5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

蘇我入鹿さんって可哀想だよね

1 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 13:14:41
テロリストに殺された可哀想な人だよね

2 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 13:29:41
テロリストに殺された可哀想な人だよね。
帝の御前で殺されるなんてひど過ぎるよね。

3 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 13:41:31
3

4 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 13:54:09
テロっつーかクーデター

5 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 16:19:22
いいえ、テロです。
ああ、可哀想な入鹿さん。

6 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 16:20:38
あの人多分勃起してた

7 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 16:39:18
http://odoruakachanningen.dyndns.info/uploader/src/up0164.jpg
http://odoruakachanningen.dyndns.info/uploader/src/up0165.jpg

8 ::日本@名無史さん :2006/11/13(月) 17:45:19
ショゥテュゥン ティァィィシィー(聖徳太子チャン)

9 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 18:56:46
ポマイもな。^^

10 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 19:43:46
近年いるかの業績は見直されつつある。関裕二(歴史作家)説ではいるかを評価している。所詮歴史は勝者の言い分しか書いてない

11 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 19:53:09
入鹿は野蛮なテロリズムの犠牲となった被害者

12 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 20:03:53
入鹿って名前は、鹿の肛門にちんこ入れようとして、
金玉蹴り上げられて悶絶したことからつけられた。
むやみに神聖視するのはどうかと思うが。

13 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 22:03:13

日本史板の人たちってこんなんばっかりなの?
がーーーーーん・・・・・・・・・

14 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 19:33:50
12
そんな逸話聞いたことない、何ていう資料にそんなこと書いてあるんだ?

15 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 22:58:49
入鹿を殺害することは地球環境の破壊につながります。(緑豆運動家)

16 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 23:47:54
三代目が家を滅ぼした、典型例?
入鹿が悪いってより、蝦夷の教育が失敗したと見るべきではないか。

17 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 00:08:09
関裕二ってトンデモ本じゃなねえか。説得力ないよ。歴史は勝者の言い分しか書いてないって、そりゃそうだけど、関みたいに妄想ばっか書かれてもね…。

18 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 23:45:34
蘇我氏は滅びぬ!!!!
何度でも蘇るさ!!!!

19 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 23:49:47
AA略すなよ

20 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 02:51:53
>>22
本名じゃなかった気ガスんだが。

21 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 03:37:33
本名じゃないんだとよ↓

22 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 00:18:44
皇室を乗っ取ろうとした悪人ですからね

馬 蝦夷 鹿 ・・・

これでも食らえって感じのネーミングw

23 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 06:31:29
いるかの本名は大郎鞍作。いっしの変が実施されてから改革しゃどもの民に対する評判は悪いぜ。極悪にんを殺したんならこんな反応しねーだろうに

24 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 06:49:15
そりゃ、斉明も祟られるだろうよ。

25 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 09:47:17
白雉の儀式の群臣、粟田飯虫、倉小屎
壬申の功臣土師馬手、置始莵、鴨蝦夷、
ヘンな名前はこの時代めずらしいことでもない

26 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 19:10:54
歴史の勝者の藤原が編纂した日本書紀なんて当てにならない。
物部と蘇我は仲が良く婚姻関係もあったとも聞くし・・・

悪人扱いするのは違うと思う。結局、中大兄皇子に付いたと言われている蘇我石川麻呂も
中大兄皇子&中臣鎌足は殺したり、実験握る為ならなりふり構わない感じがしてこの二人の方が悪人。
民衆も中大兄皇子がいる宮に火をつけたり。かなり恨まれてますね。
んで逃げるように難波に遷都。でもここでも孝徳とそりが合わない。。。

27 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 21:21:27
>>26
買ってはいけない電波本お読みになったんですねw

28 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 22:13:03
>>26
蝦夷の母親は物部だったと思ふ、嶋の大臣はある意味母方を攻めほろぼした。
なお、その嶋の大臣の妹は聖徳太子の正妻だった。

そんな蘇我宗家をこれまた打ち滅ぼしたは、中大兄。

上には上がいるってこと?

29 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 21:40:47
↑でもその天智の血を絶ったのは、親族の天武で天武は藤原を政界から掘り出したのに
妻によって復活された・・・

30 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 23:55:08
電波本おもしろいよ、こういうの結構好き
まあ、入鹿が悪人だから成敗されたんじゃなく、権力闘争に負けただけなんだろうがな。

31 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 07:51:59
「大鏡」という資料に藤原不比等は天智落とし胤と記されている。母親は鏡女王だったようなきがする。もとは天智の妃で妊娠しているとき鎌足がもらい受けたらしい。持統は天皇の直径を自分の血で保ちたかったから異母兄弟の不比等が抜擢されたんじゃないかな。


32 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 12:11:31
「大鏡」って信頼できるんですかね?
確かに不比等の一族(藤原)は異常なほどに栄え、
反面、中臣は歴史の表舞台から消えていく。


33 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 18:25:39
>>29
天武の妻ってあの、天武帝の子を騙して殺し、自分の孫に皇統を継がせたあの....
天智天皇の子にして、天武天皇の妻、これこそが日本の最も酷い女性の一人かも。

34 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 18:28:59
雅子よりはマシだな

35 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 18:57:38
雅子妃は、ヒサヒト親王を殺してなどいません。

36 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 19:44:19
蘇我氏も大王家だったという学説があったような気がしたけど、実際どうなんだろ。
崇峻天皇ぶっ殺したのに最高権力者の座に終生居座っていた蘇我馬子とか見ると、あながち本当なのかなとも思うが。


37 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 21:14:02
暗殺があれほど明確なのに、次期天皇の擁立者となれたのだから、すんごいの一言!

38 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 21:17:42
曽我は出雲の首長だったのからかな?所詮大王は後から来た飾り物。
でもその飾り物が権力を欲した時、暗殺やクーデターが起きたと。

39 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 21:25:58
お飾り、携帯、菌鳴朝!

40 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 21:37:58
堂々と天皇を明殺し、蘇我宗家をぶち殺して成立した天智天武朝はその後、血を血で洗う
抗争を続けたあと、藤原氏に実権を渡しました。

血を血で洗う抗争が貴族社会からも無くなった時には、武家社会から血を血で洗う
抗争が起き、その渦の中でしか権力はつかめなくなりましたとさ。

その武家社会ががやっと安定した社会を作ったら、その崩壊とともに、血を血で洗う抗争は
対外戦争として、グレードアップして、最後はピカドンです。

日本の歴史の超かいつまんだ説明ですた。

41 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 22:07:28
忠臣が農民の迷惑になるから吉野への行幸は控えてください、といさめたのにも関わらず持統はなん十回も吉野へ行幸している、これより彼女は我が儘で他人の意見など聞かない性格だったのが伺える植月広説より

42 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 22:07:30
藤原氏の最大の功績は天皇家を存続させたこと。
これだけは認める。

43 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 22:43:41
>>41
そのむくいか、彼女の墓は盗掘されまくってるな。

44 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 13:27:42
持統の墓は天武と合葬だったよな。だったら天武の墓もトバッチリで盗堀されたのかな?
だったらかわいそうやな

45 :日本@名無史さん:2006/12/01(金) 00:27:46
天武も天皇を殺して天皇の位を奪い取った簒奪者だけどな。

46 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 20:02:19
昔の天皇なんて皆同じ、暗殺謀略当たり前

47 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 21:07:32
結局、その血塗られた血統が今日の天皇家につながっているわけね。

48 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:21:58
日本書記は藤原のためのだけに書かれた歴史書です。近年フヒトが日本書記の編纂に関わっていたという説をちらほら聞きます。初期以前の歴史書は始末されていて分からないから書記に頼るしかないのが現状。

49 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 01:18:38
>>48
それって近年なの?藤原不比等が編纂主っていうのは
随分昔からの常識だと思ってたけど・・・

不比等及び藤原氏は真実の歴史を知ってたとしたらとてつもない罪だよね。

50 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 08:17:05
>>40
残念だが皇室が藤原氏に実権を譲ったというのは正しくない。
道長の時代でさえ、後の足利氏や徳川氏のように
天皇を無視して好き勝手なことができたわけではない。
従ってまた、道長の後に藤原氏が
皇室をしのぐ勢力を保持したわけではない。

それから平安貴族の政治抗争は「血で血を洗う」ようなものではない。
敗れた方も左遷されるか、せいぜいが流罪程度。


それと日本の歴史は原爆で終りじゃない。
戦後にみごとに経済的・政治的に復活して、
バブル崩壊で一頓挫して、
それをようやく乗り越えて、さあこれからどうなるか、
という局面なんだが。
もし歴史が「現在」と切り離された、ただの考古に過ぎないのならば
そんな歴史には、何の積極的価値もない。

51 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 09:12:51
>>50
平安時代はそうだが、奈良時代以前はそれこそ血を血で洗う抗争の末、その血統が決められてきた。
天皇家は、平安時代のその平穏な長い間は、祭上げられることでその血脈を保ったが、保つ前は、
何度も軍事力による血統の歪みがあったのである。

記紀にも記述があるものまであるしな。

52 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 09:20:07
>>36
自信をミカド子供をミコと称したから大王そのものだった可能性はあるな

53 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 11:28:49
>>45
弘文は即位してないだろ
明治維新で追加されただけだ

54 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 11:38:57
>>53
普通に考えて、大友が即位しない理由がない。
弘文天皇を攻め滅ぼして即位したのが、天武天皇と見るのが常識であろう。

55 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 12:24:46
一説には天智が馬に乗ってお出掛けしているときに暗殺されたという記録がある。学者達は天武が暗殺したというものもいるな。江戸時代に水戸黄門が大日本史を作成したとき大友即位が採用された。明治政府はそれを採用し現在に至る。

56 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 22:10:44
入鹿は結局、豪族達と天皇家の狭間で犠牲になった人なんだな

57 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 23:34:02
まあ渡来人の覇権争いだね、鎌足が半島の人間だからね。
白村江なんてその典型だろ。

58 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 23:55:55
蘇我が半島人という証拠は無い

59 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 11:29:48
元々、葛城氏の派生で平群や巨勢と同族なんでしょ?半島人ではないと思いますが。
自称ではありますが武内スクネの末裔ともかかれておりますし・・・。

鎌足半島人説は良く聞きますね。デンパ本によると百済の王子だとか。
確かに百済に動乱が起きると日本の文献から消えてしまう変な人物ではありますが。

60 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 17:55:13
僕はあの本にはリアリテイ感じてしまうのですが、例えば大職冠はあの2人
しかいないというところとか。実際はどうなんですか、史実として?あれだ
けの大氏族の出自がいまいち不透明で(あの本を読む限りですが)借り物の
出自のようで。
日本書紀に百済紀が長々と綴られているところも非常にあやしい。
しかしそんなこと昔の研究者もわかっていたことだろうけど?

61 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 20:19:00
あの本によると応神は鍛冶屋のせがれらしいですね
しかも不倫の子

62 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 23:46:27
そんなこと書いてあったかな?PHP出版て保守的であまり変な本は出さな
いと思うんだけど。

63 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 01:20:09
飛鳥板ぶき宮
   ↑
漢字教えて下さい!!!お願いします!

64 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 01:24:27
飛鳥板蓋宮

65 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 23:03:33
>>62
応神天皇は神宮皇后=トヨと住吉大神=天日矛=武内宿禰との子(または子孫)だそうです。
ちなみに天日矛は、新羅に渡り製鉄で儲けた早い話が鍛冶屋の親分。
日本に帰ると豊岡に港を作って九州を通さずにヤマトと鉄の取引を始める。
焦った九州は魏の支援を取り付けヤマトに対抗しようと画索。
トヨは山門の女首長(卑弥呼)を暗殺するが、ヤマトに裏切られ九州南部に逃亡。

こんな内容。

66 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 23:39:35
>>65
電波的だということですか?
余豊彰=鎌足説に有力な反証はありますか?

67 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 23:43:55
鎌足のことはよく知らないけど

> PHP出版て保守的であまり変な本は出さない
↑これはあり得ないと思うw
へんな本だしまくりですよ



68 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 23:57:24
聖徳太子⊇{厩戸皇子、蘇我善徳、蘇我入鹿、山背大兄}

デンパ本との決め付けがきそう

69 :日本@名無史さん:2006/12/19(火) 00:02:24
>>66
豊彰=鎌足説には特に証拠は無い、あくまでも著者の推測にすぎない。
書紀から鎌足の記述が消えるのと、百済に豊彰が帰国する時期が一致している処からの推測。
ただ豊彰=鎌足でなかったとしても、百済と鎌足の間に特殊なつながりがあったというのはありえる。

70 :日本@名無史さん:2006/12/19(火) 00:52:08
>>69
日本書紀での百済についての記述が多いこともその一例ですか。


71 :日本@名無史さん:2006/12/20(水) 20:32:39
>>65からの続き
ヤマトの裏切りに合い、南九州に逃亡したという悲惨な事実をカッコよく書き直したのが、古事記の天孫降臨だそうだ。
その後応神一家は立ちはだかる兄弟を倒し、見事ヤマトに返り咲くわけだがコレも嘘。
事実はヤマトに疫病が流行り、それが神宮皇后=トヨの祟りだといううわさが流れる。
その祟りを鎮めるために、南九州に潜伏中の応神が招聘され司祭王(ようは祟りを鎮める人)となる。
これが初代の大王神武=祟神=応神誕生秘話だという。

蘇我が宿禰の末裔ならば、当然天皇家と親戚と言うことになる(しかも男系)、藤原にとっては都合の悪いところだ。

72 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 01:01:17
>49
舎人親王とかいてあったのでは?
状況証拠しかない。でもアリバイもない。ほんとはどうなの?
余豊璋=鎌足

73 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 05:35:21
義慈=舒明 天智=余豊

74 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 07:16:11
天武=金春秋
皇極=善徳
斉明=真徳

75 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 08:32:58
文武=文武
アホか!

76 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 22:10:34
古神道その他いろいろ2 他山の石  より
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1160815450/
821 :太国 :2006/10/09(月) 07:59:17
余も「神道体系」が欲しかったが、あまりにも高額となるのであきらめていた。
最初から最後まで完読は容易ではないだろうから、図書館等で見つけて必要個所
を読めば足りると考えた。当然大学の神道関係の部署ではあるはずだな。w
無理はしないことですな。それは入手可能な財力あれば購入を否定しないけど。

822 :名無しさん@京都板じゃないよ :2006/10/09(月) 09:54:00
古神道の最高権威太国様は神道体系も持ってないの?
                 
「古事記・日本書紀」総合スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1150629621/
186 :太国 :2006/09/23(土) 22:14:36
精一杯だと?w 笑わせるな。 余が古神道の最高権威だぞ。
余が臥海に崩れたら、臥海に神社界は面子が丸つぶれになるのだ。
そうはならんぞ。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから
有り難く思え。
二朝並立は、おおむね祟神の時代から文武の時代までの間だ。その間は
畿内の朝廷と九州王朝は並立にあったのだ。

824 :太国 :2006/10/09(月) 14:35:09
>>822
神道と古神道は違うんだよ。古神道の最高権威とは、最高機密『卜』を確実に
知悉することなのだ。そんなの持ってたって学者にはなれようが、こいつは
分かりはしないと想うぞ。余は神道のほうは権威者ではない。

QQQQQQQQQQQQ この人明らかに馬鹿だと思いませんか? QQQQQQQQQQQQQ


77 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 22:38:04
>>1 なんで入鹿が可哀想なんだよ?入鹿は御所を見下ろすところに宮殿をつくり、帝の子息が名乗る名乗りを自らの子息に名乗らせていた。
入鹿の所業は帝徳を傷つけまいらせるものだぞ

78 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 22:39:37
>>77
太国1人乗り突っ込みだって解っているんだよ!

79 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 22:58:37
>>73,74
それははっきり違うと思う。状況証拠すらない。

80 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 23:43:32
>これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから
>有り難く思え。
みんな固まるよなこれじゃ


81 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 12:47:19
蘇我入鹿=蘇我善徳=高向王=厩戸王=健王

82 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 13:20:06
645年の変で
本宗滅亡ととももえてしまった文書
こっそり写しが残ってて発見されないもんかな。

83 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 18:59:40
それこそが竹内文書

84 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 11:05:08
入鹿って斉明天皇の愛人だったんでしょ

85 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 11:33:49
>>77
テロリストの子孫が書いた史書をそのまま信じるお前はアホ。

86 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 11:52:08
>>85
蘇我氏の記述については日本書紀の編纂者の思惑がたっぷり含まれてるから
本当にどれが真実かはわからんよね
特に祟峻と山背の暗殺については怪しすぎ

87 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 20:48:53
書紀完成まで天武が生きていれば・・・

88 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 00:18:05
いまからデンパをだします。
いまだに藤原氏は日本のエスタブリッシュメントだから、
やたらな事実は出てこないのでは?

89 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 00:36:56
His judgement cometh and that right soon

男性諸君、結婚すると不幸になる。女の外面は綺麗で清潔で良い人、内面はずるくて汚いため、口も悪い+嘘つき+女同士も上辺仲良し裏では悪口三昧
女の成分はA(性悪陰湿残忍+損得自己中感情)+B(良い女演技+体形+整形化粧+ファッション)
↑良い女演技は好きな男>>異次元>>男集団>他人の順に良くなる。年齢とともにBのメッキがはがれ内外ともに醜くなる(Aの良い女は極少数)
女は「人生の不良債権、北朝鮮、金メッキを施したゴキブリ」
社会的に男女は対等で平等。男が女を養ったり守る必要はない「見切れ!見切り千両!私不幸なの?嘘!泣いてます?演技!情けは不要!つけこまれるぞ」
女は社会的優遇、過剰な法的保護、仕事と家庭の二束のわらじを得て、女尊男卑〜結婚しようとする君を彼女は陰で小馬鹿にしている事でしょう〜

★結婚は保留し、沢山の女性と自由に恋愛(sex)を楽しめ♪★避妊必須
★捨てた女は優しい真面目男が結婚(残飯処理)してくれるさw★

それでも結婚する君へ究極護身法→[夫婦財産契約登記]
夫婦財産契約により、自分の稼いだ財産はすべて自分の物
離婚時に財産の半分を配偶者に取られない

弱い者いじめは最低と言いつつ、赤ちゃんを殺す母親(そして無罪判決(笑
狙撃は女子のほうが強い。男は、ノイローゼになってやめてしまうが
女は何人殺してもノイローゼにならない。そして、骨盤が安定しているため

ナチスの拷問で、女の拷問の残虐非道さを見て、拷問をしていた男達もひいたという
拷問しながら楽しそうに笑みをうかべていたそうだ。罪悪感や引け目が無い

・有史以前が女尊男卑の時代だったことを指摘したのは、スイスの学者バッハオーフィン
アマゾン女族の女王は、法律を定め、男達には卑しい奴隷の仕事を課した
男児が生まれたら、生き埋めにするか、脚と腕を不自由にして、戦えなくし奴隷とした
・王位継承権が女性にだけあった古代エジプトでは女性権力が非常に大きかった
・日本でも卑弥呼が女王
http://kr.img.dc.yahoo.com/b1/data/dci_etc/76.wmv ←女集団が、女一人をリンチしている動画(執拗に蹴り続けながら皆楽しんでる

女は虐げられてきた?父系社会など人類の歴史から見ればほんのわずかな期間に過ぎない。むしろ・・

90 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 15:20:05
>>89
女嫌いなんだな。ゲイの人?

91 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 05:02:10
>>90
男女厨だろ。ほっとけ。

92 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 19:59:55
藤家氏伝では山背の暗殺には孝徳天皇やその他の有力な皇族に豪族が関わっているとされている。当時皇子だった孝徳は天皇になり出世して何のおとがめもなし。入鹿暗殺実行のの大きな理由は山背殺し。入鹿だけ罪を着せられてるような、おかしくない?

93 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 20:10:50
山背の存在自体怪しいが

94 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 12:21:33
厩戸一家もろとも存在が怪しまれてるね。

95 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 22:28:18
聖徳太子の存在は半ば否定されているが、厩戸王子の存在までは否定されてはいまいて。

96 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 22:49:48
厩戸、山背の存在が怪しければ、入鹿の存在も怪しいわな。

97 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 01:02:48
入鹿が山背大兄王を殺したという説があるくらいだし、悪い奴に決まってるよ。

98 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 13:43:13
やあ、鎌足さん

99 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 13:46:10
此処も豚さんの巣でつね

100 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 18:33:34
厩戸王子が仏教がらみで後に聖徳太子と呼ばれ崇められるようになったしょ?
なんとか鏡(水鏡だっけ?)とか読むと・・・普通に引くけど。

101 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 18:48:09
蘇我氏は、男系で見たら皇族の子孫だろう?
だからこそ、大臣(おおおみ)なんだよ。
大臣は当時は皇別しかなれない。
大連は、天孫(神武以前に分かれた、あるいは神武以前は皇室と対等だった家系
までなれた。

102 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 18:56:01
どんなに頑張っても女系にしかなれない藤原としては面白くないわな。
蘇我>>>>>>越えられない壁>藤原であることに変わりはない。

103 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 19:15:03
曽我ひとみさんも皇族の子孫なの?
そう言われてみれば、どことなくやんごとなき面影が・・・

104 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:05:58
>>97
馬子なんか、天皇を虐殺してますがそれが何か?

105 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:07:41
>>102
男系も何も、天武以前は兄弟相続がポピュラーだった。

>>101
豪族連合の性格が強かったのが大和朝廷の始まりだとは聞いている。

106 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:42:52
汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる〜

107 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 01:10:55
イルカかよ!!(あえて三村風)

108 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 03:45:51
素朴な疑問。長子相続が一般的になったのはは壬申の乱以後のこと。蘇我本宗家が権勢を誇った時代は乱の前、つまり兄弟相続が一般的。なのに、四代親子で相続されている、何故。それと、欠史八代やその時代の皇位継承順位は長子相続です、何故?

109 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 11:03:15
欠史だから。

110 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 21:36:34
正直、記紀の初めの方の皇統は適当に捏造されていると見るべきである。
その適当さが、いい加減さが....もっと真面目に捏造せい!と言いたくなるな。

111 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 23:44:36
蘇我宗家が滅亡したのは、直系相続を続けたため
境部氏や蘇我倉氏、高向氏など同族が「反蘇我連合」側につき、
一族のなかでも孤立を深めたためという見方もある。

112 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 00:11:21
>>111
え、だからナルちゃんとアッキーが皇室を潰すって話か?

113 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 13:22:16
きのう法隆寺に行ってきた。法隆寺では聖徳太子ではなく聖徳皇太子とかいて
あった。信仰のなかでは、確実に生きていると感じました。

114 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 15:35:55
やっぱり聖徳太子は存在しないのかな・・・
そういえば、そんなに凄い人なのになんで天皇に成らずに
摂政止まりなの?って子供の時から思ってた。

115 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 23:14:27
>>114
聖徳太子は居なかったかもしれんが、馬厩王子は存在したろう。
彼が残したといふ、書物には「この世は虚仮(ウソ)だ!」との主張が残されている。
摂政なのに、宮からかなり遠い場所に住み、馬子に怯えていたようだ。

つまり、元祖ヒッキーなわけよ。

116 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 23:27:42
蘇我系の人間だからそんなことはないでしょう。だけど何で離れた
ところに住んでた?法隆寺行くとその広さに驚くし、平城のような
感じの所だけど。

117 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 00:25:28
>>116
当時の宮は斑鳩だよ、自動車でも少しかかる距離がある。
つまり、窓際であったわけだ。

118 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 00:39:52
法隆寺は蘇我系の怨霊を弔うところですよ

119 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 00:46:26
>>118
法隆寺創建当時はまだ蘇我宗家は健在てか、絶頂期だったです〜。

120 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 21:06:57
入鹿を殺したのは朝鮮人

121 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 21:18:56
入鹿は天皇の宮殿を見下ろすところに御殿を立てている。大不敬であり、帝徳を傷つけるものである

122 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 22:02:57
http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/dairy/sogairuka/sogairuka.html

入鹿邸は見下ろす位置ではあるまい、嶋の大臣=蘇我蝦夷の館が丘の上にあったといふ。
しかし、軍事力を残しながら、飛鳥寺に集結した天智天皇の起こした軍を見て自殺したのだ。

嶋の大臣は、不敬どころか従順といって良い。

123 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 13:08:11
入鹿が天皇だったかもしれない。ソース↓
http://blog.mypress.jp/i/story.php?writer_id=mogtic&story_id=1336924
よく思うんだけど天智はどの本も漫画みても冷酷な野心かとして評価されているな〜

124 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 19:55:40
鮮人が入鹿を殺した、胸がはりさけそうだ!

125 :日本@名無史さん:2007/01/13(土) 13:50:37
蘇我への禅譲があったかもな。
王子や大王が殺されたりするのが、漢や魏の末期の様だ。
蘇我の館とともに燃えた史書も、前王朝の歴史を残すために書かれたかも知れない。

126 :日本@名無史さん:2007/01/25(木) 15:51:47
小平市立第十三小学校(小平市小川西町1−22−1) http://www.kodaira.ed.jp/13kodaira/
九条幼稚園(郵便番号: 550-0027 大阪市西区九条2-19-18) http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/kujo/index.html
四番町保育園(〒102−0081 千代田区四番町11番地) http://hothot.city.chiyoda.tokyo.jp/yonbantyou-hoikuen.htm
少友幼稚園(〒310-0024 水戸市備前町5−36) http://www.ii-kids.net/member/mito/member38/
南幼稚園(郵便番号:542-0081 大阪市中央区南船場3-2-19) http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/minami/index.html
M m M m M m ...(Austria) http://www.vs-st-andrae.ksn.at/chronik/2004/buchstaben.htm
南立誠幼稚園のホームページ(〒514−0003  津市桜橋2丁目39) http://www.res-edu.ed.jp/y-minamirissei/
中保育園・はるのさんぽ(〒480-0100 大口町小口字山中28番地) http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/hot/h17/sanpo/sanpo.html
中ほいくえん(〒480-0100 おおぐちちょうこぐちあざやま中28ばんち) http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/
中保育園・園紹介(〒480-0100 大口町小口字山中28番地) http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/en.html
中保育園・春の遠足(〒480-0100 大口町小口字山中28番地) http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/hot/h18/harunoennsoku/harunoennsoku.html
小市保育園のホームページ(〒537-0001 大阪市東成区深江北1丁目9番12号) http://koichi.hoikuen.to/
西戸山幼稚園(〒169-0073 新宿区百人町4-7-1) http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/558400ntoyama-y/
赤川小学校(〒041-0804 函館市赤川町367) http://wwwa.ncv.ne.jp/~akagawes/
黒小っ子花まるっ!(〒013-0826 横手市黒川福島59) http://park1.wakwak.com/~kurosho/kurohana1.htm


127 :日本@名無史さん:2007/01/25(木) 15:54:50
コテタンを処理するすれっど 第3部
http://choco.lv3.net/test/read.cgi/saitama/1160392709/5

(↓1024byteちょうど)
beabis.Yc,.V.Sud.Sisacacabgw.Tugc,udc,.Kacug.Y.Sc,abc,gw.Yisc,udisugisug.Yis.V.Tac.Sgwbebe.Ygwbeisbe
c,gwisugdl.Tbeacab.K.S.T.V.Kudacisugdl.T.Sbedl.Yc,abc,udgw.K.Kacabugug.S.Kacgwudug.S.Sc,.V.V.K.T.Tac
.Ydl.Yababudbeis.Kudc,.Kgwugug.Tdl.Y.K.Kab.Tac.S.Tgwabugis.Sgw.K.Tug.Vbeab.Yacbeudugdl.Kudisac.Tc,dl
.Vgwab.K.Sugisbegw.Tdlbebe.Vbeudugud.K.Sabgwab.Tudc,.Kis.Tdldl.Tacisgw.T.K.T.S.T.S.Sc,.S.K.Y.Y.Tc,ug
c,.Vdlacisdl.Kdlacacisdldl.Tgwdlisabacududgwgwugdldlbedlc,.Tdl.T.Sisug.Vc,c,.Vudab.Vis.Kacug.Yud.Ybe
beuggwugudgw.Ybec,dl.Vdl.Yacudc,ab.V.Vgwug.Y.Kud.Ybe.Sudug.Tacc,.T.Tab.Yisc,isuggwgwbeugdlacab.Sugc,
.Tdlgwacud.Vug.Tacc,gw.Sac.V.Tbe.Y.Kud.V.Sac.Y.Tdlab.K.Y.V.T.S.Tdlud.Yudisc,.Kdlgwis.Kudc,c,.Sgwudgw
.Kudacdlbe.K.T.Y.Yacgwc,isbe.Y.V.V.Y.V.Vudc,.S.Vuguddl.T.Tbeabud.Visacugdlisacdlac.Tbe.Tacacdlbe.Sbe
c,isisabac.K.Yisacacac.Vdl.Kug.T.Vacac.Vacac.K.S.Tacisc,.Tisc,c,acbeudgw.Y.Kisc,bedlc,dldlc,.T.Tud.Y
.Y.Sc,c,ugud.Tacc,.Sisdl.Yug.Kisacdl.K.Vud.Kabug.S.V.Kugabisacac.Vdl.Kacugacbeab.Tacgw.Tud.Tudugbe.S
c,c,udabbe.Vgwud.Kgwabdl

128 :日本@名無史さん:2007/01/25(木) 15:56:04
コテタンを処理するすれっど 第3部
http://choco.lv3.net/test/read.cgi/saitama/1160392709/3

(↓1024byteちょうど)
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
ンンンンンンンンンンンン

129 :日本@名無史さん:2007/01/25(木) 15:58:17
コテタンを処理するすれっど 第3部
http://choco.lv3.net/test/read.cgi/saitama/1160392709/18

(↓1024byteちょうど)
Bsudugugabab.Vugis.Vc,acug.Y.V.Tug.K.Tbe.V.Ybe.K.S.Tac.K.Sdlacisgwug.Kc,acabbe.K.Yisugudacbedludugbe
ab.Tis.Tc,ud.Kacugugbeudacbedl.K.V.Tabugac.Kud.S.K.S.Yugis.Vudugdl.64262gwc,gw.V.S.Suggwbedlacgwisdl
.Kisac.Sbec,gw.V.S.Sbegw.Y.K.Vug.T.Kacudc,.Vgwugc,dlab.Kisc,abdlc,dlc,c,gwdlisab.Tdl.Sc,dl.Tc,ud.V.Y
ug.Tdlac.Sgwug.V.Y.Kisgw.Tisbebeab.Vbe.Tugdl.Tc,acacacbe.Vis.Kisudab.T.Tugacudududgwgwug.S.Sisbeisac
.Sab.Vugugug.Ybedlug.K.K.Yac.S.Kacud.T.K.Y.Vudugisacabab.Vacgwug.Kdl.Vbe.Sudacis.Sdlgw.V.K.Tbe.V.Kug
.Y.T.Visud.Vab.T.Vgw.Vgw.Tgwac.S.Kacudgwgw.Vc,c,be.Kabbe.Yc,.T.Sdlgw.Vc,isugbedl.Y.Sacc,isdlisac.Vdl
acududgwc,udisc,ac.Kab.K.Visudgw.Kbeug.Yisbe.S.Kc,.Y.Ybe.Sgwbe.Kdlabudisab.Y.Tdlisacacc,.Y.K.Kac.Vbe
.Y.Yc,.Kgwgwac.K.Sgwisgwac.T.Yudc,bedlc,.T.Tgwac.S.Kc,ab.Tdl.Vabdl.Tbeabbedl.Ydlugud.Yabis.Sdlbegw.V
ug.4434447033092874193582655061808170886707765673503274983136635081185131070521142894131isgw.Vbeud.Y
be.Vdl.Yis.S.Kabab.Y.Kugabugc,beudis.V.Vgw.Sbe.T.Sbegwudab.Kab.Kgwbebeac.K.Yisc,gw.Ybeud.Vabudug.Ygw
.Kud.Kabugis.Tabug.V.Tg.

130 :日本@名無史さん:2007/01/25(木) 15:59:30
中■■■(〒480-0100 大口町小口字山中28番地) http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/

中■■■(〒480-0100 大口町小口字山中28番地) http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/en.html

中■■■(〒480-0100 大口町小口字山中28番地) http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/hot/h18/harunoennsoku/harunoennsoku.html

中■■■(〒480-0100 大口町小口字山中28番地)
http://www.gojo-sakura.com/gov/hoikuen/naka/hot/h18/harunosannpo/harunosannpo.html

M m M m M m ...(Austria) http://www.vs-st-andrae.ksn.at/chronik/2004/buchstaben.htm

西■■■■■(〒169-0073 新宿区百人町4-7-1) http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/558400ntoyama-y/

赤■■■■(〒041-0804 函館市赤川町367) http://wwwa.ncv.ne.jp/~akagawes/

黒■■■■■■■■(〒013-0826 横手市黒川福島59) http://park1.wakwak.com/~kurosho/kurohana1.htm

第十三■■■(〒187-0035 小平市小川西町1-22-1) http://www.kodaira.ed.jp/13kodaira/

四番■■■■(〒102−0081 千代田区四番町11番地) http://hothot.city.chiyoda.tokyo.jp/yonbantyou-hoikuen.htm

南■■■(郵便番号:542-0081 大阪市中央区南船場3-2-19)
http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/minami/index.html

少■■■■(〒310-0024 水戸市備前町5−36) http://www.ii-kids.net/member/mito/member38/

九■■■■(郵便番号: 550-0027 大阪市西区九条2-19-18) http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/kujo/index.html

南■■■■■(〒514−0003 津市桜橋2丁目39) http://www.res-edu.ed.jp/y-minamirissei/

小■■■■(〒537-0001 大阪市東成区深江北1丁目9番12号) http://koichi.hoikuen.to/

131 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 08:38:19
【科学】蘇我入鹿の邸宅跡に大規模石垣が出土 豪壮さ示すシンボルか…
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1170333807/


132 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 02:59:34
NHKの番組の扱いが何故か可哀相に見えた。

133 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 19:00:30
釜田利の私欲の為に滅ぼされた蘇我氏
生き延びていたら、藤原氏以上の存在になっていたのは間違いない

134 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 20:55:28
傑物の蝦夷を偲ぶ人々が、蝦夷を聖徳太子像に移し変え、太子信仰を生み出したといわれているね。

135 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 23:35:03
>>133
入鹿と鎌足って凄い頭良かったらしいからなあ。
2人がライバルになってたらおもしろかったかも。

136 :日本@名無史さん:2007/02/12(月) 22:26:02
ガンダムの世界に例えると
天皇家=ジオン家
蘇我家=ザビ家

天皇家を飾りとして担いでいるが、そのうち天皇家に用がなくなったら
蘇我家が天皇家にとってかわった可能性が高い

137 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 04:03:41
馬宿はキリスト教のパクリ。

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)