではないでしょうか?

さらに、神功皇后の条にて倭人伝を引用してます。
恥とするなら引用すらしないでしょう。

85 :80:2007/01/11(木) 15:55:03
で、私の結論です。

邪馬台国はヤマトではない。
ヤマトに滅ぼされた九州王朝でもない。
魏に朝貢し、その後なんらかの内乱により滅亡し
歴史から姿を消した幻の国だと考えます。

ゆえにヤマトには記録がなく、日本書紀の著者は
「正直、わかんない」
と開き直りテキトーに神功皇后の条に引用した、と。

86 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 16:03:50
解らなかったのではなくて故意に記載しなかったのだろう
世界中の歴史を見ればそんな事は腐るほど有るのだが

87 :80:2007/01/11(木) 16:09:26
>>86
その「故意に記載しなかった」理由がどうにもわかりません。

歴代天皇の悪行や失敗、失政などは記載してますし
出雲神話などヤマトの前政権まで詳細に記載されてます。

なぜ邪馬台国だけ抹殺する必要があるのでしょう?

88 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 16:09:34
>>84
>さらに、神功皇后の条にて倭人伝を引用してます。
>恥とするなら引用すらしないでしょう。

倭人伝という現に存在するものを無視するわけにはいかねえじゃん。
こっちゃあ倭人伝より古い話しているのに辻褄が合わなくなる。
まあ、はぐらかした引用ってところだろうな。

89 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 16:13:36
倭人伝はがっちりした他の解釈を許さないような書き方してないからね。
まあ、それが邪馬台国論争の発端なのだが、こんな適当な文書、
どうとでも解釈できる。そこで引用してもたいして痛手でないと思ったんだろう。

90 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 16:19:15
>>84
あのね、世の中にはシガラミってもんがあるのよ。
嫌な奴に頭を下げたくない気持ちは誰にでもあるけど、
社会人なら、ほとんどがやらなきゃいけないのよ。

91 :80:2007/01/11(木) 16:22:47
>>90
その通りだと思いますよ。
仮にヤマトが邪馬台国だとして、
当時の外交政策として魏との親和を必要とし朝貢したのなら
それを日本書紀に潤色して記載すればよいわけですよ。

それをしていない。

つまり、ヤマト≠邪馬台国となりますよね?

92 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 16:26:25
しゃあねえよ。九州なんて大陸にびびるしかねえんだから。

93 :80:2007/01/11(木) 16:29:54
話を少し脱線させて古事記のほうに。

古事記にも、邪馬台国は当然ながら記載されていません。
でもコレ、古事記のネタとしては抜群に面白い話じゃないですか?

はるか数千里の大海原をこえ未知なる異国に乗り込み
君命を辱める事なく同盟を締結する使者難升米。

邪馬台国がヤマトの前身であるなら、これを記載しない手はないでしょう。

94 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 16:31:31
>>80さん

邪馬台国は無視されてないよ。よく日本書記読んでごらん。


95 :80:2007/01/11(木) 16:36:59
>>94
ん?神功皇后のところ以外でそれらしき記述ありましたっけ?
ちょい今出先でして手元に資料がないのです…

ここまで、お付き合い下さいました皆様、ありがとうございました。
今から所用ですのでロムに戻ります。
もしご不快になられた方がおられましたら、お詫び申し上げます。
でわ。

96 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 16:39:58
>>91
万民が仰ぐべき天皇が、
困ったときは外国に頼りにいくと記録に残してたら
民は外国に直接頼みにいこうとするかもしれないと不安になったんじゃないか?

外国が攻めてきた時に、あっさりそっちに乗り換えられても困るだろ?

97 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 18:17:48
つーか、邪馬台国にかぎらず
唐以降の対中国外交も、かなり曖昧な記述だよ、記紀では。
だいたい、5世紀以前は、遣唐使みたいな使節もなかったわけだし、
天皇の長い治世の間でも、中国への使節なんて
ほんの一瞬のことなわけだから。

98 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 19:43:29
日本書紀:39年、40年、43年、66年がでてますね。援軍たのんだ
のが抜けてる。やはり恥と思ったのでは?
卑弥呼は、1女子とある。皇女ではない。さらに、夫せいなし。お子が
いない。そして、宗女イヨ。血統がずたずた。これを天皇にしたら、魏志
で事実がばれる。神功皇后が卑弥呼なら、イヨは、応神天皇?日本書紀
ってほんとに正確ですね。基準になります。海をまぜると島が出来る。
これは事実。多分、阿蘇山も移動したのも事実だと思う。

99 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 19:58:51
>>80
邪馬台国は高天原として書かれているのではないですか?

>>98
来ましたね! 今夜も呑んでるの?^^

100 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 20:01:56
イヨタン・・・

398 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)