5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フェルメールの青がなんか好きです

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/18(金) 01:41
いや、絵の題名とかしらんけど。

2 :双子萌え:2000/08/18(金) 01:55
私も好きです。良く解りませんけど・・・

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/18(金) 01:57
僕も好きだな。いやなんとなく

4 :赤まむし:2000/08/18(金) 02:04
俺は黄色の方が好きです。あるか知りませんが。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/18(金) 02:23
黄色はあります。じっちゃんのナニかけて

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/18(金) 02:41
あ、双子萌えが居る(笑

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/18(金) 23:42
「デルフト眺望」の黄色はなんかいいなあ。

8 :名無しさん@おっぱい。:2000/08/19(土) 00:32
人形の家.....

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/19(土) 00:56
上野の「レンブラント、フェルメールとその時代展」に行ったのだけど
フェルメールの作品は、たったの一点(「恋文」)だけだった・・・
なんかちょっとガッカリ・・・

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/19(土) 01:00
> 9
え、そうなの?
フェルメール目当てで見に行こうと思っていたのに・・
それで、その企画名は詐欺じゃないか?

11 ::2000/08/19(土) 01:32
>10
 うん・・・。でも「恋文」良かったよ。思っていたより小さかった
 けど・・・。 確か「ルーベンスとその時代展」もルーベンスは
 ほんの何点しかなかったような・・・「〜とその時代展」っていう
 企画名はちょっとずるいよね。期待しちゃうもん。

12 :いるす:2000/08/19(土) 04:15
大阪では5点みられたみたいですね。1点だと迷ってしまう…

よくでてくるきれいな青の椅子ほしいなぁ。。



13 :貴史:2000/08/19(土) 16:09
>9さん
あした行って来るつもりなんですが、レンブラントはどれくらいありました?


14 ::2000/08/20(日) 01:41
レンブラントも結構少なめだったな。
彼の自画像を他の人が描いていたりして・・・。
なんかやけに素描が多かったです。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 08:03
レンブラント、どうなのかな。行った人の話を聞きたいな。

16 :ニセ黄門 :2000/09/06(水) 21:27
テレビで煽ると
すぐモナリザだ、
フェルメールだと
よくもまあ、わかりもしないくせに
したり顔できるね
なんでも鑑定さん(笑い)

17 :>ニセ黄門 くん :2000/09/07(木) 04:23
>よくもまあ、わかりもしないくせにしたり顔できるね・・・
芸術(って言葉あまり好きじゃないが)において「わかる」ってえのは、どういうことなんかな?
クラシック会場で寝てしまい、それを作曲家に詫びたら、「私の音楽で眠りにつけたら
作曲家冥利につきます」ってさ。君はバッハの「ゴールドベルグ」を知ってるかい?

18 :追記 :2000/09/07(木) 06:04
17=D・Aでした。

19 :空耳 :2000/09/07(木) 16:17
学校で大量の絵画を見せられますが、
感性もさることながら
なんと言っても数を見ることが大切なのだと痛感しました。
例えば、超一級の作品群を大量に見せられて、
途中で2流の絵画をふっと見せられると
やはりわかるものです。(時々)
素人でも。
例えば、ものすごいおいしい日本酒とまずい日本酒を
出された時、ああ、だからこっちがまずいんだと
思ったことありません?

あんまり関係無い話ですけどね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 21:09
>例えば、超一級の作品群を大量に見せられて、
>途中で2流の絵画をふっと見せられると
>やはりわかるものです。(時々)

本当にそうですね。時々なんですけどね。
ただ、二流の絵画の作者が、必ずしも二流の画家なのではない、
ってとこが問題なんでしょうけれど。

でもってフェルメールは「デルフト眺望」、
水面のブルーグレーのような
微妙な色彩がすばらしいと思います。
この作品が日本にきたらいいのになあ。

21 :watasi :2000/09/08(金) 06:38
フェルメールなんて
ブルータスとか
TVで取り上げられるまで知らなかった。
皆さんはどこで最初に知りましたか?

22 :過日・・・、 :2000/09/08(金) 07:24
平等院展を見た帰りに、西洋美術館の裏の道を歩いていたら、ちょうど搬入の日だったようで、
日通のトラックが横(縦?)付けされるところで足止めを食らった。目の前を進むトラックの
ジュラルミンのパネルの中に、フェルメールだかレンブラントだかの作品が厳重に梱包されている
ことを思うと、ちょっとだけ興奮した。(D・A)

23 :名無しさん@20番のお腹 :2000/09/08(金) 09:41
実は浅田某のヘルメスの音楽で知りました。
ううっはずかちー
皆さんは?

24 :空耳 :2000/09/08(金) 18:50
私は高校の時の美術の授業で
模写をさせられた時に
フェルメールの模写をやっている人がいたので
その時初めて知りました。
あのいちばん有名な女の子の絵です。
劇的な絵だと思いました。
ちなみに私はゴヤでしたが、
それ以来、ゴヤは大好きです。

25 :名無しさん@おなかを大切に :2000/09/11(月) 12:41
私は本屋で売っていたフェルメールの本(画家別に出ている薄い洋書のヤツ、)
ではじめて存在を知りました...。2〜3年前かなぁ?

「レンブラント、フェルメールとその時代展」まだ行ってない...。
行こうと思っていたんだけど、フェルメール1点だけなのか。
ぴあには3〜4点来ていそうな感じで載っていた...、
『真珠の耳飾の少女』も来ていそうな勢いで絵がドーンと載ってたのに〜、チッ。
しょうがないのかな〜?作品数が少ないからな〜、貸してくれないんだろうな〜。
『真珠の耳飾の少女』の本物が見たいな〜、オランダ行くか...。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/12(火) 01:49
>>25
『真珠の耳飾の少女』は大阪には来てたよ。
でも凄い人の入りで、とてもじっくり見入ることは出来ませんでした。
オランダに行くことをお勧めします。あそこの美術館は凄く落ちつけます
(団体客に出くわすこともありますが)。
僕はフェルメール目当てで行きましたが、レンブラントやハイデン(ヘイデン?)
の絵の方が気に入りました。


27 :goatsong :2000/09/14(木) 16:04
>君はバッハの「ゴールドベルグ」を知ってるかい?

どうでもいいが、ゴルトベルク変奏曲の例の逸話は嘘なんだよ。


28 :空耳 :2000/09/19(火) 23:10
西洋美術館の方はそうでも無かったよ
結構見やすかった
確かにフェルメールの付近は人だかりができてたけど、
別に不自由するほどじゃなかった。
新たな発見はホイエンという画家に出会えたこと。
二本の樫は良かったな

レンブラントの自画像迫力ありましたね
あの有名な絵が目の前に!と思うと感激もひとしおでしたよ

フェルメールすごくちっちゃかったですね
でも遠くから他の作品と一緒に見ると存在感が全然違うです
フェルメールの描く光が強いってことも挙げられると思うけど、
そこだけ針で刺してあるみたいに、
ドラクロワにたいな圧倒的な迫力があるわけじゃないけど、
小さいながらもはっとするような存在感がありました。
よく真珠のような、と言われるけど、まさにその通り。

29 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/26(火) 05:50
大阪のがそっくり東京に来るもんだと思ってたら、「恋文」たった一点だと!!
ふたつの企画はまったくの別物だと最後の最後で知って、あまりのショックに、
国立西洋美術館へも行かなかった。
これでおそらく一生、フェルメールを見ることはないだろうな。。。

30 :goatsong :2000/09/27(水) 00:07
最近何でか知らないけど、フェルメール・ブームだから、
あの展覧会は大々的に宣伝しただけで(いやらしいやり方だ)、
フェルメールって意外と来てるんだよ。あと2年も待てば、
一枚は来ると思うけど。


31 :あぁっ名無しさまっ :2000/09/27(水) 00:23
「レンブラント、フェルメールとその時代展」行ってきました。
私はパウルス・モレールスの「美しき女羊飼い」が一番気に入ったのですが、
他に行った人はどうでした?

 レンブラントは自画像と「トビトとアンナ」が良かったです。
 フェルメールはたった1枚って・・・。


32 :空耳 :2000/09/27(水) 00:50
美しき女羊飼いは覚えてますよ。
フェルメールの次の間にありましたね。
結構おっきかったですよね。
モレールスという人は全く知らないのですが、
きれいな女の人だのうと思いました。
他のお客さんもそんなこと言ってるの耳にしました。

それにしても、結構来てるのか、フェルメール。
まんまとのせられちゃった。
また違う作品が見たいです。
それにしても何故今フェルメール人気?
誰がしかけたんだろ。

33 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/27(水) 02:33
前にも出てたけど、ブルータスで特集してたよね...ずいぶん前だけど。
「君はフェルメールを見たか?」ってコピーで。
あの辺りから?

34 :31 :2000/09/27(水) 10:52
>32
覚えてましたか。けっこう印象に残りますからね。
ちなみに私は惚れました(笑)。

Web上でパウルス・モレールスの他の作品を見つけました。
「美しき女羊飼い」は見つからなかったけど、女性の感じは似てます。
http://www.boijmans.rotterdam.nl/onderw/ckv1/versier/versr3b.htm


35 :空耳 :2000/09/27(水) 21:14
あー男性だったのですね。
それでは納得だ。

ちなみに私からすると、
あの時代の女性像は美しいのですが、
男性像はつるんとしていて今いち魅力的じゃないんですよね。
最後にあった寓意的教育のうんたらかんたらっていう
巨大な絵覚えてますか?
確かにきれいな顔してるけど、
魅力的じゃないなあ。

36 :31
2000/09/28(木) 00:06

37 :空耳 :2000/09/30(土) 23:28
あげ

38 :名前はあるよ@マルチーズ :2000/10/01(日) 02:58
>>空耳さん案内ありがとう!!
他の作品は、人間の沈思、精神のキンチョウ状態の美を描いた物が多い
と思いますけど。
ただ一点「真珠の耳飾りの少女」は、違いましたね。
まったく、予期しないキンチョウ状態の緩和。今まで、描き連ねて押さえ
続けてきた人間性が、一気に香うような柔らかな空気にふれることができ
ました。
背景は、全くの闇なのにその後の美術界の光と色彩の
時代の到来を予見させます。
人間とは、沈思なのでしょうか? それとも、きらめきなのでしょうか?

39 :トカトントン :2000/10/01(日) 08:55

モレールスよかった。
あとレンブラントのターバン巻いてるおっさんの絵も覚えてる。
後は忘れた。

40 :空耳 :2000/10/01(日) 15:44
ふっっ・・・
真珠の耳飾の少女なんて見てねえや。

(東京には来ていない)

トカトントンさん。
モルーレスってどういうのでしたっけ。
それはそうと、太宰から取ったのですか?

41 :goatsong :2000/10/02(月) 02:40
フェルメールに関して、人間精神の緊張というのは、どうも
納得しかねる。(こんなこと書くと、また何か言われそう
だけど、別に気にしないで)むしろ空間の緊張だと思う。

日本におけるフェルメール人気は、その写真的なリアリズムに
あると思う。「青いターバンの少女」がこの前の展覧会で、
最高の人気を博したというのは実に興味深い。

フェルメールには同構図の少女の肖像画がもう一枚あるが、
実は、これらに近いものは同時代のオランダでは、結構
描かれていたりする。
私が思うに、これらの作品は決してフェルメールの真骨頂
とは呼べない。彼の抜群の天才性は、絵画の空間性と平面的配置
の妙にあると思う。実にこれら少女の肖像画には、空間性が欠如
している。

私は、フェルメールという画家には、それ程惹かれるものが
ないのだけれど、「レースを編む女」には感嘆する。
女の編んでいるレースと左下部の流る刺繍糸は、同時に、
絵の具そのものの戯れであり、(それはポロックの絵画を思わせる)
絵画におけるイリュージョンと物質性の奇跡の調和を示す。


42 :goatsong :2000/10/02(月) 02:49
>彼の抜群の天才性は

もうひとつ、色彩の効果もあげなきゃね。


43 :空耳 :2000/10/02(月) 03:37
青いターバンの少女の人気は、やっぱりかわいいからじゃないでしょうか。
なんちって。
でも彼にしては珍しく写真的じゃない作品だとは思ってました。異質だなと。
多分あの絵にみんな惹かれるのはあの少女が魅力的だからという一言につきると思います。
フェルメールはこの少女に出あったときに空間の中に置く必要が無いと思ったのではないかと
勝手に想像します。
つまりそれだけ彼女の個性が強かったから。
あの絵はやっぱり強烈な印象を持たせますもん。
大体彼の作品は至上の小品、と形容したいところだけどこの絵は
迫力あるからなー
絵のサイズは?

ただ、彼の最高傑作はやっぱり「レースを編む女」だと思う。
goatsongさんと一緒になっちゃうけど本当にレースや刺繍糸が
ほとんど光の玉となって息を呑むような美しさです。
彼のこの絵は本当に人間のひっそりとした、地味だけど真実に大切な人間の美徳を
見事に表現していると思う。
あと、この絵はとても排他的で、絶対に踏み込めないような純粋な世界って言うか・・・
(うーん熱く語りすぎちゃってはずかし)


44 :斜視 :2000/10/02(月) 07:00
青いターバンの少女はなんといっても薄く開いた唇がなんと
いっても堅い色気を感じさせます。フェルメールの魅力とし
てよく使われる言葉“永遠の一瞬”はこの作品の本質を表し
ていると感じました。
でも彼の最高傑作は〈デルフト眺望〉だと思ってます。この
作品の素晴らしさとしてよく挙げられる部分は、船の縁に置
かれた黄色の絵の具で、その光の効果がすばらしいと言われ
ますがが、この部分だけではありません。なんといっても空
と水面の色の対比、雲の影となっている暗い建物と明るく光
を反射する教会の配置、この作品をみていると二三時間すぐ
にたってしまいます。
レースを編む女、牛乳を注ぐ女、画家のアトリエ、迷います
けど、あとは好みでしょうね。
皆さんにつられて長文です。。


45 :斜視 :2000/10/02(月) 07:02
>44
“なんといっても”重複
見苦しくてごめんなさい。

46 :空耳 :2000/10/02(月) 16:22
あーデルフト眺望もいいですよねえ。
彼が風景画家としても並ではないと言うことがわかります。

反対にあまりどうだろうと思うのは
いろいろなものを盛り込みすぎたもの。
ちょっとなあ・・・

47 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/03(火) 17:23
「絵画芸術」はどうですか?
素人なもんで詳しい分析とか出来ないけど好きだなあ。

48 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/06(金) 06:12
「天文学者」と「地理学者」が一番好きなんすけど。
眺めてて妙に落ち着く。

49 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/14(土) 07:06
子供の頃、親に連れられてルーブルに行ったのですよ…。
その時、数々の名画の中に、いとおしいほど小さな絵が埋もれているのを
発見し、生まれて初めて絵に衝撃と感動を受けると言う経験をしました。

あれは、確かにフェルメールだった。ニセ黄門さんがいうように、
「わかる」という範囲の鑑賞ではなかったけど(子供だったから)、
本物の美というものは、万人に感銘と喜びを与えるものなのでは。

50 :フェルメール:2000/10/29(日) 15:11
お絵描きに絵描いてきたからよかったら見てよ。

51 :名無しさん:2000/11/02(木) 00:01
まったりとは、ちょっと違うかもしれないけど、東京・木場の東京都現代美術館が私は好きです。木場公園の緑が良く見える食堂兼喫茶所もあってグーです。図書館や映像の資料も充実しています。近くに美味しいビストロもあります。難は最寄駅から少し遠いことですが、おすすめです。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/02(木) 13:52
>51
美味しいビストロ、付近をうろうろすれば発見できますかね〜

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/03(金) 17:04
青いターバンの少女をテレビで見ました。
あの子可愛いですね。
あの絵が欲しいなあ。
いくら位するんだろう。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/04(土) 22:47
35点前後しかないっていうからねぇ。
まずオークションにはでないよね。



55 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/13(月) 02:00
今さら・・・の情報ですが、NYもフェルメール見るには手頃だと思います。
旅行や出張で行かれる方も多いでしょうから、絵を見るだけなら便利かと。
メトロポリタンとフリックコレクションだけでもかなりの点数があります。

私にとってのフェルメールの魅力は、当時の部屋に迷い込んだような感覚
・・・でしょうかね。フェルメールの絵の前に立つと、自分が別の部屋にいて、
隣の部屋をのぞき込んでいるような感じがするんです。あの窓のせいかな。
空間のひろがりを感じるというか。そのわりに音が感じられないので物音を
たててはいけないような感じがしてしまいます(笑)。

56 ::2000/11/13(月) 03:20
>自分が別の部屋にいて、隣の部屋をのぞき込んでいるような感じがする
>あの窓のせい
あ、だからグリーナウェイはフェルメールが好きなのかも。
今まで「なんかイメージ違うな…」と思っていたのですが。

独り言的ですみません…でもこの指摘はちょっと鋭いと思った。

57 :CGartist:2000/11/14(火) 01:10
re「天文学者」と「地理学者」が一番好きなんすけど。
ほんとうにすばらしいですよね。あれが姿を隠したフェルメールの自画像だと思う。
青はラスピラズリか、、、デルフトブルーって絵の具があるけど、、本当はどっち?
知っている人居たら教えてね。
厳粛な青、崇高な青、奇跡がそこにあるのに普通のひとは気がつかない。
ラスピラズリ砕いて描いてみたい。高いのかな?

58 ::2000/11/14(火) 01:51
>ラスピラズリ砕いて描いてみたい。高いのかな?

日本画の岩絵具の瑠璃色系は、そのものずばりラピスの粉末です。
もちろんこういう絵具の天然ものは、なんか見間違ってるんじゃ
ないかと一瞬目を疑うくらい高価です(笑)。
貧乏学生にとっては、無縁の高嶺の花でしたねえ。遠い目。

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/18(土) 03:39
私もフェルメール好きです。
何の知識もなくアムステルダム国立美術館へ行って、
「牛乳を注ぐ女」を見て、いっぺんで好きになりました。
フェルメールは、誰にも真似できない独自の世界があると思う。
フェルメール見たさに、あちこち行きましたよ。
マウリッツハイスもウィーンも・・・。
アイルランド国立美術館でフェルメールを見つけたときは、感動した。

60 :CGartist:2000/11/19(日) 00:08
フェールメール好きの人が多くてなんか安心しました。
私はこの世に画布を使って「奇跡」を定着した大天才と思います。
しかし「デルフトのスフィンクス」と呼ばれ、その絵は謎にとみ、作家像も
これほどの人物なのにデータがほとんどなく、何人もの人が推理を試み
研究して本をだしています。
西洋美術史の最大の謎でしょう。
なぜフェルメールは自身を隠したのか。
なぜ小さな絵ばかりを描きつづけたのか。
いったいフェルメールは何を考え、何者であったのか。
みなさんの推理をお聞かせ下さると幸いです。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/19(日) 00:20
実家はデルフトの骨董屋さんで、
趣味で絵を描いていたんでしょ?
2世紀近くも忘れられていたっていうのがすごい。


62 :mimi:2000/12/05(火) 01:12
大阪市美術館で見ました。
雨の中1時間半もあの公園の庭に並んでやっと遭うことが出来ました。
嬉しかったですよ。
入場の人数制限が有りましたが中は如何して込んでいました。
美術鑑賞はやっぱり静かにゆったりした気分で見たいものですね。

63 : :2000/12/22(金) 21:57
個人的にはフェルメールの最高傑作は
「絵画芸術」じゃないかなと思います。
もちろん「レースを編む女」なども素晴らしいですが。

フェルメールの青と並んで
キタノブルー(北野武映画の青)も大好きですね。

また、青が好きな方は
映画『トリコロール/青の愛』(ジュリエット・ビノシュ主演)や
映画『BLUE』(デレク・ジャーマン監督遺作)
がお勧めです。

64 :derek:2001/01/04(木) 11:15
ブルーもいいけどザ・ガーデンに出てくる空の映像もすばらしいよね、デレクでは。
フェルメールは、マウリッツハウスでやった大展覧会に行って唖然とするほど感動しました。

65 :goatsong:2001/01/04(木) 21:54
>>60

別に、故意に自身を隠していたわけではなく、画業を生業
としていない日曜画家なので(作品を売った記録がない)、
今日、資料が殆ど残っていない。当然のことながら、作品
も小さくなる。(北方の絵画は基本的に小さいのだが)
ちなみに、19世紀末、20世紀に「発見」された画家は、
意外と多い。ピエロ・デッラ・フランチェスカ、ヴェラス
ケスなんかは、今日最高の画家に列せられている!

フェルメールが影響を受けている(らしい)画家。
http://sunsite.dk/cgfa/f/index.html#fabritus
http://sunsite.sut.ac.jp/cgfa/h/h-11.htm#hooch

ところで、画家自身の素性を「美術史の最大の謎」にする
のは、どうかとも思う。或いは「モナリザ」のモデル探し
にしても、私なんかは「どうでもいいよ」と思ってしまう。
美術の謎は作品と、作品が生み出された精神だけで充分
だろう。


66 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/04(木) 23:56
いいじゃん、べつに、知りたいだけなんだから。
絵を見て気に入ったら、その絵を描いた人がどんな人だったか
気になるのは当然でしょ。
みんなの推理をきかせてくださいっていうだけでしょ。
goatsongってほんとにいちいちうるさいね。

>CGartistさん
美術史家の小林頼子さんが、
「フェルメール論〜神話解体の試み」(八坂書房)
「フェルメールの世界 17世紀オランダ風俗画家の軌跡」(NHKブックス)
の2册を出してらっしゃいます。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/05(金) 02:23
日本のテレビ番組って、作家の生涯ばかり追っかけて、肝心の作品には
ほとんどふれないことがよくある。
そういう意味ではテレ東の美の巨人は、一枚の絵を中心に取り上げて
いるのは画期的なことなのかもね。


68 :空耳:2001/01/05(金) 04:18
goatsongさんの下の画家から影響をうけているのは
素人目にも明らかなのですが、
上の画家はどういう要素が影響受けているんでしょうね?
わからない。
強いて言えば、光のあたり方がフェルメールと同様強い方で、
でもフェルメールの方がもっとどぎついあたり方ですものね。

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/05(金) 18:51
>66
小林頼子の「フェルメール論」はいいですよね。

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/07(日) 00:01
フェルメールは故意に自分を出さなかっただと思うね。
出す必要がなかった。
「名声の寓意」を見るとそんな感じがする。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/07(日) 03:26
>>70
出す必要がなかったなら、自分を出さなかったのは故意ではないんじゃ?


72 :イロゲー:2001/01/07(日) 23:48
去年出た芸術新潮のフェルメール特集によると、存命中のフェルメールは
決して無名の画家ではなかったらしい。後世に“発見された”というのは
当時の画家から抜きん出た巨匠という評価を受けたのが、ずいぶん後に
なってからということで、当時から、そこそこ認められていみたい。

 作品が少ないのは、単に遅筆だったのと他に職業を持っていたからでは?
自分を出してないように見えるのは、単に名声に無頓着だっただけでは?

 

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/08(月) 00:55
>>72
町内レベルじゃないのかなぁ?
フェルメールの作品は、彼が死んだ後、一家が破産して、初めて
売りに出されたようです。
そこでは、なかなか高額で取引されたようですが、名前そのものはあまり
知られていなかったようです。


74 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/08(月) 02:59
私が思うに、フェルメールは
「オレは絵でぜってー有名になりてえぜ! ビッグになるぜ!」
とかギラギラしながら絵を描いてはいなかったんじゃないかな。
73が書いているように、あくまでも趣味で休みの日にペタペタやっていた。
が、その出来があまりにすばらしいので、後に高く評価されるようになり、
いまでは巨匠の一人に数えられている、という感じじゃあないのかな。
72の言うように名声には執着していなかったと思う。


75 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/08(月) 03:30
ガキの遊びじゃねえんだからよ・・・・・・。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/08(月) 03:52
馴れ合っているとこうなる。
他人を傷つけまいと思うのは結構だが、議論にならないし、
信用できる情報も出てこない。


77 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/08(月) 13:12
フェルメールとスピノザ。

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/22(月) 00:04
フェルメールは、絵の批評家でもあった。
いかにも批評家といった計算されつくした感じの技巧が多くて、少々こじんまりとした
感じを受けるが、それが嫌いというわけではない。

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/24(水) 03:46
本物見てがっかりした。そんな自分にもがっかり…。
でも、画集で見るのは好き!
フェルメール好きはプッサンも好き?

80 :  :2001/02/06(火) 07:10



81 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/04(月) 01:58
ロンドンNGにて6月から9月まで「フェメールとデルフト派」展開催
フェルメール作品13点出品される模様age
http://www.nationalgallery.org.uk/exhibitions/index_vermeer.html

82 :F大美術部:2001/06/04(月) 09:23
去年の大阪、逝ってきたのですが
あの展示知ったきっかけは
博多駅のイベント広場でセイコーエプソンの販促やってて
大阪会場非公開の作品が2点、展示されてたこと。
東京の話は行った友人に聞きましたが、
結局、国内に持ち込まれたのは何点???

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/04(月) 11:33
昨日のハイビジョン見た?

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/04(月) 14:21
去年の大阪は行ったよー!!最終日の前日で、も〜人、人、人。
あんだけの人が税金払えば、そりゃ国家予算はスゴイだろ、とか連想したよ。

「並び時間3時間半でーす。」と公園入場の際言われまして、
「またまた〜そんな大げさな」と思っていたら、本当に丁度3時間半でした。
雨も大変だけど、炎天下も大変でしたね。もっと早く行けって。

でも、値打ちはあったと思います。
青いターバンの少女、何か語りかけようとしているのか、今語り終えた後なのか、
その高貴な雰囲気の口元が特に好きです。
唇のハイライト、そして唇の両端に描かれた白いふたつの点々を、
しっかりこの眼で確認しました。

あれから、一年ですかー。

85 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/04(月) 15:09
まちすの青はどうですか。
sage

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/04(月) 20:22
>>82
大阪に来たのは5展で
同年に名古屋,東京を巡回した別展に1点来ていた(「恋文」).
あと99年に京都・東京巡回で1点来てる.
今年のNY展(終了)に15点,ロンドン展に13点.ファンは必見.

87 :F大美術部:2001/06/04(月) 22:53
>>84
うちは4月の祝日だったが朝イチで行ったからよかったものの、
出てきたころには1時前で炎天下の中2時間待ち・・・
やはり福岡から逝った甲斐がありました。
それにしても、絵葉書のなかでも
「空想の回廊のあるデルフトの眺望」
(千鳥格子の床が特徴的な風景画)
が真っ先に完売なのは、なぜに?
評論には失敗作だった、とあったが・・・

>>86
やっぱ大阪逝って正解だったのね〜
仕方ない、残りはオンラインで探すか。
しかし大作を街頭で展示できるS社って、一体??

88 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/05(火) 15:22
>>87
「空想の回路のある〜〜〜」その絵、歪んでる感じのでしたっけ。
私は違和感が・・・。
でもそれに人気があったとは興味深いですね。フェルメールじゃないし。
もしかして単に在庫が少なかったとか??

私は「青いターバンの少女」「水差しをもつ女」「天秤の女?だっけ」
のカードが欲しかったのですが、完売でしたね。
「地理学者」もわりと好きで(表情がイイ)、これは残りまくってたね。

89 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/05(火) 19:13
大阪に来ていたのよりも、東京に来ていた「恋文」のほうが、
質的にはすぐれていたのでは?

90 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/05(火) 19:51
>>89
「恋文」,確かに良かった.修復痕を探ったがよく判らなかった.
しかし,大阪展も良かったと思ふ.疑惑の「聖プラクセディス」
代表作「真珠の耳飾り〜」も見れたし.
個人的には「地理学者」が気に逝った.

91 :F大美術部:2001/06/06(水) 14:54
博多駅で展示してたのが「恋文」「レースを編む女」の2つでした。

ところで、「地理学者」のモデルが
マルティン=ベハイム(最初に世界地図を作った人)
というのはホントですか?

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/06(水) 19:28
>>91
大阪展の図録には「地理学者」のモデルは
アントニー・ファン・レーウェンフック(1632-1723)では,みたいなことが書いてあります.
顕微鏡による研究で知られるデルフトの科学者だそうです.

93 :F大美術部:2001/06/06(水) 22:37
>>92
あ、ホントだ!P192ですな。

でもこの図録、装丁違うだけの市販品もあるみたい・・・鬱だ。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/07(木) 22:51
>>93
ハードカバーのヤツですね>市販品
海外では図録が書籍として出ることはわりとあるみたい.
日本では珍しい.つーかこの大阪展の例しか知らない・・・

先日のルノワール展ではハードカバーとソフトカバーの
2種類の図録が売ってあって鬱だった.

95 :比呂:2001/06/18(月) 01:41
>83
私はダリ?さん はじめまして
6月3日のハイビジョン「フェルメール盗難事件」はいかがでしたか?
美術番組の作りとしては面白かったと思うのですが・・・。
画法についてはさらにもっとと、多少不満は残りました

96 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/18(月) 13:42
GWにルーブルへ「レースを編む女」をみにいったのに、
なかったよぅー(号泣)!!
今、どこにあるの?
夏にまた行くんだけど、そのときには戻っているのかしら。

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/18(月) 22:23
NY・ロンドン展には貸し出されていないはずです・・・
「天文学者」は見れましたか?

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/18(月) 22:50
アントニー・ファン・レーウェンフックも
「天文学者」も
「地理学者」も
フェルメールも

暗闇、具体的には暗箱を通じて世の中を見ていたのです。
それぞれに見えざるものを、見ていたのでした。

凡人の我々にはフェルメール自身は後姿だけで、
すぐに隠れてしまい良く見えないのです。

99 :F大美術部:2001/06/19(火) 11:09
「赤瀬川原平の名画探険・フェルメールの眼」(講談社)
って本を借りてきた。

カメラ・オブ・スキュラて・・・
かなり高度な研究してたんだな〜

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/21(木) 04:08
a

101 :トローニ:2001/06/25(月) 22:10
>>99 >カメラ・オブ・スキュラて…
ではない、という事が1995の大展覧会で発見されたのでは ?
(特別に一室を設けて解説してあった)
勿論、「カメラオブスクラ*だけ*ではない」という事ですが

某評論家が、上記展覧会を見たにも拘わらず、相変わらずカメラオブスクラ
一辺倒の解説をしていて、一体何を見て来たのかと訝しく

102 :taka:2001/06/29(金) 06:33
青いターバンの少女が好きで、模写した事があります
あんな昔に現代のポートレイトのような、
ふりむきざまの一瞬を捕らえていて、観た瞬間に惚れました
実物は大阪で観ました、
本物も良いのですが、コピーを観続けていたので、
僕の頭の中のイメージのなかのターバンの少女が
一番好きです。

103 :its:2001/06/29(金) 09:00
>>102
僕はあの少女になんだか得体の知れない不気味さを
感じます。暗闇の中から浮き上がる口を半開きにした
曲がりなりにも美しいとはいえない少女。。。
この感覚って変?

大阪のフェルメール展図録は、翻訳に難があるそうな。
もともと監修者のウィーロックによる英語版を作って、
それを日本語版に作り直したんだって。だから表紙の
デザインは松永真一だけど、中身のデザインはイマイチ。
フェルメールの全作品がカラーで見れるのは嬉しいけど。

>>94
淡交社が出版してる図録は一般の本屋にも置いてある
ことが多いよ。
ttp://tankosha.topica.ne.jp/
どういう経緯なのかは不明だけど。

104 :たか:2001/06/30(土) 00:11
不気味ですか、人の感性って面白いですね
僕は一目惚れなのに、、、
しかもあのくちびるは舐めたくなりますしね
ぼくは、<笑>
ちがう絵でいえば、モナリザ、絵としても今だに
すきになれず、女性像としても惹かれません
ダビンチってなんかだめなんですよね、
あっ好みの問題でかたずけてくださいね!
ちなみに大阪の展示録のデザイン者、本には「松永真」
とありました

105 :its:2001/06/30(土) 06:19
>>104
ご指摘ありがとう。
松永真でしたね。
世界的なデザイナーの名前を間違えるとは恥ずかしい。
にしても、あの図録のデザイン(パンフも一緒)あまりにも
ありきたりでつまらんデザインだと思った。

106 :たか:2001/07/01(日) 03:00
指摘したつもりでは無いです
ただどっちが本当か解りませんでした
世界的なデザイナーなんですね。初めて知りました!!

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/04(水) 03:44
「コンサート」はまだ発見されていないの?
こんどボストンに行くので、ぜひ見たいんだけど。
誰だよ、盗んだヤツ!

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/09(月) 02:41
フェルメールの青はラピスラズリという宝石に使う石を砕いて作った
青だよ。

109 :私は誰?:2001/07/26(木) 23:54
フェルメールに現代絵画(デ・スティール)に通ずる、画面分割の意図、
および色彩の純化の意図が見て取れる。自然ではない何かがある。
あまりに人工的な!それは、複製で見る時により強く感じられる。
故に、全ての一点物の作品に付いて言えることが、特に彼の作品に於いては
必須である。つまり実物を見ることが必須であると考える。実物はその光の
中の物の描写に於いて、絵画が人工物であることの感動を人に与える。
人間が見ると言うことの意味を再び問いかける。これは、シャルダンの絵が
人に安らぎを与えるその何でもないことの貴さからは遥かに遠い所にいると
考えるが。
つまり、フェルメールは彼の絵画論を描いたのではないかと。全ての画家が
そうであるよりもより意図的に。

皆の酷評を待つ。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/27(金) 00:43
>>109
何度読んでも中間部の意味が取れない。
つまり、フェルメールは絵画の虚構性を卑下して、
人が絵画をみたあと、対象の実物を見たときに、
より多くの感動を得るように、意図しているってこと?

111 :ナナシノ:2001/07/27(金) 01:10
>109
>実物はその光の
>中の物の描写に於いて、絵画が人工物であることの感動を人に与える。

そう言えば浅田彰が「ヘルメスの音楽」で、目前にフェルメールの「描写」を
観た瞬間の驚きを瑞々しい文体で著していましたね。

-----------------------------------------------------------
…しかし、ひとたびそれを感知するとき、ひとは、異様なものを前に
した驚きに全身が震えるのを止めることができないだろう。
そして、それが異様だというのは、それが単にリアルだということ
以外の何ものでもないのである。
-----------------------------------------------------------

112 :私は誰?:2001/07/27(金) 12:35
>>110-111

そう、人の手のみが創出し得たリアル。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/06(月) 00:07
特に中・後期のフェルメール作品に見られる特徴をいくつか。

1 画面全体における、水平・垂直線の強調。
例えば人物の頭部背後に絵を配置することで、鑑賞者の目を人物から画面の上下・水平
の運動に誘導する。

2 形態の単純化。
特に人物の輪郭・色面がかなり単純化され、画面分割線に沿うように配置されている。

3 明暗のコントラストを強調しながら、反射光を強くとる。
人物、特に顔の部分において顕著。逆に、光が直射する部分はハレーション寸前。

4 空間(奥行き)の重層化
いくつかの作品において、主人公を遮るように、椅子・カーテン・もう一人の人物を
配置している。このことで、奥行きの強調、あるいは鑑賞者が窓から、室内を覗き見る
様な感覚を強調していると思われ。

5 筆使い
タッチが目立たない。このことは形態をより目立たせ、1と併せて画面に静的な印象を
与えている。

6 明暗の構成
基本的に光源は画面の外に一つ。しかし、幾つかの作品では、最も明るい色面がカーテンに
遮られて、画面中央に配置されている。2・5も含めて、ジョルジュ・ラ・トゥールとの
共通性を感じる。何か交流があったのか?情報きぼんぬ。

>>109で人工的という言葉があったが、1-6が、原因の一つかも知れず、ではないかも
知れず。
たしかに今見ると、何処かCGを思わせるような絵でもあるが。

なんて知ったかぶってみたけど、詳しいひと後よろしく。(笑)

114 :ナナシノ:2001/08/06(月) 00:27
>>113
去年、上野に来てた「恋文」を観ましたが、絵の具の
付き方に意外と「幅」を持っていると感じました。モノを
描くってのは、絵の具という物質をキャンバスに配置することで
「イメージ」に変換する作業ですが、フェルメールの場合、部分
的には、付けられた絵の具がイメージに馴染まないうちにあえて
描写を終わらせてしまうようなところがあるようで、そうじゃな
い部分とのコントラストが絶妙に感じました。床の模様なんか、
それこそ走り描きみたいな筆致さえあります。

115 :私は誰? :2001/08/06(月) 01:36
>>114
>絵の具という物質をキャンバスに配置する

というか、ルーブルで「レースを編む女」を近寄って見た時、
絵の具をそのままキャンバスの上に絞り出したのみ、筆も何も
使っていないのかと思った程のナマの絵の具の盛り上がった線が
レースになっているのを見た。これには驚いた。あれは絶対に
糸では無い。ナマの絵の具だ。女の顔はていねいに描かれているのに。
この違和感をどう考えればいいの?

116 :113:2001/08/06(月) 02:36
ありゃ。誰もいないと思って、適当なこと書くとすぐつっこみが・・・(笑)
ヤバイかも知れず。(軽く流してくれい)
>>114
写真じゃないんだから近寄れば描いたの解るってば。
5については、ハルスあたりと比較して欲しいス。
顔とか、特に人物の肌なんかに筆跡が目立つと、より柔らかい感じ(動き)が出るのではなかろうか。
絵画空間の質も変わってくるし。(より、絵っぽくなると思われ)
フェルメールの絵が硬質な感じを与えるのは、絵の主要部分に、形態に沿わない「タッチ」が
目立たないのも理由の一つかなと思ったり。
床もそうだけど、特にハイライト部に調子の外れるぐらい明るい色=形に添わない
=絵具としての色を置くのは結構やってるね>フェルメール。
少し前の時代にレンブラントがいたから、物質としての絵具が、離れて見ると描かれた物(人物とか)
に見えるスリリングな快感というのは充分解っていたのでは。それが、絵に緊張感を与えることも。
まあ昔からそういうことは、常識的にあったよね。(抵抗感のないハイライト・影は絵具盛り上げる)
ちなみに、レンブラントの絵具の盛り上がりは当時としては驚異だったとか。
>>115
離れてみても、やっぱり糸には見えなかったかなあ?ダメだった?
確かに彩度高過ぎかも知れないけど。そしたら、その違和感を快感に変えたりして。

117 :私は誰?:2001/08/06(月) 08:06
>>116
>そしたら、その違和感を快感に変えたりして。

だから、油の技法のことではない。あんなところにジャクソン・
ポロックが出てきたらびっくりするではないか。

118 :113:2001/08/06(月) 11:27
>>117
そりゃ、あなたがポロック知ってるから…(笑)。
知らない連中はそんなこと思いつかないだろーし。
いろんな見方ができてお得ではないか。
これからあなたが、ポロックとの関連で話を展開するもよし、しないもよし。

 @@@@
ξ(`ζ.´)ξ <んまっ!あたくしだってポロックぐらい存じているザマス!!

119 :私は誰? :2001/08/06(月) 19:22
113が怒ればこわいだろうなあ〜(ワラ)
だって>>113だもの。だが、良く知っている
人も空想の美術館を作り上げるのはどうかな?
そんなことをすればポスト・マルローにはなれても
日本の美術評論の世界からは放り出される
(クワバラ)(クワバラ)ですかね、113さん!
と、いって俺に何かの説があるわけでなし。
時間下さい。俺、なにか考える(ワラ) 

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/08(水) 23:30
というか、美術において自然というのは作り物なのではないですか?
そして、ある種のつくられたものは、その出自としての外部性が失われることがあるということではないですか?
そのような時、私たちは、その作り事が内部としてしかみえなくなっているというだけのことで、、
それを自然といっているのでしょう?

121 :120:2001/08/08(水) 23:33
ごめん、意味不明のムイミントロールだ。
ちょっと、かんがえてから書き直すわ。

122 :零細業者@油絵素人:2001/08/09(木) 00:32
はじめまして。
フェルメール大好きです。
本物は去年上野で観たそれだけなんですが。
このスレッド発見して嬉しくなりました。
詳しいかたのお話を沢山伺いたいです。
宜しくお願いします。

123 :ナナシノ:2001/08/09(木) 00:36
>>115 「レースを編む女」
前述した「ヘルメスの音楽」においても指摘されてた箇所ですな。
違和感を感じるはずなのに、圧倒されてる自分をどうすれば良いの??
ってな感じでしょうか。

そもそも絵画なんだからフレーム内の空間が人口的な産物ってことは
自明なのに、余りの「リアル」さにヤラレる。

なお凝視すると、リアルを壊すような綻びが幾つも発見できるように感じ
るのに、全体を見直して、やっぱりノケゾる。

以下、繰り返し。僕も持論など無い。驚嘆のループ。

124 :its:2001/08/11(土) 23:10
>>113
オランダ絵画の特質の一つによく「水平・垂直線の強調」が話題
にされますよね。これは19世紀のオランダ派の一連の作品群にも
適用できるし、モンドリアンの幾何学抽象(これは様式的に風景画
が出発点ですが)にも通じるところがあります。今でもオランダの
巷のポスターなんかはこのあたりを踏襲してますよね(かなり前、
CCGで展覧会やってました)。
翻って17世紀に戻ると、フェルメール作品のみならず多くのオラン
ダ絵画は一般家庭の壁面を飾るインテリアでしたから、そうした状
況の中でマッチする手法の一つだったのかもしれません。

>>114
>床の模様なんか、それこそ走り描きみたいな筆致さえあります。
あの表現は、大理石の床をもっともらしく表現しようとした結果じゃ
ないかと思うのですが。いかがでしょう。

>>116
アムステルダム国立美術館の「牛乳を注ぐ女」に出てくる固いパン
のブツブツは、どうみてもパンとしては違和感ありました。かといって
薄っぺらな表現のパンだったら、あの絵はきっとつまらないものになっ
ていたと思います。あれも絵画的常套句の一つとして捉えるべきなん
でしょうね。「絵は絵である」というコトバを痛感したのでした。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/12(日) 00:22
プルーストの「失われた時を求めて」のなかに、「デルフトの眺望」の
前で死ねたら本望、ってセリフありますけど、
写真や複製画で観る限りでは、そんなに魅力的な絵とは思わんのですが。
実際にみたひといますか?

126 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/08/16(木) 12:06
フェルメールブームなのか、びっくり。
中学生の頃せっせと模写してました・・・
グリーナウェイも好きです

 失われた時を求めて 読み直してみよう
知らなかった(気付かなかった)>>125

127 :私は誰?:2001/08/19(日) 22:32
また空想の巾を広げさせて下さい。10年程も前のことですが、今でも
驚愕の体験として印象に残っていることがあります。晴海で開催された
国際現代美術マート(?正式名は失念)でジャコメッティーの作品を
見た時です。それは小さなガラスケースの中のマッチ棒ぐらいの大きさ
の棒です。目を近づけ, じっと見つめます。とそこに人の顔面が、
そのうつろな目がこちらを窺っている。

で、作品の大きさが問題になります。フェルメールもあまり大きな物は
少ない。で、そこに確かに人がいる。
あるいは、作品の大きさは問題にならないのでしょうか?

それは、人の気配なのでしょうか、リアルとは?

128 :私は誰?:2001/08/19(日) 22:44
私は誰?それは、物質化された気配?

129 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/20(月) 12:33
高校の先生に、
「フェルメール、フェルメールって、もてはやされてるけど、
どこがいいんだかよく分かりません、」
って言ったら、
「もう少し大人になったら分かるよ」と言っていました。
フェルメールは今までに10点ほど見てきて、確かに青の色使いの良さは
認めるけど、まだまだ先生の通りなのかもしれないなあ。
みなさんは何歳くらいからフェルメールが好きになったんでしょうか?

ところで、NYかどこかでやったフェルメール展、
どなたかいかれたかたはいらっしゃいますか?

130 :作家林:2001/08/21(火) 04:13
フェルメールの針仕事をする女、は名画中の名画だと
思う。あの構成は(特に弧線でアウトラインが構成されている
ところ)は、特に形に対する考え方として、当時の絵画の
水準を超越してると思います。
サルバトール・ダリはこの弧線をライノウセロシィズ・ホーン
(サイの角)として崇拝していました。
他の絵については良く知りません。

131 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/16 11:34
あげ

132 :@879:01/12/16 12:41
10分ぐらい見惚れて動けなかった。
オランダに行ってよかった

133 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/17 13:24
15年くらい前にパリ市美術館でフェルメール展やってて全部見たよ。
全部で40点くらいあったかな?参考品ってのも多かったかよ
感想は・・やっぱりカメラオブスキュァー使ってるな・・かな。
鉛白の盛り上げでハイライトとか
焦点の合わないボカシ部分はいいかげんなタッチだったし。。

134 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/13 10:35
http://203.174.72.111/jan_vermeer/

135 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/15 18:44
ttp://www4.ocn.ne.jp/~artart/
こんなの発見。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/21 18:14
オレは人が歩く信号の青が好き

137 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/21 18:27
>>133
ぜ、ぜ、全部?
うわぁ〜見たかった。
15年前じゃ小学生だったが。。。。
昨年一点来日したのを見たけど感動したけどなー

138 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/21 18:28
エル・グレコの青がよかった。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/21 19:46
>>133
いいなあ。
我が日本国もフェルメール全作品展やるべし。 何処かの美術館さん僕生きてるうちにお願い!
新潟県知事さん。 オープニング企画はどうせならこれやって。 いい子でいます。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/22 09:29
>139
でも「合奏」は絶対に出てこないだろうから、全作品展は無理だよね。
個人的に、初期の宗教画はニセモノではないかと疑っている。
その後の諸作品とあまりにもタッチやテーマが違うので。。。

141 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/10 22:34
青もいいけど黄色もね
それから白も忘れないでネ

142 :とろ:02/05/27 20:49
二年位前にフェルメールとその時代展やりましたよね?
そのときは忙しくていけなかったんですが最近
書店で同タイトルの河出書房新社刊の美術書をみました。
本体があまりにも状態悪かったんで取り寄せお願いしましたが
内容は展覧会の図録と比べていいのかな?誰か知ってる人
教えてください

143 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/28 19:40
↑図録と同内容の市販バージョンのことかな。>>93-94も参照。

144 :とろ:02/05/29 19:20
あ、多分そのことだ。まったく同内容なの?

145 :143:02/05/30 17:47
内容はまったく同じだと思います。

146 :とろ:02/05/31 01:04
<145
親切にありがとう。フェルメール展いけなかったのをとても
残念に思って図録をがんばって探していたので嬉しいです。

147 :わたしはダリ?名無しさん?:02/06/02 16:44
独特な油絵具の扱い方が面白い。
どんな描き方してたのか教えてたもれ。

148 :名無しさん:02/07/14 13:06
フェルメール・ブルー大好き!
誰か同意しておくれ

149 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/14 13:30
べつだん特別な描き方でもないにょ
習った通りだにょ
鉛白を混ぜた不透明層に樹脂を混ぜた透明層の仕上げだにょ
ブルーもラピズだにょ
高いからそれなりに大事に見せてるにょ

150 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/14 13:39
>>149
そりゃ画材でしょ・・

151 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/14 15:11
>>150
油絵描いた事ないでしょう?


152 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/14 16:04
描いたことあるよ。
高校の時、美術部だったもん。
じゃあ、白の点点を並べる技法、フェルメール以前に誰がやってたのか言ってみて?

153 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/14 18:02
カメラ・オブスキュラを使ってたと言いたいわけね

154 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/14 20:11
美術部ね……

155 :深登理:02/07/15 20:20
フェルメール いいよね
高校の頃 模写しまくってた〜
あったかい絵だよ なつかしぃなぁ
本物見たいなぁ 頑張って仕事しよっと んで貯金して 展覧会いくんだ

´д`

156 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/16 01:05
本物は壁紙みたい っていうかプラモデルみたいなもん。


157 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/16 01:07
いまでいうと趣味でSHADEとかで3Dやってるオヤジとか

158 :わたしはダリ?名無しさん?:02/08/23 21:54
フェルメール都内で売ってるとこあります?
ポストカードじゃなきゃ、なんでもいいんだけど。

159 :わたしはダリ?名無しさん?:02/10/05 07:40
漏れも好きじゃダメか?それで終わりにしようや!

160 :わたしはダリ?名無しさん?:02/10/05 17:10
>>152
>>153
静物画のカルフとかも使っていました。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/28 16:36
あげ

162 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/30 02:40
昨年ロンドンのフェルメール展行った。一時間ごとの定員制だったから
人少なくてじっくりかぶりつきで一人占めで見れて最高ですた。


163 :ベンゼン中尉 ◆BENZENFG3I :02/12/30 22:52
フェルメールの特徴である光の取り入れ方に彼の非凡さを感じています。
確かにいいですね。
私はベラスケスのような重厚な絵も好きですね。

164 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

165 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/08 11:57
デルフトの眺望は実際見ないとわからない。
写真と全然違う。

166 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/08 23:39
age

167 :山崎渉:03/01/18 10:47
(^^)

168 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/25 17:52
フェルメールブルーって馬がいるんだけど知ってる?
応援してるけど、あんまり成績はよろしくない・・・

169 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/27 01:17
フェルメールが好きなら初期のフランドルから見てかないと
オランダ絵画の特徴というか、流れはつかめないんでは?
メツとかファン・ミーリスとかも、見てみるとミクロな凄い作品
けっこう有るよ。フェルメールが評価が一般に浸透したのはそれほど
昔じゃないし。
 いっぺんオランダとベルギーに行って腐るほど現地の作品みると
いっそう色々きづくのではないかな。これからオランダ絵画における
「リアル」とか、「再現性」についてとかの話題はもっとホットになる
のを期待してるんだけど。
>124 なかなか面白い発言です。なんかこれについてお勧めの本
とかあります?

170 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/27 16:45
ダビンチとどっちが凄いですか?
「モナリザ」と「レースを編む女」が地上で最高の絵画だと思います。

171 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

172 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/28 02:08
メーヘルンだっけ?
ガン作者は。

173 :AT3r:03/01/29 17:31
ヽ(´ー`)ノ フェルメェルー アオ ナノー

174 : :03/02/16 22:17
関係ないが
自分は02WCサッカーセネガル代表監督
ブルーノ・メツ(フランス)が
ハブリエル・メツ(オランダ)の子孫ではないかという
妄想にとりつかれている。

175 :174:03/02/16 22:18
>>169

176 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/17 01:08
小林康夫『青の美術史』はどうですか。

177 :山崎渉:03/03/13 13:51
(^^)

178 :わたしはダリ?名無しさん?:03/04/17 00:30
ダイナミック・シンメトリーについては語らないのでつか?

179 :山崎渉:03/04/17 08:41
(^^)

180 :わたしはダリ?名無しさん?:03/04/17 11:19
いらっしゃ〜い

181 :山崎渉:03/04/20 03:56
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

182 :山崎渉:03/05/21 22:13
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

183 :山崎渉:03/05/21 23:17
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

184 :山崎渉:03/05/28 14:23
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

185 :きむ:03/06/10 22:31
フェルメールの描いた絵の床は何故タイル張りばかりなんでしょうか?

186 :山崎 渉:03/07/15 13:01

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

187 :なまえをいれてください:03/07/17 16:48
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

188 :なまえをいれてください:03/07/23 14:22
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

189 :なまえをいれてください:03/07/23 16:36
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

190 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:15
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

191 :山崎 渉:03/08/15 18:13
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

192 ::03/12/01 23:47


193 :わたしはダリ?名無しさん? :03/12/16 02:18
4月に東京上野都美術館にフェルメール来るね!
楽しみだよ。HPにはまだ載ってないけど
都美術館でポスター発見しました

194 :わたしはダリ?名無しさん?:03/12/16 22:25
で、今度の目玉は?

195 :わたしはダリ?名無しさん?:03/12/19 00:13
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/ycgh.jpg

これが来るみたいです

196 :わたしはダリ?名無しさん?:03/12/19 10:37
>195
なかなか、いい絵じゃの〜

197 :わたしはダリ?名無しさん?:03/12/20 19:57
今度の目玉は「合奏」らしいよ。

198 :茶々 ◆NdXA4pMuL2 :04/01/05 00:53
今度、フェルメールの「青いターバンの少女」に基づく映画やるらしいよ。
コリン・ファース(「ブリジット・ジョーンズ」とか出てる)がフェルメール
役らしいね。

これ予告編。日本で観れるのは当分先のことだろうし、たぶん単館だと思うけどね。
http://www.apple.com/trailers/lions_gate/girlwithapearlearring.html

199 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/05 01:15
>>195
本当なら朝一でならぶ!

200 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/05 22:47
>>195
最高傑作じゃん。

201 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/06 14:36
栄光のオランダ・フランドル絵画展
4/15-7/4 東京都美術館
7/17-10/11 神戸市立博物館
http://event.yomiuri.co.jp/2004/S0178/top.htm

202 :199:04/01/07 00:08
>>201
参りました

203 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/07 16:20
マジで「画家のアトリエ」来んのかよ。
万一何かあったら取り返しつかねーぞ…

204 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/08 01:09
来るのほんとだったら絶対行くーーー!
フェルメールの絵には憧れのような気持ちを持ってて・・・。
特に、青いターバンの少女、に。
打たれたように好きになったもんなあ、最初に見た時。
ちょっとあの感覚は忘れられないな。。

205 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/08 03:04
「青いターバン〜」の時みたく、大混雑で鑑賞できる状態じゃなかったになるのでは・・・

206 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/09 01:28
age

207 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/10 15:32
牛乳が飲みたくなります

208 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/12 07:12
打たれたような感覚解るなあ。フェルメールって誰が見ても凄いとか上手いとか写真
みたいに実在感有るとか、色が美しすぎ!とか、とにかく何か感銘を受けると思いま
すよ。誰が見ても(美術にまったく興味無い人は除外)印象深いのは、傑作の属性じ
ゃないかなあ。美術の先生もフェルメールは良い!って言いました。初見でも良さが
解るというか、伝わる、それがフェルメールの絵。

209 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/12 07:15
特にあの青は一度見たら目に焼き付いて離れません。印象深すぎ。
本物見れた人は幸せ者だよ、はぁ〜。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/12 07:53
で、「画家のアトリエ」はほんとに来るの??

211 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/12 22:51
ヤン・ステーンの絵も開放的でいいよ。


212 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/13 03:35
>>210
201に展覧会のLINK貼ってあるじゃん

213 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/20 15:36
>>201
またマスコミが煽って、混雑する展覧会になるんだろうなぁ

214 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/20 21:43
>>213
なにせ、胴元がマスコミだものね。しかも、発行部数日本一の。

215 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/22 01:30
都美でやるのもいただけないね。西洋美術館でやればいいのに。
混むんだろうな。それでゆっくり見られないんだろうな。

216 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/22 09:25
なぜかもうひとつスレがたってるようですが
”ついに来日 フェルメール 「画家のアトリエ」”
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1074569137/
「画家のアトリエ」って、クールベじゃあるまいし・・・


217 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/28 18:53
混むのわかってるんだから 対策ぐらい・・・たててないかなぁ

218 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/03 04:20
>>92
アントニー・ファン・レーウェンフック
自作顕微鏡で人間の精子を発見した人だね
フェルメールも見た可能性はある

219 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/06 05:50
ファルメールをモデルにした映画、評判良いみたいだね
アカデミーにも3部門でノミネートされてるし期待ですわ

220 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/06 09:30
>>219
フリーダ・カーロ、ポロックときてフェルメールもあるんだ。

221 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/06 20:59
スレ違いですまんけど、
画家をモデルにしたお薦めの映画ってあります?

222 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/07 12:23
昔は人いなかったからレンタル掲示板で十分だったんだけどね。
ケビン・ベーコンをモデルにした映画好きだったよ。タイトルはなんだっけ?^^;。
「バスキア」も好きだったなぁ
さすがに、これだけ話題になると会員制を導入した方が正解かな

223 :222:04/02/07 12:24
初めの一行目は無視してください(-_-;

224 :222:04/02/07 12:24
最後の一行も(T_T)

225 :221:04/02/07 15:30
>>222
フランシス・ベーコン?
どちらも好きなアーティストなのでレンタル屋で見つけてみます

226 :222:04/02/07 19:16
ケビン・ベーコンは役者ですた
駄目駄目だ・・・
明日死のう・・・

227 :おp:04/02/07 19:30
http://www.google.co.jp/search?q=%E2%98%85%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B3%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%99%BB%E9%8C%B2%E2%98%85%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%82%92%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E2%98%85&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

228 :221:04/02/07 21:07
>>222
ケビン・ベーコンも好きだから問題ないです
レスだけでなくギャグまでもらえたので感謝

死なんでよろしい(・∀・)

229 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/07 23:03
ベイコンの映画はこれだね。日本のタイトル決める時にちこっと関わりますた
「愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像」
http://www.sankei.co.jp/mov/review/99/loveisthedevil/

230 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/10 02:39
>>221
そういえばモディリアーニの映画あったなー
なんて思ってググったら モンパルナスの灯 ってタイトルのがあるみたい。
見たこと無いからオススメってわけじゃないけど。

231 :221:04/02/10 22:21
>>230
「モンパルナスの灯」は子供の頃テレビで観ました。画家自身の内面とかはあまり
描かれていなかったような。
自分の場合あまり多くは観てないけど、「マルメロの陽光」は公開時にずいぶん期待
して見に行ったものの意外に印象に残らなかったし、「アルテミシア」もたんに少女の
精神的自立を描いた話になっていた。

去年の深夜放映されてたレンブラントの映画は、時代背景や衣装が凝っていたけど、
できれば画家ならではの内面が表現されている映画が観たい、などと思ったもので…

そういうのは意外に少ないのかな。上で出ているベーコンのはいずれ観たいです。

232 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/16 21:01
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります.

私も最初は嘘だと思ったんですが、一応コピペしました。それでセンター私大に合格出来ました。
けどコピペしなかった友達がA判定とっていたのに、おちたんです




233 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/22 15:27
>>232
★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★

★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★
★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★

★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★
★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★
★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★

★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★
★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★

★ ☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ★ ☆ ヽ(゚∀゚)ノ ☆ ★ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆ ★

これを見た人は確実に【幸福】です。
これをコピペでどこかに1回貼れば幸福を一つ増やすことができます。
これは本当です。
でもやらなくても一年中幸福です。

私も最初は嘘だと思ったんですが、とりあえず貼ってみました。
それで幸せを一つ増やすことが出来ました。
だけどコピペしなくても全く関係ありません。


234 :わたしはダリ?名無しさん?:04/04/24 11:36
あの青はラピスラズリらしいです。
自分でもやってみようと思います。
乳鉢かって来よう〜

235 :わたしはダリ?名無しさん?:04/04/30 23:45
高松塚古墳の壁画にも、ラピスラズリが使われていたらしい。

236 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/01 08:11
真珠の耳飾りの少女の映画やってるね?
今日観てくる予定

237 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/01 08:11
×真珠の耳飾りの少女の映画やってるね?
○真珠の耳飾りの少女の映画やってるね。

238 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/01 17:31
見てきたかい?

239 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/04 01:43
都美逝ってきた
コミコミで絵の近くまで寄れなかった

セレブ気取りのババアたちウゼえよ
あいつら出入り禁止にしてくれ

240 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/04 08:03
混んでるときに行っちゃあだめよぉ
美術館に行くなら平日の午前中
人いなくてサイコー


241 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/05 10:18
ワシントンD.C.のナショナルギャラリーに4点あって
観てきたけど、びつくりなことに写真OKだったよ〜
(っていうか美術館自体が数点を除いてフラッシュたいて
 写真OKっていう不思議なところだったよ)
休日でもたいして混んでないのでゆっくり見れるのがイイ。
NYにも確か5点あるから、東って結構効率いいかも・・フェルメール詣

242 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/05 12:37
先先先週、フェルメール展見に東京都美術館へ
今週、映画「真珠の耳飾の少女」見てきた
どちらも休みの朝一に行ったよ、まだ人ごみも少なく我慢できる
たった一枚の絵から映画が生まれたかと思うとなんか感動だね
でもって絵>>>>>映画だと思った


243 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/05 17:13
私も今日、映画見てきました。結構年配の人が多かったです。
主役の彼女は確かに可愛いんだけど、本物にはかなわない。
それでも最後はに、「真珠の耳飾の少女」の絵がアップで良かった。

244 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/12 01:43
海外の美術館てたいてい写真とれるっしょ
フラッシュは×だけど

245 :暇だね:04/05/12 13:28
何故、写真が禁止なのだろう、フラッシュが無くても?

ターバン娘と手紙娘しか見てないなあ、そのうちラピスラズリを
粉にして絵を描こうと思うが高いなあ。

246 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/13 16:59
日本の美術館は模写はもちろん、手帳にメモするのも禁じられてるってホント?

247 :暇だね:04/05/14 11:40
メモはいいのでは?

まあ、いまだ18世紀の法律を良しとしている、東大法学部という
カスの集団が影響しているんだろう。

248 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/14 12:23
東大法学部に入って内情を知って「カス」と書けよな。

249 :暇だね:04/05/14 16:57
あほらしい、三菱を見ろ、あそこは東大の吹き溜まりだろうに。

250 :暇だね:04/05/15 08:23
新しい奴が発見されたらしいが。

ナショナルの奴は2枚が疑問だ、手紙娘と天秤娘は素晴らしいが。

251 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/16 14:32
三菱の不祥事→東大法学部はカスの集団

という理論の展開にクラクラ…

252 :私はダリ?名無しさん?:04/05/17 03:37
メモ自体がだめなんじゃなくて、万年筆(?とにかくある種の筆記具)から
出る、揮発性の気体が絵に悪いということで、メモがダメだったような・・

253 :暇だね:04/05/17 08:51
三菱だけじゃない、大蔵省や核燃もあるだろうに。

住友はJCOで核実験しゃがって、何で放射線を浴びなくては
ならないんだ。

いつまでフラッシュの無いカメラを預けなくてはいかんのだ、
カス共のせいで。

254 :わたしはダリ?名無しさん?:04/05/17 22:31
カスが何か言ってますが。

255 :暇だね:04/05/17 22:50
何だろう?

昔フォン・ノイマンがフォン・ブラウンとのツーショットの写真が
あるが、マヌケのブラウンの首を引き抜こうとしているのを辛うじ
て抑えている、いい絵である。

あれ、何を書こうとしているか忘れた?

256 :暇だね:04/05/18 14:24
カルテックのロイは何をしている人なんだろう?、世界で始めて
フェルメールのHPを創ったが。

ブルータスではカリフォルニア・テクノロジー・研究所と訳して
いたが、翻訳した奴はMITも知らないんだろうなあ。

257 : :04/06/09 15:54
青いターバンの少女が大好きな俺は二次コンですか?
じっとあの絵をみているとドキドキしてしまいます

258 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/10 14:51
>>115
>ルーブルで「レースを編む女」を近寄って見た時、
>絵の具をそのままキャンバスの上に絞り出したのみ、筆も何も
>使っていないのかと思った程のナマの絵の具の盛り上がった線が
>レースになっているのを見た。これには驚いた。
そう!僕もびっくりしました。久々に絵を観て予想しない事件に
出会ったような衝撃を受けました。
>女の顔はていねいに描かれているのに。
いや、むしろ顔は故意にフォーカスを外して描いてると思った。
隣の『地理学者』の顔もそうだけど。だから肖像画じゃない。
光に満ちた空間のなかで、息をひそめて何かに没入してる人物
がいて、その空間のイリュージョンの中に、フラフラと意識が
溶けて浸りこんでしまう。そんな感じ。
オランダにあるフェルメールは全て観ていたんだけど、
『デルフト眺望』が最高傑作だと思ってたんだけど、
『レースを編む女』は、小品でもそれに匹敵する革命的絵画
だと思います。あれはコーパルのような樹脂をたっぷり使い、
顔料を宝石のような光の雫に閉じ込めたのではないだろうか。
想像するに、あの絵は光学的に変換されたイメージに対する
興味に導かれて描かれたのではなかろうか?
単にカメラ・オブスクーラのレンズを通せば、ああいう雫が
見えたのではなく、さらにレンズにザラザラのガラスをかぶせ
などして、不定形の色彩世界が、画家の前に現れたのでは
なかろうか?
僕には1990年代のデジタル画像加工ソフトを経由して
描かれた類のある種の現代絵画の原型が、もっと素晴らしい
形で200年以上前に描かれていたように思え、深く感動
しました。

259 :ソムリエ:04/06/14 22:14
日本庭園美術館で7月10日にOFF会しませんか?

260 :daily ウォガ! ◆Ztdaily2X6 :04/07/21 16:24
No.2446 発売中 神戸市交 返信数:0

スルッとKANSAIこうべカード「栄光のオランダ・フランドル絵画展」を千円、5000枚限定で駅売店、三宮・新長田・名谷・西神中央・神戸駅前・阪神御影駅前の各定期券発売所で発売中。
(神戸市交HPより)

(ズンベロドコンチョ) - 07/21 07:14 機種:[PC]


掲示板荒らしとして関西鉄道掲示板界にその名を知られる「みなと鉄道」(矢野信吾)は
就職を機に鉄道掲示板界引退を表明するも、「ズンベロドコンチョ」として掲示板に復帰。
数々の極悪違法行為を反省することなく、今日も掲示板を荒らし続けている。

鉄道カード情報局(トゥインクル) http://poteto.itits.co.jp/b.asp?S=SFCARD
荒らしの世界遺産 みなと鉄道スレ Part57 http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1089470887/
駅名しりとり76 http://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/train/1084369820/

261 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/04 17:59:55
jh

262 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/15 18:32:14
age

263 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/18 21:00:01
このスレ、4年も以上前の!
現存する最古の2ちゃんスレではないだろうか。

264 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/22 20:55:23
んなわきゃーない
もっと古いのは他にあるだろ

といいつつ記念カキコw

265 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 13:10:42
あげ

266 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/28(月) 19:31:26
兵庫県立美術館に行ってきた。
布とか果物の描き方はフェルメールっぽかったが、
人物や壁の描き方は?って感じだった。
この絵の評価は高いのだろうか?

267 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/28(月) 21:43:15
青で有名な画家は、むしろジョットだと思う
ジョット・ディ・ボンドーネ
青がとても印象的
もちろん、ちょっとプリミティブな印象が濃いけど
ルネサンスの先駆者だし・・・

268 : ◆GUNBOYdbqE :2005/03/28(月) 21:54:09 ID:??? ?#
赤はあかぞなえ

武田信玄の戦略か。

反対は

黒かな?

青は日本人でありえるかな?
藍色?

黄色は
新撰組の
浅黄色かな?

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 14:22:34
ラピスラズリ

270 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 20:22:57
国吉のブラウンなんかが好きです。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 08:12:26
>>268
余談だが、浅黄色は黄色くはない。

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 15:49:50
「あさきいろ」で憶えてんのか?「浅葱色」だぞ

273 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/08(金) 02:42:18
age

274 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/08(金) 14:48:43
sage

275 :番組の途中ですが名無しです:2005/07/20(水) 11:49:55 ?
祈念カキコ

276 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/02(火) 10:29:07
ドレスデン展どなたか行かれました?

277 : :2005/08/03(水) 02:34:46
>>150

お前あほ丸出しだよ。


278 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/03(水) 03:05:38
と同士討ち

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/04(木) 11:39:18
時空の放浪者キターーーーーーーー!!

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/10(水) 15:08:20
>>279
>時空の放浪者
ってなんですか?

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/13(土) 16:05:15
3年以上前の書き込みに普通にレスする>>277の事。

282 :86 ◆NyE95bLP/. :2005/10/20(木) 00:50:59
美術鑑賞板最古スレカキコ。

283 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/05(月) 20:08:31
久しぶりにカキコする

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/11(水) 00:33:53
http://www.dff.jp/
1クリックで無料募金が毎日できます。
皆様のご協力をお待ちしております。

285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/11(水) 03:38:35
フェルメールの失われた作品を見るために、
タイムスリップしてきます
ついでにブリューゲルの失われた連作「四季」もみてきます
ついでにボスの・・・

286 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/21(土) 09:44:50
まだ大丈夫と観に行くのを延期してたら神戸終わってた・・・
一緒にタイムスリップしてきます

287 :まっこい ◆/Dz/vIleL. :2006/01/24(火) 05:44:54
もはよう〜

288 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/13(月) 09:01:40
真珠の首飾りの少女を見て、
青に魅せられました

289 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/05(日) 17:18:17
さんざん既出だけど、フェルメールの青はラピスラズリ。
宝石を、でっかい風車でごりごりすり潰して出来るのだ。
風車守のおじいさんがダンディーでカッコヨロス。
やはり絵の具の値段は馬鹿にならない(笑

一方、フェルメールは砂も使った。ただの砂。
題名は失念したが、手前に水(河?)、中間に町、上に空の描いてある風景画で
町の部分の絵の具には、砂が混ぜられており、凹凸が現れている。
空の部分はもちろん、ラピスラズリの青。

フェルメールの、絵に対する豪快さと繊細さの入り混じったところが好きだ。

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/12(水) 19:37:42
フェルメールの画集がほしい。
いい画集があったら紹介を。

291 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/04/12(水) 20:57:52
>>290
画文集ですが面白かったので、
赤瀬川原平の名画探検 フェルメールの眼赤瀬川原平の名画探険
Johanes Vermeer (原著), ヨハネス フェルメール, 赤瀬川 原平
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062090120/qid=1144841815/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-5524155-6285901
画集では
タッシェン ニューベーシックアートシリーズ のフェルメール 全油彩画(36点しかないはず)あたり。
ttp://www.oi-bijutsukan.com/item-nba0511019.html


292 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/12(水) 21:39:41
フェルメールは子沢山。絶倫でスケベだったんだな。
とっとおっ死んで、かみさんは大変だったらしいな。

293 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/25(火) 00:33:45
映画見た?
よかったよ

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/01(月) 16:30:43
フェルメールって
写真みたいだよね

295 :マルセル・プルースト:2006/05/08(月) 09:04:36
フェルメールの「デルフト眺望」の黄色い塔の色の輝きを見ていたら
むらむらしてきて美術館でしこっていたら失神してしまったお( ^ω^)

296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/09(火) 21:51:46
そ〜んな奴、おらんゃろう!!

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 18:56:21
青よりも黄が効いてるんじゃないのかな。
「牛乳の・・」がいい。 

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/24(月) 23:35:20
北──(゚∀゚)───!!
r'⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩
ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。A。)キタ━━━━━━━━!!!!!!
キタ━━(´◕ฺω◕ฺ`)✪ฺД✪ฺ)♉ฺA♉ฺ)☼Д☼)❝ฺ_❝ฺ)◉ฺ。◉ฺ)▣_▣)☉∀☉)━━
キタ―゜゜(Д )―!!


299 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 00:20:36
キタ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡━━━━!!!!!!

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 00:26:26

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J

∩,  、∩
   (゚∀゚ )  おっしり!おっしり!
   \  \
 プリン(( Y ))プリン
     し⌒J

_, ,_∩∩
   (;`Д)彡彡 はって!はって!
  ((⊂⊂彡
   |   |
   ヽ_つJ


301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 01:07:39
             人 人パシャ
            く┌∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            . η(   )< 
             ヽ   ノ  \_______
              |  |〜
              ∪∪


302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 01:53:10

パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ パシャ パシャ
 ∧_∧     ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (  )】    (  )】   (  )】 【( )  【(  )   【(  )
 / /┘ .   / /┘.   /  /┘ └\ \    └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ


303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 21:04:31
なんか踊ってるね。。↑

昨日 てれ東オランダを木戸まぁこさんがドライブする番組があり。
そんで、オランダは海抜以下だから、干拓しと。
で運河があってそこから水が蒸発し。海抜以下だから水滴があり。。
ゆえにオランダの光はやわらかく独特なのだと。

ほんまか?? ほんまか??
デルフトは1キロ四方で。と。  そこに43まで住み。生涯を終え。>フェルメール
と。 いい画集がみたくなったね。 でそれにもまして、一回まとめて並べてみたいなと
いかなる富豪かがかなえてくれんことを望む。

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/23(土) 20:36:04
↑私も見ました。
まぁこさんがフラメンコでも踊るかの様な
赤と黒の衣装で現れたときは言葉を失いました。
しかもそのヒールの高い靴で
教会の塔を登り始めたのですから
見ている方はハラハラ。

フェルメールの光を探求といいつつ
最後は室内ではなく何故かピーカンに晴れた
木立の道でスケッチ。
行き当たりバッタリで作った感が
画面から溢れていて、ただただ
呆れてしまいました。

誰か教えてください!
彼女が何故あんな衣装を着ていたのかを!?
フェルエールの絵以上に謎です。

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:15:26
テレビは糞。
見るとバカになるよ。

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 05:24:21
1ヶ月ぶり

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/17(日) 08:04:43
1ヶ月ぶり

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/10(水) 19:11:14
鯖移転〜

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)