5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文禄慶長】 秀吉の朝鮮出兵スレ4 【壬辰倭乱】

1 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 13:19:36
理知的に語れ

過去スレ
【文禄慶長】 秀吉の朝鮮征伐スレ3 【壬辰倭乱】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1116062496/
【文禄慶長】 秀吉の朝鮮征伐スレ2 【壬辰倭乱】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1106146427/
【文禄の役】秀吉の朝鮮出兵を語るスレ【慶長の役】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1095691351/

関連
秀吉による朝鮮征伐の軍事分析PartU
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1136633598/

2 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 13:27:57
  , ノ)
  ノ)ノ,(ノi
  (    (ノし
┐) ∧,∧  ノ  いまだ!2GETいける!
..|( ( ....:::::::) (
 ̄⊂/ ̄ ̄7 ) ヽ lヽ,,lヽ
 (/ 川口 /ノ   (    ) やめて!
   ̄TT ̄    と、  ゙i

3 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 13:33:10
朝鮮人、嫌韓厨、サヨの書き込みは禁止

4 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 13:46:18
もういらんだろ

5 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 13:46:48
【文禄慶長】 秀吉の朝鮮征伐スレ4 【壬辰倭乱】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1150531200/

6 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 13:52:38
そんなにスレがあると困るのか?

7 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:18:59
いや困らないが、自分がバカを晒しておいて
指摘されると人を朝鮮人ウヨサヨ呼ばわりする
真正バカの書き込み等々実にくだらないのよね
実際全く参考にならないバカスレで、戦国時代板が相応しい

8 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 16:29:09
軍板が一番ましなのはID表示だからか?
しかしハン板は物足りない。

9 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 08:39:57
あげ

10 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 07:05:01
板の住み分けはどうなってるの?

11 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 16:13:58
>>5にみんな移動してるんじゃ。

12 :日出ずる処の愛国者:2006/06/27(火) 13:15:10

<疑問>秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか?

<答え>それが世界史上の法則だから

そもそも戦国時代のような『乱世』とは『バトルロワイヤル』であって、
これを制するには強力な軍隊がいる。そして『乱世が平定された』というのは
この強力な軍隊がいらなくなったと言うことです。もしここでトップが
『もう戦争はやめよう』と言っても兵士達は承知しません。彼らは立身出世の
ために兵士になったのです。それでも戦争をやめようとすれば、トップは殺され
別の人間が戦争を遂行します。アレクサンドロスやチンギス・ハーンの外征は
必然の結果なのです。この戦争が終わるのは兵士の側が『もういい、休みたい』
といったときだけです。世界史上の外征もこうして終わっています。

13 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 10:26:10
明軍E日本軍の戦闘は通算何勝何敗?

戦争じゃなくて戦闘

14 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 14:21:07
朝日の夕刊で特集記事があったね、秀吉の朝鮮出兵は当時の社会に普通にあった
国民感情とか書いてあったな、それに明軍も世界的に見ても強い軍隊で、清によって
悪いイメージができて弱い軍隊と思われているだけだと、イギリスの大学の教授が言
ってね、日本と朝鮮の戦争じゃなくて、日本と明の戦争だってさ。

15 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 15:51:17
朝日の夕刊に載ってたね、朝鮮出兵は日本と言う世界最強の陸軍と精強で最先端の武器を持った明軍による16世紀最大の戦争だと、アメリカ人の中国軍事史の先生がいってたな。

16 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 23:32:09
>日本と言う世界最強の陸軍と精強で最先端の武器を持った明軍による16世紀最大の戦争
カコイイヨ(;´Д`)ハァハァ

17 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 23:45:44
韓国、明軍とか李如松が消えて、李舜臣と義兵ばかり言うよなぁ
秀吉が15万出しているから、明軍10万は出てるんでしょ

18 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 23:59:33
自国マンセーは別に世界中珍しいことじゃない
日本の自虐が異常

19 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 09:09:20
885 :世界@名無史さん :2006/06/29(木) 14:35:48 0
昨日の朝日新聞の夕刊に「倭乱と東アジア」短期連載の記事が載ってけど、
「壬辰倭乱」をテーマにした韓国でのシンポジウムが6月19日〜22日迄
やっていて、韓国・日本・欧米の学者30人の歴史学者が議論してて、その中で
目を引いたのは、ケネス・スオーブ米ポールステート大準教授は「日本と朝鮮の間
の戦争だとの見方はやめるべきだ」。言って戦争構図は明を中心にした東アジア
の支配体制・秩序への秀吉の挑戦。日本と明との戦争であり、明は当初は内乱の
為に兵を送れなかったが、朝鮮の要請ではなく自分の利益のために参戦した。


886 :世界@名無史さん :2006/06/29(木) 14:47:15 0
上の続き
また、明軍は弱いと言うイメージがあるが、明を倒した清によって作られたもので、
当時は武器も優秀で精強だった。一方の秀吉軍は戦乱で鍛え上げられた世界
最強の軍団。両者の激突は16世紀最大の戦争だった、スオーブス準教授
(中国軍事史)位置付けた。あとはオランダ・ライデン大学のW・J
ポート教授(日本思想史)は「朝鮮征伐は、当時の日本の実力者の間で広く
共有されていた」正気を失った秀吉の暴走との見方に否定的な考えを示した。


20 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 09:10:19
893 :世界@名無史さん :2006/06/29(木) 20:20:03 0
>>885続き。日本軍人15万人の軍勢なのに、朝鮮軍は数分の1しかなくて、
韓国人研究者から「あまりに貧弱で情けないニダ」といった意見が出たのに
対し、成均館大(ソウル市)の宮島博史教授(朝鮮史)はサクホウ体制での
朝鮮は明の軍事力の傘の下に入っており、持つことが認められていたのは国内
の反乱に対抗する軍事力だけで外国と戦うことは想定していなかった。
 李舜臣の水軍も倭寇対策のもので李舜臣の私兵みたいなものニダとの話も
韓国海軍士官学校の李敏雄教授から出た、米谷均共立女子大講師(日本近世史)
は江戸時代になっても戦争の再開を望む声が武士の間に強かった事を示した。
その理由として、大量につれて帰った朝鮮人を売ったり、本来なら下僕ももてない
低い身分の兵たちが特に恩恵をこうむり「もう一度戦争を」との意見が多かった
そのため幕府が朝鮮王朝と交渉で6千人の朝鮮人を返したが、幕府のゆうことを
聞かないものが続出した、また朝鮮王朝も帰国者に手当てをしないので帰国希望者が
集まらなかった。
 呼び名では日本では文禄・慶長の役、韓国では壬辰倭乱・丁酉再乱、北朝鮮では
壬辰祖国戦争、中国では援朝鮮や万暦東征などで統一してないので、統一名の候補として
壬辰戦争・東アジア7年戦争・第一次東アジア戦争などの意見が出た。




21 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 12:30:23
朝日新聞の昨日今日の記事だな

22 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 13:29:28
連載いつからいつまで?

23 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 17:07:43
>>22
上下2回

24 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 18:09:37
朝鮮で明軍を撃破出来たら日本軍は何処まで進めたかな。
中原での戦いは戦国の余興に過ぎない半島での戦いと違って、凄惨なものになりそう。

25 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 22:24:10
>「日本と朝鮮の間 の戦争だとの見方はやめるべきだ」。

日本の学者で、イデオロギーに染まっていない人ならば常識だと思っていたが、
この地域の研究者のなかにはそうでない人が多くいるということなのかな?


26 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 12:27:03
その通り。
ところで米谷は北島の後継なのかな?

27 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 14:58:19
共立女子つながり?

28 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 15:18:16
朝鮮の役をカンタンに例えると三方ヶ原。
日本=武田信玄、朝鮮=徳川家康、明=織田信長。

29 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 18:16:36
愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

30 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 20:53:48
>>19-20
やっぱ、信ちゃんが生きてたら、征服成功しただろうな。
一時的に失敗したとしても、満州族のように織田家三代ぐらい
かかってでも成し遂げたはず。たぶん一代でやれただろうけど。
秀ちゃんが総大将として突撃しとけば、武将間の仲間割れも起きなかっただろうし。

31 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:02:39
征服に成功したら、若い朝鮮人は奴隷として売り飛ばしてどかし、
朝鮮半島〜満州、台湾は日本民族の居住区になった可能性大。
秀吉軍には日本人奴隷商人がぞろぞろついて行って、年頃の朝鮮人を
縛って連れ帰り、長崎の奴隷市場で西洋人商人に売り飛ばしていたし、
満州族も朝鮮の人口の半分ぐらいをシナの奴隷市場で売り飛ばしたとか。
日本が征服してたら、朝鮮人の人口は、出生数減少で激減してただろうし、
地理的位置から考えて、日本人が入植していったはず。

32 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:05:28
>>30
織田信長があと30年生きてたら?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1136483670/

33 :愛国者:2006/07/04(火) 15:58:28
>>31

いいレスだな。

そおいう日本人を怒らせる記述が日本人の愛国心を育てる。

中国の反日暴動が日本人の愛国心を目覚めさせたように

憲法改正までその調子で憎まれ役に徹しろ

これは厳命だ。


34 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 18:59:14
対外戦争の解っていない日本で中原を狙うか・・・
中原を狙う前に、まずは明に協力を仰いで蒙古や女真の騎馬民族と戦って対外戦争
の何たるかを学んでから(朝鮮じゃ弱過ぎて練習相手にならない)だな。それが解ら
ない内に中原に進出しても懐に誘い込まれて壊滅するのがオチだし。

35 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 22:11:45
対外戦争なんて特別なものなんかねえよ。
それは日本人の幻想。

対外戦争知っているはずの大陸王朝は激弱。


36 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 06:48:55
世界史板に新スレが立ちました

37 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 02:06:52
明朝の要である北方守備についてた祖承訓を凹ってるしいいんじゃねーの
ここらで戦って無かったら戦国時代の日本軍ってどの程度解らんかったし



38 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 00:10:36
>>35
対外戦争で重要なのは補給路の確保、それまで行っていた現地調達で賄える国内
のローカルルールーじゃ対応出来ないと思うが。

39 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 16:53:46
ほー

40 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 00:37:40
解生

41 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 02:59:03
慶重の役が本当の朝鮮征伐            参加してぇぇ

42 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 22:44:24
文禄の役・・・唐入り(中原制覇が最終目的)
慶長の役・・・朝鮮征伐(戦いを終らせる面目の確保、南鮮確保はおまけ)
文禄、慶長、万暦・・・統一して呼ぶなら日明戦争が妥当か。

43 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 22:46:59
出征に積極的な大名はだれ?

44 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 23:06:06
西郷隆盛

45 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 00:20:57
>>44
西郷は軍事力を用いずに朝鮮に近代化の必然を説き開国させるとは言っていたが、出征とかの乱暴な事は言っていない。

46 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 02:45:56
すいません。英語版のWikiで朝鮮出兵の幸州大捷ってやつで日本人が1万人の死者を出したって書いてあるんですけど
詳細を知ってる人がいたらサイトとか教えてください。

http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Haengju

47 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 03:26:14
再建記念の宣伝文句じゃね?

48 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 17:00:41
>>46
幸州大捷
半島側には三十八度戦や書物に対する認識の違いで資料が殆ど焼き尽くされていて
当時の物は殆ど残っていない。
資料は殆ど日本側(太平洋戦争で結構焼けた)か中国側(相次ぐ戦乱で属国の資料
がどの程度残っているか疑問)の物になるよ。

49 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 17:28:32
wikiの「耳塚」

「当時は戦功の証として死体の首を持ち帰るのが常であったが、
日本まで距離があるために首の代わりにかさ張らない耳や鼻を、
運搬中に腐敗するのを防ぐために、塩漬けにして持ち帰ったとされる。 朝鮮の一般人をも犠牲にしたと言われる、
日本による最初の外国侵略とされる歴史を今に伝える遺構である。」

「朝鮮の一般人をも犠牲にしたと言われる、日本による最初の外国侵略」
なんかあっちの人の意志を感じるんだけど

50 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 19:06:56
朝鮮一般人の犠牲は
1.焦土戦術による多量の餓死者
2.朝鮮義兵、軍、治安の完全崩壊で跋扈した盗賊による略奪
3.明軍の略奪
4.合戦のとばっちりで日本軍に殺される
の順で多かった気がした。日本は捕えた朝鮮人に技術が有れば召抱えて、無けれ
ば奴隷として売り払うから、それ程殺戮はしていないはず。
耳や鼻を削ぎ落とすと商品価値が落ちる。耳塚鼻塚に祭られているのは日本軍に
協力した地元(朝鮮)部隊が自分達を売り込む為にやったのが主な物じゃないのか。

51 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 08:51:16
朝鮮軍も朝鮮民衆から略奪して餓死させたり、先行偽造のために虐殺しているが?
むしろ日明以上の主犯。

52 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 09:54:53
朝鮮日々記読めばわかる事だがな、しかし嫌韓厨はあいかわらずソースなし

53 :日出ずる処の愛国者:2006/07/30(日) 11:08:34

日本軍は朝鮮人の技術者(陶器職人など)を日本に連れ帰った。
やがて徳川幕府の時代になると朝鮮人は帰国していいことになったが
多くの朝鮮人は『自分の意志で』日本にとどまった。
朝鮮では技術者の地位は低い、日本では武士に取り立てられるものもいた。


54 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 12:47:57
愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

中学校の同窓会に行こうとしたら
「中学の時のクラスメートや先生に、愛知のキチガイ脳糞古川だなんて、わかったらどうする。
 みっともない。
 愛知のキチガイ脳糞古川の身で、同窓会なんかに行くな!」
と怒られた。

「同窓会くらい、いいだろう」と反論したら
「親の言うことが聞けないのか!」と玄関先から、家の中に
押し倒された。

脳糞古川だと、同窓会にも行けないのか?

55 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 20:45:30
学研の歴史群像シリーズの『文禄・慶長の役』を読んだが
書かれた時代が時代だけに、これでもかと「日本の侵略戦争!」のオンパレードだね。
「壬辰倭乱をはじめ、日本のインテリみんなが恥ずかしいと思っているが
 父や祖父を正面たって糾弾できないので悶々としている従軍慰安婦に至るまで
 日本は朝鮮に一方的に迷惑ばかり・・・」とか言った文まであるし
もっと歴史として割り切って戦闘や日明朝の装備や戦術の違いの話を書いてもらいたかった。


56 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 20:50:54
北島とか貫井とか何であんなに変更して事実を曲げたり隠して書くんだろうね?

57 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 20:54:13
泗川の戦いはすさまじい

58 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 00:18:52
いい加減に、元寇と唐入りにイデオロギーを持ち込むのは辞めて欲しいと思う今日この頃。

元寇はグローバルスタンダードを拒否した愚かな日本が原因というのはおかしいし、
唐入りのなかで脇役でしかない朝鮮を話の主役に持ってくるのもおかしい。


59 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 12:30:20
文禄・慶長(万暦)の失敗点は
文禄 秀吉に海戦の概念が無く、補給線への意識が低かった。
慶長 秀吉の寿命。あと10年生きていれば、女真の圧力が増した明が敵を一つに
する為、日本に南鮮の割譲ぐらいはしたかもしれない。

フビライの元寇の失敗
文永 日本を南宋に協力出来なくする為にちょいと脅かす(日本は国防に大忙し目
標達成)
弘安 使者を斬られ面子を潰された事への報復、南宋残存兵の消化の為に日本を
侵略。
故南宋地域で船・兵員の確保の手間取った、南越以南の遠征の失敗、一番乗り気だっ
た高麗の船が辛うじて沈まない程度の粗雑な物、侵略準備に手間取り日本に防衛
準備の充分な時間を与えた、故南宋軍本隊の到着が遅れ台風シーズンに突入など。

60 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 12:52:46
いやだから高麗の船が沈むとか沈まないとか関係ないからw

文永の役は岐路で難破。
なぜ引き上げたのかは諸説あって詳細不明。『矢が尽きた』としか記録なし。
公安の役は一ヶ月以上上陸できずに海上で疲弊したところへ大風。



61 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 14:59:16
>>59
補給線は意識していたよ。
けど根本的に当時の状況では無理があった。
李舜臣の補給路への攻撃なども響いているが
それ以前にあの大軍を朝鮮半島で展開して滞りなく補給すること自体に無理があったらしい。
300年後の日清戦争のときでも、朝鮮の悪路と悪天候にむちゃくちゃ苦労している。
さらに朝鮮側も初期以外は焦土作戦を取っていたので
現地調達も無理だった。

62 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 17:14:57
李舜臣は補給路攻撃なんかしてねえっての!
いつどこで誰の補給部隊が叩かれたのか?

63 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 17:28:51
ちまちま後方撹乱してたのが
結果補給線への攻撃になったんじゃないのか?

64 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 17:35:30
その後方とは具体的にどこなんだと小一時間問い詰めたいわけですが?
地図見ますたか?

65 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 19:19:19
>>64
半島南岸あたりでゲリラ戦やってたんじゃないの?

66 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 19:33:12
電撃戦のような戦いをせずに最初から慶長の時のように出城を築きながら
戦ってれば朝鮮くらいは獲れた

67 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 20:26:57
その朝鮮南岸は日本軍の補給路ですの?

68 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 21:36:39
本土から食料送ってなかったの?

69 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 21:38:34
朝鮮人は食べれなかったの?

70 :日本@名無史さん:2006/08/01(火) 02:01:20
>>66
無理じゃないのかな、強敵が無く進めば面白い様に勝てる状態じゃ一般兵の方が止まらない。
出城を築きながらは冷や水を浴びたような敗北か、かなりの強敵(李如松)に当たらない限り
そんな空気は起きないのではないか。
>>67
北九州〜釜山ルートで本土から送られ、朝鮮での海上補給路は主に朝鮮東海岸だったような。

71 :日本@名無史さん:2006/08/01(火) 10:43:34
補給自体はちゃんとやってたけど
当時の技術的な限界と朝鮮の悪路と悪天候が厳しかったってのは間違ってるの?
補給線に対する攻撃はなかったの?
アホなチャチャ入れのレスばかりでよくわからん。

72 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 18:33:41
李舜臣は何を攻撃していたのか? (試作途中版)
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1724475

7.文禄の役で李舜臣は何と戦っていたのか?
http://yasoshima.hp.infoseek.co.jp/#4-7

李舜臣は下の方をうろちょろしていただけって事でFA?

73 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 19:23:12
補給線に手が届いたのはただの一回なのか

74 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 19:26:30
朝鮮征伐のドラマとかテレビでやってくれないかな
見てみたいよ〜

75 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 21:04:54
騒ぐ層がいるので無理です

76 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 23:11:28
秀吉の大陸出兵のドラマ製作の注意点
・明vs日本をメインにして朝鮮軍、朝鮮現地映像は日本軍周辺のみにする(史実に忠
実に当時の朝鮮を広く再現すると、あまりの陰鬱さと醜さで視聴率が落ちる)
・明兵、朝鮮義兵の略奪は解説だけに止める(ドラマのシーンが殆ど略奪シーンで
埋る為)
・敵方の描写のメインは李如松と万暦帝の幕僚周辺に止める
李舜臣
朝鮮倭寇の親玉、日本軍の哨戒部隊と遭遇戦を演じ辛くも勝つ。その後、日本軍と
の戦闘を極力避け兵力温存に務めたが、朝鮮首脳部により巨済島の戦いで温存した
兵力がほぼ壊滅、秀吉が死ぬまで弱小勢力のまま日本軍から逃げ惑う日々が続く・・・
講和を破って明軍と小西軍を包囲したが、救援の為に引き返した宗・立花・島津に
頼みにしていた明水軍諸共海の藻屑に変えられる。その戦いで受けた傷が深かった
のかその後、明軍の妨害は無くの日本軍の撤退はスムーズに進んだ。
朝鮮最高の武将がこれじゃあ・・駄目じゃん、朝鮮人は全然出せないよ。

77 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 16:39:27
整形が多かったので、秀吉は耳と鼻だけを削いで戦果報告するよう、諸将に
命じたという。

78 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 15:05:04
文禄の役の時の日本軍兵力は16万人。
時代を進めて例えばD-dayの時の連合軍兵力は15万5千人。
D-dayの時の連合軍よりも文禄の役の時の日本軍の方が兵力が多かったんだね。 すごいね!

79 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 23:15:21
マレー電撃作戦以上

80 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 02:46:48
朝鮮征伐成功した場合の問題点
・南鮮の位置付け(北鮮を琉球化するから日本の一部で問題無いか)
・中原情勢の見極め
・清との交渉
・民の教化と統治・開発


81 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:06:47
北条討伐 約22万
四国征伐 約11万
九州征伐 約25万
文禄・慶長 約16万

文禄・慶長は九州征伐の約6割の戦力。漢城が落ちた時の上陸していた日本の兵力
ってどれくらいだ。
戦力だけで見れば朝鮮は四国にも完敗。

82 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 11:18:10
戦役の期間比較は?

83 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 19:38:11
文禄の役(第一陣約2万)
日本軍第一陣朝鮮上陸4月13日 漢城陥落5月3日 平壌陥落6月15日
四国征伐(伊予(2万)、讃岐(3万)、阿波(6万)からの三方面作戦)
開戦6月16日 長宗我部降伏8月6日

文禄では第一陣だけで漢城まで抜いているし。

84 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 20:53:43
首都は陥落。
朝鮮国王は首都陥落前に逃亡。二人の王子は加藤清正の捕虜。
その後、明の援軍に首都を奪回されテキレキカンの戦いで日本側勝利により戦線膠着して講和だったか。

85 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 13:01:12
NHKスペシャル「満蒙開拓団はこうして送られた」
http://www.nhk-jn.co.jp/002bangumi/topics/2006/034/034.htm

この番組によると、日露戦争〜満州事変の頃でさえ、日本人の満州開拓移民は
困難だったらしい。退役軍人らが試みたけど、まったくダメだったらしい。
ご飯も凍りついていた。
朝鮮でさえ寒かった日本人には、あの時代の大陸征服は困難だったんじゃないか?

86 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 19:01:52
テキレキカン
とは
ヘキテイカン
のことか?

87 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 02:35:02
明の損害は1000万両の軍費と10万人の戦死者が出た。

88 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 02:38:05
>>87
ニポンの損害は?

89 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 17:57:15
二万ぐらいでは?

90 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 19:32:42
>>87
捏造

91 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 23:38:39
>>85
東宮は、朝鮮人の多くを日本人の指揮下で開拓団として満州に移民させようと
していたらしいね。
となると、日本の貧困農民は朝鮮半島に移民させるつもりだったのだろうか?
秀吉の時代に、中国支配で日本が豊かになり、人口激増して移民先が必要に
なったら、どうしただろうか?

92 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 21:44:05
史実 乱世の気分が抜け切らず、一兵卒から「もう戦争は真っ平」と言わせるような
大戦の必要が有った(勝ち負けはニの次)。

>>91の場合 食って行くために近隣国を征服の必然が有る、民族の命運を掛けたせ総力
戦に・・・中原との戦いは国内戦の惰性でやっていた史実とは違い、どちらにとっても凄惨を
極めたものになる。
朝鮮人
技術者 家族と、そこそこの待遇で迎えられる。
その他 奴隷として南蛮人に売り払われる。商品にならない連中は殺される。
王族&首脳部 国民を見捨てて、日本軍とあまり戦わずに中原に亡命。

93 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 16:10:31
日本側の戦死者が10万人以上出たってホントなの?

94 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 16:13:01
>>93
おい本当かよ!!? ソースは?

95 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 18:45:46
実際侵攻した16万の部隊に東国大名の10万の予備部隊を加えて総勢26万規模で
大陸侵攻したらどうなっていただろう?




96 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 20:57:38
食料輸送がネック、朝鮮の道では26万人分の輸送部隊を展開出来ない。

97 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 02:12:39
文禄の役の日本軍損耗率
http://matsu.rcks.kyushu-u.ac.jp/p/study/14wajo/bunroku-keicho/7senkyo/heisinoshomo.html
http://matsu.rcks.kyushu-u.ac.jp/p/study/14wajo/bunroku-keicho/7senkyo/yy.html

98 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 14:40:29
>>95
秀吉は、京都の待機部隊10万も含めて総兵力40万人を用意してたんだろ。

99 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 16:26:43
>>98
40万の部隊を何回かに分けて送り、明どころかオスマントルコも倒す。
世界史上最強は日本だと示す。はっはっはっは!!

100 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 22:31:34
まあとりあえず100ですわ

101 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 23:34:37
>>98
すげー
本当なの?

102 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 01:51:43
>>99
少数の騎馬民族に比べて農耕民族の日本は機動力に欠けるから順調に行っても直隷
平原を制覇するのがやっとだと思うぞ。スペインから航海技術の提供があれば東南
アジア、東インドまで勢力は伸ばせたかもしれない。

103 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 20:35:07
朝鮮軍の補給はまるで万全であると勘違い。

104 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 00:19:37
鳴梁海戦は日本水軍の大敗と思われ、李舜臣奇跡の大勝利と言われていたが、実は日本水軍の勝ち戦だったらしいよ。

105 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 00:44:18
朝鮮出兵は織田信長の構想だよ、秀吉は朝鮮からの北路軍。家康は琉球
台湾からの南路軍そして岐山に都を作り、皇帝になろうとした稲葉山城
が有る美濃を岐阜と名前を変えたのも、その流れそれを聞いた光秀は
理解できずクーデターを起こした、信長が居たら成功してただろう
日本人は呉の太白の子孫だから、権利はあるとキリシタンから洗脳され
てた。結局信長軍より武器、人数の劣る満州人に横取りされたみたいだが
そもそも李何とか何て誰も知らないよ、朝鮮でゲリラ活動が有ったって
言う話だろもう少し夢のある話でも城よ。信長の爪の垢でも煎じて飲め!

106 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 01:30:52
>>93
ウソ。

107 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 01:38:44

政治関係の豊臣秀吉とかいう奴と戦国武将の秀吉を同一視してる人もいるよね。
でも日本史と政治経済社会を勉強してる人は、しっかりしようね。
 ̄ ̄ ̄ ̄
現代(日本国憲法と法律)のもとで、
政治家を選ぶ事と、勉強は別物デスね。
========================
ANS 大阪冬の陣

108 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 13:10:40
age

109 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 17:54:44
【韓国】 朝鮮伝統武術総合スレ 【朝鮮】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1138454502/639


110 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 20:49:20
維持

111 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:18:29

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

112 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 08:38:26
日本史ですが何か?

113 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 19:27:52
秀吉の各征伐の動員数
四国征伐(約11万)
朝鮮征伐(約16万)
小田原征伐(約22万)
九州征伐(約25万)

114 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 19:24:41
そうだよ日本史なのに支那事変よりも隠蔽されている。

115 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 22:54:34
でも宗氏は5000も動員できたと思う、そんな経済力はないだろうに・・・

116 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 09:49:46
通訳とかもいたから。
慶長の役では軽くなってる。

117 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 21:24:18
慶長の役の最中、秀吉は名護屋城で宴会を催し、余興に瓜売りの真似をしたという話ですが、
それはどんな感じですか?
ウリリリリリリリリィとか叫んだのですか?

118 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 13:24:50
1.5倍の人数を動員した九州征伐の方が朝鮮征伐より苦戦している。

119 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 20:13:56
しかし在陣期間が長い。

120 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 21:52:12
秀吉も明の臣下という自覚はあったと思うよ。

121 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 22:51:15
は?

122 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 22:51:16
常に圧迫を受けている某半島と違って、無いだろ。

123 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 07:30:02
>>120
臣下は臣下だけど、朝鮮南部を割譲させて勘合貿易復活させて利益を得たいという、
いわばヤンチャ坊主が暴れたようなもんですな。

講和条件が通ったら、嬉々として冊封を受けたことでしょう。
現に明から下賜された冠服来て明の使者に面会してたしw

124 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 08:31:21
その後に明から日本国王に册封すると書かれた文書を見て激怒、戦争再開。

125 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 08:52:01
さすが秀吉


126 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 12:07:30
秀吉は40万の軍隊を動員できたから怖いもんなし

127 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 19:03:34
いや、それは冊封(=明の臣下としての日本国王任命)に怒ったのではなく、
自分の提示した要求が何一つ反映されていなかったことへの怒りだろう。

朝鮮南部の割譲、明の皇女の天皇への降嫁、勘合貿易再開などが実現してたら、
秀吉は素直に冊封を受け入れて「日本国王」になってたと思う。

128 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 21:31:10
そう考えるのが妥当だな。

129 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:11:26
要求が全部通らなくても、朝鮮南部の割譲と勘合貿易再開さえ満たしていれば妥協したんじゃね。

130 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 09:25:13
日本語版ウィキ「李舜臣」のノートで韓国人が暴れています。
追放にご協力を。

131 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 20:49:35
太閤という立場から考えられないの?

132 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 15:48:53
そもそも、日本人には中華文明圏における、柵封体制だとか日本国王だとかの
概念が貧弱。

公家の官位みたいな『面倒くさいしきたり』程度にしか考えていない可能性が大。

「日本国王?なんだぎゃ。えらいのか」

133 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 11:48:31
>>130
厨だね。
ドラキュラの逆さ読みなんて手垢のついたものをハンドルにするあたり臭くてたまらん。
相手にする値打ちがない、というか、相手をしてるyasumi氏が哀れだ。


134 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 20:25:17
いなくなった?

135 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 06:50:14
変な終わり方、別なところで工作をしてるのかな?

136 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 09:24:13
秀吉は対馬と朝鮮がどちらが大きいかもわからなかったらしい
明から公認された日本国王は天皇よりえらい、朝鮮は秀吉に降伏した
南部は日本領になったと思わせれば信じたかもしれない


137 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 12:13:53
秀吉が欲しかったのは戦勝の名分(明からの領土割譲)と貿易手形(日本国王&冊封)だろ。
南鮮(領土)の下賜と公式貿易の再開で秀吉は妥協するのでは。
秀吉が中華皇帝に対してどの程度の認識が有ったのか分らないが。天から任命されるで日本の征夷大将軍程度の認識だったかも。

138 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 23:47:02
>朝鮮南部の割譲
どの辺までとか、構想(妥協ライン)はあったのですか?

139 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 12:42:39
慶長の駅では南三道だか南四道?

140 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 21:04:30
一応都まで取るつもりだった。

141 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 03:03:34
慶長の南鮮三道と貿易復活が妥協ライン。

142 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 02:12:22
文禄慶長の役について、面白い通史なり小説ってあります?

図書館や本屋でさがしてもぜんぜんみつからないんだよね。
だから知識も全然ない。

143 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 07:37:04
「秀吉の軍令と大陸侵攻」中野等

144 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 08:02:30
今週の週刊ポストによると秀吉は日本国王に冊封された事に激怒したらしいが。
あくまでも日本が格上という原則に従うのが肝心だった訳だ。

さすがは戦国の世を勝ち上がっただけあって権威の扱い方は分かってる。

145 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 09:04:27
いや、それは頼山陽の「日本外史」以来作り上げられたイメージにすぎないから。
逆説なんてイザワのエッセイだしな。

146 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 09:10:11
903 名前:山野野衾 ◆CXSSL1llHI 投稿日:2006/10/27(金) 23:12:36 0
日本外史=史実と思っているなんておめでたい方です。
まともな史書ではないと私のようなプロの方は分かりますが、
素人の方はコロっと騙されても仕方がないでしょう。
矢追純一のUFO著書を小学生が読めばガクガクブルブルなのと同じ理屈です。

147 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 14:32:55
秀吉の動員兵力
四国平定(約11万)
朝鮮征伐(約16万)
小田原平定(約22万)
九州平定(約25万)


148 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 14:57:47
何故史実ではない事が分かったのかな?

149 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 15:14:27
148
誰へのレスだい?

150 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 21:42:33
146宛てではないかと
何れにせよ引用先のurlもない
コピペなどはスルーすべきでは


151 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 10:53:31
渡海しなかった動員兵力は無視?

152 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 16:34:12
彼はユダヤ人だった。しかも、世界でもっとも有名なユダヤ人。その名も、エドモンド・
ロスチャイルドという。いうまでもなく、世界最大の大富豪である。当然ながら、ロスチ
ャイルドはユダヤ教徒である。彼は日本の神輿に、失われたユダヤの祭りを見たのである。
ロスチャイルドの来日をセッティングした人の話によれば、ロスチャイルドは何よりも神
輿に大変興味をもったという。神輿は、あまりにも契約の聖櫃アークに似ていたのである。
契約の聖櫃アークとは、ユダヤ教にとって大切な3つの神器、モーセの十戒石板、アロン
の杖、マナの壺を納めた箱で、下部には担ぐための棒がついていた。外も内も金で覆われ
ており、上部には黄金製の翼を広げた天使ケルビムが2体、向かい合って据えられている。
ユダヤ人は戦いに勝利したとき、契約の聖櫃アークを担ぎ、鐘を鳴らし笛を吹きながら
「ワッショイ、ワッショイ」と行進して歩いたという。かの大王、ダビデは裸踊りまでし
たことが『旧約聖書』に記されている。「ワッショイ」は古代ユダヤ語で「お前の敵をやっ
つけろ」である。考えてみればあの号令は勇ましい。「我と一緒」よりもむしろ相手を威嚇
している。まして『韓国語』ではない。

153 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 19:36:45
>>152
誰の電波だ。

154 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 22:00:46
>>19-20
朝日記事では、欧州の学者が「秀吉が狂っていたというのは間違い。この時代、国内統一を
終えれば朝鮮を征伐するという考え方は、日本の有力者に広く共有されていた」と論じて
いたけど、今週号の『週刊東洋経済』の新刊本紹介のコーナーで下記の本を紹介していた
けど、それを読むと、納得できる。
黒澤映画「七人の侍」の村のイメージは間違いで、村は武装して他の村を襲って略奪し、
女、子供は奴隷売買されていたらしい。それを調停して台頭した戦国大名は、他大名の
領地に対してそういう行為をやって、自国の民を潤わせていたらしい。
だから、国内統一後は、その延長で対外征服に向うのは必然。

百姓から見た戦国大名 (新書)
黒田 基樹 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480063137/

155 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 22:50:11
>>154
この本を読む価値はなさそうだな。


156 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 18:33:51
>>151
誰に言ってる?

157 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 18:45:51
壬辰倭乱って朝鮮征伐のことか?

158 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 09:55:52
吉田光男ってどんな評判?

159 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 13:28:23
銃とかの威力はどうだったん?
明とか銃とか火器はもってたん?

160 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 14:23:04
小西の裏工作に秀吉も目をつぶってれば、日本国王冊封で丸く収まってたのに。

161 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 17:03:41
明や朝鮮は大砲装備

162 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 20:39:39
信長から受け継がれた火縄銃は本当に威力あったの?
明は、なかったの?

163 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 20:46:50
明の火器は、城壁崩し用の大筒に特徴があったんじゃないの?




164 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 20:58:34
前々から思っていたのだけど、徳川軍団を朝鮮に派兵して摩滅させてはいかがでしょうか?

165 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 21:17:43
実際、秀吉が用意していた兵力は40万人らしいけど、
やはり徳川軍などの東国の軍隊を送らなかったのがもったいない。
朝鮮の非文明地なんか経由せずにもっと水軍を協力にしてから
直接、明大陸上陸の方がよかったかも。その方が世界の認知度も高いだろうし。
とはいっても実際、我々日本人はそうでもないけど、外国では16世紀史上最大の激突として
知られているらしい。先ず、秀吉は国内の権力基盤をしっかりと固めてから
海外出兵すべきだったな。


166 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 21:34:45
大明征服なんて国内の大名統制のためのビッグマウス。

秀吉の真意は勘合貿易復活による貿易の利益と、せいぜい朝鮮半島での領土獲得。

文禄の役の講和時の要求が、本当の目的だろう。

167 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 21:37:02
秀吉は南朝鮮の割譲、明の皇女の日本天皇への降嫁、勘合貿易復活を要求してた。

でも明の回答は日本国王への冊封だけだった。領土割譲も貿易再開も言及なし。

これでは交渉決裂もやむをえない。

168 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:00:17
朝鮮半島に上陸するなら朝鮮民族を抹殺する、といった目的だったらな〜
無人の朝鮮半島をこのときから大陸との緩衝地帯だったら今ごろチョンなんか
存在してない。今、そんな妄想言ってもしゃーねーけどなw
といっても、今の日本の軍事力でも朝鮮半島を粉砕することは屁のカッパだな。


169 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:04:43
半島全体で10石もなさそうな所だ。隣の糞半島はそもそも攻め込む価値も
なさそうだ。

170 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:11:46
明のほうが強かったな

171 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:20:31
明は強いか?w

172 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:34:19
強いから、日本軍は苦戦したんだろw

173 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:41:03
ん、・・・清正あたりが明の先鋒を壊滅させなかったっけ?
明はすこしも苦戦しなかったのかね?
明側が勝ったなんて向こうも認めてないよなw

174 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:42:46
>といっても、今の日本の軍事力でも朝鮮半島を粉砕することは屁のカッパだな。

軍板にでも逝ってこい。物笑いの種にされるぞ。

175 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:45:00
チョンが食いつきやがッたか 肥溜めの中の寄生虫と遊んでろw

176 :165:2006/12/02(土) 22:50:10
>>我々日本人はそうでもないけど
この部分を一応、我々日本人の認知度は低いけど、に訂正。

177 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:56:26
>>175
いやだから、これ以上リアルに恥かきたくないなら、逝ってこいって。
+みたいなノリでレスすんなよ。馬鹿かお前。

178 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 23:01:59
>>177
やはりチョンだったか はっはっはっは!!

179 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 23:26:25
>>178
そうやって自分に刃向かう人間はすぐにチョンにしたがるんだな。
+民というより、極東板の臭いがしてくるぞ。

じゃ、とりあえず証明してもらおうか。無理だろうけど。

180 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 03:48:33
問題はどこで戦争を終わらせるかだ。朝鮮王や明国皇帝の首を取ればいいってモンじゃないし…

181 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 04:08:42
>>179

おまえの国籍は?


182 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 04:13:44
両方ともいい加減にしろ。千になったら打ち止めなんだろ?無駄口叩くな。

183 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 04:50:26
>>181
マジレスすると、自衛隊はガチで専守防衛に特化してるから、
中国やロシアが攻めてきても余裕で撃退できるけど外征する力はゼロ。


184 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 05:01:59
戦国時代に自衛隊?


映画【戦国自衛隊】(朝鮮征伐偏)とかする気か?


加藤清正やら小西行長秀吉お抱えの武将と手を組み戦略できるかもなW

185 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 05:04:53
>>184 清正や行長は朝鮮では嫌われそうW

186 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 06:41:19
>>181

だ・か・ら、お前の国籍は?????


187 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 07:03:34
>>186 調子のりの酔っ払いです。

188 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 07:18:13
独眼竜も参戦してんだよなーこの戦。
明のごつい円月刀使いとかと刄交えたんだろーか…。
たまらんなーだれか映画化せんかなー

189 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 08:33:51
>>181
日本ですが。
で、チョンと断言するからには自力で証明してみ。
まさか勢いでチョンと言ってしまったとか格好の悪いことを言うんじゃないだろうね?

私が何を言おうと信用しないんだろ?だったら自分で私がチョンで
あるということを証明しないとな。そういう理屈になるだろ?(w
論理構成上、自分で墓穴掘ってるんだよチミ。

>>183
アホに教えてやることないのに。

190 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 09:23:58
今の日本の軍備じゃ撃退できても、進行はむりだぞ。
チョンでもチョンじゃなくてもこれは事実だ。
第一上陸できる船も無ければ継戦できるたまもない。

191 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 14:32:08
戦争は明から来た将軍に指導されていました。

192 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 14:39:16
耳塚

193 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 15:45:35
明側の文献に「我々は勝った」みたいなことは載ってないらしいから
明が勝ったとは言えない。

194 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 15:45:50
結局どうすれば日本軍の勝ちなんだろう。明国皇帝を殺せばいいのか?

195 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 15:47:18
みんな知ってる? 上杉景勝や伊達政宗も参戦したんですよ。

196 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 15:52:15
城作りのためにね。

197 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 15:52:35
>>194
それが一番いいんじゃない。

198 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 15:54:10
明国皇帝を殺せば完全に日本軍の勝利だ。

199 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 17:08:38
でも生き残った皇族が亡命政権立てたり、反乱が起きたりしたらどうするのさ?

200 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 17:48:17
仮想戦記やゲームで頭のイカれた書き込みが多いな。

201 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 17:50:49
>>200
人のことを頭のイカれたとかいってないで、自分は
何を言いたいのかね? 在日さんよw

202 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 17:53:43
在日は悔しいとですよ。
なんせ、休戦協定に朝鮮は参加させてもらえなかったとですよ。

203 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 17:54:23
明国皇帝を捕らえて秀吉が禅譲を受ければ中華皇帝になれる

204 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 18:26:45
肩書きだけついても明国民が認めなければ意味がない。下手をしたら項羽みたいになるんじゃないか?

205 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 20:23:44
日本オタの与太話は見苦しい

206 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 20:27:30
当時は国民なんかないし。

207 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 22:00:37
用語の使い方を間違ってました。だけどそう言われてみると統治次第では恒久的な支配も可能なのか。

208 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 22:28:12
鎖国直前あたりの日本人の東南アジア進出関連のスレない?

209 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 23:32:29
俺もそれ見たい。山田長政の活躍など聞きたい。

210 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 23:32:48
あの辺は面白いんだが、なんせ漢文の文献じゃなくなっちゃうところが
出てくるので、素人には_ですな。

211 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 00:14:07
掲示板の主旨と逸れてしまうが、朝鮮や明国を取るより当時少しずつできつつあった日本人町に兵力を回せば良かったんじゃないかな?大名を赴任させて貿易利権を領地代わりに与えるとかさ。

212 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 17:51:45
そういう柔軟な発想をした大名は、いなかったんじゃないの。
亀井茲矩とかは、琉球守とか台州守とか勝手に名乗ってるくらいなので
若干そういう感覚はあったかもしれないが、何せ小藩すぎた。

そういう局地的な統治を実戦したのは、イギリスだね。

213 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 21:58:26
日本人の東南アジア進出スレ立てて

214 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 22:31:51
>>212
秀吉の側近で南蛮貿易で儲けてる奴らが進言したりしなかったのかな?

215 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 19:42:29
前田利家も八千人率いて名護屋城に来ていたらしいから、参戦すれば良かったのに。

216 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 21:08:04
利家は城攻め要員に選ばれたけど中止。

217 :日本@名無史さん:2006/12/12(火) 18:47:06
仮想敵だった徳川家を消耗させるために朝鮮に派遣するべきだったか?でも派遣したら間違いなく徳川軍が基幹部隊になって家康が十万を超す軍団の司令官になってしまうしなあ。

218 :日本@名無史さん:2006/12/13(水) 22:11:32
仮想敵だった徳川家を消耗させるために朝鮮に派遣していたら
家康は朝鮮の余りの貧しさ民度の低さに取る意欲を無くす。
漢城、平壌を落し朝鮮国王を降伏させ南鮮に撤収。
朝鮮国王に満州征伐を命じ、唐入りの名目を立てる。
秀吉の死後は日本に戻り史実通りに。

219 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 01:36:47
そんなにウマくいくかな?半島南部に居座ろうにも明軍だって黙ってないだろうし、秀吉が死んだとしても石田が情報封鎖をしたり、もし家康が現地で講和なんてしようものなら徳川軍が外地にいる間に他の四大老で処罰を決定したり結構ダメージを与えられそうに見えるけど。

220 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 01:48:01
朝鮮征伐

221 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 13:50:38
秀吉は慶尚道は取ったも同然と思っていたようだけど。

222 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 20:08:46
とりあえず言えることは
仮に家康率いる増援を送っても一番補給に便利な海路を李艦隊のおかげで使えず(対馬釜山間は別だが)
陸路だけでただでさえ義兵だの山賊だので補給路が機能不全で兵糧不足なのに
増援を食わせられる分の兵糧があるのかという

223 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 13:30:11
222の李の攻撃で海路が使えなかったソース希望。
俺の知っている歴史では李の攻撃で海路連絡が遮断されたり船腹不足になったことはないのだかね?

224 :日本@名無史さん:2006/12/19(火) 22:18:08
秀次を大将にした派兵プランには徳川軍の渡海も含まれている。
先鋒と本軍に分割された序列まで作られている。

225 :日本@名無史さん:2006/12/19(火) 22:21:57
なんでも鑑定団

朝鮮出兵屏風 ズゲェ欲しい。

各武将の軍舟屏風10000000円!

226 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 14:45:05
秀吉頑張れば中国に王朝立てれたって
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1164125822/


227 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 19:52:01
明治までの日本民族は、家畜なしで水稲稲作一本槍だった(麦作が日本の
風土に合っていないので、麦作を知っている人間が少ない)。
だから北海道に興味をもっていない、征服しようともしていない。
同様に考えると本来は米のできる朝鮮南部と華南しか興味がわかないはず。
朝鮮南部を占領して、収穫できるかもしれないが、いつ攻めてこられるか
分からないし、征服して意味がある土地か微妙。
台湾は攻めれば、江戸時代以降は台湾は日本になっていたと思う。


228 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 23:07:04
日本は鎌倉時代から、牛や馬を耕作に使ってたぞ。
山羊やらはどうだか知らんが。
米作がメインではあったが、補助作物として麦やコーリャンなどの
作物も植えていたから、ノウハウがなかったわけではない。
その米も、陸稲がかなり植えられていたようで、水田しか
耕作していなかったわけでもない。

日本が米に拘った理由はよく分からないが、米が他の作物よりも
歴史的・宗教的に上位にあったという背景もあるかもしれん。
また、米はカロリー数が非常に高い作物で、麦などよりも遙かに
多くの人口を養えるという利点がある。
米へのあこがれは、そう言うところに起因しているという見方もあるな。

229 :日本@名無史さん:2006/12/24(日) 01:12:22
>>228
家畜なしは間違い
食料源としての家畜の使用なしということ

それからノウハウがあったといっても、後の満州開拓も実態は

http://amana.hp.infoseek.co.jp/forum/ikeda.htmlから引用
「日本の農民は現地でのノウハウがわからない。当り前ですよね。
例えば、長野県から行った、養蚕農家の農民が、どうしてコウリャンや大豆を作るノウハウを知っているか。
しかも、一年の1/3は完全に地下の60cmまで凍っている、凍土。そういう所でほんの短い日照時間を利用して、一気に作物を作らなければいけない。
その為の例えば、畝(うね)のつくりかた、水のやり方、そういうものは全部現地の小作人として使用している支那人の農民から教えられていると書いているのね
/これ当たり前の事ですよね
中略
良く言われるのが、満蒙開拓団によって、人類の米の生産の北限が大変延びたと言われるんです。米っていうのは熱帯植物ですから、だから北海道が北限だったんです。北海道の人たちは重宝され、
「北海道農法」と言われて、向こうに行って教えるという建て前で、沢山連れていかれたんです。北海道を開拓して100年足らずで、やっと米を収穫できるようになった農民が、満州へ行ったんですが。
それは微々たるもの。実験農場と言うんですが。実際は、朝鮮族の人に教えてもらったんだから、日本人が米の北限を北へ伸ばしたんじゃないんですよね。まったく。」




230 :日本@名無史さん:2006/12/24(日) 01:26:49
>>229
なんだ、その、うそ臭いソースは



231 :日本@名無史さん:2006/12/24(日) 14:52:56
最近の在日は道民を味方に引き入れようとしているのかw
反日のためならなんでもありだねワロタ

>実際は、朝鮮族の人に教えてもらったんだから
品種改良を行ったのが朝鮮人だというソースキボンヌ
何時もの朝鮮人認定は無しネ
有史以来朝鮮人にできるのは劣化コピーのみ

232 :日本@名無史さん:2006/12/24(日) 18:26:10
朝鮮北部で稲作してたなら、朝鮮族の方が満州での稲作に
手慣れていた可能性はあるけどね。
北海道で稲作できるようになったのって、1870年頃らしい。
http://hokkaido.yomiuri.co.jp/takara/030708.htm

稲のアジア史第二巻の「朝鮮半島の稲作展開」によれば、江原道や
京畿道のような比較的冷涼な地域でも、李朝鮮時代には水田での
稲作がされていたようだ。
また、朝鮮は日本より乾燥していたため旱魃になる割合が多く、
旱魃になったときの代替作物の栽培や直播法(苗代を植えていくのでは
なく、播く方法)で行うなどの差異があった。

233 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 01:03:28
稲作の起源を言うなら10世紀にはすでに中国東北部で行われていることが確認できているが?

それと水田と乾田の違いも認識できていないようだね
で、>実際は、朝鮮族の人に教えてもらったんだから
のソースはまだなの?

234 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 20:02:52
           Super Dimension Lord
      | ̄ ̄|  超  時  空  天  下  人---、 | ̄~.|
    ;''''.|     ̄ ̄|''| ̄ ̄ ̄ロロ| ̄ ̄ ̄ ̄|''|___|.|   |''''.;
    .;  |   ___| .,ニニニニニニ、ニニニニl  .| i----┐|   .|  ;
   .;  .|   |    |__   _|.|      | 論__|/   |  .;
   ;  .|     ̄ ̄|   /  |  .ニニニニl  .| | ̄ ̄´    ./  ;
   '''''''ヽ______|''''∠___/'''''''|_____.|''|______/'''''''''''
   | ̄'-! ̄|| ̄|| ̄ ̄ヽ| ̄ニコヽ"Y"// ̄ ̄ヽ( ̄ニコ| ̄'-! ̄|.| ̄|
  |_i-i_||_|.|  ̄ .ノ.|  ー┤ .|_| ヽ_ ̄ _/ i-ー .).|_i-i_|.|_|.
         . ̄ ̄   ̄ ̄       ̄   ̄ ̄
       哀 号 ・ お ぼ え て い ま す ニ カ


235 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 20:27:59
>>233

http://amana.hp.infoseek.co.jp/forum/ikeda.htmlから引用って書いてあるだろ。
文句があるなら、講師;池田浩士さん(京大教授)に言えよ

236 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 21:22:21
説明責任をなさずに打ち切れて終了なら
最初から余計なことを書くなよ>低能

237 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 09:36:56
嫌韓脳はもういいよ

238 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 11:21:21
京大教授か
じゃ、かなり信用できるな

239 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 12:36:35
>京大教授か
>じゃ、かなり信用できるな

何匹釣れるかな?

240 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 13:31:37
自分で書いた文章の文脈すら理解できない>>愚か者!

なんと次に取った戦法は、北鮮・韓国に門戸を開けと積極的に旗を振る京大様をもちだしてきた〜
在日に媚びる権威に頼らないと弁証すらできない無能ぶり

お次はレッテル貼り攻撃!

これは酷い、あまりに酷い!
唐突な上に話をそらしている!
別に2chなんだからいいじゃねーかとも思えるが
とにかく嫌韓が気に入らないらしい>>愚か者!
さあ!次はどう打って出るか!

241 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 21:47:10
嫌韓嫌韓と連呼さえすれば朝鮮民族は優秀ニダと強弁できるってのはアレだな(苦笑
まぁ下手に説明しようとすれば>232のように無知っぷりを晒すだけだが・・・

つまらん奴を相手にしちまったorz

242 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 23:36:27
秀吉はシルクロード沿いに順次平定してバチカン占拠が本当の目的だったんだYO!


「えぇい!キリシタンバテレンは根絶やしじゃ!」


↑絶対コレ

243 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 15:49:12
あほ

244 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 20:45:53
24 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2007/01/03(水) 19:16:50 ID:ErGZzQq9
壬辰倭乱で李舜臣将軍が何万人の倭人を殺したか教えてほしい。

96 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/01/04(木) 05:00:38 ID:???
>>24
七年間の朝鮮役で李舜臣指揮を含めた朝鮮水軍と明水軍の攻撃による日本軍の戦闘死傷者総数は数百人から数千人の規模(最大でも五千人前後)と考えられます。
また李舜臣の攻撃で日本軍の補給や連絡が恒常的に遮断されたことはなく、極短期間の攻撃時間以外で補給連絡線の制海権を維持できたことはありません。
二次的な船腹不足に影響が無いとは言えませんが、海象による事故や寿命の自然減耗に比べるほど戦闘消耗は激しくありません。

97 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/01/04(木) 05:19:37 ID:???
>>24つづき
また日本軍には廻船補給計画は元々存在せず、例え朝鮮水軍が存在していなくとも陸上作戦的な海岸支配と技術的な海路開拓の問題によって漢城方面への海路補給が成立することは非常に困難です。

98 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/01/04(木) 05:32:13 ID:???
>>24さらに続き
李舜臣に対する評価は戦争指導指揮を行なっていたのが明であり、朝鮮独自の勝利ソースの少なさと李舜臣の属した派閥の評価から朝鮮内部で珍重されたこと、それの日本での江戸時代の受け売りと豊臣失政というレッテル貼りが罷り通った。
そして、明治以降のマハンの海上権力論を奉戴して海軍権益を拡充した帝国海軍の宣伝が原因となっています。
これが権威となり、詳細研究や先行研究批判が充実しないまま戦中に頂点を迎え、戦後の史観へ退凋します。
つまり李舜臣への幻想は朝鮮役という戦争全体の研究不足が原因となっています。

245 :日本@名無史さん:2007/01/13(土) 21:45:13
忠武公万歳

246 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 11:04:48
朝鮮が使っていいのは千歳までだろ?

247 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 19:33:17
日明戦争

248 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 20:26:44
豊臣秀吉太閤殿下朝鮮征伐実施

任那日本府再興。
任那地域=加藤領土
済州島=島津領土
鬱陵島=毛利領土

249 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 19:51:23
巨済島は唯一宗義智に加増されたがな。

250 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 09:30:36
うれしくないな。

251 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 15:27:28
何石?

252 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 18:51:28
さあ?

253 :日本@名無史さん:2007/01/31(水) 15:06:01
文禄の役の功績だけで脇坂安治は本土で3.0万石から3.3万石に加増。

宗義智の巨済島加増は千石単位だろうな。

254 :日本@名無史さん:2007/01/31(水) 20:57:13
巨済島は対馬の一部か

255 :日本@名無史さん:2007/02/02(金) 19:29:36
対馬

256 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 12:15:30
そう

257 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 17:23:41
加増なら島津。

258 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 19:00:45
バテレン追放令だけでなく朝鮮のゴキブリ共も駆除してくれた秀吉は英雄ですね
朝鮮のゴキブリ共が滅ばなかったのが残念だけど。

259 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 21:21:33


260 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 21:28:28
バテレン追放令だけでなく朝鮮のゴキブリ共も駆除してくれた秀吉は英雄だよな。
朝鮮のゴキブリ共が滅ばなかったのが残念だけど。


261 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 21:38:31
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

262 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 22:42:42
秀吉による朝鮮侵略の最中、朝鮮の将軍・李舜臣は
講和の使者として、全面降伏に近い屈辱的条件を連ねた
文書を携えて侵略軍の大将・加藤清正の本陣を訪れた。

さて、見ると清正の脇の籠に、なにか一種の牡蠣のようなものが
盛られていた。 清正は李舜臣が籠に気を取られているを見て取ると、
「何だと思うかね?」 と尋ねた。李舜臣が黙していると、清正は
悪魔的な笑みを浮かべながらこう言った。
「朝鮮人の眼球だよ。」

この蛮行に憤激した李舜臣は、講和の書を握りつぶすと、敵陣を後にし
日本軍を必ず朝鮮から駆逐することを心に誓ったという。

263 :日本@名無史さん:2007/02/09(金) 22:45:22
下妻最強
http://l11.chip.jp/joker4649/
http://a14.chip.jp/shimotuma/album/c_index.php?tnum=17

痛すぎる

264 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 17:20:03

【キムチ】 衝撃の事実!キムチの原料の唐辛子は、実は秀吉の化学兵器だったニダ!
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=33905&servcode=100&sectcode=100
 
 韓国にトウガラシが伝来したのも、壬辰倭乱(文禄の役)のとき、
 日本軍が「化学戦」のために持ち込んだという説がある。
 これらも広義の化学兵器だ。(■中央日報・噴水台 2002.10.30)

         .r――;
        /;;;;;;;;;;;;;;|
      .,/;;;;;;;;;;;;;;;;|,,___
      |;;r ;;;;;;;;;;;;;;;\;;;; ;;\   ━━┓┃┃
  .⊂ニ\ニ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;::::."l    ┃   ━━━━━━━━
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.|     ┃               ┃┃┃
      |,,ィノ" ̄;; ,, ̄,, ̄」                        ┛
     (6;;;ノ  ー==j 〈,,二,゙!
      |;;;:: ,. ヾ "^ } ゚ } ゚ 。
      |;;:  ,. ‘-,",'   ≦ 三
__,,,,,,∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三―,, ゚。 ゚
     "-゚ 。 ≧         三=\
     ./  \,-ァ,          ≧=- \
 ・ ゚ /   \イレ,、         >三 。゚\ ・ ゚
    /    >≦`Vヾ        ヾ ≧   .\
 \ ./   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・   .\

     豊臣秀吉(1536〜1598)

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)