5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マンキュー マクロ経済学 第2版〈1〉入門篇

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 23:01:54 ID:3x956RDl
みなさんで1部から3部までの復習問題と応用問題について解答をだしあっていきましょう!きっと力がつきますよ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 00:05:54 ID:cyG22P5f
2!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 01:28:13 ID:jiMh4vkD
オーダーカーテンの良さは思い通りに窓辺を演出できると言うことです。
ただ…値段が高いという点が、ちょっとね…。
サンゲツは、オーダーカーテンのメーカー希望小売価格を大幅に改訂しました。
つまり最高のカーテンを、気軽に楽しめる時代がやってきたんです。
あぁ…素晴らしい窓だ…。
お求めやすい価格になりました。

サンゲッツです。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 23:10:16 ID:OEO2TaNk
このスレ、期待してマス。
>>1さん、ヨロシク。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 03:03:28 ID:+JsCP66W
>>1
ふ〜ん。知らんがな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/26(木) 15:36:18 ID:FxxjYfEC
まだ始まんないの?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 05:35:13 ID:iEISlLVe
スティグリッツのは始まるみたいだよ。
マンキューさんもガンガレ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 00:01:05 ID:hfJjvO2r
この本判りづらい、氏ね


マンピー マ○コ茎座位学の法がマシ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 21:35:56 ID:xkYUXK13
俺は社会人になってからマンキューの原書で経済学をはじめたが
こんなわかりやすい本なんて他にはないだろ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 11:59:18 ID:yj7US4Cz
マンキュー買ったけど一向に読む気しない

11 ::2005/06/12(日) 15:40:07 ID:ZIROA3i/
>>10
久しぶりに来てみた。
何で?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 19:24:16 ID:n3wwjo3l
>>1お前Q大か?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 23:53:48 ID:irTN/msH
まんきゅー面白いね。ところで、、

ケーススタディの「黒死病と要素価格」を読んで思ったんだけど、
少子高齢化で人口減少の進む日本では今後、
賃金は上昇して地価は下落するっていうことでOK?

都心部では地価が上昇しはじめているけど、これ読む限り将来は・・・。

14 :くろしろー:2005/06/15(水) 09:49:31 ID:M1u7At7N
マンキューのこの本すごくわかりやすい。
ミクロもいい。でもこの上が地獄なんだろうなとか思う。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 10:54:16 ID:AxfAjc8W
なかなか伸びないね

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 19:06:38 ID:dwlYsJpQ
>>12
マンQ大学であります!

17 :くろしろー:2005/06/18(土) 21:09:51 ID:ia2t8EyX
>>15
今ミクロ一日一章づつ読んでるから。マクロにはいったら参戦する。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 21:13:16 ID:O324pFfO
盛りage

19 :くろしろー:2005/06/20(月) 08:25:52 ID:vYzkTcWu
ミクロ編はものすごくいいよ。配置の仕方が面白い。普通無差別曲線
とか前にすると思うけど一番最後の方にもってきてる。

20 :くろしろー:2005/06/20(月) 08:27:01 ID:vYzkTcWu
でもこれ読んで次に進む時の数学が大変だろうなあと思う罠。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 10:04:36 ID:i12Z33TE
>>20
禿同。
すげー読みやすいけどこの本あくまで初級編なんだよね。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 08:59:44 ID:o1pxJbZ2
ミクロ編読み終わったゼイ!!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 14:03:04 ID:JxoztlXz
俺もこれから読み始めやす。

24 :ふあああ:2005/06/21(火) 15:36:22 ID:u8QJ4xis
はあああ

25 :くろしろー:2005/06/21(火) 15:58:44 ID:oPZZTMuC
>>22
おめでとう。俺は独占の所まで終わった。
次はマクロかな? 読み返すのかな。

26 :22:2005/06/21(火) 16:21:21 ID:o1pxJbZ2
>>25
独占のところだともうすぐおわりですね。ガンガレ!!
僕はマクロ編にはいります。

27 :くろしろー:2005/06/21(火) 20:16:30 ID:ud8R/jg4
うん一章ずつ読むよ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 18:28:32 ID:wMDB/hTa
>>16 m9(^д^)プギャー

今度の増税はマンキュー的にどう?

29 :くろしろー:2005/06/23(木) 19:31:17 ID:hQBS4EO/
ミクロの今生産要素のところ読み終えたけど、
マルクスとは資本の意味合いが全然違うね。
不変資本と似てるのかなって気がしたけど。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 20:55:40 ID:p24F3otK
第1版と第2版とではどのくらい違うんだ。
第1版持っているけど、あまり違わなかったら参加するぞ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/25(土) 17:41:44 ID:eyJ+x4f3
誰も質問しないのか。問いがあったら答えるよ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 04:31:44 ID:dSnmjPHp
マンキュー経済学Uマクロ編、237ページの応用問題の
10のaとbが今週水曜提出のレポートの宿題になっているのですが、
どなたか答えのわかる方はいらっしゃいませんか?
aは利子率が上昇、bは投資は減少、公的貯蓄も減少だと思うのですが、
民間貯蓄の変化がわかりません。
あと、レポートを作成するうえで、200ドルという数字に意味はあるのでしょうか?
bの問題を要約すると「政府の借入れが200億ドル増加するとすると、
投資、民間貯蓄、公的貯蓄には何が起こるか、それぞれの変化の大きさを比較しなさい」

偉い方、よろしくお願いします。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 04:38:15 ID:I6BJhJVQ
>>32
> 偉い方、よろしくお願いします。

OK!
任せろ!
3ヶ月以内にこのスレにうぷしようじゃないか。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 06:41:38 ID:reruT2qd
>>32
このスレは I 入門篇 関連のものだったと思うが。
もし、応用篇のを質問するんだったら、問題全文うpしてくれないか。

35 :32:2005/06/27(月) 07:51:40 ID:dSnmjPHp
>>34
内容が初心者向けなので勘違いしてました。
スレ違いで申し訳ないです。

問題は
「来年の政府の借入れが今年よりも200ドル増加するとしよう。
a 需要と供給の図を用いてこの政策を分析しなさい。利子率は
 上昇するだろうか、低下するだろうか。
b 投資には何が起こるだろうか、民間貯蓄には何が起こるだろうか、
 公的貯蓄には何が起こるだろうか。200億ドルの追加的な政府借入れに
 よるそれぞれの変化の大きさを比較しなさい」
です。

aは利子率は上昇だと思います。
bの変化の大きさという表現がよくわかりません。
これが減少するという回答だけでは不十分でしょうか
投資も公的貯蓄も減少すると思うのですが、
民間貯蓄はわかりません。

学部の一年生向けのマクロ経済学入門の授業でかつ一週間
で仕上げるレポートなので、そんなに難しい回答は要求
されていないハズなんですが…

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 08:43:55 ID:reruT2qd
>>35
政府の借り入れ(200億ドル)という場合、政府支出が一定のままなのかそれともその借り入れ
が政府支出に回されるのかのいずれなのかを区別しないといけない。
前者の場合政府の借り入れ200億ドルというのは市中に貨幣を放出する形での国債発行になる
と考えられるから、第一次的には利子率は低下する。
政府支出が一定のままということなら、"クラウディングアウト"(調べてね)が起きないので、
第一次的利子率低下により民間貯蓄は減少する。民間貯蓄の減少は同じ所得のもとでは民間
消費の増大なので均衡国民所得を押し上げ、税収の増加をもたらす。政府支出一定の条件の
もとではこれは公的貯蓄の増加を意味する。
これらのことは第一次的なことで、それらのインパクトが巡り巡るのだが、最終的には定性的
には第一次的変動と同一の結果ということになる。定量的には貨幣市場(債券市場)と財市場
のモデル(おそらく教科書にある)を使って計算すれば良い。


政府支出が増加する場合は、また別の結論になるが、これもモデルに数値をいれれば計算できる。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 11:40:27 ID:hG+Aw774
a) IS曲線の右シフトで利子率上昇
b)国債の利子に充当する目的での借り入れ計画なら投資一定、民間貯蓄増、公的貯蓄は運用益減(利子率低下による)
政府投資に充当する目的での借り入れ計画なら投資増加、民間貯蓄増、公的貯蓄増

それから公的貯蓄ってのは公的年金を指すのであって、政府自体の貯金口座みたいなのをイメージしてはいけない。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 12:21:16 ID:BejDfQQ2
マンキューの本では公的貯蓄は T-G (政府収入-政府支出)。.. I p.84
IS曲線が右シフトするというならその説明をしなければならない。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 12:45:37 ID:hG+Aw774
お、そうなのか。失礼。ま、「公的貯蓄は民間貯蓄と無関係に変化する」とは考えていいんだよね。
まさか制度を前提にしないで政府の財政担当者が最適化行動をとるわけではあるまい?

つーか「公的貯蓄」の定義があいまいだから問題が解けないだけだろ?実際。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 13:11:17 ID:E5Kck5ZZ
ネット右翼を告発するために(南雲和夫)05/6/25
http://www.linkclub.or.jp/%7Esazan-tu/readers/0506/r0506_8.html
2005/06/25 南雲和夫 30代 大学講師
 ネット右翼の跳梁跋扈が著しい「2ちゃんねる」を告発する会を作ろうと考えています。
以下、当方のブログのアドレスです。
http://blog.goo.ne.jp/dabamyroad
 なお、いずれは法的措置を彼らに対して取ることも検討しながら、連中の犯罪行為
を収拾していくつもりです。

「2ちゃんねる」を告発する会(仮称)結成へ向けて
http://blog.goo.ne.jp/dabamyroad/e/d9cb37a13bdf8ac78816cf66503d74ea

41 :質問者@携帯:2005/06/27(月) 14:28:04 ID:R2aje/SS
>>36-39
ご返答ありがとうございました。自分でもいろいろ調べている最中です。

IS曲線という言葉が出てきましたが、他の参考書には必ず出てきているようですね。
でもなぜか自分が教科書として使用している
マンキュー本で現在講義を受けている時点ではIS曲線はでてきておらず、
本の最後のほうにIS方程式がコラムとしてチョロッと説明してあるだけでした。
この本は相当な初心者向けの本ではないかと思います。

この問題が出題されている章の説明では、需要と供給の図が
縦軸に利子率、横軸に貸付資金量で表されていています。
国民貯蓄=民間貯蓄+公的貯蓄。
財政赤字になると、公的貯蓄はマイナスになり、国民貯蓄が減少する。
つまり政府が財政赤字埋め合わせのために借入れすると、家計や企業の
投資に利用可能な貸付資金供給量が減少する。したがって財政赤字は
供給曲線を左方にシフトする。よってその図からも利子率が上昇することが
わかる!みたいな書き方がしてありました。

利子率の上昇により、貸付資金需要者は投資意欲を失うクラウディングアウトが起きる。
本文に「財政赤字が発生すると公的貯蓄はマイナスになり」とあるので公的貯蓄は減少するのかなと思います。
そのあたり、民間貯蓄の変化についての記述は見当たらず。
ただ「財政赤字の穴埋めに民間部門の貯蓄の一部を使うことにより、
政府は新しい資本に投資されるはずの資金をみずから振り向けるので将来
世代の生活水準が圧迫される」とあるので、民間貯蓄も減少するのではないかと思ってます。
200億ドルという数値しか与えられてないので計算できないです。
変化の大きさってなんだろ・・・
経済学マタークわからんので、とりあえずマンキュー教科書にそって考えてみました。

長文スマソ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 15:00:47 ID:JWAx23ny
こちらでは"マンキュー経済学Uマクロ編"というのは持っていないのでよくわからない
(持っているのはスレタイどおりの"マンキュー マクロ経済学 I入門篇")のだが、>>41
説明だとどうやら財政赤字に伴っては"貨幣増発"はないものとしているようだね。
そこが>>46での説明と想定が異なる。

本文にその貸し付け資金市場の数値モデルがどこかにあるのではないかな。その数値
モデルに当てはめたら答えは出ると思う。

なおIS曲線とは財市場を均衡させるような利子率と国民所得水準とのあいだの関係を
示す曲線で、投資(I)=貯蓄(S)となるような組の曲線という意味で省略してIS曲線というもの。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 16:40:22 ID:hG+Aw774
IS-LMモデルを作ったヒックスが晩年、不確実性を重視するケインズの考えを誤解していたとして
IS-LM理論の誤りを認め、1985年頃にケンブリッジ大学でジョーン・ロビンソンがこのことを述べ、
広く一般化した、というのが関係してんのかね。いやWIKIの引き写しなんだけどw


勝手に理論作られて、勝手に自己否定された日にゃ、学生にはたまったもんじゃねーな!!ww
ま、そういうことかと思われます。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 19:04:36 ID:6/ODjNzK
↑ IS-LMモデルでの分析は第一次近似としては通用する。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 19:27:36 ID:6/ODjNzK
このページではところどころドイツ語のコメントが挿入されているが、これがIS-LMモデルの原典だ。

http://www.keynes-gesellschaft.de/pdf/Hicks.pdf
(pdf ファイル)

46 :くろしろー:2005/06/29(水) 19:06:31 ID:ztUZPs44
ふうう、明日かあさってにはミクロ読了か?

47 :質問者@携帯:2005/06/29(水) 22:45:22 ID:k+HUkGCS
とりあえず今日、マクロの課題を提出しました。
親切に説明してくださった偉い方々、ありがとうございました。

48 :おまんQ@PC:2005/06/29(水) 23:06:36 ID:If0U8VUs
>>47
礼には及ばんよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/30(木) 00:18:59 ID:gm3+zN4s
おまん子なにさまww( ´_ゝ`) ww

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/30(木) 05:21:22 ID:gm3+zN4s
>45 I.章だけ読んだ。ウハHicks性格わりwww

学者ってみんなこんな感じだったんかね。いや、今でもそうか。2chとマジ変わんねー( ´_ゝ`)ー!

51 :くろしろー:2005/06/30(木) 19:12:25 ID:7a6dPE7c
今飯を食い終わったぜ。飯の後マンキューは頭に地が回るから、
「ロード・オブ・ザ・リング」でも見ることにして、おわったら
マンキューミクロ最終章だぜ。時間があったら数学もやるぜ。
共産趣味者の俺にとっては謹啓を学ぶのはかなりスリリングだぜ。
もともと不眠なのにサラに寝れなくなりそうだぜ。

52 :くろしろー:2005/07/01(金) 16:40:16 ID:VtIFkGbQ
マンキューミクロ読了、構成ががユニークでわかりやすかった。
入門書としては一番いいだろう。さてマクロも読むかな。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/04(月) 00:16:59 ID:/qXYXtYD
公務員テキストと伊藤のミクロ、マクロだ〜〜〜!!

マンキューでも良かったんだが表紙が硬い本嫌いなんだ・・・漏れ・・・
電車の中でハリーポッターみたいな児童文学を読んでるみたいでしょ・・・

公務員テキストはテスト対策・・・
さっさと終わる〜〜

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/04(月) 15:45:38 ID:Dn7xQ9KU
ハリーポッターみたいだからハードカバーが嫌いと言ってたら
勉強なんて出来ないじゃないか
MWGはペーパーバックが出てるがBlanchard-Fischerや
Romerのマクロは確かハードカバー版しかないぞ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/04(月) 22:23:39 ID:zEl8H2X2
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voice/1118945780/

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 05:37:53 ID:b6iszdYR
マクロの短期に入ったら難しくなってきちゃったよーん。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 18:22:33 ID:b6iszdYR
読み終わったけど・・・ヒトいないのか・・・orz

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 04:52:23 ID:g4Wico/b
たまたま訳本があるからこんなつまらん教科書を大勢読んでいるんだね。
著者は、学派的にはかなり怪しいし、正統派ではないよ。もっと良い英語の
教科書はたくさんなるから、直接良い教科書の原書に当たることをお勧め
する。それにしても、日本では訳書が売れれば有名学者になれるし、金儲け
になるんだね。どこかおかしい?!

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 05:27:43 ID:Uh5XwUBm
>>58
この本のおかしなところ、具体的に教えて。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 08:40:18 ID:pvkDG99V
>>58
コピペだろこんなの

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 09:36:32 ID:Zf+VMfLs
すぐれた教科書を書くということとすぐれた論文を書くということは結果として分業となっている
場合が多く、優れた論文を書く学者が良い教科書を書くということには普通ならない。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 11:00:43 ID:4KFCaX+n
他人の教科書をコピペして自分の教科書を書く人とか?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 13:58:35 ID:ixD1Qszk
中○巌先生のことを言ってはいけません

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 15:38:57 ID:fNk9VvvM
国から俸給を貰いつつ翻訳に勤しむ国立大学の教官に共感する?
もう今は教官はいないそうですかああそうですか

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 16:21:34 ID:GPxYgGJM
岩波「マクロ経済学1」だろ。
この話題ふると、すりらんかが暴れだすからヤメレ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 20:43:28 ID:OHaYgcnb
 表象は感染するらしい。最低の鞍部で。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 23:06:23 ID:zt/0RhNQ
新古典派とケインジアンでは、物価水準とGDPの水準が決定されるメカニズムがどのように違いますか?

経済学が苦手すぎて死にそうです。どなたか助けて下さい(つД;)

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 23:58:28 ID:yBcAJfcO
超単純化すると
ケインジアン=短期の分析、よって価格は固定されている
新古典派=長期の分析、よって価格は変動する


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 08:01:39 ID:soWagY7G
新古典派.. 価格調整
ケインジアン.. 数量調整

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 23:41:54 ID:nYyKg/4B
今マンキュー経済学マクロII編やってる
赤いやつ
やっと購買力平価説まできたぜ

マンキューは似た名前の本いっぱいあるなぁ

71 :おまんQ@PC:2005/07/11(月) 23:57:56 ID:Jzo3KMZ0
マンキュー先生ってまず名前がいいよね

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 15:54:51 ID:nxb4cjUv
マクロ編読み終わったゼイ!!フォーーー!!

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 19:46:29 ID:AvBWw7OL
>>72 何かネタを出してよ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 23:22:48 ID:nxb4cjUv
この本を読んで疑問がわきました。急激なインフレは好ましくない
ことはよく分かりましたが、急激なデフレとなるとどうなるのでし
ょうか?日本もデフレで不況なんてマスコミがいってましたが、実
際のところデフレってそんなに悪いことなんでしょうか?
エライ人教えてください。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 23:39:12 ID:ukFjyKVa
わしはエライひとだが、おしえてやらん!
かんがえてはならん。ただフォースの力をかんじるんだ!

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 23:39:57 ID:IcXYZLHr
マンキュー経済学〈2〉マクロ編

マンキュー マクロ経済学 第2版〈1〉入門篇
マンキューマクロ経済学(第2版)II応用篇

って内容ほぼ一緒?

77 :74:2005/07/13(水) 10:17:42 ID:uG8iyvaM
>>75
感じてみた。下からフォースが湧き上がってきた。
ヤベッ、ピュッ。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 09:44:01 ID:xEKECSRM
♪ご招待〜リアルキチガイは管理人も放置(藁 記念真紀子ヨロ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1121259242/l50
今、社会世評板でもっともアツいクソスレ。「高卒は知的障害者」シリーズ(part85 !!)
凄まじきゴキ大卒たちが、昼夜を問わず暴れまくる!
なんでもかんでも高卒と結びつけて書きまくるDQNぶり。
彼らの正体は、今流行のヒキオタニート。厨房も敵わぬ屁理屈に
あなたは果たして勝てるのか?(゜_゜;)反論者は全て低学歴と
みなす彼ら独特の訂正不可能な妄想は今日も健在!諸君の健闘を祈る!!ニヤリ(コピペ汁)


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 23:51:34 ID:FhMRrZEZ
>>74
本当に読んだの?デフレの弊害についての記述は、入門篇にいくつか載ってるけど
というわけで再読をすすめる

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 01:28:29 ID:7EkkXM0i
>>76
全然違う
マンキュー経済学〈2〉マクロ編: 経済学入門講義の教科書

マンキュー マクロ経済学: マクロ経済学の教科書


81 :上に補足:2005/07/16(土) 14:37:44 ID:njtFzX4r
 マンキュー経済学1・2の原題はPrinciples of Economics アメリカの大学の
大学一年生の経済学入門講座の講座名。ミクロ・マクロの初めの一歩を丁寧に解説
してる。ただ、1・2で全く同じ記述の部分が初めのほうにかなりの部分ある。
個人的には一冊で出してほしかった。ちなみにこのスレは本違いが多すぎる。
 マンキューマクロ経済学は原題Macroeconomics 学部卒レベルの標準的な教科書と
いえるのでは。Principlesと重なる部分もあるけど、レベル的にはひとつ上でしょう。
ただ、日本の高校の教科書(数学も含む)をまともに読めるだけ(覚えてなくても)の
識字能力があれば、普通に読めるでしょう。他にも、ブランシャールやら、
ドーンブッシュ&フィッシャーやら、ホール&テイラーやら、スティグリッツやら、
エーベル&バーナンキと、マクロ経済学はやたら翻訳書が揃っている(版は古いけど)
から、かなり暇なら読み比べてもいいかもね。ほとんど同じ内容だけど。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 15:02:07 ID:7EkkXM0i
Abel & Bernankiも訳本出てたのか・・・
官僚は英語読めないのかな

83 :76:2005/07/20(水) 19:17:06 ID:sHG/VHKs
>>80-81
どうもありがとうございました

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 11:57:13 ID:B+bSmVeo
Y=C+I+G

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 23:26:07 ID:e/16en/y
GDPデフレーター= 名目GDP
          ーーーーーーー×100
            実質GDP


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 00:55:47 ID:EHpgrqyY
久しぶりにきてみたage

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 18:51:14 ID:Qo31KUB4
入門編をまだ読んでもいないのに、応用編も買ってみた。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 03:03:27 ID:mYl3owD2
よくあるw

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 00:42:50 ID:0W23nPJe
私は入門編をとりあえずざっと読んでみた初学者なんですが、
「流動性の罠」についての記述、説明がなかった点に不安を覚えるのですが、
やはり別のマクロの教科書も読むべきなんでしょうか?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 07:28:54 ID:hxy21GKy
消費関数で
限界消費性向ってあるじゃないですか?
それが0.7だと貯蓄は0.3Yだと書いてあるけど
基礎消費ってなんなんですか?
C=0.7Y+A
Y=C+S=0.7Y+0.3Y
なのに
これじゃ
Y=0.7Y+A+0.3Yになってしまいます。

あと乗数理論のY=C+I・・@ Y=C´+S・・A
でまずCとIでYができてそのYからC´使いS貯蓄する
となってるのに
Y=C+I・・B Y=C+S・・Cみたいに
どうしてCがおなじになってる方程式があるのかがわかりません
乗数理論ならY=C+I→Y=C´+Sって順番があるじゃないですか
BCのっ式はどういう順序を経てるんでしょうか?Y=C+I→Y=C+S
でもY=C+S→Y=C+Iでも不可能にみえますが



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 09:28:10 ID:2Vbcrm0y
これって洋書のスタディガイドとかないの?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/07(水) 14:01:21 ID:meO3NkDO
age

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/07(水) 16:30:28 ID:XxjFgUfR
とりあえず三章と四章の復習問題の漏れの答えを書き込んでみる。
つっこみよろ。

第三章
1.資本と労働力
2.労働力はMDLと賃金が等しくなるまで追加投入され、
  資本はMPKがレンタル料と等しくなるまで追加投入される。
3.
4.消費は可処分所得が、投資は実質利子が決定する。
5.政府購入はダムの建設や下水道の整備などのことで、
  民間ではまかなうことのできないサービスや財を政府が提供することである。
  移転支払いは、失業手当や生活保護制度のことで、
  富の偏在を防ぐために、税の一部を低所得者などに分け与えることである。
6.利子率の変動
7.可処分所得が減少するため消費が減少し、
  国民貯蓄が増大するので利子率が低下して投資は増大する。

第四章
1.離職率および就職率
2.摩擦的失業とは、労働力の需給関係の変動や、
  労働者が最適な職場を探すのにかかる時間によって生じる失業のことをいう。
  一方、長期的失業とは硬直的な賃金と均衡水準との賃金とのギャップによって
  生じる失業者の事を言う。
3.・政府が最低賃金を定めるため
  ・労働組合が独占的で強力な交渉能力を有しているため
  ・均衡水準より高い賃金を支払うことによって、企業は労働者の能力を高め、
   労働者が職場を変えることによるリスクをなくそうとするため(効率賃金仮説)
4.データの見方によって答えが変わるため、どちらとも言えない。
  失業者の人数にしめる割合は短期失業者のほうが多いが、
  総失業時間にしめる割合は長期失業者のほうが多い。
5.ひとつは、ベビーブームによって、ほかの世代より失業率が高い若年層が増えたためであり、
  もうひとつは、オイル・ショックなどによって新しい産業へ労働力がシフトしたため、
  摩擦的失業が増大したからである。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/18(日) 19:09:33 ID:EuAji1+z
age

95 :ミミ:2005/09/28(水) 12:13:04 ID:bf2cy7dl
初めてなんですけど、質問です!
移民が増えて労働力が増えると、実質賃金率と実質レンタル料はどうなりますか?

私は、W/Pは下がって、R/Pはあがると思うんです・・・
どう思いますか?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/11(火) 23:32:31 ID:IL67MWft
そもそもマンキューって?
スティグリッツと違うの?
素人ですまん

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/12(水) 04:42:02 ID:igr3adGK
>マンキュー経済学〈2〉マクロ編: 経済学入門講義の教科書

の第二版が書店に並んでたので買ってみました

>>96
写真が↑にあるのでスティグリッツと比べると面白いですわ


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 22:41:22 ID:lofH/rxS
次の中からGDPに入るものを教えてください。
1.二人の主婦がお互い子供の預けあい、その対価としてお互い二万円払う。
2.Aさんの持っているPCをBさんに中古として売る。
3.違法な麻薬取引

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 21:14:53 ID:usLslj73
>>89
原著の第五版(これが最新?)の十一章には流動性の罠についての説明(というかコラム)が載ってるみたいだよ
ttp://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/mankiw/macro-5.htm

俺も翻訳でしか読んでないから(今出てる邦訳は原著の第四版)原著読まなきゃ駄目かも

100 :万級:2005/10/26(水) 16:51:43 ID:4Fuz4KVq
マンキューマクロ(1)入門編の第三章の応用問題の解答を教えてくれ〜!


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 11:59:48 ID:zqkgKgEE
マンキューマクロ1第3部短期分析第8章の応用2,3,4、5
お願いします

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 21:45:19 ID:HwwVw9gd
解答つけるなり
スタディガイド翻訳しろ

103 ::2006/01/08(日) 18:32:57 ID:giltZTZl
>>93
師匠とお呼びしてよろしいですか?
今日、3章を読んだのですがどうも復習問題もできずに
弱ってしまいました。そこに師匠のレス。
相当できる方だと思いました。
ぜひとも他の章の回答もお願いします。

104 ::2006/01/08(日) 19:07:20 ID:giltZTZl
3章の3
についてですが、収穫規模と同じ比率で
所得分配される。

ではどうでしょうか?

105 ::2006/01/08(日) 19:10:55 ID:giltZTZl
>>98
1番ではないでしょうか。
違法な商取引と中古はGDPに加算しないはず。

106 ::2006/01/08(日) 19:12:45 ID:giltZTZl
>>104
ちょっと変えましょう

以前の所得分配と同じ比率で所得分配される。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 09:44:21 ID:uL+YW4Ms
失業の所まで読みました。失業の下方硬直性のとこで
最低賃金法のことが書かれていましたが、それだったら
年齢に応じて最低賃金を変化させればよいのではないで
しょうか?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 09:57:22 ID:uL+YW4Ms
それとこの文脈を考えると、最低賃金法、労働組合、効率的賃金
をなくしてしまえばいいと短絡しそうな市場現理主義者が言い出し
そうですが、人件費は、長期にわたって変化するので、やはり何ら
かの保険が必要だと考えます。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 17:01:25 ID:iRm/1Bca
>年齢に応じて最低賃金を変化させればよいのではないでしょうか?
事務的にかなり煩雑になりそうやね。

>やはり何らかの保険が必要だと考えます。
失業保険じゃだめなの?


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 17:33:12 ID:zVYoej6T
>>109
全年齢では無く10代の若者だけをターゲットに
すればいいと思います。

保険は市場原理主義者はそういった保険を全部
なくしてしまうと思いますので、失業保険や
生活保護、障害者年金があればイイと思いますが。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 06:17:42 ID:pgiZgpX+
そんなことしても結局同じだよ。企業は最低賃金が設定されている10代の採用を回避して、20代前半の
若者で代替する。むしろ世代間の不公平感が大きくなるだけ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 15:59:46 ID:m60VhN86
>>111
いやそれは逆です。私は最低賃金を10代にはかけず、
それに含まれない層にかければいいと思うのですが
それだと今度は10代が優遇され他の層のギャップが
でるとは思いますがもともと労働力をかけねばなら
ない10代以外の層には当然の最低賃金が必要ですか
ら。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 23:59:23 ID:/Yn32Too
いや、だからさ、企業が雇いたくない(あるいは雇えない)ような賃金水準を強制したって駄目なんだってば。
そのしわ寄せは絶対他に出る。企業は慈善事業やってんじゃないんだから。そんな筋の悪い政策を考える
より、ケインズ型労働市場の分析から明らかなことは、何らかの方法で物価水準を引き上げさえすれば、
均衡点が上昇して、非自発的失業はなくなるってこと。マイルドなインフレ、これだけでいい。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 22:31:24 ID:7JekI0Qn
原著は新しいのが出るみたいですね

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 22:53:46 ID:ZfmLExVy
次回は「翻訳では割愛」はなくして欲しい

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 15:23:32 ID:yFGd+vZF
>>115
それは翻訳してる教授に言えばいい

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 15:35:38 ID:PLcWNAU+
>>114
いまが5th Editionだけど、6thが出るってこと?

118 :117:2006/01/21(土) 15:40:14 ID:PLcWNAU+
検索したら出てきたw
ttp://www.worthpublishers.com/book.asp?id_product=1149000468&disc=ECON

前に5th買っちゃったけど、6th買って勉強するか…

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 05:16:10 ID:ZjWBYJ8e
俺も完璧に答えられるわけじゃないけど、暇だし問題でも出すよ。
「古典派の2分法(ヴェール観)が貨幣賃金の下方硬直性により成立しなくなることを答えよ。」
詰まらん問題だが暇ならドゾ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/27(金) 03:44:29 ID:GOpmUrxz
すみません。マンキューなんですが、どうしても
貯蓄S=投資I
が納得できません。

貯蓄とはお金を使わずに残しておくこと。
投資とは新たな生産物をつくるための費用。

これらがどうして=なのでしょうか。
全くわかりません

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/27(金) 09:11:09 ID:qSQYRftJ
>投資とは新たな生産物をつくるための費用。

うん、で、その投資をするためにはお金が必要だよね。そのお金をどこから持ってくるかというと、

>貯蓄とはお金を使わずに残しておくこと。

これが元手になる。


っていう説明じゃだめ?w


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 02:21:51 ID:9ZlGzgje
>>121なんとなくわかりました。ありがとうございます。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 09:41:20 ID:N/4i4wpC
あー、漏れもなかなか納得できなかったなぁw
貯蓄は銀行に預けると考えて
銀行は利潤最大化の為にすべてを企業などに貸し付ける。
もちろん金利を調節して。
と考えて何とか飲み込んだよ。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 21:57:14 ID:l4sfMLDg
マンキューのマクロ(ミクロも)を購入したのですが
みなさんは、どういう形で勉強してますか?
やはり通読されてるんでしょうか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 22:47:03 ID:rRcijY91
最初から順番どおり読まなきゃいけないってもんでもないからね。
授業の進度に合わせて、とか興味の持てるところから虫食い的に、とかでもいいんじゃない?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 08:04:17 ID:xqhabV8o
原書と順番変えてたりするんだけど、正直読みにくく感じるのは僕だけでしょうか・・・

127 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/02/13(月) 12:11:38 ID:Nvp+SpsK
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
くろしろー経済学16アップしました。
もてないあなたにも朗報が!
今は丸だが、そのうちミクロ・マクロ・財政なんかもやるよ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 22:43:52 ID:LmaZ5eC0
公務員試験板かここは?

もっと勉強しなきゃまずいだろ。

129 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/15(水) 22:32:55 ID:eSR9eWp2
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
いよいよ念願のマンキュー・マクロに入れます。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 04:29:42 ID:BlOMDZPh
資本蓄積っていう語を使ってるのが気になった。あれってマル経の用語じゃないっけ・・・

131 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/16(木) 20:52:26 ID:d10rKzSw
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
ついにマンキューマクロに突入/マルクス・ミクロ・マクロ・
金融・財政をドキュンに突き進んでます

132 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/17(金) 21:48:30 ID:XdF3+x4i
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

非常に疲れました。マクロ編です。

133 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/18(土) 22:27:04 ID:DjTb0DOy
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

今日は失業です。

134 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/19(日) 18:52:08 ID:YAZ2WguB
>>130
資本の本源的蓄積のことだと思いますが、ここは○でも電波じゃない所で、
別にあってもおかしくはないです。

135 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/20(月) 19:57:55 ID:cdI93s1t
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
昨日の続きです。

136 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/21(火) 22:13:07 ID:jdRUHM66
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

疲れました。マクロは全然知らないのでマンキューじゃなきゃ
絶対無理だ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 22:13:50 ID:CPXO6nBX
http://curl.in/loveuranai/index.html

138 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/22(水) 20:04:02 ID:0vvMnKsa
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
くろしろー経済学マクロ編アップします。
今回は大国開放経済

139 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/23(木) 22:29:08 ID:dLIONauR
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
今日もマクロにはまっちまった。真っ黒にな。。。

140 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/24(金) 21:58:22 ID:edOsSuTc
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
量は大したこと無いけど疲れた。

141 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/26(日) 23:13:43 ID:B7IM5MDw
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1
さあみんなマクロもだんだん調子付いてきたよ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 12:04:55 ID:MbPq/9P0
まぁマル経やるくらい暇ならミクロマクロ財政にまわして公務員でも狙ったほうがいい罠。
素人なりに政策判断とかできて面白いし

143 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/30(木) 23:17:23 ID:az8cR3gu
>>142
そうですね。マルクスの資本論はそれほど
価値があるとは思えませんし、やはり古さ
があって現状のモデルとはいえませんしね。
一応教科書見てこういうモデルもあるんだな
位でイイと思います。

そういうわけで
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
マンデル・フレミング・モデルです。


144 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/03/32(土) 15:58:10 ID:3l8sCcf+
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
大国開放経済です。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 17:37:10 ID:aEvvHFRj
宣伝乙

146 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/04/04(火) 10:21:31 ID:/cwqmiaI
>>145これからもごひいきに。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
マクロ入門編をついに終わらせました。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 14:30:52 ID:hUyNdm3/
>>146

まとめノートだけじゃなくて問題の解答も書いてくれよ・・・

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 16:03:45 ID:SgM++/Xq
だって考古果物

149 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/04/07(金) 19:09:25 ID:DkgRNENH
>>147
すいませんね。大学受験のときの影響で、答をまず見て、問題を覚える
癖でして、答の載ってないものは問題すらみないんですよ。
応用編も面白いですね。人口、技術革新、減価償却で所得がさがちゃう
分けですから。資本論の機械かと思っちゃいました。それよりもマルクス
読んでるんですねマンキューは。利潤率低下の法則の話が出てきましたが、
もうちょっと踏み込まないと、面白くないですね。
でもマンキューは教科書作りの才能あると思います。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 17:11:27 ID:+PNefEuv
原書で勉強してる漏れも仲間に入れてもらえますか?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 17:42:17 ID:wpra7Uau
 大 歓 迎

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 18:25:37 ID:KmgRIJ/5
原著は六月に新しい版が出るよ

153 :150:2006/05/14(日) 20:27:05 ID:+PNefEuv
そんな・・・_| ̄|○

154 :仕切り直し ◆I.hJAyb0pE :2006/06/29(木) 15:29:31 ID:F46+XJBW
 勝手に疑問の提示・問題解答・その他をやりますので、悪しからず。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 23:37:06 ID:h4guwzuh
マンキュー読んでるんですけど、小門とか復習問題ってやっぱり解くべきですか?
今はそういうのを無視して、書いてあることを読んで理解しようと思ってるんですが。


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:08:20 ID:IxhS91FW
問題練習はやった方がいい。理解の確認になるし、教科書を漫然と読んでいただけで分かった気に
なっていたのが、問題をやってみると理解の浅さに気づかされる。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:20:05 ID:8k3uBSDN
>>156
やはり解くべきですか。わかりました、せめて小問と復習問題だけでも解いてみます。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 17:02:42 ID:LtyTnWej
下がってるので上げさせていただきますね。
二章35のフロー循環図ですが…生産要素市場の買い手と売り手は誤植でしょうか?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:41:22 ID:xqy76syG
誤植。同じく128ページも逆になってる。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 09:55:29 ID:Ng4OIWmj
>>158 >>159
誤植ではないと思う。

161 :俺様:2006/11/17(金) 20:34:17 ID:ijYesHxd
マクロ経済学のプロである俺様がきましたよ。
仕事がえりに街角の図書館に寄ったらマンキューのマクロがあったから借りてみたよ。
ここは過疎みたいだけど、もしナニか質問があったらプロの俺様に聞いてみたまえ。
ズバット解決して進ぜよう。2週間後に返却なのでそれまでにね。

162 :俺様:2006/11/17(金) 20:39:11 ID:ijYesHxd
ところで、>>158-160 のあたりで話題になっているページをみてみたけど、
俺様が借りてきた本はそのページは別のことが書いてあった。なんか違うの?
ちなみに本の奥付は
 マンキュー マクロ経済学(第2版)I
 2003年4月9日 第1刷発行
 2005年2月10日 第5刷発行
となってけど、これでいいんだよね・・・?

163 :俺様:2006/11/23(木) 23:15:49 ID:AQ7+NfXM
誰か来たかな? …って誰もおらんのね…。

マンキュー・マクロをざっと眺めた感想。
マクロ経済学の近年の流行に沿ってる教科書ですな。マンキュウー自身が流行の発信源の一人だもんね。
索引に「有効需要の原理」という言葉が載ってないのが印象的。有効需要の原理は無視されてる模様。これでいいのか…?

164 :りおちん:2006/11/24(金) 22:03:55 ID:T7LlfJK+
あっそうそう
これ作って見たんだど、見てみて
(・_・)
http://jns2.netfarm.ne.jp/~ab000587/5/i/ks/top3.htm


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 14:12:55 ID:xb/823u3
関連wiki
http://wiki.ninki.org/wiki.cgi?p=%a5%de%a5%f3%a5%ad%a5%e5%a1%bc+%a5%de%a5%af%a5%ed%b7%d0%ba%d1%b3%d8+%c2%e82%c8%c7%a1%d21%a1%d3%c6%fe%cc%e7%ca%d3


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 18:54:59 ID:6yP4SLbo
これと第2版Uマクロ編と何が違うのでしょうか?
内容全然違ったりするのでしょうか?
店頭でどっちがいいのか迷ってしまって

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 03:32:05 ID:hlLmLsb+
景気後退になった時に減少するマクロ経済変数を二つ上昇する変数を一つ。
優しい方教えてください。お願いします!

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 19:37:34 ID:n8IF1lWO
政府支出の増加の方が減税政策よりも
景気対策として有効である理由を教えてください。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 17:57:37 ID:wRBsuvU6
入門篇の第7章の総需要曲線ってなんで数量方程式から導いてるの?
意味なくね?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:15:34 ID:ra4mroz5
始めて経済学を勉強した者です。質問させてください。
今度転部試験でIS-LM曲線がでるっぽいのですが
マンキューには載っていませんでした。
試験のレベルは経済学の入門程度pということなのですが
マンキューに乗っていないという事は
IS-LM分析はレベルが高いということでしょうか?
もしそうでしたら、それだけ勉強するには
どの本を買うのがいいのでしょうか?
どなたかお願いします

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:32:02 ID:+k0vo8O/
>IS-LM分析はレベルが高いということでしょうか?

いや、超がつくほどの常識。

>それだけ勉強するには
>どの本を買うのがいいのでしょうか?

初心者が手っ取り早くポイントを掴むには、公務員試験対策系本がいいかもしれない。
といっても、予備校製ではなく、大学教師が書いたものの方がいい。
例えば 実務教育出版の「はじめて学ぶマクロ経済学」などはどうか。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 13:38:22 ID:VNPLvpXA
IS-LM載ってるだろマンキューw
IS-LM学ぶのに一番いいのがマンキューだよ。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 14:21:35 ID:rWekoHIO
PrinciplesもIS-LMのってるか?

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 18:30:41 ID:S7ASRLVc
>171
ありがとうございます。見てみます。
>172
もしかして別の名称で載っているのでしょうか?
だとすると、マンキューだとどれに相当するのでしょうか?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 20:34:23 ID:VNPLvpXA
マンキューのマクロ入門編だと第8章に載ってるよ
普通にIS-LM分析って書いてあるよ
これが載ってないマクロの入門書なんてありえない

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)