5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【記紀?】畿内の寺社は移設ばかり【米田良三】

1 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 16:55:29
調べれば調べる程移設説に納得する・・・
記紀の記述は改竄ばかりなのか?

2 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 16:56:08
作ったのか?!

3 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 17:03:36
移設派 米田良三氏著書
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%95%C4%93c%97%C7%8EO/list.html


4 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 18:37:39
移設スレがなかったね今迄

5 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 21:38:31
>>3
それ読んだけどさ。移設前の法隆寺といわれる観音世寺かなんとかっていう建物の中門さ
どう見ても法隆寺の中門みたいに真ん中に柱があるように見えないんだけどな……

6 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 21:38:38
畿内有名大社では、
移設した事は内緒なんですよ。

7 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 07:17:40
>>6
最古の神社の大神神社の御神体が美輪山らしいぜ、
なんとかしてくれよw

8 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 07:52:49
線香の香りが良く似合う最古の神社だよね。

9 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 08:48:57
大神祭神は、大物主の「幸魂(さきみたま)・奇魂 (くしみたま)」だってさ。
「一霊四魂」っていかにも神仏融合後の言葉だよねW
しかも記紀にしか書かれていない事自体が、一番怪しいよねW

10 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 09:56:32
山が御神体なのに、
なんで西からお参りするんだ?
普通に南から参ればいいだろ?
最古の神社は西からお参りしたなんてね笑えるよ。

11 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 14:10:31
福岡県筑前町の大己貴神社には、元大神神社との独自伝承がある。

12 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 15:48:41
巻向ってなんだろな


13 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 16:28:58
>>12
地名学から言いますと、纏向の地勢語源は、纏に向かいあったところです。
だから川の対岸とか相対する場所に、纏が無いといけません。
奈良の纏向にはその纏がありません。
近い地名すらありません。
不自然ですね。

14 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 16:47:39
大市
太一

15 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 17:13:06
>>11
奈良大神神社のいい加減な由緒には正直がっかりしますよね。
私達は正確な歴史を知りたいだけですが、
記紀の記述だけで最古を主張しても、
メッキがかなり剥がれていますからね。
庶民を馬鹿にしてますよね。

16 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 11:51:28
大神神社HP
http://www.oomiwa.or.jp/


17 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 12:08:56
大神=大国主と
桧原=天照
どっちが偉いんだ?
立場が逆じゃないか?

それにどっちが先に出来たんだ?
矛盾の宝庫だよね大神は!

18 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 19:56:11
大神周辺には、
都まであったらしいよ、
何処にも痕跡がないけど。

19 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 09:42:24
磯城端籬宮と磯城島金刺宮があったんだってさ。

20 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 09:50:34
巻向の纒向珠城宮と纒向日代宮もあったんだって、どうするよw

21 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 10:06:30
>>19-20
証拠は思い込みによる洗脳だってさ、
やっぱり掘っ立て小屋跡は、都じゃないと思うよw

22 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 12:39:39
大神が最古の神社だと、
主張する人は、
議論が出来ない人が多いよね。
直ぐに逃げたり摩り替えたり、
まるで子供の喧嘩にしてしまう。
証拠と言う礎を待たないから、
そうなる事にそろそろ気付けばいいのに・・・

23 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 10:59:23
広瀬大社のある場所おかしくね?

24 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 14:35:56
奈良の大社は何処もおかしいよ

25 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 10:33:52
>>23
あんな川の合流地点に、
古代の神社つっくたのかねw
考えてほしいよなw

26 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 14:59:36
なんか古田武彦の香りがする

27 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 19:02:38
>>26
どこが?

28 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 22:30:43
>>23-25
弥生以降に他地方から進出して来た神社の立地は、
主要河川沿い・川の合流点・川の分岐点・中州である。
最初の広瀬大社も川の下流方面(海の向こう)からやってきた人々による設置とみなして良い。


29 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 22:31:30
>>23-25
弥生以降に他地方から進出して来た神社の立地は、
主要河川沿い・川の合流点・川の分岐点・中州である。
最初の広瀬大社も川の下流方面(海の向こう)からやってきた人々による設置とみなして良い。

広瀬大社は川の合流点ではなく湖沼の西岸の川の流れ出し口に置かれたと思うよ。

30 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 22:50:47
>>29
湖沼の西岸ってどこですか?

31 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 00:00:51
>>30 君聞いても相手はきっと○○だよw

32 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 00:41:57
>>30
奈良盆地中央部の現大和川南西部(天理の南西・橿原の北部・法隆寺の南東)にあった湖沼。
この地域は19世紀までは洪水になりやすく一面沼になる低湿地であった。

33 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 00:48:03
>>32
現在の広瀬大社なら、
湖沼の底だと思うけどね。
君の意見は少し考えた方がいいよ。

34 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 01:38:48
>>32
湖沼の底ではないでしょう。
低めに見積もっても湖面レベルの高さ。
古墳時代には低湿地から外れる古墳(大塚山古墳・城山古墳・他名無し古墳)のレベル。

35 :34:2007/01/06(土) 11:22:14
間違い修正

>>33
現在の広瀬大社は湖沼の底ではなかった。
現在の広瀬大社のレベルは低めに見積もっても湖面レベル以上。
前方後円墳の時代には、現在の広瀬大社の位置は、
大塚山古墳・城山古墳・他名無し古墳のレベルで、
既に湖沼水面以下でも低湿地でもない。

しかし、現在の広瀬大社の最初の設置は、
前方後円墳の時代より遡るのか、当時なのか、
又は下るのかは今のところ不明。
殆どの神社の来歴沿革は8世紀初頭に全国的に改竄されている為。

36 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 11:22:16
>>34
水は低い方に流れるんじゃないの、
各川の合流点ってどうゆう意味だろね。
調べなくてもあの位置が低い事が解るよ。

37 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 11:47:25
廣瀬神社の鎮座地は、日本書紀に「廣瀬乃河曲(ひろせのかわはら)」、
延喜式祝詞には「廣瀬乃川合(ひろせのかわあい)」と記されています。

一説には奈良盆地には
社地は元水足池(みずたるのいけ)という広漠たる沼地
だったそうだが・・・

さて大和盆地の川合の地に、広瀬大社が本当に立ってたでしょうか?


38 :九州王朝大好き ◆I.THkUKc4Y :2007/01/06(土) 11:51:22
>>36
現在の河川の合流地点と言う意味であると思う。
広瀬大社設置当時は湖沼低湿地の沿岸であったとしか考えられない。
もし当時から河川の合流地点であれば、
現在の地形の説明がつかないし、
河川反乱の真ん中の地に神社を設置したことになる。

39 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 11:53:51
>>38
昔も川合って書いてあるって
何読んでんだw
>>37読めよwww
太国さんアホレスご遠慮頂けませんか?

40 :九州王朝大好き ◆I.THkUKc4Y :2007/01/06(土) 12:13:17

>>39
8世紀初頭には既に川べりになっていたことを日本書紀に書いたものと思います。


僕は太国さんではないですよ。
「一応九州王朝説」さんも書いています。
「九州王朝はなかったのか?」スレを読めば判ると思うんですがね。
「武蔵国」「【毛野】関東に大王あり【武蔵】」スレでも判ると思います。 

41 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 12:18:52
>>40
あのさ 証拠も無い反論なら辞めてくれないw
相手するのも疲れるからさ

別人だったの?
しかし太国さんとは良く似てますね、
馬鹿さ加減と、反応の仕方が特に似てますよwwwww

42 :九州王朝大好き ◆I.THkUKc4Y :2007/01/06(土) 18:03:14
>>41
太国さんと似ているのは、年齢や立場が近いからと思うのですが?
太国さんがどの様な方か全く知りません。

僕は世代のズレか?車種板ポルシェケイマンSスレでもよく叩かれています。



43 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 18:04:03
崇神天皇九年(前八九年)、広瀬の河合の里長に御神たくがあり、
一夜で沼地が陸地に変化し橘が数多く生えた事が天皇に伝わり、
この地に社殿を建てまつられれる様になる(広瀬大社縁起)。

各縁起や史書の不一致は、移設の為出来たものでしょうね。

44 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 18:21:37
太宰府の近くに、
遺称地名と、
河川合流地、
そして由緒不明の神社があります。
こちらは大和よりも傾斜があり、
元々湖だった所じゃないようです。
かなり怪しいですね。

45 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 20:35:47
酷いな何もかもwww

46 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:01:23
>>43
あまりにも古すぎる由緒だね

47 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 00:29:32
奈良説を主張する人は、
文章読めない上に考えない人だなw

48 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 00:50:34
一般に水神様は貴船神社とか、
丹生川上神社とかが有名ですね、
広瀬を含め、
これらは同神や身内神と考えられます。
移設前は同じ神だった可能性が高いでしょう。

49 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 02:12:57
九州王朝大好きさん
君さ、他に誰からもかまって貰えないのか?
他のスレで別コテ沢山要るじゃないか、
そいつらと楽しくやってればいいのに、
もうこれ以上此処ではご遠慮願いたいね。

50 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 13:09:58
>>43
これだけ古い由緒に、
実際は湖の底だった訳だし、
移設元宮の由緒を詐称していることは、
直ぐ判断がつくよね。
まさか一夜で干上がるなんてねw
問題は何処から移設したかとなるけど、
その他多くの寺社同様、
九州からの移設が有力だよね。

51 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 11:15:52
広瀬が移設となると、
セットの龍田大社も、
移設となりますよね?


52 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 12:13:41
>>51
風神龍田大社も崇神の創始とあるが、
これも移設前の元宮の由緒であろう。
近所の三室山(龍田山)中腹に元宮跡がある。
風神の鎮座地としては少々風当たりが弱いようだ。
あと異常な事に、
この山には古代からの祭祀施設には付き物の、
古墳が少ないとのこと、
http://ttm.south-ac.com/02.html
これは致命的である。
やはり移設も頷ける地域のようだ。

53 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 12:18:15
>崇神天皇九年(前八九年)、広瀬の河合の里長に御神たくがあり、一夜で沼地が陸地に変化し

湖沼周辺部の水害を防ぐ為、河川改修の土木工事があり、湖沼の水位を下げたことを言っているのではないの?
水路(大和川)を掘り下げ水位を下げた結果、河合と広瀬が出現し、そこに神社を設置した。

上記工事が仁徳の時ならば、広瀬大社は九州からの移転と見るのも当然であるが、
崇神の時となると、崇神の元集団は九州方面(吉備か?)から河内移動してきた集団であることが必要。
崇神9年は崇神が河内から奈良盆地に勢力を伸ばしていた時期になる。

54 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 13:27:34
>>53
自信満々で妄想だねw
広瀬大社の下流に大規模土木工事の跡でもあるのか?
聞いた事無いな〜

それよかこんな返事疲れるからさせないで、
お願いします畿内説の人!

55 :53:2007/01/08(月) 13:55:19

妄想と呼ばれてもいいけれど、
畿内説ではないよ。
返事したくなければ返事はいらないよ。

大規模土木工事の必要はない。
河床を少し掘り下げ流れを良くするだけ、工事の跡は残らない。
又、工事の主は崇神の被支配側、記録に残らない。
現地勢力(神武側勢力)の工事による水位低下で低湿地の新田化を見て崇神側が攻め込んだのだろう。

56 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 13:56:57
>>55
あの水の仕組み解ってる?www
低い方へ流れるんだよw

57 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 14:01:14
>妄想と呼ばれてもいいけれど、
なら書くなよ迷惑だ!

58 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 19:58:25
酷い荒らしですね。

59 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 23:08:29
せめて予備知識は持って、ここに来て欲しいですね。

60 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 11:08:04
最初は自然信仰の山・川・木・岩
続いて祖先信仰
古墳が無くてもおかしくは無い
近畿は本来信仰されていた聖地に大和王権の都合で
別の神を乗っけたと思う。

61 :日本@名無史さん:2007/01/12(金) 21:49:06
>>60
思うだってw

62 :日本@名無史さん:2007/01/13(土) 20:50:02
>>60
最初は太陽に決まっているよw


63 :日本@名無史さん:2007/01/14(日) 13:38:02
常識知らん奴は思考もお粗末だね。

64 :日本@名無史さん:2007/01/14(日) 18:00:34
龍田大社の同系列で、
遠江の秋葉神社を上げときます。


65 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 20:50:24
大坂住吉の元宮の一つが、福岡住吉である。
大坂住吉の一つ前は、神戸東灘に鎮座していたそうです。
和名抄地理志によると、難波地名は讃岐と伊予にしかない。
すると福岡→伊予→讃岐→神戸→大坂という、ルートが浮かびあがります。

66 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 21:45:11
難波ってそのあたりの波がとても荒くて、船が難儀するからじゃないの

67 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 22:47:08
>>65
福岡 灘
伊予 難波
讃岐 難波
神戸 東灘
大阪 難波

見てて気になったのだけど、
福岡にも灘地名があって、
灘と難は同義で使われている気がしますね。

68 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 18:16:59
>>67
福岡にも小字と溜池地名として、
難波地名が残っていますよ。

69 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 19:55:16
灘や難波という地名は中部以北にはないんだったら
関連付けてもいいけど、その程度の根拠じゃなあ

70 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 20:59:24
>>68
住吉=難又は灘
の仮説が立ちますね。


71 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 21:43:59
工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

72 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 23:09:17
讃岐の難波には、和名抄によると、仁徳天皇陵があったとの事!
となると大阪の仁徳天皇陵は、後の記紀に添った改竄とも考えられる。
何れにしても、住吉=難波=仁徳と言うキーワードも浮かんでくる。



73 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 08:56:15
最近の学説は大山陵は仁徳の墓じゃないと認めた。

74 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 09:34:38
最近というか、学説なら昔からあるだろ。

75 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 14:39:49
仁徳天皇稜は調査が入るからもうちょっとわかってくるよ

76 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 21:27:08
新選姓氏録をしらべると、
皇別・神別・諸蕃・未定雑姓どれを調べても、
仁徳とその子孫である仁徳朝の氏族は、
一つも記録されていない。
これ即ち、
仁徳朝は天皇として認識されていないのである!

77 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:24:14
最近日本語がちょっと変で文のおかしな人が史板にひとり紛れ込んでるな
特徴的だからすぐわかる


78 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:58:18
住吉の移設は、面白そうですね。

79 :九州王朝大好き ◆I.THkUKc4Y :2007/01/19(金) 04:35:19
>>65 :日本@名無史さん :2007/01/16(火) 20:50:24
>大坂住吉の元宮の一つが、福岡住吉である。
>大坂住吉の一つ前は、神戸東灘に鎮座していたそうです。
>和名抄地理志によると、難波地名は讃岐と伊予にしかない。
>すると福岡→伊予→讃岐→神戸→大坂という、ルートが浮かびあがります。
>> 67 :日本@名無史さん :2007/01/16(火) 22:47:08
>>65
>福岡 灘
>伊予 難波
>讃岐 難波
>神戸 東灘
>大阪 難波

播磨魚住(明石) (播磨)灘 住吉神社
福岡→伊予→讃岐→播磨→摂津(神戸)→大坂という、ルートが浮かびあがります。


考え方が同じですね!
でも、大坂は島ではないよ。

80 :九州王朝大好き ◆I.THkUKc4Y :2007/01/19(金) 04:44:39
参考
現神戸市東灘区の住吉神社は攝津国武庫郡灘(灘五郷)(西宮市〜神戸市灘区)にある。

81 :九州王朝大好き ◆I.THkUKc4Y :2007/01/19(金) 05:16:35

住吉神社の移動ルートは河内物部氏のルートとよく似ているんだよね。

82 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 07:57:57
荒らし君もう来んなよ! 態度改める気なんてないんだろ!

83 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 19:23:26
>>76
新選姓氏録は後天智朝、
記紀は天武朝、
この二つの相違は、立場の違いをはっきりさせています。


84 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 08:57:58
後天智朝の方が、天武朝よりも、仁徳朝との血縁が遠いのかな?

85 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 10:14:23
飛鳥の都は、記紀によるとのべ十回近く、日本の都になっているが、
和名抄には、飛鳥と言う郷名が出てこない。
これすなわち飛鳥の都は平安時に廃れる程度の、元々小さな町だったか、
飛鳥と言う名前の都は、無かったとしか考えられない。
飛鳥の遺跡も、都の機能を説明出来ない物しか出ないように、
やはり奈良に遷都されたのは、
和名抄からも飛鳥後としか考えられませんね。


86 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 13:02:28
日本書紀に書かれてる飛鳥は青森の飛鳥かな?w

大須賀、横須賀も同系統の地名だという説がある。

87 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 16:45:37
>>84
仁徳朝最後の武烈の扱いからして、
どっちの祖先血縁でもないだろね。

88 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 23:37:59
>>85
都の遺物として確定的な出土品が無いですね。
主観を付属するから、都の遺物とされていますよね。

89 :日本@名無史さん:2007/01/22(月) 21:40:28
平和に
ときどき気が付いてから
書き込むような
そんなスレにしたいですね

90 :日本@名無史さん:2007/01/23(火) 17:05:15
そうですね
のんびり証拠ありきで行きたいね。

91 :日本@名無史さん:2007/01/23(火) 22:29:41
難波京の議論がありました。
議論とは言いがたいですが、
参考になりますよ。

古代九州は都
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/history/1152019614/694-

92 :日本@名無史さん:2007/01/24(水) 21:26:14
橿原神宮は明治
神武天皇陵は江戸
記紀に添って作られました。

93 :九州王朝大好き ◆I.THkUKc4Y :2007/01/26(金) 11:50:44
>>79-80の修正
>現神戸市東灘区の住吉神社は攝津国武庫郡灘(灘五郷)(西宮市〜神戸市灘区)にある。

誤:攝津国武庫郡
正:攝津国菟原郡

武庫郡は昭和26年までの最近(町村がなくなる迄)の表現。
古くは菟原郡。菟原郡→武庫郡(菟原郡は武庫郡に併合される)

菟原郡が「灘」と呼ばれる地域。
「灘」の地域は「菟原の里」とも言われた。

94 :日本@名無史さん:2007/01/26(金) 16:30:55
先日巻向の遺跡から想定した時代毎の変遷図をみた。
やはり大神神社は無視されていた。
なにしろ祭祀遺跡しかないから、想定出来ないらしいのだが、
そんな最古社に疑いすら持たないし、調べようともしない、
建前先行では納得できませんよね。

95 :日本@名無史さん:2007/01/26(金) 17:19:44
王冠が出てこないって何故?
巻向周辺遺跡
http://www2.begin.or.jp/~sakura/iseki/isakm1.htm

96 :日本@名無史さん:2007/01/26(金) 20:35:28
王冠が出土しない都って間違いだよw

97 :日本@名無史さん:2007/01/27(土) 13:05:14
奈良には、
王冠をつける事出来ない人しか、
住んでいなかった。
これ結論!

98 :日本@名無史さん:2007/01/27(土) 16:08:51
そいや
王冠の出土って無視されているべ
何してるだろ?

99 :日本@名無史さん:2007/01/27(土) 21:02:23
>>97
同感!www

100 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 11:22:20
記紀曰く、畿内に都があったなら、王冠の出土も備わるべき。
だがしかし畿内以外からばかり、王冠の出土が続く

101 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 13:02:42
きないの天皇は豪族なんじゃね

102 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 17:04:10
>>101
そうだね、
もう少し都として申し分の無い出土品がないとね。
それと思い込みって言うか、先入観が強すぎるね。
「○○京があった□□〜」とか、
先入観を植えつける説明で誘導しているからね。
誘導に騙された日本史ファンは多いよね。

103 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 21:29:40
福井とか関東には王冠出土おおいですね
畿内はいったいなんなのかな?

104 :日本@名無史さん:2007/01/29(月) 07:25:22
大神神社が最古だと、矛盾噴出するよ

105 :日本@名無史さん:2007/01/29(月) 10:57:41
石上神宮は遠賀川流域からの移設か?

106 :日本@名無史さん:2007/01/29(月) 14:22:59
振る突き

107 :日本@名無史さん:2007/01/30(火) 01:25:12
畿内の王冠は溶かされちまっただよ

108 :日本@名無史さん:2007/02/02(金) 16:10:08
石上は物部氏の神社ですね
神仏争いの負け側の神社ですね。
だから正統神道ともいえるね。

109 :日本@名無史さん:2007/02/02(金) 18:57:07
石上って神仏習合してないせいか淋しいよね

110 :日本@名無史さん:2007/02/03(土) 10:14:43
ぱっとしないよね

111 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 15:44:51
石上神宮の別名
石上振神宮・石上布都御魂神社・石上布都大神社。岩上大明神・布留大明神とも。
キーワードが「古」とわかります。



112 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 17:35:43
降る者

113 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 23:08:33
>>107
王冠は王様が居ないと無いんだよW

114 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 00:26:27
昔は大王といいましたとさ

115 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 12:50:57
石上三祭神のどれかが応神なのかな?

116 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 19:08:33
それよか上だろ

117 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 21:18:07
応神が主祭神と言われている宇佐神宮ですが、
実は姫大神が主祭神です。
応神は実は表向きだけなのです。

118 :日本@名無史さん:2007/02/06(火) 21:20:26
調べれば調べるほど
応神が記紀で奉られる意味が解ってきたね

119 :日本@名無史さん:2007/02/06(火) 22:23:29
>>118
それって裏筋だよなw
気持ちいい擦り方はやめてんw

120 :日本@名無史さん:2007/02/06(火) 22:38:04
>>119
仁徳天皇領は日本一でかいんだぞWWW

121 :日本@名無史さん:2007/02/06(火) 23:14:09
もうこれ以上駄目だよ!
擦るのやめ・・・やめてんw

122 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 00:11:54
倭の五王やー

123 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 07:00:06
そりゃ
表裏両方検討かな

124 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 09:52:40
いや
裏筋だろよ


125 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 13:18:48
あるほとね

126 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 14:31:39
八幡宮をのぞくと
応神の神社って少ないよね
確かに裏筋ぴんぴんだね

127 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 18:13:38
そだね
気が付かなかったけど
八幡宮除くと応神って無いよね
ホント裏筋だね


128 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 20:52:28
>>127
そういえば、
若宮神社って仁徳天皇のように考えられるけど、
半数近くは仁徳天皇じゃないんだ。

129 :日本@名無史さん:2007/02/07(水) 21:59:13
仁徳妹は
仁徳より偉かったみたいだよねw

130 :日本@名無史さん:2007/02/08(木) 07:11:42
若宮も九州系の神社と同様に
本社元宮が無い
八幡と同根とするのかもしれないが

131 :日本@名無史さん:2007/02/08(木) 10:45:07
よく八幡宮は武神で男神のイメージに混同される。
しかし宗像神も神功皇后も、記紀や神社伝承に武勇伝があるが、
応神には無いことから、武神の事績は女神である事がわかるのである。
同様に八幡宮の応神のおかれる立場は、
宗廟様式に伴う三代目であることからもそのように言えるのである。
となると始祖であり主祭は、最も年長の宗像が相応であり、
現在言われる応神主祭は、意図的な記紀至上主義による、
誘導と考えられるのです。

132 :日本@名無史さん:2007/02/08(木) 12:15:27
宇佐八幡に応神が祭られる意味って
応神朝の鎮魂だろうね

133 :日本@名無史さん:2007/02/08(木) 14:23:06
日本古代最高神は
宗像って事だね!
三女神って多いけど
その内一人だよね

134 :日本@名無史さん:2007/02/08(木) 21:17:35
まー宗像最高神は同意する

135 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 00:01:12
そうですよね
調べる程に宗像神が目立ちますね

136 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 07:39:17
宗像って
有名社の祭神多いよね

137 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 10:14:51
大国主をしのぐよな

138 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 14:12:53
やっぱ一番かな?

139 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 18:25:50
一番でしょうね

140 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 22:05:03
宗像の神って
現在中途半端な立場だよなw

141 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 23:20:58
そうねあんま格上になってないね

142 :日本@名無史さん:2007/02/10(土) 00:33:09
宗像大社のある位置っておかしいよな?
低湿地だから
移設されたのは確実だね
もっと小高い位置なら不思議は無いけどね

143 :日本@名無史さん:2007/02/10(土) 15:33:27
松尾大社の元宮は
神功ゆかりの
筑前町松峡(まつのお)八幡宮

144 :日本@名無史さん:2007/02/10(土) 21:09:50
>>143
祭神が違うよね
変わる事多いけど
あの位置には
大己貴神社もあるし
神聖な地域だよね

145 :日本@名無史さん:2007/02/11(日) 14:41:40
松尾には他にも候補があったような

146 :日本@名無史さん:2007/02/12(月) 07:13:43
日枝神社と松尾神社
祭神似てるし
京都の配置じゃ
鬼門裏鬼門で相対してる
似たもの同士だよね

147 :日本@名無史さん:2007/02/12(月) 20:28:22
神が定まった

148 :日本@名無史さん:2007/02/13(火) 20:58:15
日吉神社は比恵町からの移設だろね

149 :日本@名無史さん:2007/02/14(水) 07:33:33
しかし何でひえって読ませるかな?

150 :日本@名無史さん:2007/02/14(水) 09:28:13
さーね
日に関係ありそうだね
氷川の氷もあるかな

151 :日本@名無史さん:2007/02/14(水) 21:01:11
>>148
博多の比恵町ならないよ
低湿地には難しいね


152 :日本@名無史さん:2007/02/15(木) 21:08:59
奈良の長谷川(大和川)が
昔は水量豊富である程度の大きな船も
航行可能だったそうだよw
多分その後大地震や地殻変動でもあって
長谷川の奥地の山はなくなったから
水量が今のように少なくなったんだろwww

153 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 07:28:13
初瀬川の流域面積なら、
間断無く雨が降り続けないと、
河川用の船でも航行不可能と考えられます。

154 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 07:52:03
大神神社のあたりなんて
とても一級河川と思えませんねw

155 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 09:00:52
今の水量でも半分以上は、吉野川水系からの疏水です。
元元の大和川水系の水量など、微々たるものに過ぎません。

156 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 17:07:58
現代と太古の昔の川を同じに考えるなって
たった50年前の川ですら今とは別物だ


157 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 18:58:13
>>155
三輪そーめんが名物だからねW

158 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 21:06:29
奈良は典型的な麦作地帯だよなWWW

159 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 21:38:59
俺ソーメン毎日食いたくない


160 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 07:18:36
そーめんしか名物にならない地域

161 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 16:44:42
もし奈良に都があったら
偉い奴は米持ってきて食うけど
庶民は麦と雑穀確実だねW


162 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 18:50:01
九州から奈良に移設した理由は
避難と守備に優れた地形だけだろね

163 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 21:05:01
麦って美味しい出汁や
美味しいソースで
食うから上手いんだよね
調味料が塩しか無いって致命的だな

164 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 09:22:50
塩おにぎりは上手いけどねW

165 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 14:15:16
国土交通省近畿地方整備局 大和川河川事務所 HP
大和川の歴史を知ろう!流域の歴史【古代〜中世】
http://www.yamato.kkr.mlit.go.jp/YKNET/history/his_anc01.html

国のHPですら、
明らかな間違いが幾つも掲載されている。
正直あきれますよ。

166 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 17:59:16
上記ホムペの間違い探しw

>「川隈の八十隈」とは、川の数多くの曲がり角の意味。
>このことから、奈良盆地の川が、激しく曲がりくねっていたことが示されています。

曲がりくねるには条件がいる、それすら役人は知らないwww

167 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 18:14:37
解り易い地図だね
宇治川の水量が、いかに多いか、比較に適しているよw
しかし大神神社から奥地の面積が少ないですよねw
あれでどうやって水が集まって、船浮かべるつもりなんだろw
説明して欲しいよwwwww

>この頃の水量が非常に豊富であったことがわかります
役人も嫌嫌書き込んでいるんだろね?!
誰か虚実を投書しろよw

168 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 20:14:06
http://www.yamato.kkr.mlit.go.jp/YKNET/press/saijiki/sai22A.html
このHPさ、色々面白い証拠が沢山あるよねw
Q大和川の亀の瀬(荷付け替え)がなんであるか・・・A水量が少ないからw
だれか指摘したらwww

169 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 20:26:59
>>168
亀の瀬には高低差もあるよ
いずれにしても大神まで一気に
船が航行出来たら奇跡だよねw

170 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 20:38:39
奈 良 盆 地 の 渇 水
http://www.yamato.kkr.mlit.go.jp/YKNET/press/saijiki/sai31A.html
水をめぐって絶えぬ争い
http://www.yamato.kkr.mlit.go.jp/YKNET/press/saijiki/sai31B.html

本気で飛鳥に都があったのかWWW

171 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 21:01:17
海柘榴市
http://www.bell.jp/pancho/travel/yamanobe/tubaiti.htm

疑問に感じませんかねこの水量でw

172 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 22:19:50
奈良の記紀を作った人も
大和川のおかしい事は解っていただろね
他にも幾つもあるけど
ワザと解るような間違いがあるからね

173 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 00:17:35
困った役所のHPやなw

174 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 07:33:41
仏教伝来が椿市だって
小学生に突っ込まれて返事出来ないよ

175 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 07:52:21
今時の先生方は矛盾の理由にお気付きらしいですねw
金の亡者だけなんだろな学会って。

176 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 15:02:12
イギリスはノルマンディを隠さない

177 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 16:26:50
御粗末な役所のホムペ

178 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 18:12:17
副葬品は明らかに古代中国なんだけどね

179 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 18:14:40
亀の瀬をどうやって舟進めたのかな?


180 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:23:56
船が進むわけ無い
だけど日本で最初の道は山辺の道なんだって

181 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 21:59:58
記紀に書いてあるから最初なんだろねw
奈良に都作る前に其処行くのに道ができるし
人居りゃ何処でも道出来るよね
困っちゃうよねw

182 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:14:35
明らかに本来の初瀬川は
「川隈の八十隈」のような曲りくねった川であった
そうなれば条件は決まってくるよね

183 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 07:15:59
飛鳥に聖徳太子がいたんだってW

184 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:09:44
八十隈ときてピーンとくるのは
九州に隈とか熊地名の多い事
その低湿地探せば候補が絞れる

185 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 16:48:20
筑後川水系かな?

186 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 20:58:17
博多湾に流れ込む川も考慮すべきかな?

187 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 22:19:03
三笠川水系にも長谷川あるね

188 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 19:57:10
むずかしいね
長谷の候補は多すぎる

189 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 20:33:35
大己貴神社の上流の
長谷山が長谷川だろ

190 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:49:10
その長谷川だと比較的流れが速くなるからね・・・考えるんだよね

191 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 20:46:06
遺称地名による探求は
かなりの絞込みが可能だが
決め手に欠けるよね

192 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 06:42:44
>>191
補足資料があるといいけどね


193 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 07:50:32
九州には異常な程長谷の地名が多いよね

194 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 18:15:34
記紀の作者ってバレルの期待しているよねw

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)