5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最上義光について語ろう!

1 :白寿丸:2006/01/08(日) 13:49:10
最上義光について!

2 :日本@名無史さん:2006/01/08(日) 14:04:44
駒姫の父


3 :日本@名無史さん:2006/01/08(日) 14:06:31
晩年はちょっとな人

4 :日本@名無史さん :2006/01/08(日) 14:39:37
何かとダーティーなイメージがあるな

嫡男義康を高野山に向かう途中刺客を送って暗殺したり、延沢満延も
病死説とあまりの猛将ぶりにおそれた義光が毒殺したという説もある

5 :日本@名無史さん:2006/01/08(日) 19:44:33
秀次に嫁いだ駒姫を溺愛し、殺されたと知るとアンチ豊臣になった人
家康が天下を取り、家康に近い次男を世継ぎにしようと画策するが
長男が怒り戦支度する、それを知った義光は戦になる前にと長男を暗殺
その後長男は実は話し合いをしようとしてたと知りショックを受け坊主になる



6 :日本@名無史さん:2006/01/09(月) 18:11:54
後継者問題で大失敗

7 :日本@名無史さん :2006/01/14(土) 17:11:51
山形県では、なんと言っても不出世の英雄。

8 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 17:56:36
白鳥なんとかも義光に謀殺されたな

9 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 19:00:42
山形市中心部のかなりのエリアが義光時代は山形城だったという事実

10 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 19:20:42
NHK大河ドラマ『独眼流政宗』では、原田芳雄が演じていた



11 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 19:27:06
さいじょうよしみつ

12 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 19:36:17
なんかマイナーね

13 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 20:56:23
確かに北日本の辺境の大名だしナ・・・・

14 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 22:26:32
東日本の人もあまり西日本の大名は知らない

15 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 00:40:04
>>12 >>13 >>14
山形県の村山(内陸)地方では、神様みたいな人物です。ハイ!

16 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 01:01:02
>>15
地元ではどんなふうに語られてるの?

17 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 16:32:57
戦国の巨星、奥州最強の覇者、奥州制覇を狙う智謀の虎・・等と、
当地では、信長・秀吉・家康の三傑を凌ぎ、あの伊達政宗の心胆すら寒からせた、
山形の風雲児で、霞城公園(山形城址)の騎馬像のかっこよさは、
皇居の近くにある大楠公・青葉山頂にある政宗像も足元に及びません・・・

18 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 16:39:54
山形に最上旧臣の家て少ないよね。
殆どが各地で仕官したし。
最も最後の藩主、水野家旧臣もすくないが。

19 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 16:52:17
最上家は謀略と暗殺の血に塗られた一族で、家臣団の抗争もあって、
やがて、義光の孫の義俊の代で改易、近江に転封では、旧家臣も居着かないよネ・・

20 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 17:34:06
最後の藩主、水野家も明治になって近江に転封

21 :最上義光 略歴:2006/01/15(日) 17:49:37
親父義守を幽閉
弟義時を殺害
嫡男義康を殺害

その後の最上家
次男が三男を殺す
次男変死
次男の子が家督を継ぐが四男と揉める
改易
四男が水戸家の家老になる。

22 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 18:05:35
>>20
普通に考えれば、山形か滋賀への転封なら栄転だろうけど・・・

23 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 18:27:35
山形藩は左遷の地です。
失脚した老中が左遷されるところ

24 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 18:30:37
>>10
あれの放送から十五年くらい?立つけど、
いまだにあれ以外のイメージがない・・・。

25 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 18:49:09
最上家の場合は1万石に削減された懲罰的転封だし、2代目で5千石になって
交代寄合になっている。

水野家は戊辰戦争の戦後処理の一環で、近江朝日山に転封された。

26 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 18:53:44
>>15
ちゅうか山形県人が誇れる郷土の英雄って他にはいない・・・・

27 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 19:27:07
柏戸

28 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 19:44:00
ケーシー高峰

29 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 19:50:53
おしん

30 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 19:59:35
ウド鈴木

31 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 20:00:08
加藤紘一

32 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 20:03:36
ダニエル・カール

33 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 21:45:19
ビートきよし

34 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 21:53:41
義光って陰険で残忍なイメージが強いけど、当時はどこの大名でも同じことやってるのにね
降将や領民には寛大なところがあるんだけどね

35 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 22:03:45
独眼竜政宗でのイメージが強すぎる

36 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 22:07:20
山形の町割りで、ちゃんと商人町を設けて市がたつようにして免税もした。
最上川を重要な交通路として舟運を整備して、米穀・紅花など上方と交易した。
単なる戦国武将ではなく、為政者としてもかなり立派。


37 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 22:28:43
>>36
米沢藩の最上川開発なんかひどい悲劇だったからな。

38 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 22:33:17
だから山形県村山地方の人間にとっては、最上義光は、郷土の誇り・ヒーロー・恩人・
慈父・精神的支柱だヨ!

39 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 22:50:46
後継者の選定も細川も酷いことしているのにな

40 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 23:19:08
 長谷堂合戦時の上杉軍追撃の際に、兜に被弾したということは、
最前線で指揮を取っていたのでしょう。猛将ですね。

41 :日本@名無史さん:2006/01/15(日) 23:27:49
尾張・美濃・近江・伊勢・播磨・備前・紀伊あたりをテリトリーにしてたら、
絶対天下を狙えた

42 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 00:07:04
>>41
 いや、私はたとえ近畿に義光が生まれていたとしても、天下人には
なっていなかったと思いますよ。会社員が全員社長や出世を目指して
いるわけではなく、「課長止まりでいいから楽していこう」と考える
人もいるように、義光もそこまでの野望は無かったと思います。逆に
言えば、本気で天下布武を目指していたのは信長だけだったはずです。

43 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 06:59:03
義光が目指していたのは名実ともに羽州探題。


44 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 07:29:11
長谷堂城で直江を膠着状態にさせた上、上山で上杉軍を大敗させた
のは、最上の武力が上杉に優っていたことを示している。

上杉は撤退戦だけ、死にものぐるいの抵抗を見せているが、見せ場は
そこだけだ。

45 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 07:54:54
最上軍は上杉より弱かったよ。
十五里原の合戦でも上杉軍に大敗して庄内を奪われたし。

46 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 09:26:33
策士

47 :直衛:2006/01/16(月) 12:48:32
関ヶ原が延びていりゃ最上滅亡は必至だろ。最上軍が上杉軍に優っていたのはありえん罠。

追撃戦でも劣勢なら兵を鼓舞する意味で前に出るのはわかるが優勢なのに兜に玉当たるくらい前に出るとは大将としてどうかしてます。

48 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 18:02:29
つうか上杉は四方を敵に囲まれてたしな
上杉と最上だけで戦ったら話になるまい

49 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 19:12:54
伊達は上杉vs最上は傍観して漁夫の利を得ようとしていた

50 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 19:20:00
>>40
あの弾痕付き兜の話が史実かどうかは微妙なんじゃないのかな・・

51 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 19:22:39
(援軍に来た伊達勢、山形城まであと少し)

片倉小十郎「最上と上杉が戦って疲弊するのを待ち、出陣しましょう」

伊達政宗「(こいつあの城の中に俺の母ちゃん居るの忘れてないか?)」


52 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 20:14:07
上山では上杉軍4000は、伏兵による奇襲攻撃で400人が戦死
する醜態を演じた。新陰流開祖上泉伊勢守秀綱の嫡子・上泉泰綱も
戦死するおまけつきだった。

1年かかっても、上杉には最上攻略は無理だろう。

53 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 22:54:25
山形攻めに投入されたのは
与板衆と牢人衆中心の上杉の二軍。
これが超一流の民政家であっても軍事は意外と疎い
直江兼続に率いられて、みごとに失敗している。
死に者狂いでしかも長期戦覚悟の相手に
短期間で派手な戦功を求める牢人をぶつける最悪の手。
関ヶ原がこう着状態であっても、
旧暦の9月末まで攻め落とせずにいるわけだから
すぐに雪が降ってジ・エンド。

54 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 22:48:32
あと4〜5年したらNHK大河ドラマで、『最上義光』を是非やって欲しい。
主役の義光は、佐藤浩市とか市川染五郎ってどう?
あの不朽の名作『おしん』に迫って欲しいナ・・・・・・

55 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 22:53:05
その前に直江兼続だ。
米沢では盛り上がっているよ

56 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 22:56:03
>>45
あの上杉軍って本庄繁長の単独軍だもんな。

そら本庄は猛将だけどたかが1部将にすぎんからなあ。

ちなみに長谷堂の追撃戦でも政宗が最上が弱いから
上杉を逃したとか書いているよ。最も伊達軍も大した
戦果をあげられなかったから他人のせいにしている
節もあるけどな。

57 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 22:59:42
>>52
関ヶ原が逆の結果だったら上杉本軍が動くから
最上は終わりだったよ。あの時点で山形城は
ほぼ孤立無縁の状態だったんだから。

徳川が敗れたら伊達が上杉とことを構えてまで
最上救援なんて絶対しないからな。

58 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 23:11:32
>>55
去年の暮れ滋賀県湖北地方を旅行した時に長浜で、あの『直江状』の本物を見たゾ!
明治の近江の豪商の子孫が設立した、社団法人が所有していた。






59 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 23:17:08
>>58
直江状って本当にあったんだ?

あんなもん書いて関ヶ原後も生き残ったのは
凄いな。

60 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 05:24:04
山形より南の上山辺りからは親上杉で、北は親最上な感じなの?

61 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 07:16:05
歴史に詳しくない県民は義光は陰険で謀略好きな暴君だと思っている。地元の豪族が義光に謀殺されたところは結構あるし。
米沢は伊達、上杉マンセ〜

62 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 07:31:05
>>61
陰険で謀略好きって、それで結果だしているなら、戦国武将の鑑
なんだけどね。大河の独眼竜の被害者だなw

63 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 18:21:03
>>62
独眼龍の原田義光は格好良かったと思うんだけどな・・・
山形じゃあの時街起こしとかしないでスルーしちゃったの?
それなりに盛り上がったと思うんだがなぁ(´・ω・`)

64 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 18:40:58
米沢では政宗で盛り上がっていた

65 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 18:43:00
伊達正宗が建てた城って何ですか?知ってる方居たら教えてくださいm(_ _)m

66 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 20:18:54
>>63
上杉贔屓のおれだがw、原田芳雄の義光は格好いいと思って大好きだった
けどな。でも、世間では悪役的存在を単純に嫌う人の方が多いと思うから
損をしたとも思う。おれは有能な戦国武将、そして悲劇的側面も多い武将
と思っているけど。


>>65
青葉城が有名では?

67 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 21:12:28
66さんありがとう!!助かりました。

68 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 21:53:48
>>59
直江状を読み終えた家康は、怒りで、手がわなわなと震えました。そして、そのまま手紙を破り捨てたと思われるでしょうけど、
今や天下様と呼ばれるようになった家康。このような無礼な手紙はなかなか見ることができない。
家康はこの時、怒りながらもこの手紙を書いた直江兼続を「なかなかの男だ・・・・」と感心したのです。
と言うことで、直江状が残ったと言う訳です。
 なお直江状の本分は、『下郷共済会』のHPで読めるよ!



69 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 10:47:47
謀将とか猛将とか名将とか


それどこの中学の用語だ?

70 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 10:50:11
>>68
アホか


「戦後および今後永久に、上杉との交渉に、なにかと有利になるから取っといた」
が正解。

「・・・ところでお前ら、昔、こんなもん送って来たよな?覚えてる?読むか?読んで聞かせてやろうか?」


71 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 13:31:46
>>70
いいじゃん。そんでも潰されなかったんだから。

犬のように家康に尻尾振ったのにどんどん潰された福島や
加藤なんて惨めなもんだ。



72 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 13:47:25
次の代で潰されてるしwwwww
義光の代は自滅大会だし

「あの家中にだけは所属したくない」トップじゃね?


73 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 21:42:06
取り潰されるからってのは結果論だろ。
今だって、倒産するとわかってる会社には就職したくない罠

むしろ、俸禄としてはかなり高めな家だったな。
楯岡満茂が4万8千石とか。
取り潰しがなけりゃ就職したいわい。

74 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 21:45:32
>>73
結構義光はいろんな国人を始末してたと思ったんだが、
そんでも高禄取りがいるんだよね。

関ヶ原の後急に石高が倍になったことも大きいかもしれんが。

75 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 22:03:30
義光は敵の有能な武将は予め諜略して寝返らせている。そういう武将はかなり重用して結構な石高を与えたり、重要な役職を与えている。
そういう点はかなり信長に近い。

近世初期はまだ戦国の遺風が強く、家臣は大名家に使えているのではなく、大名個人に使えている。織田氏、豊臣氏が良い例。
他にも近世初期には代替わりの時、新主君と家臣間で合戦に及ぶ場合もあったし、幼君を巡って家臣同士が合戦するなんて結構あったよ。

76 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 22:18:25
>>74
国人の始末は、成長した大名であればどこでもある話だね。
義光が陰険・残忍というイメージがあるから、そこに注目しちゃうだけで。

イメージとは裏腹に、義光は降った敵には実は寛大だね。
鮭延、下、寒河江とかね。
特に寒河江に関しては、会津まで逃げたのをわざわざ呼び戻して、家を再興させてるね。

77 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 22:25:57
利用できる奴を利用した、というだけで。

最上が斯波氏でなかったら、とっくに取り潰しだったろうね

78 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 07:14:12
最上の不幸は義康が若死にしたことだろう
あと10年ぐらい生きていたら最上家臣団を戦国体制から近世体制に移行できただろうに
伊達騒動も結果は違ったけど同じなんだよね

79 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 07:43:55
>>78
義康は、義光が家康の機嫌を取るために死に追いやったわけだから、
「不幸」というのはあたらないのではないかと。

そもそも嫡子である義康じゃなくて家康の側に仕えていた家親を
後継者にしたことが最上騒動の重要な原因だし。

80 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 08:31:24
そういう・その程度の男なんだよ、義光は

笑えるけど

81 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 09:45:25
義康が暗愚であればあきらめもつくけど、むしろ逆だったからなぁ。。。
家親を当主にするについては、徳川家の意向でもあったようだし。
家親も才能のある人物で家康に気に入られ、元服は家康が自ら烏帽子親を務め、『家』の字をもらってるくらいだし。

むしろ、義康、家親ともに、当主になれる器であったことが、かえって悲劇を招いたのか。
どちらかが暗愚であれば、揉めることもなかったろうに・・・

82 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 10:50:53
従四位下行右近衛権少将兼出羽守

83 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 14:25:59
そもそも義光が暗愚な上にダークなんだからしょうがない。

84 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 19:25:10
葵徳川三代では斎藤暁が一豊役だったんだね。
個人的には斉藤一豊の方がイメージに合うなぁ・・・

85 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 19:25:48
>>84
誤爆しました(´・ω・`)

86 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 21:21:56
豊臣政権にゃ娘を殺され
徳川政権にゃ息子を殺させる

87 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 21:48:08
徳川の方に関しちゃ、殺害まであったのか?
謀反と勘違いしたからとか、家臣の独断専行とか、諸説あるんだろ?
今はどっちが優勢?

88 :世良酒蔵(仮) ◆j.J.FeP6ec :2006/01/20(金) 22:15:02
『義康は、家臣十三人を従えて山形を打立った。高野山を目指して南へ
二百三十里の旅に上る。しかしそれだけの旅程を踏む必要はなかった。
五里も来たころ、木陰から鉄砲が鳴った。一つは外れたが、二つ目が義康の
臍の下を打ち抜いた。

義康は馬から逆さに落ちた。起き上がろうとしたが体がきかない。
腹のあたりは血の溜りの中に浸ったようになった。彼は小刀を抜いて、
破れた腹をさらに裂いた。』

89 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 00:38:29
最上57万石は改易されたけど

足利一門の流れをくむ名門だったおかげで、
高家旗本になったんじゃなかったっけ。


90 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 01:07:15
>>89
改易された家は、余程じゃない限り旗本くらいには
してもらえるよ。家名断絶は最悪の場合。ま高家に
までしてもらえたのは一応室町の名門だからだろうね。

91 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 15:38:16
赤穂浅野氏も旗本として復活しているね
福島政則の子孫は旗本になれたけど加藤清正の子孫は流されたままだったな

92 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 20:02:54
中野義時っていなかったんだろ?
中野義時に関する記述は家系図だけで当時の文書、記録には一切出てこないようだし。

93 :日本@名無史さん:2006/01/24(火) 07:45:14
age



94 :日本@名無史さん:2006/01/24(火) 08:28:31
4男の山野辺は水戸家家老になったけど
なんで姓変えたんだろうな

95 :日本@名無史さん:2006/01/24(火) 14:12:05
・・・山野辺家に養子に行ったから・・・

そもそも
×最上
○斯波


96 :世良酒蔵(仮) ◆j.J.FeP6ec :2006/01/24(火) 22:40:27
続き・・・

『供の十三人が襲撃兵に向かった。百人あまりが十三人に追われて逃げ走った。
戸井半左衛門というのが義康を討った追手の頭であったが、小高いところに逃げ上って、
敵はわずか十何人じゃ、ただ弓鉄砲で討殺せと下知して、ようやくこれを討取った。』

97 :日本@名無史さん:2006/01/24(火) 22:46:09
山野辺は水戸黄門のドラマで少し有名になれてよかったな

98 :世良酒蔵(仮) ◆j.J.FeP6ec :2006/01/25(水) 01:04:46
さらに続き・・・

『首は山形城に持ち帰られて義光の前に出された。戸井半左衛門がそれを捧げた。
義光は、義康の首を一眼見て、顔を歪めた。泪が溢れ出て、鼻、口に雫が止めども
なく入ったが、拭おうともせず、眼を真赤に腫らして見入っていた。』

99 :日本@名無史さん:2006/01/25(水) 06:57:04
何からの引用?

100 :世良酒蔵(仮) ◆j.J.FeP6ec :2006/01/25(水) 21:26:08
またまた続き・・

『義康が死ぬと里見権兵衛と原八座衛門が捕われた。義光の憎悪はこの二人にかかっていた。
わが子を殺したのは、実は家康であるが、それは届かぬ所にいる。せめて、中傷者でもあり、
利用者であった二人に復讐した。』

101 :世良酒蔵(仮) ◆j.J.FeP6ec :2006/01/25(水) 21:57:30
そして終焉へ・・・

『里見と原の右の手と左の足を切り落とし、耳と鼻を殺いで、追放した。
一思いに殺すよりも残忍であった。二人は化け物のような顔をし、片足を引きずって
乞食して流浪した。 子供たちが、それを見て石や棒を投げて嬲っていたが、
ほどなく野犬に喰い殺されて、二人の死骸が道路に散乱していた。

戸井半左衛門の方は二人の末路を見て狂気し、妻子父母を刺し殺して
何やら大声で罵って自害した。』

奥羽AK軍記より引用(うそ)

102 :日本@名無史さん:2006/01/25(水) 21:58:17
だからソース晒せよ

103 :世良酒蔵(仮) ◆j.J.FeP6ec :2006/01/25(水) 22:13:33
ソースはねえ・・『奥羽の二人』(松本清張著)に収監されてる
「武将不信」から引用ですよ。

さて、どこまでが史実で、どの部分が創作なのか・・・はたまたまったくの脚色なのか・・

104 :日本@名無史さん:2006/01/25(水) 22:19:52
ほ〜松本清張てそんなことも書いていたんだ

105 :日本@名無史さん:2006/01/25(水) 23:05:51
よしみつだと思ってた。

106 :世良酒蔵(仮) ◆j.J.FeP6ec :2006/01/27(金) 00:34:42
>>104
うん、最上家がらみの書き物ってあんまりないんだよね。
たとえ歴史小説であってもこれは(松本清張の)貴重です。

マトモなものだったら奥羽永慶軍記の復刻本なんかがお薦めですね。
手に入りやすく、値段も手頃・・・かどうかは知らない(一万か一万五千円ぐらいだったような)。

107 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 02:20:35
>>104
松本清張は、日本史モノの大家でもあるよ。
対談やエッセイなども多く、
ポジション的には本来、司馬の対抗馬になる人だった。
ミステリが有名すぎたのと性格が狷介過ぎて孤立したので
歴史モノの作家としてはまずかったけど。

108 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 21:47:17
さくらんぼテレビでドラマ作れ

109 :増厨:2006/02/04(土) 22:13:33

      \ │ / 
        / ̄\  ウワァ〜                標準語話すガキは
      ─(゚ ∀ ゚ )─ 殺人マットダァ!! ______     巻き殺すゾ〜
        \_/                \       \
       / │ \                 \       \ 〜〜〜〜
         ∩ ∧ ∧∩ マットダマットダ(´⌒;; |…………  |
  ∩ ∧ ∧∩\(゚∀゚ ) /   マットダー(´⌒;;   |        |   〜〜〜〜〜
  \(゚∀゚ )/  ヽ   〈 ≡=- (´⌒(´⌒;;(´⌒;; |…………  |
   ヽ    〈 ≡ |  |≡ (´⌒;;(´⌒≡(´⌒ ;;(´⌒;;;;       \ ___〜〜〜〜
   / /\_」   / /\」≡(´⌒;´⌒;;=(´⌒;; ;;(´⌒;(´ ……………\   /
    ̄ =(´⌒;;;;/≡(´⌒;; =(´⌒;;(´⌒;(´⌒;;; ;;(´⌒;(´⌒;  ̄ ̄


人殺してもマットのせいにできるからな


110 :増厨:2006/02/04(土) 22:14:43
◇少年非行集団:昨年の逮捕・補導、大幅増 「雰囲気でその気に」−−県警 /山形

昨年、逮捕・補導された少年非行集団が前年の1グループ7人から、6グループ44人と大幅に
増加していたことが、県警少年課のまとめで分かった。同課は「単独なら抑制の効く犯罪行為も、
集団を組むとその場の雰囲気で犯行に及ぶ傾向があり、歯止めが利かなくなる」と指摘し、
学校関係者らと協力して実態把握と指導強化を進めていく。

◇中高生が半数超す

同課によると、昨年6月から今年1月にかけ、7グループ50人を逮捕・補導。
うち24人が逮捕された。全体の56%に当たる28人が中高生だった。

事件内容は暴行と窃盗が大半を占めた。暴行事件では、同年代の少年を狙ったものが多いが、
窃盗事件では多額の被害が出たケースも。尾花沢署が11人を逮捕・補導した事件では、
地元の小学校などからパソコンや現金などが盗まれ、被害は総額約70万円相当に上った。

同課は、こうした非行集団の特徴として「グループ内で、固い人間関係が結ばれていないこと」を挙げる。
ゲームセンターやコンビニなどでたむろしている間に顔見知りになり、さほど深い付き合いがないにもかかわらず、
共謀を企てるという。

尾花沢署の連続窃盗事件でも、元は落書きなどを専門に行う「粗暴犯グループ」と「窃盗犯グループ」に
分かれていたが、逮捕の数カ月前から、合同で窃盗するようになった。また、今年1月、最上郡内の
男子中学生に暴行したとして、6人が逮捕・補導された事件では、2人の無職の少年と4人の
男子中学生は、犯行直前まで顔すら知らなかったという。

ソース(YahooJapan 毎日新聞)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060204-00000035-mailo-l06
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139040024/

111 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 17:58:00
けっこういいドラマできそうだよねぇ

112 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 22:49:21
栃尾刈谷田川の戦い ○謙信軍 対 ●反乱軍
謙信の初陣。病弱な兄、晴景に変わって出陣した。
実戦経験の無い謙信だったが、油断していた敵を畳掛け、初陣とは思えない華々しい勝利を飾った。
これによって家中の期待が高まり、上杉家は謙信が継ぐ事になった。

北条征伐 ○上杉軍 8万人 対 ●北条軍 9万
関東管領として、北条を征伐した戦。 関東豪族のほとんどが上杉謙信の側についた。
北条軍は撃破されまくり、殺されまくりで小田原城に追い詰められる。
北条軍は小田原城落城寸前まで追いやられるものの信玄が助けに入ったため助かる。
関東管領として始めての戦であった。

川中島の戦い ○上杉軍1万3千 対 ●武田軍2万
無敵の武田騎馬軍団も毘沙門天の化身上杉謙信には勝てるわけがなかった。
啄木鳥戦法も軍事の天才謙信には見破られ、武田軍は山本勘助や弟ら重臣を失う。
車がかりの陣で武田軍は追い詰められ、死者四千六百三十人、負傷者七千五百人を出す大被害を追った。
謙信は単騎特攻して信玄と一騎打ちするなど大活躍を見せた。

唐沢山城救援戦 ○上杉軍13 対 ●北条軍3万 
上杉側の関東の豪族、佐野昌綱を救援するため、北条の大軍の中を数騎で特攻。
謙信の威勢に恐れをなした北条軍は怯えて近づく事が出来なかった。

手取川の戦い  ○上杉軍2万 対 ●織田軍4万8千
最大勢力の織田も軍神上杉謙信の前では赤子同然だった。
能登畠山を軽々と滅ぼし、謙信に怯え逃げる織田軍を追撃。
織田軍は二千人近くの死傷者を出して、大敗する。
信長自身、近習ら数十騎とともに命からがら美濃へ逃げ帰ったという。
もし謙信が寿命で死んでいなかったら信長は滅んでいただろう。

松川の戦い ○上杉軍2千 対 ●伊達軍4万
この20倍にも及ぶ戦力差を本庄繁長の巧みな戦術で克服し、奇跡的な大勝利を得ている。
伊達軍は大量の死傷者を出して大敗、撤退する。
この戦いを捏造と言う伊達厨がいるが、もちろん負け惜しみから来る妄想なので注意が必要である。

113 :日本@名無史さん:2006/02/20(月) 00:00:22
ほす

114 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 22:50:44
最上義光で大河作ったら、明るい話題はないな。
前半、親を幽閉し、白鳥長久や弟を謀殺し、
後半は、上杉軍に痛めつけられ、長男を謀殺する。
ハイライトは所領没収。

山形市の整備と最上川の改修くらいか?いいところは?

山内一豊よりもいい場面ねえんじゃね?


115 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 23:20:32
名護屋で近畿地方の大名に馬鹿にされ落ち込む義光。
「ああ、最上川の水を一杯飲んで死にたい。山形に帰りたいよう」
娘も殺されたルサンチマンの権化と化した義光は豊臣家に復讐
を誓う。

要するに長谷堂合戦は田舎者のコンプレックス解消、カタルシス
を得る為だった?

116 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 23:22:49
長谷堂合戦の時落城した畑谷城の土塁は凄い。

117 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 23:23:47
数時間で落城したそうだが・・・

118 :日本@名無史さん:2006/02/23(木) 17:48:04
>>114
武田信玄も父親追放してる。
織田信長も弟殺してるし、神戸とか謀殺してるし、皆殺しという謀殺以上のことしてる。
息子殺しは徳川家康もしてる。

どれも、戦国では珍しい事ではないな。

119 :日本@名無史さん:2006/02/23(木) 20:10:48
>115
長谷堂は上杉が攻めてきて、負けた戦いじゃね〜か。。。

120 :日本@名無史さん:2006/02/26(日) 12:35:28
>>118
ハナシがずれてるよ。

121 :日本@名無史さん:2006/02/26(日) 12:48:57
東北の大名は最上、上杉、伊達、南部、あとは思い出せないけど
誰かいたっけ?

122 :日本@名無史さん:2006/02/26(日) 13:51:19
北畠、斯波、大崎、大宝寺、石川、田村、蒲生、岩城、白川、秋田、六郷、戸沢、
二階堂、織田、酒井、鳥居、丹羽、板倉、水野、保科、松平、田村、米津、立花、
松前、井伊、榊原、本多、阿部、堀田、奥平、秋元、内藤、太田、小笠原、井上、

123 :日本@名無史さん:2006/02/26(日) 13:53:03
そんなにいたの!!?
すごいな!!

124 :日本@名無史さん:2006/02/27(月) 00:30:59 ?
なんだか時代配列がめちゃくちゃだな。
南北朝の豪族から江戸時代の藩制までごっちゃになっとるがな。

125 :日本@名無史さん:2006/02/27(月) 00:35:50
上段が戦国期なのか
中段下段は江戸かな?

126 :日本@名無史さん:2006/02/27(月) 00:37:03
想像をするのがよろしい。

127 :日本@名無史さん:2006/02/27(月) 07:35:56
戦国期豊臣以前だと
最上、上杉、伊達、南部、津軽、蘆名、相馬、北畠、斯波、大崎、葛西、大宝寺、
和賀、稗貫、留守、塩松、安東、石川、田村、岩城、白川、秋田、六郷、戸沢、
白鳥、天童、大内、二階堂、 松前、


128 :日本@名無史さん:2006/02/27(月) 09:21:47
由利十二頭(仁賀保など由利郡の12家)。
浅利(比内地方)。

129 :日本@名無史さん:2006/02/27(月) 16:20:09
由利十二党は大名かな?
小豪族の連合体だし

130 :日本@名無史さん:2006/03/01(水) 14:47:52
45万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

駄作か傑作かは、買って自分で確かめよう

131 :日本@名無史さん:2006/03/08(水) 21:44:34
由利十二頭と浅利を大名と呼ぶには抵抗のある
俺、日の本将軍安東家ファン

132 :日本@名無史さん:2006/03/09(木) 21:41:30
安東がなぜ人気かについて語ってくれ…。
愛季がいいのか?
最上より大名として長く残ったのも理由なのか…気になるよママン。

133 :日本@名無史さん:2006/03/09(木) 22:51:07


134 :日本@名無史さん:2006/03/29(水) 05:03:10
>127
最上氏と戦った小野寺氏。
関ヶ原で上杉氏側について改易。

135 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 13:21:21
>>119
関ヶ原がなかったら長谷堂はおろか、山形城も落ちて
たろうな。伊達の援軍なる日和見部隊もたった3000だし、
そもそも政宗は最上援軍のためじゃなくて、山形が落ちた
場合に上杉軍が伊達領に入ってこないように牽制する目的
で派遣してたしね。

家康との野戦に応じてしまった三成に感謝すべきだろうなw

136 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 23:52:10
長谷堂城の城門が山形大学辺りに保存されているらしいがホントか?

137 :日本@名無史さん:2006/03/31(金) 19:21:56
俺んちの門

138 :日本@名無史さん:2006/03/32(土) 16:04:24
2000年の最上義光記念館での企画展示で展示されていた物だよ。
弾痕有り、と解説されていたが。
>>137家の門では無いと思う。

139 :日本@名無史さん:2006/04/04(火) 10:28:42
【最上】出羽の戦国大名【秋田】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1124265865/


140 :日本@名無史さん:2006/04/08(土) 23:24:31
最上愛好会

141 :日本@名無史さん:2006/04/12(水) 01:21:34
村山郡は、平安期に最上郡の北半を割いて立てられた。しかし、今は南北が逆。
いつ、逆転したのか…
太閣検地から???

142 :日本@名無史さん:2006/04/14(金) 03:00:47
>141
886年の分割から700年ほど続き、
書類提出の際に間違えたのが
最上村山入れ替わりの原因らしい。
時期と理由から考えると太閤検地が有力かもね。

143 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 01:05:22
最上あげ

144 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 11:23:41
やっぱ味があるね最上家は。

145 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:17:15
狐age

146 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 23:04:20
長谷堂に母方の実家があって叔父が長谷堂合戦の事調べてるそうだ。古文書とか見せてもらった

147 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 02:45:16
畑谷城で玉砕した江口五兵衛あげ

148 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 12:51:27
エロ五兵衛て何した人?

149 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 13:28:20
>>118
神戸ぢゃのーて北畠だろw
神戸は日野に幽閉

150 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 18:25:28
最上まんじゅー

151 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 00:33:53
斯波をなのればよかったのに

152 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 00:55:59
光を
”あき”と読ませる事例他にある?

153 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 00:27:24
江口家の400回忌は盛り上がりましたね<2000年

154 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 22:41:34
>>153
知り合いの「江口さん」は感動してましたよ
もう亡くなってしまいましたが。。。

155 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 23:02:38
畑谷城行って来たよ。土塁が凄いなあ。思わずハアハアしたよ。

156 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 23:02:33
どこにでもありふれているよ

157 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 15:09:25
でもないよ

158 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 15:40:18
携帯で
こう
とうつと
工 口 幸・・・の順ででてくる

159 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 03:56:40
へへへー

160 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 19:52:26
戦国時代
http://hobby8.2ch.net/sengoku/

161 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 00:14:53
斯波家は室町将軍家・鎌倉公方家・吉良家・今川家に次ぐ序列だけど
最上家や大崎家の序列はどうだったのだろう?

162 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 19:21:58
>>151
畠山や細川の分家は苗字をそのままにしてたんだから
大崎や最上も「斯波」のままでよかったな。


163 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 19:35:48
あげ

164 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 20:35:57
山形と宮城は伊達・最上時代から仲悪いよ。

165 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 12:30:59
山形と宮城は大崎・最上時代から仲良いよ。

166 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 12:42:31
最上義光って、信長の野望では評価が高いよな。


167 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 19:37:11
あげ

168 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 21:21:06
>>166
でも義守が低すぎて、上杉謙信に瞬殺されるんだよな

169 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 21:28:20
天翔記では「暗殺」持ちだったのでザコ武将の処理によく使ったな。
東北地方では津軽為信と共に貴重な人材だった。

170 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 09:12:26
謀殺はしたけど暗殺はしてないよな

171 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 16:00:48
>>161
一色・石塔・桃井など他の庶流家と同格だったんじゃないか?
仮に斯波家が足利宗家の地位を奪取していたら
大崎と最上が吉良や今川みたいに別格扱いされてたかもしれないが。

172 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 19:59:29
なぜ斯波の分家はわざわざ別の苗字を立てたんだ?

173 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 20:06:15
>>172
最上に土着したからでしょ。
姓は血統を、苗字は住む土地を示してるんじゃなかったっけ?

>>166
そりゃ、戦国末期に50万石以上の領地を持ってたんだから、ある程度は高くなるでしょ。

174 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 13:23:10
だな

175 :日本@名無史さん:2007/02/01(木) 11:11:59
だなage

176 :日本@名無史さん:2007/02/01(木) 12:25:39
んだず

177 :日本@名無史さん:2007/02/02(金) 00:01:03
信長の野望では義光の背景色が血の色で不気味な笑みを浮かべててなんだこの変態野郎はと思ったものだ

178 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 01:00:12
>>177
でも襟がカッコいいよね

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)