5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

消費税アップで税収は激減

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 14:56:21 ID:KKUu1Zef
消費税の恐ろしいところは、末端の消費者の消費意欲を
そぐだけでなく、卸業者やメーカーの設備投資能力までも
急激に弱めてしまうところ。
1000円の商品を購入すると1050円支払わなければならない。(現在)
消費税が16%に上がると、1000円の商品は1160円。
しかしデフレの時代だから、消費税分をそのまま上乗せして販売すると
全体での売上げは激減してしまうでしょう。
だから、消費税が値上げされたとしても、まったんの価格は1050円くらいに
据え置いたまま、卸価格に負担させようとするから、デフレがさらに進行してしまう。
結果として卸会社もメーカーも16%分売上げが減少することと同じになってしまう。
売上げが減少すれば設備投資も減らさざるを得ないし、雇用も減らさなければならなくなる。
メーカーの中には消費税負担を末端の消費者に丸ごと転嫁するところも多いから
商品の価格は上がってしまい、消費全体は縮小してしまう。
消費税を値上げすると、消費が減り、メーカー・卸業者の設備投資と雇用が減り、
経済はどんどんと縮小してしまう。
役人のバカなところは、消費税を16%に値上げしてもGDPが500兆円のままだろうと
考えているところだ。
消費税を16%にしてしまったら、GDPは半分の250兆円くらいに減少してしまうだろう。
そして、失業率は20%を超えるだろう。
前回、消費税を3%から5%に増やしたとき、経済が縮小して、税収はむしろ減ってしまったことを
忘れてしまったようだ。
この国の官僚は、国民が何人死のうが何も感じないのだろう。
消費税を16%にしたら、日本は間違いなく破滅する。
底なしの不況に突入するだろう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 15:23:43 ID:fl/fLGhz
1は日本が先進国で消費税率が一番低いことはどう思ってるの?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 17:56:05 ID:5uNEzgS0
消費税の引き上げで価格が高くなって需要が減るって言っても
日本にあるすべての企業が価格カルテルをやるようなもんでしょ。
そこまで消費が減るとは思えない。
よく5%に引き上げた97年を引き合いに出すやつが多いが、
携帯・PHSブームの落ち着きや
阪神大震災復興建設ラッシュが一段落ついたこと、
財政支出の削減など消費税だけのせいとはとてもいえない。
つーかGDPが半分になるってどんな計算したら出てくるんだw

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 19:46:50 ID:g3UKith1
>>2
>1は日本が先進国で消費税率が一番低いことはどう思ってるの?
2は日本の地方税や、税外の公共支出(年金健保や公的な手数料)が極端に高いことをどう思ってるのだろう?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 00:53:07 ID:MtDTRGTT
国民負担率

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 02:02:51 ID:5+kKTAGE
>>3
税率あげても税収が変わらないという前提での試算でしょ。

GDPは企業の付加価値の合計だから、輸出を控除したGDPに税率を
かけると簡単に税収の予想ができる。

ただ、少ないとはいえ10%程度を占める輸出は税率アップの影響を
受けないし、法人税の減少というルートから税収がマイナスになる部分
もある。所得税の減少や、キャピタルゲイン課税周りからの税収減も
ある。5%にあげたときと同様、経済成長で将来増えるはずだった税収
が、先送りになるという、機会損失もある。ここ2〜3年税収は回復傾向
にあったから、ここで増税してそれをパーにしちゃうのは痛いと思う。

それはそれとして、総合的にみて、16%もの税率アップを一気にやったら、
それはそれで経済にはかなり破壊的な影響を与えると思うよ。単年度で名目
GDP成長率がマイナス10%くらいになってもぜんぜん不思議じゃない。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 22:42:40 ID:TLgHzJv9
消費税増税したらテロりんぐ予告をする予告を予告します

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 23:37:36 ID:/xvxPbzs
名目の消費税は5%と低いけど、物流などで余計にかかる公共料金等が日本はめちゃ高いからな。
生鮮食料品で約34%だろ。実質40%近くの間接税を払ってるというのは、どういうことかと……。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 00:08:33 ID:oV/zfMuA
>>8
ダウト。
物流料金は私的取引の価格なんで、公共料金じゃありませんことよ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 15:54:59 ID:3dVOjDDz


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 00:19:13 ID:HG5fkSpA
>>4

日本は租税負担率は先進国でも最も低い国ですが、それでも税金が重いと思い込める人は贅沢だね。
社会保険料を含めた国民負担率だってかなり低い。http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/hikaku.htm
極端に高いというならソース出せよって思いますが。

>>4は日本の税負担が少ないのはどう思ってる?
このままがいいか?あげるべきか?



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 01:30:23 ID:JwHwjVB+
>>11
見事に財政の良し悪しは景気と連動してるね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 01:35:57 ID:JwHwjVB+
もっとも重視すべきはこの項目であろう。
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/017.htm

まず韓国に注目してもらいたい
所得課税→低
消費課税→高
資産課税→高

と、なっている。

韓国の制度は必ず悲惨である事を考慮すれば
消費課税と資産課税を控え、所得税中心の税制が最良である事が分かる。



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 10:31:29 ID:W3HzKa3J
フランスの社会情勢も韓国に似てるか。
なるほどと思ってしまう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 11:14:45 ID:mPmn04oZ
>>11
租税負担率を各国で比較してどうするんですか?
あの国は負担率が高いからウチでも。。。とか?
日本には日本のやりかたがある。
究極的には「租税負担率ゼロ、福祉無限大」だが、それは空想。
いずれにしろ、「いかに負担を軽く」し「いかにサービスを厚くする」のかに
政治家の力量がかかっておる。
「おもちゃほしい、かあちゃん金くれ」では小学生。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 11:23:32 ID:mPmn04oZ
>>2
>1は日本が先進国で消費税率が一番低いことはどう思ってるの?

「外国と比較して税率が低いから(当然)引き上げねばならない」とかんがえて
いるのか、それとも「まだ引き上げる余地がある」というのかはわからんが、
現在の税率を単純比較するだけでは不十分で、各国がどのような背景で税率を
引き上げていったのかを調べねば。
もしかすると、はじめから二桁以上の税率を採用していたのかもしれんし、わからない。
また、各国の物価事情も考慮に入れねば。
確実にいえることは、橋本内閣時代に消費税率を上げた結果、消費不振、経済不安、金融恐慌を招き、
後の小渕内閣で、景気浮揚のための財政大出動となったことだ。
消費税率値上げ直後では、年率換算にして実に11%もの大幅な消費縮小が起こっている。
このことと後の金融恐慌に関係がないとはいわせない。
消費税率を値上げしても、経済の実態にまったく影響がない(消費水準が維持できる)という
前提での話であれば、消費税率値上げによる財政規律回復も説得力があるが、
ひとたび値上げして経済が悪化すれば、あちこちから財政出動を求める圧力がかかるようになるであろう。
金融機関が陥れば多額の公的資金を必要とする。もちろん税金。必ず返ってくる保証はない。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 00:28:53 ID:U70IBbZC
>>15
そういうレベルの話じゃないだろw
世界的に見てもかなりの高齢化社会かつ借金大国なのに
こんな国民負担率でやっていけるかって。
公務員の給料減らせとかよく言うが
そんなのしたところで気休めのパフォーマンスにしかならん。
はっきり言ってごみ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 00:42:18 ID:U70IBbZC
>>16
>年率換算にして実に11%もの大幅な消費縮小が起こっている。
ないよw
少なくとも直後では駆け込み需要の反動で落ちてるが
それ以降の消費水準はほとんど変わってない。
落ち込むのは銀行破たんなどが起こってから。
あと消費税の影響もいくらかあるかもしれんが
金融機関の破綻の原因はそれだけのはずがないだろw
だいたい金融機関の破綻は消費税引き上げから半年後。
そんなに影響が早いはずがない。
その半年の消費水準は大して変わってないし。
あと景気対策の財政出動はすでに流行じゃない。10数年やって
たいした効果もなかったし少なくとも今は説得力がない。

だいたい、たかが2%上がった程度で消費を抑えようと思うかな?
消費しなかったら貯金するしかなくなるが、結局その貯金も消費に回さないと損だし。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 09:59:28 ID:zS3RN079
公務員の人件費の総額見て物言え。つか公務員の書き込みか。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 11:02:54 ID:72ZtBc3Y
国家公務員の人件費は総額で4兆5000億ほど。
せいぜいカットできても数千億ほどだろ。
まぁやるに越したことはないけど
社会保障とか地方交付金の額と比べればやっぱりゴミ。
財政赤字の抜本的な解決にはまったくならない。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 00:35:22 ID:lcBps9VY
>>18
裏で法人税減税してて何が消費税だ、糞が。
貧乏人を無知だと思って騙すしてるんじゃねーよ。

あと、明らかに消費は減ったな、「消費は減っていない」って
どうせ御用学者のインチキ統計だろうよ。
何度も騙されるかっての、馬鹿にするな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 00:29:14 ID:tft+TMSn
>>21
まず、オレを経済学者とか貧乏人じゃないとかみたいに言うな。照れるw
消費水準のソースは経産省の商業販売統計。
これ以上に信頼できるデータがあるなら出して欲しい。
>裏で法人税減税してて
裏でって何だ?新聞にも載るしググれば出てくるし。
どこかの国みたいに情報統制されてるわけじゃあるまいしw
自分が知らないのを人のせいにするなよ。('A`)

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 02:42:47 ID:u9x93AQw
よし、貧乏人同士でいがみ合っても仕方ない、
敵は法人税は駄目だけど消費税ならいいよ、とかぬかす
経団連、ならびに奥田様だ。

あいつら強い立場だから「価格転嫁すれば俺らの負担ゼロだし、ヒャホーイ」
とか考えてるんだろうがそうは、いかんぜ。
共産党が労働党と改名してくれる日を待ち望む俺であった。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 18:05:28 ID:pzJljT9M
法人税無理やり上げたら企業が海外移転が加速するよ。
ただでさえBRICsへの海外移転が進んでるこの時期に。
失業率増えても良いなら何も言わんが。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 11:33:54 ID:W23eE+Ri
法人税の実効税率は、日本は14%もないんじゃなかったか?
欧米並みにきっちり30%以上納めさせる方が大切だと思う。
たとえ名目50%に引き上げても実効税率30%未満なら海外へなんか逃げ出さんよ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 23:14:05 ID:eDcZliHu
法人税が高いと海外に逃げ出す、って理屈は実例とかあるの?
逃げ出せる奴はみんな逃げ出し済みじゃないの?
便宜船籍とか。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 10:22:36 ID:+iv30wH5
タックスヘイブン

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 23:53:03 ID:0dmBRhbD
>>11

高いか低いかの話をしてたんだから、外国はどれくらいなのか比較しないと、判断できないだろ。

>>16

どんな国だって最初から税金があったわけじゃない。原始時代にはなかったんだから。
消費税25%のスウェーデンだって、最初からその税率だったわけじゃなくて、徐々に引き上げていったはず。
つまり、消費税を引き上げたからといって、経済が破綻するわけじゃない。5%にしただけで破綻するなら日本以外の先進国は全部破綻してるはずだろ。
というか日本経済が不況なのは財政の問題じゃなくて、金融政策が悪いから。経済学板なんだからもっと勉強しろよ。
消費が伸びないのもデフレだから。マネーが足りないから。金融引き締めに比べりゃ消費税の効果なんか糞みたいなもの。

>>23

共産党に限らず、自民党や民主党でも財政や規制や労働法制をいじくれば、消費が増えたり、失業が減ると思ってる経済白痴が多いよな。
金融緩和すれば、消費も増えて、失業率も下がるし、資産格差も縮まるのに。

>>24

別に海外移転したからといって、失業が増えるわけじゃない。その国の経済が発展すれば、投資した日本が得したり、その国への輸出が増えたりする。中国ではそうなってる。
法人税率上げたら、民間の投資や消費や雇用は減り、政府の投資消費雇用が増える。全体の消費は大して変わらない。配分が変わるだけ。消費税とかでも同じ事。
公共事業や公務員が多いのが気に入らないなら、役人の仕事をもっと減らして、消費税も法人税も減税すればいいジャマイカ。そうすりゃ役人が使う分がへって民間のほうが増える。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:20:01 ID:v7kXsluY
>>28
>消費が伸びないのもデフレだから。マネーが足りないから。金融引き締めに比べりゃ消費税の効果なんか糞みたいなもの。

その解決策を提言できないのであれば意味がない。
デフレが原因なのは子供でもわかる。
さまざまな政策を繰り出してきているのにデフレが克服できていないんだから。


>消費税25%のスウェーデンだって、最初からその税率だったわけじゃなくて、徐々に引き上げていったはず。
つまり、消費税を引き上げたからといって、経済が破綻するわけじゃない。5%にしただけで破綻するなら日本以外の先進国は全部破綻してるはずだろ。


消費税率値上げによる消費縮小を軽く考えすぎだ。
消費税率値上げ直後の四半期では、年率換算で11%もの消費縮小が起きているのは
事実。
たかが数%と軽く考えてはいけない。住宅や自動車などの高額商品にも課税されるのだから。
値上げすれば経済は縮小へと向かう。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:26:57 ID:v7kXsluY
>>17
消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性については
どう思うのか?
消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。
小渕・森内閣時代を思い起こしてみてもらいたい。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:33:42 ID:v7kXsluY
>>28
>消費が伸びないのもデフレだから。マネーが足りないから。金融引き締めに比べりゃ消費税の効果なんか糞みたいなもの

日銀がゼロ金利政策を続けてきても、消費は伸びていない。デフレも解消していない。
金融政策だけではデフレを解決できない。
経済の6割を占めるといわれる家計支出を増加させなければならない。
消費税増税は、まさに百害あって一利なし。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:43:24 ID:v7kXsluY
ここに各国の消費税率とゼロ税率・軽減税率の表を貼っておく。
http://www.tokyozeirishikai.or.jp/con_nihonsekaizeisei/nihon_kaigai/fukakatizei.html

日本より高い税率を採用しているのがほとんどだが、
食料品や医薬品には軽減税率を採用している国がほとんど。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:56:03 ID:v7kXsluY
http://www5.cao.go.jp/j-j/doc/1997da6-j-j.html
物価は、消費税率値上げ直後に上昇し、その後は下落に転じる。
消費率値上げはデフレを促進する。
傾向から見て明らか。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 21:12:56 ID:NsiM9LWU
>>29
>さまざまな政策を繰り出してきているのにデフレが克服できていないんだから。

それは違う。買いオペやら為替介入増やしたら物価下落率は縮まった。
規模をもっと大きくすれば克服可能。

>>30

デフレに比べたら、消費税の影響なんてたいしたことない。もちろん悪影響はあるだろうけど。
デフレを克服すれば、増税自体がほとんど必要なくなる。

>>31

金利を操作するだけが金融政策じゃない。国債の日銀引き受けや政府紙幣による償還などで貨幣供給を増やすという方法もある。
長期間消費が伸びないのはデフレだから、消費税の影響は短期的なもの。
消費税増税がいやなら、リフレに賛成すべき。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/05(火) 11:20:37 ID:K1PGxVM+
固定資産税減税すればデフレは多少良くなる

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 04:38:17 ID:u8FNuOzW
消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性については
どう思うのか?
消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。
小渕・森内閣時代を思い起こしてみてもらいたい。

37 : ◆xlhRK.H3D6 :2005/07/07(木) 05:24:13 ID:1zNSe1Y4
dame

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:09:36 ID:u8FNuOzW
消費税率引き上げはデフレギャップを拡大させる。
それを契機として消費者マインドの冷え込みから消費性向の低下がもたら
され更にデフレギャップが拡大する。
こうした悪循環を経済学用語では「デフレスパイラル」と呼ぶ。
税収は大まかに言えば経済規模の関数だから、税収はこの一連のプロセス
を通じてむしろ落ち込む公算が高いのだ。
これはあくまでも理論的な推測に過ぎなかったけれど、平成9年度の消費
税率の引上げとその後の景気の落ち込みによりある程度実証されたとみら
れる。
平成9年度以降の景気の落ち込みにはそれ以外に有力な原因が見当たらな
いのだ。
アジア金融危機の影響はフィリピン・韓国が大きかったけれどわが国への
影響は限定的だったと見られるし、資産デフレも消費税不況を原因とする
派生的なものと考えられるからだ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:11:37 ID:u8FNuOzW
http://www.rd.mmtr.or.jp/~asashi/newpage259.htm
イギリスは消費税率が17.5%、非常に、日本の4倍も高いわけですけれども、
このイギリス全体の国税に占める割合は22.3%。日本の22.7%と全く同
じ、ほぼ同じでございます。イタリアについても少し見ますと、イタリア(の消
費税率)は日本の4%に比べまして、なんと20%の消費税が掛かっております。
ところがこのイタリアの場合におきましても国税全体の中における消費税の収入
比率は22.3%でございます。日本より低いのです。

こんなデータもある。
そして、何よりも何故消費税の国庫に占める割合の高い欧州ばかり引き合いに出
して米国とは比較しようとしないのか?
何故欧州の税制を無批判に受け容れようとするのか?
所得税累進税率引上げでは何故駄目なのか?
消費税と景気のかかわりはどうなっているのか?

こうした基本的な疑問に答えられない以上消費税率引き上げには反対せざるを得
ない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:13:01 ID:u8FNuOzW
国民が1年間の間に個人消費に使えるお金の容量は、だいたい決まっているからねぇ。
消費税は、個人消費に使えるお金の容量からダイレクトに税金として徴収するから
税金分だけ、個人消費に使えるお金の量が減るわけで
他の税制と違い、確実に、個人消費を減らす事が出来る悪魔の税だから。

橋本税制改革で、2%引き上げたとき、5%くらい下がっているから、
実際の影響力というのは、実態以上なんだろうけど。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:15:05 ID:u8FNuOzW
消費税反対論に対する有効な反論は見たことがない。
例えば、
1 消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇する
ことを意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生
じる。
不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。
2 消費税は広く薄く公平に課税でき取りはぐれないと言うが、課税業者が徴収
し納付する消費税は課税業者が売上や仕入をごまかして法人税などを脱税する時
一緒に脱税される。取りはぐれないというのは真っ赤な嘘。
3 欧州は消費税中心の国だからそれを真似るというが、所得税など直接税中心
のアメリカは何故スルーするのか。
4 消費税は「担税力に基づく公平」に背く税制だ。より大きな所得にはより大
きな割合で課税する縦の公平を無視している。平成12年度の税制改革大綱でも
この点の重要性に触れているというのに。

消費税率引上げ賛成派はそろそろ上記1〜4にきちんと反論しろや。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:16:59 ID:u8FNuOzW
消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇する
ことを意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生
じる。
不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。

これじゃあ、一体何のために消費税率を引上げるのか意味不明である。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:17:59 ID:u8FNuOzW
消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇すること
を意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生じる。

消費税率30%なら消費者が購入できる商品は(30%−5%)で25%落ち込
むことになる。大まかに言えば市場に出回る財・サービスの25%が売れ残る!
そうなりゃわが国でこの世の地獄を見ることができそうだなw
しかも不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:26:19 ID:u8FNuOzW
>>37
>消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。



ここは経済学板だから、政治論は向かないのかもしれないが、
増税そのものは、租税法律主義にしたがって、立法府の許可を要する。
税率から課税対象からなにからなにまで法律に明記しなければならない。
そうでないと増税は不可能。
租税論は結局政治論なんだよな。学者が無責任に発言しても、それが立法府を通過するかどうかは
わからない。
政治的には、消費税率を2桁台に乗せるためには30年はかかるだろう。
民主党も強くなっているし、自民党政権でたとえば2%消費税を増税すれば、次の参議院選挙か
総選挙で野党に転落する。これは間違いない。
2005年を基点として、2007年ごろに消費税率を2%上げると、
直後の選挙で民主党が政権を握るだろう。
民主党としても、消費税率の値上げが政権獲得の追い風となったことはわかるから、
消費税率の値上げには慎重にならざるを得ない。
結果的には30年くらいかかるだろう。その間、政権交代は10回ちかく起こるだろう。
まあ、現実的には、消費税率の値上げは不可能ごとだ。できても7%くらいまでだろう。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 20:27:46 ID:JKe4iV6R
http://www2.bigcosmic.com/board/f/board.cgi?id=135
オドロキ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 00:33:43 ID:4Etv33iT

消費税増税に反対する人は今回のサラリーマン増税案は賛成なんだろうか。
それとも両方いや?

>>44
>民主党としても、消費税率の値上げが政権獲得の追い風となったことはわかるから、 消費税率の値上げには慎重にならざるを得ない。

民主党は消費税増税を公約にしてたわけだが。

>>41

こんな過疎板で反論もとめても反応ないよ。
経済板で消費税増税スレがあるからそっちがいいのでは?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 00:42:27 ID:lf5PBqrq
増税増税って言うが財政の均衡を本気で考えてるなら出る方を絞るべきじゃないの?
まあ21世紀はいろんな意味で民主主義の崩壊にお目にかかれそうだわ
だって日本の予算のほとんどは年金や医療などの社会保障に使われてるわけだがここは削れない
年金半分にします、医療費の自己負担率5割にします、なんてやったら選挙で大惨敗決まりだわな
だから必要なお金だから税金の負担お願いしますと言った方がなんぼかマシだがそれじゃいつまでも持たない
そうこうするうちに日本財政破綻、混乱に陥りクーデターで新リーダーが決定
早速やったことは「やっぱり日本は封建制度がイチバンヤー!」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 02:16:05 ID:4ugWji9y
出るほうは絞れないよ。絞ろうとしたって政治家が反対するから。どんなに優秀な案が出たとしても、己の保身第一の政治家連中に潰されるオチ。この国は救われねぇよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 03:08:00 ID:NktiK7LL
消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇すること
を意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生じる。

消費税率30%なら消費者が購入できる商品は(30%−5%)で25%落ち込
むことになる。大まかに言えば市場に出回る財・サービスの25%が売れ残る!
そうなりゃわが国でこの世の地獄を見ることができそうだなw
しかも不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。

これじゃあ、一体何のために消費税率を引上げるのか意味不明だ。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 03:50:31 ID:FkBSLSC7
>消費税率30%なら消費者が購入できる商品は(30%−5%)で25%落ち込
>むことになる。大まかに言えば市場に出回る財・サービスの25%が売れ残る!

これほどバカな意見を堂々と言える辺りがこのスレのレベルの低さだなw
発想が貧困なら説明過程も滅茶苦茶。
30%−5%で25%?小学生でも頭の良い子ならどこか違うと気づくぞw

購入資金100とすると消費税率5%の下では100÷1.05で95のものが買える。
消費税率30%では100÷1.3で77のものが買える。落ち込む消費は1−(77÷95)で19%。

そもそも発想がバカげてるから訂正してやる必要もないが少しは頭使え。

消費税増税で多少の消費の落ち込みはあっても税収は確実に増加する。
問題は税負担の公平性であって、その点ではない。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 03:53:56 ID:FkBSLSC7
>消費税の恐ろしいところは、末端の消費者の消費意欲を
>そぐだけでなく、卸業者やメーカーの設備投資能力までも
>急激に弱めてしまうところ。

設備投資能力が急激に弱まる?なぜ?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 07:51:55 ID:4ugWji9y
>>50
そんな合理的に行動する消費者もいないだろうが。単純な計算の結果から推定される値より、「消費税が増えた分余計に払うの嫌」て心理的側面からも購買意欲は減少するんじゃないか?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 14:09:56 ID:FkBSLSC7
>>52
だから言ってるでしょ。そもそも発想がバカげてるって。
税率増加分だけ消費が落ち込むとかいう発想がありえない。
それでも、せめて説明ぐらいは合理的にしろってだけの話。

購買意欲が減少しても税収が減るほどの落ち込みはまずありえない。
実際には非課税の居住費には全く影響が出ないし
税率が上がって購買意欲が落ちても生活必需品の購入は落ち込まない。
生活するうえで必ずしも必要ではない生活必需品以外の落ち込みはあっても
生活必需品以外の出費が多い層になればなるほど税率に過敏でなくなる。
税率変更後の一時的な落ち込みは想像できるが、変更前に一時的な需要増加が
望めるから税収ではなく景気の面では影響はあまりない。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 20:13:14 ID:/Dbl0h/t
ブッシュも年金改革の税源に連邦消費税導入するかもって言ってたっけ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 22:27:22 ID:4ugWji9y
所詮は日本じゃ金持ちの政治家が増税と叫び、その一部をMyポケッツに放り込むんだから、好きなように叫ぶよな。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 23:52:15 ID:/OYeA7sV
だいたい消費税上げたら
購買意欲が下がるなんてどういう発想やデータに基づくんだろ。
経済主体は究極的には収入を得るか
支出をするかどっちかしかない。家計も含めて。
極端な話、間接税だの直接税だのは
課税するタイミングの差でしかない。
購買意欲というか消費性向はむしろ将来性の不安とか
そういうものによるところが大きい。
北欧は普遍主義の充実した社会保障制度で
20%を超える消費税でありながら貯蓄性向は1%に満たない。
つまり、消費税と消費性向は一概に反比例するとは言えない。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 06:38:36 ID:XnRbYc8J
>>53
いずれにしろ、消費税率の値上げは、政治的には
難事中の難事であることには間違いはない。
消費税率の値上げによる消費の落ち込みがどのくらいの規模に
なるかどうかは定かではないが、国民生活を塗炭の苦しみに追い込む。
政治的には、消費税にかかわった政権のほぼ全てを吹き飛ばしてきたのは事実。
そうそう簡単に増税などできるわけはない。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 06:44:49 ID:XnRbYc8J
>>53
消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性については
どう思うのか?
ぜひとも答えていただきたい。
消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。
小渕・森内閣時代を思い起こしてみてもらいたい。
国民生活を無視して、増税議論などは絶対に成り立たない。
ある財務官僚が、「自分はルールを作る側になる」などと傲慢な発言をしたことがあるが、
官僚の思い通りの増税などは絶対にできるはずはないのである。
実際には政治家の許可を求めなければならないのだから。
「消費税を上げた結果、長期的に見て財政規律が悪化する蓋然性」を無視して、
短期的な税収アップに目をとらわれてはいけない。
財務官僚としては、目先のやりくりに火の車なのだろうが。



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 07:34:09 ID:XnRbYc8J
消費税率の値上げは不可能です。
税収に占める消費税収の割合は、スウェーデンと比較してさえ、ほぼ同じ水準。
税収に占める消費税の各国比較(全保団連等資料から各国2002年、日本2003年データ)
・日本22.7%(上記参照) ・イギリス22.3% ・イタリア22.3% ・スウェーデン22.1%
 イギリスでは付加価値税率が18%であっても生活費等非課税のため、
実質的には日本の消費税率5%より負担感が少ないといわれている。
これらの比較を見ても、日本の現在の消費税率5%は決して低い税率ではない。所得再分配機能が歪められた所得税等の見直しをすることは理解できるが、税収に占める割合から見ても課税の公平性に適わない(逆進性の問題がある)消費税をこれ以上増税する理由は存しない。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 09:27:50 ID:762kBmT4
>>59
税収に占める消費税収の割合にいったい何を求めているのですか?
つまりあれか、増税したけりゃ消費税だけでなくすべての税率を上げろということですか?

国が違えば事情も違う、「国際標準」が日本にとってベストかどうかは判らない。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 11:25:16 ID:UDocwZtf
ことし景気回復のおかげで税収が増えたってニュースが
あったじゃん。

ショボイ景気小反発で増税した以上の効果ですよ。
まさにデフレが終われば増税なんていらないんじゃね?ですよ。
問題の年金さえ、株高で黒字ですよ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 13:54:33 ID:Tw9b2EhV
そういえば、為替介入したときもアメリカに貢ぐなとか言ってるのがいたが、米国債で数兆円利益が出てたはず。
円高になったときに買い捲ってたんだから、利益が出るのは当然だけどね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 14:35:06 ID:GYc8Jqc/
>>61
3兆円ちょっとだろ。
消費税を5%に増税したときは5兆円程度増えた。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 21:23:04 ID:Tw9b2EhV
>>63

3兆円といっても消費税1%分もある。
為替介入は実質無利子の短期国債が財源だし、
後で米国債は利息がついて返済されるから、
利益があって、国民には何の負担もないけど、
消費税増税は国民の負担。
やっぱりリフレするだけで増税なんか必要なくなるのでは?


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 23:10:14 ID:egOvLR9y
スウェーデンらへんの消費税を持ち出してきた阿呆は誰ですか?
税金は高くても社会保障が充実してて【揺りかごから墓場まで】安心の国々と、老後は不安でたまらない日本の消費税が比較になるわくないじゃん

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 02:21:08 ID:b/sN4T8Y
>>65

老後の保障に関しては、日本はそれほどひどくない。
年金平均支給額は購買力平価で見て、スウェーデンより多いし、支給開始年齢も早い。
医療制度はコストパフォーマンスや平等性を考慮すると、世界でもトップクラスだとWHOが評価してる。
しかも就業率も高く、貯蓄も多いにもかかわらず、
不安になるのは役所やマスコミのプロパガンダだとしか思えない。
デフレ不況が長引いてるからかもしれんが。
日本の低福祉は現役世代のが手薄なだけで、老人向けは充実してる。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 05:38:40 ID:JHot0rIH
>>53
>消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性

なぜ悪化するのか説明してみな。
消費が落ち込んで景気が悪化するとかくだらない理由じゃなくてな。

現在の財政状況の悪化は消費税率とは関係なく中途半端な財政再建策が原因。
橋本政権下で中途半端に財政再建しようとして財政支出を抑えたのが諸悪の根源。
森政権はともかく、小渕政権の経済政策は良かった。
あそこで財政支出を抑えるような政策とってたらもっと悪化してただろう。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:12:23 ID:cXgTtHLC
>>61
>ことし景気回復のおかげで税収が増えたってニュースが
あったじゃん。


まさに正論。
景気が拡大を続ければ、増税などしなくとも税収は増える。
GDPが増大すれば、税収など自然に増える。
消費税率値上げは、まさに百害あって一利なしと断言できる。
政治的にもほとんど不可能ごと。
新聞では、さかんに消費税増税をあおっているが、実際に値上げしてみろ、
必ず政権交代が起こる。断言できる。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:15:19 ID:cXgTtHLC
>>63
>消費税を5%に増税したときは5兆円程度増えた。


(政治的な意味で)ほぼ同時期に橋本政権は崩壊。
自民党は参議院で過半数を割り込み、法案は通らなくなった。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:17:33 ID:cXgTtHLC
>>67
>森政権はともかく、小渕政権の経済政策は良かった。
あそこで財政支出を抑えるような政策とってたらもっと悪化してただろう。


アホ!
小渕政権でどれだけ赤字国債を発行したかわかっているのか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:18:44 ID:cXgTtHLC
>>67
消費税反対の理由:あえて再掲する。
消費税率引上げは一定の所得の下で賃金以外の全ての価格が上昇することを意味
するから消費者の購入できる商品は減少し、通常デフレギャップが発生する。

デフレによる国内消費の落ち込みは企業の売上減少と同義なので、仮に消費税収
入は確保できても企業利益の落ち込みからまず法人税収入が減少、更に企業業績
不振は賃金カット・リストラなど雇用者賃金にも波及し、消費者マインドも冷え
込むから所得税収入も減少、租税収入全体も却って落ち込む公算が大きい。

これじゃあ、一体何のために消費税率を引上げるのか意味不明である。 ???

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:23:54 ID:cXgTtHLC
消費税率値上げに反対しているのは、
長期的に見て、決して財政規律を回復させることはないのが大きな理由です。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:27:41 ID:cXgTtHLC
それから、民主党が消費税増税を言っているのは、
党内力学的な理由もあるだろうが、
「なんでも反対」の社会党のように、「無責任」な姿勢を批判されるのが
怖いからだろうと思う。
消費税増税が、実際の政治課題に乗る段になれば、おのずから慎重にもなろうし、
議論百出、まとまりはしないだろう。
次の政権交代は、小泉の後の自民党政権が、消費税率を2%くらい上げ、
経済がガタガタになったときだから、次の衆議院選挙のときだろう。
間違いない。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:30:16 ID:cXgTtHLC
  税収(決算)
1989  549,218  ←消費税導入。この頃は空前の好景気
1990  601,059  ←この辺りがバブルと呼ばれた好景気のピーク
1991  598,204
1992  544,453  ←この辺からバブル崩壊と呼ばれる
1993  541,262
1994  510,300
1995  519,308
1996  520,601  ←一応景気回復しかかっていたのだが・・・
1997  539,415  ←橋本内閣で消費税アップして・・・
1998  494,319  ←バブル後2番底開始して税収ダウン
1999  472,345  ←小渕総理が頑張って・・・
2000  507,125  ←景気回復傾向で税収アップするも、日銀がゼロ金利解除して・・・
2001  479,481  ←またしても景気悪化&小泉改革が始まって・・・
2002  438,332  ←また底が抜けちゃったよ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:55:04 ID:cXgTtHLC
官僚が増税を唱えるたびに、
租税法律主義の重要性や、選挙権を持っていることの意味を
かみしめる一国民であった。
選挙で議員を叩き落す快感、これはたまらない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 11:05:44 ID:bcmvN1U8
つーか寝言いってるヤツ多すぎだなぁ。
GDPが簡単に増えれば苦労はしない。
税率を上げれば税収は減るって言うことは
その対偶で税収が増やすには減税しろってことだろ。
レーガンはそれで失敗してるし。
そもそも消費税引き上げでやることは財政再建・国債の償却であって、
民と官の間で左右に金を動かすだけに過ぎない。

>>64
利益を出したのは日銀だろ。
リフレリフレって言うが簡単に出来れば苦労なんかしないよ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 14:17:26 ID:JHot0rIH
>>70
アホはお前だ。財政出動の必要性を理解してない。
貸し手に金が余ってる状況で民間が金を借りないなら
政府が借金をしなければ経済が縮小均衡に向かう。

お前みたいな発想で中途半端な財政再建しようとするから
景気が悪化してさらに財政悪化が加速する。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 14:41:34 ID:b/sN4T8Y
>>76

為替介入の利益は税外収入になってるはずだが。
日銀は金を貸しただけで外債買ったのは財務省なんだから。
それとリフレは簡単にできる。増税や補正予算はいちいち審議しないとできないし、
日銀が直接国債を引き受けるのは、法律で禁止されてるから、すぐにはできないが、
国債買いオペ増やしたり、政府紙幣発行したりするのは日銀・政府が決断するだけでできる。
今は短期国債が札割れしてるから、長期も札割れするまで増やせばよい。
政府紙幣と日銀券を交換して、それで新規発行・借り換え国債の償還を行う。
日銀や郵貯簡保など政府系金融機関が持ってる国債もそれで償還する。
こうして、数十兆数百兆の国債を償還すれば、財政出動せずに景気が回復し、増税なしで財政再建が達成される。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 16:00:22 ID:UBkAfutB
>>78
税外収入に何を期待してるんだ?
買いオペやったところでリフレになるのかよ。
需要がないし日銀も渋るだろうし。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 16:27:53 ID:nYgAeHIu
>>77
小渕閣下の財出は橋本増税の尻拭いの意味が大きかったと思ふのだが。

増税した結果景気が落ち込み・・・という理由はくだらなくないよ。
実験結果といいうか事実だし。
それに、緊縮財政の結果景気が落ち込み・・・・とほとんど同義じゃん。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 18:24:43 ID:b/sN4T8Y
>>79

為替介入して、日銀が不胎化しなければ、貨幣供給量が増えてリフレになる。税外収入よりこれが重要。
買いオペ増額や政府紙幣による償還でも貨幣供給は増やせる。
買いオペはリフレになる。現に少し増やしたら、物価下落率が縮まったじゃないか。もっと大規模にすればデフレは終わる。
銀行が国債を売らずに札われになったとしても、借り換えや新規発行の国債を政府紙幣で消化するのは可能。
日銀が渋るとか言うが、大増税のほうがはるかに政治的に難しいはず。
もしこれらをやってもデフレのままなら、インフレにならずして国の借金がなくなってしまう。無税国家すら可能になる。
デフレ脱却・景気回復ができなかったとしても財政再建は達成されるわけだ。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 20:16:30 ID:1BhJjwVk
>>81
ずいぶん長いこと金融緩和で公定歩合ゼロにして
金発行しまくってるのにリフレになってないじゃないか。
買いオペしたところで債権の乗り換えに過ぎない。
まさか紙幣を刷るだけでインフレになるとでも思ってないか?
それとも財政出動しまくってまた利権と無駄の巣窟を量産する気?
物価下落率が縮まったってそれは外需の増加だろ。
さっきから言ってるが需要がない。金を借りて誰が何に使うんだ?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 20:36:53 ID:y/7MlL0S
おお、懐かしい流れだな。
「紙幣を刷っただけでインフレになるかよ」
久々じゃないの。

・札を吸ってインフレにならないなら無税国家誕生しちゃう・・・・・

・市場にばら撒かれた金がそのまま退蔵されるか、
そっくり国債に化ける分けないじゃないの、過剰流動性マンセー。
金融市場の活況が経済に波及しないわけないじゃん。

・まだ長期金利ってゼロじゃ無いじゃん、札割れまでやって見れば?

などなど、多彩な理屈を用意しております。
「需要が無い」については

・俺はとにかく金が欲しい。需要が無い、なんてどこのお貴族様ですか?
・ここ10年、設備投資を控えていたので潜在需要はすごいよ。
・失業者が何百万人いると思ってるんだよ。。

などの理屈もございます。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 22:50:32 ID:1BhJjwVk
>俺はとにかく金が欲しい。需要が無い、なんてどこのお貴族様ですか?
いま、住宅ローンの金利が安いが。借りれば?
グリーンスパンはこれでうまくやった、というかちょっとやりすぎ感もあるが。
貰えるのなら俺も欲しい。でもヘリからばら撒くのは流石に現実的じゃない。

>失業者が何百万人いると思ってるんだよ。。
失業者に貸す奇特な香具師はいないだろうw

>ここ10年、設備投資を控えていたので潜在需要はすごいよ。
結局これだ。なんか借金がないのが良い会社みたいな流行が出来てる。
バブル期に整えた設備もそろそろ経済的寿命を迎えるはずだが、
そろいもそろって慎重だ。高騰してる鉄鋼でも
高炉も作るか作らないかえらく悩んでる。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 23:21:12 ID:To+wF93C
>>84
まさに、そのとおり。
おまいさんのカキコはリフレ政策の正しさを証明しました。

優良企業は現金を抱えて使い道が無い
金が欲しい俺ら貧乏人は、怖くて借金などできない、
というか借金したらアホ。

だから、現金溜め込んでいる奴らに使う動機を与えてやるのです。
1000兆刷ると発表すれば、連中はマッハで現金を
外貨、土地、株、商品、貴金属・・・と交換しまくるわけだ。
すべて景気浮揚効果がある。

そして1000兆じゃまずいので30超くらいから始めてみれば?
というものであります。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 00:49:40 ID:z72f+73u
>>82

だから0金利にしてもデフレのままなのは金融緩和の規模が小さいからインフレ期待を起こせてないからだって。
紙幣をいくらすってもデフレのままなら借金はすべて返せて無税国家にできる。
もしもデフレが終わらなくても財政再建だけでも十分やってみる価値はあるだろ。
国民だって莫大な累積赤字に不安を感じてるわけだし。
財政出動といっても公共事業をやる必要はない。全国民に一律に現金をばら撒くのでよい。
デフレが終わるまでばら撒く額を増やし続けると宣言すればよい。
国民一人一億円づつ配ってもインフレにならないなんてありえないだろ。
外需が増加したのだって為替介入して不胎化しなかったから。
需要がないのはデフレだからだろ。失業者が多いのもデフレで需要が少ないから。
実質金利が高くなってるから、実質的な負債額が増え、借金返して、設備投資や雇用を控えるのが流行になる。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 10:00:55 ID:EIv2dmP3
>>86
国民に金をばら撒いたって、それが市場に回る保証はないよ。
ただ懐に入るか借金返済に当てるだけ。
はたしてばら撒いた分の何%が市場に出てくることか。

デフレを止めるには、公定歩合を2%とか2.5%以上にしなきゃならないんだっけ?
金利が上がって一時的に借金の返済が大変になるだろうけど、
すぐに収入もインフレを起こして、増加分が借金の金利を上回るようになるさ。

もっともマスコミが猛反対して「調整インフレ」だ何だと悲観主義の記事を書き立てて、
世論を間違った方向へ誘導するような今の日本では難しいだろうけどさ。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 14:05:58 ID:ZuhWKwXN
>>87
つ 「1000兆刷れ」は無視ですか?
つ ドーマーの法則
つ 無税国家

その手の話は、もう散々既出なのよ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 00:19:49 ID:qNz613wg
>>86

浪費癖のある人や生活が苦しい人がいるんだから、全然市中に回らないということはありえない。
全部市中に出る必要はない。1%しか出回らなくても千兆配れば10兆増えるということ。一京くばれば百兆増やせる。
一部が出れば貨幣は増える。量が足りなければさらに大規模にすればいいだけ。
反論するなら、千兆ばら撒いても一円たりとも市中に出ないと証明してくれ。
一億配ってもインフレにならないと本気で思ってるのか?
借金だって無限にあるわけじゃない。配る量を増やし続ければ借金が亡くなる人も続出するだろ。

それと、公定歩合引き上げは逆効果だろ。実質金利を下げるのがリフレの目的。
デフレ止めるのに金利を上げる馬鹿がいるかって言いたいところだけど、速水の逆噴射という実例があるからな。
それと国債のほとんどは固定金利だから、インフレにしてもすぐには利払いは増えない。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 14:13:44 ID:mIPjDp3q
>>87
不完全雇用下だと、

成長率の上昇>金利の上昇

なので、その批判は当たらない。
また、逆に言えば 成長率の下降>金利の下降 となり
不景気で低金利の時ほど、金利は相対的に高くなる。

現に、去年は成長率+3%ほどであったのに金利は1%すら上昇していない。
そして実際に財政は少し改善した。

もうね、景気回復のみが財政再建の手段なのですよ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 22:44:36 ID:ISEcW15t
まあ日本に限らず政治によるシステムのリフォームなんかで
すっきり問題が解決したなんて試しはないしな
成長率が5%だと大体15年で所得水準が倍になる
そうすればシステムを現状のままいじらなくても
年金やら医療やらの問題はほとんど解決するわけで
そしてそれは政治による解決よりはるかに現実的でもある

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 21:15:33 ID:et20Jefm
消費税率の引き上げが何故雇用におけるサービス化の促進に繋がるのか誰か
説明してもらえませんか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 01:52:48 ID:8rmAOYS8
>>91
ただでさえ成長率5%維持は難しいのに
この人口減少時代にどうやって実現する気ですか?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 02:42:44 ID:itPrupJe
人口が本格的に減り始めるまで時間があるし
失業者もいっぱいいるので、向こう10年はあんまり関係ないよ。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 22:19:23 ID:9+vIuYgG
>>93

別に5%じゃなくても、3〜4%でも十分維持できるはず。
3〜4%だと20年ぐらいで倍になるし、20年後の社会保障負担は2倍ぐらいなので、
それぐらいの成長率で今と同じ負担で今の制度を維持できる。5%だと今より低い負担になる。
低位推計でさえ今後数十年間は人口減少率は1%未満だから大して影響ないでしょ。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 11:39:35 ID:OZVMSYxB
ケロロ軍曹なんて平成版のらくろで
日本国民を煽り、日本を軍拡のメリーゴーランドにのせ
アメ公は日本支配を一層強化
アメ公の軍事司令部が東京に来るしな

日本人への大増税も日本を弱らせて
軍事色一色に染めるためのアメ公の策略

やがては米中激突時に日本人は露払い役で
大量に捨て駒にされて死んでいくであろう

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 02:09:51 ID:9FOkPBJo
頭痛が痛い

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 23:29:29 ID:GBHjF2J3
アゲトク

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 12:02:42 ID:24fHG2u7
【行政】2005年度国家公務員ボーナス、引き上げの見通し…人事院勧告
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1122994825/

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/02(金) 02:36:09 ID:UJclUSur
還付の所試験に出るので、よく覚えておくように!

http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/syouhi/041011/041011-4.htm
Q.大企業も消費税をたくさん払っている?
A.多額の輸出戻し税など不公平な税金です
 たとえばトヨタ自動車は消費税を1円も払わないばかりか、1400億円余り(平成15年度
で推計)の消費税が還付されています。
 それは消費税は国内消費に対して課税されるため、輸出に対しては免税となり、税金が
還付されるからです。トヨタのような輸出大企業に対する還付額は毎年およそ2兆円で消費
税収の20%にのぼります。輸出大企業は税率が上がれば上がるほど還付金が多くなりま
す。
 このように消費税は輸出戻し税など巨額な還付金をもたらす不公平な税金です。しかも
輸出大企業が受け取る還付金は、仕入れ先や下請け先が納付した税金を親企業が一括し
て受け取っています。日本経団連などが消費税の増税に熱心なのは、こうした輸出戻し税
のメリットがあるからです。輸出をおこなわない企業や、人件費が大きな割合を占める中小
企業は、相対的に大きな負担となり、企業間でも不公平が生じる税金です。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/02(金) 05:27:06 ID:l6H++4B2
消費税増税でも経済縮小しないためには、収入以上に使うこと。国債返済はダメ。
税金で使えばなんため増税したかわからない。よって印刷機の力で経済を支えよ。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/02(金) 07:09:46 ID:pVQ1S0MX
経済成長ばっか気にしてよー
地球環境を破壊する気?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 11:33:17 ID:d9tFLnjK
>>102

経済成長と地球環境は両立できないわけじゃないでしょ。
高級品を買うようになればエネルギー消費が増えなくても経済は成長する。
安物のバッグでもブランドのバッグでも作るためのエネルギーや資源の消費はたいして差がないが値段は大きく違う。
車や家電だって、省エネ型で高いのもある。技術が発達するほど少ない資源やエネルギーで高性能なものが作れる。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/03(土) 13:35:01 ID:l/ooIm+o
>>103
太陽電池なんて、コストが回収できない贅沢品だけど、エネルギー収支は
完全にプラス。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/08(木) 01:37:43 ID:2c5z/7vI
>>102
環境保護には金がかかる
東欧や中国みたいに成長してこなかった国の
環境破壊は異常。

106 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:53:15 ID:yG+M4yM9
都市部大阪東京等の土地の価格上昇で銀行の信用創造増加期待から株が上がるでしょう。
デフレ解消には、金利を下げるつまりマイナス金利で国債引受を日銀にさせる。そうすれば
国債は時がたてばゼロになります。消費税もマイナス5%とかすれば消費が増えます。
要はマイナスまで考えることです。


107 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:32:29 ID:JcfG15K7
なんだか経済学っぽくないな〜。

消費税だろうがなんだろうが、単純な理屈の上ではGDPに影響は無い。
国が使うか、民間が使うか、ただそれが変わるだけ。

今の日本では、国と民間、どっちがより効果的なお金の使い方ができるだろうか?

消費税UPは、消費者から見たら物価の高騰と同じことを意味する。
物価の高騰は、老後の蓄え(貯蓄)を増やすインセンティブとなる。

今の日本は、貯蓄が増えると減るではどっちのほうがいいのだろうか?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/12(月) 14:08:21 ID:3V4iW68f
>>107
>>100をみてから言ってみて

消費税の名を借りた所得移転が行われているってことなんだが

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/12(月) 14:40:02 ID:ZV2LtPpy
>>108
単純な理屈の上では所得移転はGDPには影響を与えない。

現行制度の不備 等はまた別の話。
課税対象の売り上げが1000万円以下は免税されている。
欧米のような伝票方式ではなく脱税しやすい帳簿方式を採用している。など
おい、ちょっとまて、ということはけっこうある。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/16(金) 21:45:04 ID:WGtr9jeO
法人税を高くするよりはマシかと

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/18(日) 06:48:07 ID:8eQNjB/V
国債は印刷機による貨幣発行残高の記録です。国民所有貨幣価値が国債発行ごとに減っています。
だから国民は税金で返す必要はない。すでに損が出ています。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/19(月) 22:16:51 ID:BkFN1F2I
内閣府の試算によれば、5兆円の所得税増税をすると景気悪化のために、
それ以外の税収が減り結局3.4兆円しか税収は増えない。一方名目GD
Pは7.1兆円も減少し、その結果債務のGDPは1.2%増え財政は悪
化する。
つまり逆説的であるが増税すればするほど財政は悪化するのである。


http://www.tek.co.jp/p/ajer05_03.html


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 01:11:38 ID:8ZL/QqZs
>>107
ところがどっこい、増税分を何かに使うのではなく
増税+歳出削減、ですぜ。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 16:13:51 ID:excexq8V
普通の国債を廃止して、各省庁個別に債券発行すればいいのに。
民間が債券を買ってくれない省庁はそれで行政改革をせざるをえなくなる。


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:56:19 ID:ESUyPfs7

 受益と負担を確実かつ安定的に対応させるためには、広く国民が公平に負担する
消費税をもって充てるのが最も合理的。社会保険方式と公費負担方式の併用の堅持を
前提として、国民全体が互いに支え合う制度に基づく社会保障給付に必要な公費分の
財源全体を現在の世代の国民が広く公平に負担するため、消費税のすべてを
社会保障目的税化する。

http://ameblo.jp/senkyo/entry-10005438194.html


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 16:31:10 ID:MkX3CjyY
>広く国民が公平に負担する消費税をもって充てるのが最も合理的

               . -―- .      やったッ!! さすが税調
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできない嘘を
            | { _____  |        平然と言ってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 13:38:46 ID:yXE6N1rQ
「消費税」には賛成。 

但し、生活必需品の消費税率は限りなく0にして、その他の税率を10でも15%にでも
上げれば、理想的直接税になるのでは。
金持ちも貧乏人も、米を買うのに10〜15%の税を払うのはきつい。

http://big-hug.at.webry.info/200510/article_7.html


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 14:29:39 ID:jKEVePy1
税なんてつまるところ所得の再配分なのだから、米だろうが、
家賃だろうが無税にする意味は基本的に無い。
それはとりあえず有権者を騙して政策を通り易くするための方便だろ?

税の本質は国家の税収をGDPの何パーセントに置くかというだけのこと。
あとはその税率を所得水準によって割り振るしか出来ることはない。

つまり必要な税収に対してどの層に徴税余力があり、そこから必要な
金額を徴収するにはどうしたらいいのか、と言うこと。
現在の徴税法では所得水準が低い層がボトルネックになって、もっと
高い層から十分に徴税することが出来てないだけ。
結局のところ累進課税率が低すぎるのと、点数稼ぎの控除などの乱発により、
元々の計算値より現実的な課税最低限が高すぎるという2点が問題なのだ。

米が買えないほどの貧乏人がいるとしたら、非課税品目にするという
考えではなく、本当に必要なら保護政策を与えるべき。

消費税はぜいたく品に課税していた物品税のような罰則税の思想で
考えるものではない。だから必需品を非課税扱いにするという考え方
そのものがおかしい。それは感情論だ。

もし、非課税品目を作るとすれば、それは国家として奨励したいことのみで
構わないはず。例えば教育、出産育児など、必要か必要でないかの
基準ではなく、国家としてインセンティブをつけてでも応援しなくては
ならないことだけを政策的に優遇する場合だろう。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 17:25:33 ID:E7acOBLr
国もいいかげんに税金による国民からの補助金に頼らず自分で事業を起こして
その金で財政再建しろ。そのときは印刷機を使って稼いでも良し。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 16:51:24 ID:a2R2Utr/
長者番付を廃止するのであれば、脱税防止に報酬付きの通報制度が必要でしょう。
脱税を証明できる証拠を示し通報すれば、税徴収後その額の20%貰えるというのはどうですか?。
現在の追徴税額に20%を上乗せするようにすれば税収は減らない。
所得税だけでなく全ての税金と法律に基づいて徴収されるお金全てを対象にすればいい。
対象範囲を限定しない未徴収金通報報酬制度があれば、民間のことは民間の力で解決する、
自己責任に基づく理想的な小さな政府に近づく。

逆に、消費税増税や公的徴収対象増加などによる徴収漏れ増加を全て政府機関で行おうとすれば、
大きな政府になる。小さな政府による税の簡素化だけでは悪質な脱税は防止できない。

日本になじまない密告制度だと嫌うかもしれないが。
既に把握している徴収漏れは報酬対象にはならないし、
対象者の破産などで報酬分を徴収できなければ報酬は貰えない。
社員が納税ミスに気付けば社内で指摘すればいいし、
それで改善しようとしないのであれば通報すればいい。
誰も彼もが密告される制度ではなく、悪質なものだけが対象になる。
日本になじむかどうかは、どうでもいいことであって、
少しでも抑止効果があればそれでいいと思いませんか。
正義感が強くて正しいこと行った者に報酬を払って何が悪いのですか。

消費税が高税率になったら、消費税脱税は利益何十%アップどころか、
何百%か何千%か何万%アップになるでしょうから、必死になって脱税を隠すでしょう。
税務署も大変です。報酬付きの通報制度ではお金をかけずに抑止できます。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 23:41:28 ID:PM4VC2v8
米国は1910年代後半から最高税率50―>75%の所得再配分応能負担強化で空前の好景気に沸いたが
1925年に最低の25%へ応能負担弱体減税の結果、承継したフーバー大統領誕生の1929年アメリカで株価大暴落が発生し世界大恐慌へ突入した。
その後、ルーズベルトは最高税率63−92%へ所得再配分し超大国となり株価も大幅上昇し財政再建も成功した。
クリントン米大統領はルーズベルト税制を参考に「富裕層所得税累進増税の応能負担強化の税制改革」を断行し
国際競争力を再強化し株高と経済成長と財政再建の構造改革に大成功を納めた。
逆に累進緩和したレーガン税制やブッシュ税制では所得再配分機能の低下を招き、中低所得者層の高消費性向の増殖性を活用できず国際競争力は停滞弱体化した。

日本では、敗戦後、吉田首相は敵将ルーズベルト税制の効果を良く知る戦中戦後大蔵省主税局長だつた池田勇人を重用し、
その意見を取り入れ高累進所得税制を採用し付加価値消費税廃止を昭29年断行した。
 池田勇人は総理大臣となり更に高度経済成長と財政再建のために最高税率75%の応能負担強化の高累進所得税制を導入し大成功した。
ところが、バブル崩壊後に馬鹿な日本政府は消費税を導入して所得税の最高税率を37%まで引き下げ、経済的大停滞を招いた。

結論 消費税を上げて所得税の累進性を緩和すると経済は衰退し、消費税を廃止して所得税の累進性を強化すると経済は発展する。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 01:27:09 ID:OxOSDlWa
これ以上、貧乏人から税金取ることは不可能だわな。
月10万以下で暮らしてる老人とかプータローに市ねとでもいうか。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 09:38:41 ID:8YklOXV5
>>122
収入の2割超を国民健保+介護保険で徴収する自治体もあるよ
年収300万円なくても徴収上限の61万円に達する計算だ
しかも健保は人頭割、世帯割で収入ゼロでも徴収する部分がある
この支払いを義務という以上、典型的な逆進性の『税金』だよ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 19:39:30 ID:xyHLnlLR
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 14:55:39 ID:ozTEpOYH
食料品、家賃は非課税にしてください。

消費税・非課税 家賃・光熱費・食料品
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1146785434/
消費税・非課税 家賃・光熱費・食料品
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1146785434/

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:55:06 ID:b+XxK1XN
消費税を上げると輸出企業が儲かるようになっている
というカラクリを詳しく教えてください。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:53:07 ID:7h57ZUNm
age

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:13:57 ID:P+NBHsJM
age

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 11:22:23 ID:y/KWKxTX
age

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 13:16:00 ID:YEM8shtE
>>126
輸出免税
消費税は、国内で消費される物品やサービスについて負担を求める内国消費税ですので、
事業者が輸出取引等として行う課税資産の譲渡等については、国際慣行に従い消費税が
免除されます。
 前述した非課税取引は、売り上げには課税されない一方、その売り上げに対応する仕入
税額が控除されないのに対し、輸出取引等については、売り上げに課税されないのに加え、
その売り上げに対応する仕入税額の控除が認められており、この点で両者の性格は基本的
に異なっています。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 14:08:12 ID:ZGOPJqby
あれ? 消費税の捕捉率が100%以下の場合
同じ課税前価格なら国内で売った方が儲かるんじゃないの?

132 :エコロジスト!:2006/05/10(水) 21:24:04 ID:QnRNYxd6
できるだけ消費せずに労働せずに生きていきましょう。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:16:49 ID:4gxCdUAf
トヨタめ だ・か・ら・か!

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 10:47:43 ID:tXYJyMtD
 ?       ?.
      ??     ??
    ????   ????
   ??????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
  ???????????????
    ????????????
  ???????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 これを見ると今年の受験に落ちます。
これを今から1時間以内に3回他スレにコピペすれば100%、受かります。
貼らないと
落  ち  ま  す



135 :中川泰秀 ◆obRp4sTqwM :2006/05/14(日) 15:31:31 ID:JBHjLSMH
>>1
ここまで知っているのならば、わざわざスレッドを立てる必要はないのでは ?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 16:55:31 ID:VHX+dJAJ
在と層化と893からも税を取れる方法は消費税しかありません。
消費税率アップに賛成しましょう。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 03:18:47 ID:RtNdlf24
>>136
資産税や宗教税でいいだろ
何一般国民巻き添えにしてんだよ

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 08:10:30 ID:14IUBgIh
日本の消費税が税収に占める比率はヨーロッパ諸国と大して変わらない。
食料品等には軽減税率が課せられるからだ。
軽減税率を設けないで標準税率の引き上げの余地はないだろう。
税制をさらに歪めるだけだ。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 00:28:34 ID:WFAGP9Qf

小泉チルドレンの佐藤ゆかり議員を証人喚問せよ!

巨額の脱税学校法人との関係を明白にせよ!
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1147495812/95-98


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 12:25:54 ID:6As/TB3p
消費税増税って、結局国債持ってるボケどもに国民の税金が吸い取られるだけやん。
持つものはますます富み、待たざるものはますます貧困になっていく。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 19:35:02 ID:wrUgbFq0
今までのレスをまとめると、結局最後は財務省のスケジュール通り消費税は増税に至るってことでいい?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 10:46:18 ID:ZdoPsKZU
>>136
株の売買の儲けにかかる税金の最高税率、日米比較
日本 10%  米国 47%

米国並みに税制を総合課税にすれば,消費税増や貧乏人の負担増は必要ないのです。
政治家もエコノミストもマスコミも消費税増は当然だとの世論作り、無責任です。

次より引用
「消費税は海外と違い日本では理不尽、3つの理由」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/959.htm


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 11:39:47 ID:4hQtwfDR
水税を200%かけろ

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 13:29:14 ID:6CgcaS+N
1987年 所得税の最高税率を60%へ引き下げ(高額所得者減税)
1988年 法人税率を42.0%へ引き下げ(大企業減税)
1989年 所得税の最高税率を50%へ引き下げ(高額所得者減税)
1989年4月 消費税(税率3%)スタート(庶民増税)
1989年12月 日経平均3万8915円87銭 過去最高値を記録
1990年1月 バブル崩壊開始
1991年 法人税率を37.5%へ引き下げ(大企業減税)
1993年〜1996年 昭和46〜49年生まれの団塊Jr.世代が大学卒業(現役入学者)
1990年代 新卒者が多いがバブル崩壊で就職先が減り就職氷河期(超就職氷河期)
1997年4月 消費税の税率を3%から5%へ引き上げ(庶民増税)
1998年 法人税率を34.5%へ引き下げ(大企業減税)
1999年 法人税率を30.0%へ引き下げ(大企業減税)
1999年 所得税の最高税率を37%へ引き下げ(高額所得者減税)
2000年4月 日経平均2万833円21銭 ITバブル天井
2003年4月 日経平均7607円88銭 バブル後最安値を記録

■この20年間に行われたこと
・法人税減税、所得税最高税率引き下げ=高額所得者減税、大企業減税(約130兆円減税)
・消費税導入、消費税率引き上げ、緊縮財政=庶民増税、消費低迷、経済低迷 (約130兆円増税)

→わざと国民の生活を苦しくしているのに出生数が増えるわけがない
→つまり、少子化は高額所得者と大企業経営者が意図的に引き起こしたものである

そして今、出産世代人口の急減による超少子化が始まりつつある
少子時代に生まれた子供が親になる時代がついにやって来たのである
親の世代の人口減少による出生数の激減=超少子化が始まる・・・
首都・東京も例外ではない↓
ttp://www.toukei.metro.tokyo.jp/juukiy/2006/jy06qa06a0.xls

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 16:28:04 ID:VgSsX3jf
史上最高益あげているのに 6大銀行 法人税ゼロ
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1150349132/

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 09:56:48 ID:EmPR2+Ns
財務省:20年国債の第2非価格競争入札の結果、応募なし (ブルームバーグ)2006年6月20日(火)15時41分
ttp://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext/?id=20bloomberg13aShbwYWfzPd4

長期すれば売れて国債が暴落しないと目論見が外れたようだな。
20年なんて資金潤沢な団塊世代でも自分が生きているかどうかわからんでしょう。
バカとしか言いようがない

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 08:47:59 ID:k5EF516s

財務省が23日発表した2005年度末の国債、借入金、政府短期証券の
合計残高(国の借金)は827兆4805億円と前年度末比
45兆9288億円増え、過去最高を更新した。総務省の推計人口
(1億2778万人)で割ると、赤ちゃんを含め国民1人
約647万6000円の借金を負っている

★大企業への法人税強化で、こうした財政赤字を解消させよう!!


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:47:33 ID:TNEW0Mxu
「増税してくれというまで削れ」首相、諮問会議で発言
http://www.asahi.com/politics/update/0627/014.html


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 03:24:22 ID:uITpG1n+
ばああか

150 :愛世界心:2006/06/29(木) 22:52:53 ID:3hV+8EL6
>>144
富裕層に有利な減税の経緯が衝撃的でさえあります。
ひとつ忘れてならないのは相続税の最高税率70%→50%。
仮に所得税・法人税の課税が富裕層に有利になったとしても
生涯かけて蓄財した不公平を相続税という形で回収し社会に還元できたのに・・
ここに手をつけてしまったのが最大の失敗と言えます。
ほんのちょっと前まで、日本は資本主義でありながら、
国民にやさしい社会主義の国だったと思い出にふけっているヒマはありません。
まず直すべきは、所得税・法人税の累進率を「元に戻す。」
そして最終は相続税を「元に戻す。」これが重要です。

>>121 にも指摘がありますが、
個人も企業も累進率が高いと、「税金払うくらいなら使ってしまったほうがまし・・。」
という心理から設備と人的資源への投資へ向かいます。
これだけで歳入不足から脱却とはいかないでしょうが
景気刺激・賃金上昇・雇用確保の効果は間違いなくあります。
そして大成功した人からは、人生の最後に「相続税」という社会貢献を頂戴致します。

資本主義・自由経済の中では格差は自然発生し拡大します。
全体の舵をとる政府は、その格差が広がらないようにコントロールするのが仕事のはず。
政治家・役人がそれをやらないなら、民衆は「怒る」か「あきらめる」か
あなたはどちらを選択しますか?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 15:52:29 ID:rVD/Pz62
国税庁より一年勤続者の平均給与の推移(賞与含む) ※桁省略

         平均給与    平均給与・男子 平均給与・女子
平成元年分 402万円      493万円      236万円
平成02年分 425万円 +5.7% 520万円 +5.5% 249万円 +5.6%
平成03年分 447万円 +5.0% 547万円 +5.2% 262万円 +5.3%
平成04年分 455万円 +1.9% 558万円 +2.0% 269万円 +2.4%
平成05年分 452万円 -0.6% 555万円 -0.5% 271万円 +0.8%
平成06年分 456万円 +0.7% 560万円 +0.9% 273万円 +0.7%
平成07年分 457万円 +0.4% 564万円 +0.7% 273万円 +0.1%
平成08年分 461万円 +0.8% 569万円 +0.8% 276万円 +1.1%
平成09年分 467万円 +1.4% 577万円 +1.5% 279万円 +1.1%
平成10年分 465万円 -0.5% 572万円 -0.9% 280万円 +0.4%
平成11年分 461万円 -0.8% 567万円 -0.8% 280万円 +0.0%
平成12年分 461万円 -0.1% 567万円 -0.2% 280万円 +0.0%

平成13年分 454万円 -1.5% 558万円 -1.5% 278万円 -0.7% ←小泉政権スタート
平成14年分 448万円 -1.4% 548万円 -1.8% 278万円 -0.1%
平成15年分 444万円 -0.9% 544万円 -0.7% 275万円 -1.0%
平成16年分 439万円 -1.1% 541万円 -0.6% 274万円 -0.4%

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 15:53:40 ID:rVD/Pz62
ttp://www.nta.go.jp/category/toukei/tokei/menu/minkan/h16/pdf/1.pdf
国税庁より給与階級別分布(男子)

      平成8年(橋本)  平成12年(森) 平成16年(小泉)
(万円)   (千人)  (%)  (千人)  (%)  (千人)  (%) 

2000-     142  0.5   163   0.6   179   0.7
1500-2000  357  1.3   388   1.4   312   1.1
1000-1500  1859  6.6  1784   6.3  1520   5.5
900-1000   934  3.3   959   3.4   816   3.0
800-900   1498  5.3  1483   5.2  1257   4.6
700-800   2181  7.7  2090   7.4  1881   6.8
600-700   2986  10.5  2908  10.2  2536   9.2
500-600   4315  15.2  4050  14.3  3728  13.5
400-500   5153  18.2   5171  18.2  4950  18.0
300-400   4725  16.7  4816  17.0  4826  17.5
200-300   2402  8.5  2708   9.5  3118  11.3
100-200   1143  4.0  1368   4.8  1768   6.4
  -100    627  2.4   500   1.8   632   2.3

153 :愛世界心:2006/07/01(土) 22:05:52 ID:YkQ8L4d0
今日の新聞に載っていました。
税調で「所得税の累進率見直」検討を始めたそうです。
どの程度、昔に戻るのか?話をするだけで戻らないかも?
肝心の「相続税」がどうなるのか、じっくり見守りたいと思います。


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 02:51:37 ID:XWGOvLqg
経済財政諮問会議の民間議員は15日、社会保障制度の一体的見直しに関連し、ある世代が生涯に政府から受ける
利益と支払う負担を分析した内閣府試算を提示した。
60歳以上の世代は差し引き5647万円の受益超過となるのに対し、30代は負担の方が743万円多い。20歳未満の
世代は負担超が3952万円で、格差は最大で1億円に迫り、世代間の公平論議にも一石を投じる内容だ。

日本で、生涯にわたり支払う税金や社会保障費などの負担額と、受け取る年金などの受益額の差が、試算によって
明確になりました。
現在、60歳以上の世代が生涯にわたり政府から受け取る受益額は、総額で5647万円。負担の総額が1.3億円程度に
たいし、受益の総額は、2億円近くになります。
現在、日本の60歳以上人口はおよそ3000万人。60歳以上世代全体で、1700兆円という巨額が、政府から支給され
る計算になります。当たり前ですが、政府から支給されるお金は、天から降ってくる訳ではありません。
その全額が、我々国民の負担です。現在、日本の税収は年間およそ50兆円。社会保険料負担の収入も、およそ50兆円。
あわせても100兆円の収入しかありません。また、国の貯金に相当する、年金支払い用の積立金が145兆円です。
現状、日本の年金支払総額は年間40兆円に上ります。すでに単年度でみた場合の、年金保険料収入と年金支給額は、
ほぼとんとん。将来、保険料を徐々に引き上げない限り、今後は、積立金を取り崩していくしかありません。
記事になった試算によれば、現在20歳代の世代の生涯負担額は、1400万円。過激な言い方をすれば、生涯にわたって
国から搾取されるということになります。当然ですが、将来の老後の保障など、全く期待できません。
さらに下の世代は、もっと生涯負担額が増えるわけですから。こうした現状を肌で感じた若者が、労働意欲をそがれ
る気持ちもわからないではありません。現在、国会議員の平均年齢は、50歳代後半。受益世代に当たる彼らは、議員
年金の話題に触れようともしません。明治維新のような革命でも起きない限り、このままずるずるいってしまうよう
な気がしてなりません。今回の試算をまとめたのも、経済財政諮問会議の民間議員です。

http://www.iw-jp.com/modules.php?name=News&file=article&sid=140

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 02:53:34 ID:XWGOvLqg
Q:二極化って何が悪いの?才能のある人が報われるのは当然じゃないの?

A:例えば才能のあるセールスマンがいたとしましょう。彼は優秀なので訪問家庭の貯蓄が彼の商品価格を上回れば
  百%売り込めるとします。そして彼はある50万の商品が一つ売れるごとに一割のリベートを得られるとする。
  そんな彼が1000万の貯蓄を持つ人間10人と10万の貯蓄しか持たない人間90人が住む二極化地区A、
  100万の貯蓄を持つ人間が100人住む平均地区Bのどちらかを選んで仕事をしなければならないとします。
  彼の才能の価値がどっちで報われるかはおわかりですね?

Q:国際競争力がなくなったら日本は滅ぶよ!

A:国際競争をする貿易の部門は日本ではとても小さいのです。
  ですから外国に日本製品が競争で負けても影響は少ないのです。

  また国際競争力というのは、通貨の高い安いに依存することもあります。
  円が安くなれば努力の必要もなく価格競争力がつくことになります。
  一方、国際競争力のあるといわれているものは、主に日本国内で 成功したものです(車、デジカメなど)
  ですから国際競争力ばかり考え(奥田氏のように)日本国民をないがしろにしていると、逆に国際競争力
  がなくなってしまうのです。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 03:03:34 ID:XWGOvLqg
 たとえば当時イギリスの植民地であったインドは、香辛料などの原材料を輸出して
イギリスを相手に多額の黒字を計上していた。
ところが黒字はルピーではなく、ポンドを使って決済され、そのままイギリスの銀行に預けられていた。

 だからイギリスはいくら植民地を相手に赤字を出しても平気だった。
イギリスの銀行に預けられたポンドを、イギリス国内で使えばいいからだ。
インドは名目上は債権が増え、お金持ちになったが、
そのお金をイギリスの銀行から自由に引き出し、自分の国では使えなかった。
お金の使い道は預金者ではなく、イギリスの銀行が決めていたからだ。
そしてもちろん、イギリスの銀行は国内の人々に貸し出した。

 イギリス国民は植民地から輸入した品物で生活をたのしみ、しかもしはらったポンドも
イギリスの銀行に吸収され、イギリスのために使われるわけだ。
こうしてイギリスはどんどん発展した。

 一方植民地はどうなったか。
たとえばインドは商品を輸出しても、その見返りの代金はポンドでイギリスに蓄積されるだけだから、
国内にお金がまわらなくなる。どんどんデフレになり、不景気になった。

 仕事がきつくなり、給料が下がり、ますます必死で働いて輸出する。
ところが黒字分の代金は、ポンドのまま名義上の所有としてやはりイギリス国内で使われる。
こうしていくら黒字を出してもインドは豊かになれなかった。
そして、赤字を出し続けたイギリスは、これを尻目に繁栄を謳歌できた。

 このイギリスとインドの関係は、そっくり現在のアメリカと日本の関係だと言ってもよい。
経済同友会元副代表幹事の三國陽夫さんは、「黒字亡国」(文春新書)にこう書いている。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu113.htm

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 03:06:23 ID:IJymQNMA
各経済主体がその匿名性を確保しつつ、納税するにはやはり間接税中心の
税制が望ましいと思うのですが、この辺はどうなのでしょう?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 04:04:41 ID:/QT6ubyg
寄生虫は考えた。国民の資産を奪うにはどうすればいいか? 直接奪うのは
トラブル多過ぎでスムーズにことは進まないし、取り上げられない。
・・・・・・・・・
そーだ。国債を発行して、国民の財産を奪えばいいのだ。
バカな国民は国債は国民の借金と言う事にすれば、
自分らの財産が盗まれたとは思うまい。
しめしめ。

その国債はどこへ行ったか?
それは最終的には国債の利権を自分に導く事が出来る
一部の利権者の所へ到達し、そいつらの財産に化けている。

その一部の利権者の資産を増やすための燃料代(国債)を
国民全体で割り勘にしようと言うのが消費税。

消費税廃止して、資産税にすれば、その資産を回収する事が出来る。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 04:05:48 ID:/QT6ubyg
*****************************************
●金が集まってくる側に立つ金持ちも、
●搾取される側に立つ配下の貧乏人から切り離されると、
●金が集まってくるシステムとは関係なくなる。

別な見方をすると
金持ちと貧乏人をつなぐベクトルを切り離す事が出来れば、
貧乏人が金持ちに搾取される事もなくなるって事。

だから金持ちが日本から脱出したいのなら、
日本から出て行って日本とは縁を切ってもらったほうが、
金持ちが搾取していた取り分を、再配分しなおす事で
一般庶民の所得を上げる事にもつながる。
*****************************************

下から搾取するシステムで金持ちになってる人間が
システムか切り離された時点で搾取が出来なくなる事ぐらい
搾取する側もわかってる。
だが一般人は意外とその辺理解してないのがつらい。

「中国で起きた、あるお話」
日本のある企業が中国に進出して工場を作った。
ある程度の期間、日本人から工場の運営に必要な知識を得たところで、
ある日突然工場から社員がいなくなった。
そして日本人オーナーが困り果てていた所に
その工場を買い取ってもいいですよ!と言う中国人が現れた。
オーナーは中国人にしてやられた・・・と思いながら仕方なく工場を売って
中国を離れた。

       自然の法則、二極化が進むと自民党は消滅する
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1140884764/

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 04:07:12 ID:/QT6ubyg
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  国債の償還負担割合の計算方法を公平にすべき 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
貧富の差は、金の流れる向きと量の差分で発生する。
そのベクトルが出来上がってしまえば、 後は、そのシステムをトコトンぶん回すことで
金持が富を膨らませていく。『国債はその燃料』
ただ一般人の多くは、
金を巻き上げるシステムの燃料代まで払わせられようとしている事に気づいていない。
そして国債が膨らみ続ける=『金持ちの燃料(排気量)が拡大すること』
国債が増えていく事をほったらかしにすると貧乏人はもっと貧乏になる構図が強調される
そしてこの燃料代を国民で割り勘にしようと言うのが消費税の真の目的

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  自民党による催眠キャンペーン
  【国民1人あたり648万円!】とか言うな!!!
  資産に対して何パーセントという計算に改めろ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
それを計算するのがポスト自民党の座を狙う党の仕事だ。
各地域が公的に持つ公共建築物などの共有財産、各会社の資産、 各個人の資産
これらの総額に対する各資産の比率に応じて
【国債の負担割合を資産税で配分】すべきだ。
しかし自民党政権である限りこんなことは実現不可能 (金持ちから大反対を食らうから)

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 04:07:47 ID:/QT6ubyg
自民党は『累進課税の率を昔に巻き戻すと』日本にダメージを与えると
マスコミを通して中流以下の国民に対して刷り込みをしているが
自民党員がよく持ち出す話で『金持ちが日本を脱出する』事になろうが、
『そのポジションをその直下あたりにいる人がシフトして補うだけ』の話だ。
一時的に資金が海外に流出するだけで、産業自体がなくなるわけじゃない。
金は金持から中流層および下流層の間で稼ぎに応じて配分されるわけだが、
税金の累進率を下げた時から相対的に
金持ちの取り分が上急上昇、 残りの中流以下のパイは大きく減っていった。
自然界の食物連鎖で例えるなら、金持ちが食べる側で貧乏人が食べられる側だ。
食べる側が、食べられる側を食べ尽くすと自分達の繁栄はない事を理解するべきだ。
日本で人口減少が起きているが、まさに自民党が守り続けてる
金持ちに対して、さらに金が偏っていくシステムが原因だ。

金持ちが海外に出て行っても、実際に仕事をしているのはオーナーや社長ではなく、
その下にいる人たちだって事を中流以下の人たちに理解してほしい。
ただし金はシステムをもぎ取る力がある事も考慮しなければならない。
だから金を持ち出しても、その金の効力を無力化または弱体化するシステムを用意すれば
日本をもぎ取ろうとする力を恐れる必要もなくなる。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 04:26:57 ID:/QT6ubyg
日本人は人口が急減少に向かって絶滅危惧種となっている。
ある程度の富の集中している点も無ければ、ビルも立たないし、
大型の構造体や高度な技術を必要とする製造設備なども購入出来ない。
しかし富みの集中配分のバランスが国力の再生産につながらないと、
金というシステムが有効にならない。
人間が金の為に生きてるのではなく、
金は人間が生きていくためのツールだって事を理解しなければいけない。
よく言う例えで地方に無駄な道路を作って、無駄遣いしているというだろう。
本来、道路は使用する又は新しく町を作ると言った目的があるから作るはずだが、
道路を作って金を絞りたい奴らの無駄遣いツールと利用された時点で、
回収不能な散在をした事になる。
金の再配分のバランスが国力を上げる為ではなく、
利権で搾取したい奴らの都合で配分バランスを決めてるから
日本が傾いていしまった。

江戸時代から明治時代に向けて日本が急速に発展していた時期は、
確かに国外の進んだ知識を取り入れた為に国力が改善したと言えるが、
それは国力を上げる事が目的の、本当の愛国心を持った人たちが
無計画ではなく、しっかりと計算した富みの再配分を行って
国民全体の生きる能力(生活水準)を上げていく事で日本が豊かになった事を忘れてはいけない。
しかし、この富みの再配分(還流)が無計画で一部の利権者にとどまった形で、
国の発展の為に利用されないと、北朝鮮やアフリカのような国になってしまう。
いま現状の日本はシステムの系が一般人に理解不能な巨大な系になっているために、
国の発展のためではなく利己の為に税金をプールしようとする者が
効率よく税金を抜き取るシステムを構築したことが問題になっている。
つまりその系の欠陥により日本人の人口減少として結果に現れている。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 04:27:36 ID:/QT6ubyg
 自民党が作った格差社会は数字で表すとこんな感じです
欧州型民主主義と比べて如何に日本の一般国民は損をしているかと言うこと
         ↓
働く高齢者日本突出
日本22%フランス1.2%ドイツ2.9%イタリア3.4%カナダ7.7%米国14.4%
日本の65歳以上の人が働く理由の半数は生活の苦しさを訴えている
「この10年間、高齢者の中で経済的な成功者と失敗者の差が顕著になっている」と
格差が更に広がっているとの懸念を示している。(内閣府)

低所得者=米粒ほどの税金しか払わない
これは間違っている、むしろ数多くの低所得者が払う税金の合計
は莫大でしょ。もともと税金ってそういうものなんだから
だから国民から集めたお金を大切に使わないといけないんじゃないの?
実際に米粒ほどで済む?
問題なのは税金をいくら集めるよりも、如何に有効利用するかって
効率の問題でしょ。日本って税金を払わされるだけ払い、老後には
対した金も残らず、しかも年金はカットされ、65歳以上の人が生活苦を
理由に働かなくてはいけない国なんですよ。
先進国でこのような国は日本しかないですよ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 04:33:07 ID:lTteQQgp
☆米国は経済犯には極めて厳しく終身刑もあり得るのです(社会的地位による刑罰格差問題)

日本は極めて甘く殆どが執行猶予、日本は犯罪に限らず強者に甘いのです。
政治家、官僚、企業トップの行為は社会に大きな影響を与え責任は重いにもかかわらず
不正行為の量刑は極めて甘いのです。この影響で社会全体が責任をとらない風潮が蔓延しているのではないでしょうか。
由々しい問題と思うのです。トップの量刑が軽いのはお上意識が未だに強いからでしょうか。
●アメリカでは実質的な終身刑か(朝日05年3月17日)
ワールドコム元CEO有罪 米連邦地裁評決
[ニューヨーク=渡辺知二] 02年に経営破綻した米通信大手ワールドコム(現MCI)の粉飾会計事件で、
ニューヨーク連邦地裁の陪審団は15日、元最高経営責任者(CEO)のバーナード.エバース被告(63)に対し、
証券詐欺など起訴されたすべての罪で有罪とする評決を下した。
6月13日に予定されている判決では、最大金庫85年と実質的な終身刑がいいわたされる可能性がある。以上
▽アメリカでは経済犯で千人近くが禁固刑で服役、長いのでは10年以上のようですね。05.3.18
●アメリカは強者には極めて厳しいのです
米企業不正会計問題、毎日02年11月25日
ブッシュ米大統領は30日粉飾決算など企業の不正を防止するための「企業会計改革法案」に署名し、同法案は成立した。
不正に関与した経営者への量刑を大幅に拡大するなど乱脈経営抑止のため規制強化が特徴。
ーーー「超党派で」早期成立にこぎつけた。ーーー「不正経営者は牢獄へ」大統領の号令の下、
米証券取引委員会(SEC)や司法省は−ーー元最高責任者ーーをはじめ200人近くを刑事訴追した。
ーーーー企業会計改革法が、粉飾決算やインサイダー取り引きを働いた経営者の量刑を5倍(最長禁固20〜25年)に厳しくした。ーーーー

先日、村上ファンドの村上代表がインサイダー取引で逮捕されましたが
刑罰は罰金300万ですよ。小泉構造改革は強者に甘く弱者に厳しい構造改革なのですね?
そおいえば問題を起こした銀行経営者はたいした刑罰もいうけてませんね。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 20:55:49 ID:8vNpdfd3
自民、やり方が汚ねえ・・・テポドンで大騒ぎの今日、こっそり表明しやがった

【消費税率引き上げ表明】自民税調の柳沢会長が2009年度消費税上げ表明
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152089882/

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 18:05:33 ID:Kbsn2mec
◆ 税制に関する御意見の募集について

今後の審議の参考にさせていただくため、広く国民の皆様から、御意見を募集しております。
御意見を提出していただく場合には、
郵送又は電子メールにより、下記の税制調査会事務局宛にお送り下さい
○ 郵送の場合    〒100‐8694 東京中央郵便局私書箱1666号
○ 電子メールの場合 coo02tax@mof.go.jp

ttp://www.mof.go.jp/singikai/zeicho/iken/iken.htm

不満がある人は意見を言おうよ。増税決まっちゃうよ。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 17:46:37 ID:SKoyARt6
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!
増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先! 増税大賛成! 増税は煙草が最優先!

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 02:53:37 ID:TGGhRe2P
増税したらいいんだよ。
物が売れない。所得減る。法人儲からない。国の税収は、結局、減る。
赤字が増える。消費税の愚作ぶりが、愚民にもやっと理解される…かも。
それでも、愚民はわからないか。
シムシティーやれば、わかることだけどな。
増税しすぎると、景気が悪くなって、税収が減る。

煙草に増税は大賛成。一本100万円くらいにしたらいいな。
絶対に子供は買えないだろ。健康増進で、医療費削減。最高だな!
煙草の税収なんかいらないから、とにかく、煙草吸うなって思う。
煙草のせいで、医療費がその税収の何倍かかってると思ってるんだろ。
1本1000万円くらいでもいいな。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 22:59:28 ID:L3azJw/s
>>168
禁煙者が増えて医療費は節減できても、
長生きする奴が増えるから年金とか社会保障費は上がる。
早死にする奴の貢献度の方が高いと思う。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:33:20 ID:o7hf/29Z
GDP見てみな。
設備投資を除いた実需はすごい弱いから。
このまま消費税が上がれば企業の寡占化が進みとんでもない不況になるよ。
もっといえば経済が硬直化して弱肉強食が進むため中小零細はゼロになる

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 11:56:55 ID:Wee9DjEe
前回の消費税アップの時の惨状を思えば>>1の言ってることが正しいのはよくわかる
消費意欲の減退って内需にGDPのほとんどが乗っかっている日本にとっては
大打撃

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 00:54:35 ID:P4PpUQrF
外資依存症の日本がGDP4,5%で推移しない。外資活用型ではないかなら。
郵貯緩和もそうだけど。350兆もあるわけない。財投などで焦げ付いてる、円
ドル為替も焦げ付いたドルを買わされている。消費課税が上がれば上がるほどその還付
戻し税が経常利益として計上される企業があることは知っての通り。日本は円建てで
GDP140から170%の債務がある。返すだけで利戻し含め100年近くかかる。
プラマイ均衡だけでも相当きつい。公務員の賞与退職金は国債地方債払いだね。
年金基本設計モデルは2.3%出生率が基本だからやがて地方も1%を割る。
消費税は間接税だけど性格は直接税だからね税収見込みは立たない。
グローバル競争に勝てないと言ってる本間教授阪大学派が税調の会長だろ。
アメリカンスタンダード=グローバライゼーションと言う考えは一過性だ。
やがてイスラム原理民族主義と経済でぶつかる。伸びるのはインド一国だろうね。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 15:44:31 ID:KDpuyEj9
自治体主催の講演会って必要?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1161324929/l50

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 15:15:29 ID:blvptJyN
この高度情報化社会において、講演会ってなんの意味があるのだろう?
いっそのこと廃止にしてしまったほうが、財政も楽だろうし、
教育委員会の仕事も減らせると思うのだが・・・・


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:23:52 ID:9KrUyagA
経済板に逝け

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:32:12 ID:4YZBJUnd
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡 ←オレオレ詐欺師
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡                
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  < 菜種油と国民は、搾れば搾るほど搾れる。 「改革改革」言ってれば票を
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /      \ くれる国民=奴隷が多かったから金を巻きあげるのは楽だったわ!
    ,.|\、    ' /|、        \そんな心底奴隷根性まるだしなお前らに感動した!!!
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`      \国民はマゾだから痛みつけられるのが好きみたいだなw
                           \―――――――――――――――――――――
<俺の主な改革実績!自眠盗をぶっ壊すふりして、国民の生活を壊しちゃった>
2002年10月  雇用保険料引き上げ3000億円
2003年4月  医療―健保の本人負担3割、保険料引き上げ1兆3000億円
年金給付―物価スライド(0.9%引き下げ)3700億円  介護保険料引き上げ(65歳以上)2000億円
2003年5月  雇用保険―失業給付額削減3400億円 発泡酒・ワイン増税770億円
2003年7月  たばこ税増税(1本1円程度)2600億円
2004年1月  所得税―配偶者特別控除廃止4790億円
2004年10月  厚生年金保険料引き上げ(13年間毎年)6000億円
2005年1月  所得税―公的年金等控除縮小、老年者控除廃止2400億円
2005年度  住民税―配偶者特別控除廃止2554億円
2006年度  住民税―公的年金等控除縮小、老年者控除廃止1426億円
2006年1月  定率減税を2年で廃止  全廃すれば年間3兆3000億円
<検討中の今後の国民負担増>
2006年度見直し  健康保険(保険料の引き上げなど国民負担増を検討)
消費税の引き上げ(政府税調や経団連などで大幅引き上げ検討)



176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:22:56 ID:OnoW05Xu
逆累進性の対策ってどうすればよいのでしょうか?


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:45:19 ID:q8u9/rUn
二年前に新車を買って、5000円分くらいしか高速に乗ってないからなぁ
去年、1000円くらい残ってるハイカを、廃止になる前に使おうとしたら、
料金所の係員に「古い仕様のカードだから使えません」と言われた

俺みたいな滅多に高速つかわん奴が車積器付けても、
どうせカード挿し忘れして専用レーンで急ブレーキになるのがオチだ罠


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 23:37:06 ID:n8hJoouz
消費税増税を言うなら「輸出戻し税」廃止が先。「輸出戻し税」は、消費者に対する背信制度。
ギリギリで生活している消費者が、大もうけの大企業に消費税を盗られることに正当性があるのか。

きっこのブログ: 経団連は売国連
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/12/post_8a0e.html
晴天とら日和:アメリカ年次改革要望書+経団連=アベシ素直に従順で・・・(1)(2) - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/50749361.html
経団連「御手洗ビジョン」原案、消費増税や憲法改正盛る(朝日新聞) - goo ニュース
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/K2006121100600.html
消費税
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/syouhi/061106/061106.htm
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/syouhi/050912/050912.htm
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/syouhi/041025/041025.htm

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)