5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

琉球(沖縄)の歴史2

1 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 09:42:39
琉球藩の内部はヤマト党(開化党)とシナ党(頑固党)に分かれ議論したが、
頑固党は自らの既得権益が失われることを恐れ、清国との関係を断つことに
抵抗し、清国へ密航して救援を訴える運動を続けた。(中略)ついに1879年
2月22日、松田処分官は警察と軍隊を率いて首里城に入り、琉球藩の廃止と
沖縄県設置を宣言した。(沖縄論より)

前スレ
琉球(沖縄)の歴史
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1153527120/

※関連スレ
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1154803643/

2 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 10:28:55
【琉球史】琉球vs日本
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1157725357/

【沖縄】第二尚氏王朝は沖縄人の王朝ではなかった
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1104776763/

ゴー宣沖縄論 議論スレ 4ゴーマン
http://okinawa.machi.to/bbs/read.pl?BBS=okinawa&KEY=1140449679

【赤旗】小林よしのりの沖縄論【推薦】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1120671091/

3 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 04:58:19
日本と清の間には琉球分割案まであったんだが…

4 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 05:23:53
【尚氏】琉球王国【沖縄】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1157279914/

5 :沖縄県人:2006/11/19(日) 23:50:09
どうしても、ずえったい基地が
ほ、ほ、欲すう〜ぃい!!!

6 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 01:58:33
稲嶺亜流県知事誕生!

7 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 00:20:39
ところでちょっと聞きたいんですけども。
薩摩支配下、清国の使者が来てる間は、フンドシの着用を
禁止したと聞いたのですが、そのソースがのってる本か
ページを教えて頂けないでしょーか

8 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 00:47:04
まーた琉球土人の糞スレかwwwwwwwww

9 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 02:50:05
沖縄論読まないと・・わからない

10 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 00:48:21
数年後、宮内玲奈を中心とする琉球女性の一団が琉球王朝を再興するのであるが…

それはまた、別のお話。

11 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 02:30:40
今回の選挙は「琉球独立党」からも出馬してたぞ。
思わずゴルゴ13の「沖縄シンドローム」連想しちまったよorz

12 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 02:49:05
宮内玲奈は『女帝の相』を持ってますからな。

13 :うんの:2006/11/22(水) 09:35:17
>>7
フンドシは薩摩の支配以降に沖縄に伝わった
それまでは、男女ともにステテコやトランクスのような下着を着用していた
ただ女の場合はふんどしに似た下着を生理的周期で使っていたらしい

清国の使者の滞在中は薩摩人は姿を出さず表には出なかったということだろう

14 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 04:22:28
170 :海の人 ◆STEELmK8LQ :2006/11/24(金) 14:28:56 桜 ID:??? ?2BP(1076)
>164
 以前から指摘してるとおり、沖縄って内地で権力闘争に敗れて尾羽うち枯らしたプロ市民でも
どうしようもない連中が流れてきて居着いてしまってる部分があるんですよね。
 まぁ基本的に居心地の良い土地であるということもありますけれど(苦笑
 そういう連中が、恩を仇で返す、というか、すっかり元気を取り戻して、下らないプロ市民活動を
繰り広げてる部分はありますわな。
 当然そいつらってノイジーなんで、やたらと目立つわけで。

>165
 個人の経験にもとづくものでは致し方ないですよね、わたしも先日の件で幾分か見直したとはいえ
警察に対する基本的な部分での不信感とか、司法に対する疑いの目というのは、なかなか矯正
できませんし。
 ただまぁ、太田中将の電文を持ち出すまでもなく、ひたすら日本に復帰したい一心で教職員組合
まで日の丸振って復帰運動を先導し、さらに復帰後は本土並み復帰を目指して、中央からは
「あいつらうるさいから金あてがってシカトしとけ」的に補助金と基地を押しつけられても、ひたすら
本土並み復帰のみを望んで、天ちゃんの代替わりには提灯行列をしたりするような人たちが
「沖縄県民」である、というのは知識として覚えておいて頂ければ幸いであります。

 「分離独立」とか「いますぐ全部の基地撤去」なんて、地元に繋がりのない、あるいは地元との
繋がりを自ら絶った、内地のプロ市民くずれか、それにかぶれた不幸なマスタングが言う相手も
なく言ってることですし。


15 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 02:14:22
首里城って尚巴志が築城したのかな?

16 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 05:23:42
>>1
小林よしのりの沖縄論を読んだくらいで沖縄を語ろうとするな。
あの本は小林よしのりが既存の沖縄学をすこしかじって個人的な
思想で脚色して発信したものだろうが。
沖縄を論じたいなら伊波普猷に始まる沖縄学の学者の文献を
直接当たってからやれ。

あの本は沖縄を語ろうとする人間にとって実に迷惑だよ。

17 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 02:25:49
>>16
>あの本は沖縄を語ろうとする人間にとって実に迷惑だよ。

結構その本は地元じゃ好評だったらしいよ。
去年の沖縄での講演会は評判良かったみたいですね。

その時の講演会聴けますけど・・

小林よしのり沖縄講演会―『沖縄論』を語る
http://www.fmnaha.jp/podcasting_special.php

18 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 07:31:24
今の沖縄、北チョンに乗っ取られたんだろ


19 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 12:11:54
>>18
君は来るナ
歴史板なのに 下品になるから





20 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 12:14:19
ウンコ

21 :日本@名無史さん:2006/12/11(月) 11:40:02
>>17
小林は一知半解だからねー

ま、素人じゃしょうがない。

22 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 14:53:09
そうかな。戦後米軍占領時代とかはかなり参考になった。


23 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 17:33:43

そもそも、中国の属邦の中でも朝鮮の地位は最も低く、
下国のなかの下国であった。

天朝の朝賀の席では、千官が赤色の礼服を着ていたのに対し、
朝鮮の使臣だけは異色の丸首の衣である。

また、琉球の使臣は籠に乗って宮廷に入るのに対し、
朝鮮の使臣は籠に乗ることを禁じられていたことが
「渓陰漫筆」に書かれている。

そして、李朝時代の臣民は琉球以下の扱いを受けたと嘆いている。

         (黄文雄『韓国は日本人が作った』徳間書店)


24 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 17:36:48
半島人のシツッコイ離間工作、やさしく無視してあげましょう。

25 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 18:04:07
半島人は興味持たないと思う、支那人だろ。
基地が無くなれば台湾侵攻、外洋進出し易くなるからな。

26 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 23:32:28
琉球は中国にかえそう。侵略の歴史を反省しよう。福島さんも志井さんも太田元知事も言ってるよ。平和が一番。

27 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 23:46:17
>>26
日本の喉元に中共の軍事基地が作られて台湾も攻撃される。
日本の領海が大幅に減ることようなことを出張する日本人がいるわけないだろボケが。
工作員は引っ込んでいろ。

28 :日本@名無史さん:2006/12/19(火) 23:14:08
小林氏が亀さんマンセーなのには、正直引いた…。
ウチの両親ともども復帰して良かったと言ってるんだが、
亀さん(つーか共産系)はほとんど評価してないぞ。
闘争ばっかりやって、多くの国費学生の人生を狂わせたっつってな。

29 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 02:01:52
>>28
>闘争ばっかりやって、多くの国費学生の人生を狂わせたっつってな。

新米派の方達にはそういうふにしか評価できないだろうな。
歴史には大義と小義がある。
沖縄が本土復帰するには瀬長のような反米闘争の活動家が必要不可欠だった。
国費学生の人生に悪影響を与えたといっても、それだけですべて判断するのは
どうだろう。
かの中曽根元総理は万年赤字の国鉄の分割民営化を進め、多くの職員の運命を
狂わせたが、JRとなって、いま会社は活性化した。
小林氏が政治家というか日本人として彼を評価するのはむしろ当然だろう。
オレは瀬長を沖縄のガンジーだとさえ思っている。批判が多くあろうとね。

30 :日本@名無史さん:2007/01/14(日) 03:28:09
>>26
琉球人として断る、
自分より格下の人間の下になどなれないぞ。

31 :日本@名無史さん:2007/01/14(日) 04:24:57
>>22
史料や沖縄人が書いたものに当たらないで、あんなフィルタのかかったものを読んで
沖縄を理解した気になるヤツがいることがムカつくよ。

32 :筑登之:2007/01/14(日) 14:46:48
 26  お前は阿呆か、琉球を中国にかえそうだと、琉球がどこに帰属するか
どうかは琉球人が決めることだ。

33 :日本@名無史さん:2007/01/14(日) 19:49:12
>>29
あれを小義だと言い、ガンジーと同列に並べる人間が出てこようとは…。
まさに貴方が属している場の人達が言いそうな言葉だな。
確かに反米闘争は必要だったし、国費学生が保身に汲々とするよりはマシだと思う。
だが、長期的に見て沖縄の為になったのか?
それに、貴方は共産党の一貫しなさに納得出来るのか?
あの当時を経験した親戚の殆どは、上江洲さんのように許せないと思っているよ。

34 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 16:39:22
将来レイナが新・琉球王朝の女王になるよ

35 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 18:33:30
とりあえず、道州制が実現したら、日本連邦共和国琉球自治州でいいよ。

36 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 19:43:49
バスク人はこの前もマドリードで爆弾破裂させたというのに
琉球人は武力闘争もできないヘタレばかり

37 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 22:51:44
>>36
相変わらずだな。突沸するだけが能じゃない。

38 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 21:42:16
■中国の古代史書に記された三韓の正式国号(日本名)■
馬韓→ 任那
弁韓→ 志羅紀
辰韓→ 志羅紀北部

ちなみに、3世紀の時代に百済は存在しない。
百済は4世紀(315年)に、ヤマト朝廷が帯方郡の漢人・倭人たちを支援して
日本領=任那の北部に建国した。


39 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 10:00:46
沖縄の王朝がややこし過ぎる。。
とくに、山南の多魯毎だとか旺英慈とか、それ以前の英祖と瞬天の二人
がかぶる。
だれか解説頼む。

40 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 21:33:07
>>34
写真集はそのための営業活動か

41 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 21:45:25
■任那日本府の謎

 任那日本府があった場所は安羅だと言われているが、
5世紀以降は熊津(公州市)に移動したのではないか。

475年に、百済の文周王が熊津(現・忠清南道=公州市)に首都を移したという記録がある。
熊津に任那日本府があったから、そこに都を移したのではないか?

 熊津の語源は『古末』だろうか? 古末と書いて「コマ」と読むのだが。


42 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 21:47:27
>>1
 ↑
ハンムンサラム(笑



ハンムンサラム=肛門人(爆笑



43 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 21:49:32
日本に復帰するよりアメリカ合衆国の琉球准州がよかったんじゃないか?
もしくはミクロネシアみたいに米国との自由連合で国防を委託するとか。

どっちにせよ、日本国には不要だ。

44 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:14:57
433年 百済、新羅と同盟。

        ↑↑
これも、本当に百済と新羅が同盟したのかどうか、怪しい。
百済が同盟したのは志羅紀(加羅=弁韓。倭人国)ではないか。
弁韓が馬韓(百済)を助けたのなら、まだ理解できるんだが・・・。


45 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:23:27
■任那日本府の謎

 任那日本府があった場所は安羅だと言われているが、
5世紀以降は熊津(公州市)に移動したのではないか。

475年に、百済の文周王が熊津(現・忠清南道=公州市)に首都を移したという記録がある。
熊津に任那日本府があったから、そこに都を移したのではないか?

 熊津の語源は『古末』だろうか? 古末と書いて「コマ」と読むのだが。


433年 百済、新羅と同盟。
     ↑↑
これも、本当に百済と新羅が同盟したのかどうか、怪しい。
百済が同盟したのは志羅紀(加羅=弁韓。倭人国)ではないか。
弁韓が馬韓(百済)を助けたのなら、まだ理解できるんだが・・・。


46 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 01:50:59
熊をクマと呼ぶのは訓読み、ユウ、ウ、ヒョンと呼ぶべき
津はツ、シンまたはチャンだな

47 :日本@名無史さん:2007/01/21(日) 20:13:05
【また捏造】琉球王国は朝鮮人が作ったから沖縄は元々ウリナラのもの

1 :  :2007/01/21(日) 18:19:38 ID:4jHN5Ksn0 ?2BP(3778)
全羅南道 長城郡のサイトの日本語ページより。

1504年に波照間島に定着した洪吉童なる人物と一族が、
琉球王国を支配し、朝鮮の文化と技術を伝えて発展させ、
1609年、薩摩藩(壬辰、丁酉再乱の時、朝鮮人の鼻と耳をいちばん
多く刈って行った所である―※原文まま)の侵攻があるまで、
統治したそうです。

ちなみに、この洪吉童という人物は、朝鮮では有名な歴史小説の
主人公だそうで、実在も定かではない人物のようです。
http://jap.jangseong.go.kr/html/03sub_01_03.html

元々波照間出身で八重山を統治した、オヤケアカハチと言う、実在の英雄が
いるのだが、それが朝鮮人と言いたいらしい。

多分別名がホンガワラ(保武川、堀川原、保武瓦)と言うから、洪と結びつけたい
のだろうけど、ハッキリ言ってキモイ。

ウルトラマンの怪獣、レッドキングの由来であるアカハチを汚した朝鮮人は氏ね。
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1169371178/

48 :日本@名無史さん:2007/01/21(日) 20:18:17
■志羅紀の地理的位置■

 中国の史書『後漢書』の記録である。馬韓については「その北は楽浪と南は倭と接し、辰韓の西にあり」と
記している。また弁韓についても、「辰韓の南に(弁韓は)あり、その南また倭と接す」とある。
 『三国志』も同じく、「馬韓は南で倭と接す」とある。さらに「弁辰は十二国のうち、讀盧(どくろ)国は
倭と界を接す」とある。
「辰韓の南に弁韓あり、その南また倭と接す」
後漢書のこの記述は、ひじょうに興味深い。

・辰韓は北にある。
・弁韓は辰韓の南にある。
・弁韓の南に倭がある。

この記録は、稲飯命が建国した志羅紀(シラキ)の位置を語っているのである。

辰韓→ ワイ人の国(後の新羅=シンラ)。3世紀に南下して志羅紀を侵略する。
弁韓→ 倭人の国。志羅紀。神武天皇の皇兄=稲飯命が建国。天日矛命の国。
 倭→ 弁韓(志羅紀)の南方にある倭人国・ヤマト。日本国。

 こういうことなのだ。
 やはり、志羅紀と新羅は別の国なのである。シラキの王子=天日矛命が倭人であることが、『後漢書』の記録によって
証明された。天日矛命の子孫が神功皇后である。神功皇后の新羅征伐は、ワイ族(朝鮮人)に侵略された先祖の祖国=志羅紀
(シラキ=弁韓)を解放するための聖戦だったことが明らかになった。


15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)