5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『英語にも主語はなかった』について語ろう

1 :三上 彬:2007/01/11(木) 09:04:23
金谷武洋の『英語にも主語はなかった』が述べていることが、挑発的で、
無視できず、しかし、論旨が不明確なところがあるので、それをみんなに
考えてもらいたいと思います。妥当性がどの程度あるのかを確かめたいと
思っています。

2 :名無しさん@英語勉強中:2007/01/11(木) 09:07:43
その本を知らない

3 :三上 彬:2007/01/11(木) 09:09:21
一つ目

早速ですが、例えば、p164の「ヨハネによる福音書」の冒頭を使った説明は、
日本語で書いてある限り、ギリシャ語からの古英語翻訳版で紹介されてない限り、
意味がないのではないかしら。どなたか、そのような書をご存知でしょうか。

4 :三上 彬:2007/01/11(木) 09:28:37
二つ目

p162−165のあたりで、「印欧語における動詞活用語尾が、行為者を表す主格の形での主語を表さない」と断言しているのですが、
主語を表さないで何を表すとしているかというと、「出来事になんらかの関係のある人間を表している」というような趣旨です。
とすれば、大きくとらえて主題を表していると言えるでしょう。そんな説はこの書以外で出会ったことがないのですが、ここに示されている根拠で
納得する方はいらっしゃるでしょうか。また、主語は人間だけを表すのではないはずだろうが、という思いが生じます。

5 :名無しさん@英語勉強中:2007/01/11(木) 09:40:40
日本語にも主語がないの?

6 :名無しさん@英語勉強中:2007/01/11(木) 12:38:19
そもそも言語なんて自然科学ではなくて、単なる恣意的な取り決めに過ぎないんだからどうとでも捕えられるし、どうとでも言えるだろ。
意味がわかりゃそれでいいんだよ

7 :三上 彬:2007/01/11(木) 17:38:13
三つ目

p166の「被行為者」というのがよくわからないのですが、「表現の重点が出来事から行為
者にシフトした」というp158の記述に依拠して推測するに、(出
来事表現に連らなる)「非行為者」とするつもりでの変換ミスと考え
るべきでしょうか。それならば、整合性が出るかなと思うのですが。

8 :三上 彬:2007/01/11(木) 17:41:35
>5 ウィキペディアの「主語」の項の冒頭を読んでください。

9 :名無しさん@英語勉強中:2007/01/11(木) 18:26:14
良書

10 :名無しさん@英語勉強中:2007/01/12(金) 00:10:31
>7

これはp161にもあって、変換ミスではないとわかりました。ごめんなさい。

11 :名無しさん@英語勉強中:2007/01/12(金) 00:34:35
トンデモ本でしょ?

12 :三上 彬:2007/01/12(金) 00:53:21
四つめ

 p168で、英語はノルマンコンクェストによってクレ
オール化したために、主語が出現したようなニュアンスで
書かれていますが、それでは、著者が日常語にしているフ
ランス語は、クレオール化していないのに何故、主語性の
確立の度合いが英語の次に高く位置して、ドイツ語よりも
高いのでしょう? また、フランス語における文頭主語出
現は英語よりも、歴史的に見て遅いのでしょうか?

13 :三上 彬:2007/01/12(金) 12:00:56
五つ目

 p149の古英語による例文中の「主人が」に相当する語は、文頭にあり、
主格であり、動詞を活用変化させていて、且つ、文中の中心的な役割を果たすと思われるのに、「主語ではない」と断言していて、その根拠を、その頁では後で示すとし、p151でも遠回りしてから話すとし、結局示されていないと
思うのですが、どうでしょうか。前後関係で推測されるのは、その例文がSOV語順であって、SVO語順でないから、ということなのですが、そういう基準(:主語は動詞を文末に置かない。)も初耳です。皆さんはいかがでしょうか?

14 :名無しさん@英語勉強中:2007/01/13(土) 18:36:22
独り言大会になってるな

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)