5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

皇国史観に基づいた正しい古代史

1 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:16:26
神武以来、大和周辺の地は、全て天皇家が支配していた。
また、神武以来、今の天皇まで、万世一系で続いてきた。
世界の奇跡であり、守っていくべきだ。
戦後の反皇国は嘘だらけ。三韓征伐も実在する。神功皇后も実在する。
神武天皇も実在する。日本武尊も実在する。欠史八代も実在する。
みなさん、これが、皇国史観に基づいた、正しい古代史であります。

2 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:35:45
韓国では、国定歴史教科書に檀君神話を史実として載せて教えています。

檀君が阿斯達に都を定めて国をおこし、国の名前を朝鮮としました。
そして1500年ものあいだ国を治めました。年齢1908歳の時、国を箕子に譲り
ました。そて檀君は、隠れて山の神になりました。

3 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:40:10
>>2
日本も、史実とは言わなくても、「神話」と題名付けて神代の話を教えるべき。
神武天皇の祖先をたどると天照大神にたどり着くことさえ知らない現代人orz

4 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 14:33:07
日本神話はR指定
18禁

5 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 16:13:04
ストリッパーあまのうずめが日本を救いますた
女性の裸体こそにほんのほこりでつ

6 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 16:25:01
おまんこすっぽん

7 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 17:59:36
>>4
理由をどうぞ

8 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 18:03:44
ポルノ小説だから

9 :サガミハラハラ:2006/11/11(土) 18:30:07
1番さん大賛成です。正しい皇国史観をひろめましょう。

10 :サガミハラハラ:2006/11/11(土) 19:13:27
皇国史観にもとずく、研究活動を行っている学者をあげてみましょう。
・安本美典 記紀の内容は実在するとして精力的に活動をつづけている。
      彼の薫陶を受けた人物に後藤幸彦がいる。安本氏は記紀を歴史書として見直すことにより、
      日本歴史界において多大なる貢献をしたといえる。

11 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 19:14:09
同性の女の裸に興味を持ったアマテラスは、プラトニックレズの起源です。

12 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 19:43:22
いや、男神だった頃の名残かも・・・

13 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 19:50:51
同性愛は日本の美しき伝統です。

14 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 21:42:07
>>1
追加を…
王朝交代説は事実無根。継体天皇から上も、もちろん血がつながっている。

15 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 21:57:14
中国で「三皇五帝は実在した!」とかいってる学者は当地の学会で電波扱いされているんだろうか

16 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 22:33:00
なりなりてなりあまるちんぽとなりなりてなりたりぬまむこで日本の国はデキマスタ

めでたしめでたし

17 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 17:19:51
モンブラン

18 :サガミハラハラ:2006/11/12(日) 19:12:45
皇国史観の研究者
・古田武彦 九州王朝説であるが、記紀に依存した内容である。
      多元説であるが、大和王権と天皇家を否定しているわけではない。
      ただ年を経るにつれ記紀の舞台は九州であるとする傾向がみられるようだ。
      彼の門下生の中には、神武東征も北部九州内とする研究者もいる。

19 :サガミハラハラ:2006/11/12(日) 19:14:47
他の方々もつづけて上げてください。匿名OKですよ。

20 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 19:20:33
日本人でありながら記紀の神話も分らないというのは悲しいもんだ
歴史という形態をとらずに別の形で良いから教えれば良いのに

21 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 20:19:39
別に大和朝廷のプロパガンダなんか知らなくてもいいだろ

22 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 20:49:35
>>15
殷王朝は遺跡が見つかるまでは
神武以上の単なる伝説でした

23 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 20:56:49
>>1
戦前の皇国史観は国が勝手に決めた内容を押し付けたもので
事実上自由な研究が抑制されたので紀記の研究、解釈も江戸時代よりも後退した。
戦後はその反動で紀記そのものの存在から
内容のあらゆる面をインチキと断罪された。

しかし、その後の考古学的成果から
次第に必ずしも嘘八百を並べたてた文書でないことは
あきらかになっている。

24 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 22:57:50
>>20
そうだな。
教科書に最初に出てくるのが、奴国の「漢委奴国王」で、最初に出てくる
天皇が「仁徳天皇」だからな。
…泣きたい

25 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 23:20:33
>>24
当たり前だろ。
実在が証明されていない人物を教えるってどこかの将軍様の国の歴史教科書みたいだな

26 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 23:29:32
>>1  神武以前から続いていた可能性もある。
奴国が拡大して倭国になり邪馬台国になり、東征後の神武が
東征後の初代を名乗っているだけかも知れない。

27 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 23:54:21
>>25

だから歴史じゃなくて別の形でやれば良いだろう


28 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 00:27:53
>>24>>26
奴国ではなく、委奴国だね。人偏を補って、倭奴国とする方が分かり良い。

29 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 00:40:28
日本を二度と戦争をさせない国にするために、天皇を中心とした内向きの
まとまりを作るべきだ。
天皇への崇拝が薄れれば、米国、中国、韓国、北朝鮮みたいに外国を
敵視して国民をまとめようとするやつが必ず現れる。
そうなったら戦争は不可避だ。

皇国史観の復活は恒久平和への唯一の道だww

30 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 01:17:30
日本武尊

31 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 01:18:15
自分は、古代史については、発掘されたものから分かる事以外は全て「推測ですが〜」の
範疇だと思っています。だから、>>1 が「正しい古代史」と何の躊躇もなく言う気持ちが
理解出来ません。(実際は「正しい古代史」ではなくて、「こうであって欲しいな古代史」でしょ?)

32 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 02:38:21
記紀の内容は再評価されてきてるの知らないのか?

33 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 02:55:15
朝鮮や中国の様に歴史を捏造するスレはここですか?

34 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:16:21
頭ごなしに、正史を一から十まで権力者の都合でどうにても出来ると思い込んでる連中がいるけど、そうゆう単純な奴ほど細かい史料批判なんかは無頓着。
ってか、細かい史料批判をやってる人ほど、簡単に切って捨てるような事は言わないもんだよ。

まぁ、無知な奴ほど単純な答えしか受け付けないからね。

35 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:32:39
皇国史観って何なのか?
古事記を全て正しいとするのか?
日本書紀本文を全て正しいとするのか?
記や紀本文や紀一書を含めて、正誤相半ばすると見るのか?

36 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:35:21
細かい史料批判に基づけば
実在最古の「天皇」は誰ですか?


37 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:42:11
王統譜的に信頼できるのは欽明以降。
雄略期節も、継体期も、危うさがのこる

38 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 08:40:18
>>36
サイタマサイタマサイタマの稲荷山鉄剣だったけか?
に刻まれている「ワカタケル」が雄略であろうという説はおおかた受け入れられている。
ただし、雄略と今の皇室との系譜的な繋がりについては明確な根拠や史料はない。
記紀の系譜が信頼できるのは欽明以降というのが多勢だったと思う。

39 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 12:23:44
雄略天皇と欽明天皇の間に継体天皇が存在するのだが、継体天皇は応神天皇の五世孫にあたり越前を本拠地にしていた人で、武烈天皇には皇子がないため傍系ながら後を継いだことになっている。

この継体天皇の治世の前後で政治的混乱があり、いろいろと議論がなされている。
戦後の王朝交替説や継体天皇崩御後の安閑・宣化と欽明のニ朝並立説などである。


40 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 15:12:54
>>36
現在の通説では祟神説で一致している。
記紀より古い系譜が出てきた事すら知らない
団塊の古い学識しかもたない>>37-38は間違い


41 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 15:14:05
>>39も今や否定されてる

42 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 21:23:47
田中卓(皇學館大學元学長)のスレかと思った。

43 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 01:50:21
「天皇」なら、推古か天武だろ?
それ以前は「大王」だった。

44 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 22:02:03
俺の携帯は「神武」も「応神」も一発変換が出来ません。
不届きな携帯です。

そこで辞書登録しました。

が、いきなり「スイ靖」の「スイ」が漢字録にすらありません。

こんな非国民な携帯許せるか!
とヘシ折ってやりましたわい。

45 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 22:48:23
>>43
天皇号は推古朝か天武朝あたりからなのはわかるが、追贈してるから間違いじゃないと思うけど。

曹操は魏王までで帝位についてないが、魏の武帝で通用するし、普通故人の死後は諡号で呼ぶのが慣わしだし。
別に不適切な使い方じゃないと思うけどね。

46 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 23:11:19
>>44
漏れの携帯は神武はできる。ただ、「やまとたけるのみこと」とうっても、出ません、
ワープロだと出たけど。(あまてらすおおみかみ→天照大神は流石に両方出たけど)
でも、このパソコンも、天皇全てが一発変換できないんだから不届きだよな。

47 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 23:12:44
檀君の方がエラい

48 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 00:00:45
天照大神を「あまてらすおおみかみ」と読むのは無理があるよね。
「あまてるおおかみ」が本当だと思うよ。

49 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 01:02:32
>>48
逆。
「あまてらすおおみかみ」に漢字を当てたのが「天照大神」

50 :サガミハラハラ:2006/11/18(土) 07:31:47
アマテラスオオミカミとアマテルオオカミとは別神のようです。
福岡市に下照神社があります。
下照姫の下に対するのが天、すなわちアマテル神です。
対馬にアマテル神社があります。
確か、出雲系の神だったのでは。

51 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 21:04:00
>>49
そうれはどうでしょうか?
「あまてらす」を「天照」と書くのはまあまあ分からないでもないです
(これも多少変ではありますが)が、
「おおみかみ」を「大神」と書くのは変ですね。
書くなら「大御神」でしょう。「大神」は「おおかみ」ですね。

>>50
本当に別神でしょうか?
対馬のアマテル神社の祭神こそ、天照大神ではないでしょうか。
天照大神の出身地(あるいは出身地の付近)が対馬であるような気がします。

52 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 21:28:00
天は、アムール地方と言う説もあるぞ。

53 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 22:23:45
>>51
私もそう思いますね。アマテルのほうが古形。

54 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 01:53:02
日本語の音と漢字を比べてるんだから大体わかるだろうよ・・・。

妄想しすぎじゃね?w

55 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 02:04:10
広告視姦

56 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 11:13:22
鴻鵠仕官

57 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 13:41:15
朝鮮出身

58 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 15:21:03
>>56
貧しさに負けたのかw

59 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 15:51:13
貧しさに負けて朝鮮から逃げてきた食い詰め豪族

60 :サガミハラハラ:2006/11/19(日) 18:44:20
東アジアの古代文化の講演会にいってきた。
小林敏男先生の紀年論であった。大学の先生で記紀に沿った研究をしているとはいまどきすごいなあとおもった。
それとも、時代が変わりつつあり、記紀の研究のタブーがとかれはじめたのであろうか。

61 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 20:45:07
>記紀の研究のタブーがとかれはじめたのであろうか。

お前は>1か。
そんなものはない。タブー視してるのはウヨとサヨだけ。
研究者は文献史学としてちゃんと扱ってきている。ただし、お前のように天地開闢とか
変なものは取り除くよ、当然。神武が実在したとしても、当然そのご先祖は同じ類人猿
なんだからね。

62 :サガミハラハラ:2006/11/19(日) 22:25:35
そうですか。小林先生のような方は珍しいと聞きましたが。
ただし、在野のかたではいっぱいいるようです。

63 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 22:32:05
>>61
なんと不遜な。貴様非国民だな?

64 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 22:55:27
わかったからキチガイは死ねよ

65 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 01:13:46
紀年論に正面から取り組む学者なんて、いまだに少数派だと思うがな。

とはいえ小林敏男氏のこないだの本とかは在野の人とかと比べれば
相当抑制がきいていて、妙な仮説に飛びつくことを極力戒めているふうに感じた

66 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 13:34:51
つーかこのスレの主旨は皇国史観に基づいてネタ話をするスレだろ?
史学として真面目に論議するのはスレ違いじゃないか。

67 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 15:29:06
いえ、「正しい古代史」をですから、真面目な論議でOKです。

68 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 15:42:25
天皇=チョンだという皇国史観もあるよな

69 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 15:47:01
何言ってんだよ。あんたら。
天皇なんて神の子孫に決まってんだろうがよ。
ありゃあバリバリの神だぜ。
も2650年以上前からだから、釈迦もイエスもそのあと。
いや、皇室の分家なんだよ。こいつら。
ってことで世路史供。

70 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 22:09:06
>>66-67
「皇国史観に基づくという前提の下、正しい古代史を議論する」
が妥当かと…

71 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 22:36:23
>>69
わかったから狂人はさっさと死ねよ

72 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 23:35:28
>>69
2666年な。

73 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 00:23:53
「あまてらすおおみかみ」というのは、本居宣長が古事記伝に書いて流行らせた
読み方ですね。彼は何でもかんでも皇室に関係することは大袈裟に敬語読みする
クセがあったようです。

74 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 00:31:03
三島由紀夫が全共闘との討論で言った言葉

全共闘「あなたの言ってることは間違ってるだけでなく理論にもなってないじゃないか」

三島「俺たちは正しいかどうかじゃなくてトランプゲームやってるんだよ。
   お互いこれこそはって手を持ってね。でも、君たちが持ってなくて
   俺のほうだけにあるものがある!」

全共闘「何だ!そんなものあるなら言ってみろ!」

三島「ジョーカーだよ。天皇って言うジョーカーだよ」

75 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 16:01:40
広告史観だろ。

公国死姦だろ。

興国史観だろ。

76 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 19:21:00
肛酷嘴管
と書くと、結城彩雨のSM小説みたいだなwww

77 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 08:31:49
抗告弛緩

いい加減な裁判所というイメージだな。

78 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 10:46:06
もしも重用していれば…

項国士舘

79 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 21:42:47
皇国史観です

80 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 22:26:07
菊の紋章ってケツの穴か?

肛国弛緩

81 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 23:57:58
攻酷視姦

これもエロい

82 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 00:33:32
菊の紋章は日本人にとってはママの乳輪

83 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 15:34:31
>>81
そう来たか。それなら

肛酷使姦

84 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 21:29:38
菊は日本固有種ではなく、外来種なんだよね。
キクは菊の音読みだしね。

85 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 11:28:07
皋哭弛緩

金タマもなく緩マン

86 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 22:05:52
お前ら、皇国史観だ、それ以外の奴はないぞ

87 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 13:55:32
古事記、日本書紀の書籍でおすすめありますか?
原文、訳文、解説の三本立てが望ましいです。
なるべく皇国史観に基づいて。

88 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 16:05:39
>>87
皇国史観に基づくならば、ネットなどで質問してはいけません。
官営の図書館へ行き、索引カードで調べなさい。

89 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 16:44:20
きもいすれだな

90 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 19:35:22
>>87
馬鹿めが。
その2各書自体捏造による皇国史観の本だろうが。
書記の方が酷いがな。「ふることぶみ」の方は、反幕思想や明治以後に利
用されたが、そもそもは書記=皇国史観も否定しうる部分があるから禁書
とされて密かに生き残っただけなんだよ。

津々浦々で焚書が行われなければ皇国史観なんて妄想も生き残れなかった
のに。

91 :87:2006/11/29(水) 21:01:15
>>90
いや、別に両書の解説を頼んだわけじゃないが…
これらの全文が掲載された本を探しているのだが。
書店で普通に売られてるレベルで。

92 :サガミハラハラ:2006/12/04(月) 18:49:35
神奈川歴研に原稿を送った。題は「幻の王国倭面土国」
内容は倭面土国王帥升はニニギノ命の子の火須勢理命であるという驚くべき話である。
もしこれが真実であるならば、記紀神話は史実であることになります。

93 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 19:04:21
お呼びじゃないよ。

94 :サガミハラハラ:2006/12/04(月) 19:15:39
皇国史観を史実で裏づけすることは重要なことだと思いますけど。


95 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 19:36:12
「日本史の勉強何使った?」
「過去問、赤本だな」
「俺、山川」
お前は?
「司馬遼太郎…」

そいつは三重県の神道の大学へしか行けなかった


96 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 21:51:22
>>92
送られた原稿はゴミ箱逝き

97 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 03:30:44
記紀神話が史実のなんらかの反映、というのと
記紀神話が史実! ってのは違うと思う。

98 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 18:52:53
そういえば、あれだ。最近、皇室を侮辱する集会が…

99 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 18:56:47
皇室を侮辱する集会なら昼時のオフィスでもある。
皇室が話題になることは稀ではあるが話題になったときは侮辱する話以外ない。

100 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 19:39:03
紀宮の結婚なんて失笑ものだったよ

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)