5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中立的な立場で日・中の歴史認識の違いをまとめよう

1 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:09:08
俺にそんな力はない

2 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:19:15
中立的な立場のヤツなんていねーだろ

3 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:24:01
いるはずだ。
俺は信じてるぞ。

4 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:26:27
黄文雄は中立だね。

5 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:29:31
>>4
どうみても右派です

俺は自称中道だが知識がない
知識がないから中道でいられるのかもしれん

6 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:31:24
>>5
知識がないのに、黄文雄が右派と決めつける。おかしくない?


7 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:47:12
>>6
それもそうですねw 前言撤回します

8 :名無的発言者:2007/01/08(月) 11:52:18
そんなことよりやっぱり俺がこのスレ立てたからもう俺が育てるよ!
みなは地道に見守ってくれ

9 :名無的発言者:2007/01/08(月) 12:55:53
まずは「事実」の定義から始めれば。


10 :名無的発言者:2007/01/08(月) 18:08:08
過去を清算すればいいけど、
その際に駆け引きしちゃ振り出しに戻る。
結局ずっとその繰り返しさ

11 :名無的発言者:2007/01/08(月) 18:39:09
地球を監視してきた宇宙人に決めてもらうしか道はない。

12 :名無的発言者:2007/01/08(月) 18:43:17
過去の清算は解決済みだが…

13 :名無的発言者:2007/01/08(月) 20:12:03
日本人は清算が済んだと主張して、
中国人は清算がまだだと主張する。

中立的な立場で見解を述べれば1対1だから、
どちらが正しいという事にもならないのだけど。

14 :名無的発言者:2007/01/08(月) 20:14:01
結論から言うと両者の主張のどちらを信じても
両者共に正しくないと言う結論が導き出される。
中国人の主張を信じて日本人の主張を退けると客観性はなくなるし、
日本人の主張を信じて中国人の主張を退けた場合も同じだ。

15 :名無的発言者:2007/01/08(月) 20:16:14
日本側の主張を正しいと考えて中国側の主張を誤りだと考えるのは
公平ではないし対等とは言えずまた偏りが発生する為に中立ではない。
逆に中国側の主張を正しいと考えて日本側の主張を誤りだと考えるのは
公平ではないし対等とは言えずまた偏りが発生する為に中立ではない。

結論から言うと両国どちらの主張も正しくなく、
両国どちらの主張も正しいと言う矛盾した見解が生まれてしまうね。

16 :名無的発言者:2007/01/08(月) 20:19:18
>12
今回の総理は、靖国には行かなかった
これにより、戦争問題は試しに叩いて様子を見られるぞ
ペコペコしてたらまた金を集られるだろう

17 :名無的発言者:2007/01/08(月) 20:34:18
中国人、特に中国共産党の言うことはすべて嘘である。
これは世界の共通認識ですが。

18 :名無的発言者:2007/01/08(月) 22:33:48
全てが嘘ということはないと思われるが?
100%真実とは思えないが、6割方は事実を言っていると思うし。
巧みに嘘をつく者は、真実を嘘の中に紛れ込ませて判断を誤らせるからね。
孫子や三十六計には実の中に虚を入れろとあるし。
それに中国人、特に中国共産党の言うことがすべて嘘と言うのならば、
南京の一件で日本を擁護するのは難しいからな。

19 :名無的発言者:2007/01/08(月) 22:35:22
極端な反中主義者はウザイからどっか行ってくれんか?
この世で百点満点を取り続けられる人間など居ないし、
生まれてから死ぬまで常に敬語を使い続けられる人間なんて居ない。
逆もまた叱り。

この世で零点を取り続けるアホは、そうは居ない。

20 :名無的発言者:2007/01/08(月) 22:36:53
中国人もそこまでアホとは思えん。
六割か七割位本当の事を言って人を信用させて置いて、
四割か三割近くの嘘を言って人を欺いているんだと思う。

つーか100%嘘つく奴なんて、
誰からも信用されんし簡単に嘘が見破られる。

21 :名無的発言者:2007/01/08(月) 22:52:45
中立的立場で話し合うためには両国のネットウヨを排除する必要があるね。

結論=ネットウヨが場内乱闘で絡みこんでくるのでムリ。

22 :名無的発言者:2007/01/08(月) 23:54:45
嘘を三割は多すぎで、日本では一つでも嘘が露呈した時点で、その話を語った人の信憑性・信頼性が0(ゼロ)%になるのです。
日本国はそういう国民性を持っている国です。
真実の中の嘘で騙すのは、詐欺師または詐欺から逃れる一般人のみです。
尚、信頼を取り戻すことは不可能です。
貧乏でも見栄も張らずに地道に本当のことを言う人間のみが認められる国です。


23 :名無的発言者:2007/01/09(火) 00:00:29
>>22
あんたの中の日本はえらく住みにくい社会なんだな。

24 :名無的発言者:2007/01/09(火) 00:16:14
科学的に検証することは不可能なの?
それに、例えば「戦死者」という言葉一つをとっても
定義が曖昧なまま話をしても、食い違うのは当然。
(その場で死んだものだけを数えるか、戦争が原因と思しき死に方だったものも含めるか
とか。)

今、ここで私たちだけで科学的事実を挙げることはできなくても
科学的に証明された事柄だけを共通認識にすればいいんじゃないの。

25 :名無的発言者:2007/01/09(火) 00:22:14
http://www.youtube.com/watch?v=qK58Zka0tEM&mode=related&search=

26 :名無的発言者:2007/01/09(火) 01:39:32
日本のネットウヨは中国に有利な意見しか発言してはいけない。
中国のネットウヨは日本に有利な意見しか発言してはいけない。
このルールで議論すれば、歴史認識は100%共通なところに落ち着くだろう。

でも、ネットウヨはヘイトするために理論武装してるわけで
ヘイトそのものが生きがいだから絶対に賛同しないはず。



27 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:02:05
日本政府欺骗日本人民的也不在中国政府之下~赫赫~
你们就是不敢承认南京大屠杀~就是不敢承认侵略过中国~
提醒你们一下,你们的新首相为首的新政府一再鼓吹什么爱国心,这是会滋生极端民族主义情绪的。
这个和100年前的战争前夕的氛围很相似。
我是中国人,我不希望战争再次出现在我们两个国家头上,因为美国最开心的就是这个。
黄种人窝里斗。
欧洲大陆已经结盟了。大洋洲靠着英国,英国跟着美国。世界的平衡很显然,也得看亚洲和非洲的力量。
中国是举足轻重的地位,无论从国力还是人力,这个你我双方都应该明白。
合作才有出路,斗争只有死路。
同时 也请亚洲太平洋地区的各个周边国家注意一下你们的行为和思维方式了。
一再贬低中国人来抬高自己,你们想把这个世界上拥有五分之一人口的大国的人民逼上绝路么?
那样对全世界来说都是没有好处的。
如果你们日本人 还有旁边的韩国人 美国人真的是所谓的和平维护者的话,请你们自重考虑一下。
和平是平等交流的前提。


28 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:02:59
国民を騙さない政府なんてないよ


29 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:06:36
对了,提醒你们最后一下 世界上每个朝代的交替和国家的兴亡都是不可避免的。
美国当初占领日本没有绞杀你们的天皇,
一来是为了稳定日本人民的情绪,不要一起玉碎(天晓得,大概当年一起玉碎了,现在也不用那么麻烦了~对不起,这真的是出于真实情感的),
一来是为了牵制当时的苏联和中国两个红色势力,就这么简单。
如果美国翻脸了,你们看萨达姆就吊在那里了,他是美国昔日的盟友,如今反目成仇,这就是刽子手的伙伴的榜样!
大家都是亚洲黄种人,一个祖先留传下来的各自的信仰和文化守护着的黄种人,请日本人好好想一下。

你们对中国的了解,书籍有很多,研究也很多,可是,你们太不了解中国人了。

就像我也在了解你们一样。有谈话才有交流,有交流才有可能知道差异点。

中国古话“求同存异”说的就是这个道理。

30 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/09(火) 02:07:56
11 :feng ◆kbrO.AARhM :2006/12/28(木) 21:56:05
wiki[南京大屠殺](中文)
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%B1%A0%E6%AE%BA
  ↑
政治的理由による突っ込みどころはさて置き、今でも世界的に諸説ある事、
日本側の諸説(全否定説〜20万人以上死亡説)までが網羅されたままになって
います。
----------------------------------------------------------------------------------
日本已経承認了過去的錯誤,一再表示道歉.不過関於“南京大屠殺”,死亡人数,
在這一点上還没有定論.
(日本は既に過去の過ちを認め、何度も謝罪を繰り返してきた。しかし、“南京大虐殺”
に関しては、死亡人数において、未だにはっきりした事が言えないのである。)


おやすみなさい

31 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/09(火) 02:10:26
還有...

12 :feng ◆kbrO.AARhM :2006/12/28(木) 22:04:28
>>11
---------------------------------------------------
二十数万人以上: 主要支持者有笠原十九司(都留文科大学教授)、洞富雄 (早稲田大学教授)、
藤原彰(一橋大学教授)、吉田裕(一橋大学教授)、吉見義明(中央大学教授)、
井上久士(駿河台大学教授)、本多勝一(新聞記者)、小野賢二(化学工作者)、
渡辺春巳。

四萬人左右 : 主要支持者有秦郁彦(日本大学教授・法学博士),另外冈村宁次在《冈村宁次阵中感想录》中
认为约有4到5万人被屠杀,抢劫、强奸等“大有其人”。

兩萬至數千 : 主要支持者有畝本正己(元防衛大学教授)、板倉由明(南京戦史編集委員・南京事件研究家)、
原剛(防衛研究所調査員)。

認為僅有數百人死亡,乃至於完全否定的态度:
主要支持者有鈴木明(雑誌記者)、田中正明 (拓殖大学講師)、東中野修道(亜細亜大学教授)、
冨澤繁信(日本「南京」学会理事)、阿羅健一(近現代史研究家)、
勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究)、杉山徹宗(明海大学教授)、渡部昇一(上智大学名誉教授)、
大原康男(國學院大學教授)、竹本忠雄(筑波大学名誉教授)、西岡香織(軍事史学会会員)、
深田匠(日本歴史修正協議会会長)、前野徹、鈴木正男。


これで最後、本当におやすみなさい...


32 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:11:23
オイ、辻  証拠を出せ
許さん はっきり言うけど  誰も南京ではシンジャいないんだよ


33 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:13:23
まあまあ、お互い冷静になったら?

34 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:14:39
こんな根も葉もない
またぶり返す馬鹿がいたとは
??

35 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:15:48
だから、そこまで言うなら出せば 勝手に逃げるな

36 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:18:39
出さない以上は、虚言妄想捏造だ

37 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:26:25
oioiもうね左翼学者は、日本に要らなくなるのは目に見える。
3,40年前までは幅を利かせたけれど  だれもしんじtyinai 


38 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:29:08
誰も 真実を知った以上は手遅れのカビの生えた化石
いきる屍としか見えない  

39 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:42:56
言葉の定義だ何だで
両方が飽きるまで、ずーーーーーーっとやってれば。

40 :名無的発言者:2007/01/09(火) 02:50:44
>>30
fengさん、ありがとう。

私が気になったのは、ただ1点のみ。

>日本已経承認了過去的錯誤,一再表示道歉.

これは何かな。>大陸中国人

41 :大陸中国人:2007/01/09(火) 02:54:29
中国語が話せるなら、中国のBBSで書き込みしたら?もっと多くの人に教えてやってくださいよ

42 :名無的発言者:2007/01/09(火) 22:35:55
かつて邪道だった日本。        今も邪道の中国。
戦後から戦争放棄する日本。     戦後もどこかの国を脅かす中国。
経済大国になった日本。        海外からあらゆるモノを奪い、経済大国になった中国。
中国の経済成長を手伝った日本。  海外から助けてもらったことを忘れ、恩を仇で返す中国。
文化を育む日本。            海外の文化をコピーし、自国の文化を汚す中国。

悲惨な南京大虐殺も、日本が中国人を何人か殺めてしまったことは大いに反省し謝罪する義務がある。
しかし、本当にこの残虐は、中国側の情報工作が無かったのか?と言えば、些か疑問が残る。
今の中国の振る舞いと、中国政府の考え方から考慮すると、中国側が主張する内容の信憑性が危うい。
中国側に情報工作が無ければ、日本も謙虚に謝罪、賠償するでしょう。
日本は、戦後から何度も謝罪し、中国を援助してきたんですけどね。

日本に居る中国人は、
      「戦争賠償しない日本が悪い。 だから、日本人を殺しても、日本のものを奪っても構わない。」
   って、言うんです。
こんな民族が主張する、残虐な南京大虐殺は、どう理解すればいいのでしょうか?
小日本が、本当に、あなた様が言われる大規模な南京大虐殺は可能でしょうか?
物理的に考えても、客観的に考えても、不可能なのです。
根本的に考えて、殺す必要があるのでしょうか?日本は。
確かに日本は、色んな国を脅かしてきましたが、南京の様に残虐に人を殺したことは無いのです。
どうして日本は、南京だけ、大量殺人する必要があったのか?
本当に、中国政府は、南京の人達を大量殺人していないのか? 賢い中国人の方、勇気を持って教えて下さい。


43 :名無的発言者:2007/01/09(火) 22:45:34
中国って、中国の文化を壊して何をするの? 核兵器も持ってるし。
中国人の中にも、平和主義の人も居ると思う。 だけど、危険な人も居る。
13億人も居れば、危険な人も億単位でしょう? コワイよねw

44 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/09(火) 22:48:17
>>32
>オイ、辻  証拠を出せ
辻?俺は、辻さんじゃないよ。

>許さん はっきり言うけど  
許(Xu)さん?ますます分からない。

>>40
>fengさん、ありがとう。
いえ、どうも。
中文のWikipediaからですが、無かった説から20万人以上説まで出ていました。
昔に比べたら、やや中立的になってきたのかな??

45 :名無的発言者:2007/01/09(火) 22:53:03
その20万人って、中国政府が殺したんでしょ?  小日本がそんなに殺せるの? ねえ、教えてよぉ。

46 :名無的発言者:2007/01/09(火) 22:57:08
日本刀で斬殺したり機関銃を撃ち捲くったり南京で日本軍は
あらゆる蛮行を力の限りに尽くした


47 :名無的発言者:2007/01/09(火) 22:59:10
いずれタイムマシンが発明されたら、悲惨な南京大虐殺を検証してみたいよね。
たぶん、中国人が発明してくれるだろうし、楽しみだw

48 :名無的発言者:2007/01/09(火) 22:59:46
ターピエン

49 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:01:10
>>46
それは悲惨です。本当なら。 では、どうして、日本は大量殺人をする必要があったの?

50 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/09(火) 23:03:56
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%B1%A0%E6%AE%BA
有關南京大屠杀的過程與死傷人數至今仍有争议,其中远东国际军事法庭认定为20万以上,
中國学者考证为30万以上,而日本学者之研究則眾說紛紜,難有統一定論。
(南京大虐殺のプロセスと死傷者の数に関しては、今なお論争が続いている。
極東国際軍事裁判では、20万人以上が死亡したと認定され、中国の学者は30万人以上と
考証し、日本の学者の研究では諸説紛々としており、定説はに到るには難しい情況である。)


51 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:05:41
軍国主義ファシストは南京でその残忍なファッショ・テロを行使することで
中国人民を恐怖に陥れ屈服させる事を目論んだのだ。


52 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:06:38
何人かは問題じゃないでしょ? 人殺しだよ。 ホント、コワイ考え方w
だ・か・ら、どうして、日本は大量殺人をする必要があったの?

53 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:08:56
どうして、日本は、中国人民を屈服させてまで、侵略する必要があったの?

54 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/09(火) 23:09:44
>>50
何気にすごいと思うんだけどね。

英語版はすごい有様(だって、アメリカ人やイギリス人も頑張るさ)だけど、
中文版がここまで軟化して来たっていうのが、驚きなんだけど。
今までは、テコでも動かない不動の「30万人」だったのに。

55 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:13:35
根本的に考えて、日本では考えられない20万人も殺すのは、相当な武力が必要でしょ?
それに、日本では考えられない人口の南京を、チカラで侵略するなんて、効率悪過ぎでしょう?

56 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:15:15
今も、中国の内陸に居る農民達を強制的に追い出す中国政府は、中国の発展だけを望んでるんでしょ?

57 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:17:20
日本ファシストの凶暴性はドイツファシストのそれを凌駕しており、
ドイツファシストのワルシャワ破壊を凌駕する大破壊を日本ファシストは実行したのだ。


58 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:24:08
>>57
だ・か・ら、どうして、日本は、中国人民を屈服させてまで、侵略する必要があったの?

根本的に考えて、日本では考えられない20万人も殺すのは、相当な武力が必要でしょ?
それに、日本では考えられない人口の南京を、チカラで侵略するなんて、効率悪過ぎでしょう?

今も、中国の内陸に居る農民達を強制的に追い出す中国政府は、中国の発展だけを望んでるんでしょ?

59 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:32:26
答えられないのぉ? まあいいや、風呂入って寝るか。 またここ来るから、妄想でもいいから書込みよろしくね♪

60 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/09(火) 23:38:17
>>54
こういう事も関係が有るのかな...

某華僑系のブログより
李大同さん 日本の読者の皆様へのメッセージ
http://duan.exblog.jp/3262461/

61 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:50:34
 中国が在支日本人を殺戮したから(済南事件、通州事件)
等世論が激昂して日支事変になったのわすれたのかね。
 日支事変はあくまで支那にいる日本人を守るために行われました。
国民党が和平交渉に応じていれば、南京まで行く必要はなっかた。

通州事件
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/tsushu.html
済南

62 :名無的発言者:2007/01/09(火) 23:52:36
>>61済南事件忘れてました。
http://www.c20.jp/1928/05saina.html

63 :名無的発言者:2007/01/10(水) 05:19:01
うん、日本人は1000万中国でも殺されたんだ!賠償しろ!

64 :名無的発言者:2007/01/10(水) 07:28:23
【泥棒にも】なぜ日本は侵略強奪をしたか その1【三分の理】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1167307891/l50

65 :名無的発言者:2007/01/10(水) 23:15:36
65

66 :名無的発言者:2007/01/10(水) 23:25:08
日清・日露戦争から満州・支那事変そして太平洋戦争まで、日本は常に自衛の名を借りているのは、常套手段ではないのか
答 断じて違う。外圧によって防衛の必要上起こった結果である。日本が自衛に名を借りるのは常套手段と決め付けるのは、
世界の指導者が東亜の実情を知らぬために誤った見方をしているか、東亜の民族国家に同情がない偏見である。
 東亜は過去数世紀にわたってロシアを含む欧米列強の侵略と、今世紀になってソ連の東亜赤化戦略にあい、
日本は日本自体と東亜の民族国家全体のため、それら侵略に対して防衛する必要があった。そのために自衛措置を頻発させたのである。
よってきたる原因は外部の圧迫にあり、自ら求めたものではない。


67 :名無的発言者:2007/01/10(水) 23:29:15
質問 あなたは戦争指導上の体験から日本の敗戦の原因をどう考察するか。
答 総括的には、日本は物心両面の総合威力が敵に比べて劣っていた。さらに要約すれば、攻略上も戦略上も国内指導上も敵側にくらべ下手だったことが多かった。
攻略上では、支那事変の早期終結に失敗したこと。大東亜十億の民心を把握し、これを戦争完遂に結集できなかったこと。すなわち、
戦局の不利が原因したことと現地軍民が原住民の人心把握に対する注意徹底を欠いたことである。
日独伊の三国家間の政戦略に一致を欠き、有機的に効果を発揮できなかったこと。とくに日本から見ると独ソ開戦の結果、当初希望していたように
ソ連を(三国)同盟側に抱き込むことができなかったこと。
日本が戦局の有利なうちに終戦に導く機会をつかめなかったこと。


68 :名無的発言者:2007/01/10(水) 23:30:34
戦略上では、ミッドウェー海戦の惨敗で海軍力とくに海洋航空力に致命的な打撃をこうむったにもかかわらず、
その後の作戦指導が即応して断固とした修正ができなかったこと。陸海軍ともに、昭和十七年夏、有利に展開している戦局に幻惑され、
当初の戦争指導にそむいて軽挙に攻勢終末点を越え、積極追撃作戦に移ってしまい、持久態勢への転換の機会を失った。そのためその後の作戦が後手後手に陥ったこと。
現代戦での航空力への正確な見通しと、果断なる改編措置を欠いていたこと。電探(レーダー)、無線、原子爆弾及び航空機などに対する技術的、
生産的な劣勢の結果、前項の航空機の立ち後れとあいまって、日本特有の精神的作戦要素が封じられたこと。陸海軍の統帥において、統帥上の統一と協調を欠き、
総合力を十分に発揮できなかったこと。日独伊の作戦協力が地域的にも離れており、なんら見るべきものがなかったこと。
国内指導上では、統帥が国務の圏外にあり、政治力をもってこれを統御できなかったこと。つまり、統帥と国務が不一致だったこと。統帥が陸海軍に確然と二分され、
往々にして各部門の対立抗争が絶えなかったこと。政治上層部の不一致は統帥に対する不信とあいまって国民の戦争完遂に対する足並みを乱したこと。
そうして戦前、戦中を通じて敵側の謀略、宣伝に災いされたところが多い。資源の不足、運輸能力の弱さ、生産設備の不統制などにより軍需生産が軍の膨大なる要求に応じられなかったこと。



69 :名無的発言者:2007/01/10(水) 23:31:05
質問 昭和十六年十二月に米国大統領より天皇に送られた親電によって戦争は回避できたのではないか。
答 否、回避できず。日本の政治情勢に混乱が生じることはあっても、米国の態度が緩和されない以上、戦争回避は不可能だった。
とくに親電の到着は海軍の機動部隊が攻撃開始時期に入っていたと想像できるので、同じことである。


70 :名無的発言者:2007/01/10(水) 23:38:34
《日本同胞国民諸君》
今はただ、承詔必謹(しょうしょうひっきん)するだけである。私も何も言う言葉がない。
ただ、大東亜戦争は彼らが挑発したものであり、私は国家の生存と国民の自衛のため、止むを得ず受けてたっただけのことである。
この経緯は昭和十六年十二月八日の宣戦の大詔(たいしょう)に特筆大書されているとおりであり、太陽の輝きのように明白である。ゆえにもし、
世界の世論が、戦争責任者を追及しようとするならば、その責任者は我が国にいるのではなく彼の国にいるということは、
彼の国の人間の中にもそのように明言する者がいるとおりである。不幸にして我が国は力不足のために彼の国に敗けたけれども、
正理公議は厳として我が国あるということは動かすことのできないことである。
力の強弱を、正邪善悪の基準にしては絶対にいけない。人が多ければ天に勝ち、天が定まれば人を破るということは、
天道の法則である。諸君にあっては、大国民であるという誇りを持ち、天が定まる日を待ちつづけていただきたい。
日本は神国である。永久不滅の国家である。皇祖皇宗の神霊は畏れ多くも我々を照らし出して見ておられるのである。
諸君、願わくば、自暴自棄となることなく、喪神落胆することなく、皇国の命運を確信し、精進努力することによってこの一大困難を克服し、
もって天日復明の時が来ることを待たれんことを。


71 :名無的発言者:2007/01/10(水) 23:45:59
欧米列強の無制限な世界征服時代、日本は一六三六年以来ニ世紀にわたって鎖国を続けていた。
一八五四年、黒船の威圧下に開国をした。当時、露、英、仏、米などの世界征服はシベリヤ、満州、インド、東南アジア、南太平洋、
支那を圧しており、やがて日本にも迫ってき、列強の野望の前に累卵の危機に瀕していた。そのような事態に直面し、
日本は封建幕府政治を清算して近代統一国家になる。初めて国際社会の一員になった。列強が帝国主義的世界分割に
よって広大な領地ないし植民地を獲得している間に、日本は貧しき国土と資源を擁し孤立していた。日本も列強に不平等条約を強要され、
治外法権を容認させられ関税自主権を否定されていた。いいかえれば、国土の安全も経済上の生存も、
人種の平等も進歩した科学技術にも恵まれず国際社会の一員になったようなものだ。
 日本の国際的地位における根本的難点は、日本がいち早く近代的統一国家の体制を整え、
欧米列強に肩を並べようとしたのに対し、支那はなんらの自覚もなく半封建的体制のまま易々と
列強の半植民地に陥ってしまったことに依存する。そのような支那を隣国に持って、
支那を舞台に列強の錯雑する勢力関係の前では、日本の安全と生存をはかろうとすることは至難の業であった。
不幸な日支紛争はこのような歴史的矛盾に最も深い禍根を持っていた。このことを考えずに東亜問題は理解できない。


72 :名無的発言者:2007/01/11(木) 03:07:53
で、結局何が言いたいの?

73 :名無的発言者:2007/01/13(土) 04:00:00

我国がアジア諸国で行った軍政がすべて悪であるとして、それがまるで、
戦後も負の遺産になっているように言われている。では、インドネシア
は我国の軍政がなくて独立できたでしょうか。現実にそれが可能だった
と思っているのでしょうか。


アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、オランダが他国に対してとった
植民地政策はどうであったか。支那はどうであったか。御存じでしょうか。
朝鮮を我が国が併合したが、その政策は、他国からそれほどいわれるほど醜
いものであったか。あなたは我が国が、朝鮮半島においてどのような醜い政
策をとったといっているのでしょうか。具体的にお教え頂きたい。

戦後賠償について、我が国がとったのは他国と比べてそれほど酷い戦後賠
償なのでしょうか。南朝鮮と我が国が結んだ日韓基本条約について御存じ
でしょうか。その条約をどれだけ現在の朝鮮人が知っているか御存じですか。
その条約を我が国では無く、南朝鮮(韓国)政府が自国において公開してい
ないのを、御存じでしょうね。支那の人々が、我が国からのODAの事をどれ
だけ知っているか御存じですか。支那、南北朝鮮の教科書に比べて、我が
国の教科書はどうでしょうか。

他の国々も歴史上多くの戦争をしていますが、
自国民にこのような自虐的に歴史を教えている国はありません。
もちろん、支那、南北朝鮮もです。

http://www.tamanegiや.com/ahosoukagatkai.html

これらに反駁できる歴史学者は果たしているでしょうか?
もしできるのなら是非していただきたいものです。


74 :完全中立:2007/01/13(土) 04:36:05
自慰史観論者の目標は、あまりに残虐非道な事件として
日本の歴史の汚点になっている「南京大虐殺」の否定であった。
それによって日本の汚名を返上したいと考えたのだ。

しかし、反証自体が脆弱な上、資料改竄等によって信憑性を失い国内的に
歴史認識の修正すら手付かずといってよい。

その間に、米国・中国をはじめとした世界中の歴史専門家たちが、南京虐殺の
徹底検証を行い、詳細な報告を発信している。大陸引き上げ時に残してきた
多くの日本軍内部文書・手記なども続々と分析され、虐殺の実態解明を進めている。

今後、それらに一つ一つ反証してゆくのは自慰史観論者の仕事になるわけだが
現状ですら、何一つ世界に説明できていない彼らを世界が相手にするだろうか?
彼らにとって、なにか有利な資料が今後出てくる可能性があるだろうか?
答えは、どちらも100%「ノー」である。

Nanking Massacre
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Rape_of_Nanking

上記の記述に対し、保護依頼すらないのだ。
世界は記述をそのまま信じている。
戦後60年を経て史実として確定したということだ。

この史実を基にして、120億円の巨費を投じた映画が製作され、阿鼻叫喚の地獄絵図
が年末に全世界で公開される。その時、世界は日本の自慰史観論者達をどのような
目で見るだろうか?


自慰史観論者は、たった今敗北したのだ。

75 :名無的発言者:2007/01/13(土) 04:52:17
《日本同胞国民諸君》
(お前、いつから国家と同格になったんだ?w)

>今はただ、承詔必謹(しょうしょうひっきん)するだけである。私も何も言う言葉がない。
(じゃ、ペラペラ演説垂れるなよw)

>ただ、大東亜戦争は彼らが挑発したものであり、私は国家の生存と国民の自衛のため、止むを得ず受けてたっただけのことである。
(勝手にそう思いたいだけだろ?w  それに、お前が戦ったのか?w)

>この経緯は昭和十六年十二月八日の宣戦の大詔(たいしょう)に特筆大書されているとおりであり、太陽の輝きのように明白である。ゆえにもし、
>世界の世論が、戦争責任者を追及しようとするならば、その責任者は我が国にいるのではなく彼の国にいるということは、
>彼の国の人間の中にもそのように明言する者がいるとおりである。不幸にして我が国は力不足のために彼の国に敗けたけれども、
>正理公議は厳として我が国あるということは動かすことのできないことである。
(だから、勝手にそう思いたいだけだろ?w)

>力の強弱を、正邪善悪の基準にしては絶対にいけない。人が多ければ天に勝ち、天が定まれば人を破るということは、
>天道の法則である。諸君にあっては、大国民であるという誇りを持ち、天が定まる日を待ちつづけていただきたい。
>日本は神国である。永久不滅の国家である。皇祖皇宗の神霊は畏れ多くも我々を照らし出して見ておられるのである。
>諸君、願わくば、自暴自棄となることなく、喪神落胆することなく、皇国の命運を確信し、精進努力することによってこの一大困難を克服し、
>もって天日復明の時が来ることを待たれんことを。
(いきなり宗教の話に変わってもなあ・・・同胞国は迷惑だろ?w)

76 :名無的発言者:2007/01/13(土) 06:33:18
>>74
そういいながら中国人はマトモな証拠も出せないよな。
日本人だけじゃなく、アメリカ人の研究家も
南京虐殺30万なんてデタラメだと言ってるよ。
最近では、中国様の味方と思われたアメリカ民主党にも
秦の4万説を説明した所、かなりの部分理解した様子。


それから戦争に関して、侵略戦争で裁かれた国など
第二次世界大戦終了までに一国も無い。
それどころか日本を裁いているかたわら、再侵略を行なっていた国すらある。

侵略と言う定義はこの時点では全く実効力を持たない。

77 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/14(日) 22:19:32
>>74
中立?哪个中立主義?
你応該保持中立態度!

>日本の歴史の汚点になっている「南京大虐殺」の否定であった。

否定している人は少ないと思うけど。

>日本已経承認了過去的錯誤,一再表示道歉.不過関於“南京大屠殺”,死亡人数,
>在這一点上還没有定論.
>(日本は既に過去の過ちを認め、何度も謝罪を繰り返してきた。しかし、“南京大虐殺”
>に関しては、死亡人数において、未だにはっきりした事が言えないのである。)

>>76
この問題では、中国政府の立場があるので、歩み寄りは「不可能」です。
しかし、日中両国や世界の研究者による研究は、今後も続けられるでしょう。

78 :名無的発言者:2007/01/15(月) 22:20:10
2ch閉鎖になるのか、もう少し有意義な板で、内容のあるカキコミがしたかったな。
とても残念だが。

79 :のぶた:2007/01/15(月) 22:38:55
歴史はひとつ鏡です。未来を道選択する時、歴史はいい本だ。
しかし、ずっと暗いの過去を忘れないのは人に対して一種の苦しみでしょう。
国も同じだと思います。過去を忘れ、未来に行く、一種の生きる方法華も知れません。
個人の考え方。

80 :名無的発言者:2007/01/15(月) 22:50:17
>>79
同意。
歴史は、政治ではなくて、純粋に「学問」として研究されねば
ならないでしょう。
もうすぐ、そういう画期的な時代が到来しますよ。

81 :名無的発言者:2007/01/16(火) 22:02:01
age

82 :名無的発言者:2007/01/17(水) 15:47:52
>>80
本当にもうすぐ到来しますかね?
それはすなわち中共政権の崩壊を意味するはずですが。

83 :名無的発言者:2007/01/17(水) 15:51:23
どこでもたん吐く、手鼻かむ/列に割り込む/大声出す
中国人よ 礼儀守れ 海外旅行急増 共産党が提言

 【北京=杉山裕之】中国共産党の中央精神文明建設指導委員会弁公室と国家観光局は、
一般から募った声をもとに、海外旅行中の中国人によるマナー違反の代表例をまとめると
ともに、「礼儀の国のイメージ」(同委員会)を守るための提言を出した。
 急成長を続ける中国では、昨年、海外、香港、台湾などに出かける旅行者が約3100
万人に達した。代表例には、今や世界中の観光地にあふれる中国人客の様々なマナー違反
が並ぶ。
 所構わずたんを吐き、手鼻をかみ、たばこを吸う。大声をあげる。先を争って乗り物に
乗り、列に割り込む。シャツやズボンのすそをめくり上げる−といった中国国内では日常
の光景のほか、外国人と強引に記念撮影する、バイキング式の食事で取りすぎて残す、ホ
テル備品を持ち帰る、などもヤリ玉にあがった。
 提言は、旅行客、青少年への教育の強化を特に訴え、「共産党幹部、国家公務員は手本
になるべし」とも強調した。
 同委員会は8月、旅行客のマナー向上を求める通知を出した。その後、意見を公募した
ところ、大きな関心を呼び、電子メールなど3万件以上が内外から寄せられたという。

84 :名無的発言者:2007/01/17(水) 15:56:58
>>83
はっはっはっは
日本だけでやってると思ってたけど
世界中でやってたのか

85 :名無的発言者:2007/01/17(水) 18:12:40
日本人って揚げ足取りに終始するだけだが、
中国人が中傷を行いたくなるのも解らなくはないな。
南京大虐殺はどうも嘘でもないみたいだし、
三十万説は嘘みたいだが十五万から四万は現実的にあり得そうな数字だからな。
謝罪も何もせずに揚げ足をとるだけなら、
中国人が中傷したくなるのも無理はない。
一つ指摘しておくが、嘘をつくに人間と虐殺しても詫びない国とでは、
明らかに後者の方が罪が重い。
中国人は嘘吐きだから悪人、日本人は中傷を受けた哀れな被害者という構図で考えている人間が居るが、
どうあれ虐殺は事実。しかも謝罪も何もしていないのも事実。
どう考えても虐殺しながら詫びもしない人間の方が傍から見ると傲慢に見えるし、
我侭だと言えるだろう。
調子にのって南京大虐殺の存在そのものをかき消そうとする人間が居るが、
幾つかの証拠や証言から虐殺そのものは事実みたいだからな。

86 :名無的発言者:2007/01/17(水) 18:15:06
中国人=嘘吐きで悪人
日本人=中傷を受けた被害者と考えるのは甘すぎる。

明らかに中傷を行う国より虐殺を起しても謝罪も何もしない人間の方が、
傲慢だから。

87 :名無的発言者:2007/01/17(水) 18:17:48
チベット人を虐殺してもわびない嘘つきチャンコロ、乙。

88 :名無的発言者:2007/01/17(水) 18:24:37
中国人の立場がどうあれ、日本の過失が帳消しにされる訳ではないんだがな。
日本に対する批判を自分に対する批判と考えている人間が居るが、
日本人の大多数は面識もない垢の他人のはずだ。
面識もない垢の他人にシンパシーを抱いて自分に対する批判と考えるのは意味不明だし、
擁護もまた意味不明である。

89 :名無的発言者:2007/01/17(水) 18:50:36
嘘をつく国家が確たる証拠も無く虐殺が有ると言ってもね。
確かに有ったかもしれないが、有ったことを確実に証明できないんじゃ
まずは「疑わしきは罰せず」だからね。
それが証明されるまでは、本来歴史的に南京虐殺の存在を認めてはならない
はずだし、勿論それについて謝罪する必要もない。
まあ中国にとって歴史とは政治そのものだから「真実」などむしろ邪魔なもの
でしかないのだろうけど。

90 :名無的発言者:2007/01/17(水) 18:57:26
そもそも数字も捏造だし

91 :名無的発言者:2007/01/17(水) 19:40:38
匪賊退治を行った日本の兵隊さんに感謝するのだよ、支那の皆さん。

92 :名無的発言者:2007/01/17(水) 19:45:03
紅匪が一番悪さをしているな。退治できなくて残念よ。

93 :名無的発言者:2007/01/17(水) 20:05:15
江沢民が何様か知らないが、中国の過失を棚に上げて一方的に日本を批判するのは卑怯ではないかな。
日本に対する謝罪外交を要求しながら一方でベトナムの謝罪要求には未来思考になれなどとのたまう。、
日本人の大多数は来日して訪問する先々で江沢民が行った歴史認識外交などうっとおしかったはずだ。
品格もない愛国無罪の暴徒に嫌悪を抱いて中国人に対するイメージがダウンするし、
共産党への嫌悪もまた当然である

94 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/17(水) 23:01:28
>>85
>一つ指摘しておくが、嘘をつくに人間と虐殺しても詫びない国とでは、
>明らかに後者の方が罪が重い。

何度も指摘していますが、「侵略戦争」に関しては、謝罪していますよ。
いい加減、自分の「趣味」で反日を煽るのを止めていただきたい。
あなた、何人?中国人じゃないのかもね。

http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%B1%A0%E6%AE%BA
>有關南京大屠杀的過程與死傷人數至今仍有争议,其中远东国际军事法庭认定为20万以上,
>中國学者考证为30万以上,而日本学者之研究則眾說紛紜,難有統一定論。
>(南京大虐殺のプロセスと死傷者の数に関しては、今なお論争が続いている。
>極東国際軍事裁判では、20万人以上が死亡したと認定され、中国の学者は30万人以上と
>考証し、日本の学者の研究では諸説紛々としており、定説はに到るには難しい情況である。)

>日本已経承認了過去的錯誤,一再表示道歉.不過関於“南京大屠殺”,死亡人数,
>在這一点上還没有定論.
>(日本は既に過去の過ちを認め、何度も謝罪を繰り返してきた。しかし、“南京大虐殺”
>に関しては、死亡人数において、未だにはっきりした事が言えないのである。)

95 :feng ◆kbrO.AARhM :2007/01/17(水) 23:06:46
>>85
>調子にのって南京大虐殺の存在そのものをかき消そうとする人間が居るが、

だから、それは日本人のうち何割ですか?
かつて「右翼歴史家」と言われた秦先生だって、無かったとは言ってませんよ。
中国では、あたかも日本人全員が否定しているかのようなが誤解がまかり通って
いて恐れをなす時があります。一体誰が、煽ったのか?

96 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:16:45
そうそう。有った/無かったなんて誰にも言えません。
でも中国では、有ったかどうかもまだ分からないのにさも有ったかのような
誤解がまかり通っていて恐れをなします。
それは中国共産党政権が国家として煽っているからなのですが。

97 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:28:58
2ちゃんねるで反日活動しているのは、社民党に息がかかった糞ども
だよ。日本にいる中国人は全てとは言わないが、きちんと歴史を見直
して、洗脳から脱出している人もいる。歴史はまず事実を確認しなけれ
ばならない。満州全土の支配が内地の命令を無視した関東軍の暴走である
事も事実だし、正当に得た日本の権益に執拗に経営妨害をしたり、居住民
に対して略奪、虐殺、暴行を加えた抗日分子が満州事変を起こす直接の引
き金になったのも事実だ。なおこの経営妨害には米国も深く関わっている。

98 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:34:43
満州事変を自ら引き起こしたのは関東軍、実質日本の傀儡政権だったのも事実である事を認める。それに対して抵抗した中国軍の行動も正当な行為
だ、しかし、全て中国が正しくて日本は悪いというのも見当違いである。米国及びソ連と強調した対日工作、軍による一般市民を対象とした略奪、
暴行、虐殺。満鉄等の日本が持っている権益に対しての営業妨害。これらは全て挑発的な行動で、中国側も日本に侵略したとみなす事ができるよ。
日本側も悪い所は史実を根拠に認めているけど、中国は一切認めてないよね。日本側の方が公平に歴史を認識しているが、どうだろう?あくまでも
抗日に拘る共産党の政策が、今の中国の歴史認識に繋がっている事は、日本人として、理解しているが、ここまで酷いのは余りにも滑稽だ。自分達の失敗
はひたすら隠し、日本だけを悪人扱いする事は中国としても恥だと思います。戦いから逃げて、撃退に失敗したから、戦線が拡大し泥沼になったんでしょ?
また意図的に米国と強調しこういう戦いに日本を引き込んだんでしょ?米国の文書にもこれは明記されています。米国は日本軍が中国にいてくれた方
が都合良かったのだ、太平洋戦線も楽になる上、兵器産業も儲かる。中国がソ連と交わした不可侵条約は、日中が平和解決しない限り、ソ連はどの国とも不
可侵条約を締結できないという物だったから、なおさらだ。日本がソ連と交わした中立条約は、この時点で、二枚舌外交によって形だけのものとなったいたの
も史実だ。


99 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:36:01
ソ連はポーランドをドイツと分割支配する為にこれを利用し、ドイツとの戦いにもこれを上手く利用した。日本などどうでも良かったのだ。
日本を侵攻する事は、既にヤルタ会談で決定していた事が明らかな様に。悔しいがソ連は一枚上手だったな。戦後中国共産党は文化大革命の下、自国民を
大量虐殺したが、この時被害を被った中国人は戦争で失った数にも負けてはいないね。またベトナム等次々と侵略し多数の人を虐殺したよね。この行動は正しいの?
共産党は、殺した中国人やチベットやベトナムの一般市民に対して反省と謝罪はしたの?賠償はしたの?ベトナム懲罰侵攻は逆に返り討ちに会い、戦略的にも戦術的にも負けだよ
ね?君たちは共産党が起こした大量虐殺や侵略行為を偽りの教育で隠され、それを非難する事を防ぐ為に日本が捌け口になっている事に気付くべきだ。共産党の失敗や残虐行為から
目を反らす為の抗日教育の成果は、このスレではっきりと現れているね。中国の蛮行も史実で証明され、国際的に非難されているにも拘わらず、それに関わろうとし
ないのが何よりの証拠だ。中国はもう一度、天安門事件を起こす必要があるな。


100 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:36:54
満州事変を煽ったのは中国だ。中国国内(全土ではない)にあった、日本の
権益は、全て戦争に勝利して条約により合法的に得たものだ。満州の一部の
権益を得た日本は、経営に必要な人材家族及びその保護の為の関東軍を派遣
した。関東軍は当初戦線不拡大の方針で、侵略の意思はなかった。しかしそ
の一部の権益に抗日分子が度重なる挑発行為を起こして、日本としても我慢
の限界に達した。中国側は日本の権益に手を出した・・これは実質宣戦布告
以外の何物でもない。中国が内乱で大変な事になっていたのは解るが、朝鮮
農民の殺害や、満鉄の営業妨害等、他国が正当に得た権利を妨害して良い物
ではないはずだ。また事変後についてであるが、日本政府は関東軍に戦線不
拡大の方針を厳守する様に要求したが、当の関東軍は従来からの抗日分子の
挑発行動に限界を感じ暴走し指令を無視し、一気に満州全土を支配下に治めた。
抗日分子が条約で得た権益に手を出さなければ、満州事変は起こり得なかった
のである。断っておくが、内地の指令を無視した関東軍は命令違反であり、満州
全土を支配した行動は正しくはなかった。



101 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:39:38
満州事変に続く日華事変は、事態収束の為内地の指令で一端は国民党軍との間で、
停戦協定を結び落ち着いたが、後が悪かった。何とも間抜けな事に、毛沢東率いる
共産党軍が日本軍に対し発砲してきたのである。満州事変に至る経緯で屈辱的な思い
を味わった関東軍はこれに憤慨し、一気に戦線が拡大し、日中戦争に突入したのである。
内地もここまで日本が舐められたとなるともう徹底的に戦うしかなかったのだ。


102 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:41:57
長々とコピペご苦労・・・







・・・で、いったい何が言いたいの?

103 :他の中国人:2007/01/18(木) 01:46:43
次はコマーシャルか?

104 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:49:53
中国も悪い部分があったし、日本も悪い部分があったという事だ。
全て俺の文章だ。コピペかどうかは問題ではない、中国も意図的な
挑発をやってたのに認めないのかい?という事だ。

105 :他の中国人:2007/01/18(木) 01:52:40
やっぱコマーシャルだ。

106 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:53:57

9条は日本人の心の故郷です。変えさせません


http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50

9条は日本人の心の故郷です。変えさせません


http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50

9条は日本人の心の故郷です。変えさせません


http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50




107 :名無的発言者:2007/01/18(木) 01:57:04
>>105
公安恐いよぅw

108 :他の中国人:2007/01/18(木) 02:30:37
>>107
永遠にアメの前に土下座しろ!

109 :名無的発言者:2007/01/18(木) 02:40:55
>>104

つまり過失は五分五分であって、お互い様とでも言いたいんだな?
だが中国の過失は否定しないが五分五分にはならないだろう。
中国の過失が地球サイズなら日本の過失は木星か太陽サイズだからね。
中国が万引き犯なら日本は銀行強盗殺人犯のようなものだ。
どう考えても相殺したり五分五分で語れるようなものではないだろう。

110 :名無的発言者:2007/01/18(木) 03:01:15
>つまり過失は五分五分であって
日本軍は中国本土から追い出されておらず、中国軍は日本本土どころか奥地に引き篭もっていただけだった。
七分三分で日本が有利。例えて言えば日本は万引き氾を射殺する警察官であり、
中国は強盗殺人氾に腰を抜かして逃げ出す警察官。
中国人が未だに拘るのは当時の中国が日本の侵略の前にろくに戦わずに臆病で怠惰だったことを認めたくないからだと思う。



111 :名無的発言者:2007/01/18(木) 03:11:23
>>110

まず日本は警察官にはならんな。
満州事変を引き起こした時点で条約を履行して居らず、
また満州事変は自衛ではなくて殆ど帝国主義的野望で引き起こされた行為の為、
日本は警察官と言うよりならず者だろう。

112 :名無的発言者:2007/01/18(木) 03:14:04
太平洋戦争が自衛なら中国は自衛以外の何ものでもない理由で戦っていた事になる。
どうあれ日本の立場はかなり悪い。
太平洋戦争の時の日本ですら立場がかなり悪いのに、
日中戦争では更に悪くなるだろう。

どうあれ日本の立場が良くなる事はないな。

113 :名無的発言者:2007/01/18(木) 03:24:48
>中国は自衛以外の何ものでもない理由で戦っていた事になる
中国はアメリカに物乞いしているだけで、日本軍とはまともに戦っていない
>どうあれ日本の立場はかなり悪い。
1944年になっても日本軍の優勢に変化は無く、日本軍の攻勢に中国軍は逃げ出す現実だった。
>太平洋戦争の時の日本ですら立場がかなり悪いのに、
>日中戦争では更に悪くなるだろう。
>どうあれ日本の立場が良くなる事はないな。
禄に戦わず1944になっても禄に反撃できない中国の連合国内における立場は大幅に悪化したが。





114 :名無的発言者:2007/01/18(木) 03:59:50
>>113

貴様のようなのがアジアの解放を訴えているかと思うと、
中国人が可愛そうだ。

115 :名無的発言者:2007/01/18(木) 04:09:36
戦争というものは戦わないで逃げ出す者が悪であり
口先でいくら日本が悪いと喚き散らしても戦場で日本軍から逃げ出しては無意味であり
「極悪非道の」日本軍を恐れずに命懸けで戦わなければならなかった。
寡黙で命懸けで戦ってアメリカを追い出し中国の侵略を返り討ちにしたベトナム人が
それほど恨みがましく騒がないのに対して、戦場では逃げ捲くっていた中国人が騒ぎ立てるのは、
口先と行動は反比例する典型的な実例ではないのか。


116 :名無的発言者:2007/01/18(木) 04:33:53
アメリカ人が原爆を落としたがる理由が解ったよ。
日本人に原子爆弾が落とされても仕方あるまい。
焼夷弾の雨に苦しむ事になったのは、日本人自身に問題がある。

僕は焼夷弾の雨で日本人が苦しむ事になったのは良かったと思います。
地獄の苦しみを味わいながら死んだのであればなお更だ。

総督府の総督が全て日本人で中国を侵略して中国人を虐殺して
資源を略奪する為に戦争を始めたのにアジア解放だと訴えるのが日本人なのでありますが、
私は日本人の醜さを感じると共にアメリカ軍によって悪い日本人が処理されて良い日本人だけが残り、
日本が邪悪な日本人の支配から解放されてアメリカ軍に文明国に変えられた事は良かったと思います。

117 :名無的発言者:2007/01/18(木) 04:49:28
中国人が東南アジアで排斥される理由が解ったよ。
日本軍に手も足も出ずに終戦を迎えても仕方あるまい。
近代の中国が苦しむ事になったのは、中国人自身に問題がある。

僕は共産党の所為で中国人が苦しむ事になったのは自業自得だと思います。
中共の扇動に煽られて死んだのであればなお更だ。

総督府の総督が全て日本人で中国を侵略して中国人を虐殺しているのに戦わずに自分だけ助かろうと逃げ捲くり
アメリカに物乞いして奥地に引き篭もっていただけなのに抗日戦争だと訴えるのが中国人なのでありますが、
私は中国人の臆病且つ傲慢さを感じると共にベトナム人やインドネシア人は自らの命を賭けて堂々と侵略者と戦い、
邪悪な植民地主義の支配から解放されて独立を勝ち取った事は良かったと思います

118 :名無的発言者:2007/01/18(木) 08:29:55
>>108−117
真夜中に激論ご苦労。

119 :名無的発言者:2007/01/18(木) 09:34:06

「日中歴史共同研究」初会合、今後は難航か
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/01/html/d76147.html

*歴史粉飾、事実歪曲と非難の応酬
 中国官製および中共統制下の報道メディアによる近年の報道では、日本政府は過去において、中国およびその他アジア各国
を侵略したことを無視し、事実を粉飾しており、中国人民の感情を傷つけたと非難した。一方、日本側は北京政府が自国内の
政治目的で、事実を歪曲し、日本を悪しざまにいい、反日感情を扇動し、中共独裁統治に不満を覚える中国人民の注意を
そらしたと指摘した。

 *歴史を政権保持の盾にする中共
 多くの学者は、中国は依然として共産党の一党独裁国家であるとし、歴史は政権執行一党が操る政治道具であるとみている。
共産党は、政権の合法性について人民に疑問を持たず、また、これまでに学者の独立した歴史の研究は許さなかった。

 *共同研究により、両国の摩擦は減少か増加か
 東京大学の山内昌之教授は、「中国の場合、歴史の最終的に解釈するのは、中国共産党だ。中国の歴史学者には、言論の自由
はないからだ。故に、日中歴史共同研究は、双方の摩擦が強くなり、日中関係に思わしくない影響を及ぼす可能性もなくはない」
との意見を示した。
 一方、日本国際関係研究所のロバート・ドジェリカ研究員は、日中両国は歴史問題による頻発した摩擦を経て、今回の歴史
共同研究の推進は有意義であるとした。しかし、共同研究により真相が現れることはないとし、中国共産党は歴史に対して政治的
に独自の解釈を持っており、往々にして事実と符合しないことが多いとの見解を示した。

 *歴史研究を統制する中国
 実際、評論家たちはよく指摘しているように、中共当局は歴史研究者に対して、一貫として共産党のイデオロギー原則に基づいて、
自己の研究を規範し、政府当局の政治規定に一致しない研究および発表を禁止している。また、歴史研究を統制するために、
中共当局は歴史研究において多くの禁止部分を規定している。例えば、文化大革命、台湾歴史研究、チベット歴史研究などの
領域において、中共当局から許可がない限り、独自の研究は許されないという。
(07/01/01)


120 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/01/18(木) 09:58:16
  黍の民は、戦に逃げて、後で敵を罵る。
米の民は、戦で主張して、後は何も言わない。

121 :名無的発言者:2007/01/18(木) 11:03:47
>>117

他人の文章をパクった挙句に改ざんするなよ。
文章ぐらい、自分で考えて欲しいものだ。
他人の文章を改変して使用している辺り、
まともに反論できていない事を自らで証明しているようなものだが。
有効な反論ができるのであれば、他者の文章を改ざんして用いるような事はしない。

死ね。

122 :名無的発言者:2007/01/18(木) 12:27:02
>>121
君は原爆や無差別空襲を褒め称えている。何か勘違いしていないか?
日本でも、自国の軍隊が起こした重慶空襲等の戦争犯罪を非難し認めて
いるんですよ。重慶は蒋介石の本拠地で要塞都市だったので、航空機の
爆撃で、重慶政府を屈服させる作戦だったが、結果として蒋介石を屈服
させる事もできず、罪の無い一般市民が多数死んでしまった。戦争で罪
の無い市民が、多数犠牲になったのは日中双方同じです。戦後連合国は
日本の重慶空襲を何故戦争犯罪として扱わなかったか解るか?自分達の
大量無差別殺戮行為を正当化する為に逃げたのだ。これは米国も認めて
いる。米国はその後、ベトナム、イラクでも同様の戦争犯罪を犯してい
る。通常の軍隊同士の戦闘と、これらの戦争犯罪を同等に扱う事は自分達
の戦争犯罪も肯定する事になります。

123 :名無的発言者:2007/01/18(木) 12:55:12
はいはい
昭和15(1940)年7月末、試作機はすべての問題点が解決し
たことを認められ、その年の紀元2600年を記念して、末尾の零
をとって「零式艦上戦闘機」と名づけられた。
 8月19日、漢口から零戦12機が飛び立った。重慶を爆撃
する陸上攻撃機54機の護衛である。その搭乗員たちは、初め
て自分たちを援護してくれる戦闘機を得て、零戦に機上から手
を振った。1500キロもの長距離を単座の戦闘機が編隊を組
んで飛行するのは、世界航空史上でも例のないことであった。

 

124 :名無的発言者:2007/01/18(木) 12:55:46
重慶では約30機の中国空軍の戦闘機で待ち構えているとい
う情報が偵察機からもたらされていた。しかし、中国空軍は出
てこず、陸上攻撃隊はゆうゆうと爆撃を行い、全機帰還した。
中国空軍は日本の新鋭戦闘機が援護しているという情報を得て、
身を避けている気配であった。翌日の爆撃にも姿を見せなかっ
た。  そのうちに意外な情報が重慶からもたらされた。中国空軍は
日本の航空戦隊が帰った後に、重慶上空を飛行し「日本航空隊
に大損害を与え、追い払った」と宣伝しているという。


125 :名無的発言者:2007/01/18(木) 12:57:31
重慶市街上空の衆人環視の中で、ソ連の最新鋭機イ15、イ
16が、半分以下の機数の日本機に全滅させられたことに、中
国空軍は戦意を著しく喪失し、さらに奥地の四川省成都まで後
退した。零戦部隊はそれを追って、攻撃を続けた。
 日本国内では零戦の量産体制が整えられ、三菱重工と中島飛
行機が毎月数十機という規模で続々と零戦を生み出し、前線に
送り込んだ。  中国大陸での零戦の作戦行動は、昭和16(1941)年8月末に
完了した。大陸全体が、日本の航空兵力の制空下に納められた
からである。約1年間で中国空軍に与えた損害は撃墜162機
(不確実3)、地上での撃破264機。零戦の被害はわずか2
機、それも地上からの防御砲火によるものであった。


126 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:00:16
中国空軍は、アメリカのクレア・シェンノートという元陸軍
航空大尉によって指導されていた。シェンノートは蒋介石から
の厚い信任のもとに、アメリカ、ソ連、イタリアなどから最新
鋭の戦闘機を購入し、多くの中国人パイロットを育てていた。

 零戦の登場にシェンノートは激しい恐怖を覚え、その客観的
なデータとともに、世界航空界の先進国を自負する米英軍の最
新戦闘機でも、零戦と交戦したら悲惨な結果となると警告した。



127 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:01:30
そうした米英の思いこみを一挙に粉砕したのが、冒頭に述べ
た昭和16(1941)年12月8日からの3日間の出来事であった。
米英軍は大恐慌に陥った。
 昭和17(1942)年6月のアリューシャン攻略作戦では、零戦
隊は米軍機40数機を撃墜するなど、大きな戦果を上げたが、
1機の零戦がガソリン・タンクに被弾し、無人島に不時着した。
機体は裏返しとなり、パイロットは死亡した。その機体を入手
した米軍は狂喜した。
 機体はアメリカに持ち込まれ、徹底的な分析が行われた。
20ミリ機銃を装備しながら、極めて機体が軽く、米戦闘機で
はとうてい敵わない運動性能を持っていた。しかも航続距離は
1600キロという例のない水準である。アメリカの航空技術
者は驚嘆した。その調査結果から、米軍は零戦1機に対して2
機で急降下攻撃を加えること、それが失敗したらそのまま逃避
して、決して格闘戦に入らないようにせよ、という指示が出さ
れた。


128 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:06:56
でも重慶空襲は、蒋介石が逃げただけで屈服させるまでには至らなかった
でしょ?零戦の戦闘は史実通りだし、世界初の戦爆連合による爆撃という
戦術性は日本人として誇りに思ってるが。重慶の市民が沢山死んだ事には
、誇りを持てないな。これを戦争犯罪と認識できなければ、米国の無差別
都市空襲や実験目的で確信犯である、市街地の人口密集地を対象にした原爆
投下を正当な行為として肯定する事になる。

129 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:11:01
馬鹿原爆と一緒にするんじゃない

130 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:18:37
>>129
都市の関係ない一般市民が沢山死んだのは同じだよ。日本と米国が決定的
に違ったのは、日本は学校や病院等への攻撃禁止を厳命していた。でも現在
みたいな精密攻撃兵器なんか無かった時代だから、やっぱ落ちちゃうよな。
米国の様に確信犯でやってなかった事だけは、記録や資料で明らかだけど。

131 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:33:26
米国は勝てば、なんでも正当化する。
確信犯も何も、蒋介石国民党軍と戦ってる最中であり
ソ連製の戦闘機が日本より多くしかも重慶自体に高射砲を構えて
いたんだろ。 米軍は、日本機、作戦を真似その後の戦争に生かしたわけだ
原潜にしても  方や共産軍は、日本空軍の指導者を教官として
空軍を作った。

132 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:36:03
広島長崎東京空襲で日本軍は戦ったのかい(1,2つぐらいはあったろうが)

133 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:38:42
オイタ中、ばかですねーー

134 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:41:51
9月13日、零戦13機は、爆撃終了後、重慶から50キロ
戻ったところを急遽、反転した。果たして、重慶上空には27
機の中国軍機が編隊を組んで飛んでいた。ソ連製の最新鋭機イ
15、イ16である。零戦隊は相手より千メートル高い位置か
ら、突っ込んでいった。中国軍機は気がついて、あわてて散開
したが、零戦はスピードが速すぎて相手を追い越してしまった。

 27機対13機が入り乱れての空中戦となった。動きの緩慢
なイ15、イ16の横を、零戦の高速の機影がかすめて通り過
ぎる。落ちていくのは、中国軍機ばかりであった。20ミリ機
銃の威力はすさまじく、敵機の主翼を飛び散らせた。「なぜ、
あんなに落ちていくのか」と零戦パイロット自身が不思議に思
えたほどであった。大空中戦はわずか10分ほどで終わった。


135 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:45:52
>>132
戦いましたし、B29も撃墜している。原爆については、要撃した記録は
あるが、高度が高く実質失敗している。また当時、単機または数機の編隊
は、偵察行動という認識があり、戦力も本土決戦に備え温存措置がとられて
いた事もあり、高高度を飛行する偵察行動の要撃失敗は問題視していなかった。
単機のB29に対し、警戒し確実に撃墜せよ!となったのは、原爆攻撃以降。

136 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:46:16
>>131
アメリカは敗北しない限り自己正当化は止めないでしょう。
ベトナムでの失敗を全然教訓にしてないもん・・・


137 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:50:57
>>131
確信犯というのは、空襲作戦ではなく軍事目標以外の攻撃の事。
結果的に重慶の市民が多数死んだ事は、結果論だが、現在の視点
で見ると遺憾に思う。中国空軍を設立するのに旧陸軍の林少佐は、
多大な貢献をしたのも事実だ。

138 :名無的発言者:2007/01/18(木) 13:51:26
米国は勝てば、なんでも正当化する。大義 自由の為か
>チョッと違うか  戦争するに当たってだな

139 :名無的発言者:2007/01/18(木) 14:03:51
>>111
日本が戦争に勝って条約で合法的に得た満州の権益に、ちょっかい出したのは
何処の国?事変以前の関東軍は権益の保護に徹し、侵略行為はしていないのだが。
日本は条約を履行していたが、条約を守らず権益に対し妨害工作を頻繁に行い、我慢
する関東軍を暴走させたのは中国と、営業妨害を支援した米国だろうが。中国が条約
守り、日本の権益を妨害しなければ満州事変は起こりえなかった。正当な手段で得た
他国の権益にまで手を出すのは、侵略行為であり宣戦布告と見なすのが国際的な常識
だ。満州事変で全土を支配した関東軍の行動は侵略行為だが、きっかけを作ったのは
誰だ?

140 :名無的発言者:2007/01/19(金) 23:40:45
ha

141 :名無的発言者:2007/01/19(金) 23:45:50
>>139
中国共産党です。抗日分子の御陰で満州国ができた訳です。

142 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:09:42
>>132
一つ二つどころではないよ。米軍の記録も調べると450機損失している。
まぁ、全て撃墜ではないと思うけどね。一晩で10機以上落としたりもし
たよ。科学技術の立ち遅れや、陸海軍の連携不足等で結果として蹂躙を
許したのは苦い歴史だね。興味があれば、本土防空戦で検索すれば、沢山
引っかかるから見てみて下さい。こういう話し合いなら大歓迎だよ。
中国軍の事も教えてよ。

143 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:26:21
>>139

満州事変を自衛か何かだと考えないように。
原因と経緯と結果を考えると、自衛でも何でもないからね。

それと権益にちょっかいを出したと言うのなら、
証明して欲しいのだが。

144 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:28:52
満州事変は原因と経緯と結果を考えると自衛でも何でもないから、
満州事変の結果は中国にありとするのは誤りだね。
なぜなら中国は無関係で発生したのが満州事変だから。

中国を引き合いにだす辺り、それは間違いだといえるな。
満州事変の原因は全て日本にあり、
中国の権益侵害(実際にあったかは知らんが)を糾弾するのは誤りだからだ

145 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:33:14
満州国建国の一件で反日・抗日分子は関係ないよ。
彼らが居なくとも、行われただろうから。

他国や他人の責任にする人間が多いが、
満州事変は誰が引き起こしたんだよ?
中国人が満州事変を引き起こしたのなら、
全ての責任は中国人にある。
だが日本人が引き起こした事件な訳で、
非難の対象にならねばならないのは日本人だ。

146 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:37:50
何でも中国が悪いと言う奴は多いな。
と言うより何でもかんでも他者の責任にしようとする奴は多いな。
太平洋戦争も米国が悪い、ルーズベルトが悪い、
日中戦争も中国軍が悪い、日本は正しい。

意味不明だ。

147 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:39:09
黄文雄氏
・中国人には古来、満州は長城以北の「関外」「塞外」の地であるとの通念があり、中華文明圏の別世界として位置づけてきた。
決して中国人が今日主張するような「神聖なる絶対不可分の固有の領土」などではなく、むしろ絶対に交わりたくない、
「化外の地」だったのである。ところが今日中国は、満州は中国の「東北史」と位置づけている。これほどの歴史捏造はあるまい。
・満州人は、漢民族より日本人、朝鮮人に近い民族である。
・中国人は同じ漢民族に支配されるより、モンゴル人(元)や満州人(清)に統治されるほうが生活は豊かで幸福だった。⇒漢民族とは何かを知るべし。



148 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:44:13
>>146
事実じゃないか、挑発は宣戦布告以外の何物でもないよ。
中国は満州の租借地や企業に挑発行為を実施していないならまだしも。
満鉄の営業妨害には米国も加わっているよね。

149 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:44:51
・清朝時代の中国人は、今の表現を使えば中国は清国に征服され、植民地にされたと認識していた。
だから辛亥革命前に孫文は、革命団体”興中会”最初の革命綱領において、「タタールを駆逐し、
中華を回復する」と主張していた。そして彼は資金援助ほしさに、日本に満州割譲を公約しており、
その売却を交渉していた。当時の中国人が満州を中国領をは考えていなかった証拠だ。
⇒日本は買えば良かったのだ。アメリカがロシアからアラスカを買ったように。


150 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:49:28
・満州建国前、中華民国は条約に基づいた日本の特殊権益の侵害を繰返した。例えば鉄道権益への圧迫、鉱山経営の妨害、
不当課税、商祖権の侵害、居住権と商工業への圧迫等である。
 それは1921年のワシントン会議で、対華21ヶ条要求の一部と、石井・ランシング協定が放棄されたからである。
⇒このとき、アメリカは既に排日の行動を取っているのだ。 
 ・日露戦争で幾多の血を流してロシアを満州から追放し、中国の保全を全うした日本に対して、清は一片の感謝も持たなかった。逆に、
日本の排斥を図る中国人に対し、日本人の間では、「中国人は戦争中、何をしていたのか」という不満と怒りの声が高まった。
そのような対中感情が、「特殊権益」という考え方を強化し、やがて満州事変を誘発し、満州国が生まれるのである。


151 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:49:45
>>143>>144>>145>>146>>147
これだけで充分戦線布告なんだが。満州事変は自衛というよりは中国側
の策略だ。共産党宣伝のみ信じてるような浅はかな知識だけで語るな。
そういう考えが、共同研究の妨げになっているんだ。
http://www.history.gr.jp/~showa/214.html

152 :名無的発言者:2007/01/20(土) 00:55:43
どのように見ても、シナの政権が満州の領有権を主張できるわけはないのである。
 ・なぜ、こうした非道な振る舞いを共産中国が行えたのかーそれは東京裁判において、
日本を裁くために歴史的事実が歪められ、「満州は中国の一部である」ということを連合国が認めてしまったからである。



153 :151:2007/01/20(土) 00:57:35
満州事変を起こしたのは関東軍である、実際そうなのだから。しかし
国際的なモラルを破り、挑発行為を行った中国は厳罰に値する。いかに
関東軍が怒りを抑えるのに必死だったか。今も昔も中国の他国に対する
行動は変わらないよね?尖閣諸島だって、周辺諸国の権益を強奪してる
し、お前らの行動には弁解の余地ないなんだよ。

154 :他の中国人:2007/01/20(土) 01:00:30
なんで人間を生きたまま解剖しないといけいないですか?

155 :他の日本人:2007/01/20(土) 01:01:35
あっw他中だあ

156 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:06:25
満州に日本が持つ権益、居住権、商権は尊重されるべきである。一方が武力を、他方が「不買運動」という
経済的武力を行使している限り、平和は訪れない。

これは誰が言った言葉か解りますか??答えてみて下さいよ。


157 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:07:46
>>154
お前らの国でやってたんだから、自分で解るだろうが。

158 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:11:03
いまだに満州事変に至る真相を知らない、馬鹿な中国人が存在すんのも
驚きだな。リットン報告書を全文読んでから物を言え!

159 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:19:50
>>143
お前の脳内歴史は全世界で否定されてんだよ!証拠なんて検索すりゃ山ほど
出てくんぜ!これだから中国は劣等国だと言われるんだよ。恥だ!

160 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:22:42
意味不明とは、考えることへの放棄だな。

国際社会において、一国の理由だけですべての歴史が紐解けると
いうことはありえない。そういう意味で、日本は別に中国一国に
戦争責任を求めているわけでも、アメリカ一国に求めているわけ
でもない。
帝国主義による支配するかされるかの時代において、強国と覇権
争いをすることで、地位を高め独立を維持しようと日本のみが諸
悪の権化のごとく語られるのは、いささかバランス感覚を欠いた
発言ではないかってことさ。

自国を正当化するのは国際的には当然の行為であるのに、日本
人はそうした他国のプロパガンダに安易に迎合しすぎているこ
とにそろそろ気づいたほうが良い。

尚、根本的に勘違いしている奴が多いようだが戦争が悪だ、人殺し
が悪だということと、国際法上の交戦権を行使するのが良い悪いと
いう議論は全くの別物だ。9条の件もそうだが日本人は少し夢を見
すぎている。マーガレット=サッチャーもいっているが、戦後の平
和を維持しているの、平和思想などではなく核の抑止力だ。
もう一度偏見を排し一から考え直したほうがいい。

161 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:23:33
他中死すべし。

162 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:46:19
>>144>>145
嘘ばっかこいてんじゃねぇよ。過去も現在も中国はアジアの諸悪の根源だろうが。
日本が国際的に条約で手に入れた、正当な権益ぐらいは知ってるよな?それを妨害
して良い訳?中国どころか米国も関与しているんだよ実際に。じっさいに!
お前らの国は民度低すぎ。どうやら中国は世界との時間の流れが違うようだな。
満鉄と平行に線路を米国と共同で敷設したのは意図的な挑発行為であり営業妨害だ。
その他にも中国は執拗に、襲撃略奪暴行殺人を繰り返し関東軍を暴走させたのが真実
であり、国際的な史実だ!

163 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:50:44
満州事変の何が悪いの?


164 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:53:53
帝国主義国家間の抗争に善悪はない。あるのは経済的利害の衝突のみ。

165 :名無的発言者:2007/01/20(土) 01:59:49
帝国主義ってのも必要ない。

単に「国家間」のみで良いと思います。


善悪正邪は宗教的価値観だ。
これが分かっていない日本人が多すぎる。

166 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:00:02
>>163
何も悪くありません。敢えて悪かったとすれば、関東軍が戦線不拡大の方針を
無視して暴走した事くらいでしょう。自国の国民が虐殺され指を咥えて見てる
のにも限界があります。報復が悪いのなら、中国も悪いですから。通州事件を
否定する中国に、満州事変を語る資格などありません。
通州事件肯定=満州事変肯定とならねば矛盾するからだ。

167 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:01:28
しかし一番非人間的なのは中国共産党であった。

168 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:04:25
支那は残虐の歴史の宝庫であるなあ。

169 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:05:15
>>167
日華事変で関東軍を煽って一気に戦線を拡大させた張本人だからな。
国民党軍と一旦は停戦合意が得られて、和平が到来しようとしてたの
に。敢えて発砲するんだからな、民度が低いよやっぱ。

170 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:15:48
シナ共産党はコミンテルンの指示で動いていたコミンテルン中国支店だったのさ。

171 :他の中国人:2007/01/20(土) 02:20:25
倭んごろは糞アメの番犬だ!中国軍にぼこぼこされたあの日本の天皇である
マッカ−サー陛下は?

172 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:23:02
満州の租借地や権益を武力によって侵略したのは、中国、ロシア及び米国である。
これは日本に対する宣戦布告だ。一般市民も多数が虐殺された事実は覆せないぞ。
中国はこれらの反省が無いまま現代でも全く同じ事を近隣諸国や少数民族に対し
行ったし、現在も行い続けている。

173 :他の中国人:2007/01/20(土) 02:24:21
なぜ平気に琉球人を皆殺したか?

174 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:26:25
>>171
チャンコロは共産党の番犬というより奴隷だな。中国は朝鮮でも
弱かったよな。腹いせに非戦闘員を大虐殺か?殺すのなら兵隊を
殺せや卑怯者。

175 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:27:42
>>173
琉球人を虐殺したのは中国だろうがよ。頭大丈夫?

176 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:33:57
沖縄戦で琉球人の人口の4分の1を見殺しにしたのは大本営。

177 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:36:26
>>176
それは史実だな。中国も太古に琉球に侵攻しただろ?

178 :他の中国人:2007/01/20(土) 02:37:26
見殺し=目の前で殺す?

179 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:38:45
支那の伝統は屠城。奪うためにひたすら殺す。

180 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:39:16
>>178
見殺し=見捨てる

181 :名無的発言者:2007/01/20(土) 02:46:22
支那の軍隊にとって中国人民は最初から収奪の対象。

182 :名無的発言者:2007/01/20(土) 07:31:03

中国が日本に侵攻したら

アメリカは中国と戦争などしてくれない可能性が高い

なぜなら14億人もいる大国相手に

戦争をしかける事は自国にとんでもないリスクがある事

そして14億人もの人口がいながら発展途上の中国は

これから日本以上に経済的利益が見込める国でもある。

日本は中国に侵攻できると思わせないような軍事強化をしなくてはならない。

そうする為には売国の流れを断ち切り日本の世論を変えなくては

我々の子孫は中国に支配されてしまう。

我々が世論を変えるんだ。

我々ならできる。

183 :名無的発言者:2007/01/20(土) 07:41:54
黄文雄氏 この中華民族という民族概念は、20世紀に入ってから急ごしらえで作られたものだ。中華民国は成立後、清朝の版図継承を正当化するため、
満州民族を含む周辺諸民族を新概念である“中華民族”に組み入れた。
 そのため中華民族である満州族の満州は「古来、中国領」であり、満州の歴代王朝は中国の一地方政権だったとの論理が成り立ったのである。
もっともそのような主張は、中国にしか通用しない独断である。
 今日では清朝を中国の正統王朝と認定し、かって漢民族の仇敵だった満州人ヌルハチを「太祖」と追シし、中国人の民族英雄に祭り上げるなどしている。
 このようにみれば、蒋介石の“中華民国”にせよ、毛沢東の“中華人民共和国”にせよ、自らのアジア侵略を強引に正当化してきたのである。 
 ・現代中国は清帝国の後継者ではなく、新たに独立した国家であるとの視点から、20世紀における中国の侵略国家としての面貌が浮き彫りになってくる。


184 :名無的発言者:2007/01/20(土) 11:38:38
まぁ、中国は過去から現代において何一つ正しい行為はしていない訳だ。
中立的な立場で見ると尚更、中国の歴史が欺瞞と侵略で構成されていろ事が
解る。中国はアジアは愚か、全世界に対し謝罪と賠償をしなければならない。


185 :名無的発言者:2007/01/20(土) 11:42:45
中国にまともな歴史はない。あるのはpropagandaだ。

186 :名無的発言者:2007/01/20(土) 11:44:57
他中に頭脳はない。あるのは劣等感と嫉妬だ。

187 :名無的発言者:2007/01/20(土) 11:45:34
中国人はもっと「未来志向」になれよ。

188 :名無的発言者:2007/01/20(土) 11:54:37
朝日新聞は政治面で、「与党、訪中ラッシュ 雪解けムード演出狙う」という記事を載せています。「
自民、公明両党の国会対策委員長が20日から4日間、北京を訪れるの皮切りに、
党三役クラスなどの訪中計画が相次ぐ」という内容です。
小泉前首相は就任後の初訪中の際だったか、北京郊外の盧溝橋に連れて行かれ、日中戦争への反省の弁を述べさせられました。
盧溝橋といえば、日中両軍(この場合の中国軍というのは、主に国民党軍)の全面衝突のきっかけとなった昭和12年7月の盧溝橋事件の舞台ですね。
中国側は、これを日本側が仕掛けたとして、記念碑をつくり、反日の聖地にしているわけです。
10数年前に神戸に行って取材した平尾治さんという方の著書「或る特種情報機関長の手記-わが青春のひととき-」という本から、
盧溝橋事件に関する記述を紹介したいと思います。この方は、支那派遣軍特種情報部部員、済南機関長などを経て、戦後は陸上自衛隊に勤務し、
退官後には在日米陸軍図書部顧問などを務めていたそうです。本から引用しますが、要は事件は中国共産党が仕掛けたという証言です。
 《私が北京の方面軍司令部に在勤の折、上司の秋富繁次郎大佐(陸士29期生)に盧溝橋事件の真相について質問してみた。大佐は即座に中共の仕業に間違いないと言われ、
その理由を次のように語られた。
 支那駐屯軍は当時天津に軍司令部が置かれ、その司令部内に少佐を長とする特種情報班が配属され、無線による情報収集に任じていた。
班に所属する通信手が盧溝橋事件発生の深夜、北京大学構内と目される通信所より、延安の中共軍司令部の電台に緊急無線で呼出が行われているのを傍受した。




189 :名無的発言者:2007/01/20(土) 11:56:18
《東京裁判で、連合国側は盧溝橋事件は日本軍が起こしたものと判断し、当時の責任者として河辺旅団長、
牟田口連隊長を戦犯として起訴拘留していた。ところが昭和23年頃だったか、中共政府の劉少奇副主席が突然西側諸国の記者団に対し、
証拠を示して盧溝橋事件を起こしたのは自分が北京大学の学生を使って発生させたものであると発表した。
東京裁判判検事団は大騒ぎとなり、すぐ二人の戦犯容疑を取消して釈放された。この頃中共政府は日本に対しとても好意的で
、毛主席も日本の訪中団に対し、中国の共産革命が成功したのは、旧日本軍が国府軍を撃破してくれたお陰だと、とても感謝していたとか。


190 :名無的発言者:2007/01/20(土) 11:59:36
又盧溝橋事件の裏づけとして、戦後中共軍に入隊していた葛西純一氏が、中共の47年(昭和22年)人民解放軍総政治部発行の
「戦士政治読本」には、「7・7事変は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が、決死的行動を以って党中央の指令を実行したもの」と記されてあると、
手記を発表されている。
 なお仄聞する処によると、この事件の首謀者は、中国革命の最大功労者として表彰されたとか。》


191 :名無的発言者:2007/01/20(土) 12:08:34
コミンテルンの指示の下の陰謀であったのだな。

192 :名無的発言者:2007/01/20(土) 12:13:12
ですから、訪中団の方々には、決して先方の主張や言い分を鵜呑みにしないようにお願いしたいです。そして、毛沢東がかつて社会党の議員に言ったのと同じことを言わせろとは要求しませんが、
せめて「今日の中国があるのは日本のODAをはじめとする支援のおかげだ」ぐらいの言葉を聞いてきてほしいところです。
 まあ、訪問すると決まったものをドタキャンするような、そんな中国の呉儀副首相のような非礼なまねをしろとは言いませんが、
間違っても、歴史がらみで勝手な口約束などして、日本政府の手足を縛るようなことのないように。また、自民党の某大物議員のように、
相手国に取り込まれ、利用されて二元外交に走ることのないように重ねてお願いします。

193 :名無的発言者:2007/01/20(土) 12:16:06
産経より

194 :名無的発言者:2007/01/21(日) 17:06:58
支那人はとかく目先の利益につられて悪辣な事をするからな。お人よしの日本人は騙されてばかり。もう騙されるなよ。

195 :名無的発言者:2007/01/21(日) 23:59:42


196 :名無的発言者:2007/01/22(月) 14:13:16
世界最強の詐欺国家(中国共産党の陰謀)
櫻井よしこ 「悪夢のような中国進出の実例」
http://blog.yoshiko-sakurai.jp/2006/12/post_494.html

中国国家が詐欺を先導しており、北京オリンピックもすでに陰謀工作が開始されています。
中国への株の投資や資金投資などは100%危険、自殺行為です。
早いうちに中国から撤退するのが、最大限の安全策です。



197 :名無的発言者:2007/01/22(月) 17:00:01
日本語ではなくて中文も理解できるようにならないと中立的視点は確保できないんじゃないの?
日本語しか喋らず日本よりの主張を聞いても偏りが発生するだけだしそれで中立を訴えられてもね。

198 :名無的発言者:2007/01/22(月) 17:43:02
>>197
一応突っ込んでおきたいのは中国におけるマスメディアは殆ど全てが
共産党の悪口は書けない「報道の自由が存在しない」状態です。
日本のマスコミも問題点は多々あるが、「報道の自由は保障されている」のが
デフォです。その違いは認識しておいた方が良いかと。
あと海外のメディアというならいっそ日本とも中国とも関係の無い
第三者的な国のメディアでも基準にした方が良いのでは?


199 :名無的発言者:2007/01/22(月) 18:13:10
>>197
中国の歴史家は現段階では独自の歴史調査を共産党に禁じられています。
共産党の都合の悪い内容を公開した者は、それが史実であろうと確実に罰
せられます。中国のネットは公安が監視しており、共産党に都合の悪い物
は、検索できない様になっていますね。国民党軍の活躍でさえ共産党軍の
手柄にすり替えているぐらいですから、日本の事は全て悪く描写されており
日本人として大変不愉快な思いをします。これらの資料で中国人民は歴史
教育を受けるのですから、誤った認識を持っても不思議ではありません。
せっかく日本にいるのだから、殻を破って色々と自由に歴史を調べてみて
下さい。日本にいる分には、大丈夫だと思いますので。

200 :名無的発言者:2007/01/22(月) 18:18:56
一応報道の自由が保証されている日本でも、こと中国に関する報道では不平等な日中報道協定を
結んでるから、基本的に中共の悪口は書けない「報道の自由が存在しない」状態だけどね。
だから既にデフォルトで偏り(盲目的な親中・媚中)が発生しまくっている異常な状況に置かれている
ことを良く認識した上で、中立的視点を確保していかなければならない。

201 :名無的発言者:2007/01/22(月) 18:22:48
>>200
ネットや書籍で歴史を自由に調べれるのが、中国と違って恵まれているね。
それでも調べる努力をせず反日日本人がいるのは、国家の恥だと思います。

202 :名無的発言者:2007/01/22(月) 18:36:12
>>198-199

だからなに。中国人の主張は全て嘘で一切信用できないとでも?
まぁ別にそれはそれで言いいんだが、ウヨの中には一貫性のないご都合主義的な奴が居るからな。

ウヨに居るんだよな、一貫性のなくて矛盾した対応をするような奴が。
普段は韓国人の主張など全く耳もかさず全てを嘘として退け
韓国人を歴史歪曲を行う嘘吐きの歴史捏造民族と位置づけながら、
キム・ワソンプのような親日的な韓国人の主張は嘘や歴史歪曲の可能性すら信じずに信用するバカが。

中国人の事に関しても同じだよ。
中国人を歴史歪曲を行う嘘吐きの捏造民族と位置づけながら、
親日的発言や日本よりの見方をする中国人の主張は嘘の可能性や歴史歪曲の可能性すら信じずに信用するバカが。

別に中国人を嘘吐きと思うのは構わんのだが、
反日的主張は嘘で親日的主張は真実という一貫性のない対応はうんざりだからね。

君が中国人を信用しないのは結構だが、
中国人の主張が信用できないと思うのなら反日的なものも親日的なものも信用しない事だ

203 :名無的発言者:2007/01/22(月) 18:40:25
本気で中立を目指すのであれば日本語と共に中文の能力は必須だし、
両国の言語に精通すると共に読み書きも十分でないといけない。
そうでないと中立は発生しないし、日本人視点からのものだと中立的とは言えない。

どうあれ中立を目指したい人は両国の言語に精通して両国の読み書きができて
両方の視点から見れる位にならないと、中立なんて発生しないだろうな。

日本善・中国悪或いは、日本悪・中国善と言う二元思考で考える奴には
到底、中立なんて生まれない。

204 :幸田:2007/01/22(月) 18:43:55
宇宙制圧を目指す支那畜なんて相手することないんとちゃう
支那畜は所詮畜や

205 :名無的発言者:2007/01/22(月) 18:45:08
>>202
反日的/親日的なものを信用する/しないの問題ではないのだよ。
本来の歴史とは、それが「真実」か否かの問題でしかない。
歴史=政治の中国から見れば、「真実」を標榜する日本人は極右に見えて仕方ないのだろうが。

206 :名無的発言者:2007/01/22(月) 18:53:29
漫画の「三国志」をサウナで読んで、驚いたのは「頭を半分に切り刻んだり
首を半分だけ切って生かしておく」という支那畜の民族性
今現在、チベットや東トルキスタンで胡錦濤が推進してる政策と
瓜二つというのが恐ろしい
将来、沖縄にも摘要されるだろう

207 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:01:56
>>202
日本人は感情論で歴史を語ってはないよ、真実こそが全てだから。
満州事変を起こしたのは関東軍なのも真実だし、満州の権益を米国と
共同で抗日共産ゲリラが侵略妨害したのも真実だ。

208 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:02:50
>>205

左右両派共に関係などない。
中国人を信用しないのなら、一切、信用しない事。
それだけを述べている。
ウヨの中には反日的中国人の主張は信じないが親日的中国人の主張は信じる
矛盾して一貫性のない奴が居るからね。

209 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:04:13
>>207

>満州の権益を米国と共同で抗日共産ゲリラが侵略妨害したのも真実
この辺がよく解らんな。
日本が満州の権益を侵害したというのなら信じれるけど。

210 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:04:35
>>202
矛盾しているのは、日本の左翼や中国だよ。2チャンネルは中国人より
も、左翼の成りすまし中国人の方が多いよね。

211 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:06:03
どうあれ日本語しか喋れない、日本語の文献しか当たらない奴に中立を装おられても困るね。
中立の立場を保持するのなら日本語と共に中文の能力は必須だし、
それでこその中立ができあがる。
一方の言葉しか尊重できない奴に中立など殆ど無理に近い。

212 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:07:30
>>209
ちゃんと歴史調べてます?
http://www.history.gr.jp/~showa/214.html

213 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:08:34
>>210

日本人が正直者だとすると、
日本政府・天皇・首相は日本の戦争を侵略だと認め、
それ所か過失すらも認めている。

ウヨって日本人の主張は全て正しいと考えているのかどうかは知らんが、
都合の悪い側面は無視しているからな。
朝日新聞が日本の新聞である以上、右派の産経新聞と共に日本人の意見として無視はできないからな。

214 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:09:03
>>211
充分に可能なのだが。

215 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:11:11
>>209>>213

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/jog446.html

216 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:12:01
>>212

満州事変の原因と経緯と結果を考えても自衛でも何でもない。
というか中国の権益を侵害してしまった時点で日本に正当性はない

217 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:18:39
>>214

可能にはならないね。
民主だろうが独裁だろが政体の違いで主張の正否を変えられてもな。

右派日本人は中国の主張は独裁だから信用できないと言っている。
民主の日本は信用できると述べている。
だが俺は指摘したいが、日本=信用できる・中国=信用できないと考えている時点で中立は成立しない。
日本善・中国悪とでも考えている時点で、日本よりになっているのは明らかだからだ。

日本人の主張は信じる、でも中国人の主張は信じないというのは不公平で対等とすら言えない。
そんなので中立が成立する訳がない。偏って中立など成立などしない。

218 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:22:11
>>216
あのさ、ポーツマス条約って知ってる?

219 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:25:53
>>216
戦争に勝って合法的に手に入れた権益で、中国がチベットや南沙諸島に
やったみたいに強奪して占領した訳ではないんだよ。

220 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:31:33
>>217
米国やロシアの機密文書が解禁になった際、事変以前の満州に於いて
日本の権益に対する妨害活動を抗日分子と共同で実施した事が証明され
てるんだけどね。

221 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:32:09
支那畜には盧溝橋で日本に侵略した事実を真摯に反省して欲しいな

222 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:36:20
>>217
中国がチベットやベトナムに侵略して、謝罪と賠償が無いのはどうし
てですか?現在もチベットの人を殺してますよね?中国の歴史は欺瞞
と侵略と虐殺で塗り固められているのが、世界の統一した認識です。

223 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:36:48
事実は一つでも認識は異なりうる。事実、物証が大事。

224 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:38:14
それにつけても支那人に騙される阿呆の多さよ。

225 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:38:33
>>216
フィリピンやベトナムの権益を武力によって占領し強奪した国は
何処ですか?

226 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:43:33
泥棒集団が国を支配する、それが支那だ。

227 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:44:54
>>216
中国は過去も現在も国際法やモラルを守らず数々の争いを引き起こ
しているのが実際でしょう。中国は今も昔も亜細亜の諸悪の根源です。

228 :名無的発言者:2007/01/22(月) 19:50:48
馬鹿左翼は本当に情けないな、因果関係も調べず乏しい知識で、ただ
植えつけられた考えを延々と語ってるだけ。同じ事しか言えない九官鳥。
矛盾を曝け出し逃げていく。共産党と全く同じだな。

229 :名無的発言者:2007/01/23(火) 06:52:59
満州そのものを権益として手に入れていたと考えているバカが多いが、
当時の日本は満州そのものを権益として確保していたのではない。
満州の極一部。

満州事変は正当な権益を越えて満州を占領して主権を侵害した時点で、
日本の侵略は否定できない。

230 :名無的発言者:2007/01/23(火) 08:30:27
チベットやウイグルやモンゴルその他の侵略を認めない
チャンコロの発言は説得力ゼロ


231 :名無的発言者:2007/01/23(火) 08:46:49
どうあれ両国の言語を完全に理解して読み書きすら万能にできなげれば、
中立は発生しないし中立的立場に立つのは難しい。

232 :名無的発言者:2007/01/23(火) 10:45:29
>>231
你説的對

233 :名無的発言者:2007/01/23(火) 10:51:20
為了溝通思想、学会外語是比較重要的。

234 :名無的発言者:2007/01/24(水) 02:07:18
>>229
馬鹿だな、そんな事は解ってんだよ。その一部の権益に対して妨害工作を
実施したのは、誰なんだ?宣戦布告に匹敵する行為だよ。ちゃんと調べろ
や。この事実は屁理屈を言おうが覆せないな。ロシアにも米国にも日本にも
資料がある。

235 :名無的発言者:2007/01/24(水) 02:08:44
>>229
http://www.history.gr.jp/~showa/214.html

236 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:02:55
西原借款を踏み倒した支那。支那に金を出すと戻ってこないぞ。

237 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:11:16
チャンコロに日本を批判する資格はない。

238 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:14:22
どんなブスでも自分はかわいいと思っている。支那の歴史認識もそんなものだ。

239 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:15:10
>>238

客観の欠如ということだな。

240 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:16:12
>>239
他中もしかり。

241 :他の中国人:2007/01/27(土) 14:16:27
妹と兄は悪者がいない、ただ妹は曲げないから、バラバラされてもしょうがない。
それは日本人の歴史認識もそんなものだ。



242 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:19:44
>>241

人間に理解可能なロジックを使用したまえ。

243 :他の中国人:2007/01/27(土) 14:28:53
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070125/jkn070125002.htm
それはこっちのセリフじゃないか?

244 :他の中国人:2007/01/27(土) 14:32:06
歯科医って日本社会の上流じゃないか?それにしてもこんな認識か?
もはや日本人と物事の討論する必要はないじゃないか?どうせデフォルト
非常識言い訳だから。

245 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:35:34
西原借款をdefaultして支那は反省と謝罪を行ったか?

246 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:35:41
ハハハこっちに着たのかよ
歯科医上流?流行ってる所はそうだろ
ゴロツキプチサヨのたちゅうよ

247 :他の中国人:2007/01/27(土) 14:39:35
はい、はい

248 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:44:19
はい、一回だゴロツキプチサヨのたちゅうよ
今の日教組解体が先決

249 :他の中国人:2007/01/27(土) 14:46:52
俺はサヨ?じゃ、あの歯科医一家はウヨだろう?

250 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:49:03
じゃあ、売国反日のたちゅうで如何だ

251 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:50:58
映画「南京の真実(仮題)」製作発表記者会見
 南京陥落70周年の今年、中国、アメリカ、カナダ等で計7本の南京「大虐殺」映画製作が予定されている。 
これまで日本は、南京「大虐殺」という濡れ衣を着せられたまま、沈黙と反省だけを続けてきたが、
誤った歴史認識に基づく反日プロパガンダ映画によって、歴史の捏造が「真実」として世界の共通認識とされかねない事態を、
これ以上、座視し続けるわけにはいかない。



252 :名無的発言者:2007/01/27(土) 14:51:53
以上

253 :他の中国人:2007/01/27(土) 14:59:42
>>251
笑いながら虐殺を語る元日本兵の証言は記録フィルムで収録されたが。

254 :名無的発言者:2007/01/27(土) 15:01:35
軍事板は静かだったな。
大部分は保守とかだと思うが。


255 :名無的発言者:2007/01/27(土) 15:01:45
またかよ 
だれがどこでいつばしょ?

256 :名無的発言者:2007/01/27(土) 15:03:00
tews

257 :名無的発言者:2007/01/27(土) 15:14:05
ttp://hobby9.2ch.net/army/軍事板
普通の保守は、あまり荒さんぞ。
軍事板は、いつも静かだよ。
うるさいと削除される。

258 :名無的発言者:2007/01/28(日) 12:18:06
支那軍の捕虜になると虐殺されるとか食われる危険性が大きかったのよ。

259 :名無的発言者:2007/01/28(日) 12:48:51
>>253▼ █▊ ▅███████▀▃▅▆██████▎
             ◢▀ ▅███████ ▅██▀▀▋▋▌███
             ▂▅▀██████▉ ██▀  ▌▌▌ █ █▎
言 ギ ひ そ      ▂▃▅〓▅▃▌█▼   ◥▌▐ █▼
っ  ャ ょ れ   ▂▅〓▀▅▇▅〓■█▅▃ ▐▂▃▆▅▃▀◣
て グ っ は ◢▀〓▀▼▀  ▀▀■▐▆▌   ▀◤■◥◣
い で と      ◢◤         ▐◢▌
る    し     ◢▍          ▍◥▃        ▐
の   て     ▐▲▐▂▃▃▂ ▎   ▍▂▃      ◥▍
か         ▐▆◤ ▀◤▆◥◣     ▐▐▀▀▅
!?       ▃ ◥▍▌       ▎    ▌ ▀〓
   ▍  ▎  ▀▆▌◥▃◤ ◣  ◥▍    ▌
  ▋   ▋ ▐▆▃▍▀▀▅◢▍        ▋      ▂▃〓
  █ ▌ █▎ ██▍ 〓          ▀■▆▅〓■▀
 █▎█▌ ██ ██      ▂▃◢◤    ▲  ▀▌ ▂▃▅▆



260 :名無的発言者:2007/02/14(水) 15:24:32
もうひとつの中国板、中国英雄板では
中国の人物を中心に、英雄として歴史を語る板にするという意見や
東アジアは中華ばかりが主役でないとする対抗意見とかで盛り上がっています。
中国の歴史に興味のあるかたは、この板への参加をお待ちしております。

中国英雄
http://hobby9.2ch.net/chinahero/
   中国英雄板自治スレッド No.4   
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1171376886/

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)