5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女系・傍系で何とか血統を維持してる大名

1 :日本@名無史:2005/12/04(日) 01:47:44
現代まで続く家ね。

2 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 01:51:18
柳沢保承→佐久子→保徳

3 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 01:59:49
保徳の父親は誰?佐久子は兄弟姉妹いる?

4 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 02:07:18
ヨーロッパじゃあよくある事だけど、アジアでは珍しいよね

5 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 02:49:08
日向国延岡藩主内藤家(子爵)

政道(終戦時の当主)─久邦(政道の娘婿)─省紀(久邦の娘婿)
因みに省紀氏の子供も娘が二人です。


柳沢保徳の実父は島津斉徳です、斉徳は島津忠重(鹿児島藩主家)の4男で
柳沢保承の婿養子になりますが後に島津家へ復籍してます。
柳沢保承の子供は四人の娘のみで男子はいません。



6 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 03:54:50
有名どころでは尾張徳川。
義知=義宣(女婿)―義崇

傍系から続いてる例で思いつくのは、マイナーだが丹南藩の高木家。
分家の旗本が奇跡的なまでに実子相続を続けていて、幕末にそこから養子をもってきた。
その後女系をからめて現在に至る。
http://daimyokeizu.hp.infoseek.co.jp/takagi.html

7 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 04:17:28
おなじみでしょうが、現徳川宗家。
家正ー豊子ー恒孝

8 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 04:24:15
>>7
まあそこは男系でもつながってるから。

9 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 06:26:55
相良とか阿蘇

10 :日本@名無史:2005/12/04(日) 07:16:55
熊本高瀬(新田)藩が何とかガラシャの血脈保ってると思ったら、最後の利文が養子なんだよね・・・。
この人の素性分かりますか?

11 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 07:48:58
上杉家なんかは女系で繋がってる家から養子貰いまくり。

初代景勝は謙信の姉の子、5代綱憲は3代定勝の娘の子、
10代治憲(鷹山)は5代綱憲の娘の娘の子。

12 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 07:59:07
現在の毛利家は隆元、元春、隆景いずれの子孫でもなく(女系では繋がるかもしれんが)、
元就の四男元清の男系子孫。元就の子の中でもマイナーめな元清の子孫とは言え、
元就の男系を死守。

13 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 09:21:45
>>12
嘘つくな
隆元の子孫だろ
隆元―輝元―就隆―元次―広豊―就馴―広鎮―元徳―元昭―元道―元敬

14 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 13:22:57
小早川は確実に女系

15 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 13:31:57
>>11
それでも現当主上杉邦憲氏は上杉景勝の直系の子孫で、一度だけ(「5代綱憲は3代定勝の娘の子」のところ)女系で繋がっている。

16 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 13:37:35
上杉本家は上記の通りだが、不思議なのは米沢新田藩主家(支侯)。
代々上杉本家から養子を貰っているのだが、
http://daimyokeizu.hp.infoseek.co.jp/uesugi.html
にある上杉孝久氏の父粕谷信吾氏とは一体何者?
果たして上杉家と血縁はあるのか??

17 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 13:57:36
女系はともかく傍系ってどのあたりから?
極端に言えば兄弟相続だって傍系だし。
初代の兄弟や従兄弟或いはそれ以上離れた系統に移れば傍系?
初代の子孫でも相当先代と離れていれば傍系?
その場合どの程度?
ってあたりがすごく気になるんですけど。

18 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 14:01:31
どうでもいいよ

19 :日本@名無史:2005/12/04(日) 14:02:56
>>1ですが、藩祖の血が少しでも入ってればOK。

20 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 14:05:06
上杉は景勝の子孫と言うより吉良上野介の子孫。

21 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 14:26:31
以下書き込み禁止
===============終了===============


22 :日本@名無史さん:2005/12/11(日) 23:53:11
統一教会系の世界日報が女系天皇を絶賛 日本語版では反対
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1134312138/l50


23 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 18:20:06
福井松平家も戦前女系傍系でつないでる
当主の長男が戦死したためその長女と田安徳川宗紀を婿養子に迎えた

24 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 18:35:09
まあ、あそこは江戸後期以来、支藩から茂昭が入るまでは、ずっと吉宗系だったし・・・

幕末の名君松平春嶽だって田安家の出身だ。

25 :日本@名無史さん:2005/12/14(水) 03:02:08
チャンネル 桜 からの情報。

総理大臣の私的諮問機関の有識者会議は、”私的”ではない。

内閣府の担当官に取材をして明らかになったのは、この諮問機関は、
総理大臣の諮問機関。予算も官房から出ている。

しかも、驚くことに小泉総理大臣もほとんど出席していたということがわかった。

女性天皇容認への答申は、明らかに小泉総理大臣の”意思”だ。

有識者会議の人選はどういう基準があるのかと尋ねたら、担当官もわからないと。
小泉総理が自ら選んだのだ。

26 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 10:55:05
ぶっちゃけ、母方の血筋も馬鹿に出来ない。
豊臣秀頼が田舎サムライの女から生まれてきたのなら
家康は躍起になって血を根絶やしにはしなかったろう。
自分の孫の家光と同等の織田一門の血を引いていた貴種であったから
殲滅する必要性があったんだろうな。

27 :日本@名無史さん:2005/12/21(水) 18:22:50
>>12,13
その辺の事情を整理すると、
輝元に実子が生まれず、黒田官兵衛の陰謀で後の小早川秀秋を養子に
押し付けられそうになったが、小早川隆景の機転で保井田元清の息子(秀元)を宗家の嫡子に当て、
秀秋は自分の養子に迎え入れた。
しかし、その後輝元に実子が生まれ(秀就)こちらが宗家を継ぎ、秀元は支藩の長府藩祖になった。

そのせいかどうか、初期には長府藩と萩藩は調和を欠き、長府藩の独立運動を秀元が画策し、
それを萩藩の江戸留守居役が幕閣要職の間を走り回って阻止するなどの攻防があった。
詳しくは山本博文の本がオススメ。

28 :日本@名無史さん:2005/12/21(水) 18:40:12
と思ったら、最後の藩主が徳山藩からの養子だった。
こっちは輝元の次男の家系。

萩藩は結構複雑で、要約すると
輝元長男系→保井田元清系→輝元次男系に交代してる。

29 :ムスカ:2006/01/01(日) 23:43:17
    , ..-‐−- 、、
  ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,、
  /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
 i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
 |:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
 |:::i´`  `‐-‐"^{" `リ"
  ヾ;Y     ,.,li`~~i 素晴らしい。600年もの間男系男子の帰り待っていたのだ。
   `i、   ・=-_、, .:/ 君の天皇家と私の伏見宮家は元々崇光天皇家だったのだ。
   | ヽ    ''  .:/  室町時代に二つに分かれたがね。
   |  ` ‐- 、、ノ   君は天皇家の正当な皇位継承者、○子内親王(女王)だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E5%AE%AE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F


30 :日本@名無史さん:2006/01/06(金) 04:35:15
sage

31 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 23:02:32
保守

32 :日本@名無史さん:2006/01/30(月) 22:04:43
>>25
それが?

33 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 19:05:37
木下家は高台院の実家だったが、あれはこのスレではセーフか?

34 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 19:14:09
徳川恒孝が女系
ただし父方は会津松平家だけど

35 :日本@名無史さん:2006/02/19(日) 15:22:29
こいつは、そいつの血を引いているから殲滅するとか、
そういう歴史は世界中にあったんでしょうか?

36 :日本@名無史さん:2006/02/19(日) 21:19:30
スレからちと外れるけど、
大名クラスで生涯一夫一婦を貫いた人っているの?

37 :日本@名無史さん:2006/02/20(月) 01:51:45
黒澤明の名作「隠し砦の三悪人」を見たが
あんな風に生き残りの姫でお家再興させようとした例があるのか?

38 :日本@名無史さん:2006/02/20(月) 10:13:21
「あんな風」ではないけれど
柴田勝家に仕えていた佐久間家は生き残りの姫から家を再興しましたな

39 :日本@名無史さん:2006/02/20(月) 11:17:59
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!
男系天皇制は諸悪の根源!!!!!!!!!!!!!


40 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 10:46:03
>35
中国の魏晋南北朝期に山ほど有ったかと。
同じ王朝の親戚でも新帝が即位したとたん先帝の縁者を殺しまくった歴史が山ほど。


41 :日本@名無史さん:2006/02/23(木) 10:32:12
生き残りの姫からの再興と言えば喜連川足利家じゃないですかね。一応大名格だし。


42 :日本@名無史さん:2006/02/24(金) 20:27:47
【 朝まで生テレビ! 】 ■ 2月のテーマ
 激論”天皇” ▽”在り方””未来”に今こそ迫る
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/Curr/program.html
 パネリスト:
   山本 一太 (自民党・参議院議員)
   小宮山 洋子(民主党・衆議院議員)
   小沢 遼子(評論家)
   小池晃(日本共産党・参議院議員)
   小林 節(慶應大学教授)
   清水 建宇(朝日新聞社編集委員)
   鈴木 邦男(一水会顧問)
   高橋 紘 (静岡福祉大学教授)
   高森 明勅(拓殖大学客員教授)
   中丸 薫(国際政治評論家)
   宮崎 哲弥(評論家)
   八木 秀次(高崎経済大学助教授)
■激論!天皇 ご意見下さい
  Q1)女系天皇を認めることについてどうお考えですか?※
  Q2)あなたにとっての「天皇」とはなんですか?※
https://wws.tv-asahi.co.jp/apps/free_enquete/enquete.php?cat_id=asanama&theme_id=544

実況板 番組ch(朝日) http://live22x.2ch.net/liveanb/
朝まで生テレビ「激論!天皇」
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/liveanb/1140754878/
朝まで生テレビ 激論!天皇 01:20〜
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1140771707/
朝まで生テレビ!激論!天皇
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1140717533/
本スレ 朝まで生テレビ 真剣にみてる奴は馬鹿
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/tv/1070358845/

43 :日本@名無史さん:2006/02/26(日) 12:45:19
子孫を残すとか残さないとか、滅ぼすとか滅ぼさないとか
そういう政治的問題や陰謀はやめてほしい
子孫がかわいそうじゃないか
昔の日本は特にそういうのがたくさんあったよな。




44 :日本@名無史さん:2006/03/06(月) 22:44:19
蜂須賀家は女系を含めても血統が途絶えたの?

45 :日本@名無史さん:2006/03/07(火) 09:02:07
ナルくん→愛子→○仁

46 :日本@名無史さん:2006/03/07(火) 09:37:11
>>45
そこいらに腐るほどある大名家なら女系だろうが血縁が
なかろうが構わんが、皇室だけはそれは勘弁。だいたい、
他に男系がうじゃうじゃいるだろうが。

47 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 13:21:13
大友宋麟の子孫はいますか?

48 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 14:47:03
>>47
書き込むスレが違うような気がするが・・・
わざとこのスレに書き込んだのならそんなカキコする必要もないほど知ってる奴の釣りだなw

大友氏自体は高家になって残っていて江戸時代終わりまで無事存続はしている。
但し略系図しか見たことがないので、血統的につながっているかどうかは寡聞にして知らず。

それと「宋麟」じゃなくて「宗麟」

49 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 14:48:46
一個忘れた

>>47
マルチ禁止

50 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 14:55:22
>48、>49
ごめん、どうもありがとう(^^”)

51 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 16:04:24
明智光秀の子孫はいますか?

52 :日本@名無史さん:2006/03/18(土) 18:03:51
ナルくん→愛子→○仁

53 :日本@名無史さん:2006/03/18(土) 18:48:03
>51
細川護煕

54 :日本@名無史さん:2006/03/18(土) 19:14:24
アイコの子供は「勇気」とか「翔」とか、そんな今風の名前になるだろ。
旦那の名字つきでw

55 :日本@名無史さん:2006/03/18(土) 21:04:58
護煕は違うだろ

56 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 09:24:00
>>55
護煕は妾の子孫。政治評論家だった隆一郎が本来の本家筋

57 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 09:56:30
江戸260年、肥後藩主だった歴史の前にはそんな主張も空しいなw

58 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 12:49:11
>>57

>>51 >>53 >>55 >>56

59 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 13:30:23
いや、光秀の子孫が誰とかいうことに対してじゃなくて、
妾の子孫とか本来の本家筋とか言ってることへのレスなんだが。

60 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 15:31:06
>>59
だから、藩主家は妾の子孫、玉の子孫は隆一郎の家

61 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 17:15:55
お玉

62 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 00:08:28
uho

63 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 00:29:07
つまりは、普通に考えたら本家を継いだ人を嫡流というと思うのだが
別の見方をすれば、本家を継いだのは妾の子で、正妻の子が傍流になったと。

さて問題です。どっちが本流なの?って話だよね。

本流、嫡流、正当、、これらの言葉のニュアンス、解釈によって変わると思うけど
俺の意見では、やっぱり家を継いだ方が本家だから、護煕が本家でFA

64 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 15:21:07
つーか護煕は母の父近衛さんにそっくりじゃん
隆一郎氏も「ありゃウチの血じゃねえな」と言ってたし

65 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 17:22:57
>>63
毛利も矢の勘定にも数えられない虫の子の秀元の子孫が藩主家を継いで。
秀就の子孫は分家だったんだが、幕末に秀就の子孫に藩主を譲った。

前田も藩主家は松の子孫じゃないわな。松の子孫は家老。
そういうのって他もあるんじゃないかな。

66 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 18:54:44
近衛家に関して言えば、天皇家から養子に入るのと細川家から養子に入るのじゃ
ステータスが違うわな

67 :日本@名無史さん:2006/04/09(日) 23:01:14
しかも京兆家じゃないしなぁ

68 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 21:40:50
保守

69 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 19:01:15
ナルくん→愛子→○仁


70 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 19:29:14
近衛家は何で秀麿じゃなく忠輝を後継者にしたんだろ
天皇男系>>>細川男系だろ

71 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 21:16:22
上杉は謙信が継いだ時点で終わってるんだけどね。


72 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 21:17:08
>>70
近衛は大名ではありません。

73 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 22:29:07
>>70
公家も「人間」だからだろ
好き嫌いや人間関係が大きく働くんだよ
そんなもんちょっと歴史勉強してたら分かるだろ
そこまで徹底したリアリズムだったら万世一系の家柄なんて腐るほどあったと思うよ


74 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 22:52:30
まぁ、所詮人ん家の勝手だからな

75 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 00:58:03
>65

松の子孫は男系はいないだろう。
利長は子供男子なしで死んでいるわけだし。

76 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 08:43:07
まつの次男・利政の子孫が前田土佐守家として存続してるが。

77 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 09:41:49
>>71
山内上杉家は藤原不比等の子孫だよね。
謙信も、
藤原不比等→(南家)武智麿→巨勢麿→貞嗣→高仁→保蔭→道明→尹文→(山
井)永頼→能通→実範→季綱→友実→能兼→(高倉)範季→範茂→範房→模世→
女(平高望妻)→平良文→忠通→(鎌倉)景成→景政→景次→(長尾)景行→定景
→景茂→景能→定時→景廉→高景→景房→頼景→重景→能景→為景→景虎(政
虎,輝虎,謙信)
となり、藤原不比等の女系子孫。
更には、この系図に拠れば景勝も藤原不比等の女系子孫になるので、上杉家は現在に至るまで女系で続いています。ただ、分かれたのが「上杉」苗字の人物ではなくて不比等だから、屁理屈に近いですがw

78 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:29:17
大村家は?

79 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 21:14:37
>1

上杉家がそうだ。
そもそも謙信の次の景勝じたいが、謙信の姉の息子かなんかだからすでに女系。
さらに赤穂浪士のときも娘婿の吉良を養子にしているわけだし。

80 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 22:09:11
>>79
わずか78のレスも読めないのか?


81 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 22:33:51
>>78
大村って、長崎のあの大村?
初っぱなから旗本・伊丹氏から養子が入っていきなり血統的には切れたような怪しげな記憶

82 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 00:06:37
佐竹氏
男が生まれないので
上杉から養子を迎え、娘と娶わせた

一応血は繋がってる

83 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 20:43:09
佐竹家の現在の当主は大給家の養子になった尾張家の三男と朝香宮の娘との間に生まれたのでは?

84 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 08:22:33
他には?

85 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 23:21:33
うちは山内上杉の傍流の子孫。
江戸期は小身ですけど旗本でした。

どうでもよかったですね。はい、本当にどうもありがとうございました。

86 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 09:50:33
上杉姓なの?

87 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 00:18:13
おうよ

88 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 00:46:37
そうか

89 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 04:38:28
うんこ

90 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 16:44:32
>>60
どうして立場が逆転したんだ?

91 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 17:55:48
隆一郎の先祖(忠興の長男・忠隆)が忠興に勘当されてしまったから。

勘当の理由は
「忠隆の嫁は玉と一緒の屋敷にいたにもかかわらず自害しなかった
姑に従わない嫁なんて離縁してやる」
と忠興が逆切れしたとき、忠隆が嫁をかばったため
・・・とされる

実際の所は忠隆の嫁が前田利家の娘だったため
徳川家康に忠誠のポーズをとるために忠興が離縁させたらしい。
それに忠隆が抵抗したので、更に家康に忠誠をアピールするため忠隆を廃嫡し、勘当した。

92 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 21:28:52
肥後細川家なるものは邪道にすぎん

京兆家こそが正当なる細川家だ

93 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 00:22:54
藤孝が足利義晴の私生児ってのは事実なのかな
モリヒロのDNA調べればわかるかな

94 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 10:29:04
>>93
マジレスすると
肝心の足利氏直系(喜連川じゃなくて、義昭の系統)が既に断絶、調べる手段がないのでわ

95 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 22:07:40
>>94

平島公方家を調べれば分かるだろが

96 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 22:51:49
>>95
平島公方家は義晴の系統じゃないでしょ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E6%B0%8F#.E7.B3.BB.E8.AD.9C

97 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 04:11:10
本物のコノエはモリヒロの弟ではなく、俳優の東隆明氏。
70年代に仮面ライダーやウルトラマンレオなどのゲストで出演していた。

98 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 06:28:47
まあ旧華族とはいえ今は庶民だから家督相続は自由だが
男系がいながら女系をとるのはなんか惜しいな

99 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 08:21:54
浅井

100 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 11:30:42
ナショナルの松下家も女系だよね

101 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 12:39:15
スレタイ嫁
大名だ

102 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 22:39:18
>>98
近衞家のことを言ってるの?

103 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 17:43:36
近衛文隆の後継は男系の弟の通隆がいるのになんで女系の甥の忠輝が選ばれたの?

104 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 00:44:56
>>103
娘は可愛い、その娘の産んだ男孫も可愛い・・・なんていう単純な理由だったりして。
高貴な血筋であっても、そういう感覚は庶民と変わらないかも。

105 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 02:07:42
単に出来の良し悪し、もしくは通隆が健康じゃなかったとかかな

106 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 06:35:27
>>94
義輝や義昭の子孫といわれる家がいつくかあったような
本当かどうか眉唾物だし、現代まで残ってるかどうか確認のしようがないからあれだけど・・・

107 :日本@名無史さん:2006/11/02(木) 21:52:37
>>103
庶子もいるんだけどね。どうせ実子がいるならそっちを選べばいいのにと思う。
確か道隆には子供はいなかったような。だから弟を継嗣にしても結局また断絶になるから
若年の女系の甥を選んだのかと。
ちなみにその人が養子入りしたとき文隆はすでに逝去していて夫人だけ残っていた。
義理の叔母と養子縁組ってわけだな。

108 :日本@名無史さん:2006/11/02(木) 21:54:10
モリサダ君の陰謀の匂いw

109 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 12:24:39
>>108
かもね。
モリサダ氏は近衛つながりで野口整体とも関係していたし

110 :日本@名無史さん:2006/11/07(火) 23:12:31
>>82
それ戦国時代の話ね。それがなければ歴とした男系男子として今でも皇位継承権が、、、、あるわけないか。

111 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 17:34:12
前田利春の長男利久(利家は四男)は子がなかったので養女(三男安勝の娘)の夫滝川慶二郎(後の前田利益)を養子に迎え跡継ぎにしようとした。
これが実現し、さらにその子が継いでいたら女系で前田家が継がれていたにちがいない。しかし、信長がこれに反対し、利家が継いだため実現せず。

112 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 17:50:14
旧皇族では確か山階宮から分家した同じ名前の山階侯爵家は子供がなくて
妹の息子を養子にとったらしい。しかも1度は離籍して当主がなくなる3日前に復籍だって。

伏見伯爵家(旧伏見宮家現当主の叔父が創設した家)は男子がなく女子のみのまま当主が戦死して
三女だったかな、婿養子をとった。以前に華頂家から養子を迎えたことがあったが離籍して娘に継がせたという。

113 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 23:45:47
前の方に、肥後細川家の嫡流は細川隆一郎の家系(忠興長男の忠隆の子孫)のほうだって話があったので、エピソードをひとつ

正月かなんかで肥後細川氏の一族が集まったとき、細川隆元(隆一郎の伯父)が酔っ払って、
上座にいた細川護貞に向かって、「本当なら、俺がそこに座るはずだったのに」みたいなことを言い出した。(からみ酒ですな)
それに対して 護貞はあわてずに「おお、ご本家どうもすみません。ささ、こちらに」みたいなことを言ってうまく切り返したので
隆元は何も言えなくなったとか。

護貞氏は、結構しゃれっ気があった人みたいで、この手のエピソードがいくつかありますね。


114 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 00:19:19
伏見伯爵家は華頂伯爵の次男を離縁したあと後妻の子である四女が平民(?)と結婚してあとをつぐのだがその次男は母の母の母の実家の毛利子爵家(元就の子孫ではない)を継いだ
ちなみに文麿夫人は毛利子爵家を継いだ方の曾祖母の姉妹(どっちが姉だがわからないが)


115 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 11:35:21
>>111
つまり系図に表すと・・・
 
前田利春
  |______
  |   |   |
 利家  安勝   利久
      |   || ||
      |   || 前田利益←
      |   ||      ↑ 
      女→ 養女=滝川慶二郎

こういう事か。

116 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 12:39:47
隆景を娘の婿にさせ女系で命脈を保とうとしたもののついに子がなく秀吉の妻北政所の甥秀秋を養子にしたが秀秋にも子がなく子に恵まれないうちに潰された小早川は哀れ

117 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 14:28:50
小早川は復活したよ。

118 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 14:32:44
>>115
前田利益の立ち位置が数字板で喜ばれそうに見えるから困る

119 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 21:45:32
>>118
アッー

120 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 22:42:50
江戸時代 元小早川家後継者の吉敷毛利家が祭祀。
明治時代 毛利輝元の子孫の本家(っても幕末に秀元系から大政奉還)が小早川を再興。
血は秀元の親の穂井田元清と吉敷毛利家の祖の小早川秀包の兄弟の母親が小早川の分家の出。
秀元系と輝元系は江戸期に交配してるんじゃないの?と思うが知らん。

121 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 00:06:00
毛利家は内部ですごい交代の仕方してるな

毛利元就−隆元−輝元−@秀就−A綱広−B吉就−C吉広

毛利元就−穂井田元清−毛利秀元−光広−綱元−D吉元−E宗広
毛利秀元−元知−匡広−F重就−G治親−H斉房−I斉熙
F毛利重就−親著−J斉元
I毛利斉熙−K斉広
J毛利斉元−L敬親

毛利輝元−就隆−元次−広豊−就馴−広鎮−M元徳

元徳の子に公爵毛利元昭の他
男爵小早川三郎・男爵毛利元良・子爵大村徳敏・公爵西園寺八郎
ポイントは元次が就隆70歳の子という点かな

122 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 17:58:31
>>116
隆景と秀秋は無縁だった。
小早川と吉川は元就の乗っ取りで親類になったが関ヶ原での行動が正反対だね
                      秀秋 裏切り
                      広家 動かず

123 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 18:02:17
>>122
秀秋と広家は無縁だろ
それに広家の従兄輝元も動かなかったな それが原因で毛利吉川減封 秀秋は跡継ぎ無しで断絶。毛利が再興するまで空白となる

124 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 19:11:25
家康の次男秀康の結城家も確か女系だか傍系じゃなかったっけ。

125 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 19:34:47
>>121
なんと複雑なw
そもそも元就も兄・興元が健在だったら
毛利宗家を継げなかったんだよなぁ

126 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 00:13:27
>>121
複雑とはいえ大江広元の血にはこだわっていたみたいだよな。


127 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 09:56:31
きちんとした御家人の家柄出身は土岐、細川、伊達、南部、相馬
小笠原、田村、秋田、佐竹、岩城、朽木、京極、毛利、立花、秋月、
島津、こんなもんだぞ。

128 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 10:52:56
朽木は江戸時代大名を取りつぶされてから
分家が旗本として頑張って再び大名に取り立てられたのが凄い

129 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 18:26:51
>>127
飢え過ぎ貼る海苔の出自は秋月

130 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 12:25:32
浅井長政の血は家光と千姫によって受け継がれた

            織田信秀
          ___|__ 
         |      |
    浅井長政=お市    信長
        |
   徳川秀忠=お江与
     __|__
     |    |
    家光   千姫=本多忠刻
__ __|     |
| |  |     勝姫=池田光政
綱吉綱重 家綱      |
  |          綱政
  家宣         ・
  |          ・ 
  家継         ・
             政保
家光の血統は家継で絶えたが千姫の血統は池田に継がれて明治まで続く。
つまり浅井長政の血統は明治まで続いたことになる

131 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 12:31:54
浅井の家名が断絶してる以上、何の意味もない。

132 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 13:02:08
家光の血統って女系経由とかでも完全に絶えてるんだっけ?

133 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 13:53:27
>>132
千代姫の血統(尾張藩)も水戸徳川に乗っ取られている

ただ千代姫とその子息の綱誠は子沢山だったので更に女系をたどると可能性がわずかに残されている鴨

134 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 21:14:32
初めから女系なのは、新田一門を称した岩松家くらいか。
(江戸時代に男系でも新田一門と化して現在に至るが)

135 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 17:07:34
>>127
土岐、細川、佐竹は清和源氏
京極は宇多源氏
伊達は藤原氏
毛利は大江氏

136 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 21:11:55
貞明皇后は千代姫の子孫

137 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 22:10:58
上流社会は血縁結婚だらけだからな
かならずどっかで繋がってる

138 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 18:45:00
あげ

139 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 18:50:21
北条の血も足利に流れている

140 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 19:00:30
毛利は大江というけど、これは社会的に大江ということ。
血統(父系一系)でみたら
毛利は藤原道長の六男・長家の後胤。
大江広元の父親は、藤原光能。

毛利家の実系系図(父系での系図)

http://keizusoko.yukihotaru.com/keizu/o-e_sugawara/oe-sugawara_3.html
http://keizusoko.yukihotaru.com/keizu/o-e_sugawara/oe-sugawara_4.html

141 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 19:03:48
>>139
それどころか義氏から頼氏まですべて北条氏が母

142 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 19:28:23
>>140
毛利といえば、三本の矢を思い出すけど
結局、毛利の血統って
長男の隆元と四男の元清の後胤しか残らなかったのか?

吉川元春の後胤なんて、残ってないのか?
三男の吉川広家以外に、次男の元氏(阿川毛利家)の後胤なんて
いそうなんだけど、どうなんだろうか?

143 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 22:10:49
>>142
木戸孝允こと桂孝允は元就の七男・元政の子孫で、
歌手の吉川晃司は元春の子孫とのこと。

144 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 09:40:45
>>143
その子孫というのも
父系で繋がっているかどうかは分からんな。


145 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 17:51:07
>>141
義詮と基氏も母は北条氏の赤橋登子

146 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 18:31:24
元スペースシャトル搭乗員の毛利衛氏は元就の子孫?

147 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 18:45:40
名字が一緒だから子孫って厨な考えはやめようや。

吉川晃司が吉川元春の子孫って話もネット上の噂だろ。確実なソース出せよ。
どうせ、誰かの妄想がネットで一人歩きしてるだけだろ。

148 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 19:35:37
>>147
確か本人が元春の子孫と公言していたはず。
まあ嘘っぽいけど

149 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 19:42:24
>>147
吉川晃司は昔たぶんベストテンだったと思うけどでそういう話(吉川元春の子孫)を司会者側がしていましたよ。
江戸時代以降に没落した家でもないから系図類が残っていると思うし、かなり信憑性はあると思うけど。



150 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 20:35:32
少なくとも岩国藩主の吉川家ではないな。
家臣になった家の可能性もあるが、自称子孫の可能性も否定できない。

151 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 21:24:34
吉川晃司の出身地は広島県府中町で、
奇しくも元広島カープの「小早川」毅彦も同郷

152 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 22:37:18
じゃあ、江戸時代は岩国藩士でも長州藩士でもないじゃんw
芸州の百姓だろw

153 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 22:57:18
スケーターの織田信成の場合は信長の末裔で間違いなし?

154 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 23:40:15
>>153
たぶんそうだと思うが不明
信長の7男信高の家系を称していて、この家の幕末の当主は確かに信長の男系子孫だが、
それ以降は市販されてる系図には載っていないため調べようがない

155 :日本@名無史さん:2006/12/01(金) 11:16:04
信成父を見たけどダンプの運ちゃんというか3昔前の演歌歌手というか
名古屋のおばちゃん相手のホストクラブにいそうというか
あのドスのきいたパンチ頭の風貌を見た後では仮冒としかいいようが・・・
それに作家の織田の子孫もあのスケーターは何者ですかって言ってたしなあ


156 :日本@名無史さん:2006/12/01(金) 17:34:43
>>155
作家の織田?長益の子孫の織田一磨のことか?

157 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 08:36:43
織田作之助

158 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 19:15:44
>>156
柏原藩主の直系の織田信孝氏
ペンネームは織田孝一、文筆業。
以前日本史板に降臨した人

159 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 11:05:41
確かニセ宗家が出てきた時だっけか。

160 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 21:38:37
岡山と鳥取の池田家は跡継ぎどうするのだろうか
というか岡山の隆政氏と鳥取の百合子氏には兄弟(女性含む)はいるの?

161 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 23:54:02
鳥取の方は百合子氏で断絶決定
百合子氏は養子を取る予定もなく、お墓も鳥取のさるお寺に永代供養墓を作って東京から移している。
http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/A/ikeda_yo.html

岡山の方は、親戚から養子を迎えるという話を聞いたことがあるが
こっちはあやふや情報なので話半分にきいといてくれw

162 :161:2006/12/23(土) 23:57:16
リンク追加
http://www.z-tic.or.jp/p/museum/digital/tayori/taidan/

163 :日本@名無史さん:2006/12/24(日) 01:44:57
真田氏の現当主は信之と血の繋がりは全くないわけ?

164 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 23:51:08
まったく有りません。真田家の男系の血筋は、六代藩主幸弘の代で絶えています。次の藩主幸専(井伊直幸の四男)は幸弘の娘と結婚していますが、子供がいなかったので、血筋も絶えました。

165 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 10:32:15
>>164
家臣に養子・・・数代後 家臣の娘を側室 とかもなかったの?

166 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 11:02:09
>>164
今の真田の当主は伊達宗城の子孫ってことでいいのかな。
ということは伊達政宗の男系子孫だね。
伊達宗城は旗本山口家からの養子だけど、もともと伊達から養子が入った家だし。

167 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 09:25:42
でも家臣筋で本当の真田がいるんじゃないの?

168 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 09:56:37
真田桜山とかどうなんだろ?

169 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 08:22:42
>146
毛利元就の直系子孫である可能性は限りなく低いと思うが、
毛利姓自体はかなり珍しい姓であるのは確かで、
ほぼ大江広元の子孫の一族に限られる。

明治になって名字を名乗るときに、地主に名字が与えられた小作とかではなく、
(地主が小作に「家族みたいなもんだから」と配下の小作に同じ名字を
名乗らせた例は多い)
江戸時代以前から名乗っているなら毛利元就の遠い傍系一族の可能性はある。

170 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 10:57:33
廃嫡された真田信就を先祖とする真田勘解由家が現存しているから
そちらが本当の本家だと思うけど
いかが


171 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 13:16:23
>>170
早い段階で小堀遠州の血統になってたような。

172 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 16:17:19
知り合いに鹿児島出身の毛利さんっていたけど
本当は森だと言ってたよ
先祖は薩摩藩の森を管理する役職だったと

173 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 19:37:33
>>171
真田信之家に小堀遠州の血脈が入っているというのは初めて聞いたのですが、ソースをご提示いただけないでしょうか?

174 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:28:36
ウースターでいい?

175 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:35:02
真田と小堀の関係て
お城近くの真田邸の庭園が小堀流て程度だろ

176 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 00:17:58
>>169
「毛利」姓は森姓の人があやかって「毛利」に改姓した例も多いし、
大江家以外にも相模国毛利庄を領して「毛利」を名乗った例もあるから、
なんとも言えんよ。

177 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 01:54:14
>>173
小堀遠州の三男坊の小堀遠吉の子孫の血脈らしいな。

178 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 09:33:56
信就家系

真田信就
生没年:
父:信濃松代藩二代藩主 真田信政 宇右衛門、勘解由 1665-1694 寄合
妻: 勘解由

真田勘解由
生没年:
父:真田信就

真田信清
生没年:
父:真田勘解由

真田敬寛
生没年:
父:小堀克敬、母:大納言 勧修寺経敬
義父:真田信清
妻:

179 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 09:36:43
真田昌幸の血は絶えているということか
激しく萎えた

180 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 12:22:42
柴田勝家は妹の子勝政を養子に迎えているから柴田氏は女系で続いている

181 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 12:25:41
    北条時政
     |
畠山重忠=女=足利義純
畠山は傍系で続いた
平姓から源姓にかわった

182 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 12:27:56
秀次一家が生き続けていたら豊臣も傍系女系
>>180
今でも血筋は続いているのか?

183 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 12:32:47
>>182
豊臣秀次の娘と真田幸村の息子の血脈が秋田に存在すると聞いた

184 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 12:38:01
じゃあ女系のそのまた女系か?

185 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 12:39:16
>>183
豊臣秀次の娘と幸村との間に生まれた三男の幸信でしょ
幸村が大坂で果てた二ヶ月後に生まれ、姉のなおの元に引き取られ、出羽亀田藩に仕えました。

186 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 15:35:11
女系の女系なんて子孫のうちに入らない。

187 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 16:35:18
あれ?????????
昌幸の血筋は絶えたんじゃなかったんだっけ???????

188 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 16:54:51
斯波

189 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 16:55:44
京兆細川

190 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 22:01:53
真田信之の男系の子孫自体が存在しないの?

191 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 23:37:55
榊原喜佐子さんの本だと喜佐子さんの夫の父は分家出身で先代の正室の娘と結婚して息子(20代で死亡)が生まれたけど
正室の娘は亡くなりその異母妹の側室の娘と結婚して喜佐子さんの夫などがうまれたらしい

192 :164:2007/01/08(月) 01:55:18
真田信之の男系子孫は存在しません。松代藩六代藩主幸弘の代で絶えました。


193 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 11:21:31
二代藩主とか三代藩主辺りに遡れば流石に男系子孫はいるんじゃないのかな?

194 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 11:59:19
>>193
夭折もしくは弟殺して自分も自刃とかで残らなかったようだ

195 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 13:13:48
>>187
昌幸の血筋は続いている
ただ信之の血筋が絶えただけ
信繁の血統は続いていると思う

196 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 14:43:21
血を絶やさない為に兄弟を東西に分けたのに、
東軍の信之の子孫が断絶し、西軍の信繁の子孫が存続したというのはなんとも皮肉な話…

197 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 16:03:07
>>195
具体的な家系図って信繁系はわからないんじゃないの?

198 :日本@名無史さん:2007/01/09(火) 10:44:01
>>197
子孫の方のホムペがあるし、
wikiにもある程度のってるぞ。
途中で他家から養子入ってるが、
最終的には分家からの養子で真田に戻ってるみたい。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E7%9C%9F%E7%94%B0%E5%AE%B6

ただ八代幸清の父真田信知の父親が誰かわからんから断言はできんな・・・
詳しい人いたら後は頼む。

199 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:35:51
武田氏の場合、宗家は柳沢吉保の血筋(まあ甲斐源氏の遠流らしいが)
で、仁科盛信系は養子を繋ぐ事無く旗本として存続、維新後子爵になった人もいる
あとは米沢藩に仕えた信清系かな?

北条氏は狭山藩系は幕末に血縁の無い当主が養子として相続、某教団の会長さんもその系統。
で、たしか早川殿(北条氏康娘)と今川氏真夫妻の孫娘が吉良義冬(吉良義央の父)の母にあたるので、
今の上杉氏には女系で北条氏と今川氏の血も流れていることになる。

また、家康の側室養珠院(頼宣・頼房母)の母は北条氏尭(氏康弟)の娘(養女説もあるが)らしい。


200 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:50:16
大内義興の上洛について、兵農分離はされてなかったはずだが、
どうして長期滞在ができたんだろう?



201 :日本@名無史さん:2007/01/10(水) 23:50:57
すまん誤爆だorz



202 :日本@名無史さん:2007/01/12(金) 01:59:10
>>199
佐竹と上杉は入れ替わってしまったね。
上杉は家は藤原で血筋が源氏。
佐竹は家は源氏で血筋が藤原。

203 :日本@名無史さん:2007/01/12(金) 02:54:56
>>202
kwsk
佐竹は血筋も源氏では?
徳川系になってたはずだが

204 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 21:41:49
>>203
上杉氏は本来は藤原氏の出自。それが謙信(=長尾景虎)が継いだ事で平氏の系統に
なり、さらに女系で景勝の血はひいているものの、吉良義央の倅(綱憲)が藩主となり
藤原氏の出自なのに当主が源氏の血筋になってしまった。

佐竹氏は新羅三郎義光の子孫だから、家柄は源氏だけど、室町時代に上杉から婿養子
をとった為に家柄は源氏だが当主は藤原氏の血筋ということになった。

205 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 01:07:41
>>204
だから佐竹は上杉より本物の上杉なんだよね。
で、上杉は佐竹より本物の源氏。吉良は室町時代は足利将軍に次ぐと言われたくらいの名家だし。

206 :日本@名無史さん:2007/01/17(水) 22:39:15
>>204>>205
佐竹の現当主は徳川義親の孫のはずだが
どこが藤原氏なんだ?

207 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 11:07:37
>>206
別に本家の話してるわけじゃないし。。

208 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 14:27:47
>>207
たしか今の秋田市長の佐竹敬久氏は佐竹の一族出身らしい。

209 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 20:21:00
蜂須賀家はどうなったの?

210 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 20:29:42
>>207
どこの佐竹家の話してるんだwww
上杉から養子が入ったのは本家じゃないのかよ

211 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:12:01
>>210
湯沢とか角館とか大館とかもね。
南家の人のホームページがあったと思う。

212 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:17:19
>>208
その人は角館の北家。


213 :日本@名無しさん:2007/01/19(金) 02:40:46
>>1
おいおいおいおい。
藩祖の血を受け継いでいる大名家すら少ないぞ。
しかも女系はともかく傍系もなしで通してきた家はない。



214 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 03:16:47
>>213
だよなぁ
しかしそう主張してもどの子孫スレでもなぜか
藩祖の血を受け継いでる大名がほとんどだ
って話にすりかえられちゃうんだよ。不思議な現象だ

215 :日本@名無しさん:2007/01/19(金) 12:28:36
「藩祖の血」レベルならまあ普通にいるんだがな。
でも親から嫡子(または息子)への直系相続なんてそんなに続かない。
頑張っても3〜5代まで。そこで弟が継いでまた3〜5代続きというパターンなら、ままある。
政変政争があったのだろうという見方もできるが。

216 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 18:04:15
ただ、鎌倉から続いているような名門を、出来星大名の倅が後をついで
もともとの血筋が絶えてしまうのが勿体無い気がしてならない

217 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 18:29:30
>>215
むしろ直系子孫で繋いでる方が珍しいな。
長男が夭折した場合、次男以下を「直系」と解釈するか問題だけど。

218 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 18:43:22
会津松平家調べてたら松平容敬(1806〜1852)まで保科正之の男系子孫なんだな。
この人が2代将軍秀忠の最後の男系子孫になるのか。

219 :日本@名無しさん:2007/01/19(金) 20:38:52
>>217
今の日本人にとっては同じ家にいるのなら嫡庶を問わず
兄弟でも直系相続でしょ?なんていうところはあるわな。
大雑把というかある意味無茶苦茶なんだが、嫡長子が
継ぐのは実際かなり少なかったようだから、いつの間にか
そんなの許容範囲でしょという認識になってしまったんだろう。


220 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 21:00:34
昔、この板の大名スレかなんかで、話題になったんですが
江戸時代の大名で、初代から明治まで直系相続(嫡長子でなくてもOK)だけで続いた大名はいるか?って話で
ほとんどそういう大名はなかった(当てはまるのがほんの1,2家くらい)だったと思う。


221 :日本@名無しさん:2007/01/19(金) 21:14:57
>>220
純パーフェクトなら、大給松平家や五島家がいましたね。


222 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 22:04:47

365 名前:日本@名無史さん [] 2007/01/16(火) 18:31:55
名門名家の養子相続について誤解があるようなので一言。
国持ちクラスの大名の場合、かなりの家が藩祖の男系子孫を明治維新まで維持している。
大抵の養子は支藩や分家から迎えているが、戦国時代まで遡った同族の家から迎えたり、
他家に養子に出た男系男子を呼び戻している例もある。
徳川、前田、島津、伊達、細川、浅野、鍋島、藤堂、山内、佐竹、南部、有馬、宗など、
いずれも一族内での男系相続で継承している。
備前池田は江戸後期に島津とか徳川とか、他家からの養子が続いたが、明治維新のときに
相良家から池田家の男系子孫を迎えて本来の池田家の血筋に戻った。
完全に藩祖と無関係の血筋になったのは、黒田、蜂須賀、因州池田くらい。
女系で血筋をつないだのは上杉だが、綱憲以降は吉良家の男系がずっと続いている。



本当でしょうか?


223 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 23:16:50
>>221
大給(西尾藩)は最後の藩主が前藩主の弟。
五島は2代目が初代のいとこの子。

まあ藻前らここ見てから話そうぜ
ttp://daimyokeizu.hp.infoseek.co.jp

224 :日本@名無しさん:2007/01/20(土) 10:11:08
>>222
>完全に藩祖と無関係の血筋になったのは、黒田、蜂須賀、因州池田くらい。 

ここだけが正しくない。
黒田らは確かにそうだが、いつの間にか末期養子の子孫に変わっていたり、
婿養子藩主の子でも藩祖の血を受け継ぐ正妻とは血縁が無い場合も多い。

225 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:03:50
保守

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)