5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

沖縄人ってほんとは弥生系なんだよな?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 13:31:36 ID:XzPOI7e6
沖縄人が弥生系である理由

その1
北方系か南方系かで言ったら、沖縄は日本人同様北方系の遺伝子をもつ人々
その2
世界的に見て日本人でもっとも高頻度にでるRh-の血液型は沖縄でもっとも高頻度
その3
比較言語学で琉球語が日本語と分岐したのは1400年前
弥生時代以降に分岐
その4
沖縄の人が色黒なのは紫外線が多いため、東京などに移住すると
本州人並みに色白になる
その5
日本人で高頻度のYAP+遺伝子は沖縄でもっとも高頻度

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 13:44:40 ID:AeZUtjCS
縄文系の間違いだろ
弥生系は朝鮮人

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 13:55:32 ID:Hpbh8kee
弥生系はアムール人
沖縄人は8000年前の九州縄文人


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:00:20 ID:XzPOI7e6
>>2

縄文系なら、台湾の原住民や中国南部との遺伝子的繋がりがあっても
おかしくないのだが?

実際の所繋がりまったくと言っていいほど無いし

北方系民族で最南端に住む沖縄人は弥生系で間違いないだろ?

>>3
比較言語学で日本語との分岐年が1400年前である事はどう説明する?
同じ縄文系とされるアイヌは日本語と音韻対応や文法の相違点があるのだが
少数の渡来系が沖縄に来て、縄文系の言語を淘汰したとは考えられない

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:18:50 ID:Hpbh8kee
何で縄文系がワンコロや南方人なんだよw

あれは25000年前の旧シベリア人。

それに土井ヶ浜弥生人たちは南洋貝の買い付けに頻繁に琉球に
訪れて交易していたんだよ。

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:20:57 ID:ibCebQ0/
>>4
>縄文系なら、台湾の原住民や中国南部との遺伝子的繋がりがあっても
>おかしくないのだが?
台湾の高山族には沖縄系の人たちのグループが含まれているよ。

しかし、台湾から沖縄に渡ったという痕跡は見つかっていない。
言語や遺伝子をみると、沖縄から台湾に渡ってきたようだ。

そもそも沖縄人がどこから来たのかがまだ不明だ。
九州から来たのか?福建から来たのか?
インドネシアやポリネシアとのつながりは?

ポリネシア人を生むことになった
南中国から太平洋への移住とのつながりは?

台湾も沖縄も、文字で記された歴史が出現するのは
意外と近年になってからだ。

アイヌ人と容姿が似ている、台湾やフィリピンの先住民と
一部習俗が重なっている、、、。

断定が出来る段階ではないと思う。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:24:19 ID:ibCebQ0/
明らかに、沖縄に対して、時代によって
入ってきた人たちの系統が違うのだが、
基本的なデータが不足しているし、
コリアンの北方人種起源工作がウザくて、
まともな議論にならない。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:26:37 ID:KsHuHXpr
http://ime.nu/www.fukushima-bc.jp/new_page_70.htm
血液型でいえば日本の南九州はA型が多い
おそらく沖縄もA型が異様に多いと思われる
顔的に濃いイメージがある
弥生系はB型が多い朝鮮人という感じだわな
YAP+が多い民族はA型が多いといわれている


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:34:31 ID:Hpbh8kee
↑いつもの日本人気取りのワンコロの朝鮮人呼ばわり(嘲笑)


>そもそも沖縄人がどこから来たのかがまだ不明だ。
>九州から来たのか?福建から来たのか?
>インドネシアやポリネシアとのつながりは?

↑故意にスットボケてる確信犯w

琉球人が8000年前に九州から渡ったのは常識だし、
インドネシアポリネシアなんかさらさら関係ない。


縄文時代前期(約8000〜5000年前)の遺跡からは九州で生産された土器が
出土することから、九州縄文人が船で琉球列島に渡ってきたと考えられる。

http://inoues.net/ruins/tume.gif


>アイヌ人と容姿が似ている、台湾やフィリピンの先住民と
>一部習俗が重なっている、、、。


どこがアイヌと似ているんだヴォケ!

この東南アジア土人うんこワンコロがw

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:39:32 ID:XzPOI7e6
>それに土井ヶ浜弥生人たちは南洋貝の買い付けに頻繁に琉球に
>訪れて交易していたんだよ。

考古学は詳しくないが、交易と言っても少数派だろ?
その少数派が沖縄に移住したわけない

もし移住してたのなら、それこそ沖縄人が弥生系である証拠になる

>あれは25000年前の旧シベリア人。

まだ寒冷適応する前の人々という事なのか?

>何で縄文系がワンコロや南方人なんだよw

縄文系の定義はまだ確立されてないよ
主に3種類の説がある

1、現在のインドネシア・マレーシア人
2、寒冷適応する前の古モンゴロイド
3、現在の南方系の人々

俺は縄文人=南方系の説を支持する



11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:43:44 ID:Hpbh8kee
弥生系が朝鮮人なら、日本の渡来人骨と朝鮮の古代人骨が一致するはずだろ。

だが、日本の渡来人骨と弥生期以前の朝鮮の古代人骨は一度も一致した事など
無いのだよ。

朝鮮の古代人骨はむしろ縄文人骨に似ていて、
短頭で頂頭部が高いのだが、
日本ではそのような渡来人骨の出土がさっぱり無いんだよ。

弥生人は遺物が酷似するアムールあたりのツンギーデ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:46:58 ID:V7QHAKto
弥生人も江南から来たんだよ。朝鮮半島から来たんじゃないよ。
江南から来たのが西日本や朝鮮南端に住み着いたのが弥生人。
朝鮮南端の連中は朝鮮北部や満州から下ってきた連中に吸収同化されて現在の朝鮮人に。
西日本の連中は日本各地の原住民と混交して大和民族になった。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:47:44 ID:XmdJZNqW
沖縄人というひとくくりが間違い
沖縄原住民は大きく四系統

・中国南部倭人系・・・・山下洞人、港川人の子孫 2万年前以前の氷河期に地続きの
            琉球列島沿いに移動してきた
・スンダランド系・・・・1万数千年前の温暖化によるスンダランド水没で黒潮沿いに
            移動 東南アジア顔系の始祖
・中国・半島系・・・・・12世紀以降海賊倭寇として侵攻 尚王朝系
・ヤマト・アメリカ系・・近世以降の侵攻勢力

ごちゃごちゃです




14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 14:48:56 ID:XzPOI7e6
>>11

弥生系の定義もまだハッキリしてないんだよ
人類学的な日本人とは?の謎だな

弥生系(渡来系)は少なくても3系統存在するし

ただ朝鮮人と日本人の遺伝的差異は日本人と沖縄人の遺伝的差異より
小さいんだよ

弥生系が朝鮮系統と言っても過言ではないぞ?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:05:47 ID:Hpbh8kee
あのなあ、何で交流や交易をすると定着せねばならんの?

定着しないから交流や交易なんだよ呆

ゴボウラという琉球の南洋貝はな、九州北部・土井ヶ浜弥生人たちに
とって貴重な財産だったんだよ。

商業用語として倭語は伝わっていったわな。

それに25000年前のシベリアはまだ寒さはそれほど厳しくなく、
寒冷適応前でアイヌみたいな容貌だったの。

その名残は今のシベリアでも極北にいるシビリーデやエスキミーデや
インディアン人種群にも見られる。

だから2が正しい。1と3は言語学的にありえんよ。

オーストロ系言語とは文法にさっぱり共通性が無い。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:08:49 ID:Hpbh8kee






縄文時代前期(約8000〜5000年前)の遺跡からは九州で生産された土器が
出土することから、九州縄文人が船で琉球列島に渡ってきたと考えられる。

http://inoues.net/ruins/tume.gif






17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:11:09 ID:XzPOI7e6
>ただ朝鮮人と日本人の遺伝的差異は日本人と沖縄人の遺伝的差異より
>小さいんだよ
>弥生系が朝鮮系統と言っても過言ではないぞ?

↑ここはみんな否定できないよなwwww
日本人=朝鮮人ってタブーに触れちゃったかなwww



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:17:11 ID:Hpbh8kee
>>14
おまえ朝鮮人だな。

朝鮮半島はいつからシベリアになったのかね?w

朝鮮半島はいつからツンギーデほどの扁平な頭蓋を生み出せるほどの
寒さになったのかね?w

日本人と朝鮮人の人種的近親性はな、15000年ほど前の陸分岐の
ときの土着系にあるのだよ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:28:27 ID:XzPOI7e6
http://www.asahi-net.or.jp/~jv2k-krkw/hla.htm

↑このページの最後のほうにある、クラスター解析みてみ?

このクラスター解析が何を言わんとするかと言うと
東アジア内でまずアイヌが分岐する罠
その後中国人、琉球人が分岐して
朝鮮人と日本人は分岐しないんだよ!
つまり

朝鮮人=日本人

という事になる罠www

ちなみに俺はチョンでもチュンでもないからな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:38:22 ID:Hpbh8kee
在日だからな。

それに、ちゃんと日本人と韓国人は分岐してるじゃないの。

意味不明。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:45:42 ID:XzPOI7e6
>日本人と朝鮮人の人種的近親性はな、15000年ほど前の陸分岐の
>ときの土着系にあるのだよ。
は知らなかった。

お前詳しいな・・・


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:51:31 ID:ibCebQ0/
>>9
>インドネシアポリネシアなんかさらさら関係ない。
最近になって、ポリネシアとの関連が取り沙汰され始めているよ。

マオリ人と沖縄人とか、双方の本物を目の当たりにして
得た感想が、今、DNAトレースによってどんどん
裏付けられつつある。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:53:10 ID:ibCebQ0/
>>14
>弥生系が朝鮮系統と言っても過言ではないぞ?
それは過言です

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 15:57:37 ID:Hpbh8kee
弥生人はな、アムールから船で沿岸伝いに点々と南下して
九州北部までやって来たアムール沿岸部のツンギーデなんだよ。

朝鮮に侵入したツンギーデはな、満州中部から南部にいた
内陸部のツンギーデなんだよ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 16:03:21 ID:Hpbh8kee
ポリネシアに人類が侵入してまだ3500年くらいだろがw

当時のラピタ土器はベトナムあたりの印文陶に似ており、
ポリネシア人の故郷はその辺だと言われているよ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 16:28:07 ID:ibCebQ0/
北から下品なトカゲ面の奴らが増えてきたんで

いやがって南下したり、太平洋に出たりしたんだろ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 19:10:12 ID:XmdJZNqW
「面」で分析したなら

・面長二重のソース顔で超低身長→原沖縄人の倭人系
・ベトナム顔カンボジア顔アボリジニ顔で低身長→スンダランド人系
・面長一重のアッサリ顔で割合高身長→倭寇由来の中国・半島系

琉球列島や西日本の原住民は倭人
倭人とは日本人の事ではなく中華人から見た中国南部の少数民族の蛮族のこと
常に中華人とは対立関係にあったので動向に注意されていた
日本への倭人の移動は大きく3波ある
・2万年前の氷期に中国南部から琉球列島経由で九州まで進出 この縁で南九州と
 琉球との古代の交流があった
・BC300前後 倭人国家呉の滅亡で北九州に多数移住 何故来たかといったら同胞が
 居る事を知っていたから
・AD200前後 春秋の争乱で遼東・朝鮮の倭人が北九州に多数移住 北九州倭人飽和
 状態で西日本各地で弥生の騒乱発生

琉球諸島では6000年前のトカラ大噴火で南九州から多数の倭人が逆戻りしてきて
南九州とのパイプが出来た



 

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 21:17:08 ID:ZArJ2635
>2万年前の氷期に中国南部から琉球列島経由で九州まで進出 
>この縁で南九州と琉球との古代の交流があった


だから、列島南部はシナ=チベット語族なのかw


>BC300前後、倭人国家呉の滅亡で北九州に多数移住 
>何故来たかといったら同胞が居る事を知っていたから


だから、当時の呉の炊飯器だった粗製灰陶の三足土器や
印文陶の食器や酒器類、青銅器の鼎や酒器や楽器が北九州で
出土しまくっているのかw


>AD200前後 春秋の争乱で遼東・朝鮮の倭人が北九州に多数移住 
>北九州倭人飽和状態で西日本各地で弥生の騒乱発生


だから、弥生時代に須恵器(灰陶)と漢字を使っていたのかw



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 23:05:22 ID:EdG5xXSM
元々違う国で離れた島なのにあんまないちゃーと変わんないな

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 15:44:25 ID:OjHInPDN
>>8
沖縄は、九州とはまったく反対で、A型が少なく、O型が多いぞ。
長崎付近を除いた九州縄文文化は、喜界火山爆発の時に、一度滅んでいる。
沖縄から九州へと渡った縄文系は、南九州に少しいる程度。

半島南東部の加羅は
◎半島南岸の倭人(呉の直系ではなく、半島に移ってから雑種化)
◎中国北東部からやって来た扶余(北方系)
◎沿海州方面からやって来た鮮卑(北方系)
それらの集団が入り組んだ地域で、北方系文化が、倭人系文化を圧倒した。
扶余は、中国北東部でも少数派なので、蒙古っぽさが無く、どちらかというと鮮卑に近い風貌。

北方系は、村単位で集団移動する傾向があるので、現在の半島や大陸は、北方系の影響は弱くなり
北方系の中心は、日本列島に移っていった。
半島は、蒙古によって民族浄化されて醜悪化したが、それ以前の半島南東部は、現在の西日本人に近かった。

加羅から九州北部に渡来したのは、北方系が中心。
西日本海岸線の入り江や、島嶼部には、半島南岸の延長線上なので、倭人もいたが
西日本への北方系渡来人口の多さと比較すると、あくまでも少数派。
でも西日本人の一部を特徴づける顔だちではある。

西日本の渡来人は、加羅(扶余・鮮卑)→九州北部、もしくは、新羅(鮮卑)→日本海側
という西ルートが多かったが
東日本は、西ルート以外にも、沿海州(鮮卑)→北海道・東北北部・新潟
という北ルートがあった。
北ルートは、縄文人と混血した可能性が高い。

31 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 16:04:30 ID:knH7ms02
琉球・奄美に稲作はありましたか? 古墳はありますか? 五機七道に組み込まれていましたか?
武士はいましたか? 日本式城はありますか? 
少なくとも、これらの条件を満たしていないと、たとえ人種は同じでも
同じ日本民族として認めるわけにはいかない





 

32 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 16:16:39 ID:knH7ms02
日本民族というのは元々、本州、九州、四国に住んでいる民族のことをいうんだよ。
琉球人、奄美人、アイヌ人などの少数民族は元々はそれらの外部に住んでたんだろ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 16:20:39 ID:DoSTaXDN
>>31-32
お前は極端な左翼だよな?www

天下分け目・関が原の戦いの時、両軍から、味方についてくれないか?
という、申し出があったんだぞ?(琉球に対して)

少なくても、鎌倉・室町時代には、沖縄の人々は国は違えど
日本人としての意識があったんだよ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 16:32:15 ID:DoSTaXDN
>たとえ人種は同じでも
>同じ日本民族として認めるわけにはいかない

仲間ゆきえ・安室なみえは日本民族ではなく琉球族なのか?www
日本の海外移民(日系人)150万人中20%にあたる30万人の
沖縄県系人は、琉球人なのか?www

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 16:35:24 ID:uF09gUfH
外国人、在日を国外追放するのはもちろんのこと、
少数民族の琉球人、奄美人、アイヌ人なども撲滅処分しないと大和民族が穢されてしまう



36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 16:46:52 ID:DoSTaXDN
>>35

お前の意見は少数派なんだよwww

今時
>外国人、在日を国外追放するのはもちろんのこと、
>少数民族の琉球人、奄美人、アイヌ人なども撲滅処分しないと大和民族が穢されてしまう

なんて思っている、日本人は少ないんだよwww?
>>35
お前がマイノリティーなんだよ?いいかげん目覚めなさいwww

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 16:53:35 ID:Wh0r9s8y
現在、もっとも大和民族的な
弥生形質を残しているのは
部落民だったりする

38 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 16:55:08 ID:knH7ms02
日系は戻ってくるな。
どうせ、外国の人種と混血してるんだろう。

外国人、在日、少数民族なんかいらねーよ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 17:01:45 ID:DoSTaXDN
>>38

>少数民族なんかいらねーよ。

もし日本から少数民族の血族を追放するとなると

アイヌ系の血を引く日本人 800万人
琉球系の血を引く日本人  2200万人

も、もちろん追放するんだよな?

日本の人口1億人割れするぞ?

>>38
バカだなお前

40 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 17:07:21 ID:knH7ms02
37の言ってることは本当なの?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 17:11:38 ID:KrlCmq76
沖縄に縄文時代は存在しない。
沖縄の最も古い人骨の港川人はインドネシアなど南方系の人骨と
関連がある。

42 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 17:17:37 ID:knH7ms02
>39>>アイヌ系の血を引く日本人 800万人
     琉球系の血を引く日本人 2200万人

君はよくそんなこと知ってるね。それに前から気になっていた日系人の数を君が
ぽろりと言ってくれたから調べる手間が省けた。

37が言ってるように現在、大和民族的な形質はほとんどいないの?



43 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 17:45:44 ID:knH7ms02
大和民族は世界にいる民族の中で頂点にいるぞ。
大和民族は世界史上最強!!

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 18:03:40 ID:mil3ge5A
新垣結衣 かわいいぞ!

45 :コンゴ人:2007/01/14(日) 18:05:25 ID:eDeG5fxP
@ヨーロッパ人→白い皮膚、高く細い鼻、退化した上下顎骨、大きい目、高身長

A中東人→黄褐色の皮膚、高く細い鼻、退化した上下顎骨、大きい目、高身長

B日本人・中国人・韓国人→黄土色の皮膚、隆起したサルのような口元、広い団子鼻、低身長

C東南アジア人・黒人→黒い皮膚、つぶれ広がる鼻、ゴリラのような口元、大きい目、低身長

明らかに形質的に見て人間と呼べるのは@、Aだけですよ。
第2次大戦中は日本人をサルとして風刺した絵がライフをはじめ多くの有力紙に掲載されました。
実際欧米人たちは日本人を文明に逆らったサルとして根絶しようとしたそうです。
ハルゼー提督の決まり文句もキルモアジャップ、キルモアジャップだったそうです。
そして究極の実践が原爆投下。
アメリカ人は戦中日本人を黄土色のサルと認識し皆殺しにしようとしたのです。
ニミッツ提督も日本人をわずか数世代の文明の歴史しかない類人猿と断言し太平洋で殺しまくりました。
皆さん、白人や中東人の血を入れて日本人を少しでも人間に近づける努力をしてください。



46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 18:10:28 ID:fAkW4IOw
「大和民族」という概念は極めてあやふやな政治的定義なんだよね
欧米列強への強迫的対抗心から出てきた国粋主義的感情論的概念だからね
まともな議論の対象にはならないよ
軍事・右翼板が適当でないか

スレタイに戻れば
沖縄人は「弥生人」ではあり得ません
弥生人は沖縄には来ていません
ただ 倭人である弥生人と同族系の倭人は存在していますけど





47 :コンゴ人:2007/01/14(日) 18:19:51 ID:eDeG5fxP
@ヨーロッパ人→白い皮膚、高く細い鼻、退化した上下顎骨、大きい目、高身長

A中東人→黄褐色の皮膚、高く細い鼻、退化した上下顎骨、大きい目、高身長

B日本人・中国人・韓国人→黄土色の皮膚、隆起したサルのような口元、広い団子鼻、低身長

C東南アジア人・黒人→黒い皮膚、つぶれ広がる鼻、ゴリラのような口元、大きい目、低身長

明らかに形質的に見て人間と呼べるのは@、Aだけですよ。
第2次大戦中は日本人をサルとして風刺した絵がライフをはじめ多くの有力紙に掲載されました。
実際欧米人たちは日本人を文明に逆らったサルとして根絶しようとしたそうです。
ハルゼー提督の決まり文句もキルモアジャップ、キルモアジャップだったそうです。
そして究極の実践が原爆投下。
アメリカ人は戦中日本人を黄土色のサルと認識し皆殺しにしようとしたのです。
ニミッツ提督も日本人をわずか数世代の文明の歴史しかない類人猿と断言し太平洋で殺しまくりました。
皆さん、白人や中東人の血を入れて日本人を少しでも人間に近づける努力をしてください。

ID:fAkW4IOw=臭くて汚らしいBかCのどちらかw

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 18:26:57 ID:DoSTaXDN
>>46
弥生人って定義も曖昧だよな・・・
大和民族なんてのはもっと曖昧だけど

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 18:30:29 ID:2U2pkBei
>>39
>アイヌ系の血を引く日本人 800万人
  琉球系の血を引く日本人 2200万人

こんなにいるのか?びっくりした。

50 :fAkW4IOw:2007/01/14(日) 18:34:41 ID:fAkW4IOw
>>48
確かにね
弥生時代にも多様な民族は居てたわけだからね

弥生時代を中心になって担った民族ということで
割合限定しやすいことはある



51 :39:2007/01/14(日) 18:43:02 ID:DoSTaXDN
>>49
直接的に沖縄に親戚が居るとかアイヌに親戚が居る人々ではなく

先祖が琉球やアイヌの出目もしくは血縁的に近い集団(国内)
の人数だよ(ミトコンドリアDNAの研究により証明)

ちなみに琉球と同系の血縁的に近い集団は
中国・朝鮮国内にも居て
その合計は1億5千万人にのぼる
(ミトコンドリアDNAの研究により証明済み)


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 18:48:35 ID:2U2pkBei
>>51
なるほどね。
ちなみに沖縄の人は湊川人についてどういう認識なの?
やはり祖先と考えている?

53 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 19:18:03 ID:knH7ms02
沖縄人とか奄美人って、本土人とは似ても似つかない、
まるで東南アジア人や黒人みたいだねw

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 19:19:52 ID:DoSTaXDN
>>52

>>13
で書かれてるじゃん?
しかし俺は直接的な先祖とは考えておらん

レスの流れから言ったら俺は沖縄の人になるけど
ちなみに俺は沖縄の人じゃないかんね

55 :コンゴ人:2007/01/14(日) 19:26:57 ID:5066hs1M
@ヨーロッパ人→白い皮膚、高く細い鼻、退化した上下顎骨、大きい目、高身長

A中東人→黄褐色の皮膚、高く細い鼻、退化した上下顎骨、大きい目、高身長

B日本人・中国人・韓国人→黄土色の皮膚、隆起したサルのような口元、広い団子鼻、低身長

C東南アジア人・黒人→黒い皮膚、つぶれ広がる鼻、ゴリラのような口元、大きい目、低身長

明らかに形質的に見て人間と呼べるのは@、Aだけですよ。
第2次大戦中は日本人をサルとして風刺した絵がライフをはじめ多くの有力紙に掲載されました。
実際欧米人たちは日本人を文明に逆らったサルとして根絶しようとしたそうです。
ハルゼー提督の決まり文句もキルモアジャップ、キルモアジャップだったそうです。
そして究極の実践が原爆投下。
アメリカ人は戦中日本人を黄土色のサルと認識し皆殺しにしようとしたのです。
ニミッツ提督も日本人をわずか数世代の文明の歴史しかない類人猿と断言し太平洋で殺しまくりました。
皆さん、白人や中東人の血を入れて日本人を少しでも人間に近づける努力をしてください。

ID:knH7ms02=臭くて汚らしいBかCのどちらかw


56 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/14(日) 19:36:41 ID:knH7ms02
>55
アフリカのろくに文明もないクロンボに言われる筋合いはないのだがw
お前の脳内論理だと、日本人は人間じゃないんだろ?
だったら、なぜお前は人間ではない日本人の国に住んでるのかね?w
アフリカに帰って内戦にでも巻き込まれてろw

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 19:42:33 ID:1EoKFxyR






縄文時代前期(約8000〜5000年前)の遺跡からは九州で生産された土器が
出土することから、九州縄文人が船で琉球列島に渡ってきたと考えられる。

http://inoues.net/ruins/tume.gif







58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 21:20:18 ID:Nftf1HRp
弥生時代までは九州沖縄が一つの文化圏にあったが
近畿を中心とした本州文化圏に九州が組み入れられて
沖縄は九州から断絶されたと読めるね。
http://noues.net/ruins/tume.gif

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 22:03:17 ID:5066hs1M
>>57
>>58

なんかもう・・
本当に会えないんだなって思うと
悲しかったりする。
でも、それでいいんだと思う。
所詮、別世界の人だったから。
でも、大好きでした。
さようなら。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 22:09:26 ID:Nftf1HRp
>>59
どうしたの?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 22:13:49 ID:5066hs1M
死ぬかも・・・

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 22:22:26 ID:Nftf1HRp
>>61
どうして???
生きろよ!

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 22:55:32 ID:vfn7mWQ/
どうしたの?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 23:12:36 ID:HP/BUSDC
縄文人も弥生人も基本的に北方系。
ただどちらも複数の民族が含まれていたと思われるので
100%北方系とは言えないかもな。

>>1は縄文人=南方系としている時点で間違い。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 23:41:05 ID:DoSTaXDN
確かに古モンゴロイド(縄文人)もアイヌも北方系統だよな

個人的には、南方系統優勢の中国人が同じ東アジア顔なのが謎だな
分子人類学だと日本人や朝鮮人と中国人の遺伝的距離より
日本人や朝鮮人とトルコ人の遺伝的距離が近いのも謎だな

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 00:21:44 ID:Fgg+c72k
華北人は6000年前頃から北方モンゴロイドと徐々に混成して
いったからだよ。

江蘇省あたりの古代人骨は旧石器時代の人骨は低顔で扁平では
ないのだが、新石器時代の終わり頃には高顔で扁平になっている。

徐々に混成しながら北方モンゴロイド的形質も獲得していったから
中国人は東アジア顔なんだよ。

しかし、長江以南には及ばなかったらしく、長江以南は現代も
低顔で扁平な顔ではない。

おそらく旧石器時代の華北は低顔で扁平な顔でないシナチベット語
の祖形を話す南方系の種族だったと見られる。

日本や朝鮮に入った種族はこれではなく、中央アジアでウラルアルタイ語の
祖形を話す北方モンゴロイドの前身の種族が北方経由で入ってきている。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 00:34:30 ID:Fgg+c72k
先島諸島には南方系統の遺跡があるが、その後、忽然と消滅して
しまっている。

湊川人は定着できなかったと思われる。

その原因としては、縄文人が南下した事で、征服されて消滅したか、
あるいは種族ごと南に逃げて台湾島に入ったかだろう。

琉球人の直接の祖先は縄文人にある事だけは確か。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 00:54:25 ID:8dY49kvl
系統の違う南北モンゴロイドを一つの人種にしてしまってるからややこしい。
北方系モンゴロイド→モンゴロイド
南方系モンゴロイド→オーストラロイド
とするべき。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 01:07:45 ID:Fgg+c72k
最初の原始人類の事をオーストラロイドと言うが、
それとも違うし、どうなのかね?

インドシノイドとでも呼ぼうか。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 01:09:56 ID:11VNBtp0
>>27
>面長一重のアッサリ顔で割合高身長→倭寇由来の中国・半島系
お前、浙江や福建の沿岸部中国人の顔を知らないだろ。
卵形で二重のお目目ぱっちりだよ。
蒙古襞や蒙古斑さえない者が多いよ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 01:30:32 ID:wmI2Gjoh
>>65
日本がまだ縄文時代で、外との交流がほとんど無かった時代に
すでにバイカル湖付近には、青銅の冶金技術が伝わっていた。
冶金技術はトルコで発展したものだから
すでにその時代にはコーカソイドとの交流があったと見てよい。

日本語は、アルタイ諸語との近縁関係を指摘する人もいる。
中国よりも、さらに北の地域になると稲作に適していないから
漢族の影響が急激に弱くなり、人口密度も低く、農民の所有地も少ないから
中央アジア系が容易に進出できたのだと思う。

弥生人は新モンゴロイドの影響で平面的な顔だが、鼻梁が細いから鼻筋は通って見えるし
目もともスッキリして、モンゴル特有の重たい瞼とは違う。
それらは、中央アジア系との混血によって、モンゴル的な野暮ったさを消し去ったのでは。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:44:21 ID:qxuqC/vR
縄文時代というのは、大陸と陸続きだった頃に、北方から流れてきた民族が
氷河期の終わりによって大陸から切り離され、孤立した時代。
後に渡来人がやってきて、弥生時代が始まる。

その後、縄文末期には渡来していた事が分かって
初期の渡来人たちのことを縄文人だと言い張るやつがあらわれた。
半島の倭人まで縄文人だと言い張り
沖縄も同じ系統だと言い張った。

さすがに言っていることが無茶苦茶なので
弥生人であることを認めたが
華南と結びつける魂胆があるので、沖縄だけは切り捨てられず
沖縄まで弥生人だと言い張り始めた。

どの地域の人間が書き込んでいるのか、簡単に想像がつくな。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:52:57 ID:11VNBtp0
>>72
>大陸と陸続きだった頃に、北方から流れてきた民族が
>氷河期の終わりによって大陸から切り離され、孤立した時代。
どうして北方から南下?いつの時代のこと?地続きだった間、ずっと?
どうして西方から東進や南方から北上は考えないの?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 03:27:42 ID:qxuqC/vR
西方からの東進であるのなら
朝鮮半島に縄文人骨が大量に見つかっていないとおかしい。

南方からの北上であるのなら
縄文と華南以南の遺伝的同質性が無ければおかしいし
縄文人が北東アジア系である事の説明をしないといけない。
それに縄文初期に航海技術が、どの程度発達していたんだか。

フォッサマグナ以西に縄文遺跡が少ない理由も説明しないといけないな。

博多には南宋人がいたから
沖縄を含めて、それらの古代海洋帝国を妄想してるんだろ。
でも南宋と博多の繋がりができたのはずっと後のこと。
筑前は北方系の女真族が乗っ取って発展した地域だし
南宋も女真族が乗っ取って成立した。

ちなみに俺は華僑も女真系だと思っているよ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 04:33:13 ID:G8pyrkSW
>>74
>西方からの東進であるのなら
>朝鮮半島に縄文人骨が大量に見つかっていないとおかしい。
朝鮮半島なんて無関係に、中原から東進すりゃいいじゃん。

>縄文と華南以南の遺伝的同質性が無ければおかしいし
>縄文人が北東アジア系である事の説明をしないといけない。
華南以南の移動が起きた時代の華南以南の古人骨の
DNA調査なんてほとんどしてていないだろ。

>俺は華僑も女真系だと思っているよ。
マッコリの飲み過ぎですか?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 04:40:34 ID:G8pyrkSW
このマップを見てると…
ttp://www.geocities.com/littlednaproject/W-MAP.GIF

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 04:48:25 ID:G8pyrkSW
YAP+マップを眺めてる限りでは
東南アジアからの北上がメインに見える。
ブータンやチベット、チワンとつらなるYAP+ベルトが
最期の氷河期以降に膨張し南下移動してきた
北東アジア由来の漢族先祖に断ち切られ、
日本列島が孤立したように見える。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 04:50:38 ID:7F0amPdg
華南以南の移動が起きた時代の華南以南の古人骨の
DNA調査をほとんどしてていないのなら
北上説なんて最初から除外して
データがある程度揃っている南下説を検証すればいいだけのこと。

東進説の場合、長距離航海できたのかね?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 05:03:48 ID:G8pyrkSW
>>78
>東進説の場合、長距離航海できたのかね?
氷河期に東シナ海は…

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 05:40:32 ID:mJIsBFGx
こっちの方が分かりやすいよ
ttp://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg

沖縄やアイヌは、九州、本州以上に
東南アジアからかけ離れ、似ても似つかない事がわかる

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 05:55:52 ID:kA8K4FTK
うる覚えで間違っているかもしれないが

YAP+遺伝子って、完全に母系遺伝だったよな?

それで、東アジアでは日本人にだけに有る遺伝子で
YAP+を持つ人種は日本から近い順に、

フィリピンの一部の部族
チベット
南インド
アラスカイヌイット
イスラエルのユダヤ人

チベットや南インドで見つかったって事は、言語学で言われている
レプチャ語とかタミル語との関係もある程度説明できる罠

ただし、ユダヤ人からYAP+遺伝子が見つかったとしても

日本人とユダヤ人は同祖説は無しだ罠


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 06:01:21 ID:7F0amPdg
台湾統治時代は、沖縄人が台湾人を野蛮人扱いして
えばり散らしていたらしいな。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 06:05:12 ID:kA8K4FTK
>>80のマップ見てると、朝鮮人の方が、日本人より南方系の比率が高い
のは気のせいか・・・?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 06:09:40 ID:kA8K4FTK
>>82
それは沖縄人じゃなくて鹿児島人の話だろ?
詳しく書くと長文でめんどし、ここは歴史板じゃないから省略するけど

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 08:31:41 ID:tx36MbdQ
だからGm遺伝子なんて時代遅れ。
赤は南方系の中にマラリア耐性遺伝子を獲得した個体ができて爆発的に広がっただけ。
それ以前に列島や沖縄に入り込んだ寒冷適応してない同系の人種が縄文人。
高校生物をやればわかるが環境負荷が加わるとオリジナルの遺伝子などたった2代で失われる。
だから縄文人も東南アジア人も同種同根でマラリア耐性があるかないだけの違いしかない。
アジア人の遺伝距離はどれもみな近い。
コーカソイドやネグロイドとは違う独自のブロックを形成している。
特に日本人と韓国人と中国人は遺伝距離が小さく親戚同士。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 11:06:32 ID:bofzkMQ8
縄文人はバイカル湖畔から樺太北部に移動した確たる証拠がある(ロシア科学アカデミー)
さらに細石器を使い北方系であるのは明らか。
在日が言う南方系なら鼻が低くつぶれていなくてはならないが、縄文人は欧米人並みに鼻が高かった。
また、朝鮮半島では骨が見つからないので朝鮮人とは基層が大きく異なる。
遺伝クラスターは対象によりことごとく異なるため参考にならない。
尚、有名な宝来分析では、在日が多く参加しており、サンプルにも偏りがあり
全く信用できないのはもはや常識。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 11:35:59 ID:M2pfWYzl
>>86
だから南方系の人種も北からアジアに侵入したの。
そのまま温帯を飛び越えて南下したのが東南アジア人。
温帯に定着したのが縄文人。
氷河期にシベリアに閉じ込められたのが弥生人。
遺伝クラスターで見るとアイヌが全アジア人の源流になるのは当たり前。
縄文人の鼻はニューギニア人みたいに幅が広くて大きかった。
欧州人・中東人みたいな細くて高い鼻とは似ても似つかない別物。
アイヌコックルの像を見ればどんな鼻だったか一目瞭然だよ。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 14:13:30 ID:ZWB8IYbC
琉球人だが本土で暮らすと「俺こんな色、白かったっけ?」てっ位白くなる

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 14:21:00 ID:bhSoqYfg
大正区の沖縄人街にいる人たちは
やっぱり地黒だと思うが。
大阪人に完全に同化しているとはいえないぞ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 18:32:56 ID:kA8K4FTK
>85
>アジア人の遺伝距離はどれもみな近い。
>コーカソイドやネグロイドとは違う独自のブロックを形成している。
>特に日本人と韓国人と中国人は遺伝距離が小さく親戚同士。
ここは当たっているよな
比較言語学で近親性持っている、ゲルマン・ラテン・スラブ系人種同士より
言語学上で互いの関連性の遠い
日本人(アイヌ・琉球も含め)朝鮮人・中国人同士の方が、遺伝的差異は小さい

>縄文人も東南アジア人も同種同根でマラリア耐性があるかないだけの違いしかない。
ここは違うだろ?
正確な年数は忘れたが1万5千年〜3万年前ですでに、別集団としていて存在してたはず
それぞれの集団が分岐したのは、中央アジアでもヨーロッパ寄りのカスピ海周辺で
東南アジア人種はインド経由で
東アジア人種はシベリア経由でアジアに到達したと考えられる
東アジア人種の中でも西に向かった人種が現在のトルコ人やフィンランド人
で、東南アジア人種よりも、分岐した年代が最近なため、東アジア人種と
トルコ系人種には東アジアと東南アジア人種よりも近親性があるという訳



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 19:08:26 ID:kA8K4FTK
>>88
>琉球人だが本土で暮らすと「俺こんな色、白かったっけ?」てっ位白くなる
禿同
俺も琉球人だが、本土で暮らすと秋田県人並みに色白くなる
>>89
大正区とか、川崎市の沖縄県人は同化を拒んでいるだけだろ
Gactなんか、はじめ日本人かと思っていたが、実は両親とも沖縄人だったな

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 19:28:34 ID:qwDmryPe
濃い顔イコール南方系と言われるのは我慢できないのな

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 20:46:14 ID:8dY49kvl
要は中国人、東南アジア人は遺伝的にはモンゴロイドよりオーストラロイドに近いんだろ。
素直にオーストラロイドに入れてしまえばいいのに。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 21:06:54 ID:0Gcuhcmf
>>77>>81
日本人種のYAP+と東南アジア辺りのYAP+は別種。

日本人種のYAP+はht1。
東南アジア・中国南部あたりに微かに残るYAP+はht2。
白人や黒人のYAP+はht3。

ゆえに日本人種は中国南部や東南アジアとは無関係。

残念でした(嘲笑)

◎YAP+マップ

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 21:22:20 ID:0Gcuhcmf
>>70
正解。

長江以南は古代人骨も現代人骨も低顔で扁平ではない頭蓋で、
日本の弥生期の渡来人骨の高顔で扁平な頭蓋とは全く遠くかけ離れている。

>>71
弥生人骨はモンゴルやアムールのツンギーデの頭蓋と最も近い。

縄文人との混成でツンギーデ的特徴が半減したと思われる。

>>72
江南や華南に誘致しているのは在日台湾人。

台湾人は98%までが江南や華南から台湾に渡った集団だからね。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 21:32:21 ID:0Gcuhcmf
>>87
>縄文人の鼻はニューギニア人みたいに幅が広くて大きかった。


ありえない。

広くて大きな鼻は高温多湿でなければ出現しない。

当時のシベリアが高温多湿とは考えられない。

北欧人のように、狭くて高いが、短い鼻だったが正解。
ゆえに鼻指数自体は中鼻を示す。

これは今の縄文系やアイヌにも当てはまる。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 00:51:00 ID:s3sGfCmc
>>87
嘘ばかり言うな。縄文人骨見たことないのか?
鼻幅は中くらい。中東人とさして変わらない。
鼻根わん曲示数は72で欧米人と同じ。朝鮮人は88。示数が大きいほど鼻根が低い。  
君は意図的なのか縄文人の鼻が高いという事実は書かない。
縄文人は中幅の高鼻というのが正しい。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 00:57:30 ID:aa9aatIw
>>91
俺も白くなたよ。1年で真っ白。
島根出身の友達と比べて、違うのは毛の濃さだね。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 01:16:26 ID:dtZgpXYt
妄想が暴走して、縄文・弥生像がゆがんできているんだな

縄文人 → 日本最初期の人類 → 誇り高い人種だなあ → 過剰に美化した姿を浮かべる →
自分の好きな芸能人 → たとえば○○○○子とか → ○○○○子は縄文系で決定
自分の嫌いな芸能人 → たとえば●●●●子とか → ●●●●子は弥生系で決定

100 :1:2007/01/16(火) 01:49:05 ID:kvJ/X1w3
100ゲト!!!!

101 :1:2007/01/16(火) 01:58:01 ID:kvJ/X1w3
で、やっぱ沖縄人って弥生系だよな?
別に煽っているつもりはないが
人類学的には沖縄人は縄文系より弥生系の方が優勢な人々だよな?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 03:48:18 ID:Ha1YHIno
島袋寛子 :弥生系
今井絵理子:縄文系(鹿児島の島嶼部にもありがちな顔)
上原多香子:縄文系(台湾先住民のアミ族などに似ている)
新垣仁絵 :縄文系(フィリピン先住民に似ている)

安室とか南沙織…沖縄女とフィリピン人米軍族のハーフ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 09:49:13 ID:34fjV1Mt
NHKに国立科学博物館の人が出て、「沖縄の住民はもっとも純粋な弥生人」と言ってたお。
おまえらの書き込みより信頼できるお。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 11:06:15 ID:lsurLRJP
>>103
マジで?まぁ、最近は九州から南下した人が主流だと聞いたが。
国立科学博物館のイベントはどうなんだろうか…。
http://www.kahaku.go.jp/jomonvsyayoi/

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 11:41:50 ID:RhkqyWYK
>>103
そのヒト 博物館の経理の人でないの??

沖縄人が弥生人だなんて 笑止
なんで貝塚時代が12世紀まで続いたんだよ



106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 17:40:46 ID:Yt33vGB1
沖縄とインドネシアがつながりあると思うよ。どっちも料理でチャンプルー
がある。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 17:47:22 ID:blqz8Un/
>>106
それは交易によって伝わってきただけだろ。本土に天麩羅や金平糖があるからと言って、
本土人がポルトガル人と繋がりがあるわけではない。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 18:21:18 ID:GuxUX2h4
>>90
ヒマラヤ北ルートやら南ルートやら言ってるのgm遺伝子信者だけ。
全アジア人が南から来たという説があれば北から来たという説もある。
現段階では南から来た人間が北上したという説が通説。
縄文人はバイカル湖付近まで北上したところで寒冷化に追われて日本列島に逃げ込んだ。
大陸南部に逃げたやつらはすでに定着していた東南アジア人たちと混ざって東南アジア人が完成。
南にはマラリアがあるから当然すぐにgm遺伝子上は赤1色となる。
でももともと両者は寒冷地適応してない同根の種族だからよく似ている。
アイヌ犬とフィリピン犬の遺伝子もルーツが同じ。
南方にはもともと犬がいない。

109 :90:2007/01/16(火) 19:56:40 ID:kvJ/X1w3
>>108

別に俺はgm遺伝子信者ではないけれど?
>>90で言ったのは、分子人類学における、アジア人のルーツの話だが・・・

>現段階では南から来た人間が北上したという説が通説。
ここは怪しいだろ・・・
日本人も朝鮮人も祖先はバイカル湖周辺だろ、当時そこに住んでいた
人種は元々、中央アジアのヨーロッパ寄りのカスピ海周辺から
シベリア経由で日本に到達したはずだが(分子人類学)
>南にはマラリアがあるから当然すぐにgm遺伝子上は赤1色となる
マラリア耐性のある赤の遺伝子って、そんなに強力な優勢遺伝子なのか疑問だな
それから、犬の遺伝子は、アイヌはともかく、沖縄も含めた日本各地の
犬の遺伝子は、朝鮮経由で朝鮮犬との遺伝的距離が近いのだが・・・

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:02:21 ID:E5qQPpTj
>南にはマラリアがあるから当然すぐにgm遺伝子上は赤1色となる。


ほほう、じゃあ何でマラリアのある中南米のモンゴロイドは
赤1色じゃねえの?w
http://www.dai3gen.net/gm02.htm

マラリアの流行地域
http://www.forth.go.jp/tourist/kansen/07_mala.html

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:09:27 ID:0jKCO++k
>日本人も朝鮮人も祖先はバイカル湖周辺だろ、当時そこに住んでいた
>人種は元々、中央アジアのヨーロッパ寄りのカスピ海周辺から
>シベリア経由で日本に到達したはずだが(分子人類学)

ここが極めて怪しい。
中央アジアから南ルートで人類は6万年も前にアジアに到達している。
この連中が北上して再南下したのが縄文人と考えるのが自然。

>マラリア耐性のある赤の遺伝子って、そんなに強力な優勢遺伝子なのか疑問だな
遺伝学やったことないでしょ?
優性遺伝というのはヘテロ接合体で優性形質が出るような遺伝の方式。
ホモ接合体だと優劣は関係なく遺伝形質が発現される。
それはともかく病気に対する耐性遺伝の場合広がり方は非常に早い。
耐性がない個体は病気に淘汰されて死ぬから耐性遺伝子が短期間で濃縮される。
病気の場合、普通の環境負荷とは負荷の度合いが違うわけよ。
だからgm血液型遺伝子と遺伝距離はまったく関係がない。
高校レベルの生物を齧ったことがある人なら誰もあんな疑似科学に騙されないさ。



112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:12:08 ID:0jKCO++k
>>110
中南米には近年まで赤遺伝子が到達していない。
黄色と緑と青だけ。
それが新大陸先住民。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:25:54 ID:kvJ/X1w3
>>102
仲間ゆきえは、弥生系優性だが縄文の血も混じっている感じがする

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:27:25 ID:zBbUicwv
かつて南方系モンゴロイドと呼ばれていた人種はオーストラロイドであるという事実。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:31:41 ID:E5qQPpTj
>現段階では南から来た人間が北上したという説が通説。


確かに通説だな。

アフリカ南西部のオーストラロイドが西アジアまで移動して、
そこからユーラシア大陸からアメリカ大陸、太平洋の島々まで
姿かたちを変えながら拡散していったというやつな。

うんこミトコンドリ屋の押し付け通説だがなw

原人が新人に変化したかもしれんし、アフリカ以外の場所が
人類の故郷かもしれんし。

でも縄文人が東南アジアから北上したとは思えないね。

遺伝子を超えるもの、それは言語。

170万年年前の北京原人は既に原始的言語を持ち、
会話をしていたという。

たかが数万年前では文法などは既に今とほとんど変わらないはず。

日本人の基層はウラルアルタイ語の故郷と関係がある。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:43:01 ID:kvJ/X1w3
>>111

>中央アジアから南ルートで人類は6万年も前にアジアに到達している。
>この連中が北上して再南下したのが縄文人と考えるのが自然。

という事は、東南アジアや中国南部に到達した人類が、シベリアまで一度北上して
て、寒冷適応(蒙古ヒダ、蒙古班)を受けた人種(新モンゴロイド)、受けなかった人種が(古モンゴロイド)、
再び南下して、日本朝鮮中国そして、東南アジアに到達したという解釈でいいの?

それって、ちょっと変わったルートだと思うのだが・・・
それが本当に真実なのか今だに疑問

遺伝学はやった事ないが>>111の説明はある程度納得できる罠
肥満遺伝子にも同じ原理が適応できるからね


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:49:53 ID:kvJ/X1w3
>115

>日本人の基層はウラルアルタイ語の故郷と関係がある。

だからやっぱ日本人のルーツは南から北上した人種じゃなくて
中央アジアやバイカル湖周辺にあるんだよ(>>111に言っている)

言語学的には、ウラル・アルタイ語と日本語はある程度関連しているし
文法とかの面で


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:51:31 ID:qYICDeDd
東南アジアや中国南部に到達した人類が、シベリアまで一度北上して、

ウラル山脈まで広がったという事になるぜ(ゲラゲラ)

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 21:23:31 ID:cRjzZjhZ
>>118
>東南アジアや中国南部に到達した人類が、シベリアまで一度北上して、
>
>ウラル山脈まで広がったという事になるぜ
そうなんだー

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 21:33:32 ID:Scn8Om9Z
稲作民族は寒冷地には行きませんよ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 22:15:51 ID:kvJ/X1w3
>>103
>NHKに国立科学博物館の人が出て、「沖縄の住民はもっとも純粋な弥生人」と言ってたお。
>おまえらの書き込みより信頼できるお。

俺も去年新聞で読んだぞ、最近の研究じゃぁ、沖縄の人は、弥生系優性の人々だと


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 22:38:54 ID:qYICDeDd
国立科学博物館の研究レヴェルは最低だって。

弥生人が中国大陸人と来たもんだ呆

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 22:46:32 ID:hU2ML7mA
>>122
>弥生人が中国大陸人と来たもんだ
そうなんだー

知らんかったよ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 22:53:26 ID:zBbUicwv
博物館は基本的に研究機関じゃないしな。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 22:57:29 ID:qYICDeDd
弥生人の研究レヴェルは、


2ch>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>国立科学博物館


これ本当の話w

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:02:45 ID:qdyumJj9
国立科学博物館よりも
ラーメン博物館

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:04:01 ID:kvJ/X1w3
>>122-125

そんで、弥生人って中国大陸人じゃやなくて、どっから来たの?


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:10:00 ID:qYICDeDd
>>127
ここを最後まで読んでみたら?

http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/history/1150607297/

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:23:56 ID:kvJ/X1w3
>>128

結局、そのスレでも

弥生系=朝鮮半島に定住しなかった、北方アジア人って事になるね

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:25:38 ID:qYICDeDd
問題は北方アジアのどこから来たかって事が明確にされている事だな。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:54:11 ID:zBbUicwv
>>125
2ch見てる教授知ってるし
あり得る話かもな。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 00:38:14 ID:3PVP1aYj
弥生人は中国大陸の江南地域から来たのが当たり前
朝鮮経由の北アジア人じゃないよ

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 00:41:41 ID:X+XqNXZI
>>109
日本人も朝鮮人も祖先はバイカル湖周辺だろ、当時そこに住んでいた
人種は元々、中央アジアのヨーロッパ寄りのカスピ海周辺から
シベリア経由で日本に到達したはずだが(分子人類学)

>>111
中央アジアから南ルートで人類は6万年も前にアジアに到達している。
この連中が北上して再南下したのが縄文人と考えるのが自然。

>>109=シベリアルートから日本へ南下と主張
>>111=南ルートから一度北上、再び日本へ南下と主張

どっちが正しいんだ?


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 01:19:41 ID:X+XqNXZI
>>132

中学の教科書では、弥生人は朝鮮経由と書かれているのには
それなりの裏づけが、あるんだろ?
だから、朝鮮経由の北方アジア人で間違いないだろ?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 09:19:34 ID:r/m449ho
朝鮮半島では縄文人骨及び遺跡が出土しない。これがポイント。
よって朝鮮人の成立に縄文人は無関係。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 18:35:43 ID:n3vlkyBO
>>134
>>27へ行ってごらんなさい




137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 19:12:59 ID:jnWCxILb

弥生時代までは西九州と沖縄が同一文化圏にあったのは
考古学上の常識。
その後古墳時代に入り本州の政権は九州を制圧。
沖縄と西九州の交易は断絶される。



138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 19:45:54 ID:YXIR6ZDs
>>133
シベリアルートから日本へ南下に決まっている。

東南アジアや中国南部に到達した人類が、シベリアまで一度北上して、
ウラル山脈まで広がったと思えるかい?

それと、そいつは破綻している江南や華南に誘致して
いる悪意の在日台湾人。

台湾人は98%までが江南や華南から台湾に渡った集団だから、
日台同祖論を目論んで江南や華南に誘致しているのだよ。

手法は南京大虐殺や朝鮮人強制連行と全く同じ。

矛盾をできる限り少なくして創り上げた創作をさり気なく100万回唱える事で、
馬鹿から徐々に洗脳して本当にしていく、例の洗脳方法。

向こうは破綻している創作である事など百も承知で、ただひたすら
洗脳が目的でここの日本人に近づいている確信犯。

善意の貴方が悪意の人間にまともに対応するだけ無駄。

対抗要件の証拠を出すか、罵倒、恫喝など、ネガティヴキャンペーン
でしか悪意の在日台湾人を排除する方法は無いのだ。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 20:11:27 ID:YXIR6ZDs
>朝鮮経由の北方アジア人で間違いないだろ?


単に朝鮮半島経由と言うと、陸を通過してきたように聞こえる。

もっと正確に言うと、朝鮮半島は東部沿海を船で航行しただけ。

朝鮮半島東沿海経由。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 20:23:30 ID:YXIR6ZDs
>朝鮮半島では縄文人骨及び遺跡が出土しない。これがポイント。
>よって朝鮮人の成立に縄文人は無関係。


陸分岐で土着系が半島と切り離された15000年くらい前は
もう縄文時代だがなw

古モンゴロイド縄文人を祖先に持つ中央モンゴロイドが朝鮮半島の
土着系だな。

その後、

満州中部〜南部にいた内陸部のツンギーデと混成したのが朝鮮人。

アムール〜沿海州北部にいた沿岸部のツンギーデと混成したのが日本人。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 20:55:23 ID:f+lkJqU/
そういえば九州大学のホームページにかいてあったな。
人類がアジアに到達したのは最新の研究だと6万年前。
そして徐々に北上を続け比較的暖かかった2万年前にはシベリアに到達。
狩猟民族が形成された。
やがて寒冷化が始まって寒冷地不適応の縄文人は南下して日本列島に流入。
中国大陸では縄文人が原シナ人や東南アジア人と混血。
シベリアに取り残された連中は特殊化して寒冷地適応型新モンゴロイドに変化。
だからモンゴロイドはコーカソイドともネグロイドとも違う独自のブロックを作る親戚同士。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 21:02:50 ID:f+lkJqU/
これだったかな。
日本人の起源とモンゴロイドの形成


http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/WAJIN/113.html

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 21:08:08 ID:vuRdoxqO
縄文人にはA型は非常に少ない

144 :109:2007/01/18(木) 07:15:15 ID:A//qEuH+
>>141
お米、>>111だよな?
漏れが>109で参考にした論文は、アメリカの人類学研究チームの論文
アメリカの人類学研究チーム>>>>>>九州大学だ罠
まぁ日本人の研究に関しては、九州大学>>>>アメリカの研究チームな訳だが

アメリカ研究チームのソースが晒せないのが残念だが・・・

東南アジアに人類が到達したのは6万年前一方シベリアに人類が到達したのは3万年前
同じ主張を繰り返すようだが、
中央アジアから出発した人類は、ヒマラヤ北周り(シベリアルート)
とヒマラヤ南周り(南ルート)に別れた訳だが?
仮にすべてのアジア人が南ルート起源だとすると
>>115の最後に書かれているように、ウラル・アルタイ語との関連が説明できないんだよ
南ルートからシベリアに到達しその後、トルコやフィンランドまで
南ルートのアジア人が逆戻りしたと言えるのか?
言語学的に説明がつかんのだよ
アジア人の起源が2種類(南ルートとシベリアルート)の方が言語学的に説明がつく
お米が言ったように、アジア人同士は遺伝的に近親性があるというのは認めるがな


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 12:32:20 ID:D971mQHK
南ルートで人類が北上して温暖化した時代にシベリアに拡散したんだろ。
で西に向かった一派はウラル山脈東部までたどり着いた。
東に向かった一派はベーリング海峡が氷結したとき新大陸に侵入した。
だから南から全アジア人が来たという説と言語学の知見は整合する。
いわゆるウラル山脈西部はヨーロッパロシアでコーカソイドとモンゴロイドの混血地帯。
今のウイグルみたいなところだった。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 12:41:45 ID:D971mQHK
今のフィンランドやハンガリーにもアジア人がかつてたびたび侵入した。
ハンガリーのマジャール人やゲルマン民族を大移動させたフン族なんかも有名。
トルコ人はもともと中国北西部に住むモンゴロイド。
漢民族国家の外縁種族だったが極東を離れて西進してやがてイスラム化する。
でも現代のフィンランド人やハンガリー人やトルコ人のモンゴロイドの痕跡はほとんどない。
彼らは完全に人種的にはコーカソイド化(コーカソイドに吸収された)といってよい。
でも言語にはアジア的な特徴が強く残存している。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 15:18:11 ID:NaetV6V3
青銅加工の伝来はシベリアが先で、中国はその後。

B型の分布も、中東一帯からシベリア方面に巨大な帯があって
そこから中国に向けて南下するにしたがって
B型は少なくなっていく。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 15:41:47 ID:XaVzhaoY
スンダランドから雲南・長江流域経由で日本に入った連中は?
この辺が、結核持ち込んで縄文人をたくさん死なせた弥生人じゃなく
沖縄系の人々じゃ?

というか、縄文人骨は一種類のタイプじゃないし(南方系も北方系も)、
「かぼと」も……。
漢民族の定義自体、難しいと思う。

そもそも中国人って、有史以来の歴史だけ見ても
各省ごとに異民族との混じり方が違っても全然おかしくないのに
(遺伝が違うと思うけど)、
そういう研究、ないなあ。
やると国内対立の火種にでもなるのかな。
同じ漢民族でも恐らく微妙に違う筈。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 16:40:08 ID:nvQdBCZe
最近の沖縄人は顔薄くなってるの?デモ行進やってる人の顔なんか見ると、そんなに濃くない。本土人がたくさん交じっちゃったの?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 17:17:14 ID:A//qEuH+
>>145-146
そうなんだぁー

>>147

>B型の分布も、中東一帯からシベリア方面に巨大な帯があって
>そこから中国に向けて南下するにしたがって
>B型は少なくなっていく。

日本でもシベリアに近い秋田県を中心とする東北地方にB型が多いよな
おそらく、最後の大規模な渡来系と呼ばれる、1000年前に東北日本海側に
定住した、ツングース系騎馬民族の影響だろうな、まぁ東北地方には
あきらかにコーカソイドの遺伝子も入っている訳だが・・・

>>148
沖縄と南方系の中国人とはあまり関係ないよw遺伝子レベルで、明らかに
現在の沖縄人は本州〜九州経由で来た、弥生人主流の人々だぞ
港川人との関連性も希薄、
俺はスレタイ通り今の沖縄人=弥生系主流だと思うが
>>150
今の沖縄県知事のなかいまだっけ?も、顔薄いよな(しょうゆ顔)・・・元長野県知事の田中とか
東京都知事の石原より、弥生色が強いと思割れ


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:17:49 ID:rzO1oA69
>>108
>南にはマラリアがあるから当然すぐにgm遺伝子上は赤1色となる。


で、ソースは?


>>145>>146
>南ルートで人類が北上して温暖化した時代にシベリアに拡散したんだろ。
>で西に向かった一派はウラル山脈東部までたどり着いた。


では聞くが、出アフリカして中央アジアに入り、そのまま北上した
連中や中央アジアから北東に向かった連中は一体何してたの?


>トルコ人はもともと中国北西部に住むモンゴロイド。
>漢民族国家の外縁種族だったが


ぜーんぜん違いますねえ。

トルコはもともとの故郷ははバイカル湖沿岸のツンギーデ。
シニーデの漢民族などとはさらさら関係がない。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:24:34 ID:Wc9C2Wdx
↑チョンの妄想爆発w

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:28:24 ID:IwP/x5bf
南方系をモンゴロイドと言うのはおかしい。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:29:25 ID:rzO1oA69
>>150
たかだか1000年前なんて最近に渡来したなら記述も伝承も残りまくる
だろが。秋田は東北におけるB52-DR15最大エリア。単に弥生人の末裔。
それにコーカソイドなんて入ってません。あほです。


>今の沖縄人=弥生系主流


では、何で過半数がアイヌと同じht1型YAP+を持っているのかね?

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:35:01 ID:p+dfwWgt
154>お前馬鹿だな。
世界史とったことがない中年のオヤジか?
トルコ人の起源は中国北西部の突厥。高校世界史の教科書にも書いてある常識だ。
トルコ語の最古の碑文は、モンゴル高原にある、7世紀末の突厥碑文。
それ以前、3世紀頃ののモンゴル高原の遊牧民も、中国側の資料から推測すると、
トルコ民族と考えられています。 7世紀に大帝国を築いた突厥が、ウイグル族
に滅ぼされ、イスラム教の成立、モンゴル帝国の興亡の時代を経て、イスラムに改宗し、
イスラムの帝国で傭兵として活躍しながら、カラ・ハン朝、ガズニ朝、セルジューク朝
と次第に勢力を伸ばしました。そして、13世紀オスマン朝が成立し、ヨーロッパを脅かす
大帝国に発展。  この過程の中で、トルコ民族は、次第に西に広がり、アゼルバイジャン人、
トルクメン人、ウズベク人、カザフ人、キルギス人、ウイグル人などがトルコ民族に属する
人々です。 一言で言ってしまえば、トルコ人は、日本人に非常に近い起源、モンゴロイド(黄色人種)系の
起源を持った人々なのです。 因みに、イラン語はインド・ヨーロッパ語族ですから、イラン人は、言語的には、コーカソイド(白色人種)系の起源を持った人々と言うことになります。


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 21:12:03 ID:A//qEuH+
>>154
>たかだか1000年前なんて最近に渡来したなら記述も伝承も残りまくる
>だろが。秋田は東北におけるB52-DR15最大エリア。単に弥生人の末裔。
>それにコーカソイドなんて入ってません。あほです。

以外と知らない奴多いんだよなwww1000年前に渡来した、騎馬民族の話
漏れはちゃんと人類学辞典で読んだぞ?
文献が残ってないから、存在しないのか?アフォだなお前
東北にコーカソイドが居ない?????
では何故東北地方に青い目をした人々が近年まで存在したのか?
最近でも東北出身で青に近い緑の目をした女優がCM出ていたぞ?
両親とも東北の出身だが
遺伝子的にもちゃんと裏づけがあるらしいが、確か病気に対する抗体遺伝子だったと
思うが
YAP+が多いから沖縄人=縄文系?でアイヌに近い集団?
一つの遺伝子とか特徴ばかり見ていたら、トンデモ説がまかり通るわな
例えば
対馬の人=朝鮮人 沖縄人=中国人 長崎県人=中国人 みたいなレベル
一つの集団のルーツを見る時は、考古学・遺伝子・言語学・歴史・神話
など、多角的に見るもんだぞ普通は?
>>154お前がアフォwww


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 21:30:01 ID:rzO1oA69
>>155
中国史料に見られる丁零が、「テュルク」の語で自称・他称されていた
と考えられる民族に関する記録の最古のものであると考えられている。
丁零は匈奴と同時代にモンゴル高原の北方、バイカル湖あたりに居住
していた遊牧民で、匈奴衰退後の3〜4世紀ごろ南下して「高車丁零」を
立てたが、6世紀前半に柔然に滅ぼされた。同じ頃、中国史料に鉄勒
(現代中国語発音:ティエ・ラー)という当て字で記録される、
テュルクの名を持つ人々が現れ、丁零の原住地バイカル湖沿岸から、
中央アジアのカスピ海西岸に至る広大な地域で遊牧していた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%AF
バイカル湖あたりに居住していた遊牧民
バイカル湖あたりに居住していた遊牧民
バイカル湖あたりに居住していた遊牧民
バイカル湖あたりに居住していた遊牧民

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 21:39:31 ID:rzO1oA69
>>156
では何で1000年ほど前のなんらかの騎馬民族の遺跡や遺物が
秋田に残っていないのかね?

それにブラウンの目で奥二重の北欧人はモンゴロイドの遺伝子が
入っているのかね?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 21:42:03 ID:39TBOwOm
沖縄人は なに人でもいいよ
誰も 関心ないからさ




160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 22:10:32 ID:A//qEuH+
>>158
>では何で1000年ほど前のなんらかの騎馬民族の遺跡や遺物が
>秋田に残っていないのかね?

漏れに聞かれてもね・・・東北地方研究してる学者じゃぁあるまいし
日本人のルーツに関する人類学辞典に記述されてる事は確かだ罠

>それにブラウンの目で奥二重の北欧人はモンゴロイドの遺伝子が
>入っているのかね?

誰もそんな事言ってないし聞いてない訳だが?

まず、秋田を中心とする東北地方にコーカソイド人種の遺伝子が残っている罠
日本人のルーツに関する本には、たいがい書かれている事実だぞ?
もちろん人類学辞典にも
東北地方の緯度で、目の色が青い色白の人種集団が誕生するのは難しい罠
おそらくこちらも渡来してきた集団の一つであると考えられる
青い目の遺伝子自体劣勢遺伝子だしな
同じく中国西部のタクラマカン砂漠の南にある、アルトゥン山脈にも
青い目をしたコーカソイド人種が居る訳だが
漏れは世界ふしぎ発見で、実際にその人種集団を見たぞ
あきらかに、北欧の白人とそう変わらない印象を受けた
おそらく東北地方の白人遺伝子は
中国に住む青い目をしたコーカソイドと繋がりがあるんだろうなと
考えるが

反論でも?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 22:24:35 ID:rzO1oA69
タクラマカン砂漠は古代、イラン系が住んでいた。
碧眼のコーカソイドは遊牧民のソグド人の可能性が高い。
あるいは、アレクサンダー大王の東征時に残されたギリシア系の
可能性も高い。

そこにツンギーデのトルコ人が割り込んできて、急速にトルコ化が
進み、タクラマカン砂漠はいつしかトルキスタン(トルコ人の地)
と呼ばれるようになった。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 22:35:52 ID:A//qEuH+
ID:rzO1oA69
お前ってやたら中国西部およびトルコ系の人種に詳しいんだなwww
尊敬ステマス

東北地方にコーカソイドの血が混じってない事証明出来たら
もっとカッチョいいよ?
出来るもんなら証明してみ?


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 22:39:50 ID:a/MLhxC5
スルーしとけよ。
こいつは東北(特に秋田)に関するレスにすぐ食い付いてくるいつものアホ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 22:53:02 ID:rzO1oA69
秋田にコーカソイドのHLAハプロタイプがあるなんて話は
聞いた事がない。

ただ純血の日本人種でも突然変異で、金髪は1000人に1人、
碧眼は2万人に1人の確率で生まれてくるそうだ。

つまり日本全国の純血の日本人種にも碧眼は6000人ほどいるという
計算になる。

しかし、その多くはやはり緯度の低い西日本以南より、緯度の高い
東日本以北に集中していると見ていいだろう。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:16:44 ID:A//qEuH+
http://www.asahi-net.or.jp/~uv6y-ysd/sex1_1_15jp.htm
↑引用
>秋田県を中心とする東北の一部に明らかに白人との混血が多く繁栄してることも
>知られています(元々欧米人にしかなかったであろうJCウイルスヒート
>ポリオーマウイルス(DNAに感染するウイルス)の一種の感染がある事。
>またメラニン色素の割合で言っても、秋田美人に例えられる、白人のような肌の白さ
>色白は東北の中でも群を抜く結果となっています。

ってトンデモ説だったのか??????


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:25:56 ID:IwP/x5bf
トンデモ説だな。
そんなものより論文読め。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:31:01 ID:rzO1oA69
もっと他に原因がある思われ。

縄文人も樺太から単発で入ってきた訳ではないだろう。
最初の方に入ってきた縄文人と後の方で入ってきた縄文人がいて、
後の方で入ってきた種族にはその白人にもあるウイルスに
感染していたのではないだろうか?

ミトコンドリア至ってはどこまで信用できるものなのかも疑わしいね。

168 :162・165:2007/01/18(木) 23:38:03 ID:A//qEuH+
>>166-167
創価、創価www

>秋田にコーカソイドのHLAハプロタイプがあるなんて話は
>聞いた事がない。

ここまでは良い線行ってたよ

>>167
>ミトコンドリア至ってはどこまで信用できるものなのかも疑わしいね。

確かにそうだな、君に残念賞アゲールよwww


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:41:02 ID:39TBOwOm
沖縄人は 沖縄人

ここで湧いて出てきたんです



170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:45:32 ID:IwP/x5bf
>>168
とりあえずその説を支持する論文(信頼性の高い学術誌に掲載された)を引用してこないと話にならない。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:51:05 ID:A//qEuH+
>>169
沖縄人2ch起源説?WWW何の話やねんwww
始めから読んでみたが
スレタイの名前のレベルの低さにくらべ、ここ書き込んでる香具師は結構レベル
高いよなぁ〜 

>>170
タウンページぐらいの厚さの
日本人のルーツに関する論文集を7年前中学の時よんだのだが
最近の研究はようしらん罠、残念

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:54:41 ID:IwP/x5bf
タウンページぐらいの厚さの論文集って何だよ。
そりゃ一般向けの読み物だろ。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 01:08:21 ID:NdDT3hYv
日本では人種的に沖縄人と東北人が最も遠いよね。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 02:09:56 ID:itsrLol8
複数のIDを使って自演する奴がいるから気を付けてね。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 03:59:55 ID:qpCvMjwD
まず、カスピ海からバイカルへと進出した集団が
さらに東へと進み、列島に進出し、北海道から沖縄まで縄文化する。
シベリアにとどまった集団は、寒冷適応によって新モンゴロイド化。

その後、中東にいた集団の一部が、シベリアに移動。
新モンゴロイドと混血して、ツングースが生まれた。
ただし、東シベリアにおいては、完全に混血したわけではない。
特に沿海州では、中東系と混血できた者はごく少数。
しかし混血の度合とは関係なく、シベリア系集団全般がツングースと位置づけられた。

ツングースの南下によって、東アジア諸国で争乱が起き
その亡命人が、半島南部に寄せ集められたことによって、倭人が生まれる。
縄文末期から弥生時代には、西日本や南日本にも広がった。
ただの雑種なので、弥生系や縄文系といったように、文化や血統を明確に系統立てられるものではない。

ツングースは東西に向って勢力を拡張し
東に向ったものは日本や朝鮮半島へ、西に向ったものはトルコ方面へ。
日本にたどりついた集団が、いわゆる弥生系。
弥生系は西日本や日本海側に多く、東日本太平洋側と沖縄と北海道は、弥生化が遅れた。
半島経由で日本に渡ったものは、気候や食糧事情などもあって、倭人から稲作技術を学んでいる。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 16:54:42 ID:UsxCtLbB
>>157
だからトルコ人は中国北部の漢民族国家辺縁種族のひとつ。
まさにおまえ自身が証明しているw
その一部がやがて漢民族国家北西部に移動しさらにウイグルに追われて西進した。
欧州はアジアから度々進入を受けている。
フン族やモンゴル族やマジャール人などが有名だ。
反対に欧州からアジアに遠征した古い時代ほど例は少ないな。
歴史時代以降でもアレクサンダー大王ぐらい。
やはり南ルートアジア人がシベリアの東西に拡散したという見方が一番説得力がある。
ヒマラヤ山脈なんてたかが千数百キロしか続いていない。
アジア人がこの山脈に分断されたなんて珍説は何のソースもないデマ。
アジア人はみんな近親者同士でコーカソイドやネグロイドとは違うブロックに収まる。
特に日本人と韓国人と中国人は遺伝的に近くほぼ同一人種といってもよい。


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 17:30:49 ID:K/QTbiFB
これらに示されている図。
日本の縄文人は南ルートから来た人間が北から日本に侵入したとしか解釈できない。
もちろん南ルート人種はシベリアまで北上している。
南ルート人種にバイカル湖付近やシベリアで中東から来た人種が少し混ざったとも解釈可。
どっちにしろどう解釈しても日本人の主流は南ルート→シベリアor中国→日本列島の人種だ。
東大や九州大がちゃんと作成した人類の移動の軌跡だから現代では南ルート説が最強だろう。
それにヒマラヤ山脈はわずか1000キロちょい。
ヨーロッパとアジアの距離に比べたら障害とは思えないほど小さい。

http://www.athome.co.jp/academy/genetic/gen08.html
http://ime.nu/www.museum.kyushu-u.ac.jp/WAJIN/113.html

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 20:44:39 ID:hSjgP8Y6
ブッシュは隠れユダヤらしい。
クリントンとヒラリーもユダヤらしい、ってことはつぎはヒラリーが大統領かな。
世界の支配者はユダヤ人。ユダヤ=Bが多い

ユダヤが911で純粋水爆を使用したとすると、
日本の宝、坂本龍一=Bは被爆したことになる。

911で現場にいた8000人が体調悪くし、集団で訴訟をおこしてる。
BがBを殺してる。日本のBはいいけど、支配者Bは駄目。

支配者Bの日本での手下が朝鮮人の層化がっ会A、在日やくざ、統一狂会、
在日右翼、小泉A、北朝鮮、2ちゃん、マスコミ、新聞、新製銀行

ユダヤはアメリカ、日本VS中国、朝鮮の冷戦を作ろうとしてる


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 21:17:20 ID:IT0ojlMe
ブッシュはそのまんまゴリラだろ。
フィリピン人に捕まって檻に入れられたゴリラがブッシュ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 06:46:24 ID:hyol9eVF
>>177
九州大学とか東大の論文より
アメリカの人類学研究チームの論文には信憑性はないのか?

アメリカの人類学研究チームの論文によると
アジア人には2系統に別れる
一方が南ルートのアジア人
もう一方がシベリアルートのアジア人

アメリカの人類学研究チームの論文の
日本人に関する記述を要約すると
シベリアルートのアジア人が寒冷適応し南下
シベリアや朝鮮などから日本に渡来すると記述されているのだが?


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 13:51:11 ID:CQeBYnw+
natureとかscienceに掲載された論文はないの?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 16:18:58 ID:5+2NPxza
>>180
ソースは?
そんな中身のないホラ吹いても誰も信じやせんぜよw
つーか177のリンクにある移動図見ると南からのシベリアへの流れは確実。
北からだけ日本に入ったなんて不自然で虫がいい話は絶対にありえん。
南から北上した人種と西から東進した人種が混ざったのがシベリアって考え方が一番妥当。
ウラル山脈付近にいた人種と縄文人が遺伝的に近いというソースもないな。
あるなら見せてもらいたい。


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 22:57:25 ID:5YZP14ge
>>182
>北からだけ日本に入ったなんて不自然で虫がいい話は絶対にありえん。
当たり前だよねー、俺もそう思うよ。

184 ::名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 23:06:41 ID:djucl9Sg
>>171
ミトコンドリアで解析が始まったのは十年前。
そんな古い知識を振り回さず、「イブの七人の娘」程くらい読め〜。
北米先住民にコーカソイドの血が混じってることがわかってる。
二、三万年前の話だから、北米に渡る前に秋田県の男鹿半島あたりで
一部残った可能性はある。
一時「コーカソイドの子孫が男鹿半島にいるとミトコンドリアDNAで
判った」と、NHKが報道したんだが、消えたなあ〜。
ウィルスのほうの報道しか残ってない。

弥生人自体、呉越を通して雲南と関連あるから、
沖縄は弥生人の子孫が主流で全然問題ない。
どれが人数多いかじゃなくて、後はどういう構成で
どういう文化的影響などが残存しているかが問題。
所詮、全人類アフリカ人の子孫で、その点だけは確か。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 23:28:25 ID:HEcYvi0d
>>184
秋田には白人混血がいそうだね。
ここに書いてある。
ソース一つ示せない171はいつもの哀れ極まりない妄想狂。
相手にする必要はさらさらなし。
日本人はやはり南北アジア人の混血人種だ。

http://www.asahi-net.or.jp/~uv6y-ysd/sex1_1_15jp.htm

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 23:53:13 ID:djucl9Sg
>>185 変なサイトをリンクするな。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 00:03:33 ID:5YZP14ge
加藤夏希とか100%純血種の秋田人
ttp://images-jp.amazon.com/images/P/4255001812.09.LZZZZZZZ.jpg

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 16:02:28 ID:Pud8Bbk+
加藤夏希かわいい!
でも、地元にも似た人居る気が…

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 16:32:57 ID:hz5VHHZo
>>108
>南にはマラリアがあるから当然すぐにgm遺伝子上は赤1色となる。


こらっ、はよソース出さんかい、この超ウソツキが!


>>175
>その後、中東にいた集団の一部が、シベリアに移動。新モンゴロイドと
>混血して、ツングースが生まれた。ただし、東シベリアにおいては、完全に
>混血したわけではない。特に沿海州では、中東系と混血できた者はごく少数。
>しかし混血の度合とは関係なく、シベリア系集団全般がツングースと位置づけられた。


超ウソツキですねえ。中東なんかと混血してません。
大ウソツキです。


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 16:54:52 ID:hz5VHHZo
>>175
>ツングースの南下によって、東アジア諸国で争乱が起きその亡命人が、半島南部に
>寄せ集められたことによって、倭人が生まれる。縄文末期から弥生時代には、西日本や
>南日本にも広がった。ただの雑種なので、弥生系や縄文系といったように、文化や血統を
>明確に系統立てられるものではない。ツングースは東西に向って勢力を拡張し東に向った
>ものは日本や朝鮮半島へ、西に向ったものはトルコ方面へ。日本にたどりついた集団が、
>いわゆる弥生系。弥生系は西日本や日本海側に多く、東日本太平洋側と沖縄と北海道は、
>弥生化が遅れた。半島経由で日本に渡ったものは、気候や食糧事情などもあって、倭人から
>稲作技術を学んでいる。


脳内創作はいい加減にしましょう。このウソツキ君。

渡来人骨は弥生前期末以降の遺跡からでないと出てこない。

稲作は単に朝鮮南岸にディープに入り浸っていた九州北部の縄文人自身が
持ち込んだだけの話。

それから400年くらい経った弥生前期末頃、アムール沿岸部から船で
海岸沿いに南下して、朝鮮半島には定着せずに、そのまま九州北部に
上陸したオホーツク文化の単種のツンギーデの海洋民がいた。

これが弥生人である。

この単種の弥生人が人口爆発したからこそ、西日本ではHLAハプロタイプ
B52-DR15が10%超と超高頻度なのである。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 20:20:17 ID:Sk//kGmj
>>190
おまえ遺伝学しらんだろ?w
病気があるところで病気に耐性がある遺伝子を持つ人がいたらその人が生き残る。
そして生き残ったものたちだけが耐性遺伝子を次代につなぐ。
これを繰り返すとすぐに耐性遺伝子が濃縮された集団になるよ。
高校生物の教科書でも読んだら?
おまえは地理歴史の知識も断片的でいい加減なものばかり。
生物学や遺伝学になるともう完全にアウト。
話にならない。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 21:20:45 ID:hz5VHHZo
>>191
おまえこそ本当は遺伝学知らんのだろがw

そういうケースもあるというだけの話だろがこのヴォケ!

高頻度で渡来したから高頻度だというストレート解釈が一番最初の
一番解釈に決まっとるだろがこのスットボケ!

おまえの煽り方はいーっつも同じ。

英語読めんのか、生物知らんのか、地理歴史の知識が断片的だ、
生物学や遺伝学になるともう完全にアウト、

せーんぶ、おまえに返したるわ。

この知ったかぶりのペテンが。

せいぜいトルコは中国西北の漢民族だと吠えてな(ウルトラ狂笑)

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 21:24:45 ID:C6zWBX1K
>>192
だって本当におまえって何にも知らないじゃんw
ぜんぜん中身のある反論になってねーぞw
それにこのスレでおまえは何人もに論破されてるw
ペテンとはまさにおまえのためにあるような表現だww

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 21:32:20 ID:hz5VHHZo
>>193
原文無しすり替え工作、一人二役で自問自答、下品なこき下ろし、

インチキとペテンばっかりで誰にも支持されていないおまえよりは
ましだがな(嘲笑)

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:56:49 ID:P+2WaS83
↑原文無しすり替え工作、一人二役で自問自答、下品なこき下ろし、

まさに低学歴低知能精神障害者であるこいつの特技w


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 00:20:03 ID:ktrwAeWY
ヤマトゥンチュ(大和人)は沖縄で嫌われてるぜw

by沖縄人(ウチナーンチュ)

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 14:16:00 ID:lrxnBYru
トルコは中国西北の漢民族(笑)
多分知り合いのトルコ人にいったらキレるぞww


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 15:55:22 ID:HFjUgTxB
>>197
おまえ日本語大丈夫?w
トルコは漢民族国家の辺縁種族のひとつって書いてあるんだろ。
教科書の記述どおりじゃない。
おまえって世界史も選択したことがないアホなのがバレバレwww

>>195
194をそうやっていじめるなよw
194は自分の欠点をそのまま他人に投影する精神病患者。
精神医学や精神看護学をやればわかるが完全に精神疾患の類型に当てはまる。
狂人は専門家に任せて正常人は関わらない方がいい。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 18:47:07 ID:ZFSCtbDM
この手のスレがまともなのは せいぜい100までだね

後はいつもの奴等がやって来て 罵り合いになってしまう




200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 19:10:56 ID:MebeGT/k
トルコ民族は今はコーカソイドの地中海人種の顔をしているが、
もとはバイカル湖周辺にいた朝青龍みたいな顔をした立派な
ツンギーデ(北方モンゴロイド)だ。

トルコ系ウイグル人もそうだ。
あれは南下したツンギーデのトルコ人とコーカソイドの
イラン系(アーリア系)ソグド人が混成したもの。

シニーデ(中央モンゴロイド)の漢民族とは人種的にも
民族的にも、まーったく相容れるものが無い。

と、まともな事を言うと、ここでは精神病患者になるらしいw

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:53:25 ID:we+soqcX
>>200
ソースもない妄想わめき散らすなよ臭くて汚らしい精神病患者w
病室から出てくんなw

オウェ!!


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:22:47 ID:OeBLiBn3
>>198
>トルコは漢民族国家の辺縁種族のひとつって書いてあるんだろ。
それはそうだ。東トルキスタンとか、中国の領土だ。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:24:58 ID:OeBLiBn3
>>200
>トルコ民族
コーカソイドらしいコーカソイドだよ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:33:53 ID:7YNMpvf2
>>202
東トルキスタンは、もともとシナ(中国)ではありません。
例外的に清国が支配した地域を中華人民共和国が引き継いでいるだけ。


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:59:30 ID:v1f0USvQ
ヤマトゥンチュはウチナーンチュから嫌われてるね

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 23:08:32 ID:D5vdemMd
つーかトルコ民族も朝鮮族も大和民族も満州族も琉球人もアイヌも中華帝国の辺境人。
中華にあらずんば人にあらずという観念がアジアのボスである中華帝国によって形成されてきた。
アジアで世界的な大文明を作り上げた国は中華と印度だけ。

日本やモンゴルや満州や朝鮮やベトナムは中華文明圏の外縁部。
だから漢字や箸を使い儒教精神が浸透している。
東南アジアは中華文明とインド文明の折衝地帯。
だから印度由来の仏教が反映してボロブドウールなどの文化遺産がある。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 02:05:34 ID:ecSDuVvq
東トルキスタンは中華人民共和国の領土です。
トルコ民族はコーカソイドです。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 09:17:15 ID:C6RIw77m
シナ(漢民族の領土)とは、昔から西は函谷関、東は山海関と決まってます。
函谷関から西は西域で、ウイグルなどトルコ系民族の土地です。
山海関から北及び東は満州族など女真系の土地です。
東トルキスタンまで征服した清は女真の王朝であり、本来中国(シナ)が
支配する土地ではありません。
中華人民共和国は、清の最大領土まで中国領だという無理を言い、チベットや
ウイグルの土地を侵略しているのです。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 13:50:19 ID:h3Hd8bxw
日本人(大和民族)=ヤマトゥンチュ
沖縄人(琉球民族)=ウチナーンチュ

よって両者は異民族。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:08:04 ID:G/J7phei
高々300年未満の国家に数千年の国家が猿扱いされたんだよな。
俺は一度アメリカ大陸の人類全てとブリテン島全ての人類を根絶やしにしてみたいと考えている。
彼らに共通する遺伝子にのみ反応するものをつかって。


などと演説しているトリハダが夢にでてきました。


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 12:40:25 ID:8iYtXeLS
長崎弁、鹿児島弁ばきいて思ったとばってん、
沖縄弁とそっくりのイントネーションやったバイ。
ラジオで長崎人のしゃべりよっとば聞いたときっさ
最初沖縄の人かっておもったとばってん
長崎ん人って聞いて納得したちゃん(漏れは福岡人)
だけん、やっぱ長崎人と沖縄人は弥生時代頃からの
言語ば共有しとっちゃなかかな?
イントネーションとかそっくりやもん
たまがった!


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 16:52:20 ID:frydFKKI
長崎はどうか知らんが鹿児島と沖縄の方言のイントネーションは
そっくりだな

これはあまり知られてないが、宮古島(沖縄県)と韓国語のイントネーション
も似ている気ガス

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 21:52:58 ID:IjQc0SSD
アーリア系がインドではなく、ヒマラヤの北を通って
中国大陸や朝鮮半島に大量に流れ込んでいたら、中国人は
インド人みたいにコーカソイドになっていたかな。
そしてその民族が日本にも大量に流れ込んでいたら…

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 22:12:12 ID:O8hZVwen
>>213
コーカソイドは北はウイグル、南はバングラデシュまで。
ちょうど同じぐらいの経度で南北関係なくコーカソイドからモンゴロイドに代わる。
モンゴロイドは新モンゴロイド以外は似たりよったり。
目が二重で鼻が広くて唇が厚いのが縄文&東南アジア人&アイヌ。
新モンゴロイドは寒冷地適応で劇的に変化した。
細い鼻と細い目と薄い唇が寒冷地適応の新モンゴロイド。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 22:18:58 ID:IjQc0SSD
乾燥地適応で高い鼻、長いまつげと鼻毛、攻撃的な性格になったのが
コーカソイドなんだよね。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 22:57:28 ID:1StSF+WQ
>>214
縄文人の鼻は高いが、幅は中くらい。決して東南アジア人のように広くない。
縄文人の口元は引き締まっているのに対し、東南アジア人は突出している。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:11:11 ID:LzIsz3+9
>>216
縄文人も東南アジア人も大差はないよ。
織田雄二や北島三郎やナイナイの岡村や野球の工藤を見れば一目瞭然。
縄文系には鼻が広いのもいればクチが突き出ているのもいる。
反対に東南アジア人にも鼻が中くらいなのもいれば引き締まっているのもいる。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:24:12 ID:BhDQNXct
どうしてもモンゴロイドを一緒くたにしたいみたいだけど
北方系と南方系は別人種。
長年にわたって混血してるから一部の遺伝子を比較しても無意味。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:33:59 ID:LzIsz3+9
別にモンゴロイドをひとつに見たいなんて思ってないんだが。
ただ明らかに際立って違うのが寒冷地適応の新モンゴロイドだってことさ。
だからかつての人類学では寒冷地適応新モンゴロイドだけが北方系とされた。
いわゆる学会を風靡した縄文人・アイヌの東南アジア人起源説ね。
現代では縄文人が北方から来たのが確実とされている。
だが東南アジア人が北上してシベリアで縄文人になったのかも知れない。
西からの人種がシベリアでこれに混ざったのかも。
でも西はコーカソイドに席巻されてるからそう考えるのもちょっと難しい。



220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 09:10:07 ID:lEt4/d0b
>>217
おまえの個人的な印象論を述べても意味ないんだよ。
多くの縄文人骨の測定で、縄文人の鼻の高さは欧米人並み、広さは中くらい。
一方、東南アジア人は広鼻でベタっと低い。統計で結論は出ている。
自分の都合のいい芸能人を縄文系と断定しているおろかさに気付きなさい。
縄文系として科学者が認めているのは、三船敏郎や藤岡弘の顔。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 09:28:42 ID:R0wQvABk
>>220
おまえこそ印象論だろ?w
ソースもない妄想ばかりじゃないのww

>>217
北島三郎は完璧に縄文人だわなww
縄文人の鼻の高さが欧米人並み?w
測定した個体の数は?ww
1000個体は調べないと集団の平均なんて出ないぞww

三船敏郎や藤岡弘の顔←これこそ都合のいい芸能人じゃね?w
弥生系が混ざってさらに昨今のやわらかい食事で顎が退化したw
反対に織田雄二やら北島三郎やら岡村やら名倉をおまえはどう説明するの?
日本人のGM遺伝子解析結果から考える限りこれらの人物も縄文系としか説明がつかないww
>>219
縄文人は東南アジア系の末裔だろ?ww
じゃなきゃ東南アジア起源説があそこまでブレークせんわなww
火のないところに煙は立たずってヤツww
弥生形の影響ゼロの織田雄二の顔見れば誰が見てもそう思うわなww

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 09:34:09 ID:R0wQvABk
http://www.asahi.com/international/update/0123/011.html

↑タイの首相w

こっれて鼻は普通だし口元も普通じゃんww
意図的に鼻が広いヤツ探せばいくらでもいるだろうがそれは縄文人も同じww
東南アジア人の普通のヤツは鼻の広さも目の大きさも日本の縄文系にそっくりだww
これじゃあ縄文人南方起源説が大ブレークするわけだわなww

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 11:23:33 ID:io1eS8XP
このリンクのマレーシアの首相も縄文人ぽいねえ・・・
東南アジア人や縄文系の人はたまに極端な広い鼻の持ち主がいる。
アイヌコルクルの像の鼻みたいなの。
公明党の党首とか沖縄県の知事とかの鼻はかな〜りいっちゃってます。

http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2006/05/24malasya.html


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 11:55:37 ID:ubF9ll2p
>>209
沖縄はウチナーンチュというし、韓国のウリナラ(我が国)と
奈良のナラは似てる(奈良の語源は"国"らしい)
ナワ=ナラ=国という語彙は共通だ。
「沖縄を異民族と見なしても、日本以外に唯一の共通する言語を
話す民族のは琉球だけ」という学説はちゃんとある。
古代には同じ系統の言語を話す人が住んでいて
現在の言葉の基になったのは事実。
よって、沖縄=弥生人はまあ妥当。
うち(東北)の方言では「いやぁ、感謝しますじゃあ」と
(言ってるのを聞いたことないが)言うことはできるが
「カムサハムニダ」って似てるよな…。韓国、遠すぎる…。
この「うち」自体が「故郷」「国」だよなあ。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 12:03:13 ID:ubF9ll2p
>>223
タイは中国から移動してきた民族だとするのが普通。
シナ・チベット語族だし、結構、中国人っぽい顔の人もいる。

>>224
マレーシアはイスラム教が入ったのでアラブ系とかインド系とか中国系とか
色んな民族が入っている。
タイやマレーシアでは交易基地があったところだからどこの人にも似てる。
比較するなら、ラオスとか雲南とか、ブータンとかインドネシアの一部とか
あまり交易の中心地じゃなかったところで考えるべきじゃ?

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 12:06:11 ID:io1eS8XP
>>225
まあこのスレに粘着している朝鮮系のレイシストに言わせれば全部南方系だがなw
東南アジアはどことっても遺伝子が赤一色だからw

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 13:47:47 ID:yY99T7+3
ヤマトゥンチュはくたばれ

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 14:27:39 ID:vL3mX0xN
>>227
学問版に似つかわしくない。地元民の為にも、まちBに戻ってくれ。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 16:42:19 ID:iLpq508Y
縄文形質が強く残っているのは沖縄とアイヌくらい。
東北は、倭人系半島人との混血率が低く
北方系大陸人との混血率が高い。
縄文との混血率が高いはずだが
見た目には縄文っぽくない。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 16:59:39 ID:wyzRnec/
>>229
大丈夫。

北島三郎がいるから!!!

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 18:04:55 ID:d74MUxMA
>>221
早く半島に帰った方がいいぞ。日本人に迷惑かけるな。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:29:20 ID:rzND9paP
>>222
タクシンは中国系だぞ。

233 :白人:2007/01/25(木) 20:59:13 ID:iKBWXfCw
東洋塵は白人にへつらい細菌の様に生きるのがお似合いだー

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 21:07:07 ID:kK9ox+OH
>>232
中国人ってgm遺伝子は真っ赤赤だぞ。

235 :1:2007/01/25(木) 21:45:23 ID:0XWRnIf2
漏れの作ったくそスレが235まで逝くとは・・・
ウヒヒWWW

沖縄人が弥生系とかどうとかより、弥生人は何処から来たのかとか
モンゴロイドは何処から来たのかとかいうのが主題になっているようで
1000まで逝ったらスレタイ変えますです。

新スレ
【大陸・半島】日本人って何処から来たの?【北方アジア】

236 :1:2007/01/25(木) 21:53:01 ID:0XWRnIf2
で、結局
弥生人って何処から来たのさ?(半島?大陸?北方アジア?)

そんで
沖縄の人ってやっぱ弥生系だと思うのだが?

藻前らの見解はどうよ?

237 :1:2007/01/25(木) 22:05:03 ID:0XWRnIf2
沖縄人が南から来たと言う香具師がいるが

漏れの見解は、北方アジアから来た弥生系だと思うのだが?

何故なら、沖縄の人は>>1でも書いたが

>沖縄の人が色黒なのは紫外線が多いため、東京などに移住すると
>本州人並みに色白になる

つまり、熱帯はおろか、亜熱帯にもまだ十分適応していない
どちらかというと、メラニン色素の薄さで言ったら
「グロージャァーの法則」に当てはまる、元は色白で日焼けしやすい
弥生系だと思うのだが・・・

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:11:38 ID:0XWRnIf2
ちなみに
香港人が北京に移住しても、色白にはならない

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:47:48 ID:74Z0vOha
黒人(アフリカ)の手のひらは白いぞ。
宮里藍(沖縄)の顔は黒いぞ。
北島三郎(北海道)の顔も黒いぞ。
ダウンタウンの松本(大阪)の顔は黒いぞ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:56:48 ID:0XWRnIf2
解説しようじゃないか

>宮里藍(沖縄)=ゴルフ焼け

>北島三郎(北海道)=酒の飲みすぎで肝臓が悪いと思われ

>ダウンタウンの松本(大阪)=酒の飲みすぎで肝臓が悪いと思われ

仲間由紀恵は色白だぞ
島袋寛子(SPEEDのヒロ)は色白だぞ
・・・


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:11:03 ID:74Z0vOha
じゃあ

>黒人(アフリカ)=狩猟採集焼け

>東南アジア人=腐ったバナナの食いすぎで肝炎を起こしている

>インド人=ガンジス川の水浴でコレラに感染して内臓が腐敗

>ノルウェー人=塩素系漂白剤の誤飲で全身脱色



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:32:21 ID:0XWRnIf2
>>241

スマンな、つっこみようが無いねんwww

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:59:30 ID:U5E2V8y8
日本人はウチナーンチュから嫌われてるぜ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 01:04:42 ID:c3JqaCJf
日本人の顔がだめwwwwだ


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 08:01:45 ID:zGwsvJRu
>>237

沖縄人は弥生系の血も入っているが、縄文系の方が多数派だろ?

日本人と韓国人の遺伝的差異より、日本人と沖縄人の遺伝的差異の方が
大きいんだよ、

日本人と韓国人は言語学で言う、音韻対応はしてないが、文法は近いし
遺伝的には日本人と韓国人は同祖と考えても間違えないだろ?
(反論あるならどうぞ)

個人的には、遺伝的に日本人にかなり近いチベット人がどうゆうルートで
北方アジアから移動したのか謎だな、北方アジアからチベットまで行く
には途中で中国人という壁があるからな

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 08:30:50 ID:zGwsvJRu
弥生人ってやっぱ、北方アジアからじゃなくて、朝鮮とか大陸から来た
んじゃねえの?

北方アジア説は、ねらーの希望的観測としか思えないのだが?
北方アジアから来た根拠って何?
希望的観測

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 09:49:04 ID:sJl6cWAU
テレビで、米軍基地反対とかのデモ行進してる沖縄人ってそんなに濃くないよな?本土からも応援に行ってるの?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 12:28:14 ID:u9XTMEDZ
>>246
だからアイヌ&縄文人はシベリアに北上した東南アジア人の末裔。
弥生人は寒冷地適応して朝鮮半島から列島に入り込んだ新モンゴロイド。
みんな蒙古斑の出る単なるアジア人に過ぎない。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 21:27:49 ID:2c2SFR+t
>>247
本土、東京の国立あたりの薄顔星人が多い

250 :天之御名無主:2007/01/28(日) 06:28:50 ID:+n01ceOv
>>248
弥生人は江南地方から来たと思う。
本土に残った連中は漢民族に征服されて同化したろう。
韓国人の祖先の一部も雲南・江南系の可能性あり。
どれが本来の漢民族とかちゃんと調査できてないと思うなあ…、中国。
人口多すぎるから。

縄文人は一種類じゃない。山岳地帯はシベリア系だろうが、
海岸部分は南方系、南の方は焼畑系で三波いてゆっくり混じり合ったと
考えるべき。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 07:30:17 ID:LyZPQY8T
九州の場合須玖遺跡のように弥生時代に
装飾土器(九州には元々縄文土器はない)が復活して
沖縄に伝播してる。
沖縄と九州は同じ民族
本州のチョンが九州を薄顔に変えた張本人

252 :白人:2007/01/28(日) 07:33:43 ID:h198abeE
アメリカでは死刑囚は殆ど有色人種。白人は犯罪を起こしてもまず死刑にならない。司法が最大限
守ってくれる。それ以外は酌量の余地一切無し。東洋塵の時点で前科10犯以上は軽く超える。よって
慰謝料遅延で死刑になる。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 07:39:52 ID:LyZPQY8T
東洋人の殆どは終わってる、終了、ジエンドだけど
たまにいけてるのいない?


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 22:55:35 ID:yBWpD2y7
>>248

アイヌ人の蒙古班が他のアジア人と比べて、極端に薄いの知らないんだなwww
琉球人の方がまだ日本人に近いんだよwww



ただ、日本人と血縁的にもっとも近い民族は朝鮮人なんだよwww
次に近いのが、琉球人でその次がチベット人そして中国人最後にアイヌ人

モンゴル人、満州人、ブリヤート族などとの比較は、未確定

255 :254:2007/02/01(木) 23:06:40 ID:yBWpD2y7
追記

アイヌ人にもっとも近いのは、日本人、以下琉球人、朝鮮人、チベット人、中国人、

琉球人にもっとも近いのは、日本人、以下朝鮮、チベット人、中国人最後にアイヌ人

日本人とチベット人がもっとも近い民族だという遺伝子(yap+など)もあれば

琉球人(長崎と鹿児島含の人々も含む)と中国人は血縁的に日本人より近いという遺伝子もある

関西人と東京神奈川以外の関東人は朝鮮人にもっとも近い日本人と言う研究論文もある罠

www

256 :254:2007/02/01(木) 23:18:02 ID:yBWpD2y7
結論 日本人、アイヌ人、朝鮮人、チベット人、中国人を比較して

アイヌ人から見て、2番目に近いのは琉球人だが
琉球人から見たらもっとも遠い民族なんだよな

日本人と朝鮮人は同民族とも思える程近い人種集団

日本人、琉球人、朝鮮人、チベット人、は同じグループに属し
中国人とアイヌ人はほぼ別枠

チベット人はどの民族とも比較的近い人種集団

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 16:57:51 ID:fEj7Dpw6
>>1

つーか、今時、多少でも人類学勉強しているのなら

縄文人直系の末裔=沖縄人

とはならないぞ、普通

縄文人の血も確かに入っているが、その後の渡来系のほうが、多数派だぞ

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)