5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

墨蹟について語ろう

1 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/01 23:31
禅林墨蹟について熱く語りましょう

2 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/01 23:32
白隠

3 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/01 23:33
<<2 タコ風外

4 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/01 23:34
>>3 アナ風外

5 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/01 23:44
重複

終了

【唯書】書道について語りましょうvol.3【一絶耳】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1089818491/l50

6 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/02 00:02
パクチョンキ

7 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/03 01:52
書道と禅林墨蹟はちゃうやろ!!

8 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/03 01:58
どう違うか説明してくれや。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/04 20:18
禅林=禅宗寺院 墨蹟=禅僧が布教伝法の為に書したもの。
一般的な意味の書道とは違うと思います。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/04 20:57
うーん、大燈国師墨跡が一番好きかな。
特に正木美術館のやつ。


11 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 08:27
白隠まででしょう。面白いのは。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 11:15
唐ものはどお?

13 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 15:35
>>10
大燈国師墨跡では大徳寺真珠庵のやつ、是非一度見てみたい。

14 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 16:26
唐ものというと虚堂とか無準あたりをいうのかな?確かに墨痕麗しく表装も素晴らしいものが多いね。
自分としてはそういった国宝級のものよりも黄檗なんかの身近な墨蹟が好きです。特に晩年の隠元は素晴らしい。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 16:28
最近なんか買った?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 16:29
墨蹟って何処でかうの?

17 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 21:37
新門前 清鑑堂

18 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 21:37
石泉

19 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 21:37
自休庵

20 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/05 21:38
奇品堂

21 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/06 01:21
>>14
だよなぁ。国宝級になっちゃうけど、あれはほんとに凄いと思った。

22 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/07 11:27
中世近世の墨蹟は印可状や消息、法語などいわば実用書といえるものだが、それだけに禅匠達の伝法の熱意や弟子に対する温情が溢れるものばかりであり、この辺が感動を呼ぶのだと思う。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/07 11:30
海外では何故か南天棒が人気があるそうな。かれらはそれを書として楽しむのでは無く、もっと直感的な楽しみ方をするようだ。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/07 11:36
>>23
外国人特に米人にとって墨蹟は非常に安価な芸術品と映るようだ。明治の南天棒でも100年近くの時代を経ているわけで、歴史の無い米国にあってはアンティークとしても充分な価値があるということだ。
知り合いの墨蹟店によると金に糸目を付けない良い客も多いとのこと。

25 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/08 10:38
>>22
> 中世近世の墨蹟は印可状や消息、法語などいわば実用書といえるものだが、
>それだけに禅匠達の伝法の熱意や弟子に対する温情が溢れるものばかりであり、
>この辺が感動を呼ぶのだと思う。

禅家の語録を読んでみても、これはよく分かる。自分はそういう書籍から入ってきたので
まだ墨蹟については知らないことが多いのだが、いろいろと見て回りたいと思ってる。

26 :書跡研究者:04/09/11 00:17:36
南天棒は国内でも結構高いと思うが。10数万で彼の幅を買うよりも
天室や玉舟、伝外や江雪の手紙でも買ったほうがいいと思う。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 11:16:35
>>26
南天棒の墨蹟は10数万円もしないよ。高いのは円相と托鉢図位で、一行は5万以下。当然天室、玉舟等とは比較にならない。

28 :書跡研究者:04/09/11 21:06:55
その托鉢図を指して言っているのです。言葉が足りんかったから
細くします。

29 :書跡研究者:04/09/11 21:07:32
細く→補足

30 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 22:24:53
>>26
でも本当に海外では人気があるようですよ。玉舟なんかに比べれば時代も違うし、書としての価値は比べようも無いけれど。
大体南天棒は書きすぎているから、値崩れが甚だしい。もっとも南天棒好きの人に言わせれば、卑賤の区別無く書の依頼に応じたこと自体が禅僧として素晴らしいとのこと。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 22:32:05
なっんたって白隠でしょう。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 21:20:18
>>31
贋物だらけ

33 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/15 23:27:58
>>31
某墨蹟屋が贋物展を開催しようと贋物集めを始めたが、贋物も高くてやめたそう。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/15 23:30:07
>>31
ワシャ白淫なんてきれーだという人に限ってすきあんだよねー。

35 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/18 21:05:44
黄檗物がいいね!隠元や木庵のゆったりとした書に接していると心が落ち着く。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/20 18:17:25
>>35
鉄牛鉄眼も捨てがたい。和僧だけど。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/30 01:22:00
いいね!何かいてあるかわかんえねーけど!

38 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/30 01:22:55
鉄牛は贋物もあるから注意。

39 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/05 12:21:30
最近の坊さんの書を墨蹟と呼ぶのはどうも。。。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/18 23:54:51
せいかんどうカタログ到着!

41 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/20 10:50:52
東博に流れ圜悟が出てるよ

42 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/20 23:14:06
<<41
いってみよ!

43 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/26 16:16:09
京都花園大学にて白隠展。

44 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 14:33:30
むくはとじゅうが大ファンで一倉つぎ込んだらしいぞ

45 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/09 19:04:31
資文に白隠さまでたよ!全紙だよ。いいよ。2000万円だよ。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 00:56:04
泉下でお嘆きのことであろうぞ

47 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 22:27:59
資文って何?

48 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/11 16:58:22
>>47京都しぶんかくでございます。社長が最近鑑定団に出演しております。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/12 18:38:47
黄檗文華殿いってくれ!

50 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 12:19:37
>>48
なるほろ。ありがとん。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 17:03:31
しぶん。。って、カタログ販売が主のようだが、信頼度はどうなの。
すごく悪く言う人が」多いんだが

52 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 17:12:19
>>51嫉妬も入ってるんじゃないかな?

53 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 20:22:42
書だけで言うと、殆ど良いものなし。最近は目録来ても直ぐに
開ける気も失せている。最近は新画や古画はよくわからんが、
次第の悪いものが多い。2・3日前に来た墨蹟資料目録別冊も
余り欲しいもの無し。近衛の手紙もどれもだめ。基煕の手紙も
、宛が平松だから、良いものかと電話を掛けようかと思ったけ
ど、良く読んだら、字がおかしい所があって、平松側で写した
ものと判った。アブナイ、アブナイ。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 20:24:06
→新画や古画は良くわからんが、最近は

55 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/01 21:45:11
京博 古林清茂 月林号展示中 すげー迫力!!

56 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/12 22:53:11
ああ

57 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/24 18:46:19
ヤフ奥に蜷川親孝、書簡の軸が8万5千円程度で出品されてたんですけど、
あれは本物だったんでしょうか。ご存知の方いませんか。

58 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/24 20:08:39
↑ 私が落札したんですが早速35万円で転売できましたよ 儲け儲け ほっほほっ

59 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/24 21:48:44
過日出品された隠山の円相も出世してたよ。

60 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

61 :書跡研究者:04/12/25 01:04:55
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c75431212
これか?tenmoku1582が落札したやつだろう。真筆ではなく、粗悪な写
しかツクリモノと見るべき。近江の守護代に宛てた手紙だが、例えば、
4行目の「・・言上仕候」の「仕」の時を書き落として、脇から書き足
すやり方は、身分が雲泥の差であるならばまだしも、政所代から守護代
へと宛てた手紙では非常に無礼になります。これは写す際に原作(それ
とても真作である保証は無いが)を見ながら模写しているうちに見落し
て、補入したものと思う。また、この時代の手紙の封式は、本紙ないし
は礼紙の端下を帯に切って封式に回す切封であるの普通ですが、この場
合大抵宛所の「伊庭六郎・・・殿」の何処かに帯状に白紙の部分がある。
紙の帯を回してその上から宛所を書くので、読む際に帯封を取り去るか
ら、帯に書かれた部分だけ白い部分ができる。この場合は、それが無く、
最初から写しとして書かれたものと判定できる。また日下(日付)の左
隣に「進之候(これを進め候)」の文があるのもおかしい。さらに本文
2行目下の、解説文では「不可有尽(盡)期候」と読んでいる所「不
可有晝朝候」と読まねば意味が通らぬ所であり、そう誤読させたのは、
これを写した人物が、手紙の様式はおろか、そこに書いてある意味も分
らずに写した為で、ここでは「朝」が「期」と読めるように書いてしま
ったのだろう。よって、あまり教養の無い江戸時代の手による粗悪な写
しか、ニセモノとなろう。まあ、さっさと売ってよかったねと言ってお
きましょう。


62 :57:04/12/25 12:17:35
57です。
かなり古色が付いていましたし、入札するかどうか判断に迷いました。
しかし、少し引っ掛る感じがしたので、入札を控えていました。
その間に終了してました。(私は落札者でも出品者でもないです。)
私は古筆学の素養も無いので、
自分の中で、「怪しいな・・・」程度に思う事しか出来ませんでした。
>>61さん
かなり丁寧に教えていただき、ありがとうございました。 m(_ _)m

宛名に書かれていた名前、
「近江守護代、伊庭六郎左衛門尉?」は中世に実在した人みたいです。
蜷川親孝の直筆は、国立公文書館収蔵の(重文)朽木家文書の
中に親孝書簡が3通存在する様です。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/29 22:03:12
ヤフオクの墨蹟は要注意!無文さんや大航さんクラスので贋物あり!

64 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/31 01:16:38
>>63
しかし、そのクラスの比較的最近の書も偽物が出回ってると云う事は、
幕末くらいのまでの政治家、文人の書も偽物が出てるという事ですか。

少し話が変わりますが、やはりヤフにでてる大名の書、書簡は
安い物から数十万単位のものまで偽物が多いのでしょうか。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/31 16:43:31
最近は木石になろうと思っております。。。

宮元健次



66 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/31 16:46:10
>>64 とりあえず幕末三舟はだめでしょう。特に鉄はひどいですねー。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/01 20:44:59
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m9155629

本物ですか。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 17:08:56
>>67
???

69 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/09 21:55:34
しぶんかく391
慈雲尊者どう?


70 :書蹟研究者:05/01/09 22:51:41
69 こんなもんじゃないの?あ、でも印月を見ないと正確には
わかりませんね。。あとの消息類や古筆は殆どペケ。

71 :書蹟研究者:05/01/09 22:52:21
印月→印付き

72 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/10 15:40:54
ヤフオクので十分だろ?
本物確実100万で売ってやろうか?

73 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/11 07:52:10
>>72
ほんろーれすか?


74 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/11 19:12:49
シブン391ジウンはアンマリヨクナイヨウナ

75 :書蹟研究者:05/01/11 20:34:16
左様ですか?200万謳っているから自信があるかと思ったのだが。
確かにこの程度のできなら時々ヤフオクに出ているから、そちらの
ほうが良いかもしれない。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 08:19:36
やふおくに高泉出てるけどどう?

77 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 23:54:14
墨蹟ですかぁ

78 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 19:52:33
蜷川また出た!

79 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 02:11:59
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/73089542

80 :書蹟研究者:05/01/22 11:53:49
これは親鸞。

81 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/31 23:00:47
安値だったみたい!

82 :書跡研究者:05/01/31 23:15:01
79モノヨクナイ。シブン391ジウンはやはり良くないようだ。
今月のシブンも全滅。

83 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/01 12:06:27
今月の時運は良いんじゃない?ただ値段が。。。

84 :書跡研究者:05/02/01 21:27:44
ジウンあったねえ。見損ねた。前のよりは良いようだが・・・。高い。

85 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/02 23:18:28
29しぶん30連31美のひろば2/2きひんどう
カタログの嵐

86 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/08 23:05:17
 もし、本気で慈雲尊者の軸、100で購入したいと
考えられている方がいらっしゃいましたら、「購入したい」と
お答えください。
 旧蔵者も、慈雲尊者関係で学ばれている方ならご存知のはずです。
私自身が、どのような立場で、なぜこのような話をしなければならないかも
説明いたします。
 市場で出るものよりも確かなものです。

 ただ今、捨てメールの作成方法がわかりませんので、連絡方法思案中です。
京都からです。今流行の詐欺ではないです。本気で購入を考えられている方は
レスでお答えください。



87 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 23:56:13
円覚寺のジウン

88 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/12 23:08:35
自休菴、奇品堂で扱ってる軸は本物なんですか。
この2つの店は信用できるのでせうか。

89 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/13 08:23:53
自休庵はかなり信頼出来ると思います。僧侶花大禅文化とも近い関係にあるので、贋物と認識して売ることは無いと思います。奇品堂は玉石あるので。。。面白い親父ですけど。。。。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/13 20:01:53
>>86
どんな作品でしょうか?


91 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/13 20:52:07
縦1行もの。
本気でお考えでしたら、捨てメールでの
連絡方法を考えます。
そこらの名前が出ている業者よりも、
信頼の於ける筋です。旧蔵者はおそらく名前をご存知の
方です。
 また、話を聞いてから、メールに添付する
写真を見て、怪しい、気に食わないと考えられるようでしたら、
理由を問わず、「お断りいたします」と一言で断っていただいても
かまいません。
 ここでは名前は出せませんが、信頼の置ける筋だと思っていただいて
構いません。
 また捨てメールを作っていただいたら、良い話でない場合は
当方からの連絡を捨て置いていただけると思います。
 
 


92 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/24 01:35:15
ネットオークションにでた高泉が新門前にあった。出世してた!

93 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/14 08:20:42
古裂会に虚堂がでておるが。。どう?

94 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/30(水) 08:12:20
ああ

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/10(水) 22:44:23
まだこのスレが生きて居ったとは。。。

96 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/10/19(水) 02:16:31
あげ

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/10/26(水) 00:48:15
age

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/02(水) 23:36:54
ageU

99 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/03(木) 21:14:28
しぶん400号見た?

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/07(月) 23:16:14
<提起>
日本史上で最高にして絶後の書家は
副島種臣ということでいいですか?

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/14(月) 00:49:48
age

102 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/15(火) 00:25:20
>>100 その通りです。空前にして絶後

103 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/22(火) 00:49:54
age

104 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/29(火) 17:48:00
ageU

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/06(火) 00:19:19
ageV

106 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/13(火) 00:13:21
ageW

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/14(水) 22:17:01
副島種臣の書って凄いね。

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/20(火) 00:03:13
ageX

109 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/20(火) 00:20:21
なんだかローマ数字大会になっているな。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/22(木) 00:42:20
あげ

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/29(木) 17:43:52
age

112 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/05(木) 01:00:14
ageU新年

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/05(木) 20:46:14
今年の色紙はどこもかしこも。。。

114 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/06(金) 19:42:59
あけますておめでと

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/09(月) 23:15:57
思文閣403号到着

116 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/12(木) 17:23:58
>>115
感想きぼんぬ。

117 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/19(木) 01:43:19
age

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/24(火) 22:56:03
親戚が曹洞宗の坊さんで、いろんなお祝いとかに墨蹟の軸もらうんだけど、
曹洞宗の坊さんのってカタログとか見ても安いんだよな。何でだ?
りんざいおうばくは茶道の需要があるからかな?
別に売るわけじゃないし好きだから安くてもいいんだけどさ。


119 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/25(水) 01:49:03
>>118
白隠、良寛、鈴木大拙とかは高いぞ。

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/25(水) 08:44:06
白隠、大拙は思いっきり臨済宗。
良寛さんは曹洞宗だけど私の持ってるのは明治以降だからなあ。

天台真言の高僧も好きだが、最近の高僧は
大学教授系であまり字がうまくないというか、線が細いね。

121 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/26(木) 07:29:45
やっぱり坊さんってのも一種のプロだから、
定年まで髪のばして大学教授やってましたって高僧よりも
昔の学僧のように毎日の行と学を半世紀くらい積み重ねた人のほうが
墨蹟に味わいがあるかもね。
昔の高僧は小僧時代に塔婆なんか数千本書いてるから
字も磨かれてるだろうし。
変人も多いけどね。

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/09(木) 00:16:42
age

123 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/09(木) 00:23:02
今の坊さんなんて、徳も、知識も、思想も無いけど更に字も下手だから、
書家以下の扱いでしょ。
 近所のよぼよぼのおばあさんには頭下げても、坊主が歩いてたら素通りするね。
ありゃ、墓守以外の何者でもない。

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/09(木) 15:25:49
まあ、そんなひどいのが多すぎなんだけど、ちゃんとしたのもいることはいるんだよ。

で、その現代のちゃんとした坊さんというのは学者系が多くて昔みたいな
筋金入りの職人のような雰囲気の坊さんが減ってきたな、ということ。

臨済宗の坊さんは雲水から数々の公案を通ってたたき上げるから今でも特色ある高僧が多いけど、
それでも禅以外のことには疎いような感じだね。まあ、修行だけしてきてる人だからしょうがないんだけど。

昔の高僧のような、趣味人で、和漢の学があって、もちろん修行は完璧、
というような人は少ないのではないかな。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/09(木) 21:49:09
age

126 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/11(土) 14:17:21
長野県一般労組の木継勇一書記長は、「僧侶は労働者とは思っていなかったが
、相談を受けるうちに労働者であるとわかった」としている。「大勧進」側は
、発足について「ノーコメント」としている。

僧侶が単に労働者ならバンバン税金取り立てていこうぜ。

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/11(土) 14:18:27
あと、ベンツ乗ってるような僧侶は普通に税金支払え。

128 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/18(土) 00:23:19
age

129 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/21(火) 22:14:37
考えてみると、スーパーカブに載ってる和尚さんもいるもんなぁ

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/22(水) 14:03:36
坊さんの世界も格差が広がっている。
地方の過疎地域の寺では檀家が激減して廃寺寸前の所が多い。
一方京都や奈良、檀家の多い大都市の寺院は今も左うちわです。
祇園の花柳界を支えているのは坊さんです。

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/23(木) 01:46:20
ぼくせきは?

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/02(木) 00:55:51
age

133 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/08(水) 09:58:20
  / ̄ ̄\
  /  / \ \
 /  /   \\
/  / 〜  〜 ヽ
|  _| |@| |@| ||
| (6   ̄ > ̄ ||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |    ∀  || < 《アホの嫁》不能男!!ケツでイカしたるわ!!
|  |\    /    \ _____________________
|  | /    \ /        \
  /⌒  - - /   /\‖/ |
/ /|  。   |   ■−−■ |
\ \|    亠  |(6      J  │   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  \⊇  /干\\ \ 丶丶丶 /   < 誰か サクジョ してくらはい。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
    |       | \  /__//      \____________________
   ( /⌒v⌒\  \ 丶丶/
パコパコ|     丶/⌒ - - \
    / \    |  |     / |
    /  ノ\__|  |__三_ノ|  |
   /  /パコパコ|  |      |  |
  /__/     |  |      |  |
          ⊆ |     | ⊇

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/15(水) 00:16:54
age

135 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/18(土) 08:02:09
GWは大阪市美へ行くべきだとおもふ

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/18(土) 12:12:55
何やってんの?

137 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/18(土) 18:58:48
詩文核最近がんっばんてんなぁ。。。カタログの数だけは。。。

138 :書跡:2006/03/18(土) 21:00:18
碌なものないよ。知り合いで近衛の手紙を注文したヤシがいたが、
師匠にダメと言われて、返品してた。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/19(日) 21:52:10
ome

140 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/20(月) 00:01:53
>>136 すげえ書跡の名品展

141 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/20(月) 00:38:33
>>136
東京で催したのを大阪に巡回。

142 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/21(火) 07:59:03
表具や紹介してくれ!

143 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/21(火) 19:29:28
巡回展ではないんでないかい?

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/22(水) 09:35:03
>>142
ネットと電話帳の両方を駆使して探せば腐るほど出て来る。
ただ、美術商や画廊は、よその職工に外注させるようなところが多い。
そういうところに頼むと、大抵プレミアム上乗せされてぼったくられる。
職人に直接頼めば画廊や美術商を介するより安いのは当たり前だが
画廊や美術店でも自分で表具や額装の工房を持っているところがあるから
そういうところに頼めば安くしてもらえる。



145 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/22(水) 14:42:49
腕の良いとだよ!

146 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/22(水) 15:55:30
有名な古美術屋だとそれなりにいい腕を持った表具屋を
知ってるから、名品クラスの作品を再表装や染み抜きを
するなら紹介してもらうもいいと思う。その代わり染み抜き
で15万とかするけどね。

147 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/22(水) 16:15:19
職方を紹介してもらうならいいが、店屋に丸投げはお奨めできない。

148 :3代目:2006/03/24(金) 00:14:51
そ〜いやフウシシンも墨蹟…禅学がなんとかって☆

149 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/24(金) 10:11:25
我が家に関雪揮毫の額があるが、書体を真似ようとしても真似できないね。
棟方やあいだみつおとかもそうだが、誰でも書けそうなのに書けない。

150 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/32(土) 00:24:48
age

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/03(月) 21:57:15
美の広場

152 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/09(日) 20:05:36
>>141 はガセ。東博からの巡回展じゃあない。

 大阪市美のあとは五島美術館に巡回って......なんか心配。

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/12(水) 21:23:58
とりあえず、大阪市美の前売り買った。

154 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/13(木) 01:24:32
>>153
ヤフオクの招待券を落札したほうが安くない?

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/13(木) 20:31:55
金券屋で400円だった。

156 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/18(火) 21:30:19
今日招待券もろた!円悟、虚堂、無準など墨蹟の最高峰168件!来たれ大阪市美

157 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/20(木) 21:22:23
今日行ってきたけど、意外と空いてたな。

展示目録見たら、五島との落差はかなりあるな。

それと図録5000円もちょーー高杉。

158 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/24(月) 08:21:42
>>157
どっちがいいの?

159 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/25(火) 17:24:49
それにしても墨蹟の値段は全体として戦前に比べると安くなっている。
禅僧の一行書はお茶の需要があるとして
儒者の書なんて可哀想なくらい。
お陰で仁斎とか闇斎が安く買えるのだが・・・
懐紙も安い・・・
カナが読める教養人が減ったせいなのか・・・

皆さんお金があったら古筆を買いましょう。
ジョンレノンの落書きやスポーツ選手のへたくそサインの方が
高いのはやはり異常です。

160 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/25(火) 20:27:20
>>159同感!ただし古筆に限る。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/25(火) 20:30:20
>>159
床の間がある家が少なくなったからだよ。
有っても4行の大幅なんて掛けられない小さい床の間。

162 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/26(水) 10:15:27
頼山陽の値下がり幅がいちじるしい
明治大正ごろなら小さな家が建つ値段だったのに・・・

いい懐紙は良い古ぎれが使ってある。
表具も含めてすばらしい美術品なんだが

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/26(水) 15:49:21
値段が下がったと言っても
軍人、政治家なら西郷隆盛、乃木大将
教育者なら福沢諭吉
文豪なら夏目漱石、川端康成
俳人なら正岡子規、芥川龍之介
歌人なら会津八一
などは比較的高価だね。

164 :68:2006/04/27(木) 10:29:43
夏目漱石は確かに高い。
軍人は、西郷、乃木は別格でしょう。
東條の書なんて買う人いるんだろうか?
その他無名の郷土の誇り・・みたいな軍人の書なんて二束三文

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/27(木) 16:45:21
>>164
東条英機はともかく山本五十六の書は結構人気有るよ。
第二次世界大戦時の軍人では山本大将以外は二束三文。
戦後の政治家は吉田茂くらいかな?

166 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/27(木) 21:51:39
禅林墨蹟だってば!

167 :書跡研究者:2006/04/27(木) 21:52:06
山本五十六の書なんて、非常にレアでしょうが。まずありえない。
非常にウマイ人なので、本物が欲しいが、複製で我慢している所。
コロタイプ複製でさえも結構高いよ。
乃木は割りとあるけど、ニセモノが多すぎて判別が出来ない。
西郷の書は、真モノはタテモノは稀にあるが、手紙は大久保公爵家
蔵のものくらいだよ。

168 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/27(木) 23:54:20
そんな書買いたいのですがどこで買ったらいいですか?
ヤフオクは贋物ぽいし・・お願いします。


169 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/28(金) 00:20:54
>>168
新春書画幅逸品目録という厳南堂美術(神田神保町)、
加島美術(京橋)、森井書店(東大正門前)、松本松栄堂(京都寺町)、
もろはし美術(新潟県三条市)の5店の店が共同で出してる今年の
目録には一行書45万、2行書60万と65万の2つ、横2文字「堅忍」40万の
4商品の山本五十六の書がありました。

170 :574:2006/04/28(金) 18:39:51
前沢清鑑堂が20周年を記念して白隠特集を組んでいる。
良いものは400とか1000。
でも小品なら100前後

171 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/28(金) 22:08:48
168 それ、実物を見ているけど、全部ダメ。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/03(水) 19:14:10
170
あの盤珪どう?

173 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/06(土) 16:49:23
>>158 へお答えします。
大阪でみたほうが圧倒的にいいです。
五島美術館の展示スペースは、京阪神の私立美術館でいえば、
黒川古文化研究所くらい。
野村や北村よりは広いけれど、香雪よりも狭いトコです。
六期にわかれているので3回行けるひとはしあわせです。

禅宗の書画にテーマを絞っていて、東博の「書の至宝」展とは
まったくといっていいほどダブりません。

あべ地下の金券ショップで昨日の段階で800円でした。


174 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/06(土) 18:59:44
>>あんがと!無理してでも行って参ります。

175 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/07(日) 11:39:15
盤珪さんの書ってあんまり見ないからね・・・
と言うよりほとんど書いていないのでは?


176 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/07(日) 20:30:54
今日在世の僧で、良い墨蹟を書かれる方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/07(日) 22:35:59
カレンダー見てごらん。

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/09(火) 08:31:29
詩文カタログきた

179 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/10(水) 22:13:56
三舟の書っていくらぐらいが相場でしょうか?又、神田や所在のしっかりした骨董屋ならほぼ安心できますか?

180 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/10(水) 22:43:27
カレンダー毎年見てますが、臨済宗系は年々キライな字が増えてます。
掃討はどうなんでしょう。天台は学者さんが多いからか書きなれてない感じがしますね。
誰かご存知なら教えてください。

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/10(水) 22:48:52
>>179安心は出来んでしょう!

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/10(水) 22:49:43
>>180ベストとワーストは?

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/11(木) 00:50:41
>>179
30〜40万前後かな?
神保町なら八木書店さん、玉英堂さん、厳南堂さんが肉筆物の
取り扱いで有名。
京橋だと加島美術さんかな。

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/11(木) 15:41:36
ワーストはまあ勘弁してもらうとして、お会いしたことのある坊さんは人柄を思いながら見られますね。
本来墨蹟とはそういうものなのでしょう。筆者に思い入れがあるほうが。

奇をてらった感じというか、書の基本もないし、見る人をおどろかそうとか、そういう意図を感じてしまうのはどうも。

学者さんで大学を辞めてから高僧になるような人は、年々上手くなってるんじゃないかな(失礼)
と思うような方も。

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/11(木) 16:09:14
>>183大手百貨店でやる古書市なんてどうですか?


186 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 08:06:57
来週上洛します
大阪私立美術館の混み具合はいかがですか?
やはり土曜日より金曜日のほうが空いていますか?

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 19:01:43
大阪市立美術館、来週だと第五期だね。
来週なら土曜日も9時30分に(動物園側から入園すればだけど)
空いてるんじゃないの?
最終週はどうかわからないけど。
でもさぁ、来週の金曜日は飛鳥資料館にキトラ古墳の壁画を
まずは観にいくのがいいんじゃない? 書跡じゃないけど。


188 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 21:47:54
>>186
そんなに混んでないそうですよ!遠方ご苦労さん。

189 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 22:08:26
>>185
183です。
百貨店での催し物も古美術屋や古書店が場所を借りてやってるだけ
ですよ。
物は確実に真筆が売り出されるけど、百貨店で購入すると割高です。
ショバ代が代金に加味されるので、20〜30%くらい割高になります。

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 22:11:35
厳南は、「贋なん、どう?」と陰口たたかれているし、玉は自家目録
見りゃわかるでしょ?ちなみに山羊の会津さんは殆ど×。

良心的なのは、分行動さんだよ。

191 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 00:15:27
>>190
分行動?

192 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 02:08:07
>>183>>189>>190貴重な情報ありがとうございます。



193 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 03:32:17
亀田防災って戦前結構高かった?

194 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/15(月) 22:29:33
南無阿弥陀仏とかの軸っていつ掛けるの?茶会じゃまずいだろうし・・・お彼岸とか?

195 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 09:31:19
ご法事

196 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 12:13:43
大阪市美行ってきました。そんなにこんでいません。ケンチョウ寺展や南禅寺展よりはこんでいます。内容は法語が中心ですので「よめへん」を連発しているおばさんが多数おられました。とにかくよくこれだけ集めたもんだと思います。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 17:33:44
草書が読めない書けない日本人ばかりですからね・・・
ある展覧会でおばさんがキドウチグの墨蹟の前で
「こんなん小汚いもんいらんわ」と言っていました・
「安心しろ、お前の全財産でも買えんから・・・・」思わずつぶやいた

198 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 20:45:58
文行同

199 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 23:14:56
東京でお勧めの墨跡屋
教えて

200 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/19(金) 23:34:02
三舟についてだが海舟はお調子者との噂だが書を見ると晴れ晴れとしたさわやかな感じを受ける。
泥舟は見てると疲れる。。。おそらくかなり頑迷で神経質の人間だったのでは?
鉄舟は朗々と豪快な感じを受けるが若書きはイマイチ

201 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 23:14:03
最近たけーなー

202 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 05:48:19
>>201値段上昇気味?何故?


203 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 09:08:56
うちは地方にいるから実感無いけど景気が持ち直してきてるからかな。。。
死文閣のカタログの値段も上がってきてるしね。というよりも死文閣が値をあげてんのかな

204 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 10:32:42
景気回復しても需要が伸びるとは思えないが・・・茶掛けは除くが。。。

205 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 10:54:04
遷化して半年くらいが経ったので
そろそろ立花大亀の贋作が出回り始めるかな?

206 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/28(日) 14:06:37
>>205大亀さんの雁作は随分前からあったよ。
何故か北海道あたりでよく出回った。

207 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/01(木) 19:54:32
しぶんキター

208 :書跡:2006/06/01(木) 21:50:04
平安時代の様式を残した、室町天部像の仏画って、どちらの時代なん
かなあ?ちょっと見には、頬の照りとかには平安風なんだが、口の形
式的な線や、腕セン、ヒセンあたりのアウトラインは堅苦しくて、や
はり平安仏画を室町くらいに写したのかな?とも思えるが。

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/01(木) 22:31:37
大亀さんは老師だったのか?近年の大徳寺派は本当に人がいないんだけど・・
茶人さんからむやみに有難がられるのも良い迷惑だ。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/02(金) 07:33:21
だけど大徳寺搭頭の前大徳の連中が書き慣れた字を書くも事実だったりするはなぁ。もちろん欲しいとは思わんが。。。

211 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/02(金) 15:04:25
前大徳って、形式的に大徳寺住職やりましたってことでしょ。
老師じゃない人もいるの?
数多いの?

他派はようわからん。


212 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/02(金) 19:02:54
>>211ってうかぁ 老師は一人も居らんと思われます。

213 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/02(金) 19:33:46
人材は妙心寺派の方がいるよね。
それでも大徳寺塔頭和尚>>地方僧堂老師、
の墨跡人気は変わらんのか。

214 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/02(金) 21:22:00
まあ妙心寺派の地方ソウドウの老師の書も質が落ちているけどね。

215 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/03(土) 02:44:03
なんだ。前大徳て師家じゃないのか。勘違いしていた。
それじゃ普通の地方寺院の住職と変わらないのか。
僧堂では伝統的な書道教育ってやらないからな、昔の中国や江戸時代と違って、
促成栽培的な修行しかしない修行寺が多いから、書にほとんど造詣のない高僧が出るのも当然か。
昔の寺は気長に雛僧教育してたし、文人とのふれあいも多かったんだろうな。

円覚の若いお師家さんの字はなかなか綺麗な印象でいい、お会いしたことないけれど。
ただ、すっきりしすぎて物足りないかも。

216 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/03(土) 21:23:42
どこで聞いていいのかわからないのでここで聞きますが虞世南の孔子廟堂碑の拓本(印刷で無いもの)って手に入りますか?
また、いくらぐらいですか?

217 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/10(土) 20:33:19
age

218 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/10(土) 21:12:39
ttp://groups.yahoo.co.jp/group/from_peppers/

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 00:14:14
京都市古書籍商業協同組合きたか?

220 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 21:48:01
age

221 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/25(日) 11:00:56
今の大徳寺って余り墨蹟見ないけど、
何か理由でもあるんですか?

222 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/02(日) 01:01:07
age

223 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/03(月) 08:14:41
>>221塔頭の和尚の書(あえて墨蹟とは申しません)は腐るほど出回ってるけど。
管長のものは出荷調整がございますので。。。

224 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 00:59:49
age

225 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 00:12:12
ageU

226 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 12:12:43
五島行った人いる?

227 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 12:23:17
美術鑑賞板にもホスト表示希望
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1152765908/
ご意見お願いします。

228 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 21:11:24
>>226
大阪で、2、3、5期に行ったので、あっちも展示替にあわせて3回。
東急線の隣の駅に静嘉堂文庫美術館があるんだけど、
ひょっとしたら静嘉堂のほうが盛況。

229 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 22:52:22
静嘉堂さん、今は刀の展示会を催しています。

230 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 15:01:29
刀は気味悪くてな。。。

231 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/21(金) 21:22:43
怖いよね・・・これは血を吸ってますねとか。ガクブルモンダ。

232 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/22(土) 12:23:40
墨蹟も気味悪いぞ 一般人てきにはね
薄暗いし、表装はぼろぼろだし 経みたいだし

233 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/29(土) 01:08:20
age

234 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/29(土) 01:38:11
今月号の展覧会ガイド、五島の学芸員が墨跡なんかよう分からんて書いてるぞ。
コラム連載してるが毎回毎回客を小馬鹿にした雑文ばかりで不愉快この上無い。

235 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/30(日) 16:12:04
>>232経みたい!あは!

236 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/01(火) 00:18:39
えーと、それは墨蹟よりも経切のほうが好きで、
年に4:1くらいの割合で経切を掛けてる私への皮肉ですか?

墨蹟もいいけど経切もいいよ。
そんな私は墨蹟ではなにかと負け組な相当坊主。

237 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/01(火) 22:22:49
相当もいいんじゃない!
風外(たこ)なんか面白いと思うよ。

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 20:25:50
おもしろい、かあ。
そうですね。たしかに相当の坊さんのは面白みが少ないような気はしますね。
曹洞宗は根(永平)がまじめですからねえ。

239 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 01:40:22
臨済は白隠さんの亜流が多くない?

240 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/13(日) 23:33:50
age

241 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 14:42:34
ageU

242 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 07:51:37
ageV

243 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 13:13:25
ageW

244 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 08:13:00
ageX


245 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/02(土) 08:04:54
最近どう?

246 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/03(日) 15:40:00
ageY

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 22:11:18
オークションID: r28686926 誰?

248 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/15(金) 00:03:35
age

249 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 07:56:07
ageU

250 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 17:52:20
日本墨蹟二大至宝


大燈国師 看読真詮榜 (国宝)
力強い筆致は単に技術的に生み出されるものではなく壮烈な修行に基づく精神統一がなければ
手がそれに伴って動かないであろうということは申すまでもない
大燈国師のスケールの大きい強烈な精神性がこの大巻に最もよく具現されている点において
本墨蹟は日本墨蹟最高の至宝とすべきものであろう


密庵咸傑墨蹟 法語 (国宝)
密庵の墨蹟はわが国に将来された中国禅僧の墨蹟中特に深い尊敬を集めた
龍光院にもこの幅だけを掛けるため密庵床が用意されているほどなのである

251 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 20:03:54
日本墨蹟二大至宝


大燈国師 看読真詮榜 (国宝)
力強い筆致は単に技術的に生み出されるものではなく壮烈な修行に基づく精神統一がなければ
手がそれに伴って動かないであろうということは申すまでもない
大燈国師のスケールの大きい強烈な精神性がこの大巻に最もよく具現されている点において
本墨蹟は日本墨蹟最高の至宝とすべきものであろう


密庵咸傑墨蹟 法語 (国宝)
密庵の墨蹟はわが国に将来された中国禅僧の墨蹟中特に深い尊敬を集めた
龍光院にもこの幅だけを掛けるため密庵床が用意されているほどなのである


252 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 00:02:49
日本墨蹟二大至宝


大燈国師 看読真詮榜 (国宝)
力強い筆致は単に技術的に生み出されるものではなく壮烈な修行に基づく精神統一がなければ
手がそれに伴って動かないであろうということは申すまでもない
大燈国師のスケールの大きい強烈な精神性がこの大巻に最もよく具現されている点において
本墨蹟は日本墨蹟最高の至宝とすべきものであろう


密庵咸傑墨蹟 法語 (国宝)
密庵の墨蹟はわが国に将来された中国禅僧の墨蹟中特に深い尊敬を集めた
龍光院にもこの幅だけを掛けるため密庵床が用意されているほどなのである



253 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 19:52:53
キヒン堂の誠拙はどうなった?

254 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/01(日) 14:10:17
kouta

255 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 20:53:47
日本墨蹟二大至宝


大燈国師 看読真詮榜 (国宝)
力強い筆致は単に技術的に生み出されるものではなく壮烈な修行に基づく精神統一がなければ
手がそれに伴って動かないであろうということは申すまでもない
大燈国師のスケールの大きい強烈な精神性がこの大巻に最もよく具現されている点において
本墨蹟は日本墨蹟最高の至宝とすべきものであろう


密庵咸傑墨蹟 法語 (国宝)
密庵の墨蹟はわが国に将来された中国禅僧の墨蹟中特に深い尊敬を集めた
龍光院にもこの幅だけを掛けるため密庵床が用意されているほどなのである



256 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:56:49
大燈国師画像アップ希望

257 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:41:29
あったよ。 ttp://www.avis.ne.jp/~hirotani/pension/doll.html

258 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 00:25:36
日本墨蹟二大至宝


大燈国師 看読真詮榜 (国宝)
力強い筆致は単に技術的に生み出されるものではなく壮烈な修行に基づく精神統一がなければ
手がそれに伴って動かないであろうということは申すまでもない
大燈国師のスケールの大きい強烈な精神性がこの大巻に最もよく具現されている点において
本墨蹟は日本墨蹟最高の至宝とすべきものであろう


密庵咸傑墨蹟 法語 (国宝)
密庵の墨蹟はわが国に将来された中国禅僧の墨蹟中特に深い尊敬を集めた
龍光院にもこの幅だけを掛けるため密庵床が用意されているほどなのである


259 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:20:14
俺は無準が好きだ。

260 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 00:49:28
日本墨蹟二大至宝

大燈国師 看読真詮榜 (国宝)
力強い筆致は単に技術的に生み出されるものではなく壮烈な修行に基づく精神統一がなければ
手がそれに伴って動かないであろうということは申すまでもない
大燈国師のスケールの大きい強烈な精神性がこの大巻に最もよく具現されている点において
本墨蹟は日本墨蹟最高の至宝とすべきものであろう


密庵咸傑墨蹟 法語 (国宝)
密庵の墨蹟はわが国に将来された中国禅僧の墨蹟中特に深い尊敬を集めた
龍光院にもこの幅だけを掛けるため密庵床が用意されているほどなのである

261 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 11:31:16
↑いつもありがとう。。。

262 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 13:56:47
age

263 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 09:19:02
ageage

264 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 23:21:49
天皇から秀吉への消息とか、本物なら幾らぐらいなんだろう・・
右筆の字か、本人の直筆か、でも価値が変わるんだろうけど。

今日、出てた何とか大学教授の所に行ったら
古筆の鑑定してもらえるのか?

265 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 00:37:24
後陽成天皇は近世歴代天皇の中でも比較的有名な方だから
高いと思う。伝来がはっきりしていて有名茶人の旧蔵だったら
1000万前後はするかな?
最も後水尾天皇の「忍」とかの一文字の床掛のほうが高いかもね。

266 :書跡:2006/11/01(水) 01:51:57
天皇から秀吉への手紙となると、必要十分に重文レベルだから、
5000万円はくだらない。指定されれば億単位だろう。

右筆か自筆かの問題だが、天皇からさして親しくない臣下への
書状は「作り名」(この場合は「雅輔」が多い)使用で、漢仮
名交じりの直状形式は採らないだろう。女房に代書させた、女
房奉書の形式をとるだろうから、女房という代筆者を介した仮
名ちらし書手紙の形になるのが普通。よって、ほとんどの場合
が所謂右筆ものとなる。



267 :書跡:2006/11/01(水) 01:53:16
ところが、この女房奉書を、女房に書かせる手間を惜しんで自分
で書いてしまう例がある。これを「宸翰女房奉書」といい、後陽
成天皇の父、陽光院や正親町さんがよく書いている。後陽成院自
筆の女房奉書なるものの存在を寡聞にして記憶していないが、自
筆で、秀吉宛のものとなったら、こういったフォーマットになる
だろう。まあ、どこかの門跡や公家伝来ならともかく、一般家庭
からでは出てこないだろうね。

>>264 増田センセイなら、気軽に見てくれるよ。月一の江戸博の勉強会
に持参するか、鑑定団経由で画像を同封して依頼すれば良い。
画像は、軸全体のスナップじゃわからないから、実物を実寸で白黒コ
ピーして添付すれば良い。スケジュールが混んでいなければ、送付した
書札礼相応の返事は来るだろう。

>>265 伝来がはっきりしていても、有名茶人旧蔵であっても、ダメな物
はダメ。

にしても、5万円は番組の匙加減としても、キツイなあ。業者間でも10〜
20万円くらいで取引されるし、シブンなんかは平気で100マン付けて売りに
出すよ。間違いなく。


268 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 17:57:21
シブンのHPで短冊買おうかと思うんだけど、
大丈夫だろうか?

古筆家の極めが付いた短冊なら安全ですか?
それとも、短冊というジャンル自体が、そもそも真贋微妙なのですか?

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 22:06:00
>>268
古筆も幕末くらいならいいかもしれないが、
それ以前のははっきり言ってわからない物が多い。
極めの偽物もあるしね。


270 :書跡:2006/11/04(土) 10:53:21
>>268 室町から江戸時代中期の公家短冊にはおかしなモノはない。わりと良い
コレクションからの一括買いだからね。

267のくだりは、商売である以上、一流でも、箸にも棒にもかからんものでも扱
う、という意味程度の事。一流?の見世棚だからといって全部が全部、筋の通っ
たものではない、と言う事を言いたかったまでよん。

後陽成院の短冊の真物は30万くらいだせばあるが、手紙の真筆は200万出し
ても出てこないわさ。

>>269 幕末の古筆なんて、ありえんわな。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 16:51:35
/

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/05(日) 20:47:16
265&269&書跡さん。ありがとうおじゃる。

真贋を見るには、どうしても真筆とされている物と筆跡を
比較しないといけないと思うのですが。
室町〜江戸中期の公家の書なども、手鑑のような形で、
殆どの人が所載されてるという事なのでしょうか・・

後陽成院の本物でも30ぐらいで有るんですね。
以前、別のサイトで後陽成院の弟、**院宮 **法親王の短冊が
7万程度で出てて、安いので「是は、絶対ヤバイな・・・」
と思ったのですが。
必ずしも、そうでも無かったんですね。
でも、老舗以外の店とかオクで購入は、やっぱり危ないんでせうねぇ・・

273 :書跡:2006/11/07(火) 23:38:13
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e60833612
↑オクでも、良いものはあるよ。激安だろう。
もとは京都の芸林荘がもっていて、京王出展の目録にも出ていたもので、
おドン社長のせいで経営が傾いて、不良在庫を一斉処分したらしい。そ
の一連のもの。
出品者は愛知の女医さんと謳いこみしているが、ホノクニこと豊橋のフジイ御
大の息子か、そのダミーが出しているものだろう。
この上下にうねる雲の感じは摸作では感じがまったく出せないから、室
町の雲短冊の真贋は紙を見るだけで大体の判断が付く。一点動かないも
のを買って比較してみれば良い。
ちなみに、上下に極端に雲がうねる様式のものは、永正前後に活躍して
いた歌人の短冊に顕著に見られるもので、そのころの流行と断じて良い。
また、歌の題の書は、上冷泉為和によるものと考えられる。

274 :書跡:2006/11/07(火) 23:47:35
>>272 ちなみに、後陽成院の弟御で、?院宮?法親王は一人もいない。
曼殊院良恕・照高院興意は両方とも入道親王。法親王は寺で得度して
から親王宣下されたもので、入道親王は親王宣下されてから入寺した
親王のこと。
良恕は時々出るが、興意は非常に珍しい。前の名前、道勝での署名は
もっと珍しい。7万円はリーズナブルだろう。

275 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/09(木) 00:29:44
書跡さんありがとう。

その出品者を実は、この間からウォッチしてました。
山科言国のあたりからです。
もし、シブンが安全なら、多分、その出品者も安全だろうと思っていました。
シブンの室町-江戸初くらいの短冊と雰囲気が似ているし、
シブンにも出てる友山文庫旧蔵品を同じように出してるので。

てっきり、金持のコレクターか何かが、
以前シブンで入手したコレクションの一部を売却してると思ってました。

以前に見たのは曼殊院良恕の方です。7,5くらいでした。(うろ覚え)

まず、古文書が読めて意味が理解できる事が前提でしょうが、
増田孝先生や小松茂美先生の本を読んで勉強すれば
書蹟さんみたいに真贋が解るようになるのでせうか。

276 :書跡:2006/11/10(金) 13:52:30
この出品者の出来高から見ると、まじめにコレクションとして買ってい
たら、かなりの損になるはずだから、フジイ君のダミーかと思ったわけで
す。蜷川チウンなんかは、京王デパートの即売展のカタログに出ていたから、
以前はゲイリンソウにあったモノであるのは明らか。
記憶でいうと、一連の出品のコレクションの出所は良いけど、全部が全
部真作として諸手を挙げて賛成できるわけではないので、ご注意。言国
はダメだったと覚えているケドナ‐。

増田センセイはともかく、小松サンはダメだな。本を読んでもよめるようには
ならない。かれらの本は少なくとも古文書釈読の指導を指向してはいな
いから。
消息が読めるようになるには非常な努力と場数がいるけれど、室町短冊
の字は、現在使われている仮名が多用されているから、入門としてはも
っとも好適と思いますよ。変体仮名の辞典を片手にがんばってください。

277 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/11(土) 23:24:06
・・やはり、オクは怖いので 
室町-江戸中期の短冊は
シブンが安全そうなので四文で買うことにします・・

やはり古美術商にでもならないと真贋を見れるように
ならないのでせうか。
学者の勉強と古美術商の勉強は違うって事なんでせうか。


278 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 19:37:17
どんなにお金がかかっても、手間がかかっても、
自分の目で、たくさんの作品を見ることが一番だと思います。
多くのものを見ていると自然と力が付いてきます。
お互いがんばりましょう。

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 00:01:15
何回か大金出して偽物を掴まされると
自然と眼が肥えてきますよ。
古美術商もコレクターも言わないだけで
みんな何回は手痛い目に遭ってるよ。

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 23:42:24
278さん、279さん、ありがとうおじゃる。

真贋も含め、奥の深い世界のようなので、
道は長くても一歩づつ歩いて行きますにゃ・・

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/15(水) 14:42:34
不作だね


282 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/22(水) 01:33:41
age

283 :書跡:2006/11/22(水) 14:00:43
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m34743257
これは良いと思うよ。

いやはや、今年の古典会はさらに良いものが無くなったな。まあ、松尾芭蕉の
書の師匠の手紙を殆ど無競争で買えたのはラッキーだったが。

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/22(水) 16:50:35
古筆は好きだけどなにせ読めないからね・・・
学校教育で草書、変体かなから教えてくれたらと思う。


285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/23(木) 01:14:54
>>283
その消息 いくらで売るんですか

286 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/23(木) 08:34:37
古本組合50ページ木庵どう?

287 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/23(木) 13:28:53
最近なんか買った?


288 :書跡:2006/11/23(木) 22:53:17
>>285 古澗明誉の事が出てきたりしていて面白いから、釈文を作成中。
資料紹介に使うから、売らないよ。
>>286 4番手くらいだなあ。個人的には消息か、詩のもののほうが好です
わな。お好きな方、どうぞ。
>>287 米沢藩の儒者矢尾板三印の手紙と、旗本米津田政の手紙を買った位。
あと、ぼろぼろだけど和久半左衛門のカナ消息の軸も買ったな。おそらく
慶長期のもので、仮名消息は非常に珍しいから、非常にうれしかった。

289 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 22:48:58
age

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/05(火) 08:12:09
墨蹟馬鹿集え!

291 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/05(火) 22:32:34
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m38814975

一如云々は、どうか判りませんけど。
添え状は本物っぽくないですか?

「上田織部」で調べたら「万延2年*** 下間大蔵卿法眼」って出ました。
江戸後期の武士じゃなくて、下間云々は僧侶の位階?

292 :書跡:2006/12/06(水) 22:27:20
上田、石井ともに脇門跡である本願寺の家来の侍で、「寺侍(てらざむ
らい)」と呼ばれるものの一人。俗体の帯刀の格好で、門跡に仕えた。
この書状は、西萩原村の百姓中から上納金が納められた事を門跡に披露
し、それに対する門跡の返礼を「奉書」の形式で返事したもの。

門跡と百姓中という雲泥の差のあいだでの応酬だから、門跡が直接した
ためた「直状」ではなく、各段に粗礼である家来の両人連署による連署
「奉書」の形式がとられたもの。

ちなみに「下間(しもつま)大蔵法眼」は寺侍でも本願寺きっての譜代
の上級家臣で、粟津家等とともに家老格である「坊官」を世襲していた。
おおむね五位に叙され、僧体、二本差、妻帯を許されて勤仕していた。
公家の「さむらい」では家老格に相当するのが「諸大夫(しょだいぶ)」
で、最高三位・非参議に叙され得、またその下には五・六位を極位とする
「公家侍(くげざむらい)」が置かれた事と同巧。

下間さんについては以下が詳しい。
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/simotuma.html

本体と書状との間には、宛所が同じ点が共通し、同来歴の文書であること
はわかるが、本体と添え状の関係にはないようであるし、書体からみても、
「奉書」のほうが江戸時代中・後期のものと考えられるから、密接なつな
がりは無いものと考えられる。
ただし、ともにモノは良いのではないかな?「御文章」は代かわり毎に傘
下の各地の衆中に発給しているから、総体 としては相当数が伝来している
はず。格別珍しいものではないが、研究に は良いかもね。




293 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/06(水) 22:32:31
すごいカリスマ鑑定士登場!

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/06(水) 23:26:26
書跡さん、どうも。たびたびお世話になります。

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h36489367

↑これはいかがでせう。
旗本、竹中重常から青龍院亮盛への消息です。
江戸初期くらいの武士の筆跡とみて間違い無いですか?
もし、偽物や写しでないとすれば1645年頃に書かれたものだと
思うのですが、いかがでせう?

295 :書跡:2006/12/07(木) 12:20:53
結論から言えば、まじめなものだけれども、写し。寺側で副本として写し
置いた一括の文書から出たものと考えられる。三河の青龍院の文書のハナレ
でしょう。青龍院については、『徳川実記』の索引で引っかかったはず。

実は、これはまとまった状態の時、中野で実見しているンですよ。ボール
紙にべったりと貼り付けて、それが外に反る格好で何枚もあって。元は
巻物になっていたものを、いつぞや素人が仕立てなおししたものらしい。

「珍しいものだけど、殆ど写しだよなあ」と双方ため息をついたもの。
正文は江戸時代後期くらいの手紙2・3通があったくらいと記憶してい
る。

結局、この一括は、なかなか売れずにたらいまわしに神田古書センターの業
者から元気堂に移り、散逸したらしい。

出品者については知っているが、まじめな人だけど、書の真否はどうか
な、というところ。一緒に出品されている松平忠明の手紙(茶師上林喜
庵宛・もと宇治上林文書)も、勉強会に出したところでは良いものと考
えられていたが、いざ俎上にのせた段階で写しものだろうとされたもの。
宇治の代官を世襲し、茶師でもあった上林(かんばやし)家の文書は、
同家の跡継ぎの内輪もめやら、経営難やらで、戦後に大量に流出し、畠
山記念館所蔵文書をはじめかなりの数が散逸している。これはその一通
かと考えれられるが、この文書は、真作と、家側で写したウツシモノが
半々で、なかなか油断できない。
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e17423367


296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/07(木) 23:58:27
世界史より書道のほうが高校教育では軽視されているよ。
悔しい

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 12:04:21
今年の前半は、東博、大阪市立美術館〜五島美術館と墨蹟のいい展示会が続いて
眼福だった。
後半は.......

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 22:02:46
age

299 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 20:17:37
天室光育 天室宗竺 天範天室

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/20(水) 22:47:55
>>284 は、いいこと云うた。

301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 22:39:46
なんだよ。墨蹟売買スレかよ

302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 21:16:50
江戸時代位の大名の真筆の掛軸が欲しいです5〜10万でさがしています

303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 22:02:56
誰のが欲しいの?希望の藩は?

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 22:40:57
特に希望の藩はありません。親藩、譜代、外様、OKです。強いて言えば10万石以上の大名でしょうか。

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 00:56:24
>>302
無名のマイナーな殿様の書ならヤフオクでよく見かけるよ。
ただし井伊直弼、松平定信、松平容保みたいな歴史上有名な殿様は
その値段では買えないよ。

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 01:01:23
>>302
http://homepage1.nifty.com/nagaragawagarou/rekishijinbutsu.htm
この店の尾張徳川家の殿様の書はいかがかな?

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 22:41:11
>>306
光悦の消息いいですねー 売約済で残念


308 :書跡:2007/01/04(木) 12:25:38
5〜10万で、軸のものがあったら、こちらも欲しいなあ。まあ、ゲンキドウの
目録が出るまで、我慢することさね。今年も出物はないかもしれないけど。
>>307光悦ではなくて、織部でしょ?モノは良いようには見えないけど。

309 :書跡:2007/01/04(木) 12:37:24
その判定の根拠は、
「H不及御計候己上」 の部分が、本来なら「不及御報候、己上」
(態々返事してくれなくても良いです・の意味)となるはずなの
だが、「報」の旁を書き損じているためか、「計」か「却」にしか
読めない点。
釈文は良くできているけど、
「C礼可申入候ヘ共対却候○」 は「礼可申入候ヘ共、対客候まゝ」
「G後刻参候て御礼可申辺(?)候」は「・・・御礼可申達候」
の読み違い。「達」の字もおかしいから、読み違えられたのだろう。




310 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/11(木) 02:38:28
age


311 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/18(木) 00:55:08
ageU

312 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/25(木) 00:46:29
ageV

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/05(月) 20:26:07
age

314 ::2007/02/14(水) 03:50:40
書跡さん>306他の海舟や泥舟が売却済みですが質はどうですか?
値段はいくらぐらいだったのだろうか?

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/14(水) 07:17:57
で、仲介料一千万ね

オレは病人は堕けねーから(笑)

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)