5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

食人民族中国人 チャイナカニバリズム

1 :吃烈士:2006/09/30(土) 12:34:13
 猟奇的な立場から、
「中国人を食人民族だ。うぇ〜。気持悪り〜。だからあいつらだめなんだ。」
という中国批判は多いけど、学術的にしっかりと研究したものは
驚くほど少なくて、桑原ジツ蔵さん、黄文雄さんくらいしかいない。

やつらを今も昔も『中国人は食人民族だ』と学問的に決め付けてやりたいと思い
資料集め、している最中。紀元前から現代まで相当数上る。

死刑囚からの臓器移植も、この病的な中国カニバリズム文化をしっかり継承
している。

「中国の正史には118回の食人記録がある。」というのをよく目に
するんだけど、出典が不明。誰かこの出典、知らない?

2 :名無的発言者:2006/09/30(土) 12:46:34
知らない。
でも、こんなのがあった。
ttp://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9C%8B%E9%A3%9F%E4%BA%BA%E5%8F%B2

3 :吃烈士:2006/09/30(土) 13:36:13
 飢餓の頻発、その度に人を食う。
 次第に慣れていって、人を食うタブーが解除される。
 戦時の食糧としても、昔から人肉が用いられ、近くは中共内戦時にも人肉が食糧に。
 唐代あたりからは、陳臓器っていう偉い薬学者、今で言うお医者さんが人肉の薬用としての効能を『本草拾遺』の中で説き、
 薬用カニバリズムが一般的に浸透。
 明代、李時珍の著『本草綱目』第52巻人部には髪、頭垢、耳塞、膝垢、爪甲、牙歯、小兒胎屎、人尿、秋石、淋石、癖石、乳汁、
婦人月水、人血、人堰A口津唾、人汗、眼涙、人氣、人魄、髭鬚、陰毛、人骨、人胞、胞衣水、初生臍帯、人勢、人膽、人肉、
木乃伊、方民、人傀、と人体のあらゆる部分が薬として記載され、一般民衆に人の身体を食うのは健康にいいという概念があった。
 
 
 

4 :名無的発言者:2006/09/30(土) 13:56:57
    |┃三   人      _____________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  > 糞スレ立てるな、蛆虫。氏ね。
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ

5 :親日的中国人:2006/09/30(土) 14:50:26
論理的思考を持たずに、感情に任せて相手を非難する。
凄まじい感情の高ぶり、復讐主義を肯定した儒教思想、相手を徹底的に
自分に服従させないと気がすまない。
相手をバラバラにし、生肉を食らうという行為。
1960年代後半にも発生。
人類史上中国以外に例を見ない。
大変なことだと思うけどな。しっかり見つめ直さないとまた繰り返してしまうよ。



6 :名無的発言者:2006/09/30(土) 20:40:25
「食人宴会」って、本があっただろうが。

7 :吃烈士:2006/09/30(土) 20:59:17
『食人宴席』鄭義著、黄文雄訳描写が生々しくておぞましい。
あんまり書きたくないけど、内容知りたかったらその要約紹介します。
文革の時の話だから、ここに登場する人を食べた人って、恐らくまだ生きているんだよね。
日本から飛行機で数時間の距離で、今でも平穏な日々を送っているはずだよ。
ちなみにこの著者、共産党に命狙われてアメリカに亡命。
大丈夫かな。今も元気だといいけど。
日本の戦争犯罪云々より、自分の国の歴史見直してくれよ、共産党。
この『食人宴席』の原書『紅色記念碑』(1993、台湾華視文化公司)
だれか持ってたら売ってくれ。

8 :名無的発言者:2006/09/30(土) 21:56:10
4歳の頃、祖父が死んだ。葬式に出て出官の時に「これからどこにいくの?」と
訊ねた私に「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。何の事だかさっぱりわから
ず寝てしまい、気が付くと家に。しばらくして「ご飯よ」と母。
 で、その時のメニューが豚の生姜焼き。急に感極まった父が泣きながら食ってい
るので、その肉を間違いなくおじいちゃんだと思って食べはじめた私。私は祖父が
大好きだったので、泣きながら「おじいちゃんおいしいね」と言うと父はさらに激
しく泣き始めて、母が「おじいちゃんみえるの?」と私に聞くので、目の前にある
肉が祖父だと確信している私は「おじいちゃん目の前にあるよ」と答えると両親は
二人で泣き出し、私も泣き出し、どうしようもないお馬鹿家族状態に。
(豚の生姜焼きは祖父の大好物だった事を知るのは10何年後)
 
 それから肉が我が家の食卓に上がると、私は決まって「だれ?これだれ?」と聞
いたそうだ。そのたび母は「だれじゃないでしょう・・・なに?と聞きなさい」と
小言。本当に恥ずかしい話だが、小学4年位まで肉は全て人肉だと思っていた。な
ぜか給食の肉?(南蛮鯨)はベトナム戦争の犠牲者だと思っていた。だから手を合
わせていただきますと言うのだと思っていた。

9 :名無的発言者:2006/10/01(日) 08:11:24
鬼畜ですね

10 : ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/10/01(日) 08:12:14
______________________     >>9             .◎
____ .∧___∧  ___________   ./ ̄ ̄ ̄ ̄\     / 〜プーン
__  _( ´,_ゝ`)プッ  ______       ..(人_____) 〜プーン <ブピィイ!!
    /       \     ____     ベギャ   ,  |ミ/    * * ..)ー●-◎ 〜プーン
 ̄ ̄ i .i \     \ ヽ,   ___,, __ _ ,, - _" ’.'.. ・,’・  _"))) _ _) ..)__∵, 〜
── ヽ勿  ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴ ,__”_∵, ∴ )) 3) ・,’・ 〜プーン
______   ヽ,, / / __,,, -- "" ─ "ー ・, ;; - 、・ ;; -_____/ヽ   〜プーン
───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -     /            \_ 〜プーン
───────  / /,.  ヽ,  ──       ⊂_/___________)_つ 〜 ←キモヲタ
______   丿 ノ ヽ,__,ノ ___ _ _ __   /   _       ノ 〜
           j  i                   ヽ /  つ   ,,,ノ 〜プーン
_____    巛i~ ___________   ヽ__,,ー、  ノ
                                     / /
                                     し ''

11 :名無的発言者:2006/10/01(日) 08:39:11
さあて、次はどんなAA張るのかね?支那基地。

12 : ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/10/01(日) 08:41:30
        人
       (::::::)  
      (:::::::::::::) 
     (:::::::::::::::::::::)  小中高といじめられてきた。その扱いはまさに虫けら以下だった。
    (:::::::::::::::::::::::::::)  高校を中退してからは、一日中家の中に引き篭もっている。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::\  32歳になる今でも無職。友達も恋人もなし。PCだけが俺の世界。
 (:::::::::::::::::|_|_|_|_)  更に、肥満、腋臭、若禿、脂症、ニキビ面、インキン、真性包茎・・・
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ   どうして俺だけがこのような惨めな境遇なのか・・・。
  |::( 6  ー─◎─◎ )   だから俺は他人種を叩くことに決めた。
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)   俺には、より下等な存在の人種が必要なのだ・・・。
/|   <  ∵   3 ∵>
::::::\  ヽ        ノ\ 
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::

13 :名無的発言者:2006/10/01(日) 08:47:02
>>11

ってキモイんだね〜ぷっ

14 :名無的発言者:2006/10/01(日) 08:47:39
矢印、もう糞以下に成り下がったか・・・

15 : ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/10/01(日) 08:48:49
        人
       (::::::)  
      (:::::::::::::) 
     (:::::::::::::::::::::)  小中高といじめられてきた。その扱いはまさに虫けら以下だった。
    (:::::::::::::::::::::::::::)  高校を中退してからは、一日中家の中に引き篭もっている。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::\  32歳になる今でも無職。友達も恋人もなし。PCだけが俺の世界。
 (:::::::::::::::::|_|_|_|_)  更に、肥満、腋臭、若禿、脂症、ニキビ面、インキン、真性包茎・・・
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ   どうして俺だけがこのような惨めな境遇なのか・・・。
  |::( 6  ー─◎─◎ )   だから俺は他人種を叩くことに決めた。
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)   俺には、より下等な存在の人種が必要なのだ・・・。
/|   <  ∵   3 ∵>
::::::\  ヽ        ノ\ 
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::


16 :名無的発言者:2006/10/01(日) 09:45:35
4歳の頃、祖父が死んだ。葬式に出て出官の時に「これからどこにいくの?」と
訊ねた私に「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。何の事だかさっぱりわから
ず寝てしまい、気が付くと家に。しばらくして「ご飯よ」と母。
 で、その時のメニューが豚の生姜焼き。急に感極まった父が泣きながら食ってい
るので、その肉を間違いなくおじいちゃんだと思って食べはじめた私。私は祖父が
大好きだったので、泣きながら「おじいちゃんおいしいね」と言うと父はさらに激
しく泣き始めて、母が「おじいちゃんみえるの?」と私に聞くので、目の前にある
肉が祖父だと確信している私は「おじいちゃん目の前にあるよ」と答えると両親は
二人で泣き出し、私も泣き出し、どうしようもないお馬鹿家族状態に。
(豚の生姜焼きは祖父の大好物だった事を知るのは10何年後)
 
 それから肉が我が家の食卓に上がると、私は決まって「だれ?これだれ?」と聞
いたそうだ。そのたび母は「だれじゃないでしょう・・・なに?と聞きなさい」と
小言。本当に恥ずかしい話だが、小学4年位まで肉は全て人肉だと思っていた。な
ぜか給食の肉?(南蛮鯨)はベトナム戦争の犠牲者だと思っていた。だから手を合
わせていただきますと言うのだと思っていた。

17 :名無的発言者:2006/10/01(日) 09:48:13
       ▄
        ▍▍
       ◢▌〓▃
       ▋▀▅◤
     ▐▓▅◤
     ◢▓▼
     ▐▓ ▍     ▃〓▅
     ◢▓▄▌     ▅▓▄ ▂▌
     █▓▀▅   ▆▓〓▍〓▊
     ◥█▓▅▉  █▓▅◢▃◣ ■
      █▓█▓▆▃█▓▆▅▆▓▊   <右手に注目
       ▀█▀▓▎▀■〓▀  ▀◣▃▂ ▂          こいつ     
          █▆▓▆▄  〓▌   ▄▍┃▐▅▆■▅▃▄▂ ▂▄▃▅▅▆◤ サイコーにアホ
        ◢█▓▓▀■▆■▀▆▅▓▌ ▎▐▅▆▓▓▓▓▓▓▆▅■▀▀
        ▐█▓▓▆▃▂ ▐▅▃▓▓▋ ▍▐▀▀■▀▀▀
       ◥██▓▓▅▆▅▃ ▀▓▀▊ ▌ ▲▂

18 :名無的発言者:2006/10/01(日) 11:52:30
      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ
        ____                ____                ___
      /⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\          /⌒  ⌒\
    o゚((●)) ((●))゚o        o゚((●)) ((●))゚o       o゚((●)) ((●))゚o 
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_)     |r┬-|     |, -‐ (_).    |r┬-|      |
l_j_j_j と)    |   |   |      /l_j_j_j と)    |   |   |     / l_j_j_j と)      |   |   |     /



19 :名無的発言者:2006/10/01(日) 12:26:03
ID導入とか具体的に主張してくれ。


20 :名無的発言者:2006/10/01(日) 12:28:20
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ


21 :名無的発言者:2006/10/02(月) 00:02:12
シナでは古来、災害飢饉が頻繁に起こっている。
食人の習慣はシナ人が生き残るために身に付けた生活の知恵だったんだよ。

22 :名無的発言者:2006/10/02(月) 00:03:44
       ▄
        ▍▍
       ◢▌〓▃
       ▋▀▅◤
     ▐▓▅◤
     ◢▓▼
     ▐▓ ▍     ▃〓▅
     ◢▓▄▌     ▅▓▄ ▂▌
     █▓▀▅   ▆▓〓▍〓▊
     ◥█▓▅▉  █▓▅◢▃◣ ■
      █▓█▓▆▃█▓▆▅▆▓▊   <右手に注目
       ▀█▀▓▎▀■〓▀  ▀◣▃▂ ▂          こいつ     
          █▆▓▆▄  〓▌   ▄▍┃▐▅▆■▅▃▄▂ ▂▄▃▅▅▆◤ サイコーにアホ
        ◢█▓▓▀■▆■▀▆▅▓▌ ▎▐▅▆▓▓▓▓▓▓▆▅■▀▀
        ▐█▓▓▆▃▂ ▐▅▃▓▓▋ ▍▐▀▀■▀▀▀
       ◥██▓▓▅▆▅▃ ▀▓▀▊ ▌ ▲▂


23 :名無的発言者:2006/10/05(木) 23:12:42
>>3
唐時陳藏器著本草拾遺、謂人肉治羸疾、自是民間以父母疾、多刲股肉而進。

新校本新唐書  卷一百九十五 列傳第一百二十 孝友 より。

24 :吃烈士:2006/10/09(月) 00:47:50
唐代の陳蔵器という奴が本草拾遺という書を記したとさ。
疲労で痩せこけてしまう病気に人肉がよく効くって言っておったとさ。
これより一般大衆、愚民人民の間では、お父さんお母さんの病気を治すために
股の肉を割いて食べさせて上げたのだそうです。
めでたし。めでたし。

25 :他の中国人:2006/10/09(月) 00:48:50
日本なら逆ですが、息子、娘は親の腿を食うが。

26 :他の中国人:2006/10/09(月) 00:50:54
後は産廃のように姨捨か?

27 :名無的発言者:2006/10/09(月) 00:54:47
姥捨てだろ

28 :名無的発言者:2006/10/09(月) 09:55:18
>>26
中国人は全部食うから捨てる必要ないんだろ?

29 :名無的発言者:2006/10/09(月) 10:06:43
中国の産廃は捨てる捨てないの概念の外で、最も当てはまる言葉を探せば、
た・れ・な・が・し

便所の汚水が漏れた床の上に平気で菜を置き、人間も羊も区別が無い。

・−−・ −・−・・ ・・ −・・・ ・−− −−・−・ ・・ −・−−・ −−・−・ ・・・− ・−・−・ ・・−− −・−−− ・− −・−−− ・− ・−・−− ・・ −−−・− −・− ・・・ 

30 :名無的発言者:2006/10/10(火) 21:17:52
>>25
日本人の場合、「スネをかじる」だよ。
比喩的表現であって、実際にかじったり食ったりはしない。

31 :名無的発言者:2006/10/11(水) 02:00:34
そんなの概念として中国人には理解出来ないだろうw

32 :吃烈士:2006/10/12(木) 17:21:50
儒教=食人思想


33 :名無的発言者:2006/10/12(木) 17:58:06
孔子も人の肉を食うグルメだったそうな。

34 :名無的発言者:2006/10/12(木) 17:59:39
孔子もさすがに可愛がっていた弟子の子路の塩漬け肉は食えなかったとさ。

35 :名無的発言者:2006/10/12(木) 18:00:23
他中の肉はきっと臭いと思う。

36 :名無的発言者:2006/10/12(木) 18:38:55
チンク名物、汚物定食

37 :名無的発言者 :2006/10/12(木) 23:21:16
孔子食人説。
塩漬け肉のことを当時 “醢”カイ と言っていた。
その肉は何の肉なのか不明。

山東省には孔子の子孫を自称する 孔さん が12万人もいる。



38 :名無的発言者 :2006/10/12(木) 23:22:29
中国大陸では、胎盤を原料にした『紫河車』っていう漢方薬が販売されている。

南の方では胎児を食っている奴らが一部にいるらしい。

ぐうぐる: 1984 台湾 炭鉱 (←変なおっさんがおぞましいもん食っている。

39 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:25:10
醤油は人毛?

40 :他の中国人:2006/10/12(木) 23:26:32
日本人ならくぎを頭を打ち込んで脳みそを飲むらしいが。

41 :他の中国人:2006/10/12(木) 23:27:04
ちなみに家庭主婦は平気にやったが。

42 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:28:40
阿呆

43 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:33:02
中国人って本当はナニ人?

44 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:34:15
漢人が8割じゃなかった

45 :他の中国人:2006/10/12(木) 23:36:24
日本人はピュアな朝鮮人だよなあ?だって日韓同祖だもん!

46 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:38:23
阿呆
馬鹿を言うな!たちゅう


47 :他の中国人:2006/10/12(木) 23:39:09
なぜ戦時中の記録映画は朝鮮同胞連発か?

48 :他の中国人:2006/10/12(木) 23:39:52
>>46
2chで夜遊び、オームニは怒るぞ!

49 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:42:04
他中
そろそろ仕事行くんじゃねーのか?

50 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:42:20
日本臣民であった。日本人になりたかったんだよな。
父、金豚将軍は偽者とおんなじで

51 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:43:31
他中
バール持ったか?忘れんなよ

52 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:49:51
戦前までは同胞?同胞ではないだろ
身分的に同じと見た。

53 :他の中国人:2006/10/12(木) 23:51:32
同胞なら戦前、戦後は変わらない!同胞ニダ!

54 :名無的発言者:2006/10/12(木) 23:55:32
じゃあ、まだ朝鮮は独立してないのか??

55 :他の中国人:2006/10/13(金) 00:06:13
いや、日本はまた独立していないじゃん?

56 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:07:13
「催南善(1890〜1957)歴史学者、文学者、『三、一独立宣言』の起草者。満州建国大学教授
 ・大東亜戦争については「アジアの解放」の一文で、「世界改造の重大な機会であると同時に人類の『世界』を現出させる機縁」だと説き、
それは英米の桎梏に泣く東亜十億大衆の祈願であり、真に万邦共栄の世界秩序を確立する、アジアの解放戦争であると唱えた。

57 :他の中国人:2006/10/13(金) 00:07:29
そして、同胞なら必ずしも同じ国じゃないだろう?

58 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:13:05
戦前は、同じ日本人として、併合より見ていたわけだ。
日本軍人として志願し戦争に行った人は同胞?と見るか同士と見るか?
戦後は独立。たちゅうよ朝賤人と日本人は違うだろうよ。


59 :他の中国人:2006/10/13(金) 00:24:03
一緒、一緒!

60 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:25:43
またもや今の南は、どっちつかずの蚊帳の外だな
同じ民族の北の状況下、援助が仇となり太陽政策の失敗。
安倍ちゃんが行っても、とん馬のノム君は得意の??靖国歴史問題をひけらし
前はミサイルを衛星と堂々と述べてたな  
どうしようもないな  タチュウ またな!はははーー


61 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:28:02
南といい北といい、四面楚歌だな  じゃあまたな

62 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:28:59
ハイハイ 一緒、一緒
いいこれで?
どこでもこればっかだな あきたぞ

63 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:30:50
名無しできたか?
電子では名無しか はははーーー

64 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:33:01
おすすめ電子辞書☆
名無しできたか?
電子では名無しか はははーーー




65 :名無的発言者:2006/10/13(金) 00:33:42
忘れたなあーはははーーー
またなーー

66 :名無的発言者:2006/10/13(金) 02:19:33
>>40
日本人は刑罰で首を刎ねるだけ、発狂して頭に杭を打ち込むだけ。
後で食う事考えてるのは中国人だけ。

67 :名無的発言者:2006/10/13(金) 02:20:21
>>45
どう見てもモンゴルや雲南の方が近い。

68 :名無的発言者:2006/10/13(金) 02:21:25
>>47
植民地懐柔策

69 :他の中国人:2006/10/13(金) 02:24:56
殖民地じゃない今はなぜ天皇はユカリを認めた?そして阿部さんの親父は「ルーツは朝鮮」って
家政婦にゲロしたが。

70 :名無的発言者:2006/10/13(金) 03:12:33
>>69
もっと意味分かる話しろ

71 :名無的発言者:2006/10/14(土) 01:34:49
今の漢族も朝鮮族もみんな蒙古人の子孫だろ。

あいにく日本は蒙古なんぞには占領されていないんでな(w

72 :名無的発言者:2006/10/15(日) 05:21:24
もしも、西漢・東漢の時代の人間がタイムスリップして来たならば、
「夏は雑胡の地になってしまったのか・・・」と嘆くだろうね。

73 :名無的発言者:2006/10/16(月) 06:49:54
言語がわからないんだけどなんとなくウィグル民族支援らしいブログ。
中国の人肉マーケットの写真が。
*グロ注意
http://xitayterrorchilar.blogspot.com/2006/04/terrorist-hujingtaoning-aq-saray.html

ほかにもPhotos of Chinese cannibalism
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/mehbus-kawipi.0.jpg   眼球焼?
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/xitay-terror1.0.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/qaznaqtiki-gosh.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/adem-kawipi.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/juwawa.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/insan-eti.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/pajie2.jpg

74 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :名無的発言者:2006/10/16(月) 20:50:12
■創価学会の池田の正体■

父 池田子之吉 (当時、内地人と呼ばれた朝鮮人で日本国籍を取得した。
   戦争中は、二等兵としてソウルに赴任。
   戦後は、大田区大森にて海苔の漁師をしていた。)
   本名:成田作(ソンジョンチャク)
母 一(旧姓不祥、帰化していない朝鮮人)
   多摩川沿いの古市場(現・大田区矢口三丁目)朝鮮部落出身
   姓:池(チ)
   
子 池田太作(後に大作に改名)
  『東京府荏原郡入新井町(いりあらいまち)
   不入斗(いりやまず)百七十七番地
   (現・大田区大森北二丁目十三番地)』朝鮮部落にて出生。
     
   池田子之吉は、昭和26年に亡くなって、真言宗のお寺に葬られた。

※楽して金儲けを子供の時から豪語していた


76 :名無的発言者:2006/10/17(火) 12:33:59
恐るべき中国食文化の紹介

http://www.asyura.com/2002/war11/msg/982.html
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097002.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097001.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097003.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097004.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097005.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/to-HK-01-2.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097008.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097011.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097010.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097012.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097009.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097007.jpg
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097006.jpg


77 :名無的発言者:2006/10/17(火) 13:20:04
人肉水餃
http://www4.blog.163.com/article/-RsLf-sY7_Ti.html

78 :名無的発言者:2006/10/17(火) 15:00:04
The Untold story, Human Meat Pies
One of the more brutal, yet fun, oriental horror flicks I've had the pleasure of viewing is this bizarre tale of
murder and cannibalism on the Chinese island of Macao. Set in 1978, the local police force, consisting of
a group of bungling detectives, have launched a murder investigation after the dismembered remains of a
woman are found on the beach.

↑この映画って実話を元にしたもの?
http://www.horrorseek.com/horror/realm/untoldstory.htm

79 :名無的発言者:2006/10/17(火) 16:42:26
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/xitay-terror1.0.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/insan-eti.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/juwawa.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/adem-kawipi.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/qaznaqtiki-gosh.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/torelme.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/ademputi.1.jpg

80 :名無的発言者:2006/10/17(火) 16:53:28
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/terror8.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/terror12.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/terror14.jpghttp://xitayterrorchilar.blogspot.com/2006/04/sugha-chilap-yuyush.html
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/terror17.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/qingsulalisi1.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/cingsulalisi2.0.jpg
http://photos1.blogger.com/blogger/3250/2687/1600/terror21.jpg

81 :名無的発言者:2006/10/17(火) 16:54:46
http://xitayterrorchilar.blogspot.com/2006/04/sugha-chilap-yuyush.html

82 :名無的発言者:2006/10/17(火) 20:07:00
あなたの行きつけの商店や取引先は加わっていませんか?
反日で、商売繁盛!?中国連鎖経営協会

http://www.ccfa.org.cn

敵・中国連鎖経営協会による反日活動
■歴史教科書に反対、企業名も公表
■中国公式メディアは「沈黙」
■広がる反日活動、深セン・成都でデモも
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/tokuhou/050426_sha/01_10/b03.html

反日暴動を組織化していた中国連鎖経営協会メンバーのリスト(p122)
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/BodyUrlPdfDown.do?bodyurlpdf=05000837_006_BUP_0.pdf
今や、彼らは涼しい顔で商売を続けている。

83 :名無的発言者:2006/10/17(火) 22:16:35
こら。
中国の喫人は本当だが、タイの人形(ひとがた)パン屋の画像混ぜるな。
本題の信憑性が下がっちまうだろ!

84 :名無的発言者:2006/10/18(水) 21:56:30
どれのこと?

85 :名無的発言者:2006/10/19(木) 16:54:37
>>79

86 :名無的発言者:2006/10/19(木) 19:04:39
そんなのを信じるか、今の画像編集ソフトで使えばなんでもできるだ!


87 :名無的発言者:2006/10/19(木) 20:44:09
CS2使ってますが何か?

88 :名無的発言者:2006/10/20(金) 02:37:17
中国人は人間の胎児を食うって聞いたことはあって、「いくらなんでも都市伝説だろ」と思ってた。

中国華南部に住んで半年になるが、職場の女の子に、
「恥ずかしい話だが、中国人の金持ちの男は精力増強のために胎児を食べる。農村部の貧しい人は、生まれた子が女だと口減らしに
赤ん坊を売って、しかもそれを食う需要がある」

というのを真顔で言われて、ああマジなんだと呆然としました。

89 :名無的発言者:2006/10/20(金) 16:45:15
女の胎児食っても精力増強にはなるまいに

90 :名無的発言者 :2006/10/21(土) 08:27:23
前に胎児を料理している写真をどっかで見たなぁ。
ちょっと探してみるよ。

91 :名無的発言者:2006/10/21(土) 08:33:17
よくこんな捏造流すな

92 :名無的発言者:2006/10/21(土) 13:03:47

中国人にこれ教えてやりたい。

越前クラゲを食べると知能があがるぞとw

魚介類のDHAの百倍だとだれか向こうのサイトに貼ってくれ

wwwwwwwwwww

93 :名無的発言者 :2006/10/22(日) 16:37:43
http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm

94 :名無的発言者:2006/10/22(日) 19:44:44
河豚を血抜きせずに食うと精力絶倫だって教えてやれよ、

95 :名無的発言者:2006/10/28(土) 18:26:15
中国人は中国人である。
故に人を食う。

96 :名無的発言者:2006/10/28(土) 18:28:33
/      \
      /  ─    ─\      
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | ________
     \        ̄    ./ .| |          |
    ノ           \ | |  日本人は阿呆だ!        |  
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |




97 :名無的発言者:2006/10/28(土) 18:29:34
朝鮮人も人を食う

98 :名無的発言者:2006/10/28(土) 18:30:21
他中の月給、5000元貰ってる?

99 :名無的発言者:2006/10/28(土) 18:37:40
/      \
      /  ─    ─\      
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | ________
     \        ̄    ./ .| |          |
    ノ           \ | |  日本人は阿呆だ!        |  
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |




100 :名無的発言者:2006/10/30(月) 01:36:00
他国を荒らしたがるのは、やっぱり蒙古の遺伝子?

本来の漢人の遺伝子にはこんなの無いよな(笑

101 :名無的発言者:2006/10/30(月) 19:06:10
我太祖高皇帝時。開平王常遇春妻甚妬。上賜侍女。王悦其手。妻即斷之。
王憤且惧。入朝而色不懌。上詰再三。王始具對。上大笑曰。此小事耳。
再賜何妨。且飮酒寛懷。密令校尉數人至王第。誅其妻支解之。各以一臠賜群臣。
題曰悍婦之肉。肉至。王尚在座。即以賜之。王大驚謝歸。怖惋累日。
此事千古之快。其過唐太宗萬萬矣。

明 謝肇淛『文海披沙』卷七 より。

102 :日 本 語 で の 説 明 文 発 見  !:2006/10/31(火) 02:26:21

 http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm

103 :名無的発言者:2006/10/31(火) 02:37:15
>>75 
これは真実なのか ?  真実ならば凄いスクープだ !  もっと詳しく語れ。

104 :名無的発言者:2006/11/04(土) 11:06:32
群集全体が狂気じみた段階:特徴は一言で概括できる:人食い集団。

例えば、武宣市では、まるで伝染病が氾濫した時、死体を食べて目を赤くした
犬の群れのようであった。人々は人肉を食べる。気が狂ってしまったように食べまくる。
何かするとすぐに人を引っ張り出して「批判闘争」を行う。
そして、批判闘争の後は必ず彼らを食べる。一人が倒れれば、息を引き取ったかどうかも
構わずに、大勢の人が群れをなして押し寄せる。それぞれが事前に用意してきた包丁や
ナイフを倒れた人を目がけてどこの部分でも構わずに人肉を切り取る。
…ここまで来ると、一般の群集も人食いの流れに巻き込まれて行く。
ほんの僅か残された罪悪感と人間性も、「12級台風の階級闘争」によって、
綺麗さっぱり吹き飛ばされてしまう。人食いの疫病は武宣市を席巻した。
最頂点に達した時の形式は、「人肉宴席」と言っても、全く誇張ではなかった。
人の肉、心臓、腎臓、ひじ、関節、関節の筋を…蒸す、煮る、焼く、炒める、餡かけにする、
油で焼くなど、盛りだくさんの料理を作り出した。そして、酒を飲み、拳を打ち、
論功行賞を行う。まさに人食い最高の時期に達した。最高権力機構である
「武宣県革命委員会」の食堂でさえ、人肉を調理したことがあるのだ!

これら人食い宴会は、決して民間での自発的な行為ではない。全体主義組織としての
中国共産党の社会に対する制御は、一つ一つの細胞まで浸透している。
背後の中国共産党の煽りと操縦がなければ、このようなことは決して起こりえ

105 :名無的発言者:2006/11/04(土) 15:56:42
なかったりなんかしっちゃったりして

106 :名無的発言者:2006/11/07(火) 03:35:22
>>104
煽っても操縦しても、歴史的素地がないとね。

107 :名無的発言者:2006/11/08(水) 03:47:46
清の順治9(1652)年、南に逃げた明の残兵が新会の県城を包囲し、
場内が飢餓に見舞われた際、清の官軍は住民を殺して食糧に当てた。
ある将軍が老婆を食べるために殺そうとしたところが、莫という婦人が老婆の
命乞いをした。将軍は老婆を解放し、かわりに莫婦人を煮て食べた。
李婦人は夫を兵士に連れ去られた。婦人が泣いて懇願することには
「夫にはまだ子供がありません。このままでは血筋が絶えてしまいます。かわりに
私を食べて下さい。」
兵士は李婦人を煮て食べ、骨をその夫に与えて埋葬させた。
またある時、周辺数百人の農民が保護を求めて城内へ立ち入ろうとした。
県令は許さなかったが、例の将軍は「城内に入れろ!いざというときは我々の
十日分の食糧となる。」と、彼らを城内に避難させた。
城は八ヶ月に渡って包囲され、一万人もの住人が清の官軍に食べられた。
戦乱が収まった後、将軍が道を歩いていると一人の男が彼を跪いて拝んだ。
訝しがって訊ねる将軍に彼は答えた。
「私の両親も妻も皆あなた様の腹の中で眠っております。彼らには墓がありませぬ
もうじき寒水節だというのにあなた様の腹を拝まなければ他の何を拝めば
良いのでありましょうか」
さすがに将軍は恥じ、逃げるようにその場を去ったという。


108 :名無的発言者:2006/11/08(水) 03:53:31
>>104
ばか!死刑になるぞ!
>>105ばか!

109 :名無的発言者:2006/11/09(木) 20:14:31
中国女学生のイジメ。

(動画)
ttp://kr.dcinside1.imagesearch.yahoo.com/zb40/zboard.php?id=dci_etc&no=10358
ttp://kr.img.dc.yahoo.com/b1/data/dci_etc/76.wmv

(画像)
http://files.dcinside.com/dcnews/ahehe/y580.jpg
http://files.dcinside.com/dcnews/ahehe/y581.jpg


この女の子、イジメ殺されて食べられちゃったかも?
中国人怖い。

110 :名無的発言者:2006/11/14(火) 14:19:18
シナ人の人食いは古来より現代に至るまで脈々と受け継がれる伝統文化。
李時珍の「本草綱目」、陳蔵器の「本草拾遺」には人肉の薬効が書かれてる。
「唐書」「新唐書」「清史」「資治通鑑」「続資治通鑑」「明紀」
アラビア商人が書いた「シナ・インド物語」マルコポーロの「東方見聞録」
などでも食用人間の飼育や兵糧としての「乾尸(屍)」「塩尸」が登場し
市場で人肉の公然販売されていた様が書かれている。
市場価格は例えば「資治通鑑」の「唐紀」では902年の西京鳳翔城で人肉一斤百銭とある。
顧山貞の「客滇述」では1647年の四川では男肉一斤七銭、女肉一斤八銭とある。
1925年発行の雑誌「現代評論」では男児が一斤銅銭八枚、女児はこの値段でも売れないとある。
その他、有名な孔子や劉備玄徳の人食いなど枚挙に暇がない。


111 :名無的発言者:2006/11/14(火) 16:24:47

で、おまえはそこに列挙した本のうち、どれかひとつでも読んだのか?

112 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:00:55
ここにも人食いの記述があるね。
中国って本当に残虐で恐ろしい国だな。


■「九評共産党」 (中国共産党についての九つの論評)
http://www.epochtimes.jp/editorial/9ping.html
  一.共産党とは一体何物か
  二.中国共産党はどのようにでき上がったか
  三.中国共産党の暴政
  四.共産党が宇宙に反する
  五.法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用
  六.中国共産党による民族文化の破壊
  七.中国共産党による殺人の歴史
  八.中国共産党の邪教的本質
  九.中国共産党の無頼の本性
 ☆2005年度AAJA(アジア・アメリカ・ジャーナリスト協会)全国報道賞
 ☆アジア・アメリカ問題ネット報道部門トップ賞受賞
 ☆李登輝 台湾前総統 署名推薦


113 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:19:34
また大紀元か・・・

114 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:21:19
またお前か

115 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:23:52
法輪功信者乙

116 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:28:25
広東省:汕尾市村民代表が強制連行、村民2千人集団抗議
--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本11月14日】広東省汕尾市東洲村の2千人あまりの村民が11月10日、汚職・
不正の反対を訴える横断幕を掛けたことで強制連行された村民代表・陳チェン氏の釈放を地元政府に求めるため、
行政府庁舎前に集まった。地元当局は、村民の抗議に対して一切コメントはないという。



117 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:28:32
私中国人。日本人優しい国も豊。私は国は観衆厳しくて日本のいいこと手紙できない。中国人悪くない共和国が悪い。だから中国人をゆるして国はゆるさないでいいから。日本は世界1番の優しい国。ありがとござます

118 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:29:56
>>117
支那の豚小屋に帰れ

119 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:31:40
>>117
日本人として恥ずかしくないの?成りすまし君?
騙される>>118も頭大丈夫か?

120 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:33:56
恥ずかしい(--;)騙されるやつがいるとは。支那は能力なさすぎ。残念

121 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:34:39
>>119
いやいや、実は俺も117が成りすましだというのは気づいてたよ。
だって、日本語をわざとなまらせてるじゃん。

122 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:36:35
おい>>117、日本人の誇りはどこにいった?
情けない奴だ。

123 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:37:53
君?小学生??わかってんだったら最初から言え。

124 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:39:05
>>117のようなクズが日本を滅ぼす。

125 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:40:10
日本人の誇りってなんだ?説明する義務がある。

126 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:40:40
だいたい支那畜がそんな殊勝なワケないだろww

127 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:41:09
なぜ滅びるんだ説明しろ。

128 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:41:39
>>125
他国人に成りすましてくだらない書き込みをしないってことだろ。

129 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:42:37
>>127
もう成りすますのは止めたのか?似非中国人。

130 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:43:22
126さん。私はなりすましたが現実に中国人が言うてた事だ。事実な話だ。

131 :名無的発言者:2006/11/14(火) 18:44:47
129 もうやめた。

132 :名無的発言者:2006/11/14(火) 22:17:41
なるほど中国人は共食い民族だから狂ってるんだな。
脳ミソがプリオンだらけで。

133 :名無的発言者:2006/11/15(水) 00:12:22
法輪功の内臓抜いたあとは、証拠隠滅もかねて食っちまうんだろ?

134 :名無的発言者:2006/11/15(水) 01:22:25
このスレレベル低すぎ。

135 :名無的発言者:2006/11/15(水) 02:35:34
食人中国にレベル合わせないとならないからなw

136 ::2006/11/15(水) 02:36:52
しね

137 :名無的発言者:2006/11/15(水) 22:25:06

胎児スープを食べる中国人
http://hk.geocities.com/ennet369/


138 :名無的発言者:2006/11/16(木) 01:01:48
なんと 犬と猫ちゃんまでも食べちゃうなんて・・・

  http://www.petatv.com/tvpopup/video.asp?video=china_dog_cat_fur_boards2&Player=wm&speed=_med







139 :名無的発言者:2006/11/16(木) 01:41:22
>>92
確かにエチゼンクラゲの繁殖地は中国黄海沿海だし、
最近の日本沿海での大発生被害は結局、中国の環境破壊によるところが
大なので中国人に責任持って食べてもらえば言うこと無しだが…
エチゼンクラゲが幼生からクラゲへ変態するのは対馬海流に乗って
日本へ来る間なんだよねぇ。

140 :名無的発言者:2006/11/19(日) 05:26:32
エチゼンクラゲは、幼生が移動した跡にも次々ポリープが生じ、際限なく増える。
何と悪業支那畜と相似な生き物か!!

141 :名無的発言者:2006/11/19(日) 07:37:25
140>天皇の家系ももともと中国の揚子江流域から流れてきた
ご先祖を忘れたお前は畜生以下だ。

142 :名無的発言者:2006/11/19(日) 07:44:29
お〜い

143 :名無的発言者:2006/11/20(月) 19:58:15
>>141
うちは朝青龍んとこみたいw

144 :名無的発言者:2006/11/20(月) 20:09:42
>>134
中国板なんて在日チョンが日本人になりすまして
反中を煽る場と化してるから・・・(´・ω・`)

145 :アサピ:2006/11/20(月) 20:49:14
日本人糞無職野郎の残忍な行動!

ネコ殺害映像をネット公開した20歳男を書類送検

 自宅の浴室でネコを殺したとして、埼玉県警生活環境2課と新座署は20日、水戸市の無職男(20)を、
動物愛護法違反の疑いで、さいたま地検に書類送検した。

 男はネコを殺害後、インターネットの掲示板に、ネコの死がいの写真を公開。
全国やカナダ、ドイツなどから、捜査を求める電子メールや手紙計243通が県警に届いていた。

 調べによると、男は4月15日午後3時半ごろ
、当時住んでいた東京都江戸川区の自宅アパートの浴室で、
公園で拾ったネコの頭部を踏みつけるなどして殺害した疑い。
男は「猫は小動物に危害を与える。正義感から殺害した」と話しているという。
(読売新聞) - 11月20日20時9分更新

146 :名無的発言者:2006/11/20(月) 21:05:29
アンポンタン他中発見!

147 :アサピ:2006/11/20(月) 21:09:48
もはや日本人はゴミだ!

148 :名無的発言者:2006/11/20(月) 21:54:52
餓鬼(ハングリー・ゴースト)―秘密にされた毛沢東中国の飢饉 (単行本)
ジャスパー ベッカー (著), Jasper Becker (原著), 川勝 貴美 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4120029158

孔子は『論語』の中で、「親の仇は殺してその肉を食え」と唱えているらしい。
従来は比喩的表現とみなされていたが、本当に食えということらしい。

149 :名無的発言者:2006/11/20(月) 22:06:54
352 :世界@名無史さん :2005/10/11(火) 21:46:22 0
>148
だいぶ前、週刊新潮が「朝日新聞社版『中国が動く』(ピューリッツァ賞授賞)から削除された
中国文革 地獄の人食い」という記事を書いていた。書名は確か、そういう本だったと思う。
同書では、文革を生き延びた中国人女性の証言を基に、その実態が中国人同士の凄惨な
友食いであった事実を暴露。ところが、日本での独占出版権を得た親中国の朝日新聞社は、
同書の最も重要な部分であるカニバリズム・シーンを読者に無断で削除していて、それを
週刊新潮が告発。そして、削除されたある都市での生々しいシーンを掲載していた。
同誌の問い合わせに対して、訳者で中国史専門の東大教授が、「中国には古代から
カニバリズムの風習があったんです。中国では一般庶民も豚肉や鶏肉を食べるような感覚で
人肉を食べていたんです。そのような風習は、中国が清朝末から中国革命を経て近代化して
いく過程でいったんは消滅したはずだったんです。ところが文化大革命という異常なムードの
中で一気に復活してしまったんです。このようなカニバリズムは、○○市だけでなく、
文革当時、中国全土いたるところで行われていたんです。しかし、『中国が動く』に描かれた
カニバリズム・シーンはあまりにも恐ろしすぎて、その内容に確信が持てなかったんです。
だから削除したんです。」というようなことを語っていた。
そして、同誌は、「2千万人が殺されたといわれる中国プロレタリア文化大革命。その実態は
中国人同士の凄惨な友食いだったのである。」と結論付けていた。
岩波書店もジョンストンの『紫禁城の黄昏』で、最初の十章など、日本に都合のいい部分は
読者に無断で削除している。
ほんと、日本の左翼メディアはろくでもない。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1126353283/l50

「特集 朝日新聞社版では削除された中国文化大革命の地獄の人喰い」 
『週刊新潮』第38巻第39号、140-144頁 1993年10月14日 
http://www10.ocn.ne.jp/~okamiya/hohatuge.html

150 :『中国の地の底で』の間違い:2006/11/21(火) 00:26:28
>>149
もう一つの主題は食人事件である。映画「古井戸」で農村の水争いをテーマに、現代中国の
したたかな古さを描いた作家鄭義は、天安門事件後、地下に潜行した。中国各地で三年間
逃亡生活を送ったのち、九二年三月妻北明とともに九三年一月アメリカに亡命した。亡命後に
出版した二冊は中国社会主義の無残を描ききって余すところがない。一冊は『歴史の一部分:
永遠に投函できない一一通の手紙』(台北、万象図書股有限公司、一九九三年三月)、
もう一冊は『紅色紀年碑』(台北、華視文化公司、一九九三年七月)である。前者は逃亡者
たる著者が身代わりとして囚われた妻に宛てる形で書いた一一通の書簡体風エッセイ集で
ある。藤井省三監訳『中国の地の底で』(朝日新聞社、一九九三年一〇月)は、原書の
約六割を訳出したもの。鄭義は文化大革命を「支配者の文革」と「民衆の文革」に分ける。
毛沢東が権力闘争のために人民を利用したことが前者であるが、このとき人民もまた毛沢東
の権威を利用して、それぞれの造反を行なった。藤井は鄭義の「二つの文革」論に依拠して、
ベストセラー『ワイルド・スワン』(張戎の自伝、講談社)は毛沢東による人民の利用のみを
強調した通俗文革論だ。張承志による回想『紅衛兵の時代』(岩波新書)は高級幹部子弟
(すなわち「老紅衛兵」)であった著者が「平民紅衛兵」(造反派)の掲げた民主的要素を借り
て自己正当化を図ったものだ、と巧みに位置づけている。鄭義の一一通の手紙の圧巻は
第八、九信で、そこには文革期に広西チワン族自治区で発生した大規模な食人事件
(カニバリズム)が描かれている。文革期の食人事件は、こっそりとおそるおそる食べ出した
開始期、鳴りもの入りで行なわれた高潮期、そして食人が大衆運動化した終末期の三段階に
分けられるが、このおぞましい事件は共産党の「反人類的暴行の行き着く果て」であった、と
鄭義は結論する。藤井訳では食人事件が削除されているのは、画竜点睛を欠くもので、はな
はだ遺憾である http://www25.big.or.jp/~yabuki/doc5/sa94xy.htm

151 :名無的発言者:2006/11/21(火) 22:53:20
U r insane

152 :名無的発言者:2006/12/20(水) 16:06:57
あげ

153 :日本人:2006/12/20(水) 19:25:38
シナ人は人食い人種

154 :名無的発言者:2006/12/21(木) 14:17:39
>>147 もはやお前はゴミ以下だ。氏ねば

155 :名無的発言者:2006/12/21(木) 16:00:33
>>149

156 :名無的発言者:2006/12/21(木) 20:19:37


中国人は、親の仇や、人民の敵を食うくらいだから、もちろん日本兵も殺して食ったんだろ?





157 :名無的発言者:2006/12/21(木) 20:28:33



爺さん達が中国で、残虐行為を行なった理由を理解できた気がします。






158 :名無し的発言者:2006/12/21(木) 21:08:07
シナ人の大好物は人肉なんだそうだ。人はうまい物をたべているからその肉がまた
うまいそうだ。

159 :名無的発言者:2006/12/22(金) 15:23:13
皆殺しにしないと、日本兵の方がよってたかって食われてしまうから、仕方なかったわけで。

160 :名無し的発言者:2006/12/22(金) 20:01:14
人肉を食べるのはシナの伝統文化なのである。

161 :名無的発言者:2006/12/27(水) 10:37:00
Gansu police discover remains of cooked children

Lanzhou (AsiaNews) ? Police from the northern province of Gansu have found two cooked human arms,
presumed to have belonged to children aged between five to eight years, in a Lanzhou landfill. A week ago,
121 human skulls were discovered in the same province. The news was reported by the South China Morning
Post, citing local sources and media.

Staff at Chengguan district's Yangwagou landfill found the arms along with other remains in a white plastic
bag on the morning of Monday 3 March. A local journalist said they appeared to have been “mixed” with
cooking ingredients, including ginger and chilli. "The arms clearly belonged to a child and had the upper arm
and forearm, and the hands with nails," the reporter said.

162 :名無的発言者:2006/12/27(水) 13:11:26
人間が人間を食うのは飢饉等で追い詰められてならまだ判るけど
文化大革命で食人やったのはもう日本人には理解不能・・・・


163 :名無的発言者:2006/12/27(水) 13:20:23
シナ工作員が活躍してますね

164 :名無的発言者:2006/12/27(水) 22:32:34
日本では、追いはぎに身ぐるみ剥がれるといいますが、中国で盗賊に襲われると、
食われてしまう心配をしなければ逝けないようです。

165 :名無的発言者:2006/12/27(水) 23:03:08
『中国では近年まで人肉食は禁忌でなかった』それによれば19世紀(清の時代)まで処刑された者の人肉を
漢方薬としていたという記録や写真があるという。また、『三国志演義』には「劉備が曹操に追われてある
家に匿われた時に、その家の主人が劉備に献上する食料がなく妻を殺害し、その妻の肉を劉備に献上しそれ
に感動した劉備はその後その家の主人を高官にした。」との記述があり吉川英治著の『三国志』でこの記述
の際には、中国の人食文化に付いて触れている。また、『史記』にも飢饉や戦争により食料が無くなると自
分の子供と他人の子供を交換し、交換した子供を絞め殺して食べたという記述が残っている。さらに、病気
の夫などに、妻の腿の肉を食べさせるという風習もあったらしい。北宋代の料理書には両脚羊と言う人間料
理の項目があり、人肉市場が存在したと言われている。両脚羊とは二本足の羊という意味で、食用人間の事
を指す。また、文化大革命時に於いても粛清と言う名目で人肉食が広西等で白昼堂々と行われていたと言う


166 :名無的発言者:2006/12/28(木) 11:42:57
>>165
文化大革命ってほんの30年ぐらい前じゃん・・・
そんな時期になっても食人やってたって凄すぎ。パブアニューギニアの
部族でもその時期には人食い止めてるぞ・・・


167 :名無的発言者:2006/12/28(木) 13:42:28
胎児スープキモすぎる…

168 :名無的発言者:2006/12/29(金) 09:21:40
>>161の記事読める人いないのかな。
これ今年の4月頃、子供の体の一部がビニール袋に入って発見されたんだけど
調味料やスパイスが付着してて調理された痕跡があるんだって。

169 :名無的発言者:2006/12/29(金) 09:39:33
中国人の場合、自分さえ助かれば人の命などどう踏み潰してもかまわない、って、
骨の随から思ってるからね。
その結果が、今の人類から取り残された中国の姿だ。
そして、中国人が生きている限り、人命虐殺の精神も生きつづけるということだ。

170 :名無的発言者:2006/12/29(金) 10:14:26
2chで幼稚な中国批判書く奴って日本社会で適応できない障害者でしょ
批判するのは良いけど・・・
一度でいいから現地へ行って見てきたら?
ニートでも行けるくらい航空券も安いし。
アホな自分が良くわかると思うよ。


171 :名無的発言者:2006/12/29(金) 10:15:31
↑インターネット世代は怠惰、苛立ち、焦燥、自閉、憂鬱の環境の中で育ってきたから、一部は厭世観が強く、精神が不安定な者も多い。

172 :名無的発言者:2006/12/29(金) 10:21:23
>>171
特に平日昼間に書き込んでいる奴は酷い。
たぶん精神が不安定で、現実社会から疎外されているんだろう

173 :名無的発言者:2006/12/29(金) 10:27:31
妄想虚言癖↑

174 :名無的発言者:2006/12/29(金) 10:44:29
中国行ったよ。
屋台で売ってるゴキブリ?の串焼きとかね、もう凄いの何のww
100年ぐらい前までは人肉もあんなふうに売ってたのかね。

175 :名無的発言者:2006/12/29(金) 11:05:27
>>174
おまえの行ったのって、それたぶん中国じゃないよ。

176 :名無的発言者:2006/12/29(金) 11:11:43
紛れも無く中国w

177 :名無的発言者:2006/12/29(金) 11:33:35
『中国では近年まで人肉食は禁忌でなかった』それによれば19世紀(清の時代)まで処刑された者の人肉を
漢方薬としていたという記録や写真があるという。また、『三国志演義』には「劉備が曹操に追われてある
家に匿われた時に、その家の主人が劉備に献上する食料がなく妻を殺害し、その妻の肉を劉備に献上しそれ
に感動した劉備はその後その家の主人を高官にした。」との記述があり吉川英治著の『三国志』でこの記述
の際には、中国の人食文化に付いて触れている。また、『史記』にも飢饉や戦争により食料が無くなると自
分の子供と他人の子供を交換し、交換した子供を絞め殺して食べたという記述が残っている。さらに、病気
の夫などに、妻の腿の肉を食べさせるという風習もあったらしい。北宋代の料理書には両脚羊と言う人間料
理の項目があり、人肉市場が存在したと言われている。両脚羊とは二本足の羊という意味で、食用人間の事
を指す。また、文化大革命時に於いても粛清と言う名目で人肉食が広西等で白昼堂々と行われていたと言う


178 :名無的発言者:2006/12/29(金) 15:56:55
シナには今でも人肉屋があって、国公認で商売してるよ。客は皆、シナ人ばかりだけどね。

179 :名無的発言者:2006/12/29(金) 16:12:28
>>178
ネットで全てを知ったと勘違いしている、犯罪者予備軍のひきこもり君。
部屋に引きこもって、行ったこともない国の悪口言うくらいなら、
バイトぐらいして、実際に中国に行ってみて確かめたら?


180 :名無的発言者:2006/12/29(金) 17:42:04
人肉屋は知らないけど病院が堕胎された胎児を闇ルートで売ってたことは新聞記事にもなってたね。
南の方の中国人が食人習慣あるみたい。

181 :名無的発言者:2006/12/29(金) 17:43:58
>>179
オマエは年末年始も茨城大学理学部から2ちゃん荒らしか?wwwww

182 :名無的発言者:2006/12/29(金) 22:41:55
>>180
げっ、マジで赤ちゃん食うの・・・
犬食うぐらいなら文化の違いで済むけど人間食うってのは外国人は
誰も受け入れないだろ・・・

183 :名無的発言者:2006/12/29(金) 22:45:24
>>180
げっ、マジで赤ちゃん食うの・・・
犬食うぐらいなら文化の違いで済むけど人間食うってのは外国人は
誰も受け入れないだろ・・・

184 :名無的発言者:2006/12/29(金) 22:47:07
>>180
げっ、マジで赤ちゃん食うの・・・
犬食うぐらいなら文化の違いで済むけど人間食うってのは外国人は
誰も受け入れないだろ・・・

185 :名無的発言者:2006/12/29(金) 23:00:21
china baby health food でぐぐれば出てくるよ

186 :名無的発言者:2006/12/30(土) 18:53:20
「醜い中国人」 柏楊著

p112 中国の歴史には「人肉食」が何十回、何百回と現れた。

187 :名無的発言者:2006/12/30(土) 21:08:32
タチュウも人を食った奴だ。

188 :名無的発言者:2006/12/30(土) 21:30:49
食った話だね

189 :名無し的発言者:2006/12/31(日) 20:14:03
チナ人は事実を指摘されると、慌ててああだこうだ言って隠そうと必死だね。
日本の悪口は好き勝手放題に言うけど、どうして本当の事言われると慌てふためくんだろうね
やはり、真実がバレるのが怖いんだろうね、だったらウソなんかつくのを今後
いっさいやめればいいんだよ。ウソはいずれバレて恥をかくんだよ。

190 :名無的発言者:2007/01/01(月) 16:44:23
>>157
戦陣訓の中の「生きて俘虜の辱めを受けず」というのは、中国
兵の捕虜になる
と残虐な拷問(生きたまま、体を切り刻まれる)を受けて殺され
るという事実か
ら来たと聞いた事が有る。

食人の習慣が有るならば、その後の事も想像出来るな...


ちなみに、俺は5回中国に行って、鳩肉のミートパイ、スッポンの姿煮、蛇、食用蛙、家鴨、上海蟹etc喰いまくったが、赤ん坊は喰って無いw

191 :名無的発言者:2007/01/01(月) 16:54:08
支那の軍隊の残虐な処刑は有名。伝統ですから。

192 :名無的発言者:2007/01/02(火) 01:24:29
>>190
日本の武士道精神を愚弄するのはやめてくれ。

193 :名無的発言者:2007/01/02(火) 10:45:33
>>190
人間を食った奴は人間じゃなくなるから冗談でもそんなこと言うなよ・・・


194 :名無的発言者:2007/01/02(火) 14:47:46
>>193
じゃ中国人には、ヒトモドキが紛れ込んでるんだな〜

195 :名無的発言者:2007/01/02(火) 14:53:50
極端の言論はご遠慮ください

196 :名無的発言者:2007/01/02(火) 14:56:25
暗黒の喰人大陸中国!

197 :名無的発言者:2007/01/02(火) 14:59:39
年始に来た親戚:「>>196は上にいるんだろ?なんで降りてこないんだ」


198 :名無し的発言者:2007/01/02(火) 16:45:59
チナ人、必死に人食い人種でない!と事実を隠そうとしています。

199 :名無的発言者:2007/01/02(火) 22:56:04
「Cannibalism in China」 Key Ray Chong著

"the Chinese often ate their enemies out of hatred or revenge during wartime."  
"During World War II, hate-cannibalism is reported to have occurred in China.
Later, as the civil war between the Communists and the Nationalists went on for control of China, some Communist soldiers were executed routinely in a far-interior district; and their flesh and bones were eaten out of a spirit of revenge.
One American priest told of seeing a Chinese Nationalist officer cut out and eat the heart of a Chinese Communist."

中国人は戦争中、憎悪と復讐心から頻繁に敵を食べます。
第二次世界大戦中にも、憎悪からの食人が、中国で起こったとする報告があります。
そして、その後の中国の覇権を賭けた、共産党と国民党との内戦ときにも
幾人かの共産党員が内陸の地区で定期的に処刑されていましたが、彼らの骨身は報復の精神から食べられていました。
国民党の将校が共産党員の心臓を取り出し、食べるのを1人のアメリカ人の聖職者が目撃しています。





200 :名無的発言者:2007/01/03(水) 00:55:18
「支那人の食人肉風習」 桑原隲藏著

(第四) 憎惡の極その人の肉を食ふことである。
支那人はその怨敵に對する時、よく「欲噬其肉」といふ文字を使用するが、之は決して誇張せる形容でなく、率直なる事實である。
支那人は死後も肉體の保存を必要と信じ、その肉を食へば、之に由つて死者に多大の苦痛を與へ得るものと信じて居る。
梁の武帝を餓死せしめた反將の侯景が、後に殺害されて市に曝された時、彼を惡める士民は爭うてその肉を食ひ盡くした。
唐の楊貴妃の族兄楊國忠が、貴妃と共に馬嵬で殺害された時も、之と同樣に、彼の肉は軍民の餌食となつた。
元の世祖の權臣阿合馬(アハメツド)の如き、明の宦官劉瑾の如き、その失脚して殺戮に遇つた時、かねて彼等を憎める人々は、その肉を買ひ取つて、之を生食したといふ。

201 :名無的発言者:2007/01/04(木) 22:12:13
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

支那人は世界に誇負すべき悠遠なる文化を有せるに拘らず、彼等は古代から現時に至るまで、上下三千餘年に亙つて、繼續的に Cannibalism の蠻習をもつて居る。
恐らく世界の中で支那人程、豐富な Cannibalism の史料を傳へて居る國民は他にあるまい。
古代から支那人が食人肉の風習を有したことは、經史に歴然たる確證が存在して、毫も疑惑の餘地がない。

202 :名無的発言者:2007/01/05(金) 01:00:43
http://edition.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html CNNの報道記事

John Simmen氏は、今、その写真集を出してくれる出版社を探している。「これまで写真1枚につき3千ドイツマルクを受け取ってきました。しかし、私の主たる関心事は、父が自分に語ってくれたこと上海で何が起こったのかを人々に知らせることにあるのです。」と彼は言う。

「やつらは、それを楽しんでました。日本人の頭が切り落とされるのを待っていて、それから、頭を手に取り、サッカーをして遊んだのです。・・・本当に残酷な話です。」とSimmen氏は述べた。

Simmen氏の父は、彼に、中国兵たちが日本人捕虜たちにさまざまな拷問手法を用いたと言った。
その拷問の中には、写真にあるように、餓死するまで首吊り状態にして木のおりに入れておくというものもあった。

203 :名無的発言者:2007/01/05(金) 01:16:21


こりゃ爺さんたちは、中国人に喰われていただろうね。
そしてそのような中国人兵士に対して
情け容赦しなかったであろうことも想像できる。




204 :名無的発言者:2007/01/05(金) 08:39:16
中国残留孤児の中にも食われた子供結構いると思うよ。
ハルビンにいた俺のじいちゃんの叔父は赤ん坊を逃げる途中にさらわれて行方不明。

205 :名無し的発言者:2007/01/05(金) 10:12:32
人間食いはチナの伝統文化。

206 :名無的発言者:2007/01/05(金) 16:05:27

こいつはいつもの民族差別主義人格障害者だから
ほっといてあげて


207 :名無的発言者:2007/01/05(金) 17:44:17

こいつはいつもの民族伝統文化隠蔽人格障害者だから
ほっといてあげて

208 :名無的発言者:2007/01/05(金) 17:48:41
俺はmixiの住人だから分かるんだけど、ほんと2chって女がいないよね。

ネラーとかネット右翼と呼ばれる奴等に共通してるのが、
激しいヘイトクライム(民族&マイノリティ憎悪)と女性蔑視。
リベラリストが書き込めば在日とレッテルを貼り、
女が書き込むとすかさず性的下品なレスでやり返す。
これじゃ女が逃げ出して当然だ。
(ネット右翼のレッテルが多い割には)在日朝鮮人も殆どいなだろう。

さて、こんな基地外どもが烏合した犯罪巣窟BBSから
逃避した女たちがイパーイいるのがmixi。

当然かもしれないがmixiの利用者は女のほうが男より多いらしい。
ごく自然に俺、mixiで女の子の友達何人も出来た。
正直・・・・ウレシイ。

だから2chに書き込む俺のレスは、
日本人の恥さらし「ネラー&ネット右翼」に対する攻撃一本に絞ることに決めている。

それ以外の社会的な話題は全部mixiなのさ。

209 :名無的発言者:2007/01/05(金) 18:24:04
つか男のフリして書き込んでるよ。
カキコするのにわざわざ女言葉使ってもネカマ呼ばわりされるだけだし。

210 :名無的発言者:2007/01/07(日) 02:33:25
人喰いは今でも支那人の習慣です。
金持ちの奴は、密かに胎児スープで滋養強壮だす。



211 :名無的発言者:2007/01/07(日) 02:40:21
>>210
実際に見たのか?

212 :名無的発言者:2007/01/07(日) 02:41:15
↑ ←でたwwwwwwwwwwww

213 :名無的発言者:2007/01/07(日) 02:41:54

「w」いっぱい使うとバカに見える

214 :名無的発言者:2007/01/07(日) 02:48:11
>>213
はいはい、ワロスワロス

215 :名無的発言者:2007/01/07(日) 04:58:13
『「w」』を使うと、偽善者っぽい。

216 :名無的発言者:2007/01/07(日) 04:59:38
実際に見ないと南京大虐殺とやらも無かったんだろうな?

217 :名無的発言者:2007/01/07(日) 05:46:04
子供の屁理屈

218 :名無的発言者:2007/01/07(日) 07:26:17
中国の国技ですね>子供の屁理屈

219 :名無的発言者:2007/01/07(日) 09:34:58
金を奪えるならうそをつく。支那の伝統技アルヨ。

220 :名無的発言者:2007/01/07(日) 09:58:43
>>219

( ´,_ゝ`)プッ

何が「アルヨ」だ。
ツマンネ


221 :名無的発言者:2007/01/07(日) 11:08:36
>>211
これなら有る
http://hk.geocities.com/ennet369/111111/20011016unv020097007.jpg


222 :名無的発言者:2007/01/07(日) 11:10:33
>>221
これの元サイトは?

223 :名無的発言者:2007/01/07(日) 23:10:37
そこのURL、たまに貼ってくる香具師がいるよ。
少し騒いでみな。貼って来るかも知れない。

224 :名無的発言者:2007/01/08(月) 09:23:39
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの調査によ
れば、2004年の世界における死刑執行件数は約5500件で、その
うちの3400件、62パーセントが中国である。そのうちのかな
りの件数で、臓器が取り出され、役人の収入源になっていると
思われる。

 病院が処刑された死体に支払う値段は、300元(4500円)か
ら600元(9000円)。そこから取り出された臓器は、12万元
(180万円)から15万元(225万円)に跳ね上がる。外国人相手に
売られるときは、その倍になるという。仮に200万円で3千
件の臓器売買が行われたとすれば、総額60億円のビッグビジ
ネスということになる。


225 :名無的発言者:2007/01/08(月) 10:40:22
hayasi「医食同源」の考えは近代になっても根強く残っていた。日露
戦争中に日本に留学し、その後作家として活躍した魯迅の作品
『薬』の中には、女性革命家が公開処刑される際に、民衆が手
に手に饅頭を持って集まる、というシーンが出てくる。処刑さ
れた瞬間に吹き出る血を、饅頭に染みこませて食べる。新鮮な
血は体によいという「医食同源」の発想である。
 中国人は「四つ足で食べないのは机だけ」と揶揄されるほど、
何でも食べ物にしてしまう。そして「医食同源」だから、何で
も薬と考える。自らの体のためには、人間を含む他の生命はす
べて食べ物や薬として見なすのが、中国人の哲学なのである。

226 :名無的発言者:2007/01/08(月) 10:44:19
中国における臓器売買はアメ
リカの国会でも注目され、数度にわたる公聴会が開かれた。国
会の提案により、江沢民主席が1997年に訪米した際に、クリン
トン大統領が問題提起している。同時期に、アメリカのABC
テレビが『血なまぐさい金』(Bloody Money)という題名で、ゴ
ールデン・アワーに全米に放送した。

 ウー氏の調査によると、臓器売買は次のようなシステムで行
われている。まず死刑は祝日の前日に予定される。中国では
80年代以前までは公開処刑が一般的で、国民がお祭り気分で
見る娯楽の一種であったからだ。
 次に刑務所では、肝炎やエイズなどの事前チェックを行い、
病院側が注文した臓器に合った死刑囚を選ぶ。さらに臓器は
新しいほどよいので、刑場には医者が待機していて、死刑執行
されるや臓器を取り出し、病院に運んで、移植手術を行う。

 

227 :名無的発言者:2007/01/08(月) 10:45:01
死刑執行前に臓器を取り出してしまうケースもよくあるとい
う。ウー氏のレポートでは、ハンブルグに脱出した中国人医師
が実名と写真入りで、死刑執行の前日に何度も肝臓を取り出し
たと証言している。その犠牲者のひとりは、思想問題で死刑と
された19歳の女性で、死刑執行する前に、待機する車の中に
彼女を強引に押し込み、麻酔無しで腎臓を取り出したという。


228 :名無的発言者:2007/01/08(月) 23:30:16
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

唐の則天武后時代の酷吏に來俊臣がある。酷吏の代表として後世にまで聞えて居るが、この來俊臣が後に棄市せられた時、民衆は爭うてその肉を割食した。『資治通鑑』
唐紀二十二、神功元年の條に、

仇家爭?{來}俊臣之肉。斯須而盡。抉眼剥面。披腹出心。騰?成泥。

唐の玄宗の奸相楊國忠が馬嵬で、禁軍の憤怒を買ひ、遂に軍士の爲に?食された(『新唐書』卷二百六、楊國忠傳)。
五代の後晉の末年に、契丹の手先となつて大梁に跋扈した張彦澤が後に死に處せられた時、市民は爭うて其腦を破ぶり其髓を取り、其肉を臠して之を食した(『五代史記』卷五十二、張彦澤傳)。
張彦澤と略時代を同くして?(びん)の王延政がある。?主王審知の子で、?の最後の主君である。
彼は建州を根據として居つたが、部下に在つた、福州兵の謀叛の噂を聞き、兵を伏せて福州兵八千人を殺し、その肉を脯として食料に供した(明の黄仲昭の『八?通志』卷二十七參看)。
當時王延政は格別食糧に窮して居らぬから、この擧は全く憎惡から出たものと解釋せなければならぬ。


229 :名無的発言者:2007/01/08(月) 23:32:02
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

 元の世祖時代に政權を握つた色目人に阿合馬(アフマド)がある。
彼は諸方面の反感を買つたが、後にその罪惡が暴露して誅戮された時、かねて彼の專横を惡める人々は爭うてその肉を食した。同時代の鄭所南の『心史』に、

軍民盡分臠阿合馬之肉而食。貧人亦莫不典衣歌飮相慶。燕市酒三日倶空。

と記して居る。
又明の武宗時代の宦者に劉瑾がある。所謂八虎の隨一で、隨分專横に振舞つた。後に罪を發かれて市に磔せられた時、諸人の彼を怨めるもの、一錢を以てその一臠を買ひ、之を生食したといふ(『皇明通紀』卷十)。
 要するに支那人の間に、罪人の肉を?ふことは、一種の私刑として公認の姿となつて居る。怨まれたる、若くば惡まれたる罪人は、所定の公罰を受くるのみでなく、同時に民衆又は仇家に噬食されるといふ私刑を受けねばならぬ。


230 :名無的発言者:2007/01/09(火) 00:02:12
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

怨敵の肉なり骨なり心肝なりを食して、鬱憤を晴らすといふのが、支那人古來の風習である。
近く西暦千八百九十五年の八月に、廣東地方の或る村落間に水論が起り、兩派に分かれて激しい爭鬪を續けた。
この爭鬪の間に、雙方とも多くの死傷者を出し、又若干の捕虜が出來た。
此等敵の捕虜は、やがて殺害せられ、その肉は村童仲間へ食料として分配されたと、信用すべき當時の英字新聞は傳へて居る(Ball; Things Chinese. p. 128)。

231 :名無的発言者:2007/01/09(火) 00:03:22
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

支那人が臺灣を占領した時代には、近く日清戰役の頃まで、臺灣在住の支那人間に、島中の蕃人の肉を食用する風習が行はれ、
蕃人の肉が豚肉同樣に市場に公賣されたことも稀有でなかつたと、千八百九十六年一月發行の『Hongkong Daily Press』に見えて居る(Ball; Things Chinese. pp. 128-129)。


232 :名無的発言者:2007/01/09(火) 01:42:29
日本人も〜

でも、お前たちは知らない!

そんなバカヤロウ〜

233 :中国人:2007/01/09(火) 01:45:12
寮の日本人学生は女の子のうんこを食うプレイをするエロビデオを
見せてくれた、気持ち悪くて吐きそうになった。
もちろん俳優は日本人でした。
でも、日本人がみんなうんこを食うと思っていない
だから、ちゃんと中国のいいところを見てください!


234 :名無的発言者:2007/01/09(火) 16:23:43
スカトロと言って、日本では変態に含まれます。
喫人が常態の中国では理解しにくいでしょうが。

235 :名無的発言者:2007/01/09(火) 16:26:02
>>234
>喫人が常態
それは事実ではありません。
あなたは中国で実際に喫人を見ましたか?
常態なら目にする筈ですが。

236 :名無的発言者:2007/01/09(火) 16:33:29
支那人にいいところなど何も無い。日本で悪い事しかしない。

237 :名無的発言者:2007/01/09(火) 17:09:44
これじゃあ議論不能だ。
酷いもんだな、ここは。

238 :名無的発言者:2007/01/09(火) 20:48:13
目にすると食われてしまうので、なかなかリポート出来ません。
薩摩の隠密状態と言えます。

239 :名無的発言者:2007/01/10(水) 05:38:05
誰か、本当に中国人の「人間を食う」現場を見た?
噂話でしょう?なんでそんな無責任で「中国人はみんな人間を食う!」と言うの?
僕は何回も電車中のセクハラを目撃したよ、まじで。
じゃ、日本はいやらしい生物の政治共同体になるわけ?
いい加減なことを止めなさいよ!

240 :名無的発言者:2007/01/10(水) 06:02:37
>>239
ここで「人間を食う」とか言ってるバカは、実際に中国に行くどころか、
中国人と話したこともない引きこもりのくせに、ネットでかじったウソ
ばっかり書いてストレス発散している情けないクズだ。
こいつらみたいなのは日本の恥だよ、マジで。

241 :名無的発言者:2007/01/10(水) 06:31:35
赤ちゃんを食うって実際留学生から聞いたんで書いてます
俺はな

在日相手に言うことでもないか…

242 :名無的発言者:2007/01/10(水) 06:36:41
>>241
>赤ちゃんを食うって実際留学生から聞いた
いつの話?中国のどの地方の話?

243 :名無し的発言者:2007/01/10(水) 08:40:22
チナ人は痛いところを指摘されると慌てふためくね、素直に認めろよ。

244 :名無的発言者:2007/01/10(水) 11:37:19
文化大革命の時に政敵を殺してその肉を食ったとかいう話なら聞いた事あるわ・・・
殺すのは判るが何で食うの?南方の未開人のように相手が勇者でありその力を
取り込むために食べるとかじゃないんでしょ?

245 :名無的発言者:2007/01/11(木) 00:59:49
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

(三)嗜好品として人肉を食用する場合。
 これは勿論特別の場合に限る。所が支那では、この特別なるべき場合が、存外頻繁に起るから驚く。已に

紹介した齊の桓公が、易牙の子を食したのは、異味を賞翫するといふ理由で、この場合の一例と認めねばな

らぬ。
隋の朱粲や五代の趙思綰も亦人肉愛用者の中に加へねばなるまい。朱粲が當初人肉に口を着けたのは、 食

糧の缺欠に由るが、彼が人肉を第一の美食と公言せる以上、彼は當然人肉愛用者と認めねばならぬ。趙思綰

に就いては五代末の無名氏の『玉堂閑話』 (『太平廣記』卷二百六十九所引)に

趙思綰……凡食人肝六十六。無非面剖而膾之。至食欲盡。猶宛轉叫呼。而戮者人亦一二萬。嗟乎儻(モシ)非

下名將仗皇威而勦上之。則孰能翦滅黔黎之??。

と傳へて居る。隨分驚くべき話ではないか。

246 :名無的発言者:2007/01/11(木) 01:01:16
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

唐張?の『朝野僉載』に、薛震が人肉を愛用せし事を記して、

武后時。杭州臨安尉薛震。好食人肉。有債主及奴。詣臨安。止於客舍。飮之醉。竝殺之。水銀和煎。并骨銷
盡。後又欲食其婦。婦知之。踰墻而遯。以告縣令。令詰之。具得其情。申州録事奏。奉勅杖百而死。

といふ。同書に同時代に施州刺史であつた獨孤莊といふ者が、病中に人肉を好み、部下の奴婢の死せる者の肉を求めて食したことを傳へて居る。薛震といひ獨孤莊といひ、泰平無事の日に、相當の官職を帶べる身分で、かかる嗜好を有すとは、誠に不思議と申さねばならぬ。

247 :名無的発言者:2007/01/11(木) 01:45:32
「Cannibalism in China」 Key Ray Chong著

"We need to remind ourselves that the Chinese people are not particularly different from the other races of the world as far as the practice of survival cannibalism is concerned. When it comes to learned cannibalism,
however, its practice is quite different. Worthy of note here is the fact that some types of learned cannibalism are found only in China. This study will attempt to examine this unique phenomenon."

私たちは、飢餓状態でのカニバリズムに関する限り、中国の人々が世界の、その他の人々と特に異なっているわけではない、ということを思い出す必要があります。
しかしながら、習慣的なカニバリズムのこととなると、事情は全く異なっています。 ここで注意すべきことは、習慣的なカニバリズムの幾つかのタイプが中国にだけ見られる事実です。 「この研究は、このユニークな現象を調査する試みです。


248 :名無的発言者:2007/01/14(日) 04:11:13
あげ

249 :他の中国人:2007/01/14(日) 04:29:25
日本人なら親戚の体をばらして、妹のパンツ抱きしめながら寝るよなあ!

250 :名無的発言者:2007/01/14(日) 05:33:45
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

(五)醫療の目的で人肉を食用する場合。
 唐時代から現時に至るまで約千二百年に亙つて、隨分廣く行はれて居る。この人肉を 疾の良劑として紹介したのは、唐の開元時代の明醫、陳藏器の『本草拾遺』にはじますといふ。『新唐書』卷百九十五の孝友傳の序に、

唐時陳藏器著本草拾遺。謂。人肉治羸疾。自是民間以父母疾。多?股肉而進。

と記してある。ほぼ同一の記事が北宋初期の錢易の『南部新書』辛に見えて居るから推すと、『新唐書』は『南部新書』に本づけること疑を容れぬ。
歴史を調査 しても、唐以前に醫療の目的で人肉を食用した事實は、殆ど見當らぬ。絶無と迄は斷言出來ずとも、先づ絶無に近い。
『南史』の孝義傳、『北史』の孝行傳、列 女傳を見渡しても股肉を?つて、その父母舅姑の療病に供したものは、一人も見當らぬ。


251 :名無的発言者:2007/01/14(日) 05:35:51
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

所が『新唐書』の孝友傳に、始めて父母の疾病を醫療すべく、自己の肉を割いた孝子三人を載せてある。何れも唐の中世以後のものと認められる。
降つて『宋 史』の孝義傳、列女傳、『元史』の孝友傳、列女傳、『明史』の孝義傳、列女傳の中には、醫療の目的で人肉を食用した例證が頗る多い。
陳藏器の『本草拾遺』 から、この風習の俑を作つたといふことも、大體に於て事實を得たものと認めねばならぬ。さればこそ支那一流の刺股行孝といふ風習は、唐以後に限つて、隋以 前に見當らぬのである。
 陳藏器の『本草拾遺』は原の儘では今日傳らぬが、後世の本草書類に引用されて居るから、その大概を知ることが出來る。支那本草を集成した、明の李時珍の『本草綱目』卷五十二にも、亦『本草拾遺』を引き、羸 の醫藥として人肉を擧げて居る。
吾が輩は人肉が醫藥として、しかく有效のものであるや否やを審にせぬが、支那人の記録によると、餘程效能あるやうである。


252 :名無的発言者:2007/01/14(日) 05:38:44
>>251
どうも君は長ったらしくコピペするのが好きなようだが、
いったい何が言いたいんだ?

253 :名無的発言者:2007/01/14(日) 10:02:55
中国の5000年歴史の中で、物好きな変態が何人かいるかもしれない。
でも、それだけで中国人を食人民族と呼ぶのが、ひどくない?
ビデオで変なオッサンが女子高生のうんこを食うのを見たことがある。
じゃ、日本は食糞民族と呼んでいい?
嫌でしょう?
だから、馬鹿らしい発言をやめてください。

254 :名無的発言者:2007/01/14(日) 11:17:08
>>253
三国志で妻を殺して客に食事として振舞う話あるけどこれが中国で美徳とされてた
現状を見た方が良いよ。どう考えても一部の物好きな変態じゃなくて
一般人がそういうのを受け入れていた証拠だよ。
文化大革命で虐殺した相手の肉食うのも中国に食人に対する禁忌感が無い証拠。

結論:中国には食人を肯定する文化が存在する。

255 :名無的発言者:2007/01/14(日) 11:30:11


9条は日本人の心の故郷です。変えさせません。


故郷を変える人は居ないでしょう。 改憲派出入り禁止!!


http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50





256 :名無的発言者:2007/01/14(日) 11:36:50
他中>9条はしつこいね

257 :名無的発言者:2007/01/14(日) 13:49:21
他中の心の故郷は北賤なのか?

258 :名無的発言者:2007/01/14(日) 13:51:56
オレの心の故郷?お前と同じ2ちゃんだよ。閉鎖されちゃったらどうする?
他にやること無いだろ?せっかくの日曜なのに…

259 :名無的発言者:2007/01/14(日) 17:19:19
社会的に容認されてなきゃ、大衆文学の本に、食人行為が堂々と載る訳がないだろ。

260 :名無的発言者:2007/01/15(月) 09:51:36
>>259
大衆文学といえば「水滸伝」にも食人の記述が結構ありますね・・・


261 :名無的発言者:2007/01/15(月) 15:29:30
中野美代子の『カニバリズム論』だろう。
福武文庫の方には、荒俣宏が解説を加えている。
グロ、というよりも、知的に面白い本だろう。

262 :名無的発言者:2007/01/15(月) 15:30:26
それから魯迅もお忘れなく。

263 :名無的発言者:2007/01/16(火) 17:47:36
中野美代子の『カニバリズム論』は中国の食人に関しては論拠が乏しい。
↑このおばさん学者とは思えんな。
魯迅の弟、周作人も「吃烈士」という論文を「新青年」て言う雑誌に発表してる。
↑このおばさん中国文学をやっているっていうわりにはこういうものは都合悪い
から無視して、論じるのを意図的に避けているな。
「吃烈士」はネットでも読めるけど、中国語。
誰かリンク作ってくれれば翻訳するよ。

264 :名無的発言者:2007/01/16(火) 17:50:42
112 TAKASHI報告人 ★ 2007/01/14(日) 00:12:45 ID:???0

2つ報告があります。
閉鎖のことですが、なんか釣りとかゆう噂も流れてますけど本当に約10日後に封鎖します。

もう1つは管理人から連絡があったことですがその内容は、塩沢氏から連絡があり
「ネット上でも街頭でもいいので24日までに5000000の署名が集まれば裁判を取りやめる」
とゆうものです。

なので早速その機能をつけました。
名前欄に「syomei.fusianasan」と入れて書き込むと通常の書き込み完了のページではなく
「署名ありがとうございます。」と書かれたページに飛びます。これで署名したことになります。

なお、回線が込んでたりすると失敗して通常書き込みになったりします。



署名して2chを救いましょう!!


265 :名無的発言者:2007/01/23(火) 00:26:23
文化大革命で支那人の隠していた本性が出たわけだ。

266 :名無的発言者:2007/01/23(火) 11:34:09
最近だと、2006年に日本語に翻訳された『温故1942』という本にも
食人の記録が載ってたな。
河南省の飢餓を日本軍が軍糧を放出して救った一方で、人民は子供を煮て食う
というようなことを行っていた。
中国政府としてはこういう内容が外に出てはまずいから
しばらく翻訳されなかったらしい。

267 :名無的発言者:2007/01/23(火) 11:58:25

わらをつかんだね。
それでも畜生倭軍が犯した罪を拭い消すことはできんよ。

268 :名無的発言者:2007/01/23(火) 15:21:06
>>267
日本に食人文化は無いが中国には存在する。
そこのとこ考えたらどちらが「畜生」なのかは明白。
お前は「人食いの子孫」なんだよ


269 :名無的発言者:2007/01/23(火) 15:24:37
人食いの子孫 VS 人殺しの子孫

畜生同士が醜いなじり合い。

270 :名無的発言者:2007/01/23(火) 15:30:22
同種殺しはよくあること。
飢餓で共食いもあり得る事。
基地外犯罪者は論外。
何でもないのに料理して喫人は支那でしか有り得なーい!

271 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:01:58
亭主分解細君 VS 妹解体実兄

カオリは亭主の生肉を食したかどうかは不明だが、町中に人肉をばら撒くのは確認済み。
ユウキは妹のマンコとオッパイを切り取り、後ですき焼きするつもりで、冷凍中に事件
発覚食えずじまい。


272 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:07:34
いずれにしよう、倭奴の人間解体、食す文化は国粋の一パートで長年
倭民に守り続けられている。
以上のカオリ嬢とユウキ君の2件は21世紀の今日も現に進行されている証である。
今宵も倭島のどこかでこの由緒ある伝統が優秀な倭民によって実行されているだろう。

273 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:12:37
そういえば、宮崎勤という非常にIQ指数の高い倭民が少女4人も
分解して、お湯で煮込んだ後美味しく召し上がった逸話があったね。

274 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:15:46
いい加減にしろ阿呆たちゅう

275 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:16:50
たちゅうじゃないけど

276 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:17:56
たちゅうより倭民・倭国のこともっと詳しい

277 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:39:18
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

支那では既婚の男子が既婚の女子と姦通する時は、(彼等は)死刑に處せられる。泥棒(voleurs)及び人殺し達(meurtriers)も、之と同樣である。
彼等(死刑犯罪者)を殺す方法を茲に示す。……罪人を望み通りの状態に置くと、特にその用途に定められて居る笞を以て、罪人の身體の中で、致命を與へ得べき部分を毆打する。
毆打の數は一定して居つて、それを超過することは許されない。かくてその罪人は蟲の息を餘すばかりであるから、彼を食べるに違ひない人々(の手)に引渡して仕舞ふ(Renaudot; pp. 35-36. Reinaud; Tome I, pp. 69-70. Ferrand; pp. 79-80)。
 Ferrand 譯の前半は、以前身持の良かつた二人の男女が、姦通を行ふと、(彼等は)死刑に處せられる。泥棒及び刺客達(assassins)も同一の罰を受ける。(此等の)死刑犯罪者は次の如き方法で、刑を執行される。
となつて居る。

 

278 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:41:00
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

以上が『印度支那物語』中に見えて居る、支那人の Cannibalism に關する記事のすべてである。
この物語を佛譯したフランスの Reinaud は、この記事に疑惑を挾み、當時支那は紛亂を極めて、殆ど無政府ともいふべき時代であつたから、或は一時的現象として、かかる蠻風が存在したかも知れぬが、
恐らくはマホメット教徒――アブザイード――訛傳で、事實に非ざるべしと解釋して居る(Relation des Voyages. Tome II, pp. 41-42. Note 139)。
併しこれは Reinaud が、支那に古代から食人肉の風習が存在し、殊にこの物語の時代、即ち唐末に於て、この蠻風が尤も廣く尤も盛に流行した事實を知らざる故で、スレイマンやアブザイードの所傳には、何等誤謬がないのである。

279 :名無的発言者:2007/01/23(火) 17:54:13
>>277
おまえ自分の言葉で文章を書けないのか?

280 :名無的発言者:2007/01/23(火) 18:17:42
で、自分の言葉で文章で書くと、

「出典は何だ、自分で勝手を書くな」

でしょ?w


281 :名無的発言者:2007/01/23(火) 18:36:54
>>279
>>280の言うとおりだなw
中国に食人文化が存在するのは「水滸伝」や魯迅の「狂人日記」で確定している。


282 :名無的発言者:2007/01/23(火) 19:55:27
「殺妾饗士」
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/3816/rekisi/100/065.html

張巡(709〜757年)は、鄭州南陽の出身です。唐国の開元年間の進士(国家公務員試験合格者)で、いろんな本をよく読んでいて、兵法に精通していました。
 西暦755年、安禄山が反乱を起こし、翌年正月に洛陽で皇帝を名乗ります。張巡は奮起して反乱軍に抵抗し、雍丘(河南杞県)を60日以上にわたって固守し、反乱軍の武将である令狐潮を撃退しました。
 西暦757年、安禄山は息子の安慶緒に殺され、安慶緒は尹士奇に十万人の兵力を任せて?陽(河南商丘の南)を包囲しました。張巡は軍隊をひきつれて雍丘を出ると?陽に入り、?陽太守の許遠と共同で反乱軍に抵抗します。
 張巡、許遠、そして武将の南霽雲、雷万春たちと城を守るすべての将兵、城に住むすべての人民は、?陽城を九ヶ月もの長きにわたって守り続け、大小400回以上の戦いをおこない、反乱軍の将校を三百人以上も殺しました。
殺した反乱軍の兵士は、12万人に達します。その後、城内の食料がつき、兵士は弓をひく力もなくなり、騎馬を殺して飢えをしのぐようになります。
さらに騎馬がいなくなると、今度はスズメやネズミをつかまえて食べました。それがなくなると、武器や道具に使っている革を煮て食べます。
 こういった状況において、張巡はようしゃなく自分の妻子を殺して料理し、兵士たちに食べさせて飢えをしのがせました。この行動は「殺妾饗士」と言われています。
『新唐書』の記載によると、「長いこと包囲され、はじめは馬を殺して食べ、なくなると三万人以上の婦人、老人、弱者を食べた」とあります。

283 :名無的発言者:2007/01/24(水) 01:28:59
食人文化?バカバカしい〜
中国万歳!

284 :名無的発言者:2007/01/24(水) 16:11:19
三国志も魯迅も馬鹿バッカし〜

285 :名無的発言者:2007/01/24(水) 16:25:55
なのに、
倭国の中高の教科書に魯迅の文章を採用してるし、
三国志のゲームも大流行してるし、、オタやマニア続出。
なぜ?なぜ?
倭国に文化という文化はないからだよ。

286 :名無的発言者:2007/01/24(水) 16:40:16
池中?

287 :名無的発言者:2007/01/24(水) 16:40:37
>>284>>285
お前は馬鹿か?
三国志も魯迅の文学も中国の偉大な文化遺産だろが。
その価値も判らない糞が他国の文化がどうこう言う時点でアホそのもの。
中国の学生は本読まないので有名だがここに実例を見たわw


288 :名無的発言者:2007/01/24(水) 17:21:06
そんなことより、現在進行形の日本アニメ、曲の偽造模造品の氾濫
SK2化粧品の処分問題、世界のブランドルィビトン等への不良品扱いによる
焼却処分 (EUを敵に回している) GDPの10%が模造
知的財産著作権もも何もあったもんじゃない、

289 :名無的発言者:2007/01/24(水) 18:47:18
>>282
まあ、待て待て。
飢えた場合の食人なら、世界にいくらでも例はある。

日本だって、鳥取城の干殺しとか大飢饉の時の東北を見ても分かるだろ。
アメリカだってドナー隊事件があるし、聖書にだって籠城時に子供を交換して食べたって記述はある。

中国や南太平洋などの食人、十字軍の食人は、飢えた場合じゃないから問題なんだよな?

とすると…やはり劉備を奥さんで饗応した話が良いんじゃない?…たが…羊や豚、牛、馬、犬猫よりも品位の劣る人の肉を好んで食べたいものかね…。不味いそうだよ。

290 :名無的発言者:2007/01/24(水) 22:41:27
>>287
食人を嘘だと言い張るサヨ・工作員の言い分から演繹するとそうなるんだが、何か?

291 :名無的発言者:2007/01/24(水) 23:13:09
>>289
飢え、儀礼、恨みは各地にあるが、普通に食材扱い、セシピに載せるようなのは、
ほぼ中国だけじゃないかと。

292 :名無的発言者:2007/01/24(水) 23:15:50
レシピ

293 :名無的発言者:2007/01/25(木) 12:49:39
レシピは荘綽『雞肋編』に載ってるのが一番古いかな。
陶宗儀『輟耕録』にも引用されているよ。
日本の文献に登場するレシピは全てこれからの引用だな。


294 :名無的発言者:2007/01/29(月) 03:51:15
57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/05/22 00:23 ID:ZfSl7BmB
    ジョルジュ・バタイユによって紹介され有名になった、「凌遅処死」(一寸刻みの刑)
    の写真(1905年)では、刑吏の周りを群衆が取り巻いている。
    これは、切り取られる肉を求めているのである。
    北京郊外で斬首された罪人から噴出した鮮血を浸した饅頭は「血饅頭」と呼ばれ
    市販されていた。
    魯迅の小説「薬」はもっぱらこれをテーマにしたものだ。
    「狂人日記」のテーマも食人である。
    日本の知識人は「狂人日記」を“陰喩”だと思いたいようだが、そうではない。
    単なる事実なのだ。
    呉虞の「喫人と礼教」は中国の仁義道徳から生まれた食人の史実を論証した。
    周作人(魯迅の実弟)も「吃烈士」の一文で、中国人は昔から食人族であると糾弾した。
    中華人民共和国になってから魯迅文学の階級性をめぐって「人を食う階級」か
    「人に食われる階級」かとの論争が展開された。
    この滑稽にしてバカバカしい“食人階級論争”は中国人の思想硬直化の反映であるととも
    に、食人文化の問題点をそのまま示すものではないだろうか。


295 :名無的発言者:2007/01/29(月) 21:14:57
age

296 :名無的発言者:2007/01/29(月) 22:27:45
「支那人間(じんかん)に於ける食人肉の風習」 桑原隲藏著

食人肉の風習の行はるる支那では、趙孝趙禮の如く、兄弟若くは父子夫婦の間に、肥を讓つた事例は必しも稀有でない。『後漢書』一書の中からでも、幾多の實例を擧ぐるに難くない。
「趙禮讓肥」の作者秦簡夫と、ほぼ時代を同くする李仲義の妻劉氏の如きも、かかる代表の一人として擧ぐることが出來る。

劉氏名翠哥。房山人。至正二十年(西暦一三六〇)縣大饑。平章劉哈剌不花乏食。執{李}仲義欲烹之。
……劉氏……涕泣伏地。告於兵曰。所執者是吾夫也。乞矜憐之。貸其生。吾家有醤一甕。米一斗五升。窖于地中。可掘取之以代吾夫。兵不從。
劉氏曰。吾夫痩小不可食。吾聞婦人肥黒者味美。吾肥且黒。願就烹以代夫死。兵遂釋其夫而烹劉氏。聞者莫不哀之。(『元史』卷二百一、列女傳)。

『演義三國志』第十九囘に、劉備が呂布の爲に小沛を陷られて、敗走の途中、獵戸の劉安の家に宿せし時、劉安は劉備にその妻の肉を進めたことを記して

當下(ソノトキ)劉安聞豫州牧至。欲尋野味供食。一時不能得。乃殺其妻以食之。
玄徳曰。此何肉也。安曰。乃狼肉也。玄徳不疑。遂飽食了一頓。天晩就宿。至曉將去。往後院取馬。忽見一婦人殺於廚下。臂上肉已都割去。玄徳驚問。方知昨夜食者。乃其妻之肉也。

とある。


297 :名無的発言者:2007/01/29(月) 23:13:58
わかったから、他のコピペ貼れ。

298 :名無的発言者:2007/01/30(火) 21:30:35
「朱粲」
ttp://www2.ktarn.or.jp/~habuku/shusan.htm

朱粲は二十万の兵力を率いて、漢、淮の間で略奪して廻った。彼等は定住地が無く、州県を破るたびにその土地の官庫の食料を食べ、食べ尽くさないうちに別の場所へ移る。そして去って行くときには、残った食糧を全て焼き払った。
彼等は農耕などしないので、漢・淮には食糧が無くなり、民は大いに餓えた。こうなると、略奪することもできないので、朱粲の軍中も食糧が不足するようになった。そこで、士卒達へ婦人や子供を煮て食べることを教えた。
「人肉以上に美味い肉はない。他の国にも人が居るのだ。餓える心配など絶対ないぞ。」
隋の著作佐郎、陸従典と通事舎人、顔愍楚は、もともと南陽にて仕官していたのだが、朱粲は賓客として迎え入れた。しかし、後に食糧が無くなると、彼等と彼等の一族全員を食べてしまった。
(中略)
閏月、朱粲は唐へ使者を派遣して降伏を請うた。そこで李淵は朱粲を楚王に封じ、官属を設置することを認めた。
李淵は、前の御史大夫段確を使者として主粲の住む菊沢へ派遣した。
この段確は、酒癖が悪い。辛丑、酔いに乗じて朱粲を侮辱して言った。
「卿は人肉が好きだと聞くが、どんな味がしたのかな?」
すると朱粲は言った。
「酔っぱらいの肉は、豚の粕漬けのような味がした。」
段確は怒って罵った。
「狂賊が入朝しても、奴隷が一人増えたようなものだ。もう二度と人肉は食えないぞ!」
朱粲は段確とその従者数十人を即座に捕らえ、ことごとく煮て、近習達と食べた。

299 :名無的発言者:2007/01/30(火) 21:31:27
今後auの主力機種のプランが1xプラよりも安くならなきゃ今後au使うかわからん。

ドコモと料金変わらない状況ならやっぱりドコモでしょ。

ソフトバンクのほうが安くすむならソフトバンクもありでしょ。

300 :名無的発言者:2007/01/30(火) 21:56:58
誤爆?

301 :他の中国人:2007/01/30(火) 21:58:37
現代の日本で良い家柄の好青年は自らの妹のオッパイと下腹部をくいました。


302 :名無的発言者:2007/01/30(火) 22:28:57
基地外だからしゃーない。

303 :名無的発言者:2007/01/30(火) 22:33:46
中国人は基地外集団だからしゃーないw

304 :他の中国人:2007/01/30(火) 22:36:15
納豆はダイエット効果の番組を見たら、各店の納豆は売り切れ状態で
基地外集団のせいじゃないか?

305 :名無的発言者:2007/01/30(火) 23:36:41
『中国では近年まで人肉食は禁忌でなかった』それによれば19世紀(清の時代)まで処刑された者の人肉を
漢方薬としていたという記録や写真があるという。また、『三国志演義』には「劉備が曹操に追われてある
家に匿われた時に、その家の主人が劉備に献上する食料がなく妻を殺害し、その妻の肉を劉備に献上しそれ
に感動した劉備はその後その家の主人を高官にした。」との記述があり吉川英治著の『三国志』でこの記述
の際には、中国の人食文化に付いて触れている。また、『史記』にも飢饉や戦争により食料が無くなると自
分の子供と他人の子供を交換し、交換した子供を絞め殺して食べたという記述が残っている。さらに、病気
の夫などに、妻の腿の肉を食べさせるという風習もあったらしい。北宋代の料理書には両脚羊と言う人間料
理の項目があり、人肉市場が存在したと言われている。両脚羊とは二本足の羊という意味で、食用人間の事
を指す。また、文化大革命時に於いても粛清と言う名目で人肉食が広西等で白昼堂々と行われていたと言う


306 :名無的発言者:2007/01/31(水) 01:33:49
>>304
納豆と言う発酵食品が苦手な人にとってはそう見えたかもな

307 :名無的発言者:2007/01/31(水) 22:57:55
「安史の乱」
ttp://www.geocities.jp/timeway/kougi-35.html

安禄山の反乱軍には石臼部隊というのがあった。直径数メートルもあるようなでっかい石臼を運ぶ部隊です。反乱軍とウイグル軍が合戦するでしょ。
どちらが勝っても負けても戦闘後の戦場には死体がたくさん転がっている。そこに石臼部隊がゴロゴロと巨大石臼を運んで登場します。
生き残った兵士たちは敵のも味方のも死体を運んできて、どんどん石臼に放り込んでゴーリゴーリ臼をひく。死体がミンチになってじわじわでてくる。
これを団子にして食べた。気持ち悪くて御免なさい。
もう、何のために戦争しているのかわからない。人肉という食糧を確保するために反乱をつづけているような状態になっているのです。

華北の荒廃とはこういうことです。農民が農作業なんかしていたら、捕まって食べられてしまいます。地獄そのもの。

308 :名無的発言者:2007/01/31(水) 23:32:31
中国版あるあるで、「人肉はダイエットにいい」を流したら、一晩で・・・

309 :名無的発言者:2007/01/31(水) 23:51:47
「支那人の食人肉風習」 桑原隲藏著

支那人の人肉を食するのは、決して稀有偶然の出來事でない。歴代の正史の隨處に、その證據を發見することが出來る。
中に就いて尤も著るしい二三の實例を示さう。第一の例としては隋末の劇賊朱粲を擧げねばならぬ。彼は人肉を以て食の最美なるものと稱し、部下に命じ、至る所婦人小兒を略して、軍の糧食に供せしめて居る。
唐末の賊首黄巣の軍も亦同樣である。黄巣の軍は長安沒落後、糧食に乏しく、毎日沿道の百姓數千人を捕へ、生ながら之を臼に納れ、杵碎して食に充てた。
この時討手に向つた官軍は、賊軍を討伐するよりも、彼等の糧乏しきに乘じ、無辜の良民を捕へ、之を賊軍に賣り付けて金儲をしたといふ。

310 :他の中国人:2007/02/01(木) 00:04:47
まあ、歴史上、激変の時代において人を食うということはたびたび起きましたが、
しかし、平和時代、景気、美しい日本を叫びながら、好青年たちは
自分の妹をバラバラして、オッバイと下腹部を食うなんで極めて理解しがたい
事態じゃないか?

311 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:18:25
しつこいぞ 他中 

312 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:25:28
>>310あれは事件、一般の日本人はやらんよ
中国の食人は文化。

313 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:28:34
>>312
一般の中国人は今でも食うのか?

314 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:28:45
>>310
お前なぁ、日本人からも中国人からも朝鮮人からも嫌われて、
今度はアフリカ人にでも成済ますしかなくなるぞ、おい。

とっくにバレてんだよ。

辻本先生、見てますか?あなたの弟子が、自演やって恥かいてますよ。
情報は全てそろってる、本部に提出してもいいんですよね?

315 :他の中国人:2007/02/01(木) 00:31:35
>>312
歯科医なら普通の日本人じゃないが、日本社会において上層階級、華麗な家族
ですが。普通の庶民なら阿部定事件ぐらいですが。

316 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:36:13
>>315頭腐ってるからな他中は、意味がよく理解できないのか。(爆笑)
母親が紅衛兵にレイプされて、出来たのが脳みその腐ったおまえだろ。(大爆笑)

317 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:37:22
>>315他中は2ちゃんでしか誇りを保てない、腐ったニートだろ?

318 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:38:51
>>313
俺の知り合いの中国人は皆、「絶対食わない。食っているの
を見たことも無い。」と言って、中には怒り出す奴もいたけど?
>>312は見たんじゃねーの?

319 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:40:24
>>315
他中是個二鬼子

不是個男子漢

320 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:40:28
他中はニートだから、価値のない書き込みしかできない(大爆笑)

321 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:40:46
なあ、桃(シナ留学)たちゅう?うずまきの名前の根拠(しつこさ)もお前だな 
アジア(中核?かの崩れ)江小魚もそうだよ ねこ(北関東近辺)もだろ

322 :他の中国人:2007/02/01(木) 00:44:05
そして、オランダに留学した日本人留学生は自分の彼女をばらして、長期食用のために
冷蔵庫に保存しました。


興味深いのは日本のメディアはあいつをテレビ番組で生出演させて人を食う
講座を開きましたが。番組の影響を受けて日本で人を食うブームも起きました。

323 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:45:11
 孔子も劉備も食ってるけどな、文化だからな
いくら否定しても歴史書の記述に沢山あるんだからしょうがない。


324 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:45:46
>>320
蒙古人が暴れている最中、他中の書き込みが少なかった。
>>321
茨城大の理学部だっけ?公に悪金された話だから、いいよね。

325 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:46:39
AJIA(分けのわからん被害者意識に転化する中革?かの崩れ)江小魚(理系)もそうだよ ねこ(北関東近辺)もだろ
渦巻式部は共通の趣味 ノリエたちゅうもそうだな
数え切れんははは

326 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:47:08
>>323
食ってるとこ見たの?

327 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:48:32
たちゅうよ 医食同源はシナの現在も生きてる文化だろ

328 :他の中国人:2007/02/01(木) 00:48:39
国を中のマスコミは人を食う宣伝のために奮闘するのは日本だけだよなあ?
アメとか中国とか類似の番組も一例をあげてくれないかな?まあ、ないから。

329 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:50:03
しかも、処刑寸前の臓器を取り出しビジネスにしてるぞ

330 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:50:35
>>325
おにへーとか言うやしも自称理系のSF作家?

共通の趣味とかは偶然の一致かもしれんが、つながり過ぎてるのは、
社民、朝鮮、中国、反日、理系で完璧に繋がってる人たち。

331 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:51:52
納言もいたな なぜ中国人は腋毛をそらないとか
ははは

332 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:53:26
NO MORE 反日!

NO MORE 反日!

NO MORE 反日!

333 :他の中国人:2007/02/01(木) 00:53:34
マスコミは人を食うということを賞賛するってにほんだけだよなあ!

笑いながら「食われたから、彼女は永遠に私の一部分になった」と
云いましたが。

マスコミとしてわずかの良識も食われたか?

334 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:54:11
おにへーとか言うやしも自称理系のSF作家?
>>ここのアルファベットを見たとき、うずまきが好きな
韓国グループを思い出したぞ ははは

335 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:55:46
>>322この程度の反論でしか出来ないのか?他中は、中国人なのに中国文化である食人も理解不能?
日本は特殊な事件かやむ得ない時のみ、中国人の場合は
ウィキペディアより
中国文化のカニバリズム
『中国では近年まで人肉食は禁忌でなかった』との主張があり、それによれば19世紀(清の時代)まで処刑された者の人肉を漢方薬としていたという記録や写真があるという。
また、殷代の人肉食や孔子が加工された人肉を食べていた伝承或るいは歴史書等も根拠とされている。また、小説でも中国四大奇書のひとつである『西遊記』の人肉饅頭や『水滸伝』の人肉食の記述がある。
また、『三国志演義』には「劉備が曹操に追われてある家に匿われた時に、その家の主人が劉備に献上する食料がなく妻を殺害し、
その妻の肉を劉備に献上しそれに感動した劉備はその後その家の主人を高官にした。」
との記述があり吉川英治著の『三国志』でこの記述の際には、中国の人食文化に付いて触れている。
また、『史記』にも飢饉や戦争により食料が無くなると自分の子供と他人の子供を交換し、交換した子供を絞め殺して食べたという記述が残っている。

さらに、病気の夫などに、妻の腿の肉を食べさせるという風習もあったらしい。

北宋代の料理書には両脚羊と言う人間料理の項目があり、人肉市場が存在したと言われている。両脚羊とは二本足の羊という意味で、食用人間の事を指す。

また、文化大革命時に於いても粛清と言う名目で人肉食が広西等で白昼堂々と行われていたと言う報告があるが真偽は定かではない。

現代でも密かに堕胎された胎児を食べる中国人がいるともいわれる。


336 :他の中国人:2007/02/01(木) 00:58:00
しかし、マスコミは人を食うことを煽るってやっぱ社会良識最後の一線を
超えたじゃないか?

337 :名無的発言者:2007/02/01(木) 00:59:13
他中は、中国人なのに>>まだいってんのか
誇りなき日本人だよ  じゃまたな 工作ご苦労

338 :名無的発言者:2007/02/01(木) 01:02:19
>>336負け惜しみが見苦しいプゲラw

339 :名無的発言者:2007/02/01(木) 01:03:10
momokoyo

340 :他の中国人:2007/02/01(木) 01:05:06
俺は中国人ですが。

341 :他の中国人:2007/02/01(木) 01:05:52
>>338
マスコミ持つべき良識は人を食うブームに負けたか?

342 :名無的発言者:2007/02/01(木) 01:06:14
お前のうそは1000回言っても真実にならん
またな

343 :名無的発言者:2007/02/01(木) 01:08:09
>>341プッつまんねYO!

344 :名無的発言者:2007/02/01(木) 01:08:32
>>335
他中是個非常溺愛高麗棒子的日本人。
他非常喜歓唱独角戯。
他中鬼、真可憐。

345 :名無的発言者:2007/02/01(木) 01:21:12
>>340

너는, 오사카 이쿠노구의 바보 백정이다.

거짓말쟁이 바보 백정.

346 :名無的発言者:2007/02/01(木) 01:26:47
話は反れるけど「死刑囚からの臓器移植」ってアメリカもやってない?
こないだ何かのドキュメントで処刑前の死刑囚に家族の既往歴とか問診してた。

347 :他の中国人:2007/02/01(木) 01:30:04
日本は死刑囚を使って刀を試すことをやらないでつか?

348 :他の中国人:2007/02/01(木) 01:33:23
いい刀の柄に「胴斬り...」のような文言は書いていないか?

349 :名無的発言者:2007/02/01(木) 08:22:56
アホ他中、何でこんなに必死なんだw

350 :名無的発言者:2007/02/01(木) 08:41:14
チャンコロは自分達の非道を棚に上げて日本攻撃して話をそらすのに必死だな。

351 :名無的発言者:2007/02/01(木) 10:38:00
食人文化があるのは未開種族以外では中国だけじゃないの?
文化大革命の頃でも殺したヤシの血で饅頭作ってたとかおぞましい
コトやってた訳だし・・・

352 :名無的発言者:2007/02/01(木) 12:58:01
>>330
おにへーが反日、擁中とは初耳だなw

353 :鬼平:2007/02/02(金) 12:07:40
久しぶりだな。相反則、排中律の鬼平である。
俺が中国かぶれだなんて何処の馬鹿だ?

354 :名無的発言者:2007/02/02(金) 16:18:59
あんだけ恥さらしといて、またのうのうと出てくる
鬼平の面の皮の厚さだけは感服するな。

355 :名無的発言者:2007/02/02(金) 16:47:07
鬼之面皮

356 :名無的発言者:2007/02/03(土) 00:20:39
「凌遅処死」
ttp://homepage1.nifty.com/nWojoushou/keibatu6.htm#6-1

鄭曼は 常州(じょうしゅう)横林(おうりん)の出身で、天啓(てんけい)2年(1622)、進士に及第し、その文才と声望は一時、世間を騒がせた程だった。
崇禎のはじめ、朝廷内部の党派争いによって政治的混乱が生じると、鄭曼はその渦に巻き込まれ、“母を杖(むちう)ち”  “妹を犯した”かどで告発を受け、大逆非道の罪をきせられた。
そして崇禎帝はみずから、彼を凌遅の刑に処すように指示したのである。この一件の背景や是非については具体的には不明であるが、ここでは刑の執行時のおおまかな様子を述べておこう。
《崇禎12年(1639)、8月26日の早朝、聖旨により刑の当日執行が伝えられると、関係司直はただちに ていまん を西市にひきたてるよう役人に命じた。
当時の西市は北京皇城の西側、甘石橋(かんせききょう)下の四牌楼(しはいろう:のちの西四牌楼、今の北京西辺)にあり、死刑執行の場所となっていた。
慣例によれば、斬首は西牌楼の下で、りょうち は東牌楼の下で行われるようになっていたので、その日も首きり役人らが、手に手に小さな籠をかかえて小屋からでてきた。
籠には鉄製の鉤(かぎ)と鋭利な匕首(あいくち)がはいっている。彼らは鉤と匕首をとりだすと、砥石(といし)にあてて砥ぎすました。
辰巳(たつみ:午前8時〜10時)のころ、監獄役人たちが鄭曼を刑場におしたててきて、東牌楼の下に放置した。鄭曼は柳で編まれた大きな駕籠(かご)のなかに坐ったままである。
頭巾もなければ足袋(たび)もはいていない。彼はひとりの召使いの少年にむかって、一家の後事をことこまかに託している。
このときすでに、あたりの道路や空地は、水のもれる隙間もないほど黒山の人だかりで埋めつくされていた。
役人の一人が「西城察院(かんとくいん)の長官殿がおみえになられていないので、いま少しお待ちを・・・・・・」と口にしたちょうどそのとき、くだんの長官が前後に従者をしたがえ、人垣をかきわけながらやってきた。

357 :名無的発言者:2007/02/03(土) 00:28:40
「凌遅処死」
ttp://homepage1.nifty.com/nWojoushou/keibatu6.htm#6-1

長官は居ずまいをを正し、声高に皇帝の聖旨を読みあげる。ざわめきがおこり、長官の言葉がかき消された。だが、最後の一句はききとれた。
「法にてらして【咼リ】三千六百刀!」――首切り役人らが、いっせいに雷鳴のような大声で唱和する。とりまいた群衆はひとりとして身ぶるいしない者はいなかった。
爆竹が3度はじけ、刑が執行されはじめた。
群衆はいっそう騒がしくなった。家いえの屋根にはいあがった者たちは、あるいは立ちあがり、あるいは背伸びして首をのばし、首切り役人がどのようにして切りきざむのかひと目見ようとする。
しかし周囲は群衆がびっしりととり囲み、少しはなれてしまうと執行の様子はほとんど目にすることができなかった。かなりの時がすぎ、二またの柱に一本の縄がかけられた。
柱のうしろに縄をくくる係りがいて、縄の先端にはひとかたまりの物体――鮮血したたる人間の肺と心臓がつるされ、柱のてっぺんまでつりあげられた。
それは鄭曼の肉がすでにそぎつくされ五臓六腑の腑分けがはじまったことを意味していた。
またしばらくの時がすぎると、柱から肺と心臓がおろされ、ついで人間の頭部がつりあがってきた。鄭曼の首が切り落とされ、衆人にさらされたのである。
さらに体もひきあげられ、柱に胸部がはりつけられた。群衆の目にとびこんできたその背中は――肌肉は一本一本こまかい麻糸が密集したように切り裂かれており、まるでハリネズミのように見えた。
肉はそぎ落とされてはいなかったのだ。このとき、凌遅の刑の終了が宣告された。ふたりの将校が皇帝に切りきざみの執刀回数を報告するため馬にとびのり、手にした紅旗をひるがえしながら東に駆けぬけていった。
首切り役人らは、おもむろに鄭曼の屍体をひきずりおろすと、体についていた肉をこま切れに切りとって、売りはじめた。群衆たちは、吹き出ものを治す薬の原料として、その人肉を買いもとめたのである》(『古学カイ刊』「鄭曼事跡」)

358 :名無的発言者:2007/02/03(土) 00:32:41
長々とコピペご苦労さん。




・・・・・で、なにが言いたいの?

359 :名無的発言者:2007/02/03(土) 00:57:59
シナ人好きな人肉料理。おれは食いたくねー。

360 :名無的発言者:2007/02/03(土) 03:04:07
ついでに食ってた訳か。

361 :名無的発言者:2007/02/03(土) 11:20:06
>>356>>357
凌遅九千刀か。
苦しゅうない、是非やってやれ。


362 :名無的発言者:2007/02/03(土) 11:24:16
>>353
>俺が中国かぶれだなんて何処の馬鹿だ?

ちょっと見たが、誰も言ってないぞ。
鬼平が理系だという話が出ただけだw
勝手に先回りして、豪快に墓穴を掘ったな。

363 :名無的発言者:2007/02/03(土) 13:01:44
ただの事務や出身だよ

364 :名無的発言者:2007/02/03(土) 13:15:17
そうなのか

365 :名無的発言者:2007/02/03(土) 13:16:16
ウン、漬物屋で事務をやってた

366 :名無的発言者:2007/02/03(土) 13:19:06
理系ではないなあ 算盤

367 :名無的発言者:2007/02/03(土) 13:31:39
>>365
それは関東の漬物屋?関西の漬物屋?

368 :名無的発言者:2007/02/03(土) 13:37:00
マッカーサーは一九五一年(昭和二六年)、米国議会上院の軍事外交合同委員会で「日本が戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだった」
と証言している。日本統治五年の経験で大東亜戦争の開戦がアメリカの誤解から始まったことを痛感したからであろう。
大東亜戦争・朝鮮戦争でアメリカ国民にも多大な犠牲者を出した。彼らも又共産主義の被害者であったのである。>>自称、京都だろ
[参考文献]
 産経新聞社『蒋介石秘録』


369 :名無的発言者:2007/02/06(火) 02:30:52
>>362
演繹力ないな

370 :名無的発言者:2007/02/06(火) 02:33:07
鬼平をやっつけたと思ってる馬鹿な文系は、相反則不帰をご存じなかったようだ。

371 :名無的発言者:2007/02/06(火) 07:28:10
鬼平の早ガッテンに反応した、誰だかわかんないのがいた。
あれはさすがに違うと思ったがなぁ。

372 :名無的発言者:2007/02/06(火) 21:31:54
カリビアンレストラン

373 :名無的発言者:2007/02/07(水) 00:43:40
「宋代の割股の風習と士大夫」
ttp://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/dspace/bitstream/2237/5628/1/BY001904088.pdf

旧時代の中国社会には、肉体の一部を切り取って、主に病気の肉親の療養に供する風習が一般民衆を中心に広くみられた。
切り取る部位は、史料によるかぎり、股や肝臓が多いけれども、その他にも胸部や腕さらには脳髓というものさえあり、それらの行為は?股・割肝などと記述されている。
「?」も「割」も「切り裂く」という意味で、用例の一番に多い股肉の摘出の場合は、単独ではほとんどが「割股」と記されるが、肝臓の摘出と併称されるとき「?股・割肝」と表現されるようである。

(中略)

陳極の場合は、肝臓を火で炙って食卓に出したのだが、食べさせ方が判明している多くの場合は、取り出した股肉や肝を薬や粥に混ぜて摂取させたようである。
たとえば、江西吉州安福県の朱雲孫は股肉を粥に混ぜて母親に食べさせ、?県(浙江省?県) の楊慶は、右胸の肉を切取り、それを'灰にして薬と混ぜて母親に飲ませた。
また、知?州(河北省?台市)の張奎は、股肉を薬に混ぜて母親に与えた。
これら割股という行為は、王朝の注目を集めると、当該人物の家の門に天子の褒め言葉を記した旗や額を掲げさせたり
(旌表)、 王朝から様ざまな褒賞が賠与されたり、ときに税役の免除を伴った。
親孝行や節婦など模範的な人物に対して王朝側が栄誉や恩典を与える制度は、唐代に開始され、法制上の規定も存在する。
『旧唐書』職官志に次のように記す。

若し孝子・順孫・義夫・節婦の志行の郷閭に聞こえし者
は、州県、〔尚書〕省に申して奏聞せよ。 而して其の門
閭に表し、同藉は悉く課役を免ず。

374 :他の中国人:2007/02/07(水) 01:28:53
日本人の場合母親の腿から肉を切り取りしているじゃないか?
味噌汁を食わせないと殺されたケースもアルし。

やっぱ日本人と中国人は違うよなあ!

375 :名無的発言者:2007/02/07(水) 01:39:07
いつものようにクソ垂れチャンコロが悪巧みに熱中して、
落とし穴を掘って、やっとできたと首を上げたら、後ろから蹴落とされて、
墓穴を掘った、自業自得、土かけて踏み固めてクソ垂れチャンコロの墓が完成。


376 :名無的発言者:2007/02/07(水) 02:27:25
>>374
いや、それは主に父親のスネ。出汁の最後までしゃぶり取るのだよ。

377 :名無的発言者:2007/02/07(水) 08:30:29
日本人(他中)がな。

378 :名無的発言者:2007/02/07(水) 18:50:35
現代でも密かに堕胎された胎児を食べる中国人がいる
現代でも密かに堕胎された胎児を食べる中国人がいる
現代でも密かに堕胎された胎児を食べる中国人がいる
現代でも密かに堕胎された胎児を食べる中国人がいる

 ヲッエー

379 :名無的発言者:2007/02/07(水) 19:13:57
群集全体が狂気じみた段階:特徴は一言で概括できる:人食い集団。

例えば、武宣市では、まるで伝染病が氾濫した時、死体を食べて目を赤くした犬の群れのようであった。
人々は人肉を食べる。気が狂ってしまったように食べまくる。何かするとすぐに人を引っ張り出して
「批判闘争」を行う。そして、批判闘争の後は必ず彼らを食べる。一人が倒れれば、息を引き取ったか
どうかも構わずに、大勢の人が群れをなして押し寄せる。それぞれが事前に用意してきた包丁やナイフを
倒れた人を目がけてどこの部分でも構わずに人肉を切り取る。…ここまで来ると、一般の群集も人食いの
流れに巻き込まれて行く。ほんの僅か残された罪悪感と人間性も、「12級台風の階級闘争」によって、
綺麗さっぱり吹き飛ばされてしまう。人食いの疫病は武宣市を席巻した。最頂点に達した時の形式は、
「人肉宴席」と言っても、全く誇張ではなかった。人の肉、心臓、腎臓、ひじ、関節、関節の筋を…蒸す、
煮る、焼く、炒める、餡かけにする、油で焼くなど、盛りだくさんの料理を作り出した。
そして、酒を飲み、拳を打ち、論功行賞を行う。まさに人食い最高の時期に達した。
最高権力機構である「武宣県革命委員会」の食堂でさえ、人肉を調理したことがあるのだ!

これら人食い宴会は、決して民間での自発的な行為ではない。全体主義組織としての中国共産党の
社会に対する制御は、一つ一つの細胞まで浸透している。背後の中国共産党の煽りと操縦がなければ、
このようなことは決して起こりえない。


380 :名無的発言者:2007/02/07(水) 20:35:05
人食い集団?食べるしか道がなかったのではないですか。

381 :名無的発言者:2007/02/07(水) 20:56:50

路上排便、糞喰いはシナの伝統

382 :名無的発言者:2007/02/07(水) 22:45:16
2chで幼稚な中国批判書く>>381って日本社会で適応できない障害者でしょ
批判するのは良いけど・・・
一度でいいから現地へ行って見てきたら?
ニートでも行けるくらい航空券も安いし。
アホな自分が良くわかると思うよ。


383 :名無的発言者:2007/02/08(木) 00:32:39
他の中国人・辻小姐(←阿呆朝鮮人)

     地獄无門自己尋!


384 :名無的発言者:2007/02/08(木) 01:30:19
敵性都市を包囲して兵糧を断ち、戦闘員以外の退去要請に対してとった中共軍の対応は。。。

385 :名無的発言者:2007/02/08(木) 02:37:13
2chで幼稚な中国批判書く>>381って日本社会で適応できない障害者でしょ
批判するのは良いけど・・・
一度でいいから現地へ行って見てきたら?
ニートでも行けるくらい航空券も安いし。
アホな自分が良くわかると思うよ。

以上意見に同意

386 :名無的発言者:2007/02/08(木) 07:20:42
中国最高の食事アルヨ!すごく臭くてイイトコネ!人肉供給大変ネ
お前らチョッパリもドンドンきて我等の血となり肉とナルネ!
早くくるアルヨ食べてアゲルカラ早くクルヨ!
人間早く食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたーーーい!



僕の中で中国はこんなイメージです

387 :183 ◆2d/WpKNxqc :2007/02/08(木) 07:43:34
>>383
おい、誰か知らんが、多分他中は日本人だよ。
朝鮮学校から留学した口かも知れないけどね。
運営なら知ってると思うけど、俺は運営じゃないからね。

388 :名無的発言者:2007/02/08(木) 16:07:33
他中は日本人じゃないよ。

みなさん読めないか?

朝鮮人でもない、中国人よ。

389 :名無的発言者:2007/02/08(木) 18:36:14
자작 연출을 그만두어 주세요.
여기는, 우호적인 게시판입니다.


390 :名無的発言者:2007/02/08(木) 21:59:18
↑だからお前は何がいいたいの?

391 :名無的発言者:2007/02/08(木) 22:35:30
「新聞に見る徐錫麟事件、秋瑾事件」
ttp://www.biwa.ne.jp/~tarumoto/s1105.html

魯迅「范愛農──旧時重提之十」(『莽原』第24期1926.12.25。のち『朝華夕拾』未名社出版部1928.9初版未見/1929.2再版)には、徐錫麟事件、秋瑾事件について、次のように書かれている。

東京の下宿では、私達は、たいてい起きるとすぐ新聞を読んだものだった。学生が読んだのは多く『朝日新聞』と『読売新聞』で、社会の些事をもっぱら好むものは『二六新聞』を読んだ。
ある朝、のっけから中国からの電報が目に入った。あらまし、次のようなものだ。
「安徽巡撫恩銘、ジョシキリンに暗殺さる。暗殺者は捕縛」
みなはポカンとしたが、たちまちイキイキと互いに語り合い、この暗殺者が誰であるのか、漢字はどんな三文字なのかを検討した。
しかし、紹興の人間で、教科書しか読まないという者でないかぎり、とっくに分っていた。それは徐錫麟だ。
彼は、留学から帰国すると、安徽で候補道になり、巡警事務をとっていて、ちょうど巡撫を暗殺する地位にいたのである。
皆は、ついで彼が極刑に処せられるだろうし、家族も連座するだろうと予測した。ほどなく秋瑾女史が紹興で殺されたというニュースも伝えられた。
徐錫麟は心臓を抉られ、恩銘の護衛兵によって、いためられ、きれいに食われたという。人びとは怒った。何人かの人が、秘密にある会を開き、旅費を集めた。
こういう時に日本の浪人が役に立つ。スルメをさいて酒を飲み、ひとしきりオダをあげたあと、彼は徐伯・の家族を引き取りに出発した。

392 :名無的発言者:2007/02/08(木) 22:40:47
「「魯迅事典」について」
ttp://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/encyc/rojin/subPage2.html

第二部「魯迅の作品」では小説全作品をはじめ、各エッセー集などに対し、最新の資料を用いて解説を加えた。
たとえばデビュー作「狂人日記」はこれまで、 1918年4月に執筆され、5月15日発行の『新青年』四巻五号に発表されたと言われてきたが、
当時の新聞広告などにより実際には同誌の発行は一か月遅れており作品も五月執筆の可能性があること、
そしてその五月には北京の新聞社会面に「狂婦が子を食べるという奇妙なニュース(痰婦食子奇聞)」、「孝子が股肉を割いて親の病を治す(孝子割股療親)」など、食人に関する報道が集中していたことなどが、事典作成の過程で明らかになった。
このように本書は最新の研究に基づき、魯迅文学を新しく読み直している。

393 :名無的発言者:2007/02/13(火) 06:55:13
医療としての食人 - 日本と中国の比較一
ttp://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/M19/M192452/4.pdf

『新唐書』の孝友伝には,父母の病気を治すために自分の股肉を割いて与えた孝子38人の名を載せ.ているほか、数編の文献にも同じような孝友伝、孝女伝をあげているという。
ときの政府はその行為を推奨し表彰した。
「股肉」 は大腿の筋肉であり 、自分でそれを切り取るとすれば、 それは大腿前側の筋、すなわち大腿四頭筋の一部であろう 。
大腿の内側には,大腿動脈,・大腿静脈など大きい血管があり、とくに前者を損傷すると大出血を起こし,生命の危険がある。
切り取る部位や量によっては、そのために命を落とした例があったかも知れないが、このようなことが盛んに行われるようになれば、経験的に切り取る部位や方法がほぼ決っていたのではないだろうか。
吉元 ・(1978,p.15) は,、『黄帝内経霊枢』に「解剖」という字が見え、「剖」についてはすでに『左氏』襄十四に「与女割分而食之」
とあり、解剖が食人と関係があることを述べている。
肉を取るためには、少なくとも人体の一部を解剖する必要があり、それによって人体の構造についての知識が得られるはずである.。
はじめのころは,、社会も官憲もこの行為を奨励していたが,、後にはあまりにも多くなり,、売名行為として行う者が出てきた。
股肉でも治らない場合には、最後の手段として人の生肝を食べ、生血を飲めば、大病もたちどころに回復すると信じられた。
そのために、他人を殺して、その肉や肝臓などを取ることまで行われた。
そこで,至元 3年 (1266) には禁割肝宛「」眼,、至元7年 (1270) には行孝割股不当の條文が出たが、その後にもそれに奨めている。
明の太祖は洪武27年 (1394),禁令を出しているが、民間も官憲もそれを推奨しているので、前代よりもいっそう流行したらしい。
清朝でも,順治9年(1652) に禁令を出しているが、後に空文と化している。
吉元 (1978,p.29) は彼の祖父から 、日清戦争のとき捕虜から、 中国では死人がでると、すぐ墓をあばいてそれを持って行ってしまう、という話を聞いたことを記している。
これらのことから推測すると、中国では戦前、人肉を医薬とする俗信はかなり行われていたとみていいのではないだろうか。

394 :名無的発言者:2007/02/13(火) 14:24:52
医食同源

395 :名無的発言者:2007/02/13(火) 16:41:55
蛆虫チャンコロは大きくなったら蝶になれると信じてたのに、
孵化した現実は蝿にしかなれなくて、
悲しくてわびしくて文句つけるところも見付からなくて、
今では、豚のクソにたかって腹いせにウジの卵をせっせと生み付けるだけ

396 :名無的発言者:2007/02/13(火) 16:51:33

もうわかったから来るな。気味悪い。

397 :名無的発言者:2007/02/13(火) 21:30:11
羊人同然

398 :名無的発言者:2007/02/15(木) 21:55:39
age

399 :名無的発言者:2007/02/19(月) 12:39:59
漢詩「滿江紅」 岳飛(1103年 - 1141年)作

怒髮衝冠,憑欄處,瀟瀟雨歇
抬望眼,仰天長嘯,壯懷激烈
三十功名塵與土,八千里路雲和月
莫等 白了少年頭,空悲切
靖康恥,猶未雪
臣子恨,何時滅
駕長車踏破 賀蘭山缺
壯志飢餐胡虜肉,笑談?飲匈奴血
待從頭收拾舊山河,朝天闕

<日本語訳>
怒髮  冠を衝き,欄に憑る 處、瀟瀟たる 雨 歇む。
望眼を 抬あげ、天を仰ぎ  長へに嘯く,壯懷  激烈。
三十の功名  塵 與(と)土,八千里路  雲 和(と)月。
等閧ノする 莫れ、白く了(なりおおせ)たる  少年の頭,空しく 悲切。
靖康の 耻,猶ほ未だ雪(すす)がず。
臣子の 憾(うらみ),何時か 滅せん。
長車に駕し,
賀蘭山を 踏破して 缺(こぼ)たん。
壯き志あるもの  饑しとき 餐すは 胡虜の肉,笑ひ談じて  渇きしとき 飮むは 匈奴の血。
頭(はじめ) 從(よ)り、舊(もと)の山河を 收拾せるを 待ちて,天闕に 朝せん。

120 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)