5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

爺さん婆さんから聞いた幕末明治大正の話 その1

1 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 03:56:09
君が爺さん、婆さんから聞いた、リアルな実体験話を
皆に聞かせるためのスレッド。

歴史上の有名人との接触
歴史上重要な出来事に関わった話
先祖が英雄で、身内しか聞けない話
その他、どうでもいいがおもしろい話

こんなところかな
個人的には黒船から日露戦争までの時代の話を聞きたい


とあるスレのご希望により立てさせていただきました。

2 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 04:00:28
ネタとして明日、爺さん婆さんに聞いてみるのも可w

喜んで話してくれる事でしょう。

3 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 04:29:14
子供の頃にお歯黒をしてるおばあさんを見た事あるぞ
80過ぎても虫歯が無いし全部自分の歯だと自慢してた

おそらく明治後期に生まれた人だと思う

4 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 04:39:24
俺の死んだ婆ちゃんは明治37年生まれ〜
婆ちゃんの前で夜に口笛を吹くと怒られた〜
あと、真言宗以外のお寺で拝むと怒られた〜
服装は常に和服で洋服を着ている姿を見た事は一度もない〜
婆ちゃんの兄弟の名前はみんなカタカナの2文字の簡単な名前だったさぁ〜

もっと婆ちゃんに昔話を聞いておくべきだったと後悔しているのさぁ〜


5 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 07:26:53
大正生まれのおじいちゃんがいます。
スレが大正の話までとしてあるのでスレ違いですが、すみません、ちょこっと質問させてください。

おじいちゃんから昔の戦争の頃の話をもっと聞きたいのです。
ですが、おじいちゃんにとっては、戦友を亡くしたりしてて
辛い思い出まで混じっているから、きっと話していると
いろいろ思い出して悲しい時ときもあるんじゃないかって思って・・
そう思うとこちらからは、どうやって質問したらいいか分からなくなります。
だから、すごく大まかなことしか知らないまま。

今年で86のおじいちゃん、まだまだ元気でいてくれます。
皆さんだったら、どうやって昔の戦争体験を聞きますか。

(86年の歴史に生きてきてるって、素ですごいなと思います。
人生経験の先生としても、色々そういった話をしてたいんだけどな・・。
今の核家族の日本って、とてももったいない損失してると思います)

6 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 07:35:45
うちの爺さんは戦争に行ったとき病気で入院し、
本当は治ったのに、体温計をこすって仮病でさぼって
たと自慢してた。

7 ::2006/11/06(月) 11:29:43
どうせ仮病(笑)で数日だけ伸びても、近いうちにまた戦場に出なければいけないのは分かってのこと。

誰もが家族が待ってるのだから、生きて帰らなければならない義務をもってる。
それでも、一度戦場に出れば、がむしゃらに生きようとする一方で覚悟もまた持っている状態になるんだろう。

そんな中で、あなたのお爺さんが無事帰ってきてくれたから、あなたがいる。
立派な自慢ですよ^^


8 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 11:59:38
      / ̄ ̄ ̄\
     ミミミ       丶
     ミミ /一◎-◎-)
     (9  U (_ _) )
      | ∴)   3  )  お金よりカキコミ 誰かして〜〜〜エ
      / \_____/
     /  | |   / |
    /   | |   ヽ |
    /   l |    ) |
__/    | ⊥_  x_)| _________
⊂ ̄|  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}  ̄⊃          \
⊂ (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ   ⊃          \
⊂_  `ー、、___/`"''−‐" _⊃   I        \
  ⊂_______⊃     D D         \


9 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 12:24:04
ほんじゃなかなか良スレっぽいので、あげ銭

爺さん婆さんの子供のころは、いまのような目覚まし時計で
はなくて、一家に一台のぜんまい鳴り物時計使用。
こんこん音がするけど、間隔が等しい音でうるさくないので、
よけいに眠くなるwだけどそれすら使わなくても起きれる。

おれはむり。目覚まし時計なかったら毎日ちこく。
昔の人って自力で起きれちゃうからすげー。

10 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 16:00:26
俺の友達のおじいちゃんは第二次世界大戦で銃弾を2発浴びながら生還したって自慢してた
子供の頃に傷痕も見せてもらった

とても頑固なおじいちゃんだったな

そのおじいちゃんが飼っているフナやコイを勝手に砂場で川を作り泳がせたら怒られたっけ
確か、俺が18ぐらいの時に亡くなった
もちろんちゃんと葬式にも顔を出した

11 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 16:10:19
元嫁の3年前に92歳で亡くなった新橋育ちのばあちゃんは、
若い頃に銀座でミルクセーキを初めて飲んで、
世の中にこんな美味しいものがあるのかと思ったって言ってたなw

12 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 16:25:14
>>6
うちの爺さんは大陸は広くてひたすら逃げ回ってたから助かったって言ってたな
でも、幼い孫には聞かせられない体験したんだと思う
太平洋に行ってたらきっと死んでたとも言ってた

13 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 16:45:00
大正後半から昭和初期の話だが、うちの曾祖母は小卒後、地元の県立工業学校で自動織機を学びながら働いてて、
当時としては貴重な技術だったため、小学校の校長と同じ給料を貰ってたとさ。
数ヵ月に一度は実家に田畑を買ってやったと言ってた。
歳にして13〜だから、今の時代じゃ考えられんな。
俺なら田畑を自前で所有して、零細農家から買ってきた娘を小作兼妾として囲ったなw

14 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 16:48:05
おじいちゃんやおばあちゃんが子供の頃には幕末生まれの人と会話をした可能性があります

遠いようで近い幕末


何か幕末のエピソードがあったら教えてください

15 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 16:58:28
爺さんの親父は戦好き

爺さんの名前は平和な名前

16 :13:2006/11/06(月) 17:02:00
そういえば、曾祖母の曾祖父or祖父は徳川慶喜の鷹狩、釣り、カメコ活動の際に色々と案内してたそうな。
その繋がりで葵紋付きの刀や提灯等々貰ってて、曾祖母が小さい頃はそれらを纏って慶喜さんごっこをしてたと言ってたw
親戚の子が学校で喧嘩になった時に、その刀を持って報復しに行ったとも言ってたなw
昭和頃に任侠だったおじさんは普通に刀を持ち歩いてたけど、何も言われなかったと。

他にも色々あるけど、総論として今より法律が緩いなと感じる。

17 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 18:45:05
>>16
リアル葵の御紋スゲー
それって今じゃ重要文化財モノだよね

18 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 18:49:41
爺さん婆さんに戦争の話を聞き込む方法

これはもう、真面目に
「俺らの世代は悲惨さを分かってないから、どれだけのものだったのか、
俺の今後の人生のために教えてくれ」と
膝を突き合わせて聞くしかないでしょう。
そういう態度に爺さん婆さんグッと来るはず。

俺は全員他界したから、聞けるのが羨ましいよ

19 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 18:58:04
>>17
どうだろ?
十本近くあったくらいだから、安いのじゃないかな?
一本は実家にあるらしいけど、残りは戦時中に供出したみたい。
他の品はほとんどが台風で屋根ごと飛ばされたと言ってたw
とりあえず来年に金を持って行ってみようかと思ってるがw


ちなみに他スレで書いた、大塩平八郎の子孫説がある家だからあまり信用は出来ないw

20 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 19:10:30
>>18
レス有難うございます。がんばってみます。


21 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 19:21:17
うちのじいちゃん、第二次大戦中の当時は18歳だったけど赤紙来なかったな。

22 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 19:33:14
うちの仏壇には直接ご先祖じゃない方の位牌があります
大変珍しい苗字で幕末を生きた方
一人息子を彰義隊で亡くし、その方が亡くなってお家断絶になってしまったそうです
その為、親戚筋だった祖母が(すでに嫁に出ていたので苗字は別)位牌を引き取ったとか
父は子供の頃、祖母に連れられ上野の彰義隊史料館で
「この戦争で亡くなったお前の親戚だよ」と亡き息子さんの名前を見たそうです

他にも父方の曾祖父の明治期の写真とかが残ってるのですが
大半が年月不明のものなので一度年代とかも調べてみたいです

携帯からなので改行変だったらすみません

23 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 20:25:17
明治の世になって、天皇さんが京都から東京に在所を変えるのに
とにかく貧しくてお金がなかったとかで、当時ものすごい額の御寄付をしたとか言ってたよ。
あと天皇の藩塀だとかなんとかで、東京まで行かされたっていってた。


24 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 22:05:41
>>22
義のために死んだことが、残された一族の誇りになるんだ
ということがよく分かる逸話ですね。

先祖を大事にする気持ってそういうところから生まれるのか、
初めて分かったような気がする。

25 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 23:14:46
>>24
大陸で戦病死した曾祖父の最後の地に改名したおいらも誉めてクレクレ

26 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 00:17:43
ウチの婆ちゃん末さん(78・薩摩人)の祖父が西南戦争で火縄銃を持って戦に行っていたと聞いたことがある。
その当時で火縄銃って本当かな?詳しい人教えて。

それから婆ちゃんのお友達、春さん(80・佐賀人)の実家は庄屋だったらしくて江藤新平の逃亡している時に
かくまった事があるとか言ってましたね。

27 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 01:50:56
確か西郷どんの軍の武器は旧式のが多かったって本に書いてあったような

江藤さんは斬首されて晒し首の写真が残ってますね…

28 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 17:24:37
良スレの予感

29 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 17:38:26
ウチのヒイヒイ爺さんの兄が神風連だったそうだ。それに感化されたヒイヒイ爺さんは死ぬまで電気水道ガス電話ラジオを拒否した生活をしといたとか。

30 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 18:07:05
ヒイヒイ
ハァハァ

31 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 18:16:51
神風連の乱にも参加してたの?神風連の乱では殆どが戦で死んだか処刑されたらしいけど
ひいひいじいちゃん兄はどうだった?
しかしこの当時の若者は頑張ったんだなぁ。新政府と作った方も新政府から弾かれた方も。

32 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 19:31:14
>>29
興味はあるのだが、神風連の詳細しらない。
よければ説明してください。

33 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 21:57:14
31才のおれでも、ひいひい爺さんは天保生まれ。
俺の爺さんが子供の頃は当然生きとった。いろんな話も聞いとるやろう。
(爺さんからいろいろ聞いときゃよかった・・・。)
ま、我々に置き換えると、祖母、祖父から太平洋戦争の話をよく聞いた!
程度の事なんやろうけど・・・。(俺らが80、90になった時、孫の世代が
「俺の爺さんが若かったころ、特攻隊の生き残りがまだ生きとったらしい!
とか、硫黄島の生き残りがまだ生きとったらしい!みたいな・・・。」)
明治生まれも、もうほとんどおらん。俺ががきの頃は年寄り=明治生まれで
明治10年代の生まれとかとも会話したもんや。今のうちにいろいろ聞いとけよ!
 ところで、君らの好きそうなネタ!君の生まれた年の日本最高齢者は・・・?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%89%E9%87%8D%E5%8D%83%E4%BB%A3

34 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 22:06:06
うちの爺さん今も生きてる戦艦大和生き残り兵です。

35 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 22:22:02
うちの母の祖父母は農家から分家して夫婦で大荷物を担いで歩いて城崎から
京都まで出てきて色々苦労しながらもそこそこ成功して本家の子弟も呼び寄
せたそうです。


36 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 23:12:20
うちの祖母ちゃんが子供の頃曾祖母ちゃんから聞いたらしいんだが。日露戦争の時に玄界灘からドーンという音が何回も聞こえて来てなんかと思ってたら日本海海戦の艦砲射撃の音だったらしい。


37 :OPS:2006/11/07(火) 23:42:00
祖母の祖母から聞いた日露戦争の話なんですが
祖母の祖母は最初から勝てる見込みは日本になかったっといっていますし。
日本が勝てたのは東郷さんのおかげっといっていたようです。

38 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 00:01:58
当時の一般庶民が、歴史的事実をどう認識していたか
すごく興味があるので、このスレの方向性いいとおもう


39 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 00:07:09
ロシアの自爆だった気がするが

40 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 00:07:51
赤間氏が書いた新撰組の本で、子孫や地元の住民の話をまとめた本があります

かなり面白かった

41 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 00:26:47
>>37
えっ?その話を詳しく聞かせて欲しいです。一般の人たちは日露戦争は負けると思っていたの?
当時の新聞とかでは勝利を疑って無かったようだけど。(新聞だから当たり前なのですが)
ただ一般の人はマスコミに踊らされるものだから、負けると思っていたのが信じられない。

42 :日本@名無しさん:2006/11/08(水) 01:12:53
行きつけのバイク屋の爺ちゃん。我が親父の元世話役だった。

陸軍の整備教育を受けたことが大の自慢。
「一式戦(ハヤブサ)、九七重(爆撃機)で教育を受けた」から始まって、
百式重では人が沢山事故死した(高速で飛ばないと危険な殺人
爆撃機だったらしい)とか、三式戦(ヒエン)はラジエターに直ぐ穴が
開いて大変だった(配管の取り回しが悪かったらしい)とか、
語らせたら一時間は喋り捲る。ハ103号の整備マニュアル
コピーを渡したら大変に喜んでくれた。

街で一番古いホンダのバイク屋で、今でも現役整備士。
ソーイチロウさんから直に受け取った表彰状など多数あり。

43 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 03:50:14
俺の死んだばあちゃんは戦争の話とかよくしてくれたけど、俺がまだ小さかった&当時はあんまり歴史に興味なくてほとんど覚えていない…


44 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 13:06:03
俺の爺さんは戦後シベリアから生還した。

婆さんは空襲で爆弾が落ちてきて死んだと思ったら
肥溜めに爆弾が落ちて不発だったらしい。

間一髪俺がいるんだな。

45 :OPS:2006/11/08(水) 19:56:53
>>40
その本詳しく教えてほしいです。

46 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 21:53:38
>>45
ここなら取り寄せできるみたい
http://myshop.7andy.jp/myshop/baragaki

ちなみに本の内容はたくさんあるから書ききれないけど、赤間さんが新撰組や新撰組にゆかりのある土地に行き、子孫の方や地元の方の話を紹介しています

近藤勇の生まれた家や子孫を取材したり、近藤が処刑された場所を詳しく調べたり、近藤が処刑された時にお世話した人の話、近藤のお墓の話
沖田の臨終の場所の特定、他の隊士の話もたくさん載ってます

47 :46:2006/11/08(水) 22:45:43
あ、本の名前は新撰組女一人旅です

48 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 04:01:02
大正時代婆さんの爺さんが役所の退職金に馬を貰った、とても利口な馬で
農作業中よく脱走したが晩飯時にはちゃんと家に帰ってきたそうな

49 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 04:13:25
その馬は日本の在来馬なのかな?

日本の在来馬を見てみたいなぁ。

50 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 04:19:27
>>48
ワロスwwwwww
のどかだなぁw

51 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 08:12:47
気持ち悪いスレだな・・・


52 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 10:40:12

お前の人生がな

53 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 21:12:57
幕末生まれの人って気性が荒い?

子供の頃にちょっとでも悪さするとよく殴られたって話を聞いたんだが


54 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 21:41:12
わしらが子供の頃(50年ほど前)にはまだ幕末生まれの人間が生きていて
大企業の会長などをやっていたものじゃ。

 わしらはそれを見て江戸時代の人間がまだ生きていると思って仰天した
ものじゃった。

 1960年代の高度成長以前はまだ江戸時代の続きのような雰囲気が濃厚に
残っていたが、日本が豊かな社会になって急速に江戸時代は遠くなった。

 日本史は1960年以前と以後に分けられると思うほどの変化じゃった。

 今の日本はフランスで言えば第2共和国、第3共和国時代にあたるの
じゃろう。



55 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 21:42:18
昭和中期位まで親父ってのは恐いもんだよ
こぶしが飛んでくるのは当たり前、悪さすると木に縛られたりとかな。


56 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 21:51:52
爺さんから聞いたじゃなくて、爺さんのボヤキスレになっちまったなw

57 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 00:31:27
俺も昔は親父にボコボコ殴られたな。
まだ工房だが。
近所の娘は中二の時に漫画ばっか読んでたら祖父に怒られ、
パンツ一枚で何時間か庭の木に縛りつけられてたよ。
塾の隣の家だから皆で観察してたな。
父権が強すぎるとこういう輩もいるんだろう。

58 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 00:38:37
娘をパンツ一枚
それなんてエロゲ?

59 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 01:09:28
俺の爺さん、というか先祖の話
元々は初代島津家の後見役として鎌倉から鹿児島へ行き。
江戸中期の島津家のお家争いに巻き込まれ、左遷させられた。
それから没落はしたが、子孫はかなり増えたらしい
と、盆正月での一族の話題だw


60 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 08:37:23
>>56 大歓迎!ご年配の方々がいらっしゃったら、どうかいっぱい書き込んでください。お願いします。と、私は1じゃないけど・・

61 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 16:22:05
ご年配の方にカキコしてほしいなら年代別板に宣伝に行くとかすれば
結構書いてもらえるかもよ

62 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 16:36:17
そんなことしなくても爺さんはたくさん居るだろ、この板にはw

63 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 16:47:17
うちのヒイヒイ爺ちゃんは佐賀藩お抱えの力士
関取にまでなって大金手にして料亭をいくつか出して妾も抱えて食いつぶしたらしいw
そのおかげで高等教育を受けさせてもらえた爺ちゃんは立派に満鉄系の工場に就職したらしく満州で工場長に
しかし終戦で地獄の満州引き上げ、そこで婆様があぼーん
地元に戻ってきて小学校だか中学校だかの校長を務めるもすぐに爺ちゃんもあぼん
中学生のオヤジは集団就職で名古屋に

って感じだな

64 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 17:25:34
>>63
ハードコアだな

65 :57:2006/11/10(金) 17:31:32
>>58
孫だよ。
かなり衝撃的だった。

昔はよくあった事なのかな?

66 :日本@名無しさん:2006/11/10(金) 17:40:34
>>65
別段珍しいことじゃないかと。

というか、今が幼児虐待がポルノが如何とか五月蝿過ぎ。
昔はこういうことはしても、テレビを賑すようなアレなことはそれほど。
現代がアホを生み、アホが師匠になって今に至っているというか。

67 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 17:45:21
ここは今を憂うスレなのか?
ならば諸悪の根源は団塊世代にあり。

68 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 17:45:41
漏れ今29歳だが
ガキの頃、冬は毎日のように素っ裸で庭の柿の木に縛り付けられたよ
どこの家でもそう言うものなんだな、安心したよw

69 :57:2006/11/10(金) 17:59:21
>>66
でも普通に同級生なんかの目にも触れるわけで、さすがにマズイでしょ。
お仕置きなら性的な事も仕方無しで、セックルもアリなのか?

もちろん男なら全裸で放り出しても問題無いわけだが。
>>68
うちは団地だったから、ベランダから宙吊りにされたなw
家から追い出された時は、他人に見られないように戻るのがスリル満点だったww

70 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 18:03:10
俺のジイサンは90近いのにまだピンピンしてやがるw

71 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 18:55:53
ご存命のうちにいろいろ聞いとけよ


72 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 18:59:02
>>68 宮本武蔵2・3日、吊された経験ある。

73 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 19:04:50
>>71
そうだな。
ジイサンは今はええ時代じゃと言ってるな。
ただ、美しい山河や動物が損なわれていることには、
反省と不満があるようだ。

74 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 19:10:49
既に他界した祖父は明治45年生まれなんだけど
母経由で太平洋戦争に従軍した話を聞いたことがあって、

「小笠原付近で自分の乗った船の前後の船は撃沈されたが、自分の船だけはなんとか
助かった。その後終戦を迎えた。」

という簡単な話であるんだけど、これだけじゃ祖父がどういう軍団に属していて、
どの船に乗っていたかなんて分からないよね…

75 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 19:20:04
明治、大正の町並みって、今とは激変だろうな。

ど田舎で列車が走るだけでも感動しただろうし
沿岸部は、コンクリ堤防が無く眺望は最高だったろう
ただ道が舗装されてないのは痛いね

そういうどうでもいいが激変の風景みたいなものを
聞けたらいいなと思うね。
俺にはジイジいないから聞けないが

76 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 19:42:55
>>74
軍の令状とかそのあたりが残ってたりしないか
近代史スレとか軍板あたりのが詳しいかも


77 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 19:43:28
近代史スレじゃなくて近代史板だた

78 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 19:51:07
民族学の範疇かも知れんが、婆さんは狐にだまされる話を
リアルに信じている節がある。

79 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 20:19:16
大正生まれの漏れの親戚のじいさん。
特攻隊の訓練で鹿児島の鹿屋で終戦迎えたそうな。
じいさんの数人前までの隊員がみんなアボーソして、じいさん曰く
「あと数週間終戦が延びてたらアボーソしてたな…生死なんて人間にどうこうできるもんじゃない」

スンゴイ重みのある言葉
ちなみにじいさんがリア消防の頃はそのへんのメカもの(時計、チャリ)を片っ端からバラしまくってたくらいの機械好き。今も精密機器の製造会社を自営でやってる。

最近は携帯電話のアプリを自作しようと挑戦中…携帯バラしてますorz

80 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 20:19:26
節じゃなくリアルに信じてるな


81 ::日本@名無史さん :2006/11/10(金) 20:23:08


         女ほど騙されやすい生き物はいない。



82 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 20:28:04
>>74

各県の県庁に行けば(行かなくとも問い合わせれば)
祖父殿の「兵籍簿」を手に入れられる。
本人か配偶者、または三親等内の血縁なら問題ない
ただ、都道府県によっては一部しか見せてもらえないところもある
海軍の兵籍簿は厚生労働省にあるので陸軍よりは
紛失などの恐れはないだろうと思うので参考にされたし。

83 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 20:40:27
幕末の若いサムライの写真です
http://puka-world.com/php/upload/puka/img-box/1163063866191.jpg

84 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 21:36:05
>83
横浜鎖港談判使節団の一行をルイ・ルソーが撮影したものの一部ですね!
その写真よりも、外国奉行「池田筑後守」でしょう!かっこよすぎる!
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/tenjikai/tenjikai95-2/p/103.gif
他の幕臣の写真が見たければ・・・。
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/tenjikai/tenjikai95-2/bak2.html


85 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 21:56:05
>>83
筑後の守、池袋に出没しても違和感ないなw

86 ::2006/11/10(金) 22:03:23
予想外に面白くなってますねw

>>79
僕らって、現代の技術が進んだせいか、
どこかで過去の人よりも今の方がレベルが上、みたいな錯覚があると思う。
でも79の爺さんの話や他の話を読んでると
技術や便利さを得た分、人間として懸命さがたりないような
変な感じがしてる。。
今の自分だったら戦争体験の時点で鬱になって立ち直れない気がするし orz

87 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:16:17
写真関係はこっちにスレがありますのでこちらでドゾー

【幕末】 古 写 真 【明治】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1132999923/

88 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:35:51
うちのじいちゃんは蒲田にあった撮影所の話をよくしてたな。
あと、死んだあとに、川崎重工に勤めてて、優秀だから戦時中もすぐ呼び戻されたと聞いた。
高学歴とも聞いたことないし、家で機械を弄ってるのさえ見たことないのでかなりショックだった。

89 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 04:10:47
83.84と同じページにお宝発見!
幕臣時代の福沢諭吉!けっこうかっこいい!
この頃、ガキだった人が俺が生まれた時、まだ何人か生きていたと
思うと、俺も年とったと思うよ・・・。
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/tenjikai/tenjikai95-2/p/134.gif

90 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 04:16:25
>>89
>>87

91 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 06:13:29
12月4日新撰組ファンならみる【燃えよ剣】原作:司馬竜太郎(時代劇ちゃんねる)でやるぜ!

92 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 09:02:12
司馬竜太郎

93 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 10:00:30
いいスレですね。
でもさすがに昭和の話が多い・・・。

で、私もひとつごめんなさい。

先ごろ亡くなった知り合いのおばあさん、4人子どもがいるけど、
長男とえらく折り合いが悪い。
太平洋戦争の頃、医師をしていたご主人と満州に渡り、
そこで長男を含む子どもを持ったらしい。
終戦のドサクサ前に帰国を果たせたそうだけど、その後の
長男との仲悪さに「満州においてくれば良かった」と愚痴ってました。
でも、実際そういうことになったら、どれだけ辛いか、必死で探したか・・・。

94 :OPS:2006/11/11(土) 17:29:26
>>12月4日ですね。

95 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 19:37:35
ネタを垂れ流すのはかまわんが
ネタを信じ込む厨は痛々しいね

96 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 21:03:59
明治時代に乱獲され絶滅した生物が多い
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/wild/1152001902/l50

97 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 21:09:46
爺さん婆さんから聞いた日清日露第二次の話ってスレは無いのか
うちはみんな死んでしまってるから聞く相手が居ないんだが

98 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 21:13:22
戊辰も入れてもいい

99 :日本@名無しさん:2006/11/13(月) 01:04:53
私の親父の婆さん、つまり私の曾婆さんだが、
田舎では大正の初めごろに電化されて電球がつくようになったとか。
そうなったときの曾婆さんの一言「ああやっとランプを磨かなくて済む」と。

まあ磨くまではよいが、煤が手や服につくと取るのが面倒だしな。
そんな手で炊事洗濯をするわけにもいかんから、さらに大変だ。

100 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 09:19:02
どうでもいい話だが

幕末の武士の写真てなんでヒゲ生やしてないんだ?

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)